ホーム

Admin

SITE MAP

Cut

Res

ブックマーク

RSS

MAIL

PageTop

PageBottom

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログパーツ Category: スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-)

2012/11/18(Sun) 18:22
653◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:00:13 ID:LkAmmJ6s0


爆進する工業化と農業集団化。
熱狂する五ヵ年計画のなか、
同志やる夫は休暇先のソチである男に出会う。
___  __________
      ∨
    ,,,,,,,,,,,    ||    ||   ,,,,,,,,,
   [,,|,,,★,|,]   ||    ||   [,|,★,,,|,]    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ( ´∀`)  目    目  (・∀・ ) <  その男こそは
   ( つ  )つ       ⊂ NKVD,)  | ラヴレンチー・ベリヤ。
  ┃レ __   | ̄ ̄ ̄ ̄ | ___,ノ┃ | 非道狡猾強欲、
  ┗━┳┳\ | ̄ ̄ ̄ ̄|,/━┳┳┛ | 同志やる夫生涯の共犯者である。
      ┃┃   |_____,,|   ┃┃   | 運命の歯車はどう動くのか?

654◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:00:42 ID:LkAmmJ6s0



       第二十九話 農業集団化 飢餓地獄と強迫神経症

655◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:01:05 ID:LkAmmJ6s0


ソ連内政が五ヵ年計画と農業集団化に沸く一方、
外交分野についても国内ほどではないが大きな変化が起きていた。



   ――― ソ連、外交人民委員部(外務省)



                     {               r- '
                     ` ー--─-- 、_    ノ
                rrrrry             ̄´
                仁三.Nf=ミN.三ミ!
               |: :|  |:::::::::|  |: :|
      rrrrァァァテテラオリ二二仁三[二二リホテエナァョェrrrrrrry
      ||≠||≠||f||f||f|: :|  |:::::::::|  |: :|ミ| |ミ||ミ||ミ| |廴||廴||
  rrrrrrfァァァテテララナ|: :|  |:::::::::|  |: :|ホホテテエエナナァョョェェrrry
  ||f||f||≠||≠||f||f||f|: :|  |:::::::::|  |: :|ミ| |ミ||ミ||ミ| |廴||廴||ミ||ミ||
  ||f||f||≠||≠||f||f||f|: :|  |:::::::::|  |: :|ミ| |ミ||ミ||ミ| |廴||廴||ミ||ミ||
  ||f||f||≠||≠||f||f||f|: :|  |:::::::::|  |: :|ミ| |ミ||ミ||ミ| |廴||廴||ミ||ミ||
  ||f||f||≠||≠||f||f||f|: :|  |:::::::::|  |: :|ミ| |ミ||ミ||ミ| |廴||廴||ミ||ミ||
  ||f||f||≠||≠||f||f||f|: :|  |:::::::::|  |: :|ミ| |ミ||ミ||ミ| |廴||廴||ミ||ミ||
  ||f||f||≠||≠||f||f||f|: :|  |:::::::::|  |: :|ミ| |ミ||ミ||ミ| |廴||廴||ミ||ミ||
  ||f||f||≠||≠||f||f||f|: :|  |:::::::::|  |: :|ミ| |ミ||ミ||ミ| |廴||廴||ミ||ミ||






656◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:01:33 ID:LkAmmJ6s0


ソ連建国以来、一貫して外交に携わってきた旧家出身のチチェーリンには、
しかし古くからトロツキーと親交をもつ経歴上の「欠点」があった。

            , -‐-、
         _/: : : : : : ヽ、
         ∧: : ∨//77ァ: ; :;i!
       ∧7: : :∨///∧ : ;i!
      ,.才ァ;斗、: ∨//;∧: ilL斗-- 、_
      } くrイノノ;;;: ∧//;∧/jム`"イ''"ミヽ
        j / /,/,ィフ//////// ,.、 ,、 ;ミ、
      Y i '" r'7//////// ィ¨ヘ "ヾ、 ミ;ヽ
.       |    }ンー=ニ二ニィレィ辷厂辷rーrが
      j   /      ヾミ  ;j`,, ´i  〃,i
     jく、 k         ヽt.〈;"゙`"゙ゞj} レ’
     ∧;、`ヾ≧      ,ィ!ミ 、.__,  ,ト、
    /∨/7ゝイv'´`¨ニ=ニ7 1`ーミニ彡"};八、_
    / ;厂////::ヽ;////////ヘ  大  ハ////7ァァュ、
    /::::j/////:::::::};////////∧ /Y::<ヽ///////////ハ
  /::::::{;////:::::::::j;'/////////∧/:::::∨////////////}
  ム;、:;///〈::::::::::::レ//////////∧:::::∧//////\////イ
  ∨ヽ;////∨:::://///////////∧∧//////777'////|
    外務人民委員(外務相) ゲオルギー・チチェーリン

657◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:02:28 ID:LkAmmJ6s0


さらに彼のドイツ重視の外交政策も、ロカルノ条約以降、ドイツが西側への融和と接近を続けるにあたって
その効力に大きな疑問符がつけられるようになった。



   ____
 ((∨ / / //                                冒  ∧
  ー∨ / //\              /⌒ヽ≡            .| |   て
  \└─‐┘/              | -≒|            /  \  (
   `┃ ┃´                | \ |三=         .|   U .|
    .┗ .r:‐:‐:、             .| \ |            | ̄ ̄ ̄ |
   ,i"゙゙゙゙゙',   ,'~`''i、,             .| \ |三=          | Vodka |
 ,r''"` 、 ,'  ,'  ,r''"゙ヽ,         | -≒ |            |____|
 ヽ、、,,;:'゙゚"┃'''''┃"゚"''i、,,,;:'         ヽ_ノ            ヽ__ノ
       .┗. ┗            ┏  ┗             ┃┃
                                           ┛┛

658◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:02:58 ID:LkAmmJ6s0


      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |   ・・・・・
 \      ` ⌒´   /
 ボリシェヴィキ党書記長
   やる夫・スターリン


次第にチチェーリンとやる夫は対立するようになり、ついに1930年、
健康上の理由からチチェーリンは解任され、後任にマクシム・リトヴィノフが指名される。


/:::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
r:::::::::::::::::::;|!::::::ハ:::::ハ:::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
{:::イ:|::::::::::::|=|:/=|;:/=!::ハ:::::::::::::::/::::;イ:::::::::::::::::::::::ヾ 、::::ヽ
|::{:r'|:::::::::::|rィ='うミy'  !::::::::::;イ::::/=}:::::::::::::::::::::::::::\ヽ、ヽ
.!:::{{ |::::::::::|、ゞ-'´,.ノ    |::::::/_/∠ !::/::::::|::::::::::::::::::::ヽ ヾヽ
..|::ヽ |:::::::ト、`゙='‐'    |:::/k"´うヾy'::::/:i::::::::::::::::ト、:::ヽ  `ヽ
. !ハヽ|::::::|      ..::::: ,リ' ゞニ'ノ イ::/:::イ::::::::::ト:::::| ヽ::ヽ
. ! }::::;!:::::|      ::::::: !  ` ̄´ノ;イ::::;ハ:::::::::| i::::i   ヾヽ
.  ル、|::::ト、     ___ .. '     '/ノ:::;:::| |:::::::::! |::!    ``
.  | !::|``\    `‐-`'   ,/}:;イイ::! !::::::|  y
.  } i::! ``ヽ \  ゙゙゙ , ‐' ´y' !' !/ル'  |::::!
.  /  !'    ```'‐<´ォ        ′    リ
-へ       ヾ| ///7'
   `ヽ     メト////
     `ヽ  ゝ'////、
       ``'‐、{_{_{_ゝ``'‐-.._
 ´ ̄´ヽ、     /ヽ      ``'‐-.._
      \   /  ヽ  /``'‐-、   ``'‐-.._
      ,..‐'ヽ  /   ヽ /     ``ヽ    }
    〈´   ∨    ∨        `',   !
    ヽ   ',      ┌-- ..__    ',  〈
 元外務人民委員代理・新外務人民委員
    マクシム・リトヴィノフ


リトヴィノフは無愛想で、粗暴で、その狂信的外交姿勢からすでに世界的に有名な人物であり、
やる夫好みの人選であった。

659◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:03:44 ID:LkAmmJ6s0


リトヴィノフは1927年、当時ジュネーヴで開かれていた軍縮会議に乗り込み、
その場で「陸・海・空全兵力の即時全廃」を叫び出席者を驚愕させた。


                  _,,,.........,__
             ,,...-‐:':´::::::-'" ̄--.、..__
          ,. -'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー-、‐`ヽ
        ,.-':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;_ヽ、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、`ヽ
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾヽ、
.      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::ヾ`ヽ
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::;::::::、::::::::::::::::;::::::::、:::ヽ、
.    l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i;:::::i、::::i,、;:、:::;:::::ヽ::::::ヽヾ::、       ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
.     !::::::::::::::::;:::;::ヽ、:ヽ;::::::::::|ヽ::i_,>_、,ゞ、、::::::::ヽ::::ヾ、 `      <                    >
    |:::::::::::::::::::;:::i'、:ヾ、::i、::::::::|ゞ';:|ィ(..::::)ノ 'i::;::::::ヽヽ;::,       <  また戦争をしたいのか! >
     l:::::::::::::::::::i,:i'-゙'、i=>;'、:;:::|::.、':l''"     リ`;:、::::i ヾ;       <  あんたたちは!        >
     l::::::::::::::::::|'l ;ィ'l´::ノ‐:ヾ、|:::: i,      .トソ;::l  '       <                    >
     ヽ,:::::::::::::::゙ヽ'`'´"       _.-._,.、    ノ'´ ヾ          VVVVVVVVVVVVVVVVV
      `'、;::i 、::::::::::`:-      /‐'´  `i.  /,
        ヾ'、'、ー、:--`=-   |!  ,,..-,'´  /:::i,
         `ヾ、ェ;_,iー      ̄ ''"  /|::;|ヾ
           '!::i、:::`ーi─‐-- 、._,ノ-i、i、,
           ';|ヽi';:|r' '"´ ̄ ̄ 'i,i l '!i i
           ,..........'! ! 〉       '!i, 'l '!,i'、
       ,. ‐'" ̄ヾ、‐.、 ` ̄`ヾ===、-!,!-ヽ、ヽヽ、__ ___
      /        `ヾ、、   `ヽ,-、`     `ヾ'´  `ヽ、_ ̄`゙`''''ヽ、
    /            ヾ, 、,.-'"-'"       `ー、   `ー─--、;jヽ




                  ∧_∧
                 ( ;・∀・)     ちゅ、中止!会議は中止です!
                / <V> \
            __/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\__
            |   | |                  |  |   |
            |   | |                  |  |   |


突然の過激な主張に当惑した軍縮委員たちは
この議題を次回まで延期させ棚上げにする他なかった。

660◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:04:46 ID:LkAmmJ6s0


しかし、リトヴィノフは懲りずに狂信的な段階的全面軍縮、軍備制限を国際的に呼びかけ、
そのたびに西欧列強から困惑され、黙殺された。

                      ______
             ー=ニ_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`  、
           .  ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:!:i:.:.:.:.:.:.:.:、.:.:.:.:..
          /‐ァ.:./.:.:.:.:.:.:.:!:l:l:.:.!:.!:l:.:}:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.    ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
        イ.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.!:!从トl斥!/:.:.:.:.:.:.:l:i:.:.:.:.:.'.  <                    >
.          /:_イ.:.:./:.:.!:.:.:.トlヘrソ ノイ:.:.:.:.:.:.:.:}:ト、:.:.:!:}  <   それでも僕はー!!   >
         /´ l:.:/.:/:.l:从{ ` ̄  |:.:.:./.:.:.:ハ| |:.:.:l:.!  .<                    >
            |/|/|:.:.lソ      |:.:/lイ:./  ノ.:.:.|ノ    VVVVVVVVVVVVVVVVV
            |ヘゝ、 _   |/  l/ 「:i:.:.ハ|
              ヽト(i⌒ヽ        ハⅣ
                  ゞ=′   /   |
                `i ¨´  .ィ「 ̄ ̄ ̄}
                   `TTf 「i {     ヘ、
                    || | | vヘ   _, 彡^ー──‐‐-  .. _
                   } |〕ヽl ハヘ_//===┐ /´ 〃⌒ヽ
                    //,ノ ノ   > ´        └‐r‐-{{     }
              //  {   ´             {   `   |
              _/ ノ         _ ..    -┐        _x={
              ト{_/           { _ ..   -┘\     、//∧
                { i              ´        >、   { く≠≠ヘ
               ト、|                     / / ヽ  ゝ\{こ厶

661◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:05:57 ID:LkAmmJ6s0


しかし彼の国際平和に対する情熱は収まらず、
ケロッグによる「国策としての戦争」を放棄する国際的取り決め・・・

      lヽ
     ,/ \
    //\/ヾ
 /\/' (.)(.) `ヽ/ヽ    <モウ戦争デキナイ!!
 |/ ̄ ` ( 、, )´ 、 ̄ヽ
 l   (    l   ) )  l
 | U \___ ノノ  ノ
  \         /
   \____ /
   <ロ、 `―' >ヽ
      \/
アメリカ国務長官
   フランク・ケロッグ


いわゆる「不戦条約」の各国批准が遅れると、
ソ連単独で周辺諸国との不戦協定を発効させる補助的条約を締結させたのだった。

662名無しのやる夫だお2012/11/12(月) 21:06:29 ID:o7WR5Wms0
なんという適役のAAだろう・・・

663◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:06:33 ID:LkAmmJ6s0


このような強引でユートピア的なリトヴィノフの外交姿勢は西欧列強を当惑させるものだったが、
世界大戦が終結して10年近く経っても一向に戦争を回避する国際的取り決めが具体化しない現状に
苛立っていた西欧世界の左翼勢力からは、大いに歓迎された。

            ヽ、 、 __..   、
            _,,,;ゝ::::::::::::`` ヽ}ヽ
         _, -''´  .:  .::: :::: .::::::::::`:ヽ
       ∠;::ィ:::::.:::.:: .::::::::.::::/::::::::::::::::::',
         -;=;イ:::::::::::::;::::/::::::;イ:ィ:::/;::::::::::::!
        /::::/::::::::ム:ハ::::/代斗7::::;::::::::l
         /:;;イ:;;ィ:::リヒソ,∨   ̄7:::/:::::::::j
        '´/´/:/::l  i    /-イ::::::::;イ
           /イ:::::'、  ,- 、  ,イ:::::::::/ノ
           {:::/::>、 ´   , /:::/レ';::l
           |/'´ l;ヘェ='-//_イ从j
              _,-''`ヽ  ´  | |
      _.. - ''二二{{ , -=' \   .| l\
      /`ヽ. ヽ、_,, ノ `´     .\::| /ヾ、ヽ
     i     ヽ < L       ヾ   ヾ、`丶
     ',     }  |``ー=-. 、     /     `ヾ、 ヽ.
     l, -ァ  l  .l     ``= 、/   _.... --_'_>}
       }r'´   l  ∧       lrァニ─…  ̄  j l
      |    .l  l ヽ       |.|    E三三} //
      |   l .l   ヽ      l.l       /',イ            ∧_∧
      |   j  l     ヽ    l.l      / .|l            |(@∀@-)     リトヴィノフはまさに
       l  / .l      ヽ   l.l      l!  |l          _| ̄ ̄||_)     高潔な信念の人!
.     l /   .ハ      \  l.l     j|  .|l        /旦|――||// /|   労働者の国から来た
      l'´   /  ',         ヽl l    / l   |l        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|    平和の使者である!


リトヴィノフは一躍、筋金入りの平和主義者として名を馳せたのである。

664◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:07:01 ID:LkAmmJ6s0


リトヴィノフが外務人民委員に就任したというニュースは
大きな意味合いを持って世界に受け止められるだろう。

               _____
            , '"´.:.:.:.:.:.:.:.:.``丶、
.         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:. :ヽ.
.       ,.:'. .: . .:.:.:.:.:.:.: . : .:.:.: :.:.:.:.:.:.
      /./. .:.:. .:.:.:.:.:.:.: :. .:.:.:.:. :.:. :.:.:.:.:',
       |イ:. .:.:.:.:.:i:.:.:{:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:!.:.:.:}
      l:.:./.:.:.斗-A:.:.:.:.:/l厶-Aj:.:.:!.:.:.:|
      |:/|::.:.:.|」f汽ミ、:./〃こ刋i:.:.:ト、:.:!
.      _rfL |:.:.:.:{ _辷」 ′ ヒ少'}.:.:.} }ハ!
    / LV l∧∧    '_    /:i:.:リ'′
.    {  厶    ` .  V_ノ  .イ从リ
    V^` }     , -‐≧==≦ユ._
    { __」   / |:_厂゙丁`¨¨^!:.:.:.>、
      V.:.:.7^V^ |   | __ |// }
     \{    」   {└‐┘} {__j
       `ー '´ {_  _ノ r一:ハ  {
.          r≦{二}三三<  i  ',
         /.:/   }  {:.:.:ヘ L__,ハ
           /.:/  !  V.:.:ハ.{:.:.:.:.:.:、
        {__{   /|   V.:.:.} \_:/\_
            |``V L__} イ   V⌒¨´
           |  `ヽ} l    i
          |     | l   l

それはつまり、もはやボリシェヴィキは社会主義と資本主義の二元対立的関係を放棄し、
西欧世界との平和共存路線へと転換したということである。

五ヵ年計画が成功し、ソ連が西欧世界を打倒しうるほどの国力を獲得するまで、
外国からの脅威を遠退けたいと考えていたやる夫にとっては彼以外の人材は存在しなかった・・・

669名無しのやる夫だお2012/11/12(月) 21:09:28 ID:4jpmTOjg0
ロシア=ソヴィエトを世界最強の大国にしたいやる夫とは相容れない気が
するんだがリトヴィノフ
やる夫には何か裏があるんだろうか

665◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:08:11 ID:LkAmmJ6s0



   ――― 1931年9月、ソチのやる夫の別荘に、一人の男が訪問する。



                                  ´  ̄ ̄ ̄ `  、
                               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                             /  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                            /    ー―::::::::::::::::::::ー―::::::::::\
                           /         :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                           /    ,ニ===ミ  :::::::::,ニ===ミ::::::::::::::::ヽ
                          /    (  ●  )::::::::::::(w①w)::::::::::::::::::l!
                         /       ≧==彡:::::::::::::::: ≧==彡::::::::::::::::::l!
                         |           く:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|!
                         {             :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
                         ,\          ー -エエエエィ:::::::::::::::::::::::/
                         (   \         ::::::::::::::::::::::::::::::::/⌒Y
                         \___人>  ー‐  ー―   ―一 </  イ
                       /    Y .\  >         < ,/T¨  \
                      /      ∧   \     ≫≪     /  ,'      \
                 .   /          ∧   \/ 〉 〈 \/   /         `  、_
                      グルジアの秘密警察高官 ラヴレンチー・ベリヤ

666◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:08:37 ID:LkAmmJ6s0



       ____
     :/::::::::::::::::\:
   :/ ⌒三 ⌒::::::\
  /  (○)}ililli{(○ ):::\:    プルプルッ・・・
 :|      __´___::::::::::::::::::|
  \      `ー'´::::::::::::/:



       ____
     :/::::::::::::::::\:
   :/ _ノ三ヽ、_::::::\
  /  o゚⌒ }ililli{ ⌒゚o:::\:    ぶわっ!
 :|      __´___::::::::::::::::::|
  \     ` ⌒´::::::::::::/:



             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (○)  (○)  \  (なんか泣き出したお・・・)
        |      (__人__) U   |
        \     ` ⌒´    ,/

667◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:09:08 ID:LkAmmJ6s0


      _____
     / ノ' ^ヽ_\
.  ゚ / 。;'⌒)  (⌒ヽ\°     この不詳ベリヤ、苦節32年!!
.  / o'゚~  ___'___~o° \゜     ようやく社会主義の偉大な領導者、
.  |     ゚ |/⌒ヽ|  ゚    |     同志やる夫にお会い頂けるとは!!
  \     ` ⌒ ´    /     感激で嗚咽の一つも出てきません!!!

668◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:09:27 ID:LkAmmJ6s0



 ─ = ニ ニ _三 三 ニ ニ      ズザー!        党員となって14年、
             `  (⌒ 、_      ___          このあいだ同志やる夫を
- - ── = ニ 三   `>  ´`ヽ  /     \        想わない夜は一度だって
   (⌒)ヽ     (⌒ -、./       /   ノ  ヽ、_ \      ありませんでした!
  ─ == ニ 三 ヽ:::::::       |   o゚⌒  ⌒゚o |      立派な社会主義者になろうとして
 (⌒) .。; ゚ ,,     \      `''⌒)    ___'__    }'⌒)    いつもあなたの論文を
(⌒・⌒ ・ = ニ 三 三` -、  、.:::::,,.r'    ` ⌒´   /,,.r'    勉強しておりました!
 '';:. ,、,,・:・ 、、,,==ニニニニ` ー三----`''ー―─‐'".....      常に貴方のようになろうと精進しました!

670◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:09:46 ID:LkAmmJ6s0



                                 __
                                 〈/x仭
                ____          〈/x仭 x仭
              /      \        /x仭_/
             /  _ノ  ヽ、_ \      ///
           /o゚((●)) ((●))゚o\   //ミ)
             |     ___´__  /\ | ////    雨の日も風の日も、
           \    ` ⌒´ /   [_/// ノ     病める時も健やかなる時も、
             /      ,ノ,o。´/// ̄       どんな時もただ貴方の
              |  |   イ/o///ヽ__        お言葉にのみ従って生きてまいりました!
             |  | ´ {_///ヽ ーフ
              /\ ヽーっXX/   ゝ‐        ああ・・・同志やる夫!
           /  /ヽ_ヨXl  o/.           私にとってのカエサル・・・いや、
           |   \::ヾ//l|l‐/ヽ           ソ連邦にとっての偉大なピョートル大帝よ!
           \   \/ /!::!|  \          私はただ貴方の栄光と勝利だけを願います!
              \   !::。゚ノ/ ヽ   )

671◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:10:42 ID:LkAmmJ6s0


             (ヽ,,.
        __,,,,,,,))))ヽ,i彡,
       (・ │   ● 彡ミ      ____
        >イ|      彡|    /_ノ  ヽ、_ \
         ̄| ̄ヽ_  彡彡ミ  /o゚⌒  ⌒゚o  \     万物の流転を司る
          |  /   彡ミ |     __´___    |     唯一の指導者同志やる夫よ!
          ヽ∠__彡ミ.  \   ` ⌒´   /
        彡彡彡彡彡\ミ    ソ     / )        いまグルジア共産党の薄汚い
        /    彡彡彡|____/   / ./          泥豚どものことで御心を煩わせておられると
       /彡彡彡彡彡彡{!!!____//           聞きました!
       |        ___y      /
   / \ ヽ      (      _ ノ            どうぞ問題解決にこのベリヤめを
 //\ \|       \ \ ̄ ̄\              お使いください!
丶◆| ̄ ̄ ̄   ノ   と__ヽ    \
   | | ̄ ̄ ̄""\            .|           ボロ雑巾のようにご使役ください!
   | |        ヽ           |ノ⌒ミ
   丶◆        \__|        | )))ミ        私は犬のように従順に働き、
                 ヽ     / ((((        獅子の如く敵をかみ殺すでしょう!
                 /    /ヽ    )))
                /   /\ \   ((        さぁ、ご命令を!
                \  \  \ \   )),
                  \ \ //
                  ////
                 // ■"


     ____
    / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \    (よし、我ながら完璧な殺し文句!
  /::  __',__   :::::  |     これで政争につかれた上司の心は
  |    `ー'´     .|     完全に落としたも同然ですよ!
  \          /     ふふ・・・自分の才能が恐ろしいですね・・・)

672◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:11:24 ID:LkAmmJ6s0


           ___
       /      \
      /ノ  \   u. \
    / (●)  (●)    \
     |   (__人__)    u.   |     ・・・・・・きもっ・・・・
     \ u.` ⌒´       /





  i|!| |i┏┓! i!┏┳┓| |||i|!i| ||!i|| |||ii| ||| ||| |i||!|i│i!┏┓i!|
  |i|┏┛┗━╋┻┛|i!||!|ii|| i|!i||i|┏━┓ ┏┓i|i| i┃┃i!|
  i||┗┓┏┓┃||i┏━━━━┓┗━┛ ┃┃|i||!i┃┃i!|
  |i |!|i┃┃┃┃i||┗━━━━┛|i|| || ||||!┃┃i|i| i┗┛!i|
  i||i ||┃┃┃┃|! |||i ||i    !|||!|┏━━┛┃|i||!i┏┓i|!
  |i!i |!┗┛┗┛i|!i|         ┗━━━┛i|i| i┗┛i!|
  i| |||i|!i| ||!|i||i!    ____        |!i| ||| |i||!|i|i|||| ||i
  |i|| ||i!i||      /ノ   ヽ、_\        ! | |!i||!|ii||!|ii|
  i|ii       /( ○)}iil{(○)\           i|i!|i|
  |i      /     __´___    \           |i
  !.      |   ヽ |!!il|!|!l| /   |           |
  i       \    |ェェェェ|     /              l

673◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:12:02 ID:LkAmmJ6s0


この会談は上手くいかなかった。



        .____
     ;/   ノ( \;      (んんんんんなぁああああんでだよぉおおおおお!!!!
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;      掴みぁあああ完璧だったろうがぁああ!!!!!!
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;    誰がきもいだこの糞饅頭が!!!!!!!!!!!
 ;.| ⌒   ___'___  ノ(   |.;   てめぇの目は節穴かよ!!!!!!!!
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;    死ね!!!氏ねじゃなくていますぐ死ねぇえんぎゃああ!!!!)



やる夫は獰猛な部下を必要としていたが、ベリヤのまとわりつくような忠誠心は大嫌いだった。

ベリヤは別荘から追い出された。

674◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:12:48 ID:LkAmmJ6s0


        ____
      /      \
  o ○ o´  _ノ  ヽ、_ `o ○ o      同志ラコバ!同志やる夫は何か私を誤解しています!
.。゚   / o゚/⌒)  ((<))゚o\   ゚ 。    私なら必ずやあのお方のお力になれるのに!
    | 0 / /  _'__   0 |        もう一度私をやる夫に合わせてください!
    \ / / ´-‐-'    /       私はあらぬ誤解を何としても解きたいのです!


            }i|ハi从}i{{l|W从川{ {从i|{  i !        {_
            V   }ハハ{V   Vハ{{i{ハ :{i|!       {{`′
               }            |W从小j!i !i|  ,  、_≧ァ
             ム              |/}イ小j}}_} }!}W¦ 「广
            」__\、    _  -‐    |/}/从从从i{ハ {
           { f≧メ}、_,)≦二 __         |/ムi7'⌒V小!|W
           ‘斥沙′`} ]三三ミF¬==≠f/   }仆{ハ!
            { /  ‘弐三三ヲ      }小/  从}Ⅵド    んー・・・
             ∨     ` ̄´       l/ノ__//从Wバ
             }〉--、              _ イ/}|V/      (休暇中のやる夫の機嫌を損ねたら
         :       く_、__       U   /  厂´}i||V|ト|{
         :      /∠}厶_       /   /  |ハ|」{i         俺の立場も悪くなるな・・・)
        :   // }>r‐ `        _/    |从{了
         :. //    }i|l}ト、_    _  -‐          / {_
        `゙´       ゙ー≠≧=≠             /   {ヘ._
              _/    l           /      ,′ \_
             ´ ハ      |        /       /     }\
             /   { ‘.    」     /       /    ,′
.         /       !  }i  /     ハ      , '      /
             アブハジアの支配者 ネストル・ラコバ

675◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:13:41 ID:LkAmmJ6s0



         ヽ 、________ ヽヽ. 、
       _,, ..≧::::::::::::::::::::::::::ヽV::ヽl
       ,.イ::;ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`=イ/
       //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
      〃::::::::::::;イ//リ|:/|:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     ∠::::::::从(     l/ !::::::::::::::::::::::::::::::: ヾヽ
      /イ∧` 、,,ィ≦=rヽl/ル::::::::::::::::::::::::ヾ、
        〈_≧r=!:::::::ノ    リ:::/ヽ:::::::::::::lヽ       まぁ、今日は止めとけ。
        !:::::/   ̄       lん) !::::::::::ル        同志やる夫も一か月はソチにいるはずだ。
        `l〈 _       ,..  ( ,.イ:::::::::::(        また次の機会に連れてってやるよ。
         ヽr__      /  l´ !::::::::从ヽ       焦らねえこったな。
    ___ ,....,..._ ト-`¨      ノ  ルリ人ヾヽ
  r‐"_l_辷〕_}illi、   ,, -   ,,..::::"::::.. | __
  f,! └‐r‐‐/ / ^vllllllr''"  ,,...::''::::::::::::::::::::/´  /`!
  H__ノ__ノ__ノ /   r=`-''::::::::::::::::::::::::::::/  /   ヽ
 {   ∨   l    ヽ:::::::::::::::::::::::::::::/  / ,. "   \
 l、   l   /    / l::::::::::::::::::::::/  / /
 /`'ー― /     / /:::::::::::::::::/  / /
/     / / ̄/  /:::::::::::::/     /


        .____
     ;/   ノ( \;
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;      (うるせぇ!!やる夫に会うチャンスがそう何度もあるか!!
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;     テメェは黙って俺をやる夫に会わせりゃいいんだよ!!
 ;.| ⌒   ___'___  ノ(   |.;     役立たずの糞ヒゲ眼鏡が!!アホ!ボケ!カス!
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;     テメェもしね!!!!)

676◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:14:14 ID:LkAmmJ6s0


   l::::::,:::::::::::::::::::/::::ハ::::::::::::::::::::::l::::::::::l、:::::::::',::::::::::::::',:::::l
   |:::::l:::/:::::::::::::l::::/ ヽ:::、:::::::::::::l\:::::', ヽ:::::l:::::::::::l::l::::::l
   l:::/!:l:::::::、:::-|l:/――、::`、::::::::::l―\‐!‐、::l:::::::::/:/:l、::l
   l/ !:l::::::::l:::::l━┯┯━、ヽ、::::::',┯┯━レ'!:::::::/:::::::lヾ!    セルゴ、聞いたか?
     l lヽ:::::l、:|  |::::|   \ ヽ、:',.!::::!   ,':::/!l::::::/
      ヽヽ::':,   `゙´      ```゙´  // /:,::/      グルジアのベリヤが
       ',\l        '         ,'::´::/l/       休暇中のやる夫を訪ねて
       ',::::::.       __         ,ハ:::/         追い払われたってさ。
        ∨ ',`::._,.. - ―´ニ`―‐- 、,ィ::::/ l/
      _,.. -'' " ´: : : : : : : | |: : : : : : : : ̄` 丶 、
     <: : : : : : : : : : : : : : :.| |: : : : : : : : : : : : : : :>
       \: : : : : : : : : : : :.:.| |: : : : : : : : : : : : : /
    レニングラードの支配者 セルゲイ・キーロフ



.    >‐ 斗 ¨: : / /: :{:     \<ミt
  /  //: : γ¨7,//: : :.:Y⌒\  ‘,: :`寸
 /   / /: : : : /`ー´//: : __ :.{.    \ ‘,: : __\                  あの出世主義者め。
./   | |: : : ノ   〈〈 -‐ `: ゝ._tァ__ゞ='-' };} .)                 目敏くやる夫に取り入ろうと
    | |: :Y´ ̄Y、 } }__   , ィ ,,   >'¨¨≧ェ__               しておるのか。
.    Ⅵ {   } }γ´   \/ |' .{.    ,γ´   , \
\    Ⅵ ゞニ彡'::{   ij    ̄¨¨^ ─Y_.」_ヽ / ィ }           /ヽ
、__}   ‘,',l    !:::!                ¨ ‐- 、′      /   }
」-'¨\  \\__/  \_〟-‐       `ー‐- _   ノ    / ̄〉'_>´ ̄У ̄\
    \  \\         _         / ̄_ ェェ/_/       {_   〉
.       \  \\  \ \ゝ_ 三二≡=-─ ´仁}三三三三三三三≧ェ.    ̄¨ヽ
  やる夫最強の盟友・重工業人民委員
                  セルゴ・オルジョニキーゼ

677◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:15:00 ID:LkAmmJ6s0



       {  ノ \ \{{: /ニ=-  ヽ、      }`{  {
.          Y /アヽ\_ノ :/ニニ/    }:   ,  ⌒ヽ、
         ri//⌒ヽ __ノニニ/     ノ  /    ,.:⌒          俺もベリヤとの付き合いは長いがな、
.     ,ィ从{ff/⌒ <三三/    /   {ixー=:<             奴の本性に気づいてからは
   ‐=f′ / 〈    /  ヽ{{i  ,ィ尨。o   __`ヽ \           あの男を今まで庇護していた自分を
 f´ 〃  ,:   {`㍉{、   .ハ{i尨',ィ≦ O  \ `ヽ ノ           罵ってやりたいくらいだ。
,ィ{   i{ ,  f     》ム斧ミxィ三三ニ   _人_   〉 _ノ
/ハ  {{ {  { ,ォ=ミ{ }/:::: /=ニ三三ニ  ヽf  _,イア´             奴は口先だけの忠誠を誓って
i/ハ Ⅵi才"   Ⅵ::::::;イ=ニ三三ニ _ノ{_   /V     ,ィニ三       ただ出世の為に俺を利用した。
////≧ィ'      }ム:::{=ニ三三ニ=:`Y   /{/     ノ三二ニ
//////{、   __ノミji人:{ ニ三ニ=-   ̄`ヾf`ヽ.    ,ィ三二ニ       そして今度はラコバの人脈を利用して
//////ム__  ̄ _.ノ   》'"´      /7 :}  ノ {/三二         やる夫に顔を売ろうとしているのだ。
//////ハ    ̄  ,ィ示{     \   //  ノ⌒  ノ三二ニ
///////ハ     ,ィ劣/人 `㍉、 ヽ  /  ‐=彡三二           まったく、節操のない反吐の出るような男だぞ。
////////ハ.   ff//////ミ ー=ミ_ ,イ  ,.イヽ辷三彡'´
/////////ハ,  {{///////ヾミ=-' ー==彡'
////////彡'  マ////////////////≧=x   r=ニ三三


       ,.. - '/
      /:::::/-――-- - 、_
     l:::::/´::::::::::::::::::::::::::::ヽ、二ニ-'
   / ̄:::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
 /,..::‐:::::  ...l.....:::::l::::::::::::::::::::::::::\ヽ       地元のグルジアで
./,イ/ /..:::::::::::/!::::::::::l:::::l:::::::::::::::::::::::::', \      ベリヤを好いてる人間なんて
  /:::/::::::::::l::::ハ::::::::::::、:::、ヽ:::::::',::::::',:::',       一人もいやしないさ。奴の本性を知ってるからな。
  l:/l:::::::::ーl::/_,、::::::::::l-、:l´_、-:l::::::::l::::l
  l l::::l:::::::lリ____ヽ:\::',-t‐,┐::!:::l::::lヾ!      まったく、ラコバもなんだって
   l::::l:::::::イ∨、/! \\:、^ハ! ',!:/l::::!       あんな男を飼ってるんだか。
   ヽ::l、:::::l 弋>     ` ̄  /,イ::::l
    ヾ!\ゝ    '      ハ'/:l'/        大方、いつもの大げさな口車に
        ハ、   _    ,.イ::/ リ        騙されてるんだろうけど・・・
       _,...-゙ヽ- ‐,-`-- ´、l/
      <: : : : : : : : :||: : : : : : :`丶、
      ゙}: : : : : :.:.:.:||: : : : : : : : : /

678名無しのやる夫だお2012/11/12(月) 21:15:30 ID:s0qnat..0
まとわりつくような忠誠心wwwwwきめえwwwwww

679◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:15:36 ID:LkAmmJ6s0




     __,.... -――- 、_  ヾ:::.、
     ヽ、:::::::::::_:::::::::::::::::::::`ヽ::::::ヽ
     _,..-'"´ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::',::::::::L__
   /::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_::::::ヽ
  /:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::∨::::::::::ヽ、:::',
  /:,イ::,イ:::::::::::::::::::::l:::::::::/|::::::::::::::::l......,.  ::ヽヾ、
 / /:/:::/::::::::::::::::::/_:/ l::::::::::::::::|::::::l::::::、::::l
  ,'::,':::::l:::::::::::::/´/!::/ ̄l::::::::::/-/l__::|:::::::l::::l
  l::l::::::::l:::::::::::l/,t― ,、 !::::/:/_ l::/:::::::ト,::|
  l/!::::/ ',::,::::::l  ト、/! `/ / lく.}>/::::::::l リ
   l::::l  V、::::|   ー '      .ト,/l' l:::::/リ      なんにせよベリヤを追い払った
   l:::l::ヽ、 ヽ!        、   //        やる夫の判断は正しい。
   l:/!:::::::`"、             ハ
    l::::::::::::l ヽ      -‐   , イ          あいつは信用できないからな。
  _,...-ゝ-‐:┴―ヽ- 、 _  , イ
  l: : : : : : : : : : : : : : : : : : ` ‐ -、 _
  ',: : : : : : : : : : : : : : : : : : : //: : : :>
"´ `ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : L',: : : /



            , =-‐ニニニミヽ、
          ,ィ´ィ,ィ'"´_=-‐-=、`ヾヽ
       .,r‐‐=///´r''´⌒、_∧_⌒,=、ヽヽ、____
ー<´ ̄~¨7  .///f´`,ィゝ‐''.〈ハ〉 ̄ゝ‐'、ヾヽ`ヽ\r‐-、
ヽ  ヽ _/ .///r‐f´     〈ハ〉    f`Y:l‐-、. }  l‐-、
 ゙v''"´  `ヽ{ i l`/'"//⌒ヽ. 〈_〉 ./⌒ヾ、 l l、  `ヽ ノ´`,、´ヾ
  }ゝ、 __, ィ'"l l: Y`i l l (⌒ヽヽ__/´,ィ'⌒) l l_l_l、ゝ ___)´` ⌒
  .l`ー---'''"l l:..l rf⌒ l`x、 ` v ´)ヽ,ィ' ff´ ハ `ー-‐'i ´` ,,、
  l       l l八ノl ヽri゙ゞニ゙、_|_,∠´、",r`Y ノ    l       もしもベリヤが
  l    _ ヘ∨ゝ. /.f´l:.'´-三-`゙l`iヾ ハ'"     l       モスクワに乗り込むようなことになれば・・・
  .ハ,ィ'"´:::ヘ //ヽ,,`ゝ{ ,>=< }‐'"rヘ l.      l
 .ノ //////∧'"ヽ、゙ ゝ ハ'´ヾ  ,イハ ノ,ィヘl /⌒ヽ l       想像するだけで気分が悪くなる。
:./ l///////,`>-、 八_,,` ー‐‐'__ノ´ ,,ィ'"/////} l
/  ゝ///////////`ー=i `ー―'  ,ィ'´////////ノ l
   ` 、////////////l l7777l l´/////八 ̄   /
  _ =-‐'"///////>'"_ ヾ//ノ l////////`>. /

680◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:16:34 ID:LkAmmJ6s0


   /  ̄  ̄ \
  /  _ノ  ヽ、_  \     同志ラコバ!!お願いします!
/ o゚|⌒|  |⌒|゚o  \   もう一度私をやる夫に合わせてください。
|   | |__'_.|_ |     |   私にはあなたしかいないのです!!
\  | `|⌒|´ |  /
/ ̄ |川!| ̄|川i| ̄\



 ノ_,、_ノノ,,孑 / ノ
彡从毛乂乍リソミヾ壬ミ
从彳川少匕从彳ミ川少<
毛仆卅从ミ从毛仆卅从彡
W从匕ミ弋幵W从匕弋乂
从乂lヽlミ\卅从乂lヽl\Wミ
从W毛彡厂''V'\ '    .∨
W从匕乂         ',
从卞弋V'      ',    , -',
災什人.        ', ii/少ミ}
升入    `゙ー-=_ノ_,t壬昨ノ     わかったわかった。
ミミ______ _, -壬少ノ rx゙".rxl
W    .`弋匕ミ少' { .', { .∨     必ずまた合わせてやるから安心しろって。
/'     ` ̄´  _.', .',.', ',
∧        rx  .`', .',.', ',
. ∧.      r゙x X--‐'', .',l  ',
  `ー- ,_.   \\ \/', .',  lヽ
      `ー- .._ヽ ヽ `ー'   l ハ
          Y´ ヽ ヽ     l \

681◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:17:23 ID:LkAmmJ6s0



         ,..¨ ̄ ̄¨丶
.         /          \     (やる夫・・・今日のところは引きましょう。
        / ー :::::::::      ヽ,
         /( ○)::::::::::::`ー        だが、あんたは必ず俺を呼び戻す・・・)
.        i     ::::: ( ○)    |
       \  ´          /
            \ ー    __/
          /        \




          _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
         ,r'  三     \     (あんたには俺が必要なのさ。
        / ―'三 \     ヽ,
          ( ⑪) 三  `―    ..i   グルジアの血は、常に獰猛な
        i.      ( ⑪)     |   暴力を必要とするのだから)
          \ _´__        /
           \`´     __/

682◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:17:35 ID:LkAmmJ6s0



        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\    (その時が来ればラコバは用済みだ。
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |   オルジョニキーゼだってキーロフだって・・・
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、    俺の上には誰も立たせやしねぇ)
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ

683◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:18:21 ID:LkAmmJ6s0


    |/    _, -‐  ̄   ̄` ‐- 、
    |  ,. ' ´     ___      `ヽ、
    l/    ,. '´ ̄ /l l lヽ   ̄`ヽ、   \
  /     / /     f┴┴ヽ     \   ヽ
.., '     /   f     {    l   ',    ヽ  j
/     /    ',  、 l     }   j    l /
!     ,' l l    ヽ,-弋´    ーメ、ノ   i  l'´
',     l ヽ\./ィ''てテ`ー'  イミ、、ヽ / //
 \.  ', `,.=<  { !リl      {Yj}` /ィ/'"
   `ー-lゞf ‐、`  -‐-'   ヽ ヒタ. fノ´          やる夫!
     ', l  t  :::::::: /`ーr :::::: }|           ベリヤを追い返して正解よ!
     j `ー-‐、   i   ,'   / ',
 、_____ノ ,. ‐ 、,-l\  ヽ__,ノ _r‐'⌒l_ \  _,ノj     あんな汚らしい男、
 \___, /  { ∧ ` ー-‐/´    lヽヽ、 ̄ ノ     絶対に家に入れるべきじゃないわ!
 ヽ ̄´ {  /\ { ',   〈        } ! ー<-イ
   ``ーl l  \!    /\    /  }   ノ
     ,l、l、  r三nコュ    |     !  t--‐'´
     ト f  ̄ゝ、Oノノ     l     !   >
     | ヽt  / トYィ′\   |   | / ノ
   やる夫の妻 ナジェージダ・スターリナ


     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \    まぁ、確かにいけすかない男だったけど、
|       (__人__)    |    ラコバが言うようにちゃんと実績はあげてるお。
/     ∩ノ ⊃  /     決して能力がないというわけじゃないと思うお。
(  \ / _ノ |  |      優秀な労働者だお・・・
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

684◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:19:04 ID:LkAmmJ6s0



       \ /     ̄  ―-  _        \  /
         /     /    /ー-1 ` ―-  _  \ \/
          /  /  /    /   |     l  `>、\/ーァ
       l  |   |  、 |   |  /   l   l \ /
       l   l    l  \|    、l/    l   /  | \
       ヽ  t   ヽィ==      ===ミy  /  |ーr┘
         \ \ / /しハ       /しハ Y /┐ 卜┘
          \ fハ  l レリ:!     l レリ:!   ノ| l| |      実績なんて関係ないわ!
           /∧ハ ゞ^'  ‘   ゞ^'   l  /  l/
          // ゝ |   マ~ ⌒ヽ     ハイ    |       私はあんな野良犬、
           | |   人   !    |   イ |     | /     絶対に認めませんからね!
         { | | /   `ト、 丶   ノ  /| 丶---キ
         `T"´ __ ノ  ≧ェ― イマー‐r'´ ̄ ヽ \__ ノ|
       |   l /    `T´ |」  /    /     \    /|
       ト---' /   r――-rヌrぅィ1-――┐     | -‐  /
       ヽ /」    |   {7,こ,こ,ヌ7   |     |\ /


      ___
    /ノ  ヽ、_ \
   /(●) (●.) \     わ、わかったから
 /  (__人_,)    \
 |  l^l^ln ⌒ ´   U   |   あんまり怒鳴らないでくれお・・・
 \ヽ   L         ,/
    ゝ  ノ
  /   /

685◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:19:16 ID:LkAmmJ6s0


ベリヤの一件があったものの、
いままで常に衝突気味だったやる夫家の夫婦仲はこのころ、良好な状態にあった。
夫婦はお互いの健康に気を使い、(比較的)仲睦まじかった。

                                  ____
                                /      \
                              / ─    ─ \
                             /   (●)  (●)  \
                               |      (__人__)     |
                             \     `⌒´    ,/
                             /     ー‐    \
         _,,,,,-----,,,_
       _,-''~       ~ヽ,
     /     _,,,---,_ノ--,ヽ,
     /   ヽ,,,,-' ,ノ~~~~''--'~ヽ)ヽ,
    i   /~''--'  lVヽ,  ヽ ヽノ
    l   y'>i   ,i _,,-l   lヽ  l, l |
    ヽ/フ ヽ  ヾ ___ノ  'i__j ノノ ノ.'
      〉-l  ヾミ /,-,    ,、ヽ,,/
     l_i_i  ,-、.  {;;;}   .l;j lノ
      /ヽ l_'        ' /i
      l    ~ヽ,_    o / l
     /ヽ _,,/ l~'''-イ_  〈
     l, ,---'-,__ノ   ~-'--‐''r~'i
    / l  ヽl ll-、 ,---_/ i/ < ~ヽ
   (' i->  l i~'====='イ l  l  ヽ


そしてこれが、やる夫とナージャにとって最後の良き日々となったのである・・・

686◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:20:05 ID:LkAmmJ6s0



: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:|  l   j: : : : : : :  ザッ・・・
                  : : : : ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  {´ `}: : : : : . . . . . . . . . . . . . . . . . .
        : : : : : : : : : : : :  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',  .   : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                             .   ',  ,'    : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                         :.  l´ ヘ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                         Y j  }: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                      . . . : :rj :{  j: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                     : : : : : : : : ゝ人;_ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                   : : : : : : : : : : : : ≠ : : : : : : : : : : : : : : :    : : : : : : :
                 . : : : : : : : : -=‐ _: : : : : : : : : :        : : : : :
                  . : : : : : : -= =‐ ,-=-: : :              : : : :
                    : : : : : : ‐=ニ=‐ -=ニ=-
                   ‐=ニ二三二ニ=- _
                   ―=ニ二三三二ニ=―      -=ニj
                 -=ニ二三三三二ニ=-     -=‐´
                 ―=ニ二三三二ニ=―   -=‐
                  ‐=ニ二三三二ニ=-  -=ニ=‐
   = 三¨ー=―    _ ‐=ニ二三三二ニ=― .-=ニ=‐
          ―=ニ二二三三三三三三三二ニ=―
             ‐=ニ二三三三三三三三二ニ=‐

687◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:20:18 ID:LkAmmJ6s0



゚       、            /,/           \\:::::::::__/ / !             / / 〉/〉/〉
  `     ゚         /,/             /\  ̄ ___/,   |          }' / /〈/〈/
    ゚。          |!iノノ  ,,  "~     /    ̄  | /   |           / / /      l\
.  ゙   丶   o    |!/ / "~           /       ,:i/    |         / / _二二フ   \〉     _
 ゚  。         |!/ /          _/寸=‐- __/.i'    |        /__/ /.  r'´¨二仁二i   / /
         \    |!/ /           /、  ',    ~.i     |       / ./ /丁''亠<      / /
゚ o     。    }\ / /          / |ハ.  ',    i     |       ハ〈_/ ,} ´   r── ´ /二ニ,, 、
   - =ミ、  /  `.{ !i          / /} .| ο|   i    |       , ', /。 ゚   `ー──  _/゙〉   \\
      ヽ ー'    ∨|!l|!:||!i    ο ' ,// /ヾ./゚ 。 ヾ{    |       { /し'   。  ゜   /二,,´ __ー、    \\
 ‐ ─ = 二 ヾ ゙ヾ \|!l|!:||!i||!|l!|li|i|l//し'}\\_ ̄Ⅵ!|!|!l|!i       / /  /   ___/__.  / / 〈_/    , /
   - = ニ゙ =        \|」!|! _ノ{/じ'   (___ ヾ `ー' \|!、|!||li|!|/l!|/   ー=彡'´ ̄ ̄o'   ̄〈_/ー‐-- ..__/ /
    ,、,,彡ー''゙⌒゙ー---‐´ ̄`<彡' ゚     ____つ ゙  ゙~ゝ_/ ゙ー' 。 ゚  二 ニ = ─ 。      /〉/〉/〉   ̄
=-'~ヽ,,,rt,,  ,,_ ._゙ー    ,_ _,.. ,  ̄`ー ニ二~ ー‐‐--=ミ、ヾ,,_.._,,_,, -'' ""~ 二 ニ = ─ o   ゚   〈/〈///
`ー一' ~         ..,,_,_ _,.. ,.,.,_゙ "゙ r-、,_ _,.. ,r'ニ⌒ー‐'゙~ゞ_____ノ゙ー'⌒゙ー‐'゙ー‐‐‐''゚ー-‐‐─一"- ‐‐'''~  //
⌒^ヽ.,,,,   "゙"゙               ̄  ,_ _,,._ _..   _.., ,, _. -‐‐‐、,,_ .._"゙    " __ ..,,_,,  __..,, __  ~

688◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:20:31 ID:LkAmmJ6s0




                「\ ̄`''ー-- 、、、
         ___ |:;::∧           ヽ
      〈\  / |:.:.:.:∧          \
        \ /  |:.:.:;:;''               ',
         ,'      r             '
           {:...:...::....:.......ヽ           |
         |.:.:.:.:. :. :;_:;:;:.:.:             :!     た・・・たべもの・・・
         ヽ:.:.:;::.:'´:;':;':;::;.:.:.:.:.γ´ ̄     /
             }:.:.:.:.:.::::::::..:.:.:.:.:.∥:;:       リ、
           \:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:|;      / `ヽ
              `ヽ⌒>:;::;:;:;:;.:.:   /
                ̄ ̄ ̄///
                // /
                      〃〃

689◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:20:54 ID:LkAmmJ6s0


年明けて1932年、ソ連全体を破滅が覆いつつあった・・・



                                ,ィ!´ ̄``i''ー─- 、、、,,_
  イ三二二ニニニゞ                    ( j〉    」´ ̄ ̄``ー-、ヽ    .,.:,..:..    .,.:,..:..
               ... ,...               ``ー─'"´  ̄ ̄ ̄ ̄
         ,ィゞ          .,.:,..:..                               .,.:,..:.. ... ,...
             ー====-                         ー====-
  ... ,...                       .,.:,..:..                        ... ,...    .,.:,..:..
          _,  -─‐- 、ー‐-、ー-、  ;: ;:;: :;:;: ; ;           ,ィゞ
        ,イ、,r'⌒ヾ    ヽ ヾ ``''ー- -、-‐''"´ヽ;;: :;:; ;:; :;:;  ;:  .           .,.:,..:..
       ,r/  (::;;:;:;;/ー-、  j  `,   _ /ィ´  ;:; :; ;:; : ;:               ,ィゞ
       ヽ 「i''ー'"´   ,r-‐'ー''''"´ ̄
                                              ,ィ!´ ̄``i''ー─- 、、、,,_
                イ三二二ニニニゞ                    ( j〉    」´ ̄ ̄``ー-、ヽ    .,.:,..:..    .,.:,..:..
                             ... ,...               ``ー─'"´  ̄ ̄ ̄ ̄
                       ,ィゞ          .,.:,..:..                               .,.:,..:.. ... ,...
                           ー====-                         ー====-
                ... ,...                       .,.:,..:..                        ... ,...    .,.:,..:..
                       _,  -─‐- 、ー‐-、ー-、  ;: ;:;: :;:;: ; ;           ,ィゞ
                      ,イ、,r'⌒ヾ    ヽ ヾ ``''ー- -、-‐''"´ヽ;;: :;:; ;:; :;:;  ;:  .           .,.:,..:..
                    ,r/  (::;;:;:;;/ー-、  j  `,   _ /ィ´  ;:; :; ;:; : ;:  ,.-'''"-─ `ー,--─'''''''''''i-、,,
                    ヽ 「i''ー'"´   ,r-‐'ー''''"´ ̄

690◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:21:55 ID:LkAmmJ6s0


ボリシェヴィキの奴隷的収奪政策に抵抗するために、農民は自暴自棄な焦土作戦にでた。
家畜を殺し、自分の畑や家に火を点け、ボリシェヴィキには何一つ明け渡そうとしなかった。


         ごめんね      
           ∧,,∧   A_A __      
          ( ´;ω;)⊂- - ⊃▼⌒丶 
          /   つ (ω__) )  ●|~*
          しー-J プシュ U U. ~- 'U

691◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:22:24 ID:LkAmmJ6s0


          ,.イ
         (_二二  ̄7,イ人           ,ィ ト、
               //(_ノし' ,ィ ト、      ( :し' しイ
      ,.イ    //      ( :し' しイ      ̄7 | ̄   :ト、j7__,ィ
       | 'ー―'´ /          ̄7 | ̄    /,イ :!     >ィr―'   l7l7rァ
      ∠,. -―― '          /,イ |     </ノノ   <_ノ:|」     /'´
                       ∠/ノノ           _,..-'''"~""~"""''''- 、
      , -'"::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、             _,..、-''"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;; ;;:;: :::''"'- 、
    , -'"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、      _,,.-‐''"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::'':::::''::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、
.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.
::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;''
,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,) 、    )ヽ      (,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;
,:,,;;,,:,,;;,,,:,,;;,,:,,,,;;,,,:,,,:,;;,,:,,,;;,,,,:,,,;;,,:,,;;,,:,,;;,,,:      ,) ( (  )ヽ ; ・  ) ; ':,,,:,;;,,:,,,;;,,,,:,,,;;,,:,,;;,,:,,;;
'"""'''""""'''""""'''"", -'", -'"""'''"(       ) `   ( ( ) ) ( (   )ヽ ( 、  )ヽ"'''""
||||||||||||||||||||||||||||||-'", -'|||)ヽ||||||||)  )ヽ( ( :(    )(   ヽ、) ) ( ( ) ); ( ( (、|||||,
||||||||||||||||||||||||-'", -'"( (  )ヽ|||||||||||||||||||||||||||||, -'", -'"||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||, -'",
||||||||||||||||||-'", -'"|( ( ) ); ( ( (、 :)|||||||||||, -'", -'"||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||, -'", -'"
||||||||||, -'", -'"|||||||; ;)__) )|||(____) ) ))||, -'", -'"||||||||||||; : , )|||||||||||||||||||||, -'", -'"
||||, -'", -'"|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||, -'", -'"|||||||||||||||||; ・ )ヽ  (丶  ) -'", -'"
, -'", -'"||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||, -'", -'"||||||||||||||||||||||)`、 (  (  .) )ノ, -'"
;;, ,;;ww,,;;,,w,;;, ,;;,www,;;, ,;;,ww,;;, ,;;,www,;;,.,;;,w,;;, ,;;,www,;;, ,;;,ww,;;,..,,;;,,www,;;, ,;;,ww,;;, ,;;,,;;,,
  /⌒ヽ                           /⌒ヽ
⊂::::::::::::::::⊃  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        ⊂::::::::::::::::⊃  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (:::::::::::::::) < オラたちの畑が・・・         .(:::::::::::::::) < コルホーズに獲られるよりはマシさ。
 (:::::::::::::::)  \________         .(:::::::::::::::)   \ 俺達の畑だ、誰にも渡すもんか・・・
  |::::::|::::::|                         |::::::|::::::|     .\______________
 (_(__)                        (__)_)
wWw,;;, ,;;,wWw,;;, ,;;,wWw,;;, ,;;,wWw,;;, ,;;,wWw,;;, ,;;,w,;;,.. ,;;,wWw,;;, ,;;,wWw,;;, ,;;,wWw,;;, ,;..


少なくない数の農民たちが、奴隷に堕ちるよりも誇りと意地と共に飢えることを選んだ。
膨大な家屋と家畜、農耕用資材が農民たち自身の手で破壊され、ソ連農業は急激な速さで崩壊していった。

692◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:23:16 ID:LkAmmJ6s0


1932年夏、悲劇的な飢餓がソ連全土を襲った。
家畜の数は全国2億7600万頭のうち1億5250万頭が失われ、穀物収穫高は革命前の半分近くに落ち込んだ。
その穀物も6割ちかくが政府によって収奪され、農民の手にはほんのわずかしか残らなかった。


               __
            /`´: : : :\  _ ........._                         r- '⌒ヽ
          , -イ:.:.:/{{`ヽ-: : :ヽ .ア:__,.へ:::`ヾ                _ノ゙ヾ、   .j ,___ぅ^′
__     /:.:.:.:ゞ/rx__r廾>ヽ: }ア::ノ,zz  __ヽ<, -へ__     , --- 、-{:.:.:; -'ー 、 / l
: : : : :>-- '´_:.:.:.:.:.:.:.:.L..」└‐┘!/}:_/ ゚-  ゚ ' ハ:.:.:.:.:.:.:.:ゞ´ ̄>´::::::::::::::::::::ヽ/:.:.:.:.:.:.:.:.:\__l   __
    }:.:, ´: : :`丶: : : \ー`,. イ:.:il:.:ゝ!  [二l ハi:.i:.:.:.:.:.//<__::::::::,、::::::ヽ:::l:.:.:.:i:.:.:.:.:.ト、:.:.:l ア ̄r---
^~`ヽレ′: : : : : : :厂`Lア二,イ:V ヾ__ヽ  .._ イlr.ヽ>`. . . . . . .く/V xz-↑L:.:.:ト,__/二_/   /
:::::::::::l: : : : : : : : : /  </ヽ/`ヽ/     ゝ..__/. . . . ,、. ,、_ト. .ミ __゚- .r '::::}:.:「 x. -゚イ_ /
:::::::::::ハi,、,、i: : : /         .l   i      Ⅵ. . ノ-イ r. Lト'ー 'イ⌒ヽヽ-< rっ':.:.:.:.ド、
Aヘ::::j__Lヽ_r-ァ'        ./ j   i      ヽVr┘・` _ー レヘ V⌒′'. ト、!:.:.:ト¨´:.:.:.:.:.ヾ:.:.`l
.゚ ' r ':::::}  ア       /}  Y⌒ヽl        >- 、.ー'イ´`ヽ L_.ノ! ! ハ:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ┴- 、
-‐'´:::/:::| ∠_      ∠、 丁]  .厂      r ⌒7:.:/:.`¨´:.:.:.:.:.:`ヽ__l .l  厂ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
::::::::::):::/:.:.:.:.`丶__  j.  ヽ !/  ,l        ヽ  !V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'.:,/l`\! l  /r‐┴ 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:::::::> '::::::::::::::::::::::::::::V- 、   './  / !  , -=  ̄ ̄^\ `!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ ヽ-l .//ノ:.:.:.:.:.:.:. ̄`ヽ- ...._
::/::::::::::::::/::::::::::::::::{   ヽ  l ./| }/:::::::::::::::::::::::::::::ヽ `ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.L_ヽL) /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}: : : :/:

多くの農民が飢餓に斃れていった。
特にウクライナや北カフカースなどの穀倉地帯が最もひどかった。

693◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:23:58 ID:LkAmmJ6s0


この年、アメリカの急進主義者フレッド・ビールがウクライナの首都ハリコフ近郊の村を訪れている。


          /       _.. 、   ,>x、
         / _.. -‐== "´  ヽ /   `==- 、
        ´ /          ∧∨ ∧
       /   ;′      :i   //∧///|        ゙,
      ‘   j| .:|  l ;   :| .:| :|///'[///|:  |:     i
      i  jl| ::|  | i  :i| .:j:| :| `"¨^´ |:: ハ:.     |
      | 刈 ;:|  | | 刈 ::「| :|      |:: 厶| ;゙   .:|
      | /⌒| j1 :|:「V^メx,|八{     ,.x≦_メ /  ,:::|
       j{ r∧,圦 ::|:| <  U`ミ=‐   〃 U リjイ/|: /^リ
     / j、ヽ、  ヽN           ′    〃〉 |/
 ___/. : : \ \            !     //
_≧=‐ : : : : : >、j、   し         〉   /^     こ・・・これは・・・
\ : : : : : : : / : :「X       , -- 、   人
  ≧=ー : ∠ニ=ニ..」 ^x     /  ̄Y/  x'゙: : \__
__..≧z=シ'´       `<¨ミx、 'ー─ '′/ |`ー=≦._
  : : :/  ー<⌒`rr‐'  j},__シ===xf"|: : : |: :     ̄`
      アメリカ人 フレッド・アーウィン・ビール

694◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:24:54 ID:LkAmmJ6s0


彼がそこで見たものは、村民全員が餓死して廃墟と化した村であった。
唯一生き残った女の村人は、精神錯乱を起こして廃人となっていた・・・

_____________________
_/_/_/_/_/_/_/_/_/.,:;./_/_/_∧
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ .ヘ      ______
_/_/_/_/,.;::./_/_/_/_/_/,.:;,./_/.γヽヘ.   ////////\
_/_/_/_/_/_/_/;::::.,/_/_/_/_/  ゝlノ ヘ //////// ̄.\\
'''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''|,..:  ,;:  |∠∠∠∠∠∠/    . \\
____        ゙;;:    ____ |   _,. -i ||::..... . .. ..... .. ....|::. | ̄ ̄| .::.|. ̄
ニニニニニil   / ̄ ̄ ̄ ̄/l liニニニニニニil. |  |´ | ,..| !|:: : .:: ...::.::.: :. ...|:.: |o  |:. ||""''"""''"~""''''"""''"
_||_| l|  l二二二二二l/. l l|_||_| l|. |  |-''!´ | !|;.,.,:;.;:,.;:,.,.,., ,. ,.,.,|;., |    | .,,,|l   M
 ̄|| ̄| l|   | | |::::::::::::: | ||    l l| ̄|| ̄| l|, |  |_,..レ''  |"''iv,,."'"'""'''""'"'"""'"''""'"" ..(:::::) ̄ヽ⊃
ニニニニニil   | | |::::::::::::::| ||    liニニニニニニil|       |   ~"~゙''"''' w,v,,ivll、,wii,,..,..,.ill,..w,,_,,
 ̄ ̄ ̄ .   | | |::::::::::::::| ||;:;,.    ̄ ̄ ̄ ̄ |   ;:;:, .   |                        ゙'' vw,,'w
,.:;       | | |::∧_,,_:| ||     ゙゙      |  , _,. - '´,,.,,
____,,wiiv| |_|(:;。;-ζ| |l_______|_,,-'´        ⊂~・⊃プーン
,,       | | ,,∪   ,,| | ,,                     lヽ,,lヽ    ""''´''
      ,, ''';"    ゙;^"" ""''´''             ⊂⌒`(;;::ω::)
wv、/ ⌒・~"     ゙'' vw,,'wii,,..      ∧_,,       ̄ `J `J             "゙''''~
  / ;・ ヽ;),、..            ゙"'''' iw..,,(#゚;;-゚)ll,..w、,,_
 (   ) ∪                  ノ;; ;;|      ゙''"゙v,,ivll、,w,,'wii,.,
  V V                   ~OUUつ;              `~"゙"'''' iw..,,_,,..,..,.ill,..w、,

695◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:25:53 ID:LkAmmJ6s0


至る所でおぞましい光景が日常と化しつつあった。
最も恐ろしい光景は、風船のように膨らんだ腹から骨だけの足をぶら下げている子供たちだった。



           _  ,-、
         ,;;'";;;;´';;,,,r、::;;;;、=-、、、、
         ,;;;;;O;;;;;;;k:::;;ヽ:::;;;ヽ、;;;;;;;;;;ヽ
        l;;;;;;;;;;;;;;;L;;;;;;;;;;/::;;;ノ;;;;;;;;;;;;;;ソ_
        ヽ;;;;;0;;;;;,' /::;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;て;;;;;ッ、,、,
       ";;;,、,,、,、,、, し、,、,)  ,、,、,、,、,、, ,、, ;;;;;



栄養失調からまるで老人のような皮膚になり、表情は奇怪にゆがみ、
まだ水分を保った目玉に、わずかながら幼さの面影が残っているのみだった。

696名無しのやる夫だお2012/11/12(月) 21:26:11 ID:lOaDQGhY0
こういう廃墟になった村が50年代くらいまでソ連のあちこちに残ってたらしいな

697◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:27:01 ID:LkAmmJ6s0


軍の演習場には膨らんだ腹とむくんだ顔、そして骨と皮だけになった手足の農民らが黙って列をなしていた。
兵士達から食べ物を恵んでもらおうとしていたのである。


::::::::::::::              ゙l
::::::::::::::::::::::::            |
::::::::::::::::::::::::::::::  ,,   .,,,_    ,l
::::::::::::::::::::::::::::  '",,r-、  ゙   /
::::::::::::::::::::::::::   /:::::::::::::ヽ;,ヽノヘ ,.:‐:-‐:、
::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::●:::::::|i / ノi'::::::::::::::::',
::::::::::::::::::::::  ヾヽ:::::::::::ノ" / / '、::::::::::::;:'
:::::::::::::::::::::::::::::::`'i,ヾ、 ''" /ノ/  _,':::::::::'、
::::::::::::::::::::::::   ヽ、 /,/" ,.:'´:::::::::::::::::`ヽ
ヽ::::::::::::::::::: ,i ;  ;| i´.,l"'''ヽi:::::::::::::::::::::::::::::::::i
::::ヽ::::::::::;,;r‐'ー-;;、l゙ l /|\ "ヽ,,::::::::::::::::::::::::i
::::::::::ヽ::::::`二ニ゙" ,//l | |  |  \:::::::::::::::::i
::::::::::::::ヽ、    ,,ノ" ,/l | /  |    ゙ヽ,::::::::::;:'
::::::::::::::::::::゙''''''''''"   / /  ノ      \
::::::::::::::::::::::::::::::  //   /         ヽ


彼らは追い払っても追い払っても集まってきた。
兵士達は農民達に食べ物を分け与え、政治将校らもついには見て見ぬふりをした。

698◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:28:08 ID:LkAmmJ6s0


それでも、工業化のために穀物の輸出が必要であったボリシェヴィキ党は
飢餓の存在を認めようとせず、炊き出しをするどころか更なる穀物収奪を命じた。

                               く        /
人_人_人_人_     /二二ニニ===ー―‐‐'   ノ  働  お >
       (.     //´                  ヽ   け  ら  \   _____
 な  手   (    //                      〉 働  |  / /       \
  |  を  (.  //        ___r冖‐、__.   }  け  |   ゝ         ヽ
  |  休  (  //    _∠-―‐く_/二ゝ―'  ノ  ぇ   |  /      ,人/    ヽ
  |  め   (. ヽニニr彡_,ィ_ミ、    {!__}   く   //  っ  〉    、フ /  /\ Yヘ
  っ  る  (    {V∠ノム}ミ=-  }!  }    ヽ  ・・     /.', 、 Z r'  , \/  ヾ.ヽ
       /    `コ匸e] L)ミ    j}´ ̄}     )        (  ', ミ _} (、 { 爪_ / /}i }
⌒Y⌒Y⌒´ ,r=ニ二¨ \=イ/_{=ァ\∠ゝ- イ      ⌒V⌒Y\/⌒ トミ _} {_\{_(イ_。7∠ィilノ-
        ィ三/´  `ヽ、\三彡'  ヽ    }        {  {.: .:::::::::::∧kー-<。≧⌒ミ   {l|l!ニ,
   _r‐ノ⌒´ ̄  _ミ} } `丁´   / / / ―==rニ)  \,ゝヘ.::::::{ ヽゝ 彡^ r_j__ィ  ィ ,l|||三!
  ,イ/´        ノミ}{  {   厶ノ-‐' ,,    辷}    ーr‐' .:::::ヽ   }ト、 ヽ‐--= ´/ ,i|l|l三|
_,イ{l{  ヽ― ´_,≦三ミゝ\__廴__/    .r{{‐y‐ァ' /       ヽ .:::::::::}   l|i!  弋三- ´/ ,|l|l|!厂}
/_圦,ゝ-―¬}丁´   ` ̄ ̄/ヽ=イ    rゝイ {_ ィ'        /^) .:::|  `l|il、,ヽ‐ ⌒´i|l||liィ /
       厶}_,. -r-i_  /  /   /{彡廴彡{.        ̄ヽ.:::::|    ヾi|l|i|l||i|l|i|l|r'//
       _//_廴} \_  /     (_ィヘ/^}___}          ∧.::{   ミミ'弍二二二/ /
      r仁二) =-、〈\_Y      { イ∨ { ̄^\_       ーヘ>.  ミミミ|彡彡´ /_
    /二X^\ ヽ |    }        ー' } -r‐-イー\_r¬―=rっ   `ヽ、ミミミ}彡彡 /:::::\
   /ー=イ\\    }    |         / ー/   \=‐} ィー{ //ミ)     `ミミ{彡   /:::::::::..
 /  ,/   ` `rz彡、__ゝ-― ´ ̄て /-=/     }=‐つ〉 ー'ー'        \  {:::/^)

699◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:28:52 ID:LkAmmJ6s0


【補足】

     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/   都市部の倉庫や鉄道近くの集積基地には
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !    莫大な穀物が保管されていました。
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l     しかし、ボリシェヴィキは飢えた農民には
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|     小麦の一粒も分け与えませんでした。
       l \     _    ,/ |
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |     帝政時代にも何度も飢饉はありましたが、
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !     政府や教会が緊急用の穀物を解放したものです。
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !     それすら行われませんでした。
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!


  「`ー'′/    /   ヽ、 \ \  ヽl}::.:)、 \
  l_,ィ  / /   l      l 、  l `、 {:|}く\ヽ/
  ノ  ,′ !    {      | l|   |   l ):|} ノ|:「´
.  ヽ∧| , |   | l      | l|  |  l| {:|!::)|:|     しかも穀物の保管状態が劣悪だったせいで、
   |::l| | |  l  、    | l | _,厶| j| {::|}::} |」
   l:::| `、!|   \ ヽ、 |,.イ,斗予 | |{K!j |     農民が餓死していく目の前で
   〈:;小、ヽヽ、T,Zニミヽj  ^ヾrシ | |ァ1 |
    |  \ヽN {ヾtク         | ト |_|  |     集められた大量の穀物がただ腐っていったらしいわね。
.   |  |   l \    `-   /!| |::..::.`:┴-、
.     |  |  |  | > 、 __ /::..::|| |::..::..::..::..::..:ト、  ここまでくると救いようがないのだわ。
    |  j  /|  l/::..::..::..::..rクニミ::../| |::..::..::..::..::./::..`ヽ、
.   l   ! //l  l::..::..::..::/;ハミZシ//| |::..::..::..::..:/::..::.`ー┴―-ォ
   j   レ'∧! ,'::..::..::.〃::..::..::.レ'/::| |::..::..::..::r'::..::..::..::..::..::..::/::|
   /  / / /| ハ::..::..::..::..::..::. /l ト、| |::..::..::..::{ー-::.ハ::..::..:: /::..|

【補足終わり】

701◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:30:18 ID:LkAmmJ6s0


おぞましいまでに飢えた子供たちを前にして、最も熱心な活動家たちの間でさえ、戸惑いが現れていた。


           l´\
           | ::> >―÷;,,,
           |  ´      ,;ヾ
           ∨        ,;;:l
            | 〇       〇 |    ゴ・・・・ハン・・・
            、#   ‐‐ ,;:/
.                >‐-、 ,.-‐<

      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,
         `、||i |i i l|,
          ',||i }i | ;,〃,,
          .}.|||| | ! l-'~、ミ
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、U .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ     ・・・・・・
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i u`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i '⌒ヽ ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/




    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────
    ┃
     私は子供たちが喉を詰まらせ、苦しそうに息をしているのを聞いた・・・

     私は自分自身を説き伏せ、説得した。私は同情に負けてはならなかった。

     『我々は歴史的必然を実現しつつあるのだ』
     『革命の義務を果たしているのだ』
     『社会主義のために穀物を徴発しているのだ』・・・

     ・・・農民の生活は将来もっと良くなる、
     彼らの苦難は彼ら自身の無知と、階級の敵の仕業によるものである・・・

     私はそう信じていた。
     なぜなら、そう信じたかったからである。

                          ―― ある活動家の回想
                                                       ┃
                     ─────━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

702◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:31:57 ID:LkAmmJ6s0







                        ――― 絶望した・・・

703◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:32:13 ID:LkAmmJ6s0



  l::::::::::::::::::|_!::lヽ::::::::: ハ::::::::::::::::::::::::::::::::i、::! ノ
  !:::::::::::::::::l-‐ェ!;ト ヽ:::::l ´!:::::::::::::::::::::::::::::l ` ヽ   幺ク 亡 月 |  ┼‐ .|] |]
  l:::::::::::::::::「(;;;)ヽ、__、::レ'´l:::::::::/l、:::::::::::::l   /   小巴 三l三. ヽ_ノ / こ o o
  !:::::::::/l:::l__,,,rタ"゙、;!)、__!::::/ノ 〉、::::::::l   \
   l::::/ lヽ!    _ _   l;/´  ! >、::l   /  ウクライナの死滅的な大飢饉に絶望した!!
  ノノlヽ、_!    r――‐┐   /_ノ:::|  /
    l::::::>、   レ,二二ェ!  /i:::::::::::l   ̄ ̄|_     /ヽ、  /\   /\    /
    l:::/ /::ヽ、 `ー-―-' ,ィ'::::!\:::::l    (ヽ、//\/   \/   \/   \/
    レ' ム-''´lヽ、  _,,./! ゙ヾ!__ヽ!    ヽ´ヽ、ヽ
            !   ̄     レ;'´  |  (,ゝ、 \ ヽ l、
        /| _,,.-/´  ;; .,,,-!  ヽ、 ヽ、 | | ! l
       / 斤'"〇 /´    ,;;:''" _,l_   ヽ ヽ/  l | l
      /; l、」_,,/     '' ゙;;/  ヽ、   〉  `ヽ  l/
      /!,r''´!/  /     ';,/"゙''':;,,,,;;'' \ /     ,!
    / l ,;;  |l  /`'';, ,,   /   ,;;''"゙''   l     /
    ウクライナ政治局員
         ヴラス・チュバーリ

704◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:32:55 ID:LkAmmJ6s0


かつてヨーロッパのパン籠と呼ばれたウクライナでの飢餓は凄まじく、
餓死者は数十万単位で増えていった。これはウクライナ共産党さえも大きく動揺させた。

                 _ _
            >''"´:::::::::::::::::`゙:''ー....,,_
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::''ー-....,,__
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;斗'''"´
        /::::::;ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        ,'::;::::/ ィ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ      いくらなんでも
        !:;'!::::!'>ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ     この状況はひどすぎます!
        |' ';r;j┃ ,ilト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r<::::ヘ
         ノ!j  'l|| !ヽ:::::::;、:::::::::::::::::::::::::::::|   `゙''ヽ   このままでは
        ヽ       \:ヘ>::::::::::::::::::::::::|        農村人口の10%~20%を
         '、ィ1      `ヾ|::::::::::::::::ト、:::::|        失うことになりかねませんよ!
          ∨        !::ヘ::::ト、:'; \!
              ヽ_. -‐ 、   |;' .ハヽ!__ゞ、
                     ',  _,,. 斗''"´  |
                 i./     井 |
                 /  井      .|
               / ,ィ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                  / / 井           ヽ
              /./        井     ハ
__
;;;;;;;;;;;;:::`:::::.......、
;;;;;;;;;;;;:;:;:;:::::::::::::::`::....、
;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:::::ヽ、:::::::;.ィ
;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;::::::::::>゙'´./
;;;;;;;;;;;;;;;;;`;,ヽ::/、 /
;;;;;ヽ`ヾ;;;;;;;;:'   ヽ'
;;;;;;;;;;ヽ `゙'´     ';、         そのうえモスクワは我々に対してさらなる
;;;;;;;;;;;;;;ヽ_.. -‐=..、  ';:::,_.        穀物徴発の割り増し達成を要求しています。
;;;;;;;;;;;;;;;;;;',-‐.、    ヽ;´
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',.ィアヽ、    ` ー- ニ,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;マzli         ,'
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾリ       ,, 〈
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,          ヽ.
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、 ;;;;l          /
;;;;/ヽ;;;;;;;;;;;;,ヾ;l         / 〉
;/  `ヾ;;;;;;ヽ`           /
     ` 'ー-          ,'
               ノ
        ,.. -‐ '" ̄
       /
        ,'
      l
ウクライナ政治局員
スタニスラス・コシオール

705◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:33:27 ID:LkAmmJ6s0


::.::.::.::.::.::.::.:lヽ::.::.i、::.::.::,::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.i
::.::.::/l::.::.::.:l l::.::.l ';:.::.::l::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.l
-ー' ー-ニ! l::.::| ';:.::.:l::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.|.
        ゙ー゙  .';:.::|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::l';
       ,,..- '" ヾ|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::| l
  __,,..ィチ''"´       |::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::l |
 /チ'"´        |::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::l':l
/'"      _,,..ィァ=-' |::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::| l
   ,..ィォZ三三tヾt、 |::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::リ     このままではウクライナ農業は
  /アfチ",.ィZz、ヾt,ヾ》|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.l
 ル' {{: :{三三ミ}: :ミ} .l::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:',ヽ::.::.:l      近いうちに文字通り消滅するでしょう。
. ´  l{、:ヾ三r'⌒彡 l::.::.:/;:.::.::.:∧、::.::.:', Y::.::i
   ヾミZzzゝュチ'  |::.::/,::.::.::./ 〉、ヘ::.:V\::'.,
      ̄ ̄´    |::./ ;::.::./ / ヽ、`>t、 \、
            ル' .;::./'´    /リ    ゛
   |   l  !     ;/  _,.ィ'"::./
   |   !       /:` ̄::´;:.l、::.::.::./
.          /::.::.| ;::.::./ヾ!ヽ::./
          /i、::.::.::lヽ::/   ソ
       ./::.::.l \::.:| ,ソ
     ,.イ \::/  ヾl


    ./:::::::::::::::::::::::::::::::z包メ/::::::::;ノ:ヽ
   ./:::::::::::::::::::::::::::::::/   ,/:::;: ィ-=,、:!
  /::::::::::::::::::::::;ィ´:::/    /;/ ̄ , ト-|
 .-‐¬:::::::::/-l:/      ´ /ニ=-, }:::!    もはや看過できません!!
    l:::/:`ー:イ-ヘ     / ̄ヽ`//:::!
    l:::::;:::::::::::::!  ヽ.    {.   l'.,':::;′   同志コシオール、
    l//:;::::::;ハ!   ` ー-  _  ´,':::;′    モスクワに直訴にいきますよ!!
     ./:::; /      ,.-┬‐::ァ' |:/
   / #'べ/       /   l::/  ′
  /  #  ヽ    i   '´

706◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:34:13 ID:LkAmmJ6s0


1932年6月7日、チュバーリを中心とするウクライナ政治局は
モスクワのやる夫にウクライナ大飢饉の実態を伝え、食糧援助を要求した。


                         l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                       l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                       l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::: いまウクライナで何が起こっているか、
                     l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/;:::::::::::::::::::::/ ご存じないなら説明しましょう!
                     l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::::::::/ /:::
                       l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/`\::::::::::::;:ィ '  /:::::: どこもかしこも餓死です!
                         l::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ<、   l:::::;;Z;、   /:::::::: 鉄道は沿線の餓死者を回収するのに
                        |_;;:-;'' l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;/'; {::;;;`ヽレ'`゙i゙マa.  ./:::::::::: 忙しく、キエフ駅に着いた頃には
                       ,.ィ'´  l::::::::::::::::::::::::::::;x-''"  ヽ、ヾ二二>、. ! ` ./::::::::/ 貨車は死体で一杯になっているのです!
                    ,ィ' *  .l:::::::::::::::::::;;:ィ<、 l  h   `ー   ´   /:::::/
                 ''´     .l::::::::::::;ン'ヘ:::::::::`ー-; L!     ___ /::/
                ,.. '"*      |::::;;:ン'"  ヘ:::::::::::::::|i、   r''" ̄     ̄¨`ト、_,ィ
              ,ィ'          !'"      ヘ:::::::::::::l.i:'.,  ゝ、_____,,.ノ`ー‐'´
            ィ'            *.      ヘ::::::::::| l:::ヘ、
      ,.ィ'*      *         .     ヘ::::::| .|::::::ハ、


飢餓はウクライナだけではなかった。ソ連全土で起こっていた。
絶望した農民達の暴動はもはや野火の如く拡大しており、国内は内戦一歩手前だった。

707◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:35:27 ID:LkAmmJ6s0


これらの情報はもちろんモスクワのやる夫たちにも届いていたが、
権力の崩壊を恐れて自分達の失敗を認めようとしなかった。



         ノ L
         ⌒
      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈○ ノ\   /\ ○〉ノ L
       ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ ⌒
       )    Y    (
      /γ⌒     ⌒ヽ\     で、でたらめな報告は止めたまえ、同志チュバーリ!
     /  |         |  ヽ
     | U ヽ__人__ノ   |    飢餓など富農どもがばら撒いているデマゴーグにすぎない!
     \     `ー'´     /
     /     `ー'      \ |i.   ありもしないことを叫ぶのは政治的ペテンだ!!
   /            ヽ !l ヽi
   (   丶- 、         しE |.
    `ー、_ノ         ∑ l、E ノ >
                 レY^V^ヽ
  人民委員会議議長(首相)
          ヴァチェスラフ・モロトフ


        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\    そ、そうだお!
     /    (__人__)   \   我々は今まで、ウクライナには
      |   U   |::::::|     |   十分な支援を行ってきたお!
     \       l;;;;;;l し  /   飢餓など起きるはずがないお!
     /     `ー'    \

708◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:36:06 ID:LkAmmJ6s0



       !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧:::::::::::::::::::::l ヽ:::|
        l::::::::::::::::::::::::::::l!::::::::::::::::l!:::::::l  `、:::::::::::::::_」 ` |
       l::::::::::::::::::::::::::: Il:::::::::::::::lヽ::::l  l:_; -‐ '゙    |
      l::::::::::::::::::::::::::::ヘヽ::::::::_」 ヽ!          |    ・・・本当の本当にそうなんですか?
       :!:::::::::::::::::::::::::::::ハ  ̄_,.  ---  . _      |
       l::::::::::::::::::::::::::::::∧           ``   |    本当に飢餓など存在しないと
         l:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ , -‐ァマ::ー-.、、      |    思っているんですか?
          l:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ /'l`ー´:::::::::ヽ      |
        ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  !::::::::::::::::「 l      |    本当は知ってるんじゃないですか?
            ヽ::::::;、:::::::::::::::::::::::::ヽ `く`ー-‐´/    |
          ヽ::! l::l\:::::::::::ヽ、::ヽ `ゝ-‐´     |    ソチの別荘に行った時、
            ヾ、νヽ\::::::::ヽ\::ヽ_           |    実は飢餓を目撃したのでは?
             ヽ、 `ー` '、:::ヽ、 ̄          |
               `、:...、  ` - :ヽ           |    列車の窓から、飢えて骨と皮だけになった
               l:::::::`:::::::: ̄:::`:..、       |    人々を、見てしまったのではないですか?
                  l:::;ハ:::::、:::::::::l\::`:ー-,. ___   |
                l/ l::::| ヽ::::::ヽ ヽ::::/     ̄|
                     l;/  `ー-` I;/     |

         ____
       /   u \
      /  /    \\   !!
    /  し (○)  (○) \
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /

709◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:36:40 ID:LkAmmJ6s0




             /ニYニヽ.      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────
          / (0)(0)ヽ     ┃
         /U⌒`´⌒ \        窓から見える人々は、
        | ,-) u  (-、.|        ボロを身にまとい、
        | l  ヽ__ ノ l |        疲れ切った表情をしてるっていう・・・
         \ ` ⌒´   /
        /        ヽ        馬も骨と皮だけだっていう・・・
       /           ヽ
       |           | |         ―― ソチからのブジョンヌイの手紙
       ヽ_|         |丿                                    ┃
         |         |   ─────━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    赤軍将官 セミョーン・ブジョンヌイ
\________________________________________/
              ○
              ο
              o
         ____
       /   u \
      /  /    \\
    /  し (○)  (○) \
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /

710◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:36:53 ID:LkAmmJ6s0


     /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;`、
    /:;:;:;:;::;:;:;:;::;:;:;:;::;:;:;:;:;:;fi、;;;;;;;;;;;;`,`ヾ;;;、;;;;;;`、
   /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i、;;| i ヾ,, --" `ー|;;;;,;;;;|
  i':;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;|l;;;;j`' '      r'´j|;;;i;;;|
  |:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、" ー――ヽ   ´ iケi|;;j;;;ヽ、
  .|:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ハ __,,,,,,,,,..     ヒi;j リ;;;|`ヾ、    同志やる夫。
   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、;;;;;;;;V"f;;'t#;`i     ヤj !;;ハ
   .`、;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;`、;;;;;;t、 {;"”リ;リ    ヽ~  j;;ネ、     あなただって本当は ―――
    ヾi;;;:;r|;;;;;;;;、;;;;;ヾ;;;;ハ、`ー''~     "   /リ
     |;;;;ト |;;;;/\;;;;;`ゞ、_\     ,,-ャ /vリ
     j;;ハヽ;/、ー‐´,,>、 `     ( ´/  _
     .リ' ルvヘ;7ヾ;/`ヽ ` - -  _ ノ,,,.ィ'サX/|i
          ` `  ヽ      マ/;;;;;;/'jⅨt、
               ヽ       \;;;/='`*‐\

711◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:37:21 ID:LkAmmJ6s0



   |\     /\     / |   //  /
 _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
 \                     /
 ∠  うるさい!黙れ!         >
 <  嘘だ!飢餓など存在しない! >
 <  みんなデマだ!破壊工作だ! >
 /_                 _ \
  ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
   //   |/     \/     \|
           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ
      / _ノ (>)三(<) \ `、
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://


::::::::::::: /  l:::::l  ヽ:::::::::::>  ',::::ハN:::::::::::,
:::::::::::/____ハ/   }ハ/    ∨l ll 〉::::::::::, .
:::::::::/          `ー― l l ,::::::::::::::,
:::::::::l  --―一 '       ニ,. -┬、.::::::::::::::::|
:::::::::l    _. 二      衣c:::} ,::::::::ト、:::l
:::::::::l  仆:::::d       ゞ= ム:::::::| V\__
::::::::::、 弋h::ノ           ' l:::ハ:! \    \    ・・・・・・・
::::::::::::\__       `      ,' .j:/ リ  ヽ     \
::::::::::::::く ̄ U           / .イ     ,      ヽ
:::::::::::::::::ヽ      t:   フ   /  j       ハ       ヽ
::::/\ト:::::::ト 、.        /   /       l         ',
:、   \ト l >   .イ     ./          l       }
 \     \\ / /       /        l        |
   \     \>' /       /            l        l
    \     >'     /     /      /   ,'
      \ /     /      イ      /    /

やる夫は頑なに飢餓の存在を認めなかった。結局、チュバーリらの要請は却下されてしまう。

712◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:38:21 ID:LkAmmJ6s0


だが、地獄のような飢餓が広がっているのは誰の目にも明らかになりつつあった。
クレムリン内の幹部らの家族にさえ、詳細な情報が入っていた。


      ∧       ∧
     /  ヽ___/  ヽ
   /::::::          \
  /::::::   ヽ     ノ    ヽ   ナージャ、知ってるかい?今農村で何が起こってるか。
  |:::U  ●        ● :::::|   急激な集団化がうまくいかず、飢饉が広がってるんだ。
  |:::::::      / ̄ |  U..::::::!   当局の無謀な政策のせいで多くの農民が苦しみ、
  ヽ::::::..... U  ├--┤ ....::::ノ    死んでいってるんだ・・・
   >:::            <
  /   /⌒ヽ.    /⌒ヽ
  /   /  九l    (つ  i


../, : . . ; ;'. . . . . ;'i i ; . . . . . . . i ; . . . . . . . .
.l; . . . .i ; . . . . . ;.i i ; . ._;,;,_. . . .i; . . . . . ; i :
i ; . . . .i ; . . .,;r-;.i '; ; . . . .`.'.、.j' . . . . . ;. ! :
.゙;', . .; :.i ; . :'゙. . .';i  '; ; . . ; . ; ,ソ; . . . . .,;:.:i :
 ';'、. '.;.:','、 、,,;、.;、'、 '、' ,、'‐'‐'<;、 , : : ;;::ノ; :
  `、.、 '、:.i-,i!゙ _ `    ´, 、   ゙Y  彡(. :    そ、そうなの・・・?
   `'゙-、,,'i,  i..;';      !:.;.i     ,r l :
       !゙'、 ';.;ソ    ';..ツ       ノ :
      i.゙;'i  '''' r    ゙゙゙  U ,r:.:i゙; . .
    __ ! ; ゙、,           ,、.'l:.i:.:.';゙'、,
   /゙  l ..;.ノ.`.-、,,_  。 _,,、-:':゙i:.:.:i:.i:.:.:`、_`
   !、__,,レシ{ :.:.:.:.:.i.i`:':'i゙´: :   !:.:.:i..i:.:.:.:.. .`
   `ー‐''i . ゙y;;;;,、:.:.)',;;;;;;!,    ,,!,;;;,,!,,';;;;;;;、

713◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:39:26 ID:LkAmmJ6s0


特に学術界においては右派として農業集団化に反対であったブハーリンの影響が色濃く、
大学に通っていたナージャは、学内で蔓延する政府に批判的な意見に簡単に影響された。

   /       ,_,              ',
   /       ( l 、            ',
   l      ,i、/ 〉ヽ!ヽ、ヽヾ   `ヽi   l
   l    i , ノ ハ( 、 ,-‐..'´`ソ'`ヽ i リ   /
  │  i、l=‐':´`"゙:::::::::::::.  : ノノ/、  /
   | i i |/::` :: ::::::::,i ヽ ;::::::..  .:: l l  l   ヽ
   l ヽゝ l::: ::: :::/ |  `' 、::: -'´j l' /   )
   ヽ、ヽ ` 、、:::/  !、-     ゝ,l '   /
    ゙''- 、ミ ',   _, - ‐-   /r, 、 `( _
       _ノヽ\    -    , '// \   )
       `ヲ.  \      / //    `''‐'-,
    , ==l ,  l ` - ‐ '  //   ,---、 /
  , , ' '´   !li  lL.   , - ' 7/   |=000| )
//      `゙゙゙_)| `' '´   l(    ゙ー ' ´く
ヽ.ヽ、        l      ヽ >      l
   元右翼反対派 ニコライ・ブハーリン




   /:l'゙   ,r'゙ . : ;' : : : ; ,'   i; : : : : i i ; : ::::::i.'、
  / !   /. : : : i : : : ; ;i   、,_!l ; : : :,' l l; : : :,'::::゙;、
  '、 ゙、  ! : : : '; i ; : : ;_i!-'  ノブ''''''7'ナゥl: : ノ; ; ; ::',
   ',  ゙-;l : ; : : '; ';v‐'゙,,'_    r''フ''j=t:、ィノ/,':,': : :!      やる夫、政府の政策は本当に正しいの?
   ',   !、: ' ; ; : ;、)i゙l ,!;l'     l:r;'.;l:.} ゙' ゙: ゙_:': : :i
    i   ヾ、 ; ' 、;゙i  !l;.i:j     ,!,゙;;',ソ    '゙_,゙、 : :i--     農業集団化は本当は
  ,rー'、.  ノヾ>'‐;i゙', ゙‐'' ノ           '゙ ,!: : !      ソ連の農業を破壊してるって聞いたわ。
.,/   `‐、 ,/゙  |'、i '    __        ,、、-;' : : :',
゙      ゙>   /;,r゙':、    `~      /゙;:;: : ゙、: : : ゙      この政策が多くの人々を苦しめているなら、
      ,r(,_,,ノ/: : : i゙'‐、_      ,、- ,'::;:i:;: : :`:、':,、      私たちは考え直すべきじゃないかしら?
    / `''''ブ:/: ;、、 ':::::::i.,`'‐ッ:-:'':゙:  !::::;';:'、: : : :`:'
    ,r'_,ッッ'゙-‐-ッ'゙,;;,,`'-、'::i:::.._,i     i,、,'、::'、::. : : :
、 /゙´‐'゙´   /,,;;;;;;;;;;;;,,,~''rチv}_,,、-、 ,-'゙_,,>=-‐'''''‐
i゙'‐(      /,;;;;;;;;;;;;;;;;r'゙'=!'-{,)=ニ!ノ:、‐'゙,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

        ____
      /  ノ  ヽ\
     /  (○)}liil{(○)     何を馬鹿げたことを言い出すんだお!?
   /     (__人__) ヽ
   |   U   |!!il|l|   |    政策は何もかもうまくいっているお!
   \     u lェェェl /     農業は順調に成長してるじゃないかお!
    /         ヽ
    しヽ        ト、ノ
      |    __    |
      !___ノ´  ヽ__丿

714◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:40:17 ID:LkAmmJ6s0



    レ'´  _  --――--ヽ、 _
    |, '´ _ -‐7vヘ' ー- 、  \
  /  //  f  ̄ ',    \   }
../   /  {   {   j  l  ヽ /
l    / !  >\┘ └メ、j , , レ′    嘘よ!!
t   l tヽ /:''ア0!`'' 斤ホヽノノノ
. \__トfニ′ t.'⊥ 、 .l_リ .fナ´        キーラ(※)が言ってたわ!
    ! ! } ::::::. ,:~r ::::: ,'!
   ノ 二ヽ  {  / / t_   ノi     農村じゃ飢えた物乞いで
弋二, /  f ヘ` 二 /⌒ト,、  ̄ ノ
 弋´」 rへ ハ  〈   ' ||ー<ィ     いっぱいだって!
   ||  rュnrュ´ヘ  ノ t‐-‐'´
    ト、〉 ー{(^i^)}=| | /フ
    | ヽ/ !Y  \ |  |, イ/


          ___ _
       . /  >‐-、\
     . /~ヾ, j|  。 } \       そ、そんなものは
      /|_ ゚ .,.〉 .ゞー≠  ...\,      子供のたわごとだ!!
     ./ ヾ≦'(_人__)  u   .\     飢餓などどこにも存在しない!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


※キーラ・・・ナージャの姪っ子

715◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:40:37 ID:LkAmmJ6s0


国内を包む緊張に影響されて、やる夫とナージャの夫婦仲も悪化していった。


          ィ彡三ミヽ  `ヽ      !   !.    |
.         三彡'⌒ヾミヽ   `ー.    `ヽ         |
.                ヾ、     '            |
.                _   ` -ー――'⌒           |
          三彡三ミミヽ                      |
            三彡'   ヾ、   _ノ⌒         |
               `ー '         / ̄ ̄ノ( .|
          ,ィ彡三ニミヽ __ノ     / _ノ  ヽ、_ .|  (ブハーリンだお・・・
           彡'      ` ̄     /ノ(●━━●  |   きっとブハーリンの奴が
               _ __ノ |  ⌒ (.__人__)ノ(.|   ナージャをたぶらかして・・・!!)
            ,ィ彡'   ̄    \__  `⌒´ ⌒.|
         ミ三彡'       /⌒  / ̄ ̄ ̄ ̄(三)
                ィニ=- '      ヽ      .(二)
              ,ィ彡'          ヽ       |

やる夫は政敵たちが自分の妻を利用して洗脳しているのではないかと疑い始めた。

716◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:41:28 ID:LkAmmJ6s0


このような被害妄想が具体化していったのも根拠がないワケではなかった。
すでにやる夫の農業集団化は取り返しのつかない悲劇を生み続けており、
中堅党員や平党員の間では不信感と不満が拡大していた。


    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (:::::ω::) (::ω::::::) ∧∧
( :::::ω) U) ( つと ノ(ω:::::: )
| U (  ::::::) (:::::  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'

彼らの一部は書記局独裁体制を打倒し、新たな労農政府の樹立に動き始めていた。
そして1932年9月、書記局を震撼させる事件が発生する。

717◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:42:37 ID:LkAmmJ6s0


それは2年前、党を追い出されたマルテミアン・リューチンを中心に
党内若手の反やる夫派によって密かに作成された政治的文書・・・
「リューチン政綱」と呼ばれる秘密文書が密告されたことであった。

             _,,_、,,
         ,, -ー''゙"    ` ..、
       /::::::::::::        ヽ
       /::::::::::::::::         ヽ
     /::::::/::::   人:::::::..     |
      |/ノ ノ  _,-'_,,-ヽ::::::::..    |
     ('ヽ' _-┬'_tl.   ー_ゥ, ヽ、::::   |
    _,-l-'( i  |  ノ,,       i::::  |
  ._,i' し i | |  、       /::   |
 /_ノヽ'    | ヘ   =一'  ノノノ   ゝ
   l /   ,| ) ヽ ^   ./ 'ヽ_/
    ヽ   /  `ー` -__''__|_'
   _|__l_   ,「=|||,-''ヲ ノ7|
   |l_)v(  l|_,,.|_-|||ニ'__,,..:::::|..,,,___ _,,
   /;;;;;;;;;;;;;;;;|_ (-ヘ ,-――-,   __フ;;;;(((ヘ
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ニ ヽ;;| |;;;;;;;;;;;;;;/   ニフ;;;;;;;|_L| | |ヽ
       マルテミアン・リューチン



そこにはやる夫個人に対して、その政策、統治手法、および人格にたいして
全面的な批判がこれでもかと書かれてあった。

         ___
       /::::::::::::::::\
      /::::::─三三─\
    /::::::::( ○)三(○).\
    .|::::::::::::::::::::(__人__)::::  |    __
     \:::::::::   |r┬/ ̄ ̄⌒/⌒   /
    (⌒      /     /     /
    i\  \ ,(つ     /   ⊂)
    |  \   y(つ__./,__⊆)
    |   ヽ_ノ    |
    |           |

そして文末には、「やる夫独裁を打倒せよ」と明記されており、
武装反乱の呼びかけと受け止められた。

718◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:43:11 ID:LkAmmJ6s0


もっとも重大であったのが、このリューチン政綱が人から人への手渡しと複写により、
中堅~若手党員の間にかなり広く出回っているであろうという事実だった。

       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\    
  /    (__人__) u \
  | U ヽ |!!il|!|!l| /   |   い、いますぐこの文書を持ってる連中を全員逮捕しろお!!
  \    |ェェェェ|     /


この事実はやる夫を中心とする党幹部らにパニックを引き起こさせた。

719名無しのやる夫だお2012/11/12(月) 21:43:42 ID:jIoPoqlA0
この時点でやる夫政権が転覆していてもおかしくない状況だな…

720◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:44:05 ID:LkAmmJ6s0


【補足】

     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/  実際に武力叛乱の可能性は非常に低くありました。
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !   にも関わらず、党指導部が恐慌をきたしたのは、
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||    大きな理由があります。
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l                ノーメンクラトゥーラ
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|    いままで政策論争は共産党指導部などの
       l \     _    ,/ |    一部の限られた指導層でのみ許されていました。
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !    論争をエリートのみで行うことで、
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !    党の統一と正当性を損なわずにいられたのです。
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!

721◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:45:02 ID:LkAmmJ6s0


          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,       しかし、リューチン政綱は
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_    この大論争をエリートたちの内輪の外に
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\  持ち出そうとしていました。
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ   一度大衆的な論争が起これば、
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/   党の正当性は崩れ、
         | |{i t    _     / |   ノーメンクラトゥーラの権力基盤が
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |   崩壊してしまいます。
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |



    つ:::::::::::::::::rー-'三三_ -―――‐-- 、)::::::::\  _
   (:::::::::::::::::::::::) 三= '´/       、  (_:::::::::::::丶<::::::`ー、
    `ー,:::::::: __ノ /  / /    \  \ ム::::::::::: |企;:::::::::::}___
     (_:::::: ヽ/   / /      ヽ  、ヽ(__:::::::::::|三|:::::::::::⌒Yヽ
     r’:::: /      {    |!  | |!  |!ハノ :::::::::|三|:::::::::::::::乂{
     `ァ: :′ /  / !     |!  |! |!  |! |`ー, : :::|三|:::::::::::::::} '.
      ヽ.′ /  /  |!      |!  |! |!  }! | Y:::::::::|三|:::::::::::::/  {
.      | | |!  |!   |!     i}  } |!  /_!_| ゝァ : :|三|::::::::_;ノ|   '.   党員はただ党の決定に
.       | | |!|  |!、 {! |!   // /}//孑' /イ (_ : :r'--{:::::::) |   |  従っていればいい・・・
.       { | | { 卞ト、ハ!_  //ノノィ≦ケテ| (:::::〈ん)、) 〉´ |   |
       ヽト、 {ヘ、从ィ升=ミノ´   /弋じ:::}| 〉 : ゝニン   |  |  やる夫は党員たちが
         ヽ乂ヘ!ゞ、rゝ':{`      宀'´ |  ∨//    |      党の決定そのものに
          }  |ヘ ^¨´  、          |   {ノ´     |    |  疑いを持つことを恐れたのね。
          川 | 丶     r‐、       ノ  } !        |    |
          //}  ! _≧-..、 `´ ,∠⌒<}/ 八ヘ      |    |
           // j /':.:.:.:.  .:.:.:/>=(:.:.:.:.:.:.  / />ヽヽ     |    |
         ノ ,' / /:.:.:.:.:.:....:.:__}イ夊)=-:.:.: / /:./::::::ヘ∧    |   |
       // / />ァー:. :.:.:.:`¨)´:.:.:.:.:./-ー=二二〕\  |   |

722◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:45:36 ID:LkAmmJ6s0


                            \v
                   /     彡彡  |\
                 /    彡彡彡   /  \
                /     彡彡     人   |
                   /      彡彡    ノノ丿 |   |
               |   彡    // ノ∠  V  |
               |   彡  /ノノ 〈 。`ゾ |  |
               Λ  彡 ノ  (( |ヽ\ ̄  ||  /
                |  彡(    〈|〉´    ノノノ
                )    し / ̄ ̄ヽ,  ノ (
                \   / |  ̄ ̄ノ  \ し
                  \ |\ヽー―´ /| /
                    |  \l /  |/
                    || ̄ ̄ ̄||| ̄ ̄ ̄||
                    ||  三\|||/三  ||
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────


 やる夫独裁打破の闘争に置いて、頼るべきは古い指導者たちではなく、新しい勢力である。
      これらの勢力は存在する。この勢力は急速に成長するだろう。
  必ずや新しい指導者たち、新しい大衆組織者、新しい権威が頭角を現すであろう。

                                                         ┃
                       ─────━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

723◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:45:57 ID:LkAmmJ6s0


       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ;==============゙ミ
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',    上記の文はリューチン綱領の一節です。
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|    『これらの勢力は存在する。
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |     この勢力は急速に成長するだろう・・・』
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|    これこそがやる夫たちの恐怖でした。
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |    自分達の支配が、自分達の見えないところで、
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ    密かに崩れつつあるかもしれない・・・
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<  彼らは自分たちの支配体制に
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\ 自信が持てなくなっていたのです。
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /


【補足終わり】

724◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:47:37 ID:LkAmmJ6s0



              /     ::i::::i:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!    やる夫の政策にはもうついていけない・・・
             /   /:/:/:::l::::i::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            〃l / /::::l::N:::!::::!:::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!    リューチンは逮捕されてしまったけど、
           / j!/ /::::::ハ! l::l`´l:::ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::l    まだ反対派は絶滅してはいないし、
            ! /.::::l:::::::ハl ヽ! ヽ:! ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::l    なにより党内の動揺と不満は頂点に達しつつある。
           ソイ::::::!:::/ー弋' ヽ  リ~ヽ::::::::::::::::::::::::::::!
          / /}::::::::{{T亡lヾ  / 7亡lヽ::::::::::::/l::::::l    今こそ行動を起こすときなんだ。
              ! |::::::::N` ̄´     ` ̄´´ )ハ:://:::::::!    党内の左右両翼を糾合し、合同反対派ブロックを
                乂:::ハトト、             ノ/ j!:K:::::::::{、   結成したいと思ってる。
            ル' 人ヽ.   ヽ -      ∧! ヽトトト、_
            / /   /\ ^ー-─='   イ  ヽ !   ``ー 、_
         ,.イ     /   `ヽ    , '´ l     l        l/\
        /  レ!   / ィ⌒ヽ !` ー ‘    /    l      /  ヽ
               古参党員 イヴァン・スミルノフ

                       ,ィ
                     /  ,// _、-
                 , '/ /‐'::::,、ン'/
              , ./:::レ:::::::::::::´::::::ー--...、.._
               _iV::::::::::::::::_::_::_::::::::::::::::::::::::::::::::::=-
           r::'::::::::::::`ヽ三ニー-::::ニ:::::::::-=ニ´
          /::/三:::\\ヽ:::::::::ミ、::::::::::::::_:::=≧ー     全面的に賛成です。
         /:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-
         //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´      まだソ連国内にあなたのような
          !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、     勇気ある反対派がいることに私は感謝したい。
          /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、
         /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、      ソ連国内の反対派ネットワークを再統合し、
         /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\     今の腐敗した政治局をひっくり返しましょう。
      _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.
   ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-
  / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
  ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
  ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
  、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
.  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /
.   iヽ \i .i!ヽ     ` 、`'-、、、、、- ',ン''           /〃
   i  ヽ.\ !        ` ー-ー '´          , ' //
.   i   ヽ、ヾ                       , ' / '
       元ボリシェヴィキ党幹部 レフ・トロツキー
          この時はベルリンに在住

725◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:48:43 ID:LkAmmJ6s0


やる夫にとってさらに悪いことが重なった。
今度は国外追放されたトロツキーが国内のトロツキスト組織を再構築しつつあり、
平党員らの間で反やる夫プロパガンダをばらまこうとしているとの情報がはいったのだ。



         ______
        r' ,v^v^v^v^v^il
        l / ─  ─ |
       i~^'   (・)   ・ |)     同志やる夫!
       ヽr    ⊂⊃   ヽ     トロ公の出した秘密郵便を押収しました!
        l  U   |    |     ソ連国内の一般党員の間で
    __,.r-‐人      3   ノ_   自由に自分の見解を宣伝すると書いてあります・・・
   ノ   ! !  ゙ー‐------‐'"ハ ~^i
    ヽ ! ヽ、_     _.ノ  i  \
   ヾV /              ! / .入



     //            //  そんなっ…!
.    / / __,‐⌒ヽ、       //  バカなっ…!  バカなっ…!
   / / /   '─ \    / /   常識外なっ…!  ありえないっ…!
  //ノ ノ-、 (○つ\  / /   どうして…!  こんなことがっ…!
//  | 。(○)  、゚ ヽ, ヽ l l   どうして……  こんな…
/   ヽ Uヽ__,,,トー'i   )| |  あってはならない……!  常識的に……!
      ノ    ` ⌒''  ノ | |  どうして…
    (           } ノ ノ  どうして…  こんな…
     ヽ         //  こんな…
      ヽ      //      こ ん な こ と が っ … … !


エリートの外で大衆的な議論を仕掛ける・・・
今まで幹部党員を相手に政争を続けてきたやる夫らであったが、
今度の敵は無名の平党員たちだった。

726◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:49:07 ID:LkAmmJ6s0


姿も見えなければ、名前も、規模も、居場所もはっきりしない、
顔の見えない反対派の存在にノーメンクラトゥーラたちは疑心暗鬼に陥っていった。


         _                                                    _
       /三三"ヽ                      ___                     ./.ニ三ミ\
     /三三三三ミ`、                   /   ∪  \                  ,'ニ三三三ニ.ヽ
.     lニ三三三三ミ〉               γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ               ヽ三三三三三.l
     ',ニ三三三ミ/ _,-‐、            / _ノ (>)三(<) \ `、            r-、_ . ',三三三三ミi
      ',ニ三三三.,' i´三ミ`h           (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )         .ィ´ニニ`i ',ニ三三三.,'
    _, ,/ニ三三.ノ .'、ニ三ミ.l           \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://           .!ニ三ニノ `._三三三ヽ,,_
. ,.r ''三三三三三.i、  r'三_/                                     `_ミヽ  .ノニ三三三三ミ -、
i三三三三三三三ミYニ/三三"ヽ                    _ ,, ,,_                  /.ニ三ミ\Yニ三三三三三三ミ`
',ニ三三三三三三三/三三三三ミ`、                 ,r'ニ三三ミヽ                ,'ニ三三三ニ.ヽ三三三三三三三ニl
..',三三三三三三三.lニ三三三三ミ〉               ,'.ニ三三三ミ',.              ヽ三三三三三.l三三三三三三三ミ.,'
 `、三三三三三三 ',ニ三三三ミ/ _,-‐、         lニ三三三三.j           r-、_ . ',三三三三ミi三三三三三三ニ/
.  `、三三三三三三 ',ニ三三三.,' i´三ミ`h.           {ニ三三三ニ.}.          ィ´ニニ`i ',ニ三三三.,'三三三三三三ニ,.'
   ',三三三三三_, ,/ニ三三.ノ .'、ニ三ミ.l.         ,r'ニ三三三ニヽ           !ニ三ニノ `._三三三ヽ,,_三三三三ニ/
.    ',.三 . ,.r ''三三三三三.i、  r'三ミ/       _,.r.'ニ三三三三三三`.‐ 、.    `、ニミヽ  .ノニ三三三三ミ -、三ニ,'
    i.ニ i三三三三三三三ミYニ三ニ{.    ,r.'"三三三三三三三三三三ミ 、.    〉ニ三ニYニ三三三三三三ミ`三三.i
    ,'ニ三',ニ三三三三三三三三三ニ/.   ,'ニ三三三三三三三三三三三三ミ',   `、ニ三三三三三三三三ニl三三',
   ,'.ニ三..',三三三三三三三三三ミ,'     ,'ニ三三三三三三三三三三三三三.',     ',ニ三三三三三三三三ミ.,'三三.',
        `、三三三三三三三三〈    ,'三三三三三三三三三三三三三三ミ',.    〉ニ三三三三三三三ニ/
           `、三三三三三三三三.',...... /.三三三三三三三三三三三三三三三`、 . ,'ニ三三三三三三三ニ,.'
          ',三三三三三三三...n f.in.'ニ三三三三三三三三三三三三三三三ニ`n.fi..n..゙三三三三三三ニ/
             ',.三三三三.゙,- .-‐.!.ト!.ll.三三三三三三三三三三三三三三三三三ミll ヒ!.!‐- -,......三三ニ,'

727◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:50:17 ID:LkAmmJ6s0


さらに農民叛乱がますます激化し、各地でボリシェヴィキ党員が農民によって殺害され始めると
党幹部らはいよいよ心理的に追い詰められ、内戦以来の敵に包囲されているという強迫観念が悪化していった。

           /‐-、__ -‐ニ\
             /匕辷ヽ | l rニソ__ヽ
         _ハ Oヘ     / O ,ハ
      r 7 / | ヽ ̄      、 ̄  ├- 、
       `  ‐┤          ̄ u | l レ'
           |      ^ ^  ヽ   「
 ̄ ̄ `ヽ.  __ト  /     ‐-、l  l |
       \  | | |⌒ヽ - '    | | |
        \ | l | r' ̄ ̄ ̄`ヽ|  ∧ー‐ 、
∠二 ̄     l   l ,イ  ̄ ̄ ̄ ̄ノ  /ヽ    ヽ
    `ヽ     ヽ \__ノ⌒ ー´   /リ      l
               \      _ イ}/ /     ∧
   ――--=    ヽ二Tコエ二_/  /      / l\
  人民委員会議副議長 ヴァレリアン・クィヴィシェフ

        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨` U  ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃
 やる夫の官房長官
      アレクサンドル・ポスクリョーヴィシェフ

728◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:51:56 ID:LkAmmJ6s0


ある時、モロトフがウクライナに視察に行った際、
乗っていた車がぬかるみに足を取られて横転してしまう。

軽い事故で、誰も怪我はしなかったのだが、モロトフは喚き散らした。



                          ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
          ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ  <                        >
         〈◎ ノ\   /\ ◎〉 <  誰かが僕の命を狙ってる!!! >
          ヽ彡' Uヽ / し ヾ_ノ   <                        >
            )u   Y    (      VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
          /.γ⌒    ⌒ヽ \
.        ,-,-,-,-:|    人  U| ,-,-,-,┐
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄L.L.Llノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄イ_/!_l_j_」 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



幹部らの被害妄想は病的になりつつあった。

729◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:52:36 ID:LkAmmJ6s0


さらに世界恐慌の影響で穀物の輸出市場が先細りし始め、
工業化に必要な外貨の獲得が厳しくなってゆき五ヵ年計画に暗雲が垂れこみはじめた。


      / ̄ ̄ ̄\
    / _, 、_ \      クィヴィシェフ。
   /  (●)  (●)  \     五ヵ年計画の経過報告について話があるんだお。
   |    (__人__)  U |    穀物の輸出量がネップ期レベルにまで落ち込んでるお。
   \    ` ⌒´    /    工業化に必要な資本をこれ以上信用創造に依存するのは・・・



                      O
                      |
                   ,. - ―┴‐-,、
                /―――‐ '´  ヽ
               /,rニ二!    /O7 ヽ
               ,! ヽOヽ    ヽ ̄/ i
               ! ヽ ̄/    ///////|_     んん~~?
            <I´「|////// /`ヽ      |」_I>   世界恐慌ぉ~?
             ``| ヽ  / ー'`J ヽ  / |´
                 !  | |      ヽ  | |   ヒック!
              |   | r'⌒ヽ_/⌒ヽi、 | |
                 l   | |  ,rー ‐''^ヽ | | |
               ヽ  | ,レ-‐--、」 ,!   !
               ヽ  ヽ _ ノ⌒ー-'/   /
                ヽ_         /
                 |[口]ヽー――i'´

730名無しのやる夫だお2012/11/12(月) 21:52:47 ID:s1pL7Xjk0
パラノイア

731◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:53:16 ID:LkAmmJ6s0



                   _ ,─、
                  ∠二─ ̄二\
                 /rnv   <_ |
               _/`┌  ///// |_
              <| / /      l  /| | |>     にゃははは!
             / /──_-┤ | | ̄      金なんてどっかから沸いてくる!
            / / ┌─    | | |
            / |\l    ̄─ | | |       この世はなんでもどうとでもなるんじゃよ~
            |  |二二─_ |   |       同志やる夫は心配性だにゃ~
            |      ─_/    |       ヒック!
            |            |
        <~\   |           |        ,──-
         × \  |           |       /     ̄ ̄──__
       /  \_>  |_______| _   /            __7
  / ̄ ̄/~7|_,────| ┐| ┌─   | \─/        __──
/    λ / l |    < ̄ ̄ ̄二 ̄ ̄ ̄_/ / ̄>___──   /
 ̄ ̄ ̄ |   // ̄ ̄────  ̄ ̄ ̄ // /|___────'
     |__/─── ̄| ̄ ̄| ̄ ̄──_/ イ  |      /
     |  |   /    |   |        / |   |   _/



      / ̄ ̄ ̄\
    / /     \ \
   /  (●)  (●)  \
   |  U (__人__)    |   ほ、ほんとかお・・・?
   \    ` ⌒´    /
   /              \

732◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:53:59 ID:LkAmmJ6s0


五ヵ年計画の唱道者として、工業化のプロパガンダと現実の惨状との帳尻をつけるという
実現不可能な作業を行ってきたクィヴィシェフも、仕事上のストレスから酒におぼれて
正常な判断能力を失い始めていた。


┌─┐     \
│俗│     /\
│物│ \  /   \
│君│   \ ─_ |                ___
└─┘    \_  //)          ,─ ̄  _\  ̄─、_
           _\`(//        ∠┐  //_\─   \\
          / | ゝク\       ∠ユl   ∠_ \\ ̄\ |/
        /  ン \ \    /┌     \\) \   /  |
       /  /    \/  / ̄\~  ─\  ─ ̄  /    |
     /  /         ( / ̄\ ̄ ̄\ \////// |     |  ああ^~
    /  /        ( ̄ ̄\   \   | \>    |_   /
  /  /          / ̄─  \   |  /      / /\/   酒がうまいんじゃ^~
./   /          /-_    ̄─、  |/ / ̄ ̄/  / /\
|   /           /    ̄\   \/ /     \ |  |  \
|   | \          |       ──'         / ̄ ̄ ̄ ̄
.\  |  \         |                 /
  \ |   \       |               /
    \    ̄─     |              /
      \      ̄7─_ |            /
        \  | /    ̄|         _/
         \|/     //|   __──  \
          /\   / / |  /\      /\



         ____
       /   u \
      /  /    \\     クィヴィシェフ・・・
    /  し (○)  (○) \    頼むから酒を飲むのをやめてくれお・・・
     | ∪    (__人__)  J |    マトモなお前と話がしたいんだお・・・
    \  u   `⌒´   /

733◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:55:08 ID:LkAmmJ6s0


             /~\
          ────┴- 、
      ,─ ̄          \
     /  ─ ̄|          |
   ∠─ ̄    |          |
   /        /          |
  |  _/\   l           |
  | |_/ ̄   \   __   |
  | /0 7      \//  ,-、 |     ふへへへぇはははは!!
  | /////       / /  /  \ l
  l ::::::::::::::       l |  |    /l
 /    \    / | \ \_//  ヒック!
 \   _- ̄\   |   \ `─/|__|
  ノ _─  ___l   |     ̄ ̄    |        なにもかも完璧じゃあ~
   ̄|_ ─__|   |          |        五ヵ年計画は順調~
      ̄_ |           / |
   | ̄ ̄ _7          / / |\      同志やる夫ばんざ~い~
   | ̄ ̄U          //|/  |
   |             /l  /  |
   \        __//| /   |
     `────┬\////   /
          /  |   //   /
          |  /| //    /



      / ̄ ̄ ̄\
   γ⌒)   U  (⌒ヽ
   / _ノ ノ    \  \ `、
  (  < (○)  (○) u |  )   うううう・・・・・・・
  \ ヽ (__人__)   / /

734◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:56:11 ID:LkAmmJ6s0


ストレスに耐えきれず酒と享楽に堕落する党幹部・・・
地方で際限なく拡大する農民叛乱・・・足元でうごめく反対派の党員たち・・・


           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ
      / _ノ (>)三(<) \ `、
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://


計り知れない重圧がやる夫の身の上にのしかかっていた。
「敵」と戦うために、夜も昼も戦わねばならなかった。
いったい誰が「敵」なのかも分からないままに。

735◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:56:37 ID:LkAmmJ6s0


飢餓に苦しむ農民たちは、飢えが進むにつれて人間であることを辞めていった。
人肉食が拡大し、親は子を、子は親を食べた。



          (ハヤク クタバレデチ・・・)                         (モウスグデチ・・・)
     ∧ ∧      ゚o。 ∧,,∧    モ・・・・モゥ・・・ダメ・・・ポ           ∧,,∧ 。゚        キーキー
     (*゚ワ゚)       ミ,・д・ミ       ::∧,,∧:: @           (・д・;)  ハ,,ハ ミュー♪  ∧,,,,  )
   ~(_uu       ~ミ_uu       ::(゙ q ゙/);;;)つ::           uu_)~(・q・,,),,)~    (゙O゛;);;;)





                       \ガツガツガツガツ/
                     ウマー!ウマー! ニク♪ニクー♪
                        ∧ ∧,,∧ ∧,,∧     キーキー!
                        (*゚ミ,,,,,,,,,ミ(,,,,,,,,,;;)ハ   ∧,,,,  )
                      ~(_~,,,,,,,,ミ (  ;;;;;)~,,)~(゙O゛;);;;)


家畜用の飼料にさえ適さないとされた廃棄物も、農民らにとってはごちそうとなった。

736◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:56:51 ID:LkAmmJ6s0


農民を地獄の底に叩き落した張本人であるやる夫は、クレムリンで孤独な闘いを続けていた。


         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (○)  (○) \
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /



農民叛乱と暴動とによって、ウクライナとカフカースは急速に無政府状態となっていった。
ボリシェヴィキの支配が、各地で崩れようとしていたのだ。

737◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:57:38 ID:LkAmmJ6s0


やる夫は農民の抵抗を粉砕するよう号令を出し続けたが、地方幹部らは疲弊しており、
そんな命令を実行できる余裕はなかった。

           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ    どいつもこいつも無能ばかりだお・・・!
      / _ノ (>)三(<) \ `、   酒に溺れ、やれという命令をやらない・・・
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )   もっと力のある人材が必要だお・・・
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://

738◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:57:58 ID:LkAmmJ6s0


            __
          /..::::::::::::::..\
        /..:::::::::::::::::::::::::.\
       /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
       | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
       \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\






            __
          /..::::::::::::::..\
        /..:::::::::::::::::::\::\
       /..::::::::::::::::::::::::(⑪ ):::、
       | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::___: |
       \:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー'
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\

739名無しのやる夫だお2012/11/12(月) 21:59:08 ID:lOaDQGhY0
かつてレーニンがやる夫に汚れ仕事を託したのと同じような流れだな

740◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 21:59:10 ID:LkAmmJ6s0



           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ
      / _ノ (○)三(○) \ `、  !!?
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://

741◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:00:00 ID:LkAmmJ6s0



                  ´  ̄ ̄ ̄ `  、
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             /  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /    ー―::::::::::::::::::::ー―::::::::::\
           /         :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           /    ,ニ===ミ  :::::::::,ニ===ミ::::::::::::::::ヽ    ――― 私は犬のように従順に働き、
          /    (  ●  )::::::::::::(w①w)::::::::::::::::::l!
         /       ≧==彡:::::::::::::::: ≧==彡::::::::::::::::::l!    獅子の如く敵をかみ殺すでしょう ―――
         |           く:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|!
         {             :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
         ,\          ー -エエエエィ:::::::::::::::::::::::/
         (   \         ::::::::::::::::::::::::::::::::/⌒Y
         \___人>  ー‐  ー―   ―一 </  イ
       /    Y .\  >         < ,/T¨  \
      /      ∧   \     ≫≪     /  ,'      \
 .   /          ∧   \/ 〉 〈 \/   /         `  、_







                  ___
                    /\:::::::::/\.
                   /:::<◎>:::<◎>:::\
                  /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\
                  |     ` ー'´  u   |
                  \  u   :::::     /
                  /    :::::::::::::::::::    \
                /                 \

742◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:00:44 ID:LkAmmJ6s0


   ――― モスクワ クレムリン

             ,__
             l_<
             _|_
_           ,ェ._.ュ、
,,,,]||      ,,.-'"゛    ~''ヽ、
ニニニ,,!-z,,,,,,メ--────--丶、          /_|ヽ                 ★
-、,,,,_ .~"'''ニ==ェ,,--'''''''-------ヽ.._        |iiii|゙|.                    |
   `~"'―-,,,,,,|ニニニニニエエエェ,l,,,,|,,,,[ ]、       |;;;;;;|;;|.                 ,!!、
  人   人 `゚゙'''―v,,,,「  .|~゙---->...ュ,ュ__.、 .,i;ロ;ロ|;;|                 iiiii
  彡ミ  彡ミ  人   人゙'''ー-...,,,,_|  `゙''''「゙゙'''''..|∩-|iil.,,,                |||||
彡彡ミミ 彡ミミ  彡ミ  彡ミ  人 `゙"人-i、,,_,,,l;;;;;;;;;;;/;;;/z,,,__.             .|  :|     i
彡彡ミミ彡ミミ ;;彡ミミ.;彡ミミ ;彡ミ  彡ミ  人゙'''┐'| .|''i--zz;;;;;,,,,,.         |AA.|    ∧
彡彡ミミミ彡ミミ 彡ミミ 彡ミミ .彡ミミ 彡ミミ彡ミミ:::| .| .l'''―v,,,,,"'''i   _____ .A l゙| | |.|.A. .|ii|
彡彡ミミミ彡ミミミ;;;;ミミミ彡ミミミ彡ミミミ彡ミミ彡ミミ:::| .! ,|    `~"'ヘ-i、|ロロロロi''i_|ii| |ll,,,,,,,||ii|_./ .ヽ
彡彡ミミミ;;;;ミミミ ミミミ ミミミ;;ミミミ;;ミミミ;ミミミ::::| |  | 人人人  r‐┴── ┴┐゙゙゙゙゙゙゙゙゙ll-----トL,
ニニニニニニニニニニニ===============   |..彡ミ .r‐―┴――─┴-┴─--iL,、:::::::|゙゙゙|----- 
  ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ======ェュyy,|jlll」―――---------u,,|_, !.| .!-ト |  
ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'i ト-   _ ..|.「[l|____,,,..|...............

743◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:01:01 ID:LkAmmJ6s0



   ちっ・・・めんどくせぇ奴に呼び出されちまったぜ。
\______________________/
             O
            o                   【クレムリンに呼び出されたグルジア共産党のみなさん】
  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧
  ミ,,゚Д゚彡 ミ,,゚Д゚彡 ミ,,゚Д゚彡 ミ,,゚Д゚彡      ,ィミ,        ,ィミ,
  (ミ   ミ) (ミ   ミ) (ミ   ミ) (ミ   ミ)       彡 ミ        彡 ミ,
  ミ   ミ  ミ   ミ  ミ   ミ  ミ   ミ     ,,彡   ミ、、、、、、、、彡  ミ,     (⌒)
  ∪ ∪   ∪ ∪   ∪ ∪  ∪ ∪    彡;:;:             ミ,    (  ヽ
                        ~三;:;:::::              彡~  ノ  ノ
                        ~~三:;:;:;:::::  -=・=-   -=・=- 三~~ ヽ (
                        ~~彡::;:;:;:;:::..     ___     ,三~~ ( ノ ,,,,,  :      ;;
                         ~~彡;:;:;:;:;:;:;:.    |┴┴|    ,ミ~~ ノノ ;'" ,,ノ―、     ,;'
                         ~~彡:;:;:;:;:;:;:;:;.  ノ――| ---==ニノ ,;'′ >=ニ(二二二()
                    ,...-''''""~~,::;:;::;::;::;::;'            ミ,,  ,;'′  ゝ--〈
               ____,;";;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;            i! ミ,,,,;'′   `ー‐'
                          ::::ミミミ:;:;:;:           ミ::      ,;' ̄ ̄ ̄ ̄|
                    __________∧_____________

                         あー同志やる夫、ご機嫌うるわしゅう。
                         ご健康そうでなによりですなぁ。
                         で、今日は何の御用で?

744名無しのやる夫だお2012/11/12(月) 22:01:42 ID:jIoPoqlA0
毒をもって毒を制す…か

745◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:07:10 ID:LkAmmJ6s0

ザカフカース連邦を構成するグルジア共和国はやる夫の祖国であったが、
現地のグルジア共産党はやる夫の中央集権に抵抗しており
あの手この手で中央の命令を握りつぶしては身内による独立支配を堅持していた。



         ∫
   ∧,,∧ ∬
   ミ,,゜Д゜ノ,っ━~       (けっ、ロシア被れめ・・・
_と~,,,  ~,,,ノ_. ∀       どんな口実を使う気かは知らねーが、
    .ミ,,,/~),  .| ┷┳━    グルジアは俺達のモンだ。
 ̄ ̄ ̄ .し'J ̄ ̄|... ┃      モスクワにこれ以上口出しさせてたまるかよ)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   .┻

746◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:07:37 ID:LkAmmJ6s0


グルジア共産党内部の独立派は過去に一度粛清されたが(第十七・八話参照)、
彼らのしぶとさは驚異的で、やる夫の送り込んだ「モスクワ派」もはやばやと現地の部族政治に感染してしまっていた。

    ,,,,,,,,,,
   [|,,,★,|]        ∧,,∧
   (;゚Д゚)       ミ゚Д゚,,彡    よぉ兄弟!モスクワからよくきたな!
    U  |        .(ミ   ミ)
  ~|  |         ミ   ミ
 ,,  し`J         ∪ ∪



               ,,,,,,,,,,,
               [|,,,★,|],,,∧     とりあえず向こうでワインでも飲もうや。
               _(;゚д゚)Д^,彡   なに、難しい話じゃねえよ。
              ./Uつ つ  つ    あんたがモスクワで何を言われたかは詮索しねえ。
           ~(   ヽ   ミ     だがここにはルールがある。それさえ守れば俺たちゃ家族さ。
              )ノ `J∪ ∪     助け合おうじゃねえか。お互いのためにな!


彼らは仲間内で結託し、中央の命令を無視してはグルジアを独立王国として支配していた。

747◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:08:50 ID:LkAmmJ6s0




           ____
         /      \
        /  ::\:::/::  \     今日諸君を呼んだのは他でもない・・・
      /  .<●>::::::<●>  \    グルジアにおける正当な党組織の
      |    (__人__)     |    危機的状況についてだお。
      \    ` ⌒´    /









          ___
        /\  / \
      /(●) (●.) \     グルジアには党組織というものがまったく存在しない!
     /   (__人__)     \    そこにあるのは族長支配だ!
     |      |::::::|  ノ(  |    呑み仲間に賛成票を投ずる信じがたい状況だ!
     \     l;;;;;;l   ⌒ ,/
      /ヽ   `ー´   ィ⌒ヽ    誠実に働く人間を昇進させねばならない!
      rー'ゝ       〆ヽ .)
    ノヾ ,>      ヾ_ノ,ヽ}    なぜなら、中央から送り込まれた者も
    ヽ ヽ|        ヽ_ノ    「族長」になってしまうからだ!

748◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:09:22 ID:LkAmmJ6s0




    ┏┳┓                                 ┏┓
  ┏┫┃┃┏━━┓                               ┃┃
┏┛┗╋┛┗━┓┃┏┓┏┓ ┏┓┏┓ ┏┓ ┏┓ ┏┓┏┓ ┃┃
┣    ┫      ┃┃┃┃┃┃ ┃┃┃┃ ┃┃ ┃┃ ┃┃┃┃ ┗┛
┗┓┏┛  ┏━┛┃┃┃┃┃ ┃┃┃┃ ┃┃ ┃┃ ┃┃┃┃ ┏┓
  ┗┛    ┗━━┛┗┛┗┛ ┗┛┗┛ ┗┛ ┗┛ ┗┛┗┛ ┗┛
  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧
 ミ,,^Д^彡ミ,,^Д^彡ミ,,^Д^彡ミ,,^Д^彡
  (ミ   ミ) (ミ   ミ) (ミ   ミ) (ミ   ミ)
                ∧,,∧ ∬       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ミ,,^Д^ノ,っ━~  <   グルジアワインは美味いですからなぁ。
             _と~,,,  ~,,,ノ_. ∀  \  あれを飲んじまうと、みんな思わず
                 .ミ,,,/~),  .| ┷┳━ \ グルジア人になっちまうんでさぁ!
              ̄ ̄ ̄ .し'J ̄ ̄|... ┃    .\_________
              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   .┻

749◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:10:02 ID:LkAmmJ6s0



         ∫
   ∧,,∧ ∬       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ミ,,-Д゚ ノ,っ━~  <   なに・・・同志やる夫。
_と~,,,  ~,,,ノ_. ∀  \  グルジアは上手く回ってますよ。
    .ミ,,,/~),  .| ┷┳━ \ むしろ過ぎた心配は、事態を複雑に悪化させちまう。
 ̄ ̄ ̄ .し'J ̄ ̄|... ┃    \_________



     ∧,,∧ 
    ミ,゚Д゚,彡
    (ミ   ミ)   餅は餅屋に、グルジアは俺達に任せてくださいや。
     ミ   ミ    俺達は同志なんですぜ?同志やる夫。
     ∪ ∪

750◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:10:17 ID:LkAmmJ6s0




                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                 /:.ノ(          \           ,,              ,,.    ,.
                /: : : ⌒             \        / |   /| /|     _,,.r':/  /::|
                / : : : : ._          _    \     /:::::i  /::i |:::::i  ./'''"´:::::/ ./:::::::|
               | : : : :   ´⌒\,, ;、  、、/⌒`.  l     /::::::::i  |::::! .i::::::i /::::::::::,,.//:::::::/
.                  |: : : ::;  ( ◎ ) ノヽ ( ◎ ).;;:: |    i::::::::::i  i::::i i:::::::i/:::;.r''" /:::::::/
               |: : : : :   ´"''" ,      "''"´  l     i:::::::::i. i::::i,/i:::::/'"´ ./:::::::/
                \ : : :     (    j    )  /      i:::::::::i. i:::/::::i:::/  /:::::::/
               ,r''"\: :   .`ー-‐'´`ー-‐'′/         i:::::::::i i/:::::::i/:| /::::::::/
              f!: : : : :: : :           ト、        i:::::::::"::::::::::/ |:::::::/
              i!: : : !: : : : :             ヽ.       i:::::::::::::::/  i::/
           ! i ./: : .i i: : : : :: : ;!ii:::i:      :i:i  i       i:::::::::/     i/
            | i!i/: : : : !l|r"-'"-i| i`i|‐、     :i'   i,        i::::::::i
            |,イ|,,..r''"!l|  i!  |ヽi  `i    :,./.   ',     / .  i:::::::i
           ,r'''! |i!       ii |  | |`i  i: :// ',   ヽ.,.r"/.    i:::::::i
    i、     /  !       ,,,,.i! l-ー|--i!、 .i:/ ./ :'i,'.,.,,,.r'" /    .i:::::::i
\   i \  /i     ,,..r''"  i! i.   !  i! l .i  ./:: ;;ir''"  /ヽ  .   i::::/
  \ !  .\/ .:i.              |   i ヾ、./:r''"    /  ヽ.   i/
   `'    / .::/             .!|,,.rヾ、,,ノ       /ヽ.   ヽ、
.      〈 .::::i  i  |    ,,..-‐ ''"|i   i       /  ヽ、   .ヽ、
       ヾ;::ヽ、i  !            /      /,,,,..... --''' "´
 ―-―――ヾ;::::i   !   !|i        !|/ヾ;― ==
          ヾ:i,  |i.  !||    i |i ,,.r"!|   〉
           `i、 ||  |i   i ||'"    /
            .ヽ||           i|'
.              i'ヽ、      ,,.r''"!i
            ....:::::::::ヽ|i,,,,,|,,..r''":::::::.......

751◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:11:05 ID:LkAmmJ6s0




     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :             \
  /: : : :            \
/: : : : : :                   \     .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────
: :  ___              /   \  ┃
: : : : : :\_____,ノノ ソ ((,,,/_ _     l         もしもこの族長支配を清算しないのなら、
: : : :;;((_(|)_))ノ::::ノヽ:::( (_(|)_) );;:::   |
: : : : :   ⌒ _ノ "''"´     ゙゙     l          全員を骨まで粉々に粉砕するぞ!
: : : : : : . . (    j    )       _ノ                                        ┃
\: : : : : : :. {ー-‐'´`ー-‐/'′   /         ─────━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  ヽ: : : : : :{ソヘノ' ―ー_( : : : :ーイ
: ーイ : : : : : :  ̄ ̄ ̄”^




\\   ・・・・・・ ・・・・・・   //
  \\             //
  ∧,,∧  ∧,,∧   ∧,,∧  ∧,,∧
  ミ,,゚д゚彡 ミ,,゚д゚彡 ミ,,゚д゚彡 ミ,,゚д゚彡
  (ミ   ミ) (ミ   ミ) (ミ   ミ) (ミ   ミ)
                ∧,,∧ ∬       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ミ,,゚д゚ ノ,っ━~  <  ・・・
             _と~,,,  ~,,,ノ_. ∀  \_________
                 .ミ,,,/~),  .| ┷┳━
              ̄ ̄ ̄ .し'J ̄ ̄|... ┃    .
              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   .┻

752◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:11:43 ID:LkAmmJ6s0



               ,ィミ,        ,ィミ,
                彡 ミ        彡 ミ,
             ,,彡   ミ、、、、、、、、彡  ミ,     (⌒)
            彡;:;:             ミ,    (  ヽ
         ~三;:;:::::              彡~  ノ  ノ            なるほど・・・
         ~~三:;:;:;:::::  -=・=-   -=・=- 三~~ ヽ (             しかし、同志やる夫。
         ~~彡::;:;:;:;:::..     ___     ,三~~ ( ノ ,,,,,  :      ;;  そいつはなかなか、
          ~~彡;:;:;:;:;:;:;:.    |┴┴|    ,ミ~~ ノノ ;'" ,,ノ―、     ,;'   骨が折れるでしょうぜ・・・
          ~~彡:;:;:;:;:;:;:;:;.  ノ――| ---==ニノ ,;'′ >=ニ(二二二()
     ,...-''''""~~,::;:;::;::;::;::;'            ミ,,  ,;'′  ゝ--〈         私はおすすめできませんね。
____,;";;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;            i! ミ,,,,;'′   `ー‐'
           ::::ミミミ:;:;:;:           ミ::      ,;' ̄ ̄ ̄ ̄|






           ___
           /⌒ ー、\
          /( ●)  (●)\          ・・・心配には及ばないお。
.      /::::::⌒(__人__)⌒::::::\         大仕事を任せられる有望な人材を
  cー、   |     |r┬-/ '      |⌒,一っ    すでに用意してあるお。
 ,へ λ \    `ー‐'      / 入  へ、  彼にならグルジア共産党を任せられるお。
<<</ヽ                     /\>>>

753◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:12:18 ID:LkAmmJ6s0


       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\   そう・・・ラヴレンチー・ベリヤのような誠実な党員なら。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  やる夫は彼をグルジア共産党の
  |     |r┬-|     |  党書記に指名するのが適正だと考えているお。
  \      `ー'´     /



:::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::::
 :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::::
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::           ヽ
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::__,         i
         }:::::::::::::::::::::::::::::::::__ ,,             }
           }:::::::::::::::::::::::::::::'``'(;;;;;)ヾ\     \ |
           |:::::::::::::::::::::::::     ' ̄´    ..,,_=ミ、 i
         }:::::::::::::::::::::::::::::            ̄`V l
            }:::::::::::::::::::::ヽ      '´ ’/'_,.     !
         !:::::::::::::::::::::::::..          ..   _   |
            }:::::::::::::::::::::::::::‘ー-‐==ニ=:、__j:)  l
           人:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー、 `'''´   /
           /::::... ...::::::::::::::::::::::::::::/ ̄´     /
         / :::::::::::\::::::::::::::::::::::{        /
           ::::::::::::::\::::::::::::::::::}     ,./        ,
               :::::::::\__:::::::::`'-‐::"/
                「`''''''''"´:::::::;;:" 人
                        .:.::::::::;;″ /' \
                  .:.:::::::::::::i' .:/'"´
:::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::::
 :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::::

        ┌┐ r‐――‐ 、
        | |  | r--- 、 l
        | | └┘ ノ ノ
        | |    i"´/
        └┘   └┘
        ┌┐   ┌┐
        └┘   └┘
  ∧,,∧  ∧,,∧   ∧,,∧  ∧,,∧
  ミ;゚д゚彡ミ;゚д゚彡 ミ;゚д゚彡ミ;゚д゚彡
  (ミ   ミ) (ミ   ミ) (ミ   ミ) (ミ   ミ)
                ∧,,∧ ∬
              ∑ ミ;゚д゚ ノ,っ━~
             _と~,,,  ~,,,ノ_. ∀
                 .ミ,,,/~),  .| ┷┳━
              ̄ ̄ ̄ .し'J ̄ ̄|... ┃    .
              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   .┻

754◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:13:01 ID:LkAmmJ6s0




                                              ∧,,∧
                ベ、ベリヤが党書記!?              ミ゚Д゚;∩
                アイツがグルジア共産党の             (ミ   ,,ノ
                幹部になるってのか!?                ミ  ミ~
                                              し`J

  ∧,,∧
 ミ#゚Д゚彡         冗談じゃねえ!!
  ミ つ つ          あんな糞イカサマ師の下で
~ミ  ミ           働けるかってんだ!!
  (/"J

755◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:13:43 ID:LkAmmJ6s0


               ,ィミ,        ,ィミ,
                彡 ミ        彡 ミ,
             ,,彡   ミ、、、、、、、、彡  ミ,     (⌒)
            彡;:;:             ミ,    (  ヽ
         ~三;:;:::::              彡~  ノ  ノ              ・・・無理ですな。
         ~~三:;:;:;:::::  -=・=-   -=・=- 三~~ ヽ (               うまくいきっこありませんよ、同志やる夫。
         ~~彡::;:;:;:;:::..     ___     ,三~~ ( ノ ,,,,,  :      ;;
          ~~彡;:;:;:;:;:;:;:.    |┴┴|    ,ミ~~ ノノ ;'" ,,ノ―、     ,;'     我々はあんな男とは一緒に働けない。
          ~~彡:;:;:;:;:;:;:;:;.  ノ――| ---==ニノ ,;'′ >=ニ(二二二()
     ,...-''''""~~,::;:;::;::;::;::;'            ミ,,  ,;'′  ゝ--〈
____,;";;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;            i! ミ,,,,;'′   `ー‐'
           ::::ミミミ:;:;:;:           ミ::      ,;' ̄ ̄ ̄ ̄|




          ___ _
       . /  >‐-、\
     . /~ヾ, j|  。 } \        黙れお!
      /|_ ゚ .,.〉 .ゞー≠  ...\,      お前らの意見なんて
     ./ ヾ≦'(_人__)      .\     誰も聞いてないお!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

756名無しのやる夫だお2012/11/12(月) 22:14:15 ID:lOaDQGhY0
>>1もいってるがほんっっっとうにまともな逸話がまったくないからなこいつw
胸糞悪くなる逸話か凄く胸糞悪くなる逸話しかないw

757◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:14:16 ID:LkAmmJ6s0


        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\          お前らは書類を回すだけだが、
     /    (__人__)   \
      |       |::::::|     |         ベリヤは問題を解決する!!
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i        これは決定事項だお!!
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl


  ∧,,∧
 ミ;゚Д゚彡   (ベリヤがグルジアの党書記?!
  ミ つ つ    冗談じゃねえ!冗談じゃねえぞ!)
~ミ  ミ
  (/"J

758◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:14:48 ID:LkAmmJ6s0


やる夫はソ連邦中、もっとも反抗的なグルジア共産党の抑え込みにベリヤを利用した。


           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`-、
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       \
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::           ヽ
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::__,         i
         }:::::::::::::::::::::::::::::::::__ ,,             }
           }:::::::::::::::::::::::::::::'``'(;;;;;)ヾ\     \ |     、
           |:::::::::::::::::::::::::     ' ̄´    ..,,_=ミ、 i    三__|__
         }:::::::::::::::::::::::::::::            ̄`V l.     口 |
            }:::::::::::::::::::::ヽ      '´ ’/'_,.     !     ‐┬‐
         !:::::::::::::::::::::::::..          ..   _   |     │田│
            }:::::::::::::::::::::::::::‘ー-‐==ニ=:、__j:)  l      ̄ ̄
           人:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー、 `'''´   /      、 マ
           /::::... ...::::::::::::::::::::::::::::/ ̄´     /      了 用
         / :::::::::::\::::::::::::::::::::::{        /         '"`ー‐
           ::::::::::::::\::::::::::::::::::}     ,./        ,
               :::::::::\__:::::::::`'-‐::"/             レ |
                「`''''''''"´:::::::;;:" 人               ノ
                        .:.::::::::;;″ /' \
                  .:.:::::::::::::i' .:/'"´

ベリヤはグルジア共産党書記とザカフカース連邦共産党第二書記に任命され、
ただの秘密警察高官から党官僚組織の心臓部に食指を動かしていく。

759◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:15:15 ID:LkAmmJ6s0


キーロフとオルジョニキーゼはこの人事に反対した。


     /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :``ヽ
    /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 〃: : : : : : :: : : : : : ヽ
    ``ヽ. : : : : : : : : : : : : : : /〃: : : : :: :/:/: : : : :ト、|
     /. : : : : : :/ : : ::/:/  /: : : :/.://.:.:.:.:.:.:.:.| !
      /. : /: : : :/: : /:/   /: : /  /ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.|
    /.:.:.:/.:.:.:.:./.:.イ ー--- /:./   /イハ.:.:.:.ハ.:.l
  /.:.:.:/.:.:.:.:./.:.:.:.:l  ┯┯z=    ┏┯ .:.:./  V
    ̄/.:.:.:.:./.:.:.:.:. |   Lりノ     りノ レ'.
    //.:.:.::/⌒ヽ::| u         ,    |      おいおい・・・
     /.::ハヽ ___         _ ,      ノ
   ,r─……┴‐- 、      「 __ノ   /       ベリヤをグルジア書記に
  !: : : : : : : : : : : : :\ 、       /
  !: : : : : : : : : : : : : : :.\` ー r‐く.          任命するなんて、正気ですか?
  ノ. : : : : : : : : : : : : : : : : .\ _」: : : l
 /. :,. -─- 、: : : : : : : : : : : : 7: __」


       {  ノ \ \{{: /ニ=-  ヽ、      }`{  {
.          Y /アヽ\_ノ :/ニニ/    }:   ,  ⌒ヽ、
         ri//⌒ヽ __ノニニ/     ノ  /    ,.:⌒
.     ,ィ从{ff/⌒ <三三/    /   {ixー=:<
   ‐=f′ / 〈    /  ヽ{{i  ,ィ尨。o   __`ヽ \        やる夫、やめておけ。
 f´ 〃  ,:   {`㍉{、   .ハ{i尨',ィ≦ O  \ `ヽ ノ
,ィ{   i{ ,  f     》ム斧ミxィ三三ニ   _人_   〉 _ノ         ベリヤは信用できん!
/ハ  {{ {  { ,ォ=ミ{ }/:::: /=ニ三三ニ  ヽf  _,イア´
i/ハ Ⅵi才"   Ⅵ::::::;イ=ニ三三ニ _ノ{_   /V     ,ィニ三
////≧ィ'      }ム:::{=ニ三三ニ=:`Y   /{/     ノ三二ニ
//////{、   __ノミji人:{ ニ三ニ=-   ̄`ヾf`ヽ.    ,ィ三二ニ
//////ム__  ̄ _.ノ   》'"´      /7 :}  ノ {/三二
//////ハ    ̄  ,ィ示{     \   //  ノ⌒  ノ三二ニ
///////ハ     ,ィ劣/人 `㍉、 ヽ  /  ‐=彡三二
////////ハ.   ff//////ミ ー=ミ_ ,イ  ,.イヽ辷三彡'´
/////////ハ,  {{///////ヾミ=-' ー==彡'
////////彡'  マ////////////////≧=x   r=ニ三三




       ____
     /   ノ( \
   /  _ノ  ヽ、_ \     うるさいお!
  / ノ( ●━━●   \    これはもう決めたことだお!
  |  ⌒ (__人__) ノ(  |    中央委員会も賛成だお!
  \     ` ⌒´   ⌒/

だがやる夫はベリヤの昇進を強行させた。
これがベリヤの長い、そして劇的な出世物語の、最初の第一歩であった。

760◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:15:34 ID:LkAmmJ6s0



            (ヽ三/) ))
         ,___ ( i)))
       /     \ \
      /   ⌒  ⌒ \ )
    /     (>)  (●)ヽ      やりましたよ!
    |    //  、__',_, // | =3
    \            ,/      ついに私の能力を
  ⊂ヽ γ         ヽ
  i !l ノ ノ            !       同志やる夫が認めてくれたのです!
  ⊂cノ´


             ____
           /     \
         /  _ノ;::::::::⌒ \     さぁて、これからは・・・
        / ;;;(◯)::::::(◯);;; \   今まで私の出世を邪魔してくれた
       |      ,__´___ ⌒   |   グルジアの煩わしい同胞たちに、
       \      `ー'´     /    誰が「支配者」なのか
        /          \    たっぷり教えてあげなければね・・・


しかしこれはのちに大きな災難を引き起こす。
キーロフとオルジョニキーゼの懸念は正しかったのだが、それが実現するのはまだ先の話である・・・

761名無しのやる夫だお2012/11/12(月) 22:16:16 ID:lOaDQGhY0
クズで外道でキチガイで変質者だけど有能なのは間違いないからな

762◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:16:36 ID:LkAmmJ6s0


   ――― 飢えと死の大地、ウクライナ

              . :. :. :. ::. ::. :. .: .: : : ..: ...: ...: ..: ..: .::..:. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.
     . .   .. .. ... :,;: _: .: .: .: .: . .. .. .::. . .: :. :. :.. :. : :: . : . :._ィ'⌒゙''ー-、,,_. :. :. : :: ..::.:..::..:.:.:.:.
  . .   .. .. ... . .: .:.:.:. : . :. ~`"゙''ー- 、 .::;:.,...:; _,,. r‐'''"~ .. . . .::..:..:.:.::..:: ̄`''ヽ、,,______
:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :. :..::..::..::..::..::.:::.:..::.:..::. _ .,, ... . .  ̄ ..  . .::. . .: :. :...:.:.:.::..:.:.:::_,,、-ー''゙⌒'ヽ_  . .::.. .
:.:.::::::.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:. :. _,,.ィ~'⌒゙'''" .:::: .. . ..........:;:;:.:.,,... ___,,、,r'''´ ̄ .. . . .::. . .: :. ~゛'''‐ 、.,,
´~ ̄~~"^´ ̄~゙^´: . :: : .:.::;:.,...:;:;:.:.,,...-─-~'⌒ ̄` '~- .,,. .: ;. : . :: : .: .: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: .:.:..:.:
.:.:. :. :. :. :. :. :. : :: . : . :. : :: . _:_ . ;;:. :: . : .  . . .. .::.. . .:.::..:..::..::..::..::. :゛'''゙⌒'~、.,,_ .: .:.:::.:.:.:.::..:.:.::
.:.:.:.::.:.:.:. :. ,,. r‐'''"~'⌒゙'''" .:: . . . .: :. :: :. ::.:.:.:.:..:.:: .__,,..、 -─- .,_,,..,,,_ .;:.,...:;:;:.`^゙~ ̄"゙''ー
.、 -─- ;:_;;::,,,_`^゙~ ̄`. . .: :. ::-__,,.....,,,_.._,..r-'''" .   ... ...:: ..: ..: .::. ::.::.:..:.:.:.:.: .. . -='、⌒゙'''
  . . .::..:.:.::.:___,,..、二 =-─- . . .::. . .:;:.,.. .._,,,.....,,____,,..、 -─- .,_~`"゙''ー- 、 .: .:.:.:.::.:.:.:.
___,,、,r'''´─-~'_,,.....,,,_,,. r‐'''"~_,,..,,,_ .;:.,...:;:;:.  .....:..:. . ...`゛'''- 、..,_::_,,,.....::::... .゛'''゙⌒'~
:.:..:.:.:.:.:.:.::.:`゙'_,ニ=- ... __... .                 ......   ...  ... . _,,._:.,...:;:;:,,..,,,_ .
、 -ー''゙゛´~  ...  ... .                          .... ...... . ...  ... .  ... ...
 ...  ... .
       .i^i
      .  i:. !             ,ヘ                   ,、
 .  ,、  |:. |             i:. !                     i. i               /7
    .|.|. .. |:.| /7      /> ,、i:. i     「!      ,     |. |   .、 「!   ,ヘ/ /
--<\,l .:|;.. |././‐l|ー「レ'./ー∥|;. |ー─i-|- |:|クー─---i|‐レーー|;:.|-/7∥ー|:レ〉─〉::./─
   \`ヽ|;:.../ ムィ>/.:<´ . .   , |::...マ;:/〉  ^´`        ト、_/:..У/ク  ┴ ,ィ ./:../
... . ... \.;i:.. .::/ ^´⌒` ,ィ  .〈V:::.. レ'/          ー- 、,,_>,__,/ー──./ レ'::. ムク
.:.::.:.:.:.:.:. /;il;::::::...ヽ、,,._.  |.|  ^´`^´`´  . . .. . :. :. :. :..:. :. :. .,.  ,   `''- 、,/::........:::::く_,,..::.
.;:;.;:;::...シ',:'"⌒``ヾ(⌒\/ レ':〉...:::;;;;;:::.....             ._,.-''  /   ''''""´.:.^"⌒`⌒`` :.:
;:-一''' ..:.:/. ..:.:.  ..::、,, `''''''゙^           .,.  ,. . .... ... : .: .: :.:. :. :. :...:.::.::.:;:;.: .: :.:. :;:;.: .:
:,.;:.,.:;:;:/./:.:.::.:.,:. \ .::.:: `''- 、 :.:.:. :. :. :.. .::;.. :. :.,...: :;:;.: .: :. ::. :;:.:. ::;.: .: :.:. :. :::.,,... :. .::;:.,..:.:.:.:::
:.::.:.:.:.: .: :.:. :. :.:. :. :. :.\.:.::.:. :. :. :.:.:.:.:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. ::;:;.: .: :.:. : :. :. : .: : :.:. :;:;.: .: :.:. ::. ::

763◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:16:57 ID:LkAmmJ6s0


   ――― 首都・ハリコフ

                             _,,.
                               ‐ 二   l
                              ̄ ll
                                ll
                                ┌┐
                _「_l_  i┐ .         l二二l           _「_l_  i┐
                 ,、 ― 、「`'l‐「l、      l ロ l  「 l┐    .,、 ― 、「`l- _
               ,r''   _.   `ヽ`r--‐---‐---‐---‐-,r''   _.   `ヽ ⊥_
                l'  イロヽ   l l rヽ rヽ rヽ rヽ rヽ rヽ rヽl'  イロヽ   l  l ヽ
            く================================,>、_l_l
         _    l~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l!゙~ ̄ ̄ ̄^゙ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ ̄~ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~!`'‐ニl
       ┌‐i'''‐┐  |,llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli illエlli llエll llエll llエll| llエll llエll llエll,|┌‐i‐┐_
_,,__,,-''´ ̄ ̄ヽ `''‐ 、|.llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli illエlli llエll llエll llエll| llエll llエll ll ,,-''´ ̄ ̄\ 、_,,_,_
 ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄~| ̄ ̄l!l ̄l.ィ-、l ̄l l!l ̄l l ̄l l ̄liィ全.、 l ̄l l ̄l l ̄l| l ̄l.ィ-、l | ̄ ̄ ̄ ̄~|li| ̄ ̄ ̄
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli.l!;;;;;il llエll llエll llエll| llエll llエll l |「_l 「_l 「_l,|il| 「_l 「_l
―ー‐!======== |====l!llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli.l!;;;;;il llエll llエll llエll| llエll llエll l |=========!.l|――ー‐
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!l二l_l二l_l二l l!l二l_l二l_l二liィ= =、.l二l_l二l_l二l| l二l_l二l_l_|「_l 「_l 「_l,|li| 「_l 「_l
   l       |    l!rー、rー、 rー、l!rー、rー、rー、.|rー、|l,rー、rー、rー、| rー、rー、 r.|       |l;ィヘ.
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!l;;;;;l l;;;;;l l;;;ィ'ヘ.!;;;;l l;;;;;l l;;;;;|.|l;;;;;l|l,l;;;;;l l;;;;;l l;;;;;l| l;;;;;l l;;;;;l l,ィヘ.l .「_l,ィヘ_l,|<;;.ミス ,「_l
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「「 ̄ ̄ ̄ ̄ <,;;ミス ̄ ̄ ̄ ̄/三三'i ̄ ̄ィ ‐、 ̄r´;;ヽ ̄ ̄,<;,;ミス ̄<;;.ミス ̄ll!´ ̄ ̄
――r´;;ヘ ‐、´;;`r´;;ヽ'―‐ ""ィ‐、―,li!´―r´;;ヽ―'―r´;;ヽ' ~;;ヽ ;;;;ミl‐'  '''''`――ーli!´――li!´―――

764◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:17:20 ID:LkAmmJ6s0


                                           ___
                                  _,,,,,,,,,_     {n_}
                      ,,,x-─''''''''''''''''ー-─く,,,,:..:.:::..;~゙''',二区い}つ
                     ,z'~:; 彡;:. : .::.;'':::.. ,,:.:;''..:.,~ミt、:::;;t~   {こ} __
                   ,,,イ~ .;:`メ:;;...,'',:::..:::,:..;::::..;:. __,,,,,;;;;,二ュ,,,,,,,,,,__{n_}_
                 ン~;: ,,:' ,,,:::,':,;'::゙;;';;:...:::.'';::.,;:: ,r'~ `". ;:... .::::;;,;::,:'.:,,,;;;}い,}二)
   __,,,,,,,,,,,,,,,,,,,__      A彡ノ,''. :: ' ;,:.::, :::,Zx,,:::';;`,:;  ,::,;..゙:: ';: ..;;::..,;:: ::;r''~,,__ 込}
  i<___>!    ∧,、{米ミ,,:.: ;:;.`::.;,'':...::'';''::,,ノヤ; 炎';;,.:. ::::,:.. :.;;:...;;;;/Y,,, i巛),
;;;;;;;;k,,;;;;;;;;;;;;;;;;;,,-'|__ノYて){ミ;爻i;;;.::;`:.:;;:.;;r‐'''~ ,,;ジ::,: ::,;; "::,,::';;;;;;;ッぎテ~..';;;ア(')}心ュ,,___________
..:. .|: ;::.. ; :::l:::.:|  メヾW个`=ベ-ェ、,,;.:{;,,. ;=~~'''ュ,,,;,_:::.:,':...::,;===''~.:::;;;ソViYY)K)Ei゙ヾ,、 .. :.. :::...:  :  ..:....
. .: .|: L::. j ::|;;:::|.  .いYソヽ/A(Yい)V台、>-、,,,,. ,:::,:..,;;~ヱ;;;,,,:::::.、、=X〆()のr、iミ}Tノル/゙j   .. :    ::..
 :. . {・;;;;.::,,;;..;;.....}   i`ヾ、、i^rひMべTノ のl'*=z=爻m≡'∧ひ,六俎ミどヾ)メ2ノハ)=ィ",ノ  _,,,-‐'''"tュ~r-ミニ'‐-、,,,
..:. ::.人,;;__;;;ソ;;;..:_ `-、`ヾ、ッニ士t),;豆ZY)亘ミメX)rYt川广}ハir、tわ&YO,,=-'~,,-''~  i'  (,_ 々(コ/´ ::;}J  ,; .゙i
 . ; .`''''':; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;,::. .~`-=,二二二二二二二二二二二二二二二二二二,=-''~ ...... .. .`-、,,_   `゙'"~  __,,,-´
 :    .  '''';::::::::: ::." ::."  .   _,-'''´,;::::   〔 ;';; .;}}:〕:::..  ;;;;;`'''-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;;:;;:::;;;;::::,.::;  ̄~~~~~~~ ̄:
サ三三ミぇュ、-、、      :    { .::. '';,,.    {,;_ :.::;}}:;} .:::.  ;;;   };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::.....::.
<二二ニ==-'' `i; .:  ... : .:.   ゙‐、,, ::... '' ...........~.........~....::.::: ;;;;'' .,,‐'゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;::.;;:;;;::::::.;:.:......
,,,,___,,,--''''~~::   :    ::.  .::.  `ー、,_         '''''' _,,-'゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::.;;;;;;;::::::..:.:::.:::


          /       _.. 、   ,>x、
         / _.. -‐== "´  ヽ /   `==- 、
        ´ /          ∧∨ ∧
       /   ;′      :i   //∧///|        ゙,
      ‘   j| .:|  l ;   :| .:| :|///'[///|:  |:     i
      i  jl| ::|  | i  :i| .:j:| :| `"¨^´ |:: ハ:.     |
      | 刈 ;:|  | | 刈 ::「| :|      |:: 厶| ;゙   .:|
      | /⌒| j1 :|:「V^メx,|八{     ,.x≦_メ /  ,:::|
       j{ r∧,圦 ::|:| <  U`ミ=‐   〃 U リjイ/|: /^リ
     / j、ヽ、  ヽN           ′    〃〉 |/
 ___/. : : \ \            !     //
_≧=‐ : : : : : >、j、   し         〉   /^   ・・・・・・
\ : : : : : : : / : :「X       , -- 、   人
  ≧=ー : ∠ニ=ニ..」 ^x     /  ̄Y/  x'゙: : \__
__..≧z=シ'´       `<¨ミx、 'ー─ '′/ |`ー=≦._
  : : :/  ー<⌒`rr‐'  j},__シ===xf"|: : : |: :     ̄`

765名無しのやる夫だお2012/11/12(月) 22:17:33 ID:D48sBcTU0
>>761
有能な働き者は参謀にって言うけど、有能な人格破綻者はどうすればいいんだろうな・・・?

766◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:17:45 ID:LkAmmJ6s0



             ,i /WN\
           /!/:::'::::::.:::::::::\、
        /::::::.:.:.:.::.:.:.:.:::::::.::::`ヽ.、
.       /!/:::::::::.:.:.:.::.:.:.:.::::.:.:::::::::::::::',
      /::::::::::;:--、:::::::::::::::::;へ::::::::::::',!、
     ト::::::/   \M/    ゝ:::::::::|
     |::::::彡           ミ::::::::::!
     |::::::l' _,.==、 ,.==,._ ';::::::::|
     /!:::/ ーニ・ニ>   :::.<ニ・=‐ ';:::ハ     同志フレッド。
     ト';:::l    '"´  ::::.``ー    !:レl !
     ヽ',::l:.       ::::     .:::!:!,'/     遠くアメリカよりよくぞ来てくれた。
      ',l::l::.    ヽ __,r    ::::l:レ'
      ';ト';::.  _____  ::::;'/l!      さぁ遠慮せずに召し上がってくれ。
       |! ';、 ´   二二ニ  ` :;';' |
       |  ';ヽ           /;'!
       /|j、 \     , '::::/ ト、
 __,. -‐/;', \   ヽ、_/:::::::/ !;:`ー-、
´:;:;:;:;:;::;:;:;:/;:;:;',  `ヽ、__ :::_,. -'´  /;:;:;:;:;:';:::`ー-- 、_
;:;:;:;:;:;:;:;:;:〈;:;:;:;:_',   /二ゝ、   /;:;:;:_;:;:;::';::::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:>'´;:;:',  ,ヘ     ハ、_/;:;:;:;:;:;`ーく::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;:;:;∨  〉ー‐〈  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
 ウクライナ中央執行委員会議長
       グリゴリー・ペトロフスキー

                         _ _ __ _ r-、
                           {.r、\\`㍉、`\i\¨ミ、
                        /Ⅵi\\\  \ .\.Ⅵ `㍉
                       ,イ彡iiⅥム ヽ  ヽ  \ .\}\∧
                        }彡ニハⅦiム  \ \  .ヽ .∨ Ⅵ
                          {/,イ `¨¨∧ .i i        .∨i}i
                       Y//      .∨| | | |i i } l!Ⅵ}    ここウクライナは元「ロシア帝国」だが、
                          {i i,ィzzzzミ、 .乂i}i 从乂八il } i乂、   いまやソ連邦は全労働者の祖国だ。
                      {`Y ,ィ==r=ァミ、___,Yrィ尨ラ.}i}从{i ノノ
                      人 {(弋__`彡豸⌒}i}_`⌒".ノノ  }/}    君のホームと思って寛いでくれてよい。
                        `Y`ー====彳i⌒` ‐==‐'.,ィ  iノノ
                                  、_,ィ  . ,イ  /ミ、
                           人  `‐-= zzz-≠彡′/{㍉ ヽ_
                        /  .\  `ー‐‐‐    /ノiト、i} }i:i: Yヽ、
              ____,..-'/  /i} >‐-  --,..イ./ / ./ ./i:i:  i ` \
             /i}_____/  /./}   /ゝヘ    ./ ./ ./ i{i:i:  i}乂  `ーミ、____
           /乂⌒/  i/   /./i∨ j /}´⌒i}     ./ ./  ヽ___///i`㍉____   〉、
                  ウクライナ党幹部 パーヴェル・ポストゥイシェフ

767◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:18:37 ID:LkAmmJ6s0



           _  /^ ̄ ̄¨¨¨ーrm,,
           i ^^´ \ \   \ ̄\
          _人ヾ\  \ \   \  `i
         ヘ   i \  \  `i    ヾ  i
        |三ミ   ||||\   i  |    |   |    いや、しかし。
        レ   ミ/:::::::::i    |  | | |  |  |    君の故国アメリカから学ぶことは
       〈   ;^::::::::::::::::::|| |  ||  ||||| | | | |    ことさらに多いな!
        .レ/i::::__x≠x v | レ^,-三=テヽ//,/
        l(\ r´r´_土ヾ示~^|≦ミゞ"  || ノ     非常に高度化された工業と、
        ヾヽ\rヘニゞ゚"` }t‐ー´\;;__/ |/     合理的に大規模集約された生産手段、
         \::|::\_:::::::_,/^|::: ::::::::: _ヘ .| \,,,...,,  資本主義国家であることが実に悔やまれる。
          ゝ.|:::::::::二:::::::;;;;;___;/_,,,ェヲ  .|\ \:::::
          /.∧:::::`ヾ-=;;;ー二二ノ´ /||\\\
     _┌ー¨¨/ ;;`\;;::::::::- ̄:::::"  /´;;;;;;| .;i:::::::::
ーー¨¨¨/;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;|;;;;;||||`"ー;;;;;;;_;;;;;;-"´:::   ||  \
__,,,../;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:::|:::::::::ヘ||||::::::::::::::,ヘ \::::::   :|;;;;;;::::::



                   _____    ___
          ._,z---―==¨ ̄ヽ        ̄      ヽ
        ._ / ,. r‐   ___  /゙}_ }                   \
        .{ ヽ/^i | { ! 兀__厂′ ,ヽ!__             )
        〉: :\UU Y    / ̄   \    ̄¨/`ー-一   /
        {.:.: :.:.`ーミ>          ヽ    /        ./
        {.:: : \ ー \_        ....::/   ./         ./
      .l: : : : :.:`Y´⌒ ´    ...::::::::; '   /         ./
      ,人: : : : :.:`ミー _λ_ ..::::::::::: /   /         /   ・・・おどろきマーシタ・・・
          \: : : : : : ̄:. :|     .{  /          /
          \:.: : : : : :.:l       |〃ミ、 、       /
           /: : : :.:/\{       | ヽ : i \.    ./
          .//レ'〃二ミー-     .} : l \\  ./
           _ 一く: :\  ̄`ー二ミヽ!:.:.|   ヽ ヽ /
        .Y´     \: :\      `ヽ_ノ   ‘,',_
         /        .\: :\ __ ,-===ニ二三三‘,
        .{            }三三三三三三三三三三|
      ,ノ         .{三三三三三三三三三三l
      厂  ̄         {三三三三三三三三三三|
    /           〃 {三三三三三三三三三三!

768◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:19:02 ID:LkAmmJ6s0



          _ ヘーヘ_
         /    ∧∧  ヽ
         |  | | |   | l.  !
         | ィT ト  ィTト |     外では何百万もの人々が
         |ヽト个   个イリ,!     骨と皮だけになり死につつあるのに、
        ((ゝ ○┼○ / ))     ここには驚くほど贅沢な食べ物がアリマース・・・
         >ト ┌‐┐ / \
        <  \ .ノ/ト   >   いったいこれは何のパラドックスでスカ・・・?
        ≦_,/ | ´/ .| l\≧
       _,,,...イ\ / / / lヽ_ ヽ
      イ_,,,.../ Y\ /ノへ|   ヽ∧
      ト     /.7\/| .|     / 彡>



             ,. =i/∨i i iへ.,
            ハ丶丶//∨i i i i i i へ
           ハ丶ヾ ' ' ∨i i i i i i i i i i ,
          ハ ,.=ー=.,  ,.=-^レi i i i i i i i i i
         ├(   ノ二(    'iシi i i/i i i i
         ( }  ̄ く _ 丶_ へレ/ハi i i |    ハハハハハ!
.          v ,',._   丶     !.i'’ソ /
          i  i 彑彑彑彑彑 )  , ノノ,/     なんだ、そんなことかね同志。
          人 ,、册册册册’,  /テテ
.           /'-,ヾ二 二 ̄  ノ彡’ヾ.,_
        /  ヽ::...... ̄........-=三’  /  ト,_ _
        ,:’   〃^i;::::_;: - '’     /  | .{ {ヽ
    ,.・∨    /i .i’ヽ、      //.    | /”
   ’ ∨     /ノ ル ,ゝ    /.∨     |/
   ∨     /レ'=o=> 丶, 0/  ,/     |
   ’     / ハ ノ /i   ヽ’//     .i,.・’
         ハ,:'   / i   . /  /       |

769名無しのやる夫だお2012/11/12(月) 22:19:05 ID:s1pL7Xjk0
>>765
ぶち殺せじゃね
あとこのころのウクライナの首都はキエフじゃなかったのか

770名無しのやる夫だお2012/11/12(月) 22:19:15 ID:lOaDQGhY0
>>765
使うだけ使って隙を見て寝首を掻けばいいんじゃね?

771◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:19:32 ID:LkAmmJ6s0



                      __ _/|ヽ
                 _,-z< 丶 Ⅵ  \
―――――z 、  .__ ノノメバミヾ ヽi!l|    >、
       //  ̄(___)彡彡'  ヾ!ト刈|j       ハ
.      //   (__)Z/_ヽ     '|     / ハ
     //  ヽ      ____)\、  |  |  / / ,
___',人_  }    くヲ{  /`ヾノル/ル1ル |l / /
      >} 厂 >、 \、/ /ノ≧ャ≠サメノイ / ノ
        し'/   {ヽ、)  ̄  /f ん(i) 〉 》j//
.        /    八  ト、_ゝ__,乂 三彡/ん)          なんのことはない。
      /   // ∧  辷ー‐- _, ァ' /<
<   /   / //  ヽ    ̄  ̄  /   ヽーぇ 、     外では「闘争」が繰り広げられているのだ。
_>    ./   /  /   > 、__, 介 、    ∨  }l
     〃    /  /  /ミッ≠ ヽ  Ⅵ 、ハ     l   ノ      人類の未来を切り拓くための闘争が。
    , イ     /  ムィ'{≦γ`巡ハ  }!  ∨'    , 〈
  / ノ     /  /|'  Ⅸ代_ 从Ⅶ∨;|  ヽ乂   ヽ 、     闘争は戦争だ。
   /    / フ'   l   ∨7ムVル/ ,' !     ヽ   \
 /      /'´    、  |l{   lリ  /  |    \ \   ヽ   戦争で死人が出るのは、至極当然のことだろう?
<       人       ヽ  }l{  l{ /\ !      \ ハ    '
 \_ , イ   \       \ル!  ,ル′  \       >|


             ,i /WN\
           /!/:::'::::::.:::::::::\、
        /::::::.:.:.:.::.:.:.:.:::::::.::::`ヽ.、
.       /!/:::::::::.:.:.:.::.:.:.:.::::.:.:::::::::::::::',
      /::::::::::;:--、:::::::::::::::::;へ::::::::::::',!、
     ト::::::/   \M/    ゝ:::::::::|
     |::::::彡           ミ::::::::::!
     |::::::l' _,.==、 ,.==,._ ';::::::::|
     /!:::/ ーニ・ニ>   :::.<ニ・=‐ ';:::ハ      同志フレッド・ビール・・・
     ト';:::l    '"´  ::::.``ー    !:レl !
     ヽ',::l:.       ::::     .:::!:!,'/      何百万もの人々が死につつあるのは
      ',l::l::.    ヽ __,r    ::::l:レ'
      ';ト';::.  _____  ::::;'/l!       我々も承知している。
       |! ';、 ´   二二ニ  ` :;';' |
       |  ';ヽ           /;'!         それは実に悲しいことだ。
       /|j、 \     , '::::/ ト、
 __,. -‐/;', \   ヽ、_/:::::::/ !;:`ー-、
´:;:;:;:;:;::;:;:;:/;:;:;',  `ヽ、__ :::_,. -'´  /;:;:;:;:;:';:::`ー-- 、_
;:;:;:;:;:;:;:;:;:〈;:;:;:;:_',   /二ゝ、   /;:;:;:_;:;:;::';::::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:>'´;:;:',  ,ヘ     ハ、_/;:;:;:;:;:;`ーく::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;:;:;∨  〉ー‐〈  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ /    l /;:;:;:;:;:;:;:;/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;

772◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:20:28 ID:LkAmmJ6s0



             ,i /WN\
           /!/:::'::::::.:::::::::\、
        /::::::.:.:.:.::.:.:.:.:::::::.::::`ヽ.、
.       /!/:::::::::.:.:.:.::.:.:.:.::::.:.:::::::::::::::',
      /::::::::::;:--、:::::::::::::::::;へ::::::::::::',!、   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────
     ト::::::/   \M/    ゝ:::::::::|    ┃
     |::::::彡           ミ::::::::::!
     |::::::l' _,.==、 ,.==,._ ';::::::::|       だが、ソ連邦の輝かしい未来の為なら、
     /!:::/ ーニ・ニ>   :::.<ニ・=‐ ';:::ハ
     ト';:::l    '"´  ::::.``ー    !:レl !       やむを得ないだろう・・・
     ヽ',::l:.       ::::     .:::!:!,'/
      ',l::l::.    ヽ __,r    ::::l:レ'                                        ┃
      ';ト';::.  _____  ::::;'/l!      ─────━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
       |! ';、 ´   二二ニ  ` :;';' |
       |  ';ヽ           /;'!
       /|j、 \     , '::::/ ト、
 __,. -‐/;', \   ヽ、_/:::::::/ !;:`ー-、
´:;:;:;:;:;::;:;:;:/;:;:;',  `ヽ、__ :::_,. -'´  /;:;:;:;:;:';:::`ー-- 、_
;:;:;:;:;:;:;:;:;:〈;:;:;:;:_',   /二ゝ、   /;:;:;:_;:;:;::';::::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:>'´;:;:',  ,ヘ     ハ、_/;:;:;:;:;:;`ーく::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;:;:;∨  〉ー‐〈  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ /    l /;:;:;:;:;:;:;:;/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;


                     ∠`ヽ    \\\  \
                   ∠ミミvWヘ ヽ  ヽヽヽ ヽ   ∧
                    ムニミ`````ハ l l l } } } } l| l|ハ
                {///' , -‐=- }ハハハハ二ヽハハl| l| |    君が見たのは
                     V//〃'´ ̄ `Y二 く(侚Yリリリリリリ    今や死滅しつつある階級の
                 jニ}'^i{{     ノY⌒ヽ`ニ彡''ルムイ    最後の絞りかすだ!
                  〃う} ` ニニ彡rゝ‐ _ー- 、 「リ
                    { ( ハ  r、_,.tt=ニニニ=ァx_フ丿 ル′    闘争は最終段階に入ろうとしている。
                \从  マ、ェェェェェェェェァ'   /´      社会主義至福の千年のために、
                   `込  `ニニニニニ´  イ__      我々はあらゆる犠牲を背後に残して
                  _/ {\>、 、 ___ . '/ノ }ト、     前進しているのだ!
                  / /{ {  \≧=‐--‐=≦ ´ /| }ト ._
.       _____ 。≠/ / リ 八   `7/{//{     / l| {{   {{ニ=‐- . _
    __〃〃二ニニ≠^7 / / / ∧  〈 {⌒} 〉.   / | {i   ヽニ=‐-=ニコi¬、
   / //7    ´ //     /i { ∧_/∧,.=、/∧ /   l  ',     \ }  } }}  |i
.  / // {       /     / i {   く {{合}}/∧'    l         \リ リ ノ|
  「{ { !  ',    /  /  /{   i八 \ヽ/777 /`ヽ   l           \〃  ト、
/| { ヽ  ヽ/     / ',  ヽ ヽ\/ //厶ィ   ヽ  l            ∨/ ノ \
 人ヽ. \/     /    / ヽ/ /´      {\ト、            ∨/,   \
   ヽヽ/     /     /    }i/         }}\/\           \ムイ    \__

773◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:21:11 ID:LkAmmJ6s0


          /       _.. 、   ,>x、
         / _.. -‐== "´  ヽ /   `==- 、
        ´ /          ∧∨ ∧
       /   ;′      :i   //∧///|        ゙,
      ‘   j| .:|  l ;   :| .:| :|///'[///|:  |:     i
      i  jl| ::|  | i  :i| .:j:| :| `"¨^´ |:: ハ:.     |
      | 刈 ;:|  | | 刈 ::「| :|      |:: 厶| ;゙   .:|
      | /⌒| j1 :|:「V^メx,|八{     ,.x≦_メ /  ,:::|
       j{ r∧,圦 ::|:| <  U`ミ=‐   〃 U リjイ/|: /^リ
     / j、ヽ、  ヽN           ′    〃〉 |/
 ___/. : : \ \            !     //      (クレイジー・・・
_≧=‐ : : : : : >、j、   し         〉   /^
\ : : : : : : : / : :「X       , -- 、   人        ベリークレイジー・・・)
  ≧=ー : ∠ニ=ニ..」 ^x     /  ̄Y/  x'゙: : \__
__..≧z=シ'´       `<¨ミx、 'ー─ '′/ |`ー=≦._
  : : :/  ー<⌒`rr‐'  j},__シ===xf"|: : : |: :     ̄`


まさにその通りに、農民階級は「死滅」しつつあった。

774名無しのやる夫だお2012/11/12(月) 22:21:50 ID:lOaDQGhY0
独ソ戦は千年帝国VS千年帝国か
片や伍長の死で終わり片ややる夫の死後半世紀も持たずに瓦解したが

775◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:21:51 ID:LkAmmJ6s0


約2500万世帯1億500万人あった農民人口のうち、
570万世帯2430万人が土地を手放し農業を辞めざるを得ず、
350万世帯1500万人が強制移住させられたと推測されている。


            /`´: : : :\  _ ........._                         r- '⌒ヽ
          , -イ:.:.:/{{`ヽ-: : :ヽ .ア:__,.へ:::`ヾ                _ノ゙ヾ、   .j ,___ぅ^′
__     /:.:.:.:ゞ/rx__r廾>ヽ: }ア::ノ,zz  __ヽ<, -へ__     , --- 、-{:.:.:; -'ー 、 / l
: : : : :>-- '´_:.:.:.:.:.:.:.:.L..」└‐┘!/}:_/ ゚-  ゚ ' ハ:.:.:.:.:.:.:.:ゞ´ ̄>´::::::::::::::::::::ヽ/:.:.:.:.:.:.:.:.:\__l   __
    }:.:, ´: : :`丶: : : \ー`,. イ:.:il:.:ゝ!  [二l ハi:.i:.:.:.:.:.//<__::::::::,、::::::ヽ:::l:.:.:.:i:.:.:.:.:.ト、:.:.:l ア ̄r---
^~`ヽレ′: : : : : : :厂`Lア二,イ:V ヾ__ヽ  .._ イlr.ヽ>`. . . . . . .く/V xz-↑L:.:.:ト,__/二_/   /
:::::::::::l: : : : : : : : : /  </ヽ/`ヽ/     ゝ..__/. . . . ,、. ,、_ト. .ミ __゚- .r '::::}:.:「 x. -゚イ_ /
:::::::::::ハi,、,、i: : : /         .l   i      Ⅵ. . ノ-イ r. Lト'ー 'イ⌒ヽヽ-< rっ':.:.:.:.ド、
Aヘ::::j__Lヽ_r-ァ'        ./ j   i      ヽVr┘・` _ー レヘ V⌒′'. ト、!:.:.:ト¨´:.:.:.:.:.ヾ:.:.`l
.゚ ' r ':::::}  ア       /}  Y⌒ヽl        >- 、.ー'イ´`ヽ L_.ノ! ! ハ:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ┴- 、
-‐'´:::/:::| ∠_      ∠、 丁]  .厂      r ⌒7:.:/:.`¨´:.:.:.:.:.:`ヽ__l .l  厂ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
::::::::::):::/:.:.:.:.`丶__  j.  ヽ !/  ,l        ヽ  !V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'.:,/l`\! l  /r‐┴ 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:::::::> '::::::::::::::::::::::::::::V- 、   './  / !  , -=  ̄ ̄^\ `!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ ヽ-l .//ノ:.:.:.:.:.:.:. ̄`ヽ- ...._
::/::::::::::::::/::::::::::::::::{   ヽ  l ./| }/:::::::::::::::::::::::::::::ヽ `ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.L_ヽL) /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}: : : :/:


移住先での死亡、飢饉による餓死、処刑、矯正奴隷労働での死亡・・・すべてを合わせた場合、
やる夫の五ヵ年計画と農業集団化で340万世帯強の1400万人が「死滅」したことになる。

776◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:23:02 ID:LkAmmJ6s0


【補足】

            ,.:-=;1―;1―;1―;1,=-;:、
            ミ             ゙ミ
.              ミ      ★      ゙ミ
           /ミ             ゙ミ \
          《  ミ;========゙ミ } 》
.             》/ / / :/ : : : : : : : : : \ ∨《
.            /// : :/ :/ : : : /:/ |: : : : : ∨^:|   この人口の大変動期における
           l∨ : : l :/: : :// / :八 : : : l: l : :|   正確な動向を完全に把握することは不可能です。
           | :| : : :|/ :/ //:/ :/  ヽ: : | ハ: :|   政府発表の統計数字も誇張と捏造が
           | :| : : :|≧x、/イ//,.ィ≦ハ ノ : l: :|   入り交じったものであり、後世の歴史家を悩ませました。
           } :|八 :代uzノ    弋uzノ仏イノ: :|
.           ′:} 仆⊂⊃     ⊂⊃イ 八 : :|   しかし、死者は控えめに見積もって700万人弱・・・
.        /: : / 八 >  ~~~ .イ}{ : : : |   もっとも大胆な推測では2000万人ほどとも言われています。
.        /: : 〈 // ̄》 》≫=≪《 《V ∧: : :
.        / : : : : {   》《_》《_》《 〈 /  、: :丶  1400万人という数字はコンクエストの推測をもとにしていますが、
       /: : : : : : }   《_/八_》      }: : : :\      これは人為的に引き起こされた戦争以外の虐殺としては
     /: : : : : : :/    ∨{><}{    {: : : : : : :\     中国の大躍進政策を除いて人類最悪のものです。
    / : : : : : : /人,___人}><}人__人\ : : : : : :ヽ
   《 : : : : : : // { ̄/∨`¨¨¨´∨\ ̄} \\ : : : : : \
  《 : : : : :/ 《(   } {_人    人_} {  )》 \ : : : : :》
   》: : :/   》)  人人_))   ((_人ノ (《    \: : :《
  《 :/    《(    \        /    )》      \ 》
   `\\    ≫x、    \__/   ,x≪     //

777◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:23:50 ID:LkAmmJ6s0


パラグアイ戦争 |┓   110万人
  1854年    |┛  全死者数
            |
第一次大戦   |━┓     170万人
  1914年     |━┛   ロシア軍死者数
            |
ドイツ30年戦争 |━━━┓    400万人
  1618年     |━━━┛  ドイツ死者数
            |
ナポレオン戦争.|━━━━┓     500万人
  1803年    |━━━━┛  参戦国全死者数
            |
ホロコースト   |━━━━━━━━━┓        1000万人
  1939年    |━━━━━━━━━┛   全絶滅政策による総死者数
            |
農業集団化   |━━━━━━━━━━━━━┓       1400万人
  1929年     |━━━━━━━━━━━━━┛   餓死を含む全死者数
            |
大躍進政策   |━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓     3000万人
  1958年     |━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛      推計値



: /_  ト、 l ト、\l l       l      '; : く__
:ゝ':/  ,' ,ム斗=ヽ、l`ヽ      //       !: : :./
:./!  ,   1 {:ゝ‐:ハj  ',`    //l      ,'r‐-'
//l   ,   '弋z:::ノ '  ヽ  /、 / /  l  /´
/ ,'  ,′  ´  `     ヽ'ィュ、 /X   / /   人口のおよそ1割を喪失・・・
:l/  /               ん:リ / _ / /
:l  l    U       ' ゞく /'´///      第二次大戦の日本の軍民死者数でも
:l  l三心     fニヽ、_     /l   l       人口の4%強なのだわ。
:l  l三三',       `′  ,ィ'l l   l
}l  l三三ミ;        /l l l ',   ',
ミ!  '三三ミ;     , ィ.´__. l  l ∨  ∧
ミ!  ',三三≧‐-.升三三ミ l   l ∨  ∧
`ヽ、  ∨ー'´ ー 寸三三三}   l  ∨  ∧

778名無しのやる夫だお2012/11/12(月) 22:24:39 ID:nF9C73Kw0
このグラフだとむしろ大躍進政策の酷さが強調されてるだろwwwwww

779名無しのやる夫だお2012/11/12(月) 22:24:58 ID:lOaDQGhY0
割合では国民の5分の1を殺したポル・ポトがトップか?

780◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:25:00 ID:LkAmmJ6s0



 .::::.::::::i:|:.: 〉 |  |  | | , .:!  ,:′  ト、
 ::.::::.::::|:|::7 i |  L__|__,!ノ .:::|  /::   .,j!: |
 :::.:::.::::|:|/ リ"´!二!斗| ト、! /,イ  .:/ |:.:!
 ::.: ,イ心ト7 .:| 弋 f::ハ`` Vl/心、 .::/ j/
 `7ゝ仡イ  :!  ´ ̄`   ' 弋リ}, イ /
 \ヽ、::::|   |        ′``ノ イ
   \:ヽ|   |  u     rーォ   ;! i|      よくもまぁこれだけ虐殺を
     ヾリ  .iト、     ´⌒ /|  |      続けられたものね・・・
    _」 .::||;:;\  _ _, イ   |  i      普通の人間なら精神がもたないと思うけど。
 , ィ´|;:;:;:| .::||;:;:;:;:;ト、;:;:;:;:;:;:;:;:;\|  |
 ::/::::|;:;:;ノ  .::i;:;:;:;:;| |氷k;:;:;:;;:;:;:;:\ !


          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\  ボリシェヴィキの革命家たちは
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ   自分達がもっとも道徳的に正しいという
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ   おごりから殺人を正当化していました。
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
         | |{i t    _     / |   彼らは恥ずることなく
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |   「より多数の幸福の為に」と言って
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |   人民を死に追いやっていたのです・・・
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |

【補足終わり】

781◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:26:02 ID:LkAmmJ6s0


ボリシェヴィキの革命戦士たち・・・この信じがたいほど傲慢な連中は、自らのことを科学的と称していたが、
その実態は科学者の集まりと言うよりも中世欧州の宗教騎士団やイスラムのムジャヒディンとなんら変わるところが無かった。

マルクスの預言を実現するために、彼らは人民を殺し、殺され、正しく科学的で真理な教えのために殉教していった。



                             ,,,..---、
                        ,,ィニニヽ彡彡彡彡ミニ三ミ、
                      ,ィミシ彡ミミ、゙彡彡彡三ミ、彡イ三;ヽ
                     {彡y彡彡y彡ミ 彡彡三三彡Y彡三ミ}
                     {ツ彡シィイイ彡ミ 彡三ミミシシヾミ三シ
                     (彡彡イ/////ノ〃〃ハ;ヾヾミ三彡Y 三)
                     {彡y///イ/     ミヾヾミ三彡Yシイ
                      Y((( /       `ミミ三三彡イミ、
                       !、,,,_     _,,,..---   ゙ミ,ィイi }ミ三;シ
                        }T゙'tゝ .:´ ィ弋カ'-    Y/5 /i川イ
                       !  ̄ .i :.   ̄ ...    ーノミト、シ
                       ',:.:. ,' ::.    .:.:.:.:    iイミ三ソ
                       ',  ヽ ー        !::ミミ三リ
                        ヽ. ゙'三‐‐‐'`     ノ :::iーーー'
                         `、      , '  : :',
                           ` ー-┬‐ '     : :ヽ
                                |        : : \
                            ___....l:: ::  __ , ---.ヽ

                    ソ連の作家 ナジェージダ・マンデリシタム

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────
    ┃

       古い価値観を粉砕して新しい原則を発明し・・・あの前例のない実験を正当化し・・・
       素晴らしい『新世界』を建設するという理由で、ありとあらゆる殺戮が正当化された。

                   ――― 回顧録「見捨てられた希望」より

                                                               ┃
                             ─────━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

782◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:27:08 ID:LkAmmJ6s0


やる夫は常々ボリシェヴィキのことを、「特別仕立て」の人間と呼んだ。
個人の人格を否定し、党と一体化することで、彼らは理性を保ちながら狂人となることができたのである。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::o:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::°::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::o::::0::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::O::::o:::::::::::o:::o:::::::::::::::::::::::::::::::::::o:::o::::::::::::::::::::::::o:::o::::::::::::::::::::::::::::゚:::゚::::::
:::: /o:::o:'、::/.::.::.::.::.j.::.人゚:::゚::::゚:::゚:::〉.::.::.j:.:ノ゚::゚/::::::::::'、:/∨::゚:::::゚::∨:::::::::::::〉:゚:::゚::゚:::゚:/::::::::::::::::::/:::::::::::::〈:::::::::::::
:::/::::::::::::::∨.::.::.::.::.::.::i.::.::.::.\::::::/ー=.::.:}.::\::〉.::.:j::.〈/::::::ノ:.:..:{::.:/.::.::j-=:.:\__::::::::::〉.::.j.::.〈/.::./:.::.::.::.:ヽ:::::::::
:::::::::::::::::::/:\.::.::.::.::.人:.::.::.::.::∨::.::.::.::.::.::.::.::.:: 〉:.::.:::.::/::F:::'、.::.:Y.::.::.::.:/::.::〃ヘ爪フ/.::.:人.:/:.::.::/.::.::.::.::.::.::∨::::
:::::::::::::::::,'.:.:.:.: \:/.:.:.:\:_/:.|\.:.:.:./:.\_∧ :.:. :/::::::::::::'、:.: |\/i.:.<_゚ノノ.:.:ト、/.:.:.:∧:/\:.:.:.:.:.:.:/\::
:::::::::::::::,′: : :/ : : : : : : : : : : j: : :}/ : : : : / 〈: : :/::O::::O::'、::|: : : : |: : : 〈彡' : : | : : : .:/ :〈 : : : : \_/::::::::::::::
::::::::::::/ : : : 人 : : : : : : : : : : : :|: :〈: : : : : ┌──〈: : : : : : : : 〉┴ー ┴i : : |ミl: : : :| :::.::.::.i: : :| : : : : : : : : : ::::::::::::
:::::::::::i : : : ,' : ::::. : : : : : : : : : :│: :|::. : : : :.|:::::::::::::::〉: : : }ー=:〈::::::::::::::::::::| : : |,」 : : :.| :::.::.::.|: : :i : : : : : : : : : : ::::::::::
:::::::::::|: : : : : : : :ヽ : : : : : . : : : |: : ヽ : : : : |:::::::::/: : : : {: : : : \ ::::::::::: | : : |│ : : |: :: : : |: : :| : : : : : : : : : : : ::::::::
:::::::::::|: : /: : : : : :::\ : : : \ :│ : :i{\: : :| : :人 : : : : 人 : : : : :入 ::::::::| : : |│ : : l : : : ::j : : ! : : : : : : : : : : : ::::::::
:::::::::::|:.:/: : : : : : : ::/::\ : : : : :i: : :八 : ヽ |: /イ)\:/ : :\:_/ :∧:::::::| : : |│ : : | : : : /: .:八: : : : : : : : : : : : :::::::
:::::::::::|/: : : : : : :::::/: : : : ヽ : : :ヽ : : : ヽ : :j/ 「 ̄| 〈: : :丶: : : : : : :_.:ヽ:::| : : |│ : : |: :/: : /: ハ: : : : : : : : : : : :::::::
:::::::: /: : : : : : :::::/: : : : : : :ヽ : : :∨: : : :∨{(l [] | :\ : : :y<⌒ヽ:ヽベ、 : |│ : : ∨: : : : : : : : ', : : : : : : : : : : :::::::
:::::: ;′: : : : ..::::/: : : 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|: : : :i : : : : : : : : : : :::::::
::::::::: : : : : : ::::/: : : : `丁 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄丁: : : ::| : : : : : : : : : .:::::::::

だが・・・全ての人々が「特別仕立て」だったわけではない。
良心の呵責と精神的なプレッシャーに耐えられず、多くの党員が隊列から落伍していった。

そしてやる夫の身近な人間にも、そのうちの一人がいたのである。

783◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:27:38 ID:LkAmmJ6s0


ナジェージダ・スターリナの健康は今までも不安定だったが、この頃は特に安定を欠いていた。



         , -ー''''~~ ̄ ̄ ̄~~~`'''i
      ,、,_ .l  _,,,,, 、 -------、、_.l
      l, `i''''~           'l
     ,-'_-_ニニニ二二二二二二ニニニ_ー--、
      ,,-/   i  /   il'  l   、\~~~
     \l   l l  {.{   {{  .}}   l ., }
    ,.  l,  ,、'、i , ,,' `'''~ ' \_  / /ノ
 、  {.l  l  { ヽ'l l ll__,,,-     ./-'''~
 lヽ,_ `-`,/-,-''`''l.' ' '', ,   `'ー''.lノ ,-,'
 l,  ~~ /   ,_{ヽ、iー-、,,_  _,ノヽニ,~-7
 ,-'-、, ,,ノ    l `''l.7,'ー''~)~  .l  _ノ
  `ヽ、_(_ー-,   l ''''7ノ`  l   _>'-~
 i'''~`'''ー/-,l'ー-,_ l-''~l l\,,,ノ _,-,-`
 l    l  .l X l /  .l .l  l l. X l
../   , l  .l  l l,_ .l .l  _l.l  l
l  /  , l X .l  `''  '-'  l, X l


頭蓋骨の形態異常からくる片頭痛、心臓の欠陥による狭心症、
過去の中絶手術が原因と思われる強烈な腹痛・・・

784◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:27:57 ID:LkAmmJ6s0


肉体的なものだけではなかった。
農民暴動と内戦一歩手前の内政・・・その異常な緊張がクレムリン内にもみなぎり、周囲の精神的環境は悪化、
さらに慣れない子育てもあいまってナージャは急速にノイローゼを悪化させた。


   /:l'゙   ,r'゙ . : ;' : : : ; ,'   i; : : : : i i ; : ::::::i.'、
  / !   /. : : : i : : : ; ;i   、,_!l ; : : :,' l l; : : :,'::::゙;、
  '、 ゙、  ! : : : '; i ; : : ;_i!-'  ノブ''''''7'ナゥl: : ノ; ; ; ::',
   ',  ゙-;l : ; : : '; ';v‐'゙,,'_    r''フ''j=t:、ィノ/,':,': : :!
   ',   !、: ' ; ; : ;、)i゙l ,!;l'     l:r;'.;l:.} ゙' ゙: ゙_:': : :i
    i   ヾ、 ; ' 、;゙i  !l;.i:j     ,!,゙;;',ソ    '゙_,゙、 : :i--
  ,rー'、.  ノヾ>'‐;i゙', ゙‐'' ノ           '゙ ,!: : !
.,/   `‐、 ,/゙  |'、i '    __    u   ,、、-;' : : :',
゙      ゙>   /;,r゙':、    `~      /゙;:;: : ゙、: : : ゙
      ,r(,_,,ノ/: : : i゙'‐、_      ,、- ,'::;:i:;: : :`:、':,、
    / `''''ブ:/: ;、、 ':::::::i.,`'‐ッ:-:'':゙:  !::::;';:'、: : : :`:'
    ,r'_,ッッ'゙-‐-ッ'゙,;;,,`'-、'::i:::.._,i     i,、,'、::'、::. : : :
、 /゙´‐'゙´   /,,;;;;;;;;;;;;,,,~''rチv}_,,、-、 ,-'゙_,,>=-‐'''''‐
i゙'‐(      /,;;;;;;;;;;;;;;;;r'゙'=!'-{,)=ニ!ノ:、‐'゙,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

ナージャは他の「特別仕立ての人間」ほど、自分達の正義を信じられなかった。

785名無しのやる夫だお2012/11/12(月) 22:28:28 ID:BIxM3epU0
虐殺は歴史の常とはいえ
共産主義はなんかスケールが違う

786◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:28:48 ID:LkAmmJ6s0


仕事中毒で朝から晩まで働き、なにより人間的情緒に欠ける彼女の夫に、
家庭での癒しを求めるのは無理というものであった。


    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||      || ガチャ
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::|| ̄ ̄\ ||
 |:::::::::::::::|| ノ  ヽ_\
 |:::::::::::::::||●) (●) \
 |:::::::::::::::|| (_人_)    |
 |:::::::::::::::||___   /
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
   \ ::::||
    \||

787◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:29:05 ID:LkAmmJ6s0



                          |ll|                    |ll|
      [三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
      ||      |     ||         |ll|         ||    |      ||        |l|
      ||      |     ||         |ll|         ||    |      ||        |l|
      ||      |___||_____|ll|_____||__|      ||        |l|
      ||      | ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄ ̄ |ll| ̄ ̄ ̄ ̄ || ̄ ̄|      ||        |l|
      ||      |     ||         |ll|         ||    |      ||        |l|
      ||      |___||_____|ll|_____||__|      ||        |l|
      ||      | ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄ ̄ |ll| ̄ ̄ ̄ ̄ || ̄ ̄|      ||        |l|
      ||      |     ||         |ll|         ||    |      ||        |l|
      ||      |___||_____|ll|_____||__|      ||        |l|
      ||      | ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄ ̄ |ll| ̄ ̄ ̄ ̄ || ̄ ̄|      ||        |l|


                                     i ; . . . .i ; . . .,;r-;.i '; ; . . . .`.'.、.j' . . . . . ;. ! :
                                     .゙;', . .; :.i ; . :'゙. . .';i  '; ; . . ; . ; ,ソ; . . . . .,;:.:i :
                                      ';'、. '.;.:','、 、,,;、.;、'、 '、' ,、'‐'‐'<;、 , : : ;;::ノ; :
                                       `、.、 '、:.i-,i!゙ _ `    ´, 、   ゙Y  彡(. :
                                        `'゙-、,,'i,  i..;';      !:.;.i     ,r l :
                                            !゙'、 ';.;ソ    ';..ツ       ノ :
                                           i.゙;'i  '''' r    ゙゙゙    ,r:.:i゙; . .
                                ・・・・・・     __ ! ; ゙、,           ,、.'l:.i:.:.';゙'、,
                                        /゙  l ..;.ノ.`.-、,,_  。 _,,、-:':゙i:.:.:i:.i:.:.:`、_`
                                        !、__,,レシ{ :.:.:.:.:.i.i`:':'i゙´: :   !:.:.:i..i:.:.:.:.. .`
                                        `ー‐''i . ゙y;;;;,、:.:.)',;;;;;;!,    ,,!,;;;,,!,,';;;;;;;、
          ____
        /     \
       /  ─     \    テテテ・・・
        ' (●)       \
      (l、__)          | )))))
        ⌒´         /
       `l          \
        l           \

788◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:29:22 ID:LkAmmJ6s0


/    .:::::::;.'                        ヽ.\
    .:::::::/         l    , ト./ヘ  ヽ      ', ヽ、
   ..:::::_;;'         l    l l`"´ ',   i 、     i一''’
..::::::::/:::l        l |    | |   l l  | l  、 |.  !
ー'/::::::::::!        l l    l |   | l __l_j  }l  ,'
. /::::   /|  ',    __,l.-l=≡≡=ノ  ='"´!/` 〃 /
'    / l   \    . -┬ニj ̄`   ,zセk_,`/″ '
    ,.'   ! ヽヽー_, '´ _,.ゞr=f¬`    'l{:J ` ,.'_/
  イ      、 ミ三.  '彳{:し|        t,ソ_ {,ハ
//     /ヽi⌒ヽ.   ヽこノ_      ´   !  .ヽ、         ・・・・・・ねぇ、ちょっと。
/     /  t `ヽ    ´      ヽ    ノ  ヽ. \
     〃  ::`ー-‐:、       _,,.-   , ' l    丶ヽ      帰ってきたんなら
  ,. -'´    :::::i:(__)_,rト .        /:::: l、      } }     ただいまぐらい言ったらどうなの?
//       ::::::l::::O'、 い-、` -  .__/ニヽ:. l`ー-.、  〃
. /      .::::::::|::::::::::`'t  `ー--'⌒ヽ' ,┬'´:::...ヽ、  } {i




          ____
        /      \
       / ノ   ヽ、_    \
      /( ●)  ( ●)    \   (イラッ)
      |  (__人__)       |
       \ ` ⌒´       /
        /  ー‐      ヽ
       /            `

789◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:30:11 ID:LkAmmJ6s0


      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \     ・・・何なんだお、そのつっかかる言い方は。
 /  (●)  (●)  \    やる夫は朝から晩まで仕事で疲れてるんだお。
 |      (__人__)    |   それくらい察しろお。
 \      ` ⌒´   /



       \ /     ̄  ―-  _        \  /
         /     /    /ー-1 ` ―-  _  \ \/
          /  /  /    /   |     l  `>、\/ーァ
       l  |   |  、 |   |  /   l   l \ /
       l   l    l  \|    、l/    l   /  | \
       ヽ  t   ヽィ==      ===ミy  /  |ーr┘
         \ \ / /しハ       /しハ Y /┐ 卜┘
          \ fハ  l レリ:!     l レリ:!   ノ| l| |       疲れたらなんなのよ!!
           /∧ハ ゞ^'  ‘   ゞ^'   l  /  l/       帰ってきたんならただいまくらい
          // ゝ |   マ~ ⌒ヽ     ハイ    |        言いなさいよ!!
           | |   人   !    |   イ |     | /      私だって疲れてるわよ!!
         { | | /   `ト、 丶   ノ  /| 丶---キ
         `T"´ __ ノ  ≧ェ― イマー‐r'´ ̄ ヽ \__ ノ|
       |   l /    `T´ |」  /    /     \    /|
       ト---' /   r――-rヌrぅィ1-――┐     | -‐  /

790◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:30:26 ID:LkAmmJ6s0


       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_ \      そんなことしらねーお・・・
  / ノ(●)  (●)   \
  |  ⌒ (__人__)     |     やる夫は明日も仕事があるんだお。
  \     ` ⌒´    /



                 .(/               ヽ__.  )_/
                 (./  ,    ./ミYミヽ     、   l ヽ
.               (/  ./   //::::::::::::::i      i   ヽ }
              ({  . i   i .!:::::::::::::::i .i     i   <.    私だって忙しいわよ!
                i   !l    ! i    .i /.    i   f .}
            .|   ヾ¨`メ、ム   /ム.=キ'"゙´ノ .,  <.    勉強もあるし子育てだってあるのよ!
               .i川 > rラ.=゙、   ' ラ=ミ、、./  / <   }
                .ヽヽゞ `.ト(!)リ::::::::::::::ト(!)リ.’ヽ/ノ /<    なんでいつも自分のことだけなの!?
                .ヽf  ヘ .:ゞ‐':::::,.::::::::::ゞ‐'::.   r⌒Y .,,..)
                  ヽ  t   r‐-= 、           /'´ ヽ   なんでただいまぐらい言ってくれないのよ!!
     ト-、          `‐ヽ、  Y´  }     ∧‐<    ゝ_
     |  ヽ/ ̄\.       >、ヽ._丿  ,. ィ´     ,,._ / ヽ/´⌒ヽ/´⌒ヽ/´⌒ヽ/´
   ._,.-l_  .i   /\、._, -‐-、  r‐ゝ-- ''"´|‐‐vn、_γ'´  K           |
 <´   t ヽ -イ.   ヽ r   /"´ i     .i    1/  j         /⌒\
  >   _/ ̄.ト    \../ ̄`i/ |     .゙'>   r    く       l    /

791◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:31:16 ID:LkAmmJ6s0


      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |   そんなこと・・・今ここで怒鳴って言うことか・・・っ!
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿   やる夫は疲れてんだお・・・
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /


                /                      ヽ
                  /
              /                         i
                /       /    /ヾノヽ      ',     .|
            i    {   |    l    i       |   i  .|        そんなことってなによ!
            |    |   |    |    |    }   /
.              |      !   、|     {    }    ノ   /  ./         なにもしてくれないくせに!
               \    _\  厶≠ミ ヽ_j { /厶=ミ、  /   /
           _ _ \ i ヽ; 〃ん::ハ ゛     ん::ハ ㌧ /ヽ {          家庭のことには無関心なくせに!
.     _    //     ヽ{厶 i {{ 弋::ソ       弋::ソ j} /ヤ/ !      ヽ   スヴェトラーナを甘やかすだけで
.    /   {  {     ./ \_} ゛ ー     '   ー '" .//、  \      }i  子供の面倒なんてみてくれないじゃない!
    { {     \ \ _ _,ノ    八     r== ´ヘ ノ(  厶   `   \ _ _,ノノ _,ノ
    \\    >  , -‐─- 、ゝ、.   {{ _ ソ ⌒ イ_  -‐─ミ  ̄ ̄ ̄ ̄
     \  ̄ ̄   /     {   >  ¨¨´  イ  /       ヽ      /
       \     /    r──┴ 、  \≧=≦/  ./, -‐─┐   、      ̄
       _`ー  j    .|      \  \  /  /     |    }.   \_
      ≦_r''¨¨      .|       斥示ミV彡示ミ     .|    └─‐-、\

792◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:31:39 ID:LkAmmJ6s0


        .____
     ;/   ノ( \;
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;     なんでそんなことやる夫に言うんだお・・・!!!
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;
 ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;   子育ては母親の・・・っ!!!
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;


                /                      ヽ
                  /
              /                         i    -‐ ─ 、
                /       /    /ヾノヽ      ',     .| /       i
            i    {   |    l    i       |   i  .| /        ,'
            |    |   |    |    |    }   /  /        /
.              |      !   、|     {    }    ノ   /  ./|i       /        『母親の仕事』でしょ!
               \    _\  厶≠ミ ヽ_j { /厶=ミ、  /   /|l:、      /         もう聞き飽きたわ!!
           _ _ \ i ヽ; 〃ん::ハ ゛     ん::ハ ㌧ /ヽ |       /          いつもそればっかり!!
.     _    //     ヽ{厶 i {{ 弋::ソ       弋::ソ j} /ヤ/ j       /  ̄ ̄`ヽ
.    /   {  {     ./ \_} ゛ ー     '   ー '" ./ノ 广}     , //      |      じゃあ貴方にとって
    { {     \ \ _ _,ノ    八     r== ´ヘ ノ(  厶  /  \_  l/′     \    子供はなんなの!?
    \\    >  , -‐─- 、ゝ、.   {{ _ ソ ⌒ イ_ /_   _ /     //   ヽ    あの子たちはなんなのよ!!
     \  ̄ ̄   /     {   >  ¨¨´  イ ___/   l\.   /      /´    |
       \     /    r──┴ 、  \≧=≦/ ./   \ l  _ /       /      / l
       _`ー  j    .|      \  \  /  /    ー―く |      /      /  〉
      ≦_r''¨¨      .|       斥示ミV彡 .\  /      l、\、  /     /  |
         {         |      { {   }|{    入l   ―-  \__/      ./  /


                        / ̄ ̄\
                      /   「    \
       ____           |    ( ●)(●)
     /     \.          |  U     |│
   /         \         |     ___´__|
  /. u   (●)ili(●)\.       | u.  ´    }
  |    (トェェェェェェェェイ) |.       ヽ     u }
  \   \ェェェェェ/ /         ヽ     ノ
   前妻との子 ヤコフ        長男 ワシリー

    / ̄ ̄\             /  @ o  @ ヽ
  /  ─  ─\           Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
  /   (●) (●)ヽ         l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
 .|    (__人__) |         `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)
 .|  し  `⌒´  |          リ::::::( ( ●) (●)::(
 ヽ         /.          ハ::::ハ "   。 i )
 / ヽ       ノヽ           Y ヽ    イ' y
   養子 アルチョム        長女 スヴェトラーナ

793◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:32:26 ID:LkAmmJ6s0




          ____
        /ノ   ヽ、_\
      /( ○)}liil{(○)\
     /    (__人__)   \
     |   ヽ |!!il|!|!l| /   |      子供はすべて母親のものだ!!!!
     \    |ェェェェ|     /
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <





                               人
                        / ̄ ̄\   て
                      /  _ノ   \  (
       ____           |    (○) (O)
     /     \.          |  U .||   | |
   /         \         |   ノi ___´__}
  /. u   (ー)ili(ー)\.       | u. し' !   |
  |    (トェェェェェェェェイ) |.       ヽ   ´  ̄`}
  \   \ェェェェェ/ /         ヽ     ノ


    / ̄ ̄\             /  @ o  @ ヽ
  /  ─  ─\           Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
  /   (ー) (ー)ヽ         l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
 .|    (__人__) |         `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)
 .|  し  `⌒´  |          リ::::::( ( ●) (●)::(  ?
 ヽ         /.          ハ::::ハ "   。 i )
 / ヽ       ノヽ           Y ヽ    イ' y

794◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:33:20 ID:LkAmmJ6s0


家庭環境は最悪であった。やる夫とナージャは度々怒鳴り合いの喧嘩をするようになった。
たいていの場合は、ナージャの方が暴力的であった。


――――〈::::::!
:::::::::::::::::::::::|::::::!
:T¨ ̄ ̄ ̄ハ::::ハ_                ______
 ヽ::::::::::::::::::::::::::::ア`ー―――-- 、     /        \
::::::::::::::::::::::::::::::::/            ` ' <             \
:::::::::::、::::::::::::::::/                `メ、ノ            \
:::::::::::::\::::::/           ,. -―    .ヒ             \
:::::::::::::::::::/       _ , ィ ´        {-              |
:::::::::::::/ __,  -‐ ¨ ̄ , '  ヽ、      ,.ィ^ヽ              .|
:_,/ ̄!       /     ヽ    ,.人 `             /
     /    ,  '        }, ‐ '^(              /
 /「⌒ヘ--‐ '´     _ -‐ '´    /              \
{:|::::::!:::::::::}    ,. - ' ´
L|:::::|::::::::/  /
 7:::!::::::厶イ
../::/:::::∧f´
/!:::|::::::{ア


ひとしきり喚くと、やる夫はナージャに追い立てられるように逃げ惑った。

               \ ,,_人、ノヽ    ガン!!
                )ヽ    (
             - <       >─  ____
                )     て     /ノ   ヽ、_\
                 /^⌒`Y´^\ \/ ( ○)}liil{(○)
                _/ / ヽ   /     (__人__) \  ナージャ!やめろお!
               〈__/  . |  |  U  ヽ |!!il|!|!l| / |
                    /  .\     i⌒ェェ|   /   モノを投げるなお!
                   ./   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
               .__   r  /     |/ー、\   \
              ."ヽ |  i,        ノ   .\^   i
                .| ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
                .i /  //  ./
                .ヽ、_./ ./  /
                    ./ /
                  .ノ.^/
                  |_/

795◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:34:24 ID:LkAmmJ6s0


そんなとき、やる夫は浴室に閉じこもり、鍵をかけ、
ドアの向こう側で怒鳴り散らすナージャをやり過ごそうとするのであった。


____________________./
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..::..:|   ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  <   なによ!!なにが    >
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::|  <   子供は妻のものよ!! >
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      \: . :::|   VVVVVVVVVVVVVVVVV
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ノ   ヽ、_    .ヽ.:: |   ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;o゚(●)) (( ●))゚o  ヽ|  < あなたは我慢のならない人だわ!!        >
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| (__人__)'       i:|  < あなたなんかと暮らすことなんてできないわ!! >
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_`⌒´    .⌒ゞ'´|   VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~'/⌒/⌒/ /  |::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(つ/_/ /\ .|::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(____/   ヽ:|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /  /  / \  ._ノ|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(__(___):: ̄::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|

796◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:34:40 ID:LkAmmJ6s0


                /                      ヽ
                  /
              /                         i
                /       /    /ヾノヽ      ',     .|
            i    {   |    l    i       |   i  .|
            |    |   |    |    |    }   /
.              |      !   、|     {    }    ノ   /  ./
               \    _\  厶≠ミ ヽ_j { /厶=ミ、  /   /            あなたはそうやって
           _ _ \ i ヽ; 〃ん::ハ ゛     ん::ハ ㌧ /ヽ {             他人を苦しめるのよ!!
.     _    //     ヽ{厶 i {{ 弋::ソ       弋::ソ j} /ヤ/ !      ヽ
.    /   {  {     ./ \_} ゛ ー     '   ー '" .//、  \      }i
    { {     \ \ _ _,ノ    八     r== ´ヘ ノ(  厶   `   \ _ _,ノノ _,ノ
    \\    >  , -‐─- 、ゝ、.   {{ _ ソ ⌒ イ_  -‐─ミ  ̄ ̄ ̄ ̄
     \  ̄ ̄   /     {   >  ¨¨´  イ  /       ヽ      /
       \     /    r──┴ 、  \≧=≦/  ./, -‐─┐   、      ̄
       _`ー  j    .|      \  \  /  /     |    }.   \_
      ≦_r''¨¨      .|       斥示ミV彡示ミ     .|    └─‐-、\
         {         |      { {   }|{   } }      |         }


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::____::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::/   u \::::::::::::::::
::::::::::::::::::::/  /    \\:::::::::
:::::::::::::::/  し (○)  (○) \::::
::::::::::::::| ∪    (__人__)  J |::::::
::::::::::::::\  u   `⌒´   /:::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

797名無しのやる夫だお2012/11/12(月) 22:35:15 ID:4jpmTOjg0
悲惨だがどこの家庭も崩壊するときはだいたいこんな感じだな
やる夫の数少ない人間臭いエピソードが家庭崩壊とは

798◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:35:26 ID:LkAmmJ6s0


∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
そうやって私を苦しめて、           :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
              子供を苦しめて、  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV::::::∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::そしてソ連の全人民を苦しめているのよ!!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::____::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::/   u \::::::::::::::::
::::::::::::::::::::/  ノ    \\:::::::::
:::::::::::::::/  し (>)  (<) \::::ち、違う・・・
::::::::::::::| ∪    (__人__)  J |::::::
::::::::::::::\  u   `⌒´    /:::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

799名無しのやる夫だお2012/11/12(月) 22:35:47 ID:jIoPoqlA0
これは子供たちの情操教育においても不幸な環境だ

800◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:36:08 ID:LkAmmJ6s0


\__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
 ≫                                             ≪
≪    みんなあなたのせいよ!あなたのせいで殺されているのよ!         ≫
  ≫                                            ≪
/⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\


           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ    レ、レーニンは富農の絶滅を・・・
      / _ノ (>)三(<) \ `、   トロツキーだって歴史を動かすための
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )   テロルは正しいって・・・
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://    やる夫はただ・・・



\__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
 ≫                                             ≪
≪    あなたの出鱈目な政策のために大勢の人がしんでるんだわ!        ≫
  ≫                                            ≪
/⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\

801◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:37:17 ID:LkAmmJ6s0



        ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人__从人ノ
       <                             >
      <    ぜんぶあなたのせいよ!人殺し!        >
       <                             >
         Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒WY



          、-'""""''''=='、,_          , r''''""'ヽ、、,,,_         ,、-‐
        /          `'‐ 、       i' ヘ i⌒、____ 、\ _,,,、 ,、- '´-‐-,
        r'          ミ''- 、_ ヽ、   ,,i'´i , |i    \' `i,  `!r'''(´ /~
     、=''´           ヾ、ヾ '、<r-'~ヾ, i '! "'   r‐'_""`yヾ!ヽヾ,r'´
    /       、、=_‐''''ミヾ`  ミミ`\ヽヽ. \|   /i'´  ̄ヽ〉 '"; } i   \
   , '        ヽ; '7 , ;,、 、   ミ丶' 、ヽヽ ヽ、'、_. 〈. 人;,   \ ノ |  ‐+==
.   イ         ミ ! { {,'! ,ヽ      `ヾヽ / rヽ;‐`;;\     Yレヘ ∥
    |        ミミ、 丶''    ,   'i 、   } X´ ;;;;;''  ノ ノ}     i'''7´i +=
   ノ        `ヾミミ    ,   ゛ '  `   /´,, \  /ノ'ぅ |   ;.,'πヽ~"'''''''
 ;;;;'          \、、 r'!, t,,!` ,   ,,,,; /;;,,ー''"~フ''"フ'''f‐-;|    ;,'-=、,'_ ,,,;;;;
  ┐           `ヽ、 {:丶ヾ ' ___:;;;;/;;;'''' '´,  7 r'   |   ;;,'    `'''‐-
  -='_           ミミヽ_,,,、‐''";==ー‐‐'''''‐-'、,,,,,i、、{;;;;;;;;;;i  .;,'
   ̄っ、-‐、_            と´               |  ;,' ̄````'''''''=
"""""""""""`"゛'''''''''''''''''''''''''''''''´-‐‐‐‐''''''''''''''''''''''''''''''''''''','r'~´  ,''''''''''''''''''''''''''''''
                          _,,,、,_    / ,、  ,  i


       ____        ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
     /ノ   ヽ、_\     <                           >
   /( >)}liil{(<)\   <  やる夫のせいじゃない!!!        >
  /    (__人__) U \ <  全て中央委員会で決めたことだ!!!  >
  | し ヽ |!!il|!|!l| / u |  <  みんなが賛成したことなんだ!!!    >
  \    |ェェェェ|     /  <                           >
                   VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV

802◆J7qCZtZxmc2012/11/12(月) 22:38:09 ID:LkAmmJ6s0


後年やる夫は、英国首相チャーチルに対して
「あの頃が一番苦しかった。ヒトラーの侵略の方がまだマシだった」と述べている。



      ,r‐┐/)
      / ////>
    / イ └'´/
   ./  .\_.ンニニス_(\(ヽ
   /  .__...二つヽ、_(._'弋 \\
  (   /o゚(( ●)) (<)\`┘ ヽ\
   ヽ  .ヽ、 .(__人┌─‐' /   .ヽ、
    \ ヽ  ノ  (`¨乙二..__/ ノ
    . |    ` ⌒´    `ー‐- ィ'


国内の治安、支配体制、飢餓、そして家庭・・・すべてが限界と破滅に近づいていた。
そして、やる夫にとってのその日は、突如として訪れるのである・・・



【第二十九話 農業集団化 飢餓地獄と強迫神経症 終わり】
                                           第三十話 農業集団化 最期の日 に続く・・・

803名無しのやる夫だお2012/11/12(月) 22:39:25 ID:lOaDQGhY0


人間性を全て喪失することで完全な「赤い皇帝」が誕生するのか

804名無しのやる夫だお2012/11/12(月) 22:41:37 ID:s1pL7Xjk0
同志>>1乙です。
なんで崩壊してくれなかったんだろう。

805名無しのやる夫だお2012/11/12(月) 22:42:24 ID:BIxM3epU0
乙です
誰も幸せにならない話・・・・

806名無しのやる夫だお2012/11/12(月) 22:44:06 ID:jIoPoqlA0
乙でした

やる夫が猜疑心と被害妄想の塊になる地盤がいよいよ整ってきたな

807名無しのやる夫だお2012/11/12(月) 22:45:10 ID:s1pL7Xjk0
上に『ロシア人男性世界の終焉が近づいている』とあるw

808名無しのやる夫だお2012/11/12(月) 22:47:09 ID:nF9C73Kw0
乙です

もうだいぶお腹いっぱいなのにまだまだ続くんだよなこれ・・・

809名無しのやる夫だお2012/11/12(月) 22:48:17 ID:cFY8aPQQ0
乙です
最近読み始めたけど、ここまで自滅的な政策をとりながらよく1990年までソ連が持ったものだと

二昔前の学校の授業では、世界大恐慌を尻目にソ連は五カ年計画が順調に進んで
重工業国の仲間入りをしたと習ったけど、行間から事実を読み取ることは中高生には無理だった

810名無しのやる夫だお2012/11/12(月) 22:51:49 ID:lOaDQGhY0
赤軍大粛清と独ソ戦がまだまだ残ってるという恐ろしさ・・・・

811名無しのやる夫だお2012/11/12(月) 23:02:35 ID:UnZ9zhlw0
同志>>1Ура!
世界恐慌の影響ソ連も受けてたのね

812名無しのやる夫だお2012/11/12(月) 23:12:47 ID:g2s8Ppg60
悪政で追い詰められた者はその現実を否定する為に悪政を続けていく恐怖
〇〇の次代に産まれなくて良かったとか好きな言葉ではないが、この時代だけは勘弁な


813名無しのやる夫だお2012/11/12(月) 23:18:12 ID:gjbk.Fmg0
同志>>1Ура!
ここまでソ連がディストピアな国になるとは建国当初誰も思いもしなかっただろう

農村は文字通り『餓鬼が百鬼夜行する阿鼻叫喚の地獄絵図』だな

814名無しのやる夫だお2012/11/12(月) 23:51:17 ID:8G98OLGM0

最近、シベリア抑留の日本兵の話を本で読んで、相当悲惨な目にあった記録が沢山残っているんだが、
多分、やる夫にとってはあんなんでもマシな扱いにしたつもりだったんだろうな…
と、このスレのウクライナを見ると思うのです
 
交渉材料になって言う事聞く労働力の敵兵>>>>>>>>>>>>>>>>ウクライナの農民
 
みたいな感じで
まあ、時代が違うんで単純比較は出来ないんだけど

815名無しのやる夫だお2012/11/13(火) 00:20:28 ID:pIcNTffA0
同志>>1本日も乙。
当時の日本は満洲国を建国してたな・・・。日本も物騒な時期だったけどひでえもんだな。

質問です。ベリアとドイツ第三帝国が誇るラインハルト・ハイドリヒとどっちがヤバイと思うですか?

816名無しのやる夫だお2012/11/13(火) 00:51:05 ID:rQJZA3as0
共産主義の地獄から“開放”されるには革命しかないから、革命の火種は完全に刈られるよな

817名無しのやる夫だお2012/11/13(火) 04:31:07 ID:gc6FuMis0
乙でした
ソ連の歴史はよく知らないけど今回よりさらにひどくなるのか?

818名無しのやる夫だお2012/11/13(火) 07:03:24 ID:1uoawuXI0
>>777
地味にパラグアイ戦争の戦死者がひどいな、人口数百万人の国なのに。
確か周辺国全部を敵に回して、軍が壊滅した後もゲリラ戦が続いたんだっけ

819名無しのやる夫だお2012/11/13(火) 07:04:30 ID:ovTKy2pQ0
共産主義って結局、強力な権限を持った権力者以外全員が貧乏人になるってだけのシステムだよね

820名無しのやる夫だお2012/11/13(火) 07:09:20 ID:DaaGmkaI0
乙でした
当時は、恐慌によってアメリカですらも「革命の危機」が叫ばれていたようですね
それほど余所から見れば魅力的な体制だったものが、内情がこういうのであるとは

821名無しのやる夫だお2012/11/13(火) 07:16:31 ID:GxpQIiRo0
乙です
大躍進についてはほら、あの国「18世紀の時点で」四億人口がいるから……母数が……

>>817
これでもまだ相当マシな時期やねんで?

822名無しのやる夫だお2012/11/13(火) 11:49:05 ID:YQqKP8Ds0

理念先行のヤツはいつでもどこでも……

823名無しのやる夫だお2012/11/13(火) 12:47:36 ID:9dPScotc0
>>817
やる夫が死ぬ寸前までソビエトは常にクライマックスw
やる夫亡きあとのソヴィエトは正直ショボイ。共産主義は文革とポルポトでクライマックス。

でも鉄男より毛ちゃんの方が、国家的にも家庭的にも部下的にもひどい気が…

824名無しのやる夫だお2012/11/13(火) 13:12:37 ID:vNirmFMA0
スターリン亡き後の宇宙開発史はすごいから!!!!



元スレ
やる夫は赤い皇帝になるようです 第六次五カ年計画
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1335964526/







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。