ホーム

Admin

SITE MAP

Cut

Res

ブックマーク

RSS

MAIL

PageTop

PageBottom

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログパーツ Category: スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-)

2012/10/15(Mon) 20:22
851◆Xmxilj6xKU2012/10/13(土) 22:24:10 ID:u29nA8ys0





                解説編
                ̄ ̄ ̄ ̄




.

852◆Xmxilj6xKU2012/10/13(土) 22:24:34 ID:u29nA8ys0



        モディリアーニ、1916年について
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


                               ____
                             /      \
                            / ─    ─ \
                          /   (●)  (●)   \
                          |      (__人__)     |
                          \     ` ⌒´     /
                        ,. ‐'/ `<,ム,,、 _/´  ̄ く
                     ,. ‐'"./:::. ...... :::::o::::::"''"...:::::::..', `゙ヽ、
                  ,. ‐'"   /:::::. ::i:::::::   ::::...    :::::::::: i   / ̄ ̄`゛'' -、,
               ,. ‐'"    /   :::l    :::::o    .,:     l /: : : : : : : : : : : : : `ヽ
    _      ,. ‐'"      /::.  .:::::::./i:::::  ::::::::   ,,イ:::.   l/: : : : : : : : : : : : : : : : :
.-‐''"    ゛'' -、,,__     /::::::::  :::::/ i   :::::o::::: /  ........ :lヽ、: : : : : : : : : : : : : : :
               `ヽ/       /  /::::..     /   :::::::::::li  \: : : : : : : : : : : :
               /   ..::::::.. / ̄゛''-、,,     /      :/l    ゛''-、,,: : : : : : : :
            ,r ''"\   :::::::::/        ̄゛/::::::::.   :/ l        ゛'' ──
           (_   人_,,.-‐''"         /::::::::::::   :/ヽ,ノ
              し'              /     ..::::::/   \


.

853◆Xmxilj6xKU2012/10/13(土) 22:27:00 ID:u29nA8ys0



    ─────────────────────────────────────────
     1916年。

     7月、フランス現代美術展に参加。

     11月、竪琴とパレットに参加。

     画商であるレオポルド・ズボロフスキーと出会い、専属契約を結ぶ。

     ハンカ・ズボロフスカ、ルニア・チェホフスカとも知り合う。

     12月30日、18歳のジャンヌ・エビュテルヌと出会う。
    ─────────────────────────────────────────


      1916年夏、左からモディリアーニ、パブロ・ピカソ、アンドレ・サルモン。
      


      1916年、モンパルナス郵便局前。
      左からモディリアーニ、マックス・ジャコブ、(後ろ)アンドレ・サルモン、オルティス・デ・サラーテ。

      


      いずれの写真も撮影者はジャン・コクトー。



      記録によればモディリアーニの身長は5フィート6インチ(167cm)。

      普通もしくは、ちょい小柄か。

      ピカソは恐らく160cmあるかないか、某ミュージシャンと同じ位だろうと作者はにらんでいる。


.






854◆Xmxilj6xKU2012/10/13(土) 22:27:49 ID:u29nA8ys0



                                          -‐ '´ ̄ ̄ ̄`ヽ、
                                        / /" `ヽ ヽ   \
                                        //, '/     ヽハ  、 ヽ
        ねー、やらない子。                    〃 {_{ ヽ  ヽ、U リ| l │i|
                                       レ!小l(●) (● )从 |、i|
        最近、やる実は空気になってないかお?        .レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃|ノレノ
                                          ヽ、 ゝ._)  ノ//
                                          _rr‐`i - i´‐rr-、
                                        Y´//  {、  ,}  i !!: ヽ
                            (ニ~`ヽ、     /ヽ/|o`ニ{ ,'ニ´o!ヽ ノ \
                              (((_⊂>ヽ   /   ,'. ̄ヽ><ノ ̄:::Y/`  ヽ
                                 \  \ \  |::.:.:.:.::::Y^Y.:.:.::::::::|   /
                                  \  /\ ヽ:::::::::/  ..!::::::::::/__/
                                    ー     } ::.:::::\ ノ.:.::.:.:::|  |
                                          } :::::::::::::::::::::::::.:::|  |



         , ⌒ハ           ハ⌒ 、
        j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
        ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
        ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
        Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
           リ::::::( ( ●) (●::(
           .ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )
            ) ) )、    ̄ノくハ(       気のせいよ。
           ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、
           ,'  ノ    Y    ヽ
           l  λ ....  r――'' ̄ ̄7
          |!  ヽ (( \|!      /
           j::.l::.  ⌒ーァ|l      /^}
           |::.:.\:.   ||     ./_¨´


    戦争は長引き、パリっ子は度重なる空襲に脅かされ
     食品、日用品、燃料などは配給制で、ありとあらゆる物が不足し値上がりしていた。

    1916年は非常な寒冬だったが、小袋に包んだ石炭、これが一杯一杯であった。

    紙幣は信用されず、金貨と銀貨だけで市場が回っていた。


    だけど、この頃、文化的な催しも復活してきた。

    芸術家達は集合し、私設のグループ展を開いている。

    1916年7月、アンドレ・サルモンが企画の「フランス現代美術展」
     ピカソの「アヴィニヨンの娘たち」が初めて一般公開された。

    11月、オルティス・デ・サラーテ企画の「竪琴とパレット」。

    その会場と成ったのは、街の帽子屋や、とある芸術家のアトリエだったりする。

    これらは、パリは色々大変だけど今は自分達に出来る事をしようと云う愛国的なものだった。


.

855◆Xmxilj6xKU2012/10/13(土) 22:29:54 ID:u29nA8ys0



           , ⌒ハ           ハ⌒ 、
           j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
          ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
          ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
           Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
             リ::::::( ( ー) (●::(
         .    ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ))〉          さて・・・
              ) ) )、   nl^l^l (
             (,(.( ' ヘ  「   ノ:::))         1916年、アメデオ・モディリアーニ、32歳くらい。
             ノ/)`   ヾ ヽ く 、
              ,'   ノ    Y ヽ  \
              l: ( ......    .ヽ、_)
              .ヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ


          モディリアーニもグループ展に招待された。


          フランス現代美術展。

          ルオー、デ・キリコ、ドラン、マティスなど52人の芸術家が参加。

          モディリアーニも肖像画を3点を展示。


          竪琴とパレット。

          ピカソ、マティス、サラーテ、キスリングらが参加。

          エリック・サティと6人組が演奏会を開いた。

          詩人のサンドラール、コクトーがサティを讃える詩を朗読。

          キスリングがポール・ギヨームからモディリアーニの絵画14点
           アフリカ彫刻25点(モディリアーニの彫刻ではない)を借りてきて展示していた。



──────────────────────────────────────────────────

     フランス6人組(仏:Les Six)とは・・・

     20世紀前半フランスで活躍した作曲家の集団。単に「6人組」とも呼ばれる。

     全員で活動したのはたったの1回であった。

     ルイ・デュレ

     アルテュール・オネゲル

     ダリウス・ミヨー

     ジェルメーヌ・タイユフェール

     フランシス・プーランク

     ジョルジュ・オーリック


.

856◆Xmxilj6xKU2012/10/13(土) 22:31:02 ID:u29nA8ys0



           , ⌒ハ           ハ⌒ 、
          j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
          ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
          ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
          Yyノ ノ :ノ...:ノ_ノ  ヽ、 ::::::) ルリノ
             リ::::::(( ●)  (●) ::(
       .      ハ::::ハ⊂⊃、_, _ ァ  リ)
              ) ) )、    ノくハ(
             (,(.( ' ヘ   い ノ:::))
        ⊂⌒ヽ  )`   ヾ ソ ̄( ヽ  /⌒つ
          \  v ノ   Y    ヽ v  /


      モディリアーニは・・・

      竪琴とパレットで画商を名乗るズボロフスキーと知り合い。

      年末の12月30日にはジャンヌ・エビュテルヌに初めて出会っている。

      モディリアーニがジャンヌを描いた素描が残っている。

      素描には「ジャネット(ジャンヌ)へ、1916年12月30日」と書き込んであり。

      ジャンヌは素描を大切に保管していて、後に遺族に発見されたもの。

      二人が出会い付き合い始めたのは翌年の7月とされているが、実は1916年末には既に出会っていた。






.

857◆Xmxilj6xKU2012/10/13(土) 22:32:14 ID:u29nA8ys0



       , ⌒ハ           ハ⌒ 、
       j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
      ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
      ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
       Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
         リ::::::( ( ●) (●::(
     .    ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )        この頃、制作されたモディリアーニの作品について。
          ) ) )、    ̄ノくハ(
         (,(.( ' ヘ ∩ ノ ⊃
         /     ./ _ノ
         (.  \ / ./_ノ │
         \  “ /___|  |
     .      \/ ___ /



    「ロロット」モディアーニ作、1916年。
   

    「ヴィクトリア」モディアーニ作、1916年。
   

    「マルゲリータ」モディアーニ作、1916年。
   


    モディリアーニは芸術家や著名人の他にも、こうした名前だけしか解らない一般人女性も描いている。

    そこら辺を歩いていた女性をモデルに起用したのか。

    あるいは娼婦なのかもしれない。

    マルゲリータと云えばモディリアーニの姉と同名であるが、全くの別人。


.

858◆Xmxilj6xKU2012/10/13(土) 22:34:28 ID:u29nA8ys0



                                   -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        , ⌒ハ           ハ⌒ 、          / /" `ヽ ヽ  \
        j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i        //, '/     ヽハ  、 ヽ
       ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i        〃 {_{____,, ,,______ | l │ i|
       ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ       レ!小‐kz-   -ァ'从 |、i|
        Yyノ ノ :ノ...:ノ ____,, ,,__ ::::::) ルリノ         レ⊂⊃  、,  ⊂⊃ |ノ
          リ:::::::::( ‐kz-  -ァ'::(             ヽ、  =-   j /
      .    ハ::::ハ  ,,   、, リ) )              ヘ,、__, イ
           ) ) ) 、 ‐= ノくハ(          /ヽ::::|ヽ`ー'´,1ー:::ヽ、
          (,(.( ' ヘ   い ノ:::))          {  V:::::::::∨yヽ/::::::::/,1
          ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、           |ノ''::"::::::::::ヽ/::::::: r" |
           ,'   ノ    Y    Y          |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ |
           l: ( ......    .....  i           ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿|
           lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ           `|1::ー':::::::、:::::::::ー':__」



    「ジャック・リプシッツ夫婦」モディアーニ作、1916、1917年。

    


    ジャック・リプシッツと妻ベルトの肖像、モディリアーニの数少ない二人構成の作品。

    リプシッツはパリで活動していたユダヤ人彫刻家で、ロシア田舎の小さなユダヤ集落の出身。



    『1916年、私(リプシッツ)が画商ローゼンべ-ルと契約を結んだ頃、お金に少し余裕ありました。

     私は新婚で、妻と二人でモディリアーニに私達の肖像を描いてもらう事に決めました。

     「価格は一回のポーズで10フランそれと少しのアルコール、後はわかるでしょう」
      とモディリアーニは言いました。

     翌日やってきて一枚一枚、多くの下書きのエスキィスを描いたのですが
      何時もの様に仕事は早く、正確な筆でした、最後に結婚写真を参考にしたポーズに決定しました。

     翌日13時に古いカンヴァスと絵具を持ってやってきました、そしてポーズにかかりました。

     モディリアーニは黙って仕事をし、ときたま脇に置いてある酒壜(リプシッツの用意したワイン)
      をとって一口飲みました、ときどき立ち上がって絵とモデルを厳しい目で見比べました。

     夕方になって「完成したと思う」とモディリアーニは言いました。

     皆で二人の肖像を見ました、絵は実際に完成している様に見えました。

     しかし僅か10フランと云う小額で絵を手に入れる事に気が引けました
      たった一回のポーズで二人の肖像を描き上げてしまうとは考えられなかったのです。

     「もう少し続けてくれないか、絵に厚みがある方が好きなんだ」と頼みました。

     するとモディリアーニは「全部、台無しにして欲しいならもう少し続けてあげよう」と言いました。

     憶えている限りでは、それから二週間かかって私達の肖像を完成させたのです。』



    リプシッツは完成まで日当を払い続けて友人の貧乏画家を助けようと考えたが
     モディリアーニは半日で肖像画を仕上げてしまったと云うエピソード。

    どうしてモディアーニが完成したリプシッツ夫婦の肖像を、さらに描き続けたのかは謎であるが。

    結局、リプシッツは完成した肖像画よりも束になっている下書き素描の方を気に入った。

    ずっと後に成っての事であるが、リプシッツは自分の作品を買い戻す際に入用になり
     この肖像画を売りに出した(現在はアメリカにある)。


.

859◆Xmxilj6xKU2012/10/13(土) 22:36:13 ID:u29nA8ys0



         モディリアーニは絵を描くのが、とても早かったらしい。

         下書きをせずに行き成りカンヴァスに絵具をのせる事もあった。

         凄まじい集中力で、短時間で最後まで一気に仕上げたとか。

         これは筆運びに迷いがなく、絵に修正を加える事が無かったからとされる。

         一度刻んでしまえば、やり直せない彫刻制作の賜物ね。

         リプシッツの証言では、モディリアーニはお酒を飲みながら仕事をしている。

         酔っ払いながら絵を描いていたと云う有名な逸話ね
          同時代を生きていた人々はこれに否定的だけど。

         他の芸術仲間らもカフェテラスなどで即興で似顔絵を描くモディリアーニを目撃しているが
          どんなに酔っ払っても手だけは正確だったとも語る。


       , ⌒ハ           ハ⌒ 、
       j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
      ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
      ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
       Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
         リ::::::( ( ー) (ー::(
     .    ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )          ◆Xmxilj6xKUも、しょーもない言い訳を繰り返す前に
          ) ) )、    ̄ノくハ(           モディリアーニの制作スピードを見習うべきね。
         (,(.( ' ヘ   い ノ:::))
         ノ/)`   ヾ ソ ̄((
          ,'   ノ    Y    Y
          l: ( ......    .....  i
          lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ



                ,/.'´ ̄ ̄` ー- 、
               /   〃" `ヽ、 \ヽ
              / /  ハ/     \ハヘヘ
             | │ l |リ /   \ }_}ハヽ
             | |从 ( ●) (●)小N
           .   丶(|  ⊂⊃ 、_! ⊂⊃ノ
              \V j    'ー=-'  jノ        ・・・・・・・・・
              /⌒ヽヘ,、 __,  イ
             r ヽヽ:::::::|ヽ`ー'1ーヽ、
             |  V:::::::::::∨yヽ/:::: /,1
             ! ノ {:::::::::::::: ヽ/::::::::: y i
            .|⌒`'、_:::::::::::::::::::::::::::::::: } !
            {     ̄''ー=ム::::::::::: ィ. i
             ゝ-,,,_____)--,, /
               >:\__      ィ
               |ヽ:::::::::::::::::"'ー‐-'


.

860◆Xmxilj6xKU2012/10/13(土) 22:36:43 ID:u29nA8ys0



                      ヾヽ、 lヽ  ,、  }\
                   lヽ、ノヽ、}  ∨ `ヽ| \ノ  \
                 _ノ    `        \  \
                __|                    \
                \                   __  \
                 \                   `ヽ、\
                   }/   /""~~""\ /~~\      \ \
                  /   /       ll      \       \l
                 〃 / /          ノ      \  \  \
                 〃/  /    _ ノ゛,, ;、、、 '⌒ゝ、  ∨∨    )
                 レ{ ∧{   ::;;( ⌒ )::::ノヽ::::::( ⌒ );;::: ノノ∨∨
                  l { §    ´"''",       "''"´    ´  l
                  §\ 。    (    j    )       /
                    \ o   `ー-‐'´`ー-‐'′    ./
                   _ノ>'´小、   `ー―'´,),. /\イ
           _,.二ニ-‐フ´ / /!| \ ` ー --‐ , イl、 丶、ト、__
     ,ィニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     ||┌─────────────────── ─────────
     ||..|爻乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂
     ||..|爻イ只二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
     ||..|爻イ.|
     ||..|爻イ.|
     ||..|爻イ.|             モイズ・キスリングについて
     ||..|爻イ.|             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ||..|爻イ.|


.

861◆Xmxilj6xKU2012/10/13(土) 22:37:38 ID:u29nA8ys0



    ─────────────────────────────────────────
     モイズ・キスリング(Moise Kisling) 1891年1月22日 - 1953年4月29日。

     エコール・ド・パリ(パリ派)の画家。 ユダヤ人。

     ポーランドのクラクフにて仕立て屋の息子として生まれる。

     キスリングは、20代後半には画家として成功し、パリ派の陽気で面倒見の良いリーダーだった。
      「モンパルナスの帝王」とも呼ばれた。

     自殺したパスキン、アルコール中毒のユトリロなど破滅型のイメージの強い
      エコール・ド・パリの画家たちの中では珍しく幸福な生涯を送った画家である。
    ─────────────────────────────────────────



         モイズ・キスリング。
         

         


.

862◆Xmxilj6xKU2012/10/13(土) 22:38:24 ID:u29nA8ys0



モイズ・キスリング。

ポーランドの古都クラクフで1891年、決して裕福ではない仕立屋の息子として生まれる。

ユダヤ人に仕立て屋が多いのは、裁縫技術があればどの国でも食べていけるからなんだって。

クラクフは17世紀に首都がワルシャワに移されるまでの都で
 中世からユダヤ人が多く住む都市で、キスリングもやはりユダヤ人である。

当初は彫刻家をめざすが、美術学校入学時に彫刻科が定員一杯で入れず絵画科に転向。

学校を卒業し恩師の勧めで1910年、19歳でパリへ発つ。


.

863◆Xmxilj6xKU2012/10/13(土) 22:39:39 ID:u29nA8ys0



パリに着いて間も無く、新しい芸術を模索する芸術家が多く住む
 モンマルトルやモンパルナスに通うようになり前衛芸術家らと知り合う。

異邦人の画家達は助け合って生活をしており、パリに来て2年後、キスリングはホアン・グリスから譲られて
 後に有名になったモンマルトルの「洗濯船(バトー・ラヴォワール)」にアトリエを一時構える。

パリの新世代の芸術家達、特にキュビスト達との交流が盛んになりピカソやブラックを始めとする
 キュビスト達とスペインで数ヶ月過ごすなどするが、キスリングがキュビストとなる事はなかった。

初期のキスリングは後期印象派、セザンヌやポン=タヴェン派の影響の濃い作品を描いていたが
 やはりキュビズムを始めとする同時代の新しい芸術に影響を受けつつ、独自の画風を模索するようになる。



キスリングは陽気な性格で、好みは飲めや歌えやの乱痴気騒ぎや性的興奮。

病気知らずの健康体で、どんなに酔っ払ってどんなに夜遅く床に就いたとしても
 朝早くには目を覚まし12時間カンヴァスに向かい続けるタフネスを持っていた。

このようにボヘミアン生活を謳歌していた。


.

864◆Xmxilj6xKU2012/10/13(土) 22:41:30 ID:u29nA8ys0



1912年、初めてサロン・ドートンヌ展に初めて出品した事をきっかけに画商と契約。

1913年、モンパルナスのジョセフ・バラ街のアトリエに移る。

同年、同郷の芸術家と名誉を懸けてピストルとサーベルで決闘する(お互いに怪我して引き分けた)。

キスリングは単なる優男ではなく、こうした血の気も持っていた。

決闘事件は新聞に掲載されパリの芸術家達は熱狂した、キスリングは仲間内から英雄扱いを受ける。



1914年、第一次大戦の勃発した際にはフランス軍の外人部隊に志願。

戦争が布告された時、キスリングはオランダで長期休暇中だったが、直ぐさまパリに戻り義勇兵に志願。

軍服に身を包みラ・ロトンドに現れたキスリングを店の初代オーナーであるリビオンは抱擁し皆にシャンパンを振舞った。

前線で戦って胸に弾丸をもらい、マルセイユの病院で療養、兵役を解かれた。

その功績により1916年にフランス国籍を得る。

スペインで作品制作した後、1915年にパリに戻る。

戦死した友人の遺言により、25000フランの遺産を受け取った。

恵まれていたキスリングは不遇だった周囲の芸術家への援助も惜しまなかった。


.

865◆Xmxilj6xKU2012/10/13(土) 22:42:54 ID:u29nA8ys0



1916年、キスリングは結婚する。

お嫁さんのルネ・グロはフランス人で将校の娘で美大に通う画学生。

結婚式で酔っ払ったキスリングは貞節を誓う踊りを披露すると全裸でダンスした。

二人にはパーティー大好きと云う共通点があり、ジョセフ・バラ街のアパートにて度々祝宴が催された。

キスリングは愛妻家でもあり、ルネとは生涯通じたパートナーで夫婦は子宝にも恵まれた。



      キスリングとルネ(同じ髪型だ)。
      



1919年、ギャルリー・ドリュエにて個展を開催、好評を博し1920年代には画家として成功する。

28歳くらいでキスリングは画家として一人立ちした。


.

866◆Xmxilj6xKU2012/10/13(土) 22:44:27 ID:u29nA8ys0



モンパルナスの画家達は好景気に沸いた1920年代のパリで華やかに活躍するも
 大恐慌を機に徐々にパリを去っていく者もあった。

そんな中でも、キスリングは一貫してパリを拠点に活動を続けた。

だが、第二次大戦の勃発、ナチス・ドイツによってパリが陥落し
 ユダヤ人にとって安住の地では無くなり、1941年、キスリングはアメリカに亡命。



ニューヨークやハリウッドに居住、キスリングの明るい人柄や作品は
 アメリカの愛好家に歓迎され、各地で展覧会を開催する。

芸術活動の傍ら、画材や食料や衣類をかき集め船単位でパリの芸術家達へ送っていた。

1946年、終戦後にキスリングはパリに戻る

パリに戻ったその場で貧しい芸術家達に自分の財産を分け与えたとされる。

再びパリで活動し、キスリングのもとには芸能人や名士が集う様になる。

レジョン・ドヌール勲章を授与されるなどさらにその名声を高める。



1953年4月29日、南フランスヴァール県の港町サナリー・シュル・メールにて
 自身の個展の最中に心臓発作で倒れ、62年の生涯を終えた。

同県のラ・ヴァレット=デュ=ヴァールのラ・ヴァレット墓地に埋葬されている。



破滅的が代名詞のエコール・ド・パリの画家にしては、その一生は順風満帆、誰からも好かれ愛される人生だった。

これはキスリングの飾り気のない寛大な精神によるものが大きい。


.

867◆Xmxilj6xKU2012/10/13(土) 22:45:39 ID:u29nA8ys0



キスリングの自己紹介や絵のサインは姓だけだったりする。

モイズの名はモーセに由来するがキスリング本人は無神論者だったからとか
 もしくは名前だけでユダヤ人だとバレてしまうからとか。

特に若く美しい女性像の作品で知られる。



      「オランダ娘」モイズ・キスリング作、1922年。
      


      「花束」モイズ・キスリング作、1931年。
      


      「スウェーデンの少女、イングリットの肖像」モイズ・キスリング作、1932年。
      


      「女優アルレッティの裸像」モイズ・キスリング作、1933年。
      

.

868◆Xmxilj6xKU2012/10/13(土) 22:47:21 ID:u29nA8ys0



気難しく、孤立していて、いつも体調が悪そうで、作品が認められるまで時間が掛かったモディリアーニ。

温厚でユーモラス、社交家で、健康優良者で、早くに作品が認められたキスリング。

今現在では作品の価値は逆転している。

「モディリアーニの名は永遠に高まり続けてゆくのだろう」とキスリングは語る。

モディリアーニとキスリングは性格は正反対だが、固い友情で結ばれ大抵はツルんでいた。

二人が議論し決まってモディリアーニが喧嘩を売りキスリングと小競り合いするのはカフェの名物であった。

気前の良いキスリングはアトリエのないモディリアーニに自宅アトリエを貸していて
 必要なら自分の絵具を自由に使うのも許していた。



モディリアーニの作品について。

キスリングを多分3点くらい、ルネを2点、それぞれの肖像画を描いている。



    「モーイズ・キスリングの肖像」モディリアーニ作、1915年。
    

    「ルネ・キスリングの肖像」モディリアーニ作、1916年。
    



1916年に描かれたルネ・キスリングの肖像はモディリアーニからの結婚祝いみたいなものらしい。

気の強いルネと我の強いモディリアーニは仲が悪かったと云う話もあるが・・・

絵の中のルネは短く切りそろえた髪にスーツとタイの装い
 これはパリで流行りつつあったギャルソンヌ・スタイル(ギャルソンヌとは少年のような娘と云う意味)。

オシャレ上級者なルネは、その出で立ちから同性にモテていたらしい。


.

869◆Xmxilj6xKU2012/10/13(土) 22:47:49 ID:u29nA8ys0



          /: : : : : : : : : . : /        :' ;:    ミ   |
.          / : /: : :/ : : :彡/ . / . : : .   .: ;'       ミ }
        /://: :/ 彡 : : : / 彡/ 彡: : :ミ 、 ; :;   ミ
          ///: : / : : /. :__/. ::/ヽ:   |\:;       ミ  ′
.            /  /.://: 彡// /:/: :   ミト ;: 、   ミ     /
           / / /:/./┬く:|/ヽ     \|: :'_、 \    ミ/
          |  // {: :|: :ゞ<\ハ  /.: ̄: ,: \ }\⌒V
             l/  : :| : : : ≧く.:} / :.xくア二二ア | /.:}
               Ⅵ: .  . : ://  ヾ :' ;:     |_/.://
                ヾ: : : : : ://    ,: ;:     __//
               __ ::xxx ://    .: :' xxx   /:-イ
             /: : :.∧: : /厶イ__;      /  ハ               ジャン・コクトーについて
            /: : / ̄ ̄ ̄}l__}l:_:')    /}  : : :.               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.        _ .. -/: : : /   -―‐´┬\\.;     .: :|" / : : l\
_ .. -‐. : : : : : : : : : : : /   ______\;;>ヽ/.: :八/} : : |: :\
: : : : : : : : : : : /: : : : :/   ´      }l   l \_ソ: :   / : : : |: : : : :\
: : : : : : : : : : /: : : : :/    ー―― …ー 、_ソ: : :   / : : : : |: : : : : : :\
: : : : : : : : : /: : : : :/         _. - ―┘: :   /.: : : : :|: : : : : : : :
: : : : : : : : /: : : :_:/         Y´:ヽ/: : : :    /: : : : : : :|: : : : : : : : :
: : : : : : : /: /: |        . : / : : : : : :      / : : : : : : |: : : : : : : :
ヽ:. : : _/: : :|.     . : : :/         /: : : : : : : : :|: : : : : : : : :


.

870◆Xmxilj6xKU2012/10/13(土) 22:49:11 ID:u29nA8ys0



    ─────────────────────────────────────────
     ジャン・コクトー(Jean Cocteau) 1889年7月5日 - 1963年10月11日。

     フランスの芸術家(詩人、小説家、劇作家、評論家、画家、映画監督、脚本家)
      自身は中でも「詩人」と呼ばれることを望んだという。

     フランスのパリ近郊のメゾン=ラフィットに生まれる。

     同性愛者で阿片も常用していた。

     ダダやシュルレアリスムと相互影響はあったと考えられるが
      自身は直接は運動に参加せず、むしろ対立も多かった。
    ─────────────────────────────────────────



     ジャン・コクトー。
     

     左からコクトー、ジャン・マレー(映画俳優でコクトーの愛人)。
     


     晩年のコクトー。
     


.

871◆Xmxilj6xKU2012/10/13(土) 22:50:56 ID:u29nA8ys0



ジャンコクトー、20世紀のフランス芸術界の頂点にいた人物。

詩人、小説家、評論家、戯曲家、脚本家、バレエやオペラ制作者、映画監督、俳優
 楽器も演奏するし、器用に絵も描いたりする(大体どの分野の作品も有名)。

その芸術活動は多岐にわたり魔術師、軽業師、20の顔を持つ男、オーケストラ人間とも言われた。

コクトー曰く、様々な創作活動は自分の詩を表現する媒体らしい、特に詩人と呼ばれるのを好んだ。

美男子で、洋服の趣味も良い。


ピカソ、ストラヴィスキー、コレット、ボーボワール、ディアギレフ、ニジンスキー、ダリ、プルースト、ディオール
アポリネール、ミシア・セール、ラディゲ、シャネル、ジジ・ジャンメール、ローラン・プティ、サガン、チャップリン
ブラック、アンドレ・ロート、キスリング、モディリアニ、ジャコブ、サルモン、マシーン、ジャン・マレー。

その交友関係は広く、人脈も凄い。



1889年、コクトーはパリ郊外の街にて三番目の息子(末子)として生まれた。

裕福な家庭の御坊ちゃんで早くからサロン(金持ちのお茶会)に出入りし、そこで詩を詠んだりしていた。

文学活動にハマり過ぎて勉強を一切しなかったので大学受験に失敗、高校中退?した。

コクトーはパッと見た感じ高等遊民であるが、学校ではどうしようもない劣等生であった。

1909年、自費にて最初の詩集『アラディンのランプ』を発表する。


.

872◆Xmxilj6xKU2012/10/13(土) 22:52:47 ID:u29nA8ys0



1910年代、コクトーはディアギレフの率いるバレエ団バレエ・リュスで仕事をしていた。

バレエ関係者のツテで多くの人と知り合いに成った。



──────────────────────────────────────────────────

セルゲイ・ディアギレフ(Sergei Diaghilev)とは・・・

ロシアの芸術プロデューサー。

美術雑誌 『芸術世界』 の発起人や、バレエ・リュス(ロシア・バレエ団)の創設者として名高く
 数多くのバレエダンサーや振付家を育成するとともに、
  当時の名だたる作曲家に歴史に残るバレエ音楽の傑作を依嘱した。

ディアギレフは同性愛者で、まずはお尻の付き合いから始めようかってくらいの名うての男色家だった。



バレエ・リュス(Ballets Russes)とは・・・

セルゲイ・ディアギレフが主宰したバレエ団である。

「ロシア・バレエ団」とも呼ばれ、1909年にパリのシャトレ座で旗揚げをしてから
 ディアギレフ死去後の1929年に解散するまでの間、パリを中心として活動し、今日のモダンバレエの基礎を築いた。

集まった芸術家たちの気持ちは、ディアギレフを含め
 必ずしも一枚岩ではなかったとしてもバレエ・リュスは多くの芸術を遺した。

20世紀前半の舞踊・音楽・美術が、バレエ・リュスに結実した、と言うこともできよう。

今や伝説のバレエダンサーと成っているニジンスキーが舞踏していた。

──────────────────────────────────────────────────



1915年、コクトーはモンパルナスのピカソのアトリエを訪ねる。

ピカソはコクトーの才能に惚れこみ、芸術家仲間らに紹介した。

アポリネール、ジャコブ、キスリング、モディリアーニ・・・その他色々。

セーヌ右岸の芸術家で高級サロンの住人だったコクトーはピカソを通じて
 モンパルナスを根城にしていたボヘミアン達とも交流する様になる。

コクトーと同じく同性愛者で詩人だったマックス・ジャコブはモロに警戒していた。

「この若い男は、快活で金持ちで高級スーツを着ていて、皆を心配させたのだ」


.

873◆Xmxilj6xKU2012/10/13(土) 22:56:12 ID:u29nA8ys0



コクトーは第一次世界大戦中は従軍しており軍務休暇の間だけモンパルナスに戻って来ていた。

1917年、前年からピカソ、サティらと手がけたバレエ『パラード』初演。

台本:ジャン・コクトー、音楽:エリック・サティ、美術、衣装:パブロ・ピカソ。

パラードは従来のバレエの枠に収まらない
 奇抜な爆発劇で、一般大衆は野次を飛ばしたが芸術家達は拍手喝采した。

スキャンダラスとなり、コクトーの名は一躍パリを越え国外まで届いた。

ボスだったディアギレフは驚愕し、遂にコクトーに脱帽した。

1917年当時、コクトー28歳。



この同じ年、コクトーはジャコブの紹介で15歳のレイモン・ラディゲと知り合っている。


『彼は小柄で、蒼白く、近眼で、刈り方の下手な彼の髪は襟足まで垂れてまるでお小姓のようだった。

 彼は眩しそうに顔をしかめていた。

 歩くときは、鳥が飛び跳ね廻るようだった。

 彼には歩道がゴムで出来ているかのようだった。

 彼は、丸めて押し込んでいた学生用の手帳の小さな紙束をポケットからよく引っぱり出していた。

 彼はそれらを手のひらで皺をのばし、自分の巻いた煙草を気にしながら、ごく短いその詩を読もうとするのだった。

 彼はそれを眼に近々と押しつけていた。

 それらの詩は、僕が語っているこの時代のどんなものとも似ていなかった。

 それらはむしろその時代を否定しており、また、それ以前の何ものにも依存していなかった。』


コクトーはラディゲの才能を見抜き夢中に成った。

ラディゲを絶賛し猛プッシュすると共に、この少年を愛人にして尻を掘りまくっていた。

1923年、ラディゲは「肉体の悪魔」を出版して腸チフスで20歳で没し、夭折の天才と賛美された。

彼の早すぎる死は、コクトーを悲嘆に暮れさせ、その後10年に渡り阿片に溺れる事になる。



カルティエのトリニティリングはコクトーが愛しのラディゲに贈る為に
 自分がデザインし特注で作らせた物だと云う都市伝説がある(都市伝説であって事実ではない)。

しかし、このトリニティリングはコクトーが愛用していた事で、その人気に火が点いたのは事実らしい。

>>870参照、写真でも小指につけている。


.

874◆Xmxilj6xKU2012/10/13(土) 22:57:41 ID:u29nA8ys0



コクトーは同性愛者だったりする。


『男色者は男色者にすぐ気づく。

 ユダヤ人がユダヤ人に気づくように。

 仮面に隠れていても察しがつくのである。

 中略──

 私は常々、父は私と非常によく似ているので
  この重要な一点において異なっているとは考えられないと思ってきた。

 恐らく父は自分の性向に気づいていなかったのだろう。

 だからその坂を下っていくかわりに別の坂を
  なぜかくも人生が重荷なのかわからぬままに、苦労して上がっていったのだ。

 言葉の端々やふるまい、父という人の細々したあれこれから、父の嗜好は私には明らかに思われた。

 それを存分に花開かせる機会を父はついぞ持たなかったわけだが
  もし、自分にそんな嗜好があることを発見していたら、父は仰天しただろう。

 父の時代には、もっと些細な事でも人は自殺したものである。』


1898年、コクトーが8歳くらいの時に父ジョルジュはピストル自殺している。



1928年にコクトーは自身のホモセクシュアルを告白する「白書」を出版している。

匿名出版したが、後でコクトーが書いた物だとバレて話題になった。


自らを男色家と公言するコクトーは当然、男同士でホモホモするのだが。

その反面、何人かの女性とも交際して普通に関係を持っている。

コクトーの子を妊娠した女性もいる。


『1942年3月31日 火曜日

 (前略)ナタリーとぼくとの間の子供のことを考えている。

 生きていればあの子は10歳。

 生んでおくべきだったのだ(リュシアン・ルロンのもとで育てても)。

 あのときぼくはひどくおかしくなっていて・・・しかも盲目だった。

 ヴィニヨン街でナタリーの妊娠を知ったときのあの喜び。

 ナタリーが夫に告白してしまい、ルロンが子供を引き取ることを望んだときのぼくの苦悩。

 彼女が子を堕ろしてしまったときのぼくの怒り。

 ぼくはあのときサン=マンドリエにいた。

 彼女はジャン・デボルド宛の手紙で、私生児は産めないし、ジャン・コクトーとロマノフの混血を恐れるといっていた。

 母さんが狂わんばかりになり、ナタリーと脅えを共にし、その行為を是認したことをぼくは後で知った。

 その子とは離れ離れになってしまったが、もし今その子が手の届くところにいたら、ぼくはどうしているだろうか?

 ナタリーは今ニューヨークだ。

 ノエル・カワードの秘書と再婚したのだ。

 もしあの子が生きていて、ルロンのところにいたならと、その情景や出会いなどを今も想像している。

 詩人は孤独に身を捧げるもの。』


.

875◆Xmxilj6xKU2012/10/13(土) 22:58:55 ID:u29nA8ys0



1926年、シュルレアリスト達と激しく対立する。

1929年、阿片の療養の中で小説『恐るべき子供たち』を執筆。

1930年、ブニュエルの『黄金時代』などにも資金を出したド・ノアイユ子爵の資金で『詩人の血』を実質の初監督。

1934年、演劇『地獄の機械』を初演。

1936年、日本を訪れる。

1940年、エディット・ピアフのための演劇『Le Bel Indifferent』、この年に阿片から足を洗っている。

1945年、代表的映画作品『美女と野獣』を監督。

1955年、アカデミー・フランセーズ、ベルギー王立アカデミーの会員に選出された。

1960年、アンドレ・ブルトンの反対を受けながらも「詩人の王」に選ばれる。

1963年、病床で、親友でもあったエディット・ピアフの死を知り、その4時間後に亡くなった。



コクトーの何となくワケ解んない作風はシュルリアリスムと混同されがちだが
 実際はシュルレアリストとは対立関係にあった。

言うなればコクトーはコクトー派であった。

シュルリアリスムの法王であるアンドレ・ブルトンはコクトーを目の敵にしていた。

ブルトンが許せなかったのは、コクトーの何でも屋なところ、王子様気質、同性愛だった。

目の上のタンコブって感じ、コクトーと違いブルトンはケツの穴の小さい男だった。



──────────────────────────────────────────────────

アカデミー・フランセーズ(Acadmie Franaise)とは・・・

フランス翰林(かんりん)院。

フランス学士院(Institut de France)を構成する五つのアカデミーのうちもっとも古くて権威がある。

1635年に宰相リシュリューによりフランス語の保存と純化を目的として創設され
 「不滅の人」ともよばれる40名の終身会員により構成される。

物故者が出ると、立候補者のなかから全会員の投票で後継者を選定するが
 当代の代表的文人、学者が選ばれることが多い。


.

876◆Xmxilj6xKU2012/10/13(土) 23:03:19 ID:u29nA8ys0



モディリアーニの作品について。



>>873参照。

1916年、コクトーはバレエの仕事の合間を縫い、キスリングのアトリエにポーズをしに来ている。

モディリアーニにとって描くと云う行為はモデルと一対一の戦いであったが
 この作品では珍しくキスリングと競作している。

同じ時、同じ場所、同じ人を描いた作品。



       「ジャン・コクトーの肖像」モディリアーニ作、1916年。
       


       「アトリエに座ったジャン・コクトー」キスリング作、1916年。
       


キスリングは人物よりも風景を大きくとり、お上品に仕上げている。

対してモディリアーニは大胆にデフォルメして人物を描いている。



コクトーはモディリアーニが描いた肖像を悪魔的だと評し、見るのも嫌がった。

怒ったモディリアーニは金は受け取れないと言ったが、コクトーは払うと言った。

一悶着あった後、しぶしぶモディリアーニは、いくらかの金を受け取った。

肖像画はコクトーの物に成ったが、自宅まで手で持って帰るには大き過ぎて
 その時のコクトーは馬車代(タクシー代)も持ち合わせていなかった。

キスリンクはラ・ロトンドにツケがあって
 支配人に借金のカタにコクトーの肖像画を置いていっていいかと頼んだ。

キスリングのアトリエがあるジョセフ・バラ街のアパートは
 モンパルナスど真ん中の十字路から近く、すぐ傍にはラ・ロトンドがあった。

コクトーの肖像画は長いこと、ラ・ロトンドの店内に飾られたままになっていた。

コクトー軍務休暇を終え戦場に戻っている間に、何故か自分の肖像画は人手に渡りロンドンに送られ
 高い値が付けられて、また売られ、莫大な資産価値を生み、現在はアメリカにある。

その後、コクトーは齢を重ねると何だか肖像画に似てきた、と調子の良い事を言っている。



晩年のコクトーは愛人のジャン・マレーをはじめとして、男前な映画俳優を集めてハーレムを作っており
 その中にはジェラール・フィリップも居たとされるが・・・

ジェラール・フィリップはモンパルナスの灯(1958年)においてモディリアーニを演じている。


.

877◆Xmxilj6xKU2012/10/13(土) 23:03:57 ID:u29nA8ys0



                              .______________
                           .   |:::::::::::::::::::::::::::::::: ||:::::::::::::::::::::::::::::::: |
                           .   |:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::||:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|
                           .   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
                           .   |:::::!:::::::::::::::::::::!:::::||:::::!:::::::::::::::::::::!:::::|
                           .   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
            .          . '   _ 二二 _ .、:::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
                    /    /´ -‐…‐- .`\:::::::::::::|::[||||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|
                   /     /´    i   !`ヽト、:::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
            .    ,ヘ  ,'   i    !  !  | |i  |ハ i ヽ:::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
               /  ゝ!  ノ|  ! !::__!::ノ ´  ̄  i::.i |!:::::!:::::||:::::!:::::::::::::::::::::!:::::|
               \  .| .:i i :i i |´   一  ー  `!、ハ:!___|:::::||:::::|______|:::::|
                  `ヽi  从 i i | ニニミ    .ニニ !:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
            .       |  YハiハN  {r::リ`  ´{r::リ '::::N ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            .((     |  ヽゝ   ´´     ``ハ!`     ))
            .       |∧   Ⅵ!        ′ ,':::|
                  j/∧  _!::} 、   ⊂' ..イ:::::|
                  ///∧´ ∨  `  ,.... ィ´゙Y:::::|           キョロキョロ…
            .     /////∧ ヽ    {ト、∧ |::::::!
                 ,< ̄ ̄∧  } `ヽ  >''} { ̄`ヽ
            .    /   `ヽ:::::::::Y´ヽ      i´`∨::::∧
               /      ∨:::::| .:: !       i .:.: !::::/ i



                                 シモーヌ・ティルーについて
                                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


.

878◆Xmxilj6xKU2012/10/13(土) 23:05:37 ID:u29nA8ys0



    ─────────────────────────────────────────
     シモーヌ・ティルー。

     カナダの生まれ。

     表舞台には出ないがシモーヌという女性がいる。

     モディリアーニが1916年にベアトリスと別れ、1917年にジャンヌと付き合い始めるまでの
      その間の恋人とされる(シモーヌが勝手にそう思い込んでいただけなのかもしれないが)。

     1917年の終わり頃、シモーヌは妊娠し子供の父親はモディリアーニだと主張したが
      モディリアーニは否定した。

     1920年秋頃、シモーヌ、結核で病死。

     シモーヌが語る所のモディリアーニの息子は養子に出され、行方知れずとなった。

     一説によれば、モディリアーニはベアトリスにフラれた後
      失意の中で多くの女性と関係を持ったとされる、シモーヌもその内の一人だったのだろうか・・・
    ─────────────────────────────────────────


.

879◆Xmxilj6xKU2012/10/13(土) 23:07:53 ID:u29nA8ys0



シモーヌ・ティルー(ティローとも)はカナダからやってきた留学生で、パリのソルボンヌ大学に通っていた。

パリの叔母の家に同居していた。

シモーヌはカナダ人とフランス人のハーフでブロンド美人だったらしい。

学業のかたわらモンパルナスの画塾アカデミー・コラロッシでポーズをとり、多くの画家達のモデルになっていた。

時には画家に煙草やら絵具やらも買ってあげていた。

そして学費を使い込み、大学に行かなくなった。



1916年、ラ・ロトンドで友達とお茶をしている時にモディリアーニを見かけて一目惚れした。

モディリアーニが酔っ払って帰えろうとすると、シモーヌも一緒に後をついてきた。

シモーヌは家の中までついてきて、モディリアーニをベットに寝かし付けたりしていた。

泥酔したモディリアーニがドブにはまって、シモーヌが引きずり出していたと云う逸話もある。

そんな事を何度か繰り返し、ある夜、遂にシモーヌはモディリアーニと深い関係になった。

友人はシモーヌのやり方を非難したが、本人は真剣であった。


.

880◆Xmxilj6xKU2012/10/13(土) 23:10:21 ID:u29nA8ys0



シモーヌはゾッコンだったが、残念ながらモディリアーニはそうではなく。

気を惹くために洋服やらスカーフやら靴を貢いだが、やっぱりモディリアーニは取り合おうとはしなかった。

シモーヌはモディリアーニを男性と云うよりは芸術家として愛しており。

頼み込んで自分の肖像を描かせた。



       「カナダの女」モディリアーニ作、1916、1917年?
       

肖像画は1点だけだしカナダの女って・・・



モディリアーニとシモーヌがラ・ロトンドでお茶をしていると
 以前、付き合っていたベアトリスがイケメンにエスコートされて店内に入ってきた。

モディリアーニとベアトリスが鉢合わすと大喧嘩が始まり。

モディリアーニが投げた瓶が割れて、シモーヌは飛んできた破片で怪我をして危うく殺されかけた。

支配人が激怒してモディリアーニを追い出した。



余談だけど・・・>>858参照。

モディリアーニがリプシッツ夫婦の肖像を描いている時に、何故かシモーヌがリプシッツ家に飛び込んできた。

シモーヌが恐る恐るモディリアーニに触れると、モディリアーニは本気で怒った。

そして、リプシッツ夫婦の目の前でシモーヌを貶める様な事を言った。


.

881◆Xmxilj6xKU2012/10/13(土) 23:11:35 ID:u29nA8ys0



そんなこんなで、シモーヌはストーカーみたいになってしまった。

モディリアーニが居なくなると、大泣きして捜し回るのだった。

モディリアーニは女遊びをしたが、付き纏われるのは嫌いであった。



1917年末頃、シモーヌは妊娠した。

子供の父親はモディリアーニだと言い張ったが、モディリアーニ本人は必死で否定した。

「シモーヌが勝手に布団の中に入ってきたんだ」と否定していた?

シモーヌがしつこく食い下がるので、モディリアーニとの関係は一気に終わりを迎えた。



シモーヌには、有名人や金持ちの追っかけで誰にでも肌を許す女性と云う評判があった。

モディリアーニいきつけのイタリア食堂の女店主ロザリーの息子が
 シモーヌが掛け金代わりにモディリアーニを差し出すと言った話を立ち聞きしてしまったとか。

芸術家仲間の布団にシモーヌが潜り込むのをモディリアーニが目撃したと云う話もある。


.

882◆Xmxilj6xKU2012/10/13(土) 23:12:43 ID:u29nA8ys0



狂言でも何でもなく、シモーヌは1918年に男の子を出産した。

シモーヌの生んだ子の父親がモディリアーニであるか、否かは
 同時代を生きていた人々の間でも意見が割れている。

モディリアーニと親しかったルニア・チェホフスカは、子供の父親は絶対にモディリアーニではないと断言し。

シモーヌと親しかったトーラは、シモーヌはブルジョワの生まれで身持ちは固かったと言った。



1919年。

父親知れずの子供を産み、叔母に見放され、家も追い出された。

生活の為にシモーヌは看護師として働いていた。

母一人子一人で息子は託児所に預けなければならなかった。

息子の端正な顔立ちを見て父親だと確信したとか、一目会いに来てくださいとか
 温情を求める手紙をモディリアーニに書き送っている。

この頃、シモーヌは結核を患っていた。


.

883◆Xmxilj6xKU2012/10/13(土) 23:14:26 ID:u29nA8ys0



1920年の晩秋。

死期を悟ったシモーヌはトーラを呼んだ。

死の床でシモーヌはモディリアーニとの思い出をトーラに語り聞かせた。

モディリアーニと同じ病に罹ったと結核を告白した。

息子の名前をアメデオに改名したがっていた。

友人のトーラに息子を托した。

その後、シモーヌは恐ろしくなるくらい喀血し、苦しみ抜いた末に絶命した。

彼女が亡くなった時、息子は2歳になるかならないくらい。

セルジュ・ジュラールと云う名前で、ブロンドの母親にソックリの可愛らしい男の子だったが、瞳だけは黒色だった。

トーラは子供を育てる約束したが
 シモーヌの親戚から出生を明かさぬ事を条件に、あるフランス人夫婦に養子に出す事を勧められた。

先行きの見えない不安から結局トーラはこの提案を呑み、養子に出してしまった。

その後、フランス人夫婦に不和が訪れ離婚すると、子供は孤児院だか修道院だかに送られ消息不明となった。



これらはトーラ・クリンコシュトロームの証言によるものだが
 1920年よりもずっと後、この数十年後にトーラが述懐し、どっかの伝記作家に手紙で送ったもの。

誇張されている可能性もあり、納得しかねる。

シモーヌがモディリアーニに恋した事は、それこそ人生が狂ってしまう程の大きな出来事だったが。

母親と同じく幸薄い運命を辿った、この息子についても恐らく写真一枚残ってはいないだろう。


.

884◆Xmxilj6xKU2012/10/13(土) 23:14:56 ID:u29nA8ys0



                      以上、それではここらで・・・
                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



              ____________________
              ||
              ||          解説終了
              ||
              ||          待て次回
              ||
              ||    -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
              ||_ / /" `ヽ ヽ  \ _________|
               //, '/     ヽハ  、 ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               〃 {_{ ⌒   ⌒ リ| l │ i|
               レ!小l( ●) (●)从 |、i|
               レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ/
                ヽ、  ゝ._)   j //|
             /⌒ヽ:::: ヘ,、 __, イ____| |
            / 丶∧::| 丶 `ニ´ 彡// :厶|∧
            {/  丶ヘ|     ノ / |:/ (こ ハ
            /       }ヽ、 ∧ /  'x┴〈 }_ゝ、
           /         \∨ ∨  /  ニⅣ }  )
          〈       _ノ∧ 厶=7  ,.-、) 人ノ
           }⌒ヽ     `<__,>イ  |__ノ| |/∨
           /   ヘ   /  │  丶ノ.| |   \
          ./    ヽ      \__/ | |    ノ
         /       >'"⌒\ 〃⌒\| ト、__/
         |     /      V     ヽ| │


.

885名無しのやる夫だお2012/10/13(土) 23:21:31 ID:tACeF6r.0
乙でしたm(__)m
アカギは誰の役やってんのかなぁと思ったら、ジャン・コクトーとは……。
そういえば、ジャン・コクトーだったんだよなぁ。
「相撲はバランスの奇跡」と言ったの。

886名無しのやる夫だお2012/10/13(土) 23:36:38 ID:sghdnFFA0

やる夫と翠星石は出会って半年で交際か、翠星石はやる夫の女性関係についてどう思ってたのだろうな
それとギャル夫は亡命しているのにも関わらず悲壮感が全くないのが凄い

887名無しのやる夫だお2012/10/13(土) 23:46:08 ID:ON.5/bUI0

やる夫アーニの人生がワイルドになり過ぎてAAで表現するのが怖くなってくるなw

888名無しのやる夫だお2012/10/15(月) 05:39:39 ID:J5XeJG/.0
乙でした
コクトーかあ……



元スレ
街灯の下で躍るのはやる夫 4
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1324814011/









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。