ホーム

Admin

SITE MAP

Cut

Res

ブックマーク

RSS

MAIL

PageTop

PageBottom

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログパーツ Category: スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-)

2012/07/17(Tue) 22:30
666◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:00:36 ID:rNoeRtm20



滾る計画化への情熱と狂騒。
揺れるネップ。
そして同志やる夫はテーブルをひっくり返した。
___  __________
      ∨
    ,,,,,,,,,,,    ||    ||   ,,,,,,,,,
   [,,|,,,★,|,]   ||    ||   [,|,★,,,|,]    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ( ´∀`)  目    目  (・∀・ ) <  今やすべてが覆されようと
   ( つ  )つ       ⊂ NKVD,)  | していたのだ。
  ┃レ __   | ̄ ̄ ̄ ̄ | ___,ノ┃ | ソ連はどうなるのか?
  ┗━┳┳\ | ̄ ̄ ̄ ̄|,/━┳┳┛ | ネップを守ろうとする人々は?
      ┃┃   |_____,,|   ┃┃   | では、本編にいこう。

667◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:01:31 ID:rNoeRtm20



       第二十五話 スターリン革命






アクセスカウンター
カラコンワンデーマップビルダー結婚指輪メール配信ペットグッズ
668◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:02:09 ID:rNoeRtm20


東の果ての、湖沼と大平原、タイガの大国ロシアは、
常にその後進性からの脱却を渇望しつつ、苦しんだ歴史を持つ。


: : : : : : : : : : : : : : : : : ; ;_:_; : : : : : : : : : : : : : : : : : :._:.;;''".._:.::;;:':.:. ..        ..:...:..:::.:::;;:;:;';:
: : : : : : : : : : : : : : :_ :,.,.;::.:.;:'':':';:''":"´: :: : : : : :_,..:''""`..:.;:;:':::.:.. . .      ....:...:....:.';;..:.:'.';;:::.::
: : : : : : :_,.,.,;::;::.:::.:::;;:;:;:;:;':':':'"´: : : : : : : : : : : :..,;,:.:゙'"..:.:'.';;:.:;. :..      . . . ....:...:..:::.::;:;:;;';':':'
: :_,.,.,;::;::.:::.:::;;:;:;:;:;':':':'"´: : : : : : : : : : : : :..,;,:.:゙'"..:.:'.';;:.:;. :..      . . . ....:...:..:::.::;:;:;;';':':':'"´
"..:.:::;:;:::;';':::':'"´ : . : : . : : . : : . : : . : :...:.:'"..:.:;;:;.:. ..,._'     ....:...:...:.:.:::.:::.:::;:;:;':':':'"´: :.._;_:,.; ._,:..
:'''´: : . : : : . : : . : : . : : . : : . : : .''""゙゙´_,.,.::;;;' : : .: : . :..:.:.:..::.::::::;;:;:;';:':':':'" : .__,.,;:"''':;';:::: .:::;'": : .
. : : . : : . : : . : : . : : . : : . : : . : :_.:_ _;::': . : :.  ....::.:::;;;:';':'':'"´: : `_,.,...::.':'"...:.:::;;:;:;';:;':';;:''"´.. : : .. :
. . . . . . . . . . . . . .__,.,:::;':;';'"` .. . ..:.:.:;:;;':':'"´ .  _.,..:''"、:.:::.:::;;:;:;';';':''':'"´. : . : . : . : . ::
 . . . . . . . . ._..,...;'"´...:.:.:::.:::;;:;:';':':':'"´. . . . .,.,.;'::':"".`""''''"´ . . . . . . : : . :
. . . . .    _,;::."'..:.:.:::.:::;;:;:;:;';::':':'"´ `´        . . . . . . . . . . . . . . . .. . . . ,.,:::
     ._,. :.':"...:.:::;:;';':':::':'"´                         ,, ,.,.;,;::::,:::::;''" ..:.::;':;
  _.....:;;:;:;::';::':':'"´                        .,_.,::;:':''"゙"゙゙'..:::::.::;::;:::;:::;:;';';:::';'::'''"
 ` ´ ...:.,.._                        .., . . .,;:;':"...:::::.;:;:';'"'''` .;:;'、;':'":'"  . .
,.,:'".,:::;:':;'' .                . .,.,.;'::':"".`""''''"´ . . . . . . : : . :
';'::'''"                              ;、.x,,;..v、     , -─'゙7´ ̄ ̄ハ─r‐
    、v,..v、                     :w爻爻爻彡v、./ /.:: .::./....::/ ,::'.ソ;:::
─'ー;;ミ゙'爻爻ミ;..─'ー ッ淼k ー─---xw‐ーー;、x,v、;爻ミミ爻炎彡ミx;: -─: ッ淼w ー ywv、‐ー
゙':;ゞ;爻彡炎炎;ゞ;∠二ヽ,....:;~'' ,;: ; :; ::..::::y爻爻ミ゙'爻ゞ炎炎彡ミメ゙';ヾ: ;:; ';: ;:; 'ヾ淡炎ミミx:;'
'' ;~ ;^::;”v:";y;''゚  ; ::;y  ; ::; : ;:; '',;: ;:; ;~''^"''^”v:";v ; ::; : ;:; ;~ ;y ::; : ;:; 'ミ゙': ;: ',;:; ;~'',;'':; ;
";: ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; : ;:; ;~'',;' ' : ;:; ;~ ; ::; ;~'',;''  ; : ; ::; :;~'',;:; ,”v:": ;:; ';v:'';'' ;~'',;'
:  ;:; ;~ ;  :; ;~ ',;''   ; : ; ::  :; ~'' ,;: ; : ;: ;  : ;:; ; ~'',;'   ;:;   '゚ ":;;;: :  ;  : ;:
:;   . ;: ; ; '', ;' ' .;~' ', ;'  '゚ ".  .  ;;  :  ;   : ; : ;:   . ; :; ;~ ;  :; ;~  ',
 :  ; .'  :   ; .     ;  .  ; ' :  '  ;~  ',  . .  . '  :   '',  ; ' '  ;  '

669◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:02:54 ID:rNoeRtm20


広大なロシアの大地に散らばった東スラヴ人たちは長らく統一国家を持たず、
氏族ごとに散らばってそれぞれの縄張りを作り、衝突を繰り返していた。



            ∧,,∧     ∧,,∧
    ∧ ∧    (    )    ( ・ω・)
   (ω・ )     (  U)     ( つ日ノ   ∧,,∧
   | U       u-u       u-u     ( uω)
    u-u                    (∩∩)

        ∧,,∧      ∩ ∧_∧
        (・ω・')    ⊂⌒( ・ω・)   <統一国家?はいはいワロスワロス
       ⊂∪∪⊃      `ヽ_∩∩


マーマー ∧,,∧  ∧,,∧   カッテニヤッテロ
 ∧∧(´・ω・)(・ω・`)∧∧
(´・ω・)  U) (U とノ(ω・` )  オレハカンケイナイ
|し U∧∧    ∧∧と ノ
 u-u( ・ω・)=つ);:)ω・`)
    (っ ≡つ=つ⊂⊂)
    ( /∪ バババ∪ ̄\_)
     オラオラ!!

670◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:04:04 ID:rNoeRtm20


13世紀、多数の小国と都市勢力がひしめくなか、モンゴル帝国の侵略によってロシアは制圧される。
これよりロシアは東スラヴ人ではなく、モンゴルによって支配されることとなった。



     l'´ ̄`l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`l
    |   | u                |
    |   |     ヽ      /       |
     |  :J |   ●  ヽ----/   ●  |
...   |   |         ヽ  /       |   あー、
.    |   |           ヽ/       |
.     |   |                J   |   やっぱスラヴ人のしまりはいいわー。
..   |   |                      |
    |  \               __    ト、
   ミ    \  ,.ミ'´ ̄ ̄``    `ヽ、| |
((  ミ   ミ  \'         、    ヽ|          力
   ミ、  ミ    \           i.     ゙、           勹
   |   ミ、 ,'                l
    L.___|_ l                l {    -─- 、
      |    l    -、         ヽ   ,. '´       ヽ         【モンゴルに支配されるロシアの図】
     |     !       ヽ         ヽ ,.'        ,、  ヽ
    ./´ ̄`V      ,ヽ、          ,' ,'  ; ,.  ,: , ハ :, , i
    / 、  |      /  、`ー     ノ! ; : ; /_'/./_/  Li_l  !
   ./   i   |       /   ヽ   ヽ 〃 /  | ;:「 ____...    リjリ
   !.     !     /     ヽ   {{ / (`| il| __..   ` ̄lノ i Σ
   `ー‐ゝ、 '    /      ヽ___,.-‐'"⌒゙| !| °,,,  ,  ̄/,: ハ
       `ー--‐'     ,. -‐'"´     リi从_   、 '''ノ_:_ノ ヽ
   力          /"ー─------<二/  ´ヽ、-<r"/,ー、 丿
     勹      { 〈                )、 Y  `ゝ(_/_/./'
             } `ー----------─一--‐'´ ̄´



いわゆる、「タタールの軛」である。

671◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:04:32 ID:rNoeRtm20


モンゴル帝国が崩壊しても、キプチャク・ハン国としてその支配は長く続いた。
ばらばらだった東スラヴ人は、一つにまとまることを知らなかったからである。

ロシアはその後進性のゆえに250年間をタタールの隷属の時代として過ごしたのだった。


       __
      |・∀・|ノ  よい
     ./|__┐
       /  調子
    """"""""""""""


         .__
       ((ヽ|・∀・|ノ  しょっと
         |__| ))
          | |
          調子
    """""""""""""""""
                 lヽ,,lヽ lヽ,,lヽ  lヽ,,lヽ lヽ,,lヽ  lヽ,,lヽ lヽ,,lヽ
                 (    )(    )(    )(    )(    )(    )   ははーッ
                 と.、   iと.、   iと.、   iと.、   iと.、   iと.、   i
                  しーJ  しーJ しーJ しーJ  しーJ しーJ

672◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:05:24 ID:rNoeRtm20


ポーランドがヤギェウォ朝に入り栄華を極めようとしていた時、
フランス王国が巨大な権勢を得ようとしていた時、イタリアでルネッサンスが起きた時、
オスマン帝国が中東をその版図に加えようとしていた時、、
ロシアは依然として東方の蛮族として、世界史の片隅に追いやられていたのである。



          _Y_
            r'。∧。y.
         ゝ∨ノ      ロシアが                 ,,,ィf...,,,__
          )~~(          落ちぶれている間に   _,,.∠/゙`'''t-nヾ ̄"'''=ー-.....,,,
         ,i   i,                        ,z'"    ̄ ̄ /n゙゙''''ー--...
         ,i>   <i     文明はどんどん発達し    r”^ヽ      く:::::|::|:::〔〕〔〕
         i>   <i.     ていく・・・・・・。      入_,..ノ ℃      ̄U ̄_二ニ=
`=.,,ー- ...,,,__  |,r'''"7ヽ、|  __,,,... -ー,,.='             >ーz-,,,...--,‐,‐;;:'''""~
  ~''':x.,,  ~"|{ G ゝG }|"~  ,,z:''"                     ___
      ~"'=| ゝ、.3 _ノ |=''"~      <ー<>         /  l ̄ ̄\
        .|))    ((|        / ̄ ゙̄i;:、      「 ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| ̄ ̄ ̄\
             ))|       r'´ ̄「中] ̄`ヾv、   `-◎──────◎一'
                   ├―┤=├―┤ |li:,
                   |「 ̄ |i ̄i|「.//||「ln|:;
                   ||//__|L_」||__.||l」u|:;
                   |ニ⊃|  |⊂ニ| || ,|/
                   |_. └ー┘ ._| ||/
                   ヘ 「 ̄ ̄ ̄| /

673◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:06:10 ID:rNoeRtm20


ロシアをその後進性から脱却させ、世界史における重大な役割を与えようとした最初の偉人こそが、
初代全ルーシのツァーリ、イヴァン雷帝その人である。


                 _,.ィ'三三二ニ二三ミー 、、
               ,ィ'´ィィィィ彡三ニエニ二三ミミヽ
              ,ィf//ィ'ィ'ィ'ィ'/ィシ' ``ヾヽミミミヽミミヽ
              ノィ'//,'イ///,イ!lj/    l|lトミミミtゝ、ミ'、
            //イ{|{lh{lilililil|l| |i,'       li八ミヾ`ヽヽミ':、
                ハ{{{N、',',',、{((li| |l   ,.........||_!l|l|lトトゝミヽ丶、
                !|l{lトi、',ミミミ','ji|l|l!:||:.i /:.:.,:'ィリftiミkjljljlj|j|トミミミ≧ュ、、
                、ヾミミヽヽ',',}}l|:.||: | ,':.:.: ``lF彡ト'リl|l|l|l|lト、liトミ三ミミヽ
                ハ',',}}}iトN|}|ljj|:.|!  !:.:..  |l {l|l{lリハトl|l|、}〉|  `ヾヽヽ
.             ハリトミ',W八リノツ'.:.リ ,..、   |l  |トトWl|l|l|lNjljl|    ヾソ}
.             {{{{{lリハリllツノ/.:.:/: '―'    '、.:リト、{{、',NNhト、    ノリ′
           ,)}W/}}リノ,イ:,、'_____,.メィリj}j>、{((NトV、  ,イjリ
.             イノリ//ハ}l//イ/` ―----― ´ /リノハノハトミヾミミミゝ、/ノ/
             //イノハリノイノトi{、`:.:.‐;,-;,‐.:.:´ イツノ八トミミト`ヾヽ、ミ{{{/ー- 、
             {{{i{i{i{(({i{i{i|l|l|リハトi、,イi{,,,}iト、ィツ{fリイ ハliliトミヾヽ',iトミヾWト、  ヽ
          ,})})}lトiトl|l|l|l|| `ツノリ{{{M}}lリィfイヾ! LlLlレ‐=ミ)}lト}|l|liヾ'、ヽ、
       、__,.ノィメイト'、',',lililili|::..'´,ンiメ!ルイl/lイ八`/ {´ ̄/   W!,リリハ ヾミ、i}
       `ニ彡'´ 'リ ヾ',lNi|l:.:.:、 ´jツ ヾ'  / ,':: '、::/    ヾミ彡小、_, リ
   , - 、_,. -'´ / /|   ヾ',W  :.    / '  ,'::  ∨      X` ,ノ   '′
‐ '´     /  ,':|     ',iリ      .::ノ   /:::  /      ∧`ー-、
      /   /:::|      }ト、     /    ,':::: /        ∧、   丶、__
     /     /::::::|   ,ノノヾ、ヽ      /:: //:``丶、     ∧ヽ、
   /       /.:.:.:.:l  ,ィツ′ 丶、    ノ::./ /:::::::::::::::::::::`丶、 ∧ ヽ、
 /      , ':.  -‐|=彡'    /^ヽヽ   .:.:. /ノ::::        〈丶、ヘ  \
'´       , '::    |       ./:::::::丶',     //          ',  \〉
、_,,.. -― /:::       |      /::::   ヾ!   ,'/           l
´      /::::       |     /     .ヽ  ,'             l
     /:::::.       .|   /        '、,'              l―- 、、_
                   イヴァン・ザ・テリブル
                   イ ヴ ァ ン 雷 帝

674◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:07:26 ID:rNoeRtm20


イヴァン雷帝はバラバラに散らばっていたロシアの封建諸侯や大貴族に対し、
容赦ない弾圧と粛清を用いて強制的に統合していった。

    /             ヽ
    |  い ど 罰 正    |
    |  い う. な. 直.  |
    |  ん で ん      |
    |  だ も か       〈
    |              ∧|
    ヽ           / `
,. -= '"´\_____/   _,. -―- 、_
:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``<彡彡三ミヾ三≧、、
:.:/:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:ヾ_彡=ニ三ミヾ三三ミー、、
/:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:./:.:.:   : /:.:.:.:.:.:.:.:./7}ィ彡三ミミヾ彡三三ミ
:.:.:.:.:.:.:.:/.:..../:.:.: :  /:.:.:.:.:.:.:,イイ!ィ彡彡イ三ミヾ彡三三
:.:.:.:.:.:.:/.:.../:.:.:.:..   ,':.:  .:.:./ |:.:/イノィノィイ三テzミ'、'三三、
:.:.:.:.:.:/:.../:.:.:.:.:.:.:.:....   .:/  ∨//イ/ィ彡ア/ ̄ `ヾミヾミ
:ッ‐<:.:/:.:.:.:.:./:.:.:ィ:..:  ./、__  ∨//イ´ ,:'´     ゙!ト'、
' ,ニ7/|:.:.:.:.:/|:.:/l|:.:.:.../=ミ^il..:.ノ,イ/ / /         |l|li
/'´ j/ ,!:.:.:./ ,':/ l|!:.:.:,ム/dリ゙':.,'ノ//工メ、、      リ!l|l
,. -/ ,!:.:./u// ハ:.:/`゙'='  ∨ノ、tッリ`ヾ':.:.:.:.:.ィ==/..jl|l
::::/ //  l/  ∨ ι    ヾ:/`三シ''" | /ィtfiメy'リノ!
∨ '´  ι       u    丶      !l:.:`'テラf//イ
     u      ,ィニ、  、-‐ '      |:.:.:/:.ノ八{{|
  ι      /`ー-;`>‐'′        ',:.:,リ'ノノノハl|l
、         イヽ::::::::/ノハィ '、__     --彳'////八lノ
 丶、       ト-t__/八リ{、  丶``===ァ,イノノイ////f{
  ::::\      `ー―t Wリハ'、丶、`二二´イシイノノムfイ |l|
   :::::::::丶、   ―r'  ソノノルリfrゞテrッチ/イ/ノ//|i{ |l!
、  :::::::,. -‐`>-- '―<´ノイツイlノjイjノノ////ハ{ ,ノヘ ,jリ
丶、 /  /       \/{{八,イfr彡∧ムヾ、  /´
  ヾ'、 /          ∨リ  j/ ̄   ̄`ヽ  {!
    ヽ/  見  そ  君  ∨ /        ヽ '、_
     |   た  れ  が  |./   単  た  |
'、    .|   い  で.      |/.    純  だ  |
∧   |   ん  死            に      |
::∧   |   だ  ぬ             :       .|
::::∧ /:!   よ  の      ∧     :       .|
::::::::∨ ヽ     を     / ヽ         /
::::::::∧  \_____/    \____/

675◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:08:38 ID:rNoeRtm20


恐怖と暴虐の君主イヴァン雷帝は、長らく分裂と争いを続けていた未開の民族東スラヴ人に統一支配を授けた。


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────
    ┃

        来たりて我等を征服せよ。我等は我等で我等を支配できないが故に。

                                    ―― 原初年代記 ――
                                                       ┃
                     ─────━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                i|l   Ⅵ}!:ili. il州i|!li:ili:i:i:ili| i l|洲:'{:::{{、::::ヽ.  \
                }:j   ':小:ilil:i:洲!i|!li:ili:i:i:iリiリ:l|洲i !i:iハ丶、丶、. ヽ.,__
`:.、    . .. :.:.:.:.:.;=-l:{―--}:iい洲:i洲|!|洲li:i:l/:イ :l|洲i; Ⅵ:':、 ` ー―≠=ミー=≦三 ̄ ` 丶.__
.:.::::ヽ . :. :.:.:.:.イ´ zr:!|==ミノ:リ_ }州i洲|!|洲li:i/洲ili洲ili{{ ヾ: :丶._      `ー―-ミ._≦ニ=≠一- ._,.ノ
. :.::::::':,  .r' ':. :r'´ {::||(・) リ:i{㍉州:|:i:i:}:|!li:ili/洲洲{{洲|乂_`'≦: ニ=ー-<´ ̄ ` ー-ミ辷≠≦二三___
. :.:.:::::::,  '    ミ≧=}}==ニiリ‐彳洲i:i:リli:ilⅣ洲il|}}叭il:{ハ  ̄ ̄ ̄ ¨ ー‐-ミ丶、              ̄`ヾ
. : .: :::::; :    `  ̄ ヘ.  〃 リ洲i:i:/洲 {洲i|l|リヘ:i':.乂_`ー― - . , _       丶:丶
. : : ::::::i i          ヘ. {:{ /:洲:i:/li:洲 !i洲ⅣiハⅦ洲`::...、 ー-ミjl`ヽ     ヾ:::\-ミ
. .: .: ::::| !        Ⅵ! .'洲l:il/li:il洲 Ⅶi:i洲洲Ⅵ:i洲:ilハ   Yiい      丶:::ヽ. ` ー- 、
 .:..:.::::i |         }iⅣililil:i/li:洲洲! Ⅵi:i洲洲Ⅵ:i洲}{ミゞ..,_乂_廴__    ヾ::: ':..    丶
    : i          Ⅶ!:i:i:jイli洲洲小. Ⅵi:i洲洲Ⅵi:il小. ヽ ー―――-ミ:.、   \:::': 、    \
   .:l  '           Ⅶ:i:/:'∨!洲i|ililiヾ. Ⅵi:i洲洲Ⅵl:i:i:iヽ、 丶         ヾヽ    `'ー≠、
    ;   '.         |:i:i:{ :i:∧!洲洲洲:i }i:i:i洲洲}}:i:洲ヾ:_‘ー―-..、     ':ハ        \
                    {:i叭 :'li小!li洲洲li|: .i|li|洲洲il|洲洲lili卞ー- ミヽ      }::}          ヽ
                  Ⅷiハ;州ilハli洲洲l|: .|i:i:i洲洲i|:i:洲洲小.丶  }iリ     .':リ          ':
   ` ー‐ ´        乂i:i:ヽ!洲洲洲洲 i !i:i 洲洲i|:i:洲i|洲ili'.  ヽ i'′r≠彡イ             i
、__             r:州ト、小.洲洲洲洲i{{i:i:i洲洲:ハ:洲洲洲 ::,   !{   i::'´             ノ
ー-ニ==ニ==‐一 ´,,.ィ州liリ i:Ⅵ}j洲洲洲li| ハi:i:i洲洲i:l:i洲i洲洲li  ノヘ  l′            r ´
              ,.イ洲if´:' l :}li; Ⅶ洲洲洲:i{i:i:i洲洲i:l:i{{ハ!i|lil洲|     |               i
;≡≠=‐‐≠一  r:i州ili利 . 八:|il|. |!洲洲洲i:小il洲洲i:il:小.{{|lil洲i     八
li|l||||l|lilf´  ,,,...イ:ji|洲:八.:'    州 :{{:i洲洲洲 : i洲洲洲洲}}Ⅷ洲 }      ヾ
洲州 iリi|:il|i'ifi|州リjl洲{:.:.:′   ':i:リ:八;洲洲洲 l !|: .洲洲洲i|{Ⅶiliリ         )
洲州i|{ !il|州!洲洲:i|从:.:.;   /:i:i:i/  ヾli洲洲 i |洲洲洲洲从Ⅵ:イ


そしてイヴァン雷帝の望みはまさしく、広大な辺境のロシアをして
西方の文明世界に匹敵する大国へとのし上げることであったのだ。

ロシアは、彼のもとで生まれ変わろうとしていた。

676◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:09:22 ID:rNoeRtm20


しかし、イヴァン雷帝と言えど後進的なロシアの風土を完全に作り変えることはできなかった。
この一大事業はさしもの彼の手にも余ったのである。



            _ ,, .... ,,、__
            /ィ彡彡彡'三三≧、
             fr'ノィ//r''^`ミミミミミヽミミヽ
         ソノ八l  雷   ヽ!l|l|lトトゝミ
         〃 {_ノ    `ヽ!l|l|lトトゝミ
         li':./ノ●    ● ト'リl|l|l|l|lト  にょろーん
         川|l  、_,、_,   |l{lリハトl|l|、}
         l|i /⌒l,     リ}}iliリト、',ミ
.         /::|  ̄|ソ/ハツノノWl::::::::ヽ
         |;:::|  l ヽ000/ l::::::::::::|


             1584年、没

いくら粛清を繰り返しても、「大ロシア」という崇高な理念を理解せず、
己が利益を優先するような浅はかな貴族たちを一掃することはついにできなかった。

677◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:10:34 ID:rNoeRtm20


結局彼の死後、ロシアは再び分裂と衰退の時期にはいる。

ツァーリの地位を巡る貴族たちの覇権争い、それに乗じたポーランドとスウェーデンの侵攻、
統一ロシアは弱体化し、遠く東の果ての内陸地帯へと押し込められていった。



   \      ☆
             |     ☆       【内紛】
      コノヤロー  ⌒ヽ   /    ボカ
    \  (´⌒  ⌒  ⌒ヾ   /
      ('⌒ ;     ⌒ ::⌒ )      ボカ
     (´  (              ::: ) /
  ☆─ (´⌒;:    ::⌒`) :;  )
     (⌒::   ::          )  )  ::⌒ )
    / (       ゝ  ヾ      )
                                   、_人_从_人__/
                                   _)
 ,..r;;:  (  人)  ) ,;`ー、          | ヽ丶       _) 消  ロ
 ヾゞ、  ゞ'´   '`´   `ヾ、     ─|─           _) 毒   シ
          -‐':、ゞ'``  ,l      / | ヽ            _) だ  ア
ヾ、 ゞ;;.  ,r-、   `ヾ、    ヽ、                   _)  l   は
, rヾ    ,r!/r'ヽ    '`      \      _|_      _) っ
   _,,,.,ノ、_ ヽ,       `ゞ;;    ;:、    /|        `) !
,r‐'''" ,.r ,イ彡ミミヾ、      ``  ´;;i             V^V⌒W^Y⌒
__,.;;,ィ'´ ,:;;;;彳彡ミ;j`、        `i;:、      オ
;; ヾ、彡;;;ノリ;jjjjj;;;jr' i   . ノ;;:'' `゙`、 ``ー、                   ,ィ
彡冫;;il;;;ミ;;;;;y;レ  ,t'´           ,.、ー、  ゝ     ォ             i|l;  【ポーランドの侵攻】
;'イ;;;'ヾ``ヽ、ィ;;i ,ri'´    ヽ ヾノ ,ry' il'Y゙r    ヽ、            ,j|l;;
j'´ '´ '´/ゞ';;::`´ヽ    ``´ー  ゙i ;;: ,r'      )  ,r、       ,rヾlir'ミ,
  / ,;:' '´/ ー≡;i{、      /ヾr'´  ,.   '`;;:、 〉ゝ  r-ー-、_ ,{i=i= }i、
ーr-、j ,! ,;',;'ィ;;:イ''``ゞ、_,、-‐'´ヽ:;/ 、 ``ヽ  ;:、 `' (´  `ゞ、;;;;'',,fi、,≡:;イ==、
,,:'  ``ゞ、,;;ゞ、 "´イ ,... `'彡 ,/´  `ヾ、ヾ   '    ー、  ii;j `i;;!'´ニil';;;;ゞr、_,r'ミ
'   ー‐─ ,rー'゙ー─-、_j;:r'´     ヾ,ゞ         、 ゞ,ミ;:l;;l  ,!  ,!,i;;'´¨/

        \                / 〃  _,ァ---‐一ヘヽ      .../  【スウェーデンの侵攻】
         \               i  /;;;;;;;;;;     リ}      ../
           \.                |   〉;;;;;;;;-‐ノ  '''ー {! ∧__T _ ,,,r -r-T‐-、
            \            |   |;;;;;;; ‐ー  くー |"~。 r *o:*::f:::r:::..l. |
   ::::::::::::::       \    __,-,,-、  ___ヤヽリ;;;;;   ,r "_,,>、 ゚'}::::::::*o;;;ro ot _f_ヽ丿
   ::::::::┃二\     _\__/| | l |ヾ-"~  ヽ_」;;;;;  ト‐=‐ァ' !,,..-v--'''''''"V"~~ ┴
   :::::::┃. \\  l⌒l二|-l ..uUU""l----' ''ゝi、   ` `二´' 丿:::::::::::::::|
   :::::::┃-=-`9|、  "~ ...| ヽ  l ̄”/:::: __.、__|`'' ー--‐f '´:::::::::::::::::::|  < 野蛮な東スラヴ人はすっこんでろ
  ::::::::::┃ヽ _ ヽ      |  |  / ..,-" //| ;;   ::::  ;; l l ` ;  ::::::|
  :::::::::::┃i".ヾ, |      ..| /  |  / ;; | | l   ;;;;  _//  `;; 、::|
   ::::::::┃||" /l___     | /   | /  l; | |   "~-""~ //     `,
   ::::_/|\:~/| |   . |/   |/-   /|.|       //  ;; ;;   `,


しかし、内憂外患によって苦しめられるロシアを救うべく、
そして、かつて比類なき野望を夢見たイヴァン雷帝の遺志を継ぐべく、一人の男がロシアの歴史に登場する。

678◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:11:27 ID:rNoeRtm20


ロシアのインペラートル、ピョートル一世(大帝)その人である。


  ,ィ、 ,、    /    l ヽ                    /
  ,'i ヽ' ヽ  ./  .    l  ヽ   ,/´^v'^、         /
 ,'.l .ト ヽ、V,'    _,,、'-‐''" ̄/  , -、'、 '、        |
 . l  .l \ \r''"´/ィ、ヽ   / ./ __ヽl、 '、       |   知らなかったのか・・・?
 --、 ヽ `ヽ、ヽ'"/ l ヽ.ヽ、,,/ /./´__ヽ.l ヽ,,l _,、-''´ハ |
   l\ ヽ、  `"´    `-r" / /__ ヽl,/'、ヽ  ノ ,l  |   全ルーシのツァーリからは
 ー┴-ヽ ヽ─---  、. . 'v' //ヽヽ l''"7ヽ l/,イl  l
 ::::::::::::::::::l l`"''ー---=-、、.l 'イ .O.l::/   ヽ,、-'"/ l__.ィ \、逃げられない・・・!!!
 :l ̄`ヽ:::::l !  /::r==--、、l:::ヽノ;/___   //l l ヽv'::\__  ._/
 ::l ‐ッ、ヽ、 '、 fl:.:.`、ー┴'-ヲ:::::: K‐Ξー--'7r'"_l_l__」/::::/   //
 ,ハ  l ヽ ヽ'、 l.|:.:'"''  '"''":.:.:: ,,.l、`'亠'::::l /__:::::::::::::::::::::/
 /ハ 'vr"^/イ!`i.|.r' ,     _r'_,,:::..l `" ':,'/, /:::::::::__,/
 / ハ ヽ ,'i l.| l.l'"''  ,r''"、、 `''"^ヽ 、il/l'イ/ ̄ ̄
 ,/ ヽ .ヽ,'.l l.| l |  ,:'  ,r-----、" l ,/ lハ/
   /,ヘ、,' l l|  l|、,,   ;'   ̄二 '  '.,ハ l l
  / ///,' l || ||//ヽ、,,ィ  ,ィ1"''ヽ /l l l |ヽ
 / /// ,' l .l | ll// /ヾィr'1l l  l.lヾイl .l l lヽ\
  /// .,' .l .| | l|// / i l l.| l   l l l l .'、.'、'、 ヾ\
 /// ,' .| l | l.|l l l l .| l| i l  l l |.ト '、 '、ト、 ヾ\
 "''ー、l .l! l | l | ! l l.|  l  l  l l |.l'、 '、 '、ヽ  ヾ\
 ::::::::::::l .l .l | | l.|l l l | l .|.  |  l l l |ヽ ヽ ヽヽ  ヽ\._
 :::::::::: l l| .| l .l l| l  .l .l l |  l  l l |、ヽ  ヽ ヽヽr'" ̄`ヽ、-───、'''"
 `ー''"l l | l | l .l l | l l . l .l .l l ; lヽ、ヽ   ヽ ̄::: ̄ヽ  ヽ_,,、-‐'''"l:::::
   く;;l l l l | ll l  l l l l l .l l l、lr:::ヽ ヽ   ヽ::::::::::ノ   ,ノ____/::::::::
      初代ロシア皇帝 ピョートル大帝


彼こそは、イヴァン雷帝がその礎を築き、果たすことのできなかった大ロシア事業を完成させる人物であった。

679◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:12:32 ID:rNoeRtm20


ピョートル大帝は狂信的な西欧化と富国強兵を、狂信的な急進さで推し進め、
彼の治世の間にロシアは異常な速さで近代国家としての基礎を整えていった。

                                  ,ィ
                                /、l
                                  {、〈
                      、    ,、r、´ヽ /l /ミ/
                        〉ミ! r、/{。、!个 /l l 、/           ___
                           {彡=!,.ィェト'゚ミォliミ/- '      _ ,...-―=-, ,... >
                         `ヾ=ト ,{ -‐ヽli l|ヾ,_,..-x-'''´:::::ヽゝ>´∧/
                           ///li||i|lミ|i |i::/二/::::::::::,-´ー_,> ''´  〉
                           _/// li|,i l ||i l|/三/,イ!/`- レ'      /
                _  ,.........:::::::::::∨///::li//,イi ,l|{-〈/_,/          /
             < <__,..-- 、:::::::::////:}、:l/イ:l i l |,-/、 l´`ー、_       、ヽ
              / `ヽ、_l { /イ-////:.:.:./´:.:.:| i | r-,-,/ / , }__     \
                {  _    ////:.:.:.:.l:.:.,: -|i l |、-' ト-'_ノ_ノ, }   `ヽ、  /
                 〉'  _   ,///:./:.:.:l:.´:.:.:.:| i | |:.: ー-、__ ノ | |    ヾl  }
          ,ィl   ヽ/     l //:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.l i ,.イ´ ̄lヽ l\ ,| |      ', \
        _ l |  l´     l//\:.:.:.:.l:.:.:.:/l | /   .|  | j`| | /    ∧  ‘,
       /,ニ ソ-'l  }ー '''´ /l从.  \/:./  | レ     |  | | .| |'    /∧
       {' r-‐'、 l ̄ヽ ー--/      `´    l/     |  、 V /    /∨∧
        ` ´二..y ヽ! |  イ    ',         /   /   ヽ'_l__/l  ∨∧
        / ̄ヽ  l l.   |      ,        /   /    ゙、.       |   ∨∧
       ,'   \! ,イ   l   ヽ  、      /   /     l      |   ∨∧
        /     ∨ /   .|    、        /   /        ',      |.    ∨∧
      /      .∨_/- ´'|      、      /   /        !    |     ∨
    /               .|            /   /        |     .!     ∨

ロシアは彼によって作られ、彼によって始まったとも言われる。

680◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:13:21 ID:rNoeRtm20


彼は近代化の為にありとあらゆるものを犠牲にした。
伝統、慣習、文化、平和・・・玉座の革命家と呼ばれた彼の手法はまさしく、革命的であった。


   /                 ‐-=ニ _   ___ __彡'.:::::;'
     /           /  、          ` ミ   </.:::::::;′
  / 〃           / ト、 \ 、  丶、 、 \ /.:::::::/    【生まれ変わったロシアの図】
  //    /      /リ | ハ   ヽ\   \ \  く:::::::/
  /,'  /   / /V  ;L.ィ } }  }      Y´\`丶、′
  / /   / / /  イ゜ハ7}八∧ ト、 ヽ   八  }/ ヽ
  ー--z彡≧ミx_,厶イ 乂ソ/  j,x≦ハ,ハ//'"´\l
. V//  i ーzr‐ヒ歹=ミ》  斗セテア ∧i ∨l/    }
.  ∨ / i | ´>-‐=≠^` |`ニニ^ ∧ ∨{\
 ∨ /   !            |     ∧  ヽ  \   やりすぎてしまうかもしれん……
  l i   ト、      _  二,   ∧ 、   、  \
  l l   l∧     `ニニ    ∧ ヽ        \
  l l   |  、         イ ヽ    \      \         【※やりすぎました】
  l l   ├‐-込、     ,∠Lトミ }\    \       \
  l |    l::::::::::::::.\_/.:7 |_{_,ハ_\    、      \
  l |    l::::::::::::::::::::::::::::::/イ| 厂 ̄\}ヽ.\   マニ=‐-=ニ._\/ ̄
  l |    l:::::::::::::::::::::::::::::::::/イ.:::::::::::::::}  } ハ  ハ       `ヽ


ピョートル大帝の無理やりな近代化により、膨大な犠牲と引き換えに
ロシアは初めて世界史における重大な主役としての役割を獲得できたのだ。

681◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:13:51 ID:rNoeRtm20


ロシアの近代化という大事業の一方で、農民達に大きな犠牲が強いられたのも事実である。
進歩的すぎる君主の野心に、下々の民はついていけなかった。


|- - - -/⌒ヽ  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
' /″⊂ ̄ ̄ ̄⊃″″″ /″″″″″″″″' / ″″″″″″″″
/″″(::.´д`.)″<ついていけねえよ・・・
″″ .( )U( )″″
''"''"'' |_#_i__i!i|"''"~~~''"'  "''"''"''"''"''"/''⌒\"''""''""'~~~"''"''"''""''"''~
.    (__)_)."''"          ,,..' -‐==''"フ
                      (´д`; )  <俺達は平和に暮らしたいだけなのに・・・
                      (    )
                      | | |
                      .(_(__)

壮大な世界史における位置づけを理解できないまま、彼らは近代化のしわ寄せを押し付けられたのである。

682◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:14:34 ID:rNoeRtm20


しかし、後進的であまりにも広大なロシアを作り変えるには、
極端に、かつ急進的にやるしかなかったし、それが大きな成果をもたらしたのも事実だった。



        , 'ィ三二ニ三ミ:.、               ト,     ∧         ,ィ
        ,ノイノfr'/r''^`ミミヾミ≧、            i:ヘ    / | ',        /〃
      /:'!/r''liリ   雷 ヾll{ミヾミゝ、_,         i:iニ! /', ム∧ミx ./i  ィ ./7::′
      ソノilii从 ノ    `ヽl小トソ}}ヽ``ヽ       i:iニ! i イ::⌒::`ヽ.レ彡7  v7::{
      リハ|洲| ●   ● li|{ヾミ'、          〈:iニ! {ヽi.::::, 、:::::::::..ノ /_ノニi::i
        川|洲ij⊂⊃、_,、_, ⊂ノト't'、`',リ          i:マ7ハ{ノ1(0) r ' `ヽ/iTiア::/
     从Ⅵ:イ,',i|、 、 __ ,l⌒ヽ',ミヽ ゝ           ゝ、ニl●    ●〈::::::::/
     ノ彳/::::::::トi洲Wjリツ|   i::ヾミミ',            ヽ|l⊃/ 、_,、_,ヽ⊂⊃ヘ~´
        ,|::::::::::::lヽ000/l  |:::::|ヽ、            ._/ハ .i、 ゝ._) j ji∧ヘヘ
                              <´ ̄´iニi.>,川川リiイ~ァ=―-、、
                              .ヾ :::::iニヘ::::リ川リii:::r'/ニ'´:::::::::: 》
                               〈 ゝ、iニij:::iii.Vリ.ii://ア:::::::::,::' ∧
                               ∧_ミx.≧jニii Ⅵソ/〈> '' ¨ ~´ .∧


イヴァン雷帝やピョートル大帝のような、「破壊者にして創造者」という評価の難しい人物が
ロシアの大きな礎となっていることこそ、歴史が示す真実であったのだ。

683◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:15:27 ID:rNoeRtm20


そして20世紀のいま、ロシアは再び大きな衰退と分裂の危機に瀕している。


        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ


かつて二人の偉大なツァーリが直面した歴史的問題に、
自らもまた対峙しているのだと錯覚する人物が、クレムリンにいた。

684◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:15:40 ID:rNoeRtm20



         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        /: : :            \
       /: : : :            \
     /: : : : : :              \
    / : : : : : : : ..               \
    |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l
    |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |
    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l
   . \ : : : : . .(     j     )      /
      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
     : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
     : : : : . : : . : : .                \
       書記長 やる夫・スターリン



国名がソヴィエト連邦に変わろうと、その男にグルジア人の血が流れようと、
ロシアの血は、ロシアの歴史を辿ることを、欲したのかもしれない・・・

686大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/16(月) 21:16:41 ID:PNHaRZhM0
スターリンはロシアの大地に根ざした存在だ、って誰かか言ってたな

685◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:16:33 ID:rNoeRtm20


1928年、農民との融和を掲げ新経済政策(ネップ)の堅持を主張するブハーリンに対し、
やる夫はついに決別を決意する。


                  /                         |
           .       /        π                  |
                 |      ノ {               |
                 l i   从(´__  `ヽ_                {   馬鹿な真似をするな!
                 ヽヽ .{/////`ー´77777ノ丿  /       |
                  `ヽ i/////r-、//////ヽ─´  /,    |   農民との連帯なくして
                    _ノ ∨/_ノ/  ヽ////>/   //  _/
                   て ',  ヽ   ` ̄  z  /´  /_     ソ連経済は成り立たない!
                    -=>  ',  ニ=      レイ    く
                  |::::::::::::|/ ヽ  `    / /   ヽ ト--= _
                  |:::::::::::{{ ,|_`ー- - ´  / |_   ノ:. :. :. :. 〉 〉
                  |:::::::::::|| |`ー------ イ _(:. :. :. :. : //
                  └:::::::::|| イ            }t-:. :. :. :. :. //
           -=ニ二三三::::::::::}}              |/:. :. :. :. :. //
                政治局員・右派 ニコライ・ブハーリン



      / ̄ ̄\    γ⌒))⌒) ))
    /ノ( :::\:::/::::i  / ⊃    ゞ
   / ⌒( ●)::::( ●)\ ∩⌒)彡⌒)           うるせえお!
   |      (__人__) 〃/ ノ
   |      |r┬-|   / / ))    γ⌒))⌒) ))   結局いつまでたっても
   \::::::;:::....  `ー'´  _/( ⌒)ミ⌒) _/ ⊃      好転しないじゃないかお!
   / _ ̄""   / \/ /    __ノノ  ))
  (___)    /      ))              農民なんてもう飽き飽きだお!

687◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:17:19 ID:rNoeRtm20


やる夫は穀物を退蔵し都市部を飢餓に陥れる農民達を「説得」すべく、OGPUの大部隊を動員したのだった。

                          _ _
                        /      \      クラーク
                       /\、 ,/゛ , ノし     富農どもに
        , -、 _ 三二―       /,(〇)ヾ'(◯ )) ⌒ \
     __/  / `>、 三二―  l゛⌒(__人__)⌒゛ヾ   |    一泡吹かせてやるお!
     /  l, - -ノ、   l`――、    \  `ヾソ ´    ノ、<
    / l  |    l /´ l|      ̄ ̄⌒  〆 ̄ヾ   ハ \   OGPU出動!
   / l  l  -‐ ヾ   ヽ          彡   `y_γ   )
   {、 \ \    }   イ      ー:: ;-、  ヽーr  ∨  ソ /   退蔵穀物を一気に吐き出させるんだお!
   '、  丶--ヽ /   /イー‐´ ̄     ̄\  ' ,  '  )/ j
    \ー----/ _ / 三二―        \ ヾ_/ リ
     丶---{ { / 三二―
          ̄

  _n_n_00         _n_n_00         _n_n_00         _n_n_00
 └i_n┌'          └i_n┌'         └i_n┌'         └i_n┌'
    く丿   [][]「l       く丿   [][]「l       く丿   [][]「l      く丿   [][]「l
         くノ             くノ             くノ            くノ  


 ,,,,,,,,,,,,,, ,,,,,  ,,, ,,,,,,,,,,,,,, ,,,,, ,,,  ,,,,,,,,,,,,, ,,,,, ,,,,, ,,,,,,,,,,,,, ,,,,, ,,,,,,,,,,,,,, ,,,,, ,,,,,,,,,,,,, ,,,,,, ,,,,,,,,,,,,,, ,,,,,, ,,,,,,,,,,,,,   ,,,,,,,,,,,,,
./,,,l,,,★,,lミ /,,, /,,,l,,,★,,lミ /,,, /,,,l,,,★,,lミ /,, /,,,l,,,★,,lミ /,,,l,,,★,,lミ /,,,l,,,★,,lミ /,,,l,,,★,,lミ /,,,l,,,★,,lミ /,,,l,,,★,,lミ
ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,. ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,. ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,. ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ
/┌-‐=r‐,='t.・_/┌-‐=r‐,='t.・_/┌-‐=r‐,='t.・_/┌-‐=r‐,='t・ _‐=r‐,='t・ _‐=r‐,='t・ _‐=r‐,='t・ _‐=r‐,='t・ _‐=r‐,='t・ _
ゝ_ア´::`T、 ゝ::..ゝ_ア´::`T、 ゝ::..ゝ_ア´::`T、 ゝ::..ゝ_ア´::`T、 ゝ:: ̄´`T、 ゝ:: ̄´`T、 ゝ:: ̄´`T、 ゝ:: ̄´`T、 ゝ:: ̄´`T、   ̄´
く_::ノ、´ヽ く:: く_::ノ、´ヽ く:: く_::ノ、´ヽ く:: く_::ノ、´ヽ く_::ノ、´ヽ く_::ノ、´ヽ く_::ノ、´ヽ く_::ノ、´ヽ く_::ノ、´ヽ
.(_/  ー' (_  (_/  ー' (_  (_/  ー' (_. (_/  ー' (_/  .ー' (_/  .ー' (_/  .ー' (_/  .ー' (_/  .ー'

              _n_n_00         _n_n_00         _n_n_00         _n_n_00
             └i_n┌'          └i_n┌'         └i_n┌'         └i_n┌'
                く丿   [][]「l       く丿   [][]「l       く丿   [][]「l      く丿   [][]「l
                     くノ             くノ             くノ            くノ

688◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:18:06 ID:rNoeRtm20


【補足】

     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \   公式路線派だったやる夫が
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/   いつから新経済政策を
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !    放棄しようと決意していたのかは
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||     はっきりとは分かりません。
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|     しかし、この大転換が
       l \     _    ,/ |     トロツキーの追放から
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |     一か月とたたなかったのを見れば、
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !     おそらくブハーリンとの共闘中には
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !     決意を固めていたと思われます。
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!


::::::/r‐:i   .  |ヘ::::. l:::::::::|l::::::::.:::|:::::::ハ::::::::::::.:: ..:::::/:/::: : .: .::/|/:::: .::/:/|
:::::{ {::::i   : ヽ ヽ、::lヽ:::::l\::::::::li::::::iハ:::l:::::::::: ..:::///::::/:.:: .::/l: l:::::: .::/i:/ l
:::::{ {:::i   ::i | ヽ ヌ====ミ,,,,,\:::ハ::::i i::|:::::::::::///i::/:::::: .::///i::::..::///
‐-ヽ`i   :::ト i `、`,,,ヘ;;;;;;;;;;シ、\'\| |:::::::/=/イ/ノ/::::::/ /ノ/:::::/ /イ
   `i   ::::|ヘ i    `‐‐‐-      /::/=====ミ//::/  /::/
   i   .:::::| ヘ.i            ''"  ト`=-'"`/ン |   ''"    口先ではネップを守ろうと言っていたのに、
   .i   .::::::|  ヽ し                 / i |
   i   .:::::::|、              ノ     / .l l        腹の内ではいつ切り捨てようか考えてたのね。
   i  .:::::::::| \     r-‐-、       u  /  l l
   |  .:::::::::::|  \   ヽ _ `_ヽ      イ    l l        相変わらずやる夫らしいというかなんというか・・・
   |  .:::::r-、/`ヽ,ヽヽ、  ‐‐  _,,  ィ      l l
   | .:://    r‐‐、ヽ`` --‐   / r´`ヽ_r 、 l l

689◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:19:10 ID:rNoeRtm20



       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ;==============゙ミ
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k    歴史少年で幼いころから
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',   古の君主達に思いを馳せていたやる夫は、
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|   特にイヴァン雷帝とピョートル大帝に
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|   心酔していました。
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|   両君主の強硬な政策に比べて、
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|   ネップの生ぬるい遅々とした進展に
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |   失望していたのは確実でしょうね。
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /


     j/ (__      /::::::::::::/      _   /::_i_ノ'ヽ:::::::::::::::: _:::ノ
     ヾ r ' ¨     /::::::::::::/ :::::::::::::::::〆__  ヽ    \::::::::::し、
       |...:::::::::::/  ':::::::::::::::l__,:: - ── ハ ノ      ヽ::::::__ノ
       r-─ "    |:::::::::::::: |      _ ヽー ' ヾ.      ゙:::ヽ
       ゝ_      _ |:::::::::::::: |    フ_j ノ     ,.      レ′
      l /ゝ :::: ∠_.|:::::::::::::: | ::::::::::"j ´ T′    |   ,   l
      | l:::;/` て_  |:::__ :::::: |   _ノ ,ヽヾ.     ,ハj_   // ,
      | Lj! |  '' 丁γr、ヽ::::| _ノ‐!- !-!、l!   ィリイi/ ノ .ヘ,/    そして今度は二人のように、
      |   l  ヾ ゝメjク:::::|ノlハ'____ヽノ_/ l/ j/
      |  .    | \`ー".::::| ヽハi:::ノ ̄ ̄  {:厂从 !       強硬なやり方で現状を打破しようと
      |  /   |  ヽ \::::! ハ ゙、、、   、、i | |
      | ,     |   |` ーゝ | |         ,! .ハ.|       していたわけね・・・
     ノ /      | !   ヽノ^゙ .| | | ___‐__... ィノ_j | !|
    ./,.j/       | |ヽ /ゝ  .| ト\!:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ ̄"| l!ヾ.、     果たしてどうなることやら。
  /   /       ヽヽノ     L \ヽ ヽ:.:.:.:.:.:. l ,,リ  !l
/  ., '         / イ   ハ ヽ.\\\.:.:.::| ノ、._ l|

【補足終わり】

692大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/16(月) 21:21:03 ID:AQKeckAU0
先人に学んだだけか

690◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:19:51 ID:rNoeRtm20



   ,.⌒ヽ     γ⌒ ヽ
  〈 ●ノ\    人. ● ;∩_
    ヽ彡'  ヽ /  ヾ__ノ〈〈〈 ヽ
    )    Y    (  〈⊃  }   ついにこの時がきたわけだね。
   /γ⌒     ⌒ヽ\ |  .|
  /  |         |  ヽ  |   薄汚い反動的農民の枷から
  |   ヽ__人__ノ   |  |
  \   |rー┬ー-|   /  /    全ソヴィエトを解放するんだ!
  /__` ー―ー'´     /
 i     ヽ         /
 i――――’         i
第二書記・やる夫の盟友
    ヴァチェスラフ・モロトフ

             /~\
          ────┴- 、
      ,─ ̄          \
     /  ─ ̄|          |
   ∠─ ̄    |          |
   /        /          |
  |  _/\   l           |
  | |_/ ̄   \   __   |   その通りじゃい!
  | /0 7      \//  ,-、 |
  | ヽ ̄ /       / /  /  \ l   党の足元をみて強請りたかろうとした
  l  \/        l |  |    /l
 /    \    / | \ \_//   おどれの浅はかさをたっぷり後悔させちゃる!
 \   _- ̄\   |   \ `─/|__|
  ノ _─  ___l   |     ̄ ̄    |
   ̄|_ ─__|   |          |
      ̄_ |           / |
   | ̄ ̄ _7          / / |\
   | ̄ ̄ ̄          //|/  |
   |             /l  /  |
   \        __//| /   |
     `────┬\////   /
          /  |   //   /
          |  /| //    /
第三書記・超工業化論者
             ヴァレリアン・クィヴィシェフ

691◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:20:52 ID:rNoeRtm20


        _____
      / , へへヘ∧ヽ
     |  |     \l l/ |
      /⌒    ( . ∠ l    いまからワクワクするぜ!
    ヽ_       (二) ヽ
     l   ______つ !   泣きわめくあいつらを蹴飛ばして
      >、 \|_|_|_/ /
    / l ヽ、 ____ /、    退蔵穀物を没収するサマを想像するとよ!
   /   ` ー──‐─ ´   \
  / |   __(^|      /⌒ ヽ
 /ヽ| (二   ヽ    /    |
       l     \ /\   /
      `ー 、       ヽ /
やる夫の側近・組織部責任者
      ラーザリ・カガノーヴィチ


                / ̄ ̄\
               _,ノ ヽ、_   \
               (●)(● )    |         まったくだ。
               (__人___)     |         ネップはヤツらを甘やかしすぎただろ、
                    '、        |         社会主義的に考えて。
                |       |
               | ,     /_.{          ネップの上に胡坐をかいてる
               `ァニニ<//〉、__ __    富農どもに目にもの見せてやらないとな。
               ,./ /\  / : : : : : : > : :\
            _/ /|イ:::::/∨. : : :l: : : : : : : : : : :.丶
          /. : : : :| ./`Y / : : : 」: : : /: : : : : : : : }
         ,´ : :/: : : :| i::::::|/ : :/: : : /: : : : : : : : :|
          { : :/. : : : :|/:::::/ : : : : : : : | : : : : : : : : : ,'
        / : :,' : : : : : |::::/ : : : : : r---く´ニ\: ヽ:ノ
       、'ーr,_| : : : : : :|:/ : : : : :_/二ヽ V: : : : ` :´
      / :./ ̄>< :./ : : : : :/ 二 ヽ_」┘: : : ∨}
     / : : :ム / : : : : ̄ ̄ ̄ ̄~゙''-ゝ.」: : : : : ∨ :}
    { : : : : : :\、 : : : : : : : : : : : : : : : :\. : : :∨ : :l
    ヽ: : : : : : : : ̄"\ : : : : : : : : : : : : : : : / : : :{
  やる夫の盟友・赤軍司令官 クリメント・ヴォロシーロフ

693◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:21:51 ID:rNoeRtm20



                       __ __
                    , .≦三三 ヲ´
                 , . ≦三三三 <´
          , . ≦三三三三三三三三>
        r≦ 三三三三三三三三三<
        |三_j|  /⌒\  /`ヽ ! ̄ ̄ `
.         |三..l  |    ∨    i |         賛成賛成!大賛成!
      i⌒V  |   O || <  |.ト.
      | i}    ゝ._ノf入_人{_ノ        僕も前々から気に食わなかったんだよね!
      乂__   、___   __ノ´        富農を懲らしめるためならたっぷり働くよ!
         \  \ `ヽ `フ´
.            __}> .\ i/       _
        /く `ー‐‐ァく\     _/   二.)
.       /  i\  /  Y \__/ ! -- ' /\
       /   !  `′   i     人   /\ヽ)
.      〈   ノ        |\_/  `丶 \ )'
       \ /`ー─ ──i             `´
.        {         |
 アルメニア出身の幹部党員
           アナスタス・ミコヤン


.       /.:::::;::::イ/____.../....-‐/―‐-..`.._ 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ\
     /./r' /;!.,'::::::::::::::::;イ:::::::::;l::::::::::::::::::::::::::``:::....、::_::::::::::::::::::::::::',``
...   〈/ . |l:::::|.;::::::::::::::::/ |_:/ ';:::::::::::::::::::::::lⅣ:::::::::::`::...、`ー:、__:::::::',
       ||::: |;:::::::::::::::; ̄l:::/¨¨`;::::::::::::::::::::::l|_∨.:::::::::::::::::::::::...、.`∨,
       |.リ:::l|l::/|:::::::;'.,>≧ミ_ ';::::::Ⅳ:::::::: l|=-';::::::;:::::::::::::::::::::::`ー.、.',
        .ノ' /ll:;::ハ:::::;:イ |ハ .>∨:|!∨:::::::l|__';::::|.V::::::::::::::::::::::::::::::',
      .//  l|::l|ハ::iハ .|l:::`´:!.  Ⅵ. ∨:::::l|7{. Ⅵヽ';:::::::::::::::::::::::lト ∧    穀物の徴収か・・・
      ′   ||从 Ⅵ `.ゞー''   `  ∨:::l|:::ゝイリ./`;:::::::::::::::::::::l| ヽ〉
          Ⅵハ .l       /l    \ト、:ノ  ,イ::::::::::::::;::::::::|      内戦時代、中央アジアで
           Ⅵ }::;        ヽノ            /!.l:::/::::::/∨::::!      ブルジョワどもをまとめて始末したことを
            从:.、     、     ,     / ソ::::/.::;′.∨:{      思い出すなぁ。
         r―‐-..../、_.V:\         ̄     .イ'::::::/}::/    ヽ〉
         ';::::::::::::::::::::::::::三≧=-...、        .イ::::;::〃 ,'/           ネップで忘れてしまった
       .V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`>x-<::::__/レ'_ 〃            「闘士」としての血が、
       ,イ`:、:_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〃::::::::::::::::::::::::::::::>,           久しぶりに滾ってきたぞ。
   .___く_:::::::::::::`:ー--‐:::::::::::::::::::::::::::::〃::::::::::::::::::::::::::::::::::/
    /////`ヽ_、:‐-、`:::、:::::::::::::::::::::::::::〃:::::::::::::::::::::::::::::::/
       レニングラードの支配者 セルゲイ・キーロフ

694◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:22:51 ID:rNoeRtm20


【補足】

   r‐く二ニ:/i:i:i:i:i:i/  V^’
.  /:i/[_: :|i:i:i:i:/、yz'′            マ: :_: - :ヲ
 /:i/ lしんく|i:i:i:Yrュヲ                Ⅶ :: : :己
.〈:i〈  || 己 {i:i:i:i|′   l |    l!   l|    l| ', Ⅵ : : :.__7
 \\!!   し|i:i:i:i|   | l l |  l!   l| |l  i! | ! l|: : :_:∠,
    ̄|L__ムスi:i:i:i:{l  | | | |  l!   l| |i  i! i | l}: : _く
    | ̄|i:|i:|マi:r=Ⅶ  i 士十i l!  l| | _」L リ| ! | l|__ノ
    |  |i:|i:|ミ.ム泌リ l|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|  .トミx7
    | /i:{ゞ\ゞ=イ| l|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;从ノマヘⅣ    何この人たち・・・
    | : ̄|  ̄ゞ≠ l|;:;:;:::-'''"""""'''-:::;;;;;;l l| | |.|
    | i  |   x≧|   | u    _   u  イ .| | |.|    すごい物騒なこと言ってるんですけど。
    | l. 八  《ミく   |ゝ、 u        .イ .|  l | |.|
    | | | ヘ ∨i:l  |≦三三r≠くヘ≦三∧. ',.i| |.|
    | | | ',./ ヾ|  |三三三いゞソメ《 三三∧.ゝl.|



          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ    地下活動家あがりの粗っぽい党員にとって、
       /  ,='  _  ∧_ _,,         ネップは常に「危険な一時的後退」でした。
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\    資本主義の復活と農民の影響力拡大によって
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ     社会主義勝利の為の最終戦争が挫かれると
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ     危惧していたのです。
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
         | |{i t    _     / |
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |

695◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:23:55 ID:rNoeRtm20



     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/   内戦時代に、革命の敵に対し
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !    大ナタを振るっていた彼らにしてみれば、
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||    ネップなどいつか必ず
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l     打ち捨てられるべきものでした。
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|
       l \     _    ,/ |     むしろ内戦時代に経験した
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |     過激な穀物収奪政策のほうが
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !     彼らにとって常識的だったのです。
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!


           rーイ¨ ̄¨ト、-┐
         ,r::┘、」;;;;;;;;;;;:::j/:::::/入
.       _i -、_>------- <:::::┴i
      〈:::::::i i ||Vlリk i|i ,l||ソ ヽ::::::::〉
       ┐'レ' ⊂⊃    ⊂⊃!Ni_イ、   むしろこれが平常運転なのか・・・
.      イ| u         |!l lハ ヽ
      /ハ              u.|| .\ ヽ  今さら驚くことでもないのかもしれないけど。
      || `、   {_ ̄ ヽ    '||  / /
      ||  ヽ、    ̄   . イ |,'  ヽヽ
      `    `iTァv'T爪      //
            |<|真| >|      `ヽ
             |〈| || | 〉|


【補足終わり】

697大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/16(月) 21:25:07 ID:PNHaRZhM0
この辺は大半が理論家じゃなくて現場からの叩き上げ連中らしいノリだな

698大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/16(月) 21:25:40 ID:AQKeckAU0
平壌運転ですね

696◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:24:56 ID:rNoeRtm20


しかし、かと言ってネップが正しかったわけでもない。
1921年から約7年間継続されたネップは、ソ連農業の根本的問題を白日の下に晒した。



 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | ふー、畑仕事は重労働だぜぇ      ................:::::::::::::::::::::::::::::::::::.............
 \___  ______       ............::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..............
       |/     ミ            _________
              ヽ \           ./\|//////\
            ./ \ \   ./// .|___|./////:::::\\
       ∧_∧/     ̄  /∠∠∠∠∠∠∠∠∠/:::::::::::::::::\\
      (;´Д`)     i i i    ̄| ┌┬┐┌┬┐   |::::::::::::::::::::::::::::| ̄
''""~"'''"/    ヽ''"~"__i i i--、 .| ├┼┤├┼┤   |::::::::||||||||||:::::::|
    ./| |   | |   ̄ ̄ ̄ |:::::| ..| └┴┘└┴┘   |::::::::||||||||||:::::::|
iiiiiiiiiiiii/ \ヽ/| |iiiiiiiiiiiiii::..  ノ__ノ..|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||  |::::::::||||||||||:::::::|
   /   \\| |          ||_||_||_||_||_||_|__.||||||||||:::::::|
   / /⌒\ し(メ    .i i i . ..|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ||  ||乃三三-_
 / /    > ) \  ノノノ
/ /     / /    .\_  ザックザック
し'     (_つ   /:::::/::...  ザックザック
            ノ・ ./∴:・:
           ''""~~"''


広大な国土に分散した小さな個人農場は旧態依然とした三圃式であり、
これらを維持するのは決定的に非効率的であったのだ。

699◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:26:59 ID:rNoeRtm20


さらに伝統的なロシアの農村共同体(ミール)は村ソヴィエトなどの公的機関としばしば対立した。




オ ラ た ち の 農 村 は こ れ か ら だ !

      /⌒ヽ          /⌒ヽ
    ⊂ ̄ ̄ ̄⊃      ⊂ ̄ ̄ ̄⊃  【ミールの図】
     ( ´∀` )        ( ´∀` )
     /    ヽ       / /⌒ヽ ヽ、
     | |    | |   /⌒ヽ |⊂ ̄ ̄ ̄⊃                        僕達を無視しないで・・・
     | | /⌒ヽ.⊂ ̄ ̄ ̄⊃( ´∀` ) |
     .⊂ ̄ ̄ ̄⊃( ´∀` )/´    (___)                        .[|,,,★,,|] [|,,,★,,|]
     | ( ´∀` )∪   ヽ |   / )                      .[|,,★,,|](´・ω・`)(´・ω・`)[|,,★,,|]
     (_/   ヽ | |___.(⌒\___/ /                    (´・ω・`)[|,,★,,|] [|,,★,,|](´・ω・`)
      |     ヽ、\   ~\______ノ|                     | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ
   ____|    |ヽ、二⌒)        \                      u-u (l    ) (    ノ u-u
   |\ .|    ヽ\..|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||                          `u-u' `u-u'
   |  \ヽ、__  .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
.      \     \                                         【村ソヴィエト】
           lヽ,,lヽ lヽ,,lヽ  lヽ,,lヽ lヽ,,lヽ  lヽ,,lヽ lヽ,,lヽ
           (    )(    )(    )(    )(    )(    )
           と.、   iと.、   iと.、   iと.、   iと.、   iと.、   i
            しーJ  しーJ しーJ しーJ  しーJ しーJ


三圃式の伝統農業や土地保有の地片制を崩そうとする試みに徹底的に反対し、
革命が撲滅しようとする過去の伝統を永続させようと抵抗していたのだった。

700◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:28:01 ID:rNoeRtm20


ソ連経済は農業が基盤である。
その農業の近代化を阻止し、ソヴィエトの権威を拒否する農村とは、いつか対決せねばならなかった。


            /::::::: .::::....:::::: ..:. ::::.. ..:::.. :::::::::::::::',
              /::::::::..:::::::::::::::::. ::::.. :::... :. ::::::::::::::::::::::',
             ,':::::::::::::::::::::::::::::::::..:::::. :::::... :: :::::::::::::::::::',
          i: ::::::::::::::::::;:::::;i1::::::::::::::::::::::::... :::::::::::::::::::',
            l.: :.:::::::::::::/:::;ハ|::::::::::::::::::::、::::::::..:::::::::::::::::',       ネップは農村との対決を
         il::.::、:::::::::/::/   'i:::l、:::::ト、:::、ヽ:::::::::::::::::. ::::::,       一時的に延期しただけよ。
            l|:::::{ヘ:::::::!:ムニ,‐-いヽ::{>;ゞ弌、:::::::::::::. :::::',
         il:::::::'、l:::::::ト、廴バ ヾ'、ヽV 廴ソ,メヘ:::::::::.. ::::::',      ボリシェビキはいずれ、
           !|:|:::::::::::::、ぃ  ̄    `     ̄   ゙|::..::::::::::::::::!      農村において最後の階級闘争を
         |」::::::::::::::',ゞヽ            ,':::::::::::::::::::::!\    決行するわ!
      , '":l:!::::::::::::::::'、     、 ,.     /::::::::::: :::::::::::i  ヽ
     /    !|:!:::::::::::::::ヽ    __ ___   , 'i:::::::::::::::. :::::::::i   \
   /     |!:|::::::::::::::::l i\    ー    /}. |:::::::::::::::: ::::::: :!    ヽ
  <.._     |!:|:::::::::::::::l| ヽ. ヽ、    / ,ノ |::::::::::::::::: :::::::.::!   /
  __,,. ニ=‐- 、|!:|:::::::::::::::|!  `ヽ`_ー_'"-''".  !:::::::::::::::::: ::::::::::| ∠_
'"´         !:|:::::::::::::::!:ヽ           ,ノ::: ::::::::::::::::::::::::::|/   ``丶、
  トロツキー派・工業化論者 エフゲニー・プレオプラジェンスキー(既に失脚し党追放)



いつかくる農民との最終決戦を、多くの共産主義者が信じて疑わなかった。

701◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:28:45 ID:rNoeRtm20


【補足】


     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/  1928年には、
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !    ネップに対する失望は
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||    決定的となっていました。
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|     反ネップの左派が政争に敗れても
       l \     _    ,/ |     党内世論はネップに対して否定的だったのです。
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!


                | ̄` ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
                |  =            ゙ミ______
                |  ミ     ★      ゙ミ       /
                |, - ミ             ゙ミヽ、     /
              /   ミ;=======.:::゙ミヽ、ヽ   /
             _/                    ヽヽ/
           / / /   /  /  /            ヽハ
          く  / /!   |   〃 _/__ l|   | |   |  |  | | ||ヽ
           \l// / |  /|'´ ∧  ||   | |ー、||  |  | l | ヽ
            /ハ/ |  | ヽ/ ヽ | ヽ  | || /|ヽ/!  |/ | ヽ
            / |  ||ヽ { ,r===、   \| _!V |// //  .!   |
            | ||   |l |ヽ!'´ ̄`゙   ,  ==ミ、 /イ川  |─┘
            | ハ||  || | """ ┌---┐  `  / //  |
            V !ヽ ト! ヽ、    |     !    / //| /
               ヽ! \ハ` 、 ヽ、__ノ    ,.イ/ // | /
    ┌/)/)/)/)/)/)/)/)/)/)lー/ ` ー‐┬ '´ レ//l/ |/
    |(/(/(/(/(/(/(/(/(/(/│||      |\  〃
  r'´ ̄ヽ.              | | ト    /    \
  /  ̄`ア             | | |  ⌒/     入
  〉  ̄二)左派は倒したが  | | |  /     // ヽ
 〈!   ,. -'                | | ヽ∠-----', '´    ',
  | \| |   .農民の態度が   | |<二Z二 ̄  /     ',
  |   | |               _r'---|  [ ``ヽ、      ',
  |   | |   気に入らない >-、__    [    ヽ      !
  \.| l.              ヽ、      [     ヽ    |
    ヽ|              \    r'     ヽ、    |

702◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:29:58 ID:rNoeRtm20



       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ;==============゙ミ
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',  党内の敵意を一手に惹きつけていた
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|  トロツキーらが排除されると、
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|  一般党員達の不満の渦が
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |  逃げ場所をなくし
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|  のた打ち回るようになりました。
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /

703◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:30:37 ID:rNoeRtm20



            ,.:-=;1―;1―;1―;1,=-;:、
            ミ             ゙ミ
.              ミ      ★      ゙ミ
           /ミ             ゙ミ \
          《  ミ;========゙ミ } 》
.             》/ / / :/ : : : : : : : : : \ ∨《   そしてしだいにこの濁流は、
.            /// : :/ :/ : : : /:/ |: : : : : ∨^:|   ネップによる欺瞞の裏に隠された
           l∨ : : l :/: : :// / :八 : : : l: l : :|   農村との対立構造を浮き彫りにさせていったのです。
           | :| : : :|/ :/ //:/ :/  ヽ: : | ハ: :|
           | :| : : :|≧x、/イ//,.ィ≦ハ ノ : l: :|   もはや党内の強硬な世論は
           } :|八 :代uzノ    弋uzノ仏イノ: :|   くだらない政争のスケープゴートよりも、
.           ′:} 仆⊂⊃     ⊂⊃イ 八 : :|   社会主義の敵に対する
.        /: : / 八 >  ~~~ .イ}{ : : : |   容赦ない全面的攻撃を要求していました。
.        /: : 〈 // ̄》 》≫=≪《 《V ∧: : :
.        / : : : : {   》《_》《_》《 〈 /  、: :丶
       /: : : : : : }   《_/八_》      }: : : :\
     /: : : : : : :/    ∨{><}{    {: : : : : : :\
    / : : : : : : /人,___人}><}人__人\ : : : : : :ヽ
   《 : : : : : : // { ̄/∨`¨¨¨´∨\ ̄} \\ : : : : : \
  《 : : : : :/ 《(   } {_人    人_} {  )》 \ : : : : :》
   》: : :/   》)  人人_))   ((_人ノ (《    \: : :《
  《 :/    《(    \        /    )》      \ 》
   `\\    ≫x、    \__/   ,x≪     //



\\                                //
  \\      闘争!闘争!闘争!闘争!     //
   \\                          //
        _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.
      ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡
      (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.
     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.
   ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡
   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.
    |   |     |   |     |   |     |   |    |   |
    し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J.   し ⌒J

704◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:31:20 ID:rNoeRtm20


              /: : :i:: :: :: :: :: ::/        ヽ、:::::::::::::::::::::::::::|
             /: : : : :|:: :: :: :: ::/           \:::::::::::::::::::ノ
            i: : : : : : :l:: :: :: :: <              \::::::::::/
          /::|: : : : : : |:: :: :: :: ゝ   i    ',   i     ヽ:::::ノ
         /:: :: :|: : : : : ::|:: :: :: :ノ i  |    .|   |      V
       {´:: :: :: :: :|: : : : : :|:: ::::il´ \|   |    .|   |      ',
       廴:: :: /:: i: : : : : i:: :::ノ  ナ\ |、   ハ.i  ,' ./     |   i    へぇ。
        >┐:: :: :∧: : : : |:::::丁下ヌヽ/X´/ソ | /_厶 i   .| ィ .|
     ┌=ィ∧:: :: :: ∧:_:_:_:|ノ八.弋:.:ノソ      ≦  '、   ./ /  |    ということは
       >彡/ハ`ー、::::Xrtjヘ},   ー '      丁下ヌy  ./ .} ハ/    やる夫は足元の世論に
      ゞ//  ', i  廴_t及ン::| ',            弋ツノイハ┌、/ン      動かされてネップを放棄した
      /イ/   i i i  iヽ:\::ヽ ヽ        '   ¨  } .i i \´      可能性もあるのかしら?
.     //i l   l l l l .l  \ゞハ ヽ     _      人 l lヘ \
     レ i l    l l l l .l    コ>ヘ ト、   ´’   イ V弌 i \ \
       `   | | | .l }v´ ̄: : : : ) ヽ: ` - ' ´`ー 、_」 V ヽ、 ヾ \
          |  | .| ili: : : : : : :/: i `,Vハカ: : : : : : : : :入 ヽ \ \ \
          |   | ムl: : : ::/: : }  iンィソ: : : : : : :/  ヽ `v、ヽ  /ソ
          | ,-'''´:::::::>=: : : : :ノ  ノ∧: : : : : : :イ ヘ、  .V  ) ).//



          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\   いえ、動かされたというよりは、
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ   「伝染した」と表現したほうがいいでしょう。
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
         | |{i t    _     / |
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |

705◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:31:58 ID:rNoeRtm20


       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ;==============゙ミ     ネップと農民に対する不満、
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k     敵に包囲されているという強迫観念から、
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',    当時のボリシェヴィキ内部では
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|    ヒステリックな工業化が盛んに主張されていました。
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |    党全体が一種のヒステリーにかかっていたのです。
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|    なにか問題に直面すると
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |    ヒステリーを起こすのがボリシェヴィキの特徴ですが・・・
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /




♪ヘイ、イワン
♪ネ・ネ・ネ ネップ はき・き・き 危険だ
♪そ・そ・そ ソ連が滅びる
♪守ってくれるのは こ・こ・こ 工業化だけだYo! Yo! Yo!
\                              /
           ,イ,,i、リノ,;;;;;ヽ,
          .i;}',.,,.、 ,_,,._ ミ;.}
          |} .tュ ! 'tュ. ,i;;;|
          「| ,イ_i_ソ;,  }〉}
          `{ ノl公liゞ i-'
         \i 、__゙_ ,, '{  ♪
          _  )  > _ キュッキュ♪
   [,l,★,l] ./.◎。/◎。/|   [,l,★,l]  
  \(^+^)/.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  \(^+^)/
    )  )  .|   .[,l,★,l.]|/   ノ ノ
((((  > ̄ > )))) \(^+^)/ ((( < ̄< ))))
              )  )
         (((  > ̄ > ))))

706大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/16(月) 21:32:46 ID:8q3GVSKs0
ちょw中の人がwww

707大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/16(月) 21:32:56 ID:PNHaRZhM0
おい本人ww

708◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:32:58 ID:rNoeRtm20


        ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
        =            ゙ミ
        ミ     ★      ゙ミ
       r―ミ             ゙ミ
      l  ミ;=======.:::゙ミ    意外にも、
       ヽ /  ※   ※   ※ ∧    この頃のやる夫は政策面において
.      /   r―_‐_'i:¨:¨´:l ̄:`ヽ}    行き当たりばったりで
      { ※ /: ´/: :/`:./;ハ:`: :l: l    場当たり的な対応が目立っていました。
      }   f: /fてハヾ´ /f'云ヾハ:}
.      { ※ }:{ 弋__ノ   弋::リ j//    トロツキーとの闘争が鮮やかだったので
      ハ   {:ヾゝ''''   ,、  ''',イ ヽ    なかなかイメージしにくいですが・・・
.     /: } ※. }: : ;>‐‐--‐<ヽ  }_
    /: :.{    l:/{i{ (ニニXニニ)} :.{ ※ ヘ
   ,.イ: : :/ ※ l:ヾ}i}  〃{i  {i: :ヽ  ヽ
.  {:ヽ: :.く   /: :j:ヾx、_ノノゞ≠'j : :.} ※ }
.r<:ヽ:`:ー`ヽ,/f'"::`ーt‐f´:t‐r‐':ヘ:-'`¨¨:}´



          ____
       / \  /\  キリッ
.     / (ー)  (ー)\
    /   ⌒(__人__)⌒ \   ネップは大事だお!
    |      |r┬-|    |
     \     `ー'´   /   農民とは団結しなきゃだお!
    ノ       __ \
  /´               ヽ

           ___
       /      \
      /ノ  \   u. \ !?
    / (●)  (●)    \
     |   (__人__)    u.   |
     \ u.` ⌒´       /
    ノ            \     ネップのせいで農民がつけあがって
  /´               ヽ          食糧危機だよ・・・    >



<工業不況も引き起こすしもうダメポ。
         ____
    .   /     \!??
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ


          ____
       / \  /\  キリッ
.     / (ー)  (ー)\
    /   ⌒(__人__)⌒ \    や、やっぱりネップは失敗だったお!
    | u    |r┬-|    |
     \     `ー'´ U /    これからは計画経済だお!
    ノ       __ \
  /´               ヽ

709◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:34:00 ID:rNoeRtm20


          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ   案外、やる夫は
       /  ,='  _  ∧_ _,,       周囲に影響されやすい
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_    性格だったのかもしれません。
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ   党内の世論に感化されたやる夫は、
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ   ブハーリンと違って無謀な工業化の方針を
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/   あっさりと受け入れてしまったのです。
         | |{i t    _     / |
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |


  、... .... ...... .... ..... .... .. ... ,        , .. .. .. .. .. ... ...、. . . . .、_
  _)::::.::::.:::.::::.::::.::::.::::.::./ /       /:::.::.:::.::.::.:::.:::.::.:::.ヽ、: : : `
.  |::::.::::.:::::::.:::::.::.:::.::::/  /       、'、::.::.:::.:::.:::.::::.:::.::::.::::.`、: : :
  廴::::.:::.::.:::::.::.:::/   /           i `‐-‐、::.::.::.::.::::.::.::.::.:.', : : :
.   _)::::.:::::.::::::/     i     i    |     〉:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::!: : :
   L_::::::.:::::.::/     |   ,' |     |    {::.::::::.::::.:::.:::::.:::::} : : :  えー、イメージしにくいのだわ。
      ̄l:::::::i    l |    i  |     !   ,ィト、:::::::::::::::::::::::::::|: : :
      \_| i     l |  i | l|    ノ_,ィ´/ ! メ -‐'j:::::::::::::::j,ェ、  そもそもやる夫は
         | |    l |  | ! l|  ィチ´//_,」_/_  (::::::::::::::::ハ{{   イヴァン雷帝やピョートル大帝の
         | |i     i i _」 ト、|| /   ,ィZr'チ卞、`7 ト、::::::::::代`   強硬的な政策を支持してたんでしょ?
        | l|    X´i l\l  レ'  /l {つk_j::::}/ | ト‐-,:::|:.`:
        ヽ!ヽ、 ト、 ,rz=、        弋:::::::シ'´ |l| 〈::::}: : :   やる夫よりも周囲の方が
         `  \| kイ、Vム          ̄    ! ハ  〉,': : :    強硬的だったなんて信じられないわ。
               ハ `弋ノ              l i | |: : : :
               |     ヽ             // | |: : : :
               | `、    r‐- 、       .// /| |: ;/
              }  ト、    ヽ.__,ノ     ///__| |_:::::::
               / /| | ` .、        , ィ'//: ̄ : | |:|-;:::
                 / / .| |    _,>ー _ l´: :.//: : : : :.| |:|. L

710◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:34:46 ID:rNoeRtm20



            ,.:-=;1―;1―;1―;1,=-;:、
            ミ             ゙ミ
.              ミ      ★      ゙ミ
           /ミ             ゙ミ \
          《  ミ;========゙ミ } 》
.             》/ / / :/ : : : : : : : : : \ ∨《
.            /// : :/ :/ : : : /:/ |: : : : : ∨^:|    いえ、この場合、真に注目すべきは
           l∨ : : l :/: : :// / :八 : : : l: l : :|    「ボリシェビキ」という組織です。
           | :| : : :|/ :/ //:/ :/  ヽ: : | ハ: :|
           | :| : : :|≧x、/イ//,.ィ≦ハ ノ : l: :|    強硬を美徳とし、他者に対する鉄の不寛容さ。
           } :|八 :代uzノ    弋uzノ仏イノ: :|    目的の為に殺人を正当化するその教義。
.           ′:} 仆⊂⊃     ⊂⊃イ 八 : :|    異常な強迫観念と、尋常ならざる軍隊的風土。
.        /: : / 八 >  ~~~ .イ}{ : : : |    党に対する無条件の忠誠心・・・
.        /: : 〈 // ̄》 》≫=≪《 《V ∧: : :
.        / : : : : {   》《_》《_》《 〈 /  、: :丶
       /: : : : : : }   《_/八_》      }: : : :\
     /: : : : : : :/    ∨{><}{    {: : : : : : :\
    / : : : : : : /人,___人}><}人__人\ : : : : : :ヽ
   《 : : : : : : // { ̄/∨`¨¨¨´∨\ ̄} \\ : : : : : \
  《 : : : : :/ 《(   } {_人    人_} {  )》 \ : : : : :》
   》: : :/   》)  人人_))   ((_人ノ (《    \: : :《
  《 :/    《(    \        /    )》      \ 》
   `\\    ≫x、    \__/   ,x≪     //


     r‐,ィ': : :`ヽ_,.x=ッ'´: : : : : : :{::::l;ノ:::::::::ノ
     ,ィ'/: : : : : :/三ミ/: : : :  ̄:fハ: 〉:::::::::::::::`i
   《 _ノ=-: : : /三l/:__: :-:‐: : 〈 ー' ヽ::::::::::r‐'
    〈:_: ; -‐: ;三ミ!:ニ:=:-‐: /}:ノ   ヽ::_;ノ
     {: : : : : l三ミ}:-:‐: :.r‐、)´  i   ';〉
     lヾ: : : :.l三ミ!: : : :.リゞ'l   l !  l l l
      l〃lー、_:l三ミ!: : r‐' l l  /ムl ///
      ! ,' ヽ {薔}:ノ l、__ヽlト、 /,ム/'l/    そう言えばネップの現実路線で
    ,' ,   l ヽヾミ! '弋ツ   ゞ'/l ′    多少マイルドになったけど、
     ! ′ l  l`ヾx ヽ u   ' , ' !l
.    / /    ,  ',/:`ヽ ヽ、 _´ィ´! l 、',     それ以前にやってたことは
   / /     ', ,イ: : : :.}  ヽ三三! ! l l     まさに血に飢えた狼って感じだったわね
.  / /    /: : : : : :`ヽ、 ヾ、三! '、l l __
 / /  _  /: :/: : : : : : : :l: `ヽ_,>ゝ-、--′
./ / /: :.`ヽ/: : : : : : : : :.l: : ',ヽ<´_,>>
. / {:ー:-、: ´: : : : : : : : : : :.l: : :ヘ< < ヽ7
/  ヾ: : :l`ヽ、: : : : /: : : : :l: : : : ヽノ '´

711◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:35:46 ID:rNoeRtm20



       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ;==============゙ミ    ボリシェヴィキ党そのものが
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k    個人の人格を認めない
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',   異常な環境でした。
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|   後年、やる夫に全ての責任が
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |   押し付けられましたが、
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|   やる夫以上にボリシェヴィキが
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|   組織として異常だったのです。
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /


        ボリシェヴィキ                    敗北
鉄の規律                                主義者
                  労農民主独裁制     民
労    社会主義の                     主
働      完全勝利のために __           集
者                   /\:::::::::/\.         中
の                  /:::<◎>:::<◎>:::\        制
前   分派禁止     /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\
衛                |     ` ー'´  u   |   党は絶対的に正しい
                  \  u   :::::     /
                  /    :::::::::::::::::::    \
                /                 \  〈〈〈 ヽ
                               (〈⊃  } }

712大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/16(月) 21:36:14 ID:8q3GVSKs0
やる夫の担当って民族問題と強盗と事務だしな。
実務の最たる経済政策は荷が重かったのかな?

713◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:36:28 ID:rNoeRtm20



            ,.:-=;1―;1―;1―;1,=-;:、
            ミ             ゙ミ
.              ミ      ★      ゙ミ
           /ミ             ゙ミ \
          《  ミ;========゙ミ } 》
.             》/ / / :/ : : : : : : : : : \ ∨《
.            /// : :/ :/ : : : /:/ |: : : : : ∨^:|   やる夫は自分の人格を、
           l∨ : : l :/: : :// / :八 : : : l: l : :|   党の精神的風土に
           | :| : : :|/ :/ //:/ :/  ヽ: : | ハ: :|   適正化させていったに
           | :| : : :|≧x、/イ//,.ィ≦ハ ノ : l: :|   すぎないのかもしれません。
           } :|八 :代uzノ    弋uzノ仏イノ: :|
.           ′:} 仆⊂⊃     ⊂⊃イ 八 : :|   モロトフやカガノーヴィチも同じように、
.        /: : / 八 >  ~~~ .イ}{ : : : |   偉大な党と一体化するため、
.        /: : 〈 // ̄》 》≫=≪《 《V ∧: : :    党の残忍な暴力性を受け入れました。
.        / : : : : {   》《_》《_》《 〈 /  、: :丶
       /: : : : : : }   《_/八_》      }: : : :\
     /: : : : : : :/    ∨{><}{    {: : : : : : :\
    / : : : : : : /人,___人}><}人__人\ : : : : : :ヽ
   《 : : : : : : // { ̄/∨`¨¨¨´∨\ ̄} \\ : : : : : \
  《 : : : : :/ 《(   } {_人    人_} {  )》 \ : : : : :》
   》: : :/   》)  人人_))   ((_人ノ (《    \: : :《
  《 :/    《(    \        /    )》      \ 》
   `\\    ≫x、    \__/   ,x≪     //



               ::::::::::::::::::
             :::::      ::::::
           ::::: ─    ─ :::::     やる夫はやる夫であってやる夫でないんだお・・・
          :::::   (●)  (●)  :::::
           :::      (__人__)    ::::   なにがやる夫かは党が決めるんだお。
          :::::     `⌒´    :::::
          ::::::     :::::::    ::::::::   やる夫は党であって、党はやる夫であって・・・



            __ __,.
      「`ヽ´ ̄`フ.::::::::/´  ,. -‐'′{::::し'.:::::::イ
    . ィ⌒ヽ  /.::::::::::/       ハ:::::::::::::!::::)
    { イゝ   /.::::::::::,′. . . ..x  く`ーヘ.:.:.::::し'
    Y.::::::::ノ '.::::::::::::|.:: . ---xノハノ    ヽ:::)
   ( ̄  . :.|:::::::::::::「´ _、  )⌒Y     レ′
    i 7ゝ.:::∠!:::::::::::::|.:.:.:.:j「 Y    !    }    個人の人格は捨てることで
    | i::ハて...」::::::_.:::::! ノ」ハ '.  ,ハL /  ′    組織そのものに融合しようと
    | L! | 丁Yr刈:::|ィハハ「ゝVイムイ//ハノ     したのね・・・
    |     |\ゞイ::::ト弋)ソ   ヒケj小
    l  /   !  `トゝ:!ハ´     ' .イ j |
   ノ. /  |i  ゝ'' | 仆. .  ´ イ 」 ;i |
  / :/     |小./ゝ.|ヽ\下`ヽ 丁jハ
イ  , ′    ヽ:/ィ  ハ. ヽ\ハ.:.:.:jり__」!
 /       ,ノ.:/ /.:::: ` ー 、ーヘ〈ゝ--=ァ
    /⌒Y .::::/  (::::::.     下不厂゙ぐく
   r '   ノ.:::::/ .イ )::::i    | ̄j ) `ヽソ
.   \:::`ヽ//.::/.::::::i    `ヽヽヽ (

714◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:37:14 ID:rNoeRtm20



          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_     やる夫は、この環境を
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ    端的に表現する言葉を残しています。
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
         | |{i t    _     / |
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |


           ____       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────
         /      \    ┃
        / \    / \
      /  fてハ`  ィて刀 ::\        党は私を、党に相応しい人間に育ててくれた。
      |      (__人__) :::::::::::|
      \      `^´  :::::::/                                            ┃
      /     ー‐    \       ─────━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



  ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
  |                                              | |
  |                                              | |
  |         ソヴィエトロシアでは、党が貴方を決定する!!         | |
  |                                              | |
  |                                              | |
  |_____________________________|/
                   ノ:: :: :: ::|i |/         ',:: :: ::|  | < X__ | |
                   廴:: :::: :: |i |           `):: ::|  |:: ::} V/ | |
                    /:: :: :: :::|i |   .|    ',  、  ,{:: ::|  |/X/.ノノ
                  てィ: :: /|i |{   |    i  i  i.i`}:|  |.>//ミT´
                  <_:: ::|i |.| |  \  ./_/≠=ミハ|{|| ,、|}ハケ-ニ=、_
                  //}ノ::|i |.ト┼=== ヽノ  ´ んハ . 、`ゞソi|| ヾヽ ', `\\    まさにロシア的倒置法なのだわ。
                <<V/、_::|i |.Ⅳ/ ん下    弋:リ   l i.|| } }  ',  \ヽ
                      \廴v|i | | .{. 弋:リ   ,         | l,ノ └ト ∧   レ'
                     /〆 二ヽ,ト         _ ,,...-‐┐   イ |´`V´ ̄`ヽ、_
                     i  ´ ___`Y.∧    <: : : : : : | ./ } }  i',:: :: :: :: :::ヽ
                      ∨. ,-‐-_) ゝ._   ゝ: : : _/ rノ /ハ  ハ}:: :: :: :: :: ::}
                  /\ |i |:::{   Τ  ̄ ̄- -ィ、 }、 | i | ハ」:: :: :: :: :: ::',

715大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/16(月) 21:37:34 ID:AQKeckAU0
1984年の党のモデルなだけあるな
ボリシェビキ

716◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:38:04 ID:rNoeRtm20



          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,       まぁぶっちゃけると、
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_    やる夫が党に影響されたのか、
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\  党がやる夫に影響されたのかは
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ   卵が先か鶏が先かの問題だと思います。
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/   ただ、やる夫の個人的な性格と
         | |{i t    _     / |   ボリシェビキ体制の特徴に
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |   大きな親和性があったのは事実でしょう。
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |


    つ:::::::::::::::::rー-'三三_ -―――‐-- 、)::::::::\  _
   (:::::::::::::::::::::::) 三= '´/       、  (_:::::::::::::丶<::::::`ー、
    `ー,:::::::: __ノ /  / /    \  \ ム::::::::::: |企;:::::::::::}___
     (_:::::: ヽ/   / /      ヽ  、ヽ(__:::::::::::|三|:::::::::::⌒Yヽ
     r’:::: /      {    |!  | |!  |!ハノ :::::::::|三|:::::::::::::::乂{
     `ァ: :′ /  / !     |!  |! |!  |! |`ー, : :::|三|:::::::::::::::} '.
      ヽ.′ /  /  |!      |!  |! |!  }! | Y:::::::::|三|:::::::::::::/  {
.      | | |!  |!   |!     i}  } |!  /_!_| ゝァ : :|三|::::::::_;ノ|   '.
.       | | |!|  |!、 {! |!   // /}//孑' /イ (_ : :r'--{:::::::) |   |  一般人からすれば
.       { | | { 卞ト、ハ!_  //ノノィ≦ケテ| (:::::〈ん)、) 〉´ |   |
       ヽト、 {ヘ、从ィ升=ミノ´   /弋じ:::}| 〉 : ゝニン   |  |  最悪な組み合わせだった
         ヽ乂ヘ!ゞ、rゝ':{`      宀'´ |  ∨//    |
          }  |ヘ ^¨´  、          |   {ノ´     |    |  ということは確かね。
          川 | 丶     r‐、       ノ  } !        |    |
          //}  ! _≧-..、 `´ ,∠⌒<}/ 八ヘ      |    |
           // j /':.:.:.:.  .:.:.:/>=(:.:.:.:.:.:.  / />ヽヽ     |    |
         ノ ,' / /:.:.:.:.:.:....:.:__}イ夊)=-:.:.: / /:./::::::ヘ∧    |   |
       // / />ァー:. :.:.:.:`¨)´:.:.:.:.:./-ー=二二〕\  |   |
       〈≦__,/_/ーャ(:.:.:.:. :.: /\:.:.:.:《__∠⌒ー-、::::::::::::::ヽ |   |

717◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:39:02 ID:rNoeRtm20



       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ      やる夫自身、ネップの有効性を
       ミ                     ゙ミ      信用していませんでした。
       ミ;==============゙ミ
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k      しかし、独自の代案を
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',     考案することもできませんでした。
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|     その結果
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |     党内世論を勘案して
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|     強硬な方策を選択したのです。
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |     そしてそれは、
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ     やる夫個人の性格にも
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\   非常にマッチしたものでした・・・
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /




【補足終わり】

718◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:39:38 ID:rNoeRtm20




        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ           OGPUの大部隊は
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、    準備が整いました。
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /     中央委員会は
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /     「非常措置」を断固支持するものです。
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\     同志やる夫はモスクワに残り、
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ    全般的な指導をお願いします。
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃
やる夫の秘書 アレクサンドル・ポスクリョーヴィシェフ




      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \     いや、いいお。
 /  (●)  (●)  \   やる夫はOGPU部隊に同行して
 |      (__人__)    |   現地で指揮を執るお。
 \      ` ⌒´   /

719◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:40:22 ID:rNoeRtm20



        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、    いいんですか?同志やる夫。
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /     なにもそこまでしなくとも・・・
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`  u ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃


        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\     いいんだお。
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |     自分でやらなきゃ
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     腹の虫がおさまらないんだお。
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ

720◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:40:55 ID:rNoeRtm20


やる夫は自らOGPU部隊に同行し、大量の隠匿穀物が存在すると目されていた
西シベリアに、3週間もの「視察」に出る。


                                           ∩_
                                          〈〈〈 ヽ
                                  ____   〈⊃  }
           全部隊作戦開始!          /:::\:::/::\.   |   |
           隠匿穀物を徴発せよ!!    / <●>::::::<●>\  !   !
                              / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
                              |     |!!il|!|!l|      |  /
''';;';';;'';;;,.,                  ザッ    \     |ェェェェ|     //
   ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ザッ              / __        /
   ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;                   (___)       /
    ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
      vymyvwymyvymyvy     ザッ
ザッ    n_n,n_n、n_n,n_n、n_n,n_n、
      ∩_∩^-^∩_∩^-^∩_∩^-
  ザッ   ∩__∩ ∩__∩ ∩__∩ ∩__∩
         ∩_ ∩__∩ ∩__∩ _∩ ∩_    ザッ
     ∩___∩    ∩___∩ ∩___∩ ∩___∩
     | ノ      ヽ   | ノ      ヽ | ノ      ヽノ      ヽ
     /  ●   ● | /  ●   ● |  ●   ● | ●   ● |   出撃クマー!
    |    ( _●_)  ミ |    ( _●_)  ミ  ( _●_)  ミ  ( _●_) ミ
    彡、   |∪|  、` 彡、   |∪|  、`\ |∪|  、`\ |∪| 、`\
   / __  ヽノ / / __  ヽノ /´>  ) ヽノ  / ノ //ヽノ /´>  )  農民どもを
   (___)   / (___)   / (_/_)   / (_/    / (_/   懲らしめるクマー!

721◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:41:40 ID:rNoeRtm20



  【地方の党幹部のみなさん】




聞いたか?今度、政府がだした「非常措置」
隠匿穀物を公定価格で売却させろって話だ。

つまるところ没収しろってことだろ?
こんな無茶なやりかたがうまくいくと思うか?

                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 真面目にやる必要なんざないよ。どうせ失敗するさ。
                  | 農民を敵に回して地域経済が混乱しても、困るのは俺達だしな・・・
                  \、
                    ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ,,,,,,,,,,,,,,             ,,,,,,,,,,,,,,
   [,|,,,★,,|]              [,|,,★,,,|,]
  ミ ´Д`彡y━~~          ミ・∀・ 彡
  ミ ⊃  シ           ミ ⊃  シ
  i⌒i_イ⌒ii⌒i       /⌒ヽ._シi⌒i
  |   (,,,,,)|  |        .(,,,,,_)⌒l.⌒  |
  |___(,,,,,)_|         .|_(,,,,,)___|

722◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:42:38 ID:rNoeRtm20


                ,、
          //  |亅
       / /   | |. /l
       / / /1 ||| |
      .7 / | | | l |/ ,-‐─¬
      / /   l | |ノ  `"7T7/  l\_____                         __
      / /    l |     // レ    ヽ_____ \                / \   / /
      / /     l |     |/             / /                 ヽ、_/ / /
     /_/     レV゙                  \ヽ_______        __/ /
                                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´  / ̄ ̄__/
                                             ̄ ̄ ̄

       ,、-‐''"´   ,','
  ,、-‐''"´        ,','ニニニニニニニニニニニノ  ゴ  登  や て
''"´ィ! , ; .      ,','          ____    )  ル.  場  る (_
iヽ ._  /i .  .   //        /"\三/"\ろ  ァ  だ  夫  (
レ’|/-/ iー .'7   //       /((○))三((○))). .!!     様  >
/! \/∠/ .  ,イ   .  /   `゙(__人__)'" . \  ,ィ⌒ヽ、.  の  ア
 ̄/\ ,ヘ/.   ,'.i      .|      i|    |!    | .(   ノ     k
くi k_./i,イ/ .  i .|    .  \    、i|,/⌒ヾ、|!;,  /⌒/   i     て
\k、 .リ   .  |.|      /ヾニニニ`ー一'´ニニシ\ ,'`ー '´i、    (`
 r' .〉'´ iン  . .|    .,ィ'´ ̄`ヽ    |○      |     'i⌒iY´⌒
tァ ̄ .  、|.l.||,,. |    ./三三.互.',ヽ  |        i    ,′.| i.|
 ..  \ i| ! |..`|... . i三三三三 i i  |○   /`ヽ、',   /.. .| i.|
  ‐   |´ j,       ..l三三三三| l  |    ,'    `'ー'´.... .| i.|
   ‐.´'.l| !,  |!,   ノ/ ̄ ̄ ̄!,' ! .|○   i..          .| i.|
     / !.| |!!´i  . | . ̄ ̄ ̄ i  ',_|__ , |           .| i.|
       . .!´"', ',   .ヽ三三三,'   f..  . リ           .| i.|
          .', ',  .  ゞ三シ⌒ヽ.、 ノ  ... |            .| i.|
          . ヽヾ、 ..      ヽ.     |            .| i.|
             ヽヾ、 .. .     ヽ、 . |     . .. . .| i.|
              ヽヾ、  .......   .ヽ  . |      .    | i.|

                                        ,,,,,,,,,,,,,,       ,,,,,,,,,,,,,,
                                    ビクッ. [,|,,,★,,|]       [,|,,,★,,|]
                                      Σミ´Д`;彡     Σミ・∀・;彡
                                        .ミ つ つ       ミ つ つ
                                       ミ,,,,,、⌒ヽ      ミ,,,,,、⌒ヽ
                                         )ノ `J        )ノ `J
                                 ______∧______∧_________

                                       うぉぉお!?同志やる夫!??

723◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:43:26 ID:rNoeRtm20


やる夫は全国の党機関に「非常措置」の実行を命令したが、
ネップのバランスを崩すことに恐れを抱く一部の地方幹部はこの命令に消極的だった。



        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\          おめーら舐めくさってんのかお!?
     /    (__人__)   \         中央の司令に手を抜いてることは知ってんだお!!
      |       |::::::|     |        お前らもトロ公みたいに党から
     \       l;;;;;;l    /l!| !       追放してやってもいいんだお!?
     /     `ー'    \ |i    _             _
   /          ヽ !l ヽi   | l [l] | ̄| /l    | |
   (   丶- 、       しE |そ  | 二l  ̄/ [][]∧.|_|
    `ー、_ノ      ∑ l、E ノ < |__|  | ̄/ <_/ <>
               レY^V^ヽl       ̄


  ,,,,,,,,,,,,,,
  [,|,,,★,,|]
 ミ;´Д`彡  <いや・・・同志・・・別にそういうワケでは・・・
  ミ つ つ
  ミ  ミ
  (/"J


「視察」に回ったやる夫は、こういった消極的な地方幹部を、大いに「揺さぶった」ようである。

724◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:44:17 ID:rNoeRtm20


とは言え、ネップの現状に業を煮やす大多数の地方機関の党員らは
書記局が示した「非常措置」を熱狂的に支持したのだった。



     ┏━━━┓                               ┏┓┏┓
     ┃┏━┓┃                               ┃┃┃┃  ////////
 \   ┗┛  ┃┃┏━━━━━━━━━━━━━┓┏┳┓┏┓  ┃┃┃┃   /////
\\\    ┏┛┃┗━━━━━━━━━━━━━┛┗┻┛┃┃  ┃┃┃┃   //////
\\\  ┏┛┏┛                         .┏┛┃  ┣┫┣┫ ///////
\\\  ┗━┛                          .┗━┛  ┗┛┗┛ ///////
\\\\                                           ////////
\\\   [|,,★,,|]    [|,,★,,|]  . [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]  .  [|,,★,,|]   //////
\\  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ///////
\ [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]  ////
 ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ////
(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ )) ///
   く  >     く  >     く  >     く  >     く  >     く  >     く  >     //
      // 待ってました! \\      // 農民許すまじ! \\

725◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:45:03 ID:rNoeRtm20


熱狂的な地方党員とOGPU隊員からなる大部隊は、西シベリア各地の農村を急襲した。



                               人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
                              <                              >
                             < オラァ!!天下の大正義ボリシェビキ様だ!! >
                             < 退蔵穀物を差出しやがれ糞クラークが!!    >
                              <                              >
                               Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`
                                               ,,,,,,,,,,,,
                                      ,,,,,,,,,,,,,     [|,,★,,,|] ≡ ≡
"''"~~~''"'"''"~~~''"'  "''"''"''"''"''"/''⌒\              [|,,★,,,|]   (・∀・ )≡ ≡,,,,,,,,,,,,,
                   ,,..' -‐==''"フ            (・∀・ ) ≡ ≡3_ノ ○≡  [|,,★,,,|]
     えぇ!?クラーク!? (;´д`)           ━と_ノ ○ ≡ ≡3  人 ≡ (・∀・ )
   ∧η∧            (    )             ノ ノ、_⌒) ≡3_)ノ  ━と_ノ ○、
   (,,・д・)  ハnハ        | | |             (__)   ̄≡ ≡3      / /`ー-J
  (u,,,u)  (,,・o・),,)       .(__)_)                            (_ノ

726◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:45:42 ID:rNoeRtm20


彼らは農民達に穀物を差し出すよう「説得」し・・・



    ,.:::-=;1ー;1―;1―;1―,=;:.、
   =              ゙ミ
    ミ       ★       ゙ミ
   ミ     СССР    ゙ミ
    ミ              ゙ミ
    ミ;========= ゙ミ
   丿 ::.__  .:::::::::::::  __  ::::ヽ_       ,. 、       /   /
  / /。 ヽ_ヽv /: /。ヽ  ::::::ヽ    ,.〃´ヾ.、  /  /
 / / ̄ ̄√___丶  ̄ ̄\  ::::| / |l     ',  / /    農民諸君!
 | .:::::::::: / / tーーー|ヽ     ..::::: ::|r'´  ||--‐r、 ',        ソ連経済を支える為、ネップを支える為に
 | .:::::.  ..: |    |ヽ   .,..ィ'´     l',  '.j '.       穀物を市場に供給せねばならない!
 | :::    | |⊂ニヽ| |  'r '´         ',.r '´ !|  \    反動的クラークの戯言に乗せられることなく、
 | :    | |  |:::T::::| !  l!     ....:.:.:.:.:.:ヽ、   ,l    \  穀物を放出するのだ!!
 \:    ト--^^^^^┤   ゝ、.,_ ---‐‐‐----ゝ、ノ




 :||:: \おい、隠れても無駄だ ゴルァ!     ドッカン  ゴガギーン
 :|| ::   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄_m ドッカン     ☆
 :||::   ___     ======) ))_____ /        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 :||  |     |      | ̄.ミ[|,,,,,,,|] | | ────┐||::    [|,,★,,|] < おらっ!出てこい富農!
 :||  |___|      |_..(   ) | | .___ │||::   (・Д・ )  \____________
 :||  |___|      |_「 ⌒ ̄  ,|.. |.    .|.|||::  / 「    \ ::.
 :||  |___|      |_|    ,/  ̄ .  ̄ ̄ ̄ │||::  | |    /\\
 :||:   ̄ ̄ ̄         ̄|    .| :||│     ;,   │||; へ//|  |  |. |
 :||::   :;  ; ,,         :|    :.| ||│       (\/,.へ \|  | ::( .)
 :||::   :;  冫、. .      |   .i  .|:||◎ニニニニ\/  \    |    ̄
 :||.:,,'';      ` ..  . ::  . |  ∧. |:||│::::/    │||::.:.   .Y ./ ..:: ;;
 :||:;;;:    ;;.. ::::: 冫、 : .:: .|  | | |.||│ 冫、 ;;;,,│||:;;;.   | .|  ........
 :||:;;;:  .....   .. `     / /  / /::||│ `  .,;;;,,.│||:;;;.   | .|  ...:L
 :||;::: #   ..:        ./ / ./ ./ ||│|三三三|. │||;;:..::   | .| . #.. :: ;;
 :||;:::     #. ..:  :::::: (_) .(_).ミ||│        │||;;;k、,,,|,(_).. ,,, :::
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:::;三三;;;;;三三:::;;;;;;; :::::;;;;;::;;;;;;;;;;::::;;  :::::;;;;;:::::;;;;;;;;;;::::;;  :::::;;;;;:::;;;;;;;;;;::::;;;;;:::::::;;;;;;三



さもなければ「実力」が行使された。

       ,,,,,,,,,,,,,
 \ヽ    [|,,★,,|]
   \\ヽ( ゚∋゚)      オラオラオラオラァ!!!!
  \ヽ(m\\ヽ ⌒\・,‘
 \ヽ ノ\\ヽ\m/ /・,‘
   (\ヽ m∧ \m・,‘ ・,‘
   ミヘ丿\∩ ∴.' д∴.' ∴) ・,‘
   .(ヽ_ノゝ\ヽノ_・,‘__∴

727◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:46:35 ID:rNoeRtm20


こうして、西シベリア一帯の農村が焼き尽くされていったのである。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::;| |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::| |::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;
;;;;[|,,★,,|]::;;;;;|゙|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|゙|;;;;;;;;;;;; [|,,★,,|]:;:;:;:;:;:;:;:;:| |:;:;;:;:[|,,★,,|]:;:;:;:;:;:;:;| |:;:;:;:;:[|,,★,,|]
;;( ´Д` );;;;;;| |;:;:;:;:;:;:;:;:;[|,,★,,|];:;:;:;:;:;:| |;;;;;;;:;:( ´Д` ):;:;:;:;:;:;:;:;| |:;:;:( ´Д` ):;:;:;:;:;:;;| |:;;:;:;( ´Д` )
::::::::::::::::::: .`ヽ| |:;:;:;:;:;:;:;( ´Д` );:;:;:;:;:;| |:;:;:;:;/:::::::::::::`ヽ;:;:;:;:;:;:| | ./:::::::::::::゙`ヽ、:;:;::| | ./::::::::::::::::::
::::::::::::::::::: :::::|| |:;:;::;:-‐'´:::::::::::::`゙ヽ、:;:;| |:;:;:/ ::::::::::::::::::::::ヽ:;:;:;:| |/ ::::::::::::::::::::::::::|:;:;:;| |/ :::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::  .::::|| | ; /  ::::::::::::::::::::::::::::l:;:| | |::: ::::::::::::::  ::::| .  | |ヾ:::::::::::::::::::: :::|  | |:::|ヾ゙゙゙゙゙""""
   ...... / .::: || | .|:::  ::::::::::::::::::: :::::|:;::| | |:::|ヽ.゙゙゙゙"""./|:;;|  ..| | ヾ゙゙゙゙゙"""/|:::|  .| |::| |::::::::::::::::
::::::::::::::::::l |::::|.| | |:::/ヽ ゙゙゙゙゙""" /.|::::| .| |.|::| .|:::::::::::::::l |:::|  | |  |:::::::::::::::| |:::|  | |:|  |:::::::::::::::
::::::::::::::::::l .|::::|.| |.|:::| |:::::::::::::::: | .|:::|  .| ||::| l:::::::::::::::l |:::|  | |  |:::::::::::::::| |:;:|  | |  ::::::::::::::::
::::::::::::::::  |::::| | ||:::|  ::::::::::::::::  .|:::| ...| |lソ :::::::::::::::  |::|  | |  ::::::::::::::  |::|  | |   ::::::::::::
::::::     |:::| .| |:::|  ::::::::::::::::  |::|  | |        ∪  | |       .∪ .| |
       .∪ |.|::l  '''''''''    ∪  .| |          . | |          | |
          l.lソ        ____
         ,,-、      ! , -、_/lililili|______                  ______
------、____/lll((( )))  |lllllllllll;l;l;lililili;l;l;liヾ_____________    ___    /lililililil\
lililililililillilililililililil((   ll|))/l;l;l;l;l;l;lilili;lililililili;l;l;l;l;l;l;lililil;l;l;l;ヽ____/lilililヾ---"lilililililililili;l|_______   __
l;l;l;l;l;l;l;lililililili;l;l;l;ヽ    /ililili;l;l;l;l;l;l;lilili;lililililililili;l;l;l;l;l;l;lililiililili;l;l;l;l;l;l;lilili;lililililili;l;l;l;l;l;l;lililiililili;li;l;l;ヽ--"i;
lililililili;l;l;l;l;l;l;lilili;lil.|. | .|l;l;l;l;lilili;lilililillililililililililili;l;l;l;l;l;l;lilili;lililililili;l;l;l;l;l;l;lililiililillllllllllllllllllllll;l;l;l;l;l;lilili;lilililil
lllllllllllllllllllllllllllllllllll(_i_)llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll

728◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:47:01 ID:rNoeRtm20


その結果・・・





   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
    )    Y    (      こ・・・これは・・・
   /γ⌒     ⌒ヽ\
  / u |         |  ヽ
  |U  ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´    U/

729◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:47:50 ID:rNoeRtm20



                       __ __
                        ,ィミ川彡三ヾ三\
                     {三{※}三}三ll三 }
                      ヽ彡川ミノ三レ勿/_
                    ,ィミ川彡三 ,ィミ川彡三ヾ三\         __ __
                  {三{※}三}{三{※}三}三ll三 }        ,ィミ川彡三ヾ三\
     __ __        ヽ彡川ミノ三ヽ彡川ミノ三レ勿/       {三{※}三}三ll三 }
    ,ィミ川彡三ヾ三\  ,ィミ川彡三,ィミ川彡三 ,ィミ川彡三ヾ三\    ヽ彡川ミノ三レ勿/_
   {三{※}三}三ll三 } {三{※}三}{三{※}三}{三{※}三}三ll三 },ィミ川彡三 ,ィミ川彡三ヾ三\
   ヽ彡川ミノ三レ勿/_ ヽ彡川ミノ三ヽ彡川ミノ三ヽ彡川ミノ三レ勿/{三{※}三}{三{※}三}三ll三 }
,ィミ川彡三 ,ィミ川彡三,ィミ川彡三,ィミ川彡三,ィミ川彡三 ,ィミ川彡三ヾ三\||ミノ三ヽ彡川ミノ三レ勿/
{三{※}三}{三{※} {三{※}三}{三{※}三}{三{※}三}{三{※}三}三ll三 },ィミ川彡三 ,ィミ川彡三ヾ三\
ヽ彡川ミノ三ヽ彡川ミヽ彡川ミノ三ヽ彡川ミノ三ヽ彡川ミノ三ヽ彡川ミノ三レ/{三{※}三}{三{※}三}三ll三 }


     ,,,,,,,,,,
     [|,,,★,,|,]∩ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ( ´∀`)/<  同志やる夫!計量完了しました!
 _ / /   /   \ 今回の非常措置により、凡そ1030万トンの穀物を調達しました!!
\⊂ノ ̄ ̄ ̄ ̄\ \_______________
 ||\        \
 ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
 ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
    .||          ||

730◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:48:14 ID:rNoeRtm20


莫大な量の穀物が調達されたのだ。

これは、穀物不足の構造的問題を一気に解決するほどのものではなかったが、
目下の食糧不足を解決するには十分な量であった。


        ┏┓                ┏┓         巛 ヽ.                     ┏┓      ┏┳┓
┏━━━┛┃┏┓        ┏━┛┗━┓  ┏┓ + 〒ー|    ┏┓    ┏┓┏━━┛┗┓┏┓┃┃┃
┗━┓┏━╋┛┗━┳┳┳╋━┓┏━╋━┛┗┳━|  |┳━┛┗┳━┛┗╋━┓  ┏┻┛┗┫┃┃
    ┃┃  ┗┓┏┓┃┃┃┣┓┃┃┏╋┓  +┻ +/ /┻┓  ┏┻┓  ┏┛  ┃┃┃┏━┓┃┃┃
    ┃┃    ┃┃┗╋┻┛┃┃┃┃┃┣┛ [|,,★,,|]/ / .┏┛┃┃┏┛┃┃┏━┛┃┣╋━┛┣╋┫
    ┗/´》〉  ┗┛  ┗━━┻┛┗┛┗┻━(´∀`_/ /  ┗━┻┛┗━┻┛┗━━┻┛┗巛 ヽ┻┻┛
  * | 〒  [|,,★,,|] | 〒  ||| ,.へ´_|_ヽ  ,-r、,r/」  f  ||| [|,★,,|],.へ,    〒 ! [|,,★,,|] 〒 !
     |  |  ( ´∀`)  |   人l ァ'`・ω・)〉/_ュヘ〈|7  | *   (゚∀゚ `ァ ノ +   |  | ( 个  ) |  |
 +  |  {  |   .|   {  .(__)、   ○〈_}ノ :   |  +  O    /:-一;:、 / /. |    | ./ /*
    ヽ ヽ |   .|.ヽ ヽ (___)  、 〈   く/ ヽ__,」 +    )   ミ;;★:;:;:;ミ/ /   |    |/ /
     ヽ  ヽ,, ´∀`) ヽ  ヽ ´∀`)__ノ ヽ__) /  ,ヘ   | __,, '´ ̄`ヽ__ (・ω・´/ /  (・∀・ / /
 ,.へ ,,★,,|] ヽ     ー、 ヽ     ー、     /  / |.  | [|,,,,★,,,|],.べ, ミ三彡 f  ,-     f+
 l ァ'^▽^) i     ,rュ ', i     rュ ', |||  (   〈  .|  .|  ハ^ω^*`ァノュヘ    |  / ュヘ    |
 ヽ    ○.|    /{_〉,.へ[|,,★,,|]_〉  << \ ヽ .|  .|   O☆゙ _ノ_,} )   | 〈_} )   |
  |  、 〈 |    〈   l ァ';・∀・)        \ノ |_,,|   ノ´ ̄ゞ⌒'ーァ    ! |||  /    ! |||
||| l__ノ ヽ__)|   ,ヘ. ヽ  ヽ    ○ヽ  +    |__ノ|  )  `7゙(´〈`ー''´     |   /  ,ヘ  |

731◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:49:12 ID:rNoeRtm20


農民との「穀物戦争」は、政府の勝利に終わったのである。


        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、  す、すごい量ですね。
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /   まさかこれほどとは・・・
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨` u  ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃


       ___
     / ⌒  ⌒\
    / (○)  (○) \     大成功だお!
  /   ///(__人__)/// \
  |   u.   `Y⌒y'´    |   これだけあれば
   \      ゛ー ′   ,/    この春は十分乗り切れるお!!
    /      ー‐    ィ

732◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:49:41 ID:rNoeRtm20


やる夫の突然の行動にもちろん党内は動揺した。


                           ____
                        ´        >―- 、
                    /        /     丶、
                 /         /          `ヽ、
                   /       /           |  ヽ
                 /      '              |   '
              /      / 〃 〃 ィィ      |  ′
               |         {  {,.ヘ 仏ィ´~`'<,ノノ  ノイj   }
               |        人,イ   {:::::...::::::::::::`ヽ/ 川  ハ
              |   し   八ト从:::::::::::::::::::::::::;=v彡イ    }   馬鹿な・・・!
                   |          `ヽ `   __;;;ノ⌒{:::`く}   ノ
              /|           ノ   `゙゙゙     乂:::::Уノ′   なんてことを、
            _ ノ              ゝ U       - ノ::::/´      なぜこんな
             _`斗…=≡ニニ=¬^    <⌒丶_  ヽィ        取り返しのつかない
            [  -‐=ニニニニニニニニl | u      ` ァ′ 人ゝ      ことをしたんだ!
              |ニニニニニニニニニニニ7 /、       ゙   / ノ^
           _,|=ニニニニニニニニニ7 /  丶、     /i⌒^         ネップの築きあげて
        _/ニニニニニニニニニニニ7 /``丶、:::..___/ィ汽二二ニ7     きたものが、
        ニニニニニニニニニニニニ7 /       〔,ィノ)仏ィニニニニニ/ /     すべてが台無しになってしまう!
         ,ニニニニニニニニニニニ7 /        〉ニニニニニニニニ/ /
          ニニニニニニニニニニニ〈 〈 丶、     /ニニニニニニニ;;//

733大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/16(月) 21:50:00 ID:EXECIgcI0
やっぱり穀物あったんですねぇ・・・
じゃけんこれからはどんどん徴収しましょうね~(ゲス顔)

736大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/16(月) 21:51:53 ID:s3B6DtZI0
>>733
お前党内で一番態度悪いって言われてるぞ

734◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:50:28 ID:rNoeRtm20


だが、中央委員会で多数を占める強硬派はこの成功に狂乱し、
書記局の示した「シベリア方式」の解決策を熱狂的に支持したのだった。



     ┏━━━┓                               ┏┓┏┓
     ┃┏━┓┃                               ┃┃┃┃  ////////
 \   ┗┛  ┃┃┏━━━━━━━━━━━━━┓┏┳┓┏┓  ┃┃┃┃   /////
\\\    ┏┛┃┗━━━━━━━━━━━━━┛┗┻┛┃┃  ┃┃┃┃   //////
\\\  ┏┛┏┛                         .┏┛┃  ┣┫┣┫ ///////
\\\  ┗━┛                          .┗━┛  ┗┛┗┛ ///////
\\\\                                           ////////
\\\   [|,,★,,|]    [|,,★,,|]  . [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]  .  [|,,★,,|]   //////
\\  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ///////
\ [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]  ////
 ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ////
(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ )) ///
   く  >     く  >     く  >     く  >     く  >     く  >     く  >     //

735◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:50:58 ID:rNoeRtm20



   ,.⌒ヽ     γ⌒ ヽ
  〈 ●ノ\    人. ● ;∩_
    ヽ彡'  ヽ /  ヾ__ノ〈〈〈 ヽ
    )    Y    (  〈⊃  }
   /γ⌒     ⌒ヽ\ |  .|     これを見よ!
  /  |         |  ヽ  |
  |   ヽ__人__ノ   |  |     我々は富農どもから退蔵穀物を取り上げ、
  \   |rー┬ー-|   /  /     奴らに大打撃を与えてやった!
  /__` ー―ー'´     /
 i     ヽ         /       党が農村のプチブルどもに勝利したのだ!
 i――――’         i

       /ミミ,、ミミミ,.ヘ.ミミ,.ヘミミミ,ミミミi、
       ,ヘミ/ \/   ヽ/  ∨/ ∨ミi.
.     .″ >ヘ             >ヘ ∨ミ.
     i ./  \        /   〉. ∨ミ        何が農民との連携だぁ?
    , ┤     , ‐\  | |  ./ ヽ     ! , ー 、      馬鹿馬鹿しい!
.   / .|     !  ・ \! !.イ ・   i    レ   .ィ i
___i hj    、   ノ:::::::::::::、  .ノ       ,{:  i__  物事は、
   ∨´   ::::::::::::::〃 ̄ ̄ `ヽ:::::::::::::      ij: リ     奴らの顔を引っぱたきゃあ
   ′       、      リ     /{    /     うまくいくんだ!!
    ! / ̄ヽ      `ーt一 ´    . <   !   ,ノ
   !{          _ .  -= ´    リ   } !
   、 `ー-- -‐ =_´    . -‐= ‐ 、 .′ ′!
    i 、 \   .<   >´      〉'   / /
   ∧\  ` (                /  / /
     ヽ \  ` <         > ´  /   /
      \ >  . _` ¨¨¨¨ ´ _ . <  /
       > .    ̄ ¨  ̄    _ . <
           ` ‐- ---一 ´

737◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:52:09 ID:rNoeRtm20



   / ̄ >─ ̄ ̄-─ 、       ⊂二二⊃
   | ─ ̄         \
  /        ,──、 \   ⊂二二二⊃ ∩__
 /        /    \  \       ⊂二 __ \
.|       /  / ̄> |   \         | | ∠/     これではっきりしたんじゃよ、
|     ─ ̄  / /,-、 \   \       ∪∩ ∩     同志やる夫。
|─ ̄ ̄    / /∠-'/   \  >─ ̄/ ̄─、 | |  | |
|__      ∨ / / /     V  |  l   / ∪ | |     ネップの敗因は農民を甘やかしすぎた
|_   ̄`、      ̄ /      |   l  \/   / /     ことにある!
.|  ̄二二      ̄ ̄        \  \/    / /
 | /-'/               / \/\     ̄       融和政策などに意味はない!
  `, ̄  /   |     ̄──、  /      \           必要なのは容赦ない闘争!!
   \─'   /          \ \     \
  /| \   λ_ <     / ̄ ̄\ \     \         今こそ忘れ去られた
. _ |  | \  l      /   / \ \    \        階級闘争を再開するんじゃ!
/ |  |  \ |___/   ─ '   / l       \
|  |  |  | \ \_ _─ ̄   _/ |        \
.|  |  |  | \ \| \__ ─ ̄  _/         \_
.|  |  |  |   \ \    _─-          ─ ̄  \
 |  |  |  |  | \ \_/          ─ ̄\ \
 |  |  |  |  |   \           ─ ̄     \
  |  |  |  |  |  | \       / /|       |
  |  |  |  |  |   |  \___/ //      /
  |  |  |  |  |   |       \|/ />
   |  |  |  |  |   |

738◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:52:42 ID:rNoeRtm20



              ,─、
          , ─ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~─、
        /            \         ボリシェビキの拳は全ての敵を粉砕する!!
       /               l         今回の非常措置でそれが証明されたんじゃよ!!
       l                 |
      |┌─-______──~|  |       ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
      |/                  |  |      <                     >
      |   -─_       _─-、 |  |      <  もはや道は拓かれた!! >
      | /\__/|   | |___∠ヽ \|      <                     >
  __ ─|  「`--' _l __ /_`--' /   |─__    VVVVVVVVVVVVVVVVVV
 (_ | |  | \ヽ ̄_/ ┐┌  \ ̄/ / | | | _)
   ̄ ─|  l  ̄            ̄  l  |─ ̄   ___
        | | ┐ ,─     ─、  |  |_   / ヽ___ 入            |\     /\     / |   //  /
     //|∩ |┐_ ヽ r _  l  |  |::: ─_|       l          _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
   /::/::/ /| /~  ───  \|   |   |\:::::::::|       /─、        \                     /
   /::/::| 〈 | |┌──── ̄ 7|     l\\::::::\___//  \       <  今度こそ情け容赦ない     >
  l:::l::::| ヽ  | ~| _____/ |   /|:::|::::::\:/     /    /─、     <  工業化を実施し、        >
   \:::|  ) / /        丿  /:l::::|:::::::::/ \   /    /   l      <  このロシアの大地に      >
   | \|__//~─- ̄ ̄──'  /::/::::l:::::/   l  /    /   /~l     <  比類なき社会主義の楽土を  >
   |  |   |─______─ ':::::/::/:∠_   |/   /   / /    <  建設すべし!!         >
   |  |─-|:::::::::\::::::::::::/:::::::://:::|   7\  l _/ |__/ //     /_                 _ \
   |  |   |─__ `──':::::::::::/::::::─\__l_ /        \/        ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
   |/|   |  \:::: ̄ ̄ :::::::::/ ̄ ̄::::::::::::::|\       /|            //   |/     \/     \|
   |/|   |    \::::::::::::::/\:::::::::::::::──| `───-/::::::|

                  ___
                    /\:::::::::/\.
                   /:::<◎>:::<◎>:::\     ・・・!!
                  /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\
                  |     ` ー'´  u   |
                  \  u   :::::     /
                  /    :::::::::::::::::::    \
                /                 \  〈〈〈 ヽ
                               (〈⊃  } }

739大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/16(月) 21:53:21 ID:AQKeckAU0
農民って虐げられた人々だったはずなのに

740◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:53:32 ID:rNoeRtm20


      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ● ノ\   /\● 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ     農民どもは
.      )    Y    (       ボリシェビキをあなどっている。
     /γ⌒     ⌒ヽ\
.    /  |         |  ヽ    奴らは飢えを恐れて手出しできないと・・・
.    |   ヽ__人__ノ   |
    \     `ー'´     /
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、   |
   /     / r─--⊃、  |
   |  ヽ,.イ   `二ニニうヽ.  |




              ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ ))
            ((〈● ノ\   /\ ●〉
               ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ      だが農民どもの失敗は、
                 )    Y     (        党の決意を甘く見過ぎたことだ。
              /γ⌒       ⌒ヽ \        ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
           ((  |  |         |.   |      <                        >
         ((   ヽ ヽ__人__ノ  ノ       <  我々は大量の血を流して      >
               \   `ー'´    /       <   権力を握ったのだ!!       >
             __/ニヘ       ' 「L__      <   奴らの脅しなど効くものか!!  >
        __,,,,==ニニ三三ヘ.      ||三ニ==、__  <                        >
     /三三三三三rイ◯三ニ|   \__,/ |三三三三ニ==、VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
     _|三三三ニ/  `ーイニ三;;| ./三\ |三三三三三三;\
    _|三三三=广 \. `i,j! }ニ;|  \三/ :|三三三三三三三|
     |三三三iく  \  { /三=|  :|三|  |三三○三三三三;|
   __/三三三|| \_}ー^三三三|  |三;| |三三三三三三三;;|
 /三三三三;|\__,リ三三三ニ|  :|三;;| :|三三三三三三三;;;|
 |三三三三三|   /三三三ニ=;|  |三ニ|:|三三三三三三三ニ;|
 |三三三三三`==='三三三三三ニ| |三三||三三三三三三三三|
 |三三三三三三三三三三三三三V三三三三三三三三三三三||

741◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:54:23 ID:rNoeRtm20


                       ._-───-、
.                     /:::::::ト、i\/\::::\
                    {ヾ/>v、/:::::::::\r‐    内戦のときと同じように、
                      .〉  { 0}::::|//::::::::::::
                      ゝ   ,=}==、:::::::::::::::::    死屍累々を築き上げても
                   ./  `ーァ‐':::::::::::/|::
                     |  r‐  }::::::;:<\ j:::    勝利を掴んでやろうじゃねえか!
.            _r──、   \ゝ-< ̄\__>:::::
           │ ─i⌒ヽ    \   ( ̄::::::::::/:    
           │ ─|_ハ    /  ̄ニ二 ̄:::::::::
           │ ─、i   .}   / |     {::::::::::::::
              \ ー'   /\/  |     ヽ:::::::::::
             ヽ-<      |      ヽ:::::::
    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)     そうとも。
  |     (__人__)      俺達のロシア革命は
   |     `⌒´ノ      終わってない。
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃    革命の敵はまだ腐るほどいる。
   ヽ、l    ´ヽ〉     奴らを根絶やしにするまで
''"::l:::::::/    __人〉     血の革命は続くだろ、常識的に考えて!
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|


\\                                //
  \\      闘争!闘争!闘争!闘争!     //
   \\                          //
        _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.
      ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡
      (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.
     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.
   ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡
   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.
    |   |     |   |     |   |     |   |    |   |
    し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J.   し ⌒J

742◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:55:16 ID:rNoeRtm20



      /                              ヽ
      /    l                            ヽ
    /    ハ |  、                            |
    /     | | |   ヽ
   |    いl ヽ,l\_ \   \
    | /     ト'  __ , --`ー `ー、 __ゝ  l l
   |!   ,-=、__f´::,.- =‐'´:.:.:.:.:.:.::::::)  ノノ
    l   |:::::::::::::::::::::::´ ,‐tァ‐=-  `r‐イ    /
    ヽヽ|:::::::::::厂ヽ:::::. : ̄:.:.:.:.:.:.:.:::/ {      ト、        (馬鹿な・・・
     \!::::::::/   \:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   ヽ     | \
        l::::/       ヽ---一 '   、_ノノ   ト、 ハ l      正気の沙汰とは思えん!)
       ヾヽ、_ -          、_フ′/ / _/ヽ!
            ', __        し   ヽ_∠ノ /  ヒ´ノ
            ', ,-―‐--               /`l
            ', --     ____    /  ヽ、
           l   u   | r――- ニニニニニヽ
              l        | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ ノ |
   r,――‐ ´ ̄ヽ__ ‐┤l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::―‐/ ハ
    {{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   l ||:::::::::::::┌────‐┐ヽ! ヽ、
   ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_ノ   l  | |::::::::::::: |=<>ニ<>ニ<>=|::::::::::::ノ  ,
     ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ_,.r┴┤|::::::::::::└――――‐┘:::::::ヽ__ハ
     ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ!  ', ',::::::::::::::::::::::::::::, -――::::::::::::::::::::::´<
      ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   〉〉:::::::::::::::::, -'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l

743◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:55:31 ID:rNoeRtm20


           ____
         /:::     \
       /::::::::::     \       そうとも・・・その通りだお・・・
      /::::::::::         \
     |:::::::::::::::         |      かつてイヴァン雷帝や
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/      ピョートル大帝は、
  ;/::::::::::::            \;     こうやって歴史を前進させて
  ;/::::::::::::::          \ ヽ;    きたんだお・・・




       /                         |
.       /        π                  |
      |      ノ {               |     やる夫!
      l i   从(´__  `ヽ_                {     考え直せ!
      ヽヽ .{/////`ー´77777ノ丿  /       |
       `ヽ i/////r-、//////ヽ─´  /,    |     奴らの言うことを本気にするな!
         _ノ ∨/_ノ/  ヽ////>/   //  _/
        て ',  ヽ   ` ̄  z  /´  /_       クィヴィシェフの言う工業化など、
         -=>  ',  ニ=  U   レイ    く       達成できるはずがない!
       |::::::::::::|/ ヽ  `    / /   ヽ ト--= _
       |:::::::::::{{ ,|_`ー- - ´  / |_   ノ:. :. :. :. 〉 〉  何もかもが滅茶苦茶になるぞ・・・
       |:::::::::::|| |`ー------ イ _(:. :. :. :. : //    下手をすれば内戦に逆戻りだ!
       └:::::::::|| イ            }t-:. :. :. :. :. //
-=ニ二三三::::::::::}}              |/:. :. :. :. :. //

744◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:56:17 ID:rNoeRtm20



   /       ,_,              ',
   /       ( l 、            ',
   l      ,i、/ 〉ヽ!ヽ、ヽヾ   `ヽi   l
   l    i , ノ ハ( 、 ,-‐..'´`ソ'`ヽ i リ   /    今からでも遅くはない。
  │  i、l=‐':´`"゙:::::::::::::.  : ノノ/、  /
   | i i |/::` :: ::::::::,i ヽ ;::::::..  .:: l l  l   ヽ    農民に対する圧力を緩和して、
   l ヽゝ l::: ::: :::/ |  `' 、::: -'´j l' /   )   ネップを維持しよう。
   ヽ、ヽ ` 、、:::/  !、-     ゝ,l '   /
    ゙''- 、ミ ',   _, - ‐- U /r, 、 `( _   君と私で守った
       _ノヽ\    -    , '// \   )  党の公式路線ではないか!
       `ヲ.  \      / //    `''‐'-,
    , ==l ,  l ` - ‐ '  //   ,---、 /
  , , ' '´   !li  lL.   , - ' 7/   |=000| )
//      `゙゙゙_)| `' '´   l(    ゙ー ' ´く
ヽ.ヽ、        l      ヽ >      l



        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\      黙れお!何が公式路線だお!
     /    (__人__)   \     ネップなんて農民をつけあがらせただけじゃねーかお!
      |       |::::::|     |    もう我慢の限界だお!
     \       l;;;;;;l    /l!| !   こんなもの今すぐに捨て去るべきだお!
     /     `ー'    \ |i    _             _
   /          ヽ !l ヽi   | l [l] | ̄| /l    | |
   (   丶- 、       しE |そ  | 二l  ̄/ [][]∧.|_|
    `ー、_ノ      ∑ l、E ノ < |__|  | ̄/ <_/ <>
               レY^V^ヽl       ̄

745◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:56:42 ID:rNoeRtm20


      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__     農民に譲歩する必要もないお!
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu     農業のために工業化を後回しにする必要もないお!
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |     我がソ連は「無条件に社会主義を建設できる」んだお!
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿     ボリシャヴィキに不可能なことなんて
  /(⌒)        / ̄ ̄´      何もないんだお!!
 / /       /



       ____
     /   ノ( \
   /  _ノ  ヽ、_ \      それとも何かお?
  / ノ( ●━━●   \     飽くまで工業化を阻止しようってのかお?
  |  ⌒ (__人__) ノ(  |    書記局の方針に逆らうなら、
  \     ` ⌒´   ⌒/    今度はお前らがトロツキーと同じ目に遭う番だお!



       /                         |
.       /        π                  |
      |      ノ {               |
      l i   从(´__  `ヽ_                {
      ヽヽ .{/////`ー´77777ノ丿  /       |
       `ヽ i/////r-、//////ヽ─´  /,    |    い、いや・・・それは・・・
         _ノ ∨/_ノ/  ヽ////>/   //  _/    我々も工業化を否定してるわけでは・・・
        て ',  ヽ   ` ̄  z  /´  /_
         -=>  ',  ニ=  U   レイ    く      ただその方法がだな・・・
       |::::::::::::|/ ヽ  `    / /   ヽ ト--= _
       |:::::::::::{{ ,|_`ー- - ´  / |_   ノ:. :. :. :. 〉 〉
       |:::::::::::|| |`ー------ イ _(:. :. :. :. : //
       └:::::::::|| イ            }t-:. :. :. :. :. //
-=ニ二三三::::::::::}}              |/:. :. :. :. :. //

746◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:57:55 ID:rNoeRtm20


               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /:::\:::/::\.   |   |    なら黙ってろお!!
   / <●>::::::<●>\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |!!il|!|!l|      |  /     クィヴィシェフ!!
  \     |ェェェェ|     //      工業化だお!!
  / __        /
  (___)       /        今すぐ工業化を達成するんだお!!

              ,─、
          , ─ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~─、
        /            \
       /               l
       l                 |
      |┌─-______──~|  |
      |/                  |  |
      |   -─_       _─-、 |  |
      | /\__/|   | |___∠ヽ \|
  __ ─|  「`--' _l __ /_`--' /   |─__
 (_ | |  | \ヽ ̄_/ ┐┌  \ ̄/ / | | | _)            了解したんじゃよ
   ̄ ─|  l  ̄            ̄  l  |─ ̄   ___
        | | ┐ ,─     ─、  |  |_   / ヽ___ 入     やる夫どのー!!
     //|∩ |┐_ ヽ r _  l  |  |::: ─_|       l
   /::/::/ /| /~  ───  \|   |   |\:::::::::|       /─、
   /::/::| 〈 | |┌──── ̄ 7|     l\\::::::\___//  \
  l:::l::::| ヽ  | ~| _____/ |   /|:::|::::::\:/     /    /─、
   \:::|  ) / /        丿  /:l::::|:::::::::/ \   /    /   l
   | \|__//~─- ̄ ̄──'  /::/::::l:::::/   l  /    /   /~l
   |  |   |─______─ ':::::/::/:∠_   |/   /   / /
   |  |─-|:::::::::\::::::::::::/:::::::://:::|   7\  l _/ |__/ /
   |  |   |─__ `──':::::::::::/::::::─\__l_ /        \/
   |/|   |  \:::: ̄ ̄ :::::::::/ ̄ ̄::::::::::::::|\       /|
   |/|   |    \::::::::::::::/\:::::::::::::::──| `───-/::::::|

         __
     ,. ''"    ``ヽ、
    /          u ヽ、
  f´   ,  、_       ヽ
  ,ノ   { ン'':. ̄:.V! い  }    (ああ・・・
  !   .r''.:;へ:::.__;ノL、リ (
  !_  .!:::ノ     U 'フィ  ヘ     なんてことだ・・・)
   ゙ーヘ! `,.-‐  ,.r== 、  ヽ、
      心、  /∥  L べ`
    r=゙ッ ̄レ'"∥
     ヾ、  ``i

747◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:58:27 ID:rNoeRtm20


1928年、書記局が主導して急速な工業化のアプローチが取られた。



                                 ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
 ト ノ                           iニ(()
 i  {              ____           |  ヽ
 i  i           /__,  , ‐-\           i   }
 |   i         /(●)   ( ● )\       {、  λ
 ト-┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     | 答 |       工 業 優 先       │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ



ゴスプランを始めとする野心的な計画家たちは、
このネップの農業重視政策からの大転換に熱狂したのだった。


          ゚・ *:  : *・
      *・ ゜゚・ * :  .。. .。.:  *゜
   * ・゜ ゚・ *: . .。.: *・ ゜゚  ・ *  :..
 。. ・ ・*:.。 ∧,,∧  .∧,,∧   .:* ・゜
    ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧∧
   (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`)    やった!!
   | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ     ついに僕達の理論が
    u-u (l    ) (    ノ u-u      実践に移されるんだ!
         `u-u' `u-u'

748◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 21:59:23 ID:rNoeRtm20


【補足】



     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/   しかし、
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !    この大転換は
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||    経済のさまざまな
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l     レベルで拒否感をもって
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|     迎えられました。
       l \     _    ,/ |
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!





          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ   政府や党の専門機関、
       /  ,='  _  ∧_ _,,       工業技術者や鉱山開発の監督者、
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_    企業の経営家や工場管理人など、
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\  専門的知識が必要な多くの人々が
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ   急速な工業化に批判的だったのです。
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
         | |{i t    _     / |
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |


    ∧,,∧      ばっかじゃねーの。
   ミ,,゚Д゚彡,,,,,,   こんなの上手くいくわけねーぞゴルァ!
    ∩,,,,,,,,,,,,,,⊃⊃

749◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:00:13 ID:rNoeRtm20


       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ     というのも、
       ミ                     ゙ミ     こういった職業には
       ミ;==============゙ミ     高度な専門技術と
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k     ノウハウが必要であり、
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',    帝政時代の専門家を
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|    雇うしかなかったのです。
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |    そのためこれらの職業には
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|    多数のメンシェビキや
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|    元帝政派の人々が就いてたのでした。
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /


             ,′   /                \   ノ
           _ l   j//  /       丶        ヽ /
        ___  (._  |  ノ ,   '  ,         '         ' ヽ
     ___/r_- '  ̄  イ (__/ /  /          |  i 、      V
   r :::__:::: {    /:!   ヽ    ,'  │!.    │ !   V      ',
   |:::|  イ^て  イ::::!   ノ .!  l.  │!     ハ  !   l  !  ハ !
   L/イ  「    |:::::!   (_ | l ハ   | | |!   l | |  ノ| !   ! | |   つまり
  .   /!  ハ____. |:::::!    ヽVハ__ヽ__Nヽ|!  l/ j ,.ィl‐j 'T リ イ レ   かつてボリシェビキに
    /::!   l    ヽヽ:::ヽ  ノヘ´ ヽ==ゝl、 `ヾノ' j/ィ´j::V レイ|      敵対していた階層の
    !:::!  !   (  ヽ,=:Vハ ヽ イiナ:ハ        、'-ノ ' l | ヽ     人たちなのね。
    ゝ!   !    ー-..{@jil!| !   ゝ‐ '            ハ ハ. |
      |  !         ´ゞィ'!| |            _′   / | | ヽ    たしかに
      |  !       `ナ'| ト          '-'     ∠_.l  !  \  非協力的なのも仕方ないのだわ。
.      ,|  ::!         /'  l  !_>-_、, ―-、     /⌒Y ,′   lヽ
    /│ ::::!         /   l  ! ' ´ : : : : : : .ヽ-<: : : : :V ハ.    | !
  . /:/  :::::!      /   ,l  !: : : : : : :__ {ゞン}─ - 、:.| ! ノ  / '
   / l ::::i      /    /! i!: : : : /: : : : . Y´: : : : : :L_.! / /
  :/.  | ::::!       \ ,.'   ! i!:__:/: : : : : : :.:.| : : : : : ::_.ゝ-─── ァ

750◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:01:17 ID:rNoeRtm20



            ,.:-=;1―;1―;1―;1,=-;:、
            ミ             ゙ミ
.              ミ      ★      ゙ミ
           /ミ             ゙ミ \
          《  ミ;========゙ミ } 》
.             》/ / / :/ : : : : : : : : : \ ∨《
.            /// : :/ :/ : : : /:/ |: : : : : ∨^:|
           l∨ : : l :/: : :// / :八 : : : l: l : :|     そして、
           | :| : : :|/ :/ //:/ :/  ヽ: : | ハ: :|     貴重な人材である彼らは
           | :| : : :|≧x、/イ//,.ィ≦ハ ノ : l: :|     一般労働者より多額の
           } :|八 :代uzノ    弋uzノ仏イノ: :|     報酬を受け取っていたのです。
.           ′:} 仆⊂⊃     ⊂⊃イ 八 : :|
.        /: : / 八 >  ~~~ .イ}{ : : : |     かつての敵対階級が技術者として
.        /: : 〈 // ̄》 》≫=≪《 《V ∧: : :      優遇されている現状に不満を持つ
.        / : : : : {   》《_》《_》《 〈 /  、: :丶    ボリシェヴィキ党員は、彼らを
       /: : : : : : }   《_/八_》      }: : : :\   「テクノクラート」みなし嫌悪していました。
     /: : : : : : :/    ∨{><}{    {: : : : : : :\
    / : : : : : : /人,___人}><}人__人\ : : : : : :ヽ
   《 : : : : : : // { ̄/∨`¨¨¨´∨\ ̄} \\ : : : : : \
  《 : : : : :/ 《(   } {_人    人_} {  )》 \ : : : : :》
   》: : :/   》)  人人_))   ((_人ノ (《    \: : :《
  《 :/    《(    \        /    )》      \ 》
   `\\    ≫x、    \__/   ,x≪     //


         ∫
   ∧,,∧ ∬       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ミ,,゜Д゜ノ,っ━~  < 当然だろ?俺しかできねー仕事なんだからよー。
_と~,,,  ~,,,ノ_. ∀  \_________
    .ミ,,,/~),  .| ┷┳━
 ̄ ̄ ̄ .し'J ̄ ̄|... ┃
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   .┻


【補足終わり】

751大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/16(月) 22:01:36 ID:AJnScxjg0
武力で政権を奪取すると大体ノウハウ不足が鬼門になってくるな

752◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:02:33 ID:rNoeRtm20


政府や党機関の奥深くに入り込んだ「テクノクラート」達は依然としてネップを支持していた。
彼らは書記局の喚く「強行突破方式の工業化」を心底嫌い、批判的な報告書を上げ続けた。



        ∩∧,,∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ミ,,゚Д゚彡<  このような工業化計画は無謀である!
        ミ    ミ   \_____
  \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄U ̄ ̄\
  ||\             \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
     .||              ||
         _________
  ∧,,∧   /
 ミ,,゚Д゚彡< ネップが唯一有効な政策であることは明白だ!
  ミつ つ  \
~ミ  ミ.     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  U U

    ∧,,∧
   ミ,,゚Д゚彡,,,,,, (なーにが強行突破の工業化だ。これだからド素人どもは・・・)
    ∩,,,,,,,,,,,,,,⊃⊃




彼らの仲間たちは財政人民委員部(財務省)や農業人民委員部(農業省)で
大きな影響力を保持しており、しばしば政策に関与したのだった。


                          .,-、
                          .,|IIII|,、
                        ./;;;;;;;;;;;;;;\
                        .._日iiviiviiviivii日_
                       |:::゚:゚:゚:゚:゚;゚;゚;゚;゚:゚:゚:゚:゚:::|
                     ェ|::::i━━━━━i::::|ュ
                       |::|::::| ||:||:||:||:||:||:| |::::|::|
                      台 |::::| !!:!!:!!:!!:!!:!!:! |::::| 台
                 ___.iェェェ:|;;;;|二二二二二|;;;;|:ェェェi.___
.               |:::,-、::[.___[         ]___]::::,-、:::|
--、.__________|:::IIII :|:::┌┬┬┬┬┬┬┬┬┐:::|:: IIII:::|__________
.___________|:::::::::::|:::││││││││││::.|::::::::::::|__________
.|:|[]|::|[]|::|[]|::|[]|::|[]|::|[]|::|[]|:::「」 :|:::││││││││││::.|:::「」 ::||[]|:::|[]|:::|[]|:::|[]|:::|[]|:::|[]|::
:|:|__|::|r'" . .: ;;;`、:|__|::|__|::|__|:::l:::l:::|:::││││││││││::.|:::l:::l::::||__|:::|__|:::|__|/⌒ヽ-、|__|::
:|:|[]{"  .;;;;;;;;;;;;;;ヽ]|::|[]|::|[]|:::「」 :|:::││││││││││::.|:::「」 ::||[]|:::|[]|/....;;;;;;;;.、`ヽ.::|[]|.:
;;;;/∴` . .::: ;;;;ヽ;;;;;;;).|__|;;|__|..__..|___|..││││││││..|___|__..:::||__|:;;|./"⌒';;  ∴;;;);;;)._|;;
__i_ || ....,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)¬¬:::|::::::::|./. ┴┴┴┴┴┴┴┴ \:i::::::::|¬¬;;;(,,, ...::;;;;;;;;||,,,;;;;;;;;;;);;;
ニニ[_].         -ニニ三三三三三三三三三三三三三三三ニニ-     [__]ニニニ
ニニ[_].         -ニニ三三三三三三三三三三三三三三三ニニ-     [__]ニニニ

753◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:03:42 ID:rNoeRtm20



        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ           財政人民委員部や
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、    農業人民委員部を中心に
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/   大きな反発があります。
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /     これでは工業化に必要な
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/      政策の一貫性を確保するのは
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\     難しいでしょう・・・
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ   特に予算を管轄する財政部門に
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃       反発が多いのは致命的かと。


      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \      どうせテクノクラートの連中だお。
 /  (●)  (●)  \    あの連中、特権階級として
 |      (__人__)    |    党の決定を邪魔してやがんだお・・・
 \      ` ⌒´   /

754◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:04:20 ID:rNoeRtm20


テクノクラートに対して、「意図的にサボタージュを起こし、党の政策を妨害しているのではないか」
という疑惑を生じさせるには、長い時間を必要としなかった。




誰かが党の邪魔をしてるんだ・・・

    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧    言わなくても分かってるよ、
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )   アイツらだろ?
| U (  ´・) (・`  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u   日ごろから文句しか言わないじゃないか。
     `u-u'. `u-u'      やっぱりあいつらは敵対階級なんだ。

元メンシェビキのくせに
しれっと党内に入り込みやがって・・・



           ___
         /     \
        /  ::\:::/::  \
      /  .<●>::::::<●>  \     ・・・・・・
      |    (__人__)     |
      \    ` ⌒´    /

755◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:05:22 ID:rNoeRtm20


         O G P U
   ――― 統合国家政治局



               ┼                                ┼
             /⌒ヽ                            /⌒ヽ
              (;!___!_)              /\            (;!___!_)
             (;;_i____i__)_____________________.//\\ _____________________(;;i____i__)
                !XXXXX| ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ::://三三\\; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;;;|XXXXX|
    ___________________[三三三] ; ; ; ; ; ; ; ; ; //:i |:::iニ|:::i |;\\; ; ; ; ; ; ; ; ; ;;;[三三三]___________________
  /; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;!|;;;;;;;;;;;;;/_;_;_;_;_;_;_;_//::::::i_|:::i__|:::i_|::::;;\\;_;_;_;_;_;_;_;;;;\;;;;;;;;;;;;|; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; \
/;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_|;;:::::::::::::::!::::::::::::::::::;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::::;;i;;::::::::::::: i;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_\
.. ̄|:::::::::::::::::;:::::::::::::::: |;;:::iニ|::::::i:::::::∧:::::::;;|::::∧::::∧::::;::::;:::∧::::∧::::|:::::::∧::::::::;;!;;:::iニ|:::: |:::::::::::::::::;:::::::::::::::: ! ̄
  |::iニ|::iニ|::;::iニ|::iニ|::|;;:::i__|::::::i::::: i_i_|::::::;;|::::i_i_|::i_i_|:::;::::;:::i_i_|::i_i_|::::!::::::i_i_|:::::::;;i;;::::!_,|:::: i::iニ|::iニ|::;::iニ|::iニ|::|
  |::i__|::i__|::;::i__|::i__|::|;;:::::::::::::::!::::::i_i_|::::::;;|::::i_i_|::i_i_|:::;::::;:::i_i_|::i_i_|::::!::::::i_i_|:::::::;;i;;:::::::::::::::| i__|::i__|::;::i__|::i__|::|
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; [三三三]三三三三[ 三三三三三三三三三]三三三三:[三三三];;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; |
  |:::::::::::::::::;:::::::::::::::: |;;:::::::::::::::!:::::::::::::::::::;;|:::::::::::::::::::::::;::::;:::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::;;i;;::::::::::::: |:::::::::::::::::;:::::::::::::::::|
  |::iニ|::iニ|::;::iニ|::iニ|::|;;::::iニ|:::::i::::i |::::i | ::;;|::::iニ|::::iニ|::::;::::;:::iニ|::::iニ|:::|::::i |::::i |::::;;i;;::::iニ|:::::|::iニ|::iニ|::;::iニ|::iニ|::!
  |::i__|::i__|::;::i__|::i__|::|;;::::i__|:::::i::::i_|::::i_| ::;;|::::i__|::::i__|::::;::::;:::i__|::::i__|:::|::::i_|::::i_|::::;;i;;::::i__|:::::|::i__|::i__|::;::i__|::i__|::!
  |:::::::::::::::::;:::::::::::::::: |;;:::::::::::::::!:::::::::::::::::::;;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::;;i;;::::::::::::: |:::::::::::::::::;:::::::::::::::: |
'''''';'''''''';''''''''''''''''''''';'''''''''''''''';'''';'''''''''';;'''''''''''''''''';'''''''''';;'''''''''''''''''''''';''''''''''''''';;'''''''';'''''''''''''''''';'''''''''''''''';;''''''''';'''''''''''';''''''''';''''''''''''




       l:::::l ',__∧ <              !::::::::::/ // 'i▽li
       l:::::lヽ_/リ',、`'              ,':::::::::/:ィ'′  l 」_l_!       なるほど。
       !:::,' リ   ',丶、          ,':::::::::/.:.    }ゝ'ニ,\
       l::/     ', ` 丶 、、__,.  !:::::::/ .:.   ,r'"´    ヽ、    つまりソヴィエト社会の
       l:,'       ヽ :::....   _,, .:-:''"l:::::/ ::  / , -      〉    あらゆる階層に、
      |'>       ゝ-- ‐ 'ヾ´:.:.:.:.:.:.:._l::::L,  / ,/ ,,ィ"   丶、   反ソ分子が入り込んでいる、と・・・
             /      ヾ:.:.:.:. | ク / / /,ィシ'"       /

756◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:05:44 ID:rNoeRtm20


        ,. -- 、、    __
      /, .:'"⌒ヾーァty'´::`ヽ
   -‐ァ'/::::::::::,ィ:、:Y;.::|;、:::::::::::',、
   /' /::::::::::/ ̄`リ::/`''i::::::::::l ヽ
  ,イ ,ィi:.:.:.:.:./_     l:ノ   !::::::::::l ハ
z彡ィ'/ !  /、`ヽ /,..-―|::.:.:.:.::!  |
 イ/ ,j|:.:.:.ィ;ミiヽ`//.:,==l: :.: .:!.  ':、
 /l ,イ,'::::/ ̄´/ ,'   、fti   /// r\
 ´レイlノ:::/     ;.:.   `7:.:.:.:/,'./イ :.  ヽ    それは一大事だ。
  彳lメ:ノ     丿:  /:::::::イ//彡| ∧
 /l/イト、 ヽ――- 、_ /:::/l// /イル'!ヾ:.
△イ「l/リl>、 `` ニニ ‐ シ//,イイハ从 | リ     なんとかせねばなるまいな。
  ▽ /ル'|i\ ゙"゙ /:/,.ィfテ八l>/レヘ !
    ▽ リ| ` ―△'´/|▽    ▽
     _/    '´_∠ ┴z_    '′
    /く彡'´Lr‐ '´ __,、   人
  ,-‐{/|   /_,. - '´  ,. -'´:.:.:ゝ、
. | // / ,'_,. -彡'":.:.:.:.:/:.:.:.:` ̄`` 丶 、
. リ ,' /i  !::::, -'´:.:.:.:.:.:./、_:.:.:.:.:.:.:.:.:.,. -‐ヽ
. / / ,/::| ,l/:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:`>‐ '"´:.:.:.:.:.:.'、
/  ,'/::::l/:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:, - '´:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
  ,:'l::/⌒!:.:.:.:.:.:.:.:/:,. - '´ ̄):.:._,. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
  /:,ン:;:;:;/--―ッ'":;:;:;:;:, -'´ィシ'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:rイ
 ,'/:;:;:;:;/'"´>'´:;:;:;,. ‐ '´,イシ'´:.:.,. ´ ̄):.:.:.:.:.:.:.:.ヽヾ!
.;イ:;:;:;:;'´,. '":;:;:;/:.:.:.:.:ノ/∠ン:;:;:;/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ|
':;:;:;:;/'":;:;:;:;:;:/:.:.:.:.:,.ィ彡:'":;:;:;:;/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、、:.:.ヽ
:;:;/:;:;:;:;:;:;r',. --―:;:'":;:,. -‐',. '⌒):.:.:.:.:.:.:.:.:丶丶::::::〉
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:__;: 彡´:.:.:/:;:;:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヾ:〈
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`` ‐ 、_:_:.ノ:;:;:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾヽ
OGPU議長 ヴァチェスラフ・メンジンスキー


       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \     奴らはネップの堕落に順応しきった
  /(●)三(●))   .\    退廃者どもだお。
  |   (__人__)      |    これからソ連の新しい時代を築くには、
  \ ヽ|r┬-| /   /    邪魔者でしかないお。
  /   `ー'´      \

757◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:06:45 ID:rNoeRtm20


           ___
         /     \
        /  ::\:::/::  \
      /  .<●>::::::<●>  \     あの連中に
      |    (__人__)     |     時代が変わったことを
      \    ` ⌒´    /     思い知らせてやらなきゃならんお・・・


     ,r=、ミミテ^ヽー- 、、
    /;;;;;;,ヘ;゙y;;;;;;;ヽ ` \ヽ
    /;;;rチ=i;;r、;ィfrヽミ、 ヽヽ
   f;r ,;/´ l;l  ヾ、,;ヽ ゙i ぃ i
   l;;;;;\‐-、i! ,r‐ヽ;;;;;l` i i川
   l;;;;;lィroミ'l! ィfo;テ;;;l l lilリハ
   !l;;;;!`゙''"iヽ ^゙''"!;;;ハ! l川__ ・・・・・・
   /ハ;;;ト、 /    l;;/,イi トjlV
   l7 l;;liiヽ.`_,,_  ,j;lノl!リハi7
    jLr'ァヽ` ", ィ7!! l'"'′
    V `' リ`リi´::' ▽ >-、_
       /f^ヽァ''"´ / ,/~
      ,.ゝ/ i  l,,.ィ'",:ァ/:::
     /7V ,!  l",, ='/::::::::
   //:::l/  ハ  l,,ィァ"_:▽-‐
, ィニ´::〈v::f ,; fリ ,l/`´:::::,r:'"

758◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:06:58 ID:rNoeRtm20


        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\     メンジンスキー、やる夫は
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\    全ての敵を排除する覚悟だお。
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |    これから断固たる工業化と、
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    そのための階級闘争が始まるお。
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ


           ____
         /       \
        /       \::ヽ    OGPUには・・・
      /         <● >::'、   革命の剣として
      |             (__ノ_)  重要な責務を果たして
      \            `_⌒   貰わなければならないお。
      /           \

759◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:07:42 ID:rNoeRtm20


           ___
         /     \
        /  ::\:::/::  \
      /  .<●>::::::<●>  \     そのために必要な
      |    (__人__)     |     予算と人員は
      \    ` ⌒´    /     十分に都合するお。


      ,.ィ/::::::::::::::ミf::ヽ彡:::::::::::`ヽミミ丶
     ///::::::::::::::::ミ{:::::liシ::::::::::::::::::::\ミミ
    ′.{/:::::::::::::::/ミ`i:::::トyシ7へ::::::::::::::\
      ,:':::::::::::::::/`゙゙"!、::l    \:::::,:''゙
.     /::::::::::::::::/    ','' ',     \
     〃:::::::::::::::′   '!:::i,    ,, -‐ヾ´,
    ll::::::::::::::,'      ';:::i,  ,ィ'"   ヾ:
     ll::::::::::::.,' -―‐- 、 'i,:'!  ゙ ,. , -‐,,z=
.    l!::::::::::::!   ._,,,_' ,ヾi,:i,   シ',r'"{:.`''′    ・・・OGPUとしては
    l|l::::::::::::l , z,=r;;テミ、', ゙li,   '゙ _,,`ニ
    ゙il::::il ',:::l '´ ヾ.゙''゙ノ   '! ':,           党の方針に従うのみだ。
    li,''゙ ゙' l `' == ''"  l  丶
     lト,、',, :'i,          l             そして反ソ分子を見つけ出し、
     llゞ:::::::::',         l
     llリ>、::::::',      〈 _ _           叩き潰すのが我々の職責。
     ,!jノ ヾ:::::',、       ``"    _,,
     l/   ヾ:::::'iヽ、   _,,. -― '' "´       貴様が心配することは何もない。
         ヾ::ヽ',丶、 ´  、,,,,,. .:
          丶ヽ'i、丶、             ソヴィエトの敵は早晩滅ばされるだろう。
           ゙i,:i,ト、'i l`iヽ、    , ィ′
           、┴i,ヽlハ',i ` ‐-‐ '",/     我々の手によって、な・・・
            ヽ'7 <ラ ',i,     //
             ソ / ,-tL、  , -''"
             `' ,イ  ,:'r'ー'´  , ィ:'

760◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:08:04 ID:rNoeRtm20


やる夫は強硬姿勢を示し、反対派に対する大規模な攻撃に出た。

財政人民委員部と農業人民委員部で官僚の大規模な粛清が行われ、
工業化に否定的な職員が大量に追放されたのである。


               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /:::\:::/::\.   |   |    党の方針に従わない官僚は
   / <●>::::::<●>\  !   !    全員追放だお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |!!il|!|!l|      |  /    命令に従えないなら
  \     |ェェェェ|     //      とっとと公務員やめろお!!
  / __        /
  (___)       /




 はいはい、もうこないでね。  /
______ _____/
         ∨
   ------------- 、____    ウワァァン  ヽゝ     バカ
   /  ̄ ̄ ̄.// ̄ ̄|| |___/\ヽ(`Д´)ノ     ヽ(`Д´)ノ
  イッテヨシ!.∧//∧ ∧.|| |  \ .\(  )ヽ(`Д´)ノ  (  )
[/_________.(゚//[ ]Д゚#).|| |    \ \/ヽ  (  )   / ヽ   ノ
.||_    ___|_| ̄ ̄ ∪.|.| |___\ \   / ヽヽ(`Д´)ノ      ノ
.lO|--- |O゜.|______ |.|_|ニニニニニニl.|ヽ(`Д´)ノ(  )  ゴルァ
|_∈口∋ ̄_l______l⌒ l.|_____| l⌒l_||   (  ) /ヽヽ(`Д´)ノ
──`--'───`ー'─── `--' `ー' ┐  /ヽヽ(`Д´)ノ( )
                         │ヽ(`Д´)ノ(  ) /ヽ     ノ
                         │  (  ) /ヽヽ(`Д´)ノ
                         │ ミ / ヽヽ(`Д´)ノ  )ジャブーン
                         │  ;:   (  )’/ ヽ〃、、..
                     ボシャーン ミ ミ\ヽ(`Д´)ノ /ミ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

761◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:08:55 ID:rNoeRtm20



      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ● ノ\   /\● 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\
.    /  |         |  ヽ   政府内部の反対派のあぶり出しは
.    |   ヽ__人__ノ   |   順調に進んでいるみたいだね。
    \     `ー'´     /
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ    あとは党機関の掃除だけど・・・
    /      ,⊆ニ_ヽ、   |   ゴスプランの内部にも反対派が
   /     / r─--⊃、  |   入り込んでるみたいだ。
   |  ヽ,.イ   `二ニニうヽ.  |


                      O
                      |
                   ,. - ―┴‐-,、
                /―――‐ '´  ヽ
               /,rニ二!    /O7 ヽ
               ,! ヽOヽ    ヽ ̄/ i
               ! ヽ ̄/         |_    それだけじゃないんじゃよ!
            <I´「|     /`ヽ      |」_I>
             ``| ヽ  / ー'`J ヽ  / |´    生産の現場レベルでも反対派は
                 !  | |      ヽ  | |    跋扈しておる!
              |   | r'⌒ヽ_/⌒ヽi、 | |    奴らを取り除かんことには
                 l   | |  ,rー ‐''^ヽ | | |    工業化は達成できんのじゃよー!
               ヽ  | ,レ-‐--、」 ,!   !
               ヽ  ヽ _ ノ⌒ー-'/   /
                ヽ_         /
                 |[口]ヽー――i'´


           ___
         /     \
        /  ::\:::/::  \     心配はいらないお。
      /  .<●>::::::<●>  \    もはやネップの惰眠は
      |    (__人__)     |   打ち捨てられた・・・
      \    ` ⌒´    /   時代が変わったことを、奴らに思い知らせてやるお。

762◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:09:18 ID:rNoeRtm20



  ――― ドンバス炭鉱


                             i~;;i
                             i; ,,;; l
             __,,.. .-‐ '''""`゙''ー-、,_  i ̄;;;,,,i^l
         , -'""'''- .._           i二二二二i
     _,..-'''"        ``丶、.___,,.. .-‐ '''""~~""''' ‐- ...,,__
_,..-'''"                 ``丶、._            _,,..-‐''~""''' ‐- ...,,__
      ___,      IIIIIIIII   ┌─‐┐ `゙''ー-、,_   _,,..-‐''            ~""''' ‐- ...,,__
 ┌‐┐ |ロロロ!==,___loooo|─| ̄|ロロロロ|───┐ ~""''' ‐- ...,,__
 ̄| 日| ̄|ロロロ|〔〕| 田 |┬┬|回|00|ロロロロ|:[]:[]:[]:[]:|'' ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

763◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:09:33 ID:rNoeRtm20


   ――― 炭鉱事務所


                 ||_____||_____||_____||_
              /| ._________ ,________
            /  ||     |      .| |        |
          .||/   ||//.. |//  .| |//... |//
         /     ||/   |/    .| |/.   |/
        /      ||     |      .| |        |
     .||/        ||     |      .| |     .|
     /           .!_|,_____|______| |____|____
   /            ./____________/_______,/|
              |i [工]! ||__。,,,|i――|| o ||iiiiiiiiiiiiiiii|:::::;;;; | ⊂⊃
    /:!         |i [工]! ||__。,,,|i――|| ̄ ̄||iiiiiiiiiiiiiiii|----| .|::::..|
    i,//|       .|i [工]! ||__。,,,|i――||//||三三三|__| .i_,|
    /  |     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` ̄ ̄
    .i|..  |    /
    .i|:::: .. |   /
    .i|::::: : | /          _______ .._______
    .i|::::::/            /         /          /|
    .i|/          /          ,/         ,//||
   /           || ̄ i|~ ̄|  ̄ ̄||| ̄ i|~ ̄|. ̄ ̄||/
  /            || ̄ ̄ 末´  ̄ ̄||| ̄ ̄ 末´. ̄ ̄||

                                _     __
         γ ⌒ミヽ                  (○)=ヽ  | .|   今度政府が示したノルマ、
         (;´ω` )                =∩(゚Д゚,,)===□   あんなもん達成できるわけねえぜ!
         /rヽ/ イl                 ヽ  ⊂ | . | .|    強行突破方式だかなんだかしらねえが、
         (.|__|:_[U]                  |  . |   ~    アイツら現場を知らなすぎじゃねえか!?
           | | |                   し `.J
          私も今回の新方針には
          懐疑的なんだがね。
          政策立案者らは素人としか思えんよ。
          非現実的な目標ばかりたてて・・・

764◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:10:32 ID:rNoeRtm20



.   \      \ \     | ,,,--''''' ̄  | //_,,,,,,--┐ ..| /  _,,,...---
.       || ̄ /l‐|、-/l...\┌' ̄|    _,,,,-ゥ/i`ヽ、   .|ィ-ァ| | 「 ̄   .|
.       ||  ./,' | | |、| ̄''''ー-____,,--''''',,,-'''~/  \|.. .// | | |    |
.       || //==| |=|/ー-< ̄__,--''  ̄   /.     //.|  | | |    |
―--,,,___||_// ┌| |‐---,,,,__ ̄| | |    .     //  |  | | |    |
___ .||l /| | 'l |     | | |         /'''~____,,,,, |  | | |_,,,,--|--''''
====┐ .||/ .| | |l.      | | |     ,,,,,,,―'''''''''''´    |  | | |    |
    ||  ||/ .| | '! _,,,,,,,,,---''''''''''''´ ̄    ―――――|  | | |    |
    ||  || __,,,,-i''''´     _,,,,,,,,----''''''''''´ ̄ ̄ ̄ ̄\|  | | |    |
――||―||ξ  ,Lィ-'''''´ ̄.| | |               |'.―|‐.| |-,,,,,__ |_,,,,
    ||  ||  ̄"´.        | | |               |  | | |--'''' ̄|'''''--
    ||  ||  | |         | | |               |  | | |‐-,_____|
    ||  ロ(()==|       .| | |             \|  | | |    |`''--
    ||  ||  | |.      / .| | |               |\..| | |    |
    ||  ||  | |./  /   .| | |             \|  \ |,,,,....--- |----
    ||  ||  |/  /..   .| | |               |\..| \   ___|,,,,,,,,,,

765◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:10:50 ID:rNoeRtm20



            /\              /:\
            /::::::::ヽ            /:::::::::ヽ        ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
           /:::::::::::::::ヽ______/ : :::::::::: ヽ      <                          >
          /::::::::::___  CCCP  :::::: __  ヽ    <  オラァ!!                  >
        /::::::::::::/・    \:::\\// /  ・\  \  <  泣く子も黙るOGPU様じゃー!!   >
      /::::::::::::::: / ̄ ̄ ̄ヽ ヽヽ_ /_ ̄ ̄ ̄ ̄\ ヽ <                          >
/    | :: :::::::::::/:::::::::::::::::::/ ―――――ヽ ヽ     :::::::::::|  VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
/    |:::::::::         :::/ |┘┘┘┘┘┘\     :::::::::|
/  /| ::::            | |/::ニニニ⊃ | | |     .:::|\\\\   素人だぁ!?
// /|::  i し /      | |::::::::::/::::::|   | |       : |.;*;;∵+・;;\  てめぇら、党の方針を疑う気か!!
////|: ノ (        | |::::::::|:::::::::|   | |       :|∵ \\;*;\  ちょっとツラ貸せや!!
//// |  '~ヽ         | ┐┐┐┐┐┐|      |:;*;.\\\\\
/////|           ├――-‐----―┤     |+∵\\\\\




     ,,,,,,,,,,,,,           ,,,,,,,,,,,,,
    [,,,|,,★,|,,]          [,,,|,,★,|,,]
    (  ・∀・)  γ ⌒ミヽ .(  ´∀`)    来い!
    ( ” :|”フO( ;´ω` )Oと ” :|”〉    裏切り者のスパイ野郎!
    /___:|__|   )rヽ/ イ/ /__:|_|
     し(__)  ( / (_/´   し(__)
              え・・ちょ、え・・・スパイ?

766◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:11:50 ID:rNoeRtm20


最もセンセーショナルな事件は1928年の3月に起こった。
ドンバス鉱業地帯で働く55人の技術者・管理者が一斉に逮捕され、起訴されたのである。


          __,.ィ: : ̄ ̄ ̄ ̄: : : : 、
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
.         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ
       /: : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
.         ; : : : /: : : : : : : : :./l: : : ; : 、: l: : : : : ヽ
       l: : : :l: :/: :/ : //:/ .l: :.:/|: ハ:l、: : : : : :l
       l: : : :l:/: :/ : /7:/≦|: / .l/ォ!:ト! : j: ;イ:!
.         '; : : j: : /l :/ィ須ま j/   '禾リ.j:.:/:/ リ
       V: : :j/: j小. 込jリ     込j ノl/jイ    ちょ、ちょっと待ってください!
        Vハ : : : :ハ `¨´    、`¨ /l.: :|
         }: | : l: : : l u    --、   !::!: :|    いくらなんでも滅茶苦茶です!
.        j、:l : l: : : |、  /: : : :}   .イ:::|: :|
         \j: : :l:| \ ゝ : ノ ∠:::l::::l : !    いったい何の容疑があって
.     _rz-―へ: :|:|    r-<rz_ \:j N
.     /: : : : \  ヽN    {   ヽ: : :. ̄リ     彼らを逮捕するんですか!?
    {: : \: : : : \  ,<^ー、  r'  }: :.r-く: }
.     !: : : :.\: : : : : / /⌒< _r-y-ノ :__}へヾ
.     |: : :\: :\: : :.{   //ヽ:::/: 「ヽヽ   〉
 政治局員・労働組合中央総評議会議長
              ミハイル・トムスキー



      ,.ィ/::::::::::::::ミf::ヽ彡:::::::::::`ヽミミ丶
     ///::::::::::::::::ミ{:::::liシ::::::::::::::::::::\ミミ
    ′.{/:::::::::::::::/ミ`i:::::トyシ7へ::::::::::::::\
      ,:':::::::::::::::/`゙゙"!、::l    \:::::,:''゙
.     /::::::::::::::::/    ','' ',     \
     〃:::::::::::::::′   '!:::i,    ,, -‐ヾ´,
    ll::::::::::::::,'      ';:::i,  ,ィ'"   ヾ:
     ll::::::::::::.,' -―‐- 、 'i,:'!  ゙ ,. , -‐,,z=
.    l!::::::::::::!   ._,,,_' ,ヾi,:i,   シ',r'"{:.`''′
    l|l::::::::::::l , z,=r;;テミ、', ゙li,   '゙ _,,`ニ
    ゙il::::il ',:::l '´ ヾ.゙''゙ノ   '! ':,
    li,''゙ ゙' l `' == ''"  l  丶          容疑?容疑だと?
     lト,、',, :'i,          l
     llゞ:::::::::',         l
     llリ>、::::::',      〈 _ _
     ,!jノ ヾ:::::',、       ``"    _,,
     l/   ヾ:::::'iヽ、   _,,. -― '' "´
         ヾ::ヽ',丶、 ´  、,,,,,. .:
          丶ヽ'i、丶、
           ゙i,:i,ト、'i l`iヽ、    , ィ′
           、┴i,ヽlハ',i ` ‐-‐ '",/
            ヽ'7 <ラ ',i,     //
             ソ / ,-tL、  , -''"
             `' ,イ  ,:'r'ー'´  , ィ:'

767◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:12:27 ID:rNoeRtm20


                  ,.-'", ィ"´:::::::::::::::::Y^ヽ , ‐:''"::::::::::`丶、
                 / /:::::::::::::::::::::::::::/:::::::V:::::::::::::::::::::::::::::::
               , '′,ィ'::::::::::::::::::::::::::::::::: {::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::
                ,:' ,:':::::::::::::/::/::::::/:,:=、 l::::::::::l,:=:、:::::::::::::::::::::::
             /  /:::/:::::::/::/:::::::::::,イ'ミミl:::::::::l彡ミヽ、::::::::::::ヽ:
              /  /:://:::::/:::/::::/::,r'""~゙゙'i::::::::l'""゙゙`丶、;::::::丶',
               ,'/ /:i/ //::::/:::://    l:: ::l   .:.:.:.:.`ヽ:::::',',
                i′,':::l l ,'' .:/イ/::/      l:  :l   .:.:.:.:.:.:.:.:.:',::::::
                |  i:::l.:l l / /.::/       l:. .:l  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:::::
                |  |:::l:l  / /.::/       ',::::l  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:::
                |  l:::::ll  / /:'-―‐‐- 、、  ',:::l  ,, -‐.:''"´ ̄',::     ・・・そんなもの、
                l  ,!:::|l  l l //     _ ``  ',:l  .'´: __,, .:.:.:.:.:.',:
            l /l::::|ll .::ll::::,' _,, ===ミミヽ  ',:! ,':.:.:,彡==≡ミ、     「スパイ」と「危険思想」で
           / /| l::::|||::::ll::,' '´     ``   ,リ l;, .:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
           /イノ! ',:::l|l:::::l:,'          /  |;, :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:      十分ではないですか、
         /´,ノ/! ',::|::::::,'                 |;;, :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
            / l ,l::::::::::l、              |;;;;, :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.      同志トムスキー。
            _,ノ_/}',::::::::lヽ               |;;;;;; :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
            |_/l八::::::ト'ゝ、         ノ '" :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
             リ ノ  ',::::lWハヽ、  、_     .:.:.:.:.:.:.:.:_, .:.:.:/
                 l::::l▽/`>、 丶'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ン´.:イ^'
                 |::::|イ  〈::l \ `丶 ___ ,. '´//!:〉:.:
                 |::::|   ヾ  丶、   、,,_,,   /.:./:l/:.:.:
               /{`>   丶、   丶、__/.:.:.:/:.:/.:.:.:

768◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:12:53 ID:rNoeRtm20


逮捕された55名は、やってもいない罪を「次々と自白」した。


    γ ⌒ミヽ∩ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    :(;゙゚'ω゚'):/<  わ、私は・・・党の方針を妨害するために、
 _ / /   /   \ 外国で組織されたサボタージュ計画に積極的に参画し・・・
\⊂ノ ̄ ̄ ̄ ̄\ \_______________
 ||\        \
 ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
 ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
    .||          ||


        ,/:::::::::::::::::::::/"~`゙ソ:::::::えシ、:::::::::::::::::::::::::::l  |  |      ',
       /:.:.:.:::::::::::::::/     l::::::/   ',::::::::::::::::::::::::::l  | | ハ    !
       ,'  .:.:.::::::,:<       ! ,'     ',::::::::::::::::::::::::l  | | i, l    l
      ,!    .:/ `ヽ、   l::..,'     ',:::::::.::::.:.::::::::l  /l ,l ', ! l l l
      l:.  .:.:オ=ぇ、,':,:ヽ  /::/     ',:::.: :.:.:.:.:.:::l ,' l ,l, /l l l, ,!
       l:.:. .:.:,小、 l;;;;;ヾ,i:.:.} /::/ ,,. -――-l::.     .:l , l /l,イ  l l',l
        l::: .:::l l 丶ミ='^:.:.ル'/ ,z==-   l::.:. :  .:/! l/イ /,l / l '!
       l::::::/l ',     :,ィ'"   ==テ三ミ、!:::..:.:.:.:.:.:/l| ,ル' ,イ/ ̄ ̄\
      ',::::', l, ',    '7′    、、`'ー''",ン::::.:.:.:::::/ l/_, ィl! |   :  |
       !::::l l,  ',  /       ``' =彳:::::::::::/ /ハlL/ l!,|   :  |
       l:::::l ',__∧ <              !::::::::::/ // 'i▽li∠   :  |
       l:::::lヽ_/リ',、`'              ,':::::::::/:ィ'′  l 」_l_!|   :  |
       !:::,' リ   ',丶、          ,':::::::::/.:.    }ゝ'ニ,\__/
       l::/     ', ` 丶 、、__,.  !:::::::/ .:.   ,r'"´    ヽ、
       l:,'       ヽ :::....   _,, .:-:''"l:::::/ ::  / , -      〉
      |'>       ゝ-- ‐ 'ヾ´:.:.:.:.:.:.:._l::::L,  / ,/ ,,ィ"   丶、
             /      ヾ:.:.:.:. | ク / / /,ィシ'"       /

水面下で彼らに何かしらの圧力が加えられていたのは確かである。

769◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:13:51 ID:rNoeRtm20


その結果、外国人技師3名を除く被告全員に有罪が言い渡された。
11人に死刑が宣告され、うち5人は実際に処刑されたという。

あからさまな「見せしめ裁判」であった。




 ___,,,_      彡ミ  ミミヾ ヽ Y i r/ 彡,,,三 ミ ミミ,
  /_ |  _     ,彡ミ  ミ;'" "" "'''''"    :::. "'ミ ミ
 /ヽ/ |/     ,彡彡,,;'":: ..............::::::::......:::::.... :.  ヾ ミ,
 _/ |__,,l   彡彡;'"..::  _  :::::::  ..:::__ :::.. ヾミミ
        彡三ミミ, ..::.../;;;,,,"ヽ:::::l  l./;;;;,,"ヽ::..ミ彡三ミミ;,
       彡;;;;;;;;;;;;;Yミ/"l;;;;;;;",,;;;;;;l===l;;;;;;;,,,,, ;;;;l‐-ミY;;;;;;;;;;;;ミ
        ミ;;;;;;;;;;;;;彡/"ヽ;;;;;;;;;;;_/ ::l   ヽ;;;;;;;;;;_/'ーミミ;;;;;;;;;;;彡
 ___    ヾミミミ彡;      ̄ ̄:: ..:l  ::   ̄ ̄   ミミミミ彡
 _|_|_ l |  l l ヽ;;;l::.     r'"..::..::.."ヽ    .::l  ,/,l'
  |  | | |  l l ∂ l::::...   ..::`ーニ ニ-'::..  ..::: l∂/ ,;l
 /  | . 、|   ヽ、ヽ....:::l :::...    ____    ..::: l' ::.....,/
           \__,,:l   : .;:rT_|__|__|_Tヽ, .:::: l、._/
           r-―/:ヽ   ''" ̄.............. ̄"'' ::: / ̄r^ヽ
          /∧ii, :l、ヽヽ   ..::::   ::::   //:://"ヘ
.         /,i'iiii, ii, l \ \  ::::::::..     /::/ .::l liiiiii;,ヽ
        /,i'iiiiiiii, ii, l  "'ヽ\ :::::::..............//'"  .:l liiiiiiiii;,ヽ
       /,i' iiiiiiiiiii iii, l   "i "''ー――'" /   ..::l liiiiiiiiiiii;, \
      /,i',;iiiiiiiiiiiiii ,iii l.    l:::::::::::;;;;;;;;;::::/   ...:::l liiiiiiiiiiiiiiii;,ヽ\
    //,iiiiiiiiiiiiiiiiii ii l:::....  l,,,...:::::;;;;;::::/  ...::::::l liiiiiiiiiiiiiiiiii;,,ヽ ヽー-、
  ‐''"''l l l l lii;,;; ;iiil _ii l_,,,..-―lー-;_,..,,_/-―-,,__ :l liiiii'"// //"''ー--,,
  _,,-'"l l, l l _l_l__/i, l"      :l :. i l     ヽ_;;;"''-,/,,_// // //
   ヾ l_l_-‐''l l l l l"    .....:::::ヽ::l./:::......    ヽ // //ヽ,_// //


※死刑にならなかった被告も長期刑を言い渡された。

         _,,..-‐‐‐--
      ,,.-''":::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヘ
   ./::::::::::::::::::::/|:::::::::::::::::::::::::\::::ヘ
   /::/::::::::./!::/ |::|::::.|ヽ::::::::::::::::ヽ ∧
   i:::|:::::/:/ |/,  ヘ|\| \|\::::::::|::::|
   |::|:::/|/,,.-''     |!゛'‐-..,,|ヾヽ|:::::|
   .',∨  γ ヾ   ./ニ=ヽ、.|::::::::::::::|
   .|:::  f (:::::)   (::::::) .|::::::::::::: |
    |:::| ||||`"     ゛"  .|::::::::::::::|
    .|::i      -‐-,  u  .|:::::::::/   そ、そんな・・・
    i::゛‐-..,,__  ̄__,,..-‐'"|:::/
     .',:::/   γ ̄ヘ''" ̄ ト |/、      くるってる・・・
     ∨   ,|   i ヽ‐-| ',
         /〉 _,ノ λ |. ',
        |/  .|‐-、  \!. ',
        /  /   \  \ ',
       /  /  .|  \  ヘ
       ヽ__.ノi    |    \__ノ

770◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:14:13 ID:rNoeRtm20


:::,ィミ、:ハ:::::::::V彡ゝ:::::::::::::::::::::::::ヽ丶、 ヽ
/^''`'ー'ヘ:::::::::',"''"゙ヽ::::::::::::::::::::::::ヽヽ、  ヽ
      ',::::::::l    ヽ::::::::::::::::::::::ヽヽ、   ',
       ',::::::l      ヽ::::::::::::::::::::::',ヽ丶  ',
      ',:.:.:;!      ヽ:::::::::::::.:.:.:::',ヽヽ.  l
        ! .:,'       ':,:::::::::.:.:.:.:.:.:', ', ',  l
        l.:/         ',::::.:.:.:.:.  :::lト.',  l
        !;'      _,, 」:::. :.   ::l', ',  l
       ,リ   _, - '"´   ',::.    ::l'、',  l
- 、   il' r_,:''"       ',::    ::l i,', i l
::::::\   ll  .. :.:_, -_,, z==キ:.     .:l l, l ',    死刑はたったの5人か・・・
::::::::::ヽ l!  '彡'"´,:'゙三ヽ ,}:.:..  ..:.:.!、l l ト、',
:.:.:.:::::::l l     、,_辷''彡',ィシ!:.:.:.:.:.:.:.l ト.l l l ヾ    まぁ、狼煙にはこれくらいが
:.:.:.:.:::::l '、     ` ̄ ̄´  l::::::::::::::l lヽ!リ  'i,
:. :. :.::::!                 l::::::::::::,' l /l/     ちょうどいいだろう。
: : :.:.:::l             l::::::::::,' /
: : : :.::l               /:::::::::/ /        さて、さらなる粛清のために
 : : :.:l             / l:::::::/ /
    '        _, ,イ  ,':::::/ /         第二次、第三次逮捕者の
‐- __  -vwャッ'",.イ /リ ,!:::/| /
 、 .,__,. - '"´/ l_/ll /!:/l_l /          リストアップを進めねば。
  、 ,,,_,,, .  / .:: ,|_7l/トL!▽,'
丶、 ___ ,. '"  .::   トL_l_,ィ"lリ
          .::  ,/   l
         .::  /    `'ー- 、、
         .:: ,/    ,,:::'"    l`` ―- 、、
        .::/   ,,:::: ''    l:.:.:.:.:.:.:\`丶


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\    シシシ!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  間抜けなブルジョワどもめ!
  |    /| | | | |     |  ざまぁねえお!
  \  (、`ー―'´,    /  工業化の邪魔をするからこういう目にあうんだお!
       ̄ ̄ ̄

771◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:14:57 ID:rNoeRtm20


この事件は関係者を震え上がらせた。

いまや党の方針転換は明確であり、無謀な工業化計画に賛同しない者には
生命と身体の安全は保障されなかったのである。



   |l | /:::::::::::::::::::::::::/          !: ::!       ヽ:::::::::::::::::::ヽ ヽ ',
   !l l !:.:.:.:.:.:.::::::::::::/___     l:.:/      __',::::::::::::.:.:.:.:.',  ヽ',
   ノ | l:   :.:.:.:.:.:/   、__`゙ミ=ュ ,':/   ,,ィ'"´__,::::::::',:.:.:.:.:   :|  ',
.  /!| l l:...:.     /_,,..;ァ==ミ、`' // ゙ :::'´: '_´,. ===ミt,     |  ト'、
 / リ ! |:::::.:.:....:.. /   .Y:fj>=─. ,'/  |:::::::::::─=<fj:Y |、:..  ...:.:|、 ', |
,/ // | |:::::::::::::::/r''¨´ ̄´     !'   l::::::::::::::::::::::::::` ̄`'!i:.:.:.:.:.:.:.:.| ', ',j
 // | ',::::::::::::/!           〈    |::::::::::::::    :::::::::::,'l|:::::::::::::::l ¦リ!
ノイ! ,!i l',:::::::::ハl、                |:::::::::::::::   ::::::::://|:::::::::::::/  ! ト'、
    リ ハ::::::::{トミ'!                |:::::::::::::::::::::::::::::::,'i/ |:::::::::::/  l |
   /! //!:::::::トトッ              ノ:::::::::::::::::::::::::::::// ,!::::::::/ / ,.N
  / ,!/イ l::::::::トi,ヽ            :::::::::::::::::::::::::::ノ'′ノ:::::::/  l /|l '、
   / /| リ!::::::| jゝ.'、   `='''''¨¨´ ̄ ̄`¨¨'''=イ:::,'   /:::::,イ / lj l! ヽ
.  // l/ l:::::::l//下ゝ、             :::::::::::::::::::::/  /:::/l| j|i |l ヽ
 /´  ,ノ ,ノ:::::ノ/ /| l|/l\      `~""'''''""~´::::::::::::| ,.イ:::/l リ/!ト、 l!
    /;::ィ´/ /,ィ! l| li| \     :::::::::::::::::::::::::::/ |::/ l /l/ ルヘ」
  /ヾシ'´/V/!イィ!」-'ァリ!   丶、    ::::::::::::::,.::::' _」:L..,>イ リ<l77
                                 r―==二 ̄`ヽ
                                  >‐-_'´ u V:::::|
          r―-―== 、               , ' r-- 、   }:::::|
          アー-'^⌒}:::::!                (  '    }  「r、:::|
         /    u  〉:::|                > i}  リ  |ヒ}}: |
         ヽ ==ヘ  /-、::!    _  __       / ー-u'   |ン::: |
 _ rァ__   / i   }} |ヒ}!::|   > ^´  ヽ    ∠__r=_`-イ丁ヽ.|ヽ:::::|
>::::^':::::::::'. /  =u彡  |ン::::|   イ/⌒く  |   、---ヾエヱ二」 ! \|r
そ:/ヽ:::::_::! `1工エエハ ./\:: 「`ヽ  .> i う ヒ}l    <r 、V^ー ´`ー '_| //
 ハ。=Y{.)|   _}-r‐://   ヽ\リ <_r-┬!ト、|_  ∠≦リ::}  , イ //.....
  <.`_^、/く:|  Lー-イ/  //:.:.:.\  f=' j | ヽー-<j /イ   \//..........
  〉-- / /\ (_,イ /:.:./:.: |`Y´|\イ-、 l |   /`ヽ#\  /...................
  ヽ__//   \    ( \:.:.:.| | |:.::__| | K´   l   \#Y=―- 、.........
\   }-― 、  \r──  `'┴┴r!(___  _ア´ ̄`ヽ{     }/.................ヽ....
:.:.:.\/    }    }`ー―― 、  、‐':.:.:.:.:.}   , <`ヽ '._/   /............................
:.:.:.:.:.:V  __/    :.Y´ ̄ ̄ ̄   >:.:/:./   /\   } } ◯./..◯...................../
:.:.:.:.:.:.:Vノ.   ̄`Y:.:.| ( ̄ ̄ ̄ ̄:.:/:.:/  .|:.:.:.:.> / /  .}............................/
:.:.:.:.:.:.:.:.', \. ヽ_人.人   ̄ ̄ ̄ ̄):.:(__,.ィ__j:.:/(__/  ,イ.............../....../
:.:.:.:.:.:.:.:.:.'. ヽ_VL イ:.:.:.:.: ̄「 ̄「 ̄:.:.:.ヽ:.:.:.:.:./  |:.\/ j--―..´........../
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V"´   ヽー--}ヽ \:.:.:.:.:.:.\/    j:.:.:.:\/........................./

772◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:15:30 ID:rNoeRtm20


【補足】

            ,.:-=;1―;1―;1―;1,=-;:、
            ミ             ゙ミ
.              ミ      ★      ゙ミ
           /ミ             ゙ミ \
          《  ミ;========゙ミ } 》
.             》/ / / :/ : : : : : : : : : \ ∨《    OGPUは
.            /// : :/ :/ : : : /:/ |: : : : : ∨^:|    やる夫の書記局独裁体制における
           l∨ : : l :/: : :// / :八 : : : l: l : :|    強力な暴力装置として機能していました。
           | :| : : :|/ :/ //:/ :/  ヽ: : | ハ: :|
           | :| : : :|≧x、/イ//,.ィ≦ハ ノ : l: :|    今までその矛先は
           } :|八 :代uzノ    弋uzノ仏イノ: :|    政敵に対する攻撃に活用されていましたが、
.           ′:} 仆⊂⊃     ⊂⊃イ 八 : :|    いまや一般社会の「好まざる分子」にも
.        /: : / 八 >  ~~~ .イ}{ : : : |    公然と攻撃を開始しました。
.        /: : 〈 // ̄》 》≫=≪《 《V ∧: : :
.        / : : : : {   》《_》《_》《 〈 /  、: :丶   これより、民衆にとってOGPUは、
       /: : : : : : }   《_/八_》      }: : : :\  その司令官メンジンスキーとともに
     /: : : : : : :/    ∨{><}{    {: : : : : : :\ 恐怖の対象となっていくのです。
    / : : : : : : /人,___人}><}人__人\ : : : : : :ヽ
   《 : : : : : : // { ̄/∨`¨¨¨´∨\ ̄} \\ : : : : : \
  《 : : : : :/ 《(   } {_人    人_} {  )》 \ : : : : :》
   》: : :/   》)  人人_))   ((_人ノ (《    \: : :《
  《 :/    《(    \        /    )》      \ 》
   `\\    ≫x、    \__/   ,x≪     //

  / /    .:.:.ィ     ,..:/ .:::::::::::::::::::::::::/ミヘ:::::::::::/ヽ:ヽ::::::::::::::::::ヽ
/,ィ´  /.:.://     /:/ :::::::::::::::::::::::/ミミミ、::::/彡 {:::ヽ::::::::::::::::...ヽ
//   /.:./.:./ :,    /:/  :::::::::::::::::::/`ヾミミヾツィシ"',:::::',:::::::::::::::  丶
. /  /:/ .:./ :/  /:.:./ /  :.:.:. :::::::/:.:.:.:.:.:.:``^´:.:.:.:.:.:',::::l:::::::::::::::.   ヽ
/ /,ィ'´  .:.:./ :/ /.:.:.:,,'. /    .::::::/.:.:.:.      :.. :._|::::ト、:::::::::::::..   '、
,'.// / .:./ .//イ:.:.:/:l-l――-.::、、/:.        .:/.:.|:: | ,ハ::::::::::::::::..  `ヽ
/ / / .:.:./ .:.:.:,イユ:.:./:.:l/ _.:..:::::::::::/`丶、  、   / ,ィf7:.:.|/:.:.\:::::::::::::::.....::::. ',
 / / .:./.:.:./:| {:l:.:/:.:.ノ..:.:.,ニ=ァ',、=;-、:.:.`ヽ.〉  / ,イi}リ_!:::/:.:.:.:.:.:lヽ:::::::::::::::::::::::.:',
,//l /:./|:.:.:.ヽj:.:l:/.::::::::::、/、竺シ_`,、:.:.:   !:'-‐`"´::/l:.ヽ:.:.:.:l:.:l\::::::::::::::::::.:l
'´ ,jノ:.イ:.:./|:.:.:.:.:.l/:::::::::::::/"` ̄ ̄-‐ '.:.:.:.   |:.   /:イ/:.:.:.l:.:.:.:ト、!  \:::::::::::::.l
  ´T゙//.:.:/ |:.:.:./::::::::::::/.:.:.:           |:.:....:/:/:/:.:.:.:.ト、:.:.| l|   ヾ::::::::::|
   |//.:./  !/:::::::_,:イ下、:.:            l:.:.:ノイ:./l:.:.:.:.:l ヾ||     ',::::::,'
   l l.:.:/  ノ::,.ィi´:il:.:.:i:.:|:.:ヽ: t、             ∨´:/ !:.:.:.:.!  ',!      |::::/
   」:/ ィイ:.:./|:.ハ:ノ7|:.:.:.:.\` ー、-;、、__-‐彡',.イ:.|  ',:.:.:/        |::/
   |7> △'|:./ ,l:.l | 〈j、:.:.:.:.:.:丶、 `^'ー'-'-'‐'"´ ,イ/|:.:!   l:./        「i7>
   '´ '´ l/ ▽イ>、 :.\:.:.:.:.:.:.:.:>..、 `"""´/ハ:! ▽  lノ         '"´
         /:::::ヽ \  `>'´`丶、/>―< /ヾノ

【補足終わり】

774大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/16(月) 22:16:21 ID:RWHWJ7Uk0
こんなんでよく工業化できたもんだ

777大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/16(月) 22:17:08 ID:EXECIgcI0
ここらへんカーのロシア革命を読んだとき滅茶苦茶だなぁと思った(小並感)
そもそも実務経験のない連中に、
工業化なんて任せて大丈夫なんですかねぇ(疑問)

773◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:16:12 ID:rNoeRtm20


しかし、誰もがただ黙って怯えていたわけではない。




  |\     /\     / |   //  /
_|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
\                     /
∠      ふざけるな!!      >
/_                 _ \
 ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
  //   |/     \/     \|

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \   ・・・お?
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /

775◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:16:27 ID:rNoeRtm20



               _,..----、_
              / ,r ̄\!!;へ        ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
             /〃/   、  , ;i      <                     >
             i,__ i ‐=・ァj,ir=・゙)      <   やる夫!             >
             lk i.l  /',!゙i\ i      <   貴様のやっていることは   >
             ゙iヾ,. u  ,..-ニ_ /      <   刑事訴追に値する!      >
             Y ト、  ト-:=┘i       <                      >
              l ! \__j'.l        VVVVVVVVVVVVVVVVVVV
              」-ゝr―‐==;十i      _,r--――、
             .ト、.j.!レ' ̄三! >ーr‐r‐r‐<  _,.r<"「 l_____
     ____,..r--r=ヾヽj,r―'"≦__ ̄ ̄r―'"\\ \r",.-、, \
    ∧   ト-'‐'"三へ>ト-‐'"~    ゙i  /       \\(_.人 ヽ._ ヽ
    レ'へ._ノi 「 \ ゙l //./",「 ̄/ / /       ヽ-ゝ. \   /
    レ'// .l l   ! ! i/./ ./  /  / /         ,(  \  ノハ
    レ'/  .! !   i ゙'!  ̄ ∠,  /  ヽ._        ,ター  '",〈 !
   /゙" ,r'" .l‐=ニ゙,「l ! 「 ̄!. /./   ー=='       .l.ト、. -‐'"/!.ト,
  /   .ト-  ゙ー―┘!└‐'='-‐"   ヽ._/   、     トミ、 ̄ ̄._ノノli\
 政治局員・人民委員会議議長(首相)・右派 アレクセイ・ルイコフ

776◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:17:01 ID:rNoeRtm20


政治局において最初に公然と反対意見を表明したのはルイコフだったと言われている。
彼はやる夫の主導する強硬な工業化のなかで、増大する農民への圧力を黙認できなかったのだ。

               ,、
             //
           ///)                     ブハーリン!
          /,.=゙''"/       _,r'三 ̄`ヽ、        なぜ黙っている!?
         i f ,.r='"-‐'つ     /ヘ/" ゙̄\,ミ\       なぜ止めようとしない!?
         /   _,.-‐'゙~     ,! 、!r r。-r ミ   i
        ,i    ,二ニー;     ドツ ヽ ̄  fハ, il      奴は農民を弾圧し、
        ノ    il゙ ̄ ̄      l ー-_゙   ,、/ /      ネップの結束を破壊しているのだぞ!?
      ,イ「ト、  ,!,!         ゙! )二」゙  ,!i Y
     / iトヾヽ_/ィ"___.     ヽ.t  _/,!  i       このままではソ連は崩壊してしまう!
    r;  !\ヽi._jl/゙_ブ,フヽヾーtー:、__ ,トf-≦-=、_,L
    ∧l   \゙7'゙ .j!/ / /\jr=ニ:ー-゙┴、 ゙ミ三ヽi]l「/l      _____
   ./ i !   \.// /./  ./   \ ┌‐ヽミ≦‐十'"!    r",.-、, \
  /  i゙i     /  ̄ ̄ ̄       i .l ッー-、\_ミ「彡゙'ー=‐ (_.人 ヽ._ ヽ
 ノ   ヾ、  /            i! ! \_ ̄i i l r‐へ.__ ゝ. \   /
/      ゙''y'              l .i  、 l  !.j .l l 「,> (  \   人




      /    l
    /    ハ |  、
    /     | | |   ヽ
   |    いl ヽ,l\_ \   \
    | /     ト'  __ , --`ー `ー、 __ゝ  l l            同志ルイコフ・・・
   |!   ,-=、__f´::,.- =‐'´:.:.:.:.:.:.::::::)  ノノ
    l   |:::::::::::::::::::::::´ ,‐tァ‐=-  `r‐イ    /         たしかに、仰るとおりですが・・・
    ヽヽ|:::::::::::厂ヽ:::::. : ̄:.:.:.:.:.:.:.:::/ {      ト、
     \!::::::::/   \:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   ヽ     | \
        l::::/       ヽ---一 '   、_ノノ   ト、 ハ l
       ヾヽ、_ -          、_フ′/ / _/ヽ!
            ', __             ヽ_∠ノ /  ヒ´ノ
            ', ,-―‐--    し         /`l
            ', --     ____    /  ヽ、
           l      | r――- ニニニニニヽ
              l        | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ ノ |
   r,――‐ ´ ̄ヽ__ ‐┤l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::―‐/ ハ
    {{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   l ||:::::::::::::┌────‐┐ヽ! ヽ、
   ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_ノ   l  | |::::::::::::: |=<>ニ<>ニ<>=|::::::::::::ノ  ,

778◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:17:40 ID:rNoeRtm20



                    _ , 、- '' " ̄` ー 、
                  /           `ヽ
              /               ヽ
               /                  ',
            i                      ',
            レ      j                i
              /      ノ八 :|、           i
           /   / /:ノノ  \!ヾ丶          }   だが、政治局内部で
          ,'  / !:/彡イ   _ゝ\\ゝ       ノ   意見対立が起こることは
          {  i l リ´ニtァヾ` ー=ニfァゝミミ     /    党の団結と権威を揺るがす・・・
          \{ {ゝi    i       (     /
            ゝヽ∧   j__,      ノノ7   {     ここは慎重に行動すべきかと。
                ) ヘ  __`   U ゝ、ソ   リ
              (( ヘ   _  ̄  ,.、_ ((    ノ
          ____つハ    u //へヘ) }イ
           ',     彡 i`ー‐<//  ー=ニソ八
           ',    ヽ,ト、___//  「x:x:x」( て
           ',      !   //    ̄ ̄ ))ノ

779◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:18:14 ID:rNoeRtm20


                 /            ` 、
           /                 ` .、
          /                    ヽ
            /                       i
         l             γ      } (  l
          l              i  / ノ ノノル))j ヽ
          ,'           { { { {彡≦≠ュ/ ! リ    レーニンの逝去以来、
         ,'            ゝ、ゝー( ´`ヽニ セヾ 〉ソ    政局が安定したためしがない。
          {            {´ヾメ )        '、
        ヽ、           ヽ))( (          ヽ    内紛が続けば反対勢力に
          ヽ               i ト ゝ         rー′   付け入る隙を与える。
           ミ         ノノ!      ´ ̄」′
         γ⌒     ヽ   {(  ヽ、       `{       クロンシュタットの二の舞は
          ゝ,      !ニニヾ彡 `::.. >     j       避けなければなりません。
        ( つ     ノ   | | ヘ   ┬‐` ー ´
         ミ彡 γ〃〆   | | ̄ ̄ ̄`ヽ=====y
         {    {((ヘ      | |     /       //


                 :.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.::.:.:.:|
                  :.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:.:|
               `´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.|
                .:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、|.:.:.:.|
                   :.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.}
                 :.:.:.:.:.:.:.:, -――..r:.:t‐  |.:.:/
                   .:.:.:l.:.:.:.:`"'''ー----゙´   |:|⌒ヽ
                   .:.:.:|  ヽ:.:.: ̄ ̄`゙ヽ  |:i   |    む・・・
                   .:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙   |i(ヾ  |
                   .:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i':i  j  |    確かにそれはそうだが・・・
                   .:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!j (/  /
                  .:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:し:.:.:.:.:.:.::ハ   /     いや、しかしだな・・・
                .:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/|-´
                ____.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:/:.:|
                   ̄ ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:|
                    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:|
                 ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:|
              :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、
              :.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   , -''´  /|
              `ー―‐' -―''´, -‐'⌒ヽヽ|

780◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:18:45 ID:rNoeRtm20


     /                   _      `,
      !                    `ヽ     l
     /                       !      !
    /     /  /                 、l , -     ',     ネップを否定することは
   l     l   !,ィ               ノ'       ',     党の政策を否定することなのですから、
   ヽ     !  !l!             , , ノ        /    やる夫もこのような無茶を
    ヽ    ト、 ヽ  ! /, _,.-_ ,ノノ ,ィノl'ヽ/,       ,'     いつまでも続けられないでしょう。
   ,...ノ'   | ヘーヽヽl(/ l'´ ≧ミ、_ ,ノ' ! リ! l       ト!_
 r'´イノ    ヽ リ   r'`    ヽヾ歹、=、ヽ ,_リ=、  l  ノ l `     なんとか彼らを説得して
 !( ゞ,.     ´r、 r'       ̄` ヽ  /ゞクイノ /ノ ノノ      行き過ぎを修正することが
 }ヽ、`` ー- _i´, ノ'.lヘゝ          /  /ー '´_, '´        我々の責務かと・・・
 l   ̄` ー- 、`ヽ、l,_        _   l  / ,(´
 !        ` ー-、ヽ       ヾ=-' ,.', ィ、丶、
_,ゝ          _レ'-―- ..,'' ―=- ,イ(   `ヽ\
           `iーrヘ ̄`ヽ、` ー, - '一ー- 、   ヽ.ヽ
                l lー-ヽ _, -`´ , --‐_レ‐- `)  /∠、
                | | ヽ./ r=ー'―‐'´-、  ̄ `ヽ///ニ,
              ! ト.ノ   , ―---=、_ヽ l / \ ヽ
            ヽ〉′      , - 、 `i.| !/   〃,.、!
               /        '   ヽ_!!l'    ヽ'へ\
            /              `ヽ      ヽヽ

             /. : : : `ヽ: : /: : : :\
                / . : : : `ヽヽ:l://. : : : : :ヽ
            / . : : : : : : : : Y : : : : : : : : : :.
            .: : :/⌒\: : : : l: : : :/⌒ヽ: :.:i
            | : :|    ::....、: l :, .'     '.: :|    確かに党の分裂や
           : : :|     ::::`´      ': : |    内紛は回避しなければならない・・・
           '. : |_    ...:::::::.  '" ̄   |: :'
                〉, { ー―u‐ァ.::ィ r―u‐ァ |/、    しかし、
             {う l / ̄::/ | ヽ ̄`ヽ |う}    我々にのこされた猶予は
               V∧ .:::::::〈 |      リ /    あまりにも少ないと思えるのだ、ブハーリン。
               ヽJ.   ::::::ー、l_,.   u  ,ィ′
                 Y:.、 ::::::. __,    /|     (果たして間に合うのか・・・)
              l  \:::::.` こ´   / ,|
               _/|\  \::. l    イ/卜_
          _,. -‐<_} |::人>=.≧ー≦=人::::| {_>‐- .、_
    _,. -‐<_>  ´   乂:::::::三V} | {V三:::::乂  `  <_>‐- .、_

781◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:19:16 ID:rNoeRtm20



   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ    ルイコフはどうするつもりだい、
    )    Y    (      やる夫。
   /γ⌒     ⌒ヽ\
  /  |         |  ヽ   さすがに人民委員会議議長の
  |   ヽ__人__ノ   |   反発は放置しておけないよ。
  \     `ー'´     /



         ______
        r' ,v^v^v^v^v^il
        l / ─  ─ |
       i~^'   (・)   ・ |)      トロ公の時みたいに叩き潰しますか?
       ヽr    ⊂⊃   ヽ
        l      |    |      プラウダはいつでも批判キャンペーンを
    __,.r-‐人      3   ノ_    開始できますぜ。
   ノ   ! !  ゙ー‐------‐'"ハ ~^i  すでに党機関紙は書記局の完全な
    ヽ ! ヽ、_     _.ノ  i  \ 統制下にありますしね。
   ヾV /              ! / .入



     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (―)  (―) \    ・・・いや、
|       (__人__)    |    それはちーっと時期尚早だと思うお。
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

782大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/16(月) 22:20:02 ID:8q3GVSKs0
粉飾決算大売出しの道が固まった時だね

783◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:20:02 ID:rNoeRtm20


     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\    (急な党の方針転換に
/    (●)  (―) \    二の足を踏んでる連中がいるのも確かだお。
|       (__人__)    |   足元の体制を引き締めるためにも、
/     ∩ノ ⊃  /    隊列を整える必要があるお・・・)
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

784◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:20:23 ID:rNoeRtm20


      ___
    /ノ  ヽ、_ \
   /(●) (●.) \     ・・・ポスクリョーヴィシェフ。
 /  (__人_,)    \    少し手配してほしいことがあるお。
 |  l^l^ln ⌒ ´        |
 \ヽ   L         ,/
    ゝ  ノ
  /   /

                                                  ,. -ー冖'⌒'ー-、
                                                 ,ノ         \
                                                 / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
                     はい。                        {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
                                                /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
                     なんでしょうか同志やる夫。         ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
                                             / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
                                            ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
                                            人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
                                          . /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
                                          /   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃

785◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:20:42 ID:rNoeRtm20


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━
━━━━
━━






            ヽ       ` "          /リ
              ヽ      ___  、   ィ-〃
               i. { ー== ┴ ´   ′ / |'′      ほ、本当か!?
              ト.     ̄      /  | 、
             /| ヽ            /   .|.ノ!
              | ̄ ̄ヽ-┬‐―ァ‐-- 'ー‐ '´ ├- .._
        _,.. '´!_   〈 ! / 」    _,..┤     ‐-  .._

786◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:21:01 ID:rNoeRtm20



        /                 ∧          ヽ
       /          ,.   , / \ 、       ヽ
     ィ           / {///! /    ヽi         ト
     /〃         イ / '〃//      | i          }
        ! ,    〃/' !/  ′/       ヽ|       iリ
      リ/!   」 ー- 、、        _,.. -‐、 {      ノ′
          !.  f !.r―==㍉'__r '  ̄三、ミ!_」_/ ヽ  /
         \|  .{ : : 工ユ} |  |: : {⊥∠: } ̄ i' i 、| /
             i  「 ̄ ̄ ̄ .|  `ー―― ′   い !|
           ヽ_|      |            i //
            ヽ       ` "     U    /リ
              ヽ      ___  、   ィ-〃
               i. { ー== ┴ ´   ′ / |'′     元合同反対派・左派
              ト.     ̄  u    /  | 、     グリゴリー・ジノヴィエフ(党追放)
             /| ヽ            /   .|.ノ!
              | ̄ ̄ヽ-┬‐―ァ‐-- 'ー‐ '´ ├- .._
        _,.. '´!_   〈 ! / 」    _,..┤     ‐-  .._
     ̄ ̄ ̄/   |   ==‐ゝ-∠ -‐ 二    |       \  ̄
 人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
<                                           >
<                                           >
<       本当に私たちを復党させてくれるのか!?           >
<                                           >
<                                           >
  YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY
             /..:::   i,    / :::    l
              / ..:::::   `~';:::     |
              / ...::::: : :    ''''      |
            /. : ::::::::::: : :            |
           /.: : : : ::::::::::::::          |
          /.: : : : ___;::::::..    ____   |
          /. : ::/|;;;;;;;;;|\::::  /|;;;;;;;;;|\  |
         |. : ::<  |.;;;;;;;;;|  >:::<  |;;;;;;;;;.|  > |
           | : : ::::\|:::::::::|/::::: \|:::::::::|/   l
         | : : : : : :::::::::::::::::::::::::            |    元合同反対派・左派
        l : : : : : : ::::::::::::::;;:::: :;;::::: ,          |    レフ・カーメネフ(党追放)
         | : : : : : :::::::::::::::::~T-´`-T   し     |
        | : : : :::::::::::::::::::::::::::ヽ_〃           |
       |: : :: : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         |
         l : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.......     |

787◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:22:01 ID:rNoeRtm20



        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ           あなた方が
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、    党の方針を支持し、協力するのであれば、
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/   我々はあなた方の反党的前科を
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /    許し、同志として再び迎え入れるでしょう。
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/     どうするかは、すべてあなた方次第です。
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\    このまま非ボリシェヴィキ党員として
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ   惨めに暮らすかどうか・・・自分で選んでください。
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃


    /          |    }/ ゙ =z、          / /}/.
    V        ,!         ゙ =z、 ´ ̄\  /イ  /
、/ヾ_>ミ、_,_,__/ ヽ            ゙<太 ハ ノ
:ヽ  \          ーi            V/゙7./'
::::丶   \         l            ` //
::::::∧   \         l    U        `{
::::::::∧    \       l              l
::::::::::∧、      \     l  U      、   r~     支持する!!
::::::::::: ∧\.    丶            ヾミz '
:::::::::::::::∧ \  、  ヽ   _,、        _)         私は支持するぞ!!
:::::::::::::::::∧  \ハ   }7´  丶      .′
:::::::::::::::::::∧ー-ミ_オーく     `  .__ノ
:::::::::::::::::::::∧   .,} 丶\
ー---ァ::::::::∧  /|   丶 \
::::::::/::::::::::::∧ / :!     丶 ヽ
::/::::::::::::::::::::::∨        丶  ゚。 
"::::::::::::::::::::::::::::l         ゚。 ゚。

788◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:22:27 ID:rNoeRtm20


        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ          すでに政策は転換されました。
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/   かつてあなた方が主張した
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /   工業化が、いま容赦なく推進されているのです。
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/     我々はいまあなた方に手を差し出す。
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\    拒否するならば、今度こそ真の敵と見做すでしょう。
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃



           /l     、
         / |,,_   / l
        /   :::::::~-'  l
       /   ::::::::::::    l
       /  「●」::::::::::::::  |     そ、それは・・・
       l   :::::::::::::「●」  |     しかし、たしかに今の政策は
      | U ::::::::lゝ::::::::::  |     我々が望んだことだ・・・
     l   ::::::::::::::::::::::::::  |     ・・・分かった、支持しよう!
     |  ::::::::::::::::::::::::::::::::  |    本当に党に戻してくれるんだな!?

789◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:22:59 ID:rNoeRtm20


書記局による大幅な政策の転換は、
かつて政争に敗れた反対派に惨めな降伏を納得させる都合の良い口実を与えた。


                 _,. . -‐-- 、_  _,, ,,_
               /: : : : : : : : : : : "`::::::::ヾ
             /: : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::ヾ彡
            /: : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::::::ミ
            |: : : : : : : : : : : : : : : : :, ト、:::::::::|-─''''、'" ̄ ̄~`ヽ、_,;、
             _|,: : : : : : : : :/: : : : /|/ |:::::レ|`:::::::::::: ヽ: : : : : : : : : :
        _, - '  ̄/: :n/=<_'─'/_>ヽ|::/、::::::::::::::: : : :ヽ: : : : : : : : : :   やった!
     _, - ': : : : : : / トレト ヽ{:エェ:}-,{:ェエ:}ィ//::ヽ::::::::::: : : : : :ヽ: : : : : : : :
   /: : : : : : : : : :/: : `ヽ,  ゙  ̄" | ゙ ̄ "レ:::::::::ヽ::::: : : : : : : : i: : : : : : : :   戻れる!党に戻れるぞ!
   /: : : : : : : ヽ : /: : : : : | | u   ` '    /|: : : : :/ : : : : : : : : !: : : : : : :
  {: : : : : : : : : ヽ /__: :| ヽ ヽニニ='  / | : : < _: : : : : : : : : :i: : : : : : :    これでもう惨めな思いをせずに済むんだ!
  }: : : : : : : : : : :ヽ /: : :ヽ `_   '   / |: : : : : :/: : : : : : : : : :|__,,,
  {: : : : : : : : : : : :}::|: : : : : :\  ̄ ̄r ̄=-イ- ,,_/: : : : : : : : : ::::|"
  |: : : : : : : : : : : |::::\: : : : : :\r'~`、 ヽ      ̄`>,○: : : : ::|
  ,|: : : : : : , -‐---===>ェ__/~ヽ|  ノヽ、  ヽ   /  |: : : : : : ::/
  |: : : : : : : : : : : : : : : : :r-‐/~ レ `‐' " \-,,_、  |  ノ: : : : : ::/
 ,|: : : : : : : : : : : : : : /イ rイ_ノ   r   、_L_ _,) |/: : : : : : ::/
 L: : : : : : : : : : : : : : / !_ ィ    >,,_,/    /: : : : : : :::/
  \: : : : : : : : : : : __| ノ >-‐': : ヽ      /: : : : : : : ::/
   `‐- ,, __O Oヽ::::`'~フ"○: : : : :ヽ   /: : : : : : : 0: : ::ゝ、


つまり、今やかつて自分達が主張した政策が認められたのであり、
自分達には積極的に新方針を支持し、協力する義務がある、という言い訳である。

790◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:23:20 ID:rNoeRtm20


党籍の復活と、主流派に合流できるという餌は、
シベリア各地で惨めにくらす敗北者たちにとってあまりにも魅力的であった。

:::::::::::::::::::::::::::::::: : :: :: : ::: : :              ヽ   i
::::::::::::::::::::::: : : : ::                ヽ マジデ~?
:::::::::::::::::: : : :              \ ヽ  ウッソ~
:::::: ::: : : :                       ∧ ∧
::::: : : :: : ∧_∧         \   Λ_Λ*‘∀‘) Λ
: : : : :  .(´・ω・`)ショボーン        ( ^∀^)   )(^ワ
___ l⌒i⌒⊂)___     ヽ   (     ) |   | ∩
    / ⌒'⌒    /       \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ̄ ̄
__/_____/||         ||\_____\_
_|||_____||/||        ||\||_____|||_
  |||   し し   .||  ||        ||  ||          |||

791◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:23:59 ID:rNoeRtm20


1928年6月、前年に党から追放されたジノヴィエフとカーメネフが復党を許される。


     /      ,r,ィイ从  l                         ヘ   ,ヘ
    ノi   ,.彳ー'     l  l                        / ヽ,  ::.
.-、_r-‐/,、,-、l =- 、. ,r=ム'´_  、─ 、                  /      ::.
    / ´'l.) `‐',_ノ~'ゝ-ィ/   `ノ、ヾヽ l                 /       :::.
   /   |゙r、i    '  /  __  // ノ                 ″<●> <●>::.
  `,フ  l ヾ、l ヽ二ニノ/l ´ー、 .r' ' /                 |       ::::.
  ヽ   ヽ ヾ、、__//__ノr‐-、-'─ 、               |     フ  :::::::::.
   ヽ   ヽ‐|  | \  / i.l´゙i -─ 〈                /          ..::::.
                                      /           :::::



そして、かつて政争で敗北したはずの左派の人々が次々と返り咲き始めたのだった。
復権した彼らは、そのままかつて自分達を弾圧したやる夫の隊列に加わっていった。


                               x≠:.:ミ、
      ,、zxz 、                    ,{ 狂三ミ }z≠-ミ    _  ィ=ミx
      ト,:::::::ハ                      ‘f  ム-イハ ィ乍ハ  ぃぐ/ミ=-}.ィ=-}
     f゚ '^¨ト、_L -ミ             ,、 n    ア:::::::::::〈 ム_ムz.〈災什ミ=-ム_.ム_
 __,、  ヒ ./:::::::{ ,、  ヽ            〈 ` }   ./:::::;::::::::└ァ':::::::::::::ト, ム三匕_/:::::::::::::
.〈 .ハ    `):::::::T:::::ヽ ヽ         `ヽ `ーヤミ/ヽ:::::::ノ::::::;:::::::::::L人/::::::::::::::\ー 、::
. \ \  ./ヽ::::::::::::::::ヽ  ≧         `丶} └-- ` へ:/ヽ:::::::::::::::::}::::::::::::::::::::::\
    \ `¨チヽ:>、:::::::::::::::}ハ入            `¨¨ ー― く::::::ry、:::::::::::::/::::::/:::::::::::::::::::\
      ー '   \:::::::::::::::::::::\                 \L_  ー‐へ :/\:::::::::::::::::::
            `ヽ::::::::::::::::_ム                /:ー::=-- イ_/:\:::::::::::::
             }::-‐:::´:::::ハ              /`丶::::::::>”::::::::::::::::::::::::ヾミ::イ
            イ::::::::::::::::::::/::::|            /    > 厂`丶,人::::::::::::::::::::}/:::::
            イ::::::::::::::::::::::/:::::: !           〈   Z 〈   ∠:::::ムハ::::::::::::/::::::::
        /  >ャ―‐ 个---r′           ヽ/:::::マ::ヤチハ ヤ ̄ \::/::::::::::::
        '. /:::::::`ヽ   |   .|              ヽ::::::::マj マ:ム \  /7 ̄ >

792◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:24:40 ID:rNoeRtm20


失脚したトロツキーはなおも闘志を捨てず、
中央アジアの辺境からシベリア各地に飛ばされたかつての仲間達に
書記局の口車にのらないように手紙で呼びかけ続けていたが・・・


                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'    あんな甘言に惑わされてはいけません!
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ       一国社会主義や
         /\          /ヽ- '           書記局独裁の共犯者になるような
       /   ヽ、     _ イ               愚は犯してはならないのです!
      /      ヽ、  Y
     /            ー┴、
.    /               |
   /            \     |、
    元合同反対派・左派
          レフ・トロツキー

793◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:25:03 ID:rNoeRtm20



.          i:\
           l::::::\
          |:::::::::::\
         /:::::::::::::::::'.
  _____/:::::::::::::::::::::}                  .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l     }ヽ            .|                    |
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    /:::::i            |                    |
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/__/:::::: |            /    ̄ ̄ ̄ ̄      /
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::′          /              /
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/           /   騙されるな    /
‐---、::::::::、::::::::::、::::::::::::::::::::::::::::  ´           /              /
___ヽ::::::lヽ::::: |.\:::::::::::::::<             /   トロツキーより  /
:::/ ~>、\{:: \:{: ̄> _:_:_:_:_::>          /             /
::l f   ` __::::,_>'゚ヽ / :}、::ヽ           /             /
、i   仞    仞 '/ ,/ \}           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
_,  u ~ ̄  __,  ̄~ ,'/
:ハ             i
___}>     ̄  /      ・・・・・・
!`ー-  ≧‐-=≦l>、
!        ̄~! ̄  ├──────┬‐-、
≧=- ____|__.  -=≦三三三三| |==/、\
三三三三三| |三三三三三三三三l | ,/ ヾ }⌒ヽ
トロツキー派・工業化論者
      ゲオルギー・ピャタコフ



  ヽ/ | ,  :::..  , -‐……- 、}`ー─
.   {:. / |   :::....   _  -‐…‐ 、:: ::
   `ー{::..__」  、  , r'¨       .::|:. \
::.       `ー= _/ {  、     |  , /      どうした。
            L_人  ヽ    / / /
 ̄`             `  ----- ´ }、      まだ迷っているのか、ピャタコフ。
   、   、   ヽ   __    =--‐''/|
\  \   \   _二>-,=─ ´///////
三==─── ¨ ̄ /  /////////////

794◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:25:38 ID:rNoeRtm20


   乂___乂   ヽ' / },γヽ
   -======、    Y  / | 、__}==、
=': : : :γ⌒゙\\   ヽ/ /|ニ=、‘,‘,
: : : : :.人    \\  ∨/}: : :ヽ|} ‘,
: : : : : :.f \    \\. ¨/:.:./¨ヽ. ‘,
=、   |  \    \ゝ-'/、  /-─‐
  ヽ   .    \.   }.r'  { }/
ヽ ‘, 乂__rtァ__≧、_ノノ_≦彡'乂
 ‘,  ,   γ´¨ ̄ ̄¨  、⌒ヽヽ`ー─
  ヽ/ | ,  :::..  , -‐……- 、}`ー─
.   {:. / |   :::....   _  -‐…‐ 、:: ::
   `ー{::..__」  、  , r'¨       .::|:. \
::.       `ー= _/ {  、     |  , /
            L_人  ヽ    / / /
 ̄`             `  ----- ´ }、     やる夫派 セルゴ・オルジョニキーゼ
   、   、   ヽ   __    =--‐''/|
\  \   \   _二>-,=─ ´///////
三==─── ¨ ̄ /  /////////////

                                 ``'<::::::::::::::::::::/ !:::::/ l::::::/ __..,,,,、γ`ヾ
                                 /:::::::::::::::::/ー//ー/::::/´___ヽ:::://こ }
                            ___/::::::/ラ/ヘ--'、_  /:/イこ心 j:/ }ソ /
                                 ̄ ´ノ/  イヘ 弋) ′  _ゞ=イ      /
                                /  .イ  ト ̄         /ヽイ;ゝ    セルゴ・・・
                                 /  / /  / ヘ `_ _  u  ′ トゝ
                                く  /  /  /   ヽ     /    |
                              ヽ´   /  /      ヽ __,.イ--ー─‐┴-、
                                  ヽ/      /  /´     _ <` ー―イ7´ ̄`ヽ
                                              /  /   _ ,.、<::::::::::::::::::::7//`ヽ    \

795◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:26:02 ID:rNoeRtm20


            , =-‐ニニニミヽ、
          ,ィ´ィ,ィ'"´_=-‐-=、`ヾヽ
       .,r‐‐=///´r''´⌒、_∧_⌒,=、ヽヽ、____
ー<´ ̄~¨7  .///f´`,ィゝ‐''.〈ハ〉 ̄ゝ‐'、ヾヽ`ヽ\r‐-、
ヽ  ヽ _/ .///r‐f´     〈ハ〉    f`Y:l‐-、. }  l‐-、
 ゙v''"´  `ヽ{ i l`/'"//⌒ヽ. 〈_〉 ./⌒ヾ、 l l、  `ヽ ノ´`,、´ヾ
  }ゝ、 __, ィ'"l l: Y`i l l (⌒ヽヽ__/´,ィ'⌒) l l_l_l、ゝ ___)´` ⌒    トロツキーを
  .l`ー---'''"l l:..l rf⌒ l`x、 ` v ´)ヽ,ィ' ff´ ハ `ー-‐'i ´` ,,、     裏切ることになると思っているのか?
  l       l l八ノl ヽri゙ゞニ゙、_|_,∠´、",r`Y ノ    l
  l    _ ヘ∨ゝ. /.f´l:.'´-三-`゙l`iヾ ハ'"     l       だとすれば、恥じることはない。
  .ハ,ィ'"´:::ヘ //ヽ,,`ゝ{ ,>=< }‐'"rヘ l.      l
 .ノ //////∧'"ヽ、゙ ゝ ハ'´ヾ  ,イハ ノ,ィヘl /⌒ヽ l       今や党は最後の階級闘争を
:./ l///////,`>-、 八_,,` ー‐‐'__ノ´ ,,ィ'"/////} l       始めようとしているのだ。
/  ゝ///////////`ー=i `ー―'  ,ィ'´////////ノ l
   ` 、////////////l l7777l l´/////八 ̄   /       お前たちが目指した、社会主義を
  _ =-‐'"///////>'"_ ヾ//ノ l////////`>. /        建設するために。

                    、、
                     }::ヽ.
                 _ ......... _   /::::::::ヘ    ,ィ
           /:::::::::::::::::::::`′:::::::: ;   /:ハ
        ,イ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ....イ::::::::::!
          {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j
.         ,ゝ:::::>-ー=TTー¬::::::::::::::::::::::::::::/
       //く_二ニ=V=ニ∨廴_ :::::::::::く___
.        ′  !:::::::::: { こ_| |/ γテト 人::::::く ̄
          ∨:::::::人(_ | |!   _iソ (  ソ⌒
              ∨::::::::::ゝ | |i     ゝ
.             〉ハ小/ | |:! u   - ′   ・・・
                _|__ | |」、   /
               /__  ̄ ¬ ̄
          /::i     ̄ _¬- 、
            /:::::/      /::::::::::ハ
.         ,::::::// ̄ ̄`iiヾヾ:::::::::::::ハ

796◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:26:28 ID:rNoeRtm20


.               /  /::::::::::,::, -‐─==--- 、
                /  /:::::::::∧' }ニヽ: : : : : : : : : :
                  /γ¨゙>= ,/!ヽ.}/ ̄ ̄ ̄¨¨ 、: : : :
             ,' .{/  /ヽ! /  .-─-     \: :
           , / | ,/ ´¨i { /¨ /: : : : : : : \   \    たしかにやる夫は
.         /¨/.γ゙⌒ヽ:. : |  ¨ /: : . ⌒ヽ: .: :.\      かつてお前たちを攻撃した。
      _./ r'  {  、 \ゞ=='': :/     }: : : :.:‘,
ヽ _ .≦三三{:   Y :i \  ‘, :/   ヽ 、  ノ  : : : ‘,    だが、党の大義の前では
≦三三三三 /`ニニ}| {  \. Y      }='}¨,         Y    以前のわだかまりなど小さなものだろう。
三三三三三,' :::::::: γ  .、__tァ≧{ __≦三ゞ_ゞ、='      {{
三三三三三|::::::  {:  γ¨ ̄ ̄¨=--¨¨ `ー、}  γ⌒ヽ`    たとえ党籍を持っていなくとも、
三三三三三|     ,'r  ¨ ̄¨=‐- _      r、. }ヽ /   ‘,   お前はボリシェヴィキだ。
三三三三三|   厶_            | ヽ!  }     }
三三三三三!γ´ :|::  ¨=‐-         人_}__}`ー'     '    ならば、トロツキーよりも
三三三三ニ| { ヽ :|    ノ   Yヽ___/             /    党の為に働くべきではないか?
<三三三ニ| |`ト、_ ‘, ´   .从__},         ー──--'
  -=ニニ=-| 乂  `ー─  ¨               ..::    お前はいま、
.         |  _>=、__ =-           _> ´ .:    正当な義務を果たそうとしているに過ぎない。
.         | |//////∧  ̄¨t¨=───  ¨    ..::::
.       ', :l///////∧   \ `ー--   --   ...::::


;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;|\;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ,,
;;;|__\;;;;;;;| \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丶- ‐--一´
;;;;|─‐\;;;l= ̄ゝ,,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
\|::ι::l,ヘi ,-‐、, .∥ヾゝ;;;;;;、‐-、_`>
:::::::::::::::::_  (゚c) ' ,/ソ / \;;;;ヽ
::::::::::::::;;;;;;;;: ̄  /'ソ /―-、 \|ヘ      お、俺は・・・
:::::::::::::ゝ:::ι:. / /       .Y´  \
::::::_`_´、:::::::: /ノ       iヽ     \   裏切り者じゃないんだな・・・?
::::'.-‐´:::::::: /         l |ヘ,    ト
::::::¨::::::::::'/ ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,  l.|  \ l

797◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:26:47 ID:rNoeRtm20


.    >‐ 斗 ¨: : / /: :{:     \<ミt         当たり前だ。
  /  //: : γ¨7,//: : :.:Y⌒\  ‘,: :`寸        お前の居場所は俺が作ってやる。
 /   / /: : : : /`ー´//: : __ :.{.    \ ‘,: : __\
./   | |: : : ノ   〈〈 -‐ `: ゝ._tァ__ゞ='-' };} .)      戻ってこい、ピャタコフ!
    | |: :Y´ ̄Y、 } }__   , ィ ,,   >'¨¨≧ェ__    また内戦の時のように、共に闘おう!
.    Ⅵ {   } }γ´   \/ |' .{.    ,γ´   , \
\    Ⅵ ゞニ彡'::{   ij    ̄¨¨^ ─Y_.」_ヽ / ィ }           /ヽ
、__}   ‘,',l    !:::!                ¨ ‐- 、′      /   }
」-'¨\  \\__/  \_〟-‐       `ー‐- _   ノ    / ̄〉'_>´ ̄У ̄\
    \  \\         _         / ̄_ ェェ/_/       {_   〉
.       \  \\  \ \ゝ_ 三二≡=-─ ´仁}三三三三三三三≧ェ.    ̄¨ヽ



                |::::::::::::::,―¬::::::::::::::::::::::::,ν::::::ノ|::::::::::::::||:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                l::::::::/ イ-、 \:::::::::::_/./::::::/u |::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                 |:::/ /,___| /::::/ ´ -/∠   |:::::::::| \:::::::::::::::::::::::::::く__
              l::l゙ |゛  l !:::/ u  _,゙ニニ_ l:::::::|/  l ::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄
             /::ヽ .ヽ. l !ilト    // 兀、 `'「ヽ::::!  | ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
               /:::::::::::::ヽ ゝ" '! !    {ノ;;;ソ!    \!__ヽ、.\:::::::______/
          , -リ_ル::::::::::゙ッ_ノ'"     ゝー〈、     /弋ヽ.`./\\,
___=======ミ、 .リ .{ ,..ルく、 l   #  Y,!  .,-′   {ノ;;; l l/   \ニニニii、
圭圭圭圭圭圭`'''マ;;、..″   \.|      /,i'゙.!l   ___ 、゙'YニY'"
圭圭圭圭圭圭圭圭`'!マ、、   ゙'ミ、    ./ !.i {,!__  .||`T|  ゙1i"
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭`''ミヽ、 .\   〃〃ヽ _`゙'ーij__   .l/
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭 `.'ミヽ、..l.\.,ll゙.l/   `-、__±_ノ //  O
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭`'-,゙'ヽ, ゙''i,!.!    ー` //
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭 `'、..`''"'lヽ、   .,/〔/
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭__\  .`''〈, ̄      ◯
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭-'''''''"´ ____二゙;;-、o


※ピャタコフとオルジョニキーゼはロシア内戦中、
 コミッサールとしてウクライナ戦線で共に戦っていた。

798◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:27:35 ID:rNoeRtm20


かつてトロツキーと共に書記局に抗い、党から追放されたピャタコフが、
トロツキーとの関係を断絶し自己批判したことで復党を許される。


              ,      ___ _
              /{     /  /
           /  、  /     {        ー―┐O
          ∧{   ∨      、        /
            i  ヽ           ‐-、     ̄  __ノ
            |                  \        |
            |                   ヽ ト、
          、                  ∨ }
.         トー ┘                    ,
         \__   _ /  ∠/ ∧        /  か、勘違いするんじゃねえぞ
.              ̄ト∠ -</ / ¬ー―- 、/   別に俺はトロツキーと仲間だったわけじゃねえんだ!
.             /|、_〉 、_,.二‐  ̄`¬‐ァ-、-i      本当はトロツキーに騙されてただけなんだからな!
     _ -‐ ´ __K_   ー=     レ'う } /     あんな野郎、今はどうでもいいぜ!
.      ヽ -― < /|r―‐ 、     ミ   ーン /  ノノ
       </ /\||` ̄`|       /T´ >    _ -ァ ┐
     _,// /    ヽ 、  |     _/  〉¬ ゝ-‐ ´  / /|
   ,/   | l       \二 ‐ ' ´  /  / l      / / ̄  、
_,.-┘     | |       | | \___,/  / /     / /     \
         | l       | |\ |___/ /      / /        `¬- 、
         | |       \`二二二 - '′      / /               \

             _____
            __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ
           /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
         ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::::::::\
    / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::::\
   / /  /|::::|   ,   | ゙='':::〉:::::::::::::::::\     な・・・!
   |  /   | |:::;|   _ ^     :::/::::::::::::::::::ド、!
   |      レ:::! ‘、_j   U  /:::::::::::::::::;ヘ| \
  /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W     \
 /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'     >  \
/    |      \_____/レ´   //    ヘ

799◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:28:06 ID:rNoeRtm20


さらにトロツキーにとって衝撃的だったのが、
強硬なトロツキー派だったプレオプラジェンスキーがトロツキーを切り捨て
書記局に交渉を提案したことだった。


        i|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::/7゙/ー‐-ヽ:::::ト、ヽ、:::::ヽー、 ヾ、._:::::::::::::::::::::|::::i::::l::|:::::::::|i
        !|:::::::::::::::::::::::::::::::::::/イ-'"´_`ヽ、::.. ゙、::::l ゙ヽ、゙ヽ、ヽ,.-'"´_`丶、_:::::::::::l:::::|::::l:|::::i:::::l !
       l |::::::::::::::::::::::::::::::ノ< ( (::::::) )::::::.. ヽ、゙、 `..:::::゙ゝ {'(:::) ) ゙>''ヽ、|::::i|:::||::::|!::::| |
        | i:::::::::::::::::::::::::::l' / ゙ヽ、`‐-'"ノ::::::  ..::::ヽ:ヽ ..:::::::ヽ. ヽ-‐" _ノt  `l:::::l|:::l|::::|l:::::| l   トロツキー?
        ! |:::::::::::::::::::::::::::|ノ ..:::::::`゙¨"´:::::::::::::::::::::::::::::゙v  :::::::...`゙ ̄"´``...   l:::::l|::::|::::|i:::::::i !   そんな人知りませんね。
      l !:::::::::::::::::::::::::::i   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    ::::::::::::::      |:::::l|::::|::::l|:::i::::l |
      ! |:::::::::::::::::::::::::::::|    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                i:::::ll::::i:::::l|::::|::::| i  それより私を雇いませんか?
      | !:::::::::::::::::::::::::::::i          :::::::::::::::::              l:::::i|::::l:::::i::::∥::l l  農民との戦いでしたら
      l |:::::::::::::::::::::::::::::`l           :::::::::::::.               /:::::::!::::|:::::|l::::i|::::iノ  私の力は大いに役立つと
       !::::::::::::::::::::::::::::::::::i            ‐、 -            /:::::::::|::::l:::::::l::::||:::::|   思いますよ。
      |::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙、             ....            /::::::::::li:::::|::::::il::::l::::::|
       |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ         .-二二‐、         /::::::::::::l|:::::i:::::::|::::i|:::::|   昔のことは水に流しましょうよ。
       !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、       ‐──‐          ,イ:::::::l:::::::i::::∥:::::l:::::|:::::|


        /:::∧::::ヾ::::、::::::::`::.、:::`:::、:::ヽ:::ヾ\
       j::::/::::゛、::::ヽ:::ヽ、:::::::ヽ、::::::ヽ::ヽ:::ヽ `
       l::::!:::l::::!:ヽ:::::゙:、::::ヽ、::::::゛、:::::::::`::.、::::\
       j/:l::::!::l:ト、:ト、:::::::::、:::ヽ、:::::ヽ::::::::::::::\{`\          こ・・・
        i!::::!:::!:ハ!_」l_ \{`\、____、:.、:ヽ:::::::::::::ト\
       ハ::::V:::! ソ oヾ \^~/ o ヾ:i`:.、:::::::::::!、__,, - 、      この裏切り者ども!!
      ′ i:::i:!::ハ ヾ=彡     ヾ≡彡リl::::ヽ:::::::{ ! /     \
        ヾ{i::::l:!              ハ!::::::::::!:}`ヽ/ /    lヽ、
         /^ヽ!::リ:、 U   ` ^  ノ´)/::::::::从ト{   /      | }〉、
     /    ソヾ{\  <ニ>' / ̄i ̄`)V  !         | l! lヽ
―- 、 /          ゙ 、 \/   ' / {<⌒′/ !       亅/ ! \
   V      ` 、    \/       }〈  / /  l     /,. -─‐-ヽ、
    !         ヽ,   丨        )ノ_   /   |l  / /         \
    l        {\  {    / /{_,ノ       リ / /
    i!       \ `、  亅   / _,. - '´          K,/     jL/
     !       \、 ヽ丨    「           !  / /  / /⌒〈

802大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/16(月) 22:29:34 ID:8q3GVSKs0
トロツキー派と言うより、反ネップ派というのが正しい連中だったもんな

800◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:28:54 ID:rNoeRtm20


トロツキーは飽くまでこの甘言を拒否し続けたが、
すでに彼はどうしようもなく孤立していたのだった。

            ,
           ,r/ ,;-ー_
         /:::レ:::::三:::::`ミ::=-、
         ,i::::::::::::::::、:::::::、::::ヾ::ヽミー-、
         ,r'::::::::::::::::::ヽ::::::::\.:::::::::::::\
      //:::::/:::;:::i:::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::::ヽ
.       /::/:::::::/_ヽ:!:::::ヽ:::i`_、:::::ヽ ::ヽ:::::::!
       i::/::::::::/'oヾ、:::|ヽ::Y o\:::::i!::::ヽ::::\
     l:::i:::::::::lゝ- ' ヾ、゙ ! ー '、ヽ:::::!:::::ヽ::i ヽ  私は諦めませんよ!
     !::!:::i:::::!   ` ` ヽ     i:::::!::::::::::::i
       l:!:::l:::l !  ,r_ー‐-、     l::::!::::::::::;::i   あんな白饅頭に
      !|:.!::',   i'/ ̄ ̄ i  U  l:::::::::::::ハ:!   頭を下げてなるものか!!
    .   l::::::ヽ.  i    i    ィ::/i:::::ハi  !
        i::li:::\ `ー--‐'   / リ |:::リfハ、_
         _..!:ハ::::l;ヽ、    /  " l::/i ヽ. ``''ー- 、._
   ,r‐'''"´  ! リ!i ヽ `='"   ,   リ /  ン       /ヽ、
   /ヽ       ヽ ヽ ヽ   /   /        /   ヽ
  l   \      \  '     //          /    i


彼は自分が過去の人になったことを決して認めなかったが・・・

801◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:29:24 ID:rNoeRtm20


合同反対派を手なずけ、隊列を補強したやる夫はネップへの圧力をますます強めていく。
ネップによって築き上げられた全てのものが、破壊されようとしていた。

         ___
       /::::::::::::::::\
      /:::::─三三─\
    /:::::::::(○)三(○).\
/⌒)⌒)⌒.:::::::::: (__人__) :::::: \    /⌒)⌒)⌒)
| / / /     ` ⌒´     | (⌒)/ / / /,,-''ヽ、
| :::::::::::(⌒)            /  ゝ ::::::.,,-''"     \
|     ノ              \  /_,-'"         \
ヽ    /            ヽ /\            \ ドォーン
 |    |           __   //\\           \ ガガアガーン
             /|[]::::::|_ / \/\\         /
           ./.| ̄ ̄ ̄ ̄ //\ \/  \      //    ___
         |  |:::「「「「「「 / \/\  /\\   /:::/   ./|    |__
       _..|  |:::LLLLL//\ \/  \/\\/::::::/  /  | ロ  .|lllllllllllll
      / llllll|  |:::「「「「 / \/\  /\ .\/ ./::::::::/  / ./ .|    |lllllllllllll
__     llllll|  |:::LLL.//\ \/  \/\  /::::::::/  | /   .| ロ  .|lllllllllllll
         |  |:::「「 / .\/\  /\ \/ /::::::::/⌒ヽ| ||/  |
         |  |:::L //\ \/  \/\_, -― 、  ''"⌒ヽ,_
                (⌒ヽ、_,ノ⌒Y"    Y     .....⌒)
            (⌒ヽー゙ ....::(   ..::.......  .__人.....::::::::::::::::::::



やる夫は農村と共に労働現場を統制するために労組への圧力を強化した。
このことは、労組のドンであるトムスキーから猛烈な反発を受ける。

                  .  ┏┓┏┓
                  .┏┛┃┃┗┓
           /: : : : : : : : : ┗━┛┗━┛ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∧
           ,': : : : : : : : : ;'.┏━┓┏━┓イ: : :/!: : : : : :.:/: : : /: :/:/: :.',
            |: ハ⌒ヽ: :.;.-‐.┗┓┃┃┏┛|: :./│: : : :.:,イ: : : /: :/.: : : :.:|
          ,r‐〈:.{ ヽ二j /、{ 、__l ┗┛┗┛/ |:./  !イ: : :./ |: : /l: :/: : : :j : !
         /   \   Lノ  〉-┘ : /_j/ j/、 l/    |: : / |∠.イハ: : :.:/!:.;'
.        | \   )    |: : :.|: ;イ  ,二ニ≧z、   j/ 彡F〒キ,|: :./ j/
      / ̄`<´ ̄     j: : : |/ |ィ彳,r::vJヾ       化レJ F|;.イ
.     〈 へ__)   ___人/7、jヲ K匕>ク         ゝッツ ,ノ !:.:|
      〉       フ´    /l / ヽ >rr<ー       、  ` ̄ヾ` j:.│   いいかげんにしてください!
.      {       /      j ゝ   ノ            ,.: 〉       ,': :.|
     ',                 ,.-イ        ___     ,イ: : :|    いくらなんでもこれ以上は許せません!
     _∧      _     / : : ト、       /┬‐┬「   /:ノ : : |
.  _//   ` ̄7  ∠ニ二´ : : : : l__lヽ     (:.:.:.:.:.:.:.:|/ ./: : : : : : :!___
. // {.       ,ィ'        ̄\_:レ|:::.:.:.:.:..  \:.:.:.:.ノ ∠二ニ>ー┘   「⌒
´O:l   \__∠ノ            厂'::::::.:.:.:.:.:. ー-- イ^ヽ           |::|:::
O:::へ、     /|             {:::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:..      |             /:/:::

803◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:30:09 ID:rNoeRtm20



                ,  ''  ̄ ̄ ゙ 、
               , "     .il/  ヽ
              .,'  ,- 、  !' ", -、  ';
                .| 〃r  ヽ__., ' l::::::l  l
              | 〉 j   .!  ., .l:::::i:! .|
              | ミ !   ´゙i l/  ヽ:l!l |
              ,-l, ゙<ニ・,>,}l'ヽ=,・フ;:j!'゙l    もはや限界だ!!
              l代 .!" ,' .l::::.、゙  i::|7リ
              ヽ,j l  ゙ _l.::: '  .|:ト'     座視していることはできない!!
               | ' u  ──-  .j''|
              ,-| 冫   :::::  / |,,    ブハーリン、我々は腹をくくるしかなくなった!
              .|゙ 、ヽ ヽ____,ィ"/,,/ |
              .|,, ゙ '' ''= ┬ ='' " ,,|
         _,,、ァ''' ̄}| .Ε ̄i_.}l{_ 厂∃ .|{ ゙̄'''‐.r‐- ..,,__
三ニ-、,-‐ァ''."7゙ ./__,, _.ノ\ .ヒ__ "| ゙ __ヲ/ ヽ_,,/   .l  "¨}'' ‐-r''ニ三
ニ=  .{__/,__.,/- ''゙      "' -ニl | lニ- '' 〃     ̄"‐'‐─-'、.,,,__ノ =二
-'' /-、   ,‐- ..,,         丁  /  ,,... -‐'' ̄ ̄フ     ゙| ''-=



   /       ,_,              ',
   /       ( l 、            ',
   l      ,i、/ 〉ヽ!ヽ、ヽヾ   `ヽi   l
   l    i , ノ ハ( 、 ,-‐..'´`ソ'`ヽ i リ   /
  │  i、l=‐':´`"゙:::::::::::::.  : ノノ/、  /
   | i i |/::` :: ::::::::,i ヽ ;::::::..  .:: l l  l   ヽ
   l ヽゝ l::: ::: :::/ |  `' 、::: -'´j l' /   )       ・・・・・・
   ヽ、ヽ ` 、、:::/  !、-     ゝ,l '   /
    ゙''- 、ミ ',   _, - ‐- U /r, 、 `( _
       _ノヽ\    -    , '// \   )
       `ヲ.  \      / //    `''‐'-,
    , ==l ,  l ` - ‐ '  //   ,---、 /
  , , ' '´   !li  lL.   , - ' 7/   |=000| )
//      `゙゙゙_)| `' '´   l(    ゙ー ' ´く
ヽ.ヽ、        l      ヽ >      l

804◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:30:45 ID:rNoeRtm20


      /                              ヽ
      /    l                            ヽ
    /    ハ |  、                            |
    /     | | |   ヽ
   |    いl ヽ,l\_ \   \
    | /     ト'  __ , --`ー `ー、 __ゝ  l l
   |!   ,-=、__f´::,.- =‐'´:.:.:.:.:.:.::::::)  ノノ
    l   |:::::::::::::::::::::::´ ,‐tァ‐=-  `r‐イ    /
    ヽヽ|:::::::::::厂ヽ:::::. : ̄:.:.:.:.:.:.:.:::/ {      ト、
     \!::::::::/   \:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   ヽ     | \         わかりました同志ルイコフ。
        l::::/       ヽ---一 '   、_ノノ   ト、 ハ l
       ヾヽ、_ -          、_フ′/ / _/ヽ!
            ', __             ヽ_∠ノ /  ヒ´ノ      止めましょう、彼らを。
            ', ,-―‐--   し           /`l
            ', --     ____    /  ヽ、
           l      | r――- ニニニニニヽ
              l        | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ ノ |
   r,――‐ ´ ̄ヽ__ ‐┤l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::―‐/ ハ
    {{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   l ||:::::::::::::┌────‐┐ヽ! ヽ、
   ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_ノ   l  | |::::::::::::: |=<>ニ<>ニ<>=|::::::::::::ノ  ,
     ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ_,.r┴┤|::::::::::::└――――‐┘:::::::ヽ__ハ
     ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ!  ', ',::::::::::::::::::::::::::::, -――::::::::::::::::::::::´<
      ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   〉〉:::::::::::::::::, -'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l

805◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:31:19 ID:rNoeRtm20


1928年7月、中央委員会の会議において、ついに反対派が声をあげた。

それは、何としてでも工業化の圧力を弱めようとする右派と、
例えどれだけ犠牲を払うことになっても工業化を達成しようとする書記局の対決の始まりであった。


   /       ,_,              ',
   /       ( l 、            ',
   l      ,i、/ 〉ヽ!ヽ、ヽヾ   `ヽi   l
   l    i , ノ ハ( 、 ,-‐..'´`ソ'`ヽ i リ   /
  │  i、l=‐':´`"゙:::::::::::::.  : ノノ/、  /
   | i i |/::` :: ::::::::,i ヽ ;::::::..  .:: l l  l   ヽ
   l ヽゝ l::: ::: :::/ |  `' 、::: -'´j l' /   )
   ヽ、ヽ ` 、、:::/  !、-     ゝ,l '   /
    ゙''- 、ミ ',   _, - ‐-   /r, 、 `( _
       _ノヽ\    -    , '// \   )
       `ヲ.  \      / //    `''‐'-,
    , ==l ,  l ` - ‐ '  //   ,---、 /
  , , ' '´   !li  lL.   , - ' 7/   |=000| )
//      `゙゙゙_)| `' '´   l(    ゙ー ' ´く
ヽ.ヽ、        l      ヽ >      l
                                             .____
                                          ;/   ノ( \;
                                         ;/  _ノ 三ヽ、_ \;
                                       ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;
                                      ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;
                                      ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;

右派はブハーリンとルイコフを中心とし、
さらに労働者に対する圧力に我慢できなくなったトムスキーがそれに加わった。

       _,,..-‐    ̄
     /
    /::::::::
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  //|:::::::://:::::/ |::::|::::::|ヽ:::|ヽ::::::::i\::::::::::.∧
  i::./::::::/::i::::/::/::::i:::::::i::::::::|ミ:::::::iミ:::\::::::::::i
  ∨::::::::::::::∧::::::∧::::∧::::::|\:::::| \ミ::::::::::i
   ∨::::|:::/r',~.ニ...∨ \.|''-.,,ニ,'_"'i::::::):::::i
   .|:::::( ', 《 |::i||り     .イriiリ| 》.|::/::::./   もう許せません!
    ヘ:::::ゝ',. 弋ニノ     弋ニソ  i/:::::/
    ヘ,::::', ',             /:::::/     やる夫のやり方には
     \ヽ >‐.,_  ⊂ニ⊃ _,,.. く":::::/
       ヾ/  i>''''‐-γ⌒、∧/      断固反対です!!
        i  _/   )T|   '  ',
       |    /  | \    ',      私も反対派に加わります!
       |   /  o|  \   /

806◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:32:10 ID:rNoeRtm20


右派は強行突破方式の工業化を痛烈に批判。


                           ____
                        ´        >―- 、
                    /        /     丶、
                 /         /          `ヽ、
                   /       /           |  ヽ
                 /      '              |   '
              /      / 〃 〃 ィィ      |  ′
               |         {  {,.ヘ 仏ィ´~`'<,ノノ  ノイj   }
               |        人,イ   {:::::...::::::::::::`ヽ/ 川  ハ
              |       八ト从:::::::::::::::::::::::::;=v彡イ    }
                   |          `ヽ `   __;;;ノ⌒{:::`く}   ノ
              /|           ノ   `゙゙゙     乂:::::Уノ′
            _ ノ              ゝ         - ノ::::/´     今や農村に漲る緊張は
             _`斗…=≡ニニ=¬^    <⌒丶_  ヽィ       危険な域に達している!
            [  -‐=ニニニニニニニニl |        ` ァ′ 人ゝ
              |ニニニニニニニニニニニ7 /、       ゙   / ノ^      このままでは叛乱が起きる
           _,|=ニニニニニニニニニ7 /  丶、     /i⌒^       可能性すらあるのだ!
        _/ニニニニニニニニニニニ7 /``丶、:::..___/ィ汽二二ニ7
        ニニニニニニニニニニニニ7 /       〔,ィノ)仏ィニニニニニ/ /    今の書記局のやり方は
         ,ニニニニニニニニニニニ7 /        〉ニニニニニニニニ/ /     戦時共産主義の再来に他ならない!
          ニニニニニニニニニニニ〈 〈 丶、     /ニニニニニニニ;;//

807◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:32:40 ID:rNoeRtm20


両者の対立は次第に感情的なものになっていった。
書記局を中核とする多数派はブハーリンらに「右翼反対派」とレッテルを貼って非難した。
               ,,____,-、
             ∠、_,,-─`;i
  、,从,、,        /ヲ;!::!令、;/'l
  } ギ 《      c,!`''<、 `- '゙`lリ>     ああ!?
  》 リ .{       ,! ト='ニ) イ |       ならなんじゃ、内戦を乗り切った
  } ッ 《      ,! E=ミ,ノ l |       戦時共産主義は失敗じゃった言うんか?
  ~/v'`       ヽ、     |
              ス[F二ルニ]/~つ、   そら失敗じゃろうよ。
            /~,,_,,-─'"(`っ`l、リリ
          /~二__ノ''リ`-'"イ ヽ  貴様らみたいなプチブルかぶれの
        / ̄ ̄  ,,/  、'i  /L ,,ゝ 腰抜けどもにとってはな!
       /,,-┬┬''||    `i'   ノ !, |
  、,从,、,// ,l':::::L ||;;;;||    ,,,ト-'"  レ
  },ビ 《/  /::::::|レ、||;;;;ヽ    l ┃┏━┓
  》 キ .{  :::::::::/ス イ、;;;;ヽ     :::┃  ┏┛
  { ッ ゝ:::::::::::::i':::::/::ヽ、;;;;ヽ、  ::: ・  ・
  ''/v'`/ :::::::/ ::::<_(^^)=ヾ;;;ヽ!:::::::


      ノ L
      ⌒
   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈○ ノ\   /\ ○〉ノ L
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ ⌒   暴動を恐れて
    )    Y    (       農民に無制限の譲歩を与えるつもりか!?
   /γ⌒     ⌒ヽ\
  /  |         |  ヽ    この「右翼反対派」め!
  |   ヽ__人__ノ   |    我々の偉大な社会主義事業を邪魔するな!!
  \     `ー'´     /

808◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:33:08 ID:rNoeRtm20


この事態に対し、やる夫は・・・





やんややんや
   \      ☆
             |     ☆
      コノヤロー  ⌒ヽ   /    ボカ
    \  (´⌒  ⌒  ⌒ヾ   /
      ('⌒ ;     ⌒ ::⌒ )      ボカ
     (´  (              ::: ) /
  ☆─ (´⌒;:    ::⌒`) :;  )        フザケンナ!
     (⌒::   ::          )  )  ::⌒ )
    / (       ゝ  ヾ      )


           ___
         /     \
        /  ::\:::/::  \
      /  .<●>::::::<●>  \     ・・・・・・
      |    (__人__)     |
      \    ` ⌒´    /

809◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:33:33 ID:rNoeRtm20



           ___
         /     \
        /  ::\:::/::  \
      /  .<●>::::::<●>  \
      |    (__人__)     |
      \    ` ⌒´    /




          / ̄ ̄ ̄\
        / /     \ \
       /  (●)  (●)  \     ヘニャッ
       |    (__人__)    |
       \    ` ⌒´    /

810◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:33:45 ID:rNoeRtm20


                     ( 嫌 す 仲 こ )
                      ) だ .る .間 れ(
                     ( お の .争 以 )
                      ) ! は .い 上(
           ,, -──- 、._   (      .を   )
         -"´         \  .)   .  .    (
        /              ヽ.(   .  .     .)
         /             ヽ~、_       _(
       |      _ノ    ヽ、_  .|  `,~~~´
        l     o゚⌒   ⌒゚o  l
       ` 、      (__人__)   /
         `ー 、_.   ` ⌒´   /
            /`''ー─‐┬''´
            /  丶. i  |
           ./ 丶、_)|_ノ|_
           .|  ̄ヽ._  ´  ヽ
           ヽ、 _/´`ヽ   /

811◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:34:06 ID:rNoeRtm20


          ____
        / _ノ ヽ_\
       / ∩l^l^lnnl^l^|\        みんな止めてくれお!
     /  。ヽ   ∥  ノ \       やる夫達は一緒に闘ってきた
     |   /   人   l   |      仲間じゃないかお!?
     \ /   /|ii!i!|\ \/       なんで仲間同士で罵り合わなければ
.      |    /. |;;;;;;|  \ |       いけないんだお!?もうこんなのたくさんだお!
            `ー´


...........................,..:--――‐--.、_
::::::::::::::::::,.:r'"/        ゙ヽ、ミ川川川彡
:::::::::::::/ iill /        ミ       彡
::::::::::/,∧ N / "  _,.r―ヽ、 三  ギ  そ  三
::::::::,i!" i! il゙ _,.;r'"     ヽ 三.  ャ  れ  三  /       /           |  ヽ
::::::,i   V;/         i三  グ  は  三 /      '              |   '
:::::i    "      ヽ   , 三  で       三/      / 〃 〃 ィィ      |  ′
::::ノ  、 i  ノ      ゙、  .三   言  ひ  三|         {  {,.ヘ 仏ィ´~`'<,ノノ  ノイj   }
:(、_ .ソ "   __    .三   っ  ょ  三|        人,イ   {:::::...::::::::::::`ヽ/ 川  ハ
::::l ゙ヽ-ツーヽ=<___。>‐'  三.  て   っ  三.|       八ト从:::::::::::::::::::::::::;=v彡イ    }
::::l   .:!   \_        三  る  と  三 |          `ヽ `   __;;;ノ⌒{:::`く}   ノ
::::ヽ .::j  ::.  ゙ー:.      三   の   し  三 |           ノ U `゙゙゙     乂:::::Уノ′
::::::゙:. Y__..._. ::.         ,三   か  て  三              ゝ         - ノ::::/´
:::::::::゙:. ヽ‐"          ト三  !?    三斗…=≡ニニ=¬^    <⌒丶_  ヽィ
::::::::::::゙:. ヽ二ニ=’  し  / 彡      ミ -‐=ニニニニニニニニl |  u     ` ァ′ 人ゝ
:::::::::::::::i!  ゞ:::       ノ   彡川川川ミニニニニニニニニニニ7 /、       ゙   / ノ^
:::::::::::::::::i! /      _/〃   ;! .l.  _,|=ニニニニニニニニニ7 /  丶、     /i⌒^
::::::::::::::::r゙、___,.∠/.:/   __,.-‐ト、_ ニニニニニニニニニニ7 /``丶、:::..___/ィ汽二二ニ7
:::::::::::::::l.「 ,  ┌-===―‐‐tTr-―‐ニ┐!ニニニニニニニニニニ7 /       〔,ィノ)仏ィニニニニニ/ /
:::::::::::::::l゙ーj  ト--  ゙l  l l l 「 ̄ .」 l

814大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/16(月) 22:35:37 ID:dF6joDZM0
しかし、ギレンとシャアが仲良いとこみてると妙に笑えるw

812◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:34:58 ID:rNoeRtm20


この時、やる夫は自らの過ちを認め右翼反対派に大幅な譲歩を示した。




        ____
      /      \
  o ○ o´  _ノ  ヽ、_ `o ○ o      全部やる夫が悪かったお!
.。゚   / o゚/⌒)  ((<))゚o\   ゚ 。    結果的に農民を
    | 0 / /(__人__)'  0 |       いじめるようなことになってしまったんだお!
    \ / /  `― '     /       「非常措置」は確かにやり過ぎだったお!



       /                         |
.       /        π                  |
      |      ノ {               |
      l i   从(´__  `ヽ_                {
      ヽヽ .{/////`ー´77777ノ丿  /       |    そ、そうか・・・
       `ヽ i/////r-、//////ヽ─´  /,    |
         _ノ ∨/_ノ/  ヽ////>/   //  _/     いや、分かってくれれば
        て ',  ヽ   ` ̄  z  /´  /_
         -=>  ',  ニ=  U   レイ    く      いいんだが・・・
       |::::::::::::|/ ヽ  `    / /   ヽ ト--= _
       |:::::::::::{{ ,|_`ー- - ´  / |_   ノ:. :. :. :. 〉 〉
       |:::::::::::|| |`ー------ イ _(:. :. :. :. : //
       └:::::::::|| イ            }t-:. :. :. :. :. //
-=ニ二三三::::::::::}}              |/:. :. :. :. :. //

813◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:35:19 ID:rNoeRtm20


              ,. -─────────‐- .、
             // ̄ ̄\      / ̄ ̄\\
           /                     \
          /        ::::::::::::::::::::::::::::::::       \            ・  ・  ・
        /   / / ̄\\::::;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::// ̄\\  \        『 次 か ら は、
       /    |  |. ┃ .| | ::::;;;;;;;;;;;;;::::| |. ┃ .| |    \
     /      \ \_// :::::::::::::::::: \\_//      \     このような事態は
    /     ../ ̄ ̄\ /   ::|::   \ / ̄ ̄\..     \
   /         :::::      |      |      |       :::::      ヽ   回避されると信じているお』
  |               |      |      |              |
  |               \__/\__/               |
  |                |       |               |
  |                |r─‐┬──、|                |
  ヽ                |/   |    |              /
    \              \      /             /
     \               ̄ ̄ ̄ ̄             /

                 >   ̄  <
                /         \
               ′ , 、     , 、   ',
                    ′ /  \ | /  ヽ  |
               l 〈     ` ´     〉 |
               | /   、       ゙l l
                  r、 l 、_-ッ 、ヽ〈 ,r ッ-ァ l r、    ・・・!!
                  l.Ν    ̄´'1 ー ̄  レ .リ
              ヽ ハ      |     | ./
               `l l   `ー '  u /|´
                   | 、  ー一   /|
                  f|  \     , ′ト,
                 |ミ≧、_ヽ __/,ィ#彡|
              _ イ ┌゙ミミtzrィ彡ラ'7 ト、

815◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:35:58 ID:rNoeRtm20


右翼反対派と書記局の対立は上手く包み隠された。

やる夫の妥協によって党内意見の完全な分断はかろうじて回避され、
慣例的な全会一致は維持されたのである。


                           ____
                        ´        >―- 、
                    /        /     丶、
                 /         /          `ヽ、
                   /       /           |  ヽ
                 /      '              |   '
              /      / 〃 〃 ィィ      |  ′
               |         {  {,.ヘ 仏ィ´~`'<,ノノ  ノイj   }
               |        人,イ   {:::::...::::::::::::`ヽ/ 川  ハ
              |       八ト从:::::::::::::::::::::::::;=v彡イ    }
                   |          `ヽ `   __;;;ノ⌒{:::`く}   ノ
              /|           ノ   `゙゙゙     乂:::::Уノ′   わかった。
            _ ノ              ゝ         - ノ::::/´
             _`斗…=≡ニニ=¬^    <⌒丶_  ヽィ        これで我々は合意できる
            [  -‐=ニニニニニニニニl |        ` ァ′ 人ゝ       着地点を見つけられたということだ。
              |ニニニニニニニニニニニ7 /、       ゙   / ノ^
           _,|=ニニニニニニニニニ7 /  丶、     /i⌒^        妥協が得られた以上、
        _/ニニニニニニニニニニニ7 /``丶、:::..___/ィ汽二二ニ7    これ以上党論を分断するつもりはない。
        ニニニニニニニニニニニニ7 /       〔,ィノ)仏ィニニニニニ/ /
         ,ニニニニニニニニニニニ7 /        〉ニニニニニニニニ/ /      我々の反対意見は取り下げよう。
          ニニニニニニニニニニニ〈 〈 丶、     /ニニニニニニニ;;//


       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \    わかってくれて嬉しいお・・・
  /  /⌒)   ⌒゚o  \
  |  / /(__人__)      |  やる夫はすごく反省してるお・・・
  \/ /   ` ⌒´     /

816◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:36:30 ID:rNoeRtm20


               ,、
             //
           ///)
          /,.=゙''"/       _,r'三 ̄`ヽ、
         i f ,.r='"-‐'つ     /ヘ/" ゙̄\,ミ\
         /   _,.-‐'゙~     ,! 、!r r。-r ミ   i
        ,i    ,二ニー;     ドツ ヽ ̄  fハ, il    (待て!ブハーリン!
        ノ    il゙ ̄ ̄      l ー-_゙ u ,、/ /
      ,イ「ト、  ,!,!         ゙! )二」゙  ,!i Y      やる夫は信用できるのか!?
     / iトヾヽ_/ィ"___.     ヽ.t  _/,!  i
    r;  !\ヽi._jl/゙_ブ,フヽヾーtー:、__ ,トf-≦-=、_,L     あの口ぶりは・・・
    ∧l   \゙7'゙ .j!/ / /\jr=ニ:ー-゙┴、 ゙ミ三ヽi]l「/l
   ./ i !   \.// /./  ./   \ ┌‐ヽミ≦‐十'"!    穀物収奪の可能性自体は否定していない!)
  /  i゙i     /  ̄ ̄ ̄       i .l ッー-、\_ミ「彡゙ー=r.、
 ノ   ヾ、  /            i! ! \_ ̄i i l r‐へ__\ー-、
/      ゙''y'              l .i  、 l  !.j .l l 「,> ゙t.,>‐fi


    /    ハ |  、
    /     | | |   ヽ
   |    いl ヽ,l\_ \   \               (・・・・・・
    | /     ト'  __ , --`ー `ー、 __ゝ  l l
   |!   ,-=、__f´::::::::::::::::::::::::::::::: : )  ノノ           考えすぎでしょう、同志ルイコフ。
    l   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`r‐イ    /
    ヽヽ|:::::::::::厂ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::/ {      ト、       仮にも公式な場所で人民委員会議議長たる
     \!::::::::/   \:::::::::::::::::::::::/   ヽ     | \      あなたに明言したのです。
        l::::/       ヽ---一 '   、_ノノ   ト、 ハ l
       ヾヽ、_ -          、_フ′/ / _/ヽ!    やる夫とて、この言葉を反故にしようとは
            ', __             ヽ_∠ノ /  ヒ´ノ   さすがに思いますまい・・・)
            ', ,-―‐--               /`l
            ', --     ____    /  ヽ、
           l      | r――- ニニニニニヽ
              l        | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ ノ |
   r,――‐ ´ ̄ヽ__ ‐┤l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::―‐/ ハ
    {{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   l ||:::::::::::::┌────‐┐ヽ! ヽ、

817◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:37:37 ID:rNoeRtm20


思いっきり反故にした。


             ___________________________
            /
          /
        /       / \                      / \
      /        / ● ..\                   / ● ..\
    /        /       \                /       \
  /         /          \             /          \
/         /             \          /             \
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
 
                   /                      \
                 /                          \
                |              |             |
                |              |             |
                 \            ../\           /
                   \______/   \_____/
                     \                   |
                       \                 |
                         \               |
                           \             |
                            \            |
                              \          |
                                \        |
                                  \____|

818◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:38:25 ID:rNoeRtm20


1928年秋。

妥協すると言ったその舌の根も乾かぬうちに、やる夫は二回目の穀物徴発を命令。
しかもその規模は、前回のものを上回るほどであった。


 ,,,,,,,,,,,,,, ,,,,,  ,,, ,,,,,,,,,,,,,, ,,,,, ,,,  ,,,,,,,,,,,,, ,,,,, ,,,,, ,,,,,,,,,,,,, ,,,,, ,,,,,,,,,,,,,, ,,,,, ,,,,,,,,,,,,, ,,,,,, ,,,,,,,,,,,,,, ,,,,,, ,,,,,,,,,,,,,   ,,,,,,,,,,,,,
./,,,l,,,★,,lミ /,,, /,,,l,,,★,,lミ /,,, /,,,l,,,★,,lミ /,, /,,,l,,,★,,lミ /,,,l,,,★,,lミ /,,,l,,,★,,lミ /,,,l,,,★,,lミ /,,,l,,,★,,lミ /,,,l,,,★,,lミ
ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,. ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,. ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,. ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ
/┌-‐=r‐,='t.・_/┌-‐=r‐,='t.・_/┌-‐=r‐,='t.・_/┌-‐=r‐,='t・ _‐=r‐,='t・ _‐=r‐,='t・ _‐=r‐,='t・ _‐=r‐,='t・ _‐=r‐,='t・ _
ゝ_ア´::`T、 ゝ::..ゝ_ア´::`T、 ゝ::..ゝ_ア´::`T、 ゝ::..ゝ_ア´::`T、 ゝ:: ̄´`T、 ゝ:: ̄´`T、 ゝ:: ̄´`T、 ゝ:: ̄´`T、 ゝ:: ̄´`T、   ̄´
く_::ノ、´ヽ く:: く_::ノ、´ヽ く:: く_::ノ、´ヽ く:: く_::ノ、´ヽ く_::ノ、´ヽ く_::ノ、´ヽ く_::ノ、´ヽ く_::ノ、´ヽ く_::ノ、´ヽ
.(_/  ー' (_  (_/  ー' (_  (_/  ー' (_. (_/  ー' (_/  .ー' (_/  .ー' (_/  .ー' (_/  .ー' (_/  .ー'

                      ''';;';';;'';;;,.,                  ザッ
                       ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ザッ
          ザッ            ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
 穀物徴発にきますた            ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                        vymyvwymyvymyvy     ザッ
               ザッ     MVvvMvyvMVvvMvyvMVvv、
                   Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^Λ_ヘ
     ザッ            ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ
                __,/ヽ_ /ヽ__,.ヘ /ヽ__,.ヘ _,.ヘ ,.ヘ    ザッ
    /\___/ヽ   /\___ /\___/ヽ _/ヽ /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\/''''''   '''/''''''   '''''':::::::\   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:|(●),    |(●),   、(●)、.:|、( |(●),   、(●)、.:|    穀物収奪にきますた
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|   ,,ノ(、_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|   `-=ニ= |   `-=ニ=- ' .:::::::|ニ=|   `-=ニ=- ' .:::::::|
   \  `ニニ´  .:::::/\  `ニニ \  `ニニ´  .:::::/ニ´ \  `ニニ´  .:::::/

/   //   /   //    ______     /   //   /
 / //   /|   r'7\ ,.ヘ‐'"´iヾ、/\ニ''ー- 、.,   /    /
  /   / |  |::|ァ'⌒',ヽ:::ヽrヘ_,,.!-‐-'、二7-ァ'´|、__
`'ー-‐''"   ヽ、_'´  `| |:::::|'"   農民 二.,_> ,.へ_
         /  //__// / / /      `ヽ7::/
 か っ も  |  / // メ,/_,,. /./ /|   i   Y   //
 ァ  て う.  |'´/ ∠. -‐'ァ'"´'`iヽ.// メ、,_ハ  ,  |〉
  |  約 穀  ヽ! O .|/。〈ハ、 rリ '´   ,ァ=;、`| ,ハ |、  /
  |  束 物   >  o  ゜,,´ ̄   .  ト i 〉.レ'i iヽ|ヽ、.,____
  |  し  徴  /   ハ | u   ,.--- 、  `' ゜o O/、.,___,,..-‐'"´
  |  た  発  |  /  ハ,   /    〉 "从  ヽ!  /
  |  じ  は  |,.イ,.!-‐'-'、,ヘ. !、_   _,/ ,.イヘ. `  ヽ.
 ッ .ゃ .し   |/     ヽ!7>rァ''7´| / ',  〉`ヽ〉
 ! ! な  な   .',      `Y_,/、レ'ヘ/レ'  レ'
   い  .い    ヽ、_     !:::::ハiヽ.   //   /
   で       ./‐r'、.,_,.イ\/_」ヽ ',       /  /
   す      /    `/:::::::/ /,」:::iン、 /    /

819大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/16(月) 22:38:38 ID:EXECIgcI0
ほげえええええええええええええええええ

820大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/16(月) 22:38:44 ID:AJnScxjg0
何という人でなし
これにはブハーリンも苦笑い

821◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:38:59 ID:rNoeRtm20


ここに至って、右派とのかりそめの妥協は吹き飛ばされたのである。


             ,r‐―‐-、
           /      \
          /   ,ィ       ヽ
         i'   _.j_,j,rj_j,:、_ 、 l
         iト、._j'ji !! ァ-、 !j !;l! トヽ,
          ( .`t.!!/ _!.ヽ='イi ,'  )       やる夫!!
          ヽヽ,j   ,--、 u j r ィ~\
           )ヽヽ. ゙=' /l  )ーi l      これでは話が違うぞ!!
           ゙t j `ー‐'  」  iト-'~i !
           l  フ┬┬i'~二'iノ二ソノ
           liブ ,i i !└┘!__//_
        _,.:ヴー、j__j__jr-‐‐'''ー----`エー、_
      _/ /   i' i' i'        /  \ ヽ
     / ト-'"   ,i' i' i'       /    ヽ. )
     i'  l!     !  ! !       j ,il   ,.r'~ヽ
    ,ト、 l     !  ! ,!       / i  / i  ノ
    ! ヽ,!     ! ! ゙i      ,i  レ'   ヽ ヽ





           /⌒  ⌒\
     /⌒ //・\ /⌒  ⌒\
    //・/::::::⌒(//・\ /・\\
  /::::::⌒ |    /::::::⌒(__人/⌒  ⌒\
  |     \  |     ト//・\ /・\\
  \    /  \   /::::::⌒/⌒  ⌒\
   /    |   /   |   //・\. /・\\  キ     えー?
   |     |    |     \/::::::⌒(__人__)⌒:::::\
               キ  |       トェェェイ     | キ    話ってなんのことっすかねー?
                 \    `ー'´    /
                  /⌒   ̄──  ̄\
                //         ノ> >

822◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:40:09 ID:rNoeRtm20


     /                   _      `,
      !                    `ヽ     l
     /                       !      !
    /     /  /                 、l , -     ',
   l     l   !,ィ               ノ'       ',
   ヽ     !  !l!             , , ノ        /
    ヽ    ト、 ヽ  ! /, _,.-_ ,ノノ ,ィノl'ヽ/,       ,'
   ,...ノ'   | ヘーヽヽl(/ l'´ ≧ミ、_ ,ノ' ! リ! l       ト!_
 r'´イノ    ヽ リ   r'`    ヽヾ歹、=、ヽ ,_リ=、  l  ノ l `
 !( ゞ,.     ´r、 r'       ̄` ヽ  /ゞクイノ /ノ ノノ     私は信じる相手を間違えた!
 }ヽ、`` ー- _i´, ノ'.lヘゝ          /  /ー '´_, '´
 l   ̄` ー- 、`ヽ、l,_    し   _   l  / ,(´
 !        ` ー-、ヽ       ヾ=-' ,.', ィ、丶、        やる夫にも少しくらいは
_,ゝ          _レ'-―- ..,'' ―=- ,イ(   `ヽ\
           `iーrヘ ̄`ヽ、` ー, - '一ー- 、   ヽ.ヽ     信義と言うものがあると思っていたが、
                l lー-ヽ _, -`´ , --‐_レ‐- `)  /∠、
                | | ヽ./ r=ー'―‐'´-、  ̄ `ヽ///ニ,     とんだ見当違いだったようだ・・・!
              ! ト.ノ   , ―---=、_ヽ l / \ ヽ
            ヽ〉′      , - 、 `i.| !/   〃,.、!
               /        '   ヽ_!!l'    ヽ'へ\
            /              `ヽ      ヽヽ



    /     | | |   ヽ
   |    いl ヽ,l\_ \   \
    | /     ト'  __ , --`ー `ー、 __ゝ  l l           ─────━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   |!   ,-=、__f´::,.- =‐'´:.:.:.:.:.:.::::::)  ノノ                                                ┃
    l   |:::::::::::::::::::::::´ ,‐tァ‐=-  `r‐イ    /
    ヽヽ|:::::::::::厂ヽ:::::. : ̄:.:.:.:.:.:.:.:::/ {      ト、              喉元を掻き切る
     \!::::::::/   \:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   ヽ     | \             チンギス・ハン
        l::::/       ヽ---一 '   、_ノノ   ト、 ハ l
       ヾヽ、_ -          、_フ′/ / _/ヽ!           ―― ブハーリンがやる夫をさして言った言葉
            ', __             ヽ_∠ノ /  ヒ´ノ   ┃
            ', ,-―‐--   U           /`l        .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────
            ', --     ____    /  ヽ、
           l      | r――- ニニニニニヽ
              l        | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ ノ |
   r,――‐ ´ ̄ヽ__ ‐┤l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::―‐/ ハ
    {{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   l ||:::::::::::::┌────‐┐ヽ! ヽ、
   ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_ノ   l  | |::::::::::::: |=<>ニ<>ニ<>=|::::::::::::ノ  ,
     ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ_,.r┴┤|::::::::::::└――――‐┘:::::::ヽ__ハ
     ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ!  ', ',::::::::::::::::::::::::::::, -――::::::::::::::::::::::´<

ブハーリンが、幻想の妥協を捨ててネップと農村を守るために決意を固めたのは
収穫の季節を間近に控えた1928年9月ごろだったろう。

823◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:40:47 ID:rNoeRtm20


ブハーリンは「経済学者の覚書」と題した大論文を発表。

その中でやる夫とクィヴィシェフが進める「強行突破方式の工業化」を、
愚かしくちぐはぐであると徹底的に否定した。


                           ____
                        ´        >―- 、
                    /        /     丶、
                 /         /          `ヽ、
                   /       /           |  ヽ
                 /      '              |   '
              /      / 〃 〃 ィィ      |  ′
               |         {  {,.ヘ 仏ィ´~`'<,ノノ  ノイj   }
               |        人,イ   {:::::...::::::::::::`ヽ/ 川  ハ
              |       八ト从:::::::::::::::::::::::::;=v彡イ    }
                   |          `ヽ `   __;;;ノ⌒{:::`く}   ノ    緊張は耐えがたい状況に
              /|           ノ   `゙゙゙     乂:::::Уノ′    達している!
            _ ノ              ゝ         - ノ::::/´
             _`斗…=≡ニニ=¬^    <⌒丶_  ヽィ        もうこれ以上
            [  -‐=ニニニニニニニニl |        ` ァ′ 人ゝ       工業化のスピードを
              |ニニニニニニニニニニニ7 /、       ゙   / ノ^        あげるべきではない!
           _,|=ニニニニニニニニニ7 /  丶、     /i⌒^
        _/ニニニニニニニニニニニ7 /``丶、:::..___/ィ汽二二ニ7
        ニニニニニニニニニニニニ7 /       〔,ィノ)仏ィニニニニニ/ /
         ,ニニニニニニニニニニニ7 /        〉ニニニニニニニニ/ /
          ニニニニニニニニニニニ〈 〈 丶、     /ニニニニニニニ;;//


これは勇気ある反論である。
「経済学者の覚書」は、ネップと農村を防衛する最後の砦であり、そして最後の抵抗であった。

824◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:41:19 ID:rNoeRtm20


【補足】


     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l      ブハーリンの現実的な批判は
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|
       l \     _    ,/ |       まったくもって妥当なものでした。
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!




          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_     しかし、中央委員会をはじめ
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\   「非常措置」の勝利と暴力に酔った
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ    党内世論は、
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ    もはや農民との融和など
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/    顧みることはありませんでした。
         | |{i t    _     / |
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |   党内の圧倒的な世論は
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |   ブハーリンの意見を敗北主義的と断罪します。
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |

【補足終わり】

825◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:41:57 ID:rNoeRtm20

ブハーリンの決意とは裏腹に、「経済学者の覚書」は党内世論の前に叩き潰された。



         \\     ふざけんな敗北主義者!! ソ連の工業化を妨害するな!!      .//
          \\                                             //
    ∧ ∧    ∧ ∧    ∧ ∧   ∧ ∧    ∧ ∧    ∧ ∧    ∧ ∧    ∧ ∧   ∧ ∧    ∧ ∧
 ∧(`・ω・´)  (`・ω・´)  (`・ω・´)  (`・ω・´)  (`・ω・´)  (`・ω・´)  (`・ω・´)  (`・ω・´)  (`・ω・´)  (`・ω・´)
(`・ω・´) (`・ω・´) (`・ω・´) (`・ω・´) (`・ω・´) (`・ω・´) (`・ω・´) (`・ω・´) (`・ω・´) (`・ω・´) (`・ω・´) (`・ω・´)


    ネ    し!     _  -── ‐-   、  , -─-、 -‐─_ノ ネ
  小 ッ    // ̄> ´  ̄    ̄  `ヽ  Y  ,  ´     )   ッ え
  学 プ    L_ /                /        ヽ  プ  |
  生 が    / '                '           i  !? マ
  ま 許    /                 /           く    ジ
  で さ    l           ,ィ/!    /    /l/!,l     /厶,
  だ れ   i   ,.lrH‐|'|     /‐!-Lハ_  l    /-!'|/l   /`'メ、_iヽ
  よ る   l  | |_|_|_|/|    / /__!__ |/!トi   i/-- 、 レ!/   / ,-- レ、⌒Y⌒ヽ
  ね の   _ゝ|/'/⌒ヽ ヽト、|/ '/ ̄`ヾ 、ヽト、N'/⌒ヾ      ,イ ̄`ヾ,ノ!
   l は  「  l ′ 「1       /てヽ′| | |  「L!     ' i'ひ}   リ
        ヽ  | ヽ__U,      、ヽ シノ ノ! ! |ヽ_、ソ,      ヾシ _ノ _ノ
-┐    ,√   !            ̄   リ l   !  ̄        ̄   7/
  レ'⌒ヽ/ !    |   〈       _人__人ノ_  i  く            //!
人_,、ノL_,iノ!  /! ヽ   r─‐- 、   「      L_ヽ   r─‐- 、   u  ノ/
      /  / lト、 \ ヽ, -‐┤  ノ  キ    了\  ヽ, -‐┤     //
ハ キ  {  /   ヽ,ト、ヽ/!`hノ  )  モ    |/! 「ヽ, `ー /)   _ ‐'
ハ ャ   ヽ/   r-、‐' // / |-‐ く    |     > / / `'//-‐、    /
ハ ハ    > /\\// / /ヽ_  !   イ    (  / / //  / `ァ-‐ '
ハ ハ   / /!   ヽ    レ'/ ノ        >  ' ∠  -‐  ̄ノヽ   /
       {  i l    !    /  フ       /     -‐ / ̄/〉 〈 \ /!

826◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:42:56 ID:rNoeRtm20

                    _ ........ _
                 . : ´       ` 、
               . : ´            \
                , ´              ヽ
.               i                 i
                ノ                  |
              (                     j     (まさかここまで・・・
               ) {                  :′
            乂乂                 ノ      党内世論がここまで
              `Y`ヾ              く
                  彡イУ          У       後戻りできないところに
                 リ从乂        ミ彡
              . イ::::::::::::::`ソ      }::ヘ       来ていたとは・・・)
             く::::::::::::::::::::::-=彡イ   ))ノ:::/
             \:::::::::::::::::/::: 乂__У:::_/
                〃::::::::/=ニ二三ミ〈__
.      ,ィイヽ     __ソ´ ̄ ̄二ニ=ニ二三:::::::: ̄::.:.rーvヘー:.、
     /:::::::\:: ̄ ̄::::::::::::::::::::___::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄`Y:::::::ヘ
    ハヘ::::::::Уj´ ̄ ̄ ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:::::::::i:::::::::/ ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.∨:::::Y
.   /   ∨:::jヽ\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨::::l::::::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:!::::ハ
   ′   `ヾ:::::У:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨ !:::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ij:/  j


   /       ,_,              ',
   /       ( l 、            ',
   l      ,i、/ 〉ヽ!ヽ、ヽヾ   `ヽi   l
   l    i , ノ ハ( 、 ,-‐..'´`ソ'`ヽ i リ   /
  │  i、l=‐':´`"゙:::::::::::::.  : ノノ/、  /
   | i i |/::` :: ::::::::,i ヽ ;::::::..  .:: l l  l   ヽ
   l ヽゝ l::: ::: :::/ |  `' 、::: -'´j l' /   )
   ヽ、ヽ ` 、、:::/  !、-     ゝ,l '   /     (私の言葉は、
    ゙''- 、ミ ',   _, - ‐-   /r, 、 `( _     もう誰にも届かない・・・
       _ノヽ\    -    , '// \   )
       `ヲ.  \      / //    `''‐'-,   ならば、どうする?
    , ==l ,  l ` - ‐ '  //   ,---、 /    説得が通じないなら・・・)
  , , ' '´   !li  lL.   , - ' 7/   |=000| )
//      `゙゙゙_)| `' '´   l(    ゙ー ' ´く
ヽ.ヽ、        l      ヽ >      l

827◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:43:26 ID:rNoeRtm20


      /
      /    l
    /    ハ |  、
    /     | | |   ヽ
   |    いl ヽ,l\_ \   \
    | /     ト'  __ , --`ー `ー、 __ゝ  l l
   |!   ,-=、__f´::,.- =‐'´:.:.:.:.:.:.::::::)  ノノ
    l   |:::::::::::::::::::::::´ ,‐tァ‐=-  `r‐イ    /      (・・・・・・
    ヽヽ|:::::::::::厂ヽ:::::. : ̄:.:.:.:.:.:.:.:::/ {      ト、
     \!::::::::/   \:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   ヽ     | \     党を割る、か?
        l::::/       ヽ---一 '   、_ノノ   ト、 ハ l
       ヾヽ、_ -          、_フ′/ / _/ヽ!   熱狂しているのは身内の党員だけ・・・
            ', __        し   ヽ_∠ノ /  ヒ´ノ  実際に圧力に晒されている労働者や
            ', ,-―‐--               /`l      農民なら我々を支持するはず・・・・
            ', --     ____    /  ヽ、
           l      | r――- ニニニニニヽ   党を越えて、大衆的な反対運動を組織すれば・・・)
              l        | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ ノ |
   r,――‐ ´ ̄ヽ__ ‐┤l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::―‐/ ハ
    {{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   l ||:::::::::::::┌────‐┐ヽ! ヽ、
   ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_ノ   l  | |::::::::::::: |=<>ニ<>ニ<>=|::::::::::::ノ  ,


右翼反対派は進退に窮まった。

説得もできず、世論が敵に回った以上、工業化を阻止するには実力行使しかない。
だが・・・

828◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:43:52 ID:rNoeRtm20


                 >   ̄  <
                /         \
               ′ , 、     , 、   ',
                    ′ /  \ | /  ヽ  |
               l 〈     ` ´     〉 |
               | /   、       ゙l l
                  r、 l 、_-ッ 、ヽ〈 ,r ッ-ァ l r、
                  l.Ν    ̄´'1 ー ̄  レ .リ     だめだ、ブハーリン。
              ヽ ハ      |     | ./
               `l l   `ー '  u /|´      ボリシェヴィキの一員として、
                   | 、  ー一   /|       党を分裂させるようなことは
                  f|  \     , ′ト,       絶対に出来ない。
                 |ミ≧、_ヽ __/,ィ#彡|
              _ イ ┌゙ミミtzrィ彡ラ'7 ト、
       _ > 7 ̄ |〈  lニ `l l.| |/´_フ  .l l`ー‐、-<_
ニ> r一/´ /_ ノ一 '´ \ 匸 `.|  -/ / `ー‐、l_   l`ー、-、_ >一
一 ⊥ ‐'  ̄           `>`コ | [ ̄<´     _ ̄`ー‐-'、__「 二
_フ´三t   |≧z、            ` T ´     <三三三ラ     ヽ 一

829◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:44:14 ID:rNoeRtm20


                          .  -‐…‐-
                        /            \
                          .         .:::::::::::::::::::::ヽ
                          ′        .::::::::::::::::::::::::::'.    それにこの問題を
                            .:::::::::::::::::::::::::::::::'    党外に持ち出し、大衆を巻き込んでみろ。
                       i  |i    .::::::::i|:::::::::::::::::::::: }
                       |   |i   .::::::::::|i:::::::::::::::::::::::′   圧力に不満を抱く民衆は
                       ∧   |i ..::::::::::::i|::::::::::::::::::::/}    党内分裂を格好の機会として
                   {∧ :::::::|i::::::::::::::::|i:::::::::::::::: //     一斉に立ち上がるだろう。
                     V∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://
                     `|ヘ\:::::::::::::::::::::::::::::::::::/´     そうすれば、最悪内戦になる。
                        { |   ー=====‐ {
                      、|     _____  |       それだけはだめだ。
                      x≦二二二二八二≧x、    内戦だけは、なんとしても避けなければ・・・
                         | |三三三|二  二|三三|
                       l| |ニニニニニ《 》ニニニ|l
                   _l|≦ニニニニニニニニニ≧|i_
              __   -=≦¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨≧=-
   -=≦ ̄ ̄ ̄ ̄\ \ \ -=≦三三三三三》    《三三三三≧=-    ̄≧=-
// /  /      -=≦三三三三三三三三《     》三三三三三三三≧=-




   /       ,_,              ',
   /       ( l 、            ',
   l      ,i、/ 〉ヽ!ヽ、ヽヾ   `ヽi   l
   l    i , ノ ハ( 、 ,-‐..'´`ソ'`ヽ i リ   /
  │  i、l=‐':´`"゙:::::::::::::.  : ノノ/、  /
   | i i |/::` :: ::::::::,i ヽ ;::::::..  .:: l l  l   ヽ
   l ヽゝ l::: ::: :::/ |  `' 、::: -'´j l' /   )    ・・・・・・
   ヽ、ヽ ` 、、:::/  !、-     ゝ,l '   /
    ゙''- 、ミ ',   _, - ‐-   /r, 、 `( _    私も同感です、同志ルイコフ。
       _ノヽ\    -    , '// \   )
       `ヲ.  \      / //    `''‐'-,
    , ==l ,  l ` - ‐ '  //   ,---、 /
  , , ' '´   !li  lL.   , - ' 7/   |=000| )
//      `゙゙゙_)| `' '´   l(    ゙ー ' ´く
ヽ.ヽ、        l      ヽ >      l

830◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:44:59 ID:rNoeRtm20


                    _ ........ _
                 . : ´       ` 、
               . : ´            \
                , ´              ヽ
.               i                 i
                ノ                  |
              (                     j
               ) {                  :′     我々はトロツキーとは違う。
            乂乂                 ノ
              `Y`ヾ              く        党を危険に晒すことなど
                  彡イУ          У
                 リ从乂        ミ彡      できません。
              . イ::::::::::::::`ソ      }::ヘ
             く::::::::::::::::::::::-=彡イ   ))ノ:::/
             \:::::::::::::::::/::: 乂__У:::_/
                〃::::::::/=ニ二三ミ〈__
.      ,ィイヽ     __ソ´ ̄ ̄二ニ=ニ二三:::::::: ̄::.:.rーvヘー:.、
     /:::::::\:: ̄ ̄::::::::::::::::::::___::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄`Y:::::::ヘ
    ハヘ::::::::Уj´ ̄ ̄ ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:::::::::i:::::::::/ ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.∨:::::Y
.   /   ∨:::jヽ\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨::::l::::::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:!::::ハ
   ′   `ヾ:::::У:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨ !:::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ij:/  j

右翼反対派はトロツキーと決定的に違った。
彼らは党を分裂させることを出来る限り避けようと努め、自らの行動が内戦の引き金になることを恐れていた。

831大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/16(月) 22:45:04 ID:Ukm9gRO20
ここで「ボリシェヴィキとして」といえるあたり、やはり大なり小なり理想家だったんだなぁとは思う

832◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:45:50 ID:rNoeRtm20


党を分裂させずに、反論を展開し党の方針を変更させることは困難の極みである。
結局、ブハーリンら右翼反対派の対応は後手後手に回り、終始やる夫一派に押される一方であった。


                                         , -――‐―‐ 、
                                         /         ヽ
                                       /         、、、 ヽ
                                       i  i /"ヽ,   、 ゛゛゛  l
                                      ノ 人( ヽ l从l i )     |
      / ̄ ̄\    γ⌒))⌒) ))               〈  | ̄`‐´ ̄| ̄レ' r 、 〈
    /ノ( :::\:::/::::i  / ⊃    ゞ                .\i、__/~ゝ、_|__人i | / /
   / ⌒( ●)::::( ●)\ ∩⌒)彡⌒)                  | 〈-,    u  |ノ「" 〈
   |      (__人__) 〃/ ノ                     λ ―-  irー┴、  L_.
   |      |r┬-|   / / ))    γ⌒))⌒) ))         ヽ. ゛ u ∥   ζ (
   \::::::;:::....  `ー'´  _/( ⌒)ミ⌒) _/ ⊃           r--┴┬‐´|| 〔 ̄i ゛Y
   / _ ̄""   / \/ /    __ノノ  ))          ヾ  「'-―'》  ̄-=┴i
  (___)    /      ))                    》 |ノ   〃 〃´ `ー- ̄゛`




今や穀物徴発隊の大群が西シベリアだけでなく、ウクライナ、カフカース地方までを焼き尽くそうとしていたが、
それでも右翼反対派はなにもできないまま状況を座視するしかなかった。


/ ̄/ ̄/─ 、  / ̄   ヽ `ヽ ̄`ヽ─ 、  ::|  :|  ::;;;;| ::;;;;| ::lヽ()  / :::l  ::l  /  :::::ヽ, (/ () :;;{ ;;;{  ::l  ::| ::;;;ヽ 
)  ::l  :l   \(/ () ()  ::|  :;l   :l   ::l-、 ::| ;;|  ::;;| ::::;{  | lヘ__|,,,、、,|,,,,、,,,l ,,,{、,,,,,,;;;;l」 (| ()  ::| ;;;l  ;;|  ;;|  ;;;::::|ヽ
_::〈,,,,,,,〈__,,,γ) (_)  ()  .::l  ;;|  ::|   ::|  l_,,,,::|  ,,,,| ,,,,,l_|,,,,〉 / ̄ ̄/ ̄/`ヽー─r─-、 ()   ;;| ;;|  ;;l   |  ::;;;;| ヽ
` ̄/ ̄/─、   (_l  ()   :;;|  ;;|   ;;|   ::|  |_     / ̄/ ̄/─/() () ::| :::| :::|  ::|  :::ト、,,,、l,,.,,;|_;_;;;;|   }  ::;;;;l /
  ::l  ::l  /\ / ̄ ̄| ̄ ̄|── 、-─- / ̄    ̄ヽ ̄`ヽ ̄ ̄ヽ─ 、--、_::| ::::| :::|  :{   ::{ ヽ/ ̄   / ̄ ̄`/ ̄;;`/'' ̄`l ̄ヽ─
  ::|  | ;;/  l/_ _;;;|  ::;;;|  ;;/ ::;|ヽ::(_/.....(_)...(_)  ::}   ;;|   :|  ;|  ::|  ヽ- 、 :::;|  :|   ;;| ;;;| () () / :; ;;;/  :;/ :: ;;|   :|  :;
、,,,,::l  | l / ̄ /  / ̄/ー 、;;;{  ::;;| ;;| (| :::(_):::::::(_) .::|   ;;|   :::|  :}  ::| :::|  ヽ,,,,,|,,,,,,,;;| ,,,,;;;|;;;;ノ() () {  ;  ;l  ;;{ ″ ;l  ::|  :;
   ""'"'(/()   {   l  l   | ̄/─ヽ、(,|::::(_) ::::(_)  .::|   ;;|  ::::|  ;|   :| :::|   ::|  / ̄ ̄:::ヽ ̄ ̄`ヽ ̄ヽ─ 、--、- 、l   ;;|  ;;l  :;
 ̄/ ̄/(_l ()  l   :|  ;!   ::| {   l ヽ / ̄ ̄ヽ ̄`ヽ─ 、‐-、_ ::|  :::| ;;|  ;;;|(_/() ()  ;;;;|   :::;;;|  ::|  ::| :::|  ヽ〈~ :;;|〈~ ;;l  :;
 .{  .:l, (| () () |  ;;|  ;l   :| ;    |  |/()    :|  ::}  ;| ::}  ヽ,,|,,、,,|、,,,,l,,,;;;;;/(_{() ()  ;;;;|   ::;;;;|  ::|  ::| :::|  ::|`ヽヘ~ _
 :|  ::l,ヘヽ,,l、,,,、,,,、|、,,,,,|~,、,|,,,,,,~~|,,,、、,,,,、l、,,γ) ()   :|   :l  ;| ;;l  ,,::〉/ ̄/ ̄/─、({() ()   ;;;|   ::;;;;| :::|  :::| :::|  ::| ,,} /   ̄/ ̄



党を守るという彼らの意思が、彼らの行動を束縛していたのである。

833◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:47:22 ID:rNoeRtm20


1928年11月、農村への圧力がさらに強まる中、クィヴィシェフは更なる急進的工業化を主張。


                      O
                      |
                   ,. - ―┴‐-,、
                /―――‐ '´  ヽ
               /,rニ二!    /O7 ヽ
               ,! ヽOヽ    ヽ ̄/ i
               ! ヽ ̄/         |_
            <I´「|     /`ヽ      |」_I>     工業化のために
             ``| ヽ  / ー'`J ヽ  / |´       さらなる資本が
                 !  | |      ヽ  | |       注入されるべきなんじゃよ!!
              |   | r'⌒ヽ_/⌒ヽi、 | |
                 l   | |  ,rー ‐''^ヽ | | |       国家金融機関は
               ヽ  | ,レ-‐--、」 ,!   !       工業分野のために
               ヽ  ヽ _ ノ⌒ー-'/   /       無制限的な信用供与を
                ヽ_         /        行わなければいかん!!
                 |[口]ヽー――i'´
 , ,、 ,、       ,.. -‐ '''i"´ ̄`\) ̄ ̄ `iヽ、
(。Y。V。,!     /| \O |           | O,ヽ、
..ヽ  /     /  |   `ー'           `ー' | ヽ
  |  |     /  .|    /|   _i⌒U⌒L    | ヽ
  |  |     /  ,/|   / |  (_  _ _|   |  ヽ
  |  |    /   ,/ ,|   し'! |  _| |__| |_   |   .ヽ
  |  |   ,/   /i l |    | |  (_____|   |ヽ   ヽ
  |  |  /   / | ||    | |   ,へ  へ      .| |ヽ  ヽ
  |  |  /  /  | ||    | |  / /  ヽ ヽ   .| |l ヽ  ヽ
  ヽ  V  /i   | |,|    | |   レ'    `ー'   | || ヽ  ヽ
   ヽ   / |  | | |    V             |  |  ヽ  ヽ


今や工業化推進派は熱狂的な「西欧へ追いつけ、追い越せ」キャンペーンを開始していた。

834◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:47:56 ID:rNoeRtm20


               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /:::\:::/::\.   |   |    『今や西欧でテクノロジーの発展は
   / <●>::::::<●>\  !   !     ひたすら突進している!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |!!il|!|!l|      |  /     我々はそれを獲得するか、
  \     |ェェェェ|     //       さもなくば彼らに滅ぼされるかだ!』
  / __        /
  (___)       /



                  ___
                    /\:::::::::/\.        『かつてピョートル大帝は
                   /:::<◎>:::<◎>:::\        国防の為に熱心な工場建設を行った!
                  /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\      これは後進性の枠外に跳躍する偉大な試みである!
                  |     ` ー'´  u   |      これこそが、我々の死活問題なのだ!』
                  \  u   :::::     /
                  /    :::::::::::::::::::    \
                /                 \  〈〈〈 ヽ
                               (〈⊃  } }



やる夫は現下の工業問題を、ソ連存亡の危機的問題と描き出すことに成功した。



     ┏━━━┓                               ┏┓┏┓
     ┃┏━┓┃                               ┃┃┃┃  ////////
 \   ┗┛  ┃┃┏━━━━━━━━━━━━━┓┏┳┓┏┓  ┃┃┃┃   /////
\\\    ┏┛┃┗━━━━━━━━━━━━━┛┗┻┛┃┃  ┃┃┃┃   //////
\\\  ┏┛┏┛                         .┏┛┃  ┣┫┣┫ ///////
\\\  ┗━┛                          .┗━┛  ┗┛┗┛ ///////
\\\\                                           ////////
\\\   [|,,★,,|]    [|,,★,,|]  . [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]  .  [|,,★,,|]   //////
\\  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ///////
\ [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]  ////
 ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ////
(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ )) ///
   く  >     く  >     く  >     く  >     く  >     く  >     く  >     //


世界にただ一国の社会主義国家として、敵対的西欧諸国に包囲され孤立しているソ連にとって、
資本主義諸国の工業力に追いつくことはまさに死活問題だったのである。

835◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:48:47 ID:rNoeRtm20


【補足】


          /                `ヽ
            /  ,.. :'" ``  ̄`: : 、   j_
          __,′ 〃           \   )
        (  |  ノ //      '.     ヽ.く
    .xr'´ ̄ ..イ (_// /      i i 、    ∨
 r.::f´::」    !:::!  Y ! !i:  ! !   ハ| :Y    i     ピョートル大帝を
 Lン7て   |:::| ( | iハ. i i !   i i ! ノ! .! ii! !     引き合いに出すところが
   /! ハ.__ !:::! `YVハ_ヽN」!、 i i,ィ=く「 リル′    いかにもやる夫らしいというか・・・
.  i::| !  )ヽ::.、_,ノヘ ィナハ! `ヽノイノ 刈イ{
.   ゝ!. |   ゝ-、{r刈 「 ゝ- '   , `  jハi ハ      本当に自分達の政策を
.    i !     ゞイ| |、     c   .小}  ヽ、    大帝やイヴァン雷帝のものと
   ノi ::!       /' | |介ト ..x‐.、   .イ⌒Y  ハ    同一視してたのかもしれないわね。
  /:/ .::!    / |!.:': : : : : : :r千,: : : : jハ / ノ
. /:/ j.:::|     /  .イ i!: : : : : .イ^Y´ ̄`ヽ! ノ イ
/:/ .! .:|    \/ノ ノ、:.:.:/: : : : | : : : : : ゝニ=‐‐‐ァ
:/  ノ .::!      ゝイ.:.:.:./.:.: : : : :ノヘ: : : : 「. .-‐r‐/



                                                  ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
                                                  =           ゙ミ
                                                  ミ     ★     ゙ミ
                                                  ミ            ゙ミ
                                                  ミ;=======゙ミ
                党内の強硬な世論は                   / ,=          ヽ
                更なる工業化の方針を                 /  ,='  _  ∧_ _,,
                熱狂的に支持しました。                /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
                                                ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
                もはや情勢は、                        { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
                ブハーリン達にどうこうできる限度を            ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
                遥かに超えていたのです。                  |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
                                                 | |{i t    _     / |
                                                 | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
                                                 // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
                                            r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
                                           __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
                                           ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |

【補足終わり】

836大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/16(月) 22:49:05 ID:AQKeckAU0
大海嘯か

838大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/16(月) 22:50:12 ID:EXECIgcI0
ピョートル大帝なんて
ロマノフ家の人間の名前出していいんですかねぇ・・・?

837◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:49:24 ID:rNoeRtm20


焦ったブハーリンは何もできず右往左往するばかりであった。

やる夫が断固たる戦意を表明した時期、彼は辞意を表明したり撤回したりしていた。



             ,r‐―‐-、
           /      \
          /   ,ィ       ヽ
         i'   _.j_,j,rj_j,:、_ 、 l       私は政治局員を辞めるぞー!
         iト、._j'ji !! ァ-、 !j !;l! トヽ,      やる夫ー!
          ( .`t.!!/ _!.ヽ='イi ,'  )
          ヽヽ,j   ,--、 u j r ィ~\    あ、
           )ヽヽ. ゙=' /l  )ーi l    やっぱ辞ーめない。
           ゙t j `ー‐'  」  iト-'~i !
           l  フ┬┬i'~二'iノ二ソノ    すいません。今のは無かったことに・・・
           liブ ,i i !└┘!__//_  
        _,.:ヴー、j__j__jr-‐‐'''ー----`エー、_
      _/ /   i' i' i'        /  \ ヽ
     / ト-'"   ,i' i' i'       /    ヽ. )

839◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:50:14 ID:rNoeRtm20


ブハーリンをしり目に、真っ先に標的されたのは、ネップ政策下におけるソ連労組のドンであるトムスキーだった。


                           .  ― z ._
                            . < : ,ィ芹メj-r≠ 一> .
                          〃 : : r込≠チ' _j : : : : : : : 丶
                     /: : : :.入ン¨´ ̄ : : ! : : : 、 : : : :ヽ
                      ,' : : : : : : : : : : : : : :.j : |.:/: 〉 : : : :ヘ
                       イ' : , :' : : : : : /: : :/l!: :i/: イ : : : : : ハ
                    / /: : : : : : :/: :/ 八メイ∧: : :!: :,': :l
                      /イ: : : : : : : :/ イ 寸气ュ、.!l  V-|:/|/リ
                  /´/: : : : : : : イ: : |  `必 ヾ リ ≠ァ /|.| ′
                 _ __ _/1.: : : :| : : : i: :ゝ        ゞ'.,' : iメ    ふんっ。
            ,. z ≦///ーミ ヽ |ゝ : : !: : : :Ⅳ、       ' /; : :|
.          ,イ////////ニミ、\\ .\l.: : : :|.ゝ.\  ー ァ   イ/ : リ     何が工業化ですが。
.          /////γ´ ̄  ` ー' ー'.ー'   >、 : ',    > _ イ: :/: ;イ      労組の自治を弾圧するような
.        ///////.    ,.イ77777《' "  \:',  〈 _ : : : /イ ノ      政府の方針には従いません!
       ///////    ,rイ////////》 \: .\  ノ. Yj/イリ' <
.      ///////   .//////∧j// 《    丶  /  《l////// ヽ
      /////// r「´.//////// 〉// 》、   ◆   .》////////>.
.    〈/////.〆///////////∨/// ヾ≠z、   ,ィzrγj///////////>、
.    /` ー チ :.ヽ////////∨//////∧><7=≠イ// V///////////ヽ
   /   イ     〉////_/__V/////// ∧ ><7////////',///////////〆、
.  /       . <`ー"     ',/////////ゞ彳//////// !///////> ´   \
   ` ー  <´           .V//////////////////// `<>">、.      \


彼はクィヴィシェフの工業化推進にはっきりと非協力的な態度を示していたのである。

840◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:50:55 ID:rNoeRtm20


1928年12月、カガノーヴィチがトムスキーの牙城であった労組中央総評議会に送り込まれる。


        ⊂ニニ⊃
                                                   ⊂ニニ⊃
         ⊂ニニニ⊃
                                                    ⊂ニニニ⊃
          //\\               _______
         (__へ //             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::\                     ∩
              //                /::/∨\/\/\/\:}                 | !
              (/             /Y::j / ,‐-、      \ }ト、                | !
  ⊂ニニ⊃                 { N:/ ' ノ┴ ゝ二 ⌒ヽ,  |) }                   | !
          ∩ ∩          _し'       (    )     ∨_                   | !
 ⊂ニニニ⊃  ∪ j |       / ̄ //  {      ̄l ̄    }  ト、\                ∪
            / j     /     | {  \             /   l }  \
  //\\     し    j        ヘ   l\       ,イ  //     `ヽ       ∩∩ r‐、
 (__へ //          /    /    V\  \l ̄T‐┬‐T /  .//        )       ∪∪ //
   //          /    /      \ \_` ┴ ┴ ┴' //    |   〈          '´
  (/              /    /          `-、_ `ー一´  ̄_/     |    ヘ
               /\  /                ̄    ̄        |     }
  ∩ ∩        /   Y                  〃⌒ヽ    ヘ, -一ヘ
  ∪ j |          .{     !                      {{  ヾ'    i     l
    / j          {   j                        ゞ==-}j     !     j
    し             \  j                             j    /

841◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:51:25 ID:rNoeRtm20


カガノーヴィチはここで労組を屈服させるための強力な活動を開始したのだった。

                     (_(_(_, ヽ
                   , ─── 、  (⊃_ ノヽ
  ┃ ┃┃          /WWW \ \   l     l
  ┣━     | |    l \ll/    ヽ/^ヽノ    |   党の方針に従わないのは誰だ!?
  ┃       | |    (| (。) ∠      ノ      !
      ┃┃ | |   / (二) / ⌒ヽ  | |    /   おめぇか!?
   ━╋┓    /|  l _    /\ \|  l l    く
\\ ┃┃ |\/ |/| (__/ \ ヽ ノ //    \  トムスキーに従う奴は
  \\   _|   _└  ヽー`ー`─ ´ /´
 ☆    \   (ヽ  \  |  ̄ ̄ ̄   / ⌒ヽ     全員叩き潰してやる!!
  /⌒ヽ ∠   \\/ヽ l      ̄ ̄|   二|
/   /\  |/ヽ/\ ヽ_ノ ヽ、_    ヽ_,_ノ
l_/\/\  /\/  ̄    \  ̄ ̄ ̄


    ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (-@∀@)<  労組中央総評議会は政治的義務を怠った!
  φ⊂  赤 )  | この偉大な改造期において許しがたい怠慢である!
    | | |   \__________________
    (__)_)

さらにプラウダなど新聞各紙は労組の非協力的態度をやり玉に挙げ糾弾を開始した。





.       /: : :./: : : : |ヽ : : : : : : : 、: : : : : :.\
.     `ーナ:/: : ∧: : : :.l/\: : : : : : :\__: :.ヽ
.       /:/: : : !∧: : : :\ニ≧=、: : \: : :.<´: : : : ヽ
      /イ: : : :l:| ム : ト、:、:.≧ャ  ヽ: : :ト、_\: : : : :',
       l: l: : :l Y芥ヽ!  ̄じリ  ノ ヽ:!: : : : : :ヽ.: : : i        ちょっと!
        ゝ|: l∧{ り     ¨て_つ ○、: : \_:\ヾ.
        ヽjこン〈                ヽ: : : : : : : : : :\      なにするんですかー!
       /: ;'   ∠フヽ.     o  ょ>、: : : : : : : : :\
   ○  /: : : {  〈:::::/⌒ヽ     _r、__ノ:::\: : : : : : : : :\   いい加減にしてください!
  ゚  //7:::::::ヽ.  ゝ{    ノ (¨´/⌒ヽ:::::::::::ヽ : !\: : ヾヽ〉
   (r'゙ /:::::>:「ヽ.  `¨ ̄  . :/⌒ヽ!   {⌒ヽ::ト、} ト√⌒ヽ\
     {:::://⌒` \ __._:_: :/⌒ヽ    ヽ   \.リ     \〉
.     ∨ 〈/¨  ⌒):::::::\/^ヽ   _ノ    \
     O ヽ/ / ノ 〈^下木こ__ノー        ヽ
         \ /  ノ\} |   ノノ人   ヽ      ヽ
         ゙7ヽ._ノ  ヽ.  _//}   ヽ       i
           / {ヽ)    .∧二 / /\  ヽ        !

842◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:52:00 ID:rNoeRtm20


焦ったトムスキーは、よく考えなかったのか、あるいは考えたが何も思い浮かばなかったのか、
まったく無意味で衝動的な行動にでる。


       _,,..-‐    ̄
     /
    /::::::::
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  //|:::::::://:::::/ |::::|::::::|ヽ:::|ヽ::::::::i\::::::::::.∧
  i::./::::::/::i::::/::/::::i:::::::i::::::::|ミ:::::::iミ:::\::::::::::i
  ∨::::::::::::::∧::::::∧::::∧::::::|\:::::| \ミ::::::::::i
   ∨::::|:::/r',~.ニ...∨ \.|''-.,,ニ,'_"'i::::::):::::i      もう、うんざりです!
   .|:::::( ', 《 |::i||り     .イriiリ| 》.|::/::::./
    ヘ:::::ゝ',. 弋ニノ     弋ニソ  i/:::::/       あなたたちと一緒に働くことなど
    ヘ,::::', ',             /:::::/        できません!
     \ヽ >‐.,_u  ⊂ニ⊃ _,,.. く":::::/
       ヾ/  i>''''‐-γ⌒、∧/
        i  _/   )T|   '  ',            ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
       |    /  | \    ',          <                     >
       |   /  o|  \   /          <  辞任させてもらいます!   >
       ヽ-"     |   ヘ''-'           <                     >
        /     o|    ヘ             VVVVVVVVVVVVVVVVV
       ./      .,_|     ヘ


それこそやる夫たちの待ち望んだことである。
歓迎されない人間の抗議の辞任など、独裁的権力を握る者にとってなんのことはなかった。



 政敵を辞任に追い込んで今日も飯がうまい!

    +        ____    +
      +   /⌒  ⌒\ +
   キタ━━━//・\ ./・\\━━━━!!!!
    +   /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  +
        |  ┬   トェェェイ     | 
     +  \│   `ー'´     /    +
     _|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_
     >                  <
   /  ─ /  /_ ──┐ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
 \/  ─ / / ̄ /   /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
  ノ\ __ノ   _ノ   \   / | ノ \ ノ L_い o o


結局、ソ連労組はこうもあっけないかたちで書記局の統制下に組み込まれることとなるのだ。

843◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:53:19 ID:rNoeRtm20

トムスキーが権力基盤の労組中央評議会から追い出されたことで、
右翼反対派はまったく勝ち目のない絶望的状況に置かれたことを悟った。


/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :‘,
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.
: : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : ',
: : : : : : : : : : : : : : : : :i: : : : ,: : : : : : : : : : : : :}
: : : : : : : : : : : : : : : : :i: : : /: : : : i: : : i: /: :ハ:j
: : : : : : : : : : : : : : : : :i: : /: : : /i: : :/:/i:./ !;
: : : : : : : : : : : : : : : : :i/!: :/:::::i!/!/i !/ i!
: : : : i: : : : : : : : : : : : : : :|:/:i::::::::::::::::::::::!
: : : : i: : : : : : : : : : : : : : : : /       `,
: : : : i: : : : : : : : : : : : : : : /       /
从ノ: i: : : : : : : : : : : : : : :,′    - /
   \i: :i : : : i!: : : : : :,'        /
     \i: : : :i!: : : : : , /¨ ‐ ――′
      , \:i!: : : : : !
     ,/    ':,: : :!
    r'ヾ    ヾ!/iヽ
   /.   \     ヽ\


事ここに至って、ブハーリンたちは自らの敗北が不可避であるという事実に直面したのである。

                          .  -‐…‐-
                        /            \
                          .         .:::::::::::::::::::::ヽ
                          ′        .::::::::::::::::::::::::::'.
                            .:::::::::::::::::::::::::::::::'
                       i  |i    .::::::::i|:::::::::::::::::::::: }
                       |   |i   .::::::::::|i:::::::::::::::::::::::′
                       ∧   |i ..::::::::::::i|::::::::::::::::::::/}
                   {∧ :::::::|i::::::::::::::::|i:::::::::::::::: //
                     V∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://
                     `|ヘ\:::::::::::::::::::::::::::::::::::/´
                        { |   ー=====‐ {
                      、|     _____  |
                      x≦二二二二八二≧x、
                         | |三三三|二  二|三三|
                       l| |ニニニニニ《 》ニニニ|l

844◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:53:50 ID:rNoeRtm20


1929年1月、ブハーリン本人に対する糾弾とバッシングが本格化した。

         ___
       /     \
      /   \ , , /\     ブハーリンはかつて、
    /    (●)  (●) \    極左として振る舞いながら
     |       (__人__)   |    現在は右派の頭目として
      \      ` ⌒ ´  ,/    農民を擁護しているお!
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃  この節操のない変節漢!
     |            `l ̄     まさに右翼日和見主義者だお!
.      |          |


                 /         /          `ヽ、
                   /       /           |  ヽ
                 /      '              |   '
              /      / 〃 〃 ィィ      |  ′
               |         {  {,.ヘ 仏ィ´~`'<,ノノ  ノイj   }
               |        人,イ   {:::::...::::::::::::`ヽ/ 川  ハ
              |       八ト从:::::::::::::::::::::::::;=v彡イ    }
                   |          `ヽ `   __;;;ノ⌒{:::`く}   ノ
              /|           ノ   `゙゙゙     乂:::::Уノ′   それなら君だって
            _ ノ              ゝ         - ノ::::/´
             _`斗…=≡ニニ=¬^    <⌒丶_  ヽィ        かつてネップを支持していたじゃないか!
            [  -‐=ニニニニニニニニl |   U    ` ァ′ 人ゝ
              |ニニニニニニニニニニニ7 /、       ゙   / ノ^
           _,|=ニニニニニニニニニ7 /  丶、     /i⌒^
        _/ニニニニニニニニニニニ7 /``丶、:::..___/ィ汽二二ニ7
        ニニニニニニニニニニニニ7 /       〔,ィノ)仏ィニニニニニ/ /
         ,ニニニニニニニニニニニ7 /        〉ニニニニニニニニ/ /
          ニニニニニニニニニニニ〈 〈 丶、     /ニニニニニニニ;;//

845◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:54:45 ID:rNoeRtm20

1929年2月、党政治局・統制局幹部会合同会議において
ブハーリンの異端的経歴を糾弾し、ソ連への不忠を非難する決議が採択される。

                   ,,,,,,,,,,,
                  [|,,,,★,|]
                 (__・∀・)               本会議は、同志ブハーリンの
                /´~ V:V~ヽ              過誤の数々を認め、
            __/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\__   その軽率な行為と忠誠心の欠如を
            |   | |                  |  |   |   非難するものである!
            |   | |                  |  |   |


                 _______
                ∠´      `  、
                 /            ` 、
           /                 ` .、
          /                    ヽ
            /                       i
         l             γ      } (  l
          l              i  / ノ ノノル))j ヽ
          ,'           { { { {彡≦≠ュ/ ! リ
         ,'            ゝ、ゝー( ´`ヽニ セヾ 〉ソ
          {            {´ヾメ )        '、
        ヽ、           ヽ))( (  u        ヽ   ・・・・・・
          ヽ               i ト ゝ         rー′
           ミ         ノノ!      ´ ̄」′
         γ⌒     ヽ   {(  ヽ、       `{
          ゝ,      !ニニヾ彡 `::.. >     j
        ( つ     ノ   | | ヘ   ┬‐` ー ´
         ミ彡 γ〃〆   | | ̄ ̄ ̄`ヽ=====y
         {    {((ヘ      | |     /       //
          ゝ、 _丿       | |     |       i l


ブハーリンにとり、情勢は決定的に悪化していた。

846◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:55:23 ID:rNoeRtm20


が、しかし。にも関わらずブハーリンに対する公然とした侮辱と非難は抑えられた。
紙面は平常どおりの記事を載せ、市民の関心は明日食べるパンにあった。




    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i|       :| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i|     |:::::::::::::|
    ~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ∧ ∧ .:|:::::::::::::|;    _n__
    ∧_∧ メ                     /)゚- ゚,,) ゙;|::::::/ |    .:[__;;]
∧_∧´∀` ) キ                 ヽ   |) |/ ,;.:|___| l ̄l :|_
,  ´_ゝ)  .と ) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |~          |_l_l_,l
    )'ヽ  Y  ,;      ,。            し`J
人 Y し'(_)
_(__)_________________________________
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 ,,∧ ∧,,∧ ∧,,∧ ∧,,∧ω・)∧_∧
ω・`)(´・ω・)・ω・(´・ω・`)∩(´д`; )
 ∧,,∧ ∧,,∧と ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧
(´・ω・`)(´・ω・) (・ω・`)(´・ω・) (・ω・`)(´・ω・)(´・ω・`)(´・ω・)
 ∧,∧ ∧,,∧∧,∧∧,,∧∧,,∧ ∧,,∧ )∧,,∧|∧,,∧ ∧,,∧) ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,
(・`  )(・ω・`)ω・`)・ω(´・ω・`)・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・)(・ω・`)(´・ω・) (・ω・`)(・`  )(・ω
 ∧,,∧( ∧,,∧   ∧_∧ ∧,,∧,,∧  )∧,,∧ |∧,,∧)∧,,∧ )∧,,∧| ∧,,∧ )∧,,∧ ∧,,∧
(´・ω・`)(´・ω・`)( ´∀`)(´・(´・ω・`)(´・ω・) (・ω・`)(´・ω・)(´・ω・)(´・ω・)(´・ω・`)ω・`)
∧,,∧ ∧,,∧ ∧,,∧ ∧,,∧(∧,,∧ ∧,,∧∧,,∧∧∧つ∧_∧) ∧,,∧ )∧,,∧ | ∧,,∧ ∧,,∧
(・ω・`)・ω・(・ω・`)( ´・ω)・ω・(´・ω・`)ω(・`  )( ´∀`)(´・ω・`)(´・ω・) (・ω・`)(´・ω)

非党員の市民はもとより、一般党員でさえ
党内でブハーリンが追い詰められつつあることを知らなかったのだ

847◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:56:13 ID:rNoeRtm20


これは、追い詰められたとはいえいまだ党最大の理論家として、そしてネップの擁護者として
農村地方で大きな支持を集めるブハーリンを警戒してのことだったが・・・


         (\
        \\
        /とヽ ヽ
          〈ししイ.: : :.
        `Y入 : : i
         |: : : : : }
          j : : : : ハ
         `T゙¨´ |
           |   |       ,  -―=ミ、
           |   |     〃         ヽ
          !    、    ノ        `Y
             ,   ヽ  {  ノノ八从乂  }
             ',     、 乂 {///儿///}  リ
              ,    `ヽリハ`¨´ L `¨´ミ乂
             ′     /「 ̄\ -- {「 ̄ミ
.              八   ///}}: : : j ー=升//厶ー/77ハ
              ヽ ,/∧/|| : /   /////////// ⌒ヽ
                 {//: :.Ⅵ∨ ,// ̄ ̄: {//{    ,
                 |/=== :|/| ///.: ==: :.{//{      ' 、
                    } : : : : |/|,///: : : : : : : : :∨∧     \
                   : : : : : |////: : : : : : : : : : :.V/\
                   : : : : : L'//: : : : : : : : : : : : /   ` 、 ,   `.
                   |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : /      {     i
                   |: : : : : : : : : : : : : : : : : : /       八    |
                 }: : : : : : : : : : : : : : : : :./           |ー=彡}

        ブハーリンワッショイ!!
     \\ ブハーリンワッショイ!! //
 +   + \\ブハーリンワッショイ!!/+
                            +
.   +   /■\  /■\  /■\  +
      ( ´∀`∩(´∀`∩)( ´∀`)
 +  (( (つ   ノ(つ  丿(つ  つ ))  +
       ヽ  ( ノ ( ヽノ  ) ) )
       (_)し' し(_) (_)_)





それ以上に、党内の論争の拡大を避け、党の分裂を防ごうとしていた
右翼反対派に対する敬意のあらわれであった。


                               (  (
                                )   )
                       ,.、   / /
       ____              .| |l   l ,´
     /⌒  ⌒\        _-、i::| |ニニii '
   /( ー)  (ー) \     /,‐ヽヽ`、||
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    ( .〉〉/     ま、そう追い込む必要もねえお・・・
  |      ) (      |   /  ノ      トロツキーと違って
  \      `ー´、        /  /       ブハーリンは話が分かる男だお。


無軌道な権力の振るい手として思われがちであるが、
彼らは彼ら独特のマナーやモラルにのっとって行動していたのである。

848◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:57:06 ID:rNoeRtm20


強力な圧力は彼らなりの説得方法だった。

「異端者」として扱われた右翼反対派だったが、
それでも決定的な決裂を引き起こさないように細かい注意が払われた。


      ,.⌒ヽ     γ⌒ヽ
     〈  ●ノ\   人 ● 〉
       ヽ彡'  ヽ / ヾ__ノ
       )    Y   (
      /γ⌒    ⌒ヽ\       身の振る舞い方に
     /  |        | ヽ       気を点けたまえ!
     |   ヽ__人__ノ  |
     \     `ー'´    /       君らは危険を冒しているのだぞ!
.      /⌒~" ̄  ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ____゙___、rヾイソ⊃
     |            `| ̄
.      |           |


非難する決議や文書は、注意深く「咎める」ような口調であった。

それはブハーリンらに「考え直す」ように迫るものであり、
公式議事録にはきちんと名前に「同志」と付け加えられていた。

849◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:57:57 ID:rNoeRtm20


そして、1929年5月、党協議会において、歴史は大きな節目を迎える。



                          /           / !          /
\                       /   / _     / ノ        /
  \                 _,. --──--、_   ヽ  ,イ_>-、_/⌒)   /
   \              /           \   ,イ__>-、_  ヽ/  /
     \          /(            ノl  |\-、  1  | /
      \        (  `ー---------‐''" ノ    Y"ヽ、レノ
        \       (|`ー===========‐'"|)      _,.-ノ
         \     f`ー==、____,. =''" |\   ノァ-イ
                |`ー‐-.._____,. -‐''"l  \/イ-‐"
               ノヽ=.._       _,. -'"|  / ノ
────────    { 、_   `ー----‐''"  _ノ }. /`ー"  ─────────
               ト-.._         _, イ`
               |_     ̄`ー--‐‐' ̄    j
        /       |`ー--、_____,. -‐‐'"|       \
      /   ,. -‐''" ̄ゝ               ノ`ー-、-、     \
     /   / /    >、`ー----------‐‐<    \\     \
   /    / /      ト-..__ ̄ ̄"""" ̄ ̄ _フ      \\     \
  /      |  |       `ー.. ニニ__ニニ_フ         |  |       \
/       |\\        `ー------‐‐''"        / /|         \

850◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:58:19 ID:rNoeRtm20



              ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ ))
            ((〈● ノ\   /\ ●〉    \ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从_从人_人/
               ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ    ≧                             <
                 )    Y     (      ≧      以上を以て、党協議会は        ≦
              /γ⌒       ⌒ヽ \    ≧                             ≦
           ((  |  |         |.   |    ≧      経済の五ヵ年計画の実施を      ≦
         ((   ヽ ヽ__人__ノ  ノ    ≧                             ≦
               \   `ー'´    /     ≧      決定した!!               ≦
             __/ニヘ       ' 「L__    ≧                             ≦
        __,,,,==ニニ三三ヘ.      ||三ニ==、/Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒WW⌒Y\
     /三三三三三rイ◯三ニ|   \__,/ |三三三三ニ==、
     _|三三三ニ/  `ーイニ三;;| ./三\ |三三三三三三;\
    _|三三三=广 \. `i,j! }ニ;|  \三/ :|三三三三三三三|
     |三三三iく  \  { /三=|  :|三|  |三三○三三三三;|
   __/三三三|| \_}ー^三三三|  |三;| |三三三三三三三;;|
 /三三三三;|\__,リ三三三ニ|  :|三;;| :|三三三三三三三;;;|
 |三三三三三|   /三三三ニ=;|  |三ニ|:|三三三三三三三ニ;|
 |三三三三三`==='三三三三三ニ| |三三||三三三三三三三三|
 |三三三三三三三三三三三三三V三三三三三三三三三三三||

851◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:58:57 ID:rNoeRtm20


それは、経済の回転の担い手を市場経済から完全な計画経済に移行させること、
さらに、圧倒的工業化により今後五年間のうちに工業生産の110%向上、
農業生産の35%向上を目標としていた。

世に言う、「第一次五ヵ年計画」である。

     ┏━━━┓                               ┏┓┏┓
     ┃┏━┓┃                               ┃┃┃┃  ////////
 \   ┗┛  ┃┃┏━━━━━━━━━━━━━┓┏┳┓┏┓  ┃┃┃┃   /////
\\\    ┏┛┃┗━━━━━━━━━━━━━┛┗┻┛┃┃  ┃┃┃┃   //////
\\\  ┏┛┏┛                         .┏┛┃  ┣┫┣┫ ///////
\\\  ┗━┛                          .┗━┛  ┗┛┗┛ ///////
\\\\                                           ////////
\\\   [|,,★,,|]    [|,,★,,|]  . [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]  .  [|,,★,,|]   //////
\\  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ///////
\ [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]  ////
 ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ////
(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ )) ///
   く  >     く  >     く  >     く  >     く  >     く  >     く  >     //

852◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 22:59:52 ID:rNoeRtm20


そして、同時に政策転換に伴う右翼反対派との闘争が、最終段階に突入することも意味した。

総仕上げのためにやる夫はついにブハーリン批判を世間の目に晒すことを決断する。


       ノ L_____       )
       ⌒:::\:::::/::\      ヽ 右翼日和見主義者!!
      / <●>::::<●>\       )
     /    (__人__)    \,   `v'⌒ヽ/⌒ヽ/       ,. ‐- .. _
     |       |::::::|     |                  /  __  `` ー- 、
     |       |::::::|     |               , ィ/   ゝヽ ̄ヽ ー- '  )
     \       l;;;;;;l    /"             _ / { {ヽ、_   ヽ' ノ_,.〉  -=ニ
       \    `ー'    \_ -ァー- 、_ ... -‐ '    ヽヽ、 `>、..ノ=┘    ,)  不忠者!!
       /j >-‐ ' ´/ /   /    /   _ノ      \ `ー '!         ⌒ヽ
   , -‐ 7´/{⌒|  / _/   j                  >‐'            ノ-、
  / / //| 〉‐f/ \'    !   ´                               ⌒ヽ, -、/^ヽ「`



これは暗にブハーリンらに対する最後通告であった。
いま屈服するか、さもなくば合同反対派のように完膚なきまでに叩き潰されるか・・・

853◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 23:00:20 ID:rNoeRtm20


ブハーリン・ルイコフ・トムスキーはすでに辞表を提出していた。
しかしそれは、書記局の独裁に反対する抗議の辞表であった。

       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /              /ヽ__//
     /    辞めてやる     /  /   /
     /              /  /   /
    /   ____     /  /   /
   /             /  /   /
 /             /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /

        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \    そんなもん認められるかお!
      |       |::::::|     |   「幹部党員」としての「義務」を果たせお!
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i    _             _
   /          ヽ !l ヽi   | l [l] | ̄| /l    | |
   (   丶- 、       しE |そ  | 二l  ̄/ [][]∧.|_|
    `ー、_ノ      ∑ l、E ノ < |__|  | ̄/ <_/ <>
               レY^V^ヽl       ̄

854◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 23:00:51 ID:rNoeRtm20


【補足】

          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\   やる夫は、
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ    この辞表提出で
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ    問題を終わらせるつもりは
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/    ありませんでした。
         | |{i t    _     / |
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |   なぜなら、それは党にとって
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |   なんの解決も意味しなかったからです。
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |



     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/   少数派のエリート集団である
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !    ボリシェヴィキ党は、
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||     絶対的に正しい無謬の存在で
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l     あらねばなりませんでした。
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|
       l \     _    ,/ |      だからこそ、
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |      党の方針に反発的な党員が
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !     存在してはならなかったのです。
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!

855◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 23:01:17 ID:rNoeRtm20


        ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
        =            ゙ミ
        ミ     ★      ゙ミ
       r―ミ             ゙ミ
      l  ミ;=======.:::゙ミ
       ヽ /  ※   ※   ※ ∧   正しい党の方針を
.      /   r―_‐_'i:¨:¨´:l ̄:`ヽ}   疑う党員がいれば、
      { ※ /: ´/: :/`:./;ハ:`: :l: l   それは党の「正しさ」そのものに
      }   f: /fてハヾ´ /f'云ヾハ:}   疑問符をつけてしまうからです。
.      { ※ }:{ 弋__ノ   弋::リ j//
      ハ   {:ヾゝ''''   ,、  ''',イ ヽ   正しい党には、正しい方針を理解し共有する
.     /: } ※. }: : ;>‐‐--‐<ヽ  }_  正しい党員だけが存在しなければ、
    /: :.{    l:/{i{ (ニニXニニ)} :.{ ※ ヘ 党の「正しさ」の純粋性が保てませんでした。
   ,.イ: : :/ ※ l:ヾ}i}  〃{i  {i: :ヽ  ヽ
.  {:ヽ: :.く   /: :j:ヾx、_ノノゞ≠'j : :.} ※ }
.r<:ヽ:`:ー`ヽ,/f'"::`ーt‐f´:t‐r‐':ヘ:-'`¨¨:}´


                /      _ .. - 、--──- 、    \
              '     , '"           ゙ヽ     L
             ,′   /                \   ノ
           _ l   j//  /       丶        ヽ /
        ___  (._  |  ノ ,   '  ,         '         ' ヽ
     ___/r_- '  ̄  イ (__/ /  /          |  i 、      V
   r :::__:::: {    /:!   ヽ    ,'  │!.    │ !   V      ',    つまり、
   |:::|  イ^て  イ::::!   ノ .!  l.  │!     ハ  !   l  !  ハ !
   L/イ  「    |:::::!   (_ | l ハ   | | |!   l | |  ノ| !   ! | |    役職を辞任するだけでは不十分で、
  .   /!  ハ____. |:::::!    ヽVハ__ヽ__Nヽ|!  l/ j ,.ィl‐j 'T リ イ レ
    /::!   l    ヽヽ:::ヽ  ノヘ´ ヽ==ゝl、 `ヾノ' j/ィ´j::V レイ|        自らの思想や思考そのものを
    !:::!  !   (  ヽ,=:Vハ ヽ イiナ:ハ        、'-ノ ' l | ヽ
    ゝ!   !    ー-..{@jil!| !   ゝ‐ '            ハ ハ. |      変えなければ
      |  !         ´ゞィ'!| |            _′   / | | ヽ
      |  !       `ナ'| ト          '-'     ∠_.l  !  \    敵として許すわけにはいかなかった
.      ,|  ::!         /'  l  !_>-_、, ―-、     /⌒Y ,′   lヽ
    /│ ::::!         /   l  ! ' ´ : : : : : : .ヽ-<: : : : :V ハ.    | !   というわけね?
  . /:/  :::::!      /   ,l  !: : : : : : :__ {ゞン}─ - 、:.| ! ノ  / '
   / l ::::i      /    /! i!: : : : /: : : : . Y´: : : : : :L_.! / /
  :/.  | ::::!       \ ,.'   ! i!:__:/: : : : : : :.:.| : : : : : ::_.ゝ-─── ァ
  '   | ::::l       ゝ ノ ノ: イ: : : : : : : : :ノiヽ: : : : : ゝ_.. -─r─/

856大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/16(月) 23:02:26 ID:AQKeckAU0
オセアニア国化してるな

857◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 23:02:47 ID:rNoeRtm20


       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ;==============゙ミ
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k    その通りです。
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',   敵が許されるには、
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|   自らの意見の過ちを公然と認め、
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|   さらに自分の支持者に翻意を説得し
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |   党の「正しさの純粋性」を損なった
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|   責任をとらねばなりませんでした。
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /

            ,.:-=;1―;1―;1―;1,=-;:、
            ミ             ゙ミ
.              ミ      ★      ゙ミ
           /ミ             ゙ミ \
          《  ミ;========゙ミ } 》
.             》/ / / :/ : : : : : : : : : \ ∨《
.            /// : :/ :/ : : : /:/ |: : : : : ∨^:|    それ以外に贖罪の方法は
           l∨ : : l :/: : :// / :八 : : : l: l : :|    ありえません。
           | :| : : :|/ :/ //:/ :/  ヽ: : | ハ: :|
           | :| : : :|≧x、/イ//,.ィ≦ハ ノ : l: :|    やる夫はブハーリンらに、
           } :|八 :代uzノ    弋uzノ仏イノ: :|    それでは不十分だ。
.           ′:} 仆⊂⊃     ⊂⊃イ 八 : :|    ちゃんと「責任」を果たせ。
.        /: : / 八 >  ~~~ .イ}{ : : : |    と、言外に要求していたのですね。
.        /: : 〈 // ̄》 》≫=≪《 《V ∧: : :
.        / : : : : {   》《_》《_》《 〈 /  、: :丶
       /: : : : : : }   《_/八_》      }: : : :\
     /: : : : : : :/    ∨{><}{    {: : : : : : :\
    / : : : : : : /人,___人}><}人__人\ : : : : : :ヽ
   《 : : : : : : // { ̄/∨`¨¨¨´∨\ ̄} \\ : : : : : \
  《 : : : : :/ 《(   } {_人    人_} {  )》 \ : : : : :》
   》: : :/   》)  人人_))   ((_人ノ (《    \: : :《
  《 :/    《(    \        /    )》      \ 》
   `\\    ≫x、    \__/   ,x≪     //



【補足終わり】

858大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/16(月) 23:03:10 ID:8q3GVSKs0
まだこの頃は転向を許すだけの余裕はあったのね

859◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 23:04:50 ID:rNoeRtm20


   ――― 一方、そのころ・・・


                          |
                          |
                          |
                          |!
                         ,v'v
                             }f:i{
                             |iヨ|
                          r」iヨ|、
                       _,宀=宀,_
                       |三i]]]]i三|
                            _|三i]]]]i三|_
                       |i|i|i|::|:::|::|i|i|i|
                       |i|i|i|::|:::|::|i|i|i|
                      r'士:士士士'┐        ∧_∧
             _  __ rf::::L..、.rl|iヨヨ|ョョョョョ|iヨヨ|      r:::┐( ´∀`;)  <うう・・・・
          fi=! _r|::::| . |└|::-:::‐:ト|::|iヨヨ|ヨヨ:ヨヨ|iヨヨ|、  r ┐|:::: |⊂    つ
─!       |:A」≡:::::::::::::!:::::i::i::::::|:|::|iヨヨ|ヨヨ:ヨヨ|iヨヨ|コユ_ノ:::::トル::::::1( ( (
:::::Lriv宀-::::::::'":|ヨ|:::::_;_:::::::::::::::::::::::::::::: |iヨヨ|ヨヨ:ヨヨ|iヨヨ|:::::::::::::::::::::::::::::::(_(_)
:::::rル、i≡≡≡|:/=ヾ、|ニ!::::::::::::::::::::::::::::: |iヨヨ|ヨヨ:ヨヨ|iヨヨ|::::::::::::::::::::::::::::::::::ll= ii川 川ii l==ll==ll==ll
::/7i>::|≡≡:::::|7加|:::iÅ::::::::::::::::::::::::::::: |iヨヨ|ヨヨ:ヨヨ|iヨヨ|:::::::::::::::::::::::::::::::.) ii ̄ii ̄ii ̄ii ̄ii ̄ii ̄ii
/=== >、。。。:::l|」=|_」iヨL:::::::::::::::::::::::::::::|iヨヨ|ヨヨ:ヨヨ|iヨヨ|:::::::::::::::::::::::::::::::.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|=i:::i=|彡:::::::::: |ヨo: |::::::::::::||::::::::::::::::::::: : |iヨヨ|ヨヨ:ヨヨ|iヨヨ|:::::::::::::::::::::::::::::::.|       ;:..;:...;;...:;;;;:.;
|::::::::: |iii|、::::::: |::::::::|::::::::::::||::::::::::::::::::::: : |iヨヨ|ヨヨ:ヨヨ|iヨヨ|:::::::::::::::::::::::::::::::.|       ;:..;:...;;...:;;:;:;:;
|┃┃|iココ:::::::: |::::fil|i<>il::::::::::::::::::::::::::|iヨヨ|ヨヨ:ヨヨ|iヨヨ|:::::::::::::::::::::::::::::::.|       ;:..;:...;;...:;;:;:;:;
|┃::::l|iコrヘ::::::l|::::|::::|::::|: : |::::::::::::::::::::::::: |iヨヨ|ヨヨ:ヨヨ|iヨヨ|:::::::::::::::::::::::::::::::.|      ;:..;:...;;:;:;;:;:;;:;:;:;
|::::::::: |。。|:|:!::::::|::::|::::|::::|: : |r=、:::::::::::::::「「!]]|]]:v:[[|[[!ココ::::::::::::::::/ ̄ ̄|      ;:..;:. ;::.:;;:;:;;:; :;;:
|::::::::: |。:l|:|:::::::l|::::|::::: : |/二><7!:::::::::;」」::]]|]]iii [[|[[i」_」:::::::::::::::L__,|     ;:..;: ;;::.: ;;:;:;;:; :;;::

860◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 23:05:14 ID:rNoeRtm20



                「\ ̄`''ー-- 、、、
         ___ |:;::∧           ヽ
      〈\  / |:.:.:.:∧          \
        \ /  |:.:.:;:;''               ',
         ,'                   '
           {:...:...::....:.....             |     なんで・・・
         |.:.:.:.:. :. :;_:;:;:.:.:             :!     なんでこんなことに・・・
         ヽ:.:.:;::.:'´:;':U:;::;.:.:.:.:.         /
             }:.:.:.:.:.:.:.:.:o.:.:.:.:.:.:;:;:.        リ、
           \:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;      / `ヽ
              `ヽ⌒>:;::;:;:;:;.:.:   /
                ̄ ̄ ̄///
                // /
                      〃〃




    ∧_∧
  ◯( ´Д` ,) ◯    うわぁぁあぁああん!!!
  \      /
  _/ __ \__
 (_/ lll \_)    ダッ!!

861◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 23:05:30 ID:rNoeRtm20


│|∥┃│┃┃∥┃│┃∥││┃ _」L...
│|∥┃│┃┃∥┃│┃∥|│┃ ,コ lニn
│|∥┃│┃┃∥┃│┃∥││┃.〈<l ワ/))
│|∥┃│┃┃∥┃│┃∥││┃ ``'´ ´
│|∥┃│┃┃∥┃│┃∥││┃ _」L...
│|∥┃│┃┃∥┃│┃∥││┃ ,コ lニn
│|∥┃│┃┃∥┃│┃∥|│┃.〈<l ワ/))
│|∥┃│┃┃∥┃│┃∥││┃ ``'´ ´
│|∥┃│┃┃∥┃│┃∥││┃ _」L...
│|∥┃│┃┃∥┃│┃∥││┃ ,コ lニn
│|∥┃│┃│∥  │┃∥││┃.〈<l ワ/))
│|∥┃│            ∥││┃ ``'´ ´
│|∥                .│┃
│    (⌒)∧_∧'      .┃ _」L...
│     ⊂( ;;Д;)つ     .┃ ,コ lニn
│       ヽ  _,,ノ       │┃.〈<l ワ/))
│         | |      . │┃ ``'´ ´
│           (_).  │││┃ _」L...
||                  ∥││┃ ,コ lニn
│|∥  │    │┃  │∥││┃.〈<l ワ/))
│|∥┃││││┃│┃∥││┃ ``'´ ´
│|∥┃│││∥┃│┃∥││┃  o
│|∥┃│┃┃∥┃│┃∥││┃
│|∥┃│┃┃∥┃│┃∥││┃  o

863◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 23:05:47 ID:rNoeRtm20


――― 1929年10月 ニューヨーク・ウォール街

       .l;;i′      /     .!圭/ .イ、圭圭圭/ |圭/       ィ幺才     ,イ゙ .,〃      ィ幺才
       .|/       ノ      .l圭!  l圭圭圭ゝ !Ⅳ           ,,ilr'"     ,i'./        ,ィ幺才 .,.
       :l゙                 | !  /圭圭Ⅳ  /Ⅳ         '″      .,l./        ,,ノ才  ィ幺圭
              _,,          !゙.,,.,i圭圭Ⅳ  .iУ                             ,i'㌢ rィ幺圭圭
   .i}′        / Ⅳ .,      /圭圭Ⅳ   .l″            ,ν         /Ⅳ_ィ幺圭圭圭圭
   `           i"Ⅳ /      /圭圭Ⅳ                il l′         ィ幺圭圭圭圭圭才㌢
           lⅣ  ."、    /圭圭Ⅳ             _    ,,i!!″     . ィ幺圭圭圭才㌢ー'″
          /./    l「    ../圭圭Ⅳ             ,,il″   .´      ィ幺圭圭圭才'"
     .,i''l   .,〃    .〃 /  ./圭圭Ⅳ     .,.     _ /″           ィ幺圭圭圭才 ´        _ン'
    ,lⅣ  〃   .,〃 ./  ,/圭圭/     ./     ,r'./     .,    ィ幺圭圭圭才゛        . _,,-へ.iii
   .〃   ./l   、〃 ,ir /圭圭/    .,〃    .,ノン′  .,,ir'"  ィ幺圭圭Ⅳ'″      ィ幺圭圭㌢''圭圭
   〃  .,ノ~;/  .,/./ .,ノ/ /圭圭Ⅳ .,.. |″    ,i'ン"   ,ii'" .,..-'イ圭圭Ⅳ゛   ___i才"       `'''″
  .il″ /圭Ⅳ ,ィ彰i彡'゙i/'"圭圭圭込才Ⅳ    ,-/'" ,.. ;;/!"._.刈圭圭圭Ⅳ_..-、.,才㌢'"゛
. ,i|′ ,/圭圭レ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭|  ,il!ン''/...-彡 '',゙..ィ幺圭圭圭,ィ幺圭才"'"
// 幺圭圭レ゙圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭Ⅳ. |/‐才ンィ幺゙‐'゙圭圭圭圭才゙‐'''^゙゙''″         _..i
/幺;圭圭〃圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭込ィ幺,iテア´圭圭圭圭圭圭才"      _,,,...i;;;;iv=ゞ´
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才  __..;;メ`-ー'"゛            _,,..ィ幺圭圭圭圭λ
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭i彡ィ幺圭才               ィ幺圭圭圭圭圭圭圭圭
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才'´             _..- _ィ刈圭圭Ⅳ   .゙'''゙゙゙´ ,,-''"
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才″_____.圭圭彡''彡丞'"゛        ‐‐‐'"
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才_,,ィ幺圭圭圭圭才 ゙゙゙̄‐'"゛
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才'"
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才㌢ ̄,,
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才 '" ̄゛ . _..yrー''“''''"    . _,,.. -;;ニニコニ;;r‐
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭_.-‐'' 二ニ  ―ニニ`-'”'"゛     .,_iiir=`-''''"´

864◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 23:06:12 ID:rNoeRtm20


1924年以来、投機熱によって異様に膨張したアメリカの株式市場が一気に破裂。
ダウ平均株価は怒涛の如く下落し、一週間で国家予算の10倍に匹敵する資本が吹き飛んだと言われる。


                       \\        /f゙ヘt、`-、_
      ヽ、;;;、\               \〉     /f~´  i゙;;'、';;t、`'‐ 、
        ` ー ゝ                     \(z、   ``ツr;;';;ゞz;;`'‐ 、
       __,.   ---───‐‐‐┐             `'‐、ゞ、_ '´ `゙゙ ゞネ'゙‐ヾミー 、_
       \´、`゙`ゞヾミ''ゞ~^`ji:|                `゙'-、ゞ 、     _,ノ;//
         `-- ─ー‐‐─‐--=!                     `゙''-、ゞrt.;.ォ//
     _                                       ゙、/
      /{
    / 代                                                 ,
   《ミ 、 ハ                                              /|
    ヽ:i; }                                            , ‐'゙ /
      ソ                                        _,.. ‐´fじ''´
                                                ノ_,. -''´
                                                 ´
                                                  __ ノ′
                                             ´ ̄ ̄ ̄
                                                    /\

これより、アメリカは悲劇的な景気後退局面に突入したのだった。
いわゆる「世界恐慌」の始まりである。

862大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/16(月) 23:05:38 ID:AQKeckAU0
嵐が来たぞ

865大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/16(月) 23:06:26 ID:8q3GVSKs0
暗黒の木曜日か

866◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 23:06:46 ID:rNoeRtm20


この出来事は、モスクワの強硬な政策転換を後押しした。



   ,.⌒ヽ     γ⌒ ヽ
  〈 ●ノ\    人. ● ;∩_
    ヽ彡'  ヽ /  ヾ__ノ〈〈〈 ヽ    アメリカの大恐慌は
    )    Y    (  〈⊃  }    資本主義体制の自己矛盾が
   /γ⌒     ⌒ヽ\ |  .|     限界に達したことを示している!
  /  |         |  ヽ  |
  |   ヽ__人__ノ   |  |    マルクスの予言したとおりだ!
  \   |rー┬ー-|   /  /
  /__` ー―ー'´     /      もはや資本主義は、
 i     ヽ         /       終焉の時を迎えたのだ!!
 i――――’         i



                       ._-───-、
.                     /:::::::ト、i\/\::::\
                    {ヾ/>v、/:::::::::\r‐   同志モロトフの言うとおりだぜ!
                      .〉  { 0}::::|//::::::::::::
                      ゝ   ,=}==、:::::::::::::::::   これから、全世界の資本主義体制は
                   ./  `ーァ‐':::::::::::/|::   ドミノ現象のようにぶっ倒れていくに違いねえ!
                     |  r‐  }::::::;:<\ j:::
.            _r──、   \ゝ-< ̄\__>:::::   だからこそ、俺達はここソ連の大地に
           │ ─i⌒ヽ    \   ( ̄::::::::::/:   社会主義を建設しなきゃいけねえんだ!
           │ ─|_ハ    /  ̄ニ二 ̄:::::::::
           │ ─、i   .}   / |     {::::::::::::::
              \ ー'   /\/  |     ヽ:::::::::::
             ヽ-<      |      ヽ:::::::

867◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 23:07:45 ID:rNoeRtm20


       /ミミ,、ミミミ,.ヘ.ミミ,.ヘミミミ,ミミミi、
       ,ヘミ/ \/   ヽ/  ∨/ ∨ミi.
.     .″ >ヘ             >ヘ ∨ミ.        資本主義に支配される世界が崩壊し、
     i ./  \        /   〉. ∨ミ        焼け野原となった時!
    , ┤     , ‐\  | |  ./ ヽ     ! , ー 、
.   / .|     !  ・ \! !.イ ・   i    レ   .ィ i      ここソ連に建設された
___i hj    、   ノ:::::::::::::、  .ノ       ,{:  i__  社会主義社会だけが、
   ∨´   ::::::::::::::〃 ̄ ̄ `ヽ:::::::::::::      ij: リ     燦然と輝いているだろうぜ!
   ′       、      リ     /{    /
    ! / ̄ヽ      `ーt一 ´    . <   !   ,ノ      滅びを迎えた資本主義から
   !{          _ .  -= ´    リ   } !      人類を救い出すために、
   、 `ー-- -‐ =_´    . -‐= ‐ 、 .′ ′!      俺達は一刻も早く社会主義社会を
    i 、 \   .<   >´      〉'   / /       作り上げなきゃいけねえんだ!
   ∧\  ` (                /  / /
     ヽ \  ` <         > ´  /   /        これは、歴史に課せられた使命なんだ!!
      \ >  . _` ¨¨¨¨ ´ _ . <  /
       > .    ̄ ¨  ̄    _ . <
           ` ‐- ---一 ´

     ┏━━━┓                               ┏┓┏┓
     ┃┏━┓┃                               ┃┃┃┃  ////////
 \   ┗┛  ┃┃┏━━━━━━━━━━━━━┓┏┳┓┏┓  ┃┃┃┃   /////
\\\    ┏┛┃┗━━━━━━━━━━━━━┛┗┻┛┃┃  ┃┃┃┃   //////
\\\  ┏┛┏┛                         .┏┛┃  ┣┫┣┫ ///////
\\\  ┗━┛                          .┗━┛  ┗┛┗┛ ///////
\\\\                                           ////////
\\\   [|,,★,,|]    [|,,★,,|]  . [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]  .  [|,,★,,|]   //////
\\  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ///////
\ [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]  ////
 ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ////
(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ )) ///
   く  >     く  >     く  >     く  >     く  >     く  >     く  >     //

868◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 23:08:16 ID:rNoeRtm20


      /                              ヽ
      /    l                            ヽ
    /    ハ |  、                            |
    /     | | |   ヽ
   |    いl ヽ,l\_ \   \
    | /     ト'  __ , --`ー `ー、 __ゝ  l l
   |!   ,-=、__f´::,.- =‐'´:.:.:.:.:.:.::::::)  ノノ
    l   |:::::::::::::::::::::::´ ,‐tァ‐=-  `r‐イ    /
    ヽヽ|:::::::::::厂ヽ:::::. : ̄:.:.:.:.:.:.:.:::/ {      ト、
     \!::::::::/   \:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   ヽ     | \       (もはや・・・ここまでだな)
        l::::/       ヽ---一 '   、_ノノ   ト、 ハ l
       ヾヽ、_ -          、_フ′/ / _/ヽ!
            ', __             ヽ_∠ノ /  ヒ´ノ
            ', ,-―‐--    し         /`l
            ', --     ____    /  ヽ、
           l      | r――- ニニニニニヽ
              l        | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ ノ |
   r,――‐ ´ ̄ヽ__ ‐┤l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::―‐/ ハ
    {{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   l ||:::::::::::::┌────‐┐ヽ! ヽ、
   ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_ノ   l  | |::::::::::::: |=<>ニ<>ニ<>=|::::::::::::ノ  ,
     ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ_,.r┴┤|::::::::::::└――――‐┘:::::::ヽ__ハ

                          .  -‐…‐-
                        /            \
                          .         .:::::::::::::::::::::ヽ
                          ′        .::::::::::::::::::::::::::'.
                            .:::::::::::::::::::::::::::::::'
                       i  |i    .::::::::i|:::::::::::::::::::::: }
                       |   |i   .::::::::::|i:::::::::::::::::::::::′
                       ∧   |i ..::::::::::::i|::::::::::::::::::::/}
                   {∧ :::::::|i::::::::::::::::|i:::::::::::::::: //
                     V∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://   ・・・・・・
                     `|ヘ\:::::::::::::::::::::::::::::::::::/´
                        { |   ー=====‐ {
                      、|     _____  |
                      x≦二二二二八二≧x、
                         | |三三三|二  二|三三|
                       l| |ニニニニニ《 》ニニニ|l

869◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 23:08:45 ID:rNoeRtm20


1929年11月、高まる党内の熱狂と雰囲気には遂に抗えず、
ブハーリン、ルイコフ、トムスキーは自らの意見の撤回を認める誓約書に署名することとなった。


 ノ        /ノ 人ヾ   ヽ
 ノ     ///  ノ  ヾ\  )
 (       ソ┬┬─\─┬| ノ          , -─‐- 、
  )      ソ ││  _   |│ノ.          / , /⌒ヾヘ
  /      ノ \__/ ヽヽ_|           ! ,' 〉 _,、i,」
 (      (       ノ  /   .       `、l^'' `゜´_{゚j
 (       ア  ―─  /             !ハ、  ー /
  )   ヾヽ ノ     ̄/             F=≧‐t'
   丿   ̄ ̄ ̄ ̄|─ ─┐    、─、__,..,..,ノ`^_ミ杉L..,..,__,─ァ
            │||    /     ∧ニゝ'-'-'ー'-'┐ |┌'ー'-'-'-ヲ、

     , <: : : : : : : : :>、
   /: : : : : : : : : : : : : : : \
  /: : : : : : : : : : : : : : : |: : : : ヽ
 l: : : : : :|: : : : : |: : : : ::|: : : : :∧
 !: : : : :∧: |: : : |___ : |: : : : : :ハ
 |: : : : /ヽ|: : :リ _`ヽ: : : : : : |
 |、: : ::| _ \| ィ示テミ !: :|: : : :l
 l::\: |イ示ミ.   ヒェク/ |: ::|: : : j
 i: : :∨l└┘::,::::::::::::::::'':|: ::|: : /
 ∨: : :ハ、''u  、__ _ ィ |: : |/
   \: : |/二コT  ´ / |/-、
    \|/ | | \/  //   |


それは、明白な降伏文書への調印だった。

870◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 23:09:12 ID:rNoeRtm20



      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ● ノ\   /\● 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\
.    /  |         |  ヽ     どうする?やる夫。
.    |   ヽ__人__ノ   |
    \     `ー'´     /     ブハーリンたちが
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ       完全に屈服したかどうかは
    /      ,⊆ニ_ヽ、   |      少々あやしいけど・・・
   /     / r─--⊃、  |
   |  ヽ,.イ   `二ニニうヽ.  |


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|     んー・・・・・・
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

871◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 23:09:32 ID:rNoeRtm20


                               (  (
                                )   )
                       ,.、   / /
       ____              .| |l   l ,´
     /⌒  ⌒\        _-、i::| |ニニii '
   /( ー)  (ー) \     /,‐ヽヽ`、||
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    ( .〉〉/     ・・・ま、これくらいが
  |      ) (      |   /  ノ      妥当な落としどころだと思うお。
  \      `ー´、        /  /




多少、中途半端な結末ではあったが、やる夫はこれを受け入れた。



        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\     これ以上、
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |     必要以上に追い詰める必要もないお・・・
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ



ブハーリンら右翼反対派が、トロツキーたちと違い大人しく引き下がったからである。
少なくとも彼らは、党員としての「マナー」を決して踏み越えることはなかった。

そのために、右翼反対派に対して党員としての敬意と配慮が最後までなされた。

872◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 23:10:31 ID:rNoeRtm20


ブハーリンは政治局から追放されたが、
赤色大学など学術界における名誉を剥奪されることは容赦された。

     /                       !      !
    /     /  /                 、l , -     ',
   l     l   !,ィ               ノ'       ',
   ヽ     !  !l!             , , ノ        /
    ヽ    ト、 ヽ  ! /, _,.-_ ,ノノ ,ィノl'ヽ/,       ,'
   ,...ノ'   | ヘーヽヽl(/ l'´ ≧ミ、_ ,ノ' ! リ! l       ト!_
 r'´イノ    ヽ リ   r'`    ヽヾ歹、=、ヽ ,_リ=、  l  ノ l `
 !( ゞ,.     ´r、 r'       ̄` ヽ  /ゞクイノ /ノ ノノ
 }ヽ、`` ー- _i´, ノ'.lヘゝ          /  /ー '´_, '´
 l   ̄` ー- 、`ヽ、l,_        _   l  / ,(´
 !        ` ー-、ヽ       ヾ=-' ,.', ィ、丶、
_,ゝ          _レ'-―- ..,'' ―=- ,イ(   `ヽ\
           `iーrヘ ̄`ヽ、` ー, - '一ー- 、   ヽ.ヽ
                l lー-ヽ _, -`´ , --‐_レ‐- `)  /∠、
                | | ヽ./ r=ー'―‐'´-、  ̄ `ヽ///ニ,
              ! ト.ノ   , ―---=、_ヽ l / \ ヽ
            ヽ〉′      , - 、 `i.| !/   〃,.、!
               /        '   ヽ_!!l'    ヽ'へ\
            /              `ヽ      ヽヽ

873◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 23:11:09 ID:rNoeRtm20


ルイコフとトムスキーに至っては、最高幹部である政治局員の地位さえ保証され、
単なる譴責処分ですまされたのである。



   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈⌒ ノ\   /\ ⌒〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
    )    Y    (
   /γ⌒     ⌒ヽ\    もう逆らったりしちゃダメだよ!
  /  |         |  ヽ
  |   ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     /


             /. : : : `ヽ: : /: : : :\                /: : : : : : : : : : : : : : \
                / . : : : `ヽヽ:l://. : : : : :ヽ              /: : : : : : : :l: : : : : : : : : : :ハ
            / . : : : : : : : : Y : : : : : : : : : :.             ,': : : : : : /|ハl:、: : 、: : : : : : :',
            .: : :/⌒\: : : : l: : : :/⌒ヽ: :.:i            !: : /: -/‐'  |/ー‐<: : : : ::l
            | : :|    ::....、: l :, .'     '.: :|            |: / //_`  ´_`ヽ !: : : :|:|
           : : :|     ::::`´      ': : |            |/|: :|〈. トイ   トイ  〉|: : : :l/
           '. : |_    ...:::::::.  '" ̄   |: :'             .!: :| ,,,,`   .´ ,,,, |: : : :l
                〉, { ー―u‐ァ.::ィ r―u‐ァ |/、             !: :l   / ̄ヽ  /|: : : /
             {う l / ̄::/ | ヽ ̄`ヽ |う}              |: :ヽ/rニニY , ィ: ::|: : /
               V∧ .:::::::〈 |      リ /              |: ::/r={二ヽ | __l_: :|/
               ヽJ.   ::::::ー、l_,.  u   ,ィ′             |:/ |/フ_ /  .|<  />、
                 Y:.、 ::::::. __,    /|            (( l、  ´〈.{   \//  ヽ
              l  \:::::.` こ´   / ,|               |/ヽ _)\   \   ',
               _/|\  \::. l    イ/卜_             /   /   ヽ   `ヽ ',
          _,. -‐<_} |::人>=.≧ー≦=人::::| {_>‐- .、_        ./   /     \     }

これは、党員マナーを守った右派への見返りであった。

874◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 23:11:51 ID:rNoeRtm20


ついに党は団結を取り戻し、そして、新たな段階へと突進する最後の準備を整えたのである。
それは、真の社会主義化、資本主義に対する最後の絶滅戦争であり、赤い聖戦、
一切何の容赦もない階級闘争・・・


                 __,,.,○            __,,.,○            __,,.,○
           .:::::''´ ̄::::::::::::/'/       .:::::''´ ̄::::::::::::/'/        .:::::''´ ̄::::::::::::/'/
         ,.::''´::::::::::::::::::::::::::::::::/ //     ,..::''´::::::::::::::::::::::::::::::::/ //     ,.::''´::::::::::::::::::::::::::::::::/ //
        ):::::::::::::::::::::::::::::::::::/ //     ):::::::::::::::::::::::::::::::::::/ //    .):::::::::::::::::::::::::::::::::::/ //
      γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ //.    γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ //   γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ //
      l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l //     l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l //    .l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l //
     ノ::::::::::::::::::::_;;::.-‐-、//    ノ::::::::::::::::::::_;;::.-‐-、//     ノ::::::::::::::::::::_;;::.-‐-、//
      //´ `ー''´      //     //´ `ー'''´      //     //´ `ー'''´      //
    '´    ,,,,,,,,,,,,,,   //     '´    ,,,,,,,,,,,,,,   //     '´     ,,,,,,,,,,,,,,,  //
        [,,,,|,,★,|,,] //          .[,,,,|,,★,|,,] //           [,,,,|,,★,|,,] //
        ミ, ゚Д゚彡//             ミ, ゚Д゚彡//          ミ, ゚Д゚彡//
        (  ~  つ,)          (  ~  つ,)           (  ~  つ,)
         ノ   ::'/           .ノ   ::'/            ,ノ   ::'/
        く_ ノ'、ゝ            く_ ノ'、ゝ           く_ ノ'、ゝ
        (_(___)            (_(___)           (_(___)

875大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/16(月) 23:11:59 ID:8q3GVSKs0
やる夫にとっちゃあトロツキーたちと違って友人であり、仲間であり、同志だったもんな。
独裁者なんてなるもんじゃねぇよ

876◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 23:12:21 ID:rNoeRtm20



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────


     我々は、我々の永年に渡るロシア的後進性を後に残して、
                     全速力で社会主義への工業化の道を進んでいる!

                                                         ┃
                       ─────━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                       ___
                         /\:::::::::/\.
                        /:::<◎>:::<◎>:::\
                       /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\
                       |     ` ー'´      |
                       \      :::::     /
                       /    :::::::::::::::::::    \
                     /                 \  〈〈〈 ヽ
                                    (〈⊃  } }


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────


        我々は、金属の国、自動車の国、トラクターの国になりつつある!

                                                         ┃
                       ─────━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

877◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 23:13:12 ID:rNoeRtm20


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────


   そして、我々がソ連邦を自動車に、農民をトラクターに座らせる時、
       文明に得意になっている資本家どもに、我々に追いつくようにやらせてみせよう。

                                                         ┃
                       ─────━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                      /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                     /: : :             \
                   /: : : :              \
                 /: : : : : :                 \
                 : : : : : : : :.._        _      \
                 : : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l
                 : : : : ::;;( ● )::::ノヽ::::::( ● );;:::    |
                 : : : : : : ´"''",       "''"´       l
                 : : : : : : . . (    j    )       /
                 \: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /
                 /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
                 : : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
                 : : : : . : : . : : .                   \


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────


   そのとき、どの国が後進国で、どの国が先進国とみなされうるか、拝見しようではないか。

                                                         ┃
                       ─────━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

878◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 23:13:39 ID:rNoeRtm20


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────


     旧ロシアの歴史は、なによりもまず遅れていたために、
                          間断なく打ち負かされた記録であった。

                                                         ┃
                       ─────━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                    ____
                  /:::::::::  u\
                 /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
               /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
               |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |
               \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
                 ヽ           i    丿
                /(⌒)        / ̄ ̄´
               / /       /


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────


    モンゴルのハンにやられた。トルコのサトラップにやられた。
        スウェーデンの王にやられた。ポーランドとリトアニアの領主にやられた。
            イギリスとフランスの資本家にやられた。日本の軍閥にやられた。

                                                         ┃
                       ─────━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

879◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 23:14:39 ID:rNoeRtm20


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────


        我々は先進国に50年か100年遅れている!
                我々はこの懸隔を、10年のうちに埋めなければならない!

                                                         ┃
                       ─────━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                 /:.ノ(          \           ,,              ,,.    ,.
                /: : : ⌒             \        / |   /| /|     _,,.r':/  /::|
                / : : : : ._          _    \     /:::::i  /::i |:::::i  ./'''"´:::::/ ./:::::::|
               | : : : :   ´⌒\,, ;、  、、/⌒`.  l     /::::::::i  |::::! .i::::::i /::::::::::,,.//:::::::/
.                  |: : : ::;  ( ◎ ) ノヽ ( ◎ ).;;:: |    i::::::::::i  i::::i i:::::::i/:::;.r''" /:::::::/
               |: : : : :   ´"''" ,      "''"´  l     i:::::::::i. i::::i,/i:::::/'"´ ./:::::::/
                \ : : :     (    j    )  /      i:::::::::i. i:::/::::i:::/  /:::::::/
               ,r''"\: :   .`ー-‐'´`ー-‐'′/         i:::::::::i i/:::::::i/:| /::::::::/
              f!: : : : :: : :           ト、        i:::::::::"::::::::::/ |:::::::/
              i!: : : !: : : : :             ヽ.       i:::::::::::::::/  i::/
           ! i ./: : .i i: : : : :: : ;!ii:::i:      :i:i  i       i:::::::::/     i/
            | i!i/: : : : !l|r"-'"-i| i`i|‐、     :i'   i,        i::::::::i
            |,イ|,,..r''"!l|  i!  |ヽi  `i    :,./.   ',     / .  i:::::::i
           ,r'''! |i!       ii |  | |`i  i: :// ',   ヽ.,.r"/.    i:::::::i
    i、     /  !       ,,,,.i! l-ー|--i!、 .i:/ ./ :'i,'.,.,,,.r'" /    .i:::::::i
\   i \  /i     ,,..r''"  i! i.   !  i! l .i  ./:: ;;ir''"  /ヽ  .   i::::/
  \ !  .\/ .:i.              |   i ヾ、./:r''"    /  ヽ.   i/
   `'    / .::/             .!|,,.rヾ、,,ノ       /ヽ.   ヽ、
.      〈 .::::i  i  |    ,,..-‐ ''"|i   i       /  ヽ、   .ヽ、
       ヾ;::ヽ、i  !            /      /,,,,..... --''' "´
 ―-―――ヾ;::::i   !   !|i        !|/ヾ;― ==
          ヾ:i,  |i.  !||    i |i ,,.r"!|   〉


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────


        我々がそれを成し遂げるか、
                さもなくば彼らが我々を粉砕するかのどちらかなのだ!!


                     ――― やる夫・スターリン
                          1929年11月、革命記念論文より

                                                         ┃
                       ─────━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

881◆J7qCZtZxmc2012/07/16(月) 23:16:03 ID:rNoeRtm20


それは、イヴァン雷帝やピョートル大帝の事業さえも凌ぐ、真に強硬な近代化政策。
そして、超急進的な第二革命・・・社会主義建設の決戦であった。

のちに歴史家は、この一連の悲劇的な政策を次のように呼称する。



                 ◯                  ____/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                 //           ____/                  \___
                // |\_____/                             /
                // │                                      /
               // │     __∧__.                            (
               //  │      > ,,,<´                              )
              //  │      ⌒゙i|、                            /
              //   │    ,,‐'ァ `'l,i、                            /
             //   /    .ヽーミ'、、 )゙l                         /
             //   /      ,,,,_ ゙'、\|│                       /
            //   /     r',/''ニニン,,ヽ                        │
            //   /     ‘″    ″                        /
           //  /                                    /
           // /                                     (
          //<                        __/ ̄ ̄ ̄ ̄\_ \
          //  \__            ______/                ̄
         //       \________/
         //
        //


     スターリン
――― やる夫革命、と・・・



【第二十五話 スターリン革命 終わり】
                                           第二十六話 五ヵ年計画 に続く・・・

882大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/16(月) 23:16:37 ID:cEoQedNI0
乙。
盛り上がってまいりましたorz

883大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/16(月) 23:17:15 ID:AJnScxjg0


884大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/16(月) 23:17:25 ID:i1m86P6.0
乙でした

885大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/16(月) 23:18:34 ID:g9z38tv20
乙。
まだ寛容な処分で済まされていた時代もあったとはねえ。
ここから10年もしないうちにあんなことになるとは。

886大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/16(月) 23:18:37 ID:AQKeckAU0
乙!

887大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/16(月) 23:19:30 ID:EXECIgcI0

ロシアの近代化の最終局面に入ったな(確信)
近代ロシアはデカブリストの乱に始まり、5ヵ年計画で終わると思う

888大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/16(月) 23:20:52 ID:Wwo8Vtfo0
乙です。
まさに集団ヒステリー
前回でた謎の少佐は名前が出なかったけど次回かな?

889大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/16(月) 23:24:38 ID:H4Gg1A/Q0

これでまだまだなんですね?

890大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/16(月) 23:24:39 ID:8q3GVSKs0
乙乙! 20世紀の負の象徴、社会主義国工業化がついに始動するのか。
ここで躓いてれば被害者数は1割にもならなかっただろうに

891大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/16(月) 23:25:41 ID:XgkwrpNI0
乙。

凄まじいものよなぁ・・・。

892大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/16(月) 23:29:38 ID:shmtU4to0
乙でした~

893大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/17(火) 00:33:24 ID:O4J1eR8k0
乙でした
高校のときに、NEPと五か年計画でソ連経済が急成長した、と習った
けど、その成長とは果たしてなんだったんだろうか

894大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/17(火) 00:58:59 ID:ljCMb/b20
乙でした
犠牲を厭わないにも程があるな…

895大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/17(火) 01:02:54 ID:xCI58K4M0
乙でした
次も楽しみにしてます

896大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/17(火) 01:32:42 ID:dpevrMDU0

ロシアのハッテンには強い人物が必要だけどその代償はいつも大きすぎる



元スレ
やる夫は赤い皇帝になるようです 第六次五カ年計画
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1335964526/









>>URL

No title

こうしてロシアには強いリーダーが誕生するんだけど、後継者育成に躓いて最終的には政策路線が破綻してしまうんだよな…。

今度のプーチンも後継者育成に躓いてるから、さてはてどうなる事やら…。

Edit | 2012/07/20(Fri) 15:10:59

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。