ホーム

Admin

SITE MAP

Cut

Res

ブックマーク

RSS

MAIL

PageTop

PageBottom

--/--  スポンサーサイト
07/13  やる夫で学ぶ英文法 第21回
--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログパーツ Category: スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-)

2012/07/13(Fri) 01:10
751はる ◆L96SZTATM62012/07/13(金) 00:08:00 ID:zQovqr5o0


                 Part3 ‐オーグジリアリィ・クルセイダーズ-

                     第1話前編『will、shall、must』




―やる夫の家―
  _
  |:  |
__,.|:  |__,.,_ _ __ __,.,___,.,__, ,__,.,_ ____ __,.,_ _ _ ,.,___,.,__,, _, _,, _ __,.,___,.,__,,____ ,_.
  |:  |
  |:  |               __________
  |:  |            /\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\           _,,-   アベ>では、助動詞の学習に入ろう
  |:  |            //   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\         |_,,-
  |:  |          ∠/      \_________\         |.i-       その前に、助動詞について
  |:  |           | ___  |    | ̄| ̄||≡|   |_           !.l-
  |:  |           |/\   \|__|_|_||≡|_ |」___    |         覚えておいて欲しいことが2つある
  |:_|          //  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ .,,-''!.i-
  || ̄|          ∠/     \______________\,:::!.i-
  ||≡|  ,;:'""':;, '""':;, '""'':;,      |___i ..| | ̄| ̄|||≡| ,;:'""':;,"'':;,"'':;,     やる夫>なんだお?
  ||≡| i':::::::::::::'i,,::::::::'i,,::::::::'i,      |┐┐|__|::::| | _|  |||≡|i':::::::::::::'i::,:::i,::::i,
  ||≡| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |┐┐|||| :::| └| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ||≡|::::::::              |   |┐┐|||| :::|__| | ─┐
  ||≡|::::::::              |   ├―――‐|   | |   ̄
  |: ̄|::::::::             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |




       ______
    ,,..-‐";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` 、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
  |;;;;i "'`~  "`~ `i||i" '' ゙` " |;;;;;;|
  |;;;;|       ヽ`     u  |;;;;;|     それはね
  .|;;| ,-;;;;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;;;;;;;;;;;;;ヽ |;;;;|
 ,,ト;| ',,_==-、く    >゙-==、  |/ i     1つ目は、助動詞は
 |i 、|   ' ̄"彡|         || |
 |'. (|       彡|          |)) |     “必ず動詞と一緒に使われる”
  ! 、|      i,"(_ ,, 、,      |" i
  ヽ_|        `         .|_/      ということだ
   .|゙      、,.--‐ 、,,     |
   .i ゙、    '  ̄ニ ̄     /|
   |   、      ̄ ̄    , ' |
   |  i ` 、    (    , "   |
    |      ` ー---― "|    |
   |  |          i     |

752はる ◆L96SZTATM62012/07/13(金) 00:08:43 ID:zQovqr5o0



           ____
         /       \
        /   ─     ―    …
      /     ( ●)  (●)'
      |         (__人__)  |
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  '




           __ _ _ .
         ヾ彡:.:.:.::::::::::``ヽ
        /^^`ヾ,,;:::::::::::::::::::.\          これは絶対だ
        /jト、    `ゞ;;;;;;;;;:::::::::::::\
    .  _,ゝ ト、\    ``ヲ;;;;;;;:::::::::::::ヽ       助動詞だけがあるように見えても、
   r '"´   `ヾミゞ、  ,イ;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::゙,
   ト、  i  `ヽ    i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;:::::::::i.      それは省略されているだけだからね
   ,}   ′    ,'  j;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:::::|
   j二ヽ.      ,'   /,r'⌒ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:,'      助動詞“can(~できる)”で例を出そう
  . /ー-'         ,イヲ/i!;;;;;;;:::.::.:.:::/
   )           ゞイソ´  ̄ ̄ ``ヽ、
  .( _ ____, イー-,イ´          \
       .  /  /






アクセスカウンター
旅ともアクセサリーアニメDVD通販フラワーアイズ
753はる ◆L96SZTATM62012/07/13(金) 00:09:21 ID:zQovqr5o0


例文1
"Can you speak Japanese?" "Yes, I can."           LEA




    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
    !  :l      ,リ|}    |. }   "Yes, I can."の後ろの“speak Japanese”が
.   {.   |          ′    | }
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<   省略されているのは言うまでもないだろう
    !∩|.}. '___゙`   ./'__` f^|
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄' |l.|    "Can you speak Japanese?"という問いかけに
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ
.    }.iーi       ^ r'    ,'     "Yes, I can speak Japanese."と答えてもいいけど
     !| ヽ.   ー===-   /
.   /}   \    ー‐   ,イ      少しくどいだろう
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\



    / ̄ ̄ ̄\
  /        \  確かにそうだお
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |              アベ>そして覚えて欲しいことの
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \                  2つ目は…

754はる ◆L96SZTATM62012/07/13(金) 00:09:59 ID:zQovqr5o0



            _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ          それは
          /                 \
        /                    ヽ        助動詞と一緒に使われる動詞は
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
       ' 「      ´ {ハi′          }  l      必ず“決まったカタチ”になる、
      |  |                    |  |
       |  !                        |  |     ということだ
      | │                   〈   !
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
     /⌒!|  ィ===ミ      ィ===ミ  | i/ ヽ !
     ! ハ!|        i  !           ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /
        ヽ    .`- --‐─‐-.′   ./ |
            |\      ー ─‐       , ′ !
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_



      ___    ━┓
    / ―\   ┏┛
  /ノ  (●)\  ・    “決まったカタチ”?
. | (●)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄  |
  \        /
    \     _ノ
    /´     `\
     |       |
     |       |




            ___ _
         -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
     ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::    これから学ぶ助動詞で言えば
   ゞ, rr~ヅ   ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::
    フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::   “動詞の原形”だ
.    l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::
     〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::::::   助動詞は必ず“動詞の原形”と一緒に使われる
.    /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ:::::::
    /..             "´ 2ノ/ l:::::   ということだ
.   ヽ.ニ,`           __/ :l::::
.     'ーr_‐;ァ       ィ    l:::
      〈..        /:{      ヽ   助動詞で覚えておくこと2つ、まとめてみてくれ
        `}     /:: ! i
        丶、,、. イ::::::    !

755はる ◆L96SZTATM62012/07/13(金) 00:10:36 ID:zQovqr5o0


               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }  1.“助動詞は動詞と一緒に使われる”
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !    2.“その動詞は原形になる”
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /   この2つだお
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /




     / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
    /  .::::::::::::::::::::::::;;:;;::,ッ、::::::::::::::::::::::::::::::'.,
    l    ,rj,rf'"'"'"    lミ:::::::::::::::::::::::::::::::',    上出来だ
     Y' リ          ,!ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::}
      |          くミ::::::::::::::::::::::::::::::::::l   その2つは助動詞の基本だからね
.     |、__  ャー--_二ゞ `i::::::,ィ ,、ヽ:::::::::::::::!
     ゝ、'l   ゙̄´彑,ヾ   }::;//ヽ ハ:::::::::::::::;   ずっと頭に入れておいてほしい
      ゙ソ   """"´`   "´ 2ノ/::::::::::::::j
      /              i  ,  /|::::::::::::::ノ
     〈´ ,,.._          i  't-'゙ |:::::::::::リ
      ヽ,,、'~`      U ;   l    ヽ:ゝj、
       ゙,_,-、_,ノ`         /!   /  \
 |/      ゙,`'" ,,y       /;   /
 |/  彡  ゙、-'       / ;   /
   /|/     ゙、       / ;;','   /
    /      `ー ─ぐ;;;;' ,'  ノ
    |          ヾ_、=ニ゙、、,,_
    |        ,、-'´

756はる ◆L96SZTATM62012/07/13(金) 00:11:15 ID:zQovqr5o0


       |  !                        |  |       |
      | │                   〈   !      人
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ   ̄ .Y  ̄    では助動詞それぞれの
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !    |
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |         学習に入ろう
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !
    ヽ {  |           !           |ノ  /          まず“will”からだ
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'            “will”は学習したよね
    |    `!                    /
    人     ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
  ̄ .Y  ̄    |\      ー ─‐       , ′ !
    |       |  \             /   |



       ____
     /⌒  ⌒\     したお
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /




       /..:::::::::::::::::::::::::::..ヽ、
       (,、:::::::::::_::::_,、::::::::::::::..゙:、   “will”を使った文は
       .l `リ ´     }::::::::::::::::::i
       ._  、__,、 〈:::::::_::::::::::|    未来形で
        !)  ヘラヾ´ ゙! /ベ!::::::|
       .ソ   ``` i  ソ,iノノ::::::|     “~だろう”ぐらいに訳され、“予測・予言”を表す
       ヽ,-     !  シ_,イ、:::::l
         i==-    イ   ヾヘ    例文を出しておこう
        , ゝ. ̄  _,.ィ  i
       , ´  ゙'ーイシ″ ,
     /   、 \ヾ   /
     i    `  \,メ--─
     ハ.  y     /
    /   i     ミ

757はる ◆L96SZTATM62012/07/13(金) 00:11:49 ID:zQovqr5o0


例文2
The exam will begin at 9:00.       LWW


例文3
Next year I will be sixteen.     LWW


             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、     この2つの英文は以前、学習したね
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! ー- .,,_     ,,..-‐'''' ミ;リ         やる夫>したお
      !ヘl;|. ぐ世!゙`  ,´ィ'"世ン 「ヽ
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ    じゃあ、訳を言ってみてくれ
       `|      ^'='^     ム'′
       .ト、.   -‐‐ ‐‐-  /|
        i| \   ===   ,イ.:|
        ,イi| ゙、\  ;   /リ.:;ト、
               `ー─''゙




       ____
     /⌒  ⌒\      例文2は テストは9時に始まります
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\    例文3は 来年には私は16歳です
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /                         だお

758はる ◆L96SZTATM62012/07/13(金) 00:12:20 ID:zQovqr5o0



             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、    その通り
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|    では
     _ゞ;! ー- ..,,_    ,,.-‐'''' ミ;リ
      !ヘl;| ,.=≡=、` ,´ィ,.=≡=、「ヽ     この2つの英文で気づくことはないかな
     !(,ヘ!    '"  |:::.`    ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^    ム'′
        .ト   ヽ二二二フ .,イ
        i| \   ===   ,イ.:|
        ,イi| ゙、\  ;   /リ.:;ト、
               `ー─''゙



     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\    …
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




     ''´´´ ̄ ̄ ̄ ̄` ー--、_
    /:;:;:;:;:;:;.;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.ヾ、
  /;:;:;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヾ
  .,'.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヾヽゞζ)ヾ゚''心,ヾ;:;:、;:,,'゙    質問が抽象的過ぎたね すまない
  ,':;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;;:;:;:'       ハソ  ''!ヾ
 .|;:;:;:;:;:;:;:;:;::;::;:;:;;:.';.      .ノ´)ノ   !      この2つの英文は 
 .|:;:;:;:;:.,--.、:;:::;/ 〃二二ーーー-t   fー-,,!
 .|;:;:;:;.,'rヽ ',:;:;/    r==f ̄ ´  ∧<''     ほぼ確実に起こる未来のことを言っているんだ
  l;:;:;:;:|.l r l l;:リ     、迅y. ´   K庁 !
  ';:;:;:;:l l ( .イ           .ヽ` !      テストはよほどのことがない限り時間通りに行われるだろうし
  /;:;:; ヽヽ_l.              .ヽ .!
 /;:;:;:;:;:/\             __ ノ |      確実に1年に1歳は年をとるだろう
. 从从从  l            .´  .l
',       ヽ         ー=二ア  j       “will”はほぼ確実に起こる未来の出来事なり、
..',.   .   ',  ` 、     、____,   /
 ',     .',     .、        /             ほぼ確実にそうでなっている未来の状態など
.  '.,    ',        、    ! /-.、
.   ',.     ',       `ー,―、´   `゙'ーー ,,,         を“予測・予言”する助動詞だ
    ' ,   ',     /   ',        `'.、
      ' ,  .',    /  |    ',         . '、     もう少し例を出そう
      \_   / /|    \       ./|
        \ `ヽ  ′ |     /      / |

759はる ◆L96SZTATM62012/07/13(金) 00:13:10 ID:zQovqr5o0



例文4
You will absolutely adore Venice.      LWW




            ___ _
         -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
     ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::    例文4は、
   ゞ, rr~ヅ   ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::
    フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::    “あなたがほぼ確実にベニスを好きになる”、
.    l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::
     〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::::::    とこの文をしゃべった人(書いた人)が思っている
.    /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ:::::::
    /..             "´ 2ノ/ l:::::     すなわち、“予測・予言”しているわけだし
.   ヽ.ニ,`           __/ :l::::
.     'ーr_‐;ァ       ィ    l:::
      〈..        /:{      ヽ
        `}     /:: ! i
        丶、,、. イ::::::    !




例文5
Tomorrow, it will be cloudy and cool.          LDOCE




            ___ _
         -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
     ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::    例文5は、ほぼ確実に
   ゞ, rr~ヅ   ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::
    フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::    明日は曇りで涼しいでしょう、
.    l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::
     〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::::::    と話し手が“予測・予言”する文なんだ
.    /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ:::::::
    /..             "´ 2ノ/ l:::::
.   ヽ.ニ,`           __/ :l::::
.     'ーr_‐;        .ィ    l:::
      〈..        /:{      ヽ
        `}     /:: ! i
        丶、,、. イ::::::    !

760はる ◆L96SZTATM62012/07/13(金) 00:14:06 ID:zQovqr5o0



        ,..-一ー''゙゙ ̄~゙'''ー- ..、       ちなみに
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;. \
     .,i";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;;;ヽ    だから例文5のような文を
    .|丶;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!
    l丶;;;;;;;/!マダ゙'''!゙'V┐;;;ii―=i,xri-、;;ヽ   普通の人が言うことはまずない
    |;;;;;;;;;;;,!       ゙゙.!;lリ     .!;;; !
    |;;;;;;;;;│          !′     .!;;.l'             やる夫>どうしてだお
    .l;; ∴/.`-ニニ;;;;x,  ' wr=ニ`-'.|、!
     ]/'.l.|          "      l、.!    なぜなら普通の人は
     ,!゙ .川  `”´丶   │.'' ̄´  .l l
     ヽ ゝ            |     !.|l゙    天気を“ほぼ確実”という精度では
     .'Lヽ         ,     l゙/
      l'ァ.l       .゛.'"    .|’     予測できないからだ
      .リ ヽ    .-- --     ,/
      /'゙i  .ヽ     ..y.   .ノ|       例文5のように天気について言えるのは
     /゛ .i′  \        / ; |`'、
 ._..-''ア  ll  l  .\、 ." .,/;;;;;;;;l.l \    天気予報士かテレビやラジオのアナウンサーか神だけだ
` .. l゙  .!|  ..l    .`゙゙´  ;.,;;;;;;;| !  .゙ぐ- ..,,_




     ____
   /      \         アベ>ちょっと話はずれたけど
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \         このように“will”は ほぼ確実に起こる未来の出来事なり
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /         ほぼ確実にそうであろう状態を予測・予言する助動詞だ
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |          未来を表す語句、例えば next year とか tomorrow と一緒に使われることが多い
  \ /___ /

761はる ◆L96SZTATM62012/07/13(金) 00:14:41 ID:zQovqr5o0



     \:r::: ::ハ: :l       . ,ィ __ ヽ . . . . . . . . - 、_: ::::: ::
       |:: :::l ヽ{      ィ≦ ‐' . . .. . . .. . . . . . . . . . `ヽ : :
       ヽ: :{   \  //  _ _ . . . . . . .. . . . . . . . . . |: :::  ここからは注意して聞いてくれ
       \l     //_ -_ニ-=rア. . . . . . . . . . . . . . . . .l:: :
          l\_,イ/_テ_ィ ‐^ヽ::_ノ'  . . . . . . . . . . . . . . . . l: :  willは予測・予言する際に使われるけど、
        L     ´  ヽ-       . . . . . . . . . . . . . . . .l:
          `ヽ              . . . . . . . . . . . . . . . .    この予測・予言は話し手(書き手)の主観的な判断なんだ
         /                . . . . . . . . . . . . . . . .
          /               . . . . . . . . . . . . . . .    そして“will”に限らず
.         /                . . . . . . . . . . . . . . .
         /                    . . . . . . . . . . . . . .     他の助動詞でも 
       /                   . . . . . . . . . . . . . .
.     ノ   _   -ァ             . . . . . . . . . . . . .     話し手(書き手)の主観的な判断を表せる
    ヽ=-ー   ̄了              . . . . . . . . . . . .
                |      _ -‐ `     . . . . . . . . . . . .
             `` r             . . . . . . . . . . .
                L_  ____        . . . . . . . . . .
                   T` =-'         . . . . . . . . .
                   |



     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




                ,,..-―‐-.,,
             r''"::::::::::::::::::::::ヽ
              ゞツl:::::::::::::::::::::::::i     例えば“will”は“予測・予言”を表すけど
.             ヽヾr、::::::::::::::::::::|
           {|  }.}:::::::::::::::::::|     “shall”は“運命的必然性”
                ', ` ヽ从从从
            ヽ_l/ ̄ ̄ ̄ヽ      “must”は“論理的必然性”を表す、といった具合だ
             ,.-――-  ̄三≡≡`ヽ、
         / \          ヽ   `ヽ
           /___ .',         ',    ',
.          /-―‐' i            i      i

762はる ◆L96SZTATM62012/07/13(金) 00:15:14 ID:zQovqr5o0



         ____
       /   u \     ウンメイテキヒツゼンセイ…
      /  \    /\
    /  し (○)  (○) \   ロンリテキヒツゼンセイ……
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
:::::::::/`""""""""`ハリ
::::::::{  u    ,,ィ l         あぁ 混乱させてすまない
:::::::::`7 ∠三彡''´ 丶
::::::::::〈    ー=''"  `''‐、     ちょっと下の表を見てくれ
`ヽ::::::', u        __ ノ
.`>、ヽ::l          ′l     そうすればわかると思う
. { (} ヾヽ.   i   ⊂ニ<
ヽヽ -、ヾl   u     イ
::::`7''―、            ヽ
:::::/   l\______..)
゙"'' ‐.、  |  ::::::::::::::_,,..-''´
     \l   ::::/´
      ヽ   /
         '.,.ノ
          ',
        :::i
.        .:::l
        .:::::,'
       ..:::::/

763はる ◆L96SZTATM62012/07/13(金) 00:15:50 ID:zQovqr5o0


・助動詞の認識的用法の表

確信の強さ ┃   %    ┃ 助動詞     ┃
━━━━━╋━━━━━╋━━━━━━━╋━━━
 強 ↑   ┃100%     ┃ shall       ┃
   │   ┣━━━━━╋━━━━━━━┫
   │   ┃ほぼ100%  ┃ will(would)   ┃
   │   ┃(90%以上) ┃ must      ┃
   │   ┃        ┃          ┃
   │   ┣━━━━━╋━━━━━━━┫
   │   ┃        ┃ ought to    ┃
   │   ┃60% - 90%  ┃ should     ┃
   │   ┃        ┃          ┃
   │   ┣━━━━━╋━━━━━━━┫
   │   ┃ 50% -   ┃ can(could)  ┃
   │   ┃ それ以下 ┃ may(might)  ┃
 弱 │   ┃       ┃          ┃↓
━━━━━╋━━━━━╋━━━━━━━╋━━━
  番外   ┃  0%    ┃ cannot(can't) ┃




       , ';';';';';';';';';';';';';';';';';';'`丶
    , ';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'`、
    ,';';';';';';';';';';';';';从ト、;';';';';';';';';';';';'ノ
   i!;';';';';';';';';';';';','   ト---イノル'j丿
    l!;';';';';';';';';';';';','            |   “認識的用法”という見慣れない言葉があるから
   ',;';';';';';'f⌒ヽミ   r===ォ /
    ',;';';';';';',´'ハi    丶 tソ  i     説明しよう
     ',;';';';';'ヽ、ノ          ',
     i!;';';';/ l            _ >   話し手(書き手)の
    厶イ   \     、_」
   _,ノ      \     /      主観的な判断を表わすために助動詞を使うと
  /. .,'         、 _ ア
//. . .i  `、      |. .ヽ、`丶      それは助動詞の“認識的用法”と呼ばれる
. . ',. . . .',   ヽ、   丶 ヽ、`、. .`、
. . .',. . . .`、――‐- ,    ー .',. . ヽ. `、   というだけだ
. . . ',. . . . .丶          `、. . . ン.',
. . . .',. . . . . . 丶      ヽ、  ',. ./. . ‘,
. . . . . ー-=ニ. .丶       i   i. . `丶. ',   認識的用法の“will”は“予測・予言”を表す
. . . . . . . . ./. . . .丶     l  i. . . ./. .l
. . . . . . . く. . . . . . . .丶     l   i. . ./. . .|   といった具合だ
. . . . . . . .. .`丶 、. . . . .ヽ、   l  i. ./. . . .|
. . . . . . . . . . . . . . . .`丶. . . \  /./. . . . 丶
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ヽ. . . . . . . .|

764はる ◆L96SZTATM62012/07/13(金) 00:17:55 ID:zQovqr5o0



     ____
   /      \    質問があるんだお
  /  ─   ─\
/    (●)  (●) \        アベ>なんだい
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /   “will”には“~するつもりです”と
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |     訳すこともあるはずだお あれはなんだお
  \ /___ /




       ______
    ,,..-‐";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` 、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
  |;;;;i "'`~  "`~ `i||i" '' ゙` " |;;;;;;|   そのツッコミ
  |;;;;|       ヽ`     u  |;;;;;|
  .|;;| ,-;;;;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;;;;;;;;;;;;;ヽ |;;;;|   待っていたよ
 ,,ト;| ',,_==-、く    >゙-==、  |/ i
 |i 、|   ' ̄"彡|         || |    やる夫クン
 |'. (|       彡|          |)) |
  ! 、|      i,"(_ ,, 、,      |" i
  ヽ_|        `         .|_/
   .|゙      、,.--‐ 、,,     |
   .i ゙、    '  ̄ニ ̄     /|
   |   、      ̄ ̄    , ' |
   |  i ` 、    (    , "   |
    |      ` ー---― "|    |
   |  |          i     |



       ____
     /      \
   / ─    ─ \      …
  / -=・=-   -=・=- \
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /

765はる ◆L96SZTATM62012/07/13(金) 00:18:26 ID:zQovqr5o0



           __ _ _ .         助動詞“will”は
         ヾ彡:.:.:.::::::::::``ヽ
        /^^`ヾ,,;:::::::::::::::::::.\     “~だろう”と“予測・予言”を表す時と
        /jト、    `ゞ;;;;;;;;;:::::::::::::\
    .  _,ゝ ト、\    ``ヲ;;;;;;;:::::::::::::ヽ   “~するつもりだ”と“意思”を表す時がある
   r '"´   `ヾミゞ、  ,イ;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::゙,
   ト、  i  `ヽ    i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;:::::::::i.  そして “~だろう”と“予測・予言”を表す、
   ,}   ′    ,'  j;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:::::|
   j二ヽ.      ,'   /,r'⌒ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:,'   つまり話し手(書き手)の主観的な判断を表わす際の助動詞を
  . /ー-'         ,イヲ/i!;;;;;;;:::.::.:.:::/
   )           ゞイソ´  ̄ ̄ ``ヽ、   “認識的用法”と呼び
  .( _ ____, イー-,イ´          \
       .  /  /




   _,..-──- 、、
-'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``ヽ、
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ    助動詞それぞれがもともと持っている
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i   本来の意味で使われていると
.:.:ミ`''~^~~.ァrr-'゙`'´''ラヘ.|
.:.ミ       ノリ      .|   “根源的用法”と呼ぶ
/イ二ニニニ=         .|
  ィ==、  j  ,イ二ニゝ/   “will”、“shall”の場合は“意思”、
  """""""   .| ===、/
            |""""/    “must”の場合は“義務”が
 i      - 丿   l
. u   /⌒\____    /     根源的用法だ
   (      /   /
\  \__/   /
  \  ー--    /
   \    /
     ` - ´

766はる ◆L96SZTATM62012/07/13(金) 00:19:01 ID:zQovqr5o0



     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・   つまり どういうことですかお
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




                    , - - - _
                /:::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
               /::/¬ー-ァy、_::::::::::::::::::::ヽ     つまり助動詞には
              ./::/     〃/~=y、_:::::::ヽ
             _/::/r;‐-...._ , ({ハ     `ー1:::!    2つの使い方がある
            /ri`リ ゙'=ミニ、f′ {ト、     j::::{
           { ノv     `/  "ミ_-ミ丶、 j:::::i    話し手(書き手)の主観的な判断を表す
            い/     ノ     `゙ヾミ`ー!_:/
            } '       'っ;:、}        //     “認識的用法”と
               ソ    辷ー-、        ,ハ}
              ハ    、 ` ヾ‐    /ニノ    助動詞それぞれの本来の意味で使われている
             i ヘ    `' "    厶:
      ───- !  i ヽ   /     /〃     “根源的用法”
          ) /   !  `‐- .._, イ  ハ
      `丶、     |        /  /、       この2つだ
         ` 丶、!      / / / `ヽ
             ト、__,./ /  !    `ヽ   では表に戻って欲しい




・助動詞の認識的用法の表

確信の強さ ┃   %    ┃ 助動詞     ┃
━━━━━╋━━━━━╋━━━━━━━╋━━━
 強 ↑   ┃100%     ┃ shall       ┃
   │   ┣━━━━━╋━━━━━━━┫
   │   ┃ほぼ100%  ┃ will(would)   ┃
   │   ┃(90%以上) ┃ must      ┃
   │   ┃        ┃          ┃
   │   ┣━━━━━╋━━━━━━━┫
   │   ┃        ┃ ought to    ┃
   │   ┃60% - 90%  ┃ should     ┃
   │   ┃        ┃          ┃
   │   ┣━━━━━╋━━━━━━━┫
   │   ┃ 50% -   ┃ can(could)  ┃
   │   ┃ それ以下 ┃ may(might)  ┃
 弱 │   ┃       ┃          ┃↓
━━━━━╋━━━━━╋━━━━━━━╋━━━
  番外   ┃  0%    ┃ cannot(can't) ┃

767はる ◆L96SZTATM62012/07/13(金) 00:19:33 ID:zQovqr5o0



              _,..-──- 、、
           ,、-'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``ヽ、
         ,r'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、   表の上の助動詞になればなるほど、、
        /::::,r'゙ァー-ー'ア"リijk´ ̄``""´``i::::::::i
       ,!::::::!       ,!トゝ、         l:::::::|   (主観的な判断の)確信が強まり
       |::::::!         ,!ヾ、,,_      ゙i:::::!
       |::,::l ,ィニニニ二r'´  ゞ二ニニニゝ、 ,!:::j   下に行けばいくほど確信が弱まる、
       ,rゝ;l. ´ ,ィ=≡'´レ   '`ヾ==-、  .! !^i
      .i r、i;i      ' ´:;    ` `      リイ^!   “will”は今まで例文で見てきたとおり、
       | ソii        j             l!ヽ l
       i ,!( ,!      `ゝt''´         | j!,!    かなり確信の度合いが高い
       `、. `i        _,,_ __       ,!レ'/
        \!      ィ-‐ーー-ゝ     ,!,イ     “must”も同じくらい高い
          i、       ー一        / i/
          |`、                /  'i     “shall”は“運命的”必然性を表すのだから
          |  \     ;       ,イ   |
          |   \ ___,__, ィ´/   |     100%と考えてよいだろう
          _,!              /     l、_
    ,,、-‐ ''"´ i  ;             ! !   ̄``''ー- 、
           l   ;          ,'  ,'  !  ;



       ____
     /      \        アベ>確信の度合いでは同じぐらいだけど
    /  ─    ─\
  /    (●)  (●) \         “will”は未来のことについて述べるのに対し、
  |       (__人__)    |
  \   ⊂ ヽ∩     <         “must”は現在のことを述べることが多いみたいだ
    |  |  '、_ \ /  )
    |  |__\  “  /          例文を出そう
    \ ___\_/

768はる ◆L96SZTATM62012/07/13(金) 00:20:01 ID:zQovqr5o0


例文6
You lent him all that money?
You must be crackers!        LDOCE




       ____
     /⌒  ⌒\         アベ>これは、一応S, V, O, Cを指摘してから訳してみようか
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  了解だお
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /
       ̄ ̄ ̄




You lent him all that money?
S  V  O └──┬──┘
            O

You must be crackers!
S  └┬─┘ C
    V




           __ _ _ .
         ヾ彡:.:.:.::::::::::``ヽ
        /^^`ヾ,,;:::::::::::::::::::.\        正解だ
        /jト、    `ゞ;;;;;;;;;:::::::::::::\
    .  _,ゝ ト、\    ``ヲ;;;;;;;:::::::::::::ヽ      訳してみてくれ
   r '"´   `ヾミゞ、  ,イ;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::゙,
   ト、  i  `ヽ    i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;:::::::::i.      ちなみに
   ,}   ′    ,'  j;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:::::|
   j二ヽ.      ,'   /,r'⌒ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:,'      “cracker”は形容詞で
  . /ー-'         ,イヲ/i!;;;;;;;:::.::.:.:::/
   )           ゞイソ´  ̄ ̄ ``ヽ、      “crazy”と同じ意味だ
  .( _ ____, イー-,イ´          \
       .  /  /

769はる ◆L96SZTATM62012/07/13(金) 00:20:33 ID:zQovqr5o0


         ____
       / \  /\ キリッ
     + / (●)  (●)\       (君は)彼にあのお金を全部貸したの?
    /   ⌒(__人__)⌒  \ +
    |               |      (君は)正気じゃないね(=絶対おかしいよ、狂ってるに違いない)。
     \            /





     ,.,-‐━━―‐-、
   ,イ:: :: :: :: :: :: :: :: :: ::`>、_      よくできたね
   ,′.:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::゙ヽ_
  ,'::::.::::.::::.:: :: ;ゞ-;、:: :: :: :: :: :: ;: ::}      彼にあのお金を全て貸した、という事柄から
.  {::::::::::::::::::.:.:ミ   ′ ゙̄)イ:i"'┐ソ
.  !:::::::::;、:::::::::ノ,;;;;;;;;;,,,___ イ丿 |"      ほぼ確実にYou(=君)が正気じゃない、おかしい、
  !;;;;;/ムヾ::i′'Tけ=`ミ"  ィ;;;;;;j
.  j;;;;;{ ト入ミ  ¨ニ"   {ソニ/      とこの文の話し手(書き手)が判断している
  j;;;;;;;\`、         ∨,′
 j;;;;;;彡"`i       `- _ノ       “論理的”に考えて、必ずこうなるだろうと
. j/′ . ‘,   ー==メ ,′
/    i!  \  `ー一 .       この文の話し手(書き手)が判断しているから
     i!     \  l イ
     i!    ∧ー‐'━、       “must”は“論理的必然性”を表す、と言える
∨   !   _ノ....\........i...\
...',__ j  / ヾ}.........ヽ....|:.......\




            ___ _
         -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
     ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::     対して“運命的必然性”を表す“shall”は
   ゞ, rr~ヅ   ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::
    フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::     特に客観的な根拠から判断しているわけではない
.    l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::
     〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::::::     例文を出そう
.    /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ:::::::
    /..             "´ 2ノ/ l:::::
.   ヽ.ニ,`           __/ :l::::
.     'ーr_‐;ァ       ィ    l:::
      〈..        /:{      ヽ
        `}     /:: ! i
        丶、,、. イ::::::    !

770はる ◆L96SZTATM62012/07/13(金) 00:21:54 ID:zQovqr5o0


例文7

If the sky falls(fall), we shall catch larks.       Proverbs


            _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \      “Proberbs”は日本語で言うと“ことわざ”だ
        /                    ヽ
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ     この文は直訳すれば、
       ' 「      ´ {ハi′          }  l
      |  |                    |  |     “もし空が落ちれば、ヒバリが捕まるだろう。”
       |  !                        |  |
      | │                   〈   !    だが、言わんとしていることは
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !   「空が落ちるなどありえないことを
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !    前提に利益を期待してもしょうがない」
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′    すなわち“棚からぼた餅はない。”ということだ
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /       すごく欧米的なことわざだよね
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
            |\      ー ─‐       , ′ !
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_




              _,..-ー;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;=- 、,,
          __.ィ´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ
         / ,゙- .,;;;;;, -.,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ハ   このように論理的とは言い難いけど
      ,,‐''''¨""   /;;;;;/,,,,/l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
        |   ,..-ニ-'´   .l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l   必然的にこうなる、と話し手(書き手)が強く思っていて
       l   .:l /´   _.ィ´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,..-ー、;;l
      l  .:y'  .:/" `"''_,,..-.''7ー''"´    l;;;;!   その気持ちを文にしたい場合、
.      /   .'  .::/;; _.ィ´    ./       l;;;;l
     /      .::∠.'"  _,..-'"´     ,,,, -, l;;;;l    “shall”を使うみたいだ
.    ,r'      ´     ,.ィ´,,,   , -‐ニニ",,,,,/ .l;;;, 、
   /          <´////ヽ ィ´"´ヒニ;ン  レ,, l
.  /              ̄ ミ.,l   `¨      リ" ,'    “運命的必然性”と言われると
 /           ./777  //l         レ ./
.″           ////l  /'/,l         .l /       わかりづらいから簡単に
            /////`¨///,         l'
       ,..-'" .l////////    ''     /l       “話し手(書き手)の論理的な根拠のない強い確信”
       /   /!、////  __ _        / ト 、
     /   /////、//, ´ ..... `    ,イ  ヽ `丶、     と理解していいと思う
   .;;;l   ////l//l/` 、       _.ィ´  l:  ヽ   ``''=''7
   ,;;l ,..''´//////レl///`ー- -‐'7/    l;   ハ     ト 、
  ,;;;;l'///////////l/l/////////,      .l;    l     ヽ ``   では“will, shall, must”の表わす意味をまとめよう
  ,;;;;;l///////,l/////l/"/////ヽ//     /     l       ヽ

771はる ◆L96SZTATM62012/07/13(金) 00:24:39 ID:zQovqr5o0


will
認識的用法:予測・予言
根源的用法:意思


shall
認識的用法:運命的必然性
根源的用法:強い意志,義務

must
認識的用法:論理的必然性
根源的用法:義務




     ____
   /      \     “shall”に“義務”ってのがあるお
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \         アベ>あぁ 根源的用法は
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /             これから細かく学習するよ
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |              “should”なども含めてね
  \ /___ /

772はる ◆L96SZTATM62012/07/13(金) 00:25:28 ID:zQovqr5o0



    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||____......||   ガチャ
 |:::::::::::::::||::::母::::: ヽ||
 |:::::::::::::::||::::::::::::::::::::ヽ
 |:::::::::::::::||人::::人::::::::::ヽ      こんにちは
 |:::::::::::::::|| ノ  ヽ_\:::::::)
 |:::::::::::::::||●) (●) \ノ     パートが長引いてしまって…
 |:::::::::::::::|| (_人_)    |
 |:::::::::::::::||___   /      長くなるようでしたら
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||       お茶でもいかがですか、センセイ
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
   \ ::::||
    \||




        ____
      /  ノ  ヽ\
     /  (○)}liil{(○)    カーチャン いないと思ったら…
   /     (__人__) ヽ
   |       |!!il|l|   |       アベ>では
   \        lェェェl /
    /         ヽ            ご厚意に甘えて
    しヽ        ト、ノ
      |    __    |             少し休憩にしようか
      !___ノ´  ヽ__丿









                 Part3 ‐オーグジリアリィ・クルセイダーズ-

                   第1話前編『will、shall、must』 終わり

774はる ◆L96SZTATM62012/07/13(金) 00:34:11 ID:zQovqr5o0
今回はすごく時間がかかりました
できるだけわかりやすく短く描いたつもりですが、
自信はあまりないです

質問・疑問あればお願いします

773大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/13(金) 00:29:27 ID:jDJ0YRRg0
乙でした!

それから、今見直して気づいたんですが、投下中に拝見していた時は
>>759の一つ目の例文を素で「ペニス」と誤読してましたw
アベさんのAAだったもので、つい……。

それと、>>763の表作成などの手間も本当に乙です。

こういう説明があると分かり易くて本当に勉強になります。


でも、

>そのツッコミ

これはwやっぱりアベさんw

775はる ◆L96SZTATM62012/07/13(金) 00:40:16 ID:zQovqr5o0
>>773
ありがとうございます

>>>759の一つ目の例文を素で「ペニス」と誤読してましたw
これは例文見つけたとき、ちょうどいいなぁ、と思ってww
わざとですwww

アベさん、もっとぶっとんでてもいいとは思うんですけど
なかなかそうできないです

776大掃除準備中、詳しくは茶店で2012/07/13(金) 00:49:56 ID:CUDWuO2M0
投下乙でした

shallを「とりあえず古文の“べし”と思っとけ」って言われたことがある
仮定法を説明するときに“事実に反する仮定”じゃなくて“反実仮想”なんて
日本語の古典文法用語を使う人だったw



元スレ
やる夫で学ぶ英文法
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1336204054/









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。