ホーム

Admin

SITE MAP

Cut

Res

ブックマーク

RSS

MAIL

PageTop

PageBottom

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログパーツ Category: スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-)

2012/06/11(Mon) 08:20
426◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 20:59:33 ID:tcJMOzxo0


合同反対派が敗北。
ついにトロツキーとジノヴィエフを
再起不能においやった同志やる夫であった。
しかし、その裏では複雑な政治的・経済的駆け引きがあったのだ。
___  __________
      ∨
    ,,,,,,,,,,,    ||    ||   ,,,,,,,,,
   [,,|,,,★,|,]   ||    ||   [,|,★,,,|,]    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ( ´∀`)  目    目  (・∀・ ) <  今回は第二三話で描いた政争の、
   ( つ  )つ       ⊂ NKVD,)  | 裏側で展開されていたもう一つの動き、
  ┃レ __   | ̄ ̄ ̄ ̄ | ___,ノ┃ | 前話で描かれなかった経済政策の動向に
  ┗━┳┳\ | ̄ ̄ ̄ ̄|,/━┳┳┛ | 焦点をあててみよう。
      ┃┃   |_____,,|   ┃┃   | では諸君、本編だ。

428◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:01:30 ID:tcJMOzxo0




       第二十四話 計画化へ








アクセスカウンター
アメリカンイーグルスズキ自動車http://www.e-creditcard.info/アクセスカウンターネオサイトワンデー
430◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:02:26 ID:tcJMOzxo0


中央政界で合同反対派が完全敗北を喫したこの頃、
独ソ軍事協力は本格化し始め、赤軍は急速にドイツ流の戦術ドクトリンを吸収していた。


   ――― 古都、カザン


                         / ○ \        ‐―  ○ - ‐
                        /.へ/:\へ.\         , ' ヽ
                       / へ|l||l_^_l||l|へ \         ,    ヾ
      (´( ⌒ ⌒ )     /||.へ|_._|l|/\|l|_._|.へ||\    , '
                  ||  |田|.|田田|.|田|  ||
                  ||  |田|.|田田|.|田|  ||   (´( ⌒ ⌒ )
                  || [_[_〈___〉_]_] ||
    /二二二二二二二二二||;;'   |l|    |l|゙    ||二二二二二二二二二\
  /三三三三三三三三三三||  |田|.|田田|.|田|  ||二三三三三三三三三三\
  二二二二二二二二二二二||  |田|.|田田|.|田|  ||二二二二二二二二二二二
  三三三三三三三三三三三|| [_[_〈___〉_]_] ||三三三三三三三三三三三
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            #;  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |田| |田|;' |田| |田| |田|   |田田| |田田|   |田| |田| |田| |田| |田|
   |田| |田| |田| |田| |田|   |田田| |田田|   |田| |田| |田| |田| ;;|田|
  ⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢ]   |田田| |田田|   [ⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢ
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ '';;              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |田| |田| |田|  |田田|  | ̄ ̄| | ̄ ̄| | ̄ ̄|   |田田|  |田| |田| |田|
   |田| |田| |田|  |田田|  |    | |    | |    |   |田田|  |田| |田| |田|
  ;;          ;;;,,    ii≡≡≡≡≡≡≡≡≡ii     ,;;         ,,..;
  ────────── ii ≡≡≡≡≡≡≡≡≡ ii ──────────
   ̄l´l^l´l ̄l`l ̄l´l^l´l ̄l`l ̄l´l^l´l ̄l`l ̄l´l^l´l ̄l`l ̄l^l´l ̄l`l ̄l´l^l´l ̄l`l ̄

431◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:03:11 ID:tcJMOzxo0


それと同時に、古都・カザンなどには戦車学校が開設され、
赤軍の将軍達が新兵器としての戦車の活用方法の模索に没頭していたのだった。



/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| 戦車の特徴的な能力はこれ!
| これらの能力が戦場の常識を覆すのだ。
\__  _______________________________________
━━━∨━━━━━━━━━━


・火力を素早く機動させられる。
・装甲化によって敵の銃撃を至近距離でも耐え抜ける。
・大火力を備え敵の抵抗火点を逐次粉砕できる。
・上記の能力から塹壕戦を突破し歩兵の突破口を創出する。

   __
  γo_⊥ /        ,,,,,,,,,,,      ,,,,,,,,,,,
━ (,, ゚Д゚) / ━━━━━[|,,★,,|]━━  [|,,★,,|]
   |   つ ∇      (゚Д゚,,)      (゚Д゚,,)
   |  |┌─┐   /⊂   ヽ    /⊂  ヽ
 ~|  ||□|  √ ̄ (___ノ~ √ ̄ (___ノ~
   ∪∪ |   |  ||   ━┳┛  ||   ━┳┛
 ̄ ̄ ̄ ̄|   | ====∧==========
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    | 機関銃を備えた塹壕が防御力として攻撃力を圧倒したが、
    | 今度は戦車部隊が攻撃力として防御力を圧倒しようとしたんだな。
    \____              ∧
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         | モナー板から出張講義だゴルァ!
         \_______________________

432◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:04:12 ID:tcJMOzxo0


赤軍の名将トゥハチェフスキーもまた、「縦深戦術理論」につながる
連続作戦構想のためにここカザンで戦車戦術を研究していたのである。

        7 7 ∥ !i  ii   i   '.   i  i   '.
         '   i l  ∥  !i  l   '.  l   l i  i
       i i !  !  i i i!   i   .!  i  ∥ i  ',
       │!  l| i  ソ i ン   /i  i   i 从 l  !i
      i i  |i  乂  /   / ソ ノ  ノ ノ ノ | |   i'       間断ない連続攻勢を
      ∥ l | |  ノ /  /リ /i / / ソ || |リ i   i!
      ! i | | ノ/___/_ソノ | ノ //ッ''ソjリ l   .li       維持するには、
      i i | |  |ヽ, 'ー'ヽ、 jノ /ノ─ "  リ |  !i
       | ! |│ |i.   ̄" °         j |  i ト 、     敵が体勢を整える前に
      イi i │ 从               リ.| i  ソソ  ヽ
    /::::::', t  人        、 丿   /| | j リ/   ヽ   後方に浸透しなきゃならねえ・・・
   / \:::::', ヽヾ,i\   、,, ,,_,.ン' /:::| ∥ /       ;
   /\◇:::::ヽ ヽ !:::丶、  `' ー " . ':::jノ:ソjノ        i   戦車の機動力と火力は
  /\  \/\◇人ゞ::::: ::丶、  /:::::::::::::::::!       i
     \/\  \:::::::::::::::::::::::Tへ :::::::::::::::::|       !     不可欠だ。
     /'、  \ /:。::::::::::::::::/\〆"''ヾ:::::::::|      |
       ' 、 /:::::::゚。::::::√\ζn....メ。ヾ::::::::|      i
         /::::::::::::::゚o:::: \〆::;.....''''',,,,
                 ζ;:;::.; :::
      赤軍の至宝 ミハイル・トゥハチェフスキー

433◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:04:45 ID:tcJMOzxo0


さらに「ソ連で生産されたドイツ製の兵器」を使用してさまざまな軍事演習も行われた。

リペツクでは戦車とならぶ新兵器であった航空機による急降下爆撃演習が・・・


                 , ァ
             r‐- 、_ //
             ヽ丶、/ ィ'
              \ ;/  !
            /,ヘ,   |
            // / ̄` |              , ‐;‐、
            ´   / ̄` |             _//  }
              / ̄`:  !            _//   ノ
              /   :  :|        _/ /  , ´/
             / ̄ `:  |      _/i/   , ´/
            /_     |    _/     , ´/
           ,', へ ̄`  |  /|  / , ´/
          ,'/  ̄|  ̄`, `{ /    , ´/
         ,'゙ト 、_ !   , ,  ,/   ヽ/
           '<ヽ_イ   , ,  ,     /
           /´ _   , ,  ,   /
            /ィ'´ `!ヽ、, ,  , /
         / ! 。、  ハ ,  /
      / ,  |´|j  `ら、 イ
   / ,  ,  |      | !  !
  / , ,  ,,,.┤ 「``┤|  |
  !_,,.: - "´.....|, ┴- 、レ r '
   ....::::: : : : :l _ /`ソ. . . .
  : : : : ::::::::::::::!´  `ミ.y':::::: : : :: :
    :::::::: : : : い`ヽ /::::::: : : : : : :
        : : ` ・ '´:::::::::::::::::: : :

434◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:05:33 ID:tcJMOzxo0


カザンやカマでは、戦車部隊の機動演習が実施されていた。


                       .∧ニ∧
                    __。(゚Д゚)∩ <パンツァーフォー!
                  _/~ ̄//| ̄ ̄V                ._/~ ̄//| ̄ ̄V
                   ̄ゝ ̄ヽ△.__V_               ̄ゝ ̄ヽ△.__V_
                    / ̄ ̄{l=l}|日l +| ヽ―--、          / ̄ ̄{l=l}|日l +| ヽ―--、
            ___>Θ)___∠_.|_==.|__l_[[_)ニ)    ___>Θ)___∠_.|_==.|__l_[[_)ニ)
           (__/ _ゝ' (_〃ヽ  ◎ ◎ ◎ ◎ /lヾ\  (__/ _ゝ' (_〃ヽ  ◎ ◎ ◎ ◎ /lヾ\
           ヘ=(( (.l ̄'ヘ= ヽ,ソ ,ハ /<。======,。、ヘソ   ヘ=(( (.l ̄'ヘ= ヽ,ソ ,ハ /<。======,。、ヘソ
           .\=\――\=\ゝノ ゝノ,ゝノ,ゝノゝノ,/    .\=\――\=\ゝノ ゝノ,ゝノ,ゝノゝノ,/
              ^^^^^ ̄ ̄ ^^^^^^^^^^^^^^^^^^        ^^^^^ ̄ ̄ ^^^^^^^^^^^^^^^^^^

                              _/~ ̄//| ̄ ̄V                ._/~ ̄//| ̄ ̄V
                               ̄ゝ ̄ヽ△.__V_               ̄ゝ ̄ヽ△.__V_
                                / ̄ ̄{l=l}|日l +| ヽ―--、          / ̄ ̄{l=l}|日l +| ヽ―--、
                        ___>Θ)___∠_.|_==.|__l_[[_)ニ)    ___>Θ)___∠_.|_==.|__l_[[_)ニ)
                       (__/ _ゝ' (_〃ヽ  ◎ ◎ ◎ ◎ /lヾ\  (__/ _ゝ' (_〃ヽ  ◎ ◎ ◎ ◎ /lヾ\
                       ヘ=(( (.l ̄'ヘ= ヽ,ソ ,ハ /<。======,。、ヘソ   ヘ=(( (.l ̄'ヘ= ヽ,ソ ,ハ /<。======,。、ヘソ
                       .\=\――\=\ゝノ ゝノ,ゝノ,ゝノゝノ,/    .\=\――\=\ゝノ ゝノ,ゝノ,ゝノゝノ,/
                          ^^^^^ ̄ ̄ ^^^^^^^^^^^^^^^^^^        ^^^^^ ̄ ̄ ^^^^^^^^^^^^^^^^^^
              ∧二∧
            _||_(´∀` )_||  √==√==]
        __/   ヽ /= |= ̄|  ̄=| ̄ \
      /Θ/ (丶 ソノ/_Θ├⊃:|_;;;|_ ;;|== ヾ  ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_
       ̄|==[二二]=◎=/~~ヽ====/__/~~ヽア_  ノ⌒ヽ、;);;'~` _ノ
         | | \\\ | | ∪ |;;====| | ∪ |  '~` ;;;;))   )
         ヽヽ ,ノ.  ̄ .ヽヽ. ,ノ  ̄ ̄ ̄ ヽヽ ,ノ  ノ⌒ヽ、;;;_ノヽ、_ノ
          ̄        ̄          ̄




         : : : : : : : : : : :. :. :. :. :.i: : : :.\
         : :. :.i: : : i:|: : : : : : : : :ト : : : ト \
      i  :  : :. :.|: : : !: i: : : : : : : :小:.:.i:.|  ` ヽ
      |  :.  : :i: :ハ: : :. :.!: : : : : :./: :| | :|:.|
      |  :. :.: :.:レ′: : : : : : : : :x.:.: :.:|:.! l! |
     !  : : イ : : : : : /: : : :γ 〈:i: i/ : ハ|
   i   : :/ |/: : : : /: : :./ |i  八 l: :/  }
∧ ∨  ヽ./ : !: : : : : : : イヘ代_从:.:ル′    ・・・・・・
  ヽト、:i  }' : : : : : : : /    小: :ハ
   } ハヽ   : : : : :i〃      イ: |:Ⅳ
   八   ハ:.:.从{  .:   ´ }从|
.   x‐}∧{ }'___{二     }
  /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. 乂
/: : : : :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :>
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.:>
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. /::/:.≧x



そしてこれらの演習には、訪ソしていた多数のドイツ軍人が参加していたのだった。

435◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:06:16 ID:tcJMOzxo0


           __
        ,..::::´:::::::::::::: :`:ヽ、
      ,r´:::::::::::::::::::::::::: : : : :.
     /::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : :',
    了::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : l      装甲車両の集中運用・・・
      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      lィ::::lヘ:へ::|::::::::::::::::::::::::::::::「     数日で100キロを踏破する機動部隊。
     \ト、(ヽ::::|:::::::::::::::::::::::::::rノ
        ヽ´::::|::::::::::::::::_;、::ル′     時速数百キロで敵国領内に侵攻し
         ` ‐lイ::::::::::ヽ
              /⌒ヽ、::::ヽ        爆撃によって地上部隊を支援する
           |::::::::::::::`¨´!
           |::::::::::::::::::::::|       航空部隊。
           |::::::::::::::::::::::|
            ヽ__;:---─ヘ       それらが織りなす三次元的な戦闘。
           ヽ::::::::;、::::l´
               |:::::| |::::|
               |:::::| |::::|
             ` ´ ` ´


 Ⅵ:.:.:|:.: i:.:.:.:.:. l:.i:.:.:./|:.:.:.:.:i:.:. |:.: /:.:./    !: :./ //  /'
  |:.i:.|:.: |:.:.: : /:,:|: / !:.:.:.:.l:.:.:.|:.:.i/       <   /  /
  |:.!:.|:.: |:.:.:.:/:/ l:.|  l:.:.:.:.|:.:.: !:. l            '
  |ハ|: ,:|:.: /:/  !:!  l:.:.:.:.|:.:.:.ll: l      ,...:´i
  '  l:/ |:.∧′ ||   !:.:.:.:|:.:.:l l l    ‐,-':.ハ: l     これからの戦争は
.――く′|:′   !  :. :.:.:l:. l !:!    /´:.: / } !
: : : : : : : : : 、       〉:.:.!: |` ll   /l:.:.:./  j/     にらみ合う塹壕戦ではなく、
: : : : : : : : : : : : 、    / :. :.:. |  ! `´ !:.:,'  /'
: : : : : : : : : : : : : :\  i   :. : |      l:.i         縦横無尽に駆け巡る
: : : : : : : : : : : : :. :. :.\!   :. |        !l
: : : : : : : : : : :. :. :. :. :. :.\  :|      !          瞬時の速度戦が勝敗を決する・・・
三≧=- 、: : : : : : :. :. :. :. :.ヽ  _
三三三三≧ 、: : : : : : : : : : :<i:i:i:iヽ
三三三三三\≧: 、: : : : : : :.Ⅹi:i:i:ヘ
三三三三三三\三\: : : : :. :.Ⅹi:i:∧
三三三三三三三ヽ:三:\: : : : : :Ⅹ:i:∧
:三三三三三三三∧三三\: : : : :.Ⅹ:i:l
:三:三:三三三三三∧三三ニ\: : : : :Ⅵ

436◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:07:21 ID:tcJMOzxo0



         _ .. --==ニ¨ `ヽ- ―- 、
       .._ニ-‐ァ―――-   :.‐'´   ..  \
     /´  /:ィ/:_. - ´  .:/  ヽ:  \:.. {:. ヽ
    { \/∠ -'_二  :// .:/ ヽ:  lヽ:.  ヽ:.\:|
      /´ フ´  .:// / :/  | }  |:. ト:.  l:.  \_
     / / .:ィ :/ /ノ :/ | / { :|:. ∧ :!|:.  l:. `ヽ ̄´
      //i :/ /  ィ /{ .:!:ハォ:7 丁「「:. }:. | l ! トヽ
        /  | ..:!/イ7´丁ミヽト{ /'ァz=≠トv .ト: | | |
        | /| ../|{ fr筰ミト  ´ ´ヤぅ刈イ:  ト.}: :|!|         ユニーク
        ∧! !:/ 小.`辷:リ     `フ7′/.:レ } ハ    .・・・・・・電撃戦。
          /{イ:/ハ    '_  /´/:.   /l: /′
         / ´ |l j .:.\   ‘ニ’  /: ,.. ノ}//
        ハ ̄ ̄ ̄`ヽl>ュ.. _ イ:イイムハ{ _ノ{_
       ノ ̄ ̄ ̄  ‐- 、 ヽ/}  |/_j_.ゝ┴‐´三弐
     ≦三三三-_ _  \ト/´__.. -==―――`i、
      l!        ̄`ヽzzzzf´ ̄         lト}
     rヘ          |  _ |           l| {
     ノ、__i!        fヽ ! | ハ           |ハ
      { __,、!        _| {| ! |     __     |  !
     ヽ ノ{_l!      }ハ、 ヽハ. ヽ  /´'/     lト.、|
      ト、 _,l!___ {. l\ ` ー  \j  {    __j-:、:\
      レ|   {ト:ヽヽ:`ヽ._ ̄`        |-‐ニ-――-、::ヽ|
     _ 上L._  ヽ\\ヽ:ト.二、      {´_: -‐  ̄ `ト、:ヽ{
  /´:.:.:.:.:.:_`ヽ }/ >`-/7く_> 、     ` ー‐- 、 ! ヽ:}
 ⌒ヽ- ´{  `ヽ:\{:.:,.孑{zトミ:.:`ヽミヽ、         ├‐ ´
       \   ノ7ァニj彳_/:{`ヽ〉_/`j┬ \       j
         ̄ /:リ: : : : /:.:.| ̄  ̄` Lト、  ト、      /
        /:/ : : : / : :j : : : : : : : | : :  ̄:} ` ー‐
            ハインツ・グデーリアン

437名無しのやる夫だお2012/06/10(日) 21:07:50 ID:J6tCOp7I0
電撃戦の系譜をこう描くのか

440名無しのやる夫だお2012/06/10(日) 21:09:00 ID:J6tCOp7I0
独ソ戦初期のドイツの快進撃はこの協力関係も原因の一つなんだよな

まあやる夫が殺りすぎたのも一因だが

438◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:07:50 ID:tcJMOzxo0


1930年前後、独ソの水面下の協力関係は歴史において大きな役割を果たす。

後のドイツ軍の名だたる将軍達がロシアの地へ足を運び、次代の戦争の前準備を行うことになるのだ・・・


     /    ゞ、;;;;;;;;;;/  / / /l       ヽヽ  \
     /     /ノヽ/   l  l  | |        ! ヽ ヾヽ
      {     ハ,. ノ/    |  |  l |       | | l ', ヽヽ、_,
     ヽ  / ト〈 〕,'     ハ l|__ ', ',       | l  |! ', `,` ̄    \_ー、 _f ヽ, ‐───- 、
      ヽ / トY .l    l ト´l~゙__゙'ヾヽ    _,!_!_ /|  | |    _ ─`  l          、  `r< ̄:::/
      /.|  |ハ._|    | |/'ひ:;;::}`\   /ニ、`レ /| |  /         , 〉. 、       \__j:::::::\_|_
      /    l/-| l    | l、 {::ゞ:ノ   ヽ ノ'{ピ;}〉 イ∨ヾ、∠ -─ フ´   l ./|ヽ_ヘ\__\ 、\:::::::::::::::::\
      |    |`ハ l    | l `'ー゙       ヾンイ/!  |     r'/ /  || ! ヘl  \_`ヽ \ヽ、::::::::::::/
      ゙、    ヽ、ヾ、   l`‐ヽ       ソ   |ソ  /     〉 /  -7l.! l  ヽ   \ ヽ ヽ、ヽ:::::::::人
       ヽ     /\ィ\、 `ーァ          、ムィン      .' ,'  !  i l       __,rz ヽ} ヽl `::/  \
      ∧ヽ /  ハ:|: .、 ̄       ‐ー    /ノ        l /:l  |  |  _,,z     ==" rへヘー!´ヽ, ‐,  \
       {   ヾ   } |: . \          /          K__|  ヽ ハ彡"    _     __,イ` rヘ / /.    \
      |       レl、:  :` ‐ .、    /              l  /入!、!     く 冫   / ! !  l i' /っ、      \
      ヽ  ヽ   ! ヽ'ー、  : . : `T ´          .      ∨/ / .>、 _____ /l´ヽ、j/  f  { `l ヽ
       `>、  ー-ヽ  ヽ ` ‐ :、: |ト、     .            ,' / / !  | /:::;j_ /:::::::/  A そ_,ヘ
     ,. - "  |      ヽ. ゙、    ∧! |:\                 l / /  |  イ:::::|´ `!:::::::/  //::ヽ/ ハ、_
  -‐ "\\  ヽ      :  |  / |:;}:|  \              |/  ,   |,ハ:ヽ::::|  ,'::::::/  //:;;//'/ノ l
                              /.::、:;::::::::::::::::::::::::;:;::.ヽ
                                  ,!:::;/゙l:/゙l:i''`'゙ヽ;:f'ヘ;;:::::〉
                                 〈::ミl. |L,_|:l    _}!__.lミ::{
                               }_;{. l|__.|!ヽ  '゙,|!_ l;:::}
                                  { ゙i| ' ・`    ' ・ ` |!'゙!
                               ヽ,|  ̄ 、l,   ̄ i,,ノ
                                l、゙ |ー==.=-イ`.,!
                                    ,ゝ レ.⌒⌒.リ ,/
                        __,,,  -‐'''7~:.i ヽ.゙ー==‐'゙.∧`、ー- ,,,,__
                       /゙: : : : : : :./: : :| ,ィヾー‐イ゙ |: :ヽ、: : : : : ヽ.
                       /: : ヽ: : : :./: : : .l /iヘ;}_ ,,/;;゙、 l : : ;ゝ: : : :/: : ヽ
                       { : : : :`、 : : \/|!. ゙'、{;;;;}ィ゙ ヘ}\/ : : : :/: : : : i

439◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:08:44 ID:tcJMOzxo0


   ――― 一方、モスクワ。

 o ° 。゚ o  。 o  ゚ o  。゚ o  。  。 o o ° o  。゚ o  。  。 o  o ° o o ° 
 。゚ o  。 。゚ o  。  。゚  。  o o ° 。゚ o  。 。゚ o  。  。  o o ° o  。゚
 。   。  。 o   ,__ 。゚ o  。 o  ゚ o  。゚ o  。  。 o o ° o  。゚ o o ° o  。
 。゚ o  。 。゚ o  l_<  o  ゚ o  。゚ o  。  。 o o ° o  。゚ o  。  。 o    。 
 。  。  。 o   _|_  o  。 o  ゚ o  。゚ o  。  。 o o ° o  。゚ o o  。゚ o  。 
_  o  ゚      ,ェ._.ュ、 o  ゚ o  。゚ o  。  。 o o ° o  。゚ o  。  。 o  。゚ o  
,,,,]||      ,,.-'"゛    ~''ヽ、 。 o  ゚ o  。. ! o  。 o  ゚ o  。゚ o  。  。 o o ° o
ニニニ,,!-z,,,,,,メ--────--丶、  ° o  。゚ /_|ヽ  。 o  o ° o  。゚ o ★。  。    。゚ 
-、,,,,_ .~"'''ニ==ェ,,--'''''''-------ヽ.._  。 o  。|iiii|゙|. o  。 o  ゚ o  。゚ o  .|。 。 o o ° o 
   `~"'―-,,,,,,|ニニニニニエエエェ,l,,,,|,,,,[ ]、       |;;;;;;|;;|. o o ° o  。 ゚ o   ,!!、  。   。゚ 
  人   人 `゚゙'''―v,,,,「  .|~゙---->...ュ,ュ__.、 .,i;ロ;ロ|;;|    。 o  ゚ o  。゚ o iiiii   。 o o ° o 
  彡ミ  彡ミ  人   人゙'''ー-...,,,,_|  `゙''''「゙゙'''''..|∩-|iil.,,, o ° o  。 ゚ o    |||||   。 o  。゚ 
彡彡ミミ 彡ミミ  彡ミ  彡ミ  人 `゙"人-i、,,_,,,l;;;;;;;;;;;/;;;/z,,,__.  。 o  ゚ o     |  :|. 。 。 i  °  
彡彡ミミ彡ミミ ;;彡ミミ.;彡ミミ ;彡ミ  彡ミ  人゙'''┐'| .|''i--zz;;;;;,,,,,.  o  。 ゚  |AA.|    ∧  。  o
彡彡ミミミ彡ミミ 彡ミミ 彡ミミ .彡ミミ 彡ミミ彡ミミ:::| .| .l'''―v,,,,,"'''i   _____ .A l゙| | |.|.A. .|ii|  。 o  
彡彡ミミミ彡ミミミ;;;;ミミミ彡ミミミ彡ミミミ彡ミミ彡ミミ:::| .! ,|    `~"'ヘ-i、|ロロロロi''i_|ii| |ll,,,,,,,||ii|_./ .ヽ   。 o
彡彡ミミミ;;;;ミミミ ミミミ ミミミ;;ミミミ;;ミミミ;ミミミ::::| |  | 人人人  r‐┴── ┴┐゙゙゙゙゙゙゙゙゙ll-----トL,  。
ニニニニニニニニニニニ===============   |..彡ミ .r‐―┴――─┴-┴─--iL,、:::::::|゙゙゙|----- 
  ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ======ェュyy,|jlll」―――---------u,,|_, !.| .!-ト |  
ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'i ト-   _ ..|.「[l|____,,,..|...............
━─―――――――――――─'''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''" ̄ ̄ ̄ ̄

441◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:09:40 ID:tcJMOzxo0


1927年、トロツキー・ジノヴィエフ・カーメネフの合同反対派が敗北。
しかし、政権をブハーリンら右派が掌握するのはそれより少し前からであった。


          /::::'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
         ,/::::'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
         'i:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ
         i;:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ii:.:.:.:.:ゞ
_,.、-‐'''"´^~ ̄;;リ:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i i:.:.:.:.リ^~`゙`'‐-、,_
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`i"'i_;、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.i`'i、:.:.:,ノ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``'‐-、.,_
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|i'´,/:.;ノ~フ.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/`'-ミi, 'i,'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'‐、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ -,l´ /ィ'"´⌒).:.:(⌒l/ミゞ  ヾ 〕;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i / .イi'´ ,,r‐'´:.:/´フ匕 `ヽ  } /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i !  ' 彡ィ'⌒''レィ'`'-、_`i  i  ,i. };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i    ',/  f´ ``'r、 `'゙     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i       | '-、/ 〕      l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、-‐、ィ'       lこニニニl       i、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ  ヽ.      ノ  -   l        ,`ィ‐-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l   l   ,-‐'‐-------‐'ゝ、    ,r'  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l   l_,,ィ'´ゞ`'‐,r''´⌒`'-、‐''´'‐、 ,r'   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
             グリゴリー・ジノヴィエフ

442◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:10:21 ID:tcJMOzxo0


1926年にジノヴィエフとカーメネフが敗北して以来、
党と政府はやる夫とブハーリンの枢軸を中核にして、新体制が構築されようとしていた。


   /       ,_,              ',
   /       ( l 、            ',
   l      ,i、/ 〉ヽ!ヽ、ヽヾ   `ヽi   l
   l    i , ノ ハ( 、 ,-‐..'´`ソ'`ヽ i リ   /     1923年以来、
  │  i、l=‐':´`"゙:::::::::::::.  : ノノ/、  /
   | i i |/::` :: ::::::::,i ヽ ;::::::..  .:: l l  l   ヽ      実に3年間に渡って政争が続いてきた・・・
   l ヽゝ l::: ::: :::/ |  `' 、::: -'´j l' /   )
   ヽ、ヽ ` 、、:::/  !、-     ゝ,l '   /     今度こそ党を安定させなければならない。
    ゙''- 、ミ ',   _, - ‐-   /r, 、 `( _
       _ノヽ\    -    , '// \   )    ボリシェビキは、団結を失えば
       `ヲ.  \      / //    `''‐'-,
    , ==l ,  l ` - ‐ '  //   ,---、 /    自滅するしかないのだからな。
  , , ' '´   !li  lL.   , - ' 7/   |=000| )
//      `゙゙゙_)| `' '´   l(    ゙ー ' ´く
ヽ.ヽ、        l      ヽ >      l
     政治局員 ニコライ・ブハーリン

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\      そのとおりだお。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\     党は常に一枚岩で
  |             |     なければいけないんだお。
  \              /
 書記長 やる夫・スターリン

443◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:11:13 ID:tcJMOzxo0


...........................,..:--――‐--.、_
::::::::::::::::::,.:r'"/        ゙ヽ、_
:::::::::::::/ iill /          \
::::::::::/,∧ N / "  _,.r―ヽ、  ‐:、  \
::::::::,i!" i! il゙ _,.;r'"     ヽ   ミ、  ゙i.
::::::,i   V;/         i!   ヾ、  !
:::::i    "      ヽ   ,ゝ   ヾi  l
::::ノ  、 i  ノ      ゙、 ヾ、   i゙  .!
:(、_ .ソ "   __     〕 .,r‐、   !  私も異論ない。
::::l ゙ヽ-ツーヽ=<___。>‐'  \r",:タ.! /
::::l   .:!   \_        l レへ !./   ネップの持続のためにも
::::ヽ .::j  ::.  ゙ー:.      l レ'///
::::::゙:. Y__..._. ::.         ,り//Y     今後の政権運営に協力しよう。
:::::::::゙:. ヽ‐"          ト、ノ i l!
::::::::::::゙:. ヽ二ニ=’     /   i .l     左派が追放されたのは
:::::::::::::::i!  ゞ:::       ノ   i! l
:::::::::::::::::i! /      _/〃   ;! .l    私にとっても喜ばしいことだ。
::::::::::::::::r゙、___,.∠/.:/   __,.-‐ト、
:::::::::::::::l.「 ,  ┌-===―‐‐tTr-―‐ニ┐!
:::::::::::::::l゙ーj  ト--  ゙l  l l l 「 ̄ .」 l
   政治局員・人民委員会議議長
      アレクセイ・ルイコフ



              ,. ― z 、 __
.         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ
.         〃.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':,
         /.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヘ
.        ,'.:.:/.:.:/.:.:.://:从.:.:トヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
       l.:./.:.:/!.://_.イ |! l.:.| Ⅵ.:.:.:.:.:.:.:.: l  まったく同感ですよ!
.         Ⅵ!:/ イzュ.、`   ヾ ‐什リ.:.l.:.:.l.:.l
       |.:.:ト:!.r了:リ!`     r气、Ⅵ.:./!/  無闇な工業化を主張する
       |.:代! ー '      込メ 〉/l/.:i
       |.:.:!.:!     '       ,'y.:.:.,'   左派がいないのなら
       |:.:.!.:.\   ー    /.:j.:.:.,'
       l.:.:l>-ヘ    _ .<:. /:.:/    私も積極的に協力させて
       ∨!  /i、_  ̄ __.l、― ,'.:./
       _ rメ―〈   〉〈 _ 〉、/.:/      いただきます!
    γ  j   〃7 >"´ イ、./イ 、 _
       7  /  '   ´ ィ.j    |  ヽ
    l.  ,'  /      /     !   l
    l    /   r ー "l!      |   j
     政治局員・ソ連労組界の重鎮
        ミハイル・トムスキー

444◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:12:02 ID:tcJMOzxo0


こうして新体制が発足した。

ブハーリンは政権の理論的支柱として党の出版物や学術界を取り仕切った。


         (\
        \\
        /とヽ ヽ
          〈ししイ.: : :.
        `Y入 : : i
         |: : : : : }
          j : : : : ハ
         `T゙¨´ |
           |   |       ,  -―=ミ、
           |   |     〃         ヽ
          !    、    ノ        `Y
             ,   ヽ  {  ノノ八从乂  }
             ',     、 乂 {///儿///}  リ          理論問題なら
              ,    `ヽリハ`¨´ L `¨´ミ乂
             ′     /「 ̄\ -- {「 ̄ミ          私に任せろ!
.              八   ///}}: : : j ー=升//厶ー/77ハ
              ヽ ,/∧/|| : /   /////////// ⌒ヽ
                 {//: :.Ⅵ∨ ,// ̄ ̄: {//{    ,
                 |/=== :|/| ///.: ==: :.{//{      ' 、
                    } : : : : |/|,///: : : : : : : : :∨∧     \
                   : : : : : |////: : : : : : : : : : :.V/\
                   : : : : : L'//: : : : : : : : : : : : /   ` 、 ,   `.
                   |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : /      {     i
                   |: : : : : : : : : : : : : : : : : : /       八    |
                 }: : : : : : : : : : : : : : : : :./           |ー=彡}
                 } : : : : : : : : : : : : : : : : 〉          | : : : : ′
               {______彡__彡ヘ           }.: : :./
                  ,{三[ ̄ ̄]三三三彡' \        /: : :.}
                  |: : :  ̄ ̄: : : : : : : : : : : :‘,    /: : : :ノ
               厂: : : : : : : : : : : : : :/ : : : : ‘,   { くくソ
                 /: : :\: : : : : : : : : /: : : : : : :i「‘,   し’
            /.: : : : : : ` ー―=彡: : : : : : : : :||: : ',
            /'⌒¨¨¨`ヽ : : : : : : : : : : : : : : : : 丿.: :.i

445◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:12:48 ID:tcJMOzxo0


レーニン死後、人民委員会議(内閣)の議長を務めていたルイコフは
そのまま政府組織をまとめ上げ、


               ,、
             //
           ///)
          /,.=゙''"/       _,r'三 ̄`ヽ、
         i f ,.r='"-‐'つ     /ヘ/" ゙̄\,ミ\
         /   _,.-‐'゙~     ,! 、!r r。-r ミ   i    この重大なる時局に置いて
        ,i    ,二ニー;     ドツ ヽ ̄  fハ, il
        ノ    il゙ ̄ ̄      l ー-_゙   ,、/ /    政府は各個たる結束を
      ,イ「ト、  ,!,!         ゙! )二」゙  ,!i Y
     / iトヾヽ_/ィ"___.     ヽ.t  _/,!  i     持たねばならない!
    r;  !\ヽi._jl/゙_ブ,フヽヾーtー:、__ ,トf-≦-=、_,L
    ∧l   \゙7'゙ .j!/ / /\jr=ニ:ー-゙┴、 ゙ミ三ヽi]l「/l
   ./ i !   \.// /./  ./   \ ┌‐ヽミ≦‐十'"!
  /  i゙i     /  ̄ ̄ ̄       i .l ッー-、\_ミ「彡゙ー=r.、
 ノ   ヾ、  /            i! ! \_ ̄i i l r‐へ__\ー-、
/      ゙''y'              l .i  、 l  !.j .l l 「,> ゙t.,>‐fi


トムスキーは、今や労働人民委員部(労働省)を凌駕する権威を
保持するに至ったソ連労組界のトップとして、これを支配する役割を担った。

                         __ _
                         . ´: : : : : : : :` 、
                    /: : : : : : : : : : : : : ヽ        r===ュ、
                       . : : : : : : : : : : : : ヽ : : : ヘ       .|l|i´  \ヽ
                     /: : : : ./ : : : : : : : : :ヘ.: : : : :.       |込    川
                       i :/: : :∧: : :.|/<ト、 トヘ: : !: : i     r_≠ヾYニ三>'
                       レ: : i:.」__Ⅳ :|〃芹У: : : :l: : ;    .{r `  } "
                    ∨ト i≠、ヽ| ` ゞ.:イ : : : 」_:/_    刈  /
                    ∧|ハヽえ.     |: : /´.ハ ハ / ./ ̄「 !   社会主義国家の根幹は
                   i: : :∧   ` r 、 |: /(У: : /  イ!≠十'
                   |: i : : > _ ゝノ .|/ _j!: :/ /:V   i    労働組合に他なりません!
                        Ⅵ、: : i/ }二/j ̄ { ( :/ /__ ./   .l
                         \| Уイ__> 〆 /〃 /    ,'     労組なくしてソ連なし!
                           / ー≠ / /.込  '   /
                          イ     / /! : : ,}∧     '
                    / ∧ ゞ/ /_{: : /j  ヽ _ .イ
                      〃    〆≠=.< _ _ >く;
                      /_   ∠ィf入≠Y-≠z、 _/
                    /i´ `Y_.:.|;|.:.:.ヽ|;|    亢` 、
                 / rイ  ̄ rー'、;|:.:.:.:.:|;|ヽ  .厂) : :\
.                /.:.‘ーi   `こメ:|;|.:.:.:.:.|;|/   厂) : : : : : .
                 ,'.:.:.:.:.:.ゝ _ メ.:.:|;|.:.:.:.:「 j   .厂): : : : : : :ヽ
                 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |;|:.:/`「   厂): : : : : ヘ : : .
               .V.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |;| _ _ ,rイム': : : : : : : ', : : V
              /: :丶 .:.:.:.:.:.:.:.:.: /i;|ム乙ム乙ソ: : : : _ _;∧:_: ∨

446◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:13:41 ID:tcJMOzxo0


そしてやる夫は、強力な配下の力を借りながら官僚機構の統御を担う。


                                  (ヽ三/) ))
                              __  ( i)))
                             /⌒  ⌒\ \
                           /( ●)  (●)\ )
                         ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
                         |    (⌒)|r┬-|     |
                         ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
                         | | | |  __ヽ、    /
                         レレ'、ノ‐´   ̄〉  |      _____
                         `ー---‐一' ̄       / , へへヘ∧ヽ
        ,. -ー冖'⌒'ー-、                       |  |     \l l/ |
       ,ノ         \                      /⌒    ( . ∠ l
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ                   ヽ_       (二) ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、            l   ______つ !
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/             >、 \|_|_|_/ /
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /            / l ヽ、 ____ /、
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /           /   ` ー──‐─ ´   \
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/            / |   __(^|      /⌒ ヽ
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\          /ヽ| (二   ヽ    /    |
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ              l     \ /\   /
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃                 `ー 、       ヽ /
    やる夫の秘書                    やる夫の忠臣・組織部責任者
       アレクサンドル・ポスクリョーヴィシェフ         ラーザリ・カガノーヴィチ



こうして彼らは役割の分担を行って政権を運営していたのである。
この体制は合同反対派の脅威が出現してからはより一層団結を強めていた。

447◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:14:31 ID:tcJMOzxo0


合同反対派との闘争を通して、やる夫とブハーリンが良き友人となったことは多くの人が認めている。
ブハーリンはやる夫家に足しげく通い、ひと夏をやる夫の別荘で過ごしたことすらあるのだ。

         ____
        /⌒  ⌒\
      / (⌒) (⌒)\
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \                   /                         |
     |       |::::::|   ,---、.                 /        π                  |
     \       `ー'   しE |                 |      ノ {               |
     /           l、E ノ                 l i   从(´__  `ヽ_                {
   /            | |                 ヽヽ .{/////`ー´77777ノ丿  /       |
   (   丶- 、       ヽ_/                  `ヽ i/////r-、//////ヽ─´  /,    |
    `ー、_ノ                              _ノ ∨/_ノ/  ヽ////>/   //  _/
     ___         __                      て ',  ヽ   ` ̄  z  /´  /_
  _,、-''~. . .`~~'''‐-、‐-=''゙゙´. `'‐、,                    -=>  ',  ニ=      レイ    く
(゙゙゛ . . . . . . .;、-'''~~.´.`.`~~~''''‐ミ''ミ'、                .|::::::::::::|/ ヽ  `    / /   ヽ ト--= _
.゙'、,r . . . . ,r' . : : : : : : : : : : : : : .、`':、゙'i                .|:::::::::::{{ ,|_`ー- - ´  / |_   ノ:. :. :. :. 〉 〉
 / . . . /. : : : : ;、: : : : : : : : : : : ゙i . .`'、               .|:::::::::::|| |`ー------ イ _(:. :. :. :. : //
..゙、. . . / . : : : ; /: : : : :,:‐:゙: : : : : : ::. : : .゙、              └:::::::::|| イ            }t-:. :. :. :. :. //
/ .゙':v'゙. ; : : : ;':i : : : ; /: : : : : : : ;n',、 : : : .',       -=ニ二三三::::::::::}}              |/:. :. :. :. :. //
. . . /. : :!: : ; :!| i : : !/:,、‐=、: : /゙ `'''| : : : : i
. .,/. : : :゙i : ;,、';'、'、:.:.!'、.:.: : : :r/   ノ; : : j:: !
‐゙. : : : ; : : ! 、' ' '' ' '_,;:;;;,,'、'!i:l   ノ:ヽ:,;/: ;ノ
: : : : :/ : : '!, (   '"´ `゙   ,;:;. r‐ニ;;/
: : : : :l : : /l-)         .  ,゙!`~´
: :,;、:‐': ;-': l゙゙l,、_'、   t:.、,. ゙ ノ:.゙;、,
: (i゙ : :/ : r‐ミ-、,'゙ミ':、,_ _,`´‐'゙,゙'、: ;,ノノ
: ;,)、:,、;、-'゙'~~~~゙゙'<ニ,/    /'i、):(
: :'''゙:(:i        i:/   ノ‐! ! ,;,;)
やる夫の妻
   ナジェージダ・アリルーエワ(ナージャ)

448◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:15:07 ID:tcJMOzxo0


結局合同反対派は1927年に敗北。


             _____
            __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ
           /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
         ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::::::::\
    / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::::\
   / /  /|::::|   ,   | ゙='':::〉:::::::::::::::::\
   |  /   | |:::;|   _ ^     :::/::::::::::::::::::ド、!
   |      レ:::! ‘、_j  u   /:::::::::::::::::;ヘ| \
  /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W     \
 /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'     >  \
/    |      \_____/レ´   //    ヘ
        左派 レフ・トロツキー


新経済政策(ネップ)を擁護する体制は盤石のようであった。
左派は一掃され、右派の頭目たちは強く団結していた。

449◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:15:28 ID:tcJMOzxo0


しかし、それにもどかしさを感じる人物もいたのである・・・




            /~,,_,,-─'"(`っ`l、リリ
          /~二__ノ''リ`-'"イ ヽ
        / ̄ ̄  ,,/  、'i  /L ,,ゝ
       /,,-┬┬''||    `i'   ノ !, |
  、,从,、,// ,l':::::L ||;;;;||    ,,,ト-'"  レ
  },ビ 《/  /::::::|レ、||;;;;ヽ    l ┃┏━┓
  》 キ .{  :::::::::/ス イ、;;;;ヽ     :::┃  ┏┛
  { ッ ゝ:::::::::::::i':::::/::ヽ、;;;;ヽ、  ::: ・  ・
  ''/v'`/ :::::::/ ::::<_(^^)=ヾ;;;ヽ!:::::::

450◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:16:01 ID:tcJMOzxo0


それこそは、やる夫・モロトフに次ぐ第三書記、ヴァレリアン・クィヴィシェフであった。




                             γ" ̄ ̄ ̄`v' ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
               ,,____,-、         /  ,,           は   'i
             ∠、_,,-─`;i        ,l キ  ド     い   'l,
  、,从,、,        /ヲ;!::!令、;/'l      l  モ  エ         ,,   ,|
  } ギ 《      c,!`''<、 `- '゙`lリ>   < "ォ  レ     そ   ,|
  》 リ .{       ,! ト='ニ) イ |      l  l   l        こ   ,|
  } ッ 《      ,! E=ミ,ノ l |        | イ         "    |
  ~/v'`       ヽ、     |        l,  ゚     ,人       ,!
              ス[F二ルニ]/~つ、  ヽ、,,__ノ  ヽ、,,__,,ノ
            /~,,_,,-─'"(`っ`l、リリ
          /~二__ノ''リ`-'"イ ヽ
        / ̄ ̄  ,,/  、'i  /L ,,ゝ
       /,,-┬┬''||    `i'   ノ !, |
  、,从,、,// ,l':::::L ||;;;;||    ,,,ト-'"  レ
  },ビ 《/  /::::::|レ、||;;;;ヽ    l ┃┏━┓
  》 キ .{  :::::::::/ス イ、;;;;ヽ     :::┃  ┏┛
  { ッ ゝ:::::::::::::i':::::/::ヽ、;;;;ヽ、  ::: ・  ・
  ''/v'`/ :::::::/ ::::<_(^^)=ヾ;;;ヽ!:::::::
            第三書記・政治局員
                   ヴァレリアン・クィヴィシェフ

451◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:16:42 ID:tcJMOzxo0


やる夫派の重要人物であり、狂信的な工業化論者であった彼は
重工業の飛躍的成長を唱え続けていた。


              ,─、
          , ─ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~─、
        /            \
       /               l
       l                 |
      |┌─-______──~|  |    今こそ社会主義達成の為に
      |/               J  |  |
      |   -─_       _─-、 |  |    工業化が必要なんじゃよー!!
      | /\__/|   | |___∠ヽ \|
  __ ─|  「`--' _l __ /_`--' /   |─__
 (_ | |  | \ヽ ̄_/ ┐┌  \ ̄/ / | | | _)
   ̄ ─|  l  ̄            ̄  l  |─ ̄   ___
        | | ┐ ,─     ─、  |  |_   / ヽ___ 入
     //|∩ |┐_ ヽ r _  l  |  |::: ─_|       l
   /::/::/ /| /~  ───  \|   |   |\:::::::::|       /─、
   /::/::| 〈 | |┌──── ̄ 7|     l\\::::::\___//  \
  l:::l::::| ヽ  | ~| _____/ |   /|:::|::::::\:/     /    /─、
   \:::|  ) / /        丿  /:l::::|:::::::::/ \   /    /   l
   | \|__//~─- ̄ ̄──'  /::/::::l:::::/   l  /    /   /~l
   |  |   |─______─ ':::::/::/:∠_   |/   /   / /
   |  |─-|:::::::::\::::::::::::/:::::::://:::|   7\  l _/ |__/ /
   |  |   |─__ `──':::::::::::/::::::─\__l_ /        \/
   |/|   |  \:::: ̄ ̄ :::::::::/ ̄ ̄::::::::::::::|\       /|
   |/|   |    \::::::::::::::/\:::::::::::::::──| `───-/::::::|

       ____
     /      \
   / ─    ─ \     はいはい、
  / -=・=-   -=・=- \
  |      (__人__)  U  |   わーったお。
  \     ` ⌒´     /

452◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:17:36 ID:tcJMOzxo0


しかし、農業重視の新経済政策(ネップ)が堅持されているうちは、
彼の望む急速な工業化はできそうにもなかった。


      / ̄ ̄ ̄\
    / _, 、_ \     つっても国家資本の多くは
   /  (●)  (●)  \    農業に注がれてるお。
   |    (__人__)    |   工業化の予算は微々たるもんだお。
   \    ` ⌒´    /


             /~\
          ────┴- 、
      ,─ ̄          \
     /  ─ ̄|          |
   ∠─ ̄    |          |
   /        /          |
  |  _/\   l           |
  | |_/ ̄   \   __   |     ケッ!
  | /0 7      \//  ,-、 |
  | ヽ ̄ /       / /  /  \ l
  l  \/        l |  |    /l     もどかしいのう・・・
 /    \    / | \ \_//
 \   _- ̄\   |   \ `─/|__|
  ノ _─  ___l   |     ̄ ̄    |
   ̄|_ ─__|   |          |
      ̄_ |           / |
   | ̄ ̄ _7          / / |\
   | ̄ ̄ ̄          //|/  |
   |             /l  /  |
   \        __//| /   |
     `────┬\////   /
          /  |   //   /
          |  /| //    /

453◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:18:37 ID:tcJMOzxo0


            ,mm、
          x<__>x
        /        ヽ
          lリ`ー     ─' 〈}
         .{ エエ     エエ }
       .r≦|ヽ/ .. ヽ/ }≧ュ      なんとしてでも工業化を進めねば・・・
        \|  /     ヽ   |/
         |ヽ|⌒二二⌒| イ|         そのためにはネップの市場経済なぞではなく
        ヽ レ三三三ヽ| /
            \___/          計画的な経済政策が必要なんじゃ・・・
              |:::::::|l|:::::::ト、
       /:`ートー‐|l|─┤:ヽ
    r‐=ナ:::ヽ::::ヽ ̄ ̄ ̄´:::::/`ーx
    /:::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::/:::::::::::∧
  ./::::::::::::::<::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::}
  .{.テ⌒Y⌒\;;;;;<;;;;;;/::::::::::::::::>'  ̄|
  |      \:::::::::::::::::::> ´      |



                                _ ィニニ、
                              x<´ <三三>>x
                               /           \
                             /                  ',
                          |                   |
                           | .|`ー-= 、.__.,.=-─ ´ヽ |
                           |ノ  __ u       _u し|
                          x<| ≦圭`x、_ l   i _ノ圭≧ .|>x
                        < i i i | -tzッ‐、` .ノ  | .-tzッ‐= | i i i >
                  _____    `<| ニ| |フ     ..、  ニ| |ソ |>´
.              / ::::::::::::::::::::::::::`x..´::::::::ト、  U       :::.    U . /|≧x、
.             / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::| |  / x   ィ:::\   /:::|::::::::::≧x
         / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:ヽ:l //⌒`ー─´⌒ヽ  |://:::::::::::::::/\
        / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:\ |_ ∈≡≡∋ | ./::/::::::::::::::/  . \
       /:::::::::::::::::::/:::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー:\`ー‐⌒.─‐'/:::::/:::::::::::::/     \
      /::::::::::::::::::/:::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>─--─<:::::::/::::::::::::::/ __      \
   ./::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::/::::::::::::/  | \       \
    \::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::/:::::::::/   |.   \       \
     }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>───‐f─======≧ニニ ̄ `ー‘─‐´     .|      \       \
   /:::::::::>─f─===≧´         |:           \ :::::::::::::::::  |\     /\     / |   //  /
  /:::::::::/   .ゝ、    ` ・ 、     |:            \ :::::::::::_|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
  /:::::/   /  >x     ` ・ 、/ ̄ヽ          \ :: \                     /
. /::/    <        ` ・ 、   / |   ̄ ̄)          / ∠  そう!経済の計画化が!!  >
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\▲ . |     ̄) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 7 /_                 _ \
                     ヽ     ̄)           /   ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
                       ヽ   ̄)               ̄ ̄ //   |/     \/     \|

454◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:19:49 ID:tcJMOzxo0


【補足】


.       /    /   .'    / /        |
       i l   l  l     / ′          .′|
       | |   |  | ‐、/| !        /   l
       | |   ト . |  |`ト、| .¦      〃  / /      ついに出たわね。
       ヽ.|\ l ヽト .xィ士.j ト.| /    //  / /,′
        / / ヽ/ ハ.|ヽト辻}小∨j//./_/__,//_/__    『計画経済』
     //   // /ヽi|  ^冖^      ‐テ士</-‐ ´
.     〃   // /|!  |     ,       ト辻}小>‐ /    これをなくしてソ連は
    /′ // / |l ハ    ′      ^冖^ / /
.   /   // /  _!ヽ   \  r__,        / /|     語れないのだわ。
   '   / | i  /'| ',  | i\        / 厶イ|
  l l   |,-l |‐厶-ヘ  }  V  >‐z――…/ /'   !
  | l  / N´ ,. -‐ヽハ  |-く^Y´       ' /\  |!
  | l<⌒ ‐-'---‐'_丿 小丕}|      |/   \.|l
-‐┴'´  \_ ̄  ̄ _/,小辻リ       l ! -――/.'
       | ̄ ̄/ / ヽ{__ソ\   /!l,. -―//


     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !    計画経済こそは
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l     社会主義の極地。
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|
       l \     _    ,/ |     まさに全社会主義者の夢でした。
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!

455◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:20:36 ID:tcJMOzxo0


                 ,.:-=;1--―;1―,=;:、
                 =          ゙ミ
                 ミ    ★    ゙ミ        市場経済の性格が強い新経済政策から
                     ミ          ゙ミ
                /ミ;======゙ミ\       計画経済への移行は、
                / /_人_人_人_人__, ヽ  ヽ
               / /: :/:-/、:/ : : /|-、(  ヽ i      歴史の教科書などではたった一行で説明されます。
              く   | :/: ://|: : :/__!_: :(  { |\
              \_:l/:イ__ .ノ/´下ィハ:(  } /    しかし、ここではもう少し詳しく説明しましょう。
                    {入|⌒`     弋tり}:ノ 厶'⌒)
                |( \  fー┐  _厶イ__,ノi´
                |( ,.に≫ー‐≪コ{ }} \_/
                /:く__に}⌒ハ⌒{コ7⌒7丁 



【補足終わり】

456◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:21:25 ID:tcJMOzxo0


資本主義の市場経済にとって代わるべき社会主義の計画経済は、
マルクス主義思想に深く根ざしていた。


    l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| i
  \、|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;M、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ハ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;レ,.ィ´
- 、、,_」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  N、;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
   ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;N      ヽ;;;;;;;;;/   l;;;;;;;;;;;;;;;;;/
  _」;;;;;;;;;;;;;;;;;ト!       ∨∨     |;;;;;;;;;;;;;;7´
 ̄`ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト、    ‐ 、        `i;;;;;;;;;/
  _>;;;;;;;;;;;;;;;;Nヽv- ‐ ミ:、__   _,,ィァ¬、vj!;;;;;/
ヽ、`ヽ;;/rク7;;;ト、ミi{ {:::〉 l}>-z=i <i{ 〈:::} }/ Vニ,ヽ   ,_,ィ=-、 __,rー 、
 ';'、   { !、レハ、! ヾミ=-ジ~´   `ニ=‐'" ,}K //  //_, /,ィフ;;;;;/⌒ヽ
\};;;ヽ、>、 - i ヽ、     /゙ '^!   、、 ./ノ-'/  /;;{'´ _,/;∠ノ;;;;;∠,____
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` ̄| }、  / ___ __ l ノl|'II゙_,ノ-';;;;ノ'´;;;;;;/;;;;;;;;;;_;;、-‐<´
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/| ヾミーム三三三三三ミニジノⅲ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'ー'´;;< ̄`
;;;;;;;;;;;;;;;r‐<|!ヽ,l  `ヾミ{从儿从儿从州' /Y^^i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;ナ' ノ  `ト、  `'ミ三三三三三ツ ハ ヽへ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;Iニコ    / ! |ヽ、, ` ̄´  ` ̄´ /!    Z;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;<,    /{  | i、ヾ冖''´   `ア´ i  } IニI;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;匕     ヽ〉 l | ヽ \___/   l  ′ _,}_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;レ1     ヽ!  ` ̄\  /  l |   `丁;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;匕┐      !   、_//   /     K;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;Uvi   }  ヽ   ´   /     r 、Y;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ル'〉,, ′      、_,   r‐、 r vヘ_};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i/〃viイフ、_,, n  n   ,_,ハ しト、};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;厂´ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙´;;;;;;'‐''ljY^lj^゙W;;;;;;;ヽノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    }∧;;;;;;;;;;;
            カール・マルクス


しかし、実際のところ計画経済の概念はとくに社会主義的というわけではない。

457◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:21:56 ID:tcJMOzxo0


古くはトマス・モアのユートピアで、計画化された社会が理想郷として描写されていた。



 ┼┼" ┼┼"  ┼┼" ┼┼"  ┼┼" ┼┼"
   /     /     /     /     /     /  ツ  【計画化された人々の図】
                _ ,,..               _ ,,..              _ ,,..
              ..-,'冫'''' _ヘ、           ..-,'冫'''' _ヘ、          ..-,'冫'''' _ヘ、
             ./  ' '     ヽ         ./  ' '     ヽ        ./  ' '     ヽ
             l_____エニ│         l_____エニ│        l_____エニ│
             l―――‐, Θ│         l―――‐, Θ│        l―――‐, Θ│
            ヘ‐゙| /´‐-',-'l  |         ヘ‐゙| /´‐-',-'l  |        ヘ‐゙| /´‐-',-'l  |
        ....-ー-../ へ ‐'´  j  |      ....-ー-../ へ ‐'´  j  |    ....-ー-../ へ ‐'´  j  |
      ,/′   (O)只(O) iiiiiiiノヽ,――-、   (O)只(O) iiiiiiiノヽ,――-、  (O)只(O) iiiiiiiノヽ,――-、
      \       ,'`'─、―' ̄/ / |       ヽ   ∩、―' ̄/ / |      ヽ   ∩―' ̄/ / |       ヽ   ∩
     ..-´  ̄ ̄ ̄i /   `i''''''´    ``ー---―───┐`i''''''´    ``ー---―───┐''''''´    ``ー---―───┐
   /ヽ---,,  ,--' /     ,'   」'' ̄'―、mm     ‐∃コ,'   」'' ̄'―、mm     ‐∃コ   」'' ̄'―、mm     ‐∃コ
  / _// `丶、  |______,'"二二二ェュ〈〈〈〈〈――\―┘'"二二二ェュ〈〈〈〈〈――\―┘二二二ェュ〈〈〈〈〈――\―┘
  { \|      `i   /三Βヘ__/< ´ / `'''‐-ヽ/三Βヘ__/< ´ / `'''‐-ヽ三Βヘ__/< ´ / `'''‐-ヽ
  'ヘ__/'''‐-、__/ー―‐'Β  `''''‐--- | ` 、     lヽl'Β  `''''‐--- | ` 、     lヽlΒ  `''''‐--- | ` 、     lヽl
            ヽt_┘_        /ヽ、 `ー..、..../i┘_        /ヽ、 `ー..、..../i_        /ヽ、 `ー..、..../i
            _ノ '´i i i iヽ___....r ∧ |    `'K,,..r′ i iヽ___....r ∧ |    `'K,,..r′ iヽ___....r ∧ |    `'K,,..r′
            | ̄|-冖冖‐|  |冂‐| ̄|    | ̄|-冖冖‐|  |冂‐| ̄|   | ̄|-冖冖‐|  |冂‐| ̄|
            丶|ヽ凵凵-|  |凵-|_|    丶|ヽ凵凵-|  |凵-|_|   丶|ヽ凵凵-|  |凵-|_|
              ..〃゙゙゙゙''''"|_,l      i     ..〃゙゙゙゙''''"|_,l      i      ..〃゙゙゙゙''''"|_,l      i
              {ヽ、  ..-冖     /      {ヽ、  ..-冖     /      {ヽ、  ..-冖     /
              ¦ 'ヘ..,'’      /       ¦ 'ヘ..,'’      /       ¦ 'ヘ..,'’      /
               |  ./      /         |  ./      /         |  ./      /

458◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:22:34 ID:tcJMOzxo0


さらに19世紀には、非社会主義者たちから国家による経済への干渉、計画経済が提唱されていたのだ。

つまるところそれは、自由放任経済(レッセ・フェール)に対する反動であった。


               /ヽ、
              / ∧  ',
             / /:| |:ヽ i
  iヽ、        / /:::| |:::::', |        __
  |  `ヽ、     / /::::::| |:::::::', |  _ -‐'´  /
   ヽヾヽ ` 、 /  /:::::::::||:::::::', レ" /:// /
    \ヾ\:.`---,/:::::::::::| |::::::::::ー'::::///
     ヽ ヾ\::::|ヽ |\::::::| | |:::/ヽ::/ /∠____
      ヽ,ヾ、`| | || | |\| | |/i| i /:/      /
 ____ヽ、 j | || | |iヽ∨/ || |_二三二二>/
  \ ヾヽ、― / / /  ̄ ̄ |   _三三二ミヽ、
    ヽヽ ヽ::::| | / ∠ヽ、   ,二ニ_イr |::/
     ヽr‐-! | || |ト弋=ツi  代=ツ//_ノ∠_
      {  i ハl l|ヽー-  i, -―' /レ'/
      ヾ  ',ヽ|| | \__ r‐,  /∠__       経済の発達には
   r‐f'´i´ヽ  ', リ'´  |ト ニ-イ/i  | |
   l | |  {>〉ヽ|   || ̄[[二ト |  | |       計画化が不可欠!_
   { { ヽ__/  |-―┴‐ァ  ̄ {}「 ̄/┐
  ,イ\ヽ({]  j__/ \   |`ニニ {i}| /  i_
  ヾヽ、_  ̄ /| |\   |{i}  {} |/  i/ /|、
   \    ̄ / /    |{}  {i} |  |/  \
     ヽニニニイ      |{i}  {} |  |   / ヽ、
         ヽ、     | {}fo7__|  |//    i
      帝政ロシア財務大臣 セルゲイ・ヴィッテ

459◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:23:15 ID:tcJMOzxo0


しかし、経済の計画化は人類にとってあまりにも未踏の領域である。

中世の封建時代ならいざ知らず、高度に発展し複雑化した現代の経済動態を
個別の限定された領域だけでなく、国家規模で計画的に制御するなど不可能に近い。


                           fノ,r彡 彡 ,ィシ    |ll ヽ 川 jル l l  ll l l ノハいli爪
                          ノィ=≡= ''' "      V! ヾ Yソノlll /イ 从! l l幵 l ll
   (~`゙` ' ' ‐ - : ; , ,_             (zェ;;,,,,ィ i,        ヽ、゙i, リハl リハ 彳l l, y升卅1
    `丶 、      `゙ ` ' ‐ --:: ; ,, __,,.jゝ、_oぅ」ト、,,、     ヽミ!/ィ' K戈  ll H tトvkjイ}
        ` 丶 、、                =三;;;;;;;;;;;;;;≧ミ、     ∨リ ノハヽ tミミ ヾVツノ,州 計画化とか
            ` 丶 、             ` ~ ヾ;;;ヽ、 `'oェ;;;,,,  ゞヽミミヾヽ 癶 卞lrfリ刈 ヘドが出るほど嫌いデース・・・
                ` 丶 、      、.,,_,,,,,,、   ヾミミ'==≦;;;,, `ヽ ミ ミ `リ川l l l リソメリ
                    ` 丶、,.,,_   `ヾ;'     `` `''ミ;;;'''  リ-、ソ ヘミゞミミ ィ勿  経済とはすべて・・・
                      r',、~`:ーぅ .イ              /'⌒})》洲))ハア/llリ   大いなる神の見えざる手に
                     ,ノ/ヾ丶、                /,rソl/リ/ムイ孑彡,ノ   委ねられるのデース・・・
                    ,(_ `丶`ヽ.\、 、,,、          /ィ;シ/彡シィ彡テ/
,,,,,,___          _ , -‐ ''フ^::;ヽ、、 `丶ヾニヾミ、        / '",ム三三彡:'゙´
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` ~  ̄ ̄ ̄ ~ ´:.:.:.:.:.:.:(  ``'':: ;;;;ュ、 `丶`ーァリ〉      /'ー '' "7テ-‐ 'Tヾ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\         ニ彡''    _,ノ    /:,:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.\
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` ' ―--―一 ''テ""ヲ^~´ ̄    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.`ヽ、



計画化は古典経済学の観点から大いに反論された。

460名無しのやる夫だお2012/06/10(日) 21:23:15 ID:J6tCOp7I0
オーウェルの動物農場、あるいは1984ですね、分かります

461◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:24:08 ID:tcJMOzxo0


それでもレーニンは第一次大戦時ドイツの戦時経済における集権的統制の度合いに、
計画化の可能性を見出していたのだった。


          ____  _,.-==-- 、
     ...-‐=三ニ≧弐ニミ´三ニ=-、
   /:,::::‐:'´/::::::,イ::::::∧:`:、`:、=:ミ、`::.、
  .::'::/::,:イ,イ:/::::::/i|::::::':::: ヽ:::ヽ:::ヽ:::ヽ::::\
. /:::/::::::'::::///:i:i:::': !|i:::i:::i:i::i::\:`::、::\:\::::::、
/:::/::::/::::/,イ':::i:l:::::::/!|:::|::l l::|:::、:::\::\:::ヽ::ヽ: 丶
:::/::::/i::://::l::::l:!:::::/::ハ:|::!:|::ト、:::\:::',::、:丶::丶::、: ヽ
/::: /::l:::'/:i::|:::l::::::;':::i:::::l:|::::|::|小ト、::ヾト、:ヽ: ',:::i、::i::::i
:::::/::::l::i::::;斗、!::::,i:::l::::::; |::::|:l/:::|、 ` 、!:::i:: i:ハ l::i |ヽ!
::::'::::::l::l::::' r 、!: /:|::l::::/:l:|::::!!: /|!=≧、ヾl::::l':::!|:::!:|:::|
:::::::::::|:|:i::i { !:/:/l:l: /: ハ!:: Ⅵ:八 {{ }!ヾ!::/i::: |:::: !: !
:::::::: i|:|:|::l y/:/:/l| ' / i∧::l {′ ヾ  }ハ. |::::|: /}:/
 ::::::!|:!:|::|V/l/ '. |::/ /' ヾ!.       '  、::::!/::::'
  ::::::!:::|::l::i: '    !'                V,'/    凄まじい・・・
   :::::::l:il:l:' i                ,   ノ´
   :::::|| |!. 、                r ´        国家経済のあらゆる側面が
     ::ll {.  \          - ― 、‐'
     :!.     ヽ          _ノ          戦争遂行のために動員されている。
            、        /
          、.   , -‐丶   _ ′           これこそが計画化のひな形だ・・・
         \イ \    ̄
          \.  ヽ

462◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:25:14 ID:tcJMOzxo0


【補足】

          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ  第一次大戦はその膨大な戦死者の
       /  ,='  _  ∧_ _,,      規模だけが注目されてしまいがちですが、
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_    その経済体制も衝撃的でした。
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ  総力戦を遂行するために、政府は
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ  経済に対する未曽有の大権力と統制力を
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/  その手中に収めていたのです。
         | |{i t    _     / |
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |  経済学者ジョン・ヒックスは、このことを
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |  「行政革命」と呼んでいます。
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |


                /      _ .. - 、--──- 、    \
              '     , '"           ゙ヽ     L
             ,′   /                \   ノ
           _ l   j//  /       丶        ヽ /
        ___  (._  |  ノ ,   '  ,         '         ' ヽ
     ___/r_- '  ̄  イ (__/ /  /          |  i 、      V
   r :::__:::: {    /:!   ヽ    ,'  │!.    │ !   V      ',  産業や経済が急激に発達した
   |:::|  イ^て  イ::::!   ノ .!  l.  │!     ハ  !   l  !  ハ !  産業革命に対して、
   L/イ  「    |:::::!   (_ | l ハ   | | |!   l | |  ノ| !   ! | |
  .   /!  ハ____. |:::::!    ヽVハ__ヽ__Nヽ|!  l/ j ,.ィl‐j 'T リ イ レ  今度は政府の力が急激に発達したのが
    /::!   l    ヽヽ:::ヽ  ノヘ´ ヽ==ゝl、 `ヾノ' j/ィ´j::V レイ|     行政革命なのね。
    !:::!  !   (  ヽ,=:Vハ ヽ イiナ:ハ        、'-ノ ' l | ヽ
    ゝ!   !    ー-..{@jil!| !   ゝ‐ '            ハ ハ. |
      |  !         ´ゞィ'!| |            _′   / | | ヽ
      |  !       `ナ'| ト          '-'     ∠_.l  !  \
.      ,|  ::!         /'  l  !_>-_、, ―-、     /⌒Y ,′   lヽ
    /│ ::::!         /   l  ! ' ´ : : : : : : .ヽ-<: : : : :V ハ.    | !
  . /:/  :::::!      /   ,l  !: : : : : : :__ {ゞン}─ - 、:.| ! ノ  / '
   / l ::::i      /    /! i!: : : : /: : : : . Y´: : : : : :L_.! / /

【補足終わり】

463◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:25:49 ID:tcJMOzxo0


しかし、工業先進国ドイツの事例を、後進的農業国ロシアに当てはめるには多大な困難を伴う。



  (  ,   ,  ノ(  ,   ,  ノ(  ,  ノ
  ( )( )( )( )( )( )( )( )( )            ( )( )( )
  (ノ (ノ (ノ (ノ (ノ (ノ (ノ (ノ (ノ             (ノ (ノ (ノ
   || || || || || || || || || ||             || || ||
   /|/|/|/|/|/|/|/|/|            /|/|/|
  |ロ ロ ロ ロ ロ ロロ ロ ロロ.|            |ロ ロ ロ|
        ドイツ                    ロシア


ロシア工業は集中度が高く政府に依存していたが、
その組織化はなお初歩的段階であり社会主義計画に提供できる指針はごくわずかだったのだ。

464◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:26:19 ID:tcJMOzxo0


それでも1920年2月には計画化への第一歩としてロシア電化国家委員会(ゴエルロ)が発足。


         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/    ロシアにおける社会主義経済は
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´
     Ⅵ: l:::::`爪|            〈       電力の計画化から始まる!
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/
      |:∧l\:{    \       /
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ
     /           ,′
.  /\.____     人_
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \

465◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:26:51 ID:tcJMOzxo0


さらに産業ごとに計画化が立てられ、


   _ ∧__,,∧ __   _ ∧__,,∧ __   _ ∧__,,∧ __
   /  (´・ω・`)   /  /  (´・ω・`)   /  /  (´・ω・`)   /
  /   (    )  /  /   (    )  /  /   (    )  /
  /   `u―u´  /  /   `u―u´  /   /   `u―u´  /
 /          /  ./          /   ./          /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


   _ ∧__,,∧ __   _ ∧__,,∧ __   _ ∧__,,∧ __
   /  (´・ω・`)   /  /  (´・ω・`)   /  /  (´・ω・`)   /
  /   (    )  /  /   (    )  /  /   (    )  /
  /   `u―u´  /  /   `u―u´  /   /   `u―u´  /
 /          /  ./          /   ./          /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



それらはいずれ国家経済そのものを包み込む単一経済計画に統合される予定であった。


        ______________________
        /                                /
       /                                /
       /                                /
      /          ∧,,∧  ∧,,∧              /
      /        ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧         /
     /       ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )        /
     /        | U (  ´・) (・`  ) と ノ        /
    /         u-u (l    ) (   ノu-u        /
    /             `u-u'. `u-u'           /
   /                                /
   /                                /
  /                                /
  /                                /
 /                                /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

466名無しのやる夫だお2012/06/10(日) 21:28:24 ID:J6tCOp7I0
こうやって見るとやる夫一人であんな無茶苦茶やったわけではなくちゃんと前任者の構想を受け継ぎ発展させたものだってわかるな

467◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:29:17 ID:tcJMOzxo0


しかし、このような計画経済への試みは、新経済政策(ネップ)と矛盾を持たずにはいられなかった。
なぜなら、計画化は得てして工業のためのものであり、農民融和と対立したからである。


       /                         |
.       /        π                  |
      |      ノ {               |     我々に必要なアプローチは
      l i   从(´__  `ヽ_                {     農民に対するものであるべきだ。
      ヽヽ .{/////`ー´77777ノ丿  /       |
       `ヽ i/////r-、//////ヽ─´  /,    |     工業製品の主な買い手は
         _ノ ∨/_ノ/  ヽ////>/   //  _/      農民なのだから、
        て ',  ヽ   ` ̄  z  /´  /_       彼らの購買力を高めなければ
         -=>  ',  ニ=      レイ    く       工業の成長はありえない!
       |::::::::::::|/ ヽ  `    / /   ヽ ト--= _
       |:::::::::::{{ ,|_`ー- - ´  / |_   ノ:. :. :. :. 〉 〉
       |:::::::::::|| |`ー------ イ _(:. :. :. :. : //
       └:::::::::|| イ            }t-:. :. :. :. :. //
-=ニ二三三::::::::::}}              |/:. :. :. :. :. //



農民融和に固執する指導者たちにとって国家計画委員会(ゴスプラン)の提唱する
計画化がネップに浸透することは、なんとしても阻止せねばならなかった。

              ,      ___ _
              /{     /  /
           /  、  /     {        ー―┐O
          ∧{   ∨      、        /
            i  ヽ           ‐-、     ̄  __ノ
            |                  \        |
            |                   ヽ ト、
          、                  ∨ }
.         トー ┘                    ,
         \__   _ /  ∠/ ∧        /     ネップは農民に甘すぎるんだ!
.              ̄ト∠ -</ / ¬ー―- 、/
.             /|、_〉 、_,.二‐  ̄`¬‐ァ-、-i        農民に課税して
     _ -‐ ´ __K_   ー=     レ'う } /        工業の成長に必要な資本を
.      ヽ -― < /|r―‐ 、     ミ   ーン /  ノノ     積極的に集めなきゃいけねえ!
       </ /\||` ̄`|       /T´ >    _ -ァ ┐
     _,// /    ヽ 、  |     _/  〉¬ ゝ-‐ ´  / /|
   ,/   | l       \二 ‐ ' ´  /  / l      / / ̄  、
_,.-┘     | |       | | \___,/  / /     / /     \
         | l       | |\ |___/ /      / /        `¬- 、
         | |       \`二二二 - '′      / /               \
      ゴスプラン副議長・党内左派(トロツキー派)
                ゲオルギー・ピャタコフ

そしてなによりも、ゴスプランは初期においてトロツキー派の影響力が濃かったのだ。

468◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:30:18 ID:tcJMOzxo0


【補足】


                                                  r:::/ ,   `´ }`::-::、_::.::.:.:.:.::.::.::.::.::il    il
                                               // /   / r'´::.:_::._::.::≧::.::.::.::.::-::.il    il:
                                             // ./.   i  ト-vハ::.::. ̄::.`::.-::.、::.:il    リ:
                                             .il イ    il  イ ハ 廴r-、-:.:.::..::.::.::.:/    /::
                                             l ハ  i il  ∧i l  イ /ノ::.::.`-::、::/    /:::::
          つまりこの頃は、                             ゞ、  .il .ト- 升- ―イ/ ヾ::.::/::.:.:/    /:::::::
          市場経済のネップが施行されていたけど               \ il ilヾュ=ミ V/ / イ`´フ::::/r-t、_ /:::::::::
          計画経済も提案にあげられていたってこと?             .ノゝ i:.j} >イ/イ  ハr={y - }:::::{´
                                                /    v''  / /  / ./廴イュミ:ノ::;;;='
                                               ヽ         / イi  .Ⅳ   / ̄
                                                     ゝ_     / / il  il  ./
                                                      ヽ`   / / .il  i /≧、,,, ,, - '' ´
                                                      ∧  .{ {=-イ  Kr=──-、
                                                _,,,,;';;;´:::::フ升 .i::::/i  .il/::.::.::.::.::.:/
                                                <:::::::::::::::V´`iil ..l:://|  |K::_::_::_::_イ
                                                V;;;;;;;;;;il  il ...|il .|  ||::.::.::.::.::.::.::ヽ


          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_       その通りです。
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ      この頃にネップを堅持していた勢力は
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ      ジノヴィエフ・カーメネフ・やる夫の
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/      三人組でした。
         | |{i t    _     / |
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |      ネップを社会主義から遠ざける危険要素として
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |      政策の転換を主張するトロツキーと対抗していましたね。
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |


【補足終わり】

469◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:31:22 ID:tcJMOzxo0


計画経済は大いに反論を受けた。
計画経済は基本的に工業成長のため重工業に積極的投資するためのものであったのだが・・・

           _,、 -‐''''""~~""''''‐- 、_
        ,.-'"             ゙ヽ,
       ,r"                    ゙、
     _,/                       ゙、
.   ,r'"                       ゙、
   {     {                      ヽ      我が国の重工業は
    {     {     ..,,_              ヽ     残念だが非常に非効率的でコストが高い。
.   ノ     ,'゙'、ヾ、レ‐---、ヾ゙)ノ)   -、         ゙,
  /     {  ,、-:::::..  :. :::ツ ノ     ゙、゙'、       }    対して農業は人口の9割近い
  ,"      _!,,ソ:::::::::::::::.. :. :::::ノ{     } }      ノ    無限の労働供給力があり、
  {     r'':::::::::r-、;_::::::::  :. :/ ゙'‐-、,   }.ノ      {     相対的に生産コストが安く仕上がるのだ。
  ゙、    { ::::::::;'   `''ー-‐'"     ノ  リ       ゙ヽ
.  ゙'‐-、 ゙'、 ::::/           、,クノハ         }   重工業より成長の伸び率が高い
     ゙'‐`'{'゙iヽ、'   __,,,      ,.,.,.,,,_/_ハ       {   農業に投資する方が経済的だろう!
        `'ヽ  r"       .| ┌ー-゙-ニっ     ヽ、
         {ヽ  "      | .|      } ト)    ヒ`ゝ
         `~}ヽ      /.| |      -‐"  ヽ、 マ
     l'''ニニニニ{、、,゙'、.,__-‐"  | |            ヽ'
.      | i     ノ     l,.、-'"| |
      | i     `つ   ζ   .| |
      ヽ,ヽ     `''ー'l
.       ヽ,゙、         !

効率的な経済発展のためには、まず農業に投資し輸出用の余剰穀物を発展させ、
外貨によって工業発展に必要な生産設備を購入するのが基本的に妥当な考え方であった。

470◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:32:07 ID:tcJMOzxo0


【補足】

       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ;==============゙ミ
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k     計画経済を信奉する工業化論者たちは
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',    工業への重点投資を主張しましたが、
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|    現実的には農業に投資する方が
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |    経済発展に寄与することは
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|    明らかでした。
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |    この点においてネップは間違っていません。
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /

471◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:32:46 ID:tcJMOzxo0


            ,.:-=;1―;1―;1―;1,=-;:、
            ミ             ゙ミ
.              ミ      ★      ゙ミ
           /ミ             ゙ミ \
          《  ミ;========゙ミ } 》
.             》/ / / :/ : : : : : : : : : \ ∨《
.            /// : :/ :/ : : : /:/ |: : : : : ∨^:|   しかし、いかにそれが
           l∨ : : l :/: : :// / :八 : : : l: l : :|   伝統的経済分析に合致していようと、
           | :| : : :|/ :/ //:/ :/  ヽ: : | ハ: :|
           | :| : : :|≧x、/イ//,.ィ≦ハ ノ : l: :|   ネップの遅々とした成長速度は、
           } :|八 :代uzノ    弋uzノ仏イノ: :|   ソ連を西欧に匹敵する工業大国に
.           ′:} 仆⊂⊃     ⊂⊃イ 八 : :|   改造しようとする社会主義者たちの
.        /: : / 八 >  ~~~ .イ}{ : : : |   急進的な野心とは適合しませんでした。
.        /: : 〈 // ̄》 》≫=≪《 《V ∧: : :
.        / : : : : {   》《_》《_》《 〈 /  、: :丶
       /: : : : : : }   《_/八_》      }: : : :\
     /: : : : : : :/    ∨{><}{    {: : : : : : :\
    / : : : : : : /人,___人}><}人__人\ : : : : : :ヽ
   《 : : : : : : // { ̄/∨`¨¨¨´∨\ ̄} \\ : : : : : \
  《 : : : : :/ 《(   } {_人    人_} {  )》 \ : : : : :》
   》: : :/   》)  人人_))   ((_人ノ (《    \: : :《
  《 :/    《(    \        /    )》      \ 》
   `\\    ≫x、    \__/   ,x≪     //


        _)≫:::::::::::._ ''"         ` 丶、:::::::::::::.(_
    __(::::::::::::::::::::::/               \::::::::::::::::├─x
   ./ r─.≧:::::::./                 ヽ:::::::::::≪ニ7》
   に二三彡::::.∧                    ハ:::::::::.|\Y《
   仁{_/つ::::∧                    :ハ:::::::) . ) )
  . 廴__,.イて ,'.l                 j | |  |  }::ム辷彡'
   .ハ ; (::::.| |  { | | ハ V     .l   イ.∧ l  | :!.|::::/. | |:|   つまりこれは
   .ハ ,: l| 辷| l  .V.L | ハ.ヽ    | / ,/7 .Ⅵ jl !.}:::}  .| |:|
   ハ:/ :!l  .|!ト{  .ヘlV>>zリ,,,. ハ  l/./ィ-七7.l ∧リノ|::lハ  | |:|   純粋に経済理論の問題というより
  .ハ/ ::l|  .|::|ヘ\         `\V/7    .Ⅵ从ンj .|:| .l.  |:|
   /  !|   |::ト叮アト、ー-一=      二___,、 7イ |ソ}l::| .l   |  政治的感情の問題だったのね。
  ,'   |   |::|.  | .l∧              ̄´./ ! .|'  川 :l:   i|
  .′  :|   川  .l .|.`ヘ.     ,-、     / /l .|    |:   i|
  ;    :l      / リl.  >、.   / ノ   .イ.  |..|..    |::   |
  |   ::|    / .∧}./´.::.:./)/ )/ /,ニ、.`ーzxノ八.   |::   |
  |   ::|    ./ /´::マ.:.::.:.:,.ィ´二二)  (__,.(_}://::Vム  |::   |
  |   |  .//>、::マ: _,j /´ ̄二) ._ゝ=-、ヽ/::〈 .Vム .|::   l
  |   ::l .《∠≪:::::::へ.マ {. /´二)  ゝ─、`ヽ|:::::::\Vム,!|    |
  |   ::|::: ヽこ二ニミへマ | ィ´-‐、   (二`ヽ ,イニニ三彡'l::   |

【補足終わり】

472◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:33:39 ID:tcJMOzxo0


ネップに対する計画経済の劣勢は、
鋏状危機と工業不況からくる農民優遇政策への不満の高まりによって、
段階的に克服されていった。(※第十九話参照)



【世論の動向】

    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧    <やっぱりネップは失敗だったんじゃないかな・・・
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
| U (  ´・) (・`  ) と ノ  <社会主義が敗北してしまいかねないよ。
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'       <工業化で状況を挽回しないと。

473◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:34:41 ID:tcJMOzxo0


1925年から計画家の総本山たるゴスプランは、計画経済に向けて野心的で楽観的な予測や政策提唱を開始し、
ネップを支持する農業人民委員部や財務人民委員部からあからさまな嫌悪を買った。

.┌、       r┐ r┐ヾ> (_  /             ミ
 !. | ヾ>  || lニ コ   〈/`ヽ _               ミ
 |. !  ノ|   | レ! _| |.   ,イ,.- 、 |  ̄_ ̄丁 '' ー┬‐- -ミ
 ヽ二/   .ヽ/(___メ>   /,|.l  l ! (  ) ! (´ ) !  r‐
   ry'〉     ,、   /イ,! `ー' _L =- --┴-ニ二ト、_'ー'
  lニ', r三)   ((   |'J」-''_二 =-- ‐一 ー‐t‐-ト、 二__
    |_|       ))  レ'/´ィ 、_________  ヾミ| l
 _r┐ __      ((    V ,、 F≡三r一tァー,    | l:.:. .::
└l. レ',.-、ヽ    ))   |ノ^>、     '^ミ二´    | l:.:.:.::
 ノ r' __,! |     ((    V/イソ            .::ヽ、二_
└'!_| (_t_メ.>     ))    | / ,'    _        .:.:.:.::i|,)ノ
   r-、       ((     |.〈、 、 _〉 `丶、     ;:ィil| ノ
  ,、二.._       ))    |  笊yfミミミミヾ、     '!l|il|li!fj'
  ーァ /.    ((     ヽ |i''r ''_二二ニミ;ヽ、  ,|l||il|l|,「゚|
  ん、二フ     ))    |,l| V´ :::::::::;;/     トi|l|i|i|l|!Ll
  ,.-─-.、   ((     |i! ゞ=-‐''"     ,i||i|l|l|l|!|i{
 / /l .i^ヽヽ    `     |il!  ーォii|「、 ,,.,.ィi||l|i|l|l|i|l|シ'
. | .レ' /  l.| ヽ二ニ,ヽ  ,/i|l||livil|||l|i|l|l|lil|l|i|l|i|i|i|l|l|l|{'
. ヽ/   ノノ     <ノ   {l|!|l|i|l|i|l|i|||i|i|l|i|i|i|i|l|l|!|l|l!r'
 r┐,.─-、   / 7     ヾ!||i|i||i|i|l||l||i|i|l|l|l|l||l|l!イ
 ||し'^) ,! ┌‐' 'ー┐ト、   ``,ヘi|l|i|l|i|l|l|i|r''`''"´ i      ,
 |_|   l´r'  7 /_7 / 」__〉  (_~`^~"゙'ヾ     ノ   / ,
 [_]  [_]  〈_/ヽ_/      .ト─'     ノ      / /i
                 グリゴリー・ソコリニコフ

474◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:35:22 ID:tcJMOzxo0


しかし、1925年(ジノヴィエフとやる夫の対立が高まっていた時期)、
増大する工業化への欲求を無視することはもはやできなかった。

ボリシェビキの指導者たちは深く考えもせずに工業化への決意を表明する。


/        _r~-'   | |
    r~ミz孟zzzz≧x  |ノ
。   |   }!     H! .L」
..ヽ   ゚。       `¨´ 〈
  }   >-┐      'T′       ソ連の工業化は決して先延ばしにできない問題である。
  ゝr ´  ゚。    ⌒ :f
  r┴ ..._ ヽ     |         今や生産手段の発展と
/>ミ、_ `¨ =r---'
::::::::::::::::::`丶¨ー- .」ア           「経済的機動作戦」が必要なのだ!
、:::::::::::::::::::::::::\  厂二ミ 、
: \:::::::::::::::::::::::::`¨{ 、  \ \
::::::::\:::::::::/::::::::::::::|. ヽ.   \ \
::::::::::::::\:::: ̄ フ:::: |  、    \ \
::::::::::::::::::::ヽ:/::::::: |   \.    \ ヽ
:::::::::::::::::::: : \ミx__|    \    \ノ
::::::::::::::::::::::::::::::\:: |      \ /´

475◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:36:11 ID:tcJMOzxo0


これは単なる政治的ポーズにすぎなかったが、ゴスプランの計画主義者たちの野心を大いに刺激した。


      ♪  【踊る計画主義者の図】
  ♪
♪  ∩ ∧,,∧   ♪
   ヾミ ゚Д゚彡      ついにこの時が来たぞ!
    ヾ ⊂ ヾ
     O-、 )~
       U

          ♪
       ♪
 ♪    ∧,,∧     ♪
     ミ ゚Д゚彡⊃    俺達の主張が受け入れられたんだ!
   ヽ⊂   ミ
    ⊂,,,   ミ
       し″


彼らにとって、人類の新たな境地、計画経済への大きな第一歩を踏み込むときがきたのである。

476◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:37:11 ID:tcJMOzxo0


そんな熱狂の中、1926年、全連邦計画化大会が開催。


                                         f¨゙!
:┐         n /〉               <ヽ          /^〉'
 !         }”/              ,、  <`ヽ        ./:::/.,、
⌒!ィ        f¨゚{             <´ 'ヽ Vハ   |ヽ Y¨! |::::}イ { , -ー 、  _ /¨>  r-‐,、 <⌒!
::〈人_r-ー- 、_r<}| >:::: ̄:`ヽ__, - 、__r 、r=¨>‐-! /:::::}__Vヘ }:::|__}::::{.ィ1.|:.:.:.:.:.:.}_, くノ ̄! ./;;;;;;;;;}_, ヘ⌒',
/:.< /::::::::::::::::Y::/|i /::::::::::::::::::::::Y:.:.:.:.:.YVイ!:::::}::::::::|/::::::/:ァ<! V_::| ',く/⌒!}:.:.:.:.:ノ/ /:/^V__〈ヽ;;;;;/_!__ノ::::::ヽ
:.:.:.:}|:::::::::::::::::::|:{:. }:!:::::::::::::::::::::::: l:.:.:.:.:.:.|ィ ゝx}:::::: |::::::/:.:/  / > ¨⌒ヽ:'.  V¨¨ヒ{_. V==<:::::`ヾア´:f⌒!ヽ:::::}
\f':!::::::::::::::::::lハ:.:リ'.:::::::::::::::::::::::∧:.:.:.:./ >イ::! :::: |:::::{Y/' 〈 /:::::::::::::::::}:'   V::::::::::{ .}  .}::::::::::|:.:.:.:.|:.:.:|:.:.}-:'
  ヾ!,、:::::::::__/_/  ヽ::::::::::::::::/|レVWハ/::::::::/:::::: |::::::|ハ   V!::::::::::::::::::!:/  ./:::::::;:::Y  /^!:::::::{:ト、: |:.:.:|:./:::::
    `Y゚ ̄    _/VレvイW:::::`ー-::__/:::::::::/:::::::| ヽ  `!:::::i:::::::::::|'   /:::::::/L_|   ̄⌒¨}>ヘ}:.:.:|”::::::::
、      f´ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::|  ヽ .|:::::l::::i::::::|  /:::::::::|  >- ._  }}   |:.: |ヽ:::::::

477◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:38:41 ID:tcJMOzxo0


そこにおいて、経済の「5か年計画」が大々的に発表された。




        ∩∧,,∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ミ,,゚Д゚彡< 五年間を一タームとする計画的経済政策をまとめ上げる!
        ミ    ミ   \_____
  \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄U ̄ ̄\
  ||\             \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
     .||              ||

       \ おおー! /          \ 計画化キター! /
   ∧,,∧    ∧,,∧    ∧,,∧    ∧,,∧    ∧,,∧    ∧,,∧    ∧,,∧
   ミ   彡  ミ   彡  ミ   彡  ミ   彡  ミ   彡  ミ   彡  ミ   彡




具体的で現実的なものは何も決まっていなかったが、これは計画家たちを虜にした。


                     /■\
                 (_´∀`)_     計画化わっしょい!
               /,/-_-_-_-_-_\     五ヵ年計画わっしょい!
        ( (   /,, /― ((計画))―\    ゴスプランわっしょい!! //
             (。'。、。@,。,。,。,。,。,。,。,。,。,。,。@  ) )
             ∩ヽヽ∩ヽXXXXXXXX/ .∩
             i||i ∩i||i:||::::¥_][_¥::::||. i||i
             †人=†††¶┌┐¶††††
  /■\/■/■\[/■ /■\/■\]  /■\■\/■\
 ( ´∀(´∀(□二二( ´∀( ´∀( ´∀`).□´∀` )Д´)□∀`)
 ( |つ⊂|_ | | ノつつ|祭)~| |祭) ̄||祭) ̄|つ ⊂|_((|祭)~ノ | ) )つ
  〓_| |__〓」 〓_|=|_ 〓__ノ 〓二ノ〓二ノ) ( / (L〓|〓二|〓=〓ヽ
  し'し' (_(_ し(_) (_)_)し(_)し(_)(_(_,(_)(_)し'  (_)


お祭り騒ぎのようにやみくもに数多の計画案が作成され、
批判され、破棄され、再び作成され、過熱されていった。
計画化は熱狂と混乱の中で徐々にひとつの形に統合されていく。

478◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:39:45 ID:tcJMOzxo0


【補足】

        ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
        =            ゙ミ
        ミ     ★      ゙ミ
       r―ミ             ゙ミ
      l  ミ;=======.:::゙ミ    農民融和のネップが堅持される一方、
       ヽ /  ※   ※   ※ ∧
.      /   r―_‐_'i:¨:¨´:l ̄:`ヽ}    ゴスプランの主導する計画化構想は
      { ※ /: ´/: :/`:./;ハ:`: :l: l
      }   f: /fてハヾ´ /f'云ヾハ:}    過熱していきました。
.      { ※ }:{ 弋__ノ   弋::リ j//
      ハ   {:ヾゝ''''   ,、  ''',イ ヽ    そしてこの頃ゴスプラン内部では
.     /: } ※. }: : ;>‐‐--‐<ヽ  }_
    /: :.{    l:/{i{ (ニニXニニ)} :.{ ※ ヘ  計画化の方針を巡って二つの勢力が対立します。
   ,.イ: : :/ ※ l:ヾ}i}  〃{i  {i: :ヽ  ヽ
.  {:ヽ: :.く   /: :j:ヾx、_ノノゞ≠'j : :.} ※ }
.r<:ヽ:`:ー`ヽ,/f'"::`ーt‐f´:t‐r‐':ヘ:-'`¨¨:}´

479◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:40:50 ID:tcJMOzxo0


一つは、
計画化は既存の経済の動向によって修正され、決定されるべきであると主張する発生論派。



    γニ三ヽ
    Cゝ ・、,・)う
    / ( ゚Д゚)     計画経済は
  (_ノ U  ノ)     臨機応変にすべきだゴルァ!
   ゝJー--J



これは非ボリシェビキ党員の専門経済学者達で、彼らの多くが旧メンシェビキの経歴を持っていました。

480◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:41:28 ID:tcJMOzxo0


もう一つは、
計画化は国家的目的の為に策定され、既存の経済をそれに合わせて改造するべきと主張する目的論派。



                                          ,,,,.,.,,,,
                                        /  ・ ヽヽ
            計画経済は                     ▼,__  |,|
            断固たる決意の下で                 ム(゚Д゚ ,) ,|し
            容赦なく遂行されるべきだゴルァ!         (|,, ,, 、)|
                                           | ,, ,, |
                                         ヽ.__ノ○
                                           U"U


これはボリシェビキ党員や政府に忠実な経済学者からなりました。

481◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:42:10 ID:tcJMOzxo0



          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,         目的論派はしばしば
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_      国家経済の複雑さを
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\    無視しがちでありました。
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ     彼らにとっては
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/     覚悟と決意さえあれば
         | |{i t    _     / |     どんな計画目標も
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |     達成できないものはなかったからです。
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |





            ,.:-=;1―;1―;1―;1,=-;:、
            ミ             ゙ミ
.              ミ      ★      ゙ミ
           /ミ             ゙ミ \
          《  ミ;========゙ミ } 》
.             》/ / / :/ : : : : : : : : : \ ∨《
.            /// : :/ :/ : : : /:/ |: : : : : ∨^:|
           l∨ : : l :/: : :// / :八 : : : l: l : :|    しかし、高まる熱意は
           | :| : : :|/ :/ //:/ :/  ヽ: : | ハ: :|    楽観的な目的論派を
           | :| : : :|≧x、/イ//,.ィ≦ハ ノ : l: :|    後押ししました。
           } :|八 :代uzノ    弋uzノ仏イノ: :|
.           ′:} 仆⊂⊃     ⊂⊃イ 八 : :|    結局ゴスプランは目的論派によって
.        /: : / 八 >  ~~~ .イ}{ : : : |    掌握されます。このような楽観的で
.        /: : 〈 // ̄》 》≫=≪《 《V ∧: : :     強硬的な性格が、五ヵ年計画草案を
.        / : : : : {   》《_》《_》《 〈 /  、: :丶   覆い始めたのです。
       /: : : : : : }   《_/八_》      }: : : :\
     /: : : : : : :/    ∨{><}{    {: : : : : : :\
    / : : : : : : /人,___人}><}人__人\ : : : : : :ヽ
   《 : : : : : : // { ̄/∨`¨¨¨´∨\ ̄} \\ : : : : : \
  《 : : : : :/ 《(   } {_人    人_} {  )》 \ : : : : :》
   》: : :/   》)  人人_))   ((_人ノ (《    \: : :《
  《 :/    《(    \        /    )》      \ 》
   `\\    ≫x、    \__/   ,x≪     //

【補足終わり】

482◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:43:05 ID:tcJMOzxo0


しかし、いくら観念的には勇壮であっても、現実には抗えない。

     ∧_∧       ∧_∧
    ( 現実)      (; ' A` )
  三 (  つ つ     (つ   ,ノつ
  三 人 ヽノ      / ゝ 〉
   (__(__)     (_(__)




                ∧_∧     ∧_∧
               (;Д⊂彡  三現実  )
              ⊂    ノ  三G(   こつ
                人  Y    三(_,\ \
               し (_)        三___)





       ∧_∧     .   .    ∧_∧
       ( フ現実)フ   ::∧_∧: ⊂(現実 ,)
      (    )ノ    :( ∩∩ ).   \    )
      / / /     ::(´ ノ ノ::     ( (  |
      (_)_)     ::( ̄__)__)::     し(_)



ネップがなおも堅持される状況では、工業化に投資可能な資本は限られるのだ。
そして党の幹部たちはゴスプランの楽観的な予測を受け入れなかった。


          /ミミミミミミミ川\
        /ミミミミ/\ミ川川|/\
       /ミミミ/     \|/   ヽ
       /三三三|            |
      /三三三>      \ / <|
      |三三三/  〈____  )) __)
       |三(⌒||    \_0>  <__0/
       |ミ(6 |_|       / |\  〉
        | し       /   |   |   こんな都合のいい話が
        丶|   |       〈  」〉 |
        |   |      __  /    あるわけないじゃないだろ・・・
        |    \      ー  /
        |     \      |  |
        | ̄ ̄ ̄ ̄  \___/
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | | ̄|
        |   二二二\_| | |_/二
            二二二__| | |_二|

483名無しのやる夫だお2012/06/10(日) 21:43:59 ID:J6tCOp7I0
意思の勝利ですね、わかります

484◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:44:14 ID:tcJMOzxo0


1926年7月、最高国民経済会議議長にヴァレリヤン・クィヴィシェフが就任。

熱烈な「強行突破方式の工業化」を主張するが、スターリンがブハーリンと組んでネップを擁護する以上、
大々的な行動は不可能であった。

                      O
                      |
                   ,. - ―┴‐-,、
                /―――‐ '´  ヽ
               /,rニ二!    /O7 ヽ
               ,! ヽOヽ    ヽ ̄/ i
               ! ヽ ̄/         |_
            <I´「|     /`ヽ      |」_I>
             ``| ヽ  / ー'`J ヽ  / |´
                 !  | |      ヽ  | |    何が何でも工業化を実現するんじゃよー!!
              |   | r'⌒ヽ_/⌒ヽi、 | |
                 l   | |  ,rー ‐''^ヽ | | |
               ヽ  | ,レ-‐--、」 ,!   !
               ヽ  ヽ _ ノ⌒ー-'/   /
                ヽ_         /
                 |[口]ヽー――i'´
 , ,、 ,、       ,.. -‐ '''i"´ ̄`\) ̄ ̄ `iヽ、
(。Y。V。,!     /| \O |           | O,ヽ、
..ヽ  /     /  |   `ー'           `ー' | ヽ
  |  |     /  .|    /|   _i⌒U⌒L    | ヽ
  |  |     /  ,/|   / |  (_  _ _|   |  ヽ
  |  |    /   ,/ ,|   し'! |  _| |__| |_   |   .ヽ
  |  |   ,/   /i l |    | |  (_____|   |ヽ   ヽ
  |  |  /   / | ||    | |   ,へ  へ      .| |ヽ  ヽ
  |  |  /  /  | ||    | |  / /  ヽ ヽ   .| |l ヽ  ヽ
  ヽ  V  /i   | |,|    | |   レ'    `ー'   | || ヽ  ヽ
   ヽ   / |  | | |    V             |  |  ヽ  ヽ


この頃は、ネップによる農民融和・農業重視となんとか折り合いをつけて工業化を達成しようと
計画家たちは苦労していたのだ。

485◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:45:21 ID:tcJMOzxo0


【補足】

     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ         ★  ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミ
    /  ./ /      l ト、\
   \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',    政治局の多数派が
     l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
     l | l | ┬::cr / / ┬c」 |    ネップを支持する以上、
      l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /
      l | l l⊂⊃‐       ‐⊂/    計画化はネップの枠内で
      ! | |ヽ|        -   リ
      ! | lゝ、          /|      進められようとしていました。
      ! | |::::::::::ー┐ r‐:::イ:l. |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !




     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \   しかし、予算の関係からも
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/   それは非常に難しかったのです。
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||    ですが、1927年頃には
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l     情勢が変化します。
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|
       l \     _    ,/ |
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!

【補足終わり】

486◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:46:13 ID:tcJMOzxo0


1926年、ポーランド・ソヴィエト戦争で赤軍に煮え湯を飲ませたピウスツキが
5月革命を起こしポーランドの実権を再び掌握。

          _,,. -──- 、 ,. ‐''"´ ̄`二ニ=-
      -=ニ´..__     ゙     ´ ̄~゙'''‐、
       ,. ‐''"´                  ヽ、
     , ‐'´                       ,.ゝ
   ∠..-‐''フ'~                       ゙!
      /                           !
     / ,                           l
.    //        /l ,ヘ. ト、 ヽ、            l
.   // ,イ    /! / ul ! ゙、 |. ヽ、!ゝ、 !       |
    / .// /!  ./ l./.`‐、l  ヽ!. ‐'´, k'ヽト.、       .l
.   i ./ !/ l ,イ/. !' `‐、|!  I|_,. ‐'´ ヽ! ::::ヽ      ゝ
.    l./ .l' l' !' l=====〉 __ =======:| .|⌒i.   ヽ、    きたぜ。ぬるりと・・・・・
    !        l`‐.、.__゚/,::: ''' ヽ、 _゚__,.. ‐'´:::| |´ )}.    l、
              !  :::/,:::::::::. jv  u    ,/:::|.|~)/     l、
          ノ! ,/,:::::::::::__::)  _,,.-‐"  u::||_ノ       i、
          / iー_____ ,,. -‐''フ::::/!     !゙!‐ 、._. ヽ、
          I_,. ‐'i`‐ 、.____,,. ‐'´:::/: │   │l   ` ‐-
    _,,. -‐'"´   ,.!  ___,,   u:::/::   !    ! i‐ 、._
   /i     _,,. -‐1 ヽv  ̄ ̄   :::/:::    !   i' .i   ` ‐-
  / .{_,,. -‐'"´     !  ヽ、   .::/:::    i'  / /
 /  !       , -‐-、 , -‐、i´~`ヽ     ./  ,イ./
/   l      ,.へ、/⌒ヽ、 `‐、  i   /  / /
    |    /‐-∠.__,、 `‐、 `i‐、-‐'"7/!'/
    .|  /´        `‐、  ゙i __,! `、-‐/"
              ユゼフ・ピウスツキ

487◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:47:21 ID:tcJMOzxo0


一方イギリスで発生した労働者のゼネストにソ連が余計な口を挟んだため、
今まで友好的であったイギリスの労組が激怒しソ連との関係を断絶した。

           ,,,, -¬''''''''― ..、
           _;;,'` 、| `'' ̄`'ッ .,,,.  \
      ,,,_ ', .... ...',_,,...'、..;;゙/゛ `'' ,、`、
      /.,,.`-''' `'''''. ` '''''''''''''''ー ,,..-''` 、.ヽ
     /                  `'┬''_. l
   ./,,, '                `` 、`i,|
  /,r'/  / 、        '、    .ヽ  !
  .|" l  /   /   ,ィ    .ι ヽ    ヽ,,'.... ......,,_
__r‐ー!  /  ,rl  ,〃 ', 、  .l`、 .l、   │ .,..-';;;;''″
  `'' ! ..! / ,! .,ィ│  ヽ|ヽ__,,,|i‐ヽ .!゙'i、   ,!‐゙ニ二.. `、
    .l./゙l_| .|/゛ ′   ″ \,l  ゙く .l`` 、,!  .,  、 ,/    ソ連のアホ!馬鹿!まぬけ!
     / !   ●     ●     l ヽ!''i.ノ、 .} l
    l゙ │ 二        二    ,|  l    l ヽ|     もう知らない!
    !  />、 ,'゙´`ユ   r、ー┐_..-,'/'| ,'    .!  .l
    ', l゙lン,'''"  .,iニ,,,_,,`、  `、,,/ ! l.,i_  ,、 .',. /
     l, !i|′   人,' / i" ヽ   `'く'、....,,.´゙' ,゛  .',"
      ゙彳  _, '| ,八ヽア'ュ,,\      . l .i|,,.. -" ._,,,........,,,_
      ,゙ソ`-- .、,、 ' ,  ヽ `' ,.   ../゙'"._.. ‐''"゛  .__,,.. `-'''、
     / `''ー---- l',ヘ` 、-....-ー'`''ー'' / `'''ニ ゙゙̄ ̄ ̄     .,i"
      !     /  .l'-..,,,,_,,,,,.. -‐'″    .\        l
      ` 、   ` 、                  \      l
               英国労働組合

488◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:47:58 ID:tcJMOzxo0


さらに中国では蒋介石の裏切りにより中国共産党が壊滅・・・


                     r/:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:ヽ、    __   /:::::::::::::::::::::::::::::::::!7
                      ri:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::`/7 ::__:: _`'<:::::::::::::::::::::::::::::::/:::/ !
         「|           「i:.:i:.:.:.:ヽ、.:.:.:.:.:;.:-‐`ー- / / /_//_/ ::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::!_/
         | | [][]  ,. -─- 、,) i:..:.:.:.:.:.:.:.>'´:::::::::::::::: / ,、`ヽ. ::::::: `"''<::::::::::::::::::::::::l:::::!」
         | .二ニl /      ヽ|:.!.:.:.:/:::::::::::::::::::::: /_/ `'ー' ::::::::::::::::::::::ヽ,,.. -──- 、
         | |  /    帝    ヽ.'"::::::::;'::::::::;::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::: /   社
 「| [][] __[][] |_|   !  : 国 列 そ ', :::::::!::::::/;::::::::;:::::::::::ハ::::::::::::::::::::::ヽ. i い 会 激
 |└┐ | |. _________/   : 主 強 の  i ::!:::i::::/ i:::::::::!:::::::/ i::::::i::::::::::!:::::::: ! ら. 主 .し
 |_| ̄  ̄ ̄   ┐ `ヽ. : 義 の か  > レ''、」_:::::/!:::/   i::::/i::::::::/i:::::::: | な 義  い
/ : だ わ 平 そ |.   も    わ  ! ::レ'7'´i7>'、レ'   レ' ,_|::::/_ |:::::::: ! い は
'  :. っ た 穏 ん |.   な    り  | 「__! !  !┘.!`    ,ァ'r-=ニ」、!::::::/ ! :
.  : た し  な な  !   い.     / :::|__,!'` `'ー'       !-''´ .! | |/:::: ',. :
    の .の 中    >    _____,/ ::::ノ:::::! ""    ,      '、__ンノ ト--i ヽ.,__  ______ノ
    に .目 華    i      `ヽ. ::::/:::::::人     、_        ,,,, ,:'!二'i_ノ::: |/ :::|::::!
      標.└     ,'       ┐Y:::::::::/::::::/\   i/ ̄`ヽ.    //::::::::ハ:::::::/::::ハ:::::|::::!
        こ.   / 人 の 国  i :::::::i:::::/!.:.:.:i`ヽ, ヽ、___ノ  ,,.イ:/::::::::/::::!::: __/_ !:::::|::::|
         そ /  生 よ 民  | ::i:::|イ7´ ̄7:.:.:.i`' ーァ ''7´:.:.:.|;'::::::::/ ̄` / 7 、_」: _!::::!
      ____,..イ     を. う. 革  | ハ:::! ! !.:.:.:/:.:.::.:.:ト   _/:.:.:.:.:.:!::::::/ i  / / /_//_/ ::!
 ̄ ̄ ̄ ̄    !     :  な 命  | ' Vr/:.:.:./:.:.:.:.:.:.:!-- 、/:.:.:.:.:.:.:レ':.:.:.:.i / ,、`ヽ. へ.,_/i/
         ヽ、    :   └   ノ、__/:.:.:r/へ:.:.:.:.:.!____/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:. /_/ `'ー'   レへ
                               蒋介石

489◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:48:35 ID:tcJMOzxo0


結果、1927年には、ソ連は再び国際社会で孤立し周囲を潜在的敵国によって包囲されたのである。


            _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,、__
         ,<二ゝ、冫ソL;_=二ヽ
        / / ̄  `'`´´^ ̄゛゙ヽヽ
        /{            ヽ,ヽ
       // 〉  ,,     -‐-、 <、ヽ
       /´,/  ,ニ,,,..、,  _,ィニニヾ、 i  ゝ     (西にポーランド、東に中国・・・
      ノ // ,<シ´ 、 、  ,;/, `丶 ヽ、丶ゝ
     '^〕、i!   _,,冫i  ;: 、,_,、  〕,、`>     さらに英国まで敵に回してしまった。
      {;i`i゙‐-(´'´:: }-‐-Y´ ::、 )-‐'i´;)}
      iゞi::.  `゙‐‐,'´、  , t`--´  ,;!レ,i´      やはり頼みの綱はドイツだけか・・・)
      i ヘi'::. U ^ヽ、___/`ヽ  !.|;i}l
       i j   // i i  ;''" iヽヽ   i j
       ` i! ,j (、/L;i_しi_ゝレ,v冫i ,j`´
         i `'‐- `, ̄ ̄´ -‐ン,/
       /^ヽ、、、   `゙   /i::\
      /:::::::f^゙‐`ミ‐;::、___,,,-'ン´  i::::::::ヽ、
     ,ノ:::::::::{    7‐--‐=´    i:::::::::::::ヽ、、
 __,r‐´:::::::::::::::::i   /:::::::::::::::ヽ   i::::::::::::::::::::::`ヽ、__
´:::::::::::::::::::::::::::::::i  f`ヽ::::::::::/ヽ  i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`゙ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::iV´r´/::::::::::ヽ ヽ, イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ--!:::::::::::::::ヽ丶/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    ソ連外務人民委員(外務大臣)
           ゲオルギー・チチェーリン

490◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:49:20 ID:tcJMOzxo0


          /            `,イ、,
       ,.-''7´       _,. -‐'´ 」' l\
      / ./  .     ,ィ_,. -‐''´ _」  丶
      , ' .::.:::!  .:::   / / └‐r‐''"´    丶      英国とはほぼ国交断絶の状態、、
.    / .:::::::::{: .:{:::::..  /{./ ,.-‐j,イ:..j:.  :  } l
   /, ::::::::::::ヽ::ヽ::::: l、`-'´,.ィ‐;ミl;イ::: .:;::  ノ|      加えて中国も反共主義者の手に堕ちました。
.   l/{ .::::::::::::;:::トlzヽ:::.{  '´ ゙r'_ノ/::;:-‐/-r'1} l
.   ' ';:::;::::::::::ヽlr1フ:j`ヽ    ̄ ´7::    | y! {      同志レーニンの方針転換がもたらした果実を
     ';::lト、:::::、:ヽ_ゞ'',´      |:::   l_ノ  '、
     ヾ ヽ、;ヽ;_` ヽ         |::::    |::::.  ヽ     すべて失いましたね・・・
            l:::`へ   r;ニ''   |::::: :  :ll:::::::.   \
            |:::: :: l`r.、 ´   _j::;::::::  ハ:::::::::..   ` ー‐;:=‐'
.          j::::: | l::::` ー< !:;l:::::  j lー 、___,,,... ---ミヽ、
         l:;::: | }::::::::::::::::ヽl:ll:::::  l   _,. -ァ/     ゙ヽヽ
           l:;l:: , | ,ノ::::::::::::::;;ノll l:::: /‐''"´   //        ヽ丶
        l:;'l:: l |ー1:::;;-<.  l' l:: /     //          }
        リ,l::. ,l |/ ̄~    `   l:: /     /,1         l
         / ';:. ll !        j:ノ     //{           l
       /   ヽハ|       _,,..´-―┐ __」」,.ゝ-―――- 、__|
     /  ,.-ゞヽ- 、_r-'''ヽ/      }~            `ヽ
            アイヴィー・リトヴィノワ


 l:::::::::リ:::j、:::::|::::::::.:|                 '、     , ':/ト、:::::::::::::::l  l:::::::::|
. jr<─‐|!、::::|:::::::: |                     /イ::::::| l:::::::::::::j.   l:::::::|
/;ィ  ` ‐'-、l:::ト、:::::::!                 /    /::::ト、:::! |:::::::::::;'    l:::::l
!/|     ヘ::l、ヽ:::|ヽ、       -―- :::._ー    ,.イ:::::::八::|  l::::::::/      l:::!
 j_      ヽl. ヽ::l-、` 、       _  ``   / |::::::/ |:l   l:::::/     リ
´  `丶     ヽ. ヽ:! `` `- 、        , 、'´   .|:::/  リ  |::/
      `ヽ     ヾ    ` ‐` 、    , -'´  \  |/      レ′   チチェーリンの失敗だよ。
        ` ‐、         7ー.´       ヽ                          ダブルスタンダード
           ヽ、       /  ヽヽ        /` ‐- 、        国際協調と世界革命の二 重 路 線・・・
             ` ‐、   /   ヽ ` ‐、    , '     `ヽ
                `ヾ、     ヽ  ` ‐ァ´         ` ‐、  いずれ破綻をきたすのは目に見えていた。

491◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:50:31 ID:tcJMOzxo0


                            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . . .:.:.:`丶、
                       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: . : .:ー:、__:.:.\
                     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. . :. . :.:.:.\` ー\
                       /イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. .: .:.:.:.:.:. : . :i:.:. : :. :. 、:.:.: .:\
                     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ :. .: . : .:.:. :.:. : .:.:}:.:.: i:.:. .:.:.\ー 、:.:.ヽ、
                       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /. : .:.:.:. :.: .: .: :/:,i'.:./.:.:.:.,l:.: .:.:.:.:.:.:\ \:.:..ヽ、
                   /イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:. .:./.:.:. : . :.:._/l:厶イ:.,i:.:,k{:.:.:.:.:.:iヘ:.:.:.ヽ `ー‐\
                        {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.: .:.:.v汽之 l/ l/ tlイ:.:. l:! \:.:.`、
                     ’.:.:.:.:.:././|:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!'、_}tソ    ヽi、:.: !:!   ヽ.:.:',
                      V.:.:/.:.{ (j:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:. :. .:.:.l          _ノ:.:.トl     ヽ:!
                      )/|/lヘ_|イ:.:厶:.:.:.: .:./.:.:.:!      __,ハ:.:.}      `
                     __/ {     |/\}:.:.:. :/ヘ:.:.:!     '´_ノ  }:/  それに彼はドイツに傾倒しすぎている。
                 _, -‐'´ \\       l:.:.rヘ  ヽ:l       ノ   |′
          _, -‐  "´       ヽ \      |:/   >、∠}`i冖¬´、      複雑怪奇な欧州世界で生き残るには
       , '´                   ヽ ヽ     l' // / 厶、   ヽ
     ∠.. _             /,二二>、\  // //⌒}i     }     英国との協調が不可欠であるにも
    /‐-   `丶             { く     \`´/  {/    {{     /
   /     `ヽ \            \ヽ     `´\  (    弌  , '      関わらず、ね。
  {__、        \\         } 〉       l        }/
., -┘ \       ヽ \        / /          l      _/         彼では国際世界を生き残れない・・・
{     ヽ、         ヽ ヽ、    //        }/   〔
.\_       `丶、       `l、i、 //          /     ノ
             外務人民委員代理(外務次官) マクシム・リトヴィノフ

ソ連の外交政策は、まさに行き詰っていた。

492◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:51:35 ID:tcJMOzxo0


このようにソ連を取り巻く国際状況が悪化すると、
一刻も早くソ連を敵対的西欧世界と対決可能な強国に生まれ変わらせる危急の必要性が生まれた。


     ::::::::::::::          ::::::::::::       :::::::::::::::::::::    :::::::::::   :::::::::::::::::
:::::::   :::::::            ::::::::::::::      ::::::::::::::::::::      :::::     :::::::::::::
::::::::::::  ::::::::           ::::::::::::        :::::::::::           ::::::::::
:::::::::::::::                ::::::::        ::::::::          ::::::::
:::::::::::::::::::::::             ::::::::        :::::::         ::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      ::::::::       :::        ::::::::     :::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ::::::::::     :::::              :::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::           ::::::::    :::::::      :::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::           :::∧,,∧  ∧,,∧::::::                :::::::::::::::
::::::::::::::::::           ∧ (;・ω・) (・ω・;) ∧∧  <やべえよやべえよ・・・(焦り)
::::::::::::::::::         :(;´・ω) U) ( つと ノ(ω・`; )    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             :::::| U ( ;´・) (・` ; ) と ノ::::::<はやく工業化して敵の脅威に備えないと・・・
          ::::::::::::::::::::u-u (l    ) (   ノu-u
       ::::::::::::::::::::::      `u-u'. `u-u'  :::::::::::::::<このままじゃいずれ侵略されちゃうよ・・・
   ::::::::::::::::::::::::::::                        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::      ::::::::                   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::        :::::::::::::       ::::::::::::::::::         ::::::::::::::::::::::::::::::::
              ::::::::::::::::::::  ::::::::      :::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::      ::::::::::::::::::  ::::::::::      :::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::       :::::::::::::::::     :::::::        ::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::         :::::::::::::::::::::::     ::::::::::::       ::::::::::::::::::::::::::::::


この感覚は日本人には分かりやすいかもしれない。
明治日本の急進な工業化が、ひとえに西欧列強の侵略の脅威に対抗するためのものであったようにである。

493◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:53:03 ID:tcJMOzxo0


焦燥感に駆られたソ連の計画家たちは次々と野心的な5か年計画の草案が策定した。
それを非現実的だと批判する人々は圧倒的多数の強硬な世論によって叩き潰されたのだった。




工業化キタコレ!
    ∧,,∧  ∧,,∧ ドネツ盆地の開発事業を・・・
 ∧ (`・ω・) (・ω・´) ∧∧
( `・ω) U) ( つと ノ(ω・´ )                           (^ν^) (何が計画化だ…)
| U (  `・) (・´  ) と ノ                           / |_|\(バカばっかりだな…)
 u-u (l    ) (   ノu-u                             l l
     `u-u'. `u-u' ドニエプルダムとトゥルクシプ鉄道も頼む!





おい…なんかキモいのが来たぞ…
    ∧,,∧  ∧,,∧キモ…
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )         (^ν^) ……
| U (  ´・) (・`  ) と ノ         /l_l\
 u-u (l    ) (   ノu-u            l <........
     `u-u'. `u-u' なんだあいつ…





うぜぇ…
      ∧,,∧          左派乙!!          ∧,,∧ 無視しろ無視…
 ∧∧ (・`  )        何が面白いの!?       (  ´・) ∧∧
(ω・` ) U  )           \(^ν^)/         (  Uノ( ´・ω) 工業化なしにどうやって
| U   u-u               l_l            u-u (U  ノ 西欧に対抗するんだよ…
 u-u ∧,,∧              / \          ∧,,∧  u-u
    (・ω・`)                          (´・ω・) なんなのあいつ…
    (l  U)市ねよ…                     (U  ノ
    `u-u'.                            `u-u'

494◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:54:14 ID:tcJMOzxo0


しかしなお新経済政策は維持されており、予算は致命的に不足していた。


   ;^;^;ヽ.           ./;,^;,^;
  ;^| ,| ,| ,|,,          ,,| ,| ,| .|^;
  | |, |, |, |, }     .    {.,| ,| ,| ,| ,|
.  |    ( |         | )   .|
.   ! `´. ノ        .! `´  .ノ
   | 入 / ∩____∩ | 入 /
   i   i  | ノ      ヽ !   !
   |   | /  ●   ● |   /
   ヽ   |    ( _●_)  ミ/  お手上げクマー
    \ 彡、   |∪|  /   
      \     ヽノ  /
       ヽ       /


そんななか、手っ取り早い手段として工場現場の「合理化」が進められた。
無駄な部分は省かれ、労働賃金など原価の引き下げによって利潤を高めようとした。

                               く        /
人_人_人_人_     /二二ニニ===ー―‐‐'   ノ  働  お >
       (.     //´                  ヽ   け  ら  \   _____
 な  手   (    //                      〉 働  |  / /       \
  |  を  (.  //        ___r冖‐、__.   }  け  |   ゝ         ヽ
  |  休  (  //    _∠-―‐く_/二ゝ―'  ノ  ぇ   |  /      ,人/    ヽ
  |  め   (. ヽニニr彡_,ィ_ミ、    {!__}   く   //  っ  〉    、フ /  /\ Yヘ
  っ  る  (    {V∠ノム}ミ=-  }!  }    ヽ  ・・     /.', 、 Z r'  , \/  ヾ.ヽ
       /    `コ匸e] L)ミ    j}´ ̄}     )        (  ', ミ _} (、 { 爪_ / /}i }
⌒Y⌒Y⌒´ ,r=ニ二¨ \=イ/_{=ァ\∠ゝ- イ      ⌒V⌒Y\/⌒ トミ _} {_\{_(イ_。7∠ィilノ-
        ィ三/´  `ヽ、\三彡'  ヽ    }        {  {.: .:::::::::::∧kー-<。≧⌒ミ   {l|l!ニ,
   _r‐ノ⌒´ ̄  _ミ} } `丁´   / / / ―==rニ)  \,ゝヘ.::::::{ ヽゝ 彡^ r_j__ィ  ィ ,l|||三!
  ,イ/´        ノミ}{  {   厶ノ-‐' ,,    辷}    ーr‐' .:::::ヽ   }ト、 ヽ‐--= ´/ ,i|l|l三|
_,イ{l{  ヽ― ´_,≦三ミゝ\__廴__/    .r{{‐y‐ァ' /       ヽ .:::::::::}   l|i!  弋三- ´/ ,|l|l|!厂}
/_圦,ゝ-―¬}丁´   ` ̄ ̄/ヽ=イ    rゝイ {_ ィ'        /^) .:::|  `l|il、,ヽ‐ ⌒´i|l||liィ /
       厶}_,. -r-i_  /  /   /{彡廴彡{.        ̄ヽ.:::::|    ヾi|l|i|l||i|l|i|l|r'//
       _//_廴} \_  /     (_ィヘ/^}___}          ∧.::{   ミミ'弍二二二/ /
      r仁二) =-、〈\_Y      { イ∨ { ̄^\_       ーヘ>.  ミミミ|彡彡´ /_
    /二X^\ ヽ |    }        ー' } -r‐-イー\_r¬―=rっ   `ヽ、ミミミ}彡彡 /:::::\
   /ー=イ\\    }    |         / ー/   \=‐} ィー{ //ミ)     `ミミ{彡   /:::::::::..
 /  ,/   ` `rz彡、__ゝ-― ´ ̄て /-=/     }=‐つ〉 ー'ー'        \  {:::/^)

495◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:55:26 ID:tcJMOzxo0


しかし、そのような努力によって得られる利益は全体的に見れば微々たるものであり、
工業全体を近代化させようとする壮大な計画にとってはなおさら不足していた。


          _ __
         /─二__─_
        //\二| / | |二 \
       / | <~ゝ 二二 ∠~> |
     _// _T|  ┐ l_ |T_,  |_
  _─|  |  `U-  / ) U  | |-、     ちっとも資本蓄積が進まーん!
 <_|  |  | 、   / ~   \  | | | >
   ─/_/ |  / ̄~\ __/~|  |_|-'     やっぱり根本的な政策転換が
      |  |  | ,───-_ |  |
      |  | |/       | |  |      必要なんじゃよ!
      |  | |     ___| /|  |
      |  | | _ ──     7   |
       |    |_/ ̄ ̄\_/   /
       |              /
       |              /
    ─/ ̄|_          _/\
       /|  ──────-/ λ




それでもブハーリンに主導される農民融和はなお堅持され、
ネップの狭苦しい制約の中で計画化は遅々として進まなかった。

                           ____
                        ´        >―- 、
                    /        /     丶、
                 /         /          `ヽ、
                   /       /           |  ヽ
                 /      '              |   '
              /      / 〃 〃 ィィ      |  ′
               |         {  {,.ヘ 仏ィ´~`'<,ノノ  ノイj   }
               |        人,イ   {:::::...::::::::::::`ヽ/ 川  ハ
              |       八ト从:::::::::::::::::::::::::;=v彡イ    }
                   |          `ヽ `   __;;;ノ⌒{:::`く}   ノ
              /|           ノ   `゙゙゙     乂:::::Уノ′
            _ ノ              ゝ         - ノ::::/´
             _`斗…=≡ニニ=¬^    <⌒丶_  ヽィ     だから
            [  -‐=ニニニニニニニニl |        ` ァ′ 人ゝ
              |ニニニニニニニニニニニ7 /、       ゙   / ノ^     ネップは譲れねえって
           _,|=ニニニニニニニニニ7 /  丶、     /i⌒^
        _/ニニニニニニニニニニニ7 /``丶、:::..___/ィ汽二二ニ7  言ってるだろうが!
        ニニニニニニニニニニニニ7 /       〔,ィノ)仏ィニニニニニ/ /
         ,ニニニニニニニニニニニ7 /        〉ニニニニニニニニ/ /
          ニニニニニニニニニニニ〈 〈 丶、     /ニニニニニニニ;;//

496◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:56:31 ID:tcJMOzxo0


工業化に必要な資金を貨幣の増刷によって獲得しようとの主張もあったが、
これは財務人民委員部からインフレの定式として一蹴された。



   ∧_∧ ■
    (・ω・)丿 ッパ    お金が無ければ
.  ノ/  /          刷ればいいじゃない。
  ノ ̄ゝ


            /       \
 ば          /⌒`ト- 、 _
 |         /!i⌒i |(__) | 〇`ト、_
 |       ハ| ー'_⊥ニニ土二」__O
  っ       レ>'゙、__,,,,...... ヾ| |``
 か.         レ、 l   仁`ク  | |
 じ       ',ィタ       ...ゝニ
. ゃ        |/ '_r- 、   :::::;i|ソ
 ね       l ≧t≡ミ、、  iイl |8
 え.          ',リtエエエ功`  ,川ハ[]
 の        ハ トェェェイ   、ヘヾV
 !?          爪,,,,フ「l i i l |ハヾ∨
         〈リリリリリハヾヾヾヾン
          ヽリリリハヾ,ヾシ"j
            `"~´ヽ:::: ノィイ

497◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:57:14 ID:tcJMOzxo0


【補足】


.     |: : : : : : : :/  ./  /      ',   ',  「: : : : :|:.:.:ヽ: : : : : 〉ニニ、二
      ヽ.ィ: : : :/    /   ,'       l   ', `丶ト、:|:.:.:.:.:.|: : : : :ート、、ヽ
     r‐:':::::::/     ,'  ,'          !   .l i'"´: : |:.:.:.:.:.:!: : : : :_:ハ ',ヽ
.      ',_:、:::/     l   l        |l     ! ',: : : :.|:.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r
       ノ:,'     ,'l   |     l  | l !  ! |  `丶; |:.:.:.:.:.::!: : : : : :ハ::ヽ
        /:| |   ,' | ! .!l|    ,'| l l | l ,' ,|. |!´: :.!:.:.:.:.:.,': : : :r ' `¬
     /:::,! |   ..L.',_ト. |',ト   / !./l/├ /¬ ¬、).:: /:.:.:.:./: ::::::::|    |:   こうしてみると
      /:::::ハ.ト 、 ! ..l_ヽヽ\、./ l/"´ l/_∠ |  {: : :/:.:.:.:./::::::;:::ノ|    !:   ブハーリンが進める
      ヽ|l ',ヽ \ !,イ `` ト  '′   ,イ"´ lヽ  ,ハr'^,-ヘ':::::::::}::!|   .!:    農民融和のせいで
.        |   ト、ト.`弋..ン        弋..ン ' | .|/j〈ィ'>》_ノ"!::l !   |:    工業化(計画化)が
      |    l l.|. ',     、        l  ! .|:.ヾ ニフ   !::l. |   |:    進んでないように思えるのだわ。
       |   / / | ト、     ,.、     | l| |/      ヽ:| |l    !
.      |  / / | |_.> 、       _..-.、l l ! !          |.!   |   ブハーリンは
      l|  /,イ _..l l:.:.:.:.:.:.:`丶、 __..ィ´:.:.:.:.:.,' .,'::| |         | !   !    ほんとに工業より農業を
       !|_ノ' r":.:.l l:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハィュヘ:.:.:.:.:.:.:./ /:.:::! !ヽ、       .| l   |    優先したいのね。
    _..'"ィ´  ト、:.:.! .l:.:.:.:/``ヾ.ニンリ:.:.:.:.:./ ':.:.:.:.:| |:.:.:/、       ! !   !
  <._ <.|   ! ∨ ,'_:.:'-:.:.:.:.:.:.:`¬´:.:``:./:.:.:.:.:.:.:.! !;/: : \     ! l   |


     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \   農民融和という言葉を使っているため
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/   少々誤解を受けているかもしれませんが、
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||     ブハーリンは別に工業を軽視しているわけではありません。
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l     ちゃんと工業化の必要性を認識しています。
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|
       l \     _    ,/ |      工業重視の左派と、農業重視の右派(ブハーリン)の相違は、
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |      工業化へのアプローチにあるのです。
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!

498◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:58:08 ID:tcJMOzxo0


f⌒Y :. :. :. >个ダヮ.:. :. :. :. :.\::::::::::∨  )\\\
:. :. :. :. : : /:. :. :. :. :. `ーx_:. :. :. \::::::::∨:.:`ヾ;:Vヽ::〉
:. :. :. :. :. ,'     |i   |i |iT≦_\::::::∨:.:〈:∧イ `l
: : : : :. :. ;       |l   |ト、|lノ |i |i\ヽイ-、ノ:{<|..|  |
: : : : :. :. |    i |ト、.丶.|ト、|lレイ !!  ヾ:. :. :)}:ト、\ `ヽ
: : : : :. :. |    ト、|l ヽ ,X千んf‐ミ、li ゞ- 什ト、ト、\ }   えっと・・・
: : : : :. :八 |i  l |l_,  \ 丶代,ゞイ}! }ト、 ∨.:ハ::| ヽ::)
: : : :. :. :. ∧|l 小.イ \      `'ー'゙  |! '. |「(_}:| /人    つまりどういうことかしら?
: :. :. :. :. : : 从 iト、'f升ヽ       u |i  f´  `ヽ/  }
  ̄`'ー一´丶 |  ゞx.ノ '、   __   |  |ー‐ 、  ヽ
          `ト、\)ヽ    `ー′  イ i|r┴‐'゙   ∨
           /  )>- ──イ´ヽ! イ /       }
             /  / /::::::::::::::::人/'  Y      |
.            /  / 〈 :::::::::::::::::/  /个x_,__ム
           /  /    ̄}:::::::::///::::::〉-、_ノ\/\{
       /   厶イ¨ ̄イ:::::::::)./ ̄ ̄`ヽ:. :. :. :. :. :.

          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ    工業技術が未熟なソ連では
       /  ,='  _  ∧_ _,,        生産設備のほとんどを
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_      外国からの輸入に頼っていました。
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ    つまり、工業化とは結局、
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ    生産設備を外国から購入する資金を
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/    どうやって獲得するか、という問題だったのです。
         | |{i t    _     / |
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |

499名無しのやる夫だお2012/06/10(日) 21:58:15 ID:CiqOYv/Eo
そう考えると、江戸時代に農業が発展した上で、明治維新を迎えた日本って、
実にタイミング良く歴史の転換点を迎えてるんだな。

500◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:58:43 ID:tcJMOzxo0


       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ;==============゙ミ
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k    ブハーリンは農業を成長させることで
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|   農民の購買力を高めようと考えます。
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |   工業製品の最大の買い手は農民だったからです。
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /

       /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:、
      _ノ.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;入
      (;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ノ;:;:,ヽ、
     `).:.:.:;:;;;;;. '"´     ̄`¨¨);:;:;`ヽ、_ _
      「.:;:;:;:;/         (;:;:;:;:;:;:;:;.;ト、;:;:;:〕
      (;:;:;:/              ``);:;:;:;.lヽl;:;:;:)、
      ):/  .:i .::l    .:.::::|.:.:.l::|:::::(;:;:;:;:;:ト、l;:;:;:;;) \
      V:l.:i.:.i .:| .:l!  .:.:::l.:l.:.:::l_|.:.::::);:;:;:;ト、l;:;:;:〔 ノノ   豊かになった農民は
       i.:l.:l.:.l .:l_;lト、. .:.::/l/ィイハV(;:;:;:;:;:;! l;:;:;:;:)ネヽ
      Nトト.:ト.::V仁V:/ ,.ィ云〒ミ.:::);:;:;/ /,;:「  i    工業製品をたくさん買ってくれる。
         `>.:.ヾりソ  _f込ソノ /:ハ;:/__/.;:ハ:i i
          //i.:.i.   ,        /l リネ薔シ′.|:l |    そうすれば工業者もたくさんお金が貯まって
         .// .l.:.ト、  r┐   ノ .l レ'′    |:l |
        l |  |.:| __>、 _,..イ::ヽ1 l.        |:l |   外国から生産設備を購入できるってわけね。
         | |  |::| :: {ffカ7 .:.:.:.::1 :ト、.      l:l |
         | |  |::| :: ´V/ ー-.:::ノノ:.:.:`ヽ   l:l |
       f辷彡ll::l ::  / ー-f辷彡.:.:::::::::ヽ  |:l |
       f辷彡 LL:_.:人.   _弍ニ彡:.::::::::::: ヽ |:l |
        辷-7./´`7〃 .:ト  辷-7.:.:::::::::::::::.ヽ |:l |

501◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 21:59:36 ID:tcJMOzxo0


                 ,.:-=;1--―;1―,=;:、
                 =          ゙ミ
                 ミ    ★    ゙ミ
                     ミ          ゙ミ
                /ミ;======゙ミ\
                / /_人_人_人_人__, ヽ  ヽ
               / /: :/:-/、:/ : : /|-、(  ヽ i     さらに穀物を輸出して
              く   | :/: ://|: : :/__!_: :(  { |\
              \_:l/:イ__ .ノ/´下ィハ:(  } /    外貨も獲得できますからね!
                    {入|⌒`     弋tり}:ノ 厶'⌒)
                |( \  fー┐  _厶イ__,ノi´
                |( ,.に≫ー‐≪コ{ }} \_/
                /:く__に}⌒ハ⌒{コ7⌒7丁 


        ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
        =            ゙ミ
        ミ     ★      ゙ミ
       r―ミ             ゙ミ
      l  ミ;=======.:::゙ミ
       ヽ /  ※   ※   ※ ∧
.      /   r―_‐_'i:¨:¨´:l ̄:`ヽ}    対して左派は
      { ※ /: ´/: :/`:./;ハ:`: :l: l
      }   f: /fてハヾ´ /f'云ヾハ:}    ネップで肥え太った富農たちに課税することで
.      { ※ }:{ 弋__ノ   弋::リ j//
      ハ   {:ヾゝ''''   ,、  ''',イ ヽ    工業化に必要な資本を高めようと主張します。
.     /: } ※. }: : ;>‐‐--‐<ヽ  }_
    /: :.{    l:/{i{ (ニニXニニ)} :.{ ※ ヘ
   ,.イ: : :/ ※ l:ヾ}i}  〃{i  {i: :ヽ  ヽ
.  {:ヽ: :.く   /: :j:ヾx、_ノノゞ≠'j : :.} ※ }
.r<:ヽ:`:ー`ヽ,/f'"::`ーt‐f´:t‐r‐':ヘ:-'`¨¨:}´

502◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:00:18 ID:tcJMOzxo0


                      /::::r‐、:ノ:::::::::::::::::::::::::::::::ノ
       _          ,.ィ'´:::::/!_‐- 、:::::::::::::::::::::::::(,、
      /:::`ヽ__,.ィ三/::::::::::::r‐、ノ   `ヽ、:::::::::::::::::ノ
    r‐'、::::::::::::::/圭ミ/:::::::::r、:_) l  l    ヽヽ:::::::::ゝ,
    l:::::::`:::::::::/圭/´::::::::::ゝ´  l  l     ヽ ヽ:r‐'´
    ノ::::_::::::/圭/:::::::::::r‐、ノl  l l l     l l  l!
 ,ィタ'l:::::::::::::::`:l圭ミ!::::::/:ゝ、 l l  l l ',    l l l  l
. lミ! /ヽ;::::::::::::::l圭ミ!::::::::::r‐‐'_ム斗孑十弋、  l l! /
 ゞ="〔_:::::::::::l圭ミ!::::::::::`)lヽl  ィ示ョ`   `ュ! l/
 //   l __)::::::::ヾr‐'ー、:(´ l   `辷:リ   カ       うーん・・・
.//!   ト、ゝ-、:::::::lノyヽ 〉:ノ. l     ̄    ヽ
./ l   l. ヽ  ゝ'、:ゞー.'´::) l.l         _´!       こうしてみるとブハーリンの方が
  l   l  \ ゝ‐ヾ、圭.l l.l           ´, '
. l   l    `十-、__≧/ l ト、      /         なんとなく説得力がありそうなのだわ。
 l   l     l r‐‐'´.l l圭ミ===,ィ=x、
. l   l     l  〉:::::::/ /圭圭圭ミ/ヽ圭圭ゝ、
. !   !     l /:::::::/ /圭圭圭ミ〈 ゞ〉圭圭/
.l    l     /:::::::/ /:《圭圭圭圭!´圭=彳
l    l     /:::::::::〈 `ー‐-、圭圭圭l圭圭》


          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\    そこが左派が政争に敗れた原因でもありますね。
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ     彼らの主張、特に農村への課税手段などには
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
         | |{i t    _     / |     具体性に欠けるところがありました。
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |

503◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:01:07 ID:tcJMOzxo0


            ,.:-=;1―;1―;1―;1,=-;:、
            ミ             ゙ミ
.              ミ      ★      ゙ミ
           /ミ             ゙ミ \
          《  ミ;========゙ミ } 》
.             》/ / / :/ : : : : : : : : : \ ∨《
.            /// : :/ :/ : : : /:/ |: : : : : ∨^:|
           l∨ : : l :/: : :// / :八 : : : l: l : :|    では、ネップ下における
           | :| : : :|/ :/ //:/ :/  ヽ: : | ハ: :|
           | :| : : :|≧x、/イ//,.ィ≦ハ ノ : l: :|    農業の成長はどのような状況にあったのか?
           } :|八 :代uzノ    弋uzノ仏イノ: :|
.           ′:} 仆⊂⊃     ⊂⊃イ 八 : :|    今度はそれを見てみましょう。
.        /: : / 八 >  ~~~ .イ}{ : : : |
.        /: : 〈 // ̄》 》≫=≪《 《V ∧: : :
.        / : : : : {   》《_》《_》《 〈 /  、: :丶
       /: : : : : : }   《_/八_》      }: : : :\
     /: : : : : : :/    ∨{><}{    {: : : : : : :\
    / : : : : : : /人,___人}><}人__人\ : : : : : :ヽ
   《 : : : : : : // { ̄/∨`¨¨¨´∨\ ̄} \\ : : : : : \
  《 : : : : :/ 《(   } {_人    人_} {  )》 \ : : : : :》
   》: : :/   》)  人人_))   ((_人ノ (《    \: : :《
  《 :/    《(    \        /    )》      \ 》
   `\\    ≫x、    \__/   ,x≪     //

【補足終わり】

504◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:02:01 ID:tcJMOzxo0


農民融和政策はしかし、工業化に必要なほどの農業の発展をもたらさなかった。



           rーイ¨ ̄¨ト、-┐
         ,r::┘、」;;;;;;;;;;;:::j/:::::/入
.       _i -、_>------- <:::::┴i
      〈:::::::i i ||Vlリk i|i ,l||ソ ヽ::::::::〉
       ┐'レ' ⊂⊃    ⊂⊃!Ni_イ、
.      イ| u         |!l lハ ヽ
      /ハ              u.|| .\ ヽ    もたらさなかったんかい!!
      || `、   {_ ̄ ヽ    '||  / /
      ||  ヽ、    ̄   . イ |,'  ヽヽ
      `    `iTァv'T爪      //
            |<|真| >|      `ヽ
             |〈| || | 〉|

505名無しのやる夫だお2012/06/10(日) 22:02:33 ID:gh5iW6dk0
ロシアで産業革命は結局起こらなかったのかもしれんな

506◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:02:45 ID:tcJMOzxo0


    クラーク
まず、富 農は穀物をせっせと貯め込み蓄財に励む一方、
工業製品の購入を忌避したため買い手としての魅力がなくなっていった。



     ...| ̄ ̄ |
   /:::|  ___|       ∧∧    ∧∧
  /::::_|___|_    ( 。_。).  ( 。_。)
  ||:::::::( ・∀・)     /<▽>  /<▽>
  ||::/ <ヽ∞/>\   |::::::;;;;::/  |::::::;;;;::/   穀物は貨幣以上に確かな資産。
  ||::|   <ヽ/>.- |  |:と),__」   |:と),__」
_..||::|   o  o ...|_ξ..|:::::::::|    .|::::::::|    それを手放すことなどありえんだろう?
\  \__(久)__/_\::::::|    |:::::::|
.||.i\        、__ノフ \|    |:::::::|
.||ヽ .i\ _ __ ____ __ _.\   |::::::|
.|| ゙ヽ i    ハ i ハ i ハ i ハ |  し'_つ
.||   ゙|i~^~^~^~^~^~^~|i~
   ...||            ||
   ...||            ||


そして伝統志向の強い中農たちも、自給自足以上の穀物を生産しなかった。


 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | 自分達が食べる分だけでいいや・・・
 \____  _________________
         |/     ミ          __________
              ヽ .\         ////\|//////\
               / \ \    ////|___|./////:::::\\
       ∧_∧/     ̄   /∠∠∠∠∠ ∠∠∠∠/:::::::::::::::\\
      (;´Д` )     i i i     ̄| ┌┬┐┌┬┐  |::::::::::::::::::::::::::::| ̄
''""~"'''"/    ヽ''"~"__i i i--i   | ├┼┤├┼┤  |::::::::||||||||||:::::::|
    ./| |   | |   ̄ ̄ ̄ |:::::|    | └┴┘└┴┘  |::::::::||||||||||:::::::|
iiiiiiiiiiiii/ \ヽ/| |iiiiiiiiiiiiii::..  ノ__ノ  || ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||  |::::::::||||||||||:::::::|
   /   \\| |            ||_||_||_||_||_||_|::::::::||||||||||:::::::|
   / /⌒\ し(メ    .i i i    .|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ||  ||乃三三-_
 / /    > ) \  ノノノ
/ /     / /    .\_  ザックザック
し'     (_つ   /:::::/::...  ザックザック
            ノ・ ./∴:・:
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これでは農業生産高は上昇せず、輸出用の穀物も致命的に不足してしまう。

507名無しのやる夫だお2012/06/10(日) 22:03:36 ID:0qQxy1Wc0
富農の投機の仕業じゃ!ってこと?

508◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:04:24 ID:tcJMOzxo0


これを解決するために農業の成長と生産拡大を目指してトラクターの大々的な導入キャンペーンが行われた。

                                             ___
                                             | | 
        ________              ____         | |
     __(_x_x(__(_x_x_(_)______       |   | |    _.l___l__| |_西∩__∩_
    ./  ⊂ロロロ⊃  /________| |||||. |~|   ./ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄\|└└=|   l ̄ ̄ ̄ヽ.|
. ┌-./ ̄ ̄ ̄ ̄┌-//    ||   ||  ̄ | .|   |. ̄ ̄.| ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|   |ロロロロ|.| | |__
. [|] /       [|] //    . ||   || || ̄| | .|   |___|. _ .   l  ̄ ̄ ̄ .└-----┘|  /~|   ._
..└/         .O//      .||   || ||  | | .| /~.|  ==|// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄//ll==|  |_  \ \
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.| | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄| ||  | | .| |~.| -ロ- |~~|(※)\___.匚二二二二二二[|  |..\  \ \ 
  |   UD   .○| |    - ..|   |.[| ..| | .| \\  \ヽ__oo_oo_oo_oo_/_/  .\ ヽ\\  \ \
  |______.| | ̄ ̄/._ |__|-|  | |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |_|__/三三三ヽ__[||__// ̄ ̄ヽ\| _|_|_|  ̄.三三三三三三三三三三.// ̄ ̄ .V  ̄ ̄ヽ.三三三三三三| ̄
  | ∈三[口]三∋ |_// (※) l|└---- |.ロ/.| || || |-| || || |」==|.| (※) || (※) | l___l \[]
   ̄ ̄ ̄ ̄ヽヽ ̄  .ノヽヽ__ノ       ̄  . ̄ ̄ ̄~  ̄ ̄ ̄~   ヽヽヽ__ノ.ヽ__ノ


    ,.:::-=;1ー;1―;1―;1―,=;:.、
   =              ゙ミ
    ミ       ★       ゙ミ
   ミ      СССР   ゙ミ
    ミ              ゙ミ
    ミ;========= ゙ミ
   丿 ::.__  .:::::::::::::  __  ::::ヽ_       ,. 、       /   /
  / /。 ヽ_ヽv /: /。ヽ  ::::::ヽ    ,.〃´ヾ.、  /  /
 / / ̄ ̄√___丶  ̄ ̄\  ::::| / |l     ',  / /     農民諸君!
 | .:::::::::: / / tーーー|ヽ     ..::::: ::|r'´  ||--‐r、 ',         これがトラクターである!
 | .:::::.  ..: |    |ヽ   .,..ィ'´     l',  '.j '.        近代農業の結晶である!
 | :::    | |⊂ニヽ| |  'r '´         ',.r '´ !|  \     これをもってソ連農業を
 | :    | |  |:::T::::| !  l!     ....:.:.:.:.:.:ヽ、   ,l    \   近代化させるのだ!
 \:    ト--^^^^^┤   ゝ、.,_ ---‐‐‐----ゝ、ノ

510◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:05:26 ID:tcJMOzxo0



           ||              / _/二二二 l
     ____| |__/__//       / / ___l_
     |0≡0| ===  |/  _====/ / /\/   \
      |IIIIIIII|       └─┘     ̄ /,// /. ̄ヽ. l
      |IIIIIIII| // ̄ヽ_________|\ |  l     l  |
      l l ̄ ̄l l   l.            l ノ l  ヽ,_,ノ ,l
wwwwwヽヽ   ヽヽ__ノ             ヽ,, \,__ ノwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

''"''"''^^^''"''''''''"''"~~~''"''~"''"''"^^^^'"""'"''"'~~'"''"''"''~
|- - - -/⌒ヽ  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
' /″⊂ ̄ ̄ ̄⊃″″″ /″″″″″″″″' / ″″″″″″″″
/″″(::.´д`.)″<なんだっぺぇあの無骨なもん。
″″ .( )U( )″″オラあんなの使いたくねえっぺえ。
''"''"'' |_#_i__i!i|"''"~~~''"'  "''"''"''"''"''"/''⌒\"''""''""'~~~"''"''"''""''"''~
.    (__)_)."''"          ,,..' -‐==''"フ
                      (´∀` )  <うるせぇし使い方も
                      (    )    よくわからねぇっぺぇ。
                      | | |    手で植えるっぺよ。
                      .(_(__)


だが、このキャンペーンは失敗した。
トラクターの導入と、旧態依然としたソ連農業の改革は遅々として進まなかった。

511名無しのやる夫だお2012/06/10(日) 22:05:27 ID:CiqOYv/Eo
あぁ、貨幣のインフレなどを経験したばっかだから、穀物のまま保持しようとしたのか…。

509名無しのやる夫だお2012/06/10(日) 22:04:49 ID:gh5iW6dk0
農民にソ連製の工業製品でほしいものなんてあったのだろうか

512名無しのやる夫だお2012/06/10(日) 22:06:19 ID:0qQxy1Wc0
>>509
もっと上等な西側の工業製品なんて見たことないんじゃない?

513◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:06:39 ID:tcJMOzxo0

>>509
ほとんどありませんでした。
ソ連農業は近代化もされていませんでしたので工業製品の需要も微々たるものだったのです。



         /     /   ̄ ̄\  \        \      |
── ̄T ̄ ̄T ̄\─ ̄     |\ \  \         `-     |
\   /    |   |        |\\ \ /            ̄─  |
  \/    /  /       | \ ̄\ V               ̄|
   \   /  /        |  \ /        / ̄ ̄─   /
    \   / |         |            / __   ̄ 7
     /  ̄    |          ̄ ̄         二_  ─_/
    /       |                   | \\\  /
    /       /                 |   | \ ̄\/
   /       /         ─        |   |   ̄7
  /       /       ─ ̄       >  |   ̄ ̄ /
 /       /      /           ─ ′    /
./      /      /─ ̄ ̄\        |     /  心配無用じゃよ!
/      /      / \    \      |    /
           /    `-      ̄ ̄\ /   /    そもそも個人農にトラクターを配るというのが
           /  \     ̄─      | /  /     非効率的で間違っとるんじゃ。
           |    `-       ̄─ ─/  /
\          \     ̄─     / | / /       アメリカの大規模機械化農業のように、
  \           ̄ ̄─   ̄─ ̄ / /         広大な農場に労働力とトラクターを
\  \              ̄\  / /          集中配備すべきなんじゃよー!
./   \                ̄ /
  / \  \              /
 / /\ \  \          /
./  \ \  / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

514◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:07:50 ID:tcJMOzxo0


こうして農業近代化のために集団農場(コルホーズ)の結成が目指され、
主に貧農層をターゲットにコルホーズへの加入を推奨するキャンペーンも実施された。



 ,,,,,,,,,,    ,,,,,,,,,,
[|,,,★,|]∩ [|,,,★,|]∩
( ゚∀゚)彡 ( ゚∀゚)彡 コルホーズ!コルホーズ!
 ⊂彡    ⊂彡




が、やはり伝統志向の強い農民達は、
自分達の土地を明け渡すことに抵抗し、これもまた遅々として進まなかったのである。



    /⌒ヽ
  ⊂ ̄ ̄ ̄⊃
   ( ´ー`)  <シラネーヨ
    \ <          /| 
     \.\______//
       ⊂⊂      /
          <_<<_<


          _ __
         /─二__─_
        //\二| / | |二 \
       / | <~ゝ 二二 ∠~> |
     _// _T|  ┐ l_ |T_,  |_
  _─|  |  `U-  / ) U  | |-、
 <_|  |  | 、   / ~   \  | | | >     ぬわー!!
   ─/_/ |  / ̄~\ __/~|  |_|-'
      |  |  | ,───-_ |  |       農民どもめ、
      |  | |/       | |  |
      |  | |     ___| /|  |       少しくらいは言うことを
      |  | | _ ──     7   |
       |    |_/ ̄ ̄\_/   /      聞かんかー!!
       |              /
       |              /
    ─/ ̄|_          _/\
       /|  ──────-/ λ

515◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:09:17 ID:tcJMOzxo0


また、土地問題も浮かび上がった。

大規模な集団農場を作るに適する肥沃な農地は、ほとんど富農によって独占されていたのだ。

 : : : : : : : :        `ー--,.:::.. ... .. .. . ... ... ..::. .. . .. . .. `⌒ .::::.. ... .. .. . ... ... ..::. .. . .
     : : : : : 、: .      : : ゙ヽ、:::.. ... .. .. .  ⌒⌒ ... ... ..::. .. .   .. . .. .: :::.. ... .. .. . ... .
        丶.-、: .        `'、:::.. ... .. .. . ... ..  . ..::. .. . .. . .. .
      ::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:゙゙゙゙'''''''‐- 、 ,,,,,__:::.. ... .. .. . ... ... ..::. .. . .. . .. .
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:`゙''ー-       _,,.--ー''''''"゙
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''"" ゙゙̄"'''''―-
''"''''"""''"""'''''"""''""''""",,,,-‐'゛'''''"""''""''''""''"''''""''"""'''''"""''""゙''、,,"'''''―--'''""''"''''"""''"""''''
:::::::....::::::........ . .::::::... .,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛:::::::....::::::........ . .::::::... ...         ゙''、,,:::::::....::::::........ . .::::::... ..
         ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛        :::::... ...                ``'‐.
"''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''"''"'"''"' ::::::::::::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::....... . .::::::... ....:::::::::
"''"''''"""''"""'''''"""''""            "''"''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""''''
.. . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .:::: .::::  .. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::.. ... .. .. . ... ... ..: .. .
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''"''"""'''''"""''""''''""''"''''
:::....::::::........ . .::::::... .... ..:::::::::::从 MwM 从 MwMmw M从 MwM 从 MwMmw MwM''"""'''''"""''""''''""''"''''""
     ...| ̄ ̄ |
   /:::|  ___|       ∧∧    ∧∧
  /::::_|___|_    ( 。_。).  ( 。_。)
  ||:::::::( ・∀・)     /<▽>  /<▽>
  ||::/ <ヽ∞/>\   |::::::;;;;::/  |::::::;;;;::/
  ||::|   <ヽ/>.- |  |:と),__」   |:と),__」    この土地は私のものだよ。
_..||::|   o  o ...|_ξ..|:::::::::|    .|::::::::|
\  \__(久)__/_\::::::|    |:::::::|     コルホーズ?
.||.i\        、__ノフ \|    |:::::::|
.||ヽ .i\ _ __ ____ __ _.\   |::::::|     まぁ、貧相な土地を必死に耕したまえ(笑)
.|| ゙ヽ i    ハ i ハ i ハ i ハ |  し'_つ
.||   ゙|i~^~^~^~^~^~^~|i~
   ...||            ||
   ...||            ||

516名無しのやる夫だお2012/06/10(日) 22:09:18 ID:0qQxy1Wc0
コルホーズキター!
「アレ」の伏線がだいぶ見えてきたわ。

517◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:10:12 ID:tcJMOzxo0


結局、農業問題は農民の後進性と富農の非協力的態度によってドン詰まりの状況にあった。
農業の発展は成功せず、工業化に必要な資本蓄積はいつまでたっても進まない・・・

           /‐-、__ -‐ニ\
             /匕辷ヽ | l rニソ__ヽ
         _ハ Oヘ     / O ,ハ
      r 7 / | ヽ ̄      、 ̄  ├- 、
       `  ‐┤          ̄ u | l レ'
           |      ^ ^  ヽ   「     もはや個人農どもに期待するのは
 ̄ ̄ `ヽ.  __ト  /     ‐-、l  l |
       \  | | |⌒ヽ - '    | | |     間違いなんじゃよー!
        \ | l | r' ̄ ̄ ̄`ヽ|  ∧ー‐ 、
∠二 ̄     l   l ,イ  ̄ ̄ ̄ ̄ノ  /ヽ    ヽ   農民どもを説得するのは不可能に近い!
    `ヽ     ヽ \__ノ⌒ ー´   /リ      l
               \      _ イ}/ /     ∧  力づくで奴らの思想を改造せにゃならん!
   ――--=    ヽ二Tコエ二_/  /      / l\




     /                   _      `,
      !                    `ヽ     l
     /                       !      !
    /     /  /                 、l , -     ',
   l     l   !,ィ               ノ'       ',
   ヽ     !  !l!             , , ノ        /
    ヽ    ト、 ヽ  ! /, _,.-_ ,ノノ ,ィノl'ヽ/,       ,'
   ,...ノ'   | ヘーヽヽl(/ l'´ ≧ミ、_ ,ノ' ! リ! l       ト!_
 r'´イノ    ヽ リ   r'`    ヽヾ歹、=、ヽ ,_リ=、  l  ノ l `
 !( ゞ,.     ´r、 r'       ̄` ヽ  /ゞクイノ /ノ ノノ
 }ヽ、`` ー- _i´, ノ'.lヘゝ          /  /ー '´_, '´     だが・・・それでもいつかは・・・
 l   ̄` ー- 、`ヽ、l,_   U    _   l  / ,(´
 !        ` ー-、ヽ       ヾ=-' ,.', ィ、丶、
_,ゝ          _レ'-―- ..,'' ―=- ,イ(   `ヽ\
           `iーrヘ ̄`ヽ、` ー, - '一ー- 、   ヽ.ヽ
                l lー-ヽ _, -`´ , --‐_レ‐- `)  /∠、
                | | ヽ./ r=ー'―‐'´-、  ̄ `ヽ///ニ,
              ! ト.ノ   , ―---=、_ヽ l / \ ヽ
            ヽ〉′      , - 、 `i.| !/   〃,.、!
               /        '   ヽ_!!l'    ヽ'へ\
            /              `ヽ      ヽヽ

ブハーリンも「いつか農民達も気が変わるだろう」と希望的観測を述べることしかできなくなっていった。

そして、その「いつか」は、誰にも明示できなかったのである・・・

520◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:11:12 ID:tcJMOzxo0


工業化は永遠に続く遠い道の遥か彼方に追いやられてしまったかのようだった。
党内世論は、急速にネップから離れていった・・・



    ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧
   /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)   ネップとかもう失敗じゃん・・・
   i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪
   〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |
   (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪
   三三     三三     三三     三三     三三     三三
  三三     三三     三三     三三     三三     三三
  三三三   三三三   三三三   三三三   三三三   三三三




      / ̄ ̄ ̄\
    / _, 、_ \
   /  (●)  (●)  \   ・・・・・・
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /

518名無しのやる夫だお2012/06/10(日) 22:11:06 ID:0qQxy1Wc0
国へ穀物を売リ渡すのを義務づけるとかできなかったのかな。

519名無しのやる夫だお2012/06/10(日) 22:11:10 ID:J6tCOp7I0
広大な国土に散らばるいうこときかない農民の押さえ込みはピョートルのころからのロシアの課題

521◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:13:08 ID:tcJMOzxo0

>>518
それに近いことは過去にやっていますが、失敗しています。
ブハーリンは農民を敵に回すことを極度に恐れていたようにも思えますね。


【補足】


          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ   このように、右派の主張もまた
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_     農業問題の解決に
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ   具体的な提案をできずにいました。
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/   左派との闘争に右派が勝利できたのは
         | |{i t    _     / |
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |   やる夫の書記局の権力によるところが
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ  大きかったのですね。
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |



>┴―‐ ミィ_〕ヽ:::\.:..:..  '~          ` <:..:..: 人_|‐<_/j | | |
, ヘ  ̄ ̄/:::\.:..:..:..:/                  \:..:/:::::::}< ノ ||
へ. ヽ二ム..:..:..:..:..: '                     ヽ::.:::{ _  \'_ノ二ヽ
く \_r‐Jト:..:..:../                  、\ ヽ   ゙:,:::.:::.:ト   \\\\
 `ー/|::.::.::.::.::.::,′                  \ ヽ     V:下ヽ\   ヽ \ヽ
冫ーイ  ̄ト::.::.,′    |  i   |     ヽ  \  ヽ   ', ヽ ':┴┐ Y   ト、 \
′ ;′┌┴ ::.:|      |  |   |     ゙ト   \  |i::r┘::::r┘ i   .i \
 :/|   しヘー::.| |i | ||∥       | |,,,;;ィ=≦≠ハ|i |リ::¬  ¦  |    ジノヴィエフとトロツキーの
  |   r┴‐::|  || | ム⊥从ヽ   i |l≧'´     .|川;:下┘ |  |
  |   |::.::.::.::|  l| イ|  ,,,ィ≦ヾ\,ハノ        | jノ!:::::}   |   |     合同反対派は敗北したけど、
  | |└ヘ::.:∧  l'   | |ィゞ"               u  | lj,√ィオ  |  | |
  | | | く::.::.:ヘ l:、\ ヽ    ,            ∧ ∨:フ{{i〉 l  ||    かと言って右派の正しさが
  ∥ | |  ヾ勹ヘ い ::ヽ\ u      l~`丶     仏  \ゞ'  j|   |∥
  八 | |    \ィr=ミl::.ハ \ ー 、     ^ ___/ユ\  \ /ヘ.  l八    認められたわけでは
 ′  | ',    弋ゞソ}7ノ /,ニ≧、 ヽー--,.ゝ- 、 ̄`< ̄ハ__  \  λ 、 \
/   ∧  ,    `マ'´ /:':::.:::.:::.〉 ∨ィ/{f㍉Y三ヽ  ` <ー┐  \/|\ \ なかったのね。
   / ヽ \   /   イ ̄ ー ' |  | { トゞど..二二.._    `弌:.   ヽ l  \
  ./    \ >'   /...:\  ..:::.:| /:/>允≠‐-‐'     ___}ハ_   \    なんかややこしいのだわ・・・
 / ┌一<    / ...:..:::/::>  // .:.:::./::卞ニニ -‐__,.___  }ヽ |!:..:ト    ヽ
./   \    /′...:.:::.{::.... /..:::.:::.:/:::.:::|:::. ̄匸A::::::::ルソ.:.i:..:..:. | ヽ    Y
ヘ ̄ ̄ ̄\  ∨ ..:..:..:..:..V/..:::.:::.:/ .:::.:::.∧ ::::ヘ`ー辷彡::`ァ ..:..:..:..|   >  へ

522名無しのやる夫だお2012/06/10(日) 22:13:25 ID:0qQxy1Wc0
農民が貯め込んだ資本を経済に回してくれないわけだから、
ネップが前提からして破綻していることが目に見えてしまったわけか。

523◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:13:41 ID:tcJMOzxo0



           ,.:-=;1―;1―;1―;1―;1,=;:、
           ミ              ゙ミ
           ミ      ★       ゙ミ \
         / ミ              ゙ミ   \
        V/::ミ;=========゙ミヽ   \
       //:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :',  `、ヽ ム>
.      /:i:: :: /:: :: :: :: /:: :: :: :: :∧:: :: :: :: :::i  } >/i´
      ,'::i:: :: i:: :: :: :: /:: :: :: :: :/ ∨:: i:: :: ::l  V/:: l    問題は農業でした。
      ,':: l:: :: l:: _:: :: /:: :: :: :: :ム--+::-l―:: |   |:: :: |
.     i:: ::l:: :: |:: :`''フ:: :: :: ,:: /    ',:: |:: :: :|   |:: :: |    左派も右派も政治的解決策を示せず、
.     l:: i:.|::..::|::_:: /:: :: : //     v|:: :: :|   |:: :: |
.     |::.l::.|:: ::|::/ニ_;; ;//  ====V:: ::,'   |:: :: :|   ネップは宙ぶらりんの
     |::∧:',:: ::V弋.:.:テ    ´ て:::::::o|:: ::,'   .|:: :: ::|
     |::i ',:',:: :∧廴::ソ      こ .ン|::/,'   i:: :: ::.|   危ういバランスの上で維持されていたのです・・・
     ',.i  }::ト:: : ヽ゛゛  ` _   ゜゜イ|/:,'   ,':: :: :: |
      ',' .ハ::iヽ:: ::>ァ-------<´<:: /:,'   /:: :: :: ::|
       ∧ヾV>、:V/ | (ニxニ)  |: :',:: /_ -'''´:: :: :: :: ::|
       /:: L_i VX|: :|  ∧   |: : |:: :: :: :: :: :: :: :: :: ::ヽ
       /:: :: :: :: :: :: :|: └ ┘└ ┘: :.|:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::\



【補足終わり】

524◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:14:26 ID:tcJMOzxo0



              ,─、
          , ─ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~─、
        /            \
       /               l
       l                 |
      |┌─-______──~|  |       同志やる夫殿ー!
      |/               J  |  |
      |   -─_       _─-、 |  |       ネップの失敗はもう目に見えておるんじゃよ!
      | /\__/|   | |___∠ヽ \|
  __ ─|  「`--' _l __ /_`--' /   |─__    農民との同盟なぞハナから不可能だったんじゃ!
 (_ | |  | \ヽ ̄_/ ┐┌  \ ̄/ / | | | _)
   ̄ ─|  l  ̄            ̄  l  |─ ̄   ___
        | | ┐ ,─     ─、  |  |_   / ヽ___ 入
     //|∩ |┐_ ヽ r _  l  |  |::: ─_|       l
   /::/::/ /| /~  ───  \|   |   |\:::::::::|       /─、
   /::/::| 〈 | |┌──── ̄ 7|     l\\::::::\___//  \
  l:::l::::| ヽ  | ~| _____/ |   /|:::|::::::\:/     /    /─、
   \:::|  ) / /        丿  /:l::::|:::::::::/ \   /    /   l
   | \|__//~─- ̄ ̄──'  /::/::::l:::::/   l  /    /   /~l
   |  |   |─______─ ':::::/::/:∠_   |/   /   / /
   |  |─-|:::::::::\::::::::::::/:::::::://:::|   7\  l _/ |__/ /
   |  |   |─__ `──':::::::::::/::::::─\__l_ /        \/
   |/|   |  \:::: ̄ ̄ :::::::::/ ̄ ̄::::::::::::::|\       /|
   |/|   |    \::::::::::::::/\:::::::::::::::──| `───-/::::::|



      ノ L
      ⌒
   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈○ ノ\   /\ ○〉ノ L
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ ⌒
    )    Y    (       同感だね。
   /γ⌒     ⌒ヽ\
  /  |         |  ヽ    特に富農の横暴ぶりは目に余るよ。
  |   ヽ__人__ノ   |    早急に「対抗策」が必要だ!
  \     `ー'´     /
第二書記・やる夫の盟友
       ヴァチェスラフ・モロトフ

525◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:15:14 ID:tcJMOzxo0


           ( ⌒ ⌒ )
           (     )
           (、 ,   ,)
             || |‘
         / ̄ ̄ ̄ ̄\
         l ∨∨∨∨∨ l
         |   \()/   |
         (| ((・) (<) |)       それだけじゃありませんぜ!
         |    ⊂⊃   |       ネップで息を吹き返した
        | .| ⌒ \.l/ ⌒ | |       ブルジョワどもが
      / |. l + + + + ノ |\     闇市場を操って政府の物資調達計画を
     /   \_____/  \    台無しにしてやがるんです!
   /   _              \
  // ̄ ̄(_)               |
  |ししl_l  (            |    |
  |(_⊂、__)            |    |
  \____/              |    |



        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、   中央委員会でも
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/   ネップに対する不満が
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /    高ぶっていますね。
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/      少なくとも、ブハーリン派への
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\     支持は極めて少ないかと・・・
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃



          / ̄ ̄ ̄\
        /  ::\:::/::  \
      /  .<●>::::::<●>  \  ・・・・・・
      |    (__人__)     |
      \    ` ⌒´    /

526◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:15:42 ID:tcJMOzxo0



     ∧,,∧
    ミ,,゚Д゚彡   ただちに工業化あるのみ!
    (ミ   ミ)    政府は重点的に
     ミ   ミ    重工業に投資すべきだ!!
     ∪ ∪



       ,r"                    ゙、
     _,/                       ゙、
.   ,r'"                       ゙、
   {     {                      ヽ
    {     {     ..,,_              ヽ     断固反対する!
.   ノ     ,'゙'、ヾ、レ‐---、ヾ゙)ノ)   -、         ゙,
  /     {  ,、-:::::..  :. :::ツ ノ     ゙、゙'、       }    現在の政策バランスを崩せば
  ,"      _!,,ソ:::::::::::::::.. :. :::::ノ{     } }      ノ
  {     r'':::::::::r-、;_::::::::  :. :/ ゙'‐-、,   }.ノ      {     ソ連経済は内戦時代にまで
  ゙、    { ::::::::;'   `''ー-‐'"     ノ  リ       ゙ヽ
.  ゙'‐-、 ゙'、 ::::/           、,クノハ         }   後戻りすることは確実と言えるだろう!
     ゙'‐`'{'゙iヽ、'   __,,,      ,.,.,.,,,_/_ハ       {
        `'ヽ  r"       .| ┌ー-゙-ニっ     ヽ、
         {ヽ  "      | .|      } ト)    ヒ`ゝ
         `~}ヽ      /.| |      -‐"  ヽ、 マ
     l'''ニニニニ{、、,゙'、.,__-‐"  | |            ヽ'
.      | i     ノ     l,.、-'"| |
      | i     `つ   ζ   .| |
      ヽ,ヽ     `''ー'l
.       ヽ,゙、         !

527名無しのやる夫だお2012/06/10(日) 22:16:03 ID:0qQxy1Wc0
そろそろ切り捨てる頃合いだな。

528◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:16:13 ID:tcJMOzxo0


                     ゴスプランの発表では               ∧,,∧
                     計画化によって                  ミ゚Д゚∩
                     ソ連経済は年率5%もの             (ミ   ,,ノ
                     成長を達成できるとあったぞ!          ミ  ミ
                                                 し`J

                           ____
                        ´        >―- 、
                    /        /     丶、
                 /         /          `ヽ、
                   /       /           |  ヽ
                 /      '              |   '
              /      / 〃 〃 ィィ      |  ′
               |         {  {,.ヘ 仏ィ´~`'<,ノノ  ノイj   }
               |        人,イ   {:::::...::::::::::::`ヽ/ 川  ハ
              |       八ト从:::::::::::::::::::::::::;=v彡イ    }
                   |          `ヽ `   __;;;ノ⌒{:::`く}   ノ    彼らはデタラメに
              /|           ノ   `゙゙゙     乂:::::Уノ′
            _ ノ              ゝ         - ノ::::/´      達成不可能な数字を
             _`斗…=≡ニニ=¬^    <⌒丶_  ヽィ
            [  -‐=ニニニニニニニニl |        ` ァ′ 人ゝ       ばらまいているだけだ!
              |ニニニニニニニニニニニ7 /、       ゙   / ノ^
           _,|=ニニニニニニニニニ7 /  丶、     /i⌒^         あんなことはできっこない!
        _/ニニニニニニニニニニニ7 /``丶、:::..___/ィ汽二二ニ7
        ニニニニニニニニニニニニ7 /       〔,ィノ)仏ィニニニニニ/ /
         ,ニニニニニニニニニニニ7 /        〉ニニニニニニニニ/ /
          ニニニニニニニニニニニ〈 〈 丶、     /ニニニニニニニ;;//

529◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:16:38 ID:tcJMOzxo0


                ∧,,∧
               #゚Д゚彡     なにをぉ!?
                ミつ つ     お前はソ連人民の力を
              ~ミ  ミ.      信じられないのか!?
                U U      この敗北主義者め!




                                                 ∧,,∧ 
                  ブハーリンは右翼偏向の修正主義者だ!     ミ,゚Д゚,彡
                  労働者の団結を掘り崩し               (ミ   ミ)
                  革命を弛緩させようとしているぞ!          ミ   ミ
                                                 ∪ ∪



   ∧,,∧
  ミ,,゚Д゚彡     右翼偏向を撃退せよ!
  ミ づミ)      党は社会主義を取り戻せ!
~ミ  ,,つ       プロレタリアの革命万歳!!
 (/"

531名無しのやる夫だお2012/06/10(日) 22:17:37 ID:0qQxy1Wc0
結局、精神論とレッテル貼りになっちゃうのね。

530◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:17:06 ID:tcJMOzxo0



   ――― 政治局会議

 ┌─────┐
 |  ,,,,,,,,,,,,  |
 |  [l,,,,★,l]  |
 | (__・∀・) |
 |/´~ V:V~ヽ.|
 └─────┘
                ,,,,,,,,,    ,,,,,,,,,,,
                [|,,,★,,|]   [|,,★,,|]     ,,,,,,,,,,,
               ( ・∀・)  ( ゚Д゚,,)    [|,,★,,,,,|]
             ,,,,i^i ̄(iノ '^:^')  /~^:^~ヽ   (∀` __)\
            [|,,,,★,,|] |  ,l/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\l:`´ [|,,★,,,,,|]
        /(,  ・∀) _/            \ (∀` __)\
       [|,,,,★,,|] `´:l/                  \l:`´ [|,,★,,,,,|]
     ,/(,  ・∀) ,/                      \ (∀` __)\
   [|,,,,★,,|] `´:l/                      \l:`´ [|,,★,,,,,|]
 ,/(,  ・∀)⌒/                            \ (∀` __)\
 i^i (  `´:l/                                 \l:`´ ~,) i^i
 | | (   ⌒ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |⌒   ,),,| |
 | | ̄ ̄(__|                               l_ ) ̄ ̄| |

532◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:18:03 ID:tcJMOzxo0



       /                         |    ―――というわけで
.       /        π                  |
      |      ノ {               |    近頃、叩き潰したはずの左派が
      l i   从(´__  `ヽ_                {
      ヽヽ .{/////`ー´77777ノ丿  /       |    再び活発に動き始めている。
       `ヽ i/////r-、//////ヽ─´  /,    |
         _ノ ∨/_ノ/  ヽ////>/   //  _/     彼らの反ネップキャンペーンが
        て ',  ヽ   ` ̄  z  /´  /_
         -=>  ',  ニ=      レイ    く      成功しないように注意を払おう。
       |::::::::::::|/ ヽ  `    / /   ヽ ト--= _
       |:::::::::::{{ ,|_`ー- - ´  / |_   ノ:. :. :. :. 〉 〉
       |:::::::::::|| |`ー------ イ _(:. :. :. :. : //
       └:::::::::|| イ            }t-:. :. :. :. :. //
-=ニ二三三::::::::::}}              |/:. :. :. :. :. //


          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\     異議なしだお。
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /     まったく左派の連中も
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ   懲りねーもんだおー。
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ

533◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:18:54 ID:tcJMOzxo0


                 >   ̄  <
                /         \
               ′ , 、     , 、   ',
                    ′ /  \ | /  ヽ  |
               l 〈     ` ´     〉 |
               | /   、       ゙l l   ネップは大きな問題に直面しているのは認めざるを得ない。
                  r、 l 、_-ッ 、ヽ〈 ,r ッ-ァ l r、
                  l.Ν    ̄´'1 ー ̄  レ .リ   だがしかし、農民との紐帯を切断すれば
              ヽ ハ      |     | ./
               `l l   `ー '    /|´    せっかく築き上げたネップの市場が崩壊してしまう。
                   | 、  ー一   /|
                  f|  \     , ′ト,    そうなればソ連経済は倒れるほかない。
                 |ミ≧、_ヽ __/,ィ#彡|
              _ イ ┌゙ミミtzrィ彡ラ'7 ト、
       _ > 7 ̄ |〈  lニ `l l.| |/´_フ  .l l`ー‐、-<_
ニ> r一/´ /_ ノ一 '´ \ 匸 `.|  -/ / `ー‐、l_   l`ー、-、_ >一
一 ⊥ ‐'  ̄           `>`コ | [ ̄<´     _ ̄`ー‐-'、__「 二
_フ´三t   |≧z、            ` T ´     <三三三ラ     ヽ 一

       ____
     /_ノ   ヽ_\
    /( ●) ( ●)\      ・・・その通りだお。
  / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
  |        ̄      |    やる夫はネップをみんなと一緒に守り通すお!
  \               /

534◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:19:33 ID:tcJMOzxo0


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\     じゃ、今日の議題はこれで終わりかお?
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |             |    やる夫たちは公務があるから
  \              /    これで失礼させてもらうおー





   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ    やる夫。
    )    Y    (
   /γ⌒     ⌒ヽ\    「例の件」だけど・・・
  /  |         |  ヽ
  |   ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     /





     ____
    / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \    おお、ヴェーチャ。
  /::⌒(_人_)⌒:::::  |
  |    ー       .|    ・・・「あの件」は別室で話をするお。
  \          /

535◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:20:09 ID:tcJMOzxo0


         ___
       /      \         ,.⌒ ヽ    γ ⌒ヽ
.       /:::         \       (    ふ   /    .) )))
    /:::           \ )))   ヽ__   ヽ /   __ノ
    |::::            |       )    Y   ミ(
      \::::           /      /          \     そそくさ
        >        <      /              ヽ
  そそくさ               |               |   )))
                      \            /




                          .  -‐…‐-
                        /            \
                          .         .:::::::::::::::::::::ヽ
                          ′        .::::::::::::::::::::::::::'.
                            .:::::::::::::::::::::::::::::::'
                       i  |i    .::::::::i|:::::::::::::::::::::: }
                       |   |i   .::::::::::|i:::::::::::::::::::::::′
                       ∧   |i ..::::::::::::i|::::::::::::::::::::/}
                   {∧ :::::::|i::::::::::::::::|i:::::::::::::::: //    ・・・・・・
                     V∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://
                     `|ヘ\:::::::::::::::::::::::::::::::::::/´
                        { |   ー=====‐ {
                      、|     _____  |
                      x≦二二二二八二≧x、
                         | |三三三|二  二|三三|
                       l| |ニニニニニ《 》ニニニ|l
                   _l|≦ニニニニニニニニニ≧|i

536◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:20:44 ID:tcJMOzxo0


                 :.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.::.:.:.:|
                  :.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:.:|
               `´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.|
                .:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、|.:.:.:.|
                   :.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.}
                 :.:.:.:.:.:.:.:, -――..r:.:t‐  |.:.:/
                   .:.:.:l.:.:.:.:`"'''ー----゙´   |:|⌒ヽ
                   .:.:.:|  ヽ:.:.: ̄ ̄`゙ヽ  |:i   |
                   .:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙   |i(ヾ  |
                   .:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i':i  j  |   (・・・ブハーリン)
                   .:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!j (/  /
                  .:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ハ   /
                .:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/|-´
                ____.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:/:.:|
                   ̄ ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:|
                    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:|
                 ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:|
              :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、
              :.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   , -''´  /|
              `ー―‐' -―''´, -‐'⌒ヽヽ|



   /       ,_,              ',
   /       ( l 、            ',
   l      ,i、/ 〉ヽ!ヽ、ヽヾ   `ヽi   l
   l    i , ノ ハ( 、 ,-‐..'´`ソ'`ヽ i リ   /
  │  i、l=‐':´`"゙:::::::::::::.  : ノノ/、  /
   | i i |/::` :: ::::::::,i ヽ ;::::::..  .:: l l  l   ヽ     なんです?
   l ヽゝ l::: ::: :::/ |  `' 、::: -'´j l' /   )
   ヽ、ヽ ` 、、:::/  !、-     ゝ,l '   /     同志ルイコフ。
    ゙''- 、ミ ',   _, - ‐-   /r, 、 `( _
       _ノヽ\    -    , '// \   )
       `ヲ.  \      / //    `''‐'-,
    , ==l ,  l ` - ‐ '  //   ,---、 /
  , , ' '´   !li  lL.   , - ' 7/   |=000| )
//      `゙゙゙_)| `' '´   l(    ゙ー ' ´く
ヽ.ヽ、        l      ヽ >      l

537◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:21:10 ID:tcJMOzxo0


...........................,..:--――‐--.、_
::::::::::::::::::,.:r'"/        ゙ヽ、_
:::::::::::::/ iill /          \
::::::::::/,∧ N / "  _,.r―ヽ、  ‐:、  \
::::::::,i!" i! il゙ _,.;r'"     ヽ   ミ、  ゙i.
::::::,i   V;/         i!   ヾ、  !
:::::i    "      ヽ   ,ゝ   ヾi  l
::::ノ  、 i  ノ      ゙、 ヾ、   i゙  .!
:(、_ .ソ "   __     〕 .,r‐、   !
::::l ゙ヽ-ツーヽ=<___。>‐'  \r",:タ.! /
::::l   .:!   \_        l レへ !./
::::ヽ .::j  ::.  ゙ー:.      l レ'///
::::::゙:. Y__..._. ::.         ,り//Y     (ここだけの話だが・・・)
:::::::::゙:. ヽ‐"          ト、ノ i l!
::::::::::::゙:. ヽ二ニ=’     /   i .l
:::::::::::::::i!  ゞ:::       ノ   i! l
:::::::::::::::::i! /      _/〃   ;! .l
::::::::::::::::r゙、___,.∠/.:/   __,.-‐ト、
:::::::::::::::l.「 ,  ┌-===―‐‐tTr-―‐ニ┐!
:::::::::::::::l゙ーj  ト--  ゙l  l l l 「 ̄ .」 l

538◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:21:25 ID:tcJMOzxo0


             /. : : : `ヽ: : /: : : :\
                / . : : : `ヽヽ:l://. : : : : :ヽ
            / . : : : : : : : : Y : : : : : : : : : :.
            .: : :/⌒\: : : : l: : : :/⌒ヽ: :.:i
            | : :|    ::....、: l :, .'     '.: :|
           : : :|     ::::`´      ': : |
           '. : |_    ...:::::::.  '" ̄   |: :'
                〉, { ー―u‐ァ.::ィ r―u‐ァ |/、     (・・・左派を裏で操っているのは、
             {う l / ̄::/ | ヽ ̄`ヽ |う}
               V∧ .:::::::〈 |      リ /      やる夫だという話だぞ)
               ヽJ.   ::::::ー、l_,.     ,ィ′
                 Y:.、 ::::::. __,    /|
              l  \:::::.` こ´   / ,|
               _/|\  \::. l    イ/卜_
          _,. -‐<_} |::人>=.≧ー≦=人::::| {_>‐- .、_
    _,. -‐<_>  ´   乂:::::::三V} | {V三:::::乂  `  <_>‐- .、_


                           ____
                        ´        >―- 、
                    /        /     丶、
                 /         /          `ヽ、
                   /       /           |  ヽ
                 /      '              |   '
              /      / 〃 〃 ィィ      |  ′
               |         {  {,.ヘ 仏ィ´~`'<,ノノ  ノイj   }
               |        人,イ   {:::::...::::::::::::`ヽ/ 川  ハ
              |       八ト从:::::::::::::::::::::::::;=v彡イ    }
                   |          `ヽ `   __;;;ノ⌒{:::`く}   ノ
              /|           ノ u  `゙゙゙     乂:::::Уノ′   !?
            _ ノ              ゝ         - ノ::::/´
             _`斗…=≡ニニ=¬^    <⌒丶_  ヽィ
            [  -‐=ニニニニニニニニl |        ` ァ′ 人ゝ
              |ニニニニニニニニニニニ7 /、       ゙   / ノ^
           _,|=ニニニニニニニニニ7 /  丶、     /i⌒^
        _/ニニニニニニニニニニニ7 /``丶、:::..___/ィ汽二二ニ7
        ニニニニニニニニニニニニ7 /       〔,ィノ)仏ィニニニニニ/ /
         ,ニニニニニニニニニニニ7 /        〉ニニニニニニニニ/ /
          ニニニニニニニニニニニ〈 〈 丶、     /ニニニニニニニ;;//

539◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:22:07 ID:tcJMOzxo0


     /                       !      !
    /     /  /                 、l , -     ',
   l     l   !,ィ               ノ'       ',
   ヽ     !  !l!             , , ノ        /
    ヽ    ト、 ヽ  ! /, _,.-_ ,ノノ ,ィノl'ヽ/,       ,'
   ,...ノ'   | ヘーヽヽl(/ l'´ ≧ミ、_ ,ノ' ! リ! l       ト!_
 r'´イノ    ヽ リ   r'`    ヽヾ歹、=、ヽ ,_リ=、  l  ノ l `
 !( ゞ,.     ´r、 r'       ̄` ヽ  /ゞクイノ /ノ ノノ
 }ヽ、`` ー- _i´, ノ'.lヘゝ  し       /  /ー '´_, '´
 l   ̄` ー- 、`ヽ、l,_        _   l  / ,(´       (・・・・・・同志ルイコフ、
 !        ` ー-、ヽ u      ヾ=-' ,.', ィ、丶、
_,ゝ          _レ'-―- ..,'' ―=- ,イ(   `ヽ\     それは確かな・・・情報なのですか?)
           `iーrヘ ̄`ヽ、` ー, - '一ー- 、   ヽ.ヽ
                l lー-ヽ _, -`´ , --‐_レ‐- `)  /∠、
                | | ヽ./ r=ー'―‐'´-、  ̄ `ヽ///ニ,
              ! ト.ノ   , ―---=、_ヽ l / \ ヽ
            ヽ〉′      , - 、 `i.| !/   〃,.、!
               /        '   ヽ_!!l'    ヽ'へ\
            /              `ヽ      ヽヽ



                 >   ̄  <
                /         \
               ′ , 、     , 、   ',
                    ′ /  \ | /  ヽ  |
               l 〈     ` ´     〉 |
               | /   、       ゙l l
                  r、 l 、_-ッ 、ヽ〈 ,r ッ-ァ l r、    (事実だ。
                  l.Ν    ̄´'1 ー ̄  レ .リ
              ヽ ハ      |     | ./     やる夫とモロトフの動きに気をつけろ。
               `l l   `ー '    /|´
                   | 、  ー一   /|      奴らはネップを破棄しようと計画している)
                  f|  \     , ′ト,
                 |ミ≧、_ヽ __/,ィ#彡|
              _ イ ┌゙ミミtzrィ彡ラ'7 ト、
       _ > 7 ̄ |〈  lニ `l l.| |/´_フ  .l l`ー‐、-<_
ニ> r一/´ /_ ノ一 '´ \ 匸 `.|  -/ / `ー‐、l_   l`ー、-、_ >一
一 ⊥ ‐'  ̄           `>`コ | [ ̄<´     _ ̄`ー‐-'、__「 二
_フ´三t   |≧z、            ` T ´     <三三三ラ     ヽ 一

540◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:22:52 ID:tcJMOzxo0


            /                       i
         l             γ      } (  l
          l              i  / ノ ノノル))j ヽ
          ,'           { { { {彡≦≠ュ/ ! リ
         ,'            ゝ、ゝー( ´`ヽニ セヾ 〉ソ
          {            {´ヾメ )        '、
        ヽ、           ヽ))( ( U        ヽ   (馬鹿な!?
          ヽ               i ト ゝ         rー′
           ミ         ノノ!    u  ´ ̄」′    まさか、そんな・・・にわかには信じがたい。
         γ⌒     ヽ   {(  ヽ、       `{
          ゝ,      !ニニヾ彡 `::.. >     j      同志ルイコフ、それはただの
        ( つ     ノ:::::::| | ヘ   ┬‐` ー ´
         ミ彡 γ〃〆:::::::::::| | ̄ ̄ ̄`ヽ=====y    悪質なデマなのでは・・・?)
         {    {((ヘ::::::::::::::::| |     /       //
           ゝ、 _丿::::::::::::::::::::::| |     |       i l
         {:::::::::::::::::::::::::::::::::| |     |  i   | l
        ___彡ニニ二二 ヽ ヾニニヽノハ |    l |   rー - 、



      , ー.、 .r ⌒ヽ
      !;;:. ,! l、  ノ
      }::::..ヽ_/  { _
      /::::::::::     \                       __
     |::::::::::::::::..       l                    /..::::::::::::::..\
     |:::::::::::::::::::.      |       ....:::,,         ./..:::::::::::::::::::::::::.\
      ヽ;:::::::::::::::..   /      ,):::::::ノ       /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
.         }:::::::::::::::::.  {        (:::::ソ        | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
      /:::::::::::::::::::: ヾ、      ,ふ´         \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
-―――-|:::::::::::::::::::::::::  \ -――,ノ::ノ――      ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
        |:::::::::::::::::::::::::|ヽ、 '⌒)━            ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ



                    _ , 、- '' " ̄` ー 、
                  /           `ヽ
              /               ヽ
               /                  ',
            i                      ',
            レ      j                i
              /      ノ八 :|、           i
           /   / /:ノノ  \!ヾ丶          }
          ,'  / !:/彡イ   _ゝ\\ゝ       ノ
          {  i l リ´ニtァヾ` ー=ニfァゝミミ     /
          \{ {ゝi    i       (     /
            ゝヽ∧   j__,   U  ノノ7   {      (やる夫は・・・つい2週間前、
                ) ヘ  __`     ゝ、ソ   リ
              (( ヘ   _  ̄  ,.、_ ((    ノ      私と一緒に、合同反対派から
          ____つハ    u //へヘ) }イ
           ',     彡 i`ー‐<//  ー=ニソ八       ネップを守り通した男ですよ・・・)
           ',    ヽ,ト、___//  「x:x:x」( て
           ',      !   //    ̄ ̄ ))ノ
      / ̄/ヘ  ',      l   //    __,,、==<__

541名無しのやる夫だお2012/06/10(日) 22:23:18 ID:CiqOYv/Eo
全てを押し付けての切り捨てか…

542◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:23:40 ID:tcJMOzxo0


                 :.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.::.:.:.:|
                  :.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:.:|
               `´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.|
                .:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、|.:.:.:.|
                   :.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.}
                 :.:.:.:.:.:.:.:, -――..r:.:t‐  |.:.:/
                   .:.:.:l.:.:.:.:`"'''ー----゙´   |:|⌒ヽ
                   .:.:.:|  ヽ:.:.: ̄ ̄`゙ヽ  |:i   |   (・・・いずれにせよ注意しておけ。
                   .:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙   |i(ヾ  |
                   .:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i':i  j  |    あの男はどうにも信用ならん。
                   .:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!j (/  /
                  .:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ハ   /     そして、力を持ちすぎている)
                .:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/|-´
                ____.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:/:.:|
                   ̄ ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:|
                    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:|
                 ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:|
              :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、
              :.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   , -''´  /|
              `ー―‐' -―''´, -‐'⌒ヽヽ|


        __,r'"    ~ヽ.
      _ノ~         \
     /               ヽ
    /                ゙!
   i                   ゙i
   ,i                  l
  ./        i           (
 ,i /    ノ,ノノi i i         )
 ! ,ヽ, ∧ニ'レ'ー' !、j、 、       i
 ヽ\ソ,ノ''ミェf、  ,__二ミ      j
  "Yヽ.ト   )  ''ミェァ,;゙) '"   )
   リゞ.l _u /      ~i //,\       ・・・・・・・
.   ゙ヽ!トl ,\ヽ    U j !, (/i゙`' \
   __,j,ハL!ヽ.゙y‐'" ゙̄ヽ'"j j. ,r┴‐‐'゙7i!
  (~r' ! ヽ./__,r=~ヽイ「「`^~  ((  !
  !.l  ) ,f~  _,,ィ、\,i !j! ,.へ    )/
  | | ( /      ヽ./,// /゙^ヽ.__/
_,..-.! !  i   -==ー//j、,、))   /)
   !ヽ j        )ー'Y ("   //
   \V    !i~_/   トー゙  //‐-r'" ̄~ヽ、
   /     ,j~__ _,.ノ!.   //        \_
  _j'~     /      ,八  //          i.

543名無しのやる夫だお2012/06/10(日) 22:24:11 ID:J6tCOp7I0
人類史上でも屈指の狡猾と冷酷という単語を煮詰めて具現化したような男だぞやる夫は

544名無しのやる夫だお2012/06/10(日) 22:24:36 ID:0qQxy1Wc0
同志ブハーリン、これは権力闘争なのですよ。

545◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:24:38 ID:tcJMOzxo0


             ,__
             l_<
             _|_
_           ,ェ._.ュ、
,,,,]||      ,,.-'"゛    ~''ヽ、
ニニニ,,!-z,,,,,,メ--────--丶、          /_|ヽ                 ★
-、,,,,_ .~"'''ニ==ェ,,--'''''''-------ヽ.._        |iiii|゙|.                    |
   `~"'―-,,,,,,|ニニニニニエエエェ,l,,,,|,,,,[ ]、       |;;;;;;|;;|.                 ,!!、
  人   人 `゚゙'''―v,,,,「  .|~゙---->...ュ,ュ__.、 .,i;ロ;ロ|;;|                 iiiii
  彡ミ  彡ミ  人   人゙'''ー-...,,,,_|  `゙''''「゙゙'''''..|∩-|iil.,,,                |||||
彡彡ミミ 彡ミミ  彡ミ  彡ミ  人 `゙"人-i、,,_,,,l;;;;;;;;;;;/;;;/z,,,__.             .|  :|     i
彡彡ミミ彡ミミ ;;彡ミミ.;彡ミミ ;彡ミ  彡ミ  人゙'''┐'| .|''i--zz;;;;;,,,,,.         |AA.|    ∧
彡彡ミミミ彡ミミ 彡ミミ 彡ミミ .彡ミミ 彡ミミ彡ミミ:::| .| .l'''―v,,,,,"'''i   _____ .A l゙| | |.|.A. .|ii|
彡彡ミミミ彡ミミミ;;;;ミミミ彡ミミミ彡ミミミ彡ミミ彡ミミ:::| .! ,|    `~"'ヘ-i、|ロロロロi''i_|ii| |ll,,,,,,,||ii|_./ .ヽ
彡彡ミミミ;;;;ミミミ ミミミ ミミミ;;ミミミ;;ミミミ;ミミミ::::| |  | 人人人  r‐┴── ┴┐゙゙゙゙゙゙゙゙゙ll-----トL,
ニニニニニニニニニニニ===============   |..彡ミ .r‐―┴――─┴-┴─--iL,、:::::::|゙゙゙|----- 



   /       ( l 、            ',
   l      ,i、/ 〉ヽ!ヽ、ヽヾ   `ヽi   l
   l    i , ノ ハ( 、 ,-‐..'´`ソ'`ヽ i リ   /
  │  i、l=‐':´`"゙:::::::::::::.  : ノノ/、  /     やぁ、セルゴ。
   | i i |/::` :: ::::::::,i ヽ ;::::::..  .:: l l  l   ヽ
   l ヽゝ l::: ::: :::/ |  `' 、::: -'´j l' /   )    いま時間はあるかな?
   ヽ、ヽ ` 、、:::/  !、-     ゝ,l '   /
    ゙''- 、ミ ',   _, - ‐- u  /r, 、 `( _    折り入って話をしたいことが
       _ノヽ\    -    , '// \   )
       `ヲ.  \      / //    `''‐'-,   あるんだが・・・
    , ==l ,  l ` - ‐ '  //   ,---、 /
  , , ' '´   !li  lL.   , - ' 7/   |=000| )
//      `゙゙゙_)| `' '´   l(    ゙ー ' ´く
ヽ.ヽ、        l      ヽ >      l



:::::;;;;/ヽ_.ノ       \   }__  \
: ;/    ィ=ミヽ      \_ル'| ̄`ヽ\
Y⌒ヽ  // 仁ニ二二二二二}∴. /¨\.            / ̄ ̄`ヽ
|____丿 //   /. ̄ ̄ ̄`ヽ ∵ /、   |___.      / / ̄ヽ
|   //∴ Y_          \ 〈.   }ヽ/|\   \__{/      \
||   //∵   \ ` ー-==、 .   ) )__ノ,ィ彡'}‐-丶   \三三三三三三三
|ト、 ヾY     ヽ\    O ==' ̄ ̄`ヽ==ケ  \    \三三三三三三    おぉ、ブハーリチク!
|| l } y'⌒==ュ` ー===イ    -‐ "¨¨¨ヽ _}  ̄ ̄ ̄}三三三三三三
|| l ./     `ヽ    /  .../    , '"¨¨ヽ ¨¨ヽ  ノ三三三三三三     変わらず元気そうだな、何よりだ。
||ノ /    _                 ,,/       |  ノ7/二7ヽ三三三三三三
||彡イ   ⌒ヽ ̄`.,イ㌦_ヽ     { ヾゝ   ノ .〃/    \三三三三三   どうだ、やる夫のところにばかり
|. /| |        \/ |. |∨∨「ノィy-rケヽ___,ィレ′       \三三三三
|/ .|人:::::...    廴ノ__ノ勹ィヽ,ィュ ,イレ'ヽィy′レイイ}___   ヽ 三三三   入り浸ってないで、
|  |  \::::::::...      ` ー─‐-Y |勹Yl`ヽハ-‐─j:三三三\    \三三
|\     \             ` ー '  ̄  __ノ:三三三三:\    ヽ三三  たまには俺のところに飲みにこんか?
|\\    ` ー─-  ヽ:::..   ` ー───イ三三三三三三三三\    }三三
  やる夫の同盟者 セルゴ・オルジョニキーゼ

546◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:25:42 ID:tcJMOzxo0


セルゴ・オルジョニキーゼはグルジア問題以来やる夫と強い同盟関係にあった。

しかし、完全に取り込まれたワケではなく、
この頃にはブハーリンらとも個人的に親しい関係にあったとも言われている。


                                   |ヽ|ヽ}ヽ.ト、 ト、
                    ___   γ⌒ヽニ| レ-'-、| ',| ヽ
                  >''<>':::::::::=ーァ'´ ¨¨´/㍉イ. -==、 ヽ|   |
               ´//::::::ィ'' ∵.,Y⌒ヽ//,, ∵     ヽ Yミ|
   -一 ⌒ヽ.    /  / ./:::r'¨ ゚ ∴./ ト- イ/∴  ,,''   ⌒ヽ、. |'',,ヾ、_
   `ヽ    \/  ./ ./。・ :  '' /   /:/    ''        _j._彡  >''¨¨¨'' 、
     }.  | /     / ./o。    〃⌒ヽ ヾY  ´ ̄`ヽ  =ー'´  ´   (  ヾ /  ヽ
    _ノ  |′    ′′  o  {    ノノ j/            z-一T¨777rt、 ノ /
  (   \ |      ' ' . .    {ゝ-=彡' /    /三三三トアアアy'トハルレ'ニニニニ=Y 7′
   \    )     | | 。゚    弋_____彡イ     /彡ー,イ--≦三三ニニニニニニニニY7レ′
  \ `¨¨/.      | |     .,,;;lllllili|   / |   、_〈'   / レイ `ヽ  `ヾ三ニレレレjノ'
    `¨¨´',.      | {  ,;;l州    | / .人     `¨弋/  |ィ   \  Vハ
        ',      ' '州       |/    \     弋_ノヾ小ィ,,   ,ィ ヽイィィ         __
        ',    ', ',                ` ー─     `ヽ{_Y |ハyyyyイ  ./ヽ  /  `l
        ',    V∧                           `ー┴──┴y'  -┴/    j
         ',    V∧                     弋____ __.ノ三ヽ.  ー---〈,>'⌒V
  ニニニミヽ.   ' ,    V∧      ヽ、             イ三三三三三三三ニヽ.    /     〉
  三三三\   ' ,   V∧        ミー-------一<三三三三三三三三三三三ヽ.  、___ /、
  三三三三\  ' ,.   V∧               } } l三三三三三三三三三三三ニll        ヽ
  三三三三三\  ' ,  V∧              j j. l三三三三三三三三三三三ニ|          )

547◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:26:14 ID:tcJMOzxo0



           _,、 -‐''''""~~""''''‐- 、_
        ,.-'"             ゙ヽ,
       ,r"                    ゙、
     _,/                       ゙、
.   ,r'"                       ゙、
   {     {                      ヽ
    {     {     ..,,_              ヽ    そのやる夫のことで話があるんだ。
.   ノ     ,'゙'、ヾ、レ‐---、ヾ゙)ノ)   -、         ゙,
  /     {  ,、-:::::..  :. :::ツ ノ     ゙、゙'、       }   友人として助けてくれ。
  ,"      _!,,ソ:::::::::::::::.. :. :::::ノ{     } }      ノ
  {     r'':::::::::r-、;_::::::::  :. :/ ゙'‐-、,   }.ノ      {    彼は・・・ネップをどうする気なのだ?
  ゙、    { ::::::::;'   `''ー-‐'"     ノ  リ       ゙ヽ
.  ゙'‐-、 ゙'、 ::::/           、,クノハ         }  やる夫は農民達をどう扱おうとしている?
     ゙'‐`'{'゙iヽ、'   __,,,   U  ,.,.,.,,,_/_ハ       {
        `'ヽ  r"       .| ┌ー-゙-ニっ     ヽ、 ・・・君も噂ぐらいは聞いているだろう?
         {ヽ  "      | .|      } ト)    ヒ`ゝ
         `~}ヽ      /.| |      -‐"  ヽ、 マ
     l'''ニニニニ{、、,゙'、.,__-‐"  | |            ヽ'
.      | i     ノ     l,.、-'"| |
      | i     `つ   ζ   .| |
      ヽ,ヽ     `''ー'l
.       ヽ,゙、         !



            , =-‐ニニニミヽ、
          ,ィ´ィ,ィ'"´_=-‐-=、`ヾヽ
       .,r‐‐=///´r''´⌒、_∧_⌒,=、ヽヽ、____
ー<´ ̄~¨7  .///f´`,ィゝ‐''.〈ハ〉 ̄ゝ‐'、ヾヽ`ヽ\r‐-、
ヽ  ヽ _/ .///r‐f´     〈ハ〉    f`Y:l‐-、. }  l‐-、
 ゙v''"´  `ヽ{ i l`/'"//⌒ヽ. 〈_〉 ./⌒ヾ、 l l、  `ヽ ノ´`,、´ヾ
  }ゝ、 __, ィ'"l l: Y`i l l (⌒ヽヽ__/´,ィ'⌒) l l_l_l、ゝ ___)´` ⌒
  .l`ー---'''"l l:..l rf⌒ l`x、 ` v ´)ヽ,ィ' ff´ ハ `ー-‐'i ´` ,,、
  l       l l八ノl ヽri゙ゞニ゙、_|_,∠´、",r`Y ノ    l
  l    _ ヘ∨ゝ. /.f´l:.'´-三-`゙l`iヾ ハ'"     l      ・・・・・・
  .ハ,ィ'"´:::ヘ //ヽ,,`ゝ{ ,>=< }‐'"rヘ l.      l
 .ノ //////∧'"ヽ、゙ ゝ ハ'´ヾ  ,イハ ノ,ィヘl /⌒ヽ l
:./ l///////,`>-、 八_,,` ー‐‐'__ノ´ ,,ィ'"/////} l
/  ゝ///////////`ー=i `ー―'  ,ィ'´////////ノ l
   ` 、////////////l l7777l l´/////八 ̄   /
  _ =-‐'"///////>'"_ ヾ//ノ l////////`>. /

548◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:26:49 ID:tcJMOzxo0


      /                              ヽ
      /    l                            ヽ
    /    ハ |  、                            |
    /     | | |   ヽ
   |    いl ヽ,l\_ \   \
    | /     ト'  __ , --`ー `ー、 __ゝ  l l
   |!   ,-=、__f´::,.- =‐'´:.:.:.:.:.:.::::::)  ノノ
    l   |:::::::::::::::::::::::´ ,‐tァ‐=-  `r‐イ    /
    ヽヽ|:::::::::::厂ヽ:::::. : ̄:.:.:.:.:.:.:.:::/ {      ト、       やる夫とモロトフは
     \!::::::::/   \:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   ヽ     | \
        l::::/       ヽ---一 '   、_ノノ   ト、 ハ l
       ヾヽ、_ -          、_フ′/ / _/ヽ!    いったい何をしようとしているんだ?
            ', __          し ヽ_∠ノ /  ヒ´ノ
            ', ,-―‐--   u           /`l
            ', --     ____    /  ヽ、
           l      | r――- ニニニニニヽ
              l        | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ ノ |
   r,――‐ ´ ̄ヽ__ ‐┤l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::―‐/ ハ
    {{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   l ||:::::::::::::┌────‐┐ヽ! ヽ、
   ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_ノ   l  | |::::::::::::: |=<>ニ<>ニ<>=|::::::::::::ノ  ,
     ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ_,.r┴┤|::::::::::::└――――‐┘:::::::ヽ__ハ
     ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ!  ', ',::::::::::::::::::::::::::::, -――::::::::::::::::::::::´<
      ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   〉〉:::::::::::::::::, -'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l




                       , .-‐======- .、
                   /,. -;ィイ/⌒^^~~"''ー 、.\、
               r‐←/i/ レ'  ̄r‐- 、' , ' , ' , `ヽ.\
                 /ー'´/ .レ´  _`‐- ´`'‐、 ' , ' , ゙li ヽ
              ,r/"⌒! レ'  /´ ̄`''‐ 、 i´゙ヽ' , ' ll  i、
            y'- 、' , ヾ=ー''", ', ', ' '   ヽ ヽ、_)   !!  .l
        _ , rr‐(    \' ' ' ' '  ,. ‐'   ヽ ' , ゙!!  !   !! /⌒'/`y'⌒ト、
、/\ __("i´ l  l !`'‐、  ヽ .r ''"   |i   ノ ' , !!  !  !! ! レ' /  ノ─   ・・・ブハーリチク。
"´ ̄    ゝ-┴r´ ヽ、.._`o、{ { _,,.-=キ‐´ __ ||  | .〃 ,i -─-'、イ
       ト 、. __!     .r'"´ ̄``ヾー-=イf''´ ̄ r'´, - 、〃 ト、 _,,.ノ!      この問題について、
       ,r` ‐--i r'"´ ̄ ̄`ヾ     ^ヽ.  {. {   ) /'` ー--‐'1
       /   ,r'" ̄~`'‐ 、      Nヽ_,,..===:ヽ、._ー ン /       .{       俺はお前の力にはなれそうにはない。
      i   { ヽ、{  ノ }ヘ_,.. '-‐ !-┘      ),∨ ./       l
     i   (ゝー---一'´`´            ノ〃 ./        l       すまん。
.     i r─‐ !、._,,,..___ ,.ノ       _ ,. ‐'´,〃./ ,r──‐ 、.  l
`''‐ 、.._l l      ヽ`''‐ 、          _ /´/ /      l   !_,,. -‐'
     ! !     ヽ \ 「!''ー-====-fr´ ̄ / /         l.  {
.    | |        ヽ、 l.L三三三二ニ!i. ‐''´,. ‐'´          |   !
ヽ、._,! |           ! ┌‐-----─┐  i´               |  ヽ、.__,.

549◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:27:29 ID:tcJMOzxo0


//::::::::::::::::::'''ー-、ヽ、
/::::::::::::::::::::::::::::∧:::ヽ ヽ
::::::::::::::::::::::::::___/  Yヘv、 ヽ
 ⌒>(___ )  ゝ-イ | 'yヘ               だが、俺とお前は友人だ。
 ⌒Y .r=======、. `弋/  |
弋_ノ.// 。 ^  、ミヽ、__ー'ヽ、             ・・・たとえ、敵と味方に別れようともな。
   // o r  l ̄ ̄ `ヽヽニjy ヽ     /ヽ
   | | -ー           Y  .}、. )ー‐く y< ̄ ̄ヽ
           `ニ=ー-- j __jミ}ノ::::::::::::::ヾ        j___
          r   =ニ三ニ ヘ:::::::::::::::::::ヽ    {    ヽ
      ⌒ヽ /|/|     >'''´ ̄ ̄`ヽ::::::::::}    弋    〉
       イ_/ .|     (  ヘ   ,.'  / l::::::::j     >一'
        ヽ.ノスケフ「ノ ゝ、 .ゝ ,' ノ_ノ::::::/     r一-- 、j
   \_   ヽイゝヘ,ィy'| `テテテテテノ:::::::/    |     〉
            `¨弋/. |YYYYY}ノ|::::::ノ     、   /
              ¨¨¨¨¨¨¨¨`´)        ー<
            `ー─     ー'



                           ____
                        ´        >―- 、
                    /        /     丶、
                 /         /          `ヽ、
                   /       /           |  ヽ
                 /      '              |   '
              /      / 〃 〃 ィィ      |  ′
               |         {  {,.ヘ 仏ィ´~`'<,ノノ  ノイj   }
               |        人,イ   {:::::...::::::::::::`ヽ/ 川  ハ
              |       八ト从:::::::::::::::::::::::::;=v彡イ    }
                   |          `ヽ `   __;;;ノ⌒{:::`く}   ノ    ・・・っ!!
              /|           ノ U `゙゙゙     乂:::::Уノ′
            _ ノ              ゝ         - ノ::::/´
             _`斗…=≡ニニ=¬^    <⌒丶_  ヽィ        それはつまり・・・
            [  -‐=ニニニニニニニニl |        ` ァ′ 人ゝ
              |ニニニニニニニニニニニ7 /、       ゙   / ノ^
           _,|=ニニニニニニニニニ7 /  丶、     /i⌒^
        _/ニニニニニニニニニニニ7 /``丶、:::..___/ィ汽二二ニ7
        ニニニニニニニニニニニニ7 /       〔,ィノ)仏ィニニニニニ/ /
         ,ニニニニニニニニニニニ7 /        〉ニニニニニニニニ/ /
          ニニニニニニニニニニニ〈 〈 丶、     /ニニニニニニニ;;//

550名無しのやる夫だお2012/06/10(日) 22:28:02 ID:J6tCOp7I0
敵?いえ獲物ですよ

551◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:28:06 ID:tcJMOzxo0


   乂___乂   ヽ' / },γヽ
   -======、    Y  / | 、__}==、
=': : : :γ⌒゙\\   ヽ/ /|ニ=、‘,‘,
: : : : :.人    \\  ∨/}: : :ヽ|} ‘,
: : : : : :.f \    \\. ¨/:.:./¨ヽ. ‘,
=、   |  \    \ゝ-'/、  /-─‐
  ヽ   .    \.   }.r'  { }/            これで失礼させてもらう。
ヽ ‘, 乂__rtァ__≧、_ノノ_≦彡'乂
 ‘,  ,   γ´¨ ̄ ̄¨  、⌒ヽヽ`ー─        所用があるんだ。
  ヽ/ | ,  :::..  , -‐……- 、}`ー─
.   {:. / |   :::....   _  -‐…‐ 、:: :        党統制委員会の会議でな・・・:
   `ー{::..__」  、  , r'¨       .::|:. \
::.       `ー= _/ {  、     |  , /
            L_人  ヽ    / / /
 ̄`             `  ----- ´ }、
   、   、   ヽ   __    =--‐''/|
\  \   \   _二>-,=─ ´///////
三==─── ¨ ̄ /  /////////////



                 _______
                ∠´      `  、
                 /            ` 、
           /                 ` .、
          /                    ヽ
            /                       i
         l             γ      } (  l
          l              i  / ノ ノノル))j ヽ
          ,'           { { { {≦´;;;;;;;;;;;; ̄〕リ
         ,'            ゝ、ゝー( ´`ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;'ソ
          {            {´ヾメ )   ヾ;;;;;;;;;/、
        ヽ、           ヽ))( (  U  ` ̄´ ヽ
          ヽ               i ト ゝ         rー′   ・・・・・・
           ミ         ノノ!   u   ´ ̄」′
         γ⌒     ヽ   {(  ヽ、       `{
          ゝ,      !ニニヾ彡 `::.. >     j
        ( つ     ノ:::::::| | ヘ   ┬‐` ー ´

552◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:28:38 ID:tcJMOzxo0


                    _ ........ _
                    .  ´     ` : .
                  /           ` : .
                 /                ` ,
              i                 i
              |                   Y
                   !                     ノ    (もしもやる夫が・・・
                :、                 } (      書記局が敵に回れば・・・?
                  Y            乂乂
                〈           イY´       我々に何ができる?止められるのか?
                У           Уノミ
               ミ彡       _乂从リ        ・・・いや、まだ決まったわけではない。
               /:{      ソ´::::::::::::::> ..
                ∨:乂((  乂ミ=-::::::::::::::::::::::ソ     そうさ、まだ何とかなるはずだ・・・)
                  \::::乂__У::::\:::::::::::::::::::/
               __〉ミ三二ニ=\::::::::::く、
      xーヘvーr.:.:: ̄:::::::::::三二ニ=ニ二 ̄ ̄`ヾ__     ,へヘ、
     /:::::::::Y´ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::___:::::::::::::::::::: ̄ ̄::/:::`ヽ
     Y::::::∨.:.:.:.:.:.:. ̄ ̄∨:::::::!::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄ ̄ ̄ ̄`jУ::::/ ハ
     ハ:::::i:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨::::l:::::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//:::∨    i
    . i  ∨ij:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:i:::/ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::∨:./     ;

553◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:29:23 ID:tcJMOzxo0


ブハーリンは講演会などでやる夫へのメッセージを送り続けた。


                     . - -=-- 、_
                . : ´             `ヽ.
               /                     ',
                 j                     ',
                  /           i | !     ',
              .:      {{彡イノノノ ハソ ハ  i
                 {    {   从////////ハィ//ハリ }
                i    乂У ∨//////∨////ソノ     富農から退蔵穀物を取り上げる必要は
                 乂    い Y `ー "´   ∨/イ′      確かにあるかもしれない!
              彡   Y从ミ        '"´ 7
              八   ミ、  u   ⊂ニ7 /ミ        だが、攻撃を農民全体に広げれば
              い   У ヽ     ー  /ハ         取り返しのつかない損害を招くことになるだろう!
                ゞ==リノ、、  > 、   /ノ
               /:::::::::/:.:.:.:.:.:.≧x、、_ ̄彡、、
                 /:::::::::/:.:/  ` '・<: : |!:.:.:.:|:.:.|
  _ ...... _     ..<`::::::、/:.:/ ☆ ☆ ☆ 〉:|!.:.:.:.|:.:.|
/::::::::::::: `Y ̄`ヾ::::::::::::::/:.`:.:.> .   /:.:.|!:.:.:.:|.:..|、、_     _
::::::::::::::::::::::∧___:j>.:"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.:.:.>.:.:.:.:|!.:.:.:.|:.:.|:::::::|``:y':::::::::`ヽ.
::::::::::::::::::::::/∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.、j!__j/i!`ー:.:、:j::::::::::::::::::ヘ
::::::::::::::::/:.:.:.: ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i|:.:.:.:.i!:.:.i!:.:.:.:.:.i:.i!´ ̄`ヾ:::::}
:::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:∨ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. i|:.:.:.:.i!:.:.i!:.:.:.:.:.l:.l!:.:.:.:.:.:.:.j::/


だが、決定的な事態が発生する。

554◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:29:55 ID:tcJMOzxo0


1927年から1928年にかけて、大規模な穀物危機が発生。
都市部がまたもや飢餓に襲われたのだ。





_:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.: . . . . . . . .       
: .  ̄ ̄Λ_Λ──______:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:.i ̄ ̄i:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :. . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
:::::::::: /:彡ミ゛ヽ;)ー、::::::::: Λ_Λ. .  ̄ ̄ ̄ ̄─‐. ⊂ニニ⊃ ______:. :.:. :.:. :.:. :.: Λ_Λ:.: :.: :. :. :.
::::::.../ :::/:: ヽ、ヽ、 ::i:::::....(-д-::: )ー、::::::.......    ( ゚д゚ )ー、  Λ_Λ:: .. . ̄ ̄ ̄─(-д-::: )ー、::..
::. . / :::/;;:   ヽ ヽ ::l::: . /i ;:      :::i:::.::::::..... .  /i ;:      ::. i /:彡ミ゛ヽ;)ー、:::::::... .  /i ;:      :::i::..
: . (_,ノ⌒\;; ヽ、_ノ:l: . (:: ;;__/ :::./ |:::::......   (:: ;;__/ :::./::/ :::/:: ヽ、ヽ、 ::i::::.... .  (:: ;;__/ :::./ |:: .
    i⌒\)i⌒\ /:: .. / ____/ :|:::::::::.... . .  / ____/::/ :::/;;:   ヽ ヽ ::l:::::......  / ____/ :|::..
    | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ: . i⌒i_ノ :i⌒\ /::::::...... .   i⌒i_ノ :i⌒\(_,ノ⌒\;; ヽ、_ノ:l::::...  i⌒i_ノ :i⌒\ /::..
    | :::|  | :::|:::: .... | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ::::::::::... ..   | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ i⌒\)i⌒\ /:::::::.... | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ::::...
   (___/  (___/::.....  | :::|  | :::|:::::..... .     | :::|  | :::|:: .  | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ::::::.... . | :::|  | :::|:::: ::...
                (___/  (___/:::.... .. .. .     (___/  (___/:: : | :::|  | :::|:::::::.... .  (___/  (___/:::.... ..
                                      (___/  (___/:::.....



このような危機は1925年から延々と繰り返されてきたが、もはや限界だった。

555◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:30:29 ID:tcJMOzxo0


危機の原因は不作ではない。農民、特に富農による大規模な穀物退蔵である。

                            __ __
                            ,ィミ川彡三ヾ三\
             _(こ^)、_        {三{※}三}三ll三 }
            〃、__ノノ、__,ヽ       ヽ彡川ミノ三レ勿/_
              {.っ>  <っト、,   ィミ川彡三ィミ川彡三ヾ三\
            (⌒i  (千于`ー┴'─────┐三{※}三}三ll 三}
         (O人  `ー|                | ヽ彡川ミノ三レ勿/
           /⌒ヽ(^う 渡せ       ..... |
           `ァー─イ    ないよ!   |
           /  (0::|__________|
             /\____/
          /   /  ⌒ヽ
      ___/  / ̄ ̄`)  ノ
     (__r___ノ     (.__つ

     ...| ̄ ̄ | < メシウマメシウマ。
   /:::|  ___|       ∧∧    ∧∧
  /::::_|___|_    ( 。_。).  ( 。_。)
  ||:::::::( ・∀・)     /<▽>  /<▽>
  ||::/ <ヽ∞/>\   |::::::;;;;::/  |::::::;;;;::/
  ||::|   <ヽ/>.- |  |:と),__」   |:と),__」
_..||::|   o  o ...|_ξ|:::::::::|    .|::::::::|
\  \__(久)__/_\::::::|    |:::::::|
.||.i\        、__ノフ \|    |:::::::|
.||ヽ .i\ _ __ ____ __ _.\   |::::::|
.|| ゙ヽ i    ハ i ハ i ハ i ハ |  し'_つ
.||   ゙|i~^~^~^~^~^~^~


収穫自体は良好であった。だがそれを、農民が放出しないのだ。

556◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:31:17 ID:tcJMOzxo0


これら全ての原因が農民の閉鎖性に帰すると言うわけではない。

農民の購買意欲を刺激するような工業製品の不足、インフレによる貨幣価値の崩壊、
首尾一貫しない政府の価格政策など、農民が保守的にならざるを得ない市場の不安定さがあった。


        / ̄\
          |    |
        \_/
          |
       /  ̄  ̄ \            【まったく需要の無い製品の図】
     /  \ /  \
    /   ⌒   ⌒   \
    |    (__人__)     |
    \    ` ⌒´    /   ☆
    /ヽ、--ー、__,-‐´ .\─/
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \
 l     |    |ー─ |  ̄ l   `~ヽ_ノ____
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|--'  / オプーナ  /|
   .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/|    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/| ______
/ ̄オプーナ/|  ̄|__」/__ /オプーナ ./||__,」_____    ./|
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/オプーナ ./| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ オプーナ /|  /  |
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/|/
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|


しかし、1928年の穀物危機は、
社会主義勝利の為の闘争を党員たちにとって、もはや一刻の猶予もない非常事態に見えた。

輸出用の穀物は底を尽き、工業化への道が完全に閉ざされようとしていたのだ。

557◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:32:09 ID:tcJMOzxo0


それだけではない。
社会主義体制下におけるネップの矛盾が、もはや限界にまで膨れ上がっていた。



              __                   ,ィ-─‐-、
           /:::::::::}i:::::::\              /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ
           /::/´   `ヽ:ヘ    / ̄  ̄ヘ     |;;;;;;;;___;;;;;|
   / ̄ ̄ヽ   /:::| ⌒ 、 ,⌒ :|:::|     l      l  ,ィ;;;;;;;;;;;___;;;;;;;ヽ、
  |      |  |::::={.(・)フ=ヘ(・)}|:::|   |____|  |;;;;;;ィ'-=-、,-=-、;;;;;;|
  |____|弋:ルハ   (..)  }:::ヘノノ \::::::::::::ノ  ∨;| -━  :━- 'l;;;;;ノ
  \:::::::::::ノ  `ゝヘ   <─> :/-'    f⌒ヽ,´    ヘ^|´ ,ィ'-,,,,-ヽ、ノ:∨
   ィ二二ヽ-─‐{^| \  __/|::|ヽ__r-f^{二ヽ'、     `:| ''゙イfffffff>i : ;|
  r'二二ソ::::::::::::::||、\:: ̄  ノ/リ:::::{二|O─ヽヽ、    弋il,,l|`'===''´i|;ソ
  〈─‐=_):::::::::::::〈(\(\/、/《「-〈`ヽ|-‐⌒ヽノ\  ___〉`'!!i,,,,ル!、ノ::::|、
  ヽ_||_:::::::::::r──[二]──、〈⌒/\ ─''─ V´;;;;;;;;;;;;;|\‐-、,-‐二ノノ‐─、


     クラーク
復活した富農や大商人たちは莫大な富を築いて、本来国家が管理するはずであった
物流や市場を公然と支配していた。



         ∧,,_∧
        ⊂(´・ω・)つ-、
      ///   /_/:::::/
      |:::|/⊂ヽノ|:::| /」  lヽ,,lヽ lヽ,,lヽ lヽ,,lヽ
    / ̄ ̄旦 ̄ ̄ ̄/| (    )(    )(    )
  /______/ | | と.、   iと.、   iと.、   i
  | |-----------|      しーJ  しーJ しーJ



帝政時代からの技術専門家は、工場に必要不可欠ということで
一般労働者とは比べものにならない高給を受け取っていた。

工場経営者も、一度は駆逐されたはずの帝政時代のブルジョワが返り咲いていた。

558◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:32:49 ID:tcJMOzxo0


農民達は飢餓を武器に都市部を脅迫しているようであった。



     /三三三三\
   /______\
三三三三三三三三三三三三三\
三三三三三三三三三三三三三三\
三 /┛┗-ノ‐;ハ:::::::ハ:::: i::::i:::::', 三三三\
 ノ::┓┏;'_!_,. i::::/、!__ヽ!::〈:::::::i 三三三|   おらぁっ!!
:〈::::::ノ!;イ::rr=-,::レ':::r=;ァ::ハイ::::;:〈  三三 /   農薬マスタースパークでゆっくりしね!!
 ノへ;ハ '"        "',!ノ::;ハノ 三三 /
ノ:::::::::レヘ    'ー=ョ'   i;:i'::;(::〉 三 /
:::::::;::::i' ハ、      ,.イ/:ト、〉 ̄ ̄                   .....,,,,,,,,,
ハ/::::i::::ハ:::iン=r ー -<´iノヽ!;ノ              ,,,;;;;;;::''''''''''''''    ___
ノへ::ノル(,.ヘ#ヽ、/ヽノ ヽ.>ヽ.      ,,,,;;;;;;::'''''''''''       ,, '-´ ̄ ̄`-ゝ 、_ イ、:
!ヘレ'/   `ヽ#ヽ!ヽ.Y)ヽ〉    ,,,,;;;;;::'''''""                  ..::::::::::::::.、ン、:
          .n:n    nn                           -─==',  i :
         nf|||  ;;;::''''"                       イ人レ/_ルヽイ i | :
         f|.| | ∩  ∩|..| |.|                      、(◯)::::| .|、i . || :
         |: ::  ! }  '''''::;;,,,,                     ,rェェェ、 ".::::「 !ノ i | :
                 ""'''''':::::;;;;;;;;;,,,,,,            |,r-r-|   .::::L」 ノ| | :
                        ""'''''::;;;;,,,,,,         ニ´ .:::::,イ| ||イ| / :


それに彼らは国家の方針にことごとく反対して農業の近代化を頓挫させようとしているようにも見えた。

            /三三三三\
          /______\
   ,ヘ´ハ三三三三三三三三三三三三\
 x〈三三三 '三三三三三三三三三三三三\
 |三三三  ,.ノ   ,  lヽ  j /、lヽ ト三三三\
 |三三三 r'´ r'"イ .ノ\| .レ r=;ァ'レ'  { 三三三|
 \三三三  !、 l rr=-       /  `'''l三三/    トラクターなんて
   \三三レヽ.,ト'     ー=‐'   /    l 三/
    \三三 ,' ',          /ヘ,  /ヽ/      絶対使ってやらねー。
        ̄レ1 ヽ            人ル'レ'
         レ~i` ヽ 、_     ( "

559◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:34:28 ID:tcJMOzxo0


  , -─                \
∠.-─;:-    , ,ハ           ヽ
  /     ,.イ./|./::::ヽ. L、ト、        .|
. / ,イ   /‐K」!':::::::::iゝl-ゝ!'\i、    |     ククク・・・僥倖僥倖・・・
 レ' .! ,イ ,イ===。、:::::_"===。=:l. r‐ 、  !
   |/ l/ l:::ー-/:::::´ `ー-‐,,´:::| Fヽ ! |      そう、苦しんでくれればいい・・・
       !/:::::__-,  -‐''" ::::| Lソ/  !
      `T、--;‐=;===ニヲ.::::::l└ ' 、 ヽ     「強いロシア」など、永遠に葬られればいい・・・・!!
      /! `'ー-'---‐ '´:::::/i    l \\
      / _ヽ  ー一 .::::/:: !   /  |`ーゝ、
    ,.∠-‐'' | ヽ.   :::/:::  i   ,/    |
  ̄       /.|  ヽ;:イ::::    ノ  /' l   |
       /  !   ト、._   /  /  !   |



.   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i、;;;;;;ト、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;<ヽ
  _ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ヾ;;;} lト、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;‘,
ー=彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ハト、 ヾ;!⊥ハ;;;;ト、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト、!
  /イ;;;;;イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト、;;;;i、;;;;;;{ |ィヌ=≠ミト!、ヽ;;;;;;i‐、;;;;;} l!
  ,'イ;;;;;;;ハ;;;;;;;;;;;;;;;;i、;;;;| ヽ;;ト、ヽ;;!l リイ二リ三ミヽメ;;;;;;;!-、゙;;;} !,'⌒ヽ       /ヽ
  ! {;;;;イ! {;;;;;;;、;;;;;;l、ヽ;! ヾ! ヽヽ!!  =≠=<ミ/;;;;;;;;;}‐、!}/ !   }      /   }   愉快だねぇ。
  ! l;;;;{.i! l;;;;;;ハ};;;;;;;ト、ヾ、 ヽ `リ    〟〟 /;;;;;;;;;;;;! ノノ   !   i      ./   /
  ヾ、;;!ヽヾ;;!{メi;;;;;;ト、ヽ\ ,ィ        ,'ヘ;;;ハ;;;;|イ;′ .!   l     /   /    薄汚いボリシェビキが
    ゙:!  ヾトノ;;;;;;;!、     `         ! l;;' リハ;;ハ!   |  |   /   /
         V;;;;;;;;;;;ヘ  、_______ .ィ   リ / l;! ヽ   |   |   /   /      のた打ち回って没落していく様はさ。
        {;;/|;;;;;;;;;ヘ   ヽァ――― ノ   .イ  ,ゞt   ,fー-/ヽ_/´ヽ-‐i__
         l/ !;;;;ハ;ドト   ヽ--- "    イ /'/;i、/{__/‐' };ヾ==イ .>、
        !  ∨ リ ゙ ’ .        /.:::/'/;i;i;i/γ´、   .ノ;i;i;i;i;i;i;iY´  }>‐-,
                  > ._ /::,ィ//;i;i;i;i;イ  ,ヘー≧ニイ、;i;i;i;i;i;i;i;{   /  /
                  _/∠ニイ!j´;i;i;i;i;i/ / /{ .ト---;i|;i;iヽ;i;i;i;i;i人__/  /
                 /l!ヘ、ヾ○ノノ;i;i;i;iィ,' /  { l! ヽ;i;i;i;i;i;i;i;i;i};i;i;i;i;i;i;i;i;iー‐'!
              イギリス外相 オースティン・チェンバレン



 --                 , -'"  ̄ ` 丶、  /
 ─--            /         \|
              /            |      苦しいかアカども?
 ───           i   _ _     _ _   ヽ_
  ̄ ̄         | /二`     "二ヽ、 |  〉
             _|  _,ィiュミ   r_,ィiュミ  レ-|    俺は楽しいよ!
 二二二         ヾ!   - ' r  `ヽ  ̄´  | ∧
 ── ___      ゙!  〃  ^ ^  ヽ   l-/  〉
  ま             i   { ='"三二T冫  /´_ノ/\__
  さ  二ニ    _,ィヘ  ヽ ヾ== 彳   /:::/`ー- 、
  に     _, ィ´:::::/ l\ ト、 ー一 / /::/      \
  外     /  |::::::::: ̄ ̄ ̄::`ー=彳_∠ _      ヽ
  道   /   |::::::::::::::::::::::::::::(‥):::〈_     \       l
     r'"`丶、 |:::::::::/:::/::::´:::::::::::::::::(_     ト、      |
 _/ / `ー 、 \|::::/:::::/:::::::::::::::::::::::::::(_      \   \
        フランス首相 レイモン・ポアンカレ

560◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:35:04 ID:tcJMOzxo0


今や、すべての反動分子が連合してソ連の社会主義を打ち砕こうとしている。
すでにソ連は敵国に包囲され、瀬戸際に立たされている。




    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´`д´) (`Д´ ) ∧∧    <いいのかこのままで!?
( `・Д) U) ( つと ノ(ヘ・´ )
| U (  `・) (・´  ) と ノ  <いつから党はこんなにも無力になってしまったんだ!?
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'     <このまま何もしないで敗北するのか!




内戦時代に「活躍」した党員を中心に、そんな危機感が漂っていた。

561◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:35:50 ID:tcJMOzxo0


         ___
        /     \
      / \ , , /  \    ・・・ブハーリン。政府の方針に修正が
    /  (●)  (●)   \   必要なんじゃないかお?
     |     (__人__)     |  少なくとも穀物の退蔵行為には処罰が
    \     ` ⌒ ´    ,/  必要だお。
    /           \





   /       ,_,              ',
   /       ( l 、            ',
   l      ,i、/ 〉ヽ!ヽ、ヽヾ   `ヽi   l
   l    i , ノ ハ( 、 ,-‐..'´`ソ'`ヽ i リ   /    早まるなやる夫。
  │  i、l=‐':´`"゙:::::::::::::.  : ノノ/、  /
   | i i |/::` :: ::::::::,i ヽ ;::::::..  .:: l l  l   ヽ    ネップの市場はデリケートだ。
   l ヽゝ l::: ::: :::/ |  `' 、::: -'´j l' /   )
   ヽ、ヽ ` 、、:::/  !、-     ゝ,l '   /    社会不安を感じれば
    ゙''- 、ミ ',   _, - ‐-   /r, 、 `( _    農民の市場忌避は決定的となる。
       _ノヽ\    -    , '// \   )
       `ヲ.  \      / //    `''‐'-,  そうすれば穀物危機はさらに深刻化するだろう。
    , ==l ,  l ` - ‐ '  //   ,---、 /
  , , ' '´   !li  lL.   , - ' 7/   |=000| )
//      `゙゙゙_)| `' '´   l(    ゙ー ' ´く
ヽ.ヽ、        l      ヽ >      l




      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \     それじゃあ現下の穀物危機は
 /  (●)  (●)  \    どうやって解決するんだお?
 |      (__人__)    |   輸出用穀物が無ければ
 \      ` ⌒´   /   工業化の資本が貯まらないお。

563◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:36:37 ID:tcJMOzxo0


       /                         |
.       /        π                  |
      |      ノ {               |
      l i   从(´__  `ヽ_                {
      ヽヽ .{/////`ー´77777ノ丿  /       |    穀物の買い取り価格を引き上げる。
       `ヽ i/////r-、//////ヽ─´  /,    |
         _ノ ∨/_ノ/  ヽ////>/   //  _/     今の固定価格で売らせるというのが
        て ',  ヽ   ` ̄  z  /´  /_
         -=>  ',  ニ=      レイ    く      そもそも限界があるのだ。
       |::::::::::::|/ ヽ  `    / /   ヽ ト--= _
       |:::::::::::{{ ,|_`ー- - ´  / |_   ノ:. :. :. :. 〉 〉
       |:::::::::::|| |`ー------ イ _(:. :. :. :. : //
       └:::::::::|| イ            }t-:. :. :. :. :. //
-=ニ二三三::::::::::}}              |/:. :. :. :. :. //


          ____
        /      \
       / ヽ、   _ノ \           ちょっと待つお!
     /   (●)  (●)   \ n
     |  U   (__人__)    l^l.| | /)      それじゃあ農民がますます
     \    |i||||||i|   /| U レ'//)    調子にのるじゃないかお!
    γ⌒    ` ー'´    ノ    /
     i  j         rニ     ノ      利益のために結局奴らは
     ヽ、 l           !ヽ、_,__/       退蔵を繰り返すお!

564◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:37:33 ID:tcJMOzxo0


                           ____
                        ´        >―- 、
                    /        /     丶、
                 /         /          `ヽ、
                   /       /           |  ヽ
                 /      '              |   '
              /      / 〃 〃 ィィ      |  ′
               |         {  {,.ヘ 仏ィ´~`'<,ノノ  ノイj   }
               |        人,イ   {:::::...::::::::::::`ヽ/ 川  ハ
              |       八ト从:::::::::::::::::::::::::;=v彡イ    }
                   |          `ヽ `   __;;;ノ⌒{:::`く}   ノ
              /|           ノ   `゙゙゙     乂:::::Уノ′
            _ ノ              ゝ         - ノ::::/´     ならば穀物を売りたくなるような
             _`斗…=≡ニニ=¬^    <⌒丶_  ヽィ
            [  -‐=ニニニニニニニニl |        ` ァ′ 人ゝ      手段を講じるしかない!
              |ニニニニニニニニニニニ7 /、       ゙   / ノ^
           _,|=ニニニニニニニニニ7 /  丶、     /i⌒^        我々は長期的スパンで
        _/ニニニニニニニニニニニ7 /``丶、:::..___/ィ汽二二ニ7
        ニニニニニニニニニニニニ7 /       〔,ィノ)仏ィニニニニニ/ /    農民との駆け引きをするしかないんだ!
         ,ニニニニニニニニニニニ7 /        〉ニニニニニニニニ/ /
          ニニニニニニニニニニニ〈 〈 丶、     /ニニニニニニニ;;//


      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__    いままで散々農民に譲歩してきたじゃないかお!
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu    これ以上どれだけ譲歩すればいいんだお!!
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |    奴らは、ボリシェビキが断崖から足を踏み外すまで
   ヽ           i    丿    譲歩を要求してくるに決まってるお!!!!!
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /

565◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:38:18 ID:tcJMOzxo0


     /                   _      `,
      !                    `ヽ     l
     /                       !      !
    /     /  /                 、l , -     ',
   l     l   !,ィ               ノ'       ',
   ヽ     !  !l!             , , ノ        /
    ヽ    ト、 ヽ  ! /, _,.-_ ,ノノ ,ィノl'ヽ/,       ,'
   ,...ノ'   | ヘーヽヽl(/ l'´ ≧ミ、_ ,ノ' ! リ! l       ト!_
 r'´イノ    ヽ リ   r'`    ヽヾ歹、=、ヽ ,_リ=、  l  ノ l `
 !( ゞ,.     ´r、 r'       ̄` ヽ  /ゞクイノ /ノ ノノ     ・・・長く苦しい戦いになるだろう。
 }ヽ、`` ー- _i´, ノ'.lヘゝ          /  /ー '´_, '´
 l   ̄` ー- 、`ヽ、l,_   し    _   l  / ,(´         だがそれでも、我々は投げ出すべきではない。
 !        ` ー-、ヽ       ヾ=-' ,.', ィ、丶、
_,ゝ          _レ'-―- ..,'' ―=- ,イ(   `ヽ\       農民は決して敵ではないのだ。
           `iーrヘ ̄`ヽ、` ー, - '一ー- 、   ヽ.ヽ
                l lー-ヽ _, -`´ , --‐_レ‐- `)  /∠、    分かってくれ、同志やる夫。わが友よ・・・!
                | | ヽ./ r=ー'―‐'´-、  ̄ `ヽ///ニ,
              ! ト.ノ   , ―---=、_ヽ l / \ ヽ
            ヽ〉′      , - 、 `i.| !/   〃,.、!
               /        '   ヽ_!!l'    ヽ'へ\
            /              `ヽ      ヽヽ

                  ___
                    /\:::::::::/\.
                   /:::<◎>:::<◎>:::\
                  /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\    ~~~~~ッ!!!
                  |     ` ー'´  u   |
                  \  u   :::::     /
                  /    :::::::::::::::::::    \
                /                 \  〈〈〈 ヽ
                               (〈⊃  } }

566◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:39:09 ID:tcJMOzxo0


           ____
         /:::     \
       /::::::::::     \
      /::::::::::         \    ・・・そうかお。
     |:::::::::::::::         |    「わかった」お。
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/    それでは、失礼するお。
   /::::::::::::            \
   /::::::::::::::          \ ヽ



          /                    ヽ
            /                       i
         l             γ      } (  l
          l              i  / ノ ノノル))j ヽ
          ,'           { { { {彡≦≠ュ/ ! リ
         ,'            ゝ、ゝー( ´`ヽニ セヾ 〉ソ
          {            {´ヾメ )        '、
        ヽ、           ヽ))( (  u        ヽ
          ヽ               i ト ゝ         rー′
           ミ         ノノ!      ´ ̄」′   ・・・・・・いつか農民達も
         γ⌒     ヽ   {(  ヽ、       `{
          ゝ,      !ニニヾ彡 `::.. >     j     考えを帰るはずさ。
        ( つ     ノ   | | ヘ   ┬‐` ー ´
         ミ彡 γ〃〆   | | ̄ ̄ ̄`ヽ=====y   私たちの努力は無駄ではない・・・
         {    {((ヘ      | |     /       //
          ゝ、 _丿       | |     |       i l

567◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:40:15 ID:tcJMOzxo0




                               /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                            /  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          /    | |          |||||||  |||||||
                          |    | |
                , ――――――┴――――――――――――――――――
              / .|
             /  .|     llllllllll          llllllllll
           /    .|    ______   ________
          /        |   |:::::::::::::::::... .. .i|   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
        /    /|  |   |:::::::::... ... . ' ..|   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |
       /    /:::: |  |   |::::... .. . ''    |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  |
     /    /...........|  |   |__..,        |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_|
    /     , 1.|..,;;;, .,;;;,|  |   |;;.i|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||
  /    /:::| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; | ;;;;;;;;;||
  |.  ,,;   |......i| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
  |  /|  .| . ...| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |  ヾ;ゞ
ヽミゞ;;  |  .| . .| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  ヾゞ:;ヾ
ミ ゞ;;ミゞ;;.. ;. |  ..| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_| ヾ;/ゞ
ゞソミゝミゞ;;ヾ;:;;: . | | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||        ;ヾ ゞ;
ヾ;:;;:ヽミゞ;;ソゝミゞ;;. | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||      ヾ;;;ゞ ;;ゞ

568◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:40:30 ID:tcJMOzxo0



                _________________
                ||                             ||
                ||            ____          ||
                ||       _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、     ||
                ||      /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ      ||
                ||.     //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ: : ヽ    ||
                ||    〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ:::::i.   ||
                ||     i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l l   ||
                ||     l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:! !   ||
                ||     li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l;'.  ||
                ||     !:l!:ト、l::l{`         !  j川/.   ||
                ||.    ヾト辷N!      ‐ノ  ! /    ||
                ||     Yl:ト、    ヾ==r  ノ/       ||
                ||      iN \.   ` ニ′ /}'.       ||
                ||      丨   丶、   /           ||
                ||   ノ ̄´"''‐ 、   `¨´¦           ||
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄







                            __
                          /..::::::::::::::..\
                        /..:::::::::::::::::::::::::.\
                       /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
                       | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |   ・・・・・・
                       \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                      ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
                      ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ

569名無しのやる夫だお2012/06/10(日) 22:40:49 ID:2FL2PWL20
「わかった」・・・か

570◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:41:10 ID:tcJMOzxo0



  i         |\                 ; ; ;;ハヘ      /
  l           \         ー─‐一、    ∨ヽ____/
            \__       \  つ\____ゝ   ′    いやはや、もはや一刻の猶予もありませんな。
  八               \二ニニ=-       / ̄   ァ7 ,′
\  ヽ            `  二二ニニニ=-x__ フ/        右翼、富農、大商人、資本主義列強、
  \  ヽ               \   ` ー 二ニニ=‐´    /       あらゆる反動分子が10月革命の
   \ \              >一- __/     /       栄光を破滅させようと団結しております。
.      \ \                          /
.      \ \                   /

571◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:41:54 ID:tcJMOzxo0



           _  /^ ̄ ̄¨¨¨ーrm,,
           i ^^´ \ \   \ ̄\
          _人ヾ\  \ \   \  `i
         ヘ   i \  \  `i    ヾ  i
        |三ミ   ||||\   i  |    |   |       そう、今や我々は
        レ   ミ/:::::::::i    |  | | |  |  |
       〈   ;^::::::::::::::::::|| |  ||  ||||| | | | |       革命以来最大の危機に瀕しているのです。
        .レ/i::::__x≠x v | レ^,-三=テヽ//,/
        l(\ r´r´_土ヾ示~^|≦ミゞ"  || ノ       ブハーリン一党は、
        ヾヽ\rヘニゞ゚"` }t‐ー´\;;__/ |/
         \::|::\_:::::::_,/^|::: ::::::::: _ヘ .| \,,,...,,    社会主義の勝利など信じておりません。
          ゝ.|:::::::::二:::::::;;;;;___;/_,,,ェヲ  .|\ \:::::
          /.∧:::::`ヾ-=;;;ー二二ノ´ /||\\\    ブルジョワどもに迎合して党を堕落させているのですよ。
     _┌ー¨¨/ ;;`\;;::::::::- ̄:::::"  /´;;;;;;| .;i:::::::::
ーー¨¨¨/;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;|;;;;;||||`"ー;;;;;;;_;;;;;;-"´:::   ||  \
__,,,../;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:::|:::::::::ヘ||||::::::::::::::,ヘ \::::::   :|;;;;;;::::::




        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ

572◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:42:34 ID:tcJMOzxo0



            >´ ̄  ー </// ヘ |  ヽ\
           /           ヾ ノ l   i i |
         /            ∨ / ノ| l |ハ
     /\  /     ─ ー=ニ=‐x  ∨ / j //! |
   / /ヽヽ/ー    _  / ̄ ̄\ヽ Ⅵ /// ||
   / //^l |  ̄  ─  y; -‐=ミ、_Ⅵ;ノ|//// / ,′   肥え太ったネップマンが、
.  |  |;'r‐{           |{   \{{i;jメ}zt|/// /|/
.. 八 ヽ! /     _    {l   ⌒`ミ1厶7i^V|/       生き抜くために娼婦に堕ちた労働者の妻娘を
   〉、 Y      { r‐、    ヽ __ ノ¨⌒{_ノ
..  彡 }_j        \            ヽ        路地裏で買いあさり、
 ̄                   ‐t=‐-    ー─一〉
─、    i           \ ` ‐=ニ‐   r  ´        農民どもは都市を飢えさせ
  >x、八          \ `‐=ニソ__」
\    `>、          `ー‐ {´           穀物の値上がりを舌なめずりしながら待ちくたびれている・・・
  \     `  、         √
   \       `  、     /
     \         ` 、 ィ´




     _ _
    r、ヽヽ ,..
      l.i^iヽヽ! l
     `、ヽ   `!
       `、 `  {
      ヽ  , ヘヘ
       ヽ' /  \
        く 。.    \          ,.-、、ヘ
         \゚ 。    \       ,.._彡ミ',ハ、
            \     `ゝ、._  ,イヽ (_ノ彡,  ヽ     いまや我々があの10月に打倒した者たちが、
           \       __ヽ.l. ヽi、 `i彡ノ// `;-   いまやこぞって墓石の下から起き上がり
          _ ヽ-─   ̄__,..-l、     L./// ,F`   我々を絞め殺そうとしているのです。
        ヽ´     _. -‐'ニィ○l `` ‐_,ーイ//,ト
        /ヽ`=i ,.-'´, - '´,. ヘ. _,!‐.ニ∠._,.-`  !、     あの熾烈な内戦のなか。
        /   //_..i'  /'"l∠ _,.-─‐,.、 `_ヽ、 ヽ     理想の為に散っていった同志達の命は
        /  /‐-´-〈 イ ...._i'_     i' r(ヽ! l'´  .i     いったいなんだったのか?
       ,'   /      i ヽ   l、`ヽ-、/{ヽヽヽ!ミミ、`、
      ,'   i'      i.  ヽ   l、  ̄li. i `   lトl `゙ ヽ   屍山血河の果てに手に入れた勝利は、
        i  /l      ヽ,.-'′   l、   lヽ   ノ ,!   `、  ネップの欺瞞のなかでいつのまにか
      ,l. /.{             _   l、  ! `l,.'- ´    /  灰となって消えてしまった。
     ./l/  ! l       _.- '´ ヽ. i、 l.\--  ..._ /
    / l  l  l      ヽ ,.- ´   i、 l  \         党はこのまま、膝を屈するのか?
    ,' l   l  l.i      ´       i、l.   \

573◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:43:33 ID:tcJMOzxo0



           _  /^ ̄ ̄¨¨¨ーrm,,
           i ^^´ \ \   \ ̄\
          _人ヾ\  \ \   \  `i
         ヘ   i \  \  `i    ヾ  i
        |三ミ   ||||\   i  |    |   |
        レ   ミ/:::::::::i    |  | | |  |  |
       〈   ;^::::::::::::::::::|| |  ||  ||||| | | | |
        .レ/i::::__x≠x v | レ^,-三=テヽ//,/      ・・・こんな茶番はたくさんだ。
        l(\ r´r´_土ヾ示~^|≦ミゞ"  || ノ
        ヾヽ\rヘニゞ゚"` }t‐ー´\;;__/ |/       誰かが、テーブルをひっくり返すべきです。
         \::|::\_:::::::_,/^|::: ::::::::: _ヘ .| \,,,...,,
          ゝ.|:::::::::二:::::::;;;;;___;/_,,,ェヲ  .|\ \:::::
          /.∧:::::`ヾ-=;;;ー二二ノ´ /||\\\
     _┌ー¨¨/ ;;`\;;::::::::- ̄:::::"  /´;;;;;;| .;i:::::::::
ーー¨¨¨/;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;|;;;;;||||`"ー;;;;;;;_;;;;;;-"´:::   ||  \
__,,,../;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:::|:::::::::ヘ||||::::::::::::::,ヘ \::::::   :|;;;;;;::::::



 ヽ| |!||/! ! / {! /|/|/─ 一| |// ///              ハヘヽ〉
 ヽヘ ト!||、| l | /l/ /´      |// ///                 | | |/
  /〉|^| | l! |`|/ ト/、y/         //   \\;;,       ィ三ミ| |/
. // {/l |/! |      |!               Ⅵ!;;;    //^'⌒ヾj/
        |/     {!               | }「jー-ry'7r≦一-、/
            }i               //´  ̄ 7√ `ミi、   \
            ヽ               _//   _// (rリ {!| /   |!
 、               \ __     / ̄_ -一{∧ ^¨ ノ′   ;}
 、}/      |\             て三シ ̄    ; ; ;l|}   ̄      /′
  i         |\                 ; ; ;;ハヘ      /     そして、
  l           \         ー─‐一、    ∨ヽ____/
            \__       \  つ\____ゝ   ′       それは紛れもなく
  八               \二ニニ=-       / ̄   ァ7 ,′
\  ヽ            `  二二ニニニ=-x__ フ/           我々であるべきだ。
  \  ヽ               \   ` ー 二ニニ=‐´    /
   \ \              >一- __/     /
.      \ \                          /
.      \ \                   /

574◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:44:18 ID:tcJMOzxo0


                      / // ///:|  | / | / / / //  ! |/ // / / / /
                       / // /'|/|/! / / / /ィ/ /¨//`ヽj/// / / / /
                  /|// / | /| / /─| |/ |/ //   |//|// /  /
                    ∧| /^ヽ/|/_| /´ ̄! /   ー-=zx、!/ \ / /
                     Ν/  ,; ヽィ'7'/    |{!    ゞミ、弋えラミ、厶イ;; ,; ;
                   ∧{  〃 {ノ/,/     l|八    ⌒ヽ  }}  }lト;; ;'
                    { V //ヽ|         \      ̄ ̄>’ √\\三≧
                   Ⅵ {::.. |/    /`ヽ      \        ィ仁二\\/     同志やる夫、ご決断を。
                     |ハ ∨      { {r‐、       `ー一r≦シ⌒ ̄ `ヽ/
                    Ⅵ} /       \            ̄       ヽ
                  r=/ ;゚             ト=-             r─  ─一〉    中央委員会の大多数は
             ノーノ;ハ {           ヽ‐=ニ=‐        ヽ   フ::::/
            イ′ |  ヘ ';                \‐=ニ三ニ=‐ 、 \  .:::::::;/ヽ     貴方の英断を熱狂的に支持するでしょう。
 ─ ┬一  7厂´     |  八ハ                 \‐=ニ三ニ=‐- 、ヽ  ̄
   /    /         |   \             \ `  ‐=ニ三ニ=‐ヽ\ |       もはやブハーリンなど、
   ′  /            |     \               ヽ    ` ‐=ニ三ニ 〉 ノ       「掃き溜め」に追いやるべきなのです。



         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        /: : :            \
       /: : : :            \
     /: : : : : :              \
    / : : : : : : : ..               \
    |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l
    |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |   ・・・・・・
    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l
   . \ : : : : . .(     j     )      /
      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
     : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
     : : : : . : : . : : .                \

575◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:45:15 ID:tcJMOzxo0


【補足】

     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ         ★  ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミ
    /  ./ /      l ト、\
   \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',     1927年末、
     l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !     やる夫とブハーリンの間には
     l | l | ┬::cr / / ┬c」 |     確かに友情がありましたし、
      l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /     ネップは堅持されていました。
      l | l l⊂⊃‐       ‐⊂/
      ! | |ヽ|        -   リ      トロツキー派の放逐が決定された
      ! | lゝ、          /|       第十七回党大会において、
      ! | |::::::::::ー┐ r‐:::イ:l. |       富農にたいする非難は限定的でした。
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !





          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\     が、しかし・・・
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ      年が明けて1928年。
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
         | |{i t    _     / |      合同反対派の完全敗北から
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |     一か月とたたず、
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |     党は新たな大事件に震撼します。
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |


【補足終わり】

576◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:46:52 ID:tcJMOzxo0


それは突然のことだった。

突如としてOGPUの大部隊が動員され、装甲列車に乗り込みソ連各地の穀倉地帯へと「出撃」したのである。


  _n_n_00         _n_n_00         _n_n_00         _n_n_00
 └i_n┌'          └i_n┌'         └i_n┌'         └i_n┌'
    く丿   [][]「l       く丿   [][]「l       く丿   [][]「l      く丿   [][]「l
         くノ             くノ             くノ            くノ  


 ,,,,,,,,,,,,,, ,,,,,  ,,, ,,,,,,,,,,,,,, ,,,,, ,,,  ,,,,,,,,,,,,, ,,,,, ,,,,, ,,,,,,,,,,,,, ,,,,, ,,,,,,,,,,,,,, ,,,,, ,,,,,,,,,,,,, ,,,,,, ,,,,,,,,,,,,,, ,,,,,, ,,,,,,,,,,,,,   ,,,,,,,,,,,,,
./,,,l,,,★,,lミ /,,, /,,,l,,,★,,lミ /,,, /,,,l,,,★,,lミ /,, /,,,l,,,★,,lミ /,,,l,,,★,,lミ /,,,l,,,★,,lミ /,,,l,,,★,,lミ /,,,l,,,★,,lミ /,,,l,,,★,,lミ
ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,. ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,. ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,. ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ
/┌-‐=r‐,='t.・_/┌-‐=r‐,='t.・_/┌-‐=r‐,='t.・_/┌-‐=r‐,='t・ _‐=r‐,='t・ _‐=r‐,='t・ _‐=r‐,='t・ _‐=r‐,='t・ _‐=r‐,='t・ _
ゝ_ア´::`T、 ゝ::..ゝ_ア´::`T、 ゝ::..ゝ_ア´::`T、 ゝ::..ゝ_ア´::`T、 ゝ:: ̄´`T、 ゝ:: ̄´`T、 ゝ:: ̄´`T、 ゝ:: ̄´`T、 ゝ:: ̄´`T、   ̄´
く_::ノ、´ヽ く:: く_::ノ、´ヽ く:: く_::ノ、´ヽ く:: く_::ノ、´ヽ く_::ノ、´ヽ く_::ノ、´ヽ く_::ノ、´ヽ く_::ノ、´ヽ く_::ノ、´ヽ
.(_/  ー' (_  (_/  ー' (_  (_/  ー' (_. (_/  ー' (_/  .ー' (_/  .ー' (_/  .ー' (_/  .ー' (_/  .ー'

              _n_n_00         _n_n_00         _n_n_00         _n_n_00
             └i_n┌'          └i_n┌'         └i_n┌'         └i_n┌'
                く丿   [][]「l       く丿   [][]「l       く丿   [][]「l      く丿   [][]「l
                     くノ             くノ             くノ            くノ  



               _,..----、_
              / ,r ̄\!!;へ
             /〃/   、  , ;i
             i,__ i ‐=・ァj,ir=・゙)
             lk i.l  /',!゙i\ i       い、いったいこれはなんだ!?
             ゙iヾ,. u ,..-ニ_ /
             Y ト、  ト-:=┘i        OGPUの大軍を動員して、何を始める気だ!?
              l ! \__j'.l
              」-ゝr―‐==;十i      _,r--――、        誰がこんなことを!?
             .ト、.j.!レ' ̄三! >ーr‐r‐r‐<  _,.r<"「 l_____
     ____,..r--r=ヾヽj,r―'"≦__ ̄ ̄r―'"\\ \r",.-、, \
    ∧   ト-'‐'"三へ>ト-‐'"~    ゙i  /       \\(_.人 ヽ._ ヽ
    レ'へ._ノi 「 \ ゙l //./",「 ̄/ / /       ヽ-ゝ. \   /
    レ'// .l l   ! ! i/./ ./  /  / /         ,(  \  ノハ
    レ'/  .! !   i ゙'!  ̄ ∠,  /  ヽ._        ,ター  '",〈 !
   /゙" ,r'" .l‐=ニ゙,「l ! 「 ̄!. /./   ー=='       .l.ト、. -‐'"/!.ト,
  /   .ト-  ゙ー―┘!└‐'='-‐"   ヽ._/   、     トミ、 ̄ ̄._ノノli\

577◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:47:57 ID:tcJMOzxo0


それは、まさに「正義の執行」だと信じられた・・・




    \\      //
,,,,,,  ,,,,,,,,,, ,,,,,,,,,
★,|][|,,★,|][,,|,,,★,|]   // 社会主義の最終勝利を信じる忠実なる党員諸君!
Д゚( ・-・( `Д´) ./|    党の精鋭たるOGPU職員諸君!
: (” : ( ”  つЯ\|    今ここに、全プロレタリアの前衛としての義務を全うせよ!
  ||  | | | |    \\ 党とソヴィエトに対するすべての障害を打ち砕くのだ!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ,,,,,,,,,   ,,,,,,,,   ,,,,,,,, ,,,,,,,  ,,,,,,,  ,,,,,,,, ,,,,,,,,,
 ̄| | ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ヽ  |,,,,,,,,|] [|,,,,,,,|][|,,,,,,,,|] [|,,,,,,,|][|,,,,,,,,|][|,,,,,,,,|][|,,,,,,,,|]
  | |      | |     | ||,,★,,|][|,,★,,|,,]|,,,★,|][|,★,,,|,][|,,★,|] [|,,★,,,|,] 彡
 ̄  ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄  |゚Д゚ ミ゚Д゚ 彡゚Д゚ ミ゚Д゚ 彡゚Д゚ ミ゚Д゚ 彡
   [,,|,,,,,,,,|,,] [|,,,,,,,,,,|] [|,,,,,,,,,,,|] [|,,,,,,,,|][|,,,,,,,,,,,|][|,,,,,,,,,|][|,,,,,,,,,,|] [|,,,,,,,,|,,]
   (,,,,,,,,, ) (,,,,,,,,, )(,,,,,,,,  ) ,,,,,,,,, (,,,,,,,,,,, ),,,,,,,,,,,( ,,,,,,,,, )(,,,,,,,,,, ) ,,,,,,,,,,
  [,|,,,,,,,,,,|,,] [|,,,,,,,,,|,,] [|,,,,,,,,,|,] [,|,,,,,,,,|,,[|,,,,,,,,,,|,,][|,,,,,,,,,[,,|,,,,,,,,,,|,] [,,|,,,,,,,,,,|,][,,|,,,,,,,,,|]
  (    )(    )(    )(    (    )    (    ) (    )(   )





                     . - -=-- 、_
                . : ´             `ヽ.
               /                     ',
                 j                     ',
                  /           i | !     ',
              .:      {{彡イノノノ ハソ ハ  i
                 {    {   从////////ハィ//ハリ }
                i    乂У ∨//////∨////ソノ
                 乂    い Y `ー "´   ∨/イ′
              彡   Y从ミ    u   '"´ 7      まさか・・・これはやる夫が・・・!?
              八   ミ、  U   ⊂ニ7 /ミ
              い   У ヽ     ー  /ハ       本気でやるつもりか!
                ゞ==リノ、、  > 、   /ノ
               /:::::::::/:.:.:.:.:.:.≧x、、_ ̄彡、、
                 /:::::::::/:.:/  ` '・<: : |!:.:.:.:|:.:.|
  _ ...... _     ..<`::::::、/:.:/ ☆ ☆ ☆ 〉:|!.:.:.:.|:.:.|
/::::::::::::: `Y ̄`ヾ::::::::::::::/:.`:.:.> .   /:.:.|!:.:.:.:|.:..|、、_     _
::::::::::::::::::::::∧___:j>.:"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.:.:.>.:.:.:.:|!.:.:.:.|:.:.|:::::::|``:y':::::::::`ヽ.
::::::::::::::::::::::/∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.、j!__j/i!`ー:.:、:j::::::::::::::::::ヘ
::::::::::::::::/:.:.:.: ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i|:.:.:.:.i!:.:.i!:.:.:.:.:.i:.i!´ ̄`ヾ:::::}
:::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:∨ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. i|:.:.:.:.i!:.:.i!:.:.:.:.:.l:.l!:.:.:.:.:.:.:.j::/

578◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:49:05 ID:tcJMOzxo0


  ,,,,,,,,,     ,,,,,,,,,     ,,,,,,,,, ,,,    ,,,,,,,,, ,,,    ,,,,,,,,, ,,     ,,,,,,,,,     ,,,,,,,,,
 [,,|,,★,|]   [,,|,,★,|]]   [,,|,,★,|]]]   [|,,★,,|,]]]   [|,,★,,|,]].   [|,,★,,|,]l   [|,,★,,|,]
. ( ゚∋゚).   ( ゚∋゚))    ( ゚∋゚))).   (゚∈゚ )))    (゚∈゚ ))   (゚∈゚ );    (゚∈゚ )
,lニゝ::;ハ;;>コ ,lニゝ::;ハ;;>コ lニゝ::;ハ;;>コll ,lニゝ::;ハ;;>コl  lニゝ::;ハ;;>コ!  lニゝ::;ハ;;>コ  ,lニゝ::;ハ;;>コ,
l:::::!f::::::::i::! l:::::!f::::::::i::! l:::::!f::::::::i::!l |:::::!f::::::::i::!l. |:::::!f::::::::i::! |:::::!f::::::::i::! |:::::!f::::::::i::!
l :::'、::::::::|:l. l :::'、::::::::|:l. l :::'、::::::::|:l;| l :::'、::::::::|:|l l :::'、::::::::|:|. l :::'、::::::::|:|. l :::'、::::::::|:|
ゝ:::/ミ :::::!' ゝ:::/ミ :::::!' ゝ:::/ミ :::::!'i'  ゝ:::/ミ::::::l''  ゝ:::/ミ :::::l'  .ゝ:::/ミ :::::l'  .ゝ:::/ミ :::::l'
..l:`|::::::::::::|.  l:`|::::::::::::|l  ,l:`|::::::::::::|||   l:`|::::::::::::||  l:`|::::::::::::|!  l::`|::::::::::::|   l:`|::::::::::::|
ノ::::|::::::::_;::l .ノ::::|::::::::_;::ll ノ::::|::::::::_;::lll ,ノ::::|::::::::_;::ll  ノ::::|::::::::_;::ll  ノ::::|::::::::_;::l   ノ::::|::::::::_;::l
ヽ::L::ノ:::::ヽ. ヽ::L::ノ:::::ヽ..ヽ::L::ノ:::::ヽ:、_ヽ::L::ノ:::::ヽ.、_ヽ::L::ノ:::::ヽ..._ヽ::L::ノ:::::ヽ..._ヽ::L::ノ:::::ヽ. _
.,':::: /  \::':_,':::: /  \::':.,':::: /  \::':_:;!':::: /  \::':_:;!'::::/  \::':_:;!':::: /  \::':_:;!':::: /  \::':_:;!
'、_::ヽ. 彡 ゝ'、_::ヽ. 彡 ゝ、_::ヽ. 彡 ゝ'''、_::ヽ. 彡 ゝ''、_::ヽ. 彡 ゝ'''、_::ヽ. 彡 ゝ'''、_::ヽ. 彡 ゝ''
  ̄´      ̄´      ̄´         ̄´        ̄´         ̄´        ̄´





            >´ ̄  ー </// ヘ |  ヽ\
           /           ヾ ノ l   i i |
         /            ∨ / ノ| l |ハ
     /\  /     ─ ー=ニ=‐x  ∨ / j //! |
   / /ヽヽ/ー    _  / ̄ ̄\ヽ Ⅵ /// ||
   / //^l |  ̄  ─  y; -‐=ミ、_Ⅵ;ノ|//// / ,′
.  |  |;'r‐{           |{   \{{i;jメ}zt|/// /|/
.. 八 ヽ! /     _    {l   ⌒`ミ1厶7i^V|/    素晴らしい・・・
   〉、 Y      { r‐、    ヽ __ ノ¨⌒{_ノ
..  彡 }_j        \            ヽ      この臭い、この空気。
 ̄                   ‐t=‐-    ー─一〉
─、    i           \ ` ‐=ニ‐   r  ´      まさに内戦の輝かしい日々を思いだす。
  >x、八          \ `‐=ニソ__」
\    `>、          `ー‐ {´         まるであの頃のようではないか・・・
  \     `  、         √
   \       `  、     /           私の耳にも、はっきりと聞こえてくるぞ。
     \         ` 、 ィ´

579◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:50:03 ID:tcJMOzxo0


      ノ L
      ⌒
   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈○ ノ\   /\ ○〉ノ L
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ ⌒    いいぃ、今や
    )    Y    (        だいっだっ、大都市圏の穀物危機はっ
   /γ⌒     ⌒ヽ\       深刻である!
  /  |         |  ヽ
  |   ヽ__人__ノ   |     党と国家はこのような危機を
  \     `ー'´     /     断固として粉砕せねばなるまい!!







   ,.⌒ヽ     γ⌒ ヽ
  〈 ○ノ\    人. ○ ;∩_
    ヽ彡'  ヽ /  ヾ__ノ〈〈〈 ヽ  ここぉっ穀物の違法なる隠匿に対しっ
    )    Y    (  〈⊃  }  党は情け容赦のない方法を取るだろう!!
   /γ⌒     ⌒ヽ\ |  .|
  /ノ L|         |  ヽ  | \_人_人∧从_人_∧∧∧_∧∧人_从_//
  | ⌒ ヽ__人__ノ   |  |   )                        >
  \   |rー┬ー-|   /  /  <   今や断固とした           >
  /__` ー―ー'´     /   <   非常措置が選択されたのだ!! >
 i     ヽ         /     <                        (
 i――――’         i     /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^⌒Y^Y^^Y^

580◆J7qCZtZxmc2012/06/10(日) 22:51:18 ID:tcJMOzxo0


         ,- 、          /      \                  /        \
          /   !            |  混 叫 阿  |                 |  音 あ 聞 戦  |
        /   /      , - 、    |  声 喚 鼻  |                 l  が の こ. 争  |
      r‐、ト  l    /  ノ   |  合 の と   !                  |.    懐 え. 交  |
      !  !  |   /   /     l  唱       |    ,.z=='三ミミ=-,.、、     |.   か る. 響  !       f¨ヽ  r‐ 、
      ノ  l.  | /   /        !  が.      |.  __」fr三ミヾヾミミミミヽ、  .l    し .   楽  |         l   ', !  ',
    〈  .l   l./   /,..-‐ ''"´ )\________,.く r行ミヾ'f示ヾヾヾヾミミミミヽ .|     い   が  !. _        |   l ',.  ',
    ',  ,!  ,/   /    ,.>'´          l彡三ミヾ川ヾヾヾヾヾヾミミl  >、________/  ! `ー- 、   !.  | |   l,.-‐ 、
     レ    〈   '    >'´                 尨ィ三ミミヾ川ヾヾヾヾヾヾミi、             ヽ、.._  ヽ、 |   l. |  l. /
      | ヽ          '´ ̄ ̄⌒丶、          ,Y彡三ミミヾ'゙゙゙ヾヾ、,斗、ヾリ `ー- 、              \  ヽi.   lノ  l./
     ',   ` ー  、_ ,ァ‐一ー-、__,!       ,. -‐'" ヾ彡テ'´    ヾ/ヾヾ州l     ヽ          ___ヽ  ヽ  '   l'
     ',          {           /       klV' /^`ヾ' ' ,r' ⌒刈、      ト、      r‐'´    `  _, -' ´l
      ',        ,!、        /、      , lヾ,ヘ. -zt;テ=y彡'^ ¨´ |'^ヘ     l ト、     `ー ' ´ ̄}  `´       !
      ',        ノ`ハ          ノ ヽ   /  |. `Tヾ(____ノ __V ,イ /  ハ   !  イ        ,r,=i           !
       くヽ、__ .. -‐'^}/ ',        ,! i   ヽ     |   |. ヽ、''ー-=≠'"ノl    V , レ' ,ハ       /(. ト          !
         |`ー‐    /   ',      r'   !  V   |    !  l `>rー;<_|     V,イ   l         / `くヽ、      ,'
         ト,____,/     ',    ノ^ヽ  !  V   !   l  l/  ソ叭  `|      ∨ -‐'  !      /    `ヽ、 ー- イ、
.       /八。./       ',  /     、   ヘ  |     ヽ、  〈/^ハ〉  ト-、_____〉.    l     /        ヽtーァヘヽ
      l lii/            ',/         `ヽヘ !     ハ.   ル' |l  /   \ |   ,   ヘ. /            ヾ'|i|!l |
      ノノ/               V            >イ└─ー-/ ヽ, ,! |V      \ ノ     レ'             ヽli;l !
     .///  /´〉        ヽ、 、     /  }ヽー   /    ∨   レ'        /   ,.ィ"               ,、 r、 Yr'
    〈_'_   ー' /゙〉         ヾ ヾ  /     ヽ   /      ヽ/       / |   '´ /            ,、.「儿j U _'」
      `ヽ、 ー'/〉_           ! l ∨        l   ヽ、__ /,. -''"´ ̄丁`ヽ、トv' / l'           Y ,. -‐''"´
          \ "〈/        リ  |       〈ヽ、     // /      !    V { '         ,. -‐'"


1928年初頭、「非常措置」が猛々しく布告された。それはまさに農村に対する宣戦布告であった。

――― 今やテーブルは、ひっくり返されようとしていたのだ・・・





【第二十四話 計画化へ 終わり】
                                           第二十五話 スターリン革命 に続く・・・

581名無しのやる夫だお2012/06/10(日) 22:52:23 ID:3DeqLbFgo
乙~。

まぁ、事ここに至っては、こういう手段に出るより他は無いな…。
こんな国に住みたくはねぇけど…。

582名無しのやる夫だお2012/06/10(日) 22:52:42 ID:MJFEw9Hg0
・・・はー。破局へと転がり落ちていく様は・・・・
どこであっても、何度見ても胸に迫るものがある・・・

583名無しのやる夫だお2012/06/10(日) 22:52:43 ID:J6tCOp7I0

農民にとって地獄の始まり・・・・

ところで少佐って今までに名前出ましたっけ?それとも全くの新キャラ?

584名無しのやる夫だお2012/06/10(日) 22:54:57 ID:R2k31Jlc0


585名無しのやる夫だお2012/06/10(日) 22:57:16 ID:gh5iW6dk0
乙でした

帝政が倒れてやっと楽になれたと思ったら10年でこれだ
農奴制と計画化、どっちがましだったのか
これもうわかんねぇな

586名無しのやる夫だお2012/06/10(日) 22:57:45 ID:LHyflNq60
乙でした
結局、どう転ぼうと詰んでいたのだろうか?
ネップで大幅な経済成長が見込めたとも思えないし…

587名無しのやる夫だお2012/06/10(日) 23:00:10 ID:2FL2PWL20
13年後にはアレが来たことを考えると、このタイミングでの工業化は必須だったろうしな・・・

588名無しのやる夫だお2012/06/10(日) 23:03:15 ID:6rmx3TSE0
同志>>1の革命的投下に万雷の乙!

ああ、すぐそこまで、大恐慌の足音が来るような、そんな時期だ
米国で既に農業不況が起きている頃じゃあないのか、そろそろ



元スレ
やる夫は赤い皇帝になるようです 第六次五カ年計画
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1335964526/







>>URL

No title

八方塞がりワロタ

Edit | 2012/06/11(Mon) 18:43:38

>>URL

No title

ナロードニキ運動が失敗したのと似たようなパターンだな・・・

人々の心理を理解する、制御するというのは大変困難なものだな

Edit | 2012/06/11(Mon) 20:39:07

名無しさん >>URL

No title

この強攻策が結果的に、世界恐慌の影響を最小限に抑えたってのが何とも皮肉な話じゃないか。

Edit | 2012/06/13(Wed) 00:20:31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。