ホーム

Admin

SITE MAP

Cut

Res

ブックマーク

RSS

MAIL

PageTop

PageBottom

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログパーツ Category: スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-)

2012/05/23(Wed) 23:58
159◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:09:56 ID:HJI1B/YA0


ジノヴィエフとカーメネフを
撃退した同志やる夫。
___  __________
      ∨
    ,,,,,,,,,,,    ||    ||   ,,,,,,,,,
   [,,|,,,★,|,]   ||    ||   [,|,★,,,|,]    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ( ´∀`)  目    目  (・∀・ ) <  しかし反対派は
   ( つ  )つ       ⊂ NKVD,)  | まだ死んだわけではなかった!
  ┃レ __   | ̄ ̄ ̄ ̄ | ___,ノ┃ | 闘争はまだまだ続く、
  ┗━┳┳\ | ̄ ̄ ̄ ̄|,/━┳┳┛ | そして敗北者は消え去るのみ・・・
      ┃┃   |_____,,|   ┃┃   | では本編だ。

160◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:10:41 ID:HJI1B/YA0



       第二十二話 歴史の掃き溜め

161◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:11:11 ID:HJI1B/YA0


1920年代、ソ連の世界革命への展望について、東アジアは恵まれた地域とはみなされなかった。
欧米に比べて産業の発達が遅れているこの地域では、プロレタリアートが育たず
社会主義革命に目覚めないと考えられていたのである。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::: :::: :::: :::::::: :::: :::: :::: :::: ::::
 : : : : : : : : : : : : : : :┌───┐: : : : : : : : : : : : : :
                    | 口:口:口 |.  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .
 /| ̄ ̄ ̄|  _____| ̄ ̄ ̄ ̄| 口:口:口 |          _____
 |::::| [] [] []:|/| ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |         .|         |\
 |::::| [] [] []:|_| ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |──┐   __|[]_[]_[] [] [] |::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|.___| lll lll lll |\:ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|


その中でも、アジア諸国の中で一足先に文明化を果たした日本においては
社会主義勢力の拡大が期待された。






アクセスカウンター
コーヒーメーカー通販ホームベーカリー通販電子レンジ・オーブン・トースター通販カラコン 口コミ
162◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:11:50 ID:HJI1B/YA0


しかし、日本の官憲は優秀で、かつ容赦なかった。


           |
   申  社   |
   し.  会  |
   た.  主   |
   か  義  |  __,,,,,,__
      と.  | ゞ:::iii:::ア
           |'"´ ̄ ̄`゙゙`>- 、
\___  _/       `ヾ:::ヽ
       ヽj :.:.:.:.:. ::::::    _j:::::l
       l:l ',二ミヽ、 ー;'ニミ、ヾ::l
        l:l ,f' ○ ゙t;:i f'::f' ○ ヽ l::l
     r-iリ' ヽ=zシィ l, l ,ゝェェ='^ヾi-、
    〈f'rt、  :::::::j { ,: t    .:lK},l
     ,ヘゝ(i, :::.  :`^::^′   .::/ュ ハ
    / l tミl! :::. _,.ィ竺'ュ、,   :: F'f }
      `ーt、::: ´`ー:::::‐'"` :: ,!'" ,ノ
     丶-ニト:、 "⌒`  ,:ィ'に´
       / | `'ー--一''":: :| `ヽ
       rtヾ   :. ::::::: .:  :/7ヽ
      ,ノ:.ヽヽ  :::.....:::  ://:.:.ヽ
   ,:-┬'":.:.:.:.:ヽヽ::. :::::::: .:: //:.:.:.:.:.\
‐'';フ:.:.:.:l,:.:.:.:.:.:.:.:.ヽヽ::::.......::://:.:.:.:.:.:.:.:./ ̄
〃:.:/:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽヽ:::::::://:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:


天皇制と相容れぬ社会主義勢力、特に共産党は徹底的に弾圧され、
革命から程遠い状態におかれた。

163◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:12:38 ID:HJI1B/YA0


結局、ソ連の東方における社会主義革命の拡大の展望は断念された。
その代替措置として、植民地民族の帝国主義からの解放・・・
民族独立運動への社会主義勢力の合流が図られ、その絶好の舞台として中国が選ばれた。


                                                /       |\
                                             /        i  `ー--,
                                            /       r-´   r'´
                                       r‐、___ノ         i´ ,‐ヽ、 /
      r'´``ー-、                            /               `レ'   `
    丿       `ヽ             ノヽ,           i´              r‐^i
. _,ノ         ノ         _,,,,r'´ / _        _ノ´               {  ヽ
´         i´         (_     ̄´  `ゝ   i´                     丿  .}
         丿             /}        く    \              。 /  .r´
           i           /  `´ ̄_つ    `~ヽ    ヽ             ,、 ノ   i
        '、_, -、___/ ̄     r'´       く    i             〉`'´    /
                      /         }     |       °    i´       〉
                      \          i´ _r‐'    r--‐‐'´ ̄     ,ゥ´レ'
                           `i       `‐'´  ο  i二,ィ---‐‐‐'フ / ̄
    ,-‐‐-、             ,‐-、__ \      o    r'´`ヽ、i´ ̄ ̄} ヽ‐'
_,r'´    `ヽ         ノ´    `<               `i  i´ `´ ̄´
         `ー-‐'´`ヽ_ ,r'´     _丿           レ、丿
                       `ヽ,
                             ,ノ            °
                       ノ
                     r'´            o
                    丿
                   ノ´            ο
                    ノ´ /`i
          ,、 _ , ノ´  /  /   。 。 °
 ̄`フ ,-――一'´  ̄         i  /
  し'                  ∨

164◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:13:14 ID:HJI1B/YA0


         ,. '"´ ̄ ̄ ̄ ̄``ヽ、
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /::::::::::::;.: --─---─-、:::::::::::::ヽ
    ./::::::::::::/ィC¨ヽ      \:::::::::::l
   /:::::::::/  └¬'´,   ィC¨ヽ';:::::::::!
  ./::::::::イ        / ,.  ヽ `¬┘';:::::::!   あどねーぼくねー
  l::::::::::::l       /ハ ハ }     ヾ::::j
  {::::{⌒l:!      / `   ' ヽ   V}   いっしょにねー
.  ';:::l ゝリ     l ,/ ̄¨ヽ  ',    }l
  ヾヽ__j     { {,. --‐‐ヘ    {,l    民族解放をねー
    ヾ::::|   i  ヽ ヽェェェェェノ     {
    }:::l   ヽ    ` ̄¨´   ノ   }    頑張りたいなー
     ヾ;k    \_  __  ,/   }
     "|       ̄ ̄ ̄    ノ
  _,. -‐"\              フー-、_
'"´      `ヽ、          /
   ソ連政治顧問 ミハイル・ボロディン


        ≠=ミ::.∧: : : : : : : : : : : : : :i!/ ̄ト=-ミ::::::::::::::::::::::::::::::::/ リ
           \=─ヘ : : : : : : : : : : : ⊥....,,,/   /´ ̄`ァ=<´ ̄: : : /
             Χ⌒斗≦三三三三三三三三三ニ=<., / ¨´廴〃、
           <´  Уヲ′ '''7¨T¨¨▽ ̄ ̄\ ¨¨l '' -=ニ≧x、/ /  〉
          `ヽ少"   /   |   V- ''"¨ソ_,ム___ヽ  `:トミ  <《
           <´-─=く __,.ム __〉.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:〉ム,,_ヽ `ヽ/
          /,>.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ト、::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.j/⌒>」
        く<:/.::.::.::.::.::.::.::.::ハ:.::.::.:l  >、:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.〈 : \
       , イ /.:.:.:.:.:.:.:.:.ム:.:l  l:.:.:.:.l'",,. -\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.マム : \
      /./   '.:.:.:.:.:.:.:.:./...,Ⅵ  l:.:.:/,,. ィ升テ心.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:lマム : : :\   援助を戴けるというなら
      :l /   l:.:.:.:.:.:.:.:.狭≧x., j/  __弋;;少个:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l: マム : : :ノ
       ', ヽ  :!:.:.:.:.:.:.:.:i乂 廷リ:           l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i! l`¨¨|::|    断る理由はありませんね。
      \`ーヘ:.:.:.:.:.:.:ハ  ̄ .:           l:.:,ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ ',   l::l
        `ー‐ヘ:.:.:.:.:.:.:∧   〈:..           //|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:’ 廴三ノ    ただ、やたらと地主廃絶を
           リト、:..:..:..:...   _ __,,,   /´ :|:..:..:..:..:..:..:..:..:..从  | |
           /.::Χ:..:..:..:>/: : マム     /|:..:..:..:..:..:..:..:./    :! !      主張するお仲間には
          /.::/  jハ/: : : : : :マム  . イ   リ..:..:..:..:..:..:/    | |
          /.::/   ./ : : : : : : : : マム    /..:..:..:..:..:,.イ     ,  !      少々しずかにしていただきましょうか。
       ./.::/       l : : : : : : : : : : : マ〉ィニニリ..:..:..//.::.|     /  ,
       /.::::/       l : : : : : : : : : : : : ’/.::.::.::.:ハ:..〃.::.::.|   ,   ,
      .〈:::::/         :l: : : : : : : : : : : : :’.::.::.::.::.::.::.:У.::.::.::.廴 /  /
       ∨         :l : : : : : : : : : : : :’.::.::.::.::.::..::.::.::.::.:://⌒>〃
               中国国民党指導者 孫文

165◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:14:35 ID:HJI1B/YA0


こうして、プチブル的な国民党と、
社会主義に忠実だが圧倒的少数派である中国共産党との同盟、
いわゆる国共合作が成立した。


         ,. '"´ ̄ ̄ ̄ ̄``ヽ、
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /::::::::::::;.: --─---─-、:::::::::::::ヽ
    ./::::::::::::/ィC¨ヽ      \:::::::::::l
   /:::::::::/  └¬'´,   ィC¨ヽ';:::::::::!
  ./::::::::イ        / ,.  ヽ `¬┘';:::::::!   あどねー
  l::::::::::::l       /ハ ハ }     ヾ::::j
  {::::{⌒l:!      / `   ' ヽ   V}   みんな仲良くねー
.  ';:::l ゝリ     l ,/ ̄¨ヽ  ',    }l
  ヾヽ__j     { {,. --‐‐ヘ    {,l
    ヾ::::|   i  ヽ ヽェェェェェノ     {
    }:::l   ヽ    ` ̄¨´   ノ   }
     ヾ;k    \_  __  ,/   }
     "|       ̄ ̄ ̄    ノ
  _,. -‐"\              フー-、_
'"´      `ヽ、          /

                  _, --─- 、
              , -―'´       ヽ、
      , -ー- 、/              \
    、':マ,:.:.:.:.:.:.:,‐-'-、               ヽ、
     ヽ:マ,-ー´'l`l,  ヽ_/ヽ-‐ ´/ヽ、        ヽ、
     /:.:.:.:.:.:.:.:.| ヽ__{、 `ヽ: :/: :´,ヽ|_ヽ,        }
    / 、:.:.:.:.:.:.:.::.:゙/: :/:/: ://: : /: : : /:/: :ゝl_ヽ      l、     国民党との同盟は
    ヽヾ',:.:.:.:.:.:.:/: :/: :{: :,i-‐-/、: : /'/'T´|´-、l_     |
     ヽ||:.:.:.:.:.:i: : l: : :|: :|/l: / ヽ;/ ゝィーi、|: ヽl`ヽ   /     あまり納得できないけど、
      、マ、:.:.:|: : |: : : :l: l ,{、_.,   ´ '{:::り'l: :,`ー、}-‐´、
      ヽ二_ヽ: l: : : ヽ:ゝ  ̄ ,   `"´//|: :`ー´'`"     コミンテルンの支持となれば
         ´`、 t 、: : ヽ'"´`ヽ 、   _,‐'.: :/:/:,l: :|
         ,-'/`リ´`ヽ;ノ _、'/l`ー 'l´ /l: :/i:lノ´-'   、     従うしかないわね・・・
      ,ー'´  '、 | `lー'´,、´/l   ゝ、_|/,-,_     ゝ ` ヽ
    /, - ‐ ヘ ヽi'   l/  'ミ/ | / //-,'´ヽ   / ノ\ \
   //    ヽ_`|   i  _ゞ|/o´ヽニ/ゞ'   ヽ / ./   ヽ ヽ
 //        `|  | ,'   /:.:/  ` `゙     ', /      \ \
//、        _'、|  |{   /o/   ノ       ヽ         \ \
          中国共産党総書記 陳独秀

      ,.     ,.-^ヽ
      |_\____r'´く地 〉\
  |\_,,..-'‐'::::::::::| |´ 獄. /〉/ヽ_
  i::`ーへ_,.r-、ハヘ___,.、__ //::::::::::/|
  ,ヘ:::::::::_,.へ_,.-'⌒`ー-へ_7、_/::::/
-くヽー⌒´// ハ-ト/_/ ハ   `ヽゝソ._____        というか
</>γ´/ iVrrー-=、_V レ_,!ィノ ハ7ヽ, iヽ
rヽ、__i  !  ', .!ハ!__,ソ`   ,r=;!tハノ!、__ン/./       1000人そこそこの党員しかいない
ゝ/,7 /`ヽ| ,,,      . `┘ハiイ i\/
〈_.////  ハヽu    __  "ノイ/ヽ、\!    __,.-‐-.、 泡沫政党にデカイ顔をされたくないですね。
//  / /_,ノ,イ>.、.,(_ノ ,..イ/  くiヽ ,.イ ̄   ,.- '"
ヽ' / r'「i山ン/::!:i フ´ン`ヽ、_  レ´ ! ヽ、 /ヽ,
ハ !_,へ,ヘ::::::/::::::::!Y//::::::::|!皇ンゝ、 rヽ、__〉_/ ヽ,
/ !//⌒ヽ、:::::O/:::::::::::::::77/  〉「 /i\ ヽ_/ノ
. 7ゝ/ 閻 /::::::::7:::::::::::::;:イ/  ,.イ,イ ゝ、  ̄ 7ノ
ノ r/魔/ゝ::::::Oi::::::::::::::!/ゝ、 //〈  `ヽ---イ

規律が行き届いているが圧倒的少数派の中国共産党員は、
国民党員との二重党籍を保持することも決定された。

166名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 21:14:40 ID:Ibt5kaIY0
なんかトドみたいな顧問だなwww

167名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 21:14:50 ID:GzEDX2/Q0
中国ってことはついに殺した数ではやる夫より上のあの男が出るのか

168名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 21:15:07 ID:2Vzm6C9A0
何でバナナマンなんだwww

169◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:15:43 ID:HJI1B/YA0


         /::::::`..、 ....´:::::::`....、
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\      (くくく・・・
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|      数は多いがまとまりのない
     |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      烏合の衆である国民党・・・
     、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__:::::::::イ
     \:::::::,::- _―― , r、ュ-、  `i::|!      その中に社会主義の精鋭たる
       `i::|  弋ー' 〉    ヾー '   |::!/       中国共産党員を送り込むことで
        、|    ̄   |         |/-――-   内部から浸食していくのだ。
           i     ,. !. ヽ      |.:.:.:.:.:.:.:.:.:
          /|      `ー‐ '      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:   そして、国民党を媒介に
        | 、    、_-_ .,    /|.:.:.:.:.:.:.:.:.:   社会主義革命を中国全土へ拡大させる!)
        _/:.:.:.:\   、 __ ノ   / |.:.:.:.:.:.:.:.:.:
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、 _ __  /   |.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、      |.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` 、  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:

171名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 21:16:52 ID:Ibt5kaIY0
いきなり綺麗になるなwww

170◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:16:34 ID:HJI1B/YA0


1925年、孫文が死去。

                        r――-、
                        }ー-、_ノ
          ||            T ̄!
          |||       /`ヽj,.r┴-、
     ビ    |||      |       `ヽ
           |||       レヘ        ゝヘ ,rく `ヽ
      タ               r-、」,.-――- 、   ヽ_L,.ヘ、_}
       ン       /7´  _ /: 「       ヽ   }
      r'⌒)     l∨ ムィム_ -‐'         Y  〈
     (⌒)    /,r、j   ノ二ヽ,.イ          |   !
       ヽ ヽ // {、..,.イィ´_.} } イ       ├―┘
           〉'´丁r、==-┴┘ >、,r―、__ ノ
          /`ヽ   ムヽ`     个、
.         〈 _,.rヘ        /\ノ{ ̄}
             ,.ヾ=、_,_,_./   ハ.  ̄     (⌒)
              ヽ{.  く     !     二  (
     r 、 r、           {`ヽ、___j.         _)
    _ム  ̄ `ヾヘ        ¨
   ムイ} `ヽ、 ヽ)
    ! ハ、`ーヘ  }
    L_ ヽイ ヽノ      ポテッ
       }_ ,.ィ



その直後、英国統制下にある上海市警がストライキ中の労働者を射殺する事件が起き、
これに抗議するためゼネストが発生した



    帝国支配反対!!             イギリスは出ていけー!!

 ,,∧ ∧,,∧ ∧,,∧ ∧,,∧ω・)∧_∧ ∧,,∧ ∧,,∧ ∧,,∧(・ω・∧ ∧,,∧∧,,∧∧ ∧∧∧
ω・`)(´・ω・)・ω・(´・ω・`)∩(´д`; ) (・ω・`)(・ω・(´・ω・`)(・ω・`)(・ω・`)ω・`)・ω(´・ω)
 ∧,,∧ ∧,,∧と ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧( ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧) ∧,,∧
(´・ω・`)(´・ω・) (・ω・`)(´・ω・) (・ω・`)(´・ω・)(´・ω・`)(´・ω・) (・ω・`)(´・ω・) (・ω・`)
 ∧,∧ ∧,,∧∧,∧∧,,∧∧,,∧ ∧,,∧ )∧,,∧|∧,,∧ ∧,,∧) ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,
(・`  )(・ω・`)ω・`)・ω(´・ω・`)・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・)(・ω・`)(´・ω・) (・ω・`)(・`  )(・ω
 ∧,,∧( ∧,,∧   ∧_∧ ∧,,∧,,∧  )∧,,∧ |∧,,∧)∧,,∧ )∧,,∧| ∧,,∧ )∧,,∧ ∧,,∧
(´・ω・`)(´・ω・`)( ´∀`)(´・(´・ω・`)(´・ω・) (・ω・`)(´・ω・)(´・ω・)(´・ω・)(´・ω・`)ω・`)
∧,,∧ ∧,,∧ ∧,,∧ ∧,,∧(∧,,∧ ∧,,∧∧,,∧∧∧つ∧_∧) ∧,,∧ )∧,,∧ | ∧,,∧ ∧,,∧
(・ω・`)・ω・(・ω・`)( ´・ω)・ω・(´・ω・`)ω(・`  )( ´∀`)(´・ω・`)(´・ω・) (・ω・`)(´・ω)
∧,,∧つ ∧,,∧  ∧,,∧つ∧,,∧ ∧,,∧ )∧,,∧ ∧,,∧∧ )∧,,∧ ∧,,∧ ∧,,∧ ∧,,∧
(・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・) (・ω・`)(´・ω・) (・ω・`)(´・ω・) ・)(´・ω・)(´・ω・)(´・ω・)(´・ω・`)
∧,,∧ )( ∧,,∧ ∧,,∧ と ∧,,∧)| ∧_∧ ∧,,∧) ∧,,∧) ∧_∧ ∧,,∧) ∧,,∧ )∧,,∧,,∧
(´・ω・) (・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・) (・ω・`)(´・ω・) (・ω・`)( ´∀` )(´・ω・`)(・ω・`)(・ω・`)`)

このゼネストは都市労働者勢力の急浮上をもたらし、中国共産党躍進へとつながった。

172◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:17:30 ID:HJI1B/YA0



              _,,.. - ´  ̄'' 、_
           , /          ' -―- 、
     ,- 、、 .. _ 、"       ,.. _        \
    /    ヾ  ,..-, ゛,、_ヽ ,ー--,ヽ、      ヽ
    /      ,'、〈,/ー/   ヽ!;;;;;;;( ' ヽ ー- 、   ヽ、
   _/;;''''""´_  (;;〉 ヽ|;;;;;;´、_,,-'´;;;;;;;;;;´ー 、_!ヽ、_ ヽ   〉
  \  ,,;;;;;´ /  /;;|;;;|;;;:/|;;;;;;;;:::、;;;|;;;:/|;;;;|;;;;| ヽ'<´     入党者がぞくぞくで
   _>;;;;;;;;;;/   /;;|;;;!;;!'、;| '、;;;;;;::ヾノ|;/ |;;,ヘ;;;|ー ´  ´ヽ    党員数はうなぎ上りよ!
  \'ー-、_ヽ ̄ ''´ヾ|;;|ヾ ,-‐-、''、;;/ ,-‐-、!/;;::;;;~ー' ´ヽ   一万人を突破したわ!
    〉 ,,;;;;;;;´ー'´;ノヾ|ヾ!:::| /// 、__, /// '!;;;/;;|;;::←-、-'
    ー,;;;''  ;;ヽ::::イ;;';;;!;;;;.、.   !  !    |/;;;;;:ヾ:::::'ヽ ヽ   もう誰にも泡沫政党なんて言わせない!
      ̄/ /(ヾ','´ ̄ ´ ̄ ̄ !  ̄  ! ̄ ̄ ̄ ̄ヽ::,!/\ \
    / /  );|   、_、__〉_〉' ,―、 ' 〈_〈 _ ,  |'   \ \
   / , "     ,.|  |   、 /   \ , ゛'  |  |、    \ \
  / ./ .    ,-' |  |  ( ´  ,、 ,、 ´  !.   |  | 'ヽ, 、  ヽ |
  | | / / /ーヽ. |   |  ヽ   ソノ   /.  |   |  /) ∧  | |

         /::::::`..、 ....´:::::::`....、
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
     |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__:::::::::イ
     \:::::::,::- _―― , r、ュ-、  `i::|!       (ふっ・・・計画どおりだ)
       `i::|  弋ー' 〉    ヾー '   |::!/
        、|    ̄   |         |/-――-
           i     ,. !. ヽ      |.:.:.:.:.:.:.:.:.:
          /|      `ー‐ '      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:
        | 、    、_-_ .,    /|.:.:.:.:.:.:.:.:.:
        _/:.:.:.:\   、 __ ノ   / |.:.:.:.:.:.:.:.:.:
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、 _ __  /   |.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、      |.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` 、  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:

173◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:18:20 ID:HJI1B/YA0


しかし、中国共産党の急成長は国共合作に大きな軋轢をもたらす。


.        l=i! >    _,..ィ'''´ ̄   ̄ ̄¨ヽ、       / .|¨ヽ
          l l/  , ィ≦ -=‐             `ヽ     \ .| ニ.)
       <.‐lヾ,ァ''''´      、            ハ       .>l__ l
      ,.ィ''´|./     _     ', 、         ハ   / l ニ l
.     ,.‐''´ .`l.ヲ   ,   .|  、   .i!. ヽ,       i  ヽ  ヽ l.=K        (孫文が国共合作なんて
  /    / .,'  /  .i .l  ハ i,  lヽji!ヽ    l  l.  ヽ _,ィi!二.l ハ
         / j  .,'  ./i i /i. ', l.ヽ l |i  ヽ .i  .l i .l   ヽ、.i  ̄ .| ヾ       やったもんだから、
        ,'.| ハ  i l i! |i l/i| .ヽi ヽ|    _V_|_ l l .l    Vl 二.ノ   \
       / | l i!| .| l. !i .| .l l.   |  _>''''´ __|_|  l l .|  i! i| ニ/   i   ミt、    国民党内にアカが流れ込んでるわ。
.       | .l l | i i l¨¨'''‐-、    .,.ィ''f示_フフ7  l .l¨ヽ l l >''    l   ハ`ヽ
          .l.l l .i fく¨¨i示z.     ''  込iリ |   ヽ| ,' l l     .',   ハ    うちのスポンサーの多くが
          ''. ', i!.ハ  弋iリ       `¨´ l/l   i ./zzzzl|      ヽ   l
         __ヽヽハ     i        i' | i Nイ三三|ト、      i.   l   地主や資本家だっていうのに、
       rf≦二三|ー-、_.   '         | λi!.| . l| lヽ     l ハ i
       | l:~ミ .l | ≧Zz`7_         /川 | | i言 .|   ヽ  l. トi!ヽj   アカの仲間だと思われたら
.        | l・・・・ l | ミz .// `ヽ‐-     _,.ィ´  .l i! l l__笠_.l     V.l i!.lV i!
        | | i!iit!il |t ソ// _≧ `>_,.ィ≦   i l l ]ニニニ[      l i!ハl      金づるが逃げちゃうわよ)
.         | | f:; ハ,.'ヽ / >ソti/ ''ヽj'        .>'ヽ/==ハ     i!  .i!
.       | |/./ .ノ/.ニr,才,.ィ≦´l,'      /  l i  , i!     .|   ',
         / / / / ./l'i´ /   ',‐-  -ァ''   レi ハ ji!' `ヽ.  '   `
      f ,   /.//i! l''l  >   ヾ ̄フ'´     >l | l /''    l
      l    , , '¨´ l }l  >  /=\.    > .| i!     l
               国民党有力者 蒋介石


過激な地主廃絶と土地没収を主張する共産党員は
国民党内部でも疎まれるようになっていったのである。

174◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:19:40 ID:HJI1B/YA0


だがそれでも、中国北部を縄張りとする張作霖が国民党の主要な脅威として存在するうちは、
国共合作は表面上円満な形で継続されていた。


      |;;;;;;;;////_,,-‐''' ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''‐\\|
      |//// | O__-‐‐ ――--____;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\/
      l///  / / \lllll /ーーー\iiiii,,,  ̄'''''─--;;;;;;;;;;\
      l// /:;:;:;:;:;l   ー ミヾヽルソ ソ / |lllll""ヘ i  ―`   我がソヴィエト連邦は
      |//:;:;:;lヘ:;:;彡    \  ̄ ̄ /   /  | ヽルヲヽ|/
      l:;:;:;:;:;l/ | 彡        ̄ ̄     |  i \/ i       中国国民党の民族解放運動を
       i:;:;:;l/ /l  |                  !      !
       |:;:;l  l 〔  l ミミミミ   ヽ __へ    |     i       支持し、中国北部への前進に
        ゙i:;;:;\ \゙i  iミミミミミミミミ\ヘ \--l     /
        |,,,,,,,,,\    i  ミミ ,-‐───--__ソllll彡 彡彡     可能な限りの協力を提供しよう。
       /    彡\  イ  i  /ソ`――――---_ヽ 彡彡
     /      彡 |    | i          ,'三| ,' /\
    /        彡|    l ゙i―― ──--_  | ,' /  \
  /           彡   l \_ ̄ ̄ ̄ ̄ ー /  /    \
/゙i ,゙"゙""         彡  | ー  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ノ       \
         ソ連軍事顧問 ヴァシーリー・ブリュヘル


                                       ⌒ヽ
                                   _.. -:-: 、}, -- 、
                             , . :' ´: : : : : : : : ` ー: 、 )
                            /: : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                            /: : : : : , : : : : : : : : : : : : : : : : 丶
                     ー=ニ:´: : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ :`、
                             /: : : : : : ,{: : : : : : : : : : :!: : : : : : : :l: : }
                          / : : :!: :ム!: {: : : : |: : : : |: : {: : : : : | :!
                            |∧: : :|: 厶」く`、 : : |: ハ: lヘ: l: : : : : `、:{
                          、: :K 厂斥トヽ: :l/イfうTlハ : : : : :_:_:丶、
        {\                Vlハ   Vリ   `{   Vり  ヽ: l: :|:、: f⌒   ソ連の軍事顧問団も拡充された!
         丶 ヽ                 `{     }    `   }/ヽハト|
          ヽ 丶、                  、   `         _ /       張作霖なんざイチコロだぜ!
          , -‐ヘ  \                   丶、 マ⌒ヽ    イ: :「
       ノ{  ヽ__,   ヽ           __ /> 、 ̄  イハl\|
         { }  {__  j  }─- 、_, ¬─<´   `ヽ  \` ´  {^ヽ、
       ∧ 丶_r'´ ̄  {     ヽ⌒ヽ     {  `、   ヽ   「| い、
        丶` ̄フ´工ニア       `、      `、   丶, ヘハ_」 _ ヽ 丶、
          ` ̄´  \            '.     l    ノ 、  ハ`ヽ|    \
                    丶、 __       }       |     \ ∨  〉      ヽ
                      !` 丶、 _/             \} /      {    |
                      ソ連軍事顧問 アレクサンドル・エゴロフ

175◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:21:04 ID:HJI1B/YA0


1926年、国民党と中国共産党の連合軍が漢口を解放、
武漢と改め国民革命政府の樹立が熱狂的に宣言される。

                                                     _..---..、   
                                                     '〉ゝ、  ゝ、  
                                                    ./  ゙''''\ ヽ   
                ..-/ '、                         ___,,丿    {  `'''''''' 、  ..rr
             /`ー-′  `ヽ                       /       _-'      冖''’ イ
          ォ―┘       │                      '―-''' 、   <          │
          │          '廴                       _..-‐‐′ ....ノ''、__     /''''′
       ___,,../           `゙ー、                    ..-┘     ゙、   \rt_._ ┘
  r'' ゙̄‐'"´                 ヘ、              厂"        ` ヘ、_、   `/
  ‐ァ                      /ー- -........、          _.‐′     __ _ ___..‐''´  \ /
  ィ′                  _ノ'⌒  (    `''ー--‐'' ̄ ̄    /--'" \   __  _ __/
   ト                  j′    -7             _ '、       ヽr'´ ∨
   ゙‐ 、            Y ̄´  ̄ヽ,,/--、 "''、- .- 、 ..、  _../  」   ┌ ┘
    ヽ....宀一' 、......,,..---..__ 冫           ^\   ノ ノ '、丿│    │   ,,> 、,--_
    _│           广'′           `'、 く_  │  |    ノ‐/   " _r‐"
   {゙′           ノ              丿    〉  '、 !   亅 ゝ、   _/
   ヘ 、           丶..、       _    (     ~^´  レ─'´   ⊥r‐"`ー、
     "--、           ^''''-.. 、  / ゝ.. _厂ー、 ..┘   _>、    ノ"  '、  │
       ゝ 、             ー‐"┐       `''''^''‐-...._ノ `ー--_''    '、  マ
         \、               1          丿 '、  ★武漢   丶 / ☆上海
          "゙'―-..-..,,、         ノ         /  ( ー-....、 _..亠ー- /  │
                 `1____..v―-J''v「‐' 、   ..、 '' ー-''''、 〕     〈 ★南昌 _/
                         }  `'、 ./       '、     │  _/   }
                        _../   一ー ゙'1     j.. 、    │  ノ   │  _,,、
                       l__        ゙r-,,..一‐'''’ \ ---'''' ..ゝ、  ノ´ /´丿
                        '、       │        l        ├┘  │丿
                         〈 、 y+ー―"`''┐    /  ...-―‐′     ∨
                          `''゙∪      ゙‐ー‐-ォ'ニ-―'
                                      _ }∟、
                                     │ __丿

176◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:22:22 ID:HJI1B/YA0


しかし、革命の進展に従って国民党内部で影響力を拡大し、
急進的な社会主義政策を主張しはじめた共産党員に対して
蒋介石の不信感と不快感は決定的となっていた。


        革命ワッショイ!!
     \\  地主廃絶ワッショイ!! //
 +   + \\ 土地分配ワッショイ!!/+
       ,,,,,,,,,,,    ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,      +
.   +   [|,,,★,,|]  [|,,,★,,|] [|,,,★,,|]  +
      ( ´∀`∩(´∀`∩)( ´∀`)
 +  (( (つ   ノ(つ  丿(つ  つ ))  +
       ヽ  ( ノ ( ヽノ  ) ) )
       (_)し' し(_) (_)_)


                「'T ー- 、_,. -――‐- 、_
               _/ l    \       \ゝ、           r、
               / / ―ヽ彡≠=辷=- 、   `ヽ          { ヘ'゙)_
     n /)      / {  ゝ-'´ ̄ ̄`'ー--'\ヽ    ,ハ         ノ  Y ノ
     ('V }      \ ,- /: : :/: /|:/: : j:|_: : }: : : :\  l        /  、 ヽ}フ
     (V  ヽ       \/:/: ∧/⌒lハ: :/人`∧|: : : :'ヽy }      /  / `
.    └ 、   \       i: :.i _x=ミ ∨ x=ミ,_|: ! j: |lゝ/    /   /      武漢政府成立万歳!
.       ヽ   \     /| : :i´   ┌─v;   /:/ ハ |     /  /
        \   \   }小、 i   i::::::::::|  / イ /.ノ:{.   /   /         ここから国民革命と
.            ヽ.   \ 人{: :八.   V⌒ソ   //: : : }r /   /\  \
           \. /У´)、 ,\丶、    . イ:'´: :ノノ'く て /|     \  ',     共産革命が始まるのよ!
          /  <´/ /`ヘ _,-)  ̄ (ヽ、_イヘ´ \ ソゝ|        ', ',
         /  /  \/    てi´ 八  /ハ  / } \,r' ヘ\.      ', ',
        /  /     . 丶、  i` / (( ))  \/   ソ´ /   ',',    ', ',



          「`7<´\
         /_./:.:.:.:.:`:.:.\           /ヽ-、
        //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._>ァ─- 、 _,,. -'─‐'─ト‐ァ
      /_/:.:.:.:>''"´ ̄`゙'':::ー‐-‐<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|_./
     /'7.:.:./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ;.:.:.:.:.:.:.:.:|_}
     {_|:.:./::::::::::::::::::::::::::::::;!:::::::::::::::::::::::::::::∨:.:.:.:.:.:|_{
     `'7:::::::::;'::::::::::;':::::::/ !::::::;ハ::::ト.、::::::::::';.:.:.:.:.:.∨       武漢に遷都するって?
     く:!::::::::::!:::i::、/|:::::;' |:::::;' |:::|::ハ::::::::::::!:.:.:.:.:./|
      |:::|:::::|::::|「`iヽ、! .!_/  ,!_」/-!:::::::::八:.:.:.:|_|        結構、私はここ(南昌)に残るわ。
      ヽj\|:::ハ.、弋り    ァ‐r‐ァt、|:::!::/::::|\:」八
         `[__|:|"   ,     弋__ノハ_」/)::,'::::::ハ:.:.:.\     こっちの方がなにかと都合がいいし。
       /|:::|人          ゙̄/  ハ::/:::::::::::';.:.:.:.:.:\
      rく.:.:.:|:::|::::::\   、     ,:'\/::::|':::::::::::::::|:.:.:.:_;r‐'7  (武漢にはすでに多数の共産党員が
      ` ーァ:|:::|:::::::::::::ヽ.,__,. イ|:::::;'::::::::|::::::::::::i:::|こ/-‐'´   入り込んでるわね・・・
       /:::!:::|ァ'77´ ̄ `レ_/`|::::|ー-‐r'、_:::::/!:::!
      ./:::::|:::|. {_,|    /イ|   |::::|   |」 `ヽ|:::|       そろそろ奴らとの関係を考えないと
   く\r'´`く|:::|/}_,|   rム].   |::::|   |_|   ∨       面倒なことになりそうだわ)
     ア、   |/7:.{」  /   |    |:::,'  ,'7     |  /|


蒋介石は中国共産党の影響が色濃い武漢政府を信用せず、自らの本拠地南昌に残った。

177◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:23:30 ID:HJI1B/YA0


そして1927年、蒋介石は軍閥指導者の孫伝芳を駆逐し上海を解放。
市内の社会主義者と労働組合はこれを歓迎した。



     ,,,,,,,,,,
     [|,,,★,,|,]∩ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ( ´∀`)/<    革命軍万歳!
 _ / /   /   \   ここから労働者と社会主義の明日を築くぞ!
\⊂ノ ̄ ̄ ̄ ̄\ \_______________
 ||\        \
 ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
 ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
    .||          ||


が、しかし・・・

178◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:24:00 ID:HJI1B/YA0


           _,..;-‐‐‐‐-;;,,,,__,.、  _,,.. ........._,.ィ≦;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ 
         ハrア;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r一''::::: ̄::::::::::::::::::::::::::::: ̄:ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;<;`;)-ァ 
        .>j;;;;>;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;<;;/ < 
       j l;;;<;;;;;;;;;;;;;;;; ':::::/:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;;;;ノ;;l  < 
        〈 .l;;;<;;;;;;;;;;;;.':::::::/:::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;」;;;;j  i 
       ヽ l;;;;L;;;;;;/::::::::/:::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ;;;;/ ノ 
       ノl マ; ;レ/:::::::::/:::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::i!:::::::::::::::::::::::::i:::::::::::',::::V r<,,,,, 
     <´;;;;i マ;;/::::::::::l:::::::::::::::l::::::i:::::::::::::::::::::::i!::::::::::;: -'''´:::l::::::::::::',:::'rj;;;;;;;;;;;;`ヽ 
       >;;;;`ヽソ ::::::::: l ::::::::::::: i::::::マ:::::::::::::::i::::l.i:::/:::::::::::::::j:::::::::::::::l:::i!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ 
.    ../::::ヽ;;;;;;':;::::::::::::| :: - .._i!_::::::マ:::::::::::::i::::l'l::_≧zzr-ァ/|:::::::::::::::i!ハ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r‐''    は?
   /:::::::::::::::jヽ/i::::::::::::::::::::::::::: l.ヽ___i.マ::::::::::ハ::l /マ笠り_// j:::::::::j:::/:::ハ;;;;;;;;;;;;;;/ 
.   /::::::::::::::::::;.' .ilヾi:::::::::::::::i; ::::::,イト 示ハヽ :: j l:l ` ¨´   /:::::::/j/::::::::ハ;;;;;;;;;;;l       何いってんの。
  /::/:::::::::::::/  .i! .';::::::::::::jハ'::::` ', ゞオ´ 'V , i!       .ノ::::ノ;;/.¨i:::::::ハ;;;;;;;;j 
  V ヽ:::::::::/   l  マ::::::::ハ:ヽ :::::',      `     < ァイ;;;;;l   i:::::::::::ハ¨´       あんたらアカどもに
    ヽ::::ヽ     ∧:::::l::::::l::j;ヽ::::'.,      _       /;;;;;;;;;;;l   |:::::::::ハ::l 
      `j:ノ   . l:i:::マ::i::::::/;;;;;;;;`ヽ       ir__ソ   ./¨´¨ヾ;|゙  |:::::ノ i!         明日なんて来ないわよ。
     /     l/ヽ:V:rくZzz 、;;;l:::>.. _     イア´¨ー'ヽ)i!   ',:/__ ,..
              Vイ_i ./.  i!::::イ:::::ハ  ̄ ¨´  /::::::::::::::::/:l  ./  ヾ;         じゃあ、さよなら。
                ,.イ::::::`::ヾ./z==:レ¨ ,.i    /:::::::::::::::::/.7  i i    イ
   __,,.. .-‐zzz:::≦:::::::::::::::::::::/ 」ア  /    _/:::::::::::::::::/ ./i.   ト、.二 _,r]
.-'''"¨¨ ,.ィ''´::::::::::::::::::::::::::::::; /  ./イ  」  _,ィ'¨/:::::::::::::::::/ / _マz -一'''¨´ .jヽ
    /::::::::::::::::::::::::::::::::>'' i rア _ィ'''  ̄.ヽ ./::::::::::::::>'¨ ̄     ::    i_ .',
  ./:::::::::::::::::::::::::::::才 r'''¨¨¨¨¨¨¨¨/r-ー λ'::::::::::::(´_ ____,,........ --‐一'¨ | `ヽ、
.,.:':::::::::::::::::::::::>''´   j ≧zzzー       |;;i:::::::::::::::::;'r''¨¨´:     ::   j   ヽ
'::::::::::::::::::/      /                ',i::::::::::::::::;',`ー、― ― ― 一 ´ )    j
::::;:ィ:::/        く       /       /|::::::::::::::,' マ   `i.、__     ノi、 、、/
://::/          ア、     //      i;;;l::::::::::: ,' ,rマ . ノj `ー  ̄>''´ .l ヽ、ヽ
 レ'          ';;;;;;;;ヽ./ /  _,..zzz';;;l::l、::::::iy_>,,マ≦j         ', ヾ.|
            ';;;;;;;;;;;;;ー―≦;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i:l;;マ::l;;;;;;;;'.ヽ/7            .;ミ .ミi

179◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:24:56 ID:HJI1B/YA0


蒋介石はすでに中国共産党との関係を解消するつもりだった。
上海市内になだれ込んだ蒋介石の国民革命軍は現地の共産主義者や労働組合を
徹底的に虐殺した。



                                             ___________
                                                ( ((    ((     ((
                                              ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄
                             ・~                   |      |        |
               ∧_∧                  ~・          |      |        |
      .,,.::.;';  _.,,::: (:;。;ζ∧_∧,,..,     .,,,,..    ,,,._.,,.          ,,,._|.,,   .,,,|_∧  ∧_|,,
    _.,, (*。;-;。)⊂  :;...,,∧ (;。д(::)っ;::,..  l∪∪∧,,..(:;。;-(:)ヽ,       (:;。;-(:)   (:;);-゚:)  (:;。;-ζ
   ⊂.:;;...∨ ∨  ⊂(;:゚-。メ)     .,,.∧ .. .':''"'''(*゜-; V V::.,;:,⊃∧..,, _,,..  l∪∪   l∪';;;   l:: ∪
    (ノ(ノ ,,,._.,, _      ∧_,,_(;::(,゚:;..:;;゚)っ   '"'''":,'::∴(;;)゚。(:;:(;:゚o;。メ)っっ∪''''∧,,. "'∪'  '"'"
     ∧∧:;。;-(:)∧∧_ (:;。;-ζ  ⊂.;;.: ;⊃  /)  ヾ V V ::'.':''"'''"     (;:゚o;(:)ヽ~
     (;;゚-:;::)⌒'(。;-;゚;;)っ l:: ∪  ,,,_∧ヽ;,::.;'ヽ⊂:;; ;:. ,,,∧⌒ヽ  ,,,._.,,..:';..,,  (;::。-:)゚::)∧_∧
    ‥∵∪:;∪''.': ,:,':: '"'"''"(';;;(:;);-゚:)ι(;::。-:)⊂ζ;;:-゚;;)-;。;;) (:。-;。*)::ヽ⊃⊃V⊂(;;。;-;゚)⊃
   ,:,'::∴'.':  ∧_∧  ∧_∧  ,:,'::∴'.':   '''V   ,':::'.'V V,,,._... V V  ̄   ∧∧ノっ∴::,
   ∧_,,,.  (*゚ o゚;;メ;;::.(,,'-`*) ∧_∧  (ヽ_ ,,..: ;...,∧     (*。Ο゚;;) ヽ~ ,,,.(;-:;゚::)っ ,::',,,∧っ
..  ( ゚;;-;゚;)つ ''"⊂,:,'::∴'つ∧ (;;)゚。(:;:)⊂,:,':(:::)(;;。;-;゚)     ∪∪'''"∪   (メ;。-:: ,,,._.,, ;(:;);-゚:)っ
   ∧_∧      ∧_∧∵.:;;゚) ⊂;,::.;';っ  ∧     ∧/)/)   ∧_,,,.;:::っ∨∨(。;σ゚*)ヽ⊃
   (;´;-(::)⌒⊃ (メ;。-;。)_ ノ   (ノ:;..:;   (:;。;ζ,'::∴'.'。*):.:;;..)~ (:;´;-`;)つ∧_∧∨''''  ._.,,..:';..,
    ι''J"''','::,:,'::⊃ヽっっ  っ*,':::'.':ゝ‥  ,,,._.,,.      _::_ ∧_∧   ( ゚;;-;゚;) ,..:';.. (;:゚-。メ)ヽ
              ':''"'' :',::;;;-;。;;)::::∵  (;:゚o;。(;;)っ  ⊂..,,,(*,。;o゚;)   '"'''"⊂_,,.._っ V Vノヽ)

181◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:25:52 ID:HJI1B/YA0


一旦衝動が解き放たれると、もはや止めることはできなかった。

国民革命軍将校のほとんどが小規模土地所有者であり、
土地の国有化を主張する共産党を警戒していた。

                                                      .   i ! .
                                                  . :    ,ノ キ、 : .
                          _ __ _       -----‐=========´,.  , ==
      r=------ 、          r'´     `Tヽ                  ./|   | |l´. :
       { {       \        /        j〈                  /.:::::|   | l|
      ヽ _  -― \ `{ゝ ` ―-         //                  /:::::::::::|   | |l
     <<´       -‐...... ̄:::::::::::::::::::::`ヽ   //、               /:::::::::::::::::|   | l|
      ヾ 、    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\」/、ヘ              /::::::::::::::::::::::::|   | |l
       /l l__ /:::::::::::::::::::::::ハ ハ::ヽ::::::::::::::::::::::ヽ \!            /:::::::::::::::::::::::::::::::|   | ll
      ./::::`/´./:::::::l::::/:__,::::|: :||: :l、__l:::ハヽ:::::::::::::i\ ヽ          /:::::::::::::::::::::::::::::::::/  / ll
     /::::::/ /l:::::::┼'丁::ハl: :∥ |:::::l丁トi::::::::::::::l:::::l   l      /:::::::::::::::::::::::::::::::::/  /  l!
     /::::::/ /:::!::::::::::/-=- 、: :l: : , ===-、::::::!::/:::::|   |    /::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /   ¦
    /::::::/ /::l:::l:::::::ィ' i´n`! : : :: : : i´n`! !:::::::l/:l::l:::!   |  /::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /
    /::::::/ /:::::| ハ:::::::l '⌒       ⌒` |::::::ハl::i:::|   l /:::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /
    /// /:::::::::|'::::!:::::!      '   _,ィ^  i⌒!:::::|:::/  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /
    ' / /::::|:::::::|:::::!⌒!   `=ニ二 ̄_ノ   |  |:::::!:l:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /
  .  l_ {´::::∥:/:|::l::|  |ヽ             /ト=イ::::l/::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /
  .   l::l:::l::::ll/ヽl::l::ト=イ:::::> _  _ <:/::|:::::|/:::::::::::::::::::::::::::::::::;/  /
    . |八|ヽ|   lハノ!::::l ヽlヽl、:},.-‐、{:::/l/l:/.!:/::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /
         /'´ __ vー-ミ /   ∨`' ‐/::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /
           ,. '´,.-一′   |    }  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /
       ! / ノ       {ヘ ___,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /
       〉//´    ヽ   Y^.:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /
       .く/ {   、}    |   |/|:::::::::::::::::::::::::::::::::/  / |
       / ヽ   {   !   l  |:::::::::::::::::::::::::::/  / 

中国共産党に対する弾圧は全土に拡大し、共産党を支持する農民が虐殺された。

182名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 21:26:35 ID:GzEDX2/Q0
アカくても アカくなくても 皆殺し

183名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 21:26:47 ID:lAKk0Ygs0
なんだかやる夫の国でこないだ見たような光景が・・・

185名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 21:27:55 ID:c4qSLQ3w0
中華の日常じゃないか

184◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:27:08 ID:HJI1B/YA0


中国共産党はまだ自分達に比較的友好的な武漢政府を当てに、
大規模な集会を開いて抵抗の意思を表明した。


\\                       /       /
   \     /、                     /     //
        /::r--ヽ、 ,. -───- ..、              /
   _,,.. -‐''":::::::::i::::::::Y          `ヽ、
 ⌒ヽ     「::`ヽィ--!、___,!-、__       `ヽ.
:::   ::i   〉:::::::!、_rへ__,!--、_7--/、    .  ',  /             だ、弾圧反対!
 \  i ::: L__Yイ  /   i  ヽーへ!--イ   i
   ァ-!‐-/、 / ノ  ハ,ゝ!、,ハ ハ  ハ ヽ/ヽ___/                 共産党は絶対に
 )ヽ!_.ノ!_ノ!__ハ.-〈r.!ン |!'i' .!`レ' _,!ィ;7k´ ! !ヽ、_/ヽ_     /ヽ、
 __!ヽ:::  ::と_!  ,イ i ゞ'   ´ ト、`!〉レ'    7´    /:::::::::ヽ.      屈服しないわよー!
  `ー'  ̄ ヽ、  ! .从"U _'____  ゞ-'/ / i  i 〈__,,.. -''"::::::::::::::::::::::ヽ.
 /⌒ Y ⌒ ::::レヘ !/ヽ、!   `ヽ ./ ./!_ハ ヽ、_ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
:::     !   rY__,,. V`!、>ーr<!/´  ヽ!ヽ、!  ̄`ヽ、::::::::::::::::::::::::::::!
  :: ::  :: :/i_,,.    !ヽ、 くハ」  /     !、_      V⌒ヽ:::::::::::::::!
       i7'     /`ゝ、'ー--:〈_r、_/  !  `ヽ_       レ-、::::::::!
       !        /´ ̄ ̄ 7  ヽ7イ    ! i        ヽ::/
       { ト、/    /    /´ /     /Y         Y
  /    !ヽ、      /´ ̄  ,.イ     ヽン

         ,. '"´ ̄ ̄ ̄ ̄``ヽ、
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /::::::::::::;.: --─---─-、:::::::::::::ヽ
    ./::::::::::::/ィC¨ヽ      \:::::::::::l
   /:::::::::/  └¬'´,   ィC¨ヽ';:::::::::!   あどねー暴力はねー
  ./::::::::イ        / ,.  ヽ `¬┘';:::::::!
  l::::::::::::l       /ハ ハ }     ヾ::::j    やめようねー
  {::::{⌒l:!  U   / `   ' ヽ   V}
.  ';:::l ゝリ     l ,/ ̄¨ヽ  ',    }l
  ヾヽ__j u   { {,. --‐‐ヘ    {,l
    ヾ::::|   i  ヽ ヽェェェェェノ     {
    }:::l   ヽ    ` ̄¨´   ノ   }
     ヾ;k    \_  __  ,/   }
     "|  し    ̄ ̄ ̄    ノ
  _,. -‐"\          U   フー-、_
'"´      `ヽ、          /

しかし、すべてが手遅れだった。

186◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:28:34 ID:HJI1B/YA0


都市労働者の力に固執する中国共産党は、都市部において絶望的な武装蜂起を繰り返し、
そのたびに叩き潰され、分解していった。



                     シィィィ・・・・         ∩∩
                       ∧∧       ∧∧;; ;;ノ ドサッ
               シ・・・シ・∧∧ (゙0;;゙*)⌒;;⊃\ (゙0;;゙*)ノ/
                 ∧(゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゙o;;゙*)⌒;;∧∧⌒;;⊃ ウウウ・・
        ダッコ・・・・・∧∧(゙-;;゙*)⌒;;⊃ (゙-;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃
              (゚;-:。*)⌒;;⊃ (゙-;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゚-;;゚*)⌒;;⊃ シィィィ・・・・・
     ナンデ・・・∧ (゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゚-;;゚*)⌒;;⊃ (゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゚o;。*)⌒∧∧   ユルシテェ・・・
 オウチニ・・・・∧ (゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙-;;゙*)⌒;;⊃ (゙o;;゙*)⌒;;⊃ (。0;;゚*)⌒;;⊃ (゙-;;゙*)⌒;;⊃シニタク・・ナイヨウ・・・
    ∧∧ (゙0;;゙*)⌒;;⊃(。0;;゚*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゚;;-;゚*)⌒;;⊃(゚-;;゚*)⌒;;⊃
    (゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙-;;゙*)⌒;;⊃ (゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゚-;;゚*)⌒;;⊃ (゙-;;゙*)⌒;;⊃ ハニャァ・・


もはや中国共産党にかつての勢いはなく、武漢を放り出され、
各都市で地下に潜って活動する少数派に落ちぶれた。


            { | : : : : : : : : : : : : : : : ゙X¨`ヽ´: : ∧
.            { | : : :_:_;,.:.--‐,‐:.:'':."":. ̄:. ̄:.゙゙:.''7
          ,. ┴: ''"~ : : : : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.:./:.~゙¨''┐
          マ, : : : : : : : : /: : : : : : :.:.:i:.:.: : : :,':.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:,!
           マ, : : : : : : :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.¬ト、:.:,:':.:.:.:.:.:.:,ヘ
           マ, : : : : : ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ィv‐y‐x/|/リ`ト、/:.:/:/:}:ハ
            マ、: :/,':.:.:.:.:.:.:,':./⌒}¨''‐!"~心、〃/:/:.:,':.i:.}
             マ:,〃:.:.;':.:.:.:,i:.{{-、{! : : } ハし仆〃〃}:,':.:.リ        これでいっちょあがりね。
            /: :/,':.:.:.;':.:.:.;':|:.:.:ヾニ| : : l ゙ー"   ,㌢リ/:ノノ
           /: :/ ,':,i:.;'i.:.:.:,':.|:.:〃,ィ’ェェォ、.     、":|' .´           なるほど、アカには血が似合うわ。
          /: :/  .!、{.l,'.{:.:,:'-‐、;' .Y´l : :!`  `ー ノ :ト、\
       ,.イ >’    ,.<´    ヽ .ゝN :|` ー " /エj=ミ\\
.    ,.<´>´    、´ヘ=、ヽ,    .\  ヽ!ヘ . .´l!ヽ:.!  `<> .
   /: :./´      〈/   ヽ,、ヽ    ヘ、.|   T}  `     `.<>.、
   ,': :.{        _.-'、   _ 'yヘ    /´ヘ  | },          ヽ; :',
   {_:_:_',   ,.ィ´    \ /´ ~}.ヘ  ./: : ヽ<.{、_ | }ヽ'´/!        '; :.',

             ,.ヘ   ,.ヘ、
               」 _ゝ_,.イ_,. '-─- 、 __
           く  、r'"          `ヽ、      o
      ゚     L__y             `ヽ      ゚
    o       r─!、_ゝ-、_ゝ,.=イ___,、ノ_    i   *  o
        。 ,.-く ヽ,'  λ__r-、 ,、   ヽ_>,イ_,イ  。
         / 〈 L_, ‐'"´ヽ,.、_!  ン' ‐゙、 iゝ、  `ゝ、        うわーん!!
          /   ソ/     ,. ヾ///     ヽ,Y>、_,ノ
       /    //  .-ェ<_`ノ//,ヽ、 '7‐ '   ヽλ へ、      終わった!今まで築き上げたものが
      ,'    `/    i  r‐,.-―‐v、´´'',      '_!'   \
      |    ',  ,、イゝ、V       i ン`ト,  ./      ',    すべて失われてしまったぁ!!
      |  ,.-‐、ゞ,`~ !ノイ.!` '' - . . ィ〈/`^`ナ〉      !
      レ'´   !/`ー、, '  !ノ§ヽノ  ヽ  _,,ノ    ,へ |
               /    o       y,ヘ,,へ/⌒  ヽ!

187名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 21:28:55 ID:S2U1DmYc0
共産党が暴力反対wwwwwナイスジョークwwwww

188名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 21:28:59 ID:itTT0l.M0
ちなみにこの前に共産党一派とそれに乗じたヤクザ勢力が農村地域で大暴れしまくって国民党どころか共産党内部からもブチ切れられてるんで自業自得なんだけどなw

190名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 21:30:02 ID:GzEDX2/Q0
あの男の「農村で都市を包囲する」ってのはこういうとこから出た戦術か

革命家としては物凄い人なのは間違いないんだが・・・・
功罪ともにでかすぎるってのはやる夫と共通だな

192名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 21:31:53 ID:c4qSLQ3w0
>>190
優秀な革命家であることと優秀な政治家であるのは矛盾しないが
イコールではないからな

189◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:29:29 ID:HJI1B/YA0


                                                     _..---..、   
                                                     '〉ゝ、  ゝ、  
                                                    ./  ゙''''\ ヽ   
                ..-/ '、                         ___,,丿    {  `'''''''' 、  ..rr
             /`ー-′  `ヽ                       /       _-'      冖''’ イ
          ォ―┘       │                      '―-''' 、   <          │
          │          '廴                       _..-‐‐′ ....ノ''、__     /''''′
       ___,,../           `゙ー、                    ..-┘     ゙、   \rt_._ ┘
  r'' ゙̄‐'"´                 ヘ、              厂"        ` ヘ、_、   `/
  ‐ァ                      /ー- -........、          _.‐′     __ _ ___..‐''´  \ /
  ィ′                  _ノ'⌒  (    `''ー--‐'' ̄ ̄    /--'" \   __  _ __/
   ト                  j′    -7             _ '、       ヽr'´ ∨
   ゙‐ 、            Y ̄´  ̄ヽ,,/--、 "''、- .- 、 ..、  _../  」   ┌ ┘
    ヽ....宀一' 、......,,..---..__ 冫           ^\   ノ ノ '、丿│    │   ,,> 、,--_
    _│           广'′           `'、 く_  │  |    ノ‐/   " _r‐"
   {゙′           ノ              丿    〉  '、 !   亅 ゝ、   _/
   ヘ 、           丶..、       _    (     ~^´  レ─'´   ⊥r‐"`ー、
     "--、           ^''''-.. 、  / ゝ.. _厂ー、 ..┘   _>、    ノ"  '、  │
       ゝ 、             ー‐"┐       `''''^''‐-...._ノ `ー--_''    '、  マ
         \、               1          丿 '、  ★武漢   丶 / ★上海
          "゙'―-..-..,,、         ノ         /  ( ー-....、 _..亠ー- /  │
                 `1____..v―-J''v「‐' 、   ..、 '' ー-''''、 〕     〈 ★南昌 _/
                         }  `'、 ./       '、     │  _/   }
                        _../   一ー ゙'1     j.. 、    │▲井崗山   _,,、
                       l__        ゙r-,,..一‐'''’ \ ---'''' ..ゝ、  ノ´ /´丿
                        '、       │        l        ├┘  │丿
                         〈 、 y+ー―"`''┐    /  ...-―‐′     ∨
                          `''゙∪      ゙‐ー‐-ォ'ニ-―'
                                      _ }∟、
                                     │ __丿

191◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:30:48 ID:HJI1B/YA0


敗北し、衰退し、散り散りになった中国共産党の一派は
辺鄙で人の寄り付きにくい井崗山にこもった。

わずか数千人の、小規模な敗残兵たちの群れである。

:                    :   :
: : : : : : : : :       :        :   : : : :  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : :   : : : : : : : : : : : : : : : : : :  : : : :   : : : : : : : : : :   : : : : : :
       :           : : 、‐``‐、             : : :  : : : : : : : : :
   : : : : : :        : .,,/`::::::::::: `ヽ            : : : : : : : : : : : : :
   : : : : : :       _,,、'`::::::::::: : : :: : : ::::'、:
           _r'":::::;;;;;;;;;;::::::::::: : : : : ::::`‐、、    : : :
         、,-'゜::::;;;;;;;;;;;;: : : :::::: : : : : : : ::::::::::::ヽ,、: : : : : :
       ._、‐′:::;;;;;;;;;;;;;: :  : 、: : : ;;;;;;: : ;;;;;;;;:::::::::::゙'‐、、: : : : : : :  :
     _,/`: : ::;;;;;;;;;;;;;;;:  : ;;;;;;;:   : ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::``'ー''ー-、: : : : : : :
  ._、‐`: : : : : ;;;;;;;;;;;;;;: : : : : ;;;;: : : : : :;:::::::::::::::::: ;;;;;: : : : :::::: : : : : ``、、: : : :
..,,rl″: : :::: : ;;;;;;;;;;;;;;;: : : : : : :;: :    : :::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ.: : : : : :
″: : :::::::::: ;;;;;;;;;: : : : ::::::::::::::::: ;;;;;;: :  ::::::::::::::::::::::::: .: : : : ;;;;;;;;;;;;;;: : : : : : : : `、、: : :
: :::::::::::::: : : : : : : ::::::::::::::::::: : : ;;;;;;;;;;;: : :::::::::::::::::::::::::::::: : : : : ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: : : : : `'''‐:-、
:::::::::: :   : : : :::::::::::::::::::: : :  ;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::: .  : ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: : : : :
:::: : : : : : : :::::::::::::::::::::::::   :  ;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: . : ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: :
:::::: .: : ::::::::::::::::::::::::::::::   : : : ;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::: : : ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    : : : ;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::;;::::::::::::::::::::::::: : ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:
: : : : : : : : : : : : : : :       : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

194名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 21:32:29 ID:itTT0l.M0
>わずか数千人の、小規模な敗残兵たちの群れである。
やだ……配役が期待できちゃう……

195◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:32:32 ID:HJI1B/YA0


  しかし―――


  |\     /\     / |   //  /
_|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
\                     /
∠   流派中国共産党は!!    >
/_                 _ \
 ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
  //   |/     \/     \|
 :... . .:::: .. . .

          .. .. . ... .::::.. . . .:: : :..
                    . ... ::: :::.. ... .. .. . ...
                             ... ..::. .. . .. . .. .:::
                :: :: :. ... .::::: :... .
              .::::
          .. . .
                  ,,-‐''"´'':、,,                ,,_,__
_,,.--ー''''''"゙゙ ゙゙̄"'''''―--.,,,,,,-‐'゛.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:  _,,.;:--''"´`゙''ー、/ヽヾ\
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"';,_,,.-ー'''"゙゙:,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,:゙',`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,~゙"'ー-:;、,"'.:
":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; ":;;;: :;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :
'' ;~ ; ::; : ;:; '',;''゚  ; ::; : ;:; ;~'',;'' ;~'',;''  ; ::; : ;:; ;~ ; ::; : ;:; '',;'' ; ; ::; : ;:; '',;''゚ ;~'',;
":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; : ;:; ;

                                 |\     /\     / |   //  /
                               _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
                               \                     /
                               ∠     王者の風よ!!      >
                               /_                 _ \
                                ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
                                 //   |/     \/     \|


                          __                         /  )    ./ )
               _  -─=   ̄ _     ̄¨   …‐-=  _             /  /   ./ヽ./
       _ z=ニ二 ̄       .           ̄¨ …‐-= ._   `__ヽ       /  /   /  /
.    ,   ´                                   `ヾ.   ヽ       /  (__/ヽ /
  /                                     \_'´ ̄ ー<      (
. ( {                                             丶、     \     ̄ ̄i ̄ ̄i ̄ )
  ヽ            、                        __    /\      ヽ    ────一'
   \.                                  /___\/   ヽ.__     i    \
     丶、                          _/フ /__, イ      ´/ ー一'´ ̄\  \
       `                         ///   /        /          \  \
  |\     /\     / |   //  /        / l/   i        /               ̄
_|  \/\/   \/\/ |∧/ ///          | |   |       //
\                     /            | |   \__  / /
∠   全新系列、天破侠乱     >
/_                 _ \
 ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
  //   |/     \/     \|

196名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 21:32:57 ID:db77F.gM0
こんなの中華じゃ(始皇帝時代から)日常茶飯事だぜ

197名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 21:33:02 ID:S2U1DmYc0
・・・・え?

198◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:33:10 ID:HJI1B/YA0




  に二二二丶、{ー'",ヽ、_        ̄`"ー<ファ-,、_/〃 / /  `ヽ     / l   {
  {,..----―-、ヽ `ー'---、\            ̄~"7/\/ /,,.. -、 - ヽ  /// ,. r┴- /
  `ー--rー-、 ` _   ヽ   ヽ.             {、、i '',二   ゝ ,、| - く (/ / , フー'
     `丶、 `ヽ  ----、  }、            l r。、! l,,-。< ネ;くリ    (ノ//\ ̄
       {ミ}`丶、    ヽ |`\           ,! ~l l、ヾ ´ , | ヾ    ゞー'"   \/
        {ミ}   `ヽ     ヽ;;;l\        ,r-'/ l (ヽ-へ、ヽ ノ ト lゝ     |   /
        「~\   |ヽ     ヽ| ヽ   _rー= ヽl ! 二 ̄ノ/ リノリ     l| /
        l  ヾヽ |`     |   ト、/_     ̄`ー'ー'"┴┼――┐   l/
        ヽト、 \  |     |   | \、  ̄ヽ    \     ̄~|  」   ヽ
          \ヽ}  |     |     |   |l ヽ   \        6==9  ヽ
              |    /    /  | ヽ 、  \        6==9  }
                ト、  /    /    |l   \`ヽ、 \        |  |  /\
               ヽヽ/   /     |l ヽ   \  \       | | /  \


 \ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从_从人_人人_从人__从_人__从_从人__从_人__从_从人_人/
 ≧                                                       <
 ≧    見 よ ! ! 東 方 は ア カ く 燃 え て い  る ぅ う う !!!!   ≦
 ≧                                                       ≦
/Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒WW⌒Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒WW\


`゙ ー ..、    \  \    l    l   ;'  ./     ,r-/
    `゙ ー..、  \  \      |  ;'  /    / (
`゙'' ‐-..,,__    .- 、    /⌒l. |   ./    /|  ヽ       _ ___,,、      ./|
      `゙'' ‐(_,ィ\.  ヽ-' | |  /  /,へヽ  ゛'- ‐ ' " ´    ヽ   ./  !
 ̄ `゙ '' ‐-  __\ \  |  |    r‐ 、/  \            ヽ/   .l      /l
        | 、  \\ ゙ー'  .ト_,、 - ‐ ' ゜                  ヽ  /     //
:二二ニニ  ヽ__)\ ∨     /- ‐ ‐ ' /                   l∠--― ' " ゜ /
            _〉  /   /    /゛   /   ________,、 ヽ               / .//
_,,,..... --―  / 、_,ィ    |    ./   ./ //     \ l     ., 、  ー--- 、// ./
      _,,..  ヽ__)  \       i ././ / /--------∠ヽ }  \/ .}      ゜"゜ /
_,,.. -‐ ''"´   _,. -‐    `ー--―'´ .l ./  i / ! /.. '\、 .( / U ゞi  ! |ヽ l    /⌒丶、
    _,. -‐''´  / /   l  \ |/  .|./ l/ .i ヽ'゜ i   ゜' ‐ '.レ  / .lヽヽ   /      ゜' ー 、
_,. -‐''´     /   /    |   |! ...|    l  } .〈   く      .| ./ //|/  (  / ⌒ヽ      〉
       /    /    l  ||        リ 丶、 _ ,、 -、  .l ./|/ . i.⌒ ヽ゜' "  , - ‐ ' ゛    〉
      /    ./    |   |        /  ヽ、 i______〉 .| / /  丶   ヽ  /  ___ , -‐   〉
  ..  /      /     .|          ./    丶   /.!/ ./、   \  /  / /     〉ー
   / ..   ../      |          /   _   ゜‐ イ゜  ./  \   ゜"(  /ヽ/  ./  /l

199◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:33:43 ID:HJI1B/YA0


しかし、中国の歴史は、この山に逃げ込んだちっぽけな敗残兵たちによって大きく帰られていくのである・・・

                . -‐: : : : ̄ ̄_: : `: : .、
          ,. :/´: : /: : -─ヘ : : : : : : :\
          / : 〈: : : / /´      \ : : : : : : ヽ_
       /: :,>-‐一 '´        < ̄: : =‐- ,ヘ
         {: :/               \: : : : :/Vヘ
         ヽ{       i   ,x≦二´"   ヽ: /__/| : }
        |    {  {  x〃´ tッノ    〉:ヽ'、`ヽ:ハ
        | ,-‐=ミ、 `"´ ` ー'´     .′ : ゚:,〉}: :}ヽ
        〈 /  tッ〉, i  `ー      ' : : : : :}/∧ノ: : }
          } ` ̄/'| :|         ハ i : : : |/ :!: : :′     中国共産党・農民指導者
           |i     |  !  ___〉 __ ヽ 〈 |:|: : : :|!  |__/ヽ
         从    ヽ__/::::::::::::::__:ノ  l |:|: : : :}i  | : : ′     毛沢東
         {: |ヽ   /:::_::::,.-─´_丿  :! 从: : / |  |__ノ、
         |: | : ゚, `¨ゝ-─''´__,       V′:|   | : : }
         レヘ: :∧   ー  ´        /  :|   |__ノ、
           \{ \   {           .:′  |   | : : /
               }   ‘,      / /    |   |__ノ}
               \_ ヽ -‐ ´_   -‐=ニ¨ヽ  {: :/}
               |    -‐   ´           }  ∨ j
                「 ´|::::::::::|          _ノ──´-  _
               |  |::::::::::}    -‐==ニ              ̄ `
                 /`ー/:::::::/ ̄ ´
   ゞミ三三 /,ィ仁 ///,     /   _ 二三ゝ、\      }ヽ
`ニ==彡'//  ///// / . x≦、くヽ  `ヽミハ  \    ノリハ |
ミ三三ニ./イ/´///// / /   rt_ヾ\\  \l__  `ニ彡'ノノル'!
\ニ二三ノl ///// l/ / ⌒ヽ、 ゞ' ハ. ヽ \  \\ミ三二彡'’
ー=≧彡'ノノ |./'///   //      ミニ¬ \> ,\  Vハヾミ寸㌣´
ヾミ三二ニノ/' //ナ" ̄ /'          `  {=、∠ノノヽ | l |㌧、\`ヽ
ィ彡≠ァ彡/k'´ / /    -―='               〈ー 、\∨ l |ハハヾ∧
´/ //// ! / /  / ,x≦  ̄`丶、      -―>rt_l }/ //j l|/|/l/∧
  /// ,/| ' / / /ヘ.  ̄ `丶 \     /ヽゞ' V // //リ/|/ト、/l
  / // / | :.     /     〉、    \ \      .:ー/// /////|/|  'l|
  /' /  | :.   /      /  \    ヽ  l     .: /// /// |//l/l  i!
    /   | ::   /-、    {    〉  ,イ}__ノ /  .:/イ /// ///l/  |
    /   | :: 八 └ 、  j    /   >‐'     //´'//// ///〃
      | :. {  \_ \  /  /         イ  //// /// /    中国共産党軍事部門指導者
\    ∧ :.    -、\ 丶ヘ.)/     ィ≦   '//// / /// /
:. \   '/∧:.      \_ノ'´    イ ////////   / //       朱徳
:   \ '///\          ., <ハ|/ /////   / /´
:. . .   \ '///\__ . ィ≦{  }//  '| ///     /

200名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 21:33:43 ID:itTT0l.M0
こwwwwっwwwwちwwwwっwwwwすwwwwかwwwww

201名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 21:34:22 ID:db77F.gM0
こりゃあ勝てんwwwww

202名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 21:34:42 ID:Ibt5kaIY0
お前らかいwwww

203名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 21:34:52 ID:34N.Y/Wg0
最強コンビじゃないですかーやだー!w

207名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 21:35:40 ID:S2U1DmYc0
意外すぐるわ、この配役wwww

208名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 21:35:53 ID:GzEDX2/Q0
確かに「東方」だけどwww

204◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:35:16 ID:HJI1B/YA0



        ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
        =            ゙ミ
        ミ     ★      ゙ミ
       r―ミ             ゙ミ
      l  ミ;=======.:::゙ミ
       ヽ /  ※   ※   ※ ∧
.      /   r―_‐_'i:¨:¨´:l ̄:`ヽ}    さて、ネタ・・・じゃない、中国の情勢は
      { ※ /: ´/: :/`:./;ハ:`: :l: l
      }   f: /fてハヾ´ /f'云ヾハ:}    これくらいにして
.      { ※ }:{ 弋__ノ   弋::リ j//
      ハ   {:ヾゝ''''   ,、  ''',イ ヽ     ソ連に舞台を戻しましょう。
.     /: } ※. }: : ;>‐‐--‐<ヽ  }_
    /: :.{    l:/{i{ (ニニXニニ)} :.{ ※ ヘ
   ,.イ: : :/ ※ l:ヾ}i}  〃{i  {i: :ヽ  ヽ
.  {:ヽ: :.く   /: :j:ヾx、_ノノゞ≠'j : :.} ※ }
.r<:ヽ:`:ー`ヽ,/f'"::`ーt‐f´:t‐r‐':ヘ:-'`¨¨:}´

209◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:36:14 ID:HJI1B/YA0


1925年の闘争はやる夫にとって最良の結果であった。


       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-/      |
  \     ` ̄'´     /


ジノヴィエフとカーメネフを完膚なきまでに降し、
ソ連第二の都市、旧都レニングラードをもその配下に加えたのである。

210◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:37:14 ID:HJI1B/YA0


さらにこの年、ジノヴィエフによって抜擢された軍事人民委員、
ミハイル・フルンゼが急死。



.      / 二ム  \二ニ==   `ヽ、 丶 `ヽ
      { { {  ヽ\ \ー-=ニミ   \ \ 
     ハ ∨ 、  `    \   `丶   ハ ハヽ
.     /∧ V{`ト=ニ二        \   ∨ トミ.
     ' '  \ヽ        ̄二ニ==ミヽ  } | `ヽ
.     !∧  V `ト .    `ヽ.____ __二ヽ   ト、
    i iハ  V  \`ヽ    \ィ `ヽjリ .:`ヽ } ヽ
.     ! iハ 、     \  、____ゞ  〃.::::::::ハハ }
.     i i 八 \    ヽ \  ヽ/.:::::::::::::::::ノ.::::Vハ
     ∧ハ  \ ヽ 二ニ=‐<⌒.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      八 ヽ   \ V{  `V7.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        ヽ }ト、 \ゞ ノ〈 '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       V人 ヽ  \´  ヽ:::::`::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::
.        イ\ハ jヽ丁`ヽ     __:::::::::::::::::::/::::::::
       丿  ヽ八八人     く   `ヽ:::::::, ':::::::::::::::
           }ハハヽ\    ___ く:::::/ : :::::::::::::
          ノ ノ j >'"´    .:::丿 ∨  : : :::::::::
                    |    .:-‐=< __」   : : ::::::
                 /⌒ヽ .:{  /     ::|     : ::
          軍事人民委員 ミハイル・フルンゼ





するとすかさずやる夫が動いた。



       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\     ちょうどいい人材が余ってるお!
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |    そいつを後任にするお!はい!これできまり!
  \      `ー'´     /



そしてその後任こそ・・・


                 ___
               ´::::::::ヽ
                 {::::::::::::::∧
                   '、:::::::::::::::ムヘ
                >:::::::::::::::::::::::\
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                 ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::i
               }::::::::::::::::::::::::::::::::从
               /:::::::::::::::::::::::::::::::从
                |::::::::::::::::::::::::::::::::/
                /::::::::::::::::::::::::::::::::{
             「::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.
             〈::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.
             イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                〈::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ィ
              }:::::::::::::::::::::::::::::::::イ
            {::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                 i:::::::::::::::::::::::∧:/
                !::::::::::::::::::::::{
             '.:::::::::::::::::::::i
              '.::::::::::::::::::::i

213◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:38:06 ID:HJI1B/YA0




         ,- 、          /      \                       /         \
          /   !            |  考  常  |                    |     俺    |
        /   /      , - 、    |  え  識  |                   l           |
      r‐、ト  l    /  ノ   |  て  .的  !                   |     だ    |
      !  !  |   /   /     l      .に  .|                       |           !       f¨ヽ  r‐ 、
      ノ  l.  | /   /        !   .      |.     , r ' ⌒ ヽ、         l     ろ    .|        l   ', !  ',
    〈  .l   l./   /,..-‐ ''"´ )\________,.く .  /       ヽ,      |             !. _        |   l ',.  ',
    ',  ,!  ,/   /    ,.>'´            /       ,,ヽ、_ヽ   >、________/  ! `ー- 、   !.  | |   l,.-‐ 、
     レ    〈   '    >'´               |     __,ノ 彡(○ )                   ヽ、.._  ヽ、 |   l. |  l. /
      | ヽ          '´ ̄ ̄⌒丶、          ,  |    (○ ) 彡  | `ー- 、                \  ヽi.   lノ  l./
     ',   ` ー  、_ ,ァ‐一ー-、__,!       ,. -‐'"  |         入,__)     ヽ          ___ヽ  ヽ  '   l'
     ',          {           /      |      ゙'ー'´   、      ト、       r‐'´    `  _, -' ´l
      ',        ,!、        /、      ,.  |       ゙ヽ、__ノ ^ヘ     l ト、       `ー ' ´ ̄}  `´       !
      ',        ノ`ハ          ノ ヽ   /  |. ヽ、         /  ハ   !  イ        ,r,=i           !
       くヽ、__ .. -‐'^}/ ',        ,! i   ヽ     |   |. ヽ、       ノl    V , レ' ,ハ       /(. ト          !
         |`ー‐    /   ',      r'   !  V   |    !  l `>rー;<_|     V,イ   l         / `くヽ、      ,'
         ト,____,/     ',    ノ^ヽ  !  V   !   l  l/  ソ叭  `|      ∨ -‐'  !      /    `ヽ、 ー- イ、
.       /八。./       ',  /     、   ヘ  |     ヽ、  〈/^ハ〉  ト-、_____〉.    l     /        ヽtーァヘヽ
      l lii/            ',/         `ヽヘ !     ハ.   ル' |l  /   \ |   ,   ヘ. /            ヾ'|i|!l |
      ノノ/               V            >イ└─ー-/ ヽ, ,! |V      \ ノ     レ'             ヽli;l !
     .///  /´〉        ヽ、 、     /  }ヽー   /    ∨   レ'        /   ,.ィ"               ,、 r、 Yr'
    〈_'_   ー' /゙〉         ヾ ヾ  /     ヽ   /      ヽ/       / |   '´ /            ,、.「儿j U _'」
      `ヽ、 ー'/〉_           ! l ∨        l   ヽ、__ /,. -''"´ ̄丁`ヽ、トv' / l'           Y ,. -‐''"´
          \ "〈/        リ  |       〈ヽ、     // /      !    V { '         ,. -‐
                      軍事人民委員・やる夫の友人
                                      クリメント・ヴォロシーロフ

214◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:38:56 ID:HJI1B/YA0


内戦以来のやる夫の盟友、ヴォロシーロフがフルンゼの後釜に座った。

その軍人としての戦略的才能はフルンゼと比べるべくもない低劣なものであったが、
彼は公然とやる夫を礼賛する赤軍司令官という代えがたい人材だった。



       / ̄ ̄\
     /   ⌒  \
     |  ミィ赱、i .i_r赱    片田舎の板金工が
.     | ::::::⌒ (__人__)
.     |     トエエエイ    いまじゃ赤軍最高司令官かよ!
.     ヽ     `""´}
      ヽ     ノ     やる夫についてきて大正解だろ!世渡り的に考えて!
       /    く




  ,r'ニニニ゙ヽ、
 ("´ ̄ ̄ヾ))  ___
 |   rー< ノと)/ ノ ′^ヽ\
 |   `フ"ノ /  (●)  (●)\     これで赤軍も
 ヽ、  ' ( l :::⌒(__人__)⌒゙::l     やる夫の統制下だお!
   \  \|   `i-┬y'´  |
     \  \   `'ー'   /      ジノヴィエフどもの最終手段も
       \  ヽ ー─ィヽ       もぎとってやったおwwwwwwwww



こうして党最大の武力集団、赤軍も書記局に掌握された。

215名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 21:39:35 ID:GzEDX2/Q0
フル公に「赤軍のクソ壷」呼ばわりされてたなw

216◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:39:49 ID:HJI1B/YA0


        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/    しかしよかったのですか?
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /      今ならジノヴィエフとカーメネフを
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\      政治局から追放することも
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃         可能ですが・・・
   やる夫の秘書
      アレクサンドル・ポスクリョーヴィシェフ




         ______
        r' ,v^v^v^v^v^il
        l / ─  ─ |
       i~^'   (・)   ・ |)         そうですぜ同志やる夫。
       ヽr    ⊂⊃   ヽ
        l      |    |         ジノヴィエフをレニングラードから
    __,.r-‐人      3   ノ_        追放するだけってのは
   ノ   ! !  ゙ー‐------‐'"ハ ~^i      甘すぎやしませんか?
    ヽ ! ヽ、_     _.ノ  i  \
   ヾV /              ! / .入
  やる夫の忠臣 ラーザリ・カガノーヴィチ

217◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:40:29 ID:HJI1B/YA0


       ____
    //   \\
   /( ●)  (●) \      心配ねえお。
 /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \     レニングラードを追われた
 |     'ー三-'     |    ジノヴィエフに残された主な役職は
 \              /     政治局員のみ・・・





   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉    そして中央政界は
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
    )    Y    (       すでに書記局の
   /γ⌒     ⌒ヽ\
  /  |         |  ヽ    見えざる統制下にある。
  |   ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     /

218◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:41:30 ID:HJI1B/YA0



     ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ ))
   ((〈● ノ\   /\ ●〉
      ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ     ジノヴィエフ達も
        )    Y    (
     γ⌒γ⌒     ⌒ヽ⌒ヽ    今後は書記局の監視下で
  ((  |   |          |   .|
((   ヽ ヽ__人__ノ  .ノ     働くことになるのさ
      \ .  `ー'´    /





       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\     ジノヴィエフの権力の源泉は
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   モスクワから離れたレニングラードの
  |    /| | | | |     |   党組織だお!
  \  (、`ー―'´,    /   今やあいつは帰る家を無くした家出中年だお!
       ̄ ̄ ̄

219◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:42:07 ID:HJI1B/YA0


ジノヴィエフ追放後、レニングラードの支配者として送り込まれたキーロフは、
内戦時に政治委員として辣腕を振るった新進気鋭の中堅党員である。




/|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:./ ';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヘヽ:.:.:.:ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
. !:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ll:.:.:!-‐ '、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ¨ヽ:.:.:トヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
. ';.:.:.:!:.l:.:.:.:.:.:.:.:.l´';.:!   ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ  \!  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
 |:.:/!∧:.:.:.:.:.:.:.| ';|.=== \:.ト、:.:.:.:.:.:.:ヘ―-   ヾ、:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.
 l:/ ハ:.:.';.:.:.:.:.:.:.',   {:h::: ト ヾ、`ヽ、:.:.:.:.!三三ミ  |:.:.:.:.:/、:.:.:.:.:.
 /  ';.:.:ト、:.:.:.:',ヘ  |V:::r}      \:.|トハ:::r }  /:.:.:, '‐、 Y:.:/
.     ';:.| \:.:',ヾ、 ゝ‐'  ′     ヾ∨こソ /:.:/}  /:.:.{
      リ  ヽヽヘ ヽ```  丶      ' ' '   // ノ  ,イ:ハ!
        `| ``                 ´ /ー- ':.:/リ
          ヽ、     -―‐‐'        /:.:.〃:/
          ';.:i_丶、          _ ... ∠:.:.:_/i/
      r '' ¨ ̄ ` ヽ:.:` t- ...__-,, -‐ ¨       ¨ヽ
      l  `ヽ    ヽ-‐ ''て(              {
        レニングラード県党委員会書記
              セルゲイ・キーロフ



かつて中央アジアで数千人を処刑した彼の矛先は、今やレニングラード党組織に向けられていた。
現地のジノヴィエフ色を一掃するために腕を振るっていたのだ。

221名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 21:43:14 ID:Ibt5kaIY0
キーロフは甘いマスクでかなりえぐいことしてんなwww

220◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:42:55 ID:HJI1B/YA0


        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/   なるほど・・・
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /     すでにジノヴィエフとカーメネフは
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\     飼い殺しの状態ということですか。
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃



     ___
    / vvvvvvvヽ
   | |   ノ  ヽ|
   |__|    ^__^ ヽ          この慎重さと抜け目のなさ・・・
   (d     ⊂⊃ ヽ
   !       l   !         さすがですぜ同志やる夫!
   (\ ___ 3_./    /^.l
  / ` ────'ヽ__ /)ヽ |
  /          ヽ   |  ノ
  | |   |/\/\/\|-─┘´
  | |   |.        |

222◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:43:39 ID:HJI1B/YA0



   ――― 夕刻、クレムリン内のアパート、やる夫の自宅

       ______________________________
        l___________________________________________l
        ∧三|:Ll:|二二二二二|:Ll:|二二二二二|:Ll:|二二二二|Llノ二二二:|├i─. < ´
        ∧.ミl  .|_|_|_|_|| || |___|:ロ:|::::::::::::|  .| :::::::::::::::::: | ||.|:::::::::::::::::|  |  |
           ' ,|  .l ̄| ̄| ̄| ̄|| || |7/ ̄||::::::::::::|  .| :::::::::::::::::: | ||.|:::::::::::::::::|_|  |
          iォ |....「|TTTTTTTTTT「|TTTTTTTTTT「|TTTTTTTTTT「|TTTTTTT「| . |____________________
          |:| |..::|.| 二二二二二 |:| 二二二二二 |:| 二二二二二 |:|二二二二l:l .|;;;;; :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          |:| |...:ト..─────‐|:|─────‐.l:|────‐| .ソ____..// .|─|二二二二::i. 尸二二二二::尸三三三三尸三
      __|:|_..| .Y 二二二二二l .|二二二二二l ..|二二二二|  |::::||::::::|::::::レ.... |  |:::::::::::ll :::::::::| |:::::::::::|::::::::::::|:| |:::::::::::::::::::::| |:::::
、    |       |  |_||_||_||_l .|__.||___|  |_||_||_|  |二|二:|::::::|   |  |:::::::::::ll :::::::::| |:::::::::::|::::::::::::|:| |:::::::::::::::::::::| |:::::
  ヾ、、.|____|  | ̄|| ̄|| ̄|| ̄l .| ̄ ̄.|| ̄ ̄ |  | ̄|| ̄|| ̄|  |_|_:|::::::|_ |  「|TTTTTTTTT「|TTTTTTTTTT「|TTTTTTTTT「|T
ミ::ミ::ミ::ヾ     | 「|TTTTTTTTTT.「|TTTTTTTTTT「|TTTTTTTT.「|TTTTTTTTT| |..|  |:|二二二二二l |.二.二二二二.l |二二二二二|:|
::ミ::ミ::ミ::ミ ヾ   | |:|.二.二二二.二.ヒ|.二.二.二二二ヒ| 二二二二_ヒ|.二.二.二.二 | |..| F+────i l r───l l f´ ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄
ミ:::ミ:::ミ::ミ::ミ::ミ:ヾ | |:|   γ⌒ 、 「 _____  ____  |::|l:::::|l:::::::| .| |..| | .|::::::::::::::::::::::| l l:::::::::::::::::l | |:::::::::::::::::::::: | |:::::
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧ Y⌒Y´;;;;;乂 ;;;ト | |:::::|:ロ:|::::::::::::|  |_||_||_l ..|::|l三||三.| .| |..| | .|::::::::::::::::::::::| | |::::::::::::::::| | | ::::::::::::::::::::::| |::::::
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.Λ;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;,,,,, ;;;;;;〉、.| ̄| ̄:|::::::::::::|  | ̄|| ̄|| ̄l ..|::|  .||  .| .| |..| | .|::::::::::::::::::::::| | |::::::::::::::::| | l::::::::::::::::::::::::| |::::::
;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.∧);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,/ ̄..y.ヽ::::::|::::::::::::|  |゙::::||゙::::||゙::::l ..|::|  .||  .| .| |..| | .| ̄ ̄ ̄ ̄.l | | ̄ ̄ ̄.....l |  ̄ ̄ ̄ ̄:| | ̄
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.∧,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.>- 、:::::γ⌒ 、::::|    ̄ ̄ ̄ ̄  .|::l ̄ ̄ ̄l .| |..| | .|        .| l |      .l |....,,,,,,,,,,-=ニ  ̄ ̄ ̄
;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.∧.,.,.,.,.,.,.,.r― 、::::::>:::、:::::::::>::::>-‐ 、 ̄ ̄ ̄ ̄          \
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.∧ ヘ/::::::::::::\ヽ:::::::Y:::::::{::::::::ヾ:::{                      >
;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.∧三hヾ:::::::::::ハ:::::i:::::|::::::::}::::::::ソ::ノ           /    /
: : : : : : : : : : : / /: : : : : : : : :| |::::>::::::::::|:::::l:::::l:::<              /     /
.: : : : : : : : : :./ / ̄三ヽ: : : :.| | ̄ヽ::::<   ...:::::::::::::::           <    /

223◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:44:03 ID:HJI1B/YA0



       ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
    <                                    >
    <       我らと党の勝利に、乾杯ッ!!!       >
    <                                    >
       ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨

                          ,. -‐==、、
             ,. ===、、 o   ○o.  i       :::ト、
           _,/      `ヾ´´`ヽ、 ゚ .l       :::ト、\
           //      .::::/  :::::!===l      :::|ス. ',
             /./       .::::/   ::::l    |  __ ..... _::::|} ヽ l-、
.           ,ィク ,'..__    .::::/    ::::l    :l '´    `)'`ヽ ヾ;\
       /::{゙ ヽ、 ``丶、;/‐‐- 、::::l     `'::┬‐--<_   } ./;:::::\
     /::::::::!   ,>---‐'゙ー- ...__)イ ,. -‐‐-、ト、   |l::ヽ /;';';';';::::\
.     /|::::::;';';'\/} (ヽ、  _/|   (´    _,.ィ!::ヽ.  ヾー'´;';';';';';';';';:: /ヽ、
   / ,ノ:::;';';';';';';';';'/  /ヽ、二ニ-イ   ヾT ¨´ ,/;';';::`、. \';';';';';';';';';';〈::...
. /  i::;';';';';';';';';';'/ ,イ.:::::::::::::::::: !    ヽ`ー‐'";';';';';';';ヽ   \';';';';';';';';';!:::::

224◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:44:21 ID:HJI1B/YA0


     ___
   /⌒  ⌒\
  / ( ●) (●)\      くはー!
/::::::⌒(__人__)⌒:::::ヽ
|     |r┬ |  (ヽ |    まさに勝利の美酒だお、たんまねーお!
\γ⌒=/⌒ヽ_(⌒ |/
/ ( ^=/   /  ヽ ノ\    同志ブハーリンも飲むお!
| /  ,(⌒ヽ/    \
ヽ_ノ  ー '



   /       ,_,              ',
   /       ( l 、            ',
   l      ,i、/ 〉ヽ!ヽ、ヽヾ   `ヽi   l
   l    i , ノ ハ( 、 ,-‐..'´`ソ'`ヽ i リ   /
  │  i、l=‐':´`"゙:::::::::::::.  : ノノ/、  /     お言葉に甘えさせていただくよ
   | i i |/::` :: ::::::::,i ヽ ;::::::..  .:: l l  l   ヽ
   l ヽゝ l::: ::: :::/ |  `' 、::: -'´j l' /   )    同志やる夫。
   ヽ、ヽ ` 、、:::/  !、-     ゝ,l '   /
    ゙''- 、ミ ',   _, - ‐-   /r, 、 `( _    まさにこのたびの我々の勝利は
       _ノヽ\    -    , '// \   )
       `ヲ.  \      / //    `''‐'-,   ソ連における社会主義の勝利と言える。
    , ==l ,  l ` - ‐ '  //   ,---、 /
  , , ' '´   !li  lL.   , - ' 7/   |=000| )   私たちの勝利を祝おう。
//      `゙゙゙_)| `' '´   l(    ゙ー ' ´く
ヽ.ヽ、        l      ヽ >      l
     政治局員・党内右派
          ニコライ・ブハーリン

225◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:45:23 ID:HJI1B/YA0


       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\    トロツキーもジノヴィエフもカーメネフも、
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   公式路線を批判して党の権威を傷つけようとする
  |     |r┬-/ '    |  分派主義者どもだったお。
  \      `ー'´     /   党を守ったのはやる夫達だお!




       /                         |
.       /        π                  |    まさにその通りだ。
      |      ノ {               |
      l i   从(´__  `ヽ_                {    奴らは公式路線を破棄し
      ヽヽ .{/////`ー´77777ノ丿  /       |
       `ヽ i/////r-、//////ヽ─´  /,    |    冒険主義的な急進政策を
         _ノ ∨/_ノ/  ヽ////>/   //  _/
        て ',  ヽ   ` ̄  z  /´  /_      取ろうと主張する
         -=>  ',  ニ=      レイ    く
       |::::::::::::|/ ヽ  `    / /   ヽ ト--= _  アジテーターだった。
       |:::::::::::{{ ,|_`ー- - ´  / |_   ノ:. :. :. :. 〉 〉
       |:::::::::::|| |`ー------ イ _(:. :. :. :. : //  まさに党にとって危険な存在だったのさ。
       └:::::::::|| イ            }t-:. :. :. :. :. //
-=ニ二三三::::::::::}}              |/:. :. :. :. :. //




                         / ̄ ̄\
                         /_ノ  `⌒ \
              _           | (● ) (⌒ ) .|    だが奴らも
             | !        | (__人___)   |
             | !        |  ` ⌒ ´   .|    いまじゃ路地裏で雨に震える負け犬にすぎん。
             | !   ,.-,    |         |
           _,ノ ┴、/ ,/       ヽ       r     逆らおうもんならもう一度
          r `二ヽ ) i      ヽ _ 、___,   ト
           |  ー、〉 /     _,,,,ノr  `   /i\,,,,_  叩きのめしてやるだろ、統制的に考えて!
            |  r_,j j__,,.. r''''"/::;| \`'/   ,'::;;;r;;;;;;;;;;;;:: r ‐-、
            |   ) ノ ::::::::;;;;;;;/::;;;;|  /\  /::;;; l;;;;;;;;;;:: ::;;;;;;;:: ヽ
          ノニ-、 ,/::;;|:::;;;;;;;;;>::;;|/(::::ノ \/::;;;く;;;;;;;;;;;;:: i::;;;;;;;;;;;:: }
       √..:::;;; ヽ、〉;:;;|::::;;;;;;;;{ ::;;;;;|  "::く  /:::;;;;/;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;:. ノ }
        /..:::::;;;;;;;;;;;;;;;〉;;;;|::::;;;;;;;;;:{ ::;;;;| |:::::::| /:::;;;:/;;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;;;;;;;;:: }

226◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:46:07 ID:HJI1B/YA0



           _,、 -‐''''""~~""''''‐- 、_
        ,.-'"             ゙ヽ,
       ,r"                    ゙、
     _,/                       ゙、
.   ,r'"                       ゙、
   {     {                      ヽ
    {     {     ..,,_              ヽ
.   ノ     ,'゙'、ヾ、レ‐---、ヾ゙)ノ)   -、         ゙,     同志やる夫・・・
  /     {  ,、-:::::..  :. :::ツ ノ     ゙、゙'、       }
  ,"      _!,,ソ:::::::::::::::.. :. :::::ノ{     } }      ノ     危機は乗り越えたが、
  {     r'':::::::::r-、;_::::::::  :. :/ ゙'‐-、,   }.ノ      {      それでも党内世論はまだ
  ゙、    { ::::::::;'   `''ー-‐'"     ノ  リ       ゙ヽ    動きを決めかねている。
.  ゙'‐-、 ゙'、 ::::/           、,クノハ         }
     ゙'‐`'{'゙iヽ、'   __,,,      ,.,.,.,,,_/_ハ       {    反対派がいつさらなる動きを
        `'ヽ  r"       .| ┌ー-゙-ニっ     ヽ、  画策するかわからない。
         {ヽ  "      | .|      } ト)    ヒ`ゝ
         `~}ヽ      /.| |      -‐"  ヽ、 マ  公式路線を守る為に
     l'''ニニニニ{、、,゙'、.,__-‐"  | |            ヽ'  私たちはなお一層強く
.      | i     ノ     l,.、-'"| |               団結する必要があると思う。
      | i     `つ   ζ   .| |
      ヽ,ヽ     `''ー'l
.       ヽ,゙、         !


          ____
        /⌒  ⌒\
      /( ー)  (ー) \        まったく同意見だお・・・
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
     |     |r┬-|     |      やる夫は権力には興味ないけど、
     \      `ー'´     /       反対派が党を荒らすのを
      r´、___∩∩__,  /        黙認する気はまったくないお。
      \__ ´人 ` _ノ
       ヽ   ̄   ̄ |          全力で協力するお、同志ブハーリン。

227名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 21:46:46 ID:itTT0l.M0
>権力には興味ないけど
やだ胡散臭いwwww

229名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 21:47:08 ID:4BwgzLHI0
白々しいにも程が・・・

228◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:46:48 ID:HJI1B/YA0


       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\     というわけでうちの嫁も紹介しとくお!
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |    ナジェージダだお!みんなナージャって呼んでるお!
  \      `ー'´     /


    r'フ . : :/ : : :,/: : : l: : il   i'、 ,、:;‐ニニ=トl: : : : :': ;'/::::::::'、. :.:
_,、-;:;:'! i : : : i; : : : i; : : : i _:';',  '、'、゙´ : : : ; ノノ: : :: : :;ジ/ : ::::::i、:.
'': ;:;:;:;,',i: : : : i ;: : : i'、:,rシ弋 ';:'、  ' ',rlニ┴‐-<,_,, : ,ィ彡'、: : : : l .:.
:; ;:;:,.,' ;:',: : : :'、:'、:: :';'';゙´: .,._;;;;_   ゙ '´ r゙`j,'、 `‐  '彡-ヾ; : : :! .:.
;: ;:;:;:;:;,、ゝ;: : : '、: '、: ゙':゙'/)'゙r‐;、     i'';;;,;;i:}    '゙/ ゙i:、'-、l_.:.
;、-'''゙゙    ゙-、:':、':-、'、 -! !;;.';,',      ゙i;'=ツ、    !   ノ :\; :`   はじめまして同志ブハーリン。
,_        `'-、、';:';'r、 ゙'、'';;!, .      . : : .   ノi'、 : : i`.'
;.,`';‐-、,_      ゚;::::l、i  .゙.゙   ゙   ,      ノ'''゙゙::::'; :'、 : ',-
',.,:;:;:;:;:,';.,`''‐ッ'゙`゙'‐、 ゙、;i:';゙、 ' '   '‐ ''゙     /i::::::::::::::゙; : ゙-;,i、   やる夫の妻のナジェージダです。
;:;:;:;:;:;:;:, ; ,' (     /゙'-,';、';.`'‐-、、,_     _,、:7:::::::'、;;;::::;;;;::;';,、-、:
';:;:;:; ',.,:;:, ';:;:,゙;  /,:;:;:;.,.`'、`''‐;、;';'、ニコ::-::'゙: _i;、‐''゙~,、-;;'、'、,ノ´.:.`
.`'''-、,:;:;:;:;,, ノ  /,:;:;:;:;:;:;:;.,`v'゙,.;:;:;;ッ=ノ_,、-‐'゙,.,;゙i   i,' ;;;;;,,゙'、 :.:..:.:.:
    `''‐i'゙   i ;:;:;:;:;:;:;:;:;;r:ゝy=;i,-'゙'゙,.,.,:;:;:;:;:;;/ ,、‐'゙;:;:;.,' ;;;;,'; .:.:.:.:.
      !  /,,;;;:;:;:;:;:;r!'三=;ミ'ゥ:;:;:;:;:;:;:;:;:;;ヅr゙' ;: :', ', ',';., ;;;i :.:.:.:.
      ! ./.,:;:;:;:;`;';';';l;i毎ソi!'ノ゙‐;';'‐;:;:;;ジ: l,.,:;:;.,' ;:;:;:;:;:;:;;,';l .:.:.:.:
        !/.,:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;!'ミゥッジ;:;:;:;:;:;:;:ゾ: ' ,r';:;:;:;:;:;:;. ';:;:;:;;;;;;i :.:.:.:.:

230◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:47:31 ID:HJI1B/YA0



           _,、 -‐''''""~~""''''‐- 、_
        ,.-'"             ゙ヽ,
       ,r"                    ゙、
     _,/                       ゙、
.   ,r'"                       ゙、
   {     {                      ヽ
    {     {     ..,,_              ヽ
.   ノ     ,'゙'、ヾ、レ‐---、ヾ゙)ノ)   -、         ゙,       はじめましてナージャ。
  /     {  ,、-:::::..  :. :::ツ ノ     ゙、゙'、       }
  ,"      _!,,ソ:::::::::::::::.. :. :::::ノ{     } }      ノ       今日はこのようなおもてなしを
  {     r'':::::::::r-、;_::::::::  :. :/ ゙'‐-、,   }.ノ      {
  ゙、    { ::::::::;'   `''ー-‐'"     ノ  リ       ゙ヽ      受けることができて光栄だ。
.  ゙'‐-、 ゙'、 ::::/           、,クノハ         }
     ゙'‐`'{'゙iヽ、'   _,.、    ,.,.,.,,,_/_ハ       {
        `'ヽ  < ,.-''´    | ┌ー-゙-ニっ     ヽ、
         {ヽ.  ´         | .|      } ト)    ヒ`ゝ
         `~}ヽ      /.| |      -‐"  ヽ、 マ
     l'''ニニニニ{、、,゙'、.,__-‐"  | |            ヽ'
.      | i     ノ     l,.、-'"| |
      | i     `つ   ζ   .| |
      ヽ,ヽ     `''ー'l
.       ヽ,゙、         !


                  , - --、
                     /     ヽ
                |ノ  ヽ_   |   ~♪
                     l● ●)  l
              , -‐|(_人__)  /'}ヽー‐ 、     みんなしゃべってばっかりで
          ,. -ァァ<´/  ハ ⌒  _/ / | ,   ヽ
       /个「〈 {_厶_nレ' '少'- l\/  .|/ /  |    酒が止まってるだろ!
   / ̄区豆三l ̄`| l | U┬n、 「  /`<{/     |
   l.________,,.LLLl‐┴}(二ヽ /  ハ/     |     呑め呑め!
           `ヽ‐' | 〔_川ノ  \ / V_-_  |
                |  ヽニニ  ,_厂 ̄ `ヽ` /
               |/ } {`了「L_ノ___,ン|
               /  }{ { |。 { /       |
              / __{ } }|_\    ヽ |

231◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:47:56 ID:HJI1B/YA0


ニコライ・イワノヴィチ・ブハーリン・・・親しい間柄からブハーリチクと呼ばれたこの幹部党員は
ジノヴィエフら反対派との闘争をすすめるうちに、やる夫家とも個人的に親しい関係を築いていた。




                   /                          `;
                 /                             ゙、
                   /                                 Y
                 {                                i
                   ∨             | i|                  |
                   ,イ|    イ     从 jノい八 i        `ヾ     !
                ハ!     :|:!   ノ八 (  Уハ乂   `ヽ      |i    リ
               乂、   :|:!i / Ⅵ、、 ソ   メ ノ  `ヾ`Y、、    リ   !/
                   / /:.\ 从!{//∨77777ハ-ハ77777∨777У乂    イ ヽ、
               / /:.:.:.:.:`Y小/////////r-//////////イノ  /: :∧ ヘ
             _,/ /:.:.:.:-=彡ハ∨///////.:i  \//////イ彡/  (.:.:.:.:.:.:∧ ヘ
          __/ ̄//:.:.:.:.:.:./イ 乂_ヘヽ////:.:.:|    ヽ////从′ ノ:.:.:.:.:.:.:. :∧ ヘー: . . __
        三三//:.:.:.:.: //:.{八  从  ̄   、j;,_      ̄ /イ  Y:.:.:.:.|!.:.:.:.:.:.:.∧ ヘ三三二ニ
.       三三/ /:.:.:.:.:.:.:.:.:///:.:.:.:`ソハヘ    ____ ,    /ルヘリハ:.:.i.:|!:.:.:.:.:.:.:. ∧ ヘ三二ニ
      三三/ / :.:.:.:.:.:.:.:.:./// :.:.:.:.:.:.:.:j \   ` 二 ´   /彡イ:.:.:.:.:.:. i.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:} j三二ニ
.     三三/ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://:.:.:.:.:.:.:./    ヽ       / .:   !:.:.:.:.:.:.//:.:.:.:.:.> "´ .イ三二ニ
    三三く く:_:_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ハ.    ` ー― ´  ..:.:   从:.:.:./> "´. .<三三二ニ
      三三` ー―ー== 、:.:.:.:.:.:.:.:.{  ヽ.            / /:.:.:.:.:/..<三三三三二ニ
       =三三三三三三`ヽ\:.:.:.:.:.:\   \        ///:.:.:.:.:/ /三三三三三三二ニ
        =三三三三三三三\ヽ:.:.:.:.:.:ヘ、         / /:.:.:.:.:/ /三三三三三三二ニ
        =三三三三三三三\ヽ:.:.:.:.: \       イ  /:.:.:.:.:/ /三三三三三三二ニ


若きやる夫に「マルクス主義と民族問題」の執筆を助け、
レーニンからは貴重な理論家と賞賛され「党の寵児」と呼ばれた。

1926年前後からやる夫一家と晩餐を囲むようになったという。

232◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:48:43 ID:HJI1B/YA0


魅力あふれる人物で、すぐにやる夫とナージャから尊敬と好意を勝ち取った。
これは、他の政治局員と比べても異色な存在である。


   /       ,_,              ',
   /       ( l 、            ',
   l      ,i、/ 〉ヽ!ヽ、ヽヾ   `ヽi   l
   l    i , ノ ハ( 、 ,-‐..'´`ソ'`ヽ i リ   /
  │  i、l=‐':´`"゙:::::::::::::.  : ノノ/、  /
   | i i |/::` :: ::::::::,i ヽ ;::::::..  .:: l l  l   ヽ
   l ヽゝ l::: ::: :::/ |  `' 、::: -'´j l' /   )
   ヽ、ヽ ` 、、:::/  !、-     ゝ,l '   /
    ゙''- 、ミ ',   _, - ‐-   /r, 、 `( _
       _ノヽ\    -    , '// \   )
       `ヲ.  \      / //    `''‐'-,
    , ==l ,  l ` - ‐ '  //   ,---、 /
  , , ' '´   !li  lL.   , - ' 7/   |=000| )
//      `゙゙゙_)| `' '´   l(    ゙ー ' ´く
ヽ.ヽ、        l      ヽ >      l

                   n
                   l^l.| | /)
                   | U レ'//)
      ___      ノ    /
    / ⌒  ⌒\  rニ     |
   / (⌒)  (⌒)\  ヽ   /
 /   ///(__人__)///\ / `   /
 |       `Y⌒y'´    |   /
 \.       ゙ー ′  ,/  /
  /⌒ヽ   ー‐   ィ  /
  / rー'ゝ        /
 /,ノヾ ,>         イ
 | ヽ〆          |

233◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:49:54 ID:HJI1B/YA0


【補足】


     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !    やる夫とブハーリンの間に結ばれた「友情」は、
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||    かつて三人組としての同盟者だった
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l     ジノヴィエフとカーメネフとの間には
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|     芽生えたことすらない感情でした。
       l \     _    ,/ |
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |     これはブハーリンとの関係が
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !     ただの利用する・されの関係では無かったことを
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !     示しています。
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!


             /: : : : :|:: :: :: :: ::/           \:::::::::::::::::::ノ
            i: : : : : : :l:: :: :: :: <              \::::::::::/
          /::|: : : : : : |:: :: :: :: ゝ   i    ',   i     ヽ:::::ノ
         /:: :: :|: : : : : ::|:: :: :: :ノ i  |    .|   |      V
       {´:: :: :: :: :|: : : : : :|:: ::::il´ \|   |    .|   |      ',
       廴:: :: /:: i: : : : : i:: :::ノ  ナ\ |、   ハ.i  ,' ./     |   i
        >┐:: :: :∧: : : : |:::::丁下ヌヽ/X´/ソ | /_厶 i   .| ィ .|     意外なのだわ。
     ┌=ィ∧:: :: :: ∧:_:_:_:|ノ八.弋:.:ノソ      ≦  '、   ./ /  |
       >彡/ハ`ー、::::Xrtjヘ},   ー '      丁下ヌy  ./ .} ハ/     やる夫にも
      ゞ//  ', i  廴_t及ン::| ',            弋ツノイハ┌、/ン
      /イ/   i i i  iヽ:\::ヽ ヽ        '   ¨  } .i i \´       そんな関係を築ける相手が
.     //i l   l l l l .l  \ゞハ ヽ     _      人 l lヘ \
     レ i l    l l l l .l    コ>ヘ ト、   ´’   イ V弌 i \ \     いたのね。
       `   | | | .l }v´ ̄: : : : ) ヽ: ` - ' ´`ー 、_」 V ヽ、 ヾ \
          |  | .| ili: : : : : : :/: i `,Vハカ: : : : : : : : :入 ヽ \ \ \
          |   | ムl: : : ::/: : }  iンィソ: : : : : : :/  ヽ `v、ヽ  /ソ
          | ,-'''´:::::::>=: : : : :ノ  ノ∧: : : : : : :イ ヘ、  .V  ) ).//
          /:::::::::::::::/// ̄ -'''´::/:::::ヽ: : : : : :l: : : : : > ノ/ ノ
      _, - ''´:::::::::::::/ /: : : : : : : :/::::::::::::::\: : : ト: : : : イ、ン <

234◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:50:49 ID:HJI1B/YA0


          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ     さて、1925年の初頭に失脚して以来、
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_      沈黙を保ち続けていたトロツキーが
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ     ここに来て動き始めます。
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/     ボリシェビキ政治闘争の第四ラウンドが
         | |{i t    _     / |
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |     幕を開けようとしているのでした。
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |


     |
     |   x─‐-─-、
     | ./::::::::::::::::::::::::\
     |/:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
     |イ  ̄ ̄ `ヽ::::::::::::〈
     li  l | | i/ ト∨:::::/
     |{ N | |イ__イ! }}:::;く
     |┯┯  ┯くリく{〈
     |uゞ    ゞノ!Y^!     レーニンが死んで以来、
     | >- ' ィ^人|l |
    f⌒x::::::}{:::イ二 il |     政争ばっかじゃない?
    `<:::ゝ::<二二>
     |:::::>-イ< ̄ }i |     大丈夫なの?この国家。
     ト、::::::::::::::::::::`Yノ |
     |::::::::::::::::::::::::: }__人__
     |:::::::::::::::::::::::イ::ノ ̄う__ノ
     |:::::::::::::::x'YV`ヽ二ニ=イ
     ├一'^゙´


【補足終わり】

235名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 21:51:26 ID:GzEDX2/Q0
最終的にやる夫と争う相手が誰もいなくなるから大丈夫です

ただし今度は外からドアを蹴破って伍長が殴りこんでくるけど

240名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 21:53:43 ID:c4qSLQ3w0
伍長を倒しても米帝を中心としたブルジョワ連合との冷戦がある

236◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:51:36 ID:HJI1B/YA0


1925年以来、トロツキーは世捨て人のように表舞台に登場せず、沈黙を守り続けていた。

党最高幹部会である政治局員としての地位は保持していたものの、
赤軍への影響力を失い、もはややる夫らと対決するだけの気概もなかった。


                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ
         /\          /ヽ- '
       /   ヽ、     _ イ
      /      ヽ、  Y
     /            ー┴、
.    /               |
   /            \     |、
    i   /        \     ハ
    |  /          ヽ   |
    |  ,'             }  |
     政治局員 レフ・トロツキー

237◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:52:14 ID:HJI1B/YA0


しかし、三人組が瓦解し、ジノヴィエフとカーメネフがトロツキーと同じく左派に転向したこと、
やる夫と決別し、敗北したことはトロツキーにとって大きな情勢の変化であった。


            ,.,,,.--;;,.、
          ,.-':::::::::::::::::::\
         j';;:::::::::::::::::::::::::::::ス 目がぁ、目がぁーーーー!!
        l':::::r',l,.,っ:;-;:::;:(゙ 、;、                              ||
         l:l'j -' l/,''-ァ- y lぃ                          ./ヽ__,:'ヽ||
.         ゙l   ′' /j''゙l  ,l'  ,.-、                      i:::::::::::::::::||、
.       ,.......゙,   ,''ニ__;.l   ゙y 〉::::::`:::::-::、                  |========!
      /::::ヾ 、 ,ィ'゙-- ' ,゙-、 / /::::::::::::::::::::::::`:::-              ./::::::::::::::::::::::l
     /:::::::::::::::,ィ゙ - 、=,ッ''l:::゙、ケ入::::::::::::::::::::::::::::::::             . |..::|::::::::::::::::::l
   r'ス::::::::::::::::::/:l゙ -ッ=---、:::::゙l,;;;;;;;;` -、::::::::::::::::::::              ゙、ノ.. :::::::::::::::|
  ,l'::::::::::::::::::::/:::::::゙、,j::::::'.:ヾ.:.:.`.、:::::` :y;;;;;;;`::-、:::::::               ヽ.:::::;;;;:::::::ノ
,./::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;j::::::'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙、::::::::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;                !.::/ !:::/
/:::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,l::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:- イ:::::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;               `´  `´
       政治局員・コミンテルン議長                政治局員 レフ・カーメネフ
         グリゴリー・ジノヴィエフ


そしてなにより、ますます顕在化するやる夫の野心と脅威が、トロツキーに沈黙を許さなかった。

238◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:52:46 ID:HJI1B/YA0


【補足】

     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !    ジノヴィエフとカーメネフの敗北後、
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l     やる夫は政治局内において
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|
       l \     _    ,/ |     自分の派閥の拡大を公然と推し進めていました。
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!


                                                  ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
                                                  =           ゙ミ
                                                  ミ     ★     ゙ミ
                                                  ミ            ゙ミ
                                                  ミ;=======゙ミ
               まず政治局員候補だったモロトフが            / ,=          ヽ
                                               /  ,='  _  ∧_ _,,
               議決権をもつ政治局員に昇格、            /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
                                                ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
               そして赤軍内きってのやる夫派であった          { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
                                                 ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
               ヴォロシーロフも政治局員に選出されます。         |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
                                                 | |{i t    _     / |
                                                 | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
                                                 // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
                                            r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
                                           __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
                                           ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |

239◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:53:27 ID:HJI1B/YA0


        ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
        =            ゙ミ
        ミ     ★      ゙ミ
       r―ミ             ゙ミ
      l  ミ;=======.:::゙ミ
       ヽ /  ※   ※   ※ ∧
.      /   r―_‐_'i:¨:¨´:l ̄:`ヽ}
      { ※ /: ´/: :/`:./;ハ:`: :l: l     やる夫最大の忠臣たる
      }   f: /fてハヾ´ /f'云ヾハ:}
.      { ※ }:{ 弋__ノ   弋::リ j//     カガノーヴィチも
      ハ   {:ヾゝ''''   ,、  ''',イ ヽ
.     /: } ※. }: : ;>‐‐--‐<ヽ  }_     政治局員候補として選出。
    /: :.{    l:/{i{ (ニニXニニ)} :.{ ※ ヘ
   ,.イ: : :/ ※ l:ヾ}i}  〃{i  {i: :ヽ  ヽ
.  {:ヽ: :.く   /: :j:ヾx、_ノノゞ≠'j : :.} ※ }
.r<:ヽ:`:ー`ヽ,/f'"::`ーt‐f´:t‐r‐':ヘ:-'`¨¨:}´

                                    _____
                                  / , へへヘ∧ヽ
        政治局?知ったこっちゃねえ!      |  |     \l l/ |
                                  /⌒    ( . ∠ l
        俺は、いつ、どこにいようが        ヽ_       (二) ヽ
                                 l   ______つ !
        同志やる夫以外の意見は          >、 \|_|_|_/ /
                                / l ヽ、 ____ /、
        尊重しねえぜ!             /   ` ー──‐─ ´   \
                              / |   __(^|      /⌒ ヽ
                             /ヽ| (二   ヽ    /    |
                                   l     \ /\   /
                                  `ー 、       ヽ /

241◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:54:01 ID:HJI1B/YA0


そしてザカフカース連邦計画以来の盟友たるオルジョニキーゼ、ミコヤン、
お気に入りのキーロフも政治局員候補に選ばれる。


.    >‐ 斗 ¨: : / /: :{:     \<ミt
  /  //: : γ¨7,//: : :.:Y⌒\  ‘,: :`寸
 /   / /: : : : /`ー´//: : __ :.{.    \ ‘,: : __\
./   | |: : : ノ   〈〈 -‐ `: ゝ._tァ__ゞ='-' };} .)        これまでの働きを考えれば
    | |: :Y´ ̄Y、 } }__   , ィ ,,   >'¨¨≧ェ__      当然だろうな。
.    Ⅵ {   } }γ´   \/ |' .{.    ,γ´   , \
\    Ⅵ ゞニ彡'::{   ij    ̄¨¨^ ─Y_.」_ヽ / ィ }           /ヽ
、__}   ‘,',l    !:::!                ¨ ‐- 、′      /   }
」-'¨\  \\__/  \_〟-‐       `ー‐- _   ノ    / ̄〉'_>´ ̄У ̄\
    \  \\         _         / ̄_ ェェ/_/       {_   〉
.       \  \\  \ \ゝ_ 三二≡=-─ ´仁}三三三三三三三≧ェ.    ̄¨ヽ


             ________  . ィ
      __ ...---:::::::::::::::::::::::::::::<_
    Г::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
.     |::::::::::::::::::::::::::::::::::......---r‐'''`
.     |::::::「 ̄/⌒丶. /⌒ヽ |
.    l:::::::l  l    |l          これで僕も
.    r┴ 、:!  ゝ.  ・||・   j !
.    l δ `    ` ‐- ''υー ‐' \     セレブの仲間入りだね。
    ゝ    \          >
     `¬    `ー―――― ラ
       ゝ.           _ ′
       __ュ==、ニ二l ̄
     /    \/ヽ/ ̄ヽ
  政治局員候補 アナスタス・ミコヤン

                   ト.、
             _...-―-..、V::ヽ,
         -=≦:::::::::::::::::::::::::::::::::}ィ⌒ヽ
        ./.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`≠ミ:.\
          /ィ::,―-------}-‐.ヘ_,...<:ヽ\|
        /.:/.:::::::::::::Ⅵ:::/l:::::::::ム:;l;::::::;ハヽ〉
        ,':./;:::::::::::::::7T:メ、|::::/リ'_.}从::i|i:l
       .i.イ:ハ:ト、::}:::/ィ示ミ.l:::/' 例`}::::リ:リ   (役得役得♪)
       .l |::::::l:ハ|:l 弋リ/イ  ゞ',リ'’/
        ∨;::::|∨ハ     丶 〃l
        }ハ:乂_ヽ〉.   , .ヵ ' イ
          _二}ヽ    ´ //._
         ,ィ´:::::::::::::::::::三≧´ィ二リ
         ヽニ=ミ:::::::::::::::::::::}}:::::::イ

242◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:54:44 ID:HJI1B/YA0


さらに中央委員会でやる夫の腹心として働いていたアンドレーエフが政治局員候補として選出。


        〉      ,ィ'三ミヾリイツィニ三==/     \
   ー‐ァ  l    /彡==ミ、;;;ィ''"⌒`>'′      ヽ
    ヽ´   l   ィ';/   ,.-ミ;Yシ=:、  ヽ    ヽ    ヽ
   ニ /〃 l  /;/   ,イ;;ィWヾ::/ィルゝ、 丶   ーァ    l
   ―'    l, /ィ' ,ル;;;;/'~´   `~ヾ;;ぃ,〉  /L,、   l
        ヽ.'´,! //;;;;/       u ゙i,;;;/         l
    ツ    ,>l! l;/;;/         ヾ'´l_       l
   _    ,/ l !;;;/ _,二ヾ    、_,.:z' ヾ;;トi;;ヽ、     _」
   _,ノ、   > ll;;/ z'テoミ;、   rテoミヾ',i;;!l>''"^   'ヾ´
    _l__ 、   「 /l;ハ. `.辻ツ     弋::ノ_,'´リヽ      ヽ
   /、)    lr'´ノj,ク、    ,          }  は   〉
         〉',r</∧   〈{,        ,ィ′ い   /
   |'゙)    /,ノ //HH>、 ト:::ァ―‐┐┌─'-'      lヽ-、
    ・ ・__  l/ /^ll{}H/,.,`i、ヾ´   ,ノ ,/     'r-ト/:.:.:.:.`ヽ
ヽ   ,:ケ´:.:.``l l ! ll i /  ,l! `ヾ三"´ィ′ 〉十  l:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.
 `"/:.:.:.:.:.:.:.:l t,L.ll,/  ,'   ヽ  〈  { (ナヽ ヽ:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.
  くミ、:.:.:.:.:.:.:.:.{  ヽT´   /   ヽ、 ,ィ!  l  ヽ  l:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.
  「:ヾミ、:.:.:.:.:.:.l   ゙i  ,/    ,ィt_,ん   ヽ ′  !:.:.l:.:.:.:.:.:..:.:
         中央委員 アンドレイ・アンドレーエフ


        ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
        =            ゙ミ
        ミ     ★      ゙ミ
       r―ミ             ゙ミ
      l  ミ;=======.:::゙ミ
       ヽ /  ※   ※   ※ ∧
.      /   r―_‐_'i:¨:¨´:l ̄:`ヽ}   第十七話でちょろっと登場した人物ですね。
      { ※ /: ´/: :/`:./;ハ:`: :l: l
      }   f: /fてハヾ´ /f'云ヾハ:}   労組論争でトロツキーと近しい立場でしたが
.      { ※ }:{ 弋__ノ   弋::リ j//
      ハ   {:ヾゝ''''   ,、  ''',イ ヽ    この頃にはやる夫の側近として取り込まれていました。
.     /: } ※. }: : ;>‐‐--‐<ヽ  }_
    /: :.{    l:/{i{ (ニニXニニ)} :.{ ※ ヘ
   ,.イ: : :/ ※ l:ヾ}i}  〃{i  {i: :ヽ  ヽ
.  {:ヽ: :.く   /: :j:ヾx、_ノノゞ≠'j : :.} ※ }
.r<:ヽ:`:ー`ヽ,/f'"::`ーt‐f´:t‐r‐':ヘ:-'`¨¨:}´

   r‐く二ニ:/i:i:i:i:i:i/  V^’
.  /:i/[_: :|i:i:i:i:/、yz'′               マ: :_: - :ヲ
 /:i/ lしんく|i:i:i:Yrュヲ                 ヽ Ⅶ :: : :己
.〈:i〈  || 己 {i:i:i:i|′   l |    l!   l|   l| ', '   .Ⅵ : : :.__7
 \\!!   し|i:i:i:i|   | l l |  l!   l| | l i!  | !   |: : :_:∠,
    ̄|L__ムスi:i:i:i:{l  | | | |\l!   l| | i i! ノi | l   }: : _く
    | ̄|i:|i:|マi:r=Ⅶ  |x≠示≧k_ l| | ル≦=ミx| !.   |__ノ  ちなみにフルネームは
    |  |i:|i:|ミ.ム泌リ 爪 ,う//i ヾ i/!ノう//j Y|  .トミx7
    | /i:{ゞ\ゞ=イ| l| 弋:::ソ      弋::ソ 从ノマヘⅣ
    | : ̄|  ̄ゞ≠ l|    `       、  `   |   l .| |     アンドレイ・アンドレーヴィチ・アンドレーエフ。
    | :  |     |  |               /|   l .| |
    | :  |     |  |.    /^  ー:ァ   イ l|   l .| |
    | i  |   x≧l   |ゝ、  ゝ   ノ  イ|.. l|   l .| |     三段活用なのだわ!
    | l. 八  《ミく  !三≧x、 __.. < . ∧  l|   l .| |
    | | | ヘ ∨i:l  |≦三三r≠くヘ≦ 三 ∧ ',  l .| |

243名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 21:55:30 ID:c4qSLQ3w0
めんどくせぇwwwww

244◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:55:39 ID:HJI1B/YA0


これに加えて同じくやる夫派に属するコシオールとチュバーリが政治局員候補に選出、



                         .′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽrー-ヽ
                        :.:.:.:.:.:.:.:∧.:.:ト,:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\      絶望した!!
                          {:.:.:.:.:.:.:.{≧x:kヘ.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_;_;ヽ
                        ':.:.:,ィ.:.:.込尤!i}∧.:ト,:.:.:.:.厶:.:.:.:.:.:.ヽ `     やる夫派の有力メンバーなのに
                           ∨^Ⅵトー― '  ハ!ヘ.:.:/i!i∧:.:.:.卜}
                        ヽ,ム`    ' '  ∨ ムノヽ:.:.!       たったこれだけの出番!
                         }.:∧、  r===ぇ  /.:.:|  ∨
                           j/小.:ヽ、{こ二'」 ,/.:ij.:i          脇役並の扱いに絶望した!
                           |.:.:.j:} ` - ' {、.:.仆{
                            j/"|     | ヽ{
                           /⌒'┤     ├'⌒ヽ                     (^ヽ {^ヽ
     ,ィヘ /^), -―,                /  {f¨ ̄「 ̄¨^/    '.                  rヘ   '. '. '. '. Y^}
.    / /{ .イ丨 r'"             /   ;ーr宀ー‐/      '.                 '. '.  / ,// 厶/ {
  f^} {  { ヘ '._」 {          -一¬ヘ    '.     . ′     / '¬=ー-            '. ー'  ¨  ´  _」
  } L≧ ∨     `ー-、    /´     .′'.   '.  /      . ′ '.      `ヽ       〉      /´}
  ヽ.___           {    .′    /   '.    '. , ′    . ′   '.        '.     /      厶 '
      `¨¨ ¬-,   }   ,      ′   '.    /    /      '.       '.    {     /
         r==ム,___j__  !      /      '.  ′    /      '.          '.   ム,___j___
         | ○      }丨     '         './      .′      '.        '.  {      ○ |
         └ァー、 __.ィ^ヽ!    j        /      /           i          '. ,j     _rー┘
                        スタニスラス・コシオール

    /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:: ハ
.   /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: /i::.::.::.::.::.::.::i、::.::.::.::.:、::.::.::.::.::.::.ハ
   l::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.l |/L____」 ∨|::.::.::.i::.::.::.::.::.::.:ハ
  l::.::.::.::.::.::.:;イ_;;:-‐'         `ー-、|::.::.::.::.::.::.::.ヘ     同志モロトフや
  |::.::.:i::.::.::.::|-―--t、      ,ィ-―''゙ l::.::.::.::.::.::.:iヘt
.  l::.::.::|::.::.::.:l     `     '´     |::.::.::j::.::.::.:l `
 /:/::.::.l::.:ヘ::.l ≧≡t、       ,ィ=三ミヾ.l::.::.:/::.::.::.ヘ     同志カガノーヴィチに比べたら
//l::.::.:j、::.::、Y´んまミヽ     / {ト-'イミ}`|::.::/、::.::.:ヾヽ、
´ ,'::.:/.';::.::トヽゞ_ノ        ゞ__.ノ j::;イ  ヾ::.:ヽ`ヾ
 ,'/ヾ、‐ヾミ                ,レ/__.../|`ヾゝ    キャラが弱いですから。
    ヾ`マミヘ、              ,イ::∧::.:/
     ヾ;j ';:::`..、           ,、ィマ/ ∨
        ∨ヾノヽ、 ヽニニラ'   ,. ' ヾ!
            }` 、   ,.ィ' {
.     r―‐ラ=--ノ、   ̄   :|ー、
      |  l     ゞヽ、    lミl ゙i
.     i   i    ./´ ヽ、   j、| :ト、
.     |   ゝー― ' 、   ヾヽ./ :| :| ヘ
          ヴラス・チュバーリ

245◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:56:30 ID:HJI1B/YA0


そして運輸人民委員(運輸大臣)にして政治局員であるルズタークが
この頃にはやる夫派に転向していた。


         / ̄ ̄ ̄\
       /         \
      /:  /ヽ   /ヽ  \
      |::     ) /       |            社会の | ̄|___
      \::    (/      /              | ̄|.[l] |  __|| ̄ ̄\
      /;;.          `ヽ            |二_  _二||  | ,.へ  ̄フ /<77
      /;:: γ        ::ヽ、`、          / ^  ^\L/ /ヘ/ \
      /:::  /;;:::...      :::: l、|         < /|_|\ >|_二、 ∨\  \
     (;:. ( :::::.....      :::::: i  i                       ̄  ヽ/
     .`、 `、:::...         i  i
 運輸人民委員・政治局員
            ヤン・ルズターク

246◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:57:05 ID:HJI1B/YA0


                 ,.:-=;1--―;1―,=;:、
                 =          ゙ミ
                 ミ    ★    ゙ミ
                     ミ          ゙ミ       新たに政治局入りした8人すべてが
                /ミ;======゙ミ\      やる夫派!
                / /_人_人_人_人__, ヽ  ヽ
               / /: :/:-/、:/ : : /|-、(  ヽ i     これで政治局メンバー20人のうち
              く   | :/: ://|: : :/__!_: :(  { |\    半数の10名がやる夫派に!
              \_:l/:イ__ .ノ/´下ィハ:(  } /    ブハーリンらを合わせると14名以上にのぼります。
                    {入|⌒`     弋tり}:ノ 厶'⌒)
                |( \  fー┐  _厶イ__,ノi´    反対派はたったの3名、しかも手負い・・・
                |( ,.に≫ー‐≪コ{ }} \_/     これはもう圧倒的ですね!
                /:く__に}⌒ハ⌒{コ7⌒7丁 

   r‐く二ニ:/i:i:i:i:i:i/  V^’
.  /:i/[_: :|i:i:i:i:/、yz'′              マ: :_: - :ヲ
 /:i/ lしんく|i:i:i:Yrュヲ                ヽ Ⅶ :: : :己
.〈:i〈  || 己 {i:i:i:i|′   l |    l!   l|   l| ', ' .Ⅵ : : :.__7
 \\!!   し|i:i:i:i|   | l l |  l!   l| | l i!  | !  |: : :_:∠,
    ̄|L__ムスi:i:i:i:{l  | | | |  l!   l| | i i!  i | l  }: : _く
    | ̄|i:|i:|マi:r=Ⅶ  i 士十i l!  l| | ルl_」L リ| .!.   |__ノ
    |  |i:|i:|ミ.ム泌リ l|r‐rテi〒i/!ノ ‐rテi〒r|  .トミx7    新規加入者全員がやる夫派って・・・
    | /i:{ゞ\ゞ=イ| l| 弋.(ソ      弋(ソ 从ノマヘⅣ
    | : ̄|  ̄ゞ≠ l| 、、、       .    、、 l.| | l |.|     ほとんど乗っ取られてるじゃない。
    | :  |    |  |             八| l |.|
    | i  |   x≧|  | し       _     イ  | l |.|
    | l. 八  《ミく  |ゝ、      ´    イ |.  i l |.|     ブハーリンは何とも思わなかったのかしら・・・?
    | | | ヘ ∨i:l  |≦三三r≠くヘ≦ 三 ∧. ', .| l.|
    | | | ',./ ヾ|  |三三三いゞソメ《 三三.∧ ゝ l.|

247◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:57:44 ID:HJI1B/YA0


       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ;==============゙ミ
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|   じつは、ブハーリンはトロツキーと同じく
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |   政治的駆け引きが不得手であったようです。
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|   自分の発言が与える影響をよく考えず
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ   馬鹿正直なことを口走って評判をおとしてたりしてます。
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /

            └ヽ:::::::/::::::::::::/                ヽ  \__::::: |  | :::::::::ノヽ
              _j:::::::::::::::::: /         ,               ゙'、  ヾ:ト、:|  |::::/、  ヽ
              r::::::::::::::::::::/       /    ,          i _ノ::::::|  K_::::: |    |
              \:::::::::: /     /  ,       i          l |_::::_:: |  |:::::::ノ;    |
                ):::: .'      ,'   l      l        i    | ソ:::::::|  l:::::L     |
                  ( .:::::i ,     l    |       |        l!   i/´:::::::/ /:::::丿     |
   .                   ̄| i!    |    ト、!    |     ィ     ヘ:::::::/ /::::∧      |  神様の悪戯か、
                    | |     ,j__l_ |    |!    _/_j_ /  / j:::/ /::::/ |     |
                   レヾ   !ト、 ̄|`ヾ|! i  l!  ´/ ̄j/ ̄lメヽ(_::ノ_ /::::/.  |     |  ってくらい
                  |  \i、! ヽ, r---ト、\|ヽ/ ィ---- レ' Y !7_ヽ:ノ   .|     |
                     |  |  〉ゝj! ヽ____,,!:::::::::::::::::::::ゝ____ノ | i ;lヒ ノ     |     |  タイミングの悪い人材しか
                     '  | ,'  ∧ ::::::::::::´::::::::::::::::::`::::::::::::: ィ .| Y´       .|     |
                      i  │ !  i. | \        !       ./ | | |       |     |  いないのだわ・・・
                      |   | |  |i |‐ ´、iヽ..         .. ィj´ヽ.! | |       |      |
                 /i   | |  || |   ヾ   >_-.,<    j  /  ト、_.      |      |
                   //|   |ィ|  || |      {〈.Zjィji      / ./ |/ヽ    |.    │

248◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:58:18 ID:HJI1B/YA0


さらにこの頃、レーニンから革命の剣として賞賛された古参ボリシェビキ、
統合国家政治局(チェーカーの後継機関)議長のジェンルジンスキーが死去した。

そしてその後任に、かねてからやる夫と接触を持っていた(第十七話参照)
議長代理、メンジンスキーが就任するのである。


          /       丶、_  {i, ) ,.イ´
  ――‐,    /  ,. -―z==三ミヽ、!}/l /! _l_,,.ィ'
     /    /   ー=テ´,ィ'"::::::::::::ヾ!l/lリ/イ, -―-t、-___
  _ ノ    レイニ三ァ/::::::::∠ミヾ:::〉:/!/::::::::::::::::::ミヾ三_
          / ,.ィ",/:.:.:.::/≧ァミミ/:/》ィf彡=、―-、:::::゙に
  /      / '7_,ィ_l:.:.:.:/彡シ /  ,'::/   `ヘ!リヾミヾ:::::ヽ
  / `ヽ、  / Z-‐彳:::::l//年L._ l:/      ',lトミヽゝ、::::'、
 /    \ 〈  江ムィ!:::::l/ /_,,,ミヽl|   ,.-――fHト、ヽミ'、 \'ぅ、
        ヽ ,r‐イメl:::://ッ'´(lil)ヾ, リ /:.:,.ィ,.=、、! l l、 下ト=、,ヾミ、_
  /      ヾィナ彡:lイ ``'=''" ′,':.:.`'=辷'ッ'リ l ト、ト、'、  <v/
  / `ヽ、    ゞ>‐ァ:/{l         /l      /l l}ト、ト、`ヽ  リ
 /    \  ト、ヽト</ォil  、___ 二__    / ,i川l》l l    〈
      / ̄`ヾ \!'´/l:/ト、 ヾWI彡ミ竺l7≧-ァ' /リ/,イ ▽
'´ ̄レi l        ▽イリゝ、ヾィi_,、_,、_,、ッ'′,イlリ/Ll
    | |        /ノリィi'lト、 、`二二´, ,.イl/i/
    | |          f▽! \__ ,.ィi/l リ▽: . .
    | |         . :,.ィi! i       / l二`L__:. . . . . . . .
   /  ヽ、     . :/ く l,   ,;'; /  l/   └,、___ : . . .
_/    ヽ  _,.ィ‐〈   \l, ィi ':;' ,/:.:/  ,ィ   /:.\:.:.:.:.:.'ー--
         ヾ彡'´,r'´  ト、  / ヽ_ノ^Y  /  ,.ィi:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.
         L__:〈    l '、 /     ヽ /  ,ィ彡/:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:
          (__L_  liУ      l / ,ィ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.
   /         / ,j′  /    l   //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:
   /  _       〈{ ヽ/   l     l / ::/:.:.:.:.:.:.:.:_▽--―‐ァ':
  /   \      \、l   /   i  l :::::/:.:.:.:._/⌒l:.:.:.:.:.:.:/:.:.:
  /     \      ` ̄/ ,l    ll  l:/``:ー:'゙/:;:;:;:;',:.:.:./:.:.:.:.:.:
                / / /  ll l/:.:.:.:.:.:.:.:.:l:;:;:;:;:;:;ヾ´:.:.:.:.:.:.:.:.
                l / /   /:.:.:.:.:.:_,,_.ィ'、:;:;:;:;:;:;:ヽ、:.:.:.:.:.:
          __   |   l  ,.-'―一''"´:;:;i:.:.:ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ:.:.:.:.:.
         /    〉  `ー--i/:;:;:;:;:、;:;:;:;:;:;:;ノ:.:.:.:.:.ヽ:;:;:;:;:;:;:;:ヽ:.:.:.
     O G P U
   統合国家政治局議長代理 ヴァチェスラフ・メンジンスキー

249◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:59:13 ID:HJI1B/YA0


            ,.:-=;1―;1―;1―;1,=-;:、
            ミ             ゙ミ
.              ミ      ★      ゙ミ
           /ミ             ゙ミ \
          《  ミ;========゙ミ } 》
.             》/ / / :/ : : : : : : : : : \ ∨《
.            /// : :/ :/ : : : /:/ |: : : : : ∨^:|   これにより
           l∨ : : l :/: : :// / :八 : : : l: l : :|   党官僚機構、軍、秘密警察、
           | :| : : :|/ :/ //:/ :/  ヽ: : | ハ: :|   この三つの権力が
           | :| : : :|≧x、/イ//,.ィ≦ハ ノ : l: :|   やる夫の下に結集することに
           } :|八 :代uzノ    弋uzノ仏イノ: :|   なったのです。
.           ′:} 仆⊂⊃     ⊂⊃イ 八 : :|
.        /: : / 八 >  ~~~ .イ}{ : : : |
.        /: : 〈 // ̄》 》≫=≪《 《V ∧: : :
.        / : : : : {   》《_》《_》《 〈 /  、: :丶
       /: : : : : : }   《_/八_》      }: : : :\
     /: : : : : : :/    ∨{><}{    {: : : : : : :\


        __ィ  // { /             \  、  Y
       〃 ̄77こ{ {  ヾ                  ヽ   {_
       {{  //!  j |  __}   ,                ヽ  │
.        }} // 辷_} ! { / i  i    i        l     ‘, ノ
.         ヽヾ彡)__| {   >┐-=-廴_ ' l   !   l      }{_
        // {   | ! ' / }从{  }丶!  │ ノリ     i__丿
          }}   ヽr劣ヽ ノ{_  | ィ斧ミミヾハ  !-=テ‐y  ,リ
.        │|   冬彡} {  ノ |i 弋_,ツ   ヾハィ笊Y/  /}/
.        │|   ド彬ヘ_Y i i|  `       じ' 7从{'
.        │|   ,'    } }i. |   U     '   ^ 小ヘ    うわぁ・・・
       ¨7   ,'      | |_i |ーヘ、  ⊆'     人 | l i
.          '   '   __.ノ| |│l   ! \_  .-≦{  ! l l    嫌な予感しかしないなりぃ・・・
          l   !   {  l │ ! !  |、 }'笊X  / \! | |
.        ,   │  入│││|-=ニ=竓チヽ{    \|
       /     | ,/  `| レ'´! |   i  7 Y \    ノ
.       /    /    | |  | |   /´`{  '   `T爪! |
      /   /       ! !  ! !  .ノ!  {\   /'| | ヽ|


【補足終わり】

251◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 21:59:50 ID:HJI1B/YA0


かつて対立していたトロツキーとジノヴィエフ、カーメネフが接近したのは、
このような情勢下のことであった。


                              /,.. .:-ニ''"__ _
                          〃ン::::::::::::::三ニ=::::::.:::
                          (l!i´::二ニ=-:;;;;:::..-.:::::::::::
                         ,-'从ミへ:::::ヾ::::::.,ヽ::::::::::::::、
                         /::'!::::::、、::::、::ヾ:::ヽヽ:::::::::::::::::
                       /:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::ヽ::
                         ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ:::
                       ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ:::::
                     _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、::::::::
                   ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ::::
                   ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::/i!、
                _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::レlヽ
             _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ | ,.ァi
           ‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,ン´  ヽ、
           ´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '''´~``''ー-

            _、-‐‐‐-..,,__
            , ':::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`,
          /::::.:.:.:.:.:.:.:.:,;:.:.:.:ノl
           l::::::::::::i'`'v____n,j                         ||
          `k::::::::(,リ     .リ{、                        ||
           ヽ::::::::ゝ、   __,'                      /ヽ__,:'ヽ||
            l: : :゙i.    l                    i:::::::::::::::::||、
           ェ‐‐--ニニ==イ                    |========!
         、‐'`::::.゛ミ_二三b-,,_                   /::::::::::::::::::::::l
        ,r'    :.:.:.:.:`'ィ.,l \`ヽ                  |..::|::::::::::::::::::l
        イ..:.::.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:l   `v. \                ゙、ノ.. :::::::::::::::|
       l:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l  ,、ハ ,ノ                ヽ.:::::;;;;:::::::ノ
       .l::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'‐-'``'ィ'                  !.::/ !:::/
      l:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l

253◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:00:26 ID:HJI1B/YA0


              ,,/Z_
          ,//'"´::::::::::::::::Z__
         (:::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠ ̄
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠_
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,∠             ・・・かつて
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       l:::::::::i、::::_ 、,,::::::::::::::::::::::::::::l/\            あなた方から投げかけられた
       八::::.lハtュヾ rtッ、:::::::::::::::::zヽ、
          /'i:;;:l `'´、 `'´ ゙j l'、:レヘ/               不当な誹謗中傷は、
       /  " l!\ ‐=  , ソ! リ /
      /、 ヽ   ヽ_/   丿∧               この際水に流しましょう。
      / ゙'- \  ヽ_,, /   ヽ
  ,, -/゙/゙,゙゙!ヽ'ーヽ ヽ      ,/゙⌒`''-、l    ,! l
  |..l.!│ l `'''、   ゙ヽ \   // ,,....,   `、ヽ、,ノ、 l
  / i`'ゝ!‐゙  、 \ ヽレl'i、  lレi / /`''―ッイ  、゙!、 |
 | i    \  l  `'-./ ,゙i゙' / "゛  .、  !/   ゙L `l、
 |  i     ヽ l   , ゙ゝ、 l     l   `'''''‐- l  ゙l
  !       `'ヽ   ヽ、  i    |  !   l  \ ` /
  ヽi    \   ヽ ''-、,` { / !  !   i ヽ`'、`゙/


          ,  -─ - 、
       , -'´     l、   ` 、
     /       ノ ヽ    ヽ
    冫  ノ彡,ィ/    ヽ.   l
     7  l       _,. l!   l
     レ'、r l=-、;__,r-=、_ l,_  ノ               /l     、
      ヽlー─'l  ー‐' `lノ /              / |,,_   / l
       ', u  `     /,ノ  ・・・・・・        /   :::::::~-'  l
        ヽ  -─-  ノi'               /   ::::::::::::    l
        lヽ、__ / _l、              /  「●」::::::::::::::  |
     _,r '゙|ニ= 、 , 一' ´ ,ト 、 _          l   :::::::::::::「●」  |
-‐'.´ ̄/;;;;;;;;|>/ヽ二二´ノ;;;;;;;;;;;;ヽ`'';;;;      | u  ::::::::lゝ::::::::::  |   ・・・・・・
;;;;;;;;;;;;<;;;;;;;;//l  :: ヽ /;;;;;;;;;;;_ - ';;;;;;;;     l   ::::::::::::::::::::::::::  |
;;;;;;;;;;/;;;< / /   ::. ヾ;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;     |  ::::::::::::::::::::::::::::::::  |

255◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:01:07 ID:HJI1B/YA0


     ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
      |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
      /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
        { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
          ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
            |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``      ・・・かつて
          ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
               |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!        あなた方が批判し、
              リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
         __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |            否定した私の主張を、
     ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、             いまあなた方が利用していることも
    l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
  | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、       不問にふしましょう。
、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、


/        _r~-'   | |
    r~ミz孟zzzz≧x  |ノ
。   |   }!     H! .L」
..ヽ   ゚。       `¨´ 〈
  }   >-┐ U    'T′
  ゝr ´  ゚。    ⌒ :f      ・・・・
  r┴ ..._ ヽ     |
/>ミ、_ `¨ =r---'
::::::::::::::::::`丶¨ー- .」ア
、:::::::::::::::::::::::::\  厂二ミ 、
: \:::::::::::::::::::::::::`¨{ 、  \ \
::::::::\:::::::::/::::::::::::::|. ヽ.   \ \
::::::::::::::\:::: ̄ フ:::: |  、    \ \
::::::::::::::::::::ヽ:/::::::: |   \.    \ ヽ
:::::::::::::::::::: : \ミx__|    \    \ノ
::::::::::::::::::::::::::::::\:: |      \ /´

256◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:01:57 ID:HJI1B/YA0


                       ,ィ
                     /  ,// _、-
                 , '/ /‐'::::,、ン'/
              , ./:::レ:::::::::::::´::::::ー--...、.._
               _iV::::::::::::::::_::_::_::::::::::::::::::::::::::::::::::=-
           r::'::::::::::::`ヽ三ニー-::::ニ:::::::::-=ニ´
          /::/三:::\\ヽ:::::::::ミ、::::::::::::::_:::=≧ー
         /:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-     ・・・そうです、いがみ合っている場合ではないのです。
         //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´
          !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、     いま、我々が対峙すべきは
          /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、
         /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、       あの官僚主義の白饅頭に他なりません。
         /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\
      _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.       奴はボリシェビキの国際主義を
   ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-
  / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ    偏狭なロシアンショービズムの枠内に
  ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
  ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i         はめ込んで、絞め殺そうとしているのですから。
  、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
.  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /
.   iヽ \i .i!ヽ     ` 、`'-、、、、、- ',ン''           /〃
   i  ヽ.\ !        ` ー-ー '´          , ' //
.   i   ヽ、ヾ                       , ' / '
    ',、   ゙゙'i\ヽ                   , ir' ヽ=
    iヽ    i! ヽ ヽ               , '/i!   /



            _、-‐‐‐-..,,__
            , ':::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`,
          /::::.:.:.:.:.:.:.:.:,;:.:.:.:ノl
           l::::::::::::i'`'v____n,j
          `k::::::::(,リ     .リ{、       その意見にはまったく同意だ、
           ヽ::::::::ゝ、 u  __,'
            l: : :゙i.    l        「同志」トロツキー。
           ェ‐‐--ニニ==イ
         、‐'`::::.゛ミ_二三b-,,_        奴の一国社会主義は
        ,r'    :.:.:.:.:`'ィ.,l \`ヽ
        イ..:.::.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:l   `v. \    不適切なものだと思う。
       l:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l  ,、ハ ,ノ
       .l::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'‐-'``'ィ'
      l:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l

257◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:02:27 ID:HJI1B/YA0



                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'     不適切?
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ        そんな生ぬるいものではない!
         /\          /ヽ- '
       /   ヽ、     _ イ                 あれは癌細胞です!
      /      ヽ、  Y
     /            ー┴、                  なんとしても切除せねばならない!
.    /               |
   /            \     |、
    i   /        \     ハ
    |  /          ヽ   |
    |  ,'             }  |



      ,..-‐-- 、、
    ,ィ":::::::::::::::::::;;;;;:ii>;,
   /:::::::::::::::;;;;;;;;iii彡" :ヤi、
   .i::::::::::::;:"~ ̄     ::i||li
   .|:::::::::j'_,.ィ^' ‐、 _,,. ::iii》
   .|:::i´`   `‐-‐"^{" `リ"゙
   ヾ;Y u    ,.,li`~~i   う、うむ・・・
    `i、   ・=-_、, .:/
       ヽ    ''  :/
       ` ‐- 、、ノ

258◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:03:23 ID:HJI1B/YA0



                    ,   ,,,.:-‐,,..... -
                  , ::':ル'´:ー''´::::≦-
                   r''ニ、:::::ニ=-:、::::二ェェッ=-‐
                r'::::::ニ-、::::::::ミミヽ、::::::::::::::=ニ_
                   /:://:::::ミ、::::::::::::\ヽ、:::::::::::::<
                  ,':::,'::::iヽヽ:::ミ:::::、:::::::::\:::::::::::::ヽ
                  /::::!:::::ヽ:ヽ::::::::::`:::::::::ヽ:::ヽ::::::ヾヾ、      現在の公式路線は
              /"i::::::::::::i゙_、:::::::::!\vヽ、:::::::::ヾ:::\      革命の成果を殺してしまいます!
                 i:;::::l::',:li oヽ`ヾi. Y'o゙リ、:::::::::::iー=ヾ
                / lハ::::',i゙ー"   ′ ー" i:::::::::ヾ、       私は今夏の中央総会において
           rイ ̄'",ニ、!:::::i.    . .     ,':j::lヾヤ-、_      政治局多数派を糾弾するための
         / |   l lサ!::iヽ   . --、  ,.イ::l!';:l    ,ヽ     準備を進めています。
         |〉 !   | l八゙! \  ̄ .ィ' /i! i '!   i i
         /< ';,.   l | ヽゞャ-、`=ン _ソ, ! i    ,' ヽ    あなた方にも協力していただきたい。
        〉ヽ-`' i!/``iー',  ``-ニ_--‐'ニ-' ,'  / i  / i i l
       /  ' , ,,,i'´!、 l- ヽ=- -‐-;'''´       l  , ' ,' .i    今やすべての反対派が団結すべき
        /   ゙l i  'i j/  ,..-‐' ̄         ! /   |    時なのです!
      /     ll、ヽt,ケンェ‐'´            ,!'    .|
.      i┴、>ニ ン`''=ーン´ヽ             /ヾ!ー,-,ン.i
     リンニ--/    , '   ヽ           /  |、-‐'´  i
    /r'  ii"     /               /  l  、   i
   く lハ l:l    イ \          /  /  < ミ、、`ー.k
    |.   l::',  /シ          , '  , 〈   ノ゙ -ー、-ヽ.i
    !、   !、::ー::k ヽ        '   , ' メ、  ノ    `ヾ,!
     `ー-、_ニィ_ 、 ニ ー   '''' ーー '  , - .メ∠、.      /

259名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 22:04:04 ID:itTT0l.M0
全ての反対派……えっとどのくらいいるんです?

264名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 22:06:20 ID:c4qSLQ3w0
>>259
ロシア人民と万国のブルジョワにその従僕がいる
ただボリシェビキそのものにたいする反対派だが

260◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:04:16 ID:HJI1B/YA0



             / i   ./ヽ,
            /:::  | /   ',
           /:::::  ""       i
            /::::::         l
             /::::::          i    (こいつ・・・いままで黙っていたのに
         /::::::           |
           /::::::            |    どこからそんなやる気がでてきたのか)
        /::::::             |
       /::::::              |
       /:::::               ヽ
      /:::::                 ',
     //:::::                     ',.



          ,  -─ - 、
       , -'´     l、   ` 、
     /       ノ ヽ    ヽ     (いま下手な動きを見せれば
    冫  ノ彡,ィ/    ヽ.   l
     7  l       _,. l!   l      書記局から弾圧を受けるのは必至・・・
     レ'、r l=-、;__,r-=、_ l,_  ノ
      ヽlー─'l  ー‐' `lノ /       レニングラードを追われ、今の私には
       ', u  `     /,ノ
        ヽ  -─-  ノi'         資金力もなにもない・・・)
        lヽ、__ / _l、
     _,r '゙|ニ= 、 , 一' ´ ,ト 、 _
-‐'.´ ̄/;;;;;;;;|>/ヽ二二´ノ;;;;;;;;;;;;ヽ`'';;;;
;;;;;;;;;;;;<;;;;;;;;//l  :: ヽ /;;;;;;;;;;;_ - ';;;;;;;;
;;;;;;;;;;/;;;< / /   ::. ヾ;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;

261◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:04:46 ID:HJI1B/YA0


                      /   ,   ,ィ ,λ /レ'       l l       |
                     リl   | /~´/,/         lハl         |
                     '/   レ´   ´                l       l |
                      リ   l '´ `ヽ、  ,     _,. ‐、   .l       .|ヽ
                      ヾ、 lγ'"´ ̄`'i,r-ゝ''"´"""''、   l      |  (しかし、今のままでは
                       l´'i'!     ノ  l     /ヽ、 ノ    lレ'   何の展望もないのもまた事実だ。
                       l.`l `""゛~´ /  `ー──'   ン'´.`i.丿
                        l l      t ,         r'´) /´     トロツキー派の協力を得れれば、
                        ヽl                / /      なんとか他の政治局員を説得して
                         |    ____      ,_ ノ´       地位を回復する余地があるかもしれない・・・)
                    ,__ ,, -'.!        `     /|、
        _,. -‐─---─'''~ ̄   /:::::::::rl     `        / レi::::`ヽ、
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::/l.,l          /  , '/l:::::::::::ヾ'ー-、_
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::/ ','、'-、, ____/,.-'´/ |:::::::::::::::ヽ:::::::::`'ー-、_
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::l',  ヽ, `'''i  rー' ´ /  l::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::` ‐- 、_
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::| \  ヽ、 | /7,, -'´  , -''i:::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー


::',::',:,ヽヽ、:::\'::::ヽ::::ヽ,::::、::::::ヽ、\:::::'::::'., ':,ヽ:::::':,:ヽ:::ヽ:', ``>
、:',:::',:':;:`::.`、;_:ヽ、::::\:ヽ:',ヽ;'::、;;;;ヽ`、::::::::'., ':,゛,'::::::::::',:::::::':,
.!:::゛::',::ヽ:::\::::::::::ヽ:::::`:、:'yッンァ::::ヾ;\';::::::ヽ':,::',,::ヾ::::',:::::
::::::::::::'::::\::::ヾ:::::::::、、:`:::::::i! !::::::::::メ'ッ、`:::::::::':,:::',,::ヽ::::::     新経済政策による穀物不足と
::::::::、::::',:、:::::ヽ\::::::::'.,\::::,ヽ ` ー "/ `;:ヽ::::'.,:::l!:::ヽ,
:::ハi!ハ::、 ヽ:::ヽ. i ヽ、::ヽ ヽ::',`''、'''"    !:',::、::::::::!:::、      工業不況で、党指導部に対する
:::i,丶'、 ヾ  `'、`;、 `'-`、  ヽ、     i:::',:!:、::::::::::::i
::::!   `  `   `iヽ、     ヽ          i::::',:i:ヽ:::::::::!      世論の不満は高ぶっています。
:::::l,        !             i!.ノ';,:::;::':,::::::l
:::、:i      ..、ヽ、 _,,,..         !,、:'::::::'::::':,::::!      いま、声を上げれば
::::.、',         ´          /::::::::::::::',.:::::::::'
::::::ヾ'、     ..、、......            ,;:'i:::::::::::::::::',.::、:::::',     大衆は我々に味方するでしょう。
::::::::::ヽ   ''``ア`'''マ''''``''ー     ,;:': .i:::::::::::::::::::',:ト、:::::',
';::::::::::::`;;、   /    l:.     ,;:''   .l:::::::::::::::::::::::i \::',、
. !:lヾ:::i :. ;ヽ/   ノ:     /'    i:::::::::::::::!';ヽ::',  ヽ;ヽ
 ';! ヾ'i: : /    /    ,.ィ'´'    ..  !:::::i::::::::', '、 ヾ    ヽ
  '、. ソイ'    /‐-ー;:シ'      ::/  i:::::!':,:x:::',   `
  /:. !    /:. :._、-'´       .::/  ',:::! ':;ヾ;
、='´:. :. '   ン:. :,'´         /  ':;:.ヾ'、 ヽ `
:. :. :. :    ,':. :. ',           /   ';: `ヾ、

262◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:05:22 ID:HJI1B/YA0


/        _r~-'   | |
    r~ミz孟zzzz≧x  |ノ
。   |   }!     H! .L」
..ヽ   ゚。       `¨´ 〈      (こいつを利用すれば・・・
  }   >-┐      'T′
  ゝr ´  ゚。    ⌒ :f        そうだ、全面対決する必要はない。
  r┴ ..._ ヽ     |        揺さぶりをかけて、やる夫を
/>ミ、_ `¨ =r---'        妥協させることぐらいはできるのではないか?)
::::::::::::::::::`丶¨ー- .」ア
、:::::::::::::::::::::::::\  厂二ミ 、
: \:::::::::::::::::::::::::`¨{ 、  \ \
::::::::\:::::::::/::::::::::::::|. ヽ.   \ \
::::::::::::::\:::: ̄ フ:::: |  、    \ \
::::::::::::::::::::ヽ:/::::::: |   \.    \ ヽ
:::::::::::::::::::: : \ミx__|    \    \ノ
::::::::::::::::::::::::::::::\:: |      \ /´


               -― ̄ ̄ ` ―--  _
          , ´         ,    ~  ̄" ー  _
        _/          / ,r          ` 、    (世論の不満だと?そんなものが何になる?
       , ´           / /    ,ヘ         ヽ
    ,/   ,|           / /      ●         ,/   クロンシュタットの時、
   と,-‐ ´ ̄          / /  r(   `'       く
  (´__   、        / /  `(   ,ヘ        ヽ     我々は奴らの不満に耳を傾けたというのか?)
       ̄ ̄`ヾ_      し        ●          _>
          ,_  \            `'  __   -‐ ´
        (__  ̄~" __ , --‐一~ ̄ ̄ ̄
           ̄ ̄ ̄

266名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 22:07:38 ID:4BwgzLHI0
>クロンシュタット
あれは酷かった・・・

263◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:06:10 ID:HJI1B/YA0


                     <: : : : : : : : :> .
                  _ /: : : : : : : : :j! : : : : : `ヽ
                     ノ: : : : : : : : : : : /{: : : : : : : : ∧
                  /: : : : : : : : : イ /  `¨ヽ: : : : : :∧
              /: : : : : : ハ/ソ ソ       jハ: : : : : :}
              リ : : :γ    ,   ` ̄ `__  ヽ: : : : :!
               ヽ: : : |  ≦´ー、==〈:::::::::::::} ̄` }: :r ヽ   (そうとも。
                    ゞ: :ゝ〈:::::::::::ノ} : ヽ¨¨¨   : : : y  .}
                >:|     ヽ ア      : : : ;  イ    トロツキーをスケープゴートにすればよいのだ。
                  { ∧         _ ク` : : : -
                   ヽ ∧    / ´ ̄  . : : : }: :!     適度なところで
                   ∧        . : : : イ : :!
                     ヽ   . . . . : : :<: : }iリ     公式路線派とハナシをつけ、
                     `ー―==´      !
                      |   i   i     |       見返りに適当なポストを手に入れれば
                    r< ̄ ヽ  r ´ ̄  ̄ |
                         }、     ヽ |       !      まだ再起は可能だ!)
                    イ;{≧ュ、_ , == 、. x≦ ソ;>
                 ,<;;;;;;;|≦=ィ´  : : ハ==≦j!;;;;;;;;;;;≧=-
             ー=≦;;;};;;;;;;;;;;;;>/    : :   ゝ ,イ;;;;;;;;;;;;{;;;;;;;;;;;;;;;;≧=ー
          ー=≦;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;/    ,′   ∧;;;;;;;;;;;;;;;;;∨:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;




             / i   ./ヽ,
            /:::  | /   ',
           /:::::  ""       i
            /::::::         l
             /::::::          i
         /::::::           |
           /::::::            |     (たしかに・・・
        /::::::             |
       /::::::              |      ネップへの不満は高ぶっている。
       /:::::               ヽ
      /:::::                 ',    今なら何かを変えられるかもしれない・・
     //:::::                     ',.
     /::!::::::               丶 !   そう思える余地はある)
    /::l:::::::                 l, l
     i:::|:::::::                    |i l
    |::|:::::::                  || |

265◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:07:03 ID:HJI1B/YA0



             .′         ./ /レ′ \  ヽ
            .′       , ィムイ        ヽ |
            }    { > ´            | {、
            ゚。    V                .' /!
               ゚。r.ミ }  .._      、__.ィ二ヽ}.イ      いいだろう、承知した。
              `!  }|‐- y' ̄ ̄`Yzzz{ fTヽ H .j
              .}    ゝ..___ノ  |ゝ--- '/./       今や我々は過去の対立を乗り越え
               ヽ .,、       _ .〉    レ′
                `Tハ           ./         工業化の大義を共有する同志となったのだ。
                 ヽ|ヽ   `¨¨二¨”   /
                       | ゚         /!          ともに声を上げようではないか。
                 r┤ ヽ      ノ .ト、
               . -ヘ  ̄  三三¨T二 --イ\
           _ ィ´:::::::::::|ー-- .___,オL_. - イ|:::::ヽー-ミ、
     _. -‐::: ̄::::::/::::::::::::::::マー----/ ,|  \ .|:::::::::\:::::::::> ._



      /l :::://ノl.:::::ヽ::::ヘ::::::ヽヽ:.\ヽ:::..ヾ \:::..ー _:::::::- /
     ,ソ'/.l ::::/,:::::i.:::::ヽ:\:::ヽ:::::ヘ.',:::::::\ヽ::\,ヽ、::::::::::::ー /
   / / ,::l.i,:::l:::::::ヘ.:::ヽ\::.ヽ,\::::ll:::ヽ..::::..ヽ::ヽ,' i.\::::::::ヽ/
  '゛  l /::::.',',l::ll::::::::l\\ヽ:::::::::ヽ::.|.:::::、:::::ヽ:::::::l::l::..ヽ:::::::、l   では、決まりですね。
     /::::,::::ハソ;i!:::::::i'|__ヾ、ヽヾ、:::::\|、_;;_y,::::,、:::::l::|ヽ::::::::::::|
    /ンl::::::::lヘ' ;::|.'Y'l::::ヽ、\::::.ミヾ\,ハ::::::::)ヽ:::::|:::.i::::::::::|    お互いの支持者とともに
   // |::i::::::l:::::\! l!, 'ー'゜゛  ヽ:::ヌ゛ 'ヽ ゛''" ノ; ll:::::::.l:::<
  /   l:l:::::lハ::::::::ヽ ゛ー '    ゛ ー  ` '' ~  .l'i::::::::::::::::|    夏の党中央委員総会でやる夫を糾弾します。
 _ .ー'/ ̄l ll:::l l', '::::入\             / |l::::::::::::::|
  /,  N ハ::l'l ゛l',::::lヽ、    ,                l:!,!::::.l ヽl   我々なら奴を打倒することができるでしょう。
 / l    l ',l ', 、 ',::lヽ    ヽ ー          lソ |:lヘ |ll
.  |      ヽ ', ヽ. 'il', `、.  ヽ ._____,.ノ    // li    l
             ',.   | il \            / ./  !    ::入
     、     'i    l l:::ヽ        /''  l|      //ヽ
  \   ヽ | _,, --、    l 'i::ヽ,ヽ、  _ , '''  ,r'~ ̄゛' ー <_/l  ヽ_____
   _ヽ -ー'"~、  ヽ, \ lヽヾ, .l   ̄     / /~ ̄    ~ '' ー- ...,,__
   ̄        \   i、 ゛' 、 \ル............ / /               ̄ ー
          ヽ   ヽ   ヽ ゛ ̄  "

           /l     、
         / |,,_   / l
        /   :::::::~-'  l
       /   ::::::::::::    l
       /  「●」::::::::::::::  |
       l   :::::::::::::「●」  |   (しかし、果たしてそううまくいくものか・・・)
      |   ::::::::lゝ::::::::::  |
     l   ::::::::::::::::::::::::::  |
     |  ::::::::::::::::::::::::::::::::  |

267◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:07:49 ID:HJI1B/YA0


こうして1926年の7月、トロツキー、ジノヴィエフ、カーメネフと彼らの支持者は連合し
「合同反対派」を結成、中央委員総会において反対派として声をあげたのだった。


          ,  -─ - 、
       , -'´     l、   ` 、
     /       ノ ヽ    ヽ
    冫  ノ彡,ィ/    ヽ.   l
     7  l       _,. l!   l
     レ'、r l=-、;__,r-=、_ l,_  ノ
      ヽlー─'l  ー‐' `lノ /          ,   ,,,.:-‐,,..... -
       ',   `     /,ノ         , ::':ル'´:ー''´::::≦-
        ヽ  -─-  ノi'          r''ニ、:::::ニ=-:、::::二ェェッ=-‐
        lヽ、__ / _l、       r'::::::ニ-、::::::::ミミヽ、::::::::::::::=ニ_
     _,r '゙|ニ= 、 , 一' ´ ,ト 、 _    /:://:::::ミ、::::::::::::\ヽ、:::::::::::::<        ,.-、
-‐'.´ ̄/;;;;;;;;|>/ヽ二二´ノ;;;;;;;;;;;;ヽ`'',':::,'::::iヽヽ:::ミ:::::、:::::::::\:::::::::::::ヽ    ./`i /  ヽ
;;;;;;;;;;;;<;;;;;;;;//l  :: ヽ /;;;;;;;;;;;_ - ';;;/::::!:::::ヽ:ヽ::::::::::`:::::::::ヽ:::ヽ::::::ヾヾ、   /  レ'    ヽ
;;;;;;;;;;/;;;< / /   ::. ヾ;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;/"i::::::::::::i゙_、:::::::::!\vヽ、:::::::::ヾ:::\  / _   ,r-;、  ヽ
                         i:;::::l::',:li oヽ`ヾi. Y'o゙リ、:::::::::::iー=ヾ /<{ }〉 `'ー'.'   i
                        / lハ::::',i゙ー"   ′ ー" i:::::::::ヾ、 ! i /.  ̄ヒフ        !
                   rイ ̄'",ニ、!:::::i.    . .     ,':j::lヾヤ-、_.ヾ          ヽヽ
                 / |   l lサ!::iヽ   . --、  ,.イ::l!';:l    ,ヽ           i'、ヽ
                 |〉 !   | l八゙! \  ̄ .ィ' /i! i '!   i i.            |. i. i
                 /< ';,.   l | ヽゞャ-、`=ン _ソ, ! i    ,' ヽ             l l. l
                〉ヽ-`' i!/``iー',  ``-ニ_--‐'ニ-' ,'  / i  / i i l.          l.  l l
               /  ' , ,,,i'´!、 l- ヽ=- -‐-;'''´       l  , ' ,' .i
                /   ゙l i  'i j/  ,..-‐' ̄         ! /   |
              /     ll、ヽt,ケンェ‐'´            ,!'    .|
        .      i┴、>ニ ン`''=ーン´ヽ             /ヾ!ー,-,ン.i
             リンニ--/    , '   ヽ           /  |、-‐'´  i

                               、 ☆
                           /  ヽ
                            \  |
                        /\ _,×
                                `

                            ,,,,,,,,,,,
  __      /⌒)  ,,,,,,,,,,,,,,,        [|,,★,,|]       ,,,,,,,,,,,,,    __    __
 (━ ★ )  ⊆.==★|_ [,,|,,,★,,|]      O( ゚Д゚ )       [|,,★,,,|,,].  ( ★ ━) (00━ヽ
 ノル,,‘ヮ‘)  ルリ,, ゚ヮ゚) 从,*゚ー゚)       ゝ.~¶¶ ~)       (`c_,´ ,,)  (・∀・ ) (^ヮ^ゝ0)
. (” |::”)  (”::<iy>) (:”:::::”) .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|. (“|:: “.). (“:|:::“:) ( 《iv》 `)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

268◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:08:32 ID:HJI1B/YA0


               ネ ッ プ
合同反対派はこの席で新経済政策とやる夫の一国社会主義を大々的に批判した。

            ,
           ,r/ ,;-ー_
         /:::レ:::::三:::::`ミ::=-、
         ,i::::::::::::::::、:::::::、::::ヾ::ヽミー-、
         ,r'::::::::::::::::::ヽ::::::::\.:::::::::::::\
      //:::::/:::;:::i:::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::::ヽ
.       /::/:::::::/_ヽ:!:::::ヽ:::i`_、:::::ヽ ::ヽ:::::::!
       i::/::::::::/'oヾ、:::|ヽ::Y o\:::::i!::::ヽ::::\
     l:::i:::::::::lゝ- ' ヾ、゙ ! ー '、ヽ:::::!:::::ヽ::i ヽ
     !::!:::i:::::!   ` ` ヽ     i:::::!::::::::::::i
       l:!:::l:::l !  ,r_ー‐-、     l::::!::::::::::;::i
      !|:.!::',   i'/ ̄ ̄ i     l:::::::::::::ハ:!
    .   l::::::ヽ.  i    i    ィ::/i:::::ハi  !
        i::li:::\ `ー--‐'   / リ |:::リfハ、_
         _..!:ハ::::l;ヽ、    /  " l::/i ヽ. ``''ー- 、._
   ,r‐'''"´  ! リ!i ヽ `='"   ,   リ /  ン       /ヽ、
   /ヽ       ヽ ヽ ヽ   /   /        /   ヽ
  l   \      \  '     //          /    i


ジノヴィエフ失脚後、もっとも大規模な反対闘争に他のトロツキー派も参戦、
議場は公式路線派と反対派の激しい応酬につつまれた。

                    、、
                     }::ヽ.
                 _ ......... _   /::::::::ヘ    ,ィ
           /:::::::::::::::::::::`′:::::::: ;   /:ハ
        ,イ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ....イ::::::::::!
          {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j
.         ,ゝ:::::>-ー=TTー¬::::::::::::::::::::::::::::/         .// /  /    l// | | l    l ´ l
       //く_二ニ=V=ニ∨廴_ :::::::::::く___       // /   l // //|   | l l    l  l
.        ′  !:::::::::: { こ_| |/ γテト 人::::::く ̄        / ! l   l //lノ//l  ∧ ト、| / ソ}  l
          ∨:::::::人(_ | |!   _iソ (  ソ⌒         }∧{   l/Aム {/ハ/-一ヽ! / ´「 l |
              ∨::::::::::ゝ | |i     ゝ            //ト、  lKTyラヘ,/ fてフ「}/l   |  | |
.             〉ハ小/ | |:!     - ′           /'⌒| /\{  ̄ /     ̄ / |  |  l |
                _|__ | |」、   /            .∧  l/ / ヽ             jl  l  l l
               /__  ̄ ¬ ̄             / ヽ //  ∧   ` ´    //  /  j/
          /::i     ̄ _¬- 、            !  〃l  / /\ ヽ ⊃ // }/ /|
            /:::::/      /::::::::::ハ            ヽ/ /  / /  / \ ̄// / ̄ ´ /
.         ,::::::// ̄ ̄`iiヾヾ:::::::::::::ハ           ./ / / /  / / } ̄´ /   _/{
.           i:::://      ll Vヘへへ::ハ        、__/  ∠ ィ) 〃 / r'‐'" ̄_,,-''" く_L
         ゲオルギー・ピャタコフ            エフゲニー・プレオブラジェンスキー

270名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 22:09:32 ID:Ibt5kaIY0
>>「合同反対派」
なんかわざわざやる夫に叩いてくださいといわんばかりの名称だな

269◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:09:11 ID:HJI1B/YA0


       -ッェュ=ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::iノ,'
         ゙゙''ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ン゛
        ー''''''".ッ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     新経済政策の失敗は明らかです!
        -=ニ三::ニ_ニ、:::::::::::::::::::_::::::::::y::ァ:::::::::::',
      r'''''" ̄    ニミソ:::::::,ァtッチ'ソノメツTi::::::ィ::i     速やかな工業化と社会主義建設のために
     i   ‐ォ--==こFLいt::i" ゙''''"/   ゙''" i::::::ハリ
.     i   i´    ソ`|.l::::!|:!:::l      . ,:   ノ::;:::lヾ、    経済政策の変更が必要なのです!
    ,r,'   l ',   !, | i:::! |i ソ、   ,. -┐ / リ ヤ  i
   f'_/    |', ',   ゙'i~U~|:! : ヽ、  ̄ /  ゛ `//
   lト、゙'ー- .ト、' ! i.   l   |! :   `=ソ ,'    /,イ!
.  li ',     ~゙゙i' i    ',_|:!=ェュ、、=´´ /    // イ
  |l! ',    ! , '             /     '/  |

          ,  -─ - 、
       , -'´     l、   ` 、
     /       ノ ヽ    ヽ
    冫  ノ彡,ィ/    ヽ.   l    社会主義社会は
     7  l       _,. l!   l
     レ'、r l=-、;__,r-=、_ l,_  ノ    世界経済と不可分の関係から成り立つ。
      ヽlー─'l  ー‐' `lノ /
       ',   `     /,ノ      よってロシアを国際経済から分断させようとする
        ヽ  -─-  ノi'
        lヽ、__ / _l、       一国社会主義は夢想以外の何物でもない!
     _,r '゙|ニ= 、 , 一' ´ ,ト 、 _
-‐'.´ ̄/;;;;;;;;|>/ヽ二二´ノ;;;;;;;;;;;;ヽ`'';;;;
;;;;;;;;;;;;<;;;;;;;;//l  :: ヽ /;;;;;;;;;;;_ - ';;;;;;;;


           /l     、
         / |,,_   / l
        /   :::::::~-'  l
       /   ::::::::::::    l
       /  「●」::::::::::::::  |    やる夫の個人的独裁と
       l   :::::::::::::「●」  |
      |   ::::::::lゝ::::::::::  |    官僚主義から
     l   ::::::::::::::::::::::::::  |
     |  ::::::::::::::::::::::::::::::::  |    党内民主主義を守るのだ!

271◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:09:40 ID:HJI1B/YA0


この時、工業不況が深刻化するなか、公式路線にたいする疑念の声は高ぶっていた。

合同反対派の主張が党内の大多数から幅広い共感を得ていたのは、事実である。



        ∧,,∧ ∧,,∧      <たしかに彼らの言うとおりだよね・・・
   ∧,,∧ (´・ω・)(・ω・`)∧,,∧
  ( ´・ω)(∧,,∧) (∧,,∧(ω・` )  <ネップは農民を甘えさせるばかりで
   l U l (  ´・) (・`  )l と ノ    工業労働者を苦しめるだけだよ。
   .u-u (   l). (l   ) u-u'
        `u-u'   `u-u'      <やはり政策の転換が必要なのかも・・・

272◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:10:31 ID:HJI1B/YA0


合同反対派の出現は、やる夫=ブハーリン枢軸の危機感と団結力を否応なしに強めた。



       /                         |
.       /        π                  |
      |      ノ {               |
      l i   从(´__  `ヽ_                {       まずいことになった。
      ヽヽ .{/////`ー´77777ノ丿  /       |
       `ヽ i/////r-、//////ヽ─´  /,    |       合同反対派の主張に
         _ノ ∨/_ノ/  ヽ////>/   //  _/        同調的な党内世論は
        て ',  ヽ   ` ̄  z  /´  /_         予想以上に多いようだ。
         -=>  ',  ニ=   u  レイ    く
       |::::::::::::|/ ヽ  `    / /   ヽ ト--= _     この問題は早期に解決しないと
       |:::::::::::{{ ,|_`ー- - ´  / |_   ノ:. :. :. :. 〉 〉    後々やっかいなことになるぞ。
       |:::::::::::|| |`ー------ イ _(:. :. :. :. : //
       └:::::::::|| イ            }t-:. :. :. :. :. //
-=ニ二三三::::::::::}}              |/:. :. :. :. :. //


     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\      ジノヴィエフとブハーリンはともかくとして、
/    (●)  (●) \
|  u     (__人__)    |     トロツキーの影響力は今でも侮れないお。
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |       現政策に不満が募ってる状況で、
.\ “  /__|  |
  \ /___ /       奴の演説はかなり危険な武器だと思うお・・・



すでに失脚していたとはいえ、彼らにとってトロツキーと、彼の魔術的なカリスマ、弁舌の才能は
今でも強い恐怖の的だったのである。

273◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:11:34 ID:HJI1B/YA0


党内最高の理論家が、新たな決意と共に立ち上がったことは
やる夫とブハーリンによって指導される政治局多数派にとっては重大な危機であった。


                       ,ィ
                     /  ,// _、-
                 , '/ /‐'::::,、ン'/
              , ./:::レ:::::::::::::´::::::ー--...、.._
               _iV::::::::::::::::_::_::_::::::::::::::::::::::::::::::::::=-
           r::'::::::::::::`ヽ三ニー-::::ニ:::::::::-=ニ´
          /::/三:::\\ヽ:::::::::ミ、::::::::::::::_:::=≧ー     ネップは無制限にパンの価格を釣り上げ、
         /:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-
         //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´      工業化に必要な資金を国家から流出させています!
          !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、
          /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、     ネップは社会主義建設という目標を
         /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、
         /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\     無制限に先延ばし続ける危険な政策なのです!
      _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.
   ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-
  / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
  ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
  ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
  、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
.  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /
.   iヽ \i .i!ヽ     ` 、`'-、、、、、- ',ン''           /〃


                         ネ ッ プ
論争において重要な論点となったのは新経済政策の妥当性についてであった。
工業不況に不満を募らせる労働者が多数のなか、この問題は政治局多数派にとって目の上のタンコブである。

274◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:12:52 ID:HJI1B/YA0


しかし、それでもやる夫とブハーリンはネップの公式路線を強く擁護した。


                           ____
                        ´        >―- 、
                    /        /     丶、
                 /         /          `ヽ、
                   /       /           |  ヽ
                 /      '              |   '
              /      / 〃 〃 ィィ      |  ′
               |         {  {,.ヘ 仏ィ´~`'<,ノノ  ノイj   }
               |        人,イ   {:::::...::::::::::::`ヽ/ 川  ハ
              |       八ト从:::::::::::::::::::::::::;=v彡イ    }   ネップこそは
                   |          `ヽ `   __;;;ノ⌒{:::`く}   ノ   実行可能な唯一の経済政策だ!
              /|           ノ   `゙゙゙     乂:::::Уノ′
            _ ノ              ゝ         - ノ::::/´      後進的農業国であるソ連においては
             _`斗…=≡ニニ=¬^    <⌒丶_  ヽィ        農業の発展なしに
            [  -‐=ニニニニニニニニl |        ` ァ′ 人ゝ      工業化に必要な資本は獲得できない!
              |ニニニニニニニニニニニ7 /、       ゙   / ノ^
           _,|=ニニニニニニニニニ7 /  丶、     /i⌒^
        _/ニニニニニニニニニニニ7 /``丶、:::..___/ィ汽二二ニ7
        ニニニニニニニニニニニニ7 /       〔,ィノ)仏ィニニニニニ/ /
         ,ニニニニニニニニニニニ7 /        〉ニニニニニニニニ/ /
          ニニニニニニニニニニニ〈 〈 丶、     /ニニニニニニニ;;//



         ___
       /     \
      /   \ , , /\       そもそも
    /    (●)  (●) \      ネップはみんなが同意し、
     |       (__人__)   |      昨年の党大会でも維持することが
      \      ` ⌒ ´  ,/      決定された公式路線だお!
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃     それを否定することは
     |            `l ̄        民主集中原則に反することではないかお!
.      |          |

275◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:13:31 ID:HJI1B/YA0


          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、      それに工業化に必要な資金はどうするんだお?
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |     農民を敵に回して、穀物を収奪するのかお?
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ   そんなことをしたら以前のように
  \ ヽ  /         ヽ /     農民叛乱が全土に拡大することになるお!
   \_,,ノ      |、_ノ




                                '.
                 ハ 八      、     i
               ノリノ j/  \j八  \   |
          '" __彡'  ノ'    ノ'  \  ∨  }
         ,′///777777ハ` /77777》 ノ  ,′
       从 ////////////}=ィ///////jノノ |     農民との連帯なしに
  f⌒ヽ   {{/////////////厂{//////イ(   |
  |   }   }\//////////   ∨//// |i  ノ     ソ連の明日はない!
      ,′ ,′ `ー──一'    _∨ ̄ ハ /
    ヽ{   (_,            r‐´   ,' Y        「レーニンのネップ」を守れ!
      \__彡         _ _   / 乂_
        |         〈 ̄::::::ァ  /  彡′
       } \          一   / `Y
       ノ}   丶.            /   ノ
      从         __, イ  ′
     ノ(              ̄|   (   )y
  _彡(¬…ー-    ___|___ `ー彡

276◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:14:23 ID:HJI1B/YA0


合同反対派に共感的な世論は確かに多数であった。

しかし、ブハーリンの理路整然とした反論とやる夫の黙々とした実務的アプローチの
相乗効果もまた、あなどれなかったのである。




      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧
 (´‐ω‐) ∧∧) ( ∧∧(‐ω‐`)  ・・・・・・
 | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ
  u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'




とくに急激な政策の転換に二の足を踏む穏健派や官僚達には効果覿面であり、
彼らを冒険的な選択肢から心理的に遠ざけることに成功した。

277◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:15:24 ID:HJI1B/YA0


さらに悪いことに、トロツキーとジノヴィエフ達がレーニンの晩年以来、
3年間お互いに投げつけあっていた非難を棚に上げて連合したことは、周囲の嘲笑を買ってしまった。


     ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ ))
   ((〈● ノ\   /\ ●〉
      ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ     はっはっは!
        )    Y    (
     γ⌒γ⌒     ⌒ヽ⌒ヽ     なんて節操のない連中だ!
  ((  |   |          |   .|     君たちは自分の悪口を言った相手すら
((   ヽ ヽ__人__ノ  .ノ     記憶できないのかね?
      \ .  `ー'´    /


      ,..-‐-- 、、
    ,ィ":::::::::::::::::::;;;;;:ii>;,
   /:::::::::::::::;;;;;;;;iii彡" :ヤi、
   .i::::::::::::;:"~ ̄     ::i||li
   .|:::::::::j'_,.ィ^' ‐、 _,,. ::iii》
   .|:::i´`   `‐-‐"^{" `リ"゙
   ヾ;Y u    ,.,li`~~i     くっ・・・
    `i、   ・=-_、, .:/
       ヽ    ''  :/      (まずいな・・・どうも形成が悪いぞ)
       ` ‐- 、、ノ


かつてのジノヴィエフとカーメネフのトロツキー批判は、時としてやる夫以上に過激なものだったのだ。

278◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:16:28 ID:HJI1B/YA0


/        _r~-'   | |
    r~ミz孟zzzz≧x  |ノ
。   |   }!     H! .L」
..ヽ   ゚。       `¨´ 〈        どうだろうか、私から提案がある。
  }   >-┐ u     'T′
  ゝr ´  ゚。    ⌒ :f         現下の情勢は我々反対派に有利とは言い難い。
  r┴ ..._ ヽ     |
/>ミ、_ `¨ =r---'          今はある程度主張を緩め妥協を図り、
::::::::::::::::::`丶¨ー- .」ア
、:::::::::::::::::::::::::\  厂二ミ 、       体勢を立て直してしかる後に攻撃を再開してはどうかな?
: \:::::::::::::::::::::::::`¨{ 、  \ \
::::::::\:::::::::/::::::::::::::|. ヽ.   \ \
::::::::::::::\:::: ̄ フ:::: |  、    \ \
::::::::::::::::::::ヽ:/::::::: |   \.    \ ヽ
:::::::::::::::::::: : \ミx__|    \    \ノ
::::::::::::::::::::::::::::::\:: |      \ /´

279◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:17:07 ID:HJI1B/YA0


             .′         ./ /レ′ \  ヽ
            .′       , ィムイ        ヽ |
            }    { > ´            | {、
            ゚。    V                .' /!   時が経てば
               ゚。r.ミ }  .._      、__.ィ二ヽ}.イ    ネップの失敗に幻滅した
              `!  }|‐- y' ̄ ̄`Yzzz{ fTヽ H .j     反対世論はますます盛り上がるだろう。
              .}    ゝ..___ノ  |ゝ--- '/./
               ヽ .,、       _ .〉    レ′     何もいま、敵に弾圧の口実を与えるような
                `Tハ U         ./       危険を冒す必要はないのではないかね。
                 ヽ|ヽ   `¨¨二¨”   /
                       | ゚         /!
                 r┤ ヽ      ノ .ト、
               . -ヘ  ̄  三三¨T二 --イ\
           _ ィ´:::::::::::|ー-- .___,オL_. - イ|:::::ヽー-ミ、
     _. -‐::: ̄::::::/::::::::::::::::マー----/ ,|  \ .|:::::::::\:::::::::> ._



          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ    いまさら何を言っているんですか!
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj    反対派が黙っていて
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/      反対世論が高まるはずないでしょう!
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/         それにこちらから相手を非難しておいて、
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ         やっぱりなかったことに、などできると思ってるんですか!?
         /\          /ヽ- '              もはや妥協など不可能だ!
       /   ヽ、     _ イ
      /      ヽ、  Y
     /            ー┴、
.    /               |

280◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:17:52 ID:HJI1B/YA0


                                           __,,..-‐‐‐-、_
                                          ,ィ´ィ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::ヽ
                                         l i'´ ゞ、:.:.:.:.:.:.:.:.::::`,
                                         ヽn____v'´'i::::::::::::l
                                          ノリ    リノ::::::::ゥ´
               (ええい・・・やはり、)               `l__   rゝ:::::ソ
                                        .  l   /: : :l
                                           ゝ=ニニ--‐‐ュ
                                          _,,-d三二彡".::::`'‐、
                                        ,r'´/ l,.ィ'´:.:.:.:.:    ヽ
                                      / ,r´  l:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                                      ゝ ト、,  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::l
                                       `'ィ'´`'-‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::l
                                       l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::l

          ___  ヤ::::::::::ヽ, i:::::::ヽ  l  /,
        ゙ヾミ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::キ:::::::::\i!ン/:i'
          ー-ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! i
       -ッェュ=ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::iノ,'
         ゙゙''ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ン゛
        ー''''''".ッ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        -=ニ三::ニ_ニ、:::::::::::::::::::_::::::::::y::ァ:::::::::::',
      r'''''" ̄    ニミソ:::::::,ァtッチ'ソノメツTi::::::ィ::i
     i   ‐ォ--==こFLいt::i" ゙''''"/   ゙''" i::::::ハリ        (こいつとは気が合わない!)
.     i   i´    ソ`|.l::::!|:!:::l      . ,:   ノ::;:::lヾ、
    ,r,'   l ',   !, | i:::! |i ソ、   ,. -┐ / リ ヤ  i
   f'_/    |', ',   ゙'i~U~|:! : ヽ、  ̄ /  ゛ `//
   lト、゙'ー- .ト、' ! i.   l   |! :   `=ソ ,'    /,イ!
.  li ',     ~゙゙i' i    ',_|:!=ェュ、、=´´ /    // イ
  |l! ',    ! , '             /     '/  |


加えて、合同反対派の内的結束力の脆弱さも露呈した。
移ろいやすく妥協的なジノヴィエフと、断固たる闘争を呼びかけるトロツキーとの
性格の不一致は反対派の勢いに水を差した。

281◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:18:43 ID:HJI1B/YA0


結局、これらの要因によって合同反対派の積極的な支持者は2、3千人を越えなかったのである。
この程度では書記局を止めることなど夢のまた夢だろう。



   他人の不和で今日も飯がうまい!!
    +       ____    +
      +   /⌒  ⌒\ +
   キタ━━━//・\ ./・\\━━━━!!!!
    +   /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  +
        |  ┬   トェェェイ     |
      +  \│    `ー'´     /    +
     _|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_
     >                  <
   /  ─ /  /_ ──┐ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
 \/  ─ / / ̄ /    /   | ̄| ̄ 月 ヒ | |
  ノ\ __ノ   _ノ   \.   / | ノ \ ノ L_い o o





それからは、やる夫の官僚機構の力を存分に見せつけられるものであった。

            /
          //
        ///          (⌒\
       ///         ___ \  ヽ
       (  (        /⌒.三.⌒\ \\ \
       \ \    /( ⑪)三(⑪)\ ト\ヽ
         \ \ /::::::⌒(__人__)⌒::: |  \ヽ    おしおきの時間だお~♪
          \ \.     |r┬-|    ノ  ノ  \
            \  ヽ   `ー'´   / /
             /            /  ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
           //  /           ̄ ̄ ̄ ̄)  )
         /  (  ⌒ ̄ ̄ ̄ヽ         ノノ/
      _/  / `ー―――、  )        ノ/
 ー=二三 __ノ        ノノ/       /
                  ノ/
                /

反対派に対して、速やかな反撃が行われた。

282◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:19:12 ID:HJI1B/YA0


ジノヴィエフはあっさりと政治局から追放、コミンテルン執行議長から解任、

            ,.,,,.--;;,.、
          ,.-':::::::::::::::::::\
         j';;:::::::::::::::::::::::::::::ス ちょ、おま、はわ、はわわ!
        l':::::r',l,.,っ:;-;:::;:(゙ 、;、
         l:l'j -' l/,''-ァ- y lぃ
.         ゙l   ′' /j''゙l  ,l'  ,.-、
.       ,.......゙,   ,''ニ__;.l   ゙y 〉::::::`:::::-::、
      /::::ヾ 、 ,ィ'゙-- ' ,゙-、 / /::::::::::::::::::::::::`:::-
     /:::::::::::::::,ィ゙ - 、=,ッ''l:::゙、ケ入::::::::::::::::::::::::::::::::
   r'ス::::::::::::::::::/:l゙ -ッ=---、:::::゙l,;;;;;;;;` -、::::::::::::::::::::
  ,l'::::::::::::::::::::/:::::::゙、,j::::::'.:ヾ.:.:.`.、:::::` :y;;;;;;;`::-、:::::::
,./::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;j::::::'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙、::::::::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/:::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,l::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:- イ:::::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;




カーメネフも同じく政治局から追放され、政府役職を取り上げられた。

                  ||
       /ヽ.、    ,:' ヽ.||
        ,':::::::: ヽ.__.,:': ::::::||
      i:::::::::::::::::::::::::::::::::||::ヽ
       l: :: :::::::::::::::::::::::::::||:::::::::l
      ,|=================!   やっぱりこうなるんじゃないか・・・
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
     l..:.::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
.     |..:.::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
     |...:::|: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
     |...::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
     ゙、:ノ.. :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      l....: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
       \ . ...::::::::::::::::::::::::::::::::::l
        l .. :::::::;;;;;;;;;;;;;::::::::::::ノ
           |. ..::::/    i:::::::::/
         ! ..::/      !::::::/
         `´     ` ´

283◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:19:54 ID:HJI1B/YA0


そして反対派の支持者は、ありとあらゆる口実で絶えず当局から弾圧を受けて脱落していった。



   ( ^ν^)
  /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
/  |        ,,,,,,,,,,,
   |       [|,,,★,,|]
   |   /⌒ヽ(ヽ 'ん`)
   |.   {   (⊃ と)   ___     
   |   ヽ  (_ _⌒).)  (三(@
   |__ に二二二JJ
.  /    _)____r'


         γ ⌒\
         ( .γ⌒ヽ ザバー
   ( ^ν^)つ\(ミミミミ\
  /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |liヾゞヾヽ
/  |        |lliil lii llli゚ハ
   |        |lli。li★ llil。ilハ  
   |   /⌒ヽ |lliヽ'ん`゚illill ハ  ん…あ…
   |.   { ・゚o |ll⊃ i と iili。illハ     
   |   ヽ ゚ WvvWww。ill liilハ  。
   |__ に二二二|lli illi゚lili。liiハ ゚  o・ ゚
.  /    _)___vWwWwvvWw ゚ 。 ・ ゚ 。



   (^ν^) 
  /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
/  |        ,,,,,,,,,,,
   |       ..:;[|,,,★,,|];: 
   |   /⌒ヽ::(ヽ 'ん`);.   
   |.   {    .:(⊃ Jと);:  ___     
   |   ヽ  :;(ι⌒).);:. (三(@
   |__ に二二二JJ
.  /    _)____r' ー―っ
      こ__       _つ 
         こ___⊃

284名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 22:20:07 ID:sCRetO/.0
駄目だこいつら・・・・

286名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 22:20:47 ID:Ibt5kaIY0
ルズタークさん何やってんすかwww

285◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:20:43 ID:HJI1B/YA0


【補足】



          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,          こうして、新たに出撃した
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\     合同反対派は、またしても
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ      書記局と公式路線派の
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
         | |{i t    _     / |      厚い壁にぶちあたり挫折しようと
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |      していたのでした。
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |


   r‐く二ニ:/i:i:i:i:i:i/  V^’
.  /:i/[_: :|i:i:i:i:/、yz'′              マ: :_: - :ヲ
 /:i/ lしんく|i:i:i:Yrュヲ                ヽ Ⅶ :: : :己
.〈:i〈  || 己 {i:i:i:i|′   l |    l!   l|   l| ', ' .Ⅵ : : :.__7
 \\!!   し|i:i:i:i|   | l l |  l!   l| | l i!  | !  |: : :_:∠,
    ̄|L__ムスi:i:i:i:{l  | | | |  l!   l| | i i!  i | l  }: : _く
    | ̄|i:|i:|マi:r=Ⅶ  i 士十i l!  l| | ルl_」L リ| .!.   |__ノ    このパターン何回目よ。
    |  |i:|i:|ミ.ム泌リ l|r‐rテi〒i/!ノ ‐rテi〒r|  .トミx7
    | /i:{ゞ\ゞ=イ| l| 弋.(ソ      弋(ソ 从ノマヘⅣ
    | : ̄|  ̄ゞ≠ l| 、、、       .    、、 l.| | l |.|       さすがにそろそろ
    | :  |    |  |             八| l |.|
    | i  |   x≧|  |          _     イ  | l |.|       飽きてきたのだわ。
    | l. 八  《ミく  |ゝ、      ´    イ |.  i l |.|
    | | | ヘ ∨i:l  |≦三三r≠くヘ≦ 三 ∧. ', .| l.|
    | | | ',./ ヾ|  |三三三いゞソメ《 三三.∧ ゝ l.|

287◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:21:25 ID:HJI1B/YA0


           ,.:-=;1―;1―;1―;1―;1,=;:、
           ミ              ゙ミ
           ミ      ★       ゙ミ \
         / ミ              ゙ミ   \
        V/::ミ;=========゙ミヽ   \
       //:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :',  `、ヽ ム>
.      /:i:: :: /:: :: :: :: /:: :: :: :: :∧:: :: :: :: :::i  } >/i´
      ,'::i:: :: i:: :: :: :: /:: :: :: :: :/ ∨:: i:: :: ::l  V/:: l      ジノヴィエフとカーメネフは
      ,':: l:: :: l:: _:: :: /:: :: :: :: :ム--+::-l―:: |   |:: :: |
.     i:: ::l:: :: |:: :`''フ:: :: :: ,:: /    ',:: |:: :: :|   |:: :: |      早くも叩き潰されましたが、
.     l:: i:.|::..::|::_:: /:: :: : //     v|:: :: :|   |:: :: |
.     |::.l::.|:: ::|::/ニ_;; ;//  ====V:: ::,'   |:: :: :|      それでもトロツキーは慎重に扱われました。
     |::∧:',:: ::V弋.:.:テ    ´ て:::::::o|:: ::,'   .|:: :: ::|
     |::i ',:',:: :∧廴::ソ      こ .ン|::/,'   i:: :: ::.|     それだけ恐れられていたのですね。
     ',.i  }::ト:: : ヽ゛゛  ` _   ゜゜イ|/:,'   ,':: :: :: |
      ',' .ハ::iヽ:: ::>ァ-------<´<:: /:,'   /:: :: :: ::|
       ∧ヾV>、:V/ | (ニxニ)  |: :',:: /_ -'''´:: :: :: :: ::|
       /:: L_i VX|: :|  ∧   |: : |:: :: :: :: :: :: :: :: :: ::ヽ
       /:: :: :: :: :: :: :|: └ ┘└ ┘: :.|:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::\


【補足終わり】

288◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:22:11 ID:HJI1B/YA0


しかし、今回の闘争は、今までに繰り返されてきた党内政争と比べて
もっとも激しく、深刻なものであった。

かつて周囲からの敵視を集めた時、常に諦観と後退を選択してきたトロツキーが、
今になってやる夫に対する断固たる闘争を選択したからである。

            ,
           ,r/ ,;-ー_
         /:::レ:::::三:::::`ミ::=-、
         ,i::::::::::::::::、:::::::、::::ヾ::ヽミー-、
         ,r'::::::::::::::::::ヽ::::::::\.:::::::::::::\
      //:::::/:::;:::i:::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::::ヽ       「一国社会主義」などという
.       /::/:::::::/_ヽ:!:::::ヽ:::i`_、:::::ヽ ::ヽ:::::::!       妄言を弄し、社会主義を殺そうとする
       i::/::::::::/'oヾ、:::|ヽ::Y o\:::::i!::::ヽ::::\      『革命の墓堀人』め!
     l:::i:::::::::lゝ- ' ヾ、゙ ! ー '、ヽ:::::!:::::ヽ::i ヽ
     !::!:::i:::::!   ` ` ヽ     i:::::!::::::::::::i      やる夫が政策に関与し続ける限り、
       l:!:::l:::l !  ,r_ー‐-、     l::::!::::::::::;::i      ソ連は封建時代に後退し続けるでしょう!
      !|:.!::',   i'/ ̄ ̄ i     l:::::::::::::ハ:!
    .   l::::::ヽ.  i    i    ィ::/i:::::ハi  !
        i::li:::\ `ー--‐'   / リ |:::リfハ、_
         _..!:ハ::::l;ヽ、    /  " l::/i ヽ. ``''ー- 、._
   ,r‐'''"´  ! リ!i ヽ `='"   ,   リ /  ン       /ヽ、
   /ヽ       ヽ ヽ ヽ   /   /        /   ヽ
  l   \      \  '     //          /    i


        / ̄ ̄ ̄ \
       ノし ゙\, .,、,/"u\         ふざけんじゃねえお!?
     / ⌒ (◎)ヾ'(◎)u \
      | u  ⌒゙(__人__)"⌒ u |        口だけ達者なオペレッタのくせに!!
       \ u   `ヾ,┬、/` ,/
.       /⌒/^ヽ、 )__( ,ィヽ、
      /  ,ゞ ,ノ ゙⌒" ,  ゝ、
     l /  /      ト/.\\


二人とも、かつての抑制をかなぐり捨てて際限のない罵倒合戦に身を投じていった。

この年の政治局会議において両者の対立は頂点に達する。

289◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:22:47 ID:HJI1B/YA0


        .____
     ;/   ノ( \;
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;     あの死にぞこない・・・
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;    今さらになって何様のつもりだお!?
 ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;   いままで見逃してきてやった
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;    やる夫の恩を忘れやがってよぉぉおおおお



      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ● ノ\   /\● 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\        もはや形振り構って
.    /  |         |  ヽ       られない状態だね。
.    |   ヽ__人__ノ   |
    \     `ー'´     /       穏健な中道派を
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ        演じ続けるのも限界があるよ。
    /      ,⊆ニ_ヽ、   |
   /     / r─--⊃、  |
   |  ヽ,.イ   `二ニニうヽ.  |
政治局員・やる夫の盟友
        ヴァチェスラフ・モロトフ

290◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:24:10 ID:HJI1B/YA0



 ,r'ニニニヾヽ、       \/〈     //ニニニヽ、
("´ ̄ ̄ヾ))     __〉,ヘ   ((/ ̄ ̄`゙`)
|   、ィ_ノと)'   /"\三/"\  (つ(_,,ア   |!
i|   ` イ_/  ./((○))三((○))\  _Y   |!      言ってもわからないなら
.ヽ、  ' (  /   `゙(__人__)'"   \ / `  /
  \  \l     i|    |!     l/  /       実力行使だお!
 l|l  \   \  、i|,/⌒ヾ、|!;,   /  / |l
     \  ヾ   `ー一'´  ィ    /   i
        ヾ、    ``"´      /            トロ公を政治局から
   ゚   |!  Y           ィ |!  。
   ,.  '  、/               ヾ ´ ’  `       追放してやんお!!
 ゚, i! `| ゜、l!            i|!; ゚ ゜ 。


党内対立の緊張が強まる中、ついにトロツキーは中央委員会によって
政治局員としての資格を取り上げられた。




                   ,,,,,,,,,,,
                  [|,,,,★,|]            中央委員会は
                 (__・∀・)            賛成多数をもって
                /´~ V:V~ヽ           トロツキーの不信任決議を採択した!
            __/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\__
            |   | |                  |  |   |
            |   | |                  |  |   |




     ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ ))
   ((〈 ● ノ\   /\ ● 〉
     ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ
       )    Y    (
    f⌒γ⌒  '  ⌒ヽ⌒ヽ     これでジノヴィエフ・カーメネフ・トロツキーが
    { :::::.|          | ::::: }
    ヽ ヽ__人__ノ  ノ     政治局から姿を消し、全17名中10名が
      \ .  `ー'´    /
     . /    ∩ノ ⊃ ヽ      僕達の派閥・・・完全掌握まであと一歩だね。
     (  \ / _ノ |  |
     ..\ “  /__|  |
       \ /___ /

291◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:24:48 ID:HJI1B/YA0


ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-=ニン':::::::,'::'::::::::::::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_、/:::::::::::::.:::::i:::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::_ェZ_,リ゙i::::::::::/i::::::i:::::::i!  . ‐、
"::::::::::::::::::::::::::/tニ::::::::´::,ニ-‐'i し'j /::ン:::ィjl:::::::!:!i::i i´ ,: .ン"j、、
:::::::::::::/:::::ン::ヽ!:::,::::::;:,'.   ヽ= '/´/Lソ,':::::::り:i ノ  i/  /  ,}、      (ついに政治局員の座まで
""ヽ‐-、:/_/ン'7/i:::://           i ,'::::::,' 'ソ /┐,' ,i{、 ,r' ,_'ヽ     奪われてしまった・・・
、、  ヾ、 ヾ.  !´ .l::://         ,. _,:' /:ハ::i ,rーY'7-、yゝ'ィ'ヽ ヽ  ヽ.
 ヽ   ゙:、 ゙,;    l::iヽ.        ,:'  ,: /:/ リ `ー//ゝ:' `ヽ、、ィ:ヽヽ=' i    だがここで諦めるわけにはいかない。
  ヽ.   '、 i',.  !:l  `::.、   ‐'"`゙¨´ヘ、|!    //      `i ゙'  i
   ヽ  ヽ.i ゙  リ  :::::ヽ、    , '´F====゙=ヲ      i    .i    私の言葉と信念がある限り、
     `,  . ヽ!ヽ  ..::'''''':,',' ``'' ",r‐;fテ''j~ ̄ ̄ ̄ ,'      i    i    何を失おうと闘い続けられるはずなのです!)
     ゙,  i  i ヾェ、_,ン ,' ; _,:r'´   '´-,    /        .i    .i
     i  i ,' ヽ、___,ン .ir'~´      ニ;―― '       .i     i

292◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:25:57 ID:HJI1B/YA0


やる夫は10月に開かれた党協議会において
トロツキーに対する個人攻撃を激化させた。

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /:::\:::/::\.   |   |
   / <●>::::::<●>\  !   !    トロツキズムは
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l    レーニン主義の異端である!
  |     |!!il|!|!l|      |  /
  \     |ェェェェ|     //      党をトロツキズムの脅威から
  / __        /       防衛せよ!!
  (___)       /






しかし、それでもやる夫はまだ綱引きの綱から手を放すつもりはなかったようである。
個人攻撃をエスカレートさせる一方で、やる夫は議論を決裂に導こうとはしなかった。


     ____
   /      \
  /  \   ,_\
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



やる夫はトロツキーら反対派が、どこで妥協できるか、自ら降伏を選ぶのか
見定めようとしていたのか、
あるいは弁舌の天才であるトロツキーを警戒して慎重にコトを進めようとしていたのかもしれない。

293◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:26:48 ID:HJI1B/YA0


1926年末、コミンテルンの執行会議が開かれ、そこにジノヴィエフとトロツキーが出席し
反対派として演説を行った。


            _、-‐‐‐-..,,__
            , ':::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`,
          /::::.:.:.:.:.:.:.:.:,;:.:.:.:ノl
           l::::::::::::i'`'v____n,j
          `k::::::::(,リ     .リ{、        世界経済が資本主義諸国によって
           ヽ::::::::ゝ、   __,'         支配されている以上、
            l: : :゙i.    l         一国だけで社会主義を建設することは
           ェ‐‐--ニニ==イ         不可能と言うほかない!
         、‐'`::::.゛ミ_二三b-,,_
        ,r'    :.:.:.:.:`'ィ.,l \`ヽ       やる夫の主張は妄言だ!
        イ..:.::.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:l   `v. \
       l:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l  ,、ハ ,ノ
       .l::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'‐-'``'ィ'
      l:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l


                    ,   ,,,.:-‐,,..... -
                  , ::':ル'´:ー''´::::≦-
                   r''ニ、:::::ニ=-:、::::二ェェッ=-‐
                r'::::::ニ-、::::::::ミミヽ、::::::::::::::=ニ_
                   /:://:::::ミ、::::::::::::\ヽ、:::::::::::::<
                  ,':::,'::::iヽヽ:::ミ:::::、:::::::::\:::::::::::::ヽ    やる夫は他人の間違いを非難するくせに
                  /::::!:::::ヽ:ヽ::::::::::`:::::::::ヽ:::ヽ::::::ヾヾ、   自分の間違いには一切触れません!
              /"i::::::::::::i゙_、:::::::::!\vヽ、:::::::::ヾ:::\
                 i:;::::l::',:li oヽ`ヾi. Y'o゙リ、:::::::::::iー=ヾ   奴は1924年に一国だけでは社会主義は
                / lハ::::',i゙ー"   ′ ー" i:::::::::ヾ、    建設できないと論文に書いていたのですよ!?
           rイ ̄'",ニ、!:::::i.    . .     ,':j::lヾヤ-、_
         / |   l lサ!::iヽ   . --、  ,.イ::l!';:l    ,ヽ
         |〉 !   | l八゙! \  ̄ .ィ' /i! i '!   i i
         /< ';,.   l | ヽゞャ-、`=ン _ソ, ! i    ,' ヽ
        〉ヽ-`' i!/``iー',  ``-ニ_--‐'ニ-' ,'  / i  / i i l
       /  ' , ,,,i'´!、 l- ヽ=- -‐-;'''´       l  , ' ,' .i
        /   ゙l i  'i j/  ,..-‐' ̄         ! /   |
      /     ll、ヽt,ケンェ‐'´            ,!'    .|
.      i┴、>ニ ン`''=ーン´ヽ             /ヾ!ー,-,ン.i
     リンニ--/    , '   ヽ           /  |、-‐'´  i

294◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:27:17 ID:HJI1B/YA0


          ___  ヤ::::::::::ヽ, i:::::::ヽ  l  /,
        ゙ヾミ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::キ:::::::::\i!ン/:i'
          ー-ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! i
       -ッェュ=ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::iノ,'    奴はトロツキズムと反対派にレッテルを貼りますが、
         ゙゙''ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ン゛
        ー''''''".ッ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     これは奴らが勝手に作り上げた概念にすぎません!
        -=ニ三::ニ_ニ、:::::::::::::::::::_::::::::::y::ァ:::::::::::',
      r'''''" ̄    ニミソ:::::::,ァtッチ'ソノメツTi::::::ィ::i     私の意図しないところで、私の名前を使い、
     i   ‐ォ--==こFLいt::i" ゙''''"/   ゙''" i::::::ハリ
.     i   i´    ソ`|.l::::!|:!:::l      . ,:   ノ::;:::lヾ、    「私の思想」をくみ上げていったのです!
    ,r,'   l ',   !, | i:::! |i ソ、   ,. -┐ / リ ヤ  i
   f'_/    |', ',   ゙'i~U~|:! : ヽ、  ̄ /  ゛ `//
   lト、゙'ー- .ト、' ! i.   l   |! :   `=ソ ,'    /,イ!
.  li ',     ~゙゙i' i    ',_|:!=ェュ、、=´´ /    // イ
  |l! ',    ! , '             /     '/  |



      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__     い、一国社会主義はボリシェビキの使命なんだお!
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |     ソ連が単独でブルジョワを駆逐し、
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |     社会主義を建設できないというのなら、
   ヽ           i    丿     ボリシェビキ党は政権を持っている資格などないお!
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /           野党に戻るべきなんだお!

295◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:28:04 ID:HJI1B/YA0


トロツキーが引き下がることはなかった。
書記局による度重なる妨害にも屈せず、反対演説を繰り返したのである。



      /l :::://ノl.:::::ヽ::::ヘ::::::ヽヽ:.\ヽ:::..ヾ \:::..ー _:::::::- /
     ,ソ'/.l ::::/,:::::i.:::::ヽ:\:::ヽ:::::ヘ.',:::::::\ヽ::\,ヽ、::::::::::::ー /
   / / ,::l.i,:::l:::::::ヘ.:::ヽ\::.ヽ,\::::ll:::ヽ..::::..ヽ::ヽ,' i.\::::::::ヽ/
  '゛  l /::::.',',l::ll::::::::l\\ヽ:::::::::ヽ::.|.:::::、:::::ヽ:::::::l::l::..ヽ:::::::、l
     /::::,::::ハソ;i!:::::::i'|__ヾ、ヽヾ、:::::\|、_;;_y,::::,、:::::l::|ヽ::::::::::::|     私の方が押していますね・・・
    /ンl::::::::lヘ' ;::|.'Y'l::::ヽ、\::::.ミヾ\,ハ::::::::)ヽ:::::|:::.i::::::::::|
   // |::i::::::l:::::\! l!, 'ー'゜゛  ヽ:::ヌ゛ 'ヽ ゛''" ノ; ll:::::::.l:::<     これなら白饅頭の
  /   l:l:::::lハ::::::::ヽ ゛ー '    ゛ ー  ` '' ~  .l'i::::::::::::::::|
 _ .ー'/ ̄l ll:::l l', '::::入\             / |l::::::::::::::|     化けの皮がはがれるのも
  /,  N ハ::l'l ゛l',::::lヽ、    ,                l:!,!::::.l ヽl
 / l    l ',l ', 、 ',::lヽ    ヽ ー          lソ |:lヘ |ll    時間の問題でしょう。
.  |      ヽ ', ヽ. 'il', `、.  ヽ ._____,.ノ    // li    l
             ',.   | il \            / ./  !    ::入
     、     'i    l l:::ヽ        /''  l|      //ヽ
  \   ヽ | _,, --、    l 'i::ヽ,ヽ、  _ , '''  ,r'~ ̄゛' ー <_/l  ヽ_____
   _ヽ -ー'"~、  ヽ, \ lヽヾ, .l   ̄     / /~ ̄    ~ '' ー- ...,,__
   ̄        \   i、 ゛' 、 \ル............ / /               ̄ ー



むしろ理論面では、トロツキーの方に分があったし、
論争ではやる夫派を押していた。

296◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:28:37 ID:HJI1B/YA0



                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                 /:.ノ(          \           ,,              ,,.    ,.
                /: : : ⌒             \        / |   /| /|     _,,.r':/  /::|
                / : : : : ._          _    \     /:::::i  /::i |:::::i  ./'''"´:::::/ ./:::::::|
               | : : : :   ´⌒\,, ;、  、、/⌒`.  l     /::::::::i  |::::! .i::::::i /::::::::::,,.//:::::::/
.                  |: : : ::;  ( ◎ ) ノヽ ( ◎ ).;;:: |    i::::::::::i  i::::i i:::::::i/:::;.r''" /:::::::/
               |: : : : :   ´"''" ,      "''"´  l     i:::::::::i. i::::i,/i:::::/'"´ ./:::::::/
                \ : : :     (    j    )  /      i:::::::::i. i:::/::::i:::/  /:::::::/
               ,r''"\: :   .`ー-‐'´`ー-‐'′/         i:::::::::i i/:::::::i/:| /::::::::/
              f!: : : : :: : :           ト、        i:::::::::"::::::::::/ |:::::::/
              i!: : : !: : : : :             ヽ.       i:::::::::::::::/  i::/
           ! i ./: : .i i: : : : :: : ;!ii:::i:      :i:i  i       i:::::::::/     i/
            | i!i/: : : : !l|r"-'"-i| i`i|‐、     :i'   i,        i::::::::i
            |,イ|,,..r''"!l|  i!  |ヽi  `i    :,./.   ',     / .  i:::::::i
           ,r'''! |i!       ii |  | |`i  i: :// ',   ヽ.,.r"/.    i:::::::i
    i、     /  !       ,,,,.i! l-ー|--i!、 .i:/ ./ :'i,'.,.,,,.r'" /    .i:::::::i
\   i \  /i     ,,..r''"  i! i.   !  i! l .i  ./:: ;;ir''"  /ヽ  .   i::::/
  \ !  .\/ .:i.              |   i ヾ、./:r''"    /  ヽ.   i/
   `'    / .::/             .!|,,.rヾ、,,ノ       /ヽ.   ヽ、
.      〈 .::::i  i  |    ,,..-‐ ''"|i   i       /  ヽ、   .ヽ、
       ヾ;::ヽ、i  !            /      /,,,,..... --''' "´
 ―-―――ヾ;::::i   !   !|i        !|/ヾ;― ==
          ヾ:i,  |i.  !||    i |i ,,.r"!|   〉
           `i、 ||  |i   i ||'"    /
            .ヽ||           i|'
.              i'ヽ、      ,,.r''"!i
            ....:::::::::ヽ|i,,,,,|,,..r''":::::::.......

297◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:29:10 ID:HJI1B/YA0


        .____
     ;/   ノ( \;
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;       トロ公がぁああああ!!
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;
 ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;     くだらん論争でやる夫を
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;      誹謗中傷しくさって!!卑怯者め!!



   ,.r'^~ ̄      \.
  /            ヽ
  ノ  i      、     l!.
 ネ从、ヽ、、、`ー、      ,ゝ     やる夫・・・
  '['!!^~^~フヽ、 、     ミ.
  人!__/ 从  ミ、     ド     私は一つ懸念していることがある。
  'tァ     ≫iノリヽ 、  .ゝ
  ├-  、 、_)  i  l ーミァ     この長引く論争が党の分裂、
   i'  _/r====ー、 、.__〈
  __ニコ__」l     `=、、ミ       ひいては内乱を招くのではないか、
  l.   「 ||       ,>゙
  )  ,|. ||      ヽ-ァ      ということだ。
  ( 〃 j--リ     ,r'~ ̄~`ー--、
  ) / ,:/    ,.r',r'~>-‐、_ l
../j l ,./ノ ̄ ̄| i' /      ヽ!

298◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:29:42 ID:HJI1B/YA0


       /                         |
.       /        π                  |    かつてクロンシュタットで叛乱が起こった時も
      |      ノ {               |
      l i   从(´__  `ヽ_                {    労組論争が原因で
      ヽヽ .{/////`ー´77777ノ丿  /       |
       `ヽ i/////r-、//////ヽ─´  /,    |    現在のように党論が二分されていた。
         _ノ ∨/_ノ/  ヽ////>/   //  _/
        て ',  ヽ   ` ̄  z  /´  /_      内部分裂は体制を弱体化させ
         -=>  ',  ニ=      レイ    く
       |::::::::::::|/ ヽ  `    / /   ヽ ト--= _  反革命派に蜂起の機会を与えてしまうだろう。
       |:::::::::::{{ ,|_`ー- - ´  / |_   ノ:. :. :. :. 〉 〉
       |:::::::::::|| |`ー------ イ _(:. :. :. :. : //
       └:::::::::|| イ            }t-:. :. :. :. :. //
-=ニ二三三::::::::::}}              |/:. :. :. :. :. //


       ____
     /      \
   / ─    ─ \      ・・・考えたくもないことだけど、
  / -=・=-   -=・=- \    たしかにありえないことではないお。
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /    ちょっとそっちの方も手を打っておくお・・・

299◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:31:01 ID:HJI1B/YA0


年が明けて1927年春、トロツキーとジノヴィエフは取るに足らぬ些細な理由で党統制委員会に召喚される。


                      , -──‐‐-、                  _,. -‐^ヽ、
 |`ー─‐'~` |`ー──'~`      / ,-─==-‐‐、\       lニニニニフ r--‐''"   r'' ̄
 | L___l | | L___l |     / ,,---、  ,,,---、ヽ        / /   " ̄ ̄ | |
 | L___l | | L___l |     i ''"フ-ァ'ハ ,r‐< i       / ム-、     | |
 | |    ゙‐゙ `‐´   | |     |   '`ー゚ 」  L`゚‐'^ |      /_/`フ ノ lニニニ  ニニニ^ゝ
 | |  lニニ rニrニニl   | |     __| ,,、--└Li┘---、 |___       ゝソ /      | |
 | |  lニニ rニrニニl   | |   { ti/   /\   \iァ }     /. 〈   lニ二___二ニ^ゝ
 | |   j. | | |     | |    Y    ./´ ̄`\   Y´     /ノ\ヽ、
 |___|  ノノ <ソ   ゝ、ノ   ノ  ∠__/\_ヾ、  ヽ   _ノ"    `ー、ニニニニニフ
                 / /  /  i  ヽ ヽ   \
                | i   i     i    i  }    }
            ,.、-‐‐┤ :   !     !    }  ! ノ ノ‐--、,_
         ,、-''"    ヽ ヽ  ヽ丶   !   ノ ノ  /    `‐-、,_
      ,、-'"         \ \ ヽヽ  !  /    //         `'‐、,_
     /            \ヽ、,,__ ヽ、,, i/ //  /            \
    / \             ヽ  `r-、,  _/ /   /            / i
┌‐────┐           ヽ  \ノ二ヽ /   /            /    |
│  イインチョ  .!            ヽ   i   i   /            /,、-   |
├───‐─┴────────────────────────────

└─────────────────────────────────‐

300◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:31:31 ID:HJI1B/YA0


そこで二人は、党からの追放をもって脅迫された。


       ./     ./  / |              ヽ
      ./     ./〕/  、 ト、             l
     /     ,イ././´    V  ミー-ミ         |
      | イ   | |'            __  ヽ       リ
      |{ マ  .}           _. -¬   Ⅵ >ミ、 ./
      |! \ :| ,、     、 x≦三ミx:==キ7  }  {    つ、つつ追放だと!?
        ゝヘ _>-ミ、__T  〈 の :||   i"   リ  l
          f「ヽ 〈_延厂`L__二...ノ'      ./  l    私を除名するというのか!?
            マ、ノ__ノ}             / 彡'
            ヽ!   〈 _ ,、      し  fーく/      い、いったい何の根拠があってそんな・・・!?
             ヽ        _, ヽ    ′ .
             、  ,.. -ニ= '     /    「 ツ{
              、  ` ̄_   u   /    / 〈 ̄\
              ゚。         /  ィ ´  . ノ:::::::::ヽ
                    }、   _.... ='- ´   ィ´::::::::::::::
                  > T        ィ ´:::::::::
              く   }    _. ィ ´:::::::::


           r::'::::::::::::`ヽ三ニー-::::ニ:::::::::-=ニ´
          /::/三:::\\ヽ:::::::::ミ、::::::::::::::_:::=≧ー
         /:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-
         //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´
          !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、
          /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、
         /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、
         /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\      我々が何をしたというのだ!
      _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.
   ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-    反対意見を表明する自由は
  / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
  ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ   党員に与えられているはずでしょう!
  ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
  、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
.  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /

301◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:32:07 ID:HJI1B/YA0



            , =-‐ニニニミヽ、
          ,ィ´ィ,ィ'"´_=-‐-=、`ヾヽ
       .,r‐‐=///´r''´⌒、_∧_⌒,=、ヽヽ、____
ー<´ ̄~¨7  .///f´`,ィゝ‐''.〈ハ〉 ̄ゝ‐'、ヾヽ`ヽ\r‐-、
ヽ  ヽ _/ .///r‐f´     〈ハ〉    f`Y:l‐-、. }  l‐-、
 ゙v''"´  `ヽ{ i l`/'"//⌒ヽ. 〈_〉 ./⌒ヾ、 l l、  `ヽ ノ´`,、´ヾ
  }ゝ、 __, ィ'"l l: Y`i l l (⌒ヽヽ__/´,ィ'⌒) l l_l_l、ゝ ___)´` ⌒    お前たちは分派的行動を繰り返し
  .l`ー---'''"l l:..l rf⌒ l`x、 ` v ´)ヽ,ィ' ff´ ハ `ー-‐'i ´` ,,、
  l       l l八ノl ヽri゙ゞニ゙、_|_,∠´、",r`Y ノ    l        党の団結を掘り崩そうとしている。
  l    _ ヘ∨ゝ. /.f´l:.'´-三-`゙l`iヾ ハ'"     l
  .ハ,ィ'"´:::ヘ //ヽ,,`ゝ{ ,>=< }‐'"rヘ l.      l       そのような人間を党員として
 .ノ //////∧'"ヽ、゙ ゝ ハ'´ヾ  ,イハ ノ,ィヘl /⌒ヽ l
:./ l///////,`>-、 八_,,` ー‐‐'__ノ´ ,,ィ'"/////} l        認めるわけにはいかんのだ。
/  ゝ///////////`ー=i `ー―'  ,ィ'´////////ノ l
   ` 、////////////l l7777l l´/////八 ̄   /
  _ =-‐'"///////>'"_ ヾ//ノ l////////`>. /
      政治局員候補・党統制委員・やる夫派
         セルゴ・オルジョニキーゼ

302◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:32:48 ID:HJI1B/YA0


            ,
           ,r/ ,;-ー_
         /:::レ:::::三:::::`ミ::=-、
         ,i::::::::::::::::、:::::::、::::ヾ::ヽミー-、
         ,r'::::::::::::::::::ヽ::::::::\.:::::::::::::\
      //:::::/:::;:::i:::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::::ヽ
.       /::/:::::::/_ヽ:!:::::ヽ:::i`_、:::::ヽ ::ヽ:::::::!
       i::/::::::::/'oヾ、:::|ヽ::Y o\:::::i!::::ヽ::::\        やる夫の提灯持ちめ!!
     l:::i:::::::::lゝ- ' ヾ、゙ ! ー '、ヽ:::::!:::::ヽ::i ヽ
     !::!:::i:::::!   ` ` ヽ     i:::::!::::::::::::i
       l:!:::l:::l !  ,r_ー‐-、     l::::!::::::::::;::i        恥ずかしくないのか
      !|:.!::',   i'/ ̄ ̄ i     l:::::::::::::ハ:!        この官僚主義者!!
    .   l::::::ヽ.  i    i    ィ::/i:::::ハi  !
        i::li:::\ `ー--‐'   / リ |:::リfハ、_
         _..!:ハ::::l;ヽ、    /  " l::/i ヽ. ``''ー- 、._
   ,r‐'''"´  ! リ!i ヽ `='"   ,   リ /  ン       /ヽ、
   /ヽ       ヽ ヽ ヽ   /   /        /   ヽ
  l   \      \  '     //          /    i


       {  ノ \ \{{: /ニ=-  ヽ、      }`{  {
.          Y /アヽ\_ノ :/ニニ/    }:   ,  ⌒ヽ、
         ri//⌒ヽ __ノニニ/     ノ  /    ,.:⌒
.     ,ィ从{ff/⌒ <三三/    /   {ixー=:<
   ‐=f′ / 〈    /  ヽ{{i  ,ィ尨。o   __`ヽ \          この俺が
 f´ 〃  ,:   {`㍉{、   .ハ{i尨',ィ≦ O  \ `ヽ ノ
,ィ{   i{ ,  f     》ム斧ミxィ三三ニ   _人_   〉 _ノ           やる夫の提灯持ちだと!?
/ハ  {{ {  { ,ォ=ミ{ }/:::: /=ニ三三ニ  ヽf  _,イア´
i/ハ Ⅵi才"   Ⅵ::::::;イ=ニ三三ニ _ノ{_   /V     ,ィニ三      もう一度言ってみろ
////≧ィ'      }ム:::{=ニ三三ニ=:`Y   /{/     ノ三二ニ
//////{、   __ノミji人:{ ニ三ニ=-   ̄`ヾf`ヽ.    ,ィ三二ニ      西洋かぶれが!!!
//////ム__  ̄ _.ノ   》'"´      /7 :}  ノ {/三二
//////ハ    ̄  ,ィ示{     \   //  ノ⌒  ノ三二ニ
///////ハ     ,ィ劣/人 `㍉、 ヽ  /  ‐=彡三二
////////ハ.   ff//////ミ ー=ミ_ ,イ  ,.イヽ辷三彡'´
/////////ハ,  {{///////ヾミ=-' ー==彡'
////////彡'  マ////////////////≧=x   r=ニ三三

303◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:33:22 ID:HJI1B/YA0


この時のトロツキーとジノヴィエフの追放を巡る問題で、
新たに「ソヴィエト国家への不忠誠」という告発が行われた。

                           .-‐…… .、
                            /。o゚oO ハ。о\
           , ‐…==-==、<¨ Y¨ヽ-,'/。o゚ _. `ハ  _. \______
           / , ─ 、  ヽ^ ^\ヽ八 l//o /(  ヽ. l_l / ヽ ヽヾ/////////| ̄
        | /   /   |^ ^^ (二) l l /  人  ',ニ/   ) l(二)///////|
   ___/Y    / /  |^^ ^^ l   | | >  l`´\ Y ヽ∠l l、 ∨//////|
 /      ̄\ ./ ̄   .}.、 ^^^!   | |Y ニヽ__゚__ヽl≦キ¨ ̄ヽ) ∨////./      我々は証拠を掴んでいるのだ!
/彡三       ヽ`ミ三  / \_/    l l.l  /l/i  三三  ハ) |   |////
|     ヽ/    入___     `─ 、 ヽヽ _`´!/( ヽ l / /.¨/.l.  !- ´         貴様とイギリスの
|彡     |彡_/            ヽ-、\ヽ `i!ヽvwwv-}  |-i/.  |     /
|  / ̄ヽ/─、               i \`-`、 ヽヽ_l._)/. / /\ |     / \    チェンバレンに至る
ヽ」    !   l                   \_ \ l ∧nnn∧ l/.///ヽヽ__/  ゚。 \
  ヽ   /、  /  /        /  , -  \ ¨/`7──f ̄|///////| | ゚o       反ソ統一戦線の存在をなぁ!!
  /\/ l_/‐‐==  (     ,l_/       !/ ////∨  !///////! !。 ゚
../ ==ミ 、/ ` .___, -ヽ ___/  Y⌒ヽ   /─ 、\/./ヽ二ミ///  l   ゚o。
..!     l ′、_, 、_, 、_,`-'、_,-'`-'、 /   l__////∧ ///////l ̄   l゚。oO
. l / ̄`<>、  、_,  、_, `-'、_`-' /  .<////////|////////.∧.   /о゚。oO
 ヾ    |  { 、 、_, `-' _、_,/_二¨///////////////////////|  .へo゚oO゜゚
   `─‐´    ̄`…‐ t…'   \////////////////////////// /.  \oΟ


         /:!::ヽ:::、:::`::::.、:::::丶、::::`::、:::::ヽ、
        /:::∧::::ヾ::::、::::::::`::.、:::`:::、:::ヽ:::ヾ\
       j::::/::::゛、::::ヽ:::ヽ、:::::::ヽ、::::::ヽ::ヽ:::ヽ `
       l::::!:::l::::!:ヽ:::::゙:、::::ヽ、::::::゛、:::::::::`::.、::::\
       j/:l::::!::l:ト、:ト、:::::::::、:::ヽ、:::::ヽ::::::::::::::\{`\
        i!::::!:::!:ハ!_」l_ \{`\、____、:.、:ヽ:::::::::::::ト\                ふざけるな!
       ハ::::V:::! ソ oヾ \^~/ o ヾ:i`:.、:::::::::::!、__,, - 、
      ′ i:::i:!::ハ ヾ=彡     ヾ≡彡リl::::ヽ:::::::{ ! /     \          そんな子供だましの陰謀論を
        ヾ{i::::l:!              ハ!::::::::::!:}`ヽ/ /    lヽ、
         /^ヽ!::リ:、     ` ^  ノ´)/::::::::从ト{   /      | }〉、       本気で信じているのですかお前たちは!
     /    ソヾ{\  <ニ>' / ̄i ̄`)V  !         | l! lヽ
―- 、 /          ゙ 、 \/   ' / {<⌒′/ !       亅/ ! \
   V      ` 、    \/       }〈  / /  l     /,. -─‐-ヽ、
    !         ヽ,   丨        )ノ_   /   |l  / /         \
    l        {\  {    / /{_,ノ       リ / /
    i!       \ `、  亅   / _,. - '´          K,/     jL/
     !       \、 ヽ丨    「           !  / /  / /⌒〈

これは、指導層の党分裂に対する恐怖が表出した形でもあった。

304◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:34:18 ID:HJI1B/YA0


;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;lヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;f ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;y,〆〃~'''""~ ̄"'''<、′
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;( ヾ;;;;;;;;;;;;;;/::::::::::,__, 、:::::::::::::::::::::`~、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ ヾ;;;;;;;;/;;;;;/~    ヾ::::::::::::::::::::::/~
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;λ \;;;;(,〃       V::::::::::::::::::`‐、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ ゞy、     -‐  〈:::::::::::::::::::ξ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ f ̄`、_y-―~、`  λ:::::::::::::::ノ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(  ゝ-ノ~λ_  リ――ゞヾ::::::::ζ      誓約する!
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ | <、    ̄´    り-‐~/
_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;λl _      U /´  ,_ ゝ、.      党を分裂させるようなことはしない!
/~~ー-、_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!∥ ̄二`、  / ,/~´    ヽ
::::::::::::::::::::::^~⌒ヽ、__;;;;;;;;|,ゝヽ=ニ、)/,/~´       ノ    だから除名だけは取り消してくれぇ!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::^^~´ ̄`=、_//,==ニ、__   ノ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ‐----、___  `ーノ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー-/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ


結局、二人は「ソ連への無条件の忠誠、いかなる新党建設・党分断の願望を否定する誓約」を
行うことを条件に、除名を棚上げにされた。

           ____
         /:::     \
       /::::::::::     \      (これで党分裂の危機は
      /::::::::::         \
     |:::::::::::::::         |     当面回避できた・・・と思うお)
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/
   /::::::::::::            \
  /::::::::::::::          \ ヽ

305◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:35:05 ID:HJI1B/YA0


しかし、この妥協は闘争のいかなる緩和、終結をも意味しなかった。

夏の間中論争は継続されたが、党の分裂を恐れるやる夫とブハーリンは
トロツキーを粉砕するための決定的な一撃を与えられずにいた。


         ____
       /     \
.    /       \   (新聞上で反トロツキーキャンペーンを継続してるけど
.  / /) ノ '  ヽ、 \  連中、一向に降伏する気配がないお・・・
  | / .イ '=・=  =・= u|  以前のトロツキーなら闘うのを放棄して
    /,'才.ミ) (__人__) /  逃亡してたのに・・・)
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ

306◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:35:36 ID:HJI1B/YA0


しかし、焦燥感はトロツキーとて同じであった。


ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-=ニン':::::::,'::'::::::::::::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_、/:::::::::::::.:::::i:::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::_ェZ_,リ゙i::::::::::/i::::::i:::::::i!  . ‐、
"::::::::::::::::::::::::::/tニ::::::::´::,ニ-‐'i し'j /::ン:::ィjl:::::::!:!i::i i´ ,: .ン"j、、
:::::::::::::/:::::ン::ヽ!:::,::::::;:,'.   ヽ= '/´/Lソ,':::::::り:i ノ  i/  /  ,}、
""ヽ‐-、:/_/ン'7/i:::://           i ,'::::::,' 'ソ /┐,' ,i{、 ,r' ,_'ヽ     (くそ・・・
、、  ヾ、 ヾ.  !´ .l::://  U      ,. _,:' /:ハ::i ,rーY'7-、yゝ'ィ'ヽ ヽ  ヽ.
 ヽ   ゙:、 ゙,;    l::iヽ.        ,:'  ,: /:/ リ `ー//ゝ:' `ヽ、、ィ:ヽヽ=' i     このままでは
  ヽ.   '、 i',.  !:l  `::.、   ‐'"`゙¨´ヘ、|!    //      `i ゙'  i
   ヽ  ヽ.i ゙  リ  :::::ヽ、    , '´F====゙=ヲ      i    .i     ラチがあきませんね)
     `,  . ヽ!ヽ  ..::'''''':,',' ``'' ",r‐;fテ''j~ ̄ ̄ ̄ ,'      i    i
     ゙,  i  i ヾェ、_,ン ,' ; _,:r'´   '´-,    /        .i    .i
     i  i ,' ヽ、___,ン .ir'~´      ニ;―― '       .i     i


昨年からまるまる一年が経過した闘争は、書記局の強固な統制により
じりじりと反対派を追い詰めていたのだ。


            /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
         /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
           /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
         ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、        現状ではじり貧に追い込まれるのは
         /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、         確実です。
       /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、
            i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ        状況をひっくり返すために
          'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ        大々的な反撃を加えなければならない・・・
          'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、
              ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ       もはや大衆的運動意外にありえませんね。
            ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
                 リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                     ``ヽ、 //  〃         ヽ

307◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:36:20 ID:HJI1B/YA0


         ______
        r' ,v^v^v^v^v^il
        l / ─  ─ |
       i~^'   (・)   ・ |)      しかしトロツキー派の連中も
       ヽr    ⊂⊃   ヽ      往生際が悪りぃですね。
        l      |    |
    __,.r-‐人      3   ノ_    今度は中国問題で
   ノ   ! !  ゙ー‐------‐'"ハ ~^i   俺達の外交政策を批判しようってんですぜ。
    ヽ ! ヽ、_     _.ノ  i  \
   ヾV /              ! / .入



                   ___
                 /      \
               /_ノ   ヽ_   \
             /(●)  (● ) u. ヽ    まったく困ったもんだお。
               |   (__人__)        |
             \   `⌒ ´      /    なんとか押さえつけようとしてるんだけど
                /            \
           | ̄ ̄ ̄ ̄|~|       |    一向に負けを認めようとしないんだお。
.          /  |        | .|-、  ノ   |
.         //  (つ       .|と  ̄”     ノ

308◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:36:33 ID:HJI1B/YA0



   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ     民衆の不満が高まってるこの時期に
    )    Y    (
   /γ⌒     ⌒ヽ\     党の分裂をあまり露呈させたくはないんだよね・・・
  /  |         |  ヽ
  |   ヽ__人__ノ   |    だからあまりに過激な手も打てない。
  \     `ー'´     /

      ___
    /ノ  ヽ、_ \
   /(●) (●.) \      かゆいところに手が届かねえんだお・・・
 /  (__人_,)    \     役職も取り上げてるし、資金も断ってるし、
 |  l^l^ln ⌒ ´        |    このままいけば干上がらせることはできるだろうけど。
 \ヽ   L         ,/
    ゝ  ノ             それでも時間がかかりそうだお。
  /   /

309◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:37:23 ID:HJI1B/YA0



    /||ミ                /
   / ::::||___________/
 /:::::::::::||____           |
 |:::::::::::::::||,,,,,,,,,,,,,   ||        |
 |:::::::::::::::|||,,,★,,|]   ||        |
 |:::::::::::::::||´Д`)<            同志やる夫!緊急事態です!!
 |:::::::::::::::||  (    ||        o。
 |:::::::::::::::||  .⌒l   ||        O ‰
 |:::::::::::::::||  i |...  ||        _レ'
 |:::::::::::::::|| _/,イ   ||    .____.)(
 |:::::::::::::::||_ノ  | .   ||   |r- _ (_)- __
 |:::::::::::::::||   ヽ... ||   ||   - __    - __
 |:::::::::::::::||⌒\ \..||   ||   ||  -  ____
 |:::::::::::::::||   >  ).||   ||   ||    ||    |
 |:::::::::::::::||  / / .||....__||   ||    ||    |
 \:::::::::::||  / / ̄ ̄     ||   ||    ||    |
   \ ::::|| (_つ      \.....||    ||    |

310◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:37:59 ID:HJI1B/YA0



           ( ⌒ ⌒ )
           (     )
           (、 ,   ,)
             || |‘
         / ̄ ̄ ̄ ̄\
         l ∨∨∨∨∨ l
         |   \()/   |      てめぇ!!
         (| ((・) (<) |)
         |    ⊂⊃   |      ノックぐらいしやがらねえか!!
        | .| ⌒ \.l/ ⌒ | |
      / |. l + + + + ノ |\
     /   \_____/  \
   /   _              \
  // ̄ ̄(_)               |
  |ししl_l  (            |    |
  |(_⊂、__)            |    |
  \____/              |    |


           _  ノヘ
          f´[,|,★,,|]y )ヽ、
          (´Д`;/ / , ヽ、     も、申し訳ありません。
           |`ヽ/ / /`  )
           .し(、__/〉   ノ      なにぶん緊急事態でして・・・
                /   〈
               ノ  、  \
             / /^\  .\
            / / ,;ヘ_).\  \_____
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ (__,_/‐‐‐‐‐‐‐\____ (‐‐‐‐‐‐‐‐
                            \_)

       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●)( ●)\     いいおいいお、
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     (  (      |   とにかく報告してくれお。
  \     `ー'      /

311◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:38:35 ID:HJI1B/YA0



             ∩
                 | |
         ,,,,,,,,,,,   | |
        [,|,,,★,,|]  | |    はっ、
       ( ;´Д`)//
      /       /      モスクワ市内に反対派が集結!!
     / /|    /       反体制のシュピレヒコールをあげ
     | | .|    |       大規模なデモを行っております!!




          ____
        /      \
       /三_',!`zx二 \
     / ´ー¨‐` ´ー¨‐'' \
     |      (__人__)  u  |   は・・・は!?まじかお!?
      \U   ´ニニ`    ,/
.       /⌒/^ヽ、ー‐  ,ィヽ、
      /  ,ゞ ,ノ ゙⌒" ,  ゝ、    ガタッ!
     l /  /      ト/.\\

312◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:39:36 ID:HJI1B/YA0


1927年秋、トロツキーは大規模な街頭デモを組織した。
弾圧を強める政治局多数派に対して、民衆運動によって対抗しようとしたのである。
これはトロツキー派による権力奪取の最期の賭けだった。

             ,__
             l_<
             _|_
_           ,ェ._.ュ、
,,,,]||      ,,.-'"゛    ~''ヽ、
ニニニ,,!-z,,,,,,メ--────--丶、          /_|ヽ                 ★
-、,,,,_ .~"'''ニ==ェ,,--'''''''-------ヽ.._        |iiii|゙|.                    |
   `~"'―-,,,,,,|ニニニニニエエエェ,l,,,,|,,,,[ ]、       |;;;;;;|;;|.                 ,!!、
  人   人 `゚゙'''―v,,,,「  .|~゙---->...ュ,ュ__.、 .,i;ロ;ロ|;;|                 iiiii
  彡ミ  彡ミ  人   人゙'''ー-...,,,,_|  `゙''''「゙゙'''''..|∩-|iil.,,,                |||||
彡彡ミミ 彡ミミ  彡ミ  彡ミ  人 `゙"人-i、,,_,,,l;;;;;;;;;;;/;;;/z,,,__.             .|  :|     i
彡彡ミミ彡ミミ ;;彡ミミ.;彡ミミ ;彡ミ  彡ミ  人゙'''┐'| .|''i--zz;;;;;,,,,,.         |AA.|    ∧
彡彡ミミミ彡ミミ 彡ミミ 彡ミミ .彡ミミ 彡ミミ彡ミミ:::| .| .l'''―v,,,,,"'''i   _____ .A l゙| | |.|.A. .|ii|
彡彡ミミミ彡ミミミ;;;;ミミミ彡ミミミ彡ミミミ彡ミミ彡ミミ:::| .! ,|    `~"'ヘ-i、|ロロロロi''i_|ii| |ll,,,,,,,||ii|_./ .ヽ
彡彡ミミミ;;;;ミミミ ミミミ ミミミ;;ミミミ;;ミミミ;ミミミ::::| |  | 人人人  r‐┴── ┴┐゙゙゙゙゙゙゙゙゙ll-----トL,
ニニニニニニニニニニニ===============   |..彡ミ .r‐―┴――─┴-┴─--iL,、:::::::|゙゙゙|----- 

      vymyvwymyvymyvy     ザッ
ザッ    n_n,n_n、n_n,n_n、n_n,n_n、
      ∩_∩^-^∩_∩^-^∩_∩^-
  ザッ   ∩__∩ ∩__∩ ∩__∩ ∩__∩           新経済政策反対クマー!
         ∩_ ∩__∩ ∩__∩ _∩ ∩_    ザッ
     ∩___∩    ∩___∩ ∩___∩ ∩___∩   みんなも今の政府に
     | ノ      ヽ   | ノ      ヽ | ノ      ヽノ      ヽ   反対の声をあげるクマー!
     /  ●   ● | /  ●   ● |  ●   ● | ●   ● |
    |    ( _●_)  ミ |    ( _●_)  ミ  ( _●_)  ミ  ( _●_) ミ
    彡、   |∪|  、` 彡、   |∪|  、`\ |∪|  、`\ |∪| 、`\
   / __  ヽノ / / __  ヽノ /´>  ) ヽノ  / ノ //ヽノ /´>  )
   (___)   / (___)   / (_/_)   / (_/    / (_/


                  /::::!:::::ヽ:ヽ::::::::::`:::::::::ヽ:::ヽ::::::ヾヾ、
              /"i::::::::::::i゙_、:::::::::!\vヽ、:::::::::ヾ:::\
                 i:;::::l::',:li oヽ`ヾi. Y'o゙リ、:::::::::::iー=ヾ
                / lハ::::',i゙ー"   ′ ー" i:::::::::ヾ、
           rイ ̄'",ニ、!:::::i.    . .     ,':j::lヾヤ-、_     革命を殺そうとする輩に対して
         / |   l lサ!::iヽ   . --、  ,.イ::l!';:l    ,ヽ
         |〉 !   | l八゙! \  ̄ .ィ' /i! i '!   i i    我々左派の存在を見せつけてやるのです!
         /< ';,.   l | ヽゞャ-、`=ン _ソ, ! i    ,' ヽ
        〉ヽ-`' i!/``iー',  ``-ニ_--‐'ニ-' ,'  / i  / i i l   そしてこの運動を全大衆に拡大させましょう!
       /  ' , ,,,i'´!、 l- ヽ=- -‐-;'''´       l  , ' ,' .i
        /   ゙l i  'i j/  ,..-‐' ̄         ! /   |
      /     ll、ヽt,ケンェ‐'´            ,!'    .|
.      i┴、>ニ ン`''=ーン´ヽ             /ヾ!ー,-,ン.i
     リンニ--/    , '   ヽ           /  |、-‐'´  i

313◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:40:26 ID:HJI1B/YA0


この事態に、党指導部は恐慌をきたした。

          _ ,、-―- 、_
       , - ゙´       `ヽ、
      , '            `ヽ、
     ,'               ヽ
     i                 ',
     ノ          ノノ八 ,)  ヘ
     (     (( ノノ∠イ_ ノハ_リリソ
     `)     Y<;;::;;;;;:::;;;;`´;;;;;;;;;!ノ   まずいぞやる夫!
     フ   ,ヘ |ヽ;;;::;;;;;:::/ヘ;;;;;;;ノ
     ヽ  {Kノ ゝ`'''ー''′ , 〉 i     このままでは最悪の事態に
      ))  ヾト ヾ U       /
     ラ ( (ノレ \   ´  ̄ /      陥るかもしれない!とにかく緊急会議だ!
    ,イルゝトミtr、. >u __/
   ノ::::::::::::::::/:.:.:.ヾクハ_入くヽヽ_,,、-ーー-.,、
,、-<::: ̄:`ヽ;/:.:.:.:.:.:.:.ヾtfー┬イ:.|ヽ;:ヽ:::::::::::/ヘ、
、:.:.:.:.:.:`ヽ;::/:.:`ヽ;.:.:.:.:.||:.:.:.:|.:.:|.::|トヽ:.:ヘ:::::/:.:.:.ヘ



                _ --― - 、
             _,__'´    \     `ヽ、
            (´  ,)  (´ ̄ `)     ヽ
            / ̄     ̄ ̄      i
             ,' l、_人  ノ         l     あばばばばばばば
              i    l .l  ̄  ,    u   l
             ヽ  l l    /       /      えらいこっちゃえらいこっちゃ!!
             `.l、_ノ__        /
                  `l        `、
                  /       ヽ、
              __/     _/    `ヽ、
                `ヽ、_/l  <_/     l
                      l              l
                   ヽ、        /
                     `l   _,-   /
                        l   /  /
                      / ./ヽ、〈
                      ̄    `

314◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:41:19 ID:HJI1B/YA0


やる夫とブハーリンは、この街頭デモを党に対する裏切りであり、違法な行為だとして断罪した。
そしてそこには、今までのトロツキーに対する注意深い慎重さは消し飛んでいたのである。

                     . - -=-- 、_
                . : ´             `ヽ.
               /                     ',
                 j                     ',
                  /           i | !     ',
              .:      {{彡イノノノ ハソ ハ  i
                 {    {   从////////ハィ//ハリ }
                i    乂У ∨//////∨////ソノ
                 乂    い Y `ー "´   ∨/イ′    このような扇動行為は
              彡   Y从ミ        '"´ 7
              八   ミ、      ⊂ニ7 /ミ      ソヴィエトに対して
              い   У ヽ     ー  /ハ
                ゞ==リノ、、  > 、   /ノ        打撃を与えようとする反動的行為に他ならない!
               /:::::::::/:.:.:.:.:.:.≧x、、_ ̄彡、、
                 /:::::::::/:.:/  ` '・<: : |!:.:.:.:|:.:.|
  _ ...... _     ..<`::::::、/:.:/ ☆ ☆ ☆ 〉:|!.:.:.:.|:.:.|


        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\        もはや看過できないお!
     /    (__人__)   \       反ソヴィエト分子には
      |       |::::::|     |       徹底的な取り締まりが必要だお!
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i    _             _
   /          ヽ !l ヽi   | l [l] | ̄| /l    | |
   (   丶- 、       しE |そ  | 二l  ̄/ [][]∧.|_|
    `ー、_ノ      ∑ l、E ノ < |__|  | ̄/ <_/ <>
               レY^V^ヽl

315◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:42:01 ID:HJI1B/YA0


【補足】


     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ         ★  ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミ
    /  ./ /      l ト、\      やる夫達にとって、
   \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',     会議や大会において
     l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !     反対票を投じることと、
     l | l | ┬::cr / / ┬c」 |     街頭に繰り出すこととは
      l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /     まったく別の問題でした。
      l | l l⊂⊃‐       ‐⊂/
      ! | |ヽ|        -   リ
      ! | lゝ、          /|
      ! | |::::::::::ー┐ r‐:::イ:l. |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !


     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ    党内論争を公衆の面前に持ち出せば
  /  ./ /       ヽ\ \   反ソ主義者や不満を抱く労働者、
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/   ありとあらゆる不平分子が
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !    党内の摩擦を利用して
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||     体制を脅かすおそれがあったからです
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|
       l \     _    ,/ |
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!

316◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:42:55 ID:HJI1B/YA0


          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,       つねにボリシェビキは
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_    少数派の独裁政党でした。
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ   多数派の支持を得ない彼らにとって、
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ   身内の対立が外部に漏出することは
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/   何事にも代えがたい恐怖だったのです。
         | |{i t    _     / |
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |


   (.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:;:、;:;∠二:.ヽ`ヽ.:.:.:.:.:.:.:∟、
    ):.:::.:::.:::.:::.:::.; '´ //〈.:.:.:.:\ \.:.:.:.:.:.:.::ヽ-へ
  r''".:::.:::.:::.:::.:::/ / / / ハ `ー‐┐\ ヽ:.:.:.:.:.:.:ノ=ニ):\
  { ::.:::.:::.:::.:::.; ′  /      |   {_:.:.:.ヽ ヽ:.:.:.(二`V/^):、
    ̄つ.:::.::/   / ,′    |    |  ̄ヽハ. i.:.:.:.:.`i!ヽ.!_/:./
   (:.:::.:::.::!l!  l  i      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ
    `7:.::|l|  | ハ      ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |      政治の問題を
      ヽ|H  | | l__,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| |
       |l!ヽ. 代「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 !      党の縄張りの外に持ち出すことは
        |  l N. r=-、.ヽ/ソ .r==_レ'´// |/  | |   |
        |  ! |l |弋::リ   弋::.リ .1  |    | |   |      絶対に許されない大罪だったのね・・・
.      | ! |lハ   '_   """ ノ!|   .|    | |   |
.      !.| | l/:ヽ// )、_ ,.< _|!  .|ヽ   | |   |
        !/ | 〈.:.::{   '´ /〉;:;:;:;:;:;:;//|  .|:.:.::', l l   |
       | /.:.:./ |    /ニ、;:;://;:;! 、|:.:.:.:.:L_! .!  .|
    _,.∠=ニ〈::.ハ .ト、   ノ:;:;:;:;:;:;:〈〈_;/|  ヽ:.:.:.:.:.:.Ll!  .|
    `ーニ二_‐|.:.:<.:.:.:.:.:.Y.:.Y.:.:.:.:.:.:ヘ V:.\ \:.:.:.:.:.{!  .!
      |_>'i.:.:<.:.:.:.:.:.Y.:.Y.:.:.:.:.:.:.ハ V:.:_>- ヽ.:.:.:.}  .i

317◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:43:39 ID:HJI1B/YA0


       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ;==============゙ミ
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k     その通りです。
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|    トロツキーの行動は
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|    もはや論争の範疇を越えて
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |    国家転覆につながる
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|    叛乱だとみなされました。
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |    これ以降、やる夫たちの
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ    最後の抑制が解かれてしまいます。
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /

【補足終わり】

318名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 22:43:46 ID:Ibt5kaIY0
反対派は虎の尾を踏んじまったな

321名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 22:44:30 ID:9qcIrzm.0
内部の争いに外部の力を入れようとしたら怒るわな。

322名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 22:45:40 ID:kkDi5ais0
内部の対立が外に知られないように抑えてたのをトロツキー側のほうから外に出したわけだからな
そりゃ抑えもなくなるわw

325名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 22:46:34 ID:lAKk0Ygs0
最後の賭けってだけはあるな

319◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:44:00 ID:HJI1B/YA0


  イ    l l  /,! / l;;`Tヲ´  /,ヘ
 リ    l l! ,! l /  l;;;;;;;;l   ,リ′\
  j  ィi ノ/ ,イ //   |;;;;;;;l   f'    ,>
  ll / ,! /,f ハ//   |;;;;;;;!   l  イ´
  リ〃!/イl /゙Y/i!   |;;;;;l!    _,,._,〉
  !/i/〃ll / 〃    !;;;ノ  ー ''´ ,,j      さて・・・
 レリ//ハLイ`i !    l;;/      |
  川'ノ ▽ fil!  `丶!;ト;;-;ァ::,,_,ノ
  ▽‐- i、 _▽    l;! ,ィイj
  /     7ヽ、、 jLf/ ▽

320◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:44:25 ID:HJI1B/YA0


        ,. -- 、、    __
      /, .:'"⌒ヾーァty'´::`ヽ
   -‐ァ'/::::::::::,ィ:、:Y;.::|;、:::::::::::',、
   /' /::::::::::/ ̄`リ::/`''i::::::::::l ヽ
  ,イ ,ィi:.:.:.:.:./_     l:ノ   !::::::::::l ハ
z彡ィ'/ !  /、`ヽ /,..-―|::.:.:.:.::!  |
 イ/ ,j|:.:.:.ィ;ミiヽ`//.:,==l: :.: .:!.  ':、
 /l ,イ,'::::/ ̄´/ ,'   、fti   /// r\
 ´レイlノ:::/     ;.:.   `7:.:.:.:/,'./イ :.  ヽ
  彳lメ:ノ     丿:  /:::::::イ//彡| ∧
 /l/イト、 ヽ――- 、_ /:::/l// /イル'!ヾ:.     いよいよ我輩の出番、というわけだな?
△イ「l/リl>、 `` ニニ ‐ シ//,イイハ从 | リ
  ▽ /ル'|i\ ゙"゙ /:/,.ィfテ八l>/レヘ !
    ▽ リ| ` ―△'´/|▽    ▽
     _/    '´_∠ ┴z_    '′
    /く彡'´Lr‐ '´ __,、   人
  ,-‐{/|   /_,. - '´  ,. -'´:.:.:ゝ、
. | // / ,'_,. -彡'":.:.:.:.:/:.:.:.:` ̄`` 丶 、
. リ ,' /i  !::::, -'´:.:.:.:.:.:./、_:.:.:.:.:.:.:.:.:.,. -‐ヽ
. / / ,/::| ,l/:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:`>‐ '"´:.:.:.:.:.:.'、
/  ,'/::::l/:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:, - '´:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
  ,:'l::/⌒!:.:.:.:.:.:.:.:/:,. - '´ ̄):.:._,. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
  /:,ン:;:;:;/--―ッ'":;:;:;:;:, -'´ィシ'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:rイ
 ,'/:;:;:;:;/'"´>'´:;:;:;,. ‐ '´,イシ'´:.:.,. ´ ̄):.:.:.:.:.:.:.:.ヽヾ!
.;イ:;:;:;:;'´,. '":;:;:;/:.:.:.:.:ノ/∠ン:;:;:;/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ|
':;:;:;:;/'":;:;:;:;:;:/:.:.:.:.:,.ィ彡:'":;:;:;:;/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、、:.:.ヽ
:;:;/:;:;:;:;:;:;r',. --―:;:'":;:,. -‐',. '⌒):.:.:.:.:.:.:.:.:丶丶::::::〉
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:__;: 彡´:.:.:/:;:;:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヾ:〈
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`` ‐ 、_:_:.ノ:;:;:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾヽ

323◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:46:12 ID:HJI1B/YA0


もはや反対派の弾圧に、いかなる躊躇も存在しなかった。
秘密警察が公然にも非公然にも大々的に動員され、ありとあらゆる場所で反対派を迫害した。



                      _____
                    /
                    / おい!>>1が反動的発言をしたぞ!!
                  ∠
            [|,,,★,,|,]    \_____/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           (  ´Д`)  ,-っ      | そうか!よし!思想修正だ!
          /⌒ヽ/   / _)       \
          /   \\//           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          /    /.\/         ‐=≡   [|,,,★,,|,]
         /   ∧_二つ        ‐=≡   ( ´Д`) ハァハァ 待ってろよ~
         /OGPU           ‐=≡_____/ /_
        /    \        ‐=≡  / .__   ゛ \   .∩
       /  /~\ \      ‐=≡  / /  /    /\ \//
       /  /   >  )    ‐=≡  ⊂_/  /OGPU  .\_/
     / ノ    / /       ‐=≡    /    /
    / /   .  / ./          ‐=≡   |  _|__
    / ./     ( ヽ、          ‐=≡  \__ \
   (  _)      \__つ           ‐=≡ / / /
   . ̄         ``)         ‐=≡  // /
               `)⌒`)     ‐=≡ / | /
                ;;;⌒`)    ‐=≡ / /レ
               ;;⌒`)⌒`)‐=≡ (   ̄)


集会は攻撃され、破壊された。
メンジンスキーの力が如何なく発揮されたのである。


      ,:':::::::::::::::/`゙゙"!、::l    \:::::,:''゙
.     /::::::::::::::::/    ','' ',     \
     〃:::::::::::::::′   '!:::i,    ,, -‐ヾ´,
    ll::::::::::::::,'      ';:::i,  ,ィ'"   ヾ:
     ll::::::::::::.,' -―‐- 、 'i,:'!  ゙ ,. , -‐,,z=
.    l!::::::::::::!   ._,,,_' ,ヾi,:i,   シ',r'"{:.`''′
    l|l::::::::::::l , z,=r;;テミ、', ゙li,   '゙ _,,`ニ
    ゙il::::il ',:::l '´ ヾ.゙''゙ノ   '! ':,          あて・・・
    li,''゙ ゙' l `' == ''"  l  丶
     lト,、',, :'i,          l            さっさとダニどもを叩き潰して
     llゞ:::::::::',         l
     llリ>、::::::',      〈 _ _          ペルシャ写本の研究に戻るとするか。
     ,!jノ ヾ:::::',、       ``"    _,,
     l/   ヾ:::::'iヽ、   _,,. -― '' "´      これでやる夫も満足するだろうしな。
         ヾ::ヽ',丶、 ´  、,,,,,. .:
          丶ヽ'i、丶、
           ゙i,:i,ト、'i l`iヽ、    , ィ′
           、┴i,ヽlハ',i ` ‐-‐ '",/
            ヽ'7 <ラ ',i,     //
             ソ / ,-tL、  , -''"

324名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 22:46:20 ID:c4qSLQ3w0
トロツキーは圧倒的大多数の人民労働者のプロレタリアの党と考えていた
やる夫は少数の人々による支配だと分かってたということ?

326名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 22:47:20 ID:L67EHlGY0
共産主義の建前として、
「指導者は常に正しい。だから農民は黙って指導に従うように。」
というのがあるからな。
深刻な対立が起きている事が漏れれば、根幹を揺るがすことになる。

327◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:47:40 ID:HJI1B/YA0


ついで今まで見逃されていた反対派のどのような意見表明も許容されなくなった。
新聞各紙は一切如何なる論文の掲載も拒否し、印刷所はパンフレットの製本を拒絶。



    お断りします
        お断りします
            お断りします
      ハ,,ハ ハ,,ハ ハ,,ハ ハ,,ハ
     ( ゚ω゚ )゚ω゚ )゚ω゚ )゚ω゚ )  お断りします
    /    \  \  \  \    お断りします
  ((⊂  )   ノ\つノ\つノ\つノ\つ))   お断りします
     (_⌒ヽ ⌒ヽ ⌒ヽ ⌒ヽ       お断りします
      ヽ ヘ } ヘ }  ヘ } ヘ }
  ε≡Ξ ノノ `Jノ `J ノ `J ノ `J



反対派の人間が大衆の目の前で意見を「発言」すること自体が
ソヴィエトにたいする攻撃と断定されるようになった。

328名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 22:47:42 ID:S2U1DmYc0
この光景、どう考えてもロシア革命を誰しも思い浮かべちゃうよね。
しかもボリシェビキは控えめに見ても帝政ロシアほどの支持受けてないし

329名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 22:49:17 ID:sCRetO/.0
そもそもレーニンはボリシェビキを「少数精鋭の前衛党」としていたからな

330◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:49:29 ID:HJI1B/YA0


トロツキー派がチラシを作成することも内乱を扇動する犯罪とされた。

秋、トロツキー派の地下印刷所が摘発され、関係した12人の党員が逮捕。



タイーホしたぞ!/              \ 謝ってもダメ!
 ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄  ゴメンナサイ ヤラナキャヨカッタ  ̄∨ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧       ∧_∧   ∧_∧   ∧_∧
 ( ´∀`)      (・∀・ :) (・∀・ :)  (´∀` )
 (つ ☆ つ ―――⊂-⊂―)-⊂-⊂―)―⊂ ☆ ⊂)
  | 警察 |       | | |   | | |    |.警察 |
 (__)_)     (_(__)  (_(__)  (_(__)


プレオブラジェンスキーも関与を認められ党から除名処分にされてしまう。
著名なトロツキー派の党員が除名させられたのは、これが初めてであった。


        i|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::/7゙/ー‐-ヽ:::::ト、ヽ、:::::ヽー、 ヾ、._:::::::::::::::::::::|::::i::::l::|:::::::::|i
        !|:::::::::::::::::::::::::::::::::::/イ-'"´_`ヽ、::.. ゙、::::l ゙ヽ、゙ヽ、ヽ,.-'"´_`丶、_:::::::::::l:::::|::::l:|::::i:::::l !
       l |::::::::::::::::::::::::::::::ノ< ( (::::::) )::::::.. ヽ、゙、 `..:::::゙ゝ {'(:::) ) ゙>''ヽ、|::::i|:::||::::|!::::| |
        | i:::::::::::::::::::::::::::l' / ゙ヽ、`‐-'"ノ::::::  ..::::ヽ:ヽ ..:::::::ヽ. ヽ-‐" _ノt  `l:::::l|:::l|::::|l:::::| l  なんで私が・・・
        ! |:::::::::::::::::::::::::::|ノ ..:::::::`゙¨"´:::::::::::::::::::::::::::::゙v  :::::::...`゙ ̄"´``...   l:::::l|::::|::::|i:::::::i !
      l !:::::::::::::::::::::::::::i   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    ::::::::::::::      |:::::l|::::|::::l|:::i::::l |  自分達の意見を
      ! |:::::::::::::::::::::::::::::|    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                i:::::ll::::i:::::l|::::|::::| i
      | !:::::::::::::::::::::::::::::i          :::::::::::::::::              l:::::i|::::l:::::i::::∥::l l 印刷する権利くらいあるはずでしょう・・・?
      l |:::::::::::::::::::::::::::::`l           :::::::::::::.               /:::::::!::::|:::::|l::::i|::::iノ
       !::::::::::::::::::::::::::::::::::i            ‐、 -            /:::::::::|::::l:::::::l::::||:::::|
      |::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙、             ....            /::::::::::li:::::|::::::il::::l::::::|
       |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ         .-二二‐、         /::::::::::::l|:::::i:::::::|::::i|:::::|
       !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、       ‐──‐          ,イ:::::::l:::::::i::::∥:::::l:::::|:::::|



それでもトロツキーは諦めなかったが、冷たく巨大な官僚機構は
着実にトロツキーを押しつぶそうとのしかかっていたのである。

331◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:50:29 ID:HJI1B/YA0


トロツキーはコミンテルン執行会議で2時間にわたりやる夫を批判。

.  /,/;:;:;:;/;:;:;/;:;:;:;l;:、;:;ヽ;:;:;:;:ヽ;:;:;:ヽ;:;:;\;:;:;:;:;:;l;:;:;:;:;:!`'\
 / l;:;:;:/ //;:;:!;:;:;ヘヽ;:;:;:;\;:;:;:\;:;:;\;:;:ヽ;:;:;:;:!;、;:;:|
./ /;:;:;/ //;:;:;:|ヽ;:;:'、;:;\;:;:;l;:;ヽ;:;:\;:;:ヘ i',:;:;:;| ヽ:;:;i
  |;:;:/l;:l/;:;:l;:;:!ヽ\.\;:;:\ヽ、\;:;:\ ', | i;:;:;i':,::\|
  | /;:;:/l |;:l;:;:| i´ f::::j 、\;:\ ,rt:::j フl .! |ヽ:! !;:ヽi\
  | ヽ/ |、ヽヽ { `=‐' ヽ|`ー ゝ`ー=' l ! |;:;:;l !ヽ\- ゝ    革命の墓堀人!
  |  |;:;l ヽ\ ヽ                / | i;:;:;:!.|:;::|:;:!
     |;:;l |\ヽ_,ゝ     i         / ,! :;:! !;:;:l;/       不当にも自由な議論を
     | ∧ |;:;:ヽ' 、      ` ´     /|/ l;:;:;ヘ;:;:i
     |/ ヽ ∧ヽ,\  ‐‐---‐‐   イ/;:;:;:|;:;:/ ヽ!.       弾圧し、党内民主主義を
       |/ |∧| \         / .| / l/;:;:l
         |'  l   ヽ、   /   l'/ ヽ/          ないがしろにするアイツを、
              l     ` ̄´    l、
         ,. '´            ヽ、_            なぜあなたたちは野放しにしているのですか!
   __ ,.. '' ´   ヽ          /   `'ー- ..__
-‐ '´ {´        ヽ       /         `}  ̄ 'ー- 、
    ヽ          ヽ       /          / /     ヽヽ
  ヽ  \                         / /       | ヽ

332◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:51:09 ID:HJI1B/YA0


しかし、逆にトロツキーは圧倒的多数の賛成でコミンテルンから追放されてしまう。
トロツキー追放の反対票はわずか2票だった。



パッ   パッ   パッ    パッ   パッ    パッ
 [追放]  [追放]  [追放]  [追放]  [追放]  [追放]
  ∥∧∧  ∥∧∧ ∥∧,,∧ ∥∧,,∧ ∥∧∧  ∥,∧∧
  ∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)
   (    ). (    ). (    ) (    ) (    ) (    )
   `u-u´  `u-u´   `u-u´  `u-u´  `u-u´  `u-u





           . ィー- 、
          f      >-、
           .′、_     ア¨¨⌒〉
           .′  }`ヽ_、 { .rr ^´
           .′ x〈     ヽ_ヒリ
、、、      ./ 彡'´〈
::::::::'┐    /  /.ヽ|
、:::::::::ヽ__.イ ヾ、.L -{
. \:::::::::::  f¨7   ニハ
.  ヽ:::   ト{ > ´¨ ̄!ミY
   ^ヽ  >f     ヽ }、
.     `¨´ ハ      >' |   x_ー.v、
        ゝト-- ¨¨´ _.戈¨¨´  _.り
        、Y{、       __}ー ´
        ミ.ハ  . -‐ ´
         ,∠  r ´
   ,、_, - ´_ノ/
   ゝ.. -'´ ¨´

333◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:51:47 ID:HJI1B/YA0


さらに反対派を非難し、彼らの指導者を除名するよう要求する大衆集会が各地で組織された。



 \\   反ソ分子を粉砕せよ!! 反党分子を除名せよ!!   //
 ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,, ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,
ミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミ.ミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミ..ミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミ
(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)
(”:::”)(”:::”)(”:::”)(”::”)(”::”)(”:::”)(”:::”)(”:::”)(”::”)(”::”)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,, ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,, ,,,,,,,,,,,
ミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミ.ミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミ..ミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミ
(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)
(”:::”)(”:::”)(”:::”)(”:::”)(”::”)(”::”)(”:::”)(”:::”)(”:::”)(”::”)(”::”)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
        ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,, ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,, ,,,,,,,,,,,
       ミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミ.ミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミ..ミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミ
       (#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)
       (”:::”)(”:::”)(”:::”)(”:::”)(”::”)(”::”)(”:::”)(”:::”)(”:::”)(”::”)(”::”)
      | ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|


トロツキー派の著名な党員は片っ端から辺境地方の役所か、
国外の名ばかりな外交職に次々と飛ばされていった。


       ,,,,,,,,,,,,          
        [|,,,★,,|,]  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ( ;´Д`)< すいやせん、超特急でシベリアに送りますから~~!!
  -=≡  /OGPU ヽ \__________
.      /| |   |. |     
 -=≡ /. \ヽ/\\_  
    /    ヽ⌒)==ヽ_)=   [|,,,★,|] 
-=   / /⌒\.\ ||  ||   (;´Д`)
  / /    > ) ||   ||  ( ∪ ∪   
 / /     / /_||_ ||  と_)_) _.
 し'     (_つ ̄(_)) ̄ (.)) ̄ (_)) ̄(.))

335◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:52:37 ID:HJI1B/YA0



           /l     、
         / |,,_   / l
        /   :::::::~-'  l
       /   ::::::::::::    l
       /  「●」::::::::::::::  |    まずいぞジノヴィエフ!
       l   :::::::::::::「●」  |
      | U ::::::::lゝ::::::::::  |    奴らは本気で我々を潰すつもりだ!
     l   ::::::::::::::::::::::::::  |
     |  ::::::::::::::::::::::::::::::::  |   このままでは何もかもおしまいだぞ!



          ,  -─ - 、
       , -'´     l、   ` 、
     /       ノ ヽ    ヽ
    冫  ノ彡,ィ/  u ヽ.   l
     7  l       _,. l!   l    あわあわわ慌てるような
     レ'、r l=-、;__,r-=、_ l,_  ノ
      ヽlー─'l  ー‐' `lノ /     じじじ時間じゃな無いななな
       ',   `   U /,ノ
        ヽu -─-  ノi'
        lヽ、__ / _l、
     _,r '゙|ニ= 、 , 一' ´ ,ト 、 _
-‐'.´ ̄/;;;;;;;;|>/ヽ二二´ノ;;;;;;;;;;;;ヽ`'';;;;
;;;;;;;;;;;;<;;;;;;;;//l  :: ヽ /;;;;;;;;;;;_ - ';;;;;;;;
;;;;;;;;;;/;;;< / /   ::. ヾ;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;

336◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:53:47 ID:HJI1B/YA0


カーメネフは舞台裏で妥協的な接近を試みたが、これは侮蔑的に拒絶されたという。


           ,.-、
   /フ   /`i /  ヽ
    i i   /  レ'    ヽ
.   l l  / _   ,r-;、  ヽ       まて!話し合おうではないか!
   .! ! ./<{ }〉 `'ー'.'   i
    ! i /.  ̄ヒフ  u     !      我々もトロツキーとの連合は
.   ヽヾ          ヽヽ
    ヽ       し   i'、ヽ    本心ではなかった!
    l            |. i. i
    |              l l. l    党の分裂を阻止するためにもここで
.     i           l.  l l
     i           l.  l l   和解しよう!



     ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ ))
   ((〈● ノ\   /\ ●〉
      ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ    はっはっは!
        )    Y    (
     γ⌒γ⌒     ⌒ヽ⌒ヽ    自分で掘った墓穴は
  ((  |   |          |   .|
((   ヽ ヽ__人__ノ  .ノ    自分で埋めたまえ!
      \ .  `ー'´    /

337◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:54:30 ID:HJI1B/YA0


そして中央委員会では、ついにやる夫自らがトロツキーとジノヴィエフの追放を主張。


               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /:::\:::/::\.   |   |    反ソ分子である
   / <●>::::::<●>\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l    トロツキーとジノヴィエフを
  |     |!!il|!|!l|      |  /
  \     |ェェェェ|     //      党から追放せよ!!
  / __        /
  (___)       /

338◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:55:22 ID:HJI1B/YA0


            ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
この提案は投票にかけられることすらされず、問答無用で採択された。


                   ,,,,,,,,,,,
                  [|,,,,★,|]               総会は
                 (__・∀・)               トロツキーとジノヴィエフの両名を
                /´~ V:V~ヽ              本委員会から追放することを
            __/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\__   決定した!
            |   | |                  |  |   |
            |   | |                  |  |   |

      ,..-‐-- 、、
    ,ィ":::::::::::::::::::;;;;;:ii>;,
   /:::::::::::::::;;;;;;;;iii彡" :ヤi、
   .i::::::::::::;:"~ ̄     ::i||li
   .|:::::::::j'_,.ィ^' ‐、 _,,. ::iii》
   .|:::i´`   `‐-‐"^{" `リ"゙    ま、まて!まってくれ!!
   ヾ;Y U   ,.,li`~~i
    `i、   ・=-_、, .:/      投票はどうした!!?
       ヽ u   ''  :/
       ` ‐- 、、ノ

           /{::|:\:::::::\.:.:.:\.:.:.ヽ::.::.ヽ:.:.ヽ::::::::::.:.`゛ー- ..,__
: 何 :    /:|::',:ト、::::::ヽ、:.\:.:.:.\:.:.ヽ:.:.:\.:.:.:.:.:::.:.:.:.:::.::::_;:-'´  : : :
: が :   //:/:::|::',|::'、:::::::::\:.:\.:.:.ヽ:.:.:\:.:..\::::::::::::\、::::\   : : :
: 何 :  /!::|::l::::/|:::l:ヽ:\::ヽ:.:\:.:\.:::ヽ:.:.:ヽ:.:.:.:\::::::::::::\ ̄.   : : :
: だ :  |/l::|::|::|:ト、:::::::::、、:ヽ、:.:.:.:::::::::::::::ヽ::::.:ヽ:.:.:.:.\:.:.:.ヽ:::\    : : :
: か :  |::|::/l::|::|r‐ヽ:::::ヽ(ヽー,―\::::::、::::::::::ヽ::.:.::::::.:::::::ヾ. ̄.   : : :
:    :  }//l::|:::|{(:::)ヾ、:::ヽ \!(:::) ヽ,:::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、  : : :
: わ :  |/l::|::|:::|ヽ==''" \:ヽ、ヽ=='" |:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::\
  か    / ',|::|:::|   /   `゛       |!::::::::::::::::::::::::::::ト、::ト、_` ゛`
  ら      l::!::::ト、  '、 _         ||::::::::::::::::::::::::ト:ヽヾ| | ̄ ̄ ̄`ヽ、
  な    r'"´||',::::',                 |:::::/l:::::|\:::ト、ヾ | |     / / \
  い   /   ll ',::', 、 ーこニ=-       /!::/ ヽ:::|  ヾ、  ノ ノ  /  ,イ   ヽ、
       ,'    |  '、:, \ --       ,. '´ |;'  l ヾ、.   //     / |    l: l
      |   |!  ヽ;  ヽ       /.:    i!  /   ゛// |l      / |      | |



この時点で、事態はクライマックスへと向けて急加速し、収束していたのである。

339名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 22:55:29 ID:S2U1DmYc0
クロンシュタットで自分らがなにをやったか考えれば、こうなるのは簡単に分かるだろうになぁ

341名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 22:56:43 ID:L67EHlGY0
まあ、投票にかけた所で結果は変わらんかっただろうが、
投票すらしなかったのは、やはり異常だな。

340◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:56:22 ID:HJI1B/YA0


引き続いて開催された中央委員会は、トロツキーとジノヴィエフの処分を
ボリシェビキ党そのものからの除名・追放処分に引き上げた。



       ノ L____       )
       ⌒:::\:::::/::\      ヽ はい終わった!今きみの党員人生終わったよ!
      / <●>::::<●>\       )
     /    (__人__)    \,   `v'⌒ヽ/⌒ヽ/       ,. ‐- .. _
     |       |::::::|     |                  /  __  `` ー- 、
     |       |::::::|     |               , ィ/   ゝヽ ̄ヽ ー- '
     \       l;;;;;;l    /"             _ / { {ヽ、_   ヽ' ノ_,.〉
       \    `ー'    \_ -ァー- 、_ ... -‐ '    ヽヽ、 `>、..ノ=┘
       /j >-‐ ' ´/ /   /    /   _ノ      \ `ー '!
   , -‐ 7´/{⌒|  / _/   j                  >‐'
  / / //| 〉‐f/ \'    !   ´
 / ,' > .|/ レ   ゚ノ

            ,.,,,.--;;,.、
          ,.-':::::::::::::::::::\
         j';;:::::::::::::::::::::::::::::ス 目がぁ、目がぁーーーー!!
        l':::::r',l,.,っ:;-;:::;:(゙ 、;、
         l:l'j -' l/,''-ァ- y lぃ
.         ゙l   ′' /j''゙l  ,l'  ,.-、
.       ,.......゙,   ,''ニ__;.l   ゙y 〉::::::`:::::-::、
      /::::ヾ 、 ,ィ'゙-- ' ,゙-、 / /::::::::::::::::::::::::`:::-
     /:::::::::::::::,ィ゙ - 、=,ッ''l:::゙、ケ入::::::::::::::::::::::::::::::::
   r'ス::::::::::::::::::/:l゙ -ッ=---、:::::゙l,;;;;;;;;` -、::::::::::::::::::::
  ,l'::::::::::::::::::::/:::::::゙、,j::::::'.:ヾ.:.:.`.、:::::` :y;;;;;;;`::-、:::::::
,./::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;j::::::'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙、::::::::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/:::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,l::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:- イ:::::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

/::::::::::::::/!:::ヽ::::::::::::::::::::::::::!:::::::`ヽ、`ヽ二ニニ==‐‐--、__:_:::::::::::::::`゙‐-、__:::::::::::::
/::::::::/:::::|!::::ヾ、::::::::ヽ::::::::::i`゙‐--、_ヽ∠´ ̄ ̄ ̄ ̄`゙`ヽ、,,_`゙ヽ、ヾ‐、_:::::::::::`゙‐-:
'::::イ/:::::::::::i !:ト::ヽ:::::::::::ヽ:::::::::l    //`‐゙ニ=‐ __       `゙ヾ、, ゙!::`゙‐ニ=‐-:::::::::
:/::ソ::::::::::::::ハ.l! !:::l!::::::::::ヽ:::::::::ヽ   //    r'´(;;)゙)      /ツ'' |:::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::/:::ハ ト、:\ヽ:::::ヾ、::::::ヽ. | !    `‐-‐"     /彡" U !::::::::::::ハ:::::::::::
::::::::::::::::/::/___ ヘ ト、::::::ヽ、::::::ヾ::::ヽ::ヽ|           /彡''    |:::::::::::| !:::::::::   こんなっ
::::/:::::::/:(´r‐‐ヾ.ヾト、\::::\::::\:::\ゞ、,,_     __,,. '"彡"     |::::::::::i  |:::::::::
/!:::::::::|::::V;}  / |! \ヾ::::ヾ\:\:::\ヾ、ー‐--‐''"彡''        |::::::::|   !::::::::   こんな不当な決定には!
/::::::::::i:::::{;ij/      \::::::ヽ、\:::::'::ヾ、≡=三彡           |::::::::i  |::!::::
〃:::::r‐''´          \:::ヽ.  ゙‐-、_ヾ、              |::::::/  |::|!:::    断固反対します!!
|!::|:::::|              ヾ、      ` ̄          i     |:::/    !:|i:::
li::|::::::ヽ、                              l !  |:/    |:!|:::    いったいなぜこんなことが許されるんですか!!
::::|!:::::|::lヽ、   ー‐-、.                       し'  ,リ    |:i|::::
::::|i::::i::::|  ヽ、    ゙       ヽ.                   |!    |:l|::::
ヾ|!::::i:::::l   `!           ヾヽ、_                      |:|l::::

342◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:57:09 ID:HJI1B/YA0



      うるさい!だまれ裏切り者!
 ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,, ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,
ミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミ.ミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミ..ミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミ
(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)    国家転覆を企てた犯罪者め!
(”:::”)(”:::”)(”:::”)(”::”)(”::”)(”:::”)(”:::”)(”:::”)(”::”)(”::”)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,, ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,, ,,,,,,,,,,,
ミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミ.ミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミ..ミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミ
(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)      そいつを党から追放しろー!!
(”:::”)(”:::”)(”:::”)(”:::”)(”::”)(”::”)(”:::”)(”:::”)(”:::”)(”::”)(”::”)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
        ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,, ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,, ,,,,,,,,,,,
       ミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミ.ミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミ..ミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミ
       (#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)
       (”:::”)(”:::”)(”:::”)(”:::”)(”::”)(”::”)(”:::”)(”:::”)(”:::”)(”::”)(”::”)
      | ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|


             _____
            __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ
           /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
         ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::::::::\
    / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::::\     じょ・・・除名・・・?この私が・・・
   / /  /|::::| U ,   | ゙='':::〉:::::::::::::::::\
   |  /   | |:::;|   _ ^     :::/::::::::::::::::::ド、!
   |      レ:::! ‘、_j   u  /:::::::::::::::::;ヘ| \     誰のおかげで内戦に勝てたと思ってるんだ・・・!!
  /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W     \
 /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'     >  \
/    |      \_____/レ´   //    ヘ ふざけるな・・・こんなことが・・・!!

343◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:58:14 ID:HJI1B/YA0


1927年最後の月、第十七回党大会が開催され、
総勢90名の「異端者」を党から追放することが決定された。



    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |  本大会の決定を発表する。ラコフスキーは分派主義的行動を繰り返し、
    | 一切の反省の色も見られない。また、今後の思想矯正を望む事も困難であり
   |最大処分の執行もやむを得ない。よってラコフスキーを除名処分とする。
   \_____  ________________
              ∨
─────┐         ,∧_∧
   ∧_∧ |    ∩_∩   ∂ノノハ)))
  ( ´∀`) |   (´ー`)   |ハ`∀´ノ        _______________
  ,丿~,  ~ヽ│  丿~, ~ヾ  丿~,  ~.ヾ、    /
 ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  | そんな・・・僕は意見を表明しただけだ!!
    |                              |  | ソヴィエトの未来を思って・・・
    |.         A_A.           |  \
    |         (  ・w・)         |    ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |          ノ~,   iO)、          |   ∧_∧            / ̄ ̄ ̄
    |  | ̄ ̄|~. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.| (∀・ ; ,)       ∧∧  | 弁論の余地無し!
  ∧|_∧     |               ┌─┬┴⊂  〇 ) ,,'⌒丶、 (゚Д゚ )< 処分は決定された!
 (   `)    |               │  │  │ | │_ゝ@==>(〈y〉 `つ────
┏━┳┓ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|   │  │  (__)__,) (´∀`  ) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄
┃  ┃┗┓        |      |   │  │ ̄ ̄ ̄| ̄~i ( =|=,~ ),,        |
┗━╋━┛        |      |   │  │ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄|⌒(⌒,,_,)          |
  ┏┻┓_         │,   │   │  │ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|(__) ̄ ̄ ̄| ̄|、  │
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧
    (    )(    )(,    )(,,    )    ,,)(    )(    )(,    ) (゜∀゜ )

344◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 22:59:10 ID:HJI1B/YA0


さらに政治局はトロツキーを含む反対派30人をモスクワからシベリアに移すことを決定。



              ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ ))
            ((〈● ノ\   /\ ●〉
               ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ
                 )    Y     (
              /γ⌒       ⌒ヽ \
           ((  |  |         |.   |          彼らを
         ((   ヽ ヽ__人__ノ  ノ
               \   `ー'´    /            より適切な地方の仕事に
             __/ニヘ       ' 「L__
        __,,,,==ニニ三三ヘ.      ||三ニ==、__      異動させることを提案する!
     /三三三三三rイ◯三ニ|   \__,/ |三三三三ニ==、
     _|三三三ニ/  `ーイニ三;;| ./三\ |三三三三三三;\
    _|三三三=广 \. `i,j! }ニ;|  \三/ :|三三三三三三三|
     |三三三iく  \  { /三=|  :|三|  |三三○三三三三;|
   __/三三三|| \_}ー^三三三|  |三;| |三三三三三三三;;|
 /三三三三;|\__,リ三三三ニ|  :|三;;| :|三三三三三三三;;;|
 |三三三三三|   /三三三ニ=;|  |三ニ|:|三三三三三三三ニ;|
 |三三三三三`==='三三三三三ニ| |三三||三三三三三三三三|
 |三三三三三三三三三三三三三V三三三三三三三三三三三||

345名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 22:59:21 ID:Ibt5kaIY0
つくずくローザ・ルクセンブルクの言葉が思い出されるな・・・

346◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 23:00:00 ID:HJI1B/YA0


彼らの多くはシベリアや中央アジアの小さな官職を餞別に与えられ、中央の舞台から去って行った。


            ,
           ,r/ ,;-ー_
         /:::レ:::::三:::::`ミ::=-、
         ,i::::::::::::::::、:::::::、::::ヾ::ヽミー-、
         ,r'::::::::::::::::::ヽ::::::::\.:::::::::::::\
      //:::::/:::;:::i:::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::::ヽ
.       /::/:::::::/_ヽ:!:::::ヽ:::i`_、:::::ヽ ::ヽ:::::::!
       i::/::::::::/'oヾ、:::|ヽ::Y o\:::::i!::::ヽ::::\
     l:::i:::::::::lゝ- ' ヾ、゙ ! ー '、ヽ:::::!:::::ヽ::i ヽ     ふざけるな!
     !::!:::i:::::!   ` ` ヽ     i:::::!::::::::::::i
       l:!:::l:::l !  ,r_ー‐-、     l::::!::::::::::;::i      お前たちの決定などには従わない!
      !|:.!::',   i'/ ̄ ̄ i     l:::::::::::::ハ:!
    .   l::::::ヽ.  i    i    ィ::/i:::::ハi  !      私に対する不当な処分を取り消せ!
        i::li:::\ `ー--‐'   / リ |:::リfハ、_
         _..!:ハ::::l;ヽ、    /  " l::/i ヽ. ``''ー- 、._
   ,r‐'''"´  ! リ!i ヽ `='"   ,   リ /  ン       /ヽ、
   /ヽ       ヽ ヽ ヽ   /   /        /   ヽ
  l   \      \  '     //          /    i



しかし、トロツキーだけはこのような任命を拒否したため、
刑法典の条項により強制的な地方への追放処分となった。

347◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 23:00:37 ID:HJI1B/YA0


ジノヴィエフとカーメネフはモスクワ近くのカルーガに、

トロツキーは中国とモンゴルにほど近い中央アジアの最辺境、
モスクワから約2800キロ離れたアルマアタへと追放される。


  )      `ヽ、  /´
_/´          ̄

          /》、
      γへ `ヽソ
___≡¨`>`弋丿
 #─-γ´●ペトログラード
/´  θ
..≧
冫            ●モスクワ

            △カルーガ




        ●キエフ                      _
                                 ./ 冫
                                /´   `ゝ
                  γヽ、         /´   / ̄´
          _    / ̄´《 ̄         / カスピ海                             △アルマアタ
         /´ ミ  《_ _ノ´          \    \
        厂゚  <、〆 ̄ ̄\_           ヘ、    ヽ
      /      "      ~\_         ~\   `》
      |      黒海         弋          ̄て_/
      |                  丿





          /::::'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
         ,/::::'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
         'i:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ
         i;:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ii:.:.:.:.:ゞ
_,.、-‐'''"´^~ ̄;;リ:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i i:.:.:.:.リ^~`゙`'‐-、,_
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`i"'i_;、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.i`'i、:.:.:,ノ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``'‐-、.,_
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|i'´,/:.;ノ~フ.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/`'-ミi, 'i,'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'‐、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ -,l´ /ィ'"´⌒).:.:(⌒l/ミゞ  ヾ 〕;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i / .イi'´ ,,r‐'´:.:/´フ匕 `ヽ  } /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ    終わった・・・
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i !  ' 彡ィ'⌒''レィ'`'-、_`i  i  ,i. };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i    ',/  f´ ``'r、 `'゙     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;    今度こそ、何もかもが・・・
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i       | '-、/ 〕      l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、-‐、ィ'       lこニニニl       i、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ  ヽ.      ノ  -   l        ,`ィ‐-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l   l   ,-‐'‐-------‐'ゝ、    ,r'  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l   l_,,ィ'´ゞ`'‐,r''´⌒`'-、‐''´'‐、 ,r'   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

348◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 23:01:31 ID:HJI1B/YA0


ボリシェビキ党内における、やる夫に対抗できる唯一の存在であったトロツキーの失脚は、
歴史的な里程標であった。


 *o ゚ |+|   。*゚  +゚ } o  |*  o。!    |!
 o○+ | ∨    | {r|! *l:     + |!*l::j o ○。
・+     ,-i| o.+  ___  。*゚}‐ 、゚ + |
゚ |i   | {r|! *l:  /_ノ ' ヽ_\   ノヾ}  |
o。!    |! * .゚ /(≡)::::::(≡)\  レ ノ  ゚|
  。*゚  l ・ / /// (__人__) ///\o  ゚。・ ゚
 *o゚ |   |     |r┬-|      |   *|
。 | ・   o ゚ l\     ` ー'´    /*゚・+゚ ||
 |o   |・゚ ,.‐- .ハ       イ | * ゚   |
* ゚  l| /    、` ニ ´ ノ  ノ   o.+ | ・
 |l + ゚o i     ` -、{! /_   \  ○・ |o゚
 o○ |  | ヽ.     ヾ´    ̄  `ヽ  *。
・| + ゚ o }  }                ヽ O。
 O。 |  | リ、  ..:::        ..   l 。
 o+ |!*。| / `ー::::       , ヘ:::::..  | *
 |・   | ゚・ |/   /  :::... ..   /:::/ | ::..... { |
    |_|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_|
    >
  /\  ──┐| | \     ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
  /  \    /      /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
      \ _ノ    _/   / | ノ \ ノ L_い o o


それは、かつて幾ばくかでも民主主義的な要素を内包していたボリシェビキ体制が、
完全な権威主義的、一元的支配国家へ変貌を遂げつつあることを示していたのである。

349◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 23:02:02 ID:HJI1B/YA0


かつて党方針への絶対的服従は党員にのみ求められた、非党員にまで服従は強いられていなかった。
党規則への非服従は、反党的だとみなされても売国奴とはみなされなかった。

しかし、トロツキーとの闘争を経て、こうした「党と国家の区別」は次第に消滅していった。


                                                i
                                                i
                                           _ -ァ | r-
                                        __ -‐ ´ ノ  | ヽ ` ー- __
                               ,.-‐ ニ   _,. -‐'´    |   `ー- .._   ニ ‐- 、
                               /   '' 、`丶、       |     , '"       \
                                    /     ヽ.` 、ノ      |      {/        \
                          _ュ-ォ‐ァ ア'´        , ヽノ      |      ヽ'/        丶、
              __,. -―  ´ / / /       /` ._ノ       |        ヽ. _´\
             ´ ̄            |  |  |       _/` ̄         |           ̄´\
                        |  |  |-┬ ¨               |             `
                          '、 '、 '、_j                 |
                         _'、 ┴ ¨                 |
              _,. -―   ̄                            |
             ` ¨´                                 |


党への不服従は国家への反逆とみなされ、党規律のために国家権力が動員された。

350◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 23:02:51 ID:HJI1B/YA0


これ以降、「反対派」は方法に対する意見の対立ではなく、
「思想」に対するイデオロギー的犯罪と解釈されるようになる。

                _
              //.|
             //./|
           //./| |
          //./ /|. |
        //./|/::/| |          _______________
        □/ / // | |.          |
        | |/.;;;;//.  | ||           | じゃあ、反対派は死刑という事で・・・。
        | | ;;;;;;//   | |||         |_
        | |.;;;//    | |.||     ∧ ∧  |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        | |//..    | | ||.    ( ・∀・)
        | |/.     | |. ||    (    )           ワイワイ  ガヤガヤ
______.| |___//| ||__ / | | |__
        | |   //  |. ̄∠/(__(__) /|          ∧_∧ ∧_∧ ∧ ∧.
..∧_∧   .(| |⌒/. ∧ ∧⊃イヤァァァ.    //|         (´-`;)(@・ )(;´∀)(
( ・∀・) (⌒| |//(;´Д`)        //  |        ∧∧ ∧ ∧  ∧_∧. ∧∧
(    )  ̄| |/ (⊃ /  ⊂.⊃.   //   |       (∀・ )( ´,_ゝ)(   )(´∀`
| | |.   | |    /   └─┘ //   /.      ∧_∧ ∧ ∧ ∧ ∧. ∧_∧
(__)_)   | |  /          //   /       <_`  )(´・ω)(д゚` )(
        | |/          //   /.       ∧_∧ ∧ ∧ ∧_∧. ∧_∧ ∧
        ~~           //   /        (   )( ゚∀゚)(`   )(   )(゚д
.                   //   /        ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧
.                 //   /         (д- )(   )( ´,_ゝ)(TдT)(∀` )




     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ         ★  ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミ
    /  ./ /      l ト、\
   \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',    ソ連も徐々に独裁国家として
     l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
     l | l | ┬::cr / / ┬c」 |    みなさんが想像するような
      l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /
      l | l l⊂⊃‐       ‐⊂/    よくある「イメージ」に
      ! | |ヽ|        -   リ
      ! | lゝ、          /|      近づいてきたのではないでしょうか?
      ! | |::::::::::ー┐ r‐:::イ:l. |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !

351◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 23:03:27 ID:HJI1B/YA0



        ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
        =            ゙ミ
        ミ     ★      ゙ミ
       r―ミ             ゙ミ     ですが、追放された反対派には
      l  ミ;=======.:::゙ミ     小さながらも役職が与えられ、
       ヽ /  ※   ※   ※ ∧     飢え死にすることもありませんでした。
.      /   r―_‐_'i:¨:¨´:l ̄:`ヽ}
      { ※ /: ´/: :/`:./;ハ:`: :l: l     トロツキーにしても、もっとも危険な存在で
      }   f: /fてハヾ´ /f'云ヾハ:}     あるにも関わらず死刑ではなく追放処分で済まされ、
.      { ※ }:{ 弋__ノ   弋::リ j//     カーメネフとジノヴィエフに至っては
      ハ   {:ヾゝ''''   ,、  ''',イ ヽ      その追放処分すらきちんと実施されなかったそうです。
.     /: } ※. }: : ;>‐‐--‐<ヽ  }_
    /: :.{    l:/{i{ (ニニXニニ)} :.{ ※ ヘ
   ,.イ: : :/ ※ l:ヾ}i}  〃{i  {i: :ヽ  ヽ
.  {:ヽ: :.く   /: :j:ヾx、_ノノゞ≠'j : :.} ※ }
.r<:ヽ:`:ー`ヽ,/f'"::`ーt‐f´:t‐r‐':ヘ:-'`¨¨:}´


      ,..-‐-- 、、
    ,ィ":::::::::::::::::::;;;;;:ii>;,
   /:::::::::::::::;;;;;;;;iii彡" :ヤi、
   .i::::::::::::;:"~ ̄     ::i||li
   .|:::::::::j'_,.ィ^' ‐、 _,,. ::iii》
   .|:::i´`   `‐-‐"^{" `リ"゙
   ヾ;Y     ,.,li`~~i     え?そうなの?
    `i、   ・=-_、, .:/
       ヽ    ''  :/
       ` ‐- 、、ノ

352名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 23:04:03 ID:c4qSLQ3w0
え?

353名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 23:04:15 ID:kkDi5ais0
あら、意外と温い

354名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 23:04:29 ID:9qcIrzm.0
あら、意外だね。

357名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 23:05:13 ID:qmvzR8RU0
死刑じゃなかったんだよな

356◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 23:04:53 ID:HJI1B/YA0


   r‐く二ニ:/i:i:i:i:i:i/  V^’             マ: :_: - :ヲ
.  /:i/[_: :|i:i:i:i:/、yz'′            ヽ Ⅶ: : :己
 /:i/ lしんく|i:i:i:Yrュヲ   l |  l!   l|   l| ', ' Ⅵ: : :.__7
.〈:i〈  || 己 {i:i:i:i|′   ! l |  l!   l| | l i!  | ! |: : :_:∠,
 \\!!   し|i:i:i:i|   | | | |  l!   l| | i i!  i | l}: : _く
    ̄|L__ムスi:i:i:i:{l  | | | |  l!   l| | l_」L リ .! |__ノ     つまりこの頃のソ連は
    | ̄|i:|i:|マi:r=Ⅶ ! !士十i l!   l| |,ィ≠zil  | l!トミx7      後年のような粛清政治ではなかったのね?
    |  |i:|i:|ミム泌リヾ l|/ 行示ヾi/!ノ尓弍リN从ノマヘⅣ
    | /i:{ゞ\ゞ=イ| l |ヘ 弋辷リ   、 ゞ-" /  |  l!.| |      革命の同志や、内戦の英雄の命を
    | : ̄|  ̄ゞ≠{. i ト、      _′   /l   !  | i |      奪い取ることにまだ戸惑いと
    | i  |    x≧l  |ゝ、     ‘ ’ / !  .|  | | |      批判が生まれるような環境だったのね・・・
    | l. 八   《ミく  !三≧x、_    イ三ヲ{   i  | l |
    | | | ヘ  ∨i:|  |≦三三r≠くヘ≦三∧  ', ! | |
    | | | ', ヽ/:ヾ|  |三三三いゞソメ《三三∧ ゝ| i |


          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\     そのとおりです。
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ      外部の敵にならともかく、
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/      身内に対しては暴力の歯止めが
         | |{i t    _     / |      掛けられるくらいの理性がありました。
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |      暗黙の裡に、双方の妥協と停戦が
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ     流血沙汰を引き起こすまえに実現したのです。
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |

359◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 23:05:35 ID:HJI1B/YA0


           ,.:-=;1―;1―;1―;1―;1,=;:、
           ミ              ゙ミ
           ミ      ★       ゙ミ \
         / ミ              ゙ミ   \
        V/::ミ;=========゙ミヽ   \
       //:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :',  `、ヽ ム>
.      /:i:: :: /:: :: :: :: /:: :: :: :: :∧:: :: :: :: :::i  } >/i´
      ,'::i:: :: i:: :: :: :: /:: :: :: :: :/ ∨:: i:: :: ::l  V/:: l
      ,':: l:: :: l:: _:: :: /:: :: :: :: :ム--+::-l―:: |   |:: :: |     では、なぜそのような理性が死に絶え、
.     i:: ::l:: :: |:: :`''フ:: :: :: ,:: /    ',:: |:: :: :|   |:: :: |
.     l:: i:.|::..::|::_:: /:: :: : //     v|:: :: :|   |:: :: |     大粛清のような流血の嵐を
.     |::.l::.|:: ::|::/ニ_;; ;//  ====V:: ::,'   |:: :: :|
     |::∧:',:: ::V弋.:.:テ    ´ て:::::::o|:: ::,'   .|:: :: ::|     食い止めることができなくなってしまったのでしょうか?
     |::i ',:',:: :∧廴::ソ      こ .ン|::/,'   i:: :: ::.|
     ',.i  }::ト:: : ヽ゛゛  ` _   ゜゜イ|/:,'   ,':: :: :: |     ボリシェビキの「同志」たちが、
      ',' .ハ::iヽ:: ::>ァ-------<´<:: /:,'   /:: :: :: ::|
       ∧ヾV>、:V/ | (ニxニ)  |: :',:: /_ -'''´:: :: :: :: ::|    自殺へ向けて突進する物語は、これから始まるのです・・・
       /:: L_i VX|: :|  ∧   |: : |:: :: :: :: :: :: :: :: :: ::ヽ
       /:: :: :: :: :: :: :|: └ ┘└ ┘: :.|:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::\

360名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 23:05:37 ID:S2U1DmYc0
つまり、段階をちゃんと踏んでああなっちゃっていくってことか・・・・

361◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 23:06:08 ID:HJI1B/YA0


   ――― 中央アジア、アルマアタ


: : : : : : : : : : : : : : : : : ; ;_:_; : : : : : : : : : : : : : : : : : :._:.;;''".._:.::;;:':.:. ..        ..:...:..:::.:::;;:;:;';:
: : : : : : : : : : : : : : :_ :,.,.;::.:.;:'':':';:''":"´: :: : : : : :_,..:''""`..:.;:;:':::.:.. . .      ....:...:....:.';;..:.:'.';;:::.::
: : : : : : :_,.,.,;::;::.:::.:::;;:;:;:;:;':':':'"´: : : : : : : : : : : :..,;,:.:゙'"..:.:'.';;:.:;. :..      . . . ....:...:..:::.::;:;:;;';':':'
: :_,.,.,;::;::.:::.:::;;:;:;:;:;':':':'"´: : : : : : : : : : : : :..,;,:.:゙'"..:.:'.';;:.:;. :..      . . . ....:...:..:::.::;:;:;;';':':':'"´
"..:.:::;:;:::;';':::':'"´ : . : : . : : . : : . : : . : :...:.:'"..:.:;;:;.:. ..,._'     ....:...:...:.:.:::.:::.:::;:;:;':':':'"´: :.._;_:,.; ._,:..
:'''´: : . : : : . : : . : : . : : . : : . : : .''""゙゙´_,.,.::;;;' : : .: : . :..:.:.:..::.::::::;;:;:;';:':':':'" : .__,.,;:"''':;';:::: .:::;'": : .
. : : . : : . : : . : : . : : . : : . : : . : :_.:_ _;::': . : :.  ....::.:::;;;:';':'':'"´: : `_,.,...::.':'"...:.:::;;:;:;';:;':';;:''"´.. : : .. :
. . . . . . . . . . . . . .__,.,:::;':;';'"` .. . ..:.:.:;:;;':':'"´ .  _.,..:''"、:.:::.:::;;:;:;';';':''':'"´. : . : . : . : . ::
 . . . . . . . . ._..,...;'"´...:.:.:::.:::;;:;:';':':':'"´. . . . .,.,.;'::':"".`""''''"´ . . . . . . : : . :
. . . . .    _,;::."'..:.:.:::.:::;;:;:;:;';::':':'"´ `´        . . . . . . . . . . . . . . . .. . . . ,.,:::
     ._,. :.':"...:.:::;:;';':':::':'"´                         ,, ,.,.;,;::::,:::::;''" ..:.::;':;
  _.....:;;:;:;::';::':':'"´                        .,_.,::;:':''"゙"゙゙'..:::::.::;::;:::;:::;:;';';:::';'::'''"
 ` ´ ...:.,.._                        .., . . .,;:;':"...:::::.;:;:';'"'''` .;:;'、;':'":'"  . .
,.,:'".,:::;:':;'' .                . .,.,.;'::':"".`""''''"´ . . . . . . : : . :
';'::'''"                              ;、.x,,;..v、     , -─'゙7´ ̄ ̄ハ─r‐
    、v,..v、                     :w爻爻爻彡v、./ /.:: .::./....::/ ,::'.ソ;:::
─'ー;;ミ゙'爻爻ミ;..─'ー ッ淼k ー─---xw‐ーー;、x,v、;爻ミミ爻炎彡ミx;: -─: ッ淼w ー ywv、‐ー
゙':;ゞ;爻彡炎炎;ゞ;∠二ヽ,....:;~'' ,;: ; :; ::..::::y爻爻ミ゙'爻ゞ炎炎彡ミメ゙';ヾ: ;:; ';: ;:; 'ヾ淡炎ミミx:;'
'' ;~ ;^::;”v:";y;''゚  ; ::;y  ; ::; : ;:; '',;: ;:; ;~''^"''^”v:";v ; ::; : ;:; ;~ ;y ::; : ;:; 'ミ゙': ;: ',;:; ;~'',;'':; ;
";: ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; : ;:; ;~'',;' ' : ;:; ;~ ; ::; ;~'',;''  ; : ; ::; :;~'',;:; ,”v:": ;:; ';v:'';'' ;~'',;'
:  ;:; ;~ ;  :; ;~ ',;''   ; : ; ::  :; ~'' ,;: ; : ;: ;  : ;:; ; ~'',;'   ;:;   '゚ ":;;;: :  ;  : ;:
:;   . ;: ; ; '', ;' ' .;~' ', ;'  '゚ ".  .  ;;  :  ;   : ; : ;:   . ; :; ;~ ;  :; ;~  ',
 :  ; .'  :   ; .     ;  .  ; ' :  '  ;~  ',  . .  . '  :   '',  ; ' '  ;  '

362◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 23:06:39 ID:HJI1B/YA0


           /!/ヽ::::\::ヽ\ヽ、::::::\ヽ:::::::::::ミ./
            /::::!i::::',ヽ::iヽ\:\!::\ヽ::ヽ`::::::::::ヽi.
         //:::::i:::::::'.,ヽ:i:::::::`::ヽ::::ヽ\:\:::::::::ヽi       こんな・・・
         /::::::::::l:::∧:、::、:!::iヽ_::::::ヽ:::ヽ\:ヾ:::::≦
         iソ:::::::::!:i{:)ヾヾヽ::i {:ソヽ、::::::::ヽ\::\::::::i       モスクワから遠く離れた
        リ i!:::i:::::!゙=ツ` `ヾ!="  i::::::::`::ヽ:::::::ヾ',      地の果てに・・・
        ! i:::!i::::i ヽ 、      i::::::::::::::::`:::、::ヽゝ
          リ i!'i:',  `       i::::::::::::::::::::::::\ミ、     この私が・・・
           !  ! ハ. ヾニ=       !:へ:::、:::::::::ヽ\`
             i:i  ー     ,..ィリ  ヾ、シァヾミ、
               リヽ    ,..::'"  ! :  /'"/  `ーェ、
               `""´ヽ    :. // /    r'´  `- 、._
                   ヽ、  :/ /ン    i       `ヽ
                     ヽ'  /     i         ',

364◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 23:07:12 ID:HJI1B/YA0


     ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
      |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
      /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
        { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
          ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
            |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``       10月革命―――
          ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
               |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!         レーニン、あなたと一緒に
              リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|            政権を獲った日が懐かしい・・・
         __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
     ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、             すべては過去の歴史となってしまった・・・
,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
    l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
  | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、

365◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 23:07:40 ID:HJI1B/YA0


三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
二二二――― 1917年11月、極寒のモスクワ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一


 o ° 。゚ o  。 o  ゚ o  。゚ o  。  。 o o ° o  。゚ o  。  。 o  o ° o o ° 
 。゚ o  。 。゚ o  。  。゚  。  o o ° 。゚ o  。 。゚ o  。  。  o o ° o  。゚
 。   。  。 o   ,__ 。゚ o  。 o  ゚ o  。゚ o  。  。 o o ° o  。゚ o o ° o  。
 。゚ o  。 。゚ o  l_<  o  ゚ o  。゚ o  。  。 o o ° o  。゚ o  。  。 o    。 
 。  。  。 o   _|_  o  。 o  ゚ o  。゚ o  。  。 o o ° o  。゚ o o  。゚ o  。 
_  o  ゚      ,ェ._.ュ、 o  ゚ o  。゚ o  。  。 o o ° o  。゚ o  。  。 o  。゚ o  
,,,,]||      ,,.-'"゛    ~''ヽ、 。 o  ゚ o  。. ! o  。 o  ゚ o  。゚ o  。  。 o o ° o
ニニニ,,!-z,,,,,,メ--────--丶、  ° o  。゚ /_|ヽ  。 o  o ° o  。゚ o ★。  。    。゚ 
-、,,,,_ .~"'''ニ==ェ,,--'''''''-------ヽ.._  。 o  。|iiii|゙|. o  。 o  ゚ o  。゚ o  .|。 。 o o ° o 
   `~"'―-,,,,,,|ニニニニニエエエェ,l,,,,|,,,,[ ]、       |;;;;;;|;;|. o o ° o  。 ゚ o   ,!!、  。   。゚ 
  人   人 `゚゙'''―v,,,,「  .|~゙---->...ュ,ュ__.、 .,i;ロ;ロ|;;|    。 o  ゚ o  。゚ o iiiii   。 o o ° o 
  彡ミ  彡ミ  人   人゙'''ー-...,,,,_|  `゙''''「゙゙'''''..|∩-|iil.,,, o ° o  。 ゚ o    |||||   。 o  。゚ 
彡彡ミミ 彡ミミ  彡ミ  彡ミ  人 `゙"人-i、,,_,,,l;;;;;;;;;;;/;;;/z,,,__.  。 o  ゚ o     |  :|. 。 。 i  °  
彡彡ミミ彡ミミ ;;彡ミミ.;彡ミミ ;彡ミ  彡ミ  人゙'''┐'| .|''i--zz;;;;;,,,,,.  o  。 ゚  |AA.|    ∧  。  o
彡彡ミミミ彡ミミ 彡ミミ 彡ミミ .彡ミミ 彡ミミ彡ミミ:::| .| .l'''―v,,,,,"'''i   _____ .A l゙| | |.|.A. .|ii|  。 o  
彡彡ミミミ彡ミミミ;;;;ミミミ彡ミミミ彡ミミミ彡ミミ彡ミミ:::| .! ,|    `~"'ヘ-i、|ロロロロi''i_|ii| |ll,,,,,,,||ii|_./ .ヽ   。 o
彡彡ミミミ;;;;ミミミ ミミミ ミミミ;;ミミミ;;ミミミ;ミミミ::::| |  | 人人人  r‐┴── ┴┐゙゙゙゙゙゙゙゙゙ll-----トL,  。
ニニニニニニニニニニニ===============   |..彡ミ .r‐―┴――─┴-┴─--iL,、:::::::|゙゙゙|----- 
  ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ======ェュyy,|jlll」―――---------u,,|_, !.| .!-ト |  
ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'i ト-   _ ..|.「[l|____,,,..|...............
━─―――――――――――─'''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''" ̄ ̄ ̄ ̄

一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

366◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 23:07:58 ID:HJI1B/YA0


三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一


                  ,. -─- .、,
                     ,不:::く`ヽ;::、:::`丶
                   ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                   ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
               l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ     今すぐ武装蜂起だ!!
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
                ';:';ヾトヽ  `.r'- 、   .|::ト`、    さもなければケレンスキーに先制攻撃を許すことになるぞ!
                ヾヽヘ   |';二::!  入',
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ    7月蜂起の時の弾圧を忘れたのか!?
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、      奴は手段をいとわない!
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、 
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
     ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l
          ボリシェビキ指導者 ウラジーミル・レーニン


一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

367◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 23:08:24 ID:HJI1B/YA0


三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
                   r''ニ、:::::ニ=-:、::::二ェェッ=-‐
                r'::::::ニ-、::::::::ミミヽ、::::::::::::::=ニ_
                   /:://:::::ミ、::::::::::::\ヽ、:::::::::::::<
                  ,':::,'::::iヽヽ:::ミ:::::、:::::::::\:::::::::::::ヽ
                  /::::!:::::ヽ:ヽ::::::::::`:::::::::ヽ:::ヽ::::::ヾヾ、
              /"i::::::::::::i゙_、:::::::::!\vヽ、:::::::::ヾ:::\
                 i:;::::l::',:li oヽ`ヾi. Y'o゙リ、:::::::::::iー=ヾ   臨時政府がボリシェビキ弾圧に動きました!!
                / lハ::::',i゙ー"   ′ ー" i:::::::::ヾ、
           rイ ̄'",ニ、!:::::i.    . .     ,':j::lヾヤ-、_
         / |   l lサ!::iヽ   . --、  ,.イ::l!';:l    ,ヽ   我々はこの不当な弾圧に対して
         |〉 !   | l八゙! \  ̄ .ィ' /i! i '!   i i
         /< ';,.   l | ヽゞャ-、`=ン _ソ, ! i    ,' ヽ
        〉ヽ-`' i!/``iー',  ``-ニ_--‐'ニ-' ,'  / i  / i i l  容赦ない反撃を加えます!!
       /  ' , ,,,i'´!、 l- ヽ=- -‐-;'''´       l  , ' ,' .i
        /   ゙l i  'i j/  ,..-‐' ̄         ! /   |
      /     ll、ヽt,ケンェ‐'´            ,!'    .|  赤衛隊は直ちに状況を開始せよ!!
.      i┴、>ニ ン`''=ーン´ヽ             /ヾ!ー,-,ン.i

 ,,,,,,,,,,,,,, ,,,,,  ,,, ,,,,,,,,,,,,,, ,,,,, ,,,  ,,,,,,,,,,,,, ,,,,, ,,,,, ,,,,,,,,,,,,, ,,,,, ,,,,,,,,,,,,,, ,,,,, ,,,,,,,,,,,,, ,,,,,, ,,,,,,,,,,,,,, ,,,,,, ,,,,,,,,,,,,,   ,,,,,,,,,,,,,
./,,,l,,,★,,lミ /,,, /,,,l,,,★,,lミ /,,, /,,,l,,,★,,lミ /,, /,,,l,,,★,,lミ  /,,,l,,,★,,lミ /,,,l,,,★,,lミ /,,,l,,,★,,lミ /,,,l,,,★,,lミ /,,,l,,,★,,lミ
ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,. ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,. ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,. ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ
/┌-‐=r‐,='t.・_/┌-‐=r‐,='t.・_/┌-‐=r‐,='t.・_/┌-‐=r‐,='t・ _‐=r‐,='t・ _‐=r‐,='t・ _‐=r‐,='t・ _‐=r‐,='t・ _‐=r‐,='t・ _
ゝ_ア´::`T、 ゝ::..ゝ_ア´::`T、 ゝ::..ゝ_ア´::`T、 ゝ::..ゝ_ア´::`T、 ゝ:: ̄´`T、 ゝ:: ̄´`T、 ゝ:: ̄´`T、 ゝ:: ̄´`T、 ゝ:: ̄´`T、   ̄´
く_::ノ、´ヽ く:: く_::ノ、´ヽ く:: く_::ノ、´ヽ く:: く_::ノ、´ヽ く_::ノ、´ヽ く_::ノ、´ヽ く_::ノ、´ヽ く_::ノ、´ヽ く_::ノ、´ヽ
.(_/  ー' (_  (_/  ー' (_  (_/  ー' (_. (_/  ー' (_/  .ー' (_/  .ー' (_/  .ー' (_/  .ー' (_/  .ー'
                                                         ザッザッザ!

        ,,,,,,,,,,,,                ザッザッザ!
     ,,,,,,,,,[,|,,,★,|] ,r─‐、
      [,|,,,★,|] ゚Д゚).| ,r_、 |_,_
     (, ゚Д゚)O「=ニ| |;;,,__(.c)
    _ノ  ”つ,.=/〃 ヽ ィィ,」ヽ
   (ヽ|I ̄I|I ̄,I|. ゝ ノ' ̄、 ノ
     ` ̄ ̄ ̄´
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

368◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 23:08:52 ID:HJI1B/YA0


三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
      ヾ,
       ∧ヽ,
      /:;::::ヽヽ,
    /,、≧:::::ヾヽ,
   /((_||::tt::::::ヽヽ,
   /:::::ゝt'´:::::::::::::ヽヽ,
  ./::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽヽ,
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ヽ,
/::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ヽ,
:::::::::::::::::::::::::::::::::/     ヾ,
:::::::::::::::::::::::::::/         ヾ-、_ /二ヽ
::::::::::::::::::::/            .~ヾN,(д゚,,)   ボリシェビキ万歳!
:::::::::::::/                   ヽ,_"i彡 ヽv,
.\/                  ~xゞ」 >_={`
                     ゝ_ノ彡 」
                     /ニ|  /
                    _/三 | l{
==============================================================================================================
      ___
     ヽ =★=/    ニセ議会は解散しろー!!
    ノ(,, ´∀`)
     / ~i|`∀´ヽ__,
    ゝ il ,ア'(0∩゙゙゙゙゙゚      ___
     く  __,ハ,_ゝ         ヽ =★=/
     (__,,(___)        ノ(,, ・∀・)    議会はソヴィエトだけで十分だ!
                    / ~i|`∀´ヽ__,
    ___           ゝ il ,ア'(0∩゙゙゙゙゙゚
   ヽ =★=/           く  __,ハ,_ゝ
  ノ(,, ゚Д ゚)            (__,,(___)
   / ~i|`∀´ヽ
 lニゝ il ,ア'=∩===┯
   く  __,ハ,_ゝ    ̄ ̄ ̄
   (__,,(___)
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

369◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 23:09:12 ID:HJI1B/YA0


三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
                /:::!:::::::':,::::ヽ、:::::ヽ、:::::::::::ヽ、::::::::::::ヽ、::ヽ::::::::::::::::::::::::::フ
                /::::::::::!::::::::::':;:::::::ヽ、:::::ヽ、:::::::::::ヽ、::::::::::::ヽ::::ヽ:::::::::、--く.
                /::,':::::::::l:::::::::::::'::;:::::::::ヽ、::::ヽ、:::::::::::ヽ::::::::::::::ヽ::::ヽ::::::::ヽ、:ヽ、.
                /!::i:::::::::: ハ::::::::::::::':;::::::::::::`ヽ、:ヽ:::::::::::::ヽ::::::::::::::ヽ::::ヽ、:::::::`ヽ、           ・ ・ ・ ・
              //!::l:::::::/::::ハト、:::::::::::ヽ:ヽー、::::::ヽ::::ヽ、:::::::::ヽ:::::::::::::ヽ::::::ヽ:::ヽー‐ヽ、   ――――お前たちは破綻した
               l l::ハ::::;':::::|., =、::::::::ゝヽ. `ー,=、ヽ:::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::::ヽ::::::\::ヽ、
                !:l:::!:,!::::::K(:::::}ヽヘ::::ヽ. ヽl!l::::::::} )、:::ヽ:::::::::ヽ:::::::::::::、::::::::::ヽ`ヽ
                !:l:::l:}::::::::!ゝニ彡! ヽ、、 ヽニ´彡 !:::::::!:::::::::::!::::::::::::::ヽー、:::::::\
                !ハ::!:::::::::!. `´ /    `ヽ   ̄   ヽ::::lヽ::::::::!:::::::::::::::、:ヽゝ`ー‐`
                    }!:::::::::{.   ,'            l!:::!::::ヽ、!:::::::::、::::::ト、ミヽTー――- 、
                  ,.」!:ハ::::::ト、  ヾ ‐-          l:::!::::!:::::ヽ、::::::ト、:!. / ヽl       `>-、
                 / l::! ',:::::',.  _ ___         }::i:::∧::::::! ヽ、ヽ /  /         /   \
              /    !l ヽ::::ト、  `ー―`‐      /!:i:/ ヽ::::l  `ヽ/  /l   /  /     ヽ、
                |    ヽ  ヽ::! ヽ、 ー‐      , '  !/   ヽゝ、 /  / l      / |       ヽ
              !    ',   ヽ.  ヽ      ,....'::::    !  ノ   ヽ! / ./ l      / ,'      l ヽ
              〉、    ,       ヽ __,∠:::::__  , --、,-、    //  ll     /  ,         !
        , -― 7´        ,           r―‐'´r‐' ´   `ー‐く/       l    /          !
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

370◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 23:09:33 ID:HJI1B/YA0


三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
      ,' i l::::::入:::::::、:::::::ヽ::::::::ヾ ::',:::ミニ-、_::::::::::::::::::::::::::::::::
.     /,i! l:::ン ヽミ::::iヽミ::::、:::::::::ヽ::',:',::::`ー-`:.、::::::::::::::::::::::::
.     iソl|./      `゙'、` ヾ::::ヽ:::::::'::',!',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     お前たちはもはや支配者ではない
.      l!. l!ヽ、_ ー    ヽ \':,ヾ:::::::'!i'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-
      ! 'i!; l|!゙i         ゙'ャ,\、:::::::::::::i::::::ャ::ヾ、:::::: //     哀れに孤立した、ちっぽけな一個人だ
       li、 l!:i           ヽ `゙Yi:::::::ili:::::i',ヾi;,'//
         ゙!ヽ::`ャ-⊆=ッ-       i:!;:::::i! ',:::l ' ,Y /
         ヾ、,ヘ ァ'`           l!';::::i  ソ! /!
            ヽ、          ン'i:リ  リ'/!i           ――――お前たちは、もう用済みだ
              ,'       _,.-'"' ソ   '/il _
                l      _,_'"::::   ゙ ,r '  ̄  ` ヽ、
              ヽ、__、シ'゙'"マTミヽ /         `ヽ
                        ヽ ヽソ
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

372◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 23:09:55 ID:HJI1B/YA0


三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
:::::::/───/ィ:::::::::::::::::::::::::::::; ´
:::/     /:::/ |ハ、:::::::::::::::::::::::/
/       {:/  |! ヽ、::::::::::::::/
      / /     `ヽ\:::!
       「、 ヽr、__     `!     トロツキー・・・
      ハ'  ー ''lfj`ヽ、  _|
     ノ    ヽ`ゝ- ´ ∠__     いつの日か、自分の過ちを理解する時がくるだろう
    ,´            |
    ヽ -、             l
    ノ'             、
    ヽ、、_           ヘ
    r' ゝ-`ヽ          ヽ
    _ト             /ヽ
  _ / |            /   / `¨77-ハ´_, ィ__
/   ‘、    ___......ノ′  ,/  /_ - ニ´ .: :::::::!
     7´/三ヘ-、  /    _ - ´ィ´ /::. :::::::
     メンシェビキ ユーリィ・マルトフ

一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

371名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 23:09:36 ID:S2U1DmYc0
・・・・回想見ても、自業自得以外の感情が沸かないんだが・・・

373◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 23:10:31 ID:HJI1B/YA0


          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{
            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ.:.:.:.:.:',.:.:.:.:小:l
        /.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:弋.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',.:.:.:.:.:',:.:.:.:.:|l ヽ、
        /:イ.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:',.:.:.:.:.:',.:.:.:.:ハ、 ヽ
        >l/ |.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽN.:.:.:.:.:.:.:.:.\::.:.:.:.:.:',.:.:.:.:.:',.:.:.:.:ハ `¨ー-- 、
    /   | |l.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:ヽハ弋.:.:.:.:.:.:.:.:',::ヾミ辷ー-z\:.:.:.:.:',.:.:.:.:.:',ヽ.:.:ハ     ミヽ
   /    |  |l.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:| 弋::::>ヽ:.:.:.:.:.:.:ヽ::::イ 辷ラ >ヽ.:.:.:.:',.:.:.:.:.:', \:ト、__
  ./       |ヽ::::|::::::::::::::::、ミニニ彡 \\.:.:.:\ミニニ彡'  |ヽミ.:.:ト、:.:.:',  ヽ  __
  j          | |ヾ::::|::::::∧        \ト、ヾミヽ.    |.:.:.:.:.:|ヘヽミ`\ /  _       ・・・まだだ。
. イ   >''⌒ヽ、.  ト:リ ヽ|:::::::::ハ       \\\.    ル:::ハ.:.:| j    /  /
 | ./′><_  ミ>、  ハ:::::lト、.ヽ     、 ,         イ:::|从::| >''´ ̄ ̄ ̄ ̄⌒ヽ、     まだ私は終わっていない。
 |/ /-----'  ⌒   \小::l|::jヽ                 /::|イj.>'彡    ─==ニ=、
.イ /  ____ 彡      \リ|イ::::|\  -─--   /:::::::j/         ___         必ず奴を・・・
/>'' ´   ノ           \::::::、::::\   ̄   イ:::::::::/            ̄`ヽ、
. イ  -  ̄´           ヽ、弋:::::::ヽ、___ /:::::::::/           ─ー 、        やる夫から革命を取り戻してみせる・・・
 |/ >''¨¨¨¨'''ー- 、        ` ミ_:::::::::::::::>''¨´           /
.イ_ノ/             \         _>''′           _彡′
 |                   >ー-、  ィ<            >''´
 |                   /             /

374◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 23:11:18 ID:HJI1B/YA0


          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_         これ以降、トロツキーは
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ        シベリア各地に散った同志達と
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/        何週間もかかる手紙のやり取りを行いながら
         | |{i t    _     / |
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |        反対派の「指導」を行ったとされます。
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |


           ,.:-=;1―;1―;1―;1―;1,=;:、
           ミ              ゙ミ
           ミ      ★       ゙ミ \
         / ミ              ゙ミ   \
        V/::ミ;=========゙ミヽ   \
       //:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :',  `、ヽ ム>
.      /:i:: :: /:: :: :: :: /:: :: :: :: :∧:: :: :: :: :::i  } >/i´
      ,'::i:: :: i:: :: :: :: /:: :: :: :: :/ ∨:: i:: :: ::l  V/:: l
      ,':: l:: :: l:: _:: :: /:: :: :: :: :ム--+::-l―:: |   |:: :: |    ですが・・・彼にはもう力がありませんでした。
.     i:: ::l:: :: |:: :`''フ:: :: :: ,:: /    ',:: |:: :: :|   |:: :: |
.     l:: i:.|::..::|::_:: /:: :: : //     v|:: :: :|   |:: :: |    彼が再び歴史の表舞台に立つことは、
.     |::.l::.|:: ::|::/ニ_;; ;//  ====V:: ::,'   |:: :: :|
     |::∧:',:: ::V弋.:.:テ    ´ て:::::::o|:: ::,'   .|:: :: ::|    もはや二度となかったのです。
     |::i ',:',:: :∧廴::ソ      こ .ン|::/,'   i:: :: ::.|
     ',.i  }::ト:: : ヽ゛゛  ` _   ゜゜イ|/:,'   ,':: :: :: |
      ',' .ハ::iヽ:: ::>ァ-------<´<:: /:,'   /:: :: :: ::|
       ∧ヾV>、:V/ | (ニxニ)  |: :',:: /_ -'''´:: :: :: :: ::|
       /:: L_i VX|: :|  ∧   |: : |:: :: :: :: :: :: :: :: :: ::ヽ
       /:: :: :: :: :: :: :|: └ ┘└ ┘: :.|:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::\

375◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 23:12:01 ID:HJI1B/YA0


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────
    ┃


            君たちはあわれむべき、孤立した個人である。

            君たちは破産者だ。
            君たちの役割は終わった。

            君たちは今からは、歴史の掃きだめへゆけ。



                         レフ・トロツキー
                         (1917年、メンシェビキ議員に向かって)


                                                    ┃
                  ─────━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  j          | |ヾ::::|::::::∧        \ト、ヾミヽ.    |.:.:.:.:.:|ヘヽミ`\ /  _
. イ   >''⌒ヽ、.  ト:リ ヽ|:::::::::ハ       \\\.    ル:::ハ.:.:| j    /  /
 | ./′><_  ミ>、  ハ:::::lト、.ヽ     、 ,         イ:::|从::| >''´ ̄ ̄ ̄ ̄⌒ヽ、
 |/ /-----'  ⌒   \小::l|::jヽ                 /::|イj.>'彡    ─==ニ=、
.イ /  ____ 彡      \リ|イ::::|\  -─--   /:::::::j/         ___
/>'' ´   ノ           \::::::、::::\   ̄   イ:::::::::/            ̄`ヽ、
. イ  -  ̄´           ヽ、弋:::::::ヽ、___ /:::::::::/           ─ー 、
 |/ >''¨¨¨¨'''ー- 、        ` ミ_:::::::::::::::>''¨´           /
.イ_ノ/             \         _>''′           _彡′
 |                   >ー-、  ィ<            >''´
 |                   /             /




【第二十二話 歴史の掃き溜め 終わり】
                                           第二十三話 計画化へ に続く・・・

376◆J7qCZtZxmc2012/05/22(火) 23:13:54 ID:HJI1B/YA0
間違えた
今回は第二十二話ではなくて第二十三話でした
次回は第二十四話になります
ではまた二週間後ぐらいに・・・

377名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 23:15:08 ID:S2U1DmYc0
乙乙! とうとうやる夫の天下になったのか。
そしてこの後に始まるのがあの現世の地獄・・・っ!

378名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 23:15:16 ID:GzEDX2/Q0

まだソ連創立から10年経ってないんだよな・・・・
ずーっと内戦内紛経済危機まみれだったから長く感じるけど

379名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 23:17:29 ID:Ibt5kaIY0
同志>>1Ура!
まさかトロツキーが、かつて自身がメンツェビキに言い放った「歴史の掃きだめ」になるとは思わなかっただろうな。

まだやる夫との対決をあきらめていないようだが、もがけばもがくほど首がしまっていくという・・・

380名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 23:17:55 ID:HGObmvGQ0

ただまあ、これまでやってきたことを見れば、「自分の番がきた」としか言えないのよね

381名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 23:21:42 ID:4BwgzLHI0
同志>>1Ура!
まさに「因果は巡る」だな

382名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 23:23:32 ID:itTT0l.M0
同志>>1Ура!

383名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 23:24:12 ID:760PZzEM0
同志>>1Ура!
革命の英雄トロツキーも歴史の流れに逆らえなかったな…

384名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 23:32:33 ID:XQjTApkk0
同志>>1Ура!

385名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 23:33:27 ID:qmvzR8RU0
乙でした。
最後の言葉は歴史の皮肉としか言いようがない。

386名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 23:39:03 ID:lAKk0Ygs0
乙!
レーニン、トロツキーと序盤活躍した人たちが去っていって、ついに・・・
続きが楽しみです。

387名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 23:42:28 ID:sgpyQDjg0
以前同士>>1は毛沢東に真紅を当てはめる予定といったのにマスターアジアを当てはめた。
よって同士>>1は嘘つきなのでホモ。
でも同志>>1Ура!

388名無しのやる夫だお2012/05/22(火) 23:46:15 ID:2Vzm6C9A0
同志>>1Ура!
最後の言葉を発した時のトロツキーは、自分がその対象になる時など考えていなかったのだろうね



元スレ
やる夫は赤い皇帝になるようです 第六次五カ年計画
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1335964526/







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。