ホーム

Admin

SITE MAP

Cut

Res

ブックマーク

RSS

MAIL

PageTop

PageBottom

2012/05/03(Thu) 20:05
909◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:00:56 ID:Gdp5/7oc0


レーニン亡き後、
後ろ盾を失いついに
トロツキーは失脚する。
___  __________
      ∨
    ,,,,,,,,,,,    ||    ||   ,,,,,,,,,
   [,,|,,,★,|,]   ||    ||   [,|,★,,,|,]    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ( ´∀`)  目    目  (・∀・ ) <  最大の敵を屠った
   ( つ  )つ       ⊂ NKVD,)  | 三人組の蜜月はしかし、
  ┃レ __   | ̄ ̄ ̄ ̄ | ___,ノ┃ | そう長くは持ちそうに
  ┗━┳┳\ | ̄ ̄ ̄ ̄|,/━┳┳┛ | なかったのだ・・・
      ┃┃   |_____,,|   ┃┃   |

910◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:01:42 ID:Gdp5/7oc0



       第二十二話 三人組の決裂






アクセスカウンター
ドラマDVD通販エコバッグ通販長財布の通販パラカラ
912◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:02:14 ID:Gdp5/7oc0


   ――― グルジア


                                    ,、、
                          _∠^ヽ、    _/;:;:;:;ヽ-、
        _,、_                  _,/:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ="´:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ、_
      _,-<;;;;;¨`~\._       ,-、.,ィ":;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ、
;   ,-";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ-、へ/;:;:;:;:;:;:;:;:,:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ、 _
  _-";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_==""´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;゛゙
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;-">":;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,- 千:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,..-"´:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_..-"´:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
;;;;;;;;;;;;;;; - ":;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::;:;, 〃:;:
;;;_,-<:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.:./;:;:;:;:;
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;、;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;,-"チミ`-、、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.,,,,,-=-‐:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
:;:;:;:;,..-"´:::::::::::::::::::::::ヽ、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;,,-‐""´~:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i;:;::::::::::::;:;:;
""´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゛゙ヾ、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ ''-、::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;ヽ;:;:;;;;;;;;;
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::¨ヽ、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヾ:.:;_;:;
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y,;,;,::;:;:;:;:;:;:;:;‐-、;:;:;;:,-、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:~
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、 -,,,,,,,;.;:.:.:i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;三 ≡ヽ、._,,:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:,:,:,:,:,ヾ、.;!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i=≡=、;;;;;;; 丶:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:,:,:,:,:,:,:,:,゛`゙-、;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;:.:.¨~ゝ-'.:,ィ─-、_,;:;:;:;::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,^^""゙¨``=^"´^^^~´:,:,:,:,:,:,:,`゛゙ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,

913◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:03:05 ID:Gdp5/7oc0


            (ヽ三/) ))
         ,___ ( i)))
       /     \ \      ぐっもーにんトヴァリッシュ!
      /   ⌒  ⌒ \ )
    /     (>)  (●)ヽ      第十七話以来ごぶさたしていた
    |    //  、__',_, // | =3
    \            ,/      みんなの大人気アイドル、ベリヤちゃんですよ!
  ⊂ヽ γ         ヽ
  i !l ノ ノ            !      ようやく二回目の登場です!
  ⊂cノ´
   グルジアの秘密警察高官
     ラヴレンチー・ベリヤ




         ____
       /     \
     / ⌒   ⌒ \      というわけで今回は
    /   (⌒)  (⌒)  \
   |      __´___     |    待ちに待った私のサクセスストゥーリィ(ネイティブ発音)を
   \      `ー'´    /
    ノ           \    みなさんにお見せしちゃいましょうか!

914◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:03:51 ID:Gdp5/7oc0




.     / ̄ ̄ ̄\
     / ⌒   ⌒ \        さて、グルジア共産党も民族主義者が追放され(第十八話参照)
   / (●)  (●)   ヽ
   | ⊂⊃__'__ ⊂⊃ |        だいぶ浄化されたようです!
,ィTl'ヽ\  `ー´   /`ヽー;、
kヒヒど,           {⌒Yィ 、 ソ    そんなこんなで出世のために早速幹部党員達に
  `´ ̄ヽ      ハヽ `^ー′
       ヽ      /  '}       私の名を売り込んじゃいますよ!
        >   /ごノ
    __,∠     /    キュムキュム さぁ、みなさん、私の栄光の未来への第一歩を目撃ください!
   〈、    /
    \、__ノ

915名無しのやる夫だお2012/05/02(水) 21:03:54 ID:kRHULAlI0
こいつのサクセスストーリー・・・・

918名無しのやる夫だお2012/05/02(水) 21:05:50 ID:N11BkRzE0
>>私の栄光の未来への第一歩を目撃ください!

惨劇の未来しか見えないんだが・・・

916◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:04:48 ID:Gdp5/7oc0


    ――― グルジア共産党中央委員会

                ,,,,,,,,,    ,,,,,,,,,,,
                [|,,,★,,|]   [|,,★,,|]     ,,,,,,,,,,,
               ( ・∀・)  ( ゚Д゚,,)    [|,,★,,,,,|]
             ,,,,i^i ̄(iノ '^:^')  /~^:^~ヽ   (∀` __)\
            [|,,,,★,,|] |  ,l/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\l:`´ [|,,★,,,,,|]
        /(,  ・∀) _/            \ (∀` __)\
       [|,,,,★,,|] `´:l/                  \l:`´ [|,,★,,,,,|]
     ,/(,  ・∀) ,/                      \ (∀` __)\
   [|,,,,★,,|] `´:l/                      \l:`´ [|,,★,,,,,|]
 ,/(,  ・∀)⌒/                            \ (∀` __)\
 i^i (  `´:l/                                 \l:`´ ~,) i^i
 | | (   ⌒ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |⌒   ,),,| |
 | | ̄ ̄(__|                               l_ ) ̄ ̄| |

917◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:05:19 ID:Gdp5/7oc0



    ,────彡
   / \  /彡\彡   どうも幹部党員のみなさん
   ( ●) ( ●) 彡\バッ こんにちは!___
   |  ___´___     |彡         二⌒ ー \ バッ                   ____
   \ `ー'´  _彡         三(_)( _)  \                 バンッ / \  / \
    /       ヽ彡  彡─=三/::  '       党の剣にして             /( _) ( ●)  \   ボリシェビキ聖闘士
    / 人     \\彡 彡   三|   ⌒      赤き裁き、       n    /   、_',__,     |   † ラヴレンチー・ベリヤ† です!
  ⊂´_/  )     ヽ__`⊃     二        /革命の擁護者・・・(ヨ )   |           |
       / 人  (彡         三   ∩  ヽ            ヽ、`ー ~\        /    はい、ヨロシクゥ!
      (_ノ (__ )         三/   ⊂ニニ_)             `>"´  .        ヽ
                   ─=三   ヽ-' ノ              / ,         .  ヽ  ヽ
                      Ξ 〉__〉 ̄〉__〉            _(__ l,         /  l_  l
                                        /´______`____ , ´   (´__ノ

919◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:06:17 ID:Gdp5/7oc0


【幹部党員のみなさん】

        ∧,,∧  .∧,,∧
    ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧∧    <なにあいつ、キモイ・・・
   (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`)
   | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ   <なんというか生理的にキモイ・・・
    u-u (l    ) (    ノ u-u
         `u-u' `u-u'       <すごくお近づきになりたくない・・・



                     ____
                      / \  / \
                     /( _) ( ○)  \
.              n    /   、_',__,     |
           (ヨ )    |           |
           ヽ、`ー ~\        /
             `>"´  .        ヽ
            / ,         .  ヽ  ヽ
          _(__ l,         /  l_  l
        /´______`____ , ´   (´__ノ



                                      ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                                       d⌒) ./| _ノ  __ノ

921名無しのやる夫だお2012/05/02(水) 21:07:31 ID:kRHULAlI0
終わってくれればソ連の多くの女性の貞操と命的な意味で助かったのに・・・・

920◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:07:06 ID:Gdp5/7oc0


ベリヤはどうも第一印象の良いタイプではなく嫌われ者であったらしい。
これは後年やる夫周辺の人々も証言として残していることである。





          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒::::\      (これだからグルジアの田舎者どもは・・・
     /   (●)}ili{(●)::::::\
    |       __´___   :::::::|     いつか俺をのけ者にしたことを後悔させてやる・・・)
    \      `ー'´  ...:::::/





ベリヤはグルジア共産党の幹部連中の一部(または多数)から嫌悪されていた。

924名無しのやる夫だお2012/05/02(水) 21:08:53 ID:kRHULAlI0
ああいう最期を遂げたからとはいえ人間性を擁護する声がいっっさい見当たらないもんな

922◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:08:05 ID:Gdp5/7oc0


   ――― モスクワ

             ,__
             l_<
             _|_
_           ,ェ._.ュ、
,,,,]||      ,,.-'"゛    ~''ヽ、
ニニニ,,!-z,,,,,,メ--────--丶、          /_|ヽ                 ★
-、,,,,_ .~"'''ニ==ェ,,--'''''''-------ヽ.._        |iiii|゙|.                    |
   `~"'―-,,,,,,|ニニニニニエエエェ,l,,,,|,,,,[ ]、       |;;;;;;|;;|.                 ,!!、
  人   人 `゚゙'''―v,,,,「  .|~゙---->...ュ,ュ__.、 .,i;ロ;ロ|;;|                 iiiii
  彡ミ  彡ミ  人   人゙'''ー-...,,,,_|  `゙''''「゙゙'''''..|∩-|iil.,,,                |||||
彡彡ミミ 彡ミミ  彡ミ  彡ミ  人 `゙"人-i、,,_,,,l;;;;;;;;;;;/;;;/z,,,__.             .|  :|     i
彡彡ミミ彡ミミ ;;彡ミミ.;彡ミミ ;彡ミ  彡ミ  人゙'''┐'| .|''i--zz;;;;;,,,,,.         |AA.|    ∧
彡彡ミミミ彡ミミ 彡ミミ 彡ミミ .彡ミミ 彡ミミ彡ミミ:::| .| .l'''―v,,,,,"'''i   _____ .A l゙| | |.|.A. .|ii|
彡彡ミミミ彡ミミミ;;;;ミミミ彡ミミミ彡ミミミ彡ミミ彡ミミ:::| .! ,|    `~"'ヘ-i、|ロロロロi''i_|ii| |ll,,,,,,,||ii|_./ .ヽ
彡彡ミミミ;;;;ミミミ ミミミ ミミミ;;ミミミ;;ミミミ;ミミミ::::| |  | 人人人  r‐┴── ┴┐゙゙゙゙゙゙゙゙゙ll-----トL,
ニニニニニニニニニニニ===============   |..彡ミ .r‐―┴――─┴-┴─--iL,、:::::::|゙゙゙|----- 
  ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ======ェュyy,|jlll」―――---------u,,|_, !.| .!-ト |  
ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'i ト-   _ ..|.「[l|____,,,..|...............

923◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:08:40 ID:Gdp5/7oc0



                                                           ,. -ー冖'⌒'ー-、
                                                          ,ノ         \
                         同志やる夫、                         / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
                                                          {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
                         同志オルジョニキーゼご一行が             /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
                                                       ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
                         お見えです。                     / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
                                                     ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
                                                     人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
                                                   . /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
                                                   /   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃
                                               やる夫の官房長官 アレクサンドル・ポスクリョーヴィシェフ


                   n
                   l^l.| | /)
                   | U レ'//)
      ___      ノ    /
    / ⌒  ⌒\  rニ     |
   / (⌒)  (⌒)\  ヽ   /       お、来たかお!
 /   ///(__人__)///\ / `   /
 |       `Y⌒y'´    |   /         久しぶりにグルジアの情勢でも聞きたいお!
 \.       ゙ー ′  ,/  /
  /⌒ヽ   ー‐   ィ  /           連れてこいお!
  / rー'ゝ        /
 /,ノヾ ,>         イ
 | ヽ〆          |
書記長 やる夫・スターリン

925◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:09:25 ID:Gdp5/7oc0


   乂___乂   ヽ' / },γヽ
   -======、    Y  / | 、__}==、
=': : : :γ⌒゙\\   ヽ/ /|ニ=、‘,‘,
: : : : :.人    \\  ∨/}: : :ヽ|} ‘,
: : : : : :.f \    \\. ¨/:.:./¨ヽ. ‘,
=、   |  \    \ゝ-'/、  /-─‐         久しぶりだなやる夫。
  ヽ   .    \.   }.r'  { }/
ヽ ‘, 乂__rtァ__≧、_ノノ_≦彡'乂
 ‘,  ,   γ´¨ ̄ ̄¨  、⌒ヽヽ`ー─        トロツキーが失脚したと聞いたぞ。
  ヽ/ | ,  :::..  , -‐……- 、}`ー─
.   {:. / |   :::....   _  -‐…‐ 、:: ::        まずはお前の勝利を祝福させてもらおう。
   `ー{::..__」  、  , r'¨       .::|:. \
::.       `ー= _/ {  、     |  , /
            L_人  ヽ    / / /
 ̄`             `  ----- ´ }、
   、   、   ヽ   __    =--‐''/|
\  \   \   _二>-,=─ ´///////
三==─── ¨ ̄ /  /////////////
グルジアの実力者 セルゴ・オルジョニキーゼ






       ____
     /     \
   / ⌒   ⌒ \        はっはっは!
  / -=・=-  -=・=- \      あんな木偶の坊、やる夫の手にかかれば
  |      (__人__)      |      こんなもんだお!
  \     |++++|」_キラッ/
       `ー''´ l

926◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:10:49 ID:Gdp5/7oc0


         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\       それよりグルジアの情勢を聞かせてくれお!
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
    |     |r┬-|     |     報告書は受け取ってるけど
    \      `ー'´     /
      >         <       セルゴの口から直接聞きたいんだお!
     ( |        / )
      `|       /'
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......




            , =-‐ニニニミヽ、
          ,ィ´ィ,ィ'"´_=-‐-=、`ヾヽ
       .,r‐‐=///´r''´⌒、_∧_⌒,=、ヽヽ、____
ー<´ ̄~¨7  .///f´`,ィゝ‐''.〈ハ〉 ̄ゝ‐'、ヾヽ`ヽ\r‐-、
ヽ  ヽ _/ .///r‐f´     〈ハ〉    f`Y:l‐-、. }  l‐-、
 ゙v''"´  `ヽ{ i l`/'"//⌒ヽ. 〈_〉 ./⌒ヾ、 l l、  `ヽ ノ´`,、´ヾ     うむ・・・
  }ゝ、 __, ィ'"l l: Y`i l l (⌒ヽヽ__/´,ィ'⌒) l l_l_l、ゝ ___)´` ⌒
  .l`ー---'''"l l:..l rf⌒ l`x、 ` v ´)ヽ,ィ' ff´ ハ `ー-‐'i ´` ,,、       グルジア共産党内の民族主義者どもは
  l       l l八ノl ヽri゙ゞニ゙、_|_,∠´、",r`Y ノ    l          だいぶ浄化できたが、それも以前に比べてのことだ。
  l    _ ヘ∨ゝ. /.f´l:.'´-三-`゙l`iヾ ハ'"     l
  .ハ,ィ'"´:::ヘ //ヽ,,`ゝ{ ,>=< }‐'"rヘ l.      l
 .ノ //////∧'"ヽ、゙ ゝ ハ'´ヾ  ,イハ ノ,ィヘl /⌒ヽ l
:./ l///////,`>-、 八_,,` ー‐‐'__ノ´ ,,ィ'"/////} l
/  ゝ///////////`ー=i `ー―'  ,ィ'´////////ノ l
   ` 、////////////l l7777l l´/////八 ̄   /
  _ =-‐'"///////>'"_ ヾ//ノ l////////`>. /

927◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:11:46 ID:Gdp5/7oc0



                       , .-‐======- .、
                   /,. -;ィイ/⌒^^~~"''ー 、.\、
               r‐←/i/ レ'  ̄r‐- 、' , ' , ' , `ヽ.\
                 /ー'´/ .レ´  _`‐- ´`'‐、 ' , ' , ゙li ヽ
              ,r/"⌒! レ'  /´ ̄`''‐ 、 i´゙ヽ' , ' ll  i、
            y'- 、' , ヾ=ー''", ', ', ' '   ヽ ヽ、_)   !!  .l           依然としてグルジアには
        _ , rr‐(    \' ' ' ' '  ,. ‐'   ヽ ' , ゙!!  !   !! /⌒'/`y'⌒ト、
、/\ __("i´ l  l !`'‐、  ヽ .r ''"   |i   ノ ' , !!  !  !! ! レ' /  ノ─    党内外にモスクワの指令に
"´ ̄    ゝ-┴r´ ヽ、.._`o、{ { _,,.-=キ‐´ __ ||  | .〃 ,i -─-'、イ
       ト 、. __!     .r'"´ ̄``ヾー-=イf''´ ̄ r'´, - 、〃 ト、 _,,.ノ!        反抗的な潜在的民族主義者が
       ,r` ‐--i r'"´ ̄ ̄`ヾ     ^ヽ.  {. {   ) /'` ー--‐'1
       /   ,r'" ̄~`'‐ 、      Nヽ_,,..===:ヽ、._ー ン /       .{        跋扈している。
      i   { ヽ、{  ノ }ヘ_,.. '-‐ !-┘      ),∨ ./       l
     i   (ゝー---一'´`´            ノ〃 ./        l        まだまだ油断はできない状況だ。
.     i r─‐ !、._,,,..___ ,.ノ       _ ,. ‐'´,〃./ ,r──‐ 、.  l
`''‐ 、.._l l      ヽ`''‐ 、          _ /´/ /      l   !_,,. -‐'   監視は続行しておく。
     ! !     ヽ \ 「!''ー-====-fr´ ̄ / /         l.  {
.    | |        ヽ、 l.L三三三二ニ!i. ‐''´,. ‐'´          |   !
ヽ、._,! |           ! ┌‐-----─┐  i´               |  ヽ、.__,.





       ____
     /      \
   / ─    ─ \      そうかお・・・
  / -=・=-   -=・=- \    やる夫の故郷ながら
  |      (__人__)  U  |    まったく厄介な地域だお。
  \     ` ⌒´     /

928◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:12:46 ID:Gdp5/7oc0


             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )     でもザカフカース連邦の時の手腕は
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\     見事だったお!
    |    (⌒)|r┬-|     |     あれで民族主義者の野望は打ち砕けたお!
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/     やっぱりセルゴに任せて正解だったお!
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄



                                   |ヽ|ヽ}ヽ.ト、 ト、
                    ___   γ⌒ヽニ| レ-'-、| ',| ヽ
                  >''<>':::::::::=ーァ'´ ¨¨´/㍉イ. -==、 ヽ|   |
               ´//::::::ィ'' ∵.,Y⌒ヽ//,, ∵     ヽ Yミ|
   -一 ⌒ヽ.    /  / ./:::r'¨ ゚ ∴./ ト- イ/∴  ,,''   ⌒ヽ、. |'',,ヾ、_
   `ヽ    \/  ./ ./。・ :  '' /   /:/    ''        _j._彡  >''¨¨¨'' 、       グハハハ!
     }.  | /     / ./o。    〃⌒ヽ ヾY  ´ ̄`ヽ  =ー'´  ´   (  ヾ /  ヽ
    _ノ  |′    ′′  o  {    ノノ j/            z-一T¨777rt、 ノ /     あの程度のこと、
  (   \ |      ' ' . .    {ゝ-=彡' /    /三三三トアアアy'トハルレ'ニニニニ=Y 7′     俺にかかれば朝飯前よ!
   \    )     | | 。゚    弋_____彡イ     /彡ー,イ--≦三三ニニニニニニニニY7レ′
  \ `¨¨/.      | |     .,,;;lllllili|   / |   、_〈'   / レイ `ヽ  `ヾ三ニレレレjノ'
    `¨¨´',.      | {  ,;;l州    | / .人     `¨弋/  |ィ   \  Vハ
        ',      ' '州       |/    \     弋_ノヾ小ィ,,   ,ィ ヽイィィ         __
        ',    ', ',                ` ー─     `ヽ{_Y |ハyyyyイ  ./ヽ  /  `l
        ',    V∧                           `ー┴──┴y'  -┴/    j
         ',    V∧                     弋____ __.ノ三ヽ.  ー---〈,>'⌒V
  ニニニミヽ.   ' ,    V∧      ヽ、             イ三三三三三三三ニヽ.    /     〉
  三三三\   ' ,   V∧        ミー-------一<三三三三三三三三三三三ヽ.  、___ /、
  三三三三\  ' ,.   V∧               } } l三三三三三三三三三三三ニll        ヽ
  三三三三三\  ' ,  V∧              j j. l三三三三三三三三三三三ニ|          )

929◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:14:02 ID:Gdp5/7oc0


//::::::::::::::::::'''ー-、ヽ、
/::::::::::::::::::::::::::::∧:::ヽ ヽ
::::::::::::::::::::::::::___/  Yヘv、 ヽ
 ⌒>(___ )  ゝ-イ | 'yヘ
 ⌒Y .r=======、. `弋/  |
弋_ノ.// 。 ^  、ミヽ、__ー'ヽ、
   // o r  l ̄ ̄ `ヽヽニjy ヽ     /ヽ
   | | -ー           Y  .}、. )ー‐く y< ̄ ̄ヽ         それに、あれは俺一人だけの手柄ではない。
           `ニ=ー-- j __jミ}ノ::::::::::::::ヾ        j___
          r   =ニ三ニ ヘ:::::::::::::::::::ヽ    {    ヽ     そこにいる二人の協力あってこそだ。
      ⌒ヽ /|/|     >'''´ ̄ ̄`ヽ::::::::::}    弋    〉
       イ_/ .|     (  ヘ   ,.'  / l::::::::j     >一'
        ヽ.ノスケフ「ノ ゝ、 .ゝ ,' ノ_ノ::::::/     r一-- 、j
   \_   ヽイゝヘ,ィy'| `テテテテテノ:::::::/    |     〉
            `¨弋/. |YYYYY}ノ|::::::ノ     、   /
              ¨¨¨¨¨¨¨¨`´)        ー<
            `ー─     ー'


         ____
        /⌒  ⌒\
      / (⌒) (⌒)\       おお!
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \
     |       |::::::|   ,---、    ミコヤンとキーロフかお!
     \       `ー'   しE |     評判はよく聞いているお!
     /           l、E ノ
   /            | |     ささ、くつろいでくれお!
   (   丶- 、       ヽ_/
    `ー、_ノ

930◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:15:08 ID:Gdp5/7oc0


                       __ __
                    , .≦三三 ヲ´
                 , . ≦三三三 <´
          , . ≦三三三三三三三三>
        r≦ 三三三三三三三三三<
        |三_j|  /⌒\  /`ヽ ! ̄ ̄ `
.         |三..l  |    ∨    i |           わざわざ僕らのことに
      i⌒V  |   O || <  |.ト.           気を割いてくれるなんて
      | i}    ゝ._ノf入_人{_ノ          光栄だね。
      乂__   、___   __ノ´
         \  \ `ヽ `フ´             ま、ザカフカースの時は
.            __}> .\ i/       _      僕らも十分同志やる夫に助けられたよ。
        /く `ー‐‐ァく\     _/   二.)
.       /  i\  /  Y \__/ ! -- ' /\   あの大仕事は僕らと同志やる夫、
       /   !  `′   i     人   /\ヽ)  四人の力が合わさって初めて可能だったのさ。
.      〈   ノ        |\_/  `丶 \ )'
       \ /`ー─ ──i             `´
.        {         |
    アルメニア人・カフカーストリオ
       アナスタス・ミコヤン




                /
              /'
             /::/-――――‐-...ー―ァ
            ,..--':::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\´
          /‐ァ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         ⌒7:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::.       その通り。
          .〃::::::::::::!:::::/:::::::|:::::|:::::::ト::::::::ヽ:::::::::::.
         /'|:::::::|::::-!::/_{:::::::{:::::i\::i-\::::::!::::::!:::!
          i:::::::|l:::::i/_\:::ヽ::::. _)'__‘::::|i:::::|l::|      俺たちが存分に仕事をできたのも
          {:::::::|l:::::「丐心 \i\{ 丐刃 }i::リ∨:!リ
            ヽ:::|i:::::i ヒz少      ヒz少 i/ }:::i′      モスクワの明確で強力な
           )八从     ,       厶イi::リ
                `ヘ    __,   ..イ:::::リル'       リーダーシップのおかげです。
                 )ト .       .ィルリノレ
              r―――}` ー‐  {i/---- 、
            }: : : : : : :\_. -: : : : : : : :.\
           __人: : : : : : i i: : : : : : : : : : : --〈_
         〃    \: : : : i i: : : : : : : /      ` .
         /:i        `介: リ:_:i´i:_:/         /⌒丶
         ,: :.|        // //  i i|          /: : : : : :
       i: : :!     // //   .i i|       /: : : : : : :i
        ボリシェビキ中堅幹部
                 セルゲイ・キーロフ

932名無しのやる夫だお2012/05/02(水) 21:16:55 ID:kRHULAlI0
モロトフと並ぶ長寿のソ連の異能生存体じゃないか

935名無しのやる夫だお2012/05/02(水) 21:18:00 ID:N11BkRzE0
異能生存体のミコヤンさんじゃないですか!!

931◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:15:54 ID:Gdp5/7oc0


ミコヤンとキーロフは、オルジョニキーゼと組んでカフカース地方において
辣腕をふるった有望な若手党員であった。

ザカフカース連邦への統合にも彼らの寄与するところが非常に大きかった。




      ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\     もう!二人とも口がうまいんだから!
  / /// (__人__) ///\
  |     |r┬-|      |    そんなこと言われたらやる夫サービスしちゃうお?
  \     ` ー'´    /    とりあえず二人に党の経費で別荘買っちゃうお!




やる夫はこの二人をいたく気に入ったようである。

933◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:16:58 ID:Gdp5/7oc0


                 i''、
        ,i 、     .! ヽ
          ', `'‐..、  .|  .ヽ
        ',    `'-、',   .ヽ
         l          \
  l'―-,,.   ..l            \
   ゙゙''-..、`゙゙^^""             \
      `'ー ..,、                \
            ,'''ー、、                 \
         ! /'''''!',― ..,,,.. -ー-、           \
            | ,'    .゙、 ./     l,,,、          \
         !l゙   .   l/  .、   |  |ヽ       /       ,..r、    (くくく・・・
         ll゙   .l.  ,!  /    !  } l  ,, - 、 ./       ./  .!
       iへ.!',   .l .,i|  /    / . /  l,,'  ,  lゞ  ___   ./   !      うまく取り入れた様子だ。
       !  .',.ヽ,   _/ .ヽ   ./    .|  /  .| .く  ゙'、 ./   i!'''i
      ._,,,゙lii.. ゞ `゙゙'',,_,`  .`^^゙゛   _/',   ."" /   .`、  .レ゙  /   l^^'i   これなら将来の出世は間違いなしだね。
      ヽ               _,, ‐'´  .!  .-, -'     l   、 ./  ,/  .,'、
        \       _,.. ィ''´     /    ,!__     .!   .l,,,,./  ,/ !  僕もセレブの仲間入りだ!)
          `^'''''''''''"´  .!     ./   /  ゙l    .{   ." .!t'"  ,./
                 /   . /  ._, -'゛./ ̄''、   .ヽ      ゙'l'''"
                ,i_,,i;;;;,゙.. -''゙゛ ._,, ./     \ .,ノ\__ッ--‐゙
                    /  ,, -'"  .l゙   / .,i' `"    l
                   i彡'゙|     ',   .l゙./       ./
                     /      ゝ..,,,li./      ./


   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
    )    Y    (
   /γ⌒     ⌒ヽ\      (・・・・・・ふんっ)
  /  |         |  ヽ
  |   ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     /
 やる夫の盟友・第二書記
  ヴァチェスラフ・モロトフ

934◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:17:54 ID:Gdp5/7oc0


 ヽ \__l   ___//  //l l)/  , ─ 、   \
‐‐' //////>、_l / {  /  l `´. /      \ ○ \
 ///////////,=-‐,─ l (⌒ヽ ヽ_/     _.  \
/////////////( ∨  l) l\ \  .-‐  ̄  /    >
|////////////l二} {二Y  ヾ `o、 (   キ>-‐'   _/. /      それでやる夫、
|//////////./     {    >' ̄ ̄ヽ≦二     `、/
∨/////////      l  /── 、     `      :.ヽ      モスクワの情勢はどうなのだ?
. ∨///////  ___ l>'         ∧)ヽ/`   l
  \/////| ///////>── 、     _/ l  )    ∧
,'   `<//| |//////l 、     `‐、_ハ/ ` ‐' ̄    / ヽ



     ____
   /      \
  /  ─   ─\      ・・・ジノヴィエフとカーメネフと組んで
/    (●)  (●) \     トロツキーを再起不能まで追い込んだお。
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /     これで当分の脅威としての
(  \ / _ノ |  |      トロツキーは無力化に成功したと思うお・・・
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

936◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:18:48 ID:Gdp5/7oc0



          / ̄ ̄ ̄ \
        /       . \       でも、やる夫の見立てでは
       /   \   /   \      早晩、新たな政治対立が
      .|   (ー)  (ー) .  |      発生すると思うお。
       \    (__人__) .  /
        /    `⌒´    ヽ





          / ̄ ̄ ̄ \
        /       . \       ジノヴィエフは・・・
       /   \   /   \
      .|   (ー)  (●) .  |     欲深い男なんだお。
       \    (__人__) .  /
        /    `⌒´    ヽ

937◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:20:00 ID:Gdp5/7oc0


      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ● ノ\   /\● 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\        しかし、僕たち書記局は
.    /  |         |  ヽ       新たな政争を欲しない。
.    |   ヽ__人__ノ   |
    \     `ー'´     /      いま必要なのは党の団結と国家の安定であり、
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ       昨年から続く政治闘争を
    /      ,⊆ニ_ヽ、   |       常態化させることは党の利益に反するからね。
   /     / r─--⊃、  |
   |  ヽ,.イ   `二ニニうヽ.  |




           ___
           /⌒ ー、\
          /( ●)  (●)\           ヴェーチャの言うとおりだお。
.      /::::::⌒(__人__)⌒::::::\          いろいろゴタゴタが起きるかもしれないけど、
  cー、   |     |r┬-/ '      |⌒,一っ     やる夫はなんとか平穏に乗り切りたいと
 ,へ λ \    `ー‐'      / 入  へ、   思っているお。
<<</ヽ                     /\>>>

938◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:20:51 ID:Gdp5/7oc0


            , =-‐ニニニミヽ、
          ,ィ´ィ,ィ'"´_=-‐-=、`ヾヽ
       .,r‐‐=///´r''´⌒、_∧_⌒,=、ヽヽ、____
ー<´ ̄~¨7  .///f´`,ィゝ‐''.〈ハ〉 ̄ゝ‐'、ヾヽ`ヽ\r‐-、
ヽ  ヽ _/ .///r‐f´     〈ハ〉    f`Y:l‐-、. }  l‐-、
 ゙v''"´  `ヽ{ i l`/'"//⌒ヽ. 〈_〉 ./⌒ヾ、 l l、  `ヽ ノ´`,、´ヾ
  }ゝ、 __, ィ'"l l: Y`i l l (⌒ヽヽ__/´,ィ'⌒) l l_l_l、ゝ ___)´` ⌒     (トロツキーが失脚した今、
  .l`ー---'''"l l:..l rf⌒ l`x、 ` v ´)ヽ,ィ' ff´ ハ `ー-‐'i ´` ,,、
  l       l l八ノl ヽri゙ゞニ゙、_|_,∠´、",r`Y ノ    l         もはやジノヴィエフ達と
  l    _ ヘ∨ゝ. /.f´l:.'´-三-`゙l`iヾ ハ'"     l
  .ハ,ィ'"´:::ヘ //ヽ,,`ゝ{ ,>=< }‐'"rヘ l.      l         手を組む意味はなくなったと言いたいのだな)
 .ノ //////∧'"ヽ、゙ ゝ ハ'´ヾ  ,イハ ノ,ィヘl /⌒ヽ l
:./ l///////,`>-、 八_,,` ー‐‐'__ノ´ ,,ィ'"/////} l
/  ゝ///////////`ー=i `ー―'  ,ィ'´////////ノ l
   ` 、////////////l l7777l l´/////八 ̄   /
  _ =-‐'"///////>'"_ ヾ//ノ l////////`>. /



                       , .-‐======- .、
                   /,. -;ィイ/⌒^^~~"''ー 、.\、
               r‐←/i/ レ'  ̄r‐- 、' , ' , ' , `ヽ.\
                 /ー'´/ .レ´  _`‐- ´`'‐、 ' , ' , ゙li ヽ
              ,r/"⌒! レ'  /´ ̄`''‐ 、 i´゙ヽ' , ' ll  i、
            y'- 、' , ヾ=ー''", ', ', ' '   ヽ ヽ、_)   !!  .l
        _ , rr‐(    \' ' ' ' '  ,. ‐'   ヽ ' , ゙!!  !   !! /⌒'/`y'⌒ト、    (しかしやる夫は
、/\ __("i´ l  l !`'‐、  ヽ .r ''"   |i   ノ ' , !!  !  !! ! レ' /  ノ─     今すぐにジノヴィエフらと戦おうとは
"´ ̄    ゝ-┴r´ ヽ、.._`o、{ { _,,.-=キ‐´ __ ||  | .〃 ,i -─-'、イ       思っていない・・・
       ト 、. __!     .r'"´ ̄``ヾー-=イf''´ ̄ r'´, - 、〃 ト、 _,,.ノ!
       ,r` ‐--i r'"´ ̄ ̄`ヾ     ^ヽ.  {. {   ) /'` ー--‐'1        いや、自分の足場を固める
       /   ,r'" ̄~`'‐ 、      Nヽ_,,..===:ヽ、._ー ン /       .{        時間稼ぎを必要としているということか)
      i   { ヽ、{  ノ }ヘ_,.. '-‐ !-┘      ),∨ ./       l
     i   (ゝー---一'´`´            ノ〃 ./        l
.     i r─‐ !、._,,,..___ ,.ノ       _ ,. ‐'´,〃./ ,r──‐ 、.  l
`''‐ 、.._l l      ヽ`''‐ 、          _ /´/ /      l   !_,,. -‐'
     ! !     ヽ \ 「!''ー-====-fr´ ̄ / /         l.  {
.    | |        ヽ、 l.L三三三二ニ!i. ‐''´,. ‐'´          |   !
ヽ、._,! |           ! ┌‐-----─┐  i´               |  ヽ、.__,.

939名無しのやる夫だお2012/05/02(水) 21:21:04 ID:N11BkRzE0
ここでも穏健派として通すか

940◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:21:43 ID:Gdp5/7oc0



                                                      ___
                    まったく、                           /   ヽ、_ \
                    このところレーニンの後継者争いで          /(● ) (● ) \
                    ゴタゴタばっかだお。                 /:::⌒(__人__)⌒::::: \
                                                 |  l^l^lnー'´       |
                    そろそろそういうのは                \ヽ   L        /
                    ナシにしてほしいもんだおー。              ゝ  ノ
                                                  /   /








.    >‐ 斗 ¨: : / /: :{:     \<ミt
  /  //: : γ¨7,//: : :.:Y⌒\  ‘,: :`寸           (この男が権力の座を欲しないわけがない。
 /   / /: : : : /`ー´//: : __ :.{.    \ ‘,: : __\           これは攻勢前の準備段階にすぎない。
./   | |: : : ノ   〈〈 -‐ `: ゝ._tァ__ゞ='-' };} .)
    | |: :Y´ ̄Y、 } }__   , ィ ,,   >'¨¨≧ェ__       万全を期してから権力へと進撃するつもりだ)
.    Ⅵ {   } }γ´   \/ |' .{.    ,γ´   , \
\    Ⅵ ゞニ彡'::{   ij    ̄¨¨^ ─Y_.」_ヽ / ィ }           /ヽ
、__}   ‘,',l    !:::!                ¨ ‐- 、′      /   }
」-'¨\  \\__/  \_〟-‐       `ー‐- _   ノ    / ̄〉'_>´ ̄У ̄\
    \  \\         _         / ̄_ ェェ/_/       {_   〉
.       \  \\  \ \ゝ_ 三二≡=-─ ´仁}三三三三三三三≧ェ.    ̄¨ヽ

941◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:22:45 ID:Gdp5/7oc0



.               /  /::::::::::,::, -‐─==--- 、
                /  /:::::::::∧' }ニヽ: : : : : : : : : :
                  /γ¨゙>= ,/!ヽ.}/ ̄ ̄ ̄¨¨ 、: : : :
             ,' .{/  /ヽ! /  .-─-     \: :
           , / | ,/ ´¨i { /¨ /: : : : : : : \   \
.         /¨/.γ゙⌒ヽ:. : |  ¨ /: : . ⌒ヽ: .: :.\
      _./ r'  {  、 \ゞ=='': :/     }: : : :.:‘,
ヽ _ .≦三三{:   Y :i \  ‘, :/   ヽ 、  ノ  : : : ‘,
≦三三三三 /`ニニ}| {  \. Y      }='}¨,         Y       (食えない男だぞ、こいつは)
三三三三三,' :::::::: γ  .、__tァ≧{ __≦三ゞ_ゞ、='      {{
三三三三三|::::::  {:  γ¨ ̄ ̄¨=--¨¨ `ー、}  γ⌒ヽ`
三三三三三|     ,'r  ¨ ̄¨=‐- _      r、. }ヽ /   ‘,
三三三三三|   厶_            | ヽ!  }     }
三三三三三!γ´ :|::  ¨=‐-         人_}__}`ー'     '
三三三三ニ| { ヽ :|    ノ   Yヽ___/             /
<三三三ニ| |`ト、_ ‘, ´   .从__},         ー──--'
  -=ニニ=-| 乂  `ー─  ¨               ..::
.         |  _>=、__ =-           _> ´ .:
.         | |//////∧  ̄¨t¨=───  ¨    ..::::
.       ', :l///////∧   \ `ー--   --   ...::::


             ________  . ィ
      __ ...---:::::::::::::::::::::::::::::<_
    Г::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
.     |::::::::::::::::::::::::::::::::::......---r‐'''`
.     |::::::「 ̄/⌒丶. /⌒ヽ |
.    l:::::::l  l    |l
.    r┴ 、:!  ゝ.  ・||・   j !
.    l δ `    ` ‐- ''υー ‐' \      (なんというか・・・
    ゝ    \          >
     `¬    `ー―――― ラ       ヨーロッパよりもアジア人の感性だね。
       ゝ.           _ ′
       __ュ==、ニ二l ̄          やる夫の策略ってさ)
     /    \/ヽ/ ̄ヽ
.    /               |
    l     '            l |
    |    ′         | |
    |    |         | |

943◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:23:48 ID:Gdp5/7oc0


:::::;;;;/ヽ_.ノ       \   }__  \
: ;/    ィ=ミヽ      \_ル'| ̄`ヽ\
Y⌒ヽ  // 仁ニ二二二二二}∴. /¨\.            / ̄ ̄`ヽ
|____丿 //   /. ̄ ̄ ̄`ヽ ∵ /、   |___.      / / ̄ヽ
|   //∴ Y_          \ 〈.   }ヽ/|\   \__{/      \
||   //∵   \ ` ー-==、 .   ) )__ノ,ィ彡'}‐-丶   \三三三三三三三      ・・・やる夫。
|ト、 ヾY     ヽ\    O ==' ̄ ̄`ヽ==ケ  \    \三三三三三三
|| l } y'⌒==ュ` ー===イ    -‐ "¨¨¨ヽ _}  ̄ ̄ ̄}三三三三三三      グルジアの情勢も少しは落ち着いた。
|| l ./     `ヽ    /  .../    , '"¨¨ヽ ¨¨ヽ  ノ三三三三三三
||ノ /    _                 ,,/       |  ノ7/二7ヽ三三三三三三     何かあったら俺たちも力になろう。
||彡イ   ⌒ヽ ̄`.,イ㌦_ヽ     { ヾゝ   ノ .〃/    \三三三三三     遠慮はいらん、いくらでも
|. /| |        \/ |. |∨∨「ノィy-rケヽ___,ィレ′       \三三三三     声をかけてくれ。
|/ .|人:::::...    廴ノ__ノ勹ィヽ,ィュ ,イレ'ヽィy′レイイ}___   ヽ 三三三
|  |  \::::::::...      ` ー─‐-Y |勹Yl`ヽハ-‐─j:三三三\    \三三
|\     \             ` ー '  ̄  __ノ:三三三三:\    ヽ三三
|\\    ` ー─-  ヽ:::..   ` ー───イ三三三三三三三三\    }三三



         ____
        /⌒  ⌒\
      / (⌒) (⌒)\       おお!
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \     そいつは 嬉しいお!
     |       |::::::|   ,---、
     \       `ー'   しE |     セルゴがいれば百人力だお!
     /           l、E ノ
   /            | |
   (   丶- 、       ヽ_/
    `ー、_ノ


   /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::/:::::::::::::l::::::、:::::ヽ
 /::::::::::::/:::::     ...../............/!   ::::l::::::::ヽ::::
/: :::::::,/  .....:::::,:::::::::/:::::::::/ ,':::::::,:::::....l  :::::ヽ、
'::  ..:::l:.:::l:::::::::::::::/:::_,/-/‐‐/、 /::::::::/:::::::/:::l:::... ',
:/::::::::::l:::::l::::::::::::/"´/ /::/   `.'::::::::/:::::::/l:::::l:::::::::::
::::::::::::::|::::l::::::::::イ:::::/,...l≠ 、`ヽ /::::::::/;::::::/-l、:::l::::::::::
::::::::::::::l,-',::::::::/!:::/ ',::\イl  /:::::://:/、、 l::::l:::::::/
:::::::::::::/  ',:::::ハ/   ∨-イ! /_,/ / l:l, ! /::/!:/
::,.l::::::::{   ',::l      `ー'" ´      l_/ ハ /
:ハ:::::::::ヽ、 、!               、  l
l l::::,::::::::::::ヽ-‐、                !       (俺も取り入っておこうかな・・・)
  l::ハ:::::::::::::::::::l 、            _     ノ
  /  l:::::::::::::::l 、! :::...       ´   ,.イ
   _,..l,::: -―'- 、    ::....      /
-'"´: : : : : : : : : : : `'' - 、_ ,- _ /
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`丶、
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
: : : : : : : : : : :,.... - 、: : : : : : : : : : : : : : : : :./
_,... - ― '"´      `ヽ、: : : : : : : : : : : /

945◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:24:56 ID:Gdp5/7oc0


                  __ _
   _,rーく´\  , --、   /⌒  ⌒ \
 ,-く ヽ.\ ヽ Y´ /   /(●)  (●) \     そうだお、キーロフ君。
 { -! l _」_ノ‐′/   /    (__人__)    \    今度うちで夕食でもどうだお?
 ヽ ゙ー'´ ヽ  /   |     . `Y⌒y'´     |    キーロフ君みたいな若い男がくれば
  ゝ、  ノ_ イ    \     ゛ー ′   ,/     うちの嫁も喜ぶお!
    ヽ     |     /    ー‐     ヽ





.       /.:::::;::::イ/____.../....-‐/―‐-..`.._ 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ\
     /./r' /;!.,'::::::::::::::::;イ:::::::::;l::::::::::::::::::::::::::``:::....、::_::::::::::::::::::::::::',``
...   〈/ . |l:::::|.;::::::::::::::::/ |_:/ ';:::::::::::::::::::::::lⅣ:::::::::::`::...、`ー:、__:::::::',
       ||::: |;:::::::::::::::; ̄l:::/¨¨`;::::::::::::::::::::::l|_∨.:::::::::::::::::::::::...、.`∨,
       |.リ:::l|l::/|:::::::;'.,>≧ミ_ ';::::::Ⅳ:::::::: l|=-';::::::;:::::::::::::::::::::::`ー.、.',
        .ノ' /ll:;::ハ:::::;:イ |ハ .>∨:|!∨:::::::l|__';::::|.V::::::::::::::::::::::::::::::',
      .//  l|::l|ハ::iハ .|l:::`´:!.  Ⅵ. ∨:::::l|7{. Ⅵヽ';:::::::::::::::::::::::lト ∧
      ′   ||从 Ⅵ `.ゞー''   `  ∨:::l|:::ゝイリ./`;:::::::::::::::::::::l| ヽ〉
          Ⅵハ .l       /l    \ト、:ノ  ,イ::::::::::::::;::::::::|
           Ⅵ }::;        ヽノ            /!.l:::/::::::/∨::::!      ありがとうございます。
            从:.、     、     ,     / ソ::::/.::;′.∨:{
         r―‐-..../、_.V:\         ̄     .イ'::::::/}::/    ヽ〉
         ';::::::::::::::::::::::::::三≧=-...、        .イ::::;::〃 ,'/           その時は是非!
       .V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`>x-<::::__/レ'_ 〃
       ,イ`:、:_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〃::::::::::::::::::::::::::::::>,
   .___く_:::::::::::::`:ー--‐:::::::::::::::::::::::::::::〃::::::::::::::::::::::::::::::::::/
    /////`ヽ_、:‐-、`:::、:::::::::::::::::::::::::::〃:::::::::::::::::::::::::::::::/
     //////////>ミ、::::`ー::::::::::::::::::〈_::::::::::::::::::::::::::::::く
      </////////ヽ <:::::::::::::::::::::〉::::::::::::::::::::::::::_:::}
        \/////////\  }} >-:/__:::;::r‐≦´ ̄ .\

946◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:25:55 ID:Gdp5/7oc0


1924年冬の政治闘争はジノヴィエフ・カーメネフ・やる夫の三人組の勝利に終わり、
トロツキーは異端者として大きな烙印を押されることになった。


                     <: : : : : : : : :> .
                  _ /: : : : : : : : :j! : : : : : `ヽ
                     ノ: : : : : : : : : : : /{: : : : : : : : ∧
                  /: : : : : : : : : イ /  `¨ヽ: : : : : :∧
              /: : : : : : ハ/ソ ソ       jハ: : : : : :}
              リ : : :γ    ,   ` ̄ `__  ヽ: : : : :!
               ヽ: : : |  ≦´ー、==〈:::::::::::::} ̄` }: :r ヽ
                    ゞ: :ゝ〈:::::::::::ノ} : ヽ¨¨¨   : : : y  .}
                >:|     ヽ ア      : : : ;  イ
                  { ∧         _ ク` : : : -    政治局員・ペトログラード総責任者
                   ヽ ∧    / ´ ̄  . : : : }: :!   グリゴリージノヴィエフ
                   ∧        . : : : イ : :!
                     ヽ   . . . . : : :<: : }iリ
                     `ー―==´      !
                      |   i   i     |
           ,.-、        r< ̄ ヽ  r ´ ̄  ̄ |
   /フ   /`i /  ヽ          }、     ヽ |       !
    i i   /  レ'    ヽ      イ;{≧ュ、_ , == 、. x≦ ソ;      _____
.   l l  / _   ,r-;、  ヽ  ,<;;;;;;;|≦=ィ´  : : ハ==≦j!     / ノ ' ヽ_\
   .! ! ./<{ }〉 `'ー'.'   i≦;;;};;;;;;;;;;;;;>/    : :   ゝ ,イ   / .( ●) ( ●)\
    ! i /.  ̄ヒフ        !;;;/;;;;;;;;;;;;;;/    ,′   ∧;;  /  ::::::⌒(__人__)⌒ \
.   ヽヾ          ヽヽ                  |      |r┬-|    |
    ヽ           i'、ヽ                \       `ー'´ __/
    l            |. i. i                 /        (
    |              l l. l                |     \/⌒) /⌒)
.     i           l.  l l                |    \   /|,,.__ノ
     i           l.  l l                .|    ( \/
      i          ,!   `'                /   /⌒\
      i         /                   |        \
        i,   r-,   ./                    \___ノ\  l
      ヽ  ,! i,   /                      ノ  ノ   ) ノ
       ヽ.ノ   ヽ.ノ                      レ´ ^    レ´
   政治局員 レフ・カーメネフ


この事件はレーニン後のソ連における大きな転換点の前触れでもあった。

947◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:26:50 ID:Gdp5/7oc0


それは、この時を境に今まで地味な事務屋でしかなかったやる夫が
党の理論問題に脚を踏み込んだことである。



          ____
+        ./ \  /\ キリッ
      / (●)  (●)\      社会主義の最終的勝利のためには
    /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \     一国の力だけでは不十分だお。
    |      `-=ニ=-      |    それは複数の先進国の努力が
    \      `ー'´     / +   必要とされているんだお!

948◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:27:46 ID:Gdp5/7oc0


これは今まで陰の策謀家から、表の指導者に進出しようとするやる夫の試みであったのだが・・・


         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (>)  (<) \
    | ∪    (__人__)  J |  ________
     \  u   `⌒´   / | |          |
    ノ            \ | |          |
  /´                  | |          |
 |    l                 | |          |

         ____
       /   u \
      /  \    ─\    チラッ
    /  し (>)  (●) \
    | ∪    (__人__)  J |  ________
     \  u   `⌒´   / | |          |
    ノ            \ | |          |
  /´                  | |          |
 |    l                 | |          |

949◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:28:13 ID:Gdp5/7oc0


         し!     _  -── ‐-   、  , -─-、 -‐─_ノ
  あ ど    // ̄> ´  ̄    ̄  `ヽ  Y  ,  ´     )   論 え
  り う    L_ /                /        ヽ  文  |
  ふ 見    / '                '           i  !? や
  れ て    /                 /           く    る
  た も    l           ,ィ/!    /    /l/!,l     /厶,   夫
  文 ど   i   ,.lrH‐|'|     /‐!-Lハ_  l    /-!'|/l   /`'メ、_iヽ  の
  章 こ   l  | |_|_|_|/|    / /__!__ |/!トi   i/-- 、 レ!/   / ,-- レ、⌒Y⌒ヽ
  だ か   _ゝ|/'/⌒ヽ ヽト、|/ '/ ̄`ヾ 、ヽト、N'/⌒ヾ      ,イ ̄`ヾ,ノ!
  よ で   「  l ′ 「1       /てヽ′| | |  「L!     ' i'ひ}   リ
  ね 見   ヽ  | ヽ__U,      、ヽ シノ ノ! ! |ヽ_、ソ,      ヾシ _ノ _ノ
-┐  た ,√   !            ̄   リ l   !  ̄        ̄   7/
  レ'⌒ヽ/ !    |   〈       _人__人ノ_  i  く            //!
人_,、ノL_,iノ!  /! ヽ   r─‐- 、   「      L_ヽ   r─‐- 、   u  ノ/
      /  / lト、 \ ヽ, -‐┤  ノ  キ    了\  ヽ, -‐┤     //
ハ キ  {  /   ヽ,ト、ヽ/!`hノ  )  モ    |/! 「ヽ, `ー /)   _ ‐'
ハ ャ   ヽ/   r-、‐' // / |-‐ く    |     > / / `'//-‐、    /
ハ ハ    > /\\// / /ヽ_  !   イ    (  / / //  / `ァ-‐ '
ハ ハ   / /!   ヽ    レ'/ ノ        >  ' ∠  -‐  ̄ノヽ   /
       {  i l    !    /  フ       /     -‐ / ̄/〉 〈 \ /!


           ____
       /::::::::::::::::\
      /::::::─三三─\
    /:::::::: ( ○)三(○)\
    |::::::::::::::::::::(__人__)::::  |  ________
     \:::::::::   |r┬-|   ,/ .| |          |
    ノ::::::::::::  `ー'´    \ | |          |
  /::::::::::::::::::::             | |          |
 |::::::::::::::::: l              | |          |


理論面の問題は門外漢であり、やる夫の主張は、党教義やレーニンの論文などで
度々触れられていたものの焼き直しにすぎず、ほとんど見向きもされなかった。

950◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:29:06 ID:Gdp5/7oc0


1924年末、党内右派(農民重視)であったブハーリンが、
レーニンとトロツキーが「永続革命理論」について対立していた資料を携え反トロツキーキャンペーンに参加。




   /       ,_,              ',
   /       ( l 、            ',
   l      ,i、/ 〉ヽ!ヽ、ヽヾ   `ヽi   l
   l    i , ノ ハ( 、 ,-‐..'´`ソ'`ヽ i リ   /
  │  i、l=‐':´`"゙:::::::::::::.  : ノノ/、  /        ここに、かつてレーニンが
   | i i |/::` :: ::::::::,i ヽ ;::::::..  .:: l l  l   ヽ
   l ヽゝ l::: ::: :::/ |  `' 、::: -'´j l' /   )       トロツキーと対立していたことを示す
   ヽ、ヽ ` 、、:::/  !、-     ゝ,l '   /
    ゙''- 、ミ ',   _, - ‐-   /r, 、 `( _       証拠がある!
       _ノヽ\    -    , '// \   )
       `ヲ.  \      / //    `''‐'-,
    , ==l ,  l ` - ‐ '  //   ,---、 /
  , , ' '´   !li  lL.   , - ' 7/   |=000| )
//      `゙゙゙_)| `' '´   l(    ゙ー ' ´く
ヽ.ヽ、        l      ヽ >      l


彼はこれを持ってトロツキーの異端を証明しようと試みる。

951◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:30:06 ID:Gdp5/7oc0


【補足】


        ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
        =            ゙ミ
        ミ     ★      ゙ミ
       r―ミ             ゙ミ
      l  ミ;=======.:::゙ミ
       ヽ /  ※   ※   ※ ∧     かつて社会主義革命は
.      /   r―_‐_'i:¨:¨´:l ̄:`ヽ}     ブルジョワ革命を通し、プロレタリア革命に発展するという
      { ※ /: ´/: :/`:./;ハ:`: :l: l     二段階革命論が主流でした。
      }   f: /fてハヾ´ /f'云ヾハ:}
.      { ※ }:{ 弋__ノ   弋::リ j//     これに対して、トロツキーは即座にプロレタリア革命を
      ハ   {:ヾゝ''''   ,、  ''',イ ヽ     実現するという永続革命論を主張していました。
.     /: } ※. }: : ;>‐‐--‐<ヽ  }_
    /: :.{    l:/{i{ (ニニXニニ)} :.{ ※ ヘ
   ,.イ: : :/ ※ l:ヾ}i}  〃{i  {i: :ヽ  ヽ
.  {:ヽ: :.く   /: :j:ヾx、_ノノゞ≠'j : :.} ※ }
.r<:ヽ:`:ー`ヽ,/f'"::`ーt‐f´:t‐r‐':ヘ:-'`¨¨:}´




          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ    元来、ブルジョワ革命による産業の発展が
          ミ;=======゙ミ    プロレタリア革命を達成する体力を養うと考えられていました。
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,        しかし、トロツキーは途上国において一気に
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_     プロレタリア革命を達成できると主張していました。
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ    無論、一国の途上国だけでは社会主義は実現できませんので、
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ    永続革命は世界的な革命の実現を前提としていました。
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/    
         | |{i t    _     / |
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |

952◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:31:10 ID:Gdp5/7oc0


       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ;==============゙ミ
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k     ブルジョワ革命による資本蓄積を経ない
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',    永続革命論にレーニンは賛成しませんでしたが、
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|    西欧での革命のドミノ現象に繋がるなら、
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |    という条件のもとトロツキーの理論を支持したのです。
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /





           ,.:-=;1―;1―;1―;1―;1,=;:、
           ミ              ゙ミ
           ミ      ★       ゙ミ \
         / ミ              ゙ミ   \
        V/::ミ;=========゙ミヽ   \
       //:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :',  `、ヽ ム>
.      /:i:: :: /:: :: :: :: /:: :: :: :: :∧:: :: :: :: :::i  } >/i´   ここで大事なのは
      ,'::i:: :: i:: :: :: :: /:: :: :: :: :/ ∨:: i:: :: ::l  V/:: l    永続革命論が世界革命を前提としていたこと、
      ,':: l:: :: l:: _:: :: /:: :: :: :: :ム--+::-l―:: |   |:: :: |
.     i:: ::l:: :: |:: :`''フ:: :: :: ,:: /    ',:: |:: :: :|   |:: :: |   それにレーニンが永続革命に
.     l:: i:.|::..::|::_:: /:: :: : //     v|:: :: :|   |:: :: |   かつて批判的であったことです。
.     |::.l::.|:: ::|::/ニ_;; ;//  ====V:: ::,'   |:: :: :|
     |::∧:',:: ::V弋.:.:テ    ´ て:::::::o|:: ::,'   .|:: :: ::|
     |::i ',:',:: :∧廴::ソ      こ .ン|::/,'   i:: :: ::.|
     ',.i  }::ト:: : ヽ゛゛  ` _   ゜゜イ|/:,'   ,':: :: :: |
      ',' .ハ::iヽ:: ::>ァ-------<´<:: /:,'   /:: :: :: ::|
       ∧ヾV>、:V/ | (ニxニ)  |: :',:: /_ -'''´:: :: :: :: ::|
       /:: L_i VX|: :|  ∧   |: : |:: :: :: :: :: :: :: :: :: ::ヽ
       /:: :: :: :: :: :: :|: └ ┘└ ┘: :.|:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::\


【補足終わり】

953◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:32:02 ID:Gdp5/7oc0


ブハーリンもこの地味で難解な理論問題の紐解きをしようとは思わなかった。

彼にとって大事なのはレーニンとトロツキーが対立していたという事実を
証拠と共に世間に喧伝することだけだったのだ。





       /                         |
.       /        π                  |
      |      ノ {               |
      l i   从(´__  `ヽ_                {     トロツキーの永続革命論は
      ヽヽ .{/////`ー´77777ノ丿  /       |
       `ヽ i/////r-、//////ヽ─´  /,    |     野蛮な冒険主義であり、
         _ノ ∨/_ノ/  ヽ////>/   //  _/
        て ',  ヽ   ` ̄  z  /´  /_       レーニン主義からの逸脱だ!
         -=>  ',  ニ=      レイ    く
       |::::::::::::|/ ヽ  `    / /   ヽ ト--= _
       |:::::::::::{{ ,|_`ー- - ´  / |_   ノ:. :. :. :. 〉 〉
       |:::::::::::|| |`ー------ イ _(:. :. :. :. : //
       └:::::::::|| イ            }t-:. :. :. :. :. //
-=ニ二三三::::::::::}}              |/:. :. :. :. :. //

954◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:32:23 ID:Gdp5/7oc0


しかし、この過程で、かつて多くの社会主義者の信条であった世界革命(レーニンも賛成していた)が
トロツキズム特有の逸脱であるかのような誤解が流布してしまった。




        ∧,,∧  .∧,,∧
    ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧∧    <へぇ、たしかに冒険的だね。
   (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`)
   | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ  <世界革命なんて非現実的すぎるよ・・・
    u-u (l    ) (    ノ u-u
         `u-u' `u-u' 



           _,、 -‐''''""~~""''''‐- 、_
        ,.-'"             ゙ヽ,
       ,r"                    ゙、
     _,/                       ゙、
.   ,r'"                       ゙、
   {     {                      ヽ
    {     {     ..,,_              ヽ     え?いや・・・
.   ノ     ,'゙'、ヾ、レ‐---、ヾ゙)ノ)   -、         ゙,
  /     {  ,、-:::::..  :. :::ツ ノ     ゙、゙'、       }
  ,"      _!,,ソ:::::::::::::::.. :. :::::ノ{     } }      ノ     私が言いたいのはそういうことではなく、
  {     r'':::::::::r-、;_::::::::  :. :/ ゙'‐-、,   }.ノ      {
  ゙、    { ::::::::;'   `''ー-‐'"     ノ  リ       ゙ヽ    永続革命の本来的な・・・まぁいいか
.  ゙'‐-、 ゙'、 ::::/        し  、,クノハ         }
     ゙'‐`'{'゙iヽ、'   __,,,.、    ,.,.,.,,,_/_ハ       {
        `'ヽ  r,"-''"     | ┌ー-゙-ニっ     ヽ、
         {ヽ  r"      | .|      } ト)    ヒ`ゝ
         `~}ヽ      /.| |      -‐"  ヽ、 マ
     l'''ニニニニ{、、,゙'、.,__-‐"  | |            ヽ'
.      | i     ノ     l,.、-'"| |
      | i     `つ   ζ   .| |
      ヽ,ヽ     `''ー'l
.       ヽ,゙、         !

955◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:33:20 ID:Gdp5/7oc0


そして、これに目をつけたのがやる夫である。


     ____       ヽ v /
   /⌒  ⌒\     -(m)-
  //・\ ./・\\       ≡
/::::::⌒(__人__)⌒:::::\
|      `ー'´     |    いいこと思いついちゃったお!
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

956◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:34:07 ID:Gdp5/7oc0


       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \      ホントは
  / o゚((●)) ((●))゚o \    レーニンに変わる
  |     (__人__)     |    党の理論家として
  \     ` ⌒´     /    名前を売りたいんだお・・・



       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \      でもレーニンやトロツキーの
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \     論文を超えるすごいものなんて
  |     (__人__)    |     書けないんだお・・・
  \     ` ⌒´     /



       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\      だからトロツキーバッシングに乗じて
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\     てきとーに大衆受けする論文を
  |     |r┬-|     |     でっち上げるお!
  \      `ー'´     /


それこそまさに・・・

957◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:34:53 ID:Gdp5/7oc0







                      \ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从_从人_人/
                      ≧                             <
                      ≧       一国社会主義論!!!        ≦
                      ≧                             ≦
                     /Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒WW⌒Y\

                                    ___
                                   /     \
                           ∩     /  ::\:::/::  \ .   ∩
                           l ヽ∩ /  .<●>::::::<●>  \ ∩ノ j
                           ヽ ノ |    (__人__)     | ヽ ノ
                            | ヽ \    ` ⌒´    / / j
                          .  \  ̄ ───────  ̄  /
                          .    \              /

958◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:35:23 ID:Gdp5/7oc0



         ___       /)
       /     \    ( i )))
     /  ::\:::/::  \   / /    ソヴィエト人民諸君!
    /  <●>::::::<●>   \ノ /     トロツキーはロシアの後進性を上げつらって
    |    (__人__)     | .,/      世界革命などというものの必要性を
    \    ` ⌒´    /        吹いて回っているお!
    /__       /´
   (___)     /           しかし!それは真実なのか!?





           ___
         /      \
        /  ::\:::/::  \      たしかに、社会主義勝利のために
      /  .<●>::::::<●>  \     いくつかの国のプロレタリアが団結することは
      |    (__人__)     |    必要だお!
      \    ` ⌒´    /
       /,,― -ー  、 , -‐ 、    だが、それは直ちにロシアが西欧と対決できないことを
      (   , -‐ '"      )    意味するのか?
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l

959◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:36:40 ID:Gdp5/7oc0



       / ̄ ̄ ̄ \
      /   ::\:::/::::\
    /   <●>::::::<●> \      西欧で革命が起こるまでロシアは
    |     (__人__)    |      ヨーロッパの片隅に引っ込んでいなければならないのか?
    \     ` ⌒´   /
       ̄(⌒`::::  ⌒ヽ         ロシア人は自力で社会主義を建設できないのだろうか?
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
         ヽー―'^ー-'
          〉    │





        ノ L ___
       ⌒:::\:::::/::\
       / <●>::::<●>\       いいや!そんなことはない!
      /    (__人__)   \      ロシア人民にはそれができるお!
      |       |::::::|     |
      \       l;;;;;;l    /l!|     他国の援助にすがる必要などない!
      /     `ー'    \ |i     ロシア人は自らの手で未来と歴史を
    /          ヽ !l ヽi     切り開くのだお!!
    (   丶- 、       しE |
     `ー、_ノ       ∑ l、E ノ
                レY^V^ヽ ドンッ!

960◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:37:56 ID:Gdp5/7oc0


やる夫が一国社会主義を公然と打ち上げたのはこれが初めてと思われる。

後進的農業国家であるロシアにおいて、独力で社会主義を実現することは
党幹部のインテリゲンチャの誰もが不可能だと考えていたし、事実そうであっただろう。




         し!     _  -── ‐-   、  , -─-、 -‐─_ノ
  シ 空    // ̄> ´  ̄    ̄  `ヽ  Y  ,  ´     )   主 え
  モ 想    L_ /                /        ヽ  義  |
  ン が    / '                '           i  !? 一
  ま 許    /                 /           く    国
  で さ    l           ,ィ/!    /    /l/!,l     /厶,   社
  だ れ   i   ,.lrH‐|'|     /‐!-Lハ_  l    /-!'|/l   /`'メ、_iヽ  会
  よ る   l  | |_|_|_|/|    / /__!__ |/!トi   i/-- 、 レ!/   / ,-- レ、⌒Y⌒ヽ
  ね の   _ゝ|/'/⌒ヽ ヽト、|/ '/ ̄`ヾ 、ヽト、N'/⌒ヾ      ,イ ̄`ヾ,ノ!
   l は  「  l ′ 「1       /てヽ′| | |  「L!     ' i'ひ}   リ
        ヽ  | ヽ__U,      、ヽ シノ ノ! ! |ヽ_、ソ,      ヾシ _ノ _ノ
-┐    ,√   !            ̄   リ l   !  ̄        ̄   7/
  レ'⌒ヽ/ !    |   〈       _人__人ノ_  i  く            //!
人_,、ノL_,iノ!  /! ヽ   r─‐- 、   「      L_ヽ   r─‐- 、   u  ノ/
      /  / lト、 \ ヽ, -‐┤  ノ  キ    了\  ヽ, -‐┤     //
ハ キ  {  /   ヽ,ト、ヽ/!`hノ  )  モ    |/! 「ヽ, `ー /)   _ ‐'
ハ ャ   ヽ/   r-、‐' // / |-‐ く    |     > / / `'//-‐、    /
ハ ハ    > /\\// / /ヽ_  !   イ    (  / / //  / `ァ-‐ '
ハ ハ   / /!   ヽ    レ'/ ノ        >  ' ∠  -‐  ̄ノヽ   /
       {  i l    !    /  フ       /     -‐ / ̄/〉 〈 \ /!




常識的に考えて、後進国ロシアで社会主義を実現するには
西欧からの援助・・・とくに西欧で革命が勃発することに期待するほか無いというのが
彼らの意見であった

961◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:39:05 ID:Gdp5/7oc0


やる夫は一国社会主義を理論的に立証しようとしたが、
ほとんどがレーニンの論文の都合のいいところを切り貼りした
捏造に近い詭弁的であり、複雑で空想的なものだった。




      γ⌒)
      / ⊃__
   〃/ / \   /\
  γ⌒):::<●>:::::<●>:\ ∩⌒)    つまり!あれで!それで!これ!
 / _ノ  u (__人__)  〃/ ノ
(  <|  |   ` ⌒´ u  / / ))
( \ ヽ \ ____/( ⌒)
               / /




       (  _,, -''"      ',             __.__       ____
   ハ   ( l         ',____,、      (:::} l l l ,}      /      \
   ハ   ( .',         ト───‐'      l::l ̄ ̄l     l        │
   ハ   (  .',         |              l::|二二l     |  ハ こ  .|  【党幹部の理論家達の反応】
       ( /ィ         h         , '´ ̄ ̄ ̄`ヽ   |  ハ や │
⌒⌒⌒ヽ(⌒ヽ/ ',         l.l         ,'  r──―‐tl.   |  ハ つ │
        ̄   ',       fllJ.        { r' ー-、ノ ,r‐l    |  ! め │
            ヾ     ル'ノ |ll       ,-l l ´~~ ‐ l~`ト,.  l        |
             〉vw'レハノ   l.lll       ヽl l ',   ,_ ! ,'ノ   ヽ  ____/
             l_,,, =====、_ !'lll       .ハ. l  r'"__゙,,`l|     )ノ
          _,,ノ※※※※※`ー,,,       / lヽノ ´'ー'´ハ
       -‐'"´ ヽ※※※※※_,, -''"`''ー-、 _,へ,_', ヽ,,二,,/ .l
              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       `''ー-、 l      ト、へ


このあまりにも惨めな社会主義理論は、名のある理論家たちからほとんど賞賛をあびなかった。

962◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:39:54 ID:Gdp5/7oc0



             .′         ./ /レ′ \  ヽ
            .′       , ィムイ        ヽ |
            }    { > ´            | {、
            ゚。    V                .' /!
               ゚。r.ミ }  .._      、__.ィ二ヽ}.イ
              `!  }|‐- y' ̄ ̄`Yzzz{ fTヽ H .j      (ふん・・・粗末なものだな。
              .}    ゝ..___ノ  |ゝ--- '/./
               ヽ .,、       _ .〉    レ′       私の周りの理論家の間では失笑ものだ。
                `Tハ           ./
                 ヽ|ヽ   `¨¨二¨”   /          やはり所詮はグルジアの田舎者か・・・)
                       | ゚         /!
                 r┤ ヽ      ノ .ト、
               . -ヘ  ̄  三三¨T二 --イ\
           _ ィ´:::::::::::|ー-- .___,オL_. - イ|:::::ヽー-ミ、
     _. -‐::: ̄::::::/::::::::::::::::マー----/ ,|  \ .|:::::::::\:::::::::> ._
ー-   ´::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::\  ./  {   ヽ{::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::`ー-----ミ、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::ヽ/   .ハ    \:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::/   〈 |       ヽ:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ

963◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:40:43 ID:Gdp5/7oc0



党幹部達の一国社会主義に対する反応は、ほとんど無関心に近かった。
グルジアの田舎者が背伸びして作り上げたお粗末な絵空事に構っている暇はないと・・・


      ____
     /\  /\
   /( ●)  (●)\     ロシア人民に不可能はなし!!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /

964◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:41:04 ID:Gdp5/7oc0


しかし、やる夫の主張は「レーニン入党」で党内に流れ込んできた
教養のない労働者や農民たちにとっては、非常に受け入れ易いものだった。



               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !     ロシア革命という歴史的偉業を達成した
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l     ロシア人民は胸を張るべきだお!
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //       諸君は世界に先駆けて、
  / __        /         人類初の社会主義をロシアの地に実現するんだお!
  (___)      /



     ∧,,∧  ∧,,∧
 .∧,,∧( ・ω・ ) ( ・ω・ ) ∧∧    <そっか・・・俺たちすごいことをしたんだよな。
 ( ・ω・ )  U) ( つと ノ( ・ω・ )
 | U ( ´・ω) (ω・ ) (   U  <世界で初めての社会主義革命なんだぜ?
  u-u (  U)  と  ノ `u-u
      `u-u'. `u-u'        <一国社会主義かぁ・・・

965名無しのやる夫だお2012/05/02(水) 21:42:05 ID:N11BkRzE0
昔からどの国でも愛国主義は大衆受けが良いからね

966◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:42:17 ID:Gdp5/7oc0


やる夫は党上層のインテリにではなく、無教養な一般ロシア人の愛国心に語りかけていたのである。

ロシア革命後の混乱により、かつての価値観も秩序も失ったロシア人に、
明確で積極的な復活への目標を提示したのだ。




  _ __:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::....
  `ヽ、`\:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::....
..    `ー、 ヽ,_:.:.:.:.:.:.:.:::::::::...          ,. '"  ( . ,.-、 ヽ "丶
::::..      ,>  └―‐‐ 、:.::::::::::...      ,..-, 、    ヽゞ-' ノ    ヽ
::::::::..   '‐、 「´ ̄"''ー、 \:.:::::::::..:..   /ゞ-' ノ    `i ⌒    ヽ           ロシアは偉大で素晴らしい!
::::::::::::..    `′     `゛` :.::.:.:..:.:.:.:./ ⌒ i´  人   `j ::::::::::    }
. :::::::::::::..        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.::|   `‐r‐' ` イ        |
..ヽ:::::::::::::::..      . .. ...::.:::    _ |     |     |   、_ ノ __   /ヘ      ロシアは再び立ち直る!
. / :::::::::::::::::..         __┌‐ー'´,--\    ヽ___/ // : :/. : ニ{ ` /  //7
(   :::::::::::::::::::....     r'´_,.-‐-、''ー、 :.:\      _ノ;;;;;;;: :i : : : :.{¨V  \:Y  /
 `‐' ヽ:.:.:.:.:.:.__                  ヽ`ー―"</ ,ィ'"´ : : : : ∧ \  ∧ ヽ   あの内戦の時、諸君は素晴らしい愛国心を発揮し
   丿:::::.:.:( `、               _/イr;;;;;/У: :`ヽ、 : : : :i { ' 、  ヽ  `ト/
   r-、  ヽ ∧、             { : :ノ/〉-{/ : :/ : : : : : :i :〉、 ヽ    ',
   } r-、  〉、 ヽ            `、| :i,';;;;/ : : :/ : : : : : : : ィ:( \ _ヽノ  }:    外国の侵略勢力を打ち負かしたではないか!
   } }  {_/ {   {、           }λ:|;;;;/ : : /. : : : : : : : : : : ヘ  . : : : :  r,
   } }  {r-、 ,'⌒  ',          /:'〈:'|;/ :./ : : : : : : : : : : :V: :.`ヽ : : : : ._//
   ヽ}、 .i  { r-、   人ュ、       ./:λ',:r :./ : : : : : : : : : : : : : :'、: : : : 〉二ニ/     諸君が本気になれば、できないことなどなにもない!
     ⌒}、└i 'ト ィ ノノ:.`ヽ、     /. :} : :i : ,' : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ : :{-´
       ⌒--へ  // : : : : \   r'´`.i : : Y : : : : : : : : : : : : : : : : : : :V : V
          ',ヽニノ : : : : : : : :ヽ人ミヾ', : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :V : }

          ゚・ *:  : *・
      *・ ゜゚・ * :  .。. .。.:  *゜
   * ・゜ ゚・ *: . .。.: *・ ゜゚  ・ *  :..
 。. ・ ・*:.。 ∧,,∧  .∧,,∧   .:* ・゜
    ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧∧
   (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`)
   | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ
    u-u (l    ) (    ノ u-u
         `u-u' `u-u'




一国社会主義は、本質的に大ロシアの再建と結びついていた。

トロツキーの永続革命に対抗するためだけに、ほとんどでっち上げに近いカタチで
作り上げられた一国社会主義は、ロシアの民族的愛国主義と非常に相性がよかったのだ。

967◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:43:50 ID:Gdp5/7oc0


【補足】


     |: : : : : : : :/   /        \ `丶ト、:.|:.:.:.:.:.:.:|: : : : :ート、、ヽ
    ヽ.ィ: : : :/   , /    l         'i '"´: : :.:|:.:.:.:.:.:.:!: : : : :_:ハ ',ヽ
      r‐:':::::::/   / / .     |     .l.    | .',: : : :.:|:.:.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r
     ',_:、:::/   |||.     |    .|.    | `丶;.:.|:.:.:.:.:.:.:!: : : : : :ハ::ヽ
      ノ:,'   .|l|      \   ト、   | l !´: :.:!:.:.:.:.:.,' : : :r ' `¬
      /:| | .   |十ト 、     |__x ┼‐ヽ- / | .).:: /:.:.:.:./: ::::::::|    |:
.      /:::,! |   .VV_ _\  `丁__ヽ|_____∨ ヽ{: : :/:.:.:.:./::::::;::::ノ|    !:    あれ?
     /:::::ハ.ト 、 ト下丁丁  ‐-不三丁丁フ  ,ハr'^,-ヘ':::::::::}::! |   .!:
.    .ヽ|l ',ヽ \| 弋_‐.フ    弋_ー_フ   | .|/j〈ィ'>》_ノ"!::l .!   |:    >>947で一国だけじゃ
         |丁|  ,、,、       ,、,、,、l  ! .|:.ヾ ニフ    !::l .|   |:
.           | l| ′′      ′′′| l| .|/:.:.:.:.⌒ヽ丶|. |:  ..|:    社会主義の最終勝利は
         / / 人             | l| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\|:   |:
          / /| |_  > .._  r_‐_、  _,  l l.! !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  |:     不可能って言ってなかったっけ?
       /,イ | |! /:.:.:.::::ハィュヘ: ̄「「ヽ ..,' .,':| |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ|:
      ノ'   | .| ,′/`ヾニンリ:::..:.:.:.:.:./ /:.:.! !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    ..'"ィ    | ||:.::':.:.:.:.::.:.`¬´:.:.:.:.:.:./ ':.:.:.:.| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'.
   <._ <   .| ||:.::::::::::::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:! !:.:.:.:.| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|




     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/   それは完全になかったことにしてます。
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l     まぁ、一応一国社会主義のなかでは
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|      「社会主義の最終勝利」という文句は
       l \     _    ,/ |      用心深く使っていませんね。
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !     突っこまれた時の逃げ道でしょうけど。
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!

968◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:44:51 ID:Gdp5/7oc0



           rーイ¨ ̄¨ト、-┐
         ,r::┘、」;;;;;;;;;;;:::j/:::::/入
.       _i -、_>------- <:::::┴i
      〈:::::::i i ||Vlリk i|i ,l||ソ ヽ::::::::〉     しかし社会主義達成には
       ┐'レ' ⊂⊃    ⊂⊃!Ni_イ、     世界的な革命が必要とか分かり憎いのだわー。
.      イ| u         |!l lハ ヽ
      /ハ              u.|| .\ ヽ   キューバとかベトナムとか世界革命がなくても
      || `、   {_ ̄ ヽ    '||  / /    社会主義国家として存在してるじゃない?
      ||  ヽ、    ̄   . イ |,'  ヽヽ
      `    `iTァv'T爪      //
            |<|真| >|      `ヽ
             |〈| || | 〉|




          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_       社会主義とは国家の統治体制や政治体制のことではなく
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ      本来は高度に発展した経済体制のことを言いますので・・・
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/      ここらへんは話が長くなるので省略させていただきます。
         | |{i t    _     / |
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |


【補足終わり】

969◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:45:37 ID:Gdp5/7oc0


やる夫は1925年を一国社会主義の啓蒙に費やした。
それは自らに有利な世論風土を醸成するためでもあった。




                            γ⌒) ))
        ___(⌒ヽ             / ⊃__
       /⌒  ⌒⊂_ ヽヾ          〃/ / ⌒  ⌒\
(⌒ヽ∩/( ⌒)  (⌒) |(⌒ヽ       γ⌒)( ⌒)  (⌒) \ ∩⌒)
 ヽ  ノ| :::⌒(__人__)⌒ ::| ⊂ `、三  三 / _ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ
  \ \    )┬-|   / /> ) )) ( (  <|  |   |r┬(    / / ))
(( (⌒ )、 ヽ_ `ー‐' ,/ / / 三 ( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)
  \ \ /                               / /



           /l     、
         / |,,_   / l
        /   :::::::~-'  l
       /   ::::::::::::    l
       /  「●」::::::::::::::  |
       l   :::::::::::::「●」  |   (くだらん・・・)
      |   ::::::::lゝ::::::::::  |
     l   ::::::::::::::::::::::::::  |
     |  ::::::::::::::::::::::::::::::::  |




幹部のインテリたちからは見下されていても、
一般党員の間では愛国心を媒介にして順調に浸透していった。


    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )  <今は一国社会主義がブームらしいよ。
| U (  ´・) (・`  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u  <なんとなく親しみやすいんだよね。
     `u-u'. `u-u'

970◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:46:16 ID:Gdp5/7oc0


この一国社会主義の理論に他の政治局メンバーでまともに取り合ったのはブハーリンだけである。



       /                         |
.       /        π                  |
      |      ノ {               |
      l i   从(´__  `ヽ_                {
      ヽヽ .{/////`ー´77777ノ丿  /       |
       `ヽ i/////r-、//////ヽ─´  /,    |
         _ノ ∨/_ノ/  ヽ////>/   //  _/
        て ',  ヽ   ` ̄  z  /´  /_
         -=>  ',  ニ=      レイ    く
       |::::::::::::|/ ヽ  `    / /   ヽ ト--= _
       |:::::::::::{{ ,|_`ー- - ´  / |_   ノ:. :. :. :. 〉 〉
       |:::::::::::|| |`ー------ イ _(:. :. :. :. : //
       └:::::::::|| イ            }t-:. :. :. :. :. //
-=ニ二三三::::::::::}}              |/:. :. :. :. :. //



もっとも、一国社会主義の原型をやる夫に教えたのもブハーリンだという話もあるが・・・

971◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:47:16 ID:Gdp5/7oc0


一方この時期、ロシア経済は1922年に猛威をふるった「鋏状危機」(第十九話参照)を乗り越え
成長段階に入っていた。

価格格差は解消され、工業は復興し、対外輸出は増大した。


               _,..----、_
              / ,r ̄\!!;へ
             /〃/   、  , ;i
             i,__ i ‐=・ァj,ir=・゙)                           ネ ッ プ
             lk i.l  /',!゙i\ i                まさにこれこそが新経済政策の成果なのである!
             ゙iヾ,.   ,..-ニ_ /
             Y ト、  ト-:=┘i
              l ! \__j'.l
              」-ゝr―‐==;十i      _,r--――、
             .ト、.j.!レ' ̄三! >ーr‐r‐r‐<  _,.r<"「 l_____
     ____,..r--r=ヾヽj,r―'"≦__ ̄ ̄r―'"\\ \r",.-、, \
    ∧   ト-'‐'"三へ>ト-‐'"~    ゙i  /       \\(_.人 ヽ._ ヽ
    レ'へ._ノi 「 \ ゙l //./",「 ̄/ / /       ヽ-ゝ. \   /
    レ'// .l l   ! ! i/./ ./  /  / /         ,(  \  ノハ
    レ'/  .! !   i ゙'!  ̄ ∠,  /  ヽ._        ,ター  '",〈 !
   /゙" ,r'" .l‐=ニ゙,「l ! 「 ̄!. /./   ー=='       .l.ト、. -‐'"/!.ト,
  /   .ト-  ゙ー―┘!└‐'='-‐"   ヽ._/   、     トミ、 ̄ ̄._ノノli\
        政治局員 アレクセイ・ルイコフ



   /       ,_,              ',
   /       ( l 、            ',
   l      ,i、/ 〉ヽ!ヽ、ヽヾ   `ヽi   l
   l    i , ノ ハ( 、 ,-‐..'´`ソ'`ヽ i リ   /
  │  i、l=‐':´`"゙:::::::::::::.  : ノノ/、  /       これで公式路線の正しさが証明されたと言えるだろう。
   | i i |/::` :: ::::::::,i ヽ ;::::::..  .:: l l  l   ヽ
   l ヽゝ l::: ::: :::/ |  `' 、::: -'´j l' /   )      やはり公式路線反対派や
   ヽ、ヽ ` 、、:::/  !、-     ゝ,l '   /
    ゙''- 、ミ ',   _, - ‐-   /r, 、 `( _       トロツキーの主張は間違っていたのだ。
       _ノヽ\    -    , '// \   )
       `ヲ.  \      / //    `''‐'-,
    , ==l ,  l ` - ‐ '  //   ,---、 /
  , , ' '´   !li  lL.   , - ' 7/   |=000| )
//      `゙゙゙_)| `' '´   l(    ゙ー ' ´く
ヽ.ヽ、        l      ヽ >      l

972◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:47:53 ID:Gdp5/7oc0


1924年の穀物収穫はまさに豊作であり、もはやソ連はかつての飢餓と物資不足からは無縁だと思われた。
トロツキーの敗北で始まった1925年は、希望と期待に彩られながら幕を開けたのである。



。   .,.:'⌒`ヽ、,::-'⌒'-::,    .    。   .    .   ,,:'"⌒ヽ
  .  ,::-'":... ....  ` .... ヽ.. .`:,::-'"`:-'"`'::,,:'" ;'゙~`、   。   ,,:'"... ... ....`ヽ
 ,::-'":::::: ,::-'⌒'-:,,,,::-'゙´`-:,,,,::-'" ノ  ヽ ,,''.,,. .゙、,:-'"`:-'".. . ..  ..  ..  ..
  ....  )'"::::/::::: ,,,,,,, ,,::::::::,l.,.,._____..................:::彡ミノ;ミ;;ミ ,.,.,.:-::,:::... . . . .. . . :
      ヽ /\....ヽ,"'-,:'.ノ,,,,.;八"""''"´"/i"'|il|"''"´ ,.,  ヽ,.,.,.,:::::: ::::::;;;;
  ::⌒;:   ヽ:l;田;;;l ̄l.,.,))_|田|_|_8.__ノ ノ "" ,---- ,.   .. .`"''"'"'"
     ⌒.. .ヽ.: ; ; .. .:(:(───、 ──-'": : : : /\;,,,,,, ヽ、..  .. ...
 ⌒;:  ,..   .);:.   . ;;ヽ:ヽ^    \\ . .. .. . |;;;;;;|_田__|   .. . ..   ,,、
 ヾヽ/ノノ;;;ノ.'-:;; ;;: ; ...:;:;):::): :  ; ;  \\             ,,,'´゙゙゙
 "'| i | l|"''゙~^^゙^^~^'''^^゙゙^^゙^^゙゙゙''^^~^^^゙ ^´´^^゙゙'''~~~^'゙^^^^゙
            /三三三三\
          /______\
   ,ヘ´ハ三三三三三三三三三三三三\
 x〈三三三 '三三三三三三三三三三三三\
 |三三三  ノ::::/::::i::::::::ハ::::::i::::ハ::::::i:::::i:i: 三三三\
 |三三三  ノ::::i:::::ハ-::/:::i::::ハ‐/、';:::::;'::/::i〈 三三三|   今年は豊作だっぺや。
 \三三三イ!::::|:::;'i::(ヒ_] :::V: ヒ_ン )::V::/::::イ 三三/
   \三三 レヘ/::|"" ,___,  "" .ル'::/ハ  三/
    \三三 ハ:::ハ.  ヽ _ン     /::::(::〈:ヽ/
        ̄〈:::ノ::!::>、,,__ _,.  イ::::ノ:::::(:)(
         レ'i#<  / ヽ  /レ"#/ ヽ
        / |##\/i ̄ ヽノ'"##〈   )


     _
      \`ヽ、  ニョキニョキニョキニョキ
       \, V        ,、   / ̄ ̄ ̄ ̄\
          `L,,_      ヽY/      />.> ̄>.> ̄>.>
          |ヽ、)    r''ヽ、.|       / <<_,.<< 、_<< \
 />.> ̄>.> ̄>.>     `ー-ヽ|ヮ       '|>>(◯),>>、(◯)<<|
/  <<_,.<< 、_<< \       |       |  "<< 'ー=-' ̄>.>" |  _人人人人人人人人人人人人_
|>>(◯),>>、(◯)<<|       |       \  >.> >.> <<   ノ  >      豊作だよ!!   <
|  "<< 'ー=-' ̄>>" |  />.> ̄>.> ̄>.>    \<< <<  >>/   ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
\  >.> >.> <<   ノ  / <<_,.<< 、_<<  \    ̄ ̄ ̄ ̄
  \<< <<  >>/,,....,,|>>(◯),>>、(◯) <<|  />.> ̄>.> ̄>.>
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::w:::::::::::::::::::::w:::::::::::::::::::::::w::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::w::::::::::::::⌒:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::⌒::::::::w::::::::::::::::::::::::::::::::::::

973◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:48:58 ID:Gdp5/7oc0


後進的農業国であるソ連において、農業の成長はすべての産業分野に直結する核心的問題だった。
その農業が好調である限り、国家経済は上手く回るはずである。



         | すみません
         | となりでワッショイしてもよろしいですか?
         \___  ____________
               ∨

    __∧_∧__/■\____
    |  ( ;´∀`) (´∀` )     .|
    |  (    ) ⊂    )    |
   / ̄( (  (  ̄( (  (  ̄ ̄/|
   || ̄ (_(_) ̄(_(_) ̄ ̄||
        ∧
   / ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄\
   | (エッ!!)     |
   |  ど、どうぞ・・・・   |


         ソヴィエトワッショイ!!
     \\  ソヴィエトワッショイ!! //
       \\ ソヴィエトワッショイ!!/
           +             +
             + /■\  +
    __∧_∧__ (´∀`∩)__ +
    |  (´∀`; )  (つ  丿 ))  |
    |  (    )(( ( ヽノ     .|
   / ̄( (  (  ̄ ̄し(_) ̄ ̄/|
   || ̄ (_(_)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ||
        ∧
   / ̄ ̄   ̄ ̄\
   |  ・・・・・・・・・  |



そう、そのはずであった、のだが・・・

974◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:50:13 ID:Gdp5/7oc0


1925年、全ての楽観的観測が粉砕され、ソ連は破滅的な穀物危機に襲われた。

             .._
         ,  ´   `ヽ
          .' .´      :. ゙.
      , ' .,′     ..  ; :}^、
      ;  '. :.:  :..: ,'.,' i
      ゙,  ゙、`゙゙ .,;  : .ノ ′
      ヽ  ヽ  r‐、 ,' ,′,′
       ',  ', ';;::;j .; ,′,′
     ,:'´:::'.  .ハ `゙゙ ノ. ;
     ,′::;'::; ,':;;;`゙゙゙゙´.:;;;、 '.
    ,'.::;;;,'.::,' ;:;;;;;;、..,, '.:;;;;',...,'、
    ,'.:;;;:;:;:;:;;,,,,';;;;;;;;;:.::::;;';;::;;;i;;;;;;'.
    ;:;:;;;;:.:.::.:;::::;;;;;;′::::;;;:::;;;;j;;;;;;;i
    ;.:;;;;.:::.:::.;::::::;;;;::::::::;;;;:;;;;;;;::::::::i
   ,'.:.:;;.:.::::.,′;;;;' .:::::;;;;::::;;;,'.::::::::!
    !;:;;;:;:;:.:, ′,;;;' .:::;;;;.:;;::::.:;;;.:::::::}
   ;;;;.:.:.:;' ,;;;:;:;' ..:.::;;;;::::;;:::::;;;;:::::,′ ̄Λ_Λ──______:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:.i ̄ ̄i:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :. . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
   !;;;;;;;,';;;;;;;;:′.:.:.:;;:::;;;;;;;;;;ゝ‐'′:::: /:彡ミ゛ヽ;)ー、::::::::: Λ_Λ. .  ̄ ̄ ̄ ̄─‐. ⊂ニニ⊃ ______:. :.:. :.:. :.:. :.: Λ_Λ:.: :.: :. :. :.
   `゙゙,′;;::;;; .:.:.:::::.:;:;:;;;;;;;;′::::::.../ :::/:: ヽ、ヽ、 ::i:::::....(-д-::: )ー、::::::.......    ( ゚д゚ )ー、  Λ_Λ:: .. . ̄ ̄ ̄─(-д-::: )ー、::..
     /.:.:;;;:;;; .:::::.:.:.:.::;:;:;;;,,′::. . / :::/;;:   ヽ ヽ ::l::: . /i ;:      :::i:::.::::::..... .  /i ;:      ::. i /:彡ミ゛ヽ;)ー、:::::::... .  /i ;:      :::i::..
    〃.:;;:;:;:.:. .:.:.::::;:;;;;;;;,;′: . (_,ノ⌒\;; ヽ、_ノ:l: . (:: ;;__/ :::./ |:::::......   (:: ;;__/ :::./::/ :::/:: ヽ、ヽ、 ::i::::.... .  (:: ;;__/ :::./ |:: .
   〃;:;:;;;;′.:.:.:::;:;;;;;;;;;;′     i⌒\)i⌒\ /:: .. / ____/ :|:::::::::.... . .  / ____/::/ :::/;;:   ヽ ヽ ::l:::::......  / ____/ :|::..
   i;.';:;::;;;; .:.:.:::;;;;;;;;;;;;′      | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ: . i⌒i_ノ :i⌒\ /::::::...... .   i⌒i_ノ :i⌒\(_,ノ⌒\;; ヽ、_ノ:l::::...  i⌒i_ノ :i⌒\ /::..
   l:i;:;:;;;;:.:.:.:.:.:.:;;;;;;;;;;;;        | :::|  | :::|:::: .... | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ::::::::::... ..   | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ i⌒\)i⌒\ /:::::::.... | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ::::...
   l:ji.:;:;:;:.: '´ `;:;:;;;;;;;;、      (___/  (___/::.....  | :::|  | :::|:::::..... .     | :::|  | :::|:: .  | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ::::::.... . | :::|  | :::|:::: ::...
   !.:ji;;:;::'′  .: .:;;;;;;;;;;;、                 (___/  (___/:::.... .. .. .     (___/  (___/:: : | :::|  | :::|:::::::.... .  (___/  (___/:::.... ..
   !i;ji;.,;:;   . .: .: .: ;:;;;;;;;;;;、                                      (___/  (___/:::.....



政府機関は穀物を調達できず、わずかなパンに消費者が群がり穀物価格は高騰した。
「鋏状差」は再び農業有利に乖離しはじめる。

975◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:51:15 ID:Gdp5/7oc0


なぜ豊作であったはずの穀物が破滅的に不足したのか?
それは当然、誰かが隠していたのである。
                    クラーク
それこそが、ネップ下で復活した富農であった







     ...| ̄ ̄ | < 価格高騰はまだかね?
   /:::|  ___|       ∧∧    ∧∧
  /::::_|___|_    ( 。_。).  ( 。_。)
  ||:::::::( ・∀・)     /<▽>  /<▽>     【富農】
  ||::/ <ヽ∞/>\   |::::::;;;;::/  |::::::;;;;::/
  ||::|   <ヽ/>.- |  |:と),__」   |:と),__」
_..||::|   o  o ...|_ξ|:::::::::|    .|::::::::|
\  \__(久)__/_\::::::|    |:::::::|
.||.i\        、__ノフ \|    |:::::::|
.||ヽ .i\ _ __ ____ __ _.\   |::::::|
.|| ゙ヽ i    ハ i ハ i ハ i ハ |  し'_つ
.||   ゙|i~^~^~^~^~^~^~

976◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:51:58 ID:Gdp5/7oc0


富農達は中小農家から大量の穀物を安値で買い集め、
それを退蔵することで人為的に穀物不足を引き起こした。


                            __ __
                            ,ィミ川彡三ヾ三\
             _(こ^)、_        {三{※}三}三ll三 }
            〃、__ノノ、__,ヽ       ヽ彡川ミノ三レ勿/_
              {.っ>  <っト、,   ィミ川彡三ィミ川彡三ヾ三\
            (⌒i  (千于`ー┴'─────┐三{※}三}三ll 三}
         (O人  `ー|                | ヽ彡川ミノ三レ勿/
           /⌒ヽ(^う 渡せ       ..... |
           `ァー─イ    ないよ!   |
           /  (0::|__________|
             /\____/
          /   /  ⌒ヽ
      ___/  / ̄ ̄`)  ノ
     (__r___ノ     (.__つ


そして穀物価格が高騰したところで市場に売り出し、莫大な差益を獲得しようというのだ。
この目論見は大いに成功していた。

977◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:52:54 ID:Gdp5/7oc0


穀物の時給能力を持たない都市住民は人質を取られたも同然であり、
パンを手に入れるために富農の要求に屈するしかなかったからである。



  . ∩___∩ ;
  ; | ノ|||||||  ヽ `
 , / ●   ● |
 ;, | \( _●_) / ミ     お、お金なら出すから
; 彡、 | |∪|  |、\ ,
./    ヽノ/´> ) :     早く売ってくれクマー・・・
(_ニニ>  / (/ ;
; |     | ;
' \ ヽ/ / :
, / /\\ .
; し’ ' `| | ;
      ⌒

978◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:53:57 ID:Gdp5/7oc0


この問題に直面して、党内では公式路線を巡る意見対立が生じたが・・・


             ,':::::::::::::::::::::::::::::::::..:::::. :::::... :: :::::::::::::::::::',
          i: ::::::::::::::::::;:::::;i1::::::::::::::::::::::::... :::::::::::::::::::',
            l.: :.:::::::::::::/:::;ハ|::::::::::::::::::::、::::::::..:::::::::::::::::',
         il::.::、:::::::::/::/   'i:::l、:::::ト、:::、ヽ:::::::::::::::::. ::::::,       もはや農民への融和政策は限界だわ!
            l|:::::{ヘ:::::::!:ムニ,‐-いヽ::{>;ゞ弌、:::::::::::::. :::::',
         il:::::::'、l:::::::ト、廴バ ヾ'、ヽV 廴ソ,メヘ:::::::::.. ::::::',      今必要なのは農村への搾取よ!
           !|:|:::::::::::::、ぃ  ̄    `     ̄   ゙|::..::::::::::::::::!
         |」::::::::::::::',ゞヽ            ,':::::::::::::::::::::!\
      , '":l:!::::::::::::::::'、     、 ,.     /::::::::::: :::::::::::i  ヽ
     /    !|:!:::::::::::::::ヽ    __ ___   , 'i:::::::::::::::. :::::::::i   \
   /     |!:|::::::::::::::::l i\    ー    /}. |:::::::::::::::: ::::::: :!    ヽ
  <.._     |!:|:::::::::::::::l| ヽ. ヽ、    / ,ノ |::::::::::::::::: :::::::.::!   /
  __,,. ニ=‐- 、|!:|:::::::::::::::|!  `ヽ`_ー_'"-''".  !:::::::::::::::::: ::::::::::| ∠_
'"´         !:|:::::::::::::::!:ヽ           ,ノ::: ::::::::::::::::::::::::::|/   ``丶、
              トロツキー派・党内左派
           エフゲニー・プレオブラジェンスキー




   /       ,_,              ',
   /       ( l 、            ',
   l      ,i、/ 〉ヽ!ヽ、ヽヾ   `ヽi   l
   l    i , ノ ハ( 、 ,-‐..'´`ソ'`ヽ i リ   /
  │  i、l=‐':´`"゙:::::::::::::.  : ノノ/、  /      プレオブラジェンスキーの主張は
   | i i |/::` :: ::::::::,i ヽ ;::::::..  .:: l l  l   ヽ
   l ヽゝ l::: ::: :::/ |  `' 、::: -'´j l' /   )     トロツキストの経済理論だ!
   ヽ、ヽ ` 、、:::/  !、-     ゝ,l '   /
    ゙''- 、ミ ',   _, - ‐-   /r, 、 `( _     農民との連帯なくしてソ連経済は存在しえない!
       _ノヽ\    -    , '// \   )
       `ヲ.  \      / //    `''‐'-,
    , ==l ,  l ` - ‐ '  //   ,---、 /
  , , ' '´   !li  lL.   , - ' 7/   |=000| )
//      `゙゙゙_)| `' '´   l(    ゙ー ' ´く
ヽ.ヽ、        l      ヽ >      l

979◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:54:42 ID:Gdp5/7oc0


やる夫は党内を駆け回ってこの問題が拡大しないように押さえ込んだ。



          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \
    |      ` ⌒´    |         まぁまぁ、みんな落ち着くお。
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /

980◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:55:42 ID:Gdp5/7oc0


結局、公式路線は維持され、富農を満足させるためにさらなる譲歩が決定される。

農村における唯一の課税である農業税が減税され、
本来国家の所有物である土地の取得権利の制限も緩和された。





           _,、 -‐''''""~~""''''‐- 、_
        ,.-'"             ゙ヽ,
       ,r"                    ゙、
     _,/                       ゙、
.   ,r'"                       ゙、     我々は全ての農民に対して語りかけねばならない・・・
   {     {                      ヽ
    {     {     ..,,_              ヽ
.   ノ     ,'゙'、ヾ、レ‐---、ヾ゙)ノ)   -、         ゙,  「豊かになれ、貴方の農業を発展させよ」と。
  /     {  ,、-:::::..  :. :::ツ ノ     ゙、゙'、       }
  ,"      _!,,ソ:::::::::::::::.. :. :::::ノ{     } }      ノ
  {     r'':::::::::r-、;_::::::::  :. :/ ゙'‐-、,   }.ノ      {
  ゙、    { ::::::::;'   `''ー-‐'"     ノ  リ       ゙ヽ
.  ゙'‐-、 ゙'、 ::::/           、,クノハ         }
     ゙'‐`'{'゙iヽ、'   __,,,      ,.,.,.,,,_/_ハ       {
        `'ヽ  r"       .| ┌ー-゙-ニっ     ヽ、
         {ヽ  "      | .|      } ト)    ヒ`ゝ
         `~}ヽ      /.| |      -‐"  ヽ、 マ
     l'''ニニニニ{、、,゙'、.,__-‐"  | |            ヽ'
.      | i     ノ     l,.、-'"| |
      | i     `つ   ζ   .| |
      ヽ,ヽ     `''ー'l
.       ヽ,゙、         !




この大幅な譲歩が富農達を満足させ、穀物を市場に開放するだろうと党幹部は考えていた。

981◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:56:36 ID:Gdp5/7oc0


そして幸運にも1925年秋の収穫高は1917年以来最高を記録する。
穀物の市場流通量は確実に改善すると、誰もが確信したのも当然である。



。   .,.:'⌒`ヽ、,::-'⌒'-::,    .    。   .    .   ,,:'"⌒ヽ
  .  ,::-'":... ....  ` .... ヽ.. .`:,::-'"`:-'"`'::,,:'" ;'゙~`、   。   ,,:'"... ... ....`ヽ
 ,::-'":::::: ,::-'⌒'-:,,,,::-'゙´`-:,,,,::-'" ノ  ヽ ,,''.,,. .゙、,:-'"`:-'".. . ..  ..  ..  ..
  ....  )'"::::/::::: ,,,,,,, ,,::::::::,l.,.,._____..................:::彡ミノ;ミ;;ミ ,.,.,.:-::,:::... . . . .. . . :
      ヽ /\....ヽ,"'-,:'.ノ,,,,.;八"""''"´"/i"'|il|"''"´ ,.,  ヽ,.,.,.,:::::: ::::::;;;;
  ::⌒;:   ヽ:l;田;;;l ̄l.,.,))_|田|_|_8.__ノ ノ "" ,---- ,.   .. .`"''"'"'"
     ⌒.. .ヽ.: ; ; .. .:(:(───、 ──-'": : : : /\;,,,,,, ヽ、..  .. ...
 ⌒;:  ,..   .);:.   . ;;ヽ:ヽ^    \\ . .. .. . |;;;;;;|_田__|   .. . ..   ,,、
 ヾヽ/ノノ;;;ノ.'-:;; ;;: ; ...:;:;):::): :  ; ;  \\             ,,,'´゙゙゙
 "'| i | l|"''゙~^^゙^^~^'''^^゙゙^^゙^^゙゙゙''^^~^^^゙ ^´´^^゙゙'''~~~^'゙^^^^゙
            /三三三三\
          /______\
   ,ヘ´ハ三三三三三三三三三三三三\
 x〈三三三 '三三三三三三三三三三三三\
 |三三三  ノ::::/::::i::::::::ハ::::::i::::ハ::::::i:::::i:i: 三三三\
 |三三三  ノ::::i:::::ハ-::/:::i::::ハ‐/、';:::::;'::/::i〈 三三三|   今年は去年よりも豊作だっぺや。
 \三三三イ!::::|:::;'i::(ヒ_] :::V: ヒ_ン )::V::/::::イ 三三/
   \三三 レヘ/::|"" ,___,  "" .ル'::/ハ  三/
    \三三 ハ:::ハ.  ヽ _ン     /::::(::〈:ヽ/
        ̄〈:::ノ::!::>、,,__ _,.  イ::::ノ:::::(:)(
         レ'i#<  / ヽ  /レ"#/ ヽ
        / |##\/i ̄ ヽノ'"##〈   )


     _
      \`ヽ、  ニョキニョキニョキニョキ
> ̄>.>   \, V        ,、   / ̄ ̄ ̄ ̄\
、_<< \     `L,,_      ヽY/      />.> ̄>.> ̄>.>
、(◯)<<|     |ヽ、)    r''ヽ、.|       / <<_,.<< 、_<< \
 />.> ̄>.> ̄>.>     `ー-ヽ|ヮ />.> ̄'|>>(◯),>>、(◯)<<|
/  <<_,.<< 、_<< \       | / <<_,.< |  "<< 'ー=-' ̄>.>" |  _人人人人人人人人人人人人_
|>>(◯),>>、(◯)<<|       | |>>(◯),>\  >.> >.> <<   ノ  >     大豊作だよ!!    <
|  "<< 'ー=-' ̄>>" |  />.> ̄>.> ̄>.>    \<< <<  >>/   ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
\  >.> >.> <<   ノ  / <<_,.<< 、_<<  \    ̄ ̄ ̄ ̄
  \<< <<  >>/,,....,,|>>(◯),>>、(◯) <<|  />.> ̄>.> ̄>.>
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::w:::::::::::::::::::::w:::::::::::::::::::::::w::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::w::::::::::::::⌒:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::⌒::::::::w::::::::::::::::::::::::::::::::::::

982◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:57:16 ID:Gdp5/7oc0


が、しかし、富農はさらに大規模な買い占めと退蔵を決行し、
穀物危機は何ら改善しなかった。


  . ∩_∩ ;
  ; | ノ|||||||ヽ `
 , / ● ●|
 ;, |\( _●)/ ミ
; 彡、| |∪| |、\ ,    そ・・・そんな・・・
 ./  ヽ/> ) :
(_ニニ>/ (/ ;
;  |   | ;
'  \ヽ/ / :
,  //\\ .
;  し’ '`| | ;




富農は穀物を溜め込んだ。
売り惜しみを継続し、ほとんど市場に放出しようとはしなかった。



     ...| ̄ ̄ | < 価格高騰はまだかね?
   /:::|  ___|       ∧∧    ∧∧
  /::::_|___|_    ( 。_。).  ( 。_。)
  ||:::::::( ・∀・)     /<▽>  /<▽>
  ||::/ <ヽ∞/>\   |::::::;;;;::/  |::::::;;;;::/
  ||::|   <ヽ/>.- |  |:と),__」   |:と),__」
_..||::|   o  o ...|_ξ|:::::::::|    .|::::::::|
\  \__(久)__/_\::::::|    |:::::::|
.||.i\        、__ノフ \|    |:::::::|
.||ヽ .i\ _ __ ____ __ _.\   |::::::|
.|| ゙ヽ i    ハ i ハ i ハ i ハ |  し'_つ
.||   ゙|i~^~^~^~^~^~^~


減税や土地取得の緩和も、彼らの利益への欲求を満足させられなかったのだ。

983◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:58:36 ID:Gdp5/7oc0


穀物危機がブハーリンを筆頭とする農民融和派への懐疑論を引き起こしたのは至極当然の成り行きだろう。


                           ____
                        ´        >―- 、
                    /        /     丶、
                 /         /          `ヽ、
                   /       /           |  ヽ
                 /      '              |   '
              /      / 〃 〃 ィィ      |  ′
               |         {  {,.ヘ 仏ィ´~`'<,ノノ  ノイj   }
               |        人,イ   {:::::...::::::::::::`ヽ/ 川  ハ
              |       八ト从:::::::::::::::::::::::::;=v彡イ    }
                   |          `ヽ `   __;;;ノ⌒{:::`く}   ノ
              /|           ノ   `゙゙゙     乂:::::Уノ′
            _ ノ              ゝ         - ノ::::/´
             _`斗…=≡ニニ=¬^    <⌒丶_  ヽィ
            [  -‐=ニニニニニニニニl |        ` ァ′ 人ゝ    それでも農民との連帯を
              |ニニニニニニニニニニニ7 /、       ゙   / ノ^     解いてはならない!
           _,|=ニニニニニニニニニ7 /  丶、     /i⌒^
        _/ニニニニニニニニニニニ7 /``丶、:::..___/ィ汽二二ニ7
        ニニニニニニニニニニニニ7 /       〔,ィノ)仏ィニニニニニ/ /
         ,ニニニニニニニニニニニ7 /        〉ニニニニニニニニ/ /
          ニニニニニニニニニニニ〈 〈 丶、     /ニニニニニニニ;;//


    ∧,,∧  ∧,,∧  <本当にこのままで大丈夫なのかな・・・?
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )  <ネップは間違ってたんじゃ・・・
| U (  ´・) (・`  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u  <どうみても富農のいいように利用されてるだけじゃないか!
     `u-u'. `u-u'


公式路線を巡る党内の亀裂は、徐々に拡大していった・・・

984名無しのやる夫だお2012/05/02(水) 21:59:14 ID:pUIx.cjY0
>>975-976が事実なら、後にやる夫が農民に無慈悲な態度を取るのも
尤もな結果に思える…
巻き添え喰わされた中小農家にとっては、とんだとばっちりだろうけど。

985◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 21:59:33 ID:Gdp5/7oc0



   ――― クレムリン内のアパート、やる夫の自宅

       ______________________________
        l___________________________________________l
        ∧三|:Ll:|二二二二二|:Ll:|二二二二二|:Ll:|二二二二|Llノ二二二:|├i─. < ´
        ∧.ミl  .|_|_|_|_|| || |___|:ロ:|::::::::::::|  .| :::::::::::::::::: | ||.|:::::::::::::::::|  |  |
           ' ,|  .l ̄| ̄| ̄| ̄|| || |7/ ̄||::::::::::::|  .| :::::::::::::::::: | ||.|:::::::::::::::::|_|  |
          iォ |....「|TTTTTTTTTT「|TTTTTTTTTT「|TTTTTTTTTT「|TTTTTTT「| . |____________________
          |:| |..::|.| 二二二二二 |:| 二二二二二 |:| 二二二二二 |:|二二二二l:l .|;;;;; :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          |:| |...:ト..─────‐|:|─────‐.l:|────‐| .ソ____..// .|─|二二二二::i. 尸二二二二::尸三三三三尸三
      __|:|_..| .Y 二二二二二l .|二二二二二l ..|二二二二|  |::::||::::::|::::::レ.... |  |:::::::::::ll :::::::::| |:::::::::::|::::::::::::|:| |:::::::::::::::::::::| |:::::
、    |       |  |_||_||_||_l .|__.||___|  |_||_||_|  |二|二:|::::::|   |  |:::::::::::ll :::::::::| |:::::::::::|::::::::::::|:| |:::::::::::::::::::::| |:::::
  ヾ、、.|____|  | ̄|| ̄|| ̄|| ̄l .| ̄ ̄.|| ̄ ̄ |  | ̄|| ̄|| ̄|  |_|_:|::::::|_ |  「|TTTTTTTTT「|TTTTTTTTTT「|TTTTTTTTT「|T
ミ::ミ::ミ::ヾ     | 「|TTTTTTTTTT.「|TTTTTTTTTT「|TTTTTTTT.「|TTTTTTTTT| |..|  |:|二二二二二l |.二.二二二二.l |二二二二二|:|
::ミ::ミ::ミ::ミ ヾ   | |:|.二.二二二.二.ヒ|.二.二.二二二ヒ| 二二二二_ヒ|.二.二.二.二 | |..| F+────i l r───l l f´ ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄
ミ:::ミ:::ミ::ミ::ミ::ミ:ヾ | |:|   γ⌒ 、 「 _____  ____  |::|l:::::|l:::::::| .| |..| | .|::::::::::::::::::::::| l l:::::::::::::::::l | |:::::::::::::::::::::: | |:::::
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧ Y⌒Y´;;;;;乂 ;;;ト | |:::::|:ロ:|::::::::::::|  |_||_||_l ..|::|l三||三.| .| |..| | .|::::::::::::::::::::::| | |::::::::::::::::| | | ::::::::::::::::::::::| |::::::
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.Λ;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;,,,,, ;;;;;;〉、.| ̄| ̄:|::::::::::::|  | ̄|| ̄|| ̄l ..|::|  .||  .| .| |..| | .|::::::::::::::::::::::| | |::::::::::::::::| | l::::::::::::::::::::::::| |::::::
;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.∧);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,/ ̄..y.ヽ::::::|::::::::::::|  |゙::::||゙::::||゙::::l ..|::|  .||  .| .| |..| | .| ̄ ̄ ̄ ̄.l | | ̄ ̄ ̄.....l |  ̄ ̄ ̄ ̄:| | ̄
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.∧,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.>- 、:::::γ⌒ 、::::|    ̄ ̄ ̄ ̄  .|::l ̄ ̄ ̄l .| |..| | .|        .| l |      .l |....,,,,,,,,,,-=ニ  ̄ ̄ ̄
;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.∧.,.,.,.,.,.,.,.r― 、::::::>:::、:::::::::>::::>-‐ 、 ̄ ̄ ̄ ̄          \
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.∧ ヘ/::::::::::::\ヽ:::::::Y:::::::{::::::::ヾ:::{                      >
;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.∧三hヾ:::::::::::ハ:::::i:::::|::::::::}::::::::ソ::ノ           /    /
: : : : : : : : : : : / /: : : : : : : : :| |::::>::::::::::|:::::l:::::l:::<              /     /
.: : : : : : : : : :./ / ̄三ヽ: : : :.| | ̄ヽ::::<   ...:::::::::::::::           <    /

986◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:00:22 ID:Gdp5/7oc0



                                             /./ |:.|:.:.:./:.:/:.∧:.:!:.:.:.:.:.:.ハ:.:.: ハ::.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.::.:.ヽ.:..:ヽ、
                                             |:.| |:.|:.:.:|:.,.ィTfヽ.:!:.:.:.:.:.:|_」 ⊥⊥._.:|.:.:.:.:.:ヽ.:.:|:.::.:.:.:N.:.:.:.\
                                             レ  |ハ.:.∧| |,≠ミ|ハ,:.:.:.:.:| ヽ:| ヽ.:.`ト、:.:.:.:.:!:.:|.:.:.:.:.:|.:.\:.:.:.|
                                          .     |:.:N|:.ハ.ヽ {::::::トヽ.:.:.:.|  ≠テト、|:.i:.:/.:.|:.:|.:.:.:.:.:|.:.:| \|
                                          .     |/  V:.|  |Vr|  \:|  トハ:::r } 〉V:.:.:.|_.|:.:.:.:.:.:|.:.:|
                                                  V  .ゝ‐'        ∨こソ  !.:.:.:| ヽ:.:.:.:.:|.:.:|
                      こんばんは、同志やる夫。             | ``` ’     ' ' '`   |:.:/ 八:.:.:.:|ヽ|
                                          .         ',    、._ _          |//.:.:.:/|.:.|
                      キーロフです。                     \   Y   }     __ //¨.:.:.:.:.:/ V
                                                     \  ー ', -< ´: : :  ̄>くリ_
                                                       _><´ : : : : : : : : : : : : : : : : \
                                                    r<´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                                                    ∨: : : : _,. - ――- 、--: 、: : : : : : : : : : |
                                                     \/―‐ 、      ` <: :ヽ: : : : __/
                                                    /.: : : : : : : : \        ̄ ̄/´

                   n
                   l^l.| | /)
                   | U レ'//)
      ___      ノ    /
    / ⌒  ⌒\  rニ     |
   / (⌒)  (⌒)\  ヽ   /
 /   ///(__人__)///\ / `   /
 |       `Y⌒y'´    |   /    おお!キーリチかお!
 \.       ゙ー ′  ,/  /
  /⌒ヽ   ー‐   ィ  /       待ちくたびれたお!
  / rー'ゝ        /
 /,ノヾ ,>         イ          さぁ、早くあがってくれお!
 | ヽ〆          |

987◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:01:14 ID:Gdp5/7oc0


         ____
        /      \
      /  ⌒  ⌒  \       ナージャ!こちらがキーロフ君だお!
    /   (⌒) (⌒)   \l⌒l
     |      (__人__)     |`''|    若いけどやり手の党員なんだお!
    \     ` ⌒´    _/ /
                   /





    r'フ . : :/ : : :,/: : : l: : il   i'、 ,、:;‐ニニ=トl: : : : :': ;'/::::::::'、. :.:
_,、-;:;:'! i : : : i; : : : i; : : : i _:';',  '、'、゙´ : : : ; ノノ: : :: : :;ジ/ : ::::::i、:.
'': ;:;:;:;,',i: : : : i ;: : : i'、:,rシ弋 ';:'、  ' ',rlニ┴‐-<,_,, : ,ィ彡'、: : : : l .:.
:; ;:;:,.,' ;:',: : : :'、:'、:: :';'';゙´: .,._;;;;_   ゙ '´ r゙`j,'、 `‐  '彡-ヾ; : : :! .:.
;: ;:;:;:;:;,、ゝ;: : : '、: '、: ゙':゙'/)'゙r‐;、     i'';;;,;;i:}    '゙/ ゙i:、'-、l_.:.
;、-'''゙゙    ゙-、:':、':-、'、 -! !;;.';,',      ゙i;'=ツ、    !   ノ :\; :`   はじめまして。
,_        `'-、、';:';'r、 ゙'、'';;!, .      . : : .   ノi'、 : : i`.'
;.,`';‐-、,_      ゚;::::l、i  .゙.゙   ゙   ,      ノ'''゙゙::::'; :'、 : ',-   夫から話は伺ってます。
',.,:;:;:;:;:,';.,`''‐ッ'゙`゙'‐、 ゙、;i:';゙、 ' '   '‐ ''゙     /i::::::::::::::゙; : ゙-;,i、
;:;:;:;:;:;:;:, ; ,' (     /゙'-,';、';.`'‐-、、,_     _,、:7:::::::'、;;;::::;;;;::;';,、-、:    本当にお若いんですのね!
';:;:;:; ',.,:;:, ';:;:,゙;  /,:;:;:;.,.`'、`''‐;、;';'、ニコ::-::'゙: _i;、‐''゙~,、-;;'、'、,ノ´.:.`
.`'''-、,:;:;:;:;,, ノ  /,:;:;:;:;:;:;:;.,`v'゙,.;:;:;;ッ=ノ_,、-‐'゙,.,;゙i   i,' ;;;;;,,゙'、 :.:..:.:.:
    `''‐i'゙   i ;:;:;:;:;:;:;:;:;;r:ゝy=;i,-'゙'゙,.,.,:;:;:;:;:;;/ ,、‐'゙;:;:;.,' ;;;;,'; .:.:.:.:.
      !  /,,;;;:;:;:;:;:;r!'三=;ミ'ゥ:;:;:;:;:;:;:;:;:;;ヅr゙' ;: :', ', ',';., ;;;i :.:.:.:.
      ! ./.,:;:;:;:;`;';';';l;i毎ソi!'ノ゙‐;';'‐;:;:;;ジ: l,.,:;:;.,' ;:;:;:;:;:;:;;,';l .:.:.:.:
        !/.,:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;!'ミゥッジ;:;:;:;:;:;:;:ゾ: ' ,r';:;:;:;:;:;:;. ';:;:;:;;;;;;i :.:.:.:.:
         やる夫の妻 ナジェージダ・アリルーエワ

988◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:02:06 ID:Gdp5/7oc0


/|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:./ ';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヘヽ:.:.:.:ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
. !:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ll:.:.:!-‐ '、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ¨ヽ:.:.:トヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
. ';.:.:.:!:.l:.:.:.:.:.:.:.:.l´';.:!   ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ  \!  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
 |:.:/!∧:.:.:.:.:.:.:.| ';|.=== \:.ト、:.:.:.:.:.:.:ヘ―-   ヾ、:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.     あなたこそお若い。
 l:/ ハ:.:.';.:.:.:.:.:.:.',   {:h::: ト ヾ、`ヽ、:.:.:.:.!三三ミ  |:.:.:.:.:/、:.:.:.:.:.
 /  ';.:.:ト、:.:.:.:',ヘ  |V:::r}      \:.|トハ:::r }  /:.:.:, '‐、 Y:.:/      それにとても綺麗だ!
.     ';:.| \:.:',ヾ、 ゝ‐'  ′     ヾ∨こソ /:.:/}  /:.:.{
      リ  ヽヽヘ ヽ```  丶      ' ' '   // ノ  ,イ:ハ!      同志やる夫が羨ましい限りです。
        `| ``                 ´ /ー- ':.:/リ
          ヽ、     -―‐‐'        /:.:.〃:/
          ';.:i_丶、          _ ... ∠:.:.:_/i/
      r '' ¨ ̄ ` ヽ:.:` t- ...__-,, -‐ ¨       ¨ヽ
      l  `ヽ    ヽ-‐ ''て(              {






      , ーーーー--- 、,,_
     /,,,,、、、、、、、、,,,,_   ~`'' -,
     /         ~`'ー--、,_l-ー、
,;====='=======,=,===;;;;;、、、、,,_l  l
 ~`'/  /  /` `l ,  '、 ~~~~`''、~=';;、、,
  {  l l _, -l、   l -'-,l  .l  / .l二_~~
  `、  '、  'i   /  /ヽノ,./  l  /      あらやだ!キーロフさんったら。
  /'''l''l ,;=;;、   ,;;==、  ',-`i .l/;;-,
  >、,_ 'i' '  / / ' /  ` ,、ノ  .l  .} }     おだてるのが上手なんだから!
 ./-'`i7ヽ、(_`-------_~,),.ノ .l`ー-、'i,/   ,
../ `、 -`'、-''~,~,ニ、~'7~, -'' `ヽi   ヽ、,,,,,/./
.`''ー-、、-_'、/ .l , -'、./    , \     _/,
      .<`、 l{ `'}.i}'    ./  ヽ  `~_/
       `''/`、'//,--,  _,l,   `、,,ニソ
        し ' `、'ヽ: '--' /    \

989◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:03:07 ID:Gdp5/7oc0


快活で人懐っこいキーロフはたちまちやる夫家のお気に入りとなった。
やる夫はキーロフのことを「我が弟」として可愛がり、何かと世話を焼いた。


               .       /.:::::;::::イ/____.../....-‐/―‐-..`.._ 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ\
    _, --、             ././r' /;!.,'::::::::::::::::;イ:::::::::;l::::::::::::::::::::::::::``:::....、::_::::::::::::::::::::::::',``
   ∨  .〉             〈/ . |l:::::|.;::::::::::::::::/ |_:/ ';:::::::::::::::::::::::lⅣ:::::::::::`::...、`ー:、__:::::::',
   ∨ ∧                    ||::: |;:::::::::::::::; ̄l:::/¨¨`;::::::::::::::::::::::l|_∨.:::::::::::::::::::::::...、.`∨,
.     ∨ ∧               |.リ:::l|l::/|:::::::;'.,>≧ミ_ ';::::::Ⅳ:::::::: l|=-';::::::;:::::::::::::::::::::::`ー.、.',
     .∨ . ∧                  .ノ' /ll:;::ハ:::::;:イ |ハ .>∨:|!∨:::::::l|__';::::|.V::::::::::::::::::::::::::::::',
    . ∨ .∧              //  l|::l|ハ::iハ .|l:::`´:!.  Ⅵ. ∨:::::l|7{. Ⅵヽ';:::::::::::::::::::::::lト ∧
.     ∨ .∧           ′   ||从 Ⅵ `.ゞー''   `  ∨:::l|:::ゝイリ./`;:::::::::::::::::::::l| ヽ〉
        ∨ l∧                Ⅵハ .l       /l    \ト、:ノ  ,イ::::::::::::::;::::::::|
       ∨ . ハ                Ⅵ }::;        ヽノ            /!.l:::/::::::/∨::::!
       .V  ハ                 从:.、     、     ,     / ソ::::/.::;′.∨:{
.         ∨  ∧            r―‐-..../、_.V:\         ̄     .イ'::::::/}::/    ヽ〉
         ';  ハ           ';::::::::::::::::::::::::::三≧=-...、        .イ::::;::〃 ,'/
         ';  ハ         .V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`>x-<::::__/レ'_ 〃
             ::';         ,イ`:、:_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〃::::::::::::::::::::::::::::::>,
              \______く_:::::::::::::`:ー--‐:::::::::::::::::::::::::::::〃::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                 .`ヽ'//////`ヽ_、:‐-、`:::、:::::::::::::::::::::::::::〃:::::::::::::::::::::::::::::::/
                    //////////>ミ、::::`ー::::::::::::::::::〈_::::::::::::::::::::::::::::::く
                     </////////ヽ <:::::::::::::::::::::〉::::::::::::::::::::::::::_:::}
                       \/////////\  }} >-:/__:::;::r‐≦´ ̄ .\

キーロフは1917年にはやる夫と面識があったと思われるが、
確固たるつながりを持ったのは1925年の休暇中だと言われている。

990◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:03:57 ID:Gdp5/7oc0


一方、穀物危機に見舞われたソ連の情勢は国際的にも悪化していった。

1924年、イギリスで初めて政権を獲得した労働党は親ソ的で
両国の経済的結びつきはさらに強化されると期待されたのだが・・・



                     _
          \     , イ⌒  `へニヽ、
             /^V _ヾ_ヘ, イム>‐、
        ` ヽ  〈  _∠, イ::::::`´:::::::::::::::::::::`>
                r‐'_〃´::::::::〃:::::,:、\\:::::::::::`ヘ
           ─   | //::::::::::/::::ハノ爪::::ハ::::ヽ:::::::::'「`
                {yi.イ::::::::,イケi,ノレ' j/,z=ェミ,!::::::::::}
                Ⅷ.{:::::://_;;z=-     r_jn,ハハ::::ノ、
             Ⅵ{::〃〃 ;f_jh.    {i:::::j} i!ト∨ \
 .           /´::∨/'i! {i:::::j}.    ゙‐‐゙、、!ハノ ̄ ̄
             / ,イ弋八 、、゙'''''´ .  -┐   ハ:|
         //   |:: |\   {    ノ /,}::::}ュ_      ついに労働者の代表が
             r‐v、 i:::|、_ > 、、`._,. <_〃,|::::! }\
          /「r‐z、. i |//   \_/ ヽ>|:: ! イ} \   政権を取ったのです!
        /  `7、__ i |  {  ,、 r、   }. |::.i ̄カ, /
        \   f Xヘi.| 弋_././/./),、_ノ  |::.!ィ' } i´
             ゙ <| .:.:`7,!iヘ,r、/.ム' //,<__r‐'!::iーァ.::|
            / .:.:.:.:∨i」 | '     '─ュ、.ノノY.:.:.:|
              i:.:.:.:.:.:.:.:}>」.|    /iア下 ,ム  |.:.:.:ヘ
           ム.:.:ニ=、.:.:.ハ|   / リ-ュ!ソ  ,j.:.:.:.:/
               `\.:.:>/´\__,ノ} ̄     ソ.:,∠{
             L〃f「\_Y/ /,    ,イ'.:.:.:.:.:.:.〉
             ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:f^ //   ム|}.:.:.:.:.:.:{
                   英国労働党



しかし、労働党政権はわずか9ヶ月で崩壊。

                __
         _/\_/  /\/ ̄\_
        |\\  \|___/_ /   / /\
        /\,  '´:: :: :: :: :: :: ヽ_//    |_
       |\/:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::  ̄ヽ 、/  |
      /ヽ/:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ヽ /\
     lヽ/:: :: :: :: :: :: :: ////:: :: :: :: :: :: :: ::丶  |
     |::/:: :: :: /:///:/ / |:|::|:: ::|:: :: :: :: :: ヽ ̄|
     |/:/:: ::/:://// /  |:|:| |: :|: : : : : : : : | ̄|
    /::|/:: :/::// ○     ∥| |::||::|:: :: :: :: ::|/
  /:: :: | |::/レ             レ リ|:: :: :: :: l
 /:: :: :/|::|/:/             ○ |/:::|:::|::/
/:: ::/_|:: ::/l                |/|/|/
|:://: : |:: :|ヽ、 r  、           /::/::\
|//: : : ::|:: |:: -ヽ \  `   、 _     /::/:: :: :::\
/:r=ー―.|:::|-r、r 7> ヽ  、 _ __ノ  /::/ ̄ ̄ ̄\
: {  :.\ |::|  l l; ll   r - 、-U- <.|:: ::/ ̄ ヽ: : : : : \
: \ ./;|.|:|_丿 l;;l  l゜  l:.:.:/;/ / |: :/ヽ´  ノ: : : : :/
\/ /; r‐‐|| |__ l; ヽ/ゝ-´/;;/  //:/、; ヽ/: : : :/
 `/; ; ;l___ ´ |  ∨/;/; |; ∨ ///  /; ;l: : : :/
 /; ; ; ; ; ; ; ヽ 」 /:/;/;|; |; ;∨/ 〃- イ; ; ; l:/
/; ; ; ; ; ; ; ; ; / :| /; |; |; |; |; ; ∨ /; ; ; ; ; ; ; ; ;l
l; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ヽ |; ; |; ;|; |; |; ; ;;∨ヽ; ; ; ; ; ; ; ; l

991◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:04:34 ID:Gdp5/7oc0


変わって保守党が政権を獲得し、前々首相であるスタンリー・ボールドウィンが首相についた。



┌─────────────────────────────────┐
│┌───────────────────────────────┐│
││     厶                l         l                        ││
││   ヲ弌   総       l 儿      |                    ......││
││   彡            | ]「       !      イ フ弋           ..││
││.          勢        ノrミ r=ミ、   |         | E|ヨ           ..││
││  f7 十           /ハソ iLノ}    !      |   ∟」           .││
││.   !{ Elヨ    1       l \  `¨´  ノ |                      .││
││  「 十          厶  二二  ,ィ彡ト、                   ....││
││           名  ,rfミx一-…―   ノ ト、                  ...││
││           T{ ヽ、        _∠  ノ  ≧、               ......││
│└───────────────────────────────┘│
└─────────────────────────────────┘
            英国首相 スタンリー・ボールドウィン




そして、この内閣には、ソ連にとって非常に厄介な男がいたのである・・・

992◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:05:20 ID:Gdp5/7oc0



  ┏━━━━━━┓┏━┓┏━┓     /,','////////////////////
  ┃:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;┃┃:;:;゙┃┃:;:;゙┃     .r',','//////////////////ル!
  ┗━━━━┓:;:;゙┃┃:;:;゙┃┃:;:;゙┃   /,','///////////////////            ┏━┳━┳━┓
            ┃:;:;゙┃┗━┛┗━┛   /,','////////////////,'/ ` '          ┃:;:;゙┃:;:;゙┃:;:;゙┃
            ┃:;:;゙┃       ト、 ト、 !、 ./,','////////////////″          , ″,  ┃:;:;゙┃:;:;゙┃:;:;゙┃
            ┃:;:;゙┃  ,イ' ̄.゙}、ヾ、 ヾ '/,','////////////////′   .     .   j、   .┗━╋━┛:;:;゙┃
  ┏━━━━┛:;:;゙┃。゙〈:.,:"゙ムヘ}、  _/,','////////////////   , /,   /   〈.;〉  ,マィ  ┃:;:;゙┏━┛
  ┃:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;┃. ヾ:.',(_.ィヾ  /,',','////////////////  ,/ノイ  //     ,ィ:.l〉 4、:.ーヘ__┗━┛
  ┗━━━━━━┛.` . `ニマ'rzj゙ /,',','///////////////,ゝ, /  (__/ ( ー、__,=、,ム' ,⌒)_:.;):.ヽ_
‘/´ ̄":.〈_,ィ .゚   _\、_ト、ノ7`゙ト、!.〈,',','////////////////{ `′  ,ィ⌒⌒Y`ー、,'.:!__,=, ,ィ{__ヾ:.゙} .:.ト, _,ゝ'
孑"i:.,=、.{`Y゛' ,ゝィソ `ヽ) /.:i;;f ヽ!  ,>////////////////) ′,  `'^ヾ、!:.(/ 廴Y)ノ:{イォ、:.ヾ{゙ヽj:.ノ ´`´
ゞ.、゙:.フ.;=、;ゞt, ゙Y;:(ヾ._,ハムj:.l!ゞ`ヤ,_,//////////////////`┓_l〉____⌒)'"´゙ハ:.;ゝ、レ:./ ´).:ノ _r/´,=、
\、:(从__,、_, ,メj:ゝニヘヘ:(\ヾ.}.:゙ー゙{ソ/////_,ハ_//////_ノ´レ^z//////////`ヽ_` r'.:;-':〈ノヾ.,ゝ' /´_,:ム´`' ,.=
。、)ハ:.rry⌒`ノ:. ゙7ゝ`丶、)、)ノ:.、:.;. :.メ、_,ィ//}:.r'//////ヘハi:.j'ー'ケ///////////∧_).;;;j__/_):: 〈 ,ィ_)ー'::ノ / ,_イ.;-、
_ノ:.Yヽ;;;):`,. \:.、Y、__、\ ,〈:.;、≧、:.゙7::///∧´}///////ノ:' ,;:ー,ゝ////√i_,、,'// '`¨´ー'‐-</{:.ィ⌒´' ゙ー^`
‐\ヾ. ヾ{`ゝー<__、ー`ート、 ヽレ.:j:.ム_ト-‐ヘ_≧/ ̄`ーヾ---'----く_:.;)_ノ'´, `'     ‐――===ニニニ
三三三二ニニ=――‐‐      ̄`'´  ̄ ̄’ `   〝   ゚ ,    ´  ‐―――=二二三三三三三三三
三三三三三三三二ニニ=―‐‐ , /// //,'  il|l 丶\ヽ\、ヾ.、 ‐――=ニニ二三三三三三三三三三

993◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:06:38 ID:Gdp5/7oc0


それこそは、のちのイギリス首相ネヴィル・チェンバレンの兄、オースティン・チェンバレンである。


     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;= 三;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;二ニ━一
   , /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、ミ-‐=;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ.
   イ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、ミ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、;;;;;ミヾ;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;‘,       赤いロシア熊と手を結ぼうなんて、
  弋;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ、、゙、ミ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\メイi,ィ;ト、;;;;;;;;;;;;;ヾ.               グレートブリテン
   ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;、ミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、、ヾ∨iト.゙}、;;;;;;;i;;ト、;;゙,      世界に冠たる大英帝国も
   {;;;;;;;;;;;;从゙、ミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;-=、;;;;;ミ,ィ-=ミ、ヽ∨ソ' ヾ:;;;j;リ;;}ヾ',
   :;;;;;;i;;;;;l!l!゙;;;;;;;;;;;;;;;;;、-=ミメ〃≧ミ=, `ヽ. ` ー┐、;;;;\`ヽ      落ちぶれたもんだよねぇ。
   ',;;;;l!l !! i!;;;;;;;;;;;;;;;;;、ミヽ.〃゙/,ィイ=夭       , | !;;;;;、;;ヽ
    、! i!;;;i!!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\メ//ノソ/´       j }トト、}\゙、
    ヽ:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;メ夭ラ彡′       ,イ┴-、!  \、
     ヽ:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ニ=‐-       {ム了`く二ー〟==、⌒)
      ヽ:;;;;;;;;;{⌒丶、;;;;;;;;;;;;;;;ヾミー-       ‐'┃    `¨’  ,-'´/
       ヽ:;;;;\ \(>、;;;、;;、ミ=―-ヽ        j      r´ (_
         ` ゙、;;ー-―≦ヾ、ミ、ヾ、    __ . イ       ヽ.   `⌒ヽ.    , '´ ̄ ̄`ヽ
           ,ゞ―--`ミ=、  \ ̄ ̄, '´           ー-‐r、  ゙ー-‐'ー‐-、
           廴 ̄`゙゙゙゙゙゙゙ー゙ニ=‐-、`ヽ:{‐、___            { ヽ..          ’:.
━━'´`ー━━'⌒′;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ.、二=-、;;;;/;;;}            ヽ._ " ,-―、  ゙::..
   ボールドウィン内閣外務大臣 オースティン・チェンバレン

994◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:07:30 ID:Gdp5/7oc0


熱狂的な反ソ反共主義者であったチェンバレンは外務大臣就任後すぐさまソ連封じ込みの動きに出る。



      ー=ミ´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽヾ`ヽ. ト、
       イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヾ;;,i
    _ ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;レj
 -―=彳;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'ー、
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
.   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i、;;;;;;ト、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;<ヽ     というわけでアカ野郎との関係は
  _ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ヾ;;;} lト、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;‘,
ー=彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ハト、 ヾ;!⊥ハ;;;;ト、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト、!     解消の方向で。
  /イ;;;;;イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト、;;;;i、;;;;;;{ |ィヌ=≠ミト!、ヽ;;;;;;i‐、;;;;;} l!
  ,'イ;;;;;;;ハ;;;;;;;;;;;;;;;;i、;;;;| ヽ;;ト、ヽ;;!l リイ二リ三ミヽメ;;;;;;;!-、゙;;;} !,'⌒ヽ       /ヽ
  ! {;;;;イ! {;;;;;;;、;;;;;;l、ヽ;! ヾ! ヽヽ!!  =≠=<ミ/;;;;;;;;;}‐、!}/ !   }      /   }
  ! l;;;;{.i! l;;;;;;ハ};;;;;;;ト、ヾ、 ヽ `リ    〟〟 /;;;;;;;;;;;;! ノノ   !   i      ./   /
  ヾ、;;!ヽヾ;;!{メi;;;;;;ト、ヽ\ ,ィ        ,'ヘ;;;ハ;;;;|イ;′ .!   l     /   /
    ゙:!  ヾトノ;;;;;;;!、     `         ! l;;' リハ;;ハ!   |  |   /   /
         V;;;;;;;;;;;ヘ  、_______ .ィ   リ / l;! ヽ   |   |   /   /
        {;;/|;;;;;;;;;ヘ   ヽァ――― ノ   .イ  ,ゞt   ,fー-/ヽ_/´ヽ-‐i__
         l/ !;;;;ハ;ドト   ヽ--- "    イ /'/;i、/{__/‐' };ヾ==イ .>、
        !  ∨ リ ゙ ’ .        /.:::/'/;i;i;i/γ´、   .ノ;i;i;i;i;i;i;iY´  }>‐-,
                  > ._ /::,ィ//;i;i;i;i;イ  ,ヘー≧ニイ、;i;i;i;i;i;i;i;{   /  /
                  _/∠ニイ!j´;i;i;i;i;i/ / /{ .ト---;i|;i;iヽ;i;i;i;i;i人__/  /
                 /l!ヘ、ヾ○ノノ;i;i;i;iィ,' /  { l! ヽ;i;i;i;i;i;i;i;i;i};i;i;i;i;i;i;i;i;iー‐'!


1925年中には英ソ間のあらゆる交渉が凍結させられ、翌年までにはほぼ国交断絶に近い状況となったのである。

995◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:08:26 ID:Gdp5/7oc0


さらにソ連の唯一の同盟国であったドイツとの接近を果たし、ロカルノ条約を締結。
ドイツをソ連がまだ加入していない国際連盟に引き込むことに成功した。

これはあからさまに独露分断を狙った一手である。



       |        ,_ /___
      !     . -イ;;;/;;;;;;;;;;:.:.>,_ ,
       l   /;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.:.ヽ´
      !  /;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.:.ヽ
      ! ,';;;;、;;;;;; /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:. ト、
       l .,';;;/ヘ;;;;/;;;;ム;;i;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:. !
       | ;;;;;{ ハ}/;i!!リトミヽl、;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.}
     _!';;;;ハヘ/;;i、!'ヾ(ヾミ、ソイ;;i;;i;;;;;;;;;:;
ィ彡三ミ、!<`./!;;リ `   ̄` /ノィリ;;;i;;;;;iノ
彳ニ二ニ、|ミ゛/ヾ.ヘ     j〉 ノイ彡ソ
´ . .=ィ゙ニ|ニ/、;i;i;ヾヘ.´`ー‐t、イ;;;;}イ/ ,..、
: :イ/{ / ̄ヾ}l!;i;i;iLc、> '´\、ハ! ,....ゞィ
/ '/,ム{ ∧  }ー-,-、《;i〈   〝ー'⌒゙゙゙′
!:.,'〃´ハ{/  ハ::〃,=ヾミ;i
:.:{/' 〃゙ヽ__ノヽi/´   }\
:.:|!、/  ヽ::Y::/{  r、/ム .\
!:.!ム    ヽj::ノ{   | ,';i;iム   ヽ.
Ⅵマ\  _ ヽ';i乂__.ソ;i;i;i;i|     丶
トj0l|Y´\{ }  Y;i;i;i;i;i;i;i;i;i;iト,     \
`!0j;iト、  ヾ__.人;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;{         \
〈ソ,∧ \  「 ! Y;i;i;i;i;i;i;i;i;iム
 j、;i;i;、  \___丿;i;i;i;i;i;i;i;i;i;iム
/.:::∨;i;i`i.、___ノ;i\;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;

                       -───  =ー-、
                      //   /     ミ弋_
                   レ' ∠ ィイ,,          ヽ
                 /        `'<       ハ
                /           ミ        ',
                ィ′            ヽ       ハ
              人     <⌒ヽ、     イ   ー=ニ辷人
                  { ノ    , ミー-ソ U  ミ辷ニ=ー-      ',
                 ヽヘ    {        ヾミ三ニ=ー-、     ハ
             r┴y'___  ミ=ー   ,,, --─彡⌒ヽミヽ、.   小
              { /    Y  ーY彡´ ァ    / j. |从  ヽ. |    こっ、これは
                  `弋   弋____ノ  / r   ハ   j     ヽ|
               Y`¨¨´ ヽヽ、     |. イ //  .>'⌒ヾ    ソ連を包囲するための
                  |  | ii,  |. |   | |  |ーイ   /
                  トイ从从ハj  |   |.  │  V /          策謀であって、断固抗議する!
                ゝ-- - 小 |    ノ   Y′
                  |        j  <      人ミヽ、
                  ` ー-一<、___.       /  .〉/人
                    //人____彡>'''´   .////∧___
            ____ィイ//// /ハ        //////////ハ
          ,-=ニ/////////// ///∧.     /////////////
        /////////////// /////ハ    ///////////////
         ∧////////////∧/ Y////∧ /////////////////

さらにイギリスだけでなく、フランスとの外交交渉も暗礁に乗り上げた。

996◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:09:48 ID:Gdp5/7oc0


このような国際情勢の悪化は、ソ連民衆の危機感を否応なしに刺激した。

内戦以来慢性化していた「敵に包囲されている」という強迫観念はますます深刻化し、
常に外国からの侵略の脅威に怯える彼らの精神状態は突拍子もない対抗策を生み出そうとしていた。


;;;;;.!.l;;;l゙ |;;;;;;;;;;;;;/.|;.l .|;;;;| .|;;;;;;!.|;;;;;;! .|;;;;;} !;|,!;;;l !;;;lv、;;;;;l !;;;,! .!;l|/;;;;|:!;;;|.l;;;;;;;;;;;;| .|;;;;;;;;;;;;.;;;;|, ,!;;;;;|.!;||;;;;;;ミ;;;
;;;;;/.l;;,! .|;;;;;/l,;;;{ .!;;.! !;;;.! |;;;;;;| |;;;;;;l  ,!;;;! !;l.!;;;;}!;;.! .|;;;;;l゙ !;l  '".|;;;;;[|!;;l |;;;;;;;;;;;;.! .l;;;;|L;;;l|;;;;'ヘ;;;/!;,l!;;;;;;;;;;;;
;;;/ l;;l .:!;;r;{ .!;;.! |_;l゙|;;;;} |;;;;;l゙.l;;;;;;;.! !;;;;{ .゙.!;;;;;l l;;;} |;;;;;| .!,!   l;;;;;;;|:ゞ .!;;;;;;、;;;;} l;;;|.|;;;;.!.!;;;;;;;;;;;l゙|;;l";;;;;;;;;l
;;;| .|;;} |;;;;;} .!;;.!  !;;;;| .|;;;/ .!;;;;;;;;.l..!;;;;} !;;;;;.!.!;;;} .!;;;;;.! /.!   !;;;,;;;;|  .|;;;;/ .!;;".!;;.! !;;;;.! l;;;;;;;;;l |;;./ ;;;;;;;;|
;;;! |";| |;;;;;;.! |;;;;!  .|;;;;;|  l;;l゙ /;;;;;;;]、゙";;;;! |;;;;;;.!.!;;;l ,!.!!;;}/;;.!  !;;;l゙''"  .|;;;} !;;! !;;;! |;;;;;}/.i|;;;;| .!;,ll;、;;_;;;;}
;;;.! l;;;;l.!;;;;;;;! |;;;|  .ト;;;;;.!  !.! .!;;;;;;;;;! l;;;;;;;! l;;;;;;゙l.|;;;.!l;.!.!;;|.l;;;;;|  !;;;!   l;;;;|  l;;.!.!;;,! .!;;;;|l゙/l;;;;,! :!;.!T` !;;;.!
;;;;.! !;;;||;;;;;;;| ,!;;l  l;;;;;;;} !;! l;;;;;;;;;;! l;;;;;l゙ ゝ./ .l;;;,!!;! l;;.!|;;;;;.!  |;;;;|   !;;;l゙  .!;;|`゛ .l;;;;;;/ .!;;;;! .|;;{  .!;;;;|
;;;、| l;;;〔;;;;;;;! |;;,!  |;;;;;;;| l;,!.!;;;;;;;;;;|  !;;;;.!    `. l;}.|;;;゙;;;;;;} .|;;;;!   .|;;;;|  |;;;|  !;;;;;| l;;;;,! .|;;.!  .l゙;;;;|
;;;;゙;| !;;;;;;;;;;;! .!;;l  .!;;;;;;l ,!,!.|;;;;;;;;;;.!  !;;;;;.!     .彳|;;;;;;;;;;;l  .!; !   .|;;;;}  .|;;;.!  .|;;;;;;l !;;;} .|;;}  |;;;;;l
、;;;;;| :!;;;;;;;;;;;l .|;;.l  ヽノ゛./.! .l;;;;;;;;;;}  |;;;;;|      !;| |;;;i.l;;;;;}  ″   |;;;;|  l;;;;,!  |;;;;;;;| .ゞゞ |;;;l  .|;;;;;|
l;;;;;/ l、;;;;;;;;}.!;;.!    .l゙;.! |;;;;;;;;;;|  .|;;;;.!      !;| |;;;| `'"      .|;;;;|  |;;;;l゙  !;;;;;;.!   l;;;,!  .!;;;;;!
.゙‐'  l、;;;;;|゛.|;;;.!    .i!;;l゙ .|;;;;;;;;;,!  .|,,/      .|;;! l;;;|        ヽ!  l;;;;.!  l;;;;;;;l゙   /;;;,!  ゙ー'゙
     !;;;;;l l;;;;l    l;;;l゙  .l.;;;;;;;,!          l;;! .!;/              !;;;;l  .!;;;;;;}   ,!;;;;l
     .゙'i;;.! l;;/   .l;;;;l   `'''″          !;|                |;;;;|  l゙;;;;;;;!   .l;;;;,!
      `'゙ .!;;.!、  l;;;;|                |;.!                ゙''"  .!;;;;;;;l   `"
        l;;;;l   ゙''"                  l;;;!                 l;;;;;l゙
        `'"                   :!;;.!                 `''"
                             !./
                           ∧,,∧ ∧,,∧
                      ∧,,∧ (´・ω・)(・ω・`)∧,,∧
                     (;´・ω)(∧,,∧) (∧,,∧(ω・`;)
                      l U l ( ;´・) (・` ;)l と ノ
                      .u-u (   l). (l   ) u-u'
                           `u-u'   `u-u'

997◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:11:05 ID:Gdp5/7oc0


              ,─、
          , ─ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~─、
        /            \
       /               l
       l                 |
      |┌─-______──~|  |
      |/               J  |  |          そう!それこそまさに
      |   -─_       _─-、 |  |
      | /\__/|   | |___∠ヽ \|          工業化なんじゃよー!!
  __ ─|  「`--' _l __ /_`--' /   |─__
 (_ | |  | \ヽ ̄_/ ┐┌  \ ̄/ / | | | _)
   ̄ ─|  l  ̄            ̄  l  |─ ̄   ___
        | | ┐ ,─     ─、  |  |_   / ヽ___ 入
     //|∩ |┐_ ヽ r _  l  |  |::: ─_|       l
   /::/::/ /| /~  ───  \|   |   |\:::::::::|       /─、
   /::/::| 〈 | |┌──── ̄ 7|     l\\::::::\___//  \
  l:::l::::| ヽ  | ~| _____/ |   /|:::|::::::\:/     /    /─、
   \:::|  ) / /        丿  /:l::::|:::::::::/ \   /    /   l
   | \|__//~─- ̄ ̄──'  /::/::::l:::::/   l  /    /   /~l
   |  |   |─______─ ':::::/::/:∠_   |/   /   / /
   |  |─-|:::::::::\::::::::::::/:::::::://:::|   7\  l _/ |__/ /
   |  |   |─__ `──':::::::::::/::::::─\__l_ /        \/
   |/|   |  \:::: ̄ ̄ :::::::::/ ̄ ̄::::::::::::::|\       /|
   |/|   |    \::::::::::::::/\:::::::::::::::──| `───-/::::::|
    やる夫派・第三書記・熱狂的工業化論者
         ヴァレリヤン・クィヴィシェフ

998◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:11:50 ID:Gdp5/7oc0


このように周囲を敵に包囲され孤立したなかで、
ボリシェビキ内では西欧の脅威に対抗する国力を獲得するために、
大規模な工業化を求める世論が沸騰したのである。




   __        /         \  {       レ'     }      /: :       |
/二    ̄ニ=-、  {        . : : :ー、   __」  r'⌒ヽ|      /: : : : .    {
: : : : : : : : .ヽ  〉        /ヽ、 \ヘ\ 7   く二アフ    /: : : . r     |
: : : : : : : : : \ r、  /´   |レ'  ̄ ̄ヽフ{       〈{     /: : : : . {:    〈
: : : : : : : : : : :レ  \l             } ヾ  r'´  }ヲ   /: : : :    ヽ    __
: : : : : : : : : : : \  /^ヽ__/l ヽ  r' ノ  `ーァ=ー'_/   /: : :    _,、-=ー' ̄   `\
: : : : : : : : : : : : V rヘ    {`ー-rー'´     /   ァ―=' rへ: : :  /            「ヽ
: rへ           : : : : : : : : |  {       /  r'^X: : : :}  i   /: :             | }
_/  >=' ニ ̄ ニ=-、       -、  ,| ∧,,∧  (_ァ_,ソ {          /: : : :          r'  レ'
  /          ヽ  「ヽ_ヽ  ノ^l_ノ (・ω・`;)っ∧,,∧ 〉 r‐  __ /: : : : :  ヽ      {   }
∨             `ー'    ̄` ク   (_っ   ノ (;´・ω) ヽ__/ __,ス: : : : : .  }  __イ  /
、                       }    ∧,,∧  (っ   ∧,,∧  \     ̄7: :  r'  ̄  |  {
 \              }    ノ (( c(ω・´;) ∧,,∧ ( ;ω; )   }      厂7  }   /   |
   }   r、      ,ィ  ト=-"     〉  ぅ (・ω・#) っ c∧,,∧ヽ`  '´ ノ /  /   /  /
   {   〈 トーr―-" {  {       〈_,ー、c=c-   c) u-u(; ・ω) `ー ‐´  (_, ノ   `ー'
    \  \\_,)    \ \_            uーァ_ノ   ノ っ゛,っ゛   〃
     \_フ        ヽ_ソ                   し-u′


それはまさにヤケになったと表現したほうがいいほど、無理難題なものであった。

999◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:12:54 ID:Gdp5/7oc0


後進的農業国においては、工業化に必要となる資本を農業で調達しなければならない。
つまり穀物を輸出して資金を蓄積し、それを用いて工業に投資するのである。



             ミ            _________
              ヽ \           ./\|//////\
            ./ \ \   ./// .|___|./////:::::\\
       ∧_∧/     ̄  /∠∠∠∠∠∠∠∠∠/:::::::::::::::::\\
      (;´Д`)     i i i    ̄| ┌┬┐┌┬┐   |::::::::::::::::::::::::::::| ̄
''""~"'''"/    ヽ''"~"__i i i--、 .| ├┼┤├┼┤   |::::::::||||||||||:::::::|
    ./| |   | |   ̄ ̄ ̄ |:::::| ..| └┴┘└┴┘   |::::::::||||||||||:::::::|
iiiiiiiiiiiii/ \ヽ/| |iiiiiiiiiiiiii::..  ノ__ノ..|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||  |::::::::||||||||||:::::::|
   /   \\| |          ||_||_||_||_||_||_|__.||||||||||:::::::|
   / /⌒\ し(メ    .i i i . ..|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ||  ||乃三三-_
 / /    > ) \  ノノノ
/ /     / /    .\_  ザックザック
し'     (_つ   /:::::/::...  ザックザック
            ノ・ ./∴:・:
           ''""~~"''


だが、富農による穀物買い占めと退蔵によって工業化に必要な資本蓄積は遅々として進まなかった。
これは工業化を渇望する都市住民の苛立ちを悪化させた。

2◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:16:11 ID:Gdp5/7oc0


富農の振る舞いと工業化の停滞に業を煮やした都市部の労働者を中心に、
もはや農民融和政策は限界に達したという認識が多数派になろうとしていたのである。

彼らが言うには、包囲されたソ連には一刻も早い工業化が必要なのだ。


          l      /    ヽ    /   ヽ \
          /     / l    ヽ /      |  \
| し な 間 〉 //  l_ , ‐、   ∨ i l  | |    \      は
| ら っ に |/ l ,-、,/レ‐r、ヽ  |   /`K ,-、 <   し
| ん て あ   / | l``i { ヽヽ l | / , '/',` //`|_/       や
| ぞ も わ    |> ヽl´、i '_   。`、llィ'。´ _/ /,) /\    ろ
| |   な   |`/\ヽ'_i ,.,.,.⌒´)_ `_⌒  /__/l  \       く
っ   |    く    |/ / l´,.-― 、l`ー一'_冫 /l l |   /   っ
!!!! |        \ ', /  /`7-、二´、,.| /// |   /
           lT´ {  /  /  ト、 |::| /// /  /    !!!!!
          l´ ヽ、 > ー    ,/ |ニ.ノ-' / / _
              i``` 、/ }    ',,,..'  |-'´,- '´     ̄/ ヽ∧  ____
           \/ ' \_  `´ノ7l´      /    // ヽ l ヽ
         / ̄ |      ̄ ̄/ ノ L___/      ★  U  |
        /   ヽ      /`ー´     /l                 |

3◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:17:24 ID:Gdp5/7oc0


こういった諸問題は公式路線に対する三人組の団結を弛緩させていた。

ソ連最大の工業都市レニングラードの支配者であったジノヴィエフは
増大する労働者の不満を無視するわけにはいかなかったのだ。




          ,  -─ - 、
       , -'´     l、   ` 、
     /       ノ ヽ    ヽ
    冫  ノ彡,ィ/    ヽ.   l
     7  l       _,. l!   l
     レ'、r l=-、;__,r-=、_ l,_  ノ    カーメネフ・・・
      ヽlー─'l  ー‐' `lノ /
       ',   `     /,ノ      君に相談したいことがある。
        ヽ  -─-  ノi'
        lヽ、__ / _l、
     _,r '゙|ニ= 、 , 一' ´ ,ト 、 _
-‐'.´ ̄/;;;;;;;;|>/ヽ二二´ノ;;;;;;;;;;;;ヽ`'';;;;
;;;;;;;;;;;;<;;;;;;;;//l  :: ヽ /;;;;;;;;;;;_ - ';;;;;;;;
;;;;;;;;;;/;;;< / /   ::. ヾ;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;



         ヘ   ,ヘ
        / ヽ,  ::.
       /      ::.
       /       :::.
      ″<●> <●>::.     なんだジノヴィエフ。
      |       ::::.
     |     フ  :::::::::.
     /          ..::::.
    /           :::::

4◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:18:31 ID:Gdp5/7oc0


/        _r~-'   | |
    r~ミz孟zzzz≧x  |ノ
。   |   }!     H! .L」
..ヽ   ゚。       `¨´ 〈
  }   >-┐      'T′       ・・・やる夫との同盟はもはや限界だと思う。
  ゝr ´  ゚。    ⌒ :f
  r┴ ..._ ヽ     |
/>ミ、_ `¨ =r---'
::::::::::::::::::`丶¨ー- .」ア
、:::::::::::::::::::::::::\  厂二ミ 、
: \:::::::::::::::::::::::::`¨{ 、  \ \
::::::::\:::::::::/::::::::::::::|. ヽ.   \ \
::::::::::::::\:::: ̄ フ:::: |  、    \ \
::::::::::::::::::::ヽ:/::::::: |   \.    \ ヽ
:::::::::::::::::::: : \ミx__|    \    \ノ
::::::::::::::::::::::::::::::\:: |      \ /´


                                   ,、    ,、
                                   .| |   | |
                                  |   |___|   |
                                  |         |
                                 | ___   ___    |
                             ∩   i´●`> <´●`>  |
                             | |   |  ̄、_,、_,  ̄    |   !!
                          .   | |  |    !.ノ        |
                              \ \|              |
                               \|               |  ジノヴィエフ・・・それは。
                                |              | |
                                 |               | |
                                .|               | |
                                |               l ∪
                                 |              /
                                \           ./

5◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:19:31 ID:Gdp5/7oc0


                      /   ,   ,ィ ,λ /レ'       l l       |
                     リl   | /~´/,/         lハl         |
                     '/   レ´   ´                l       l |
                      リ   l '´ `ヽ、  ,     _,. ‐、   .l       .|ヽ
                      ヾ、 lγ'"´ ̄`'i,r-ゝ''"´"""''、   l      |
                       l´'i'!     ノ  l     /ヽ、 ノ    lレ'    労働者の不満は増大する一方だ。
                       l.`l `""゛~´ /  `ー──'   ン'´.`i.丿
                        l l      t ,         r'´) /´      もはや工業化と農民融和は
                        ヽl                / /       両立しえない・・・
                         |    ____      ,_ ノ´
                    ,__ ,, -'.!        `     /|、          労働者の支持を獲得するためにも
        _,. -‐─---─'''~ ̄   /:::::::::rl     `        / レi::::`ヽ、       公式路線とは決別せねばならないかもしれん。
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::/l.,l          /  , '/l:::::::::::ヾ'ー-、_
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::/ ','、'-、, ____/,.-'´/ |:::::::::::::::ヽ:::::::::`'ー-、_
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::l',  ヽ, `'''i  rー' ´ /  l::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::` ‐- 、_
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::| \  ヽ、 | /7,, -'´  , -''i:::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー

6◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:20:30 ID:Gdp5/7oc0



             /: : : : : : : : : : : : :`ヽ、
          /: : : : : : : : : : : : ;.イノ\ : ',
         i: : : : : : : : : : ;. - '´ ′ │: }
         |: : : : : : ://__       l /
         |: : : : : : :L -‐{〒ぇ>‐rfデ1     そして・・・
         ヽ: : f ヽ;|     ̄  ト -〈
          \:! ぃ         ′ ./      やる夫はブハーリンと並ぶ
            `!ヽ.、   r_:三ヨ /      公式路線支持者だ。
            L:_| ヽ     ‐  /
             │ \      亅
             │ __二二ニヱ‐ 、_
               r弋/ _  -‐ フ´    | ̄  ‐- .._    __
         ,. ‐ '"´  ̄\=ニラ'´        !         ̄    \
      _ /   / /  |/   ____」      /        ヽ
      //      /.   |     \           /            ',
    / 〈ヽ       /    |         >        /             i
    /   \\   L. _  │_, -‐ ´         /               |



     /l   /`l
    /   l  / |
   /    l /   |
   /      ̄    |
  /          |   たしかに、昨今の穀物危機は
  /    く●〉  く●〉|   公式路線の説得力を破綻させつつはある・・・
 l            l  このまま黙っていれば
|        フ    |  労働者の失望を買ってしまうのも事実だろう。

7◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:21:22 ID:Gdp5/7oc0


            _、-‐‐‐-..,,__
            , ':::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`,
          /::::.:.:.:.:.:.:.:.:,;:.:.:.:ノl
           l::::::::::::i'`'v____n,j
          `k::::::::(,リ     .リ{、   (そうだ。
           ヽ::::::::ゝ、   __,'    足元のレニングラード工業労働者からの
            l: : :゙i.    l     支持を失えば、私の立場はなくなってしまう・・・)
           ェ‐‐--ニニ==イ
         、‐'`::::.゛ミ_二三b-,,_
        ,r'    :.:.:.:.:`'ィ.,l \`ヽ
        イ..:.::.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:l   `v. \
       l:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l  ,、ハ ,ノ
       .l::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'‐-'``'ィ'
      l:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l





           /l     、
         / |,,_   / l
        /::      ~-'  l
       /::::          l     しかし、だからと言ってジノヴィエフ・・・
       /:::::         |    ,. 我々はつい数ヶ月前に
       l::::::         |   / / 公式路線反対派のトロツキーを
      |:::::::             |   ' /  攻撃していたのだ。
     l:::::::           レ' /  この問題では慎重に振舞わねば・・・
     |:::::::::           /

8◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:22:35 ID:Gdp5/7oc0



           /      / |             \
       ./     ./  / |              ヽ
      ./     ./〕/  、 ト、             l
     /     ,イ././´    V  ミー-ミ         |
      | イ   | |'            __  ヽ       リ
      |{ マ  .}           _. -¬   Ⅵ >ミ、 ./
      |! \ :| ,、     、 x≦三ミx:==キ7  }  {
        ゝヘ _>-ミ、__T  〈 の :||   i"   リ  l    いや!!
          f「ヽ 〈_延厂`L__二...ノ'      ./  l
            マ、ノ__ノ}             / 彡'    それよりも重大なのは
            ヽ!   〈 _ ,、         fーく/      書記局の・・・モスクワの増長なのだ!!
             ヽ        _, ヽ    ′ .
             、  ,.. -ニ= '     /    「 ツ{    今や奴らは全ての権力をかき集めようとしている!
              、  ` ̄_      /    / 〈 ̄\ このまま放っておいてはまずい!
              ゚。         /  ィ ´  . ノ:::::::::ヽ
                    }、   _.... ='- ´   ィ´:::::::::::::::::ノ^ー- .
                  > T        ィ ´:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::ー----ミ
              く   }    _. ィ ´:::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::;:::::-::一::::::::::::::
          _.. ---=土ミ.L. イ>'::::::____:::イ::::::::::::::::::ィ´::::::::::::::::::::::::::::::
       . < > ´     L./:::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ィ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     /  /         }/:::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

9名無しのやる夫だお2012/05/02(水) 22:22:46 ID:kRHULAlI0
おせーよw

10◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:23:30 ID:Gdp5/7oc0


ジノヴィエフのやる夫に対する警戒心は経済問題や世論を気にしてのものだけではなかった。
                              スターリニズム
この時期、カガノーヴィチを始めやる夫派は後に「やる夫主義」として体系化される
狂信的な中央集権理論を臆面もなしに発表しており、さらなる権力の集中を進めようとしていた。




       /ミミ,、ミミミ,.ヘ.ミミ,.ヘミミミ,ミミミi、
       ,ヘミ/ \/   ヽ/  ∨/ ∨ミi.
.     .″ >ヘ             >ヘ ∨ミ.
     i ./  \        /   〉. ∨ミ
    , ┤     , ‐\  | |  ./ ヽ     ! , ー 、       お前のものは俺のもの、
.   / .|     !  ・ \! !.イ ・   i    レ   .ィ i
___i hj    、   ノ:::::::::::::、  .ノ       ,{:  i__    俺のものも俺のものだ!!
   ∨´   ::::::::::::::〃 ̄ ̄ `ヽ:::::::::::::      ij: リ
   ′       、      リ     /{    /
    ! / ̄ヽ      `ーt一 ´    . <   !   ,ノ
   !{          _ .  -= ´    リ   } !
   、 `ー-- -‐ =_´    . -‐= ‐ 、 .′ ′!
    i 、 \   .<   >´      〉'   / /
   ∧\  ` (                /  / /
     ヽ \  ` <         > ´  /   /
      \ >  . _` ¨¨¨¨ ´ _ . <  /
       > .    ̄ ¨  ̄    _ . <
           ` ‐- ---一 ´
    やる夫の忠臣 ラーザリ・カガノーヴィチ

11◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:24:49 ID:Gdp5/7oc0


これに対してかつての首都であるレニングラードの党員はあからさまな嫌悪を示した。

これはつまり、強大化する政府中央モスクワの権威と、
革命と労働者の故郷であり最大工業都市レニングラードとの主導権争いだったのだ。


      `----、    ∧  /
           ̄\  | | 丿
             │ 丿`~
       `ヾ─---′/
--、      |     <
  )      `ヽ、  /´
_/´          ̄

          /》、
      γへ `ヽソ
___≡¨`>`弋丿
 #─-γ´●レニングラード
/´  θ
..≧
冫            ●モスクワ






                                   _
                                 ./ 冫
                                /´   `ゝ
                  γヽ、         /´   / ̄´
          _    / ̄´《 ̄         / カスピ海
         /´ ミ  《_ _ノ´          \    \
        厂゚  <、〆 ̄ ̄\_           ヘ、    ヽ
      /      "      ~\_         ~\   `》
      |      黒海         弋          ̄て_/
      |                  丿

12◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:25:48 ID:Gdp5/7oc0


モスクワへの対抗心をむき出しにするレニングラード党員の配下を前にして、
親玉であるジノヴィエフもなにかしら行動を起こさねばならなかった。


                               、 ☆
                           /  ヽ
                            \  |
                        /\ _,×
                                `


                モスクワの好き勝手にやらせるな!
                革命の故郷は我がレニングラードである!
                革命を殺す農民融和に断固反対!

                            ,,,,,,,,,,,
  __      /⌒)  ,,,,,,,,,,,,,,,        [|,,★,,|]       ,,,,,,,,,,,,,    __    __
 (━ ★ )  ⊆.==★|_ [,,|,,,★,,|]      O( ゚Д゚#)      [|,,★,,,|,,].  ( ★ ━) (00━ヽ
 ノル,,‘ヮ‘)  ルリ,, ゚ヮ゚) 从,*゚ー゚)       ゝ.~¶¶ ~)       (`c_,´ ,,)  (・∀・ ) (^ヮ^ゝ0)
. (” |::”)  (”::<iy>) (:”:::::”) .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|. (“|:: “.). (“:|:::“:) ( 《iv》 `)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                                                 ,,,,,,,,,,,
                                                .[|,,★,,|]
                   同志ジノヴィエフ!                  ミ゚Д゚,,彡
                   いつまで黙ってるんです!?            とミ   ミ)
                   間違った公式路線をビシっと批判して        ミ   ミ
                   レニングラードここにあり!と思い知らせて    ∪ ∪
          ,  -─ - 、    やってくださいよ!
       , -'´     l、   ` 、
     /       ノ ヽ    ヽ
    冫  ノ彡,ィ/    ヽ.   l
     7  l       _,. l!   l
     レ'、r l=-、;__,r-=、_ l,_  ノ
      ヽlー─'l  ー‐' `lノ /        (ううむ・・・)
       ',   `   u /,ノ
        ヽ  -─-  ノi'
        lヽ、__ / _l、
     _,r '゙|ニ= 、 , 一' ´ ,ト 、 _
-‐'.´ ̄/;;;;;;;;|>/ヽ二二´ノ;;;;;;;;;;;;ヽ`'';;;;
;;;;;;;;;;;;<;;;;;;;;//l  :: ヽ /;;;;;;;;;;;_ - ';;;;;;;;
;;;;;;;;;;/;;;< / /   ::. ヾ;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;

13◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:26:55 ID:Gdp5/7oc0


/        _r~-'   | |
    r~ミz孟zzzz≧x  |ノ
。   |   }!     H! .L」
..ヽ   ゚。       `¨´ 〈       ・・・カーメネフ。
  }   >-┐      'T′
  ゝr ´  ゚。    ⌒ :f        私は今度の第十四回党大会にあわせて
  r┴ ..._ ヽ     |
/>ミ、_ `¨ =r---'        公式路線を大々的に批判するつもりだ。
::::::::::::::::::`丶¨ー- .」ア
、:::::::::::::::::::::::::\  厂二ミ 、
: \:::::::::::::::::::::::::`¨{ 、  \ \
::::::::\:::::::::/::::::::::::::|. ヽ.   \ \
::::::::::::::\:::: ̄ フ:::: |  、    \ \
::::::::::::::::::::ヽ:/::::::: |   \.    \ ヽ
:::::::::::::::::::: : \ミx__|    \    \ノ
::::::::::::::::::::::::::::::\:: |      \ /´




           /l     、
         / |,,_   / l
        /   :::::::~-'  l
       /   ::::::::::::    l    !!
       /  「●」::::::::::::::  |
       l   :::::::::::::「●」  |    まてジノヴィエフ!それは・・・!
      | U ::::::::lゝ::::::::::  |    あまりにも急ぎすぎている!
     l   ::::::::::::::::::::::::::  |    公式路線を批判するには、
     |  ::::::::::::::::::::::::::::::::  |    我々の今までの言動は良く知られすぎているのだ!

14◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:27:40 ID:Gdp5/7oc0


           /      / |             \
       ./     ./  / |              ヽ
      ./     ./〕/  、 ト、             l
     /     ,イ././´    V  ミー-ミ         |
      | イ   | |'            __  ヽ       リ     ダメだ!
      |{ マ  .}           _. -¬   Ⅵ >ミ、 ./     もはや情勢は変わった!
      |! \ :| ,、     、 x≦三ミx:==キ7  }  {
        ゝヘ _>-ミ、__T  〈 の :||   i"   リ  l      このまま黙っているわけにはいかん!
          f「ヽ 〈_延厂`L__二...ノ'      ./  l
            マ、ノ__ノ}             / 彡'      ソ連の工業化が停滞し、政府が有効な対策を
            ヽ!   〈 _ ,、         fーく/        打とうとしていない以上、
             ヽ        _, ヽ    ′ .         我々レニングラードが声をあげねば
             、  ,.. -ニ= '     /    「 ツ{      ならないのだ!!
              、  ` ̄_      /    / 〈 ̄\
              ゚。         /  ィ ´  . ノ:::::::::ヽ
                    }、   _.... ='- ´   ィ´:::::::::::::::::ノ^ー- .
                  > T        ィ ´:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::ー----ミ
              く   }    _. ィ ´:::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::;:::::-::一::::::::::::::
          _.. ---=土ミ.L. イ>'::::::____:::イ::::::::::::::::::ィ´::::::::::::::::::::::::::::::
       . < > ´     L./:::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ィ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     /  /         }/:::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




             / i   ./ヽ,
            /:::  | /   ',
           /:::::  ""       i
            /::::::         l
             /::::::          i
         /::::::           |    いや・・・しかし・・・!!
           /::::::            |
        /::::::             |
       /::::::         U    |
       /:::::               ヽ
      /:::::                 ',



            _、-‐‐‐-..,,__
            , ':::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`,
          /::::.:.:.:.:.:.:.:.:,;:.:.:.:ノl
           l::::::::::::i'`'v____n,j
          `k::::::::(,リ     .リ{、     (そしてそうでなければ、
           ヽ::::::::ゝ、   __,'
            l: : :゙i.    l       私はレニングラード派の
           ェ‐‐--ニニ==イ
         、‐'`::::.゛ミ_二三b-,,_       求心力を維持できない・・・!)
        ,r'    :.:.:.:.:`'ィ.,l \`ヽ
        イ..:.::.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:l   `v. \
       l:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l  ,、ハ ,ノ
       .l::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'‐-'``'ィ'
      l:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l

15◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:28:35 ID:Gdp5/7oc0


          ,  -─ - 、
       , -'´     l、   ` 、
     /       ノ ヽ    ヽ
    冫  ノ彡,ィ/    ヽ.   l    ・・・避けては通れない道だ。
     7  l       _,. l!   l
     レ'、r l=-、;__,r-=、_ l,_  ノ    頼む、私と共に戦ってくれカーメネフ。
      ヽlー─'l  ー‐' `lノ /
       ',   `     /,ノ      我が友人よ・・・
        ヽ  -─-  ノi'
        lヽ、__ / _l、
     _,r '゙|ニ= 、 , 一' ´ ,ト 、 _
-‐'.´ ̄/;;;;;;;;|>/ヽ二二´ノ;;;;;;;;;;;;ヽ`'';;;;
;;;;;;;;;;;;<;;;;;;;;//l  :: ヽ /;;;;;;;;;;;_ - ';;;;;;;;
;;;;;;;;;;/;;;< / /   ::. ヾ;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;



           /l     、
         / |,,_   / l
        /   :::::::~-'  l
       /   ::::::::::::    l
       /  「●」::::::::::::::  |
       l   :::::::::::::「●」  |
      |   ::::::::lゝ::::::::::  |    ・・・・・・
     l し ::::::::::::::::::::::::::  |
     |  ::::::::::::::::::::::::::::::::  |

16名無しのやる夫だお2012/05/02(水) 22:28:53 ID:pUIx.cjY0
それに、トロツキーとの非難の応酬合戦で、ジノヴィエフとカーメネフの権威は
トロツキーのそれと共に地に堕ちている…当人たちが気づいていないのが悲劇だが。

17名無しのやる夫だお2012/05/02(水) 22:29:17 ID:kRHULAlI0
困っているときに俺たち友達だよなっていってくるやつにろくなヤツはいませんよね

18◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:29:29 ID:Gdp5/7oc0


                      __,,,,.....,,__
                 _,. :- :' ":´: : : : :` ': 、、
              _,.r ':´: : : : : : : : : : : : ヽ、
           _,.-'´: : : : : : : : : .人: : : : : : \
           ,.ィ'´: : : : : : : : : : / ヾ、: : : : : :ヽ
        /: : : : : : : : : : : ノ    ヾ、: : : : : ゙i、
        'イ: : : : : : : : /: //      ヽ : : : : : 'i   この時期を逃せば、
        /: : : : : ノ'_,. 彡',.ィ'/"        'i | : : : : 'i
       '7: : : : /ム" '''''^~''"゙          !:|: : : : : |  モスクワは勝利者として権力を握り
        レi: : : :i'              ,...:;;.、 ゙'! : : : : |
        .!∧ : : ! =-x、.,_ .;' :  _,,.、=:''""'ー  | : : : : 丿  私とレニングラードは永遠の敗北者になってしまう。
         ゙ \ r'l,_r'""゙゙゙゙~~Y_,,....,,i'"゙゙~~ ̄`゙ト、.,_ i':r‐、: :/
           `1 i !,    _,!.|  '''!、    _j!  ゙''レ'ri ! ;/    いま、やるしかない・・・!
            ヽl| ゙゙"""~~ . |     ゙゙"~~ ̄   .:jシ' ノ /
               '、!       └-ー         '~/ :ノ
              ゙'、               ,/-',,.:-'゙
               ゙、  :: _,,. -―- 、..,,_ ::  ,/ |'゙
               ゙i、    '""''      .ノ .|
                | '、         /  .|_
               ,.┤.ヽ、____,,./   _,|..)
             _,..-|`゙"'''ー-、 ::  ,.-― '''''""゙   ト-.、、
       __,,,,,...、- ''";;;;;ト 、、 く,ヽ、 /j      _,.-'゙|;;;;;;;;;;゙;;';ー;,,、..,,,_
、--―;'';;;"゙;;;;;;;;;;::''';;;;;;;;;;;;;;;|: : : ゙,.>≫V.∠..、__-‐_'',,"  ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;''-、.,;;;;;;;;;;;゙;;;;;;'';;;;





              /~" 、     /~"、
               /::   'l      /::  l
             /..:::   i,    / :::    l
              / ..:::::   `~';:::     |
              / ...::::: : :    ''''      |
            /. : ::::::::::: : :            |
           /.: : : : ::::::::::::::          |
          /.: : : : ___;::::::..    ____   |
          /. : ::/|;;;;;;;;;|\::::  /|;;;;;;;;;|\  |
         |. : ::<  |.;;;;;;;;;|  >:::<  |;;;;;;;;;.|  > |     ・・・・・・致し方あるまい。
           | : : ::::\|:::::::::|/::::: \|:::::::::|/   l
         | : : : : : :::::::::::::::::::::::::            |     ボリシェビキたるもの、ワシも腹をくくろう。
        l : : : : : : ::::::::::::::;;:::: :;;::::: ,          |
         | : : : : : :::::::::::::::::~T-´`-T   し     |
        | : : : :::::::::::::::::::::::::::ヽ_〃           |
       |: : :: : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         |
         l : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.......     |

19◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:30:11 ID:Gdp5/7oc0


1925年末、ジノヴィエフは新聞を通してブハーリンとやる夫に対し公然と攻撃を開始した。


                 _,. . -‐-- 、_  _,, ,,_
               /: : : : : : : : : : : "`::::::::ヾ
             /: : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::ヾ彡
            /: : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::::::ミ
            |: : : : : : : : : : : : : : : : :, ト、:::::::::|-─''''、'" ̄ ̄~`ヽ、_,;、
             _|,: : : : : : : : :/: : : : /|/ |:::::レ|`:::::::::::: ヽ: : : : : : : : : :
        _, - '  ̄/: :n/=<_'─'/_>ヽ|::/、::::::::::::::: : : :ヽ: : : : : : : : : :   ネップは堕落の危険性を実際に胚胎している!
     _, - ': : : : : : / トレト ヽ{:エェ:}-,{:ェエ:}ィ//::ヽ::::::::::: : : : : :ヽ: : : : : : : :
   /: : : : : : : : : :/: : `ヽ,  ゙  ̄" | ゙ ̄ "レ:::::::::ヽ::::: : : : : : : : i: : : : : : : :
   /: : : : : : : ヽ : /: : : : : | |    ` '    /|: : : : :/ : : : : : : : : !: : : : : : :    一国社会主義はレーニン主義の
  {: : : : : : : : : ヽ /__: :| ヽ ヽニニ='  / | : : < _: : : : : : : : : :i: : : : : : :
  }: : : : : : : : : : :ヽ /: : :ヽ `_   '   / |: : : : : :/: : : : : : : : : :|__,,,     放棄にほかならない!!
  {: : : : : : : : : : : :}::|: : : : : :\  ̄ ̄r ̄=-イ- ,,_/: : : : : : : : : ::::|"
  |: : : : : : : : : : : |::::\: : : : : :\r'~`、 ヽ      ̄`>,○: : : : ::|
  ,|: : : : : : , -‐---===>ェ__/~ヽ|  ノヽ、  ヽ   /  |: : : : : : ::/
  |: : : : : : : : : : : : : : : : :r-‐/~ レ `‐' " \-,,_、  |  ノ: : : : : ::/
 ,|: : : : : : : : : : : : : : /イ rイ_ノ   r   、_L_ _,) |/: : : : : : ::/
 L: : : : : : : : : : : : : : / !_ ィ    >,,_,/    /: : : : : : :::/
  \: : : : : : : : : : : __| ノ >-‐': : ヽ      /: : : : : : : ::/
   `‐- ,, __O Oヽ::::`'~フ"○: : : : :ヽ   /: : : : : : : 0: : ::ゝ、




   /       ,_,              ',
   /       ( l 、            ',
   l      ,i、/ 〉ヽ!ヽ、ヽヾ   `ヽi   l
   l    i , ノ ハ( 、 ,-‐..'´`ソ'`ヽ i リ   /
  │  i、l=‐':´`"゙:::::::::::::.  : ノノ/、  /    ジノヴィエフ・・・!!
   | i i |/::` :: ::::::::,i ヽ ;::::::..  .:: l l  l   ヽ
   l ヽゝ l::: ::: :::/ |  `' 、::: -'´j l' /   )   トロツキーと対峙したときは
   ヽ、ヽ ` 、、:::/  !、-     ゝ,l '   /    私と共にネップを支持したくせに・・・
    ゙''- 、ミ ',   _, - ‐-   /r, 、 `( _
       _ノヽ\    -    , '// \   )  なんという手のひら返しだ!!
       `ヲ.  \      / //    `''‐'-,
    , ==l ,  l ` - ‐ '  //   ,---、 /
  , , ' '´   !li  lL.   , - ' 7/   |=000| )
//      `゙゙゙_)| `' '´   l(    ゙ー ' ´く
ヽ.ヽ、        l      ヽ >      l

20◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:31:18 ID:Gdp5/7oc0


これを合図にモスクワとレニングラードの組織間で激しい闘争が始まった。

モスクワの影響下にある党機関紙「プラウダ」と、
レニングラード党支部の機関紙「レニングラーツカヤ・プラウダ」は
紙面でお互いを罵り合う事態となった。



        ∧_∧
     ミ ○(#@Д@) <死ね!トロツキスト!!
      ヽ ∧_ ○))
    ミヘ丿 ∩Д@;)  <うるせぇ!お前こそ死ねブルジョワ!!
    (ヽ_ノゝ _ノ

21◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:32:26 ID:Gdp5/7oc0



   ――― クレムリン内のアパート、やる夫の自宅

       ______________________________
        l___________________________________________l
        ∧三|:Ll:|二二二二二|:Ll:|二二二二二|:Ll:|二二二二|Llノ二二二:|├i─. < ´
        ∧.ミl  .|_|_|_|_|| || |___|:ロ:|::::::::::::|  .| :::::::::::::::::: | ||.|:::::::::::::::::|  |  |
           ' ,|  .l ̄| ̄| ̄| ̄|| || |7/ ̄||::::::::::::|  .| :::::::::::::::::: | ||.|:::::::::::::::::|_|  |
          iォ |....「|TTTTTTTTTT「|TTTTTTTTTT「|TTTTTTTTTT「|TTTTTTT「| . |____________________
          |:| |..::|.| 二二二二二 |:| 二二二二二 |:| 二二二二二 |:|二二二二l:l .|;;;;; :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          |:| |...:ト..─────‐|:|─────‐.l:|────‐| .ソ____..// .|─|二二二二::i. 尸二二二二::尸三三三三尸三
      __|:|_..| .Y 二二二二二l .|二二二二二l ..|二二二二|  |::::||::::::|::::::レ.... |  |:::::::::::ll :::::::::| |:::::::::::|::::::::::::|:| |:::::::::::::::::::::| |:::::
、    |       |  |_||_||_||_l .|__.||___|  |_||_||_|  |二|二:|::::::|   |  |:::::::::::ll :::::::::| |:::::::::::|::::::::::::|:| |:::::::::::::::::::::| |:::::
  ヾ、、.|____|  | ̄|| ̄|| ̄|| ̄l .| ̄ ̄.|| ̄ ̄ |  | ̄|| ̄|| ̄|  |_|_:|::::::|_ |  「|TTTTTTTTT「|TTTTTTTTTT「|TTTTTTTTT「|T
ミ::ミ::ミ::ヾ     | 「|TTTTTTTTTT.「|TTTTTTTTTT「|TTTTTTTT.「|TTTTTTTTT| |..|  |:|二二二二二l |.二.二二二二.l |二二二二二|:|
::ミ::ミ::ミ::ミ ヾ   | |:|.二.二二二.二.ヒ|.二.二.二二二ヒ| 二二二二_ヒ|.二.二.二.二 | |..| F+────i l r───l l f´ ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄
ミ:::ミ:::ミ::ミ::ミ::ミ:ヾ | |:|   γ⌒ 、 「 _____  ____  |::|l:::::|l:::::::| .| |..| | .|::::::::::::::::::::::| l l:::::::::::::::::l | |:::::::::::::::::::::: | |:::::
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧ Y⌒Y´;;;;;乂 ;;;ト | |:::::|:ロ:|::::::::::::|  |_||_||_l ..|::|l三||三.| .| |..| | .|::::::::::::::::::::::| | |::::::::::::::::| | | ::::::::::::::::::::::| |::::::
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.Λ;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;,,,,, ;;;;;;〉、.| ̄| ̄:|::::::::::::|  | ̄|| ̄|| ̄l ..|::|  .||  .| .| |..| | .|::::::::::::::::::::::| | |::::::::::::::::| | l::::::::::::::::::::::::| |::::::
;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.∧);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,/ ̄..y.ヽ::::::|::::::::::::|  |゙::::||゙::::||゙::::l ..|::|  .||  .| .| |..| | .| ̄ ̄ ̄ ̄.l | | ̄ ̄ ̄.....l |  ̄ ̄ ̄ ̄:| | ̄
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.∧,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.>- 、:::::γ⌒ 、::::|    ̄ ̄ ̄ ̄  .|::l ̄ ̄ ̄l .| |..| | .|        .| l |      .l |....,,,,,,,,,,-=ニ  ̄ ̄ ̄
;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.∧.,.,.,.,.,.,.,.r― 、::::::>:::、:::::::::>::::>-‐ 、 ̄ ̄ ̄ ̄          \
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.∧ ヘ/::::::::::::\ヽ:::::::Y:::::::{::::::::ヾ:::{                      >
;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.∧三hヾ:::::::::::ハ:::::i:::::|::::::::}::::::::ソ::ノ           /    /
: : : : : : : : : : : / /: : : : : : : : :| |::::>::::::::::|:::::l:::::l:::<              /     /
.: : : : : : : : : :./ / ̄三ヽ: : : :.| | ̄ヽ::::<   ...:::::::::::::::           <    /

22◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:33:17 ID:Gdp5/7oc0


  |::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::Ⅳ.::::::::::::::::::::::::::::::::|     \::::::_:メ:::::::::::::l:|::::::::::::l::::::::::::::::::::::
  |:::l|::::::::::::::::::::::::::::::::::!丶::::::::::::::::.\:::::::::',    _,>\::::::::ハヽ:::::::::l:!::::::::::::!:::::::::::;:::::::::
  |:::リl:::::::::::::::::::::::::::::::::;  \:::::::::::::::..\::::::,ー '"´-'  ___メ_:_:'_.V:::::リ::::::::::::;:::::::::/:!::::::::
  |:;イj::::::::::::::::::::::::::::::::::';.ー―\:::::\::::::`ー:',   ' ィ/イ ̄.ヽメ;:}ハ::::;!:::::::::::;!:::::;:'::;'::::::::::
  |l |:!::::::::::::::::::::::::::::::::::::', ___三ミ、:.\:::::::∧   ゙.:  l,\_.ノ! }ハ〉.∨!::::::::::;'::;::'::::;':::::::;::::   同志やる夫。
  || l:|::::::::::::::::::::::::::::::::::l;:〃'¨//.Y`\〉`<∧  :: l|::::::::l|! ;   .,'::::l|:::::l:/:::::::;::::::/|::::
  リ.:l:';:::::::::::::::::::::::::::::::::{ヾ〉 Ⅵ、_,ハ     `ヽ〉  ::...乂'/;ソ/   ,':::::リ::::::/!::::::;::::/::;!::/   ついにジノヴィエフが
  l ヘ::.\::::::::::::::::::::::::::::';:.\ ∨:::::l}                ;:::::/:::::イ.l|:::::;:::/:::::レ'::   公式路線批判を始めましたね。
  .  `ヽ::\:::::::::::::::::::::ハ. `ー`¨´                 ,::::::::〃_ノl::::;':/:::::::::::::;
     .\:.\、:::::::::::::::::ヘ       ノ             ,'.:::〃 ./:::〃:::::::::::::::i   そしてあなた自身のことも。
        \ハ\::::::::::::::ヽ        ヽ            ,'::;:イ-イ:::::::::/:::::::::::::::::::|
          \〉 .`ヽ;:::>、:\                     /イ./ V|::}!::::::::::::::::l::::::::リ    かつてあなたが危惧した通りの
                 ∧ ̄`     tニニ=          ., '   ハ:::|∨;::::-‐'ニ二二   新たな政治闘争だ。
                    :..、                _/__..,>'<:::::::::::::::::::::::::::
                   > 、   _,....-‐:::':: ̄::::::::::/-:‐:-:ミ::::::::::::::::::::::::
                     ィ.≧':´:::::::::::::::::::::::::;: '/:::::::::::::::::::::::..`ヽ::::::::::::::::
                   ,..<::::::::::::::::::::::::::::::::::::/...〃::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\::::::::::



          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\      ジノヴィエフの節操のなさには困ったもんだお。
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /      あいつは目の前の跳び箱すべてを
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ    飛び越えられると思ってんだお。
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ

23◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:34:01 ID:Gdp5/7oc0



                /
              /'
             /::/-――――‐-...ー―ァ
            ,..--':::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\´
          /‐ァ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         ⌒7:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::.
          .〃::::::::::::!:::::/:::::::|:::::|:::::::ト::::::::ヽ:::::::::::.
         /'|:::::::|::::-!::/_{:::::::{:::::i\::i-\::::::!::::::!:::!
          i:::::::|l:::::i/_\:::ヽ::::. _)'__‘::::|i:::::|l::|     もちろん
          {:::::::|l:::::「丐心 \i\{ 丐刃 }i::リ∨:!リ
            ヽ:::|i:::::i ヒz少      ヒz少 i/ }:::i′     俺はあなたのことを
           )八从     ,       厶イi::リ
                `ヘ    __,   ..イ:::::リル'       断固支持しますよ、同志やる夫。
                 )ト .       .ィルリノレ
              r―――}` ー‐  {i/---- 、
            }: : : : : : :\_. -: : : : : : : :.\
           __人: : : : : : i i: : : : : : : : : : : --〈_
         〃    \: : : : i i: : : : : : : /      ` .
         /:i        `介: リ:_:i´i:_:/         /⌒丶
         ,: :.|        // //  i i|          /: : : : : :
       i: : :!     // //   .i i|       /: : : : : : :i



       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\      ありがたいお!
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |     やる夫はジノヴィエフごときには
  \      `ー'´     /     負けないお!

24◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:34:49 ID:Gdp5/7oc0


       ____
     /_ノ  ヽ、_\
    /( ─)/)(─)\    (どうせジノヴィエフのことだから、
  /::::::⌒///)⌒::::: \   自派の実力も考えずに
  |   /,.=゙''"/      |   先走って攻撃してきたんだお)
  \. i f ,.r='"-‐'つ   /
  / i    _,.-‐'~    \
    i   ,二ニ⊃



       ____
     /_ノ  ヽ、_\
    /( ─)/)(●)\    「勝兵はまず勝ちて而る後に戦いを求める」
  /::::::⌒///)⌒::::: \
  |   /,.=゙''"/      |  攻撃ってのは確実に勝てる準備をしてから
  \. i f ,.r='"-‐'つ   /  やるもんなんだお。
  / i    _,.-‐'~    \   攻撃してから勝利を探す馬鹿に、勝利は巡ってこないお・・・
    i   ,二ニ⊃

25◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:35:26 ID:Gdp5/7oc0


かつての同盟者であり、今や敵対するジノヴィエフ・カーメネフとやる夫・ブハーリンとの直接対決は、
1925年の最後の二週間に開かれた第十四回党大会において行われた。

           l          ヽ  _,  l      l / ̄ ̄ ̄7`\  l ` ̄ ̄ ̄         l|
            ヽ__, ---─'´ //_,   l       l   ̄ ̄´ `\/l   l              |
           ____,-'´ヽ   イ'´    〉---─ 7 l  _       |l l   l          __   |
          /´           ヽ   l  _ 〈 ____ /  l_ ヽヽ __l|l  |l |l   ` ─---─ '´ ̄    `l| |
        /                〉  l: ∧ |` ̄ ̄´l l   l  ̄  l| |l  |l |l            __ | |
       /         __,-'´   l/ /  |l    `l /   /、 |l -- l´l|          | \  ||l |
      /       ,-'´ ̄        l 〈   |      |/   イ  V   | l| _____   | 、 ` | | |
     /     /   __          ヽヽ    ̄ ̄ ̄´    l  /   l| |/´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ| `‐-| | |
    /     /   | /ヽ   __ / 〉' /二/ /二/   l| ∨ l    l|  |_         |    l| | |
   /       /   l'´   >/´ ̄ ̄/ / _          _l| |l  |    | | |l            |    l| | |
  /      /    \ / 丶   / / ヽli、 _   _   /イ | l| |    | | l| | П     Пl|`‐-、l| | |
 /      /       丶    丶_〈´〈 l |  `i[、 ヽl //  l/ l| |     | | l| |_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ` ‐-、l| | |
/      /          ヽ   / >、\\____//  /  l| |    | | l| |     l       | |l |
      /            \ /   `、────、´   / |、   l|      | | l|l __________ l _____________l| l l
\     /           /      ヽ____ヽ/  |`、  l/  ̄ ̄Y、l|l」      l         | l l
  \ /               /----‐─ ─‐ ∧      ヽ  |l `、 l   _/ l|        l       | l l
   /             /         l ヽヽ      ヽ |l `、〈 ̄´l__ヽ、 |       l        || |
  /               /         」 ´、ヽ \     ヽ|l  `、 〉二_ ´、\、    _______l| l| |
 /             /       /´,─、、 `、 \___ >、 _/l´ / |l  \l|l  / |         | | |l|
/             ヽ ̄ ̄ ̄ ̄/ ///// 〉 `/∧    |l 二、_ l| / |l|    l||/   |         | l||l |
              `、    / / /___// /  / / |l ┌ l|l  ̄  lL_」l|  /イl    l|  _      _  l|  | |
               /`、 _ 〈 〈   ヽ_∨ //l l|、- - |\、  ヽ--`'// |l   l| 冂     冂 _l|  l| |
              ∧  ヽ_ヽヽヽ ___//   l | l  ,-, \`───´/  イ|l|  / ̄  ̄ ̄ ̄  ̄l|   | |
              / `、 /  ̄ `───‐ <  / >─、、 _ \l「 ̄ ̄ ̄ | / l| l /          |   l| |
              /   _∨    \___ / /| / l|l、 \ ヽ───'l   | l              |   | |
           ∧  //       `、   / 〉'  | /  | |   l| |l       l    レ            |   l| |
           / `、 /           `、 |l l   l〉_〈 l|  /| | l     l  /               |    | |
           /   ∨     __     `、ヽ l    ヽ二_∨ /イ | l     l /      __       l|   |
          ∧  //    / _ヽ   `、ヽ\____// 〉'  | ──‐ ´    / | _ |        |    l|
          / `、/    / /、  ヽ     、`────‐< / ヽ l|        / /|    |        |     |

26◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:36:00 ID:Gdp5/7oc0


          ,  -─ - 、
       , -'´     l、   ` 、
     /       ノ ヽ    ヽ
    冫  ノ彡,ィ/    ヽ.   l
     7  l       _,. l!   l    今やネップはソ連工業の息の根を止めようとしている!
     レ'、r l=-、;__,r-=、_ l,_  ノ
      ヽlー─'l  ー‐' `lノ /     富農は穀物を武器に革命を脅し私財を築いているのだ!
       ',   `     /,ノ
        ヽ  -─-  ノi'       公式路線は富農の共犯にほかならない!
        lヽ、__ / _l、
     _,r '゙|ニ= 、 , 一' ´ ,ト 、 _
-‐'.´ ̄/;;;;;;;;|>/ヽ二二´ノ;;;;;;;;;;;;ヽ`'';;;;
;;;;;;;;;;;;<;;;;;;;;//l  :: ヽ /;;;;;;;;;;;_ - ';;;;;;;;
;;;;;;;;;;/;;;< / /   ::. ヾ;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;



                           ____
                        ´        >―- 、
                    /        /     丶、
                 /         /          `ヽ、
                   /       /           |  ヽ
                 /      '              |   '
              /      / 〃 〃 ィィ      |  ′
               |         {  {,.ヘ 仏ィ´~`'<,ノノ  ノイj   }
               |        人,イ   {:::::...::::::::::::`ヽ/ 川  ハ
              |       八ト从:::::::::::::::::::::::::;=v彡イ    }   ソ連の全産業は農業の上に成り立つ!
                   |          `ヽ `   __;;;ノ⌒{:::`く}   ノ
              /|           ノ   `゙゙゙     乂:::::Уノ′   農民との結びつきなくして
            _ ノ              ゝ         - ノ::::/´      ソ連経済は立ち行かない!
             _`斗…=≡ニニ=¬^    <⌒丶_  ヽィ
            [  -‐=ニニニニニニニニl |        ` ァ′ 人ゝ       たとえそれが亀の歩みだとしても、
              |ニニニニニニニニニニニ7 /、       ゙   / ノ^       我々は農民と共に歩まねばならないのだ!
           _,|=ニニニニニニニニニ7 /  丶、     /i⌒^
        _/ニニニニニニニニニニニ7 /``丶、:::..___/ィ汽二二ニ7
        ニニニニニニニニニニニニ7 /       〔,ィノ)仏ィニニニニニ/ /
         ,ニニニニニニニニニニニ7 /        〉ニニニニニニニニ/ /
          ニニニニニニニニニニニ〈 〈 丶、     /ニニニニニニニ;;//

27◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:36:44 ID:Gdp5/7oc0



              /~" 、     /~"、
               /::   'l      /::  l
             /..:::   i,    / :::    l
              / ..:::::   `~';:::     |
              / ...::::: : :    ''''      |
            /. : ::::::::::: : :            |
           /.: : : : ::::::::::::::          |
          /.: : : : ___;::::::..    ____   |       「指導者の理論」を振りかざす
          /. : ::/|;;;;;;;;;|\::::  /|;;;;;;;;;|\  |       独裁者が党内民主主義を踏みつぶしていることを
         |. : ::<  |.;;;;;;;;;|  >:::<  |;;;;;;;;;.|  > |      いまここで告発したい!
           | : : ::::\|:::::::::|/::::: \|:::::::::|/   l
         | : : : : : :::::::::::::::::::::::::            |     そして、そのものの名をあげよう!
        l : : : : : : ::::::::::::::;;:::: :;;::::: ,          |     それは、やる夫・スターリンに他ならない!
         | : : : : : :::::::::::::::::~T-´`-T         |
        | : : : :::::::::::::::::::::::::::ヽ_〃           |
       |: : :: : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         |
         l : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.......     |


/        _r~-'   | |
    r~ミz孟zzzz≧x  |ノ
。   |   }!     H! .L」
..ヽ   ゚。       `¨´ 〈          公式路線派は間違った政策を遂行し、
  }   >-┐      'T′         富農の犯罪を容認している!
  ゝr ´  ゚。    ⌒ :f
  r┴ ..._ ヽ     |           革命の都レニングラードにおいては、
/>ミ、_ `¨ =r---'           このような詐欺を容認する風潮は
::::::::::::::::::`丶¨ー- .」ア             一切ないと断言しておこう!
、:::::::::::::::::::::::::\  厂二ミ 、
: \:::::::::::::::::::::::::`¨{ 、  \ \       我々は革命の本懐を達することこそを望む!!
::::::::\:::::::::/::::::::::::::|. ヽ.   \ \
::::::::::::::\:::: ̄ フ:::: |  、    \ \
::::::::::::::::::::ヽ:/::::::: |   \.    \ ヽ
:::::::::::::::::::: : \ミx__|    \    \ノ
::::::::::::::::::::::::::::::\:: |      \ /´



                  【レニングラード議員団のみなさん】
      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(`・ω・´)(`・ω・´)∧∧
 (`・ω・´).∧∧) (∧∧(`・ω・´)    <そうだそうだ!!!
 | U (`・ω・´)(`・ω・´) と ノ
  u-u (l    ) (    ノ u-u    <プロレタリア革命を守れ!!!
      `u-u'  `u-u'

28◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:37:38 ID:Gdp5/7oc0


     \                       /
  ___ヽ                      /
 \       |王|  ┴ ソ   十/  | |   | |    ̄ ̄ フ
   \   .ニ|ニ|ニ  二 王   /レ、  レ |  | |     /
   /    ノ ヽ  口 我   Vン   ノ  ・・     `>
 /                               <´
  ̄ ̄ ̄/                         \
     /                            \
   /    ⌒ヽ   l、  /ヽ ,ィ:::ヽ  ,..ィ7  l ̄ ̄ ̄ ̄
 /___ |   l   |::::マイ::::::V::::::::::::V:::::::::しイ.|
  ̄      ',   V´ |:::::::::::::::__:::::::::::::::::::::::::::::::/ヽ
        '   ',  l::::::r‐'´ `V三Y´ Y:::::/
     _Y⌒ヽ   '.  .|:::::|ニ|  ・ Vニ O |`Y
   f´  ‘,   ',  l f⌒Y=ヘ    }ニ{  ノミ/j  
  f⌒ヽ   ヽr―… ) > ┴  ` -○ ‐ ' イ/  
   ヽ  \_人_,. / `丁「 ̄  ――rr‐- >
    ` ー'    /┼ヽ_」」 r~‐‐-、 |j
     `'ー-r― '┼┼┼へ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄フ
.        ヽ┼┼┼┼┼ヘ `>---<_
           \┼┼┼┼┼ イ┼┼\|そ

29◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:38:00 ID:Gdp5/7oc0



   \  /:\  /ヽ     /|
 !,:::::::..\|:::::::::..\|:::::::..\_/::,!
  !,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,!
  !,:::::::_;;;;;;___;;;;___;;;;;;:::::|      一度決まったことには口出ししない!
   !,:::「 /._|乂X/ ヽ |::::|      それが民主集中制、党の原則だろ!?
   」:::| |  | ・ i f´./   | |::::j 、
  r⌒i  |   ̄| | /   /. |f┐|     そもそもお前たちだって
  | f´'i  ヽ___|,,⊥__ノ j´`'/     ネップに賛成していたじゃないか!
  ヽ/     `ー´   く/
 ∠_________二}
   ` 、_      _,,,一'′
       ̄ ̄ ̄ ̄




   ,.⌒ヽ     γ⌒ ヽ
  〈 ●ノ\    人. ● ;∩_
    ヽ彡'  ヽ /  ヾ__ノ〈〈〈 ヽ
    )    Y    (  〈⊃  }    そのとおり!
   /γ⌒     ⌒ヽ\ |  .|
  /  |         |  ヽ  |    ジノヴィエフ、カーメネフの言動は
  |   ヽ__人__ノ   |  |    トロツキズム的偏向である!!
  \   |rー┬ー-|   /  /
  /__` ー―ー'´     /     公式路線断固支持!!!
 i     ヽ         /
 i――――’         i

30◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:38:51 ID:Gdp5/7oc0


           /l     、
         / |,,_   / l
        /   :::::::~-'  l     それは欺瞞だ!
       /   ::::::::::::    l     やる夫は党規則を独裁権力構築に利用している!!
       /  「●」::::::::::::::  |
       l   :::::::::::::「●」  |     やつは党の国際的思想を捻じ曲げ
      |   ::::::::lゝ::::::::::  |     一国社会主義などという異端思想を流布し
     l   ::::::::::::::::::::::::::  |     レーニンの信念を改ざんしているのだぞ!!
     |  ::::::::::::::::::::::::::::::::  |


           ( ⌒ ⌒ )
           (     )
           (、 ,   ,)
             || |‘
         / ̄ ̄ ̄ ̄\
         l ∨∨∨∨∨ l
         |   \()/   |
         (| ((・) (<) |)         なんだと!?
         |    ⊂⊃   |
        | .| ⌒ \.l/ ⌒ | |         じゃあお前は同志やる夫の
      / |. l + + + + ノ |\        一国社会主義を否定する気か!?
     /   \_____/  \
   /   _              \    ソ連単独で社会主義を築けないっつーのか!?
  // ̄ ̄(_)               |
  |ししl_l  (            |    |
  |(_⊂、__)            |    |
  \____/              |    |

31名無しのやる夫だお2012/05/02(水) 22:39:56 ID:kRHULAlI0
後のやる夫の側近たちがソ連の表舞台に出てきたんだな

32◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:39:57 ID:Gdp5/7oc0



              /~" 、     /~"、
               /::   'l      /::  l
             /..:::   i,    / :::    l
              / ..:::::   `~';:::     |
              / ...::::: : :    ''''      |
            /. : ::::::::::: : :            |
           /.: : : : ::::::::::::::          |
          /.: : : : ___;::::::..    ____   |     当然だ!!
          /. : ::/|;;;;;;;;;|\::::  /|;;;;;;;;;|\  |
         |. : ::<  |.;;;;;;;;;|  >:::<  |;;;;;;;;;.|  > |    途上国たるソ連一国で
           | : : ::::\|:::::::::|/::::: \|:::::::::|/   l    どうやって社会主義を構築するというのだ!
         | : : : : : :::::::::::::::::::::::::            |
        l : : : : : : ::::::::::::::;;:::: :;;::::: ,          |   どうやって資本蓄積する!?
         | : : : : : :::::::::::::::::~T-´`-T         |   ウケ狙いで不可能なことを
        | : : : :::::::::::::::::::::::::::ヽ_〃           |   可能だとわめいているだけではないか!!
       |: : :: : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         |
         l : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.......     |



         ノ L
         ⌒
      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈○ ノ\   /\ ○〉ノ L
       ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ ⌒
       )    Y    (       おお、お前はろっロシア人民の力を
      /γ⌒     ⌒ヽ\      し、信じられないのか!!
     /  |         |  ヽ
     |   ヽ__人__ノ   |    敗北主義者!!非国民!!臆病者!!
     \     `ー'´     /
     /     `ー'      \ |i.   きっ、き貴様はロシア人民をぶ侮辱した!!
   /            ヽ !l ヽi
   (   丶- 、         しE |.
    `ー、_ノ         ∑ l、E ノ >
                 レY^V^ヽ

33◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:41:23 ID:Gdp5/7oc0



                      __
                     /    ヽ
                    /       \       俺には同志やる夫に対する批判が理解できない。
                    i          \      いま、この党内においてやる夫に匹敵する
                    l  、__,ィ、      \    賢明で、慎重で、仲間想いな指導者など存在しないだろ、
                        V  ヘ _ノ-、      \   常識的に考えて。
                   `ゝ 、___ノ    }   >、_   __
                        '、丿_ ,.     /}  // : :/. : 二ニ{ `マ:ヽ ,.- 、
                        `ヽ 、  /;:' ,.イ / : : :i : : : :.{¨V  \:Y  /
      __                   `-ュ<ィ</ ,ィ'"´ : : : : ∧ \  ∧ {
      ( `、               _/イr;;;;;/У: :`ヽ、 : : : :i { ' 、  ヽ  `ト、
  r-、  ヽ ∧、             { : :ノ/〉-{/ : :/ : : : : : :i :〉、 ヽ    ',ハ
  } r-、  〉、 ヽ            `、| :i,';;;;/ : : :/ : : : : : : : ィ:( \ _ヽノ  }:ハ
  } }  {_/ {   {、           }λ:|;;;;/ : : /. : : : : : : : : : : ヘ  . : : : :  r)、:
  } }  {r-、 ,'⌒  ',          /:'〈:'|;/ :./ : : : : : : : : : : :V: :.`ヽ : : : : ._// : :
  ヽ}、 .i  { r-、   人ュ、        /:λ',:r :./ : : : : : : : : : : : : : :'、: : : : 〉二ニ/ : : :
   ⌒}、└i 'ト ィ ノノ:.`ヽ、     /. :} : :i : ,' : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ : :{-´ : : : : : :
       ⌒--へ  // : : : : \   r'´`.i : : Y : : : : : : : : : : : : : : : : : : :V : V : : : : : : :
         ',ヽニノ : : : : : : : :ヽ人ミヾ', : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :V : } : : : : : : :
                  やる夫の盟友 クリメント・ヴォロシーロフ

34◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:42:23 ID:Gdp5/7oc0



        :    / ̄ ̄\
        :  /ノ(iiiiii_ノiii \ :
         : | ⌒ (●)iiii(●)
         : |     (__人__)::    しかるに!!
           :  |     ⌒⌒ノ     俺は我が無二の同志に対する
            : |  ノ(      } :     ジノヴィエフとカーメネフの、なんの根拠もない
            :: ヽ ⌒     }      誹謗中傷に腸が煮えくり返っている!!
         ::  ヽ、.,__ __ノ :
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、    みんなもそうだろ!?愛党的に考えて!!
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::



 \\   異議なし!!同志やる夫と党への中傷断固阻止!!   //
 ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,, ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,
ミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミ.ミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミ..ミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミ
(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)
(”:::”)(”:::”)(”:::”)(”::”)(”::”)(”:::”)(”:::”)(”:::”)(”::”)(”::”)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,, ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,, ,,,,,,,,,,,
ミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミ.ミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミ..ミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミ
(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)
(”:::”)(”:::”)(”:::”)(”:::”)(”::”)(”::”)(”:::”)(”:::”)(”:::”)(”::”)(”::”)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
        ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,, ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,, ,,,,,,,,,,,
       ミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミ.ミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミ..ミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミ
       (#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)
       (”:::”)(”:::”)(”:::”)(”:::”)(”::”)(”::”)(”:::”)(”:::”)(”:::”)(”::”)(”::”)
      | ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

35◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:43:50 ID:Gdp5/7oc0




        /                 ∧          ヽ
       /          ,.   , / \ 、       ヽ
     ィ           / {///! /    ヽi         ト
     /〃         イ / '〃//      | i          }
        ! ,    〃/' !/  ′/       ヽ|       iリ
      リ/!   」 ー- 、、        _,.. -‐、 {      ノ′
          !.  f !.r―==㍉'__r '  ̄三、ミ!_」_/ ヽ  /
         \|  .{ : : 工ユ} |  |: : {⊥∠: } ̄ i' i 、| /
             i  「 ̄ ̄ ̄ .|  `ー―― ′   い !|
           ヽ_|      |            i //    (なっなんだ!?
            ヽ       ` "      し   /リ
              ヽ      ___  、   ィ-〃      会場が全員奴らの
               i. { ー== ┴ ´   ′ / |'′
              ト.     ̄      /  | 、       味方ではないか!)
             /| ヽ            /   .|.ノ!
              | ̄ ̄ヽ-┬‐―ァ‐-- 'ー‐ '´ ├- .._
        _,.. '´!_   〈 ! / 」    _,..┤     ‐-  .._
     ̄ ̄ ̄/   |   ==‐ゝ-∠ -‐ 二    |       \  ̄
        /     ト,.. '´/   i `ヽ_____,.. ァ′          \
      /       /  /     }   `ヽ   /             _ノ



    ∧,,∧  ∧,,∧     (こえー・・・)
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
(;´・ω) U) ( つと ノ(ω・`;)   (どうしよう・・・)
| U ( ;´・) (・`; ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u   (なんか形成悪くね?)
     `u-u'. `u-u'

37◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:45:08 ID:Gdp5/7oc0


ジノヴィエフとレニングラード派の代議員達は固く結束していたが、
それ以外の議員、そして聴衆達は書記局によって動員されており、
レニングラード派は敵意丸出しの群衆のなかでポツンと孤立していたのだった。



 \\   公式路線断固支持!!反党策謀断固阻止!!   //
 ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,, ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,
ミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミ.ミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミ..ミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミ
(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)
(”:::”)(”:::”)(”:::”)(”::”)(”::”)(”:::”)(”:::”)(”:::”)(”::”)(”::”)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,, ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,, ,,,,,,,,,,,
ミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミ.ミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミ..ミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミ
(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)
(”:::”)(”:::”)(”:::”)(”:::”)(”::”)(”::”)(”:::”)(”:::”)(”:::”)(”::”)(”::”)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
        ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,, ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,, ,,,,,,,,,,,
       ミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミ.ミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミ..ミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミミ:::[★]ミ
       (#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)(#゚Д゚)
       (”:::”)(”:::”)(”:::”)(”:::”)(”::”)(”::”)(”:::”)(”:::”)(”:::”)(”::”)(”::”)
      | ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|



           Λ_Λ
          (´・ω・`;)   (やべぇ・・・逆らったのまずかったかな・・・)
          ( _ )
           U U


彼らが革命的情熱からくる使命感から覚め、敵の組織力の恐ろしさに気づいたのは、
自分たちの敗北が決定的になってからだった。


       ____
     /_ノ   ヽ_\
    /( ●) ( ●)\     ニヤニヤ
  / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
  |        ̄      |
  \               /

38◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:46:01 ID:Gdp5/7oc0


     ,,,,,,,,,,
     [|,,,★,,|,]∩ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ( ´∀`)/<  結論から言うに、ジノヴィエフ一派の言動はまさに反党的であって
 _ / /   /   \ かつ分派的であり、まったく容認できないのであります!!
\⊂ノ ̄ ̄ ̄ ̄\ \_______________
 ||\        \
 ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
 ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
    .||          ||



          ;' ':;,,     ,;'':;,
         ;'   ':;,.,.,.,.,.,,,;'  ';,
        ,:'           : :、
       ,:' \  ,,. 、./  ノ( ::::::::',    異議なし!
       :'  ●     ● ⌒   :::::i.    裏切り者のトロツキストを粉砕すべし!!
       i  ''' (_人_) '''' *   :::::i
        :    {+ + +}      :::::i    日和見主義者ジノヴィエフ一派を弾劾せよ!!
       `:,、   ̄ ̄      ::::::::: /
        ,:'        : ::::::::::::`:、
        ,:'         : : ::::::::::`:、




       Карнавал в чудо

           открытие
        n:       ___      n:
        ||    /_.★_.\    .||
        ||    | |(゚)  (゚)| |    ||
       f「| |^ト    ヽ  ̄ ̄ ̄ /   「| |^|`|
       |: ::  ! }      ̄□ ̄     | !  : ::}
       ヽ  ,イ  / ̄ ̄ハ ̄ ̄\  ヽ  ,イ

39名無しのやる夫だお2012/05/02(水) 22:46:04 ID:N11BkRzE0
そりゃ今まで中堅や下っ端たちを支えてきたのが書記局だからねえ

40◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:46:33 ID:Gdp5/7oc0



           /      / |             \
       ./     ./  / |              ヽ
      ./     ./〕/  、 ト、             l
     /     ,イ././´    V  ミー-ミ         |
      | イ   | |'            __  ヽ       リ
      |{ マ  .}           _. -¬   Ⅵ >ミ、 ./
      |! \ :| ,、     、 x≦三ミx:==キ7  }  {    (まずい!まずいぞ!
        ゝヘ _>-ミ、__T  〈 の :||   i"   リ  l
          f「ヽ 〈_延厂`L__二...ノ'      ./  l     完全に奴らの流れにのせられている!
            マ、ノ__ノ}        U    / 彡'
            ヽ!   〈 _ ,、         fーく/       なんとかしなければ・・・!)
             ヽ        _, ヽ u  ′ .
             、  ,.. -ニ= '     /    「 ツ{
              、  ` ̄_      /    / 〈 ̄\
              ゚。         /  ィ ´  . ノ:::::::::ヽ
                    }、   _.... ='- ´   ィ´:::::::::::::::::ノ^ー- .
                  > T        ィ ´:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::ー----ミ
              く   }    _. ィ ´:::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::;:::::-::一::::::::::::::
          _.. ---=土ミ.L. イ>'::::::____:::イ::::::::::::::::::ィ´::::::::::::::::::::::::::::::
       . < > ´     L./:::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ィ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     /  /         }/:::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


           /l     、
         / |,,_   / l
        /   :::::::~-'  l
       /   ::::::::::::    l
       /  「●」::::::::::::::  |
       l   :::::::::::::「●」  |  (・・・終わったな)
      |   ::::::::lゝ::::::::::  |
     l   ::::::::::::::::::::::::::  |
     |  ::::::::::::::::::::::::::::::::  |

41◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:47:18 ID:Gdp5/7oc0


        _____
      / , へへヘ∧ヽ
     |  |     \l l/ |
      /⌒    ( . ∠ l
    ヽ_       (二) ヽ     (いいぞいいぞ!
     l   ______つ !
      >、 \|_|_|_/ /      このまま反論させずに採決しちまえ!
    / l ヽ、 ____ /、
   /   ` ー──‐─ ´   \     議長はこっち側の人間だ!)
  / |   __(^|      /⌒ ヽ
 /ヽ| (二   ヽ    /    |
       l     \ /\   /
      `ー 、       ヽ /





                   ,,,,,,,,,,,
                  [|,,,,★,|]
                 (__・∀・)           議論は以上をもって終了!これより採決にうつる!
                /´~ V:V~ヽ
            __/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\__
            |   | |                  |  |   |
            |   | |                  |  |   |

42◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:48:06 ID:Gdp5/7oc0


公式路線を支持する決議は559対65の圧倒的多数で可決した。




パッ   パッ   パッ    パッ   パッ    パッ
 [賛成]  [賛成]  [賛成]  [賛成]  [賛成]  [賛成]
  ∥∧∧  ∥∧∧ ∥∧,,∧ ∥∧,,∧ ∥∧∧  ∥,∧∧
  ∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)
   (    ). (    ). (    ) (    ) (    ) (    )
   `u-u´  `u-u´   `u-u´  `u-u´  `u-u´  `u-u




ジノヴィエフの命運は、あまりにもあっけなく潰えてしまったのである。

44◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:48:54 ID:Gdp5/7oc0


. /    /|  /          |   l
/     i .|/                i /|
      l                   レ' i
 l    |                 '.,
ヽ|  ..|               _,,..-‐‐  ヽ
 ヽ   l          __,,..-''" ̄ ̄ヽ   ヽ  .,.--、     ま、まだだ!!まだ終わっていない!!
  \.{ ̄ニニ=、___γ r''て・)`  l`"''‐-| ./ ,.- l
   γ´ r''て・)| ̄ ̄ ヽ、二二..-''"    | / /   i
   ..ヽ._ ̄__,,l                l/ (⌒) .,'     レニングラードに戻って
     l     |            し    〉  /
     l     ヽ r                     /   ./   もう一度体制を立て直すのだ!!
     ',  U             ,.イ ヽ      .`¨´ |   /
       ヽ        _,,..-''"/      /   |  {
        .l   ー=二-‐''"´    U  /     |  ヽ
      ヽ      ー'         ./       | リノ
       l             u    /        |´
       |                 /     _,,..-'‐-┐
        ヽ    ___,,..-‐''" _,,.. -‐ ''"´     |
           `¨¨`ヽ    _,,.-''"´         ,,..-┴
           ,,.-}   ./ヽ._        _,,..-''":::::::::::::::
        ,..-''"  .ヽ ./ / _  _,,..-''":::::::::::::::::::::::::::::
        `"''-、  _|//-=ニ,,.-''":::::::::::::::::::::::::::::::::::::,..-
         _,,..-''" / `ヽ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::


             / i   ./ヽ,
            /:::  | /   ',
           /:::::  ""       i
            /::::::         l
             /::::::          i
         /::::::           |
           /::::::            |    ・・・・・・
        /::::::             |
       /::::::              |
       /:::::               ヽ
      /:::::                 ',
     //:::::                     ',.

45◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:49:54 ID:Gdp5/7oc0


   ――― レニングラード
                                                 l      l
                                           l    ⅱ     ⅱ  l
       8                                ⅱ    Ⅲ     Ⅲ ⅱ
       }{                                Ⅱ  _| l|IIIIIIIIIIII| |ト、Ⅲ
      〃ヽ l    l    l.    l.    l     l    l      l |.「IIIIIIIII「 」===云XIII|   :l
      以叩_ll_    ⅱ   ⅱ   ⅱ.   ⅱ.   ⅱ   ⅱ    ii/|「 ̄ ___ 「¨|/⌒\| |_|弌   ⅱ
      || 〈〉 「   Ⅱ   Ⅱ   Ⅱ.   Ⅱ.   Ⅱ   Ⅱ   /「「|_〃二l||A|| | | | | l「¨K|l代  Ⅲ
      || |ll |IIIIIIIIII||IIIIIIII| |IIIIIIII| |IIIIIIII| |IIIIIIII| |IIIIIIII| |IIIIIIII| 「¨| |||_|_|_||E||_|_|_|_|_l| |ム ̄l II「
      || /八「>‐<||><| |><| |><| |><| |><| |><| | | ||| | | ||ル||_|_|_|_|_l| | |||::::弋゙|_
       i〃  i ヾ ハ /|「「「,ハ,'|「「「,ハ.゙|「「「,ハ.゙|「「「,ハ.゙|「「「,ハ.゙|「「「,ハ.゙| | |||_|_|_|「¨|| | | | | l|/「::|::::::::|)K
    iム|-―-|=.._Y¨|//|「「「| l|:|「「「| ll |「「「| ll |「「「| ll |「「「| ll |「「「| ll 「¨| ||| | | || |巳巳巳|  |:::|  ̄:|介
    l:斗 ┴‐|-=t|_ |/ :|「「「| l|:|「「「| ll |「「「| ll |「「「| ll |「「「| ll |「「「| ll | 巳巳巳| |>=<|  |:::|::::::::|_
    | |   !  ! |已已已..l|巳巳 ll |巳巳l |巳巳l |巳巳l |巳巳l | |_〃二l|| || | | | | l|  |:::|::::::::|介
    |ヘ_x个x_,ハ_/| |〃⌒| ||〃⌒| ||〃⌒| |〃⌒| |〃⌒| |〃⌒| | | ||| | | || ||_|_|_|_|_l|  |:::|::::::::|| |
    ||| | | | | || | | |「「「「||_||「「「「||_||「「「「||_|「「「「||_|「「「「||_||「「「「| | | |||_|_|_|| || | | | | l|  |:::|::::::::|介
    ||| l┼!oF|| | | |「「「「||_||「「「「||_||「「「「||_|「「「「||_|「「「「||_||「「「「| | | ||| | | || ||_|_|_|_|_l|  |:::|::::::::|| |
    ||| |_|_| |_|| | | |「「「「|| ||「「「「|| ||「「「「|| |「「「「|| |「「「「|| |巳巳| | | ||| | | || ||_|_|_|_|_l|  L:|::::::::|中
    「¨| ̄ ̄l¨¨¨ト!tニニニニ| |lニニl| |lニニl| llニニ| llニニ| |x=x| 「¨|゙゙゙ ̄ ̄「¨|   8.  | ̄|:::|―‐|三





      /                /      ゙i,  ヽ
     j                ,ィ/        |  |
     lィ'             ,ィ/j/     u     | iリ
    |         /l /          '"` | j         私だ、ジノヴィエフだ。
    リ!      /,ノ           _,、-''''` /リ
      |   _.._ l/   ,.--;==ミ 、 ___,.ノ /{.○-゙‐rV          今すぐ市内の全党機関、公共施設、
     ヽ,/`ヽヽト、 ´  {,.○-`‐‐ 、,.-ト|    ,ノ          労働組合に動員をかけ大衆集会の準備をしろ。
      ∧  ゙i,   `ヽ,r'´      ノ.  ゙、--‐''´|
    ,,.く  ヽ   ゙i     ヽ、 __,,、-'"    〉   /           公式路線批判決議を採択し
  ハ'´  |  ゙i   |   し       ' '    iヽ''" ̄ ̄ ̄`゙    レニングラード派の団結を図るのだ。
  ゙、゙i,_r'シニZ`ー┬ト'i        _____ ,   |  \
    _゙V  ヽ,.レ''ヽヽ  U  `ー─''''"´   /    \       緊急事態につき私が指揮を執る!
  /./ ヽ/     ,」ヽ     __,,、-─‐-、j       ヽ
   / r'´  --‐‐'''"´ ヽ \   (.r‐'''""゙゙`ヽ,`)     /
    l .|     __,,、--`ヽ \ ___ヽ     /´|    ∠__
   j |           ,⊥`ー 、 ゙!    レ' |      |
  |  |        -‐''"´   ヽ、⊥ヽ|    |彡'|      |

46◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:50:45 ID:Gdp5/7oc0




          ___                     |  \ \
    /    / ))))                     |
   /    /_ ⊂ノ                | ヽヽ .|\
  /   / /              i 、、. | ヽヽ .|\   |  \
 / / \ \  Λ_Λ  ド ド |ヽ   |\  |    |
/ /    \ \(; ´Д`)
/ /     ヽ      ⌒\
/       ノ      /> >      大変です同志ジノヴィエフ!!!
        /     / 6三ノ
       /  / \ \ ` ̄        殴り込みです!!
―    /  ん、  \ \
――  (__ (   >  )         モスクワの代表団が
⌒ヽ   ’ ・`し' / /          レニングラード市内に入りました!!
  人, ’ ’, ( ̄ /
Y⌒ヽ)⌒ヽ、 )  |
         \_つ




             /: : : : : : : : : : : : :`ヽ、
          /: : : : : : : : : : : : ;.イノ\ : ',
         i: : : : : : : : : : ;. - '´ ′ │: }
         |: : : : : : ://__       l /
         |: : : : : : :L -‐{〒ぇ>‐rfデ1
         ヽ: : f ヽ;|     ̄  ト -〈    なに!?
          \:! ぃ   U     ′ ./
            `!ヽ.、   r_:三ヨ /     ま、まずい!先手をうたれたぞ!はわわ。
            L:_| ヽ     ‐  /
             │ \      亅
             │ __二二ニヱ‐ 、_
               r弋/ _  -‐ フ´    | ̄  ‐- .._    __
         ,. ‐ '"´  ̄\=ニラ'´        !         ̄    \
      _ /   / /  |/   ____」      /        ヽ
      //      /.   |     \           /            ',
    / 〈ヽ       /    |         >        /             i
    /   \\   L. _  │_, -‐ ´         /               |

47名無しのやる夫だお2012/05/02(水) 22:51:29 ID:LnbOvYWY0
はわわ言うなwwwww

48◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:52:02 ID:Gdp5/7oc0


大会後、モロトフ、ヴォロシーロフを始めとする強力な代表団が敵地レニングラードに殴り込みをかけ
現地党員を動員させた大規模な集会を強行させた。


                 ― - 、
                   ´     `
               i._.ノ 、_,  :i
                (●) (●)  :|
                    ゙(__人__)  i_
           __x~´ヘ     i`N`~ー、_             ,‐、    γ ⌒ ヽ
            /´`    ! ハ、__/ ,j :i    ヽ、           ( ●ヽ  人  ● 〉
        f       レヘ::::::ハ//      ハ            Y ヽ/  ヽ、 _ノ
        ノ      i     ノ下、 ` ´        i            )  i    い_
         i       /.: :  j::::ト、i      /   ヽ          /γ      ヽ  \
      ,f      /j: . :  /.::::| ||      : : i: :    l         i' i        |   .|
       j     ,ヘ:  ,.::'.:::,ノ .i:i    : : : :j: :    ヽ.        | ヽ_人___ ノ    .|
        !: : : : : j i.  l.::::::(   ゝ、     : :ハ: : .   :ト        ヽ_  `ー'´    ___/
        |: : : : : i  i  ヾ::::.ヽ   リ     j  ヽ     |        ./ゝ/ノ::::::::::::::::::::::::\
      |: : : : : { .ノ:     \_::.\     {   i    j        |ノ//:::::::::::::ヽ,::::::::::::::|
      ヘ: : : : } ハ :        ̄j      : ハ   ヘ ./:\      |^:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::|
       ヽ,: : Y{二二二[{二[ ̄]二}]}]二ニ}    У.:.:.:.:.:.:\     |^:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::|
        Y: : i:::::::::::::::::::::::::::: ̄:::::::::::::::::::f    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
          \/::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::j   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
             L::::::::::::::::::::::::::::::j::::::::::::::::::::i    ).:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..ヘ
          i::::::::::::::::::::::::::::::j:::::::::::::::::::/   j.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
          ヘ:::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::/   i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i

49◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:52:51 ID:Gdp5/7oc0


                  __
                  /    丶
               ヽ、 、__,ノ  `
                 (●)(●.) ノL|            レニングラード党機関には
                    (_人_)  ⌒ |            反党分子が多数まぎれこんでいる!
                |}r┬‐|     |       __
                '、`⌒ ´   , ト、    _r┘ `ヽ、  その連中は浅ましくも公式路線と
                   | 、     ,イ//`ー‐ー-r'‐、'ヽ `、{  書記局に対して誹謗中傷を行なった!!
                `ォニニ二´/ィ : : : : : : { 、 `   |
                _/ /\  / : : : : : : : :ヽ,」    |、
                /:/|イ:::::/∨ : : l : : : : : : :/ :|    |、{
            r''/ : :| ./`Y / : : : 」 : : : : :: | /ゝ_,./ ノ:Y
            ノ/ : : :| i::::::|/ : :/ : : : : : : : 、 : :.〈── ´: : |
           / |./: : : :|/:::::/ : : : : : : : : : : : : .ヽ : :l : : : : : : : |
         __/ :/.: : : : :|::::/ : : : : : : : : : : : : : : : 、 :.| : : : : : : : |
          /: : : :| : : : : : |:/ : : : : : : : : : : : : : : : : :\| : : : : : : : |
      /: : : : : :| : : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/| : : : : : : : |
     / : : : : : : : :| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.〈. | : : : : : : : |



              ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ ))
            ((〈● ノ\   /\ ●〉
               ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ            これは間違ったことだ。
                 )    Y     (              やってはいけないことだ。
              /γ⌒       ⌒ヽ \
           ((  |  |         |.   |           ジノヴィエフらは誤った道を歩んでしまった。
         ((   ヽ ヽ__人__ノ  ノ
               \   `ー'´    /             同志たるレニングラードの党員諸君は
             __/ニヘ       ' 「L__            これを激しく批判し
        __,,,,==ニニ三三ヘ.      ||三ニ==、__       彼らに自己批判を要求せねばならない。
     /三三三三三rイ◯三ニ|   \__,/ |三三三三ニ==、
     _|三三三ニ/  `ーイニ三;;| ./三\ |三三三三三三;\
    _|三三三=广 \. `i,j! }ニ;|  \三/ :|三三三三三三三|
     |三三三iく  \  { /三=|  :|三|  |三三○三三三三;|
   __/三三三|| \_}ー^三三三|  |三;| |三三三三三三三;;|
 /三三三三;|\__,リ三三三ニ|  :|三;;| :|三三三三三三三;;;|
 |三三三三三|   /三三三ニ=;|  |三ニ|:|三三三三三三三ニ;|
 |三三三三三`==='三三三三三ニ| |三三||三三三三三三三三|
 |三三三三三三三三三三三三三V三三三三三三三三三三三||

50◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:53:50 ID:Gdp5/7oc0




                      / ̄ ̄\      ヽ_,
                    / ノ  \ \     ヽ(_/
                    |  (◎)(◎) |      ) (
                    |  (__人__)  |     ノ (`      もしもここレニングラードに
                     .|   |!i!i!i!i|  .}    ´⌒\
                         .|   |i!i!i!i:|  }             ジノヴィエフ達意外にも反対派がいるってんなら、
                     ヽ  ` ⌒´   }
              ___._,r、   iヽ     ノ              そいつらにも罰をくれてやるだろ
            /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ-` ¨¨_ { ..
           ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、         常識的に考えてェー!!
          /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
         r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
         / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
        ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
        i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
        |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
        ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l


    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (;-ω-) (-ω-;) ∧∧
(;´-ω) U) ( つと ノ(ω-`;)   ((こ、こえぇーーー))
| U ( ;´-) (-`; ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'

51名無しのやる夫だお2012/05/02(水) 22:54:38 ID:kRHULAlI0
ヴォロシーロフは軍人としてよりこういうむしろ政治的な争いで立ち回ってることのほうが多いんだな

52◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:54:45 ID:Gdp5/7oc0


かつてトロツキー派に向けられた恫喝が、今やジノヴィエフ支持者に対して用いられた。

彼らは自らの指導者を批判するように強制され、屈服した。



 \\\  ジ・・・ジノヴィエフ一派は逝ってよし・・・  ///

パッ   パッ   パッ    パッ   パッ    パッ
 [つり]   [ヲタ]  [池沼]  [厨房]  [氏ね]  [終了]
  ∥∧∧  ∥∧∧ ∥∧,,∧ ∥∧,,∧ ∥∧∧  ∥,∧∧
  ∩・ω・;)∩・ω・;)∩・ω・;)∩・ω・;)∩・ω・;)∩・ω・;)
   (    ). (    ). (    ) (    ) (    ) (    )
   `u-u´  `u-u´   `u-u´  `u-u´  `u-u´  `u-u



                              ,.へ
  ___                           ム  i
 「 ヒ_i〉       ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ      ゝ 〈
 ト ノ        〈● ノ\   /\ ●〉     iニ(()
 i  {         ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ      |  ヽ
 i  i          )    Y    (       .i   }    ま、ざっとこんなもんだね。
 |   i       ./γ⌒     ⌒ヽ\      .{、  λ
 ト-┤.      /  |         |  ヽ   ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |   ヽ__人__ノ   | ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,_\     `ー'´     /'" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"

53◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:55:53 ID:Gdp5/7oc0


似たような集会が無制限に繰り返され、その度にジノヴィエフの側近幹部は
「信任を失った」として役職から解任されていった。



          /::::'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
         ,/::::'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
         'i:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ
         i;:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ii:.:.:.:.:ゞ
_,.、-‐'''"´^~ ̄;;リ:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i i:.:.:.:.リ^~`゙`'‐-、,_
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`i"'i_;、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.i`'i、:.:.:,ノ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``'‐-、.,_
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|i'´,/:.;ノ~フ.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/`'-ミi, 'i,'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'‐、     う、うわあああああああああ!!!!
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ -,l´ /ィ'"´⌒).:.:(⌒l/ミゞ  ヾ 〕;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i / .イi'´ ,,r‐'´:.:/´フ匕 `ヽ  } /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i !  ' 彡ィ'⌒''レィ'`'-、_`i  i  ,i. };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i    ',/  f´ ``'r、 `'゙     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i       | '-、/ 〕      l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、-‐、ィ'       lこニニニl       i、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ  ヽ.      ノ  -   l        ,`ィ‐-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l   l   ,-‐'‐-------‐'ゝ、    ,r'  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l   l_,,ィ'´ゞ`'‐,r''´⌒`'-、‐''´'‐、 ,r'   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;



そして、孤立したジノヴィエフも、ついにレニングラード責任者の地位を剥奪されたのだった・・・

54◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:56:42 ID:Gdp5/7oc0


ジノヴィエフの代わりにレニングラードの支配者に抜擢されたのは、
若き中堅党員であり、書記長やる夫の寵愛を受けるセルゲイ・キーロフであった。



/|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:./ ';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヘヽ:.:.:.:ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
. !:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ll:.:.:!-‐ '、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ¨ヽ:.:.:トヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
. ';.:.:.:!:.l:.:.:.:.:.:.:.:.l´';.:!   ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ  \!  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
 |:.:/!∧:.:.:.:.:.:.:.| ';|. -―  \:.ト、:.:.:.:.:.:.:ヘ―-   ヾ、:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.
 l:/ ハ:.:.';.:.:.:.:.:.:.', ≡三三  ヾ、`ヽ、:.:.:.:.!三三ミ  |:.:.:.:.:/、:.:.:.:.:.
 /  ';.:.:ト、:.:.:.:',ヘ ::::::::::::::::      \:.|:::::::::::::::  /:.:.:, '‐、 Y:.:/   (むふふ。役得役得)
.     ';:.| \:.:',ヾ、      ′    ヾ     /:.:/}  /:.:.{
      リ  ヽヽヘ ヽ、                // ノ  ,イ:ハ!
        `| ``                 ´ /ー- ':.:/リ
          ヽ、    ァ--‐ 、___,    /:.:.〃:/
          ';.:i_丶、 ヽ、 _____ノ_ ... ∠:.:.:_/i/
      r '' ¨ ̄ ` ヽ:.:` t- ...__-,, - U¨       ¨ヽ
      l  `ヽ    ヽ-‐ ''て(              {


今やモスクワに続いて、ソ連第二の都市レニングラードもやる夫の影響下に入ったのである。

55◆J7qCZtZxmc2012/05/02(水) 22:57:34 ID:Gdp5/7oc0


最大の敵であったトロツキーを失脚させ、ジノヴィエフとカーメネフを降し、
もはや、やる夫は勝利者として君臨していた。


            ____              /\  /ヽ
           /⌒  ⌒\        ヽ、 lヽ'   ` ´   \/l
         / (●)  (●)\        ヽ `'
        /::::::⌒(__人__)⌒:::::\      |       _|_l__
        |       |r┬-|     |      .l         |   )
        \     `ー'´    /       l        |
       /´`''" '"´``Y'""``'j   ヽ      ヽ      ・
      { ,ノ' i| ,. ,、 ,,|,,. 、_/´ ,-,,.;;l      |         ・
      '、 ヾ ,`''-‐‐'''" ̄_{ ,ノi,、;;;ノ      |      ・
       ヽ、,  ,.- ,.,'/`''`,,_ ,,/         |     _|_l__
        `''ゞ-‐'" `'ヽ、,,、,、,,r'        |      |   )
          ,ノ  ヾ  ,, ''";l            |.        |
         ./        ;ヽ        |.      _
        .l   ヽ,,  ,/   ;;;l       /       /
        |    ,ヽ,, /    ;;;|      /      /⌒ヽ
        |   ,' ;;;l l ;;'i,   ;|      `l      ○_ノ
        li   /  / l `'ヽ, 、;|        |     __|__
       l jヾノ ,ノ  ヽ  l  ,i|        |      _|_
       l`'''" ヽ    `l: `''"`i       l       /\
       .l ,. i,'  }     li '、 ;;' |       /
        l ; j / _, -― ' ̄ ̄`ー‐-、_   l     ∥ ∥
 , .--、,,__,,-' ̄;;"`´ ;; __  __, -―- 、;; ̄`l |     ∥ ∥
 ;;  ,__   ;;'    r ' ´;;; ヽ_ゝ_;;|    lヽ, /     ・  ・
;, Y´| l  __  /`'| |   |  l  l;|     l ヽ
  | |.;;l_,-'l | V | |.l .|   .|    l  i i   | ;lヽ
 |.| ''.|/ l  |;;;| | | | ;|  |   | ;l l| i ;;;; l |
;; i /   .il /| |.| |  |   i  |   | l i  '`i l /


しかし、未だ穏健な農民融和政策を支持するやる夫の勝利が、
その後のソ連の歴史に何をもたらすかはまだ誰にもわからなかったのである・・・



【第二十二話 三人組の決裂 終わり】
                                           第二十三話 歴史の掃き溜め に続く・・・

56名無しのやる夫だお2012/05/02(水) 22:59:29 ID:AkWzvOHA0


57名無しのやる夫だお2012/05/02(水) 23:00:17 ID:N11BkRzE0
同志>>1Ура!

いやぁ、権力闘争の香りは本当に香ばしいものですねえ(棒)

58名無しのやる夫だお2012/05/02(水) 23:01:28 ID:kRHULAlI0


農民は後に地獄見るわけだがこうして見るとそうされるだけの下地は自分で作ってはいたんだな・・・

59名無しのやる夫だお2012/05/02(水) 23:01:37 ID:catwcVjk0
おつかれさま。以前教えてくれた本(ロシア革命とスターリンニズム)を読みました。
やる夫はとんでもねぇクズでしたね。

60名無しのやる夫だお2012/05/02(水) 23:11:09 ID:jIuz6M1A0
同志>>1Ура!

61名無しのやる夫だお2012/05/02(水) 23:14:40 ID:TnCge8XM0
同志>>1Ура!

62名無しのやる夫だお2012/05/02(水) 23:20:31 ID:zuEnwauk0

なんというか、最後までどうしようもないヤツらばっかりだ

64名無しのやる夫だお2012/05/02(水) 23:27:29 ID:Z.xMIQXI0
同志>>1うらー!

65名無しのやる夫だお2012/05/03(木) 02:42:04 ID:pRzxYdz2o
乙~。

きっと、熊みたいに大きく育った飼い犬に、喉を噛み千切られた様な気分だったんだろうなぁ…。

66名無しのやる夫だお2012/05/03(木) 06:08:41 ID:6jzGLKiE0
>>65
いやいや、握られた金玉をそのまま引きちぎられたって感覚の方がゴニョゴニョ



元スレ
やる夫は赤い皇帝になるようです 第六次五カ年計画
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1335964526/