ホーム

Admin

SITE MAP

Cut

Res

ブックマーク

RSS

MAIL

PageTop

PageBottom

2012/05/01(Tue) 10:35
96◆sBXVfXEtEY12/05/01 02:47:24 ID:Ld/vYSV8
         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::ヽ
     ,:::::::::::::::::、::::::{::::::::::}::::::
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ::::/
     、:::::::::(l::|  ( ●) (●    ほら、あそこ、みて
      }::::::::jl:::|   、_,、_, l
      }::::::::jl从__    U_ノ_________________
      }::::::::i,r::::::::...:::::::::.::::::::::::::::::::::::::::::/"⌒つ
      }:::/:::::::::::::::::::::::::::::l――――へ⊃┘
     /:::::/.:::::::::::::::::::::::ノ
    {:::::::丶- 、:::::::::::::::/
     `ーく_,ノ:::::::::::::::{





                  | |  ______
                  | | /       \
                  | |_  ( ●) ( ●)\
                  | |_) (トェェェェェェェェイ)i|   ・・・
                  | |(⌒ヽ \ェェェェェ//
                  | |:::ヽ  、::::`ー ' ::::<
                  | |:::  ヽ __    ノ
                  | |
                  | |


97◆sBXVfXEtEY12/05/01 02:47:43 ID:Ld/vYSV8

          /\  W\Nl     /V|
  \ \、_ハノ  ヽノ   ヽ、 /   VL/
                        ∠ /
                         z´
                ,.--、_        ヽ
          c、,.-‐<∠フ´|        >
            l\)`7^ー"〃|        7
            |--イヾr=彳│       '(
           |   | |l__」| |        \
            _」   | l/ ヾン′        (,,r'
         .,⊆ム、 |〃_∠Z≠仁)、      \
        //ニ′`¬Kメ冖ト=イ「`l.|       ,r'
       ∠ラ        `T「  |.l |.l、__    (_
         ――      |.l   l.l、_ー‐′   (,
.     / , ‐- 、._  ,.\  l.l、 ヽ--'
     i. / _ ‐- 二-`ヾ、 ヽ_〉                           _   _,
.     l. L._  __`ヽ.   / .l                            ___,> Y´'ー-、
     l r=、l (⌒゙。ッ  '。"ラ |                           _>z二_ ___`ー≧__
.    l {に||  `ニ7  lニ´ .|                           >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    j. `ラ|. '二'え,、__,.」二 |                         /        ヽ `Y′之>
    _l / .| イエエエェェェエム|                  .       /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
-‐''「 |'   l にエエエエ:エェェjl                         l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
: : : |: l   `‐、  ー‐ , イ`:‐-                       |ハ |(○) (○) / / ,/レ′
: : : :ヽ:\_   ` ‐- ´ノ l: : : : :                          `|  、_,、_,   「)'/|/
                                              ヽ、_ U   _,.ィT/
                                          ,..ノ:::l 7Eニ::ィ::/ /:::ー...、∩
                                      _ ,、r‐":::::、: 'イ '   ヽレ:::::::::::::::::::| |-,/)
                                  r-r;''´:::::::::::::::`、::/      `、:;;;..-.,,_ 丿}ノ /ノ)
                                  (,_{::::_::;;::--''-‐ /        l:::/⊂ニ  '"  ニ⊃
                                          /        ノ′   `'=>'''"´
                                         ノ       /






アクセスカウンター
旅ともアクセサリーアニメDVD通販フラワーアイズ
98◆sBXVfXEtEY12/05/01 02:47:57 ID:Ld/vYSV8


                  -‐…‐-
                /.::::::::::::::::::::::::.\
              ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
              ,::::::/::,'::::{::::::::::}::::j:::::::::i
              {:::::N从八ヽ:ノイハ::.::::i
              l:(l:| ( ①)  ( ①)j):::::i     あの女のほうが、『タイプC』
              ';:八   、_,、__,   :::::::{
             }::: ::...、      .イ::::::::{        悪魔使いよ
             }:::::::>≧= =≦<::::::::{
             }:::::/.:::::::::::::::::::::::::::ヽ::::{
             }::/::{::::::::::::::::::::::::}::.:::



           ____
         /     \
       /         \
      /     (●) (●)\
      |  U (トェェェェェェェェイ) |
      \   \ェェェェェ/ /
                     (そして、あれが・・・)







99◆sBXVfXEtEY12/05/01 02:48:19 ID:Ld/vYSV8


        _」ヽ  /|
       /   ゙V´∠イz‐ 、_
     /  , ヘ,_/ ヽヽヽマ´
     //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ
   _,//      ,  ,     、 \ヽ、
   ,ノイ| l/  //,ハ|  .l | .,ハ,l   lハ|`
    小|   l/ ノ 弋 ,| |ヽ、_| l |
     l从  | (○)}liil{(○),ルリ
    ノハ小  l    (__人__)..l,/    ぎゃーーーーーたすけてーーーーーー
      //ヽゝ   lr┬| ,イi
        |!  lヽ>;:.,、二´<ヘリ
          γ:::::::::::ム:::::::ヽ
        /::::::イ:::/∞ヾ:.ト::::\
       ,イ::::イ゙~"    ゙~l 、ィ`ュ
      ゝ、ン"ノ   ,   , 八 ゝ
          /   /  ハ  ヽ


                       ,. -‐ "      \
                 ,. -‐ "               ヽ
             ,. - "´                       |
         ,. - "´                              |
   ,. - "´                    _____    |
"                 _  - ‐ァ:::::::: ̄ ̄::::::::::::::::\ l ̄\  |
    ,. 、 --─  二´-─: . :/ /::::_:_:::::::::, 、::::::,-_-、::::ヽ ヽ: . : ヽ,|
  ̄, 、 -─ :" ´: . : . : . : . : . | /:::/ tッ_>::|  |:::ヽゞ'ノ::::::| |> 、ノノ
 ̄: . : . : . : . : . : . : . _:_:_:_:_:_: l| |::::::`´:::::::::|' 1::::::::::::::::::::/ | | | `lヽ、  ≪だから言っただろう、やる奈
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ,、イ´ |:| ';:::::::::::::::::.レ: :、〉:::::::::::::::/  |..|....|......|......〕
            | l |  |::|  ';::::::::::::::::_`_´_:::::::::::/  |/_:/_ ノ''´   防衛用に【人間を改造】しなくてよいのかヨ、と
            ヽヽヽ:.:.ヽ:|   '、::::::;イ」 ┴┴ i弋:/  /   `丶、
       l ̄ヽ     `>─ト,  ヽ〈┬f T丁丁ン  /:|: .      \     私は戦わないヨ!
       } /⌒ヽ  /  .: . : .|\ ー ` ̄ ̄´ -一'/: | : . : .      \
       〈 ヽ=rヘ /  : . : . : . |: ..\   __ /  |: . : . : .         !
       / / (l ト、   : . : . : . : | : . `〈´_二二 _|   |: . : . : .           【改造】以外の事は、どうでもいいからネ!≫
      /   ,r.、l | }  : . : . : . : .|  : ..'、 -─-、|   〈: . : . :
      〉' ´ ̄  | ド,   : . : . : . | ヽ : .ヽr─ 、|  /´             l
     〈 、_,,  -| ト、|     : . : .|    : .ヽ、__ノ/
     | ´  __| | /       ` \   : /              /
   / レ     じ |          \ /

100◆sBXVfXEtEY12/05/01 02:48:33 ID:Ld/vYSV8
          _____.|┃┃
.         /       |┃┃
.      /  u    |┃┃
    /  ( ●) ( ●.|┃┃
.   |.  (トェェェェェェェェイ|┃┃     あれが悪魔か・・・
.     \ \ェェェェェ/|┃┃
    /          .|┃┃
    / i       (.二つ┃
   { ミi      (.二⊃┃
   l ミii         ト、二)┃
   | ミソ      :..`ト-'. ┃




                       ●



                       ●



                       ●



                       ●



101◆sBXVfXEtEY12/05/01 02:48:59 ID:Ld/vYSV8

         ┏┓                            ┏┓
         ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
           ┃                            ┃
           ┃   懐中キル夫の神への挑戦        ┃
           ┃                            ┃
         ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
         ┗┛                            ┗┛

        『狂気の具現化、最凶の悪魔使い現る、その名は・・・』



  ~前回までのあらすじ~

         ____
         /     \
.     / (ー)  (ー)\     いつまでも続くと思っていた日常、
    l^l^ln (トェェェェェェェェイ)\
    ヽ   L \ェェェェェ/  |   いっぽう、フィクションの世界にしかないと思っていた超常、
     ゝ  ノ         /
   /   /         \
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))


          その二つが交わって、

    当たり前だとおもっていた俺の世界が終わったのは、

            ちょっと前のことだ

                                    ィ
     /ヽ    、         ∧               //
     |  `ヽ、 ヽ \   |ヽィ/ レ/_,.イ     /i   / /
     ヽ   ヽ、ノ  ヽ‐-'       / ヽ_ノL/  ー'´ 〈
      i                            /
     N                            Z_
    _ノ            / ̄ ̄\       ボボボボボボボボボ
  _)           / _ノ  ヽ、_ \            ゝ
  \        . | ( ●)(● ) |            >
   __)       . |  (__人__)  │
  ヽ         |   `⌒ ´   |
   ヽ       .  |           |
    i       .  ヽ       /
     `ヽ、      ヽ      /




102◆sBXVfXEtEY12/05/01 02:49:17 ID:Ld/vYSV8



   ┌────────────────────────────────────┐
   │  ある日、突然現れた、正体不明な怪しい男ヤラナイオがもちかけてきた誘いの話  .│
   └────────────────────────────────────┘

                       / ̄ ̄\
                      / _ノ  ヽ、_ \
                    . | ( ●)(● ) |
                    . |  (__人__)  │
                      |   `⌒ ´   |    契約しませんか?
                    .  |           |
                    .  ヽ       /
                       ヽ      /
                       >     <
                       |      |
                        |      |


   ┌───────────────────────────────────────────┐
   │    それは、「超能力を以って、獲物を狙う狩人にならないか?」という未知への入口だった      .....│
   └───────────────────────────────────────────┘



          ____      その日、
        /      \     ほんとうに、唐突におれは選ぶ所に立たされた、
      /         \
     /   (一) (ー)  \      非現実と現実の境界線、
     |   (トェェェェェェェェイ)   |
     \  \ェェェェェ/   /
     (ヽ、      / ̄)  |     なしえないこと、ありえないことが片手に見える場所、
      | ``ー――‐''|  ヽ、. |
      ゝ ノ      ヽ  ノ  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



103◆sBXVfXEtEY12/05/01 02:49:29 ID:Ld/vYSV8


   与えられる能力は「ソード」、剣の形を模したアバター能力


              /\     /|  /゙i
      \ \、_ハノ  ヽ、|/ |ノ   (,ハ_、//
        \)'                    '(
        /             /,〉       \
      ヽ,)         Y`)   /,/        (,,r'
      /          Y`)、 /,/         \
      ヽ                 |  r‐ッシ ))       ,r'
      _)              / (◎)r-‐V     (_
      ,)          「\ ニニ7           (,
      /-、        | /|/´.         _,iノ!
       )         / /:/       ____    これのことを、
      /         / /:/         /  u  \    アバター能力というらしいが・・・
     ノ             / /:/       /         \
   _/             / /:/     /   (○) (○)  \   どうやら、本物みたいだな
  ノ            / /:/     |   (トェェェェェェェェイ)   |
  ).           / /:/       \ u \ェェェェェ/  /
  ヽ        / /:/                        たしかに手を触れずに、モノを切り裂いたぞ、今 俺は・・
  . i         |./:/
  く.          |/






104◆sBXVfXEtEY12/05/01 02:49:50 ID:Ld/vYSV8


                        |\   俺の知る常識や科学では説明できない、
      /|               |\| ヽ   歪んだ現実が待っているのだということ
     / |/|           __ \  /
     \ 丿 __     '"ゞ'-'  | |    実際に、そこにあるのだということ
      | | '"-ゞ'-'____| | __//
      \\| | ̄ ̄ ::::::::   ̄ ̄\/
    /\/     ( ,-、 ,:‐、    |/\   
    /\|               |/\
    /\|     __,-'ニニニヽ .   |/\
    /\|      ヾニ二ン"    |/\
       \_________/         ,、''''´ ̄ ̄``''''-、,
                              /            :::\
                             /       <●> ::::ヽ
          ,ゝ===く、                /                :::::::ヽ
       、_γ r,J三;ヾ `ヾ,              |    <●>      :::::::|
        く(   {三●;= }   ゝ、          |          <●>:::::|
         ゝ  ゞ'丕シ , <“           ヽ            :::::::::/
          ` ==="´`               ヽ           ::::::::::/
                             \       :::::::::::::::/
                               `''-、、,,:::::::::::,,、、‐''´




105◆sBXVfXEtEY12/05/01 02:50:17 ID:Ld/vYSV8




   ┌─────────────────────────────┐
   │  そして、続いていく日常や平和に飽きていた俺にとって、       ....│
   │                                           .│
   │    その誘いは、抗いがたい魅力を持っていたってわけだ    ......│
   └─────────────────────────────┘

       ____
     /     \
   /         \        なにしろ、 これを逃してしまえば、
  / (●) (●)    \
  | (トェェェェェェェェイ)    |       もう二度と、こんな機会はないのかもしれない、
  \ \ェェェェェ/    /      (言うに及ばずチャンスっていうのは、人にそういう風に考えさせる)



       ____
     /      \      それでも、すぐには決めない、決めないほうがよいのだ
   / ノ       \
  /  (●) (●)   \   質疑応答もなく、契約を無理に急がせるような勧誘を
  |     r───-、     |   行うのなら、そもそも、そいつはロクなもんじゃあない
  \              /

     ┌─────────────────────────────────────┐
     │怪しい男の怪しい話を鵜呑みにして、好奇心のままに行動できる性格なんてものは、    │
     │                                                     ...│
     │正直さと言う美徳ではなく、もはやこの残酷な世界の中での                 ....│
     │愚鈍という蔑称を与える口実にしかならない                          .....│
     └─────────────────────────────────────┘




106◆sBXVfXEtEY12/05/01 02:51:05 ID:Ld/vYSV8


       ____
     /⌒  ⌒\     当たり前だろ、それとこれとは別、
   /         \
  /  ;;;(◯)::::::(◯);;; \   「非現実」への憧れを上回るほどに、
  |   (トェェェェェェェェイ)   |    だまされるリスク、そうしようとする悪意は許しがたい
  \  \ェェェェェ/   /



 教訓として、「悪」は強引であるがゆえに、それを誤魔化さない部分があるが、

   さらに「邪悪」なモノが潜んでいる時には、

    それらこそは決して強引ではなく、むしろこちら側が持つ、彼らを招き入れたいと願う強い渇望、
     あるいは弱さとよべるものを、どこかから嗅ぎつけた上で擦り寄ってくることを忘れてはならない




       ____
     /      \   それは倦怠や、強欲や色欲のように人が本来もつものであったり、
   / _  ー   \
  /  (●) (●)   \ または人の限界を知ってしまった諦め、退屈、
  |     r───-、     |
  \               /    もしくは好奇心の形をとることもあるんだろうが、




       ____
     / :::::::::  \      とにかく、ただぼんやりと
   /   :::::::::::   \
  /   (●)::::(●)  \    吸血鬼に家に入る許可を与えようとは思わない、
  |   (トェェェェェェェェイ)   |
  \  \ェェェェェ/   /    全く役に立たないタダで手に入れたものでも、

                    泥棒にモノを盗まれるのは気に入らない、俺はそういう人間だ



107◆sBXVfXEtEY12/05/01 02:51:22 ID:Ld/vYSV8




                   ____
                 /      \
               /         \
              /.  (●) (●)  \
              |   ハェェェェェハ   |
            .  \  |_ェェェェェェェェ_|  /




   ┌─────────────────────────────┐
   │   俺は、ヤラナイオ(と名乗るモノ)にいくつかの質問を与えた  ......│
   └─────────────────────────────┘


                / ̄ ̄\
               / _ノ  ヽ、_ \
             . | ( ●)(● ) |
             . |  (__人__)  │
               |   `⌒ ´   |
             .  |           |
             .  ヽ       /
                ヽ      /
                >     <
                |      |
                 |      |




108◆sBXVfXEtEY12/05/01 02:51:47 ID:Ld/vYSV8




                         _________
                …… … ────────────── … ……
      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

     ┌────━━━━━━━━━━━━━━────────┐
     │ アバター能力と一緒に、 獲物を見分けるため、       ...│
     │ それらの「赤い目」を感じとれる「狩人の目」も与えられる    │
     └─────────────────── . ┌──━━━━━━━────────────────┐
                                      │ 赤い目を狩れば1点、                      │
                       / ̄ ̄\       │ 瞳孔が二股になっている人間には、さらに10点追加、 ......│
                      / _ノ  ヽ、_ \      │ 他の人間のアバターを狩れば10点、               │
                    . | ( ●)(● ) |    │ 殺した人間が、光る万歩計を持っていた場合30点追加、.....|
                    . |  (__人__)  │    └─────────────────────────┘
                      |   `⌒ ´   |
  ┌━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┐
  │  狩れば点数を貰える、貯めた点数でアバターを強化できる ....│
  └───────────────────────────┘
                       >     <
                       |       |   ┌─────────────────────────┐
                        |      |   │  権利を放棄しようとすれば、関わる記憶ごと消去される.....│
 ┌────────────────┐ l..  └─────────────────────────┘
 │契約中にVIP市からでれば死ぬ     .│
 │狩るべき対象も、同様である       │──────────────────────────────────┐
 └────────────────┘ 殺した獲物(赤い目)は、消えてしまうので処理に困ることはない          │
                             |                                                  │
                             │ 死んだ赤い目の所持物は、死ぬ前に所有権を奪っておけば、消えずに残る   │
                             └──────────────────────────────────┘



109◆sBXVfXEtEY12/05/01 02:52:01 ID:Ld/vYSV8



         ____
         /     \
.     / (●)  (●)\     ・・・狩人は、ほかにもいるのか?
    l^l^ln (トェェェェェェェェイ)\
    ヽ   L \ェェェェェ/  |   それと、終わりはあるのか?
     ゝ  ノ         /
   /   /         \
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))


   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │ 他の狩人はいます、協力することも可能でしょう
  |   `⌒ ´   |
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |



110◆sBXVfXEtEY12/05/01 02:52:13 ID:Ld/vYSV8

   / ̄ ̄\
  /ヽ、_    \
. ((● )     |
. (ノ、__)      |
 .|⌒´       |   また、終わりと言うのは、ばあいによります
.  |        |
.  ヽ      /   獲物がすべて居なくなればおわりですし、
   ヽ     /
   .>    <     獲物が多くなりすぎてしまった時にも、おわりになるでしょう、
   |     |
    |     |





                       :::::::   / ̄ ̄\
                       ::::::..... /ノ:::::ヽ、_  \
                       ::::::.....( ●)::( ●)   |
                        ::::::::....... |(人__)     |
                         :::::::....  | ⌒ ´      |
  もちろん、貴方が死んでも、      .....::: |::::::::      |
  貴方にとっての狩りは終わりですし、 :::::::: ヽ::::     /
                          ::::::: ヽ     /
                         :::::::  .>    <
                               |      |
                               |      |



111◆sBXVfXEtEY12/05/01 02:52:29 ID:Ld/vYSV8




         ____
       /   u \
     /   U     \
    /   (●) (ー)  \      かりに赤い目が、隠されてた場合、
    |   (トェェェェェェェェイ)   |
    \  \ェェェェェ/   /    たとえばサングラスとか髪とかで、・・・獲物だと、わかるのか?



   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │
  |   `⌒ ´   |
.  |           |             場合によります、
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |



   / ̄ ̄\
  /ヽ、_    \
. ((● )     |
. (ノ、__)      |    もしも、その獲物が大きな牙や爪をもつような危険な存在であれば、
 .|⌒´       |
.  |        |    その気配は明らかに空気を澱ませ、貴方にはそれと気づかせるでしょう
.  ヽ      /
   ヽ     /
   .>    <
   |     |
    |     |




112◆sBXVfXEtEY12/05/01 02:52:41 ID:Ld/vYSV8

       ____
     /⌒  ⌒\    おいおい、それじゃあなんだ?
   /         \    気付けない場合もあるってことかよ?
  /  ;;;(◯)::::::(◯);;; \
  |   (トェェェェェェェェイ)   | しかも、 牙? 爪? いよいよ話が怪しくなってきたぜ
  \  \ェェェェェ/   /





   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │
  |   `⌒ ´   |     場合によります、
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <    しかし、そうですね、つまり目を見られぬよう隠しているような人間は、
   |      |
    |      |   見つけ次第そのアバターで切り裂く方が賢明かもしれません

            その事情を知っているのかもしれないわけですから



       ____
     /     \
   /         \
  /     (一) (ー)\     ・・・・・
  |    (トェェェェェェェェイ) |
  \   \ェェェェェ/ /




          / ̄ ̄\
         / _ノ  ヽ、_ \
       . | ( ●)(● ) |
       . |  (__人__)  │
         |   `⌒ ´   |
       .  |           |     契約しますか?
       .  ヽ       /
          ヽ      /

113◆sBXVfXEtEY12/05/01 02:52:56 ID:Ld/vYSV8


    ┌───────────────────────┐
    │要領を得ないところはあった、相応の危険も認めた  ..│
    │                                  │
    │ヤラナイオからは、聞かれなければ答えないといった ..│
    │肝心な事をはぐらかしている                   │
    │くたびれた役所のジジイを連想させた            │
    │                                  │
    │だが、       だが、                     ......│
    └───────────────────────┘


         現実を越えたところ、
                                        ...........____
                世界の裏側へ、          ...................../...........  \
                                  ....................../.......       \
    どこに行こうが、どれだけ大金を積もうが   ........................./.............. (○) (①)\
    絶対に体験できないことがある場所へ       ...............|............. (トェェェェェェェェイ) |
                                 ....................\......... \ェェェェェ//


   ┌────────────────┐
   │  俺は飛び込む決意を固めた     .│
   └────────────────┘



114◆sBXVfXEtEY12/05/01 02:54:10 ID:Ld/vYSV8

       ____     そうなんだよな、
     /     \
   /         \       本当にやばそうなことがあれば
  /     (●) (●)\
  |    (トェェェェェェェェイ) |         狩人の権利とやらを放棄すればいい
  \   \ェェェェェ/ /



      だが、ヤラナイオの話を総合すると、

 多くの狩人と獲物、そのどちらもが常識外の存在であるわけで、
  この街において、それらがぶつかり合うのは必至・・・

          ____
        /      \
      /         \   能力を得ないことで、(この記憶さえ失ってしまって)
     /   (●) (●)  \    その戦いに巻き込まれる可能性だってあるんだ
     |   (トェェェェェェェェイ)   |
     \  \ェェェェェ/   /
     (ヽ、      / ̄)  |        自分に関係ないとも、言ってられない
      | ``ー――‐''|  ヽ、. |
      ゝ ノ      ヽ  ノ  |         とっくに好奇心だけの問題ではなくなっている
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                               自衛するために必要だ


115◆sBXVfXEtEY12/05/01 02:54:22 ID:Ld/vYSV8


   / ̄ ̄\
  /ノ  ヽ、_  \
. ( ●)( ●)   |
 |(人__)       |   契約しますか?
  | ⌒ ´      |
.  |        |
.  ヽ      /
   ヽ     /
   .>    <
   |     |
    |     |



         ____
         /     \     ああ、
.     / (●)  (●)\
    l^l^ln (トェェェェェェェェイ)\    契約しよう
    ヽ   L \ェェェェェ/  |
     ゝ  ノ         /
   /   /         \
  /   /                 _____
. /    /              /    .r┐ヽ「|
人__ノ             /   r-、  | .| ./ l l゙l    わかりました
              / .__,ノヽ ゙、_,ノ '-' .|,,/ |
             |   (①)ヽ     ノ ´/        契約、成立です
                 |       〉      〈_,,.-、
               |    (__人{         .r''´
                  |     ´ ⌒|    _,.-i'´          ,、.
                 {       l-‐'''''''ーl }         ,l |
                  {      |´ ̄ ̄``l }          ,! L.-ヾ
                  {       |     |.}       _,.-'´  _, - '_
                                 |_,.- '´| L-'´_|
                                  ,.-'´  ,.-'"
    ┌────────────────┐   |,.- '´| |    />
    │俺は異能力をもった狩人となった    .│      |,i   / r´  __
    └────────────────┘         く/Ll  //
                                           レ'!_l    __
                                               //
                                               レ'!_l
 

116◆sBXVfXEtEY12/05/01 02:54:37 ID:Ld/vYSV8


                       ●



                       ●



                       ●

                                       |:::::::::::::|
                                       |:::::::::::::|   メ
    ________       _______       |:::::::::::::|
    |        .:,i|      |        .:,i|     |:::::::::::::|
    || ̄|| ̄||| ̄|| ̄||      || ̄|| ̄||| ̄|| ̄||     |:::::::::::::|
    || ̄|| ̄||| ̄|| ̄||      || ̄|| ̄||| ̄|| ̄||     |:::::::::::::|  ,/二二ヽ
    || ̄|| ̄||| ̄|| ̄||      || ̄|| ̄||| ̄|| ̄||     |:::::::::::::|  |      |
    || ̄|| ̄||| ̄|| ̄||      || ̄|| ̄||| ̄|| ̄||     |:::::::::::::|  |___|
    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i|       :| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i|     |:::::::::::::|
    ~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ∧ ∧ .:|:::::::::::::|;    _n__
    ∧_∧ メ                     /)゚- ゚,,) ゙;|::::::/ |    .:[__;;]
∧_∧´∀` ) キ                 ヽ   |) |/ ,;.:|___| l ̄l :|_
,  ´_ゝ)  .と ) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |~          |_l_l_,l
    )'ヽ  Y  ,;      ,。            し`J
人 Y し'(_)
_(__)________
―――――――――――


                          |N
                          | ||
                          | ||
                          | ||       (街をうろつく、
              / ̄ ̄ ̄ \    TT
            /         \  (  )     俺のアバターは本当に見えていないようだ)
           /   (●)  (●) \ | |
           |  (トェェェェェェェェェェェイ) |/ /
           \ \ェェェェェェェェ/ / /



117◆sBXVfXEtEY12/05/01 02:54:52 ID:Ld/vYSV8



  俺のアバター【ソード】、あるていど自由に動かせるようになってきた、

  しかし、これはまだLV1の状態

  俺のこの奇妙な運命が、どのような結末を迎えるにせよ、
       アバターを強くしておいて損はないだろう

                .____
    .          /      \
            ./         \
    .       /   (①) (●)  \
    .       |   (トェェェェェェェェイ)   |    常識ポイントを稼ぐために、
    .       \  \ェェェェェ/   /
           /          ヽ      まわりに、赤い目はいないか確認しながら進むのだ
          / /|         i  i
         / / |       /|  |       あたりに注意を向けながら
    ∠二二[廴j≧ ヽ   r  / ハ .,)
             ヽ  |/
              >__ノ;:::......


118◆sBXVfXEtEY12/05/01 02:55:24 ID:Ld/vYSV8
        ┃
        ┃
        ┃
        ┃___
        ┃    \
        ┃      \
        ┃●)  ( ●)\
        ┃ェェェェェェェェイ) |
        ┃\.nnm.. //
        ┃厂_ノ]二二フ
        ┃       |
        ┃ ____/
        ┃     /
        ┃     /



          ___
        /      \     (やはり、緊張するな
       /      u   \
     /  (● )  (● )\    これから何が起きるかわからない、
     | U   (トェェェェェェェェイ) |   という静けさは、まだ起きてないナニカを想像する余地を残し・・・・
     /    .\.nnm..ェ/./
      (  \≦フ _ノ]二二フ    ああ、久しぶりだ、
     |\     /     \    胃のあたりの圧迫感、うすれる足の感覚、
     |  \  /      |\  \   すべて投げだしてしまいたくなる妥協や保身の、)





119◆sBXVfXEtEY12/05/01 02:55:46 ID:Ld/vYSV8


    そんなことを考えていた時、 赤い目をした女を見つけた


                  -‐…‐-
                /.::::::::::::::::::::::::.\
              ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
              ,::::::/::,'::::{::::::::::}::::j:::::::::i
              {:::::N从八ヽ:ノイハ::.::::i
              l:(l:| (①)   (①) j):::::i
              ';:八   、_,、_,     :::::::{
             }::: ::...、      .イ::::::::{
             }:::::::>≧= =≦<::::::::{
             }:::::/.:::::::::::::::::::::::::::ヽ::::{
             }::/::{::::::::::::::::::::::::}::.:::    コツコツコツ…




          ____
        /      \
       /          \
     /    (○)  (○) \
     |     (トェェェェェェェェイ) |
     /    .\.nnm..ェ/./    (まずは様子を見よう)
      (  \≦フ _ノ]二二フ
     |\ “ ム∠,__|  |
     |  \(三___/

 ヤラナイオの言っていた凶暴な牙や爪というのが、どういうものなのか?
 それと、そもそも獲物とは、一体どういう人間なのか?
 (いや、人間であるかすらまだ決めつけてはいけない)




120◆sBXVfXEtEY12/05/01 02:56:11 ID:Ld/vYSV8
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::: :::: :::: :::::::: :::: :::: :::: :::: ::::
 : : : : : : : : : : : : : : :┌───┐: : : : : : : : : : : : : :
                    | 口:口:口 |.  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .
 /| ̄ ̄ ̄|  _____| ̄ ̄ ̄ ̄| 口:口:口 |          _____
 |::::| [] [] []:|/| ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |         .|         |\
 |::::| [] [] []:|_| ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |──┐   __|[]_[]_[] [] [] |::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|.___| lll lll lll |\:ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|

      街はいつも通りに、時を進めている、

          変わりごとなく、同じように





    そして、赤い目の女も、何事でもないように、俺に近づいて話しかけた



         | :::::::|    ::::::::     :::   |:  ::::::::|
         .| ::::::|    :::::::::    :::::  |:   i⌒
         !__::::::|    :::::::::    ::::::::  |--'''~
            ̄i__,,,,,,--,,_ _,,--"i""~ |
               |   |~    |   i
               |,,,,,,,, |     !;==i
               !'  ''i:|     i)   '!,
               /   .i:|     ii___'!,  コツコツ…コツコツ…
              ./   .//!     'i,_  ノ
             / ̄ ̄∨/''      ~'''
            ./    //
            ゝ---='''




121◆sBXVfXEtEY12/05/01 02:56:58 ID:Ld/vYSV8



         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::ヽ   その女は「わたしと貴方は戦う必要がない」と初めに言った、
     ,:::::::::::::::::、::::::{::::::::::}:::::::}
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/    こちらの考えを読んでいるかのように、
     、:::::::::(l::|( ①) (ー)イ
      }::::::::jl:::|  、_,、_, j:|  そして続けた「わたしと貴方は同じ、ヤラナイオのシモベ『タイプA』なのだから」と
      }::::::::jl从__    イ::
      }::::::::i,.-:::::::: ∩〔::::ノ
     {:::::/i::::::::::::{  |Ⅵ                   ____
       V/./.:::::::::::::「:::::|::|                 /     \
       { {:::::::::::::ノ|::::::| :|               /         \
       、__` ̄]`ヽ:::::ノ                 / (●) (●)  u  \
                      ・・・?     | (トェェェェェェェェイ)     |
                                 \ \ェェェェェ/    /

              (どうして俺のことがわかった?

                       ヤラナイオという言葉?   タイプ・エー?)




  ┌──────────────────────────────┐
  │   女の言動に 不明な点が多かったが、                  │
  │           俺はその時、対話する事を選び、              │
  │                攻撃する選択肢は奥へ押しやっていた、    .│
  └──────────────────────────────┘
      ____
     /       \
   / (● )  (● )、     (ひっぱりださなければ、そのまま埋もれちまうほどには奥へ)
 /   (トェェェェェェェェイ).`ー 、
 |     \ェェェェェ /  y气          今思えば、それは失命の可能性がある場面では、
 \         /   /\`ヽ,        不注意に分類される許されないことだった、
 /    ̄ ̄ ̄ ̄´    入  ヽイ
 |   _____/  \      しかし、相手は生身の女ひとりで、おまけに
 \            ヽ \     話を聞く価値もある、と言い訳ができたこともあって、
   \            ヽ \
    \               j(ミノ  (そもそも、いきなり出会った人間を殺せる奴がいたら異常者だぜ?
                     異能力を与えられたとはいえ一般人には、しかたない部分もあるだろ?)


         まあ、つまるところ、もっとも彼女の言葉を無視できない理由は、

      状況を説明してくれる第三者、先導する仲間を自分が求めていた、
          という感情的な理由なのかもしれないけれど・・・


        (無防備さに油断、ほだされてしまうのは、非理性の常套手段である・・・

          彼女が何者であれ赤い目をしているのだから
          戦闘不能にした後で、いくらでも情報を引き出すほうが現実的である)

              ┌────────────────┐
              │   俺は、攻撃せずに話を聞いた  .│
              └────────────────┘



122◆sBXVfXEtEY12/05/01 02:57:14 ID:Ld/vYSV8


    彼女は続けた、

          赤い目をした人間には3種類いる、と


         _____       ひとつは、ヤラナイオと契約をした人間、
      ,.....::::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::ヽ     赤い目を見分ける能力を持ち、
     ,:::::::::::::::::、::::::{::::::::::}:::::::}    与えられたアバターを使役する『タイプA』、
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/         天使とも言う
     、:::::::::(l::|(①) (① )イ
      }::::::::jl:::|  、_,、_, j
      }::::::::jl从__   イ:j   「L 、
      }::::.:::{::::/⌒ヽ 〔::::::}  ( f‐-ノ
      }:i::::::|:/:::::::,::::V」 、}  }ー.7     そして、もうひとつは、赤い目をしているだけで、
      }:|::::::|':::::::/::::::::::::ヽ:ー'::::::/       普通の人間と変わらない『タイプB』
     :l::::,/::::::/::::::::::::::::,ノ':::::::ノ           感染者とも言う
     八':::::::::::::::::::::::::/´ ̄
       /:::::::/:::::::::::::::〈
.      /:::::::/::_:_:_:_:_:_ノ
    /⌒Y:::::::::::::::::::::{     さいごが、アバターに近い怪物を連れている、恐ろしい人間の存在、
    、_ノJ:::::::::::::::::::::::.
                  彼らは赤い目を見分ける能力はないが、
                   こちらのアバターを見ることや攻撃することもできるという

                           『タイプC』・・・・

                         悪魔使いと呼ぶ






123◆sBXVfXEtEY12/05/01 02:57:43 ID:Ld/vYSV8


                       ●



                       ●



                       ●


       ____
     /     \
   /         \  それで、俺達が本当に狩らなければいけない人間は、
  /     (●) (●)\  『タイプC』、悪魔を連れている人間ってわけか・・・
  |    (トェェェェェェェェイ) |
  \   \ェェェェェ/ /   ふーん



         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::ヽ
     ,:::::::::::::::::、:::::::{:::::::::}:::::::}
      {:::::::::::::::N乂:八ノ乂::::/
     、:::::::::(l::|(① ) (① )イ
      }::::::::jl:::|  、_,、_, j:|    まあね、でも『タイプB』が『タイプC』に代わることもあるから、
      }::::::::jl从__    イ::
      }::::::::i,.-/> ∩〔::::ノ       そっちも殺しとくほうが、楽にはなるかな
     {:::::/i::::\/{  |Ⅵ





                     ふーん・・・
           ____
         /      \
       /         \     それで、なぜ そんな話を知っている?
      /   (●) (●)  \
      |   (トェェェェェェェェイ)   |      どうやって、おまえは確かめた?
      \  \ェェェェェ/   /
                       証明する事はできるのか?  今の話を・・・




124◆sBXVfXEtEY12/05/01 02:58:15 ID:Ld/vYSV8
              /\     /|  /゙i
      \ \、_ハノ  ヽ、|/ |ノ   (,ハ_、//
        \)'                   '(
        /             /,〉      \
      ヽ,)            「`   /,/    ボボボボボボ
      /          { `)、 /,/        \
      ヽ               \ r‐`ー- 、      ,r'         /´〉,、     | ̄|rヘ
      _)              / (◎)-‐V    (_    l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧
      ,)          「\ニニ7          (,     二コ ,|     r三'_」    r--、 (/
      /-、        | /|/          _,iノ!   /__」           _,,,ニコ〈  〈〉
       )         / /:/          /     '´              (__,,,-ー''
      /         / /:/          {              /~7 /)
     ノ         .........../ /:/          /⌒ヽ         /二~|/_/∠/
   _/        ............/ /:/                      / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
        __............../.:::::                       ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
     /    ::::\....:::::                             `ー-、__,|    `"
   /     :::::::::::::\:::.
  / U   (①)::::(①)\       で、なければ・・・
  |    (トェェェェェェェェイ) |
  \  u \ェェェェェ//   







         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::{:::::::j::ヽ
     ,:::::::::::::::Nヽ八ノノイ::::、  あら、 私に攻撃しても意味ないわよ、
      {:::::::::::::::|( ①) (①)イi
     、:::::::::(l::|  、_,、_,   |l   本当のわたしは、ここにはいないから
      :::::::::八|   `ー'  ノ:
      :::::::::::从、    イ::::|
.      ::::.:::{ `/⌒ヽ_〔:::::::::::l



125◆sBXVfXEtEY12/05/01 02:58:32 ID:Ld/vYSV8



               ____
             /     \
            /      U  \
    ?     / (①) (①)    \
          | (トェェェェェェェェイ)  U  |
          \ \ェェェェェ/    /




                                    ィ
     /ヽ    、         ∧               //
     |  `ヽ、 ヽ \   |ヽィ/ レ/_,.イ     /i   / /
     ヽ   ヽ、ノ  ヽ‐-'       / ヽ_ノL/  ー'´ 〈
      i                            /
     N           -............................    ボボボボボボボボ
    _ノ    ..........................::::::::::::::::::::::::.\        /
  _)          ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.        ゝ
  \       ............::::/::,'::::{::::::::::}::::j::::..................... この身体は、実体のない空間映像
           ..........::::N从八ヽ:ノイハ::.:....
      ..............................:| (①)   (①) j):::::i
             ';:八  、_,、__,   l:::::.................わたしはヴァーチャル空間越しに
             }::: ::...、   ̄   イ:::::::{     ここに意識のみを、投影しているだけ
             }:::::::>≧= =≦<::::::::{
      ...........................:::::/.:::::::::::::::::::::::::::ヽ...........................
             }::/::{::::::::::::::::::::::::}::.:::




126◆sBXVfXEtEY12/05/01 02:58:42 ID:Ld/vYSV8


                              ..8|8          l|
                               T..          l|
        ___              _|三三三三|____()_l|_()
       ___||土||土||___           . |_________()][()
       | [] [] [] [] [] |           |_鬥_□_□_□_□_□_[.||_
       | [] [] [] [] [] |           |____________|\――――‐\
       | [] [] [] [] [] |           |_□_□_□_.| l\――――‐\     _______
       | [] [] [] [] [] |           |____________|  l l| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    |.\(┣━━━┫)\
       | [] [] [] [] [] |           |_l,,,l,<⊿⊿| l  l| | ̄lll ̄l (ヨ)|    |l\l|二二二二二二|
       | [] [] [] []_[]_|_________<><   ..\l  | )___lll//'^i|    |l\l||_||_||_||_||
       | [] [] [] |⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿><       _\|( /__<三三||_  ..|l\l|二二二二二二|
       | [] [] [] |\                 ,-,<|/|/|/|/|/|/|/|  . |l\l||_||_||_||_||
       | [] [] [] |  \   ______ ,-,<|>< ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |l\l|二二二二二二|
       | [] [] [] |   \ |/|/|/|/|/|><                  |   |l\l||_||_||_||_||
  ___________| [] [] [] |l\   .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                         |   |l\l|二二二二二二|
/     \    |\l  |\|〓〓〓〓〓〓〓〓....                     |   |l\l||_||_||_||_||
|田田田田田|     |l\  \||                               |   |l\l|二二二二二二|
|田田田田田|     |\l  |\|                               |   |l\l||_||_||_||_||




127◆sBXVfXEtEY12/05/01 02:59:04 ID:Ld/vYSV8



                \                  /
                  \  丶      i.   |     ./     /       /
                   \  ヽ    i.   .|   /    ./      /
                     \  ヽ   i  |   /   /       /
                  \
                                ..8|8               -‐
                 \              T..
        ___                  _|三三三三|_______          --
       ___||土||土||___ ー            |__________.|    = 二
       | [] [] [] [] [] |_          |_鬥_□_□_□_□_□_□_|         ̄
       | [] [] [] [] [] |    二      |____________|\―――     ‐-
       | [] [] [] [] [] |  ̄         |_□_□_□_.| l\――
       | [] [] [] [] [] |   -‐       |____________| l l| ̄
       | [] [] [] [] [] |             |_l,,,l,<⊿⊿| l l| | ̄ ヽ       \
       | [] [] [] []_[]_|__/ ______<><   ..\  | )__   丶      \
       | [] [] [] |⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿><                丶       \
       | [] [] [] |\                              丶       \
       | [] [] [] |                /           
       | [] [] [] |       /              |         \
      _| [] [] [] |     /   /    /      |   i,       \
                  /    ./    /         |    i,



128◆sBXVfXEtEY12/05/01 02:59:30 ID:Ld/vYSV8

                     ~どこかのビル~




 \ \、_ハノ  ヽ、|/ |ノ   (,ハ_、//
   \)'                    '(
   /        ___     __
 ヽ,)         \`ヽー イ´ノ          映像出力型アバター
 /          //ヽ'(_)ヽ'ヘ\         【ヴァーチャルゾーン】
 ヽ         〈⌒; ; ; ;><; ; ; ;⌒〉             LV1
 _)         ヽ ; ; ノ;;;;ヽ; ; ; ;/
  ,)         //´\__/ヽヘ
 /-、        〈ノ   | |  ヽ〉
         __      |__|
    ,.....::::::::::::::::::::::::...
   /.:::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::ヽ
   ,:::::::::::::::::、::::::{::::::::::}::::::
    {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ::::/  証拠だって・・・どうする?
   、:::::::::(l::|  ( 一) (ー)
    }::::::::jl:::|   、_,、_, l
    }::::::::jl从__    ノ            /..:::::::::::::::::::::::::::..ヽ、阿部さん
    }::::::::i,r::::::::...:::::::::.::ヽ           (,、:::::::::::_::::_,、::::::::::::::..゙:、アバターLV1
    }:::/::::::::::::::::::::::::::::::l           .l `'^'´ ..: :.: :. }::::::::::::::::::i
   /:::::/.::::::::::::::::::::::::ノ:!          ._  、__,、 〈:::::::_::::::::::|
  {:::::::丶- 、:::::::::::::::/|::::l           !)  ヘラヾ´ ゙! /ベ!::::::|
   `ーく_,ノ:::::::::::::::{(___)          .ソ   ```  :.:.: ソ,iノノ:::: |
                         ヽ,-     .:..:.:シ_,イ、::::::l
                          i==-  .:..:.:イ   ヾヘ.
                          , ゝ...:.  _,.ィ  i ,.ィ´  ヽ.──────────┐ 、
                        , ´  ゙'ーイシ″/   /:.:.:.l:.:.`:.:.....///////////////}||ll\
                      ,..'´    \ ヽ,.イ   /:.:.:.:.:.: l .:.:.:.:.:.:.:.:` ー- 、///////:}||ll|ll|}
                     /     ノト_,ノ┘.∧  /、:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.ヽ///// }||ll|ll|}
                    / ̄ ̄ヽイ:l: :イ!ハ///  ヽ./:.: \:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,':.:.:.:.:.:.:.:. '/////}||ll|ll|}
                  / ̄ ̄`ヽ/:.:./:.:.:i:l//i:   /: : :.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,':.:.:.:.:.:.:.:.: :.:'////:}||ll|ll|}
                 /.:.:.:.:.:.: : : /iく.:.:.:.:.:.:!l//!   /:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ///}||ll|ll|}
                 /:.:.:.:.:.:.:.: : /::!.:.:ヽ.:.:.:.ll//!: /:.:.:.:.:.:/:.r──ュ:.:.:.:',::...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V//}||ll|ll|{
                /:.:.:.:.:.:.: : : :'::::i.:.:.:.:.ヽ:.:l!//! /.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧ : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨/||ll|ll|{
               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ' ..:.:{.:.:.:.:.:.:ヽl//!/.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨||ll|ll|{
              ,.:′:.:.:.:.:.:.:.:.:;:.:.:..:.':...:.:.:.:.:.:.:.li///:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:∧:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: 'l||ll|ll|{
             :′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j:..:..:/ !:.:.:.:.:.:.:.:.〈:O : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :l|l|ll|{


129◆sBXVfXEtEY12/05/01 02:59:51 ID:Ld/vYSV8
        |\      /|ブシドー
         \\___//_アバター LV3
        //      \\
       //__   __\\
     // \(ー)\ /(ー)/ \\    ・・・
     | | / ̄(__人__) ̄\   | |
     \ V    ` ⌒´   .\//
      ゝ  __ "` ___ ィ∠        ___
     ノ     _|--|__             /    \
 (⌒二     l「|::::| ̄ll    |  |      / ヘニヾ゙リン\      めんどくせえ奴だな、
                         / =▲▼--▼▲\
                         |    /(__人__)ヽ  |   本物の男なら、
                   やる雄  \    `⌒┃  /  証拠とかこまけぇことにガタガタこだわらねえんだよ
                 アバターLV3


        /\__/ヽ
      /;:''''/ '''' \\
.      |::::::( ●)  ,、( ●)   でも、彼の言うことも分かるプー
     /    (__人__)  \  初めてココに来た時は、やる雄さんに強引に連れてこられて
      |  U    ` ⌒´    |
.      \               /     殺される前に、掘られまくったりするのかと思ったプー・・・
               インコ
             アバターLV1
                                 / ̄ ̄\
                              / 「  へ \
                                 |  (●)(●) |
                                   .|    |   |
          殺すなら、能力だけは            |   __´___  ノ
                              |   `ー'´  }
    ・・・使えるやつなら               ヽ       }
                               ヽ     ノ
      使いたいんだけど               /    く
                                  |     |できない夫
                                  |     |アバターLV1




130◆sBXVfXEtEY12/05/01 03:00:52 ID:Ld/vYSV8


                    i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
    !  :l      ,リ|}    |. }
.   {.   |          ′    | }
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<
    !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|    まあ、みせてやればいいんじゃないの?
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ
.    }.iーi       ^ r'    ,'     いろいろと・・・
     !| ヽ.   ー===-   /
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/     .  ヽ、_!__/:::|\



─────────────────────────────────────
                        ・
                        ・
                        ・
─────────────────────────────────────


         _____    
      ,.....::::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::ヽ
     ,:::::::::::::::::、:::::::{:::::::::}:::::::}  わたしはこのヴァーチャル空間内の
      {:::::::::::::::N乂:八ノ乂::::/   赤い目の動向を知ることができるんだよね
     、:::::::::(l::|(① ) (① )イ
      }::::::::jl:::|  、_,、_, j:|     それで、この能力を使って、観察兼監視をやって、逃げたりしてたんだけど
      }::::::::jl从__    イ::
      }::::::::i,.-/> ∩〔::::ノ  
     {:::::/i::::\/{  |Ⅵ         ____
                       /     \
                     /         \
                    / (●) (●)    \
                    | (トェェェェェェェェイ)    |
                    \ \ェェェェェ/    /



131◆sBXVfXEtEY12/05/01 03:01:10 ID:Ld/vYSV8

    ,.....::::::::::::::::::::::::...
   /.:::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::ヽ
   ,:::::::::::::::::、::::::{::::::::::}::::::
    {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ::::/   いつだったか・・・赤い目で
   、:::::::::(l::|  (① ) (①)  まとまって動いてる人達を見つけたのが始まり
    }::::::::jl:::|   、_,、_, l
    }::::::::jl从__   Uノ     で、色々あって、その人達に会うことにして
    }::::::::i,r::::::::...:::::::::.::ヽ
    }:::/::::::::::::::::::::::::::::::l
   /:::::/.::::::::::::::::::::::::ノ:!    そのなかの【大天使】っていう
  {:::::::丶- 、:::::::::::::::/|::::l    特別なアバターを持ってる人に教えてもらったってわけ
   `ーく_,ノ:::::::::::::::{(___)


                               ____
                             /      \
                            /         \
                          /   (●) (●)  \
   さっき言ってたタイプのことか?    |   (トェェェェェェェェイ)   |
                          \  \ェェェェェ/   /



         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::{:::::::j::ヽ  厳密には、『タイプC』の中にあるアタリを仕留めないと
     ,:::::::::::::::Nヽ八ノノイ::::、
      {:::::::::::::::|( ①) (①)イi  この戦いが終わらないっていうこと、
     、:::::::::(l::|  、_,、_,   |l
      :::::::::八|   `ー'  ノ:   (それと、願いが叶うこと・・・
      :::::::::::从、    イ::::|     っていうのは黙っとこうかな)
.      ::::.:::{ `/⌒ヽ_〔:::::::::::l



132◆sBXVfXEtEY12/05/01 03:01:43 ID:Ld/vYSV8



       ____     なるほど・・・
     /      \
   /         \    それじゃあ、お前は、さしづめ
  /  (●) (●)   \
  |     r───-、     |
  \               /




            ____
          /     \
        /         \  ・・・勧誘役ってところか?
       / (●) (●)    \
       | (トェェェェェェェェイ)    |
       \ \ェェェェェ/    /


         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::ヽ
     ,:::::::::::::::::、:::::::{:::::::::}:::::::}
      {:::::::::::::::N乂:八ノ乂::::/
     、:::::::::(l::|(① ) (① )イ
      }::::::::jl:::|  、_,、_, j:|    正解
      }::::::::jl从__    イ::
      }::::::::i,.-/> ∩〔::::ノ   
     {:::::/i::::\/{  |Ⅵ




133◆sBXVfXEtEY12/05/01 03:02:07 ID:Ld/vYSV8


      そのグループの存在、
     ヤラナイオが語っていない情報、
     そのヴァーチャル空間を認識する能力
       ____
     /      \
   /         \    おまえは俺の様なふらついている『タイプA』を集めているんだ
  /.  (●) (●)  \
  |   ハェェェェェハ   |  それでも、俺はお前を信用するために、必要な
.  \  |_ェェェェェェェェ_|  /

                              -‐…‐-
                           /.::::::::::::::::::::::::.\
                          ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
        あっ、ちょうどいいわね、   ,::::::/::,'::::{::::::::::}::::j:::::::::i
                          {:::::N从八ヽ:ノイハ::.::::i
                          l:(l:(① )   (① ) j_)::i
                          ';:八 、_,、_,      ::::::{   ))   ))
        実際に悪魔使いがきた    }::: ::...、 U     イ::::::{
                          }:::::::::z〉=-=≦<::::::::::{
                          }::::::/.:::::::::::::::::::::::::::ヽ::{
       戦う所みたい、こっち!      }:::::l{::::::::::::::::::::::::}::.:|::{



       ____
     /      \
   /         \
  /  (○)  (○)  \    おい、待て・・あっ
  |   ┌ェェェェェェェェ┐    |
.  \ Lェェェェェェェェ._l  /



                       ●



                       ●



                       ●



134◆sBXVfXEtEY12/05/01 03:02:17 ID:Ld/vYSV8
         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::ヽ
     ,:::::::::::::::::、::::::{::::::::::}::::::
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ::::/
     、:::::::::(l::|  ( ●) (●    ほら、あそこ、みて
      }::::::::jl:::|   、_,、_, l
      }::::::::jl从__    U_ノ_________________
      }::::::::i,r::::::::...:::::::::.::::::::::::::::::::::::::::::/"⌒つ
      }:::/:::::::::::::::::::::::::::::l――――へ⊃┘
     /:::::/.:::::::::::::::::::::::ノ
    {:::::::丶- 、:::::::::::::::/
     `ーく_,ノ:::::::::::::::{


              _____.|┃┃
    .         /       |┃┃
    .      /  u    |┃┃
        /  ( ●) ( ●.|┃┃
    .   |.  (トェェェェェェェェイ|┃┃     あれが悪魔か・・・
    .     \ \ェェェェェ/|┃┃
        /          .|┃┃
        / i       (.二つ┃
       { ミi      (.二⊃┃
       l ミii         ト、二)┃
       | ミソ      :..`ト-'. ┃





135◆sBXVfXEtEY12/05/01 03:02:39 ID:Ld/vYSV8


ズザザザザァァ
         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__ ダッ
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T`ヾ |  }ノ |  三三     きゃああああああ
   |ハ |l_ノ ヽ| ヽ、 }/_ / ,/レ′
  /⌒`ト⌒    ⌒゚o' 「)'/|/⌒i   三三
.  \  ヽ、_(_,、__) ._,.ィT// #;:.+,:'",: 
    \  l 7Eニ::ィ1 / .+:゚*:'



                 -── 、
            ,x <   _..::-ミ、 ヽ
        x< >-‐‐///rェァ, 、z;ァVハ!       ≪ああ、痛いだろうネ!痛いだろうネ!
  x<> '´  ̄ ヽ: ://!{::::::>=.<::::}L//__
<>´      _ノ:>f {, V+┼f+Y } i 」リ      敵の能力が低いぶんだけ、
      -‐  ̄_ ム‐--ヽ ` 二ニ´彳´          激しい痛みは免れないだろうネ!!!
─=ニ=─ '' ̄    x≦ハ { Y⌒Yi ト::、
          _ - /:::::::::::::',ヽゝ-' j |:::::::ヽ
     /     {::::::::::::::::.ヽ     !:::::::::::',、      死ねない苦しみ、次の攻撃を待つ時間、
      /  ヽ   ヽ:::::::::::::::::::\ {:::::::::::::::}    、   慣れていないのなら尚更、苦痛だろうネ!!≫
   _」    ',__, へ \:::::::::::::::::::У::::::::::::/    i ヽ
  /     /  、  ヽ ≧x::::::::::{:::::::::::::イ     /i`ト、
. /     / ト  ヽ\ ',  ノ ≧/::::::/_j_> ´ / / }ヽ
/_  __」 、  Vハ  ', }{::}}「///ヽУ//入__  /_ / /ヽト、
´ `´//!、 ',  ', }  } `´ i///////////∧ ヽ {{:}/ / /ト、\
   // 、', 〉 { '.r::f}  ////////////∧   7´ / /イ   \
  {/! > ハ } _」 Vハ / ////////////∧ { ミ 彳´ ´}/!    ヽ
  {/!7/// / ゝ '  Vハ//////////////∧  ¨´{/ヘ }/!      ',
  {//// /       Vハ////////Y⌒Y///∧   ',V///!
  {/// /
  {//
 //



136◆sBXVfXEtEY12/05/01 03:03:40 ID:Ld/vYSV8
        ,. -───‐- 、
       //⌒`'ー-‐ '⌒\ヽ
.     ,'/ __` ー-‐'´__ ヽ.i
.     !| '´"二` v  ´二~`` ||    くそっ!
    r‐l.! (  ̄。   。 ̄ )  |r‐、
     |.F|| j `ニ | u  | ニ´u :||^i.|    ちょこまか逃げるんじゃない!
.     !.l_l| ,. -‐' |_,、 ,._| ー- 、|!ニリ
.    `ー|. ,===.二.===、|ー'       はぁっ・・・はぁっ・・・
      l ヒ+++++++:j l
      _,.へ`ー-‐''ニニ`ー-‐'/ト、_     グググ・・・ギギギ・・・・
-r:::T;;;「:/;;|::::l;;ト~.、 ̄ , イ:l::|;;;|::|:::「;T:::r-
;;;|::::|;;;|:/|;;;|::::l;|\   ̄ /;;|::|;;|:::|::|;;;|::::|;;


                            ___,> Y´'ー-、
                          _>z二_ ___`ー≧__
                          >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
                         /    #;:.+,:'",: `Y′之>
                         /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
                        l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノヘ
                        ,ヘ, |(>) (<) / / ,/ /
                           .'、 `|゚  、_,、_, .゚。「)'/|/;;;;/',∴ ・' :;:,゙:,””
                          \ヽ、 (  ) _,.ィT/;;;;;;;;;;::;;;;;゙
                          < l 7Eニ::ィ1    〉
                           ゝ'イ/ヽ::::` 、/
                             i´ ̄ `ヽ::|




           , '"  ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ、
          // ̄\    ,.ィ午iヘヽ
       | { ij~ v'ヽ`二´-ヘキヘ'〉|   くそっくそっくそっ…っ!
        r,=}.! '⌒丶、_,ハ._,, ‐'⌒ l.{=;、
       }.h|| (^~ v ij~ r~'う v|h.!{   お前が悪いんやぞ…っ!!
      l.{-|!.vヾ=゚f v`i゚='テ'″l{-,リ
      ヾ=| r'ニ、,_〈_uj _〉_,.ニヽ.{!='   大人しく殺されないお前が……お前がっっっ!!!!
      _/fキf」ココ'ェUtェエ⊥「」 |\_
,. r‐''T::「./ /::{キヘT_Lロコココ.」_Tフ j:\ 「`T::i‐     使うっ 能力…!!!
:::l   |:::|/ /::/ |`:‐、ijv == u ,イ ヾ::i. l. |:::l   |:::
:::l   |::/ /::/ |::::::\ ` ー ''"/::::|. l:::l l.l:::|   |:::
:::|   l/ /::/  ト、:::::::::::\ /:::::::::::;|  l:::l l:::|   |:::




137◆sBXVfXEtEY12/05/01 03:04:08 ID:Ld/vYSV8



                〈  \
                      \  \
                       \  \
                 /|   \ /|
               /  ヽ、、、_,/ | \
              /   \    / ヽ、 \        やめろおおお!!!
              /    ○ 三三○  l\ ∠⌒)
              | u     ___   l (^ l⌒ヽ     この ロリコン通り魔ヤローーー!!!!
              ヽ、 u    L 」   ノ /  へ  \
              /             "  /   \__〉
              /  勇気ある市民  _ _ノ
            (   ヽ、         /´
             \   ヽ、      /
        /⌒ヽ、/ ヽ、__,ノ      〈
       (  _  /           \
         ̄ \     /\       ヽ.
            ヽ、__/    ヽ.     /
                    /     /
                     /     〈
                    ヽ、___)







               ,. -───‐- 、
.            //´ ̄`ヽ、..__,.ノ^\    ズズズズ…
             l |    ̄`ヽ. __,.ノ'"´ ヽ
.            | L._  ̄`\    / ̄ ゙}
          | r‐、} F==`   ':==ラ |
          |.| F||  `ーu゚1 u ドu- .|
         /| `ァ1`,二ニ L、__,.」ニ二、|    【アバター能力発動】
      _,. イ  :| / |/r'〒〒r‐r‐r〒〒i|、_
_,,.. -‐''"´   |  |/  |. E〒〒〒〒〒〒イ  `''ー-、
.        |.  |\ `ヽ . ̄ ̄二 ̄´,.イ      | ヽ   恨まれる筋合いがあるなら、
       │  |  \   `` ー-,.イ  |.    l  ヽ
         |    |   \   /  |   |.    l   ヽ    全部おまえやからな…っ!!
       /´二二}__    ><    |   |   ,'  r'二ニヽ.
.      // , ----} {   /| oト、   /| .∠_  / 「{゙r;ー- |
      //./ r ─‐}´ヽ/ | o| ヽ/ |   /  /  `7.{r',ニニ |
   /{ ./ / /ニソ   :| o|    |   / ./  ,{./`ー′/
     \__, イ  |      ̄      | ./ ∧  / `{   ,.イ




138◆sBXVfXEtEY12/05/01 03:04:18 ID:Ld/vYSV8


               /\  W\Nl     /V|
       \ \、_ハノ  ヽノ   ヽ、 /   VL/
                             ∠ /
    〇     ゚                    z´
        ○   o        ,.--、_        ヽ
              。c、,.-‐<∠フ´|        >
                 l\)`7^ー"〃|        7
                 |--イヾr=彳│       '(
    プワプワ…      |   | |l__」| |        \
                 _」   | l/ ヾン′        (,,r'
              .,⊆ム、 |〃_∠Z≠仁)、      \
             //ニ′`¬Kメ冖ト=イ「`l.|       ,r
            ∠ラ        `T「  |.l |.l、__    (_
                         |.l   l.l、_ー‐′   (,
     .                     l.l、 ヽ--'
                           ヽ_〉




                〈  \
                      \  \
                       \  \
                 /|   \ /|
               /  ヽ、、、_,/ | \
              /   \    / ヽ、 \
              /    ○ 三三○  l\ ∠⌒)
              | u     ___   l (^ l⌒\ ,,_人、ノヽ/
              ヽ、 u    L 」   ノ /  へ  )ヽ    (
              /             "  /- <  パチン   >
              /            _ _ノ    )      <
            (   ヽ、         /´     /^⌒`Y´^\
             \   ヽ、      /
        /⌒ヽ、/ ヽ、__,ノ      〈
       (  _  /           \
         ̄ \     /\       ヽ.




139◆sBXVfXEtEY12/05/01 03:04:33 ID:Ld/vYSV8

       ,、                , 、
         l:. \         /.: i
        |:.:.  \  __ /.:.:. |
        |:.:.:.  ..::`´    `'.:.:.:.   |
       /:.:.:..:.:.:.::...        \ヽ
      ,':.:.::.:.:.:.::.:.::..        ○ ',    コノヤローー!
        l:.:.::.:.::.::.:.:.:.:.:.:...         __l
       {:.:.:.:.:.:.:.:.:..::.:.:..:.:..  し  「 ̄ }   少女から、はなれ、r、r、r、・・・・
      ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:::.:.::.:.:.::.:...    、___/
          ヽ、:..:.:.:.:..:.:.:..:::.:.:.::.:.:..  ,/
       /:.:.:.:.:.       .:.:<

              ↓                 , -z_
              ↓             ハ   / / /
              ↓            //  弋彡'
              ↓            / ニニニ===ー
          ,、          , 、      //
            }l:. \    /.: i{      ムニニニ===─
           }|:.:.  \ /.:.:. |{      Zニニニ==ー    /
           }|:.:.:.  ..::`'.:.:.:.:  |{       Zニニニ==ー  /
          /:.:.:..:.:.:.::     _/             //
         ,':.:.::.:.:.:.::.:.    {{{ο       アニニニニ彡'
           l:.:.::.:.::.::..:.      }            Zニニニ7
          {:.:.:.:.:.:.:.:.:..     _7          Zニニニニ'ニニ==ー
         ヽ、:.:.:.:.:.:..:...    /つ
              }:..:.:.:.::.:.:.. / ̄
          /:.:.:.:.:.  .:〈





            ,、      , 、
            }l:. \./.: i{
            }|:.:.  .:.::: |{
            }|:.:.:.  ::  |{
            /:.:.:..:.:.:::: ヽ
           ,':.:.::.:.:.:.::. {{{。
            l:.:.::.:.::.::..:   }
            {:.:.:.:.:.::.:.. 、/    ビジジジジジ…
           ヽ、:.:.:.::.. /
              }:..:.:.:.::./
            /:.:.:.:.:.〈      【人間磁石】




140◆sBXVfXEtEY12/05/01 03:05:03 ID:Ld/vYSV8
        _」ヽ  /|
       /   ゙V´∠イz‐ 、_
     /  , ヘ,_/ ヽヽヽマ´
     //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ
   _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、
   ,ノイ| l/  //,ハ|  .l | .,ハ,l   lハ|`
    小|   l/ ノ 弋 ,| |ヽ、_| l |
     l从  | ( ○)}liil{(○),ルリ (普通の人には見えてないんだ、
    ノハ小  l   、_,、_, 、、.l,/
      //ヽゝ   |ll!|il| ,イi    あの機械も、あの機械が出す泡も!
        |!〃lヽ>;:.,、二´<ヘリ
          γ:::::::::::ム:::::::ヽ    そして、その泡に触れた人間が、縮んで? )







            自己圧縮が完了したところで、
                 人間を引きつける人間磁石完成!!

                         この磁石はどんどんでっかく、力が強くなるぞぉぉぉっ!!!
               _.. -‐'⌒\_
           ___ノ´        \     もう、お前が死んでも止められん!!
         ノ´      /⌒ヽ     l
       / r‐-、___..-''" /∩ \   \
       |ノ ヽ `ヽ._// / / | u  } _ | 人間を1000kg分、肉を集めるまで、能力は止まらん!
        | (\\ヽ._ノ / ,ノ  { u ノ /__`!|
         |u' ) \\, ノ 〈@   》〉( {ノ ,}|ヽ_
       |  (_ @Y  u.ヽし'=彡'゙,.-\ヽ_} |  |   `ヽ、      お前が・・・お前がわるいんだっっっ!!!!
       \ { 八.u  └-、、_ノノ~ , ヽ.V  ヽ    \ ̄
         }r゙ ノ /  J  r‐'  ,;:=''"__ uヾ\____\    |
          (_;_ノ `ーl"iー'゙;;=''"__,.-く._L> ヽ    /ト、   \
          〉,,,;;:=し'  /ヽ__>ー'゙ .イ} ヽ.u / | ヽ    ヽ
         /〉u' __,. ィ" >‐'゙   ,.へ/  ノ  / |  ヽ    ヽ
        / 'ー'"[__.ト‐'´  _,. イ_>' /  / |   l、     \
      /        >匚L -''" u .ノ u' /   |
    /ヽ       {____ u' _,.-''"    /   |
   /    \        l.__/ | | \ U /   |   |





141◆sBXVfXEtEY12/05/01 03:05:20 ID:Ld/vYSV8





            . -―┐                                   ,、          , 、  
         /  /::::::|.. -― ┐                              }l:.;;\    /.: i{  
        , '    __ノ   `ヽ::/                              }|:.;;;;;; \ /.:.:. |{  
        /    -―匚]==匚]-                                 }|:;;;;; ;;;;;;::`;;;;;;;;;;;;;;|{  
  ((    {         r:::.┐  }r'⌒ヘ                            /:.:;;;;;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  
       l  u    |ililili;   八   }                           ,':.:.::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ο 
       ^ゝ        ー'  イ    /                              l:.:.::.:;;;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}  
   ((  /                /                            {:.:.:.:.;;;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;7 
     /     .         /       なんだ?・・・引き付けられる      ヽ、:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/つ
: .  /    /.:      /                                  }:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ̄
.:. :.:/    /: .:       /            からだが勝手に!!          /:.:;:.;;;;;;;;;;;;;〈
:. :.{    ノ.: .:       /
     : .: :.:       {.
               八      (っていうか、なんだ あの身体、どうなって・・・?)
                ´  \






       \       /\     /\    //
      \    _/::::  ヽ__/::  ヽ_ /
         /               ヽ.  匚]―
        /ノヽ  、、  ヽ) ( ノ       ヽ
       |::::: ) ( -―匚]=== ○,ノ    l .
       |::::::       /' .::::::. ` \     | バギン
       |::::      /  / ̄ ̄ヽ       l
       |:::::       |  |||!|||i|||!| |      |
       |:::::::.      | :| |ll ll !! !.| |     |
        \:::::      | :|!! || ll|| !!| |    ,ノ.
         \::::..   | | !     | l     \
      //         `ー--― 'ノ       \\




142◆sBXVfXEtEY12/05/01 03:05:33 ID:Ld/vYSV8
              __  ,z‐--,
     /::L      ./::::/ /:::::::::{_
     ,'::::::::しr::::、__..,|::::/ /:::::::::/       _..:-‐'"/
    ,'::::::::::::::::::::::::::,'/::/ /::::::/     ,...:::::::'::::::::::::/
    ,':::::::::::::::::::::::,'´ }::/ /::::{´    _;:::::':::::::::::::::::::∠._ __
   /:::::/-ー;'::::/ /::/ /::/ _ -'"´::::::::::::::::::::::::::r-‐'
   .,':::::;'  /::::/  |::::i  ̄ ,:':::::::::::::::::::::::r-‐'"´
  /::::/  /::::/  /:::/ __,::'::::::::::::_;;-‐'"´  ___}ヾ,,...ゞ.';-‐::::ー‐;;ァ
  |:::/  /::::/   ̄ /,,,::':::::::::::::ツ    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::i'"´
  }:::! /::::/   ,...:':::::::::::::::::/´    ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;/
  /:::i }:::::|  ,....';::;;'"}::::::::::/   ..;:::'::::::::::::::::::r-‐' ̄..............___...
. /::::::! !:::/ _;:':/..{  ;':::::::::'":: ̄::::::::::::::,-‐'"´ _    ̄¨ =≡゙゙
   /::/ ヾ''  ,;::':::::::::::::::::;;r-';:i´   /;";;;:::::'::::::/゙゙ァ゙¨¨´ ̄ ̄ 
   /::/  ,:::':::::::::::::::::::/ヾ{:::::::|  ,,::::::::::::::::::::/   彡毛゙,从i
  /:/__...::':::::::;-'フ::::/  }:::::::|_;;';::::::::::::::::/    ;;.;,i!゙,ii!゙血;
  /:::{!;;::::::;'"´ /::::/   _.|:::::::::::::r''7:::::/      毛彡゙゙ァ゙゙,iiil   ・
-‐!:::::|.;-'"   /::::/  /::::::::「 ̄ /::/       乘ll血呪ェilミ ・
:::::|::::/     /::::/ //ヾ;;:::!  /::/        ;;ィ, ili=;;;!゙li;......
 ̄!:/     /:://'"´   !:::i //>':::7   /:7  塊・ヾ゙゙゙`゙゙゙`¨・
      /::/        |:::i   /:::::/ /;;/  殺l乘lli;;¨--
       /::/        l:::i  /::::/ //;;::!  胚゙,;,   …
      /:/           l:::i  /::::///!::::::/   臓:lll
     //             !::i ./::/i;/..::::/   l.;¨¨゚・・゚'ii
    .//            l::i ヾ;'  /::/    liii;ll州乖
   /           ヾi  /"´   .ィェiil,,ll.;
                        ヾ肉艸liii





143◆sBXVfXEtEY12/05/01 03:05:53 ID:Ld/vYSV8

               ,、                  ::/;;wヽ
        !ヽ、     / ヽ,               /;;w:(:;;o;;;;;)::  ビジジジジ
        |.  \-─''"´   'i.              (:::0。;と::::;;つ
       l    ノ三三三  `、          8∞ξ;;;;;;)じ(;;;;)
       /   (○ )三三(○ )'i,
       |       、_,,. ャ u +
      +.   U   ヽ、ノ   ,メ
      /´\      ´ _,,...-‐''⌒ヽ    止まれない!!
      ヾ、,,_             ノ
        〉        _,,.. -‐''´     やだ!!
     (( /γ⌒ヽ      /
       i' ヽ,,_,,.ノ      (     なにこれ!!!!
       ヽ   、      'i,
   ((   ,ゝ  ,>      ノ
        (   /     〈      たす、
         ヽ,_,i      )
            `''ー-─''"






            _   _,
          ___,> Y´'ー-、
          _>z二_ ___`ー≧__
           >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
        ./        ヽ `Y′之>
       /  ,  l、 、 , 、  ヽ  ヽ }<、             引き寄せられる?
        l ,ィ ,{ノl ハ ト、ト、|ヽ}  }ノ | 入  ))
        |ハ|7Tノ ヽ| 弋 ナ }/ / ,/レ′            周りの人も?わたしも・・・
         `(○)}liil{(○ ) 「)'/|/    ))    ))
        /⌒   (_,、__)     レ|| /⌒i               これは・・・これが能力?
       \  \ _lill!   ィT//   /   ))
        \  l 7Eニ::ィ1 /  /



                  ∨∧: : : : : : : : : : : : : : : :.:\       ',
              |:.、 ∨∧: : : : : : : : : : : : : : : : : :\    |
 ヽ        ___人:.``ミ==ァー―γ⌒ヽー――--: :j   |
   \   / :::::::::::::::::`ヾ:.:.:./    人__人   /:::へ  \ !
.      ー∨::::::::::::::::::::::::: ∨{     {ミニ ノノリ ,/::::::::::::::::\ V
.       ∨:::::::::::::::::::::::::∧!    乂__彡' /:::::::::::く {}:::::ソ
        ∨:::::::::::::::::::::::::∧     .:!     !::::::::::::::ヘノ:::〈  ≪押しつぶされて死ぬのは、苦しいだろうネ・・・≫
.         ∨:::::::::::::::::::::::::∧    :!     !::::::::::::::::::::/∧
            \:::::::::::::::::::::: ∧  {     l/]_]_]_jj厶..__〉
            \ ::::::::::::::::: ∧  ∧   l`ヽ  /"´
.               \:::::::::::::::::∧  ∧   ', :} /
                  ヽ:::::::::::::::∧  ∧  VYYj



144◆sBXVfXEtEY12/05/01 03:07:15 ID:Ld/vYSV8

       |ヽ\;;;;;//'||\;;;;;;;;;;;;;;;;/| ;;;;;;;;};;;;;;;;;;;;ビジジジジジj…・
        ∨;;;;;;;;;;;;;; ∨|  .‐…‐< |  ;;;;};;;;;;;;;;;;/
         {;;;;;;。;;;;;;;O||/ ;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}}  ビダンッッッ!!
        ヽ;;;;;;;lア ,/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;};;;;;;;;;;;;;;;;/       ___
         /;;;;;;;  〈| ○));;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;};;;;;;;;;;;;;/       /´  )      ))
          /:;;;;;;;;;::::::::\  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./;;;;;/;;;;;;;;;;`ヽ、 /   /
       /;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::: \  r=‐ァ/;;;;∠;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;′  /        __
     (`  ;;;;;;;;;;;;;::::::::::   `ゝ;;;;;;;;;;く;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;O;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ. _/´ _}
       r'  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   ;;;;;;;;;;;;;;;};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;「」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ヾ   /
     ` ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∠ _ ο;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  /--‐'´
        ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄/  /´   /  /    \
        ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(_ノ    ./  /    \ \ \
                                  (____ノ         \    \



             , -──-- 、
          /'^ニニ'´ ̄`ヽ ヽ
         / ̄l_,u / ̄` l  |
         /≧ゞ `<≪ u 」  |  (この能力が人の多いところで発動されれば、
        /,ニ/ u l~-``r /,:=、 ,'        逃げ切ることは不可能!!!!
        /rri≧-=ニニヽ //r,リ/
        lヾ=ユ王l王l王} /<.シ/
        \ ー-  _ / :| /\         ああ…っ! 本意ではないっ本意ではないのにっ、
          >r‐ ~´   :|/  |`'''ー-  、.._
     _,.. -‐'7  ト、    /|   |       >‐ 、
    /|    ./  :| \/   |.   |       /       無関係な人が死ぬ所を見るのは胸が痛い…っ!
   / |  n〈 ,. っ| , 介、  | _ n n    l     |
.  /   | ! {/∠‐''ニ⊃d \ lr| } { {.{ {  n |     |    そんなワシが悪い男なわけが無い、
  /    | | , '",, ''ニニ⊃d   ゙トヽヾ ヽ ヽ._ノ } |     |    これもすべて能力を使わせる貴様のせいだ、そうだ…っ!
. /     ,、ノ  ' ,. - ',.ニ⊃|d   :l \ 、 、゙、  / :|     |
/   /  \_, -‐'´|.   ´    |   ヽ_,,. ヘ  |     |         わびながら死に腐れ…っこの売女っっ!!!)





                         _   _,
                      ___,> Y´'ー-、
                     _>z二_ ___`ー≧__
             ~       >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <     ))
                    /        ヽ `Y′之>
            .       /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<     
                   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |  ))  だんだん、 強く?
          ~         |ハ |(○)::::(○) / / ,/レ′
                     `|   、_,、_, U 「)'/|/        逃げられな・・・
                     ヽ、_  U  _,.ィT/      ))
        ~           ,..ノ:::l 7Eニ::ィ::/ /:::ー...、∩
                _ ,、r‐":::::、: 'イ '   ヽレ:::::::::::::::::::| |-,/)
            r-r;''´:::::::::::::::`、::/      `、:;;;..-.,,_ 丿}ノ /ノ)      ))
            (,_{::::_::;;::--''-‐ /        l:::/⊂ニ  '"  ニ⊃
 

145◆sBXVfXEtEY12/05/01 03:07:27 ID:Ld/vYSV8


            ____
          /      \
        /         \     決まる・・・
       /  (○)  (○)  \
       |   ┌ェェェェェェェェ┐    |
     .  \ Lェェェェェェェェ._l  /

         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::ヽ
     ,:::::::::::::::::、:::::::{:::::::::}:::::::}
      {:::::::::::::::N乂:八ノ乂::::/
     、:::::::::(l::|( ①) ( ①)イ   あのおじさんも仲間に・・・
      }::::::::jl:::|  、_,、_, j:|
      }::::::::jl从__    イ::
      }::::::::i,.-/> ∩〔::::ノ
     {:::::/i::::\/{  |Ⅵ












                                   _______  / ̄/
                                  /           / / /
                                 /             / /レ/ / ̄/
                                 /_____   /     / /
                                        /  /     iY/
                                       /  /
                               _____/  /
                              /             /
                            .  /_______/
                                   _从
                                  / / _从__
               rf薔Y                  ./,.,// //  /
              > “  ̄ ” -=戈≦            ." /,、/'´ /
            ´           --z___ノ      ゙ //
          ,'                   --z____ノ
     √` ヽi         \           --z________ノ
`ヽ    ⌒>|           \         ーz_______ノ
≧=ニ三三ニ=| /            \            -z___ノ
三三三三三Ⅳ              _`     -z __       ``ヽ
三三三三三 }              -z ____   ̄``ヽ  ハ
三三三三三/    i     _          _ ``ヽ _ 斗rfセ//ヘ
寸三三三ニ/    |          -= ニ  ̄___ ̄ ィ//////////厂〉
/イ^ ̄`ヽ/    从        {≧=-       -=≦/////////////〈 弋
     /      \   {   Ⅵ,////       `ヽ〈///////////〉  }ーミ
  rf壬,'   | ,  |  \ ゝ _ Ⅵ//〈      /\ ⌒`^=≦///  〈   ヽ〉
  j,//{   | {   l     |ゝ   ` <へ.__/,////\____ ̄ゝ__入_ツ
  ㏍,∧  i| k  i! `ヽ |/////≧=-`ヽ//////////////////≧=-z___
  √//∧ .l|/∧ {  ハ |////////////////////////////////////////
 从{///∧ |//∧ | /Ⅵj//////////////////////////////////////////////
.  `ヽ//∧ レ//∧Ⅳ///////////////////////////////////////////////
    ゝ≦ヘ|レ’ ///////////////////////////////////\//////////
           ///////////////////////////////////////\//////
.       ////////////////////////////////////////////\




146◆sBXVfXEtEY12/05/01 03:07:44 ID:Ld/vYSV8
                                 ___ __
           ____                  l __  ! | l
         /     \                 | |_l ├┴┘
       /    u     \                 |__|   |.
      /  ;;;(◯)::::::(◯);;; \                ̄l  l
      |   (トェェェェェェェェイ)   |             __|_|__
      \  \ェェェェェ/   /             l __  !││
                                 | |_| l┴┘
                                 |__|    |
        _____                        ̄l  l
     ,.....::::::::::::::::::::::::...                   __|___|___
    /.:::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::ヽ                 l __  ! ││
    ,:::::::::::::::::、:::::::{:::::::::}:::::::}                 | |_| l‐┴┘
    {:::::::::::::::N乂:八ノ乂::::/                     |__|   |
    、:::::::::(l::|( ①)::::( ①)イ    ・・・              ̄l  |.
     }::::::::jl:::|  、_,、_, j:|                  __|___|__
     }::::::::jl从_u  ̄  イ::                  l __  !  | |
     }::::::::i,.-/> ∩〔::::ノ                       | |_| |ー┴┘
    {:::::/i::::\/{  |Ⅵ                   |__|    |
                                     ̄l  |
                                 __|___|_
                                 l __  l  |
                                 | |_| | ̄
                                 |__|   l.
                                     ̄|  l
       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       │  最低系!!ダディはハーレム物の主人公!   .....│
       |                                 |
       │    第60話                       │
       |                                 |
       │ 『最低系!!ダディはハーレム物の主人公!』  ...|
       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                                 | |_| l ┴┘
                                 |__|   |
                                     ̄|  |
                                 __|_|___
                                 l __  ! | |
                                 | |_| | ┴┘
                                 |__|    l
                                .   ̄|  |
                                    |___|

147◆sBXVfXEtEY12/05/01 03:08:08 ID:Ld/vYSV8
      `"'― ..,,_.     `''ー..,,.   ゙'-、  \  ,!    ./   ,/゛     ._,, ー''"゛     _,,,,.. -ー''''"´
               `゙゙'''ー ..,,_.  ..`''ー..,、 ゙'-、 .\ |   ./ . ,/゛   ._,, ー''"゛ . _,,,,.. -ー''''"゙´
                   `゙゙'''ー ..,,゙~.        ‘  .. -'二.. -ー''''"゙´
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                        _,, ー                `゙゙''''― ..,,,_
                _,, -''''"  _..-                  -..,、    `゙"''― ..,,,_
             _,, ー'''"゛   ._..-'"゛.、 .,          l   `'-、.、   `''- ,,_        `゙゙''''― ..,,,_
     _,, -''''"      _..-'"゛ .,/ / ./        l, .ヽ  `- \     .`''ー ,,、           `゙゙'''
,,.. -‐''"゛   アンタの言うことが本当だって、   /   .、  .l. ヽ.'、  `'、, \       `''ー..,,,
         まだ完ぺきに信じたわけじゃないんだからねっ! .ヽヽ   \. ゙'-、           `''ー ,,_
      _..-'"     . /  /   ./   ./    /  .!  l   .l,  ヽヽ,   \. `'-、          `''ー、,、
   ._..-'"゛      /   /    /   /     /  │ .l   . l   .ヽ\    \.  \               `゙'‐
..-'"゛       /   .,/    ./    /     /   !  ! でも、確かに四人も悪魔がいるなんて
       ,/゛  .,/    /   ./      !    !  .!  マトモな事態じゃあないってことは確かかしら!
     . /    /      /    ./      /    .|   l     l    .ヽ. ヽ.     .\   `'-、
   ,,/ふうん、そのアバターの力、本物だね    .!  │    . l.    ヽ .\      `'-,   . \
. /   僕たちと同じ速度で走れるって・・・ l     .!   !     l     .ヽ .\       \    .`'-、
    /       ./     ./        .l゙     .,!   l     ..l.     ..ヽ ヽ          \    `'-、
  . /        /     ./         !     .|    !      .l,      ヽ \        `'、.
.,/          /     /         !      .|    .! つーか、皆さん、足早すぎッスよ       \.
        /      /          !      ,!    .!      ..l,         ヽ  ヽ         \
       /       ./          !      │   │      ..l       .ヽ.  ヽ
      ,./       ./           ,!       .,!    .!          l          ヽ  .\
     /        /           l        !    │          l           ヽ  ヽ
   . /        ./            ,!       |    .l         l        ヽ  \
  /        /                !        |     l            l         ヽ.  ヽ,
./           /             l         |     .l             l         ヽ  .ヽ,
゛           /             l         !      l          l,            ヽ   ヽ.

148◆sBXVfXEtEY12/05/01 03:08:23 ID:Ld/vYSV8


              ヽ、_,人_,ノ、_,从,人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1
               )
            ‐=、´   わりーな、めぐるさん!!!
              )
             , '⌒r‐v'ヽィ'⌒Yソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ


     /!/ | ! |     i     l  │     ||    'i     |`ー`-
    !/    | |/     |    ノ  ,.|     ||  __ }    l |ヽ
  /    レ′   │   ハ  |j__ .,ハ||  f⌒イ__ノ  l |\\
,./              | l   | ィ '!´| ゝ -ノ |ヽl  /r|-__ ノ,ノ  \\
              ヽヽ ヽ Vゝ≧≡ミリ、 ヽ人Y⌒ファ    \\
              ハ Nヽ!  丶 ゝ,rィj     ゝr'´_フ        \ヽ
         /       'ヽハ!       ` ´       弋f「 |   ≪だから、わたしはめぐるさんって名前じゃなく、
         /       ! !l ||                入| |         , |
       ./       / |ム||    u       _,   ハ| |     薔薇水晶って言ってるじゃないッスか≫
      /      / |ヽ||   ij.        '‐´ ∧l ||     _/ /
     ./      /  ノ‐.||ヽ_         ´ /  |ヽ.|  <´_ ̄´
             '   /ヘ-||‐、\ ̄ヽ´\r- ‐、´|  ヾ '.   \ヽ
      __/_  入__.ノl  ヽ ̄ ̄ヽ__ ヽ,∠_人    |       \\
     '´      ̄ `'ヽ//`ー- .、   ヽ `| /   \ │      j ノ





           ,、-―――──-、
          ,r‐、;;;;;;;;;;;;;,r――-、;;;ヽ
       .  / ,-、ヽ__,r'",r'"二  |;;;;;|
        / =-、`ー'",、r'"u  ノ;;;;;;;|
        | ==   ===  |;;;|-、 、
       . | `ー゚1  トー ゚ '"ノ .|;;|こ| |      ???
         |,-、rL u.」`二_  |;;|ノノ
       .  |n,,,,,,`ー' ,,,,,,,,, ,rヾ リ、;;|
         |H干干干干干 ヲ | `、;|
         ヾー'" ̄ ̄ `┴'" /  `;|
          ヽ、 三  u  /  ,r/ヽ  バッ
           `ヽ、__, -‐'",,r'"/  /\
              ヽ  /;;;/  /'⌒ヾ、




149◆sBXVfXEtEY12/05/01 03:10:52 ID:Ld/vYSV8




            \_人_人∧从_人_∧_从_人_∧_人_从_/
            て
            < できる事を間に合わない、で済ますってのは、
             < 
             /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY ̄∨^Y^⌒Y^YY
     /\_____/ヽ
    ノヽ       ,ヽ
    / ⌒''ヽ,,, ,,,r''''' ::ヘ
    | ン(⑪),ン..<(⑪)<:|         \人_人,_从人_人_人,_从,人/
    |  `⌒,,ノ(、)ヽ⌒´ :l
.   ヽヽ   il ,.-、|li r /           )  もう卒業しちまったんでね!!!!!!!!!!!!
    ヽ  ll |  |  l! /
     ヽ l! |  | l!,/ヽ         /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヘ
   /  ヽl! .ヽ/ l!;/
  /     ヽ`ニ´     ┏━┓┏┓             ┏┓   ┏┳┓       .┏┓
              ┣━┫┃┃ ┏━━┓  ┏┛┃ ┏┫┃┃       .┃┃
              ┗━┛┃┃ ┗━┓┃  ┃┏┛ ┃┣┻┛ ┏┳┳┓ ┗┛
              ┏━━┛┃ ┏━┛┗┓┃┃   ┃┃     ┗┻┛┃ ┏┓
              ┗━━━┛ ┗━━━┛┗┛   ┗┛     ┗━━┛ ┗┛




150◆sBXVfXEtEY12/05/01 03:11:16 ID:Ld/vYSV8
















   ____┌───┐___
  /ロ.   [VIP宮前]    .ロ\
  | [09T] ____ [   ] |
  |┌──┐||┌─┐||┌──┐| /
  |│    │||│  │||│    │|  プアァァァァァァァァン!
  |│    │||│  │||│    │| \
  |└──┘||└─┘||└──┘|
  |────||      ||────|
  | (●○) ||6001A || (○●) |
  |────||      ||────|
  |        ||      ||        |
  |三三三三二二二二三三三三|
   │      | [=.=] |      |
   └──────────┘


    ガタン…ガタン…


         ____
         /     \
.     / (ー)  (ー)\       使い方を想像したくもない拷問器具、
    l^l^ln (トェェェェェェェェイ)\
    ヽ   L \ェェェェェ/  |       そんなたとえが似合う・・・四体、四種類の存在、
     ゝ  ノ         /
   /   /         \
  /   /            \      刺すヤツと潰すヤツ、斬るヤツと開くヤツみたいに・・・
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))    あれは、   それぞれ醜悪にして、強力な力を秘めている・・・



        あんなのを一人で連れているのが『タイプC』だって?

        勝てるわけねーだろ、常識的に考えて!



        ____       あのオッサンは、数秒で肉塊になった
      / ,r―ゞ  \
     /  !〈-・;);!    \       食パンに群がる鳥みたいに、
   /    ''U^''  r―、 \    ひっぱられては引き裂かれ、殴られては骨ごと部品がはじけ飛ぶ、
   トェェェェェェェェェェイ |>;・;):〉 |
   ヽェェェェェェェ/'ヶ='J /      人があんな風にボコられて死ぬなんてまだ信じられねえ



152◆sBXVfXEtEY12/05/01 03:12:23 ID:Ld/vYSV8

          ____
        /      \
      /         \      さらに別の悪魔は、あの潰れてた人間を
     /   (●) (ー)  \      (どうやったのかわからないが)全員治してまわってた、
     |   (トェェェェェェェェイ)   |
     \  \ェェェェェ/   /
     (ヽ、      / ̄)  |     黒髪の女が言うには
      | ``ー――‐''|  ヽ、. |       治癒を適用だか何だか言ってたらしいが・・・
      ゝ ノ      ヽ  ノ  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


     いずれにしろ攻撃も効かねえじゃねえか、
     回復役が許されるのはゲームの中だけにしといてくれよ、
     どうやってあんな奴らと闘えばいいんだよ、チートすぎんだよ




     あのあと、四体の悪魔を連れた『タイプC』は、

     襲われていた女を連れて、来た時と同じスピードで消えていったが・・・・

        ,,_          ,,_          ,,_          ,,_          ,,_
        ,,illl!ll丶,,,,lilili     ,,illl!ll丶,,,,lilili    ,,illl!ll丶,,,,lilili     ,,illl!ll丶,,,,lilili    ,,illl!ll丶,,,,lilili  ,,,_
         ,;iill!゙゙゙゙゙゙゙llllll!lilil     ,;iill!゙゙゙゙゙゙゙llllll!lilil    ,;iill!゙゙゙゙゙゙゙llllll!lilil    ,;iill!゙゙゙゙゙゙゙llllll!lilil     ,;iill!゙゙゙゙゙゙゙llllll!lilil, ,illl!l
     .,,,,iil!!!!ii,,, ,,iill!!゙    .,,,,iil!!!!ii,,, ,,iill!!゙   .,,,,iil!!!!ii,,, ,,iill!!゙   .,,,,iil!!!!ii,,, ,,iill!!゙   .,,,,iil!!!!ii,,, ,,iill!!゙  lililill
    .llll゙゙° ,llllll!!li    .llll゙゙° ,llllll!!li   .llll゙゙° ,llllll!!li    .llll゙゙° ,llllll!!li   .llll゙゙° ,llllll!!li   liliii
      .,,,,iiil!!゙゙         .,,,,iiil!!゙゙        .,,,,iiil!!゙゙       .,,,,iiil!!゙゙       .,,,,iiil!!゙゙   "''''
    .lllll!l゙゙゙        .lllll!l゙゙゙        .lllll!l゙゙゙        .lllll!l゙゙゙        .lllll!l゙゙      lilili





153◆sBXVfXEtEY12/05/01 03:16:13 ID:Ld/vYSV8


                    ___
                _,. '´      ̄`、     わかったよ、よくわかった
               /          \
              |                |     現実と非現実も結局は
                 、  {  ヽ   r  ァ /
             γ `ヽ、 トェェェェェェイ -‐'´`ヽ、      圧倒的な理不尽に支配されてんだな・・・
              /      `、ェェェェ,,´      \
             ,|              _    l、   ヤツが台風なら、俺らは綿ぼこりみたいなもんだ、
            l "-'''" ̄ ̄三    三´   ̄"''` l
             ゝ    _ノ      ゝ_   __ノ    戦闘をすれば、いや、そもそも記憶にも残らないだろうなあ
                                   あんだけ一瞬で、でも、それって戦闘にもなってないってことのような・・・・


     とにかく 俺は、逃げる事にした


     【大天使】の誘いも断って、
     しばらく実家の方に帰ることにしよう


     あんなのが暴れるなら、おそらく、街は壊滅状態になる
     勝てるか負けるか、そんなことはどうでもいい

     いずれにしろ、立ち会うだけで俺が無事でいられない事だけは確かだ




       ____     自分への書置きは作ってある
     /     \
   /         \     よし、もうすぐVIP市をでるな・・・
  / (●) (●)    \
  | (トェェェェェェェェイ)     |
  \ \ェェェェェ/    /      ヤラナイオ、俺は契約を解除するぞ




154◆sBXVfXEtEY12/05/01 03:19:06 ID:Ld/vYSV8



       ____
     /     \..............:::::::: スゥ…
   /         \.............:::::.
  / (●) (○)    \.........::
  | (トェェェェェェェェイ)    |
  \ \ェェェェェ/    /




       ____
     /     \
   /         \
  /     (●) (●)\     実家に帰るなんて久しぶりだな・・・
  |    (トェェェェェェェェイ) |
  \   \ェェェェェ/ /


─────────────────────────────────────
                        ・
                        ・
                        ・
─────────────────────────────────────



:::  ::: ::  :::  ::::  :::  :::
  ::::::  ::   __     :::::  ::::  ::
  ::::::  :::::/.::::::::::::::::::      :::   :::   ::
   :::  :::|.::::::::γ⌒Y⌒ヽ:....:  :::  ::      アイツ、強かったじゃねーか、畜生、しかし、!?
   ::     :/ _ノ三ヽ__....| ::  ::
   ::  (@ ::  (、 )) (     :  ::::       な、なんで俺は死ぬこともできないんだ!?)
    :  | :::::  (__人__) ............ :::
    ::::  \   `ij⌒´      :::        消えかけたまま、このまま、なんで・・・!?
     ::          ....................
      /´          ヽ  :::              な、!?

                                      な、!?)






155◆sBXVfXEtEY12/05/01 03:23:12 ID:Ld/vYSV8

  ~スーパー~


                     =====
                   ´ニ二〈匀}二ニ `丶
               /...::::≦三三三三三≧:::::::..\
                / .::_r<ノ^⌒^⌒^⌒^⌒^ヽ>、::.ヽ
         ┌====x|/」「 ̄   ′   ヽ  ヽ  ̄[\:::l
          ヾ=彡イ / /   / |     '.      └|:k===┐
         / / l〃 '  ハl | | l|      l、  l|  | | ト ニニィ     ちょっと寄り道したけど、
         /ニ∨/ || l | l/ l|| |\   | \  |l | | ||\ \
      //  //   || | | |¬十ト、 |ヽ \  | -‐ヽ¬| | |L〉〉  \
       |:|   |:|   || | | | キ于 ミ ヽ \ヽ斗千テァハ川 lヾく      ヽ   ここ、スーパーって・・・・
       |:|   |:|   ∧|ヘ乂ハ   ̄         ̄ /  乂|  \     )〉
  ___  ヾ   |:|. /  |l  \\      l       /   , ∧ 丶 \ ー-、    色んな食べ物が置いてあるのね
   ̄三三≧、  ヾ / / ||    \    _ __   イ  / /  \ \ `⌒ _
、______〕三三\/  ′リ  /    >、     イ   /イ\   \ >z三/
  }三三三三三≧く_ /   /  /く_|_>-<__/  /  |   \ _/三三/ イ三三≧、_
ィ三三三三三三二ニ7   /__/  _丿:::〕=〔:::::/  /:ト、 |__r≦三三三三三三三三三≦ _
ニ二三三三三三三三!   '三>‐イ::: //ハ∨   /.:::|}〉〈{トr――<三三三三三三三三三




    __/ヽ_∠L_
   /:::::::     ''''\
  .|:::::::::    (●), |
  |::::::::      ,,イ_,`)
.   |:::::::::      ノ.-=ラ   ・・・スーパーだからね
   \:::::::      `フ
,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、. (機嫌が治ってよかったなあ)
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


          .         //./                       `Vヽl |    ヽ ' .
                 / ,イ/                        Ⅵ/,      ヽ.\
                 |/ /         |                     ∨ヘ      ト、 \_
                  /  /       /         i   |          .zヘ☆│ 、  |  ̄
                  ': i        ;イ:|         |   |           レV:_:八  |   |
         .         l |.   |  / i |         |   |           |//    ハ  ト、
         .          | |:   |.    i |         |';   ト、   │    |: 人  / l/⌒ヽ
                 .| ,'|  /|:: | :iハ .   |    .ハ  | ∧   j   〃⌒Y´,'  ´
                 j/ |:   │:-|--─ヘ:  j   /`ー\|─|  /!   / イ) 八
                 / :|   .∧ | ,.-ッ=ミV∧ : /   ィァ=ッ‐ミ/ :|:  / リ /  \
                     /:い、|《.弋うリ   ∨   弋うリ 》 :| / ノ イ 厂 ̄
                   ∨ |: ∧   ー         ー    |:/ _/} ∨\ _
                     ∨ ハ///  ,   //// / / } lリ   /:i\
                      / ∧                    / /   /:i:i:i:i:i:i:i>、
                    /   |:i人    一'`ー-      /  / /   /:i:i:i:i:i:i:/  \
             ドキドキ   /    |:i:i:i介             ´    /   /:i:i:i:i:i:i:/   ∧



        続く



156GW短編祭5/3開催@詳細は短編祭スレッドにて12/05/01 03:25:46 ID:hoM71bVj


157GW短編祭5/3開催@詳細は短編祭スレッドにて12/05/01 04:29:01 ID:pNqombdv

ダディさん主人公やってるなあ

158GW短編祭5/3開催@詳細は短編祭スレッドにて12/05/01 06:22:20 ID:l1VsVFu/
ついにダディがハーレム物の主人公っぽく

159GW短編祭5/3開催@詳細は短編祭スレッドにて12/05/01 07:44:18 ID:t3IpRkO7
やっぱ序盤でアバター四体は強いよねw

160GW短編祭5/3開催@詳細は短編祭スレッドにて12/05/01 08:42:36 ID:LFkv9eu8
乙。ここでタイトルが壮大な伏線だったと分かった

161GW短編祭5/3開催@詳細は短編祭スレッドにて12/05/01 09:43:39 ID:QUYkWt/p




元スレ
最低系!ダディはハーレム物の主人公!!Ⅲ
http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1335092644/







メールのマナー >>URL

No title

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

Edit | 2012/05/04(Fri) 11:54:32

>>URL

No title

タイトルから敬遠してたけどまとめ読みして
面白かった!
ちゃんと最低系になってるし

Edit | 2012/05/06(Sun) 22:11:12

>>URL

No title

最低系の作品じゃなく、最低系になる作品だったんだな

Edit | 2012/06/26(Tue) 20:05:16

>>

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Edit | 2013/01/10(Thu) 21:24:49