ホーム

Admin

SITE MAP

Cut

Res

ブックマーク

RSS

MAIL

PageTop

PageBottom

2012/04/12(Thu) 21:48
738◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:01:33 ID:I54rUMbk0


この世を去った同志レーニン。
残された同志達・・・
___  __________
      ∨
    ,,,,,,,,,,,    ||    ||   ,,,,,,,,,
   [,,|,,,★,|,]   ||    ||   [,|,★,,,|,]    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ( ´∀`)  目    目  (・∀・ ) <  レーニン亡きボリシェビキ党は
   ( つ  )つ       ⊂ NKVD,)  | さらに熾烈な政治闘争へと突入する。
  ┃レ __   | ̄ ̄ ̄ ̄ | ___,ノ┃ | 果たしてトロツキーと三人組の戦いは
  ┗━┳┳\ | ̄ ̄ ̄ ̄|,/━┳┳┛ | 決着を見るのだろうか?
      ┃┃   |_____,,|   ┃┃   | 本編で確認されたし!

739◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:01:59 ID:I54rUMbk0



       第二一話 泥沼の政争

740◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:02:26 ID:I54rUMbk0


1924年1月21日、ボリシェビキ党最高指導者にして革命の英雄、ウラジーミル・レーニン死去。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : : : . . . . . . . . . . . . . . .. . . . . . . : : : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : : :............ . . .           . . . . . . . ............: : : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : : :............ . . . . .                . . . . . . . ............: : : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::
::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : : :............ . . . . . . .      ,,. ====== .,      . . . . . . . ............: : : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::
:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : :............ . . . . . . .    ,/: : : : : : : : : : : : : ヾ      . . . . . . . ............: : : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.::::::
::.:.:.:.:.:.:.::..:. : : : : : : :............ . . . . . .     〃: : : : : : : : : : : : : : : :.゙,.     . . . . . . ............: : : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::
:.:.:.:.:.:..:.:. : : : : : : :............ . . . . . . .      i!; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;l!      . . . . . . . ............: : : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.::
;;;;;;;;;;:::::::: 、、、、、、 - - - - ‐─  """"゙l:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:l""""   ─‐ - - - - 、、、、、、、::::::::::;;;;;;;;;
    _    = =        =‐  ヽ : : : : : : : : : : : : : : :_ノ    ̄==─    _
          _   ‐=‐            `ー‐‐------‐‐'´  _             ̄ ̄  ≡=-
    ‐==   ̄           _    ─====‐      ̄   _   ≡=‐  _
  ̄         _ -=≡   ̄   ─    _ __         _       ̄   _        _
      _               -=≡       ̄  ̄      __/(○)、      ̄   =   _
  ─  ̄        -==       ─≡  _= ̄_ /∧∧ヽ|〃 \=     =-         ̄
`ヽ     _=  ̄     __               /  (;;:::::::) ≡、  \        ̄
  \                ̄  ̄    _  -─=   -/   |:::::::ヽ   ≡、   \≡=      ≡=
    `ー- 、  -==     _               /.,,,.... (::::::::::::)  三三 ..,,.L     _      _ノ
        `ー、        ̄      _   _    /    三三三          \       r─'´
              \            ̄         _/w、ww,,.,,,,   三三      、、j!li,. `ヽ __ノ
             ` ̄ ̄ ̄`ヽ、      __/            三三  ......,,,,,,,,    L
                    ` ̄ ̄`ソ´   、、j!li, ,.,.,..,,......   .,,,,,.,        ,....、、j!li,,.\

生まれたての社会主義国家は建国の父を失うという大きな悲劇に見舞われた。






アクセスカウンター
カラコン ブラウンアクセサリーアニメDVD通販旅とも
741◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:03:15 ID:I54rUMbk0


が、しかし、残された者たちが全員心から誠実な悲しみに涙したかと言えばそうでなく、
彼らの心中を満たしていたのは党最高権威の後継者問題であった。



    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧    <これから党の代表は誰になるんだろう・・・
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
| U (  ´・) (・`  ) と ノ   <同志トロツキーが一番ふさわしいんじゃない?
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'       <労働の軍隊化の唱道者だったんでしょ・・・俺は嫌だなぁ。





衆目の見る所、後継者に一番近いのはトロツキーのようであったが・・・


                   /,.. .:-ニ''"__ _
               〃ン::::::::::::::三ニ=::::::.:::
               (l!i´::二ニ=-:;;;;:::..-.:::::::::::
              ,-'从ミへ:::::ヾ::::::.,ヽ::::::::::::::、
              /::'!::::::、、::::、::ヾ:::ヽヽ:::::::::::::::::
            /:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::ヽ::    晩年のレーニンから絶大な信頼を寄せられていたんですよ。
              ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ:::
            ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ:::::    やる夫なんかよりよっぽど信頼されていたんです。
          _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、::::::::
        ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ::::
        ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::/i!、
     _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::レlヽ
  _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ | ,.ァi
‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,ン´  ヽ、
´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '''´~``''ー-
  ヽ 、 \__ン ̄~`'''''- .., l    ゛ ー-ー'´ /,' ,:-‐''  、'‐- .,.
    >._/         ; ヤ !       ',  /、 /    ! ヽ  `く:: ヽ、
   _,.::;;;;/       |  'i::i      ', 〈', l i  ,'  ,'  ト    ヽ, ヤ
‐-‐'' ~ ア ヽ       l.、 ヾ     ,  i_jy' ,' ./   l ',    ', iノ !`
     〈 i  \      !ヽ \     l ,  / | i ./    l ',    ',|、 l
             政治局員・軍事人民委員
                レフ・トロツキー

742◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:04:00 ID:I54rUMbk0


しかし、この時のトロツキーはジノーヴィエフ・カーメネフ・やる夫の三人組の手によって完全に抑え込まれており、
そのうえ熱病を発症して執務を離れていた。

          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{
            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ.:.:.:.:.:',.:.:.:.:小:l
        /.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:弋.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',.:.:.:.:.:',:.:.:.:.:|l ヽ、
        /:イ.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:',.:.:.:.:.:',.:.:.:.:ハ、 ヽ
        >l/ |.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽN.:.:.:.:.:.:.:.:.\::.:.:.:.:.:',.:.:.:.:.:',.:.:.:.:ハ `¨ー-- 、
    /   | |l.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:ヽハ弋.:.:.:.:.:.:.:.:',::ヾミ辷ー-z\:.:.:.:.:',.:.:.:.:.:',ヽ.:.:ハ     ミヽ
   /    |  |l.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:| 弋::::>ヽ:.:.:.:.:.:.:ヽ::::イ 辷ラ >ヽ.:.:.:.:',.:.:.:.:.:', \:ト、__
  ./       |ヽ::::|::::::::::::::::、ミニニ彡 \\.:.:.:\ミニニ彡'  |ヽミ.:.:ト、:.:.:',  ヽ  __
  j          | |ヾ::::|::::::∧        \ト、ヾミヽ.    |.:.:.:.:.:|ヘヽミ`\ /  _
. イ   >''⌒ヽ、.  ト:リ ヽ|:::::::::ハ       \\\.    ル:::ハ.:.:| j    /  /
 | ./′><_  ミ>、  ハ:::::lト、.ヽ     、 ,         イ:::|从::| >''´ ̄ ̄ ̄ ̄⌒ヽ、
 |/ /-----'  ⌒   \小::l|::jヽ                 /::|イj.>'彡    ─==ニ=、
.イ /  ____ 彡      \リ|イ::::|\  -─--   /:::::::j/         ___
/>'' ´   ノ           \::::::、::::\   ̄   イ:::::::::/            ̄`ヽ、
. イ  -  ̄´           ヽ、弋:::::::ヽ、___ /:::::::::/           ─ー 、
 |/ >''¨¨¨¨'''ー- 、        ` ミ_:::::::::::::::>''¨´           /
.イ_ノ/             \         _>''′           _彡′
 |                   >ー-、  ィ<            >''´
 |                   /             /


政治局内部でも完全に孤立していたトロツキーは、とてもではないが後継者を狙える立場になかったし、
狙うつもりもサラサラなかったのだ。

トロツキーが後継者となれることはまずなかった。

743◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:04:38 ID:I54rUMbk0


今のところ、党最高権威たる政治局は三人組の手によって主導されていた。
特にジノヴィエフは空いた玉座への野心を露わにしていた。


                     <: : : : : : : : :> .
                  _ /: : : : : : : : :j! : : : : : `ヽ
                     ノ: : : : : : : : : : : /{: : : : : : : : ∧
                  /: : : : : : : : : イ /  `¨ヽ: : : : : :∧
              /: : : : : : ハ/ソ ソ       jハ: : : : : :}
              リ : : :γ    ,   ` ̄ `__  ヽ: : : : :!
               ヽ: : : |  ≦´ー、==〈:::::::::::::} ̄` }: :r ヽ
                    ゞ: :ゝ〈:::::::::::ノ} : ヽ¨¨¨   : : : y  .}
                >:|     ヽ ア      : : : ;  イ
                  { ∧         _ ク` : : : -    政治局員・ペトログラード総責任者
                   ヽ ∧    / ´ ̄  . : : : }: :!   グリゴリージノヴィエフ
                   ∧        . : : : イ : :!
                     ヽ   . . . . : : :<: : }iリ
                     `ー―==´      !
                      |   i   i     |
           ,.-、        r< ̄ ヽ  r ´ ̄  ̄ |
   /フ   /`i /  ヽ          }、     ヽ |       !
    i i   /  レ'    ヽ      イ;{≧ュ、_ , == 、. x≦ ソ;      _____
.   l l  / _   ,r-;、  ヽ  ,<;;;;;;;|≦=ィ´  : : ハ==≦j!     / ノ ' ヽ_\
   .! ! ./<{ }〉 `'ー'.'   i≦;;;};;;;;;;;;;;;;>/    : :   ゝ ,イ   / .( ●) ( ●)\
    ! i /.  ̄ヒフ        !;;;/;;;;;;;;;;;;;;/    ,′   ∧;;  /  ::::::⌒(__人__)⌒ \
.   ヽヾ          ヽヽ                  |      |r┬-|    |
    ヽ           i'、ヽ                \       `ー'´ __/
    l            |. i. i                 /        (
    |              l l. l                |     \/⌒) /⌒)
.     i           l.  l l                |    \   /|,,.__ノ
     i           l.  l l                .|    ( \/
      i          ,!   `'                /   /⌒\
      i         /                   |        \
        i,   r-,   ./                    \___ノ\  l   政治局員・書記長
      ヽ  ,! i,   /                      ノ  ノ   ) ノ   やる夫・スターリン
       ヽ.ノ   ヽ.ノ                      レ´ ^    レ´
   政治局員 レフ・カーメネフ


しかし、そのなかでも、グルジア出身の田舎者は特異であった。
彼の大ロシア再建という大事業は、すでに他の二人の思惑とは大きく離れてうごめき始めていたのだった・・・

746名無しのやる夫だお2012/04/11(水) 21:05:58 ID:APULAVhw0
悲しみより後継者問題が先に来るのはどこの世界でも同じなのね

744◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:05:17 ID:I54rUMbk0



          ,  ------- 、         ___
          /    ´ ̄`ヽ)ン´ ̄ ̄ ̄``<{{{ ⌒ヽ、
      ///   / ソ\  // |ハ\\<⌒ヽ\
     / / /     ////|   / /  /   | ヽ ヽ \  ヽヽ
     / / /     // // 〉 / /  ,イ   | | │ ヽ| ヽヽ
    / / /   //|/// / / /  //     | | │  |ハ ヽヽ
    | l l / // |// ハ / /   //    / | /!   |  ヽ   l
    | | l / // / | | l / /   /ノ  /  / / //  /| | | |¦|   ・・・イリイチの遺体を
    | | |│ l/ /l |│|│l   / _.ィ=ミ、// ///リl | | |│|
    | | |│ | /  | |│|│l  l'´〃|::::|ヾ     ィバ | | |│|   永久保存するって・・・?
    | | |│ |/   | ト|│| |  |   └┘      〈 しリノ / ll | |
     .l l |│〃   | 卩 | |│ |            イイ | l/
     l l | l/j  |  | ノ。 |│| │        ' ノ    |丨 | l
     l│ | | |  | | |}8┤|│ |  し            //│| |
      .l | V/ /| | lニ;;コl l ヽ |       r_丁  // 川 |
      | / |ハハl |ノ||;;| ll  ヽ|           // // /1l
      |/|  ∧| |八 Ll /ハ  ヽ 丶、       ////ル' ||
      〃,⊥厶LL| 八Vノノ\ `丶\  ` T T´////
    /      ヽ::::::}}ヽ:::::::` ー------┴<∠厶∠ 、
   /         |:::::{{ \:::::::::::::::::::::::::::::::::::}}:::::::ヽ    `ヽ
        レーニンの妻 ナジェージダ・クループスカヤ




       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\     その通りだお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |   同志レーニンの遺体に防腐処理を施して
  \      `ー'´     /    赤の広場の特設霊廟に保存するんだお!

745◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:05:52 ID:I54rUMbk0


       ____
     /_ノ  ヽ、_\
    /( ─)/)(─)\      そう・・・名付けてレーニン廟とでも言おうかお。
  /::::::⌒///)⌒::::: \
  |   /,.=゙''"/      |    同志レーニンの遺体はソヴィエトと党の象徴として公開され
  \. i f ,.r='"-‐'つ   /
  / i    _,.-‐'~    \     訪れる人々に革命の歴史を証明する「遺跡」となるんだお。
    i   ,二ニ⊃




               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }  同志レーニンは死してなお、象徴として生きつづけるんだお!
     /\  /\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !  革命の聖遺物は人民と国家の団結を促進し、
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /  党の社会主義事業の神聖なる正当性を不動のものとして
  \     ` ー'´     //
  / __        /      国家と社会の安定をもたらすのだお!!
  (___)      /

751名無しのやる夫だお2012/04/11(水) 21:08:50 ID:kHhgit4Y0
共産主義国家の(悪しき?)伝統、「建国の指導者の遺体の永久保存」キター!!

747◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:06:25 ID:I54rUMbk0



   _,,,, 、     ,_, -‐'"´ヾ、__,三 二ニ'‐-、     / ̄
 ///ヘ/ゝ-‐f‐' , -‐'_, -‐ / ̄ ̄`ヾ:、ー-\r'´ ̄
/ /// .|;:::::::;/,/ /  , ,/ i  \  ヾ、ー }
 // l //ヾソ/ /  / l l   丶   ,\_ノヽ
 | l |ノl/l// /   /l   | |  l  \  ヾ \ |
 l | l/l| /ノ/ /   //    ノl  |   ヾ,  l  l |     ふざけないで!
 |l |/ |/ / / /  / {  l  l |  l|    |、 |  Y     私はそんなの嫌!反対よ!
 ||Y l/// /./  l j  |  | l  | l  | l | l  l |
 L| ::|// l /  ノ, l|   l  / !  l |  |lヽ、|  |l |
  i:| ;リ,  | l /|l  l|  .l  /∧l   l|  |l l| !  | |     貴方のやろうとしていることは
  l|//   l/l /,ハ、 |_,イ__//ヾ\_ヾ:、l| |! |  l |     宗教的欺瞞で
  || |   l|/x'=ュr:、   " _,;r;k-,ゞ=ュ乂l |  |/      人民と社会を騙すことと同じだわ!
  | | l   ll i´/:::;:,ヘ;゛     // r';:::ヘ,ヾ;,リ | /
  | | |   |l  ,ヾ;:::::ソ丶     '゛ '、;;ノ ,"l | \
| l | | l  ! |  丶 -‐         ー--‐'  | l  |     イリイチはそんなこと望んでなかった!
l| | |l |  |l |                    ! |  l|
. | |ヾi  | l       、 _         l| l  |l
.| l |  | |ヽ      ___         | / //
ヾ,/ゝi  | |l \    ljー‐`ヽ.     /i / //   _    _/
 jー┤  | l|\,ヽ、  |    |    / j / ./// ̄ヾ_ ̄ ̄
   .|ヽ, .|i l|  lヽ丶 ヽ、_ /  /  /l' /      /::/ ̄ ̄`'ヽ、
   |:::::lVjl |  | };、\ ` ´  /  /:/ /      /::/      ヾ
   l::::;| \iヽ .| ヾ;:::、`' ー'"  /::::;/ /      /::/
   |:::::l     .|  ヾ::::::::::::::::::::::''::::::‐''_/      /::/

748◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:07:05 ID:I54rUMbk0


                 _____
              ,. ='´ニ  二ニ、`ヽ、
         __/ / /// |l  l、`ヽ、`ヽ,_
        , ', ' _l::/  ' l | l  !  l ! l  ',` ';::',ヽ、
       〃, '´ /// l l | l  l   !l l  l l/ !¨ヾ、ヽ、
      //   /// ll l|! l  l   | l l  !l ,ハ  ヽヾ,
       〃   | | | ハ |!、l  ',  l!,ハ l  |l ノ',   ',l l
       |l     l l l l トゝト、ヽ、ト、ノゝ=ヽ!l !レ/|   l !       ソヴィエト国家は
       ',',     | ! ! lパ::::}` `  '´{゚::::} l !lト. l   〃       宗教的盲信や欺瞞によって
        ヾ、   || !l l ` ̄´      ` ̄ノ! !|' l   /        支配されるべきじゃないの!
           |! | l',      . .     ! |l! l!
          |  ! lヽ   __ __     イ |l! |!          理性と科学によって導かれるべきだわ!
      、_,:':,_,._ ハ l ! l\  ー    /|.:! |ll l !
    ,:;''      | | ! ! !l| ヽ ___ , '   !:.l |ll | | ,.,.,.        あなたのやろうとしていることは、
  {゛'"´  、 ヽ_ノ._l l ! ll lノ        !.;' ハヾヽ("   `゛ヾ、    同じボリシェビキと思えません!
 ,:' / ` ` ヽ、:::::l l !  !         l//ヽ、ヽ〉⌒      `':;、
 "ノ       ``! ト、 |          //_,.  l:;'⌒     ヽ,:;'、 そんなことに私の夫を利用しないで!
 '"(_, ,.{_,:       ヾ、ヽヾ`ー-、  ,. -〃 ,.,:'':,'´ ヽ  ヽ.;.,.、:':::|
  ''"|::::::::゛''`':, 、_、_  \'`\___/'"'´      _,.:'⌒::::::::::::::::!
    ';;:;:;::::::::::::::ヽ::::`;:、_、__ ヾ、 ,.:'"  ,_、:ヽ;-ヽ':;:':::::::::::::::::::;'



       ____
     /   ノ( \
   /  _ノ  ヽ、_ \    おま・・・言ってくれんじゃねえかお・・・
  / ノ( ●━━●   \
  |  ⌒ (__人__) ノ(  |   たかがレーニンに股を開いただけの女が・・・!
  \     ` ⌒´   ⌒/

749◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:07:58 ID:I54rUMbk0



        ,. -'"´`¨`¨`¨¨  ー、
      /    ,___     ヽ、
    /__,     _,,.-=-ヽ       ヽ、       やる夫は知ってんだお・・・?
   /___ ヽ    ( (◎)ノ _,,      ヽ       レーニンはお前のことなんか気にもせず
  ./ ( (◎)     ⌒   ̄           ヽ     女性秘書とねんごろになるのにお忙しかったお。
 / . -‐´''"      ヽ   ノ(         i
./    i   人__ ノ   ⌒         |    おやおや、えらそうに
,'    ' ,_,,ノ_____)_人__ト          |     レーニンの妻レーニンの妻と・・・
i      (..,        ). チ (        |    果たして本当に「妻」だったのかおぉ・・・?
',              |  ッ(        /
 'ヽ、           へwへ       (_
   ヽ、_                       \
     ノ
    ノ


          ,  ------- 、         ___
          /    ´ ̄`ヽ)ン´ ̄ ̄ ̄``<{{{ ⌒ヽ、
      ///   / ソ\  // |ハ\\<⌒ヽ\
     / / /     ////|   / /  /   | ヽ ヽ \  ヽヽ
     / / /     // // 〉 / /  ,イ   | | │ ヽ| ヽヽ
    / / /   //|/// / / /  //     | | │  |ハ ヽヽ
    | l l / // |// ハ / /   //    / | /!   |  ヽ   l
    | | l / // / | | l / /   /ノ  /  / / //  /| | | |¦|   わ、私に対する侮辱だわ!!
    | | |│ l/ /l |│|│l   / _.ィ=ミ、// ///リl | | |│|
    | | |│ | /  | |│|│l  l'´〃|::::|ヾ     ィバ | | |│|   発言を撤回して!!
    | | |│ |/   | ト|│| |  |   └┘      〈 しリノ / ll | |
     .l l |│〃   | 卩 | |│ |            イイ | l/
     l l | l/j  |  | ノ。 |│| │  し     ' ノ    |丨 | l
     l│ | | |  | | |}8┤|│ |               //│| |    私はれっきとしたレーニンの妻よ!!
      .l | V/ /| | lニ;;コl l ヽ | U     r_丁  // 川 |
      | / |ハハl |ノ||;;| ll  ヽ|           // // /1l
      |/|  ∧| |八 Ll /ハ  ヽ 丶、       ////ル' ||
      〃,⊥厶LL| 八Vノノ\ `丶\  ` T T´////
    /      ヽ::::::}}ヽ:::::::` ー------┴<∠厶∠ 、
   /         |:::::{{ \:::::::::::::::::::::::::::::::::::}}:::::::ヽ    `ヽ

750◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:08:50 ID:I54rUMbk0


      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu    だまれ!!
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |    たまたまレーニンと同じベッドに入れただけだお!!
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿    誰がレーニンの妻に相応しいかは党が決めるお!!
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /          そして!!

752◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:09:41 ID:I54rUMbk0


               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /:::\:::/::\.   |   |
   / <●>::::::<●>\  !   !    レーニンの遺体は国家の所有物だ!!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |!!il|!|!l|      |  /
  \     |ェェェェ|     //      お前がどうこう言えるものではない!!
  / __        /
  (___)       /



結局、遺族と、そして生前の本人の意向を無視してレーニンの遺体は
革命の聖遺物として永久保存されることになった。



         r<>--  ._
         /:::::::::::::::ー-:::::::::二\,へ_xー----- 、
        .}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{  }::::::::::::::::::::> .          , -ー-- 、
       fー-- 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ !__{::::::::::::::::::::::::::::>      /     三}
      __人_   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::/::::∨:::{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー< , -  ´ ̄ ̄〉
   r<三zx<ア¨ヽ }:::::::::::::::::::::::::::/:::::::::}::::::::::::::::::`ー-:::_::::::::::::::::::::::/7-ー= ⌒¨´
  .イ:r:.:.ー-ミ:.:ヽ、リ/'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄::::::{
 //汰:.:.\ゞ、:.:.:.:∀::::::::::::>  ̄ ̄`ー-'-=<__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
 }:.:.:人:.:.:.:.:Y:ヘ:.:.:.:.ミx> ´              ̄ ー--  ..___ノ
  マ.__心:.:.:.}:.:.:> ´
       ̄

その脳は偉大な革命家の秘密を探る為に摘出され、
革命の都ペトログラードの医科大学において研究されることとなる。

754名無しのやる夫だお2012/04/11(水) 21:10:26 ID:puR.ZNpg0
えげつねえ・・・

753◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:10:21 ID:I54rUMbk0



                                                        (⌒ヾ`
                                                     ゝ´ ,))
                                                (( ⌒ゝ   lij
                                                   ー" ミ  ___
                                                      ノ(_     \
                      まったく・・・あのバカ女、               /"\,, 、/"`` \
                                                  / ( ●)´`(● )  \
                      黙ってやる夫の言うこときいてりゃ        |   '" (__人__) "'    |
                                                    \  ` ⌒ ´     /
                      いいんだお!                      / ゝ  ``     ィヽ


      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ー ノ\   /\ー 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (       党と人民の団結のために
     /γ⌒     ⌒ヽ\
.    /  |         |  ヽ     同志レーニンを象徴として
.    |   ヽ__人__ノ   |
    \     `ー'´     /    祭り上げる、か・・・
    /     ∩ノ ⊃  /
    (  \ / _ノ |  |       たしかに有効な手だけど、同志レーニンは嫌っただろうね。
.    \ “  /__|  |
.      \ /___ /        こういう古臭い(オーソドックス)なやり方は。
  政治局員候補・書記局第二書記
    ヴァチェスラフ・モロトフ

755◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:11:07 ID:I54rUMbk0


      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ー ノ\   /\● 〉 チラッ
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\
.    /  |         |  ヽ     いや、
.    |   ヽ__人__ノ   |
    \     `ー'´     /     ・・・統治的欺瞞とでも言おうかな。
    /     ∩ノ ⊃  /
    (  \ / _ノ |  |        まるで正教のようだ、とね。
.    \ “  /__|  |
.      \ /___ /


                                                           ___
                          ・・・たしかにレーニンは                 /ノ  ヽ、_ \
                          偉大な理論家で指導者だったお。         /(●) (●.) \
                                                      /  (__人_,)    \
                          だけど、ロシアの大地の治め方を        |  l^l^ln ⌒ ´        |
                          真には理解していなかったお。          \ヽ   L         ,/
                                                         ゝ  ノ
                                                       /   /

756◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:11:32 ID:I54rUMbk0



          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、      トロ公の言う世界革命なんて起こりっこないお。
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |     ボリシェビキはこのロシアの母なる大地に依って
    \       `ー'´  /     戦っていくしかないんだお。
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /    なら、ロシア的な手法で治めていくしかないお。
   \_,,ノ      |、_ノ



      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ● ノ\   /\● 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\
.    /  |         |  ヽ     ロシア的な手法、ね。
.    |   ヽ__人__ノ   |
    \     `ー'´     /
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ      それはつまり・・・
    /      ,⊆ニ_ヽ、   |
   /     / r─--⊃、  |
   |  ヽ,.イ   `二ニニうヽ.  |

757◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:11:59 ID:I54rUMbk0


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\         巨大な剣・・・そして宗教、だお。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |             |
  \              /



     ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ ))
   ((〈 ● ノ\   /\ ● 〉
     ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ
       )    Y    (
    f⌒γ⌒  '  ⌒ヽ⌒ヽ     はっは!!
    { :::::.|          | ::::: }
    ヽ ヽ__人__ノ  ノ     宗教を否定する社会主義が、
      \ .  `ー'´    /
     . /    ∩ノ ⊃ ヽ      宗教を欲するとは!
     (  \ / _ノ |  |
     ..\ “  /__|  |
       \ /___ /

758名無しのやる夫だお2012/04/11(水) 21:12:06 ID:APULAVhw0
死してなお利用されるのか…

760名無しのやる夫だお2012/04/11(水) 21:12:41 ID:GTWqzrTM0
王朝創始者を神の座に祭り上げて政体の権威付けにするってのは
シーザーや日本の東照大権現、豊国大明神にいたるまでのテンプレだな

やる夫が凄いのはこういうある種の宗教的伝統を
古い権威を否定する共産主義の中で生かしたことだが

759◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:12:23 ID:I54rUMbk0


       ____
     /_ノ   ヽ_\
    /( ●) ( ●)\       いつの時代も、人民には神が必要だお。
  / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
  |        ̄      |     特に農民どもには・・・
  \               /


      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ● ノ\   /\● 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (       たしかにね。
     /γ⌒     ⌒ヽ\
.    /  |         |  ヽ    彼らには答えが必要なのさ。
.    |   ヽ__人__ノ   |
    \     `ー'´     /    常に絶対的に正しい神という答えがね。
    /     ∩ノ ⊃  /
    (  \ / _ノ |  |
.    \ “  /__|  |
.      \ /___ /

761◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:12:53 ID:I54rUMbk0


          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、      レーニンは宗教を否定したお。
    /::::::::⌒(__人__)⌒\     それなしに国家を治めようとしたお。
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /     やる夫も原則的には賛成だお。
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ   教会なんて税金を逃れて蓄財することしか
  \ ヽ  /         ヽ /    頭にないブルジョワどもだお。
   \_,,ノ      |、_ノ



       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \       でも、少数エリートの党によって
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \      国家を導こうとしたことは間違っていたお。
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /      国家を動かすには一般民衆を抱き込む
     ゝ  ノ              必要があるのだから・・・
   /   /

762◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:13:38 ID:I54rUMbk0



      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ● ノ\   /\● 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ     つまり、教会に代わって
.      )    Y    (       一般大衆を動員する体制が必要ってわけだね。
     /γ⌒     ⌒ヽ\
.    /  |         |  ヽ    レーニンはボリシェビキ党を少数エリート集団と考え
.    |   ヽ__人__ノ   |    一般大衆を組み込もうとしなかった・・・
    \     `ー'´     /
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ     だが僕達は違う、そういうことだろう?
    /      ,⊆ニ_ヽ、   |
   /     / r─--⊃、  |
   |  ヽ,.イ   `二ニニうヽ.  |




       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●)( ●)\         そういうこったお。
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     (  (      |       これからの党は死人のレーニンではなく
  \     `ー'      /       やる夫達が築いていくんだお。

763◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:14:13 ID:I54rUMbk0



           ____
         /:::     \
       /::::::::::     \       レーニンのやり方は中途半端だった・・・だけどやる夫は違うお。
      /::::::::::         \
     |:::::::::::::::         |     ヴェーチャ、やる夫達の書記局が、
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/      ソ連という国家を完成させるんだお。
   /::::::::::::            \
   /::::::::::::::          \ ヽ    盤石で、強固な国家に・・・もう二度と誰にも侮辱されない国家に・・・!





   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ     (そして復活する・・・
    )    Y    (
   /γ⌒     ⌒ヽ\      再びこの大地に、偉大なロシア国家が立ち上がる・・・
  /  |         |  ヽ
  |   ヽ__人__ノ   |     歴史上に、ロシアが大国として返り咲くときがくるんだ)
  \     `ー'´     /

764◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:15:13 ID:I54rUMbk0


1924年1月26日、レーニン葬儀の前夜に連邦ソヴィエト大会が開催され、幹部連がそれぞれ弔辞を述べた。

_________________
||        /:::::::l      l:::::::',        ||
||     /:::::::/        '.,:::::::\      ||
||   /:::::::/         \:::::::\    ||
||_/:::::::/            \:::::::\_||
||::::::::::::/              \::::::::::::||
|| ̄ ̄        ____        ̄ ̄||
||       _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、     ||
||      /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ      ||
||.     //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ: : ヽ    ||
||    〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ:::::i.   ||
||     i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l l   ||
||     l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:! !   ||
||     li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l;'.  ||
||     !:l!:ト、l::l{`         !  j川/.   ||
||.    ヾト辷N!      ‐ノ  ! /    ||
||     Yl:ト、    ヾ==r  ノ/       ||
||      iN \.   ` ニ′ /}'.       ||
||      丨   丶、   /           ||
||   ノ ̄´"''‐ 、   `¨´¦           ||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ボリシェビキ最高指導者
         ウラジーミル・レーニン(故人)


               _,..----、_
              / ,r ̄\!!;へ
             /〃/   、  , ;i
             i,__ i ‐=・ァj,ir=・゙)               我々は一人の英雄を失った。
             lk i.l  /',!゙i\ i
             ゙iヾ,.   ,..-ニ_ /                これは敗北を意味するのか?
             Y ト、  ト-:=┘i
              l ! \__j'.l                否!始まりなのだ!
              」-ゝr―‐==;十i      _,r--――、
             .ト、.j.!レ' ̄三! >ーr‐r‐r‐<  _,.r<"「 l_____
     ____,..r--r=ヾヽj,r―'"≦__ ̄ ̄r―'"\\ \r",.-、, \
    ∧   ト-'‐'"三へ>ト-‐'"~    ゙i  /       \\(_.人 ヽ._ ヽ
    レ'へ._ノi 「 \ ゙l //./",「 ̄/ / /       ヽ-ゝ. \   /
    レ'// .l l   ! ! i/./ ./  /  / /         ,(  \  ノハ
    レ'/  .! !   i ゙'!  ̄ ∠,  /  ヽ._        ,ター  '",〈 !
   /゙" ,r'" .l‐=ニ゙,「l ! 「 ̄!. /./   ー=='       .l.ト、. -‐'"/!.ト,
  /   .ト-  ゙ー―┘!└‐'='-‐"   ヽ._/   、     トミ、 ̄ ̄._ノノli\
        政治局員 アレクセイ・ルイコフ

765◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:16:14 ID:I54rUMbk0


この席上において、ジノヴィエフはもはや憚ることもなく後継者として振る舞っていたが、
やる夫は注意深く権力への野心を露わにしなかった。



. /    /|  /          |   l
/     i .|/                i /|
      l                   レ' i
 l    |                 '.,
ヽ|  ..|               _,,..-‐‐  ヽ
 ヽ   l          __,,..-''" ̄ ̄ヽ   ヽ  .,.--、       跪け!
  \.{ ̄ニニ=、___γ r''て・)`  l`"''‐-| ./ ,.- l
   γ´ r''て・)| ̄ ̄ ヽ、二二..-''"    | / /   i
   ..ヽ._ ̄__,,l                l/ (⌒) .,'       お前たちは次期指導者の前にいるのだ!
     l     |                 〉  /
     l     ヽ r                     /   ./
     ',                ,.イ ヽ      .`¨´ |   /
       ヽ        _,,..-''"/      /   |  {
        .l   ー=二-‐''"´       /     |  ヽ
      ヽ      ー'         ./       | リノ
       l                  /        |´
       |                 /     _,,..-'‐-┐
        ヽ    ___,,..-‐''" _,,.. -‐ ''"´     |
           `¨¨`ヽ    _,,.-''"´         ,,..-┴
           ,,.-}   ./ヽ._        _,,..-''":::::::::::::::
        ,..-''"  .ヽ ./ / _  _,,..-''":::::::::::::::::::::::::::::
        `"''-、  _|//-=ニ,,.-''":::::::::::::::::::::::::::::::::::::,..-
         _,,..-''" / `ヽ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::


        ____
      /      \
     /  ─    ─\
   /    (一)  (一) \
   |       (__人__)    |
    \      `_⌒ ´  /
.    ノ    / )ヽ   く
   (  \ /__ノi ) , )
.   \  ゙ / ヽ ヽ/ /
     \_/    \_ノ


しかし、この大会におけるやる夫の発言には、注目すべき特徴がすでに浮かび上がっている。

766◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:16:47 ID:I54rUMbk0


                     __
                        ノ  ヘ
                      ,.:'   /  .:ヘ
                     //   j    .::ヘ
               / /  .ノ      .:',           我々共産主義者は・・・
               / ___く____{__      .:',
                  {´;;;;;;;;;ヽ、;;;;;;ノ;;、    .:',          師たる同志レーニンの謙虚かつ忠実な弟子であり、
                 `ヾ;;;;(●);;;;(●ヘ.   .:.:',
                `;;;;(__人__);;;;;;\   ..:,ゝ        死せる師のあらゆる命令を遂行せねばならないお!
                     ノゝ;;`;;⌒´/´ ̄`ヾ´
                  __//i;;;;;;;;;;//    /`ー --- 、
.            /´:/ /  ヾ;;;;//    /         ヽ
           /  :/       /       /         :',
.          /  :/    _/   .:/ :/            :',
           l   i{         :/:.:イ       .:/    .:',
.          l   :|ヘ、       .:/ :/:||      .:/    .:',
           l  .:| ||` ー―<´_/   ||     ..:/       .:'.,
        l  ..:| ||  r.、_,ュ.       ||     .:/         ..:'.,


まるで教会の司祭のような物言いは、他の幹部たちの追悼演説からはかけ離れて異質なものであった。

そしてそれは、徐々に、おぼろげながらも表出しつつある
新たな「ボリシェビキ国家」の輪郭を示す意味深長なものだったのだ。

769名無しのやる夫だお2012/04/11(水) 21:19:28 ID:GTWqzrTM0
レーニンと言う「神」の元で共産主義を国教とした国家
そして神に仕える司祭として人民を支配するのが・・・・

767◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:17:51 ID:I54rUMbk0


この大会では重要な二つの事柄が決定された。

一つは、レーニンをピョートル大帝を上回る偉人として認定し「レニングラード」を創設することであり・・・


                     ,. -─‐- 、
                     /      \
                   /     _,ィ ノヽ.',
                      {  { /ノ‐''"  |}     レーニンの革命的偉業を称え
                   ヽf`Kz=ミ ., ==ミ.jノ
                   ゞ_ ゝ--'^ト--1フ      ペトログラードをレニングラードに
                     Lト、 、_'  /
                   __f‐、ヽ_二__/        改称しようではないか!
              ,.  -─‐'/ ヽ‐-ニ)(ニソ`ヽ─-- 、
            /     L_ ゙V´/ \_」    \_
           /    _  </       ヽヽ        `ヽ、
       ..   /    ...    {      }┘   l      \
        {    | .     ムー'^ー‐‐'      |        `丶、
          /    .|     O        O   |         ` ー- 、      ノ)
       ./      .|     .               jヽ、                `ヽ、  / /
       /      /|                    /   `丶、               j^i'   ゝ─‐‐ 、
     /       / ヽ               /      ` ー- 、         / / -.、   ニニ⊃
    ./       /   |     O         O /           ` ー-  .__/-ヘ、   ニニ⊃
   /       /  . |             .   ヽ                     ` ー- ニ⊃

768◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:18:41 ID:I54rUMbk0


そしてもう一つは、党員数の大幅な増員であった。


   ,.⌒ヽ     γ⌒ ヽ
  〈 ●ノ\    人. ● ;∩_
    ヽ彡'  ヽ /  ヾ__ノ〈〈〈 ヽ
    )    Y    (  〈⊃  }
   /γ⌒     ⌒ヽ\ |  .|    っげ、現場労働者を大量入党させることにより
  /  |         |  ヽ  |
  |   ヽ__人__ノ   |  |    とと党をさらに強化する!
  \   |rー┬ー-|   /  /
  /__` ー―ー'´     /     こっこれは党内民主主義を強化するものでもあある!
 i     ヽ         /
 i――――’         i




大量の新規入党を行うことで党勢を拡大し、ボリシェビキの支配体制を確固たるものとすること、
および労働者の比重を高めることで官僚主義を抑え込むことを目的とされた。




''';;';';;'';;;,.,                  ザッ
   ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ザッ
   ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
    ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
      vymyvwymyvymyvy     ザッ
ザッ    n_n,n_n、n_n,n_n、n_n,n_n、
      ∩_∩^-^∩_∩^-^∩_∩^-                <ウクライナからきたクマー。
  ザッ   ∩__∩ ∩__∩ ∩__∩ ∩__∩
         ∩_ ∩__∩ ∩__∩ _∩ ∩_    ザッ
     ∩___∩    ∩___∩ ∩___∩ ∩___∩  <こっちはベラルーシからクマー。
     | ノ      ヽ   | ノ      ヽ | ノ      ヽノ      ヽ
     /  ●   ● | /  ●   ● |  ●   ● | ●   ● |
    |    ( _●_)  ミ |    ( _●_)  ミ  ( _●_)  ミ  ( _●_) ミ   <新しく入党するクマー。
    彡、   |∪|  、` 彡、   |∪|  、`\ |∪|  、`\ |∪| 、`\
   / __  ヽノ / / __  ヽノ /´>  ) ヽノ  / ノ //ヽノ /´>  )
   (___)   / (___)   / (_/_)   / (_/    / (_/


この大規模な新規入党キャンペーンは「レーニン入党」と名付けられ、
これ以降、党員数は倍増することとなった。

770◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:19:43 ID:I54rUMbk0



              ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ ))
            ((〈● ノ\   /\ ●〉
               ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ
                 )    Y     (
              /γ⌒       ⌒ヽ \       将来のボリシェビキ党の発展は、
           ((  |  |         |.   |
         ((   ヽ ヽ__人__ノ  ノ       このレーニン入党の基礎のうえに成り立つものと
               \   `ー'´    /
             __/ニヘ       ' 「L__       なるだろう!
        __,,,,==ニニ三三ヘ.      ||三ニ==、__
     /三三三三三rイ◯三ニ|   \__,/ |三三三三ニ==、
     _|三三三ニ/  `ーイニ三;;| ./三\ |三三三三三三;\
    _|三三三=广 \. `i,j! }ニ;|  \三/ :|三三三三三三三|
     |三三三iく  \  { /三=|  :|三|  |三三○三三三三;|
   __/三三三|| \_}ー^三三三|  |三;| |三三三三三三三;;|
 /三三三三;|\__,リ三三三ニ|  :|三;;| :|三三三三三三三;;;|
 |三三三三三|   /三三三ニ=;|  |三ニ|:|三三三三三三三ニ;|
 |三三三三三`==='三三三三三ニ| |三三||三三三三三三三三|
 |三三三三三三三三三三三三三V三三三三三三三三三三三||


そしてモロトフのこの言葉もまた、意味深長なものだったのである・・・

771名無しのやる夫だお2012/04/11(水) 21:19:52 ID:puR.ZNpg0
あってないような党員の質がさらに低下するな

772名無しのやる夫だお2012/04/11(水) 21:20:56 ID:j2fwbABg0
まぁ数を揃える事が基本だからね。

776名無しのやる夫だお2012/04/11(水) 21:23:55 ID:kHhgit4Y0
>>771
数だけ増やしても、その権勢にすり寄る出世目当ての「にわか党員」ばかりが増える
水ぶくれ状態にならんか?

773◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:21:00 ID:I54rUMbk0


【補足】



        ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
        =            ゙ミ
        ミ     ★      ゙ミ
       r―ミ             ゙ミ
      l  ミ;=======.:::゙ミ
       ヽ /  ※   ※   ※ ∧
.      /   r―_‐_'i:¨:¨´:l ̄:`ヽ}
      { ※ /: ´/: :/`:./;ハ:`: :l: l      さて、いろいろと大きな動きが出てきましたね。
      }   f: /fてハヾ´ /f'云ヾハ:}
.      { ※ }:{ 弋__ノ   弋::リ j//      この点で注目すべき点は、レーニンのボリシェビキ党が
      ハ   {:ヾゝ''''   ,、  ''',イ ヽ
.     /: } ※. }: : ;>‐‐--‐<ヽ  }_     書記局の手によって徐々に作り変えられていったところです。
    /: :.{    l:/{i{ (ニニXニニ)} :.{ ※ ヘ
   ,.イ: : :/ ※ l:ヾ}i}  〃{i  {i: :ヽ  ヽ
.  {:ヽ: :.く   /: :j:ヾx、_ノノゞ≠'j : :.} ※ }
.r<:ヽ:`:ー`ヽ,/f'"::`ーt‐f´:t‐r‐':ヘ:-'`¨¨:}´



          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_       まずレーニン入党。
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ      新参者の比率を増やすことで
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/      党を若返らせようとしたのですが、
         | |{i t    _     / |
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |      これには大きな裏があります。
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ     まずそこから見てみましょう。
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |


【補足終わり】

774◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:22:29 ID:I54rUMbk0


かつてレーニンはボリシェビキ党を少数のエリート集団として捉えていた。

そのため、ボリシェビキ党は大衆政党とはかけ離れていた。


         ___ _
  .‐::::二´::イ:iト、‐=-`::.、_
/::://::::,:イ::i:l:i::::、:::::`:、::`:.、
:::///://:i: |:!:|:i::::丶:::: ヽ丶\
/:::/:::/´::〃ハ:l::::!:!i:::: i丶`:!ヽ:ヽ::ヽ
: /:: /::::/:i::::: ハⅣ:;、!:::: l::::ヽ!:::i:::::::::::.
/i: /:: /i::l::: /i::lヽl::丶:::l::::::ハ:i|::i: i:、::i
!:|i:i::: i:i:ll:::/∧:!:::l` 、:ヽ!:i/:::i:ハ!::l::i l
::|l::|::::|:|::l: '/ ヽ: l   i::::!:!ト、:!::::i:ヽ! ! |    大衆の前衛に立って社会主義を導く組織・・・
::!:|:|::::!:!: !/ィ示ヽ:!  !ハ /ヽ !ヽ:li:i:N:::!
::: |:|::::ヾ:::!`ヽ::ノ_ ' /' |! .ィ、 l:!::|:!:: '    それが僕のボリシェビキ党さ。
、i:|:Ⅳ:::iヽ!       !く:::ソ ! !::::!' /
: ト、!:! ヽ!         , ` ´ /|::,':/
: !i:N  `       ノ   /i:!:'/
:、:!|ハ     _       /::!:/′
小:!. ヽ       ̄ `   'Ⅵ'
::::リ.   \    `   /
Ⅵ.     ヽ、     ´
`  ー  _   T ´
、     ` ー 、                  ∧,,∧  ∧,,∧
 `  、     i               ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
. 、    \.    l              ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
.、 丶    \.  !              | U (  ´・) (・`  ) と ノ
 \ \    ヽ l\              u-u (l    ) (   ノu-u
   ヽ ヽ   |   ヽ                `u-u'. `u-u'

775◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:23:29 ID:I54rUMbk0


しかし、レーニン入党を通して書記局はボリシェビキ党を
少数エリート政党から大衆政党へと作り変えていったのである。


               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |    どんどん党員増やすお!
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /
     ∧,,∧  ∧,,∧         ∧,,∧  ∧,,∧
  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
 ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
 | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ
  u-u (l     ∧,,∧  ∧,,∧ u-u (l    ) (∧,,∧ /⌒ヽ
      `u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧`u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
       ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
       | U (  ´・) (・`  ) と ノ| U (  ´・) (・`  )と ノ
    ∧,,∧u-∧,,∧   ) (   ノu ∧,,∧-u∧,,∧  ) (   ノu ∧,,∧  ∧,,∧
  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧-u'∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
 ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` ) ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
 | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ
  u-u (l     ∧,,∧  ∧,,∧ u-u (l    ) (∩,,∩  /⌒ヽu-u (l    ) (    ノu-u
      `u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧`u-∧ (´・ x ・) (・ω・`) ∧∧u-u'  `u-u'
       ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
       | U (  ´・) (・`  ) と ノ| U (  ´・) (・`  ) と ノ
    ∧,,∧u-∧,,∧   ) (   ノu ∧,,∧-u∧,,∧  ) (   ノu-u
  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧-u'
 ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
 | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ
  u-u (l    ) (   ノu-u  u-u (l    ) (   ノu-u
      `u-u'. `u-u'         `u-u'. `u-u'

777◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:24:13 ID:I54rUMbk0


さらにレーニン入党は党内の労働者の比率を高め、官僚主義を抑止する効果も期待されていたが・・・


                   /,.. .:-ニ''"__ _
               〃ン::::::::::::::三ニ=::::::.:::
               (l!i´::二ニ=-:;;;;:::..-.:::::::::::
              ,-'从ミへ:::::ヾ::::::.,ヽ::::::::::::::、
              /::'!::::::、、::::、::ヾ:::ヽヽ:::::::::::::::::
            /:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::ヽ::    新たに現場労働者が増えれば
              ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ:::
            ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ:::::    党専従党員の押さえになってくれるはずです。
          _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、::::::::
        ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ::::    これで書記局の増長を抑止できるでしょう・・・
        ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::/i!、
     _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::レlヽ
  _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ | ,.ァi
‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,ン´  ヽ、
´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '''´~``''ー-

778◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:24:46 ID:I54rUMbk0


【補足】


          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_     さて、ここで身近なところから例を出しましょう。
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ    日本政界におけるかつての
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ    「小泉チルドレン」や「小沢チルドレン」が
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/    自由で活発な意見交換や政治活動を行ったでしょうか?
         | |{i t    _     / |
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |


へ. ヽ二ム..:..:..:..:..: '                     ヽ::.:::{ _  \'_ノ二ヽ
く \_r‐Jト:..:..:../                  、\ ヽ   ゙:,:::.:::.:ト   \\\\
 `ー/|::.::.::.::.::.::,′                  \ ヽ     V:下ヽ\   ヽ \ヽ
冫ーイ  ̄ト::.::.,′    |  i   |     ヽ  \  ヽ   ', ヽ ':┴┐ Y   ト、 \
′ ;′┌┴ ::.:|      |  |   |     ゙ト   \  |i::r┘::::r┘ i   .i \
 :/|   しヘー::.| |i | ||∥       | |,,,;;ィ=≦≠ハ|i |リ::¬  ¦  |
  |   r┴‐::|  || | ム⊥从ヽ   i |l≧'´     .|川;:下┘ |  |
  |   |::.::.::.::|  l| イ|  ,,,ィ≦ヾ\,ハノ        | jノ!:::::}   |   |
  | |└ヘ::.:∧  l'   | |ィゞ"               u  | lj,√ィオ  |  | |    う~ん・・・そう言われると・・・
  | | | く::.::.:ヘ l:、\ ヽ    ,            ∧ ∨:フ{{i〉 l  ||
  ∥ | |  ヾ勹ヘ い ::ヽ\ u      l~`丶     仏  \ゞ'  j|   |∥
  八 | |    \ィr=ミl::.ハ \ ー 、     ^ ___/ユ\  \ /ヘ.  l八
 ′  | ',    弋ゞソ}7ノ /,ニ≧、 ヽー--,.ゝ- 、 ̄`< ̄ハ__  \  λ 、 \
/   ∧  ,    `マ'´ /:':::.:::.:::.〉 ∨ィ/{f㍉Y三ヽ  ` <ー┐  \/|\ \
   / ヽ \   /   イ ̄ ー ' |  | { トゞど..二二.._    `弌:.   ヽ l  \
  ./    \ >'   /...:\  ..:::.:| /:/>允≠‐-‐'     ___}ハ_   \
 / ┌一<    / ...:..:::/::>  // .:.:::./::卞ニニ -‐__,.___  }ヽ |!:..:ト    ヽ
./   \    /′...:.:::.{::.... /..:::.:::.:/:::.:::|:::. ̄匸A::::::::ルソ.:.i:..:..:. | ヽ    Y
ヘ ̄ ̄ ̄\  ∨ ..:..:..:..:..V/..:::.:::.:/ .:::.:::.∧ ::::ヘ`ー辷彡::`ァ ..:..:..:..|   >  へ
  ̄`ー- 、 \ マ'⌒く /../^ーz一'  .:::.:::.:/::::|   ヽ::>、::.::∠ . .:..:..:..:.|/    ィ \

779名無しのやる夫だお2012/04/11(水) 21:25:10 ID:GTWqzrTM0
後でやる夫やチェキストの皆さんが大テロルで一気に大掃除して「使えん」奴を殲滅するから大丈夫

780◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:25:36 ID:I54rUMbk0


       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ;==============゙ミ
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k    そうですね、ノーでしょう。
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',   レーニン入党も同じです。
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|   新参者の彼らは教養もなく右も左も分からない状態で
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |   官僚主義を批判するどころではなかったのです。
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /



          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ    新参者にとって重要なのは自由な政治活動ではなく、
       /  ,='  _  ∧_ _,,        「居場所を確保する」ことだったのです。
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\   彼らがまっさきに行ったことは党のしきたりや慣習を早く身に着け、
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ    組織の一員としての居場所を手に入れることでした・・・
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/    党員の多くは見返りにソヴィエト施設での雇用が提供されていたのです。
         | |{i t    _     / |
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |

781◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:26:44 ID:I54rUMbk0


           ,.:-=;1―;1―;1―;1―;1,=;:、
           ミ              ゙ミ
           ミ      ★       ゙ミ \
         / ミ              ゙ミ   \
        V/::ミ;=========゙ミヽ   \
       //:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :',  `、ヽ ム>
.      /:i:: :: /:: :: :: :: /:: :: :: :: :∧:: :: :: :: :::i  } >/i´
      ,'::i:: :: i:: :: :: :: /:: :: :: :: :/ ∨:: i:: :: ::l  V/:: l
      ,':: l:: :: l:: _:: :: /:: :: :: :: :ム--+::-l―:: |   |:: :: |    そして・・・・・・
.     i:: ::l:: :: |:: :`''フ:: :: :: ,:: /    ',:: |:: :: :|   |:: :: |
.     l:: i:.|::..::|::_:: /:: :: : //     v|:: :: :|   |:: :: |
.     |::.l::.|:: ::|::/ニ_;; ;//  ====V:: ::,'   |:: :: :|    そう言った党員の管理統制を行うのは・・・・・・
     |::∧:',:: ::V弋.:.:テ    ´ て:::::::o|:: ::,'   .|:: :: ::|
     |::i ',:',:: :∧廴::ソ      こ .ン|::/,'   i:: :: ::.|
     ',.i  }::ト:: : ヽ゛゛  ` _   ゜゜イ|/:,'   ,':: :: :: |
      ',' .ハ::iヽ:: ::>ァ-------<´<:: /:,'   /:: :: :: ::|
       ∧ヾV>、:V/ | (ニxニ)  |: :',:: /_ -'''´:: :: :: :: ::|
       /:: L_i VX|: :|  ∧   |: : |:: :: :: :: :: :: :: :: :: ::ヽ
       /:: :: :: :: :: :: :|: └ ┘└ ┘: :.|:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::\


     |: : : : : : /   /´  / /          「: : : : : : |:.:.:ヽ: : : : : 〉ニニ、二
    ヽ.ィ: : /     / / /    /    |  ', `丶ト、: :.|:.:.:.:.:.|: : : : :ート、、ヽ
    r‐:':::://  /  /  !  .!   | i  ハ |、  | i'"´: : : :|:.:.:.:.:.:!: : : : :_:ハ ',ヽ
    ',_:、://  !  .! i !   !   | i!  | !.! !  l ',: : : : : :.|:.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r
       ノ! |  | |  || i!|  |    i!.ハ  ! || |  ,! |`丶; : :.|:.:.:.:.:.::!: : : : : :ハ::ヽ
     /: | i!  | |  || .ハト、 i!,  ハ !、!__| .i! | ./ ! ,! !´: : : !:.:.:.:.:.,': : ::r ' `¬    やる夫の書記局、というわけね。
.    /:::::| ||  | |! !斗┼七!ハ  | || ∨ ̄}`|7 メイ|  ).:: : /:.:.:.:./: :::::::|    |:
    ヽ::|Ⅵ  Ⅶ! | ト{  Ⅵ \! }!       ,リ! {: : :/:.:.:.:./::::::;:::ノ|    !:
.      |  \ |从 Ⅵi'芹笊示    芹r笊示ミx | ハr'^,-ヘ':::::::::}::! .|   .!:    なんかここまで仕組まれてると
.      |   ヾ.| \ハ 。之zリ      之zzzリっ | |/j〈ィ'>》_ノ"!::l  .!    .|:
.      |     |  ||!     ,          | | .ヾ ニフ.   .!::l   |    .|:    悲しくなってくるわね・・・
.      |     |  圦 ""        ""    ,! |/      ヽ:|   |l    !
.      |     |  || ゝ.   __ __    .ィ | |          |.!   |
.      |     |  ||    |i> ._   _. <:::| .| |           | !   !
      l|     |  ||    ||   ,「 ̄    `| .| |          | l   |
       !|     |  /'   〃  /ノ         \| |          ! !   !


【補足終わり】

782◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:27:47 ID:I54rUMbk0


新規党員達は官僚主義を押さえるどころか、自ら進んで書記局の権威の補強材となっていった。
彼らは党に忠誠を誓い、それを証明するために書記局の指導に忠実だった。


                              ,.へ
  ___                           ム  i
 「 ヒ_i〉       ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ      ゝ 〈
 ト ノ        〈● ノ\   /\ ●〉     iニ(()
 i  {         ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ      |  ヽ
 i  i          )    Y    (       .i   }    ほらほら、職の世話もしてあげるよ。
 |   i       ./γ⌒     ⌒ヽ\      .{、  λ
 ト-┤.      /  |         |  ヽ   ,ノ  ̄ ,!    憧れのホワイトカラーだよ。
 i   ゝ、_     |   ヽ__人__ノ   | ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,_\     `ー'´     /'" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
         ∧,,_∧
        ⊂(´・ω・)つ-、
      ///   /_/:::::/
      |:::|/⊂ヽノ|:::| /」  lヽ,,lヽ lヽ,,lヽ lヽ,,lヽ
    / ̄ ̄旦 ̄ ̄ ̄/| (    )(    )(    )  へへー
  /______/ | | と.、   iと.、   iと.、   i
  | |-----------|      しーJ  しーJ しーJ



しかも、やる夫は同時に反抗的な古参党員の粛清も行っていたため、
書記局に従わない党員は追放、従順な新規党員は急増という見事な血の入れ替えを行っていったのである。


      ___
     /⌒  ⌒\    \ヽ
   / (●) (●)\    \ \ヽ
  / ::::⌒ (__人__)⌒: \   ヽ ヽ \    あーらよっと。
  |       |::::::|     |    i l  ヽ
  \       l;;;;;;l    /    i l  l i
   /     `ー'   ヽ      l i  | l
  (___)     / /    ,,-----、
          / /    |;::::  ::::|
        ⊂二(⌒ )二二二|;::::  ::::|⊃ /', ', ¨
           ̄  ヽ∴。|;::::',ヾ,::::| /。・,/∴
              -:'ヾ|!|!!,i,,!ii,!l,・∵,・、 ゴキッ

783◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:29:15 ID:I54rUMbk0


結局、ふたを開けてみれば、レーニン入党は古参党員を追い出し書記局に忠実な新参者の割合を高め、
ボリシェビキをさらに書記局色に染め上げてしまっただけだった。


【before】
           ∧,,∧  ∧,,∧  ∧_∧
  ∧∧  ∧∧(´・ω・)(´・ω・`)(・ω・`) ∧,,∧
 ( ´・ω)(ω・` )l   U) ( つと ノ U U (´・ω・`)∧_∧
 | U   |と ノ`u-u'  `u∧,,∧ ∧∧(U U) (・ω・`)
 (  ´・)   u-u  (  ´・) (    )(・`  )`u-u' | とノ
 (l    )      (l    )(    ) (   ノ∧,,∧ u-u
  `u-u'       `u-u' `u-u' ..`u-u'(     )
            [|,★,,|]  [|,★,|]    (    )
        [|,,★,|](´・ω・) (・ω・|,★,,,|]  `u-u'
       ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
       | U (  ´・) (・`  ) と ノ
        u-u (    ) (   ノu-u <最近書記局に言いなりな同志が
            `u-u'. `u-u'     増えたよねー。
僕達だけは毅然としてようね。





【after】
     ∧,,∧  ∧,,∧         ∧,,∧  ∧,,∧
  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧          [|,★,,|]
 ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )         (・ω・`;)  <あ、あれ?
 | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ          |   U)    いつの間にか
  u-u (l     ∧,,∧  ∧,,∧ u-u (l    ) (∧,,∧ /⌒ヽ         u-u'     知らない人ばかりに・・・
      `u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧`u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
       ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
       | U (  ´・) (・`  ) と ノ| U (  ´・) (・`  )と ノ
    ∧,,∧u-∧,,∧   ) (   ノu ∧,,∧-u∧,,∧  ) (   ノu ∧,,∧  ∧,,∧
  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧-u'∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
 ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` ) ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
 | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ
  u-u (l     ∧,,∧  ∧,,∧ u-u (l    ) (∩,,∩  /⌒ヽu-u (l    ) (    ノu-u
      `u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧`u-∧ (´・ x ・) (・ω・`) ∧∧u-u'  `u-u'
       ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
       | U (  ´・) (・`  ) と ノ| U (  ´・) (・`  ) と ノ
    ∧,,∧u-∧,,∧   ) (   ノu ∧,,∧-u∧,,∧  ) (   ノu-u
  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧-u'
 ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
 | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ
  u-u (l    ) (   ノu-u  u-u (l    ) (   ノu-u
      `u-u'. `u-u'         `u-u'. `u-u'

<はーい、書記局からのお知らせがありまーす。みなさん聞いてくださーい

784◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:30:14 ID:I54rUMbk0


     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !     さて、ここまでくれば
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l      党を支配しているのは書記局と言っても
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|
       l \     _    ,/ |      過言ではありません。
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !      では、次は党のありかたそのものの変化も見ていきましょう。
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!

785◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:30:57 ID:I54rUMbk0


やる夫はレーニンを神格化させることによって自身の権威の強化を図ったと言われる。


                                 ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
 ト ノ                           iニ(()
 i  {              ____           |  ヽ
 i  i           /__,  , ‐-\           i   }
 |   i         /(●)   ( ● )\       {、  λ
 ト-┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     | 答 |        書 記 長         │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ


しかし、これは一面的な捉え方かもしれない。
彼が目指したのは自身の権威の強化と共に、党の神聖性の強化でもあった。

786◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:31:32 ID:I54rUMbk0


やる夫はレーニンの遺体を永久保存することで、レーニンを「聖ウラジーミル」として神格化した。

そして「聖ウラジーミル」の宗教的権威を守護し、彼の教義を謳い広めるのが「ボリシェビキ教会」・・・


    _                                                 __
    ヘ\  ,、__                                             /::::、:::::ヽ
     L \i ,-、ヘ,                                          i:::::、:::::\:::i
     y'     i ヽ=、                                       ',;:、:::\::::ヽi
     ',     '--ヘ                                      ___',  l  从'
    __j    i`'-、_>-、                                /   ノ 7',ヽ .イ.i、
    ',    ヤ¨¨¨¨`'=,_>.、_                             ,イ 、 ', i > 7/ヽ__ノ  >、
     .キ    ._i,      `<>-、                        ,..<   >,  i 7  ヾ',ヘ-、   i
      彡   i             `<>.、               ,.イ    __ノ’´   i  |./  / ヘ:ヽ .i__ .キ
      ',   i,             ` <>-、       ,-<¨  ____,/      i ../   i   ∧--、ヽ===--、
        .',  ヘ               ` <>-、`¨¨´___,,..-‐''          7 ./  .7   .7 ヽ .ヘ
          ',   ヽ,                    `<〃>.、            / ./   i    i   |  .i
        i    .|                      ` <::>.、       r--'/.7、    |    i   |  7
        ヤ   ',                         `'<> 、  /, -'   /ヽ=、__,,-='ヤ  .|  i
          i     ',                             `'<> 、    i    ',    .',  .i  |
        \   ',                             `'<> 、,l     i     .,i  ヤ i,
           ヘ  .ヘ                                    `<|     ,j_    〉  ∨.ヤ
           \  \                                 ',     ,キ    i   7 .',
            ヽ_  \                                i     .|     7   ヽi ノ
              `ヽ .\                              ',   j    j     ¨
                      \\                             i    i     .7
                     `<ヽ,_                          |   i    7
                                                 ヘ  .7   .i


やる夫は、党の権威を宗教的レベルにまで引き上げようとしたのである。

787◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:32:38 ID:I54rUMbk0


レーニンは党の無謬性など思いもしなかった。たとえボリシェビキでも、誤ることはあると考えていた。

しかし、やる夫達は違った。
「聖ウラジーミル」の名の下に、「ボリシェビキ教会」は常に正しく、決して間違えることのない、「真実の神殿」であり、
完璧な存在として組織そのものが神格化されていったのである。

                 ◯                  ____/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                 //           ____/                  \___
                // |\_____/                             /
                // │                                      /
               // │     __∧__.                            (
               //  │      > ,,,<´                              )
              //  │      ⌒゙i|、                            /
              //   │    ,,‐'ァ `'l,i、                            /
             //   /    .ヽーミ'、、 )゙l                         /
             //   /      ,,,,_ ゙'、\|│                       /
            //   /     r',/''ニニン,,ヽ                        │
            //   /     ‘″    ″                        /
           //  /                                    /
           // /                                     (
          //<                        __/ ̄ ̄ ̄ ̄\_ \
          //  \__            ______/                ̄
         //       \________/
         //
        //  
   ,,,,,,,,,,,,,, //
  ||,,,★,,,|| //
 ( ・∀・)//
 (    つ
  人  Y
 (_(__)

党の正しさを疑うことは、それだけで階級的(宗教的)犯罪であった。

そして絶対化された党の権威の頂点に立つのが、他でもない書記局だったのだ・・・

796名無しのやる夫だお2012/04/11(水) 21:39:18 ID:kHhgit4Y0
>>786-787
こうしてみると、ロシアにおいてマルクス主義が「マルクス教」に変貌したのは、
やる夫の人為的理由以外にも、ロシアの思想・文化的側面も理由となる
必然の成り行きだったのかな。

こうして考えると、やる夫の思惑通りレーニンを神格化した、
日本の左翼って、無茶苦茶軽薄かつ権威盲従主義な連中だったんだな。

天皇という既存の権威には威勢よく逆らえるが、
マルクス・レーニン・やる夫という新しい権威には哀れなくらいに盲従している、というオチ。

788◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:33:41 ID:I54rUMbk0


【補足】



     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !    この時点でやる夫はまだ突出した指導者ではありませんでした。
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l     政治局はジノヴィエフとカーメネフによって主導されており、
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|
       l \     _    ,/ |     やる夫は下位の幹部にすぎませんでした。
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!



          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ    しかし、やる夫の政治的センスは鋭敏でした。
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,        彼は、かつて古代ローマにおいて
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\   アウグストゥスがカエサルを神格化した意味を
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ    よく理解していたのです。
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
         | |{i t    _     / |    理論家や学者肌の人間が多い政治局において、
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |    やる夫はまさに「政治家」でありました。
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |

789◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:34:20 ID:I54rUMbk0


       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ;==============゙ミ
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|    そして、やる夫はことさらにレーニンを祭り上げ、
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |    礼賛することで自らが
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|    レーニンの忠実な弟子とアピールし
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ    党員の支持を集めようともしていました。
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /


【補足終わり】

790◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:35:03 ID:I54rUMbk0


地味で冴えない幹部であったやる夫の新機軸については、多くの人間が見逃してしまった。

この頃からやる夫は、目立ちこそしなかったものの「レーニン主義」の聖化など独自路線を打ちだしつつあった。


           ____
         /      \
 キリッ    / \    / \     社会主義の最終勝利のために、
      /  fてハ`  ィて刀 ::\
      |      (__人__) :::::::::::|   我々はレーニン主義を完遂しなければならないお!
      \      `^´  :::::::/
      /     ー‐    \


「ボリシェビキ教会」において、レーニン主義の教義を謳い上げる司祭としての立場を築き上げていたのである。

791◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:36:13 ID:I54rUMbk0


しかし、そんなやる夫にも喉元に突き立てられた短剣と呼べるようなものがあった。
それは・・・

             __  _
       >- 、r≦  ミ、 三ヽー 、
       / ///´}}ニ 三==彡ミヽ ヽ
     / //!   /¨ i il l! l|ヘ lヘ ト! ゛、\
    ,' //| !|l l|{| | !V  l| l l l |l! トヽ iト、
     | |∥ l ハ|! リl| | V  /|  ! ! l|l   i∥
    /|| / |∧! lV      ! l| N ! l| |
   j∧| | /||l ! ハ lハ/  /!l l i  ∥lヘl |ヘ!    あの白饅頭・・・
      ト|/Yヾl/⌒Y/ /^!l !ヾ、! l|リ⌒!ヽ
        !丨 ::.、 .:::///:::::::乂:::::::ヽ{:::::::::::::l    私と私の夫を侮辱して・・・
       i|  :::V :::/1!}{_〉ニl:}⌒{:に}〉ニl:|
      ∥ :: ::::! ::::::ヾ≒⊆゚::〕 〔:::ヒ儿シl:|    絶対に許さないんだから!
       |:i. : :::i ::::::::::::::<: ̄    ̄:>::::l:|
       |::l::. :::::l :::::::::::::::::::: ̄〕 〔 ̄:::::::/:|
        |:::l:::. ::l ::::::::::::::::::::::::} {:::::::::::!:::|
       ∧::l:〈 ::! ::::::::::::::::::::::::〕 〔::::::::::L」
      \_j_、_j、 ::::::::::::::::::::://⌒::::::::V

792◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:37:13 ID:I54rUMbk0


   ――― 1924年5月22日、とある主要党員集会。



                ,,,,,,,,,    ,,,,,,,,,,,
                [|,,,★,,|]   [|,,★,,|]     ,,,,,,,,,,,
               ( ・∀・)  ( ゚Д゚,,)    [|,,★,,,,,|]
             ,,,,i^i ̄(iノ '^:^')  /~^:^~ヽ   (∀` __)\
            [|,,,,★,,|] |  ,l/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\l:`´ [|,,★,,,,,|]
        /(,  ・∀) _/            \ (∀` __)\
       [|,,,,★,,|] `´:l/                  \l:`´ [|,,★,,,,,|]
     ,/(,  ・∀) ,/                      \ (∀` __)\
   [|,,,,★,,|] `´:l/                      \l:`´ [|,,★,,,,,|]
 ,/(,  ・∀)⌒/                            \ (∀` __)\
 i^i (  `´:l/                                 \l:`´ ~,) i^i
 | | (   ⌒ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |⌒   ,),,| |
 | | ̄ ̄(__|                               l_ ) ̄ ̄| |

793◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:37:45 ID:I54rUMbk0



   _,,,, 、     ,_, -‐'"´ヾ、__,三 二ニ'‐-、     / ̄
 ///ヘ/ゝ-‐f‐' , -‐'_, -‐ / ̄ ̄`ヾ:、ー-\r'´ ̄
/ /// .|;:::::::;/,/ /  , ,/ i  \  ヾ、ー }
 // l //ヾソ/ /  / l l   丶   ,\_ノヽ
 | l |ノl/l// /   /l   | |  l  \  ヾ \ |
 l | l/l| /ノ/ /   //    ノl  |   ヾ,  l  l |    同志のみんな!
 |l |/ |/ / / /  / {  l  l |  l|    |、 |  Y
 ||Y l/// /./  l j  |  | l  | l  | l | l  l |    私はこの場で書記局責任者
 L| ::|// l /  ノ, l|   l  / !  l |  |lヽ、|  |l |
  i:| ;リ,  | l /|l  l|  .l  /∧l   l|  |l l| !  | |    やる夫・スターリンを告発するわ!
  l|//   l/l /,ハ、 |_,イ__//ヾ\_ヾ:、l| |! |  l |
  || |   l|/x'=ュr:、   " _,;r;k-,ゞ=ュ乂l |  |/
  | | l   ll i´/:::;:,ヘ;゛     // r';:::ヘ,ヾ;,リ | /     アイツを不適格者として書記長から解任すべきよ!
  | | |   |l  ,ヾ;:::::ソ丶     '゛ '、;;ノ ,"l | \
| l | | l  ! |  丶 -‐         ー--‐'  | l  |
l| | |l |  |l |                    ! |  l|
. | |ヾi  | l       、 _         l| l  |l
.| l |  | |ヽ      ___         | / //
ヾ,/ゝi  | |l \    ljー‐`ヽ.     /i / //   _    _/
 jー┤  | l|\,ヽ、  |    |    / j / ./// ̄ヾ_ ̄ ̄
   .|ヽ, .|i l|  lヽ丶 ヽ、_ /  /  /l' /      /::/ ̄ ̄`'ヽ、
   |:::::lVjl |  | };、\ ` ´  /  /:/ /      /::/      ヾ
   l::::;| \iヽ .| ヾ;:::、`' ー'"  /::::;/ /      /::/
   |:::::l     .|  ヾ::::::::::::::::::::::''::::::‐''_/      /::/




        / ̄ ̄ ̄ \
       ノし ゙\, .,、,/"u\
     / ⌒ (◎)ヾ'(◎)u \   な・・・!!
      | u  ⌒゙(__人__)"⌒ u |
       \ u   `ヾ,┬、/` ,/    こいついきなり何を!!
.       /⌒/^ヽ、 )__( ,ィヽ、
      /  ,ゞ ,ノ ゙⌒" ,  ゝ、
     l /  /      ト/.\\

794◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:38:37 ID:I54rUMbk0



          ,  ------- 、         ___
          /    ´ ̄`ヽ)ン´ ̄ ̄ ̄``<{{{ ⌒ヽ、
      ///   / ソ\  // |ハ\\<⌒ヽ\
     / / /     ////|   / /  /   | ヽ ヽ \  ヽヽ
     / / /     // // 〉 / /  ,イ   | | │ ヽ| ヽヽ
    / / /   //|/// / / /  //     | | │  |ハ ヽヽ
    | l l / // |// ハ / /   //    / | /!   |  ヽ   l
    | | l / // / | | l / /   /ノ  /  / / //  /| | | |¦|
    | | |│ l/ /l |│|│l   / _.ィ=ミ、// ///リl | | |│|
    | | |│ | /  | |│|│l  l'´〃|::::|ヾ     ィバ | | |│|
    | | |│ |/   | ト|│| |  |   └┘      〈 しリノ / ll | |
     .l l |│〃   | 卩 | |│ |            イイ | l/   これがその証拠よ!!
     l l | l/j  |  | ノ。 |│| │        ' ノ    |丨 | l
     l│ | | |  | | |}8┤|│ |               //│| |
      .l | V/ /| | lニ;;コl l ヽ |       r_丁  // 川 |
      | / |ハハl |ノ||;;| ll  ヽ|           // // /1l
      |/|  ∧| |八 Ll /ハ  ヽ 丶、       ////ル' ||
      〃,⊥厶LL| 八Vノノ\ `丶\  ` T T´////
    /      ヽ::::::}}ヽ:::::::` ー------┴<∠厶∠ 、
   /         |:::::{{ \:::::::::::::::::::::::::::::::::::}}:::::::ヽ    `ヽ


         ____
       /      \
      /三_',!`zx二 \
    / ´ー¨‐` ´ー¨‐'' \    !?
    |      (__人__) u  |
     \    ´ニニ`    ,/
     /⌒ヽ    ー‐   ィヽ

795◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:39:04 ID:I54rUMbk0


・・・それは、レーニンの遺書であった。



       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /              /ヽ__//
     / やる夫を解任しろ   /  /   /
     /              /  /   /
    /   ____     /  /   /
   /             /  /   /
 /             /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /



1922年12月末から1923年1月初頭にかけて口述筆記されたこの遺書には、
やる夫への不信感を募らせたレーニンが1月4日の追記でやる夫の書記長解任を主張していたのである。




      ____              ━━┓┃┃
     /     \                 ┃   ━━━━━━━━
   / u      \≦ 三 ゚。 ゚         ┃               ┃┃┃
  /           \  三 ==-                          ┛
  |        u     |   ≧=- 。
  \              /   >三  。゚ ・ ゚
               。゚ /。・イハ 、



やる夫にとって、絶体絶命であった。
今までレーニンの忠実な弟子を演出してきたのに、そのレーニンから解任を主張されていたのだ。

797◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:40:10 ID:I54rUMbk0


           ,!";             _ _ _ ./..,,,,, ill
           ' i   ! 'l   !  !    _ _;;;;;;;;l i i
          "| (   l  i  l; ll  l| l" ';;;;;::jl  li
         'l 、 |l i  i!  l  jl |l  ii !  """!l  !
         |l li li | li j l !--!| |l  i! ! i ! ! l |
         l''l l |. ! ;! !|'. j...===,. .l    |l !ノ ! i l !
         |l i ! il r: '.;'! i~;;;;i ';| !   ;; l ノ l ! i  |
         ii '' --、,i.    v.ノ  l !  l | ;  、| i l  l    どう!?
         ii  ~i;;ij. ;        !  i  l | | ll ! l i j
         l..  vノ         ! |  ! | ! l // ! l ! i
          ! |'、         !il i  j ! !l.. l  !l l l !   これならやる夫を解任する
          " i `   _____      !, i i    j ;.l|  !i !  |'
          |l '.  "、..ノ      ' l  !  ; |l ;/ 1!  'i   十分な理由になるわよね!
          l'  '、          !  l   ly  l  !!  |
           '.  `、         !   ill  !,l " i  ll  !
           '.  i`、         !  i l  !l   !  ll i
            i ! . `----=    l'  l | ! "j ! l_ _ _lii j
            '! '  !; /  l    i /,;;;;K_ _,,,,,,,/"   ` 、
             l  ! i  !::;;;:;;;::;;'v   ,.i;;;;;i        i
             ! ,,,,,,y_ /_!     /~ ̄ ;;;;;j__       i
            j/ ';;;;;;           /::::::::::;;     !




         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
      /( ○)}liil{(○)\  /   /
     /    (__人__)   \/   /   /  )    ま、まってくれお!これは何かの間違いだお!
    |  U  |i|||||||i|     /  /  /  /
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /       (こんな・・・こんなことが・・・!
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)   今まで築いてきた評判がぁ・・・!!)
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙' 、_.)

798◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:41:28 ID:I54rUMbk0


        .____
     ;/   ノ( \;
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;     な、なんで
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;
 ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;   こんなものが存在するんだぉおおおおお!!??
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;





      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ● ノ\   /\● 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\
.    /  |         |  ヽ    (さすがにこれはまずいね・・・
.    | U ヽ__人__ノ   |
    \     `ー'´     /     本当に解任されかねないよ。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、   |     なんとかくつがえさないと・・・)
   /     / r─--⊃、  |
   |  ヽ,.イ   `二ニニうヽ.  |

799名無しのやる夫だお2012/04/11(水) 21:41:53 ID:kHhgit4Y0
レーニン神格化という武器を、逆手に取られたか…

新約聖書の「人を裁くものは、その物差しによって自らも裁かれる」
というイエスの言葉を地で行く喜劇だぜ。

801名無しのやる夫だお2012/04/11(水) 21:42:29 ID:puR.ZNpg0
>>こんなものが存在するんだぉおおおおお
あんたが色々やらかしたからでしょwww

804名無しのやる夫だお2012/04/11(水) 21:44:30 ID:APULAVhw0
まさにやる夫の自業自得

808名無しのやる夫だお2012/04/11(水) 21:45:55 ID:oGjCRQmc0
死人に口なしざまぁwwwwって思ってたらこの様だよ!

800◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:42:11 ID:I54rUMbk0


しかし、やる夫の困惑と危機感は、意外なところで共有されていた。


      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ● ノ\   /\ー 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\
.    /  |         |  ヽ    ・・・ん?
.    | U ヽ__人__ノ   |
    \     `ー'´     /    (なにかみんなの様子が・・・)
    /     ∩ノ ⊃  /
    (  \ / _ノ |  |
.    \ “  /__|  |
.      \ /___ /

802◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:42:53 ID:I54rUMbk0



              /~" 、     /~"、
               /::   'l      /::  l
             /..:::   i,    / :::    l
              / ..:::::   `~';:::     |
              / ...::::: : :    ''''      |
            /. : ::::::::::: : :            |
           /.: : : : ::::::::::::::          |
          /.: : : : ___;::::::..    ____   |       (な・・・なんだこの遺書は!)
          /. : ::/|;;;;;;;;;|\::::  /|;;;;;;;;;|\  |
         |. : ::<  |.;;;;;;;;;|  >:::<  |;;;;;;;;;.|  > |
           | : : ::::\|:::::::::|/::::: \|:::::::::|/   l
         | : : : : : :::::::::::::::::::::::::            |
        l : : : : : : ::::::::::::::;;:::: :;;::::: ,          |
         | : : : : : :::::::::::::::::~T-´`-T    し   |
        | : : : :::::::::::::::::::::::::::ヽ_〃           |
       |: : :: : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         |
         l : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.......     |


        /                 ∧          ヽ
       /          ,.   , / \ 、       ヽ
     ィ           / {///! /    ヽi         ト
     /〃         イ / '〃//      | i          }
        ! ,    〃/' !/  ′/       ヽ|       iリ
      リ/!   」 ー- 、、        _,.. -‐、 {      ノ′
          !.  f !.r―==㍉'__r '  ̄三、ミ!_」_/ ヽ  /
         \|  .{ : : 工ユ} |  |: : {⊥∠: } ̄ i' i 、| /
             i  「 ̄ ̄ ̄ .|  `ー―― ′   い !|    (お・・・)
           ヽ_|      |            i //
            ヽ       ` "     U    /リ
              ヽ      ___  、   ィ-〃
               i. { ー== ┴ ´   ′ / |'′
              ト.     ̄      /  | 、
             /| ヽ            /   .|.ノ!
              | ̄ ̄ヽ-┬‐―ァ‐-- 'ー‐ '´ ├- .._
        _,.. '´!_   〈 ! / 」    _,..┤     ‐-  .._
     ̄ ̄ ̄/   |   ==‐ゝ-∠ -‐ 二    |       \  ̄
        /     ト,.. '´/   i `ヽ_____,.. ァ′          \
      /       /  /     }   `ヽ   /             _ノ

803◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:43:52 ID:I54rUMbk0


         ,,,,,,,,,,,      ,,,,,,,,,,,       ,,,,,,,,,,,      ,,,,,,,,,,,
         [|,,★,,|]     [|,,★,,|]     [|,,★,,|]     [|,,★,,|] 
        (・ω・`;)    .(;´Д`)    .(・∀・;)    (´∀`;)
        (“|:: “.)   (“|:: “.)   .(“|:: “.)   (“|:: “.)  
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

        \\ | l i 川 | l i川 | l i 川 | | l i川| l i 川//
         三                         三
         三 俺達の悪口まで書いてあるじゃねえか!三
         三                         三
        // | l i 川 | l i川 | l i 川 l i川 | l i 川 |\\

      ,..-‐-- 、、
    ,ィ":::::::::::::::::::;;;;;:ii>;,                        /l     、
   /:::::::::::::::;;;;;;;;iii彡" :ヤi、                     / |,,_   / l
   .i::::::::::::;:"~ ̄     ::i||li                    /   :::::::~-'  l
   .|:::::::::j'_,.ィ^' ‐、 _,,. ::iii》                   /   ::::::::::::    l
   .|:::i´`   `‐-‐"^{" `リ"゙                   /  「●」::::::::::::::  |
   ヾ;Y U   ,.,li`~~i                     l U :::::::::::::「●」  |
    `i、   ・=-_、, .:/                   |   ::::::::lゝ::::::::::  |
       ヽ    ''  :/                   l   ::::::::::::::::::::::::::  |
       ` ‐- 、、ノ                    |  ::::::::::::::::::::::::::::::::  |

805◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:44:36 ID:I54rUMbk0


【補足】



   r‐く二ニ:/i:i:i:i:i:i/  V^’
.  /:i/[_: :|i:i:i:i:/、yz'′              マ: :_: - :ヲ
 /:i/ lしんく|i:i:i:Yrュヲ                ヽ Ⅶ :: : :己
.〈:i〈  || 己 {i:i:i:i|′   l |    l!   l|   l| ', ' .Ⅵ : : :.__7
 \\!!   し|i:i:i:i|   | l l |  l!   l| | l i!  | !  |: : :_:∠,
    ̄|L__ムスi:i:i:i:{l  | | | |  l!   l| | i i!  i | l  }: : _く
    | ̄|i:|i:|マi:r=Ⅶ  i 士十i l!  l| | ルl_」L リ| .!.   |__ノ
    |  |i:|i:|ミ.ム泌リ l|r‐rテi〒i/!ノ ‐rテi〒r|  .トミx7    あー・・・
    | /i:{ゞ\ゞ=イ| l| 弋.(ソ      弋(ソ 从ノマヘⅣ
    | : ̄|  ̄ゞ≠ l|          .      l.| | l |.|
    | :  |    |  |             八| l |.|     そう言えば、たしかそういう
    | i  |   x≧|  |  し       _     イ  | l |.|
    | l. 八  《ミく  |ゝ、      ´    イ |.  i l |.|     話もあったのだわ。
    | | | ヘ ∨i:l  |≦三三r≠くヘ≦ 三 ∧. ', .| l.|
    | | | ',./ ヾ|  |三三三いゞソメ《 三三.∧ ゝ l.|


          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,          直接解任を言及されているのは
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_       やる夫だけですが、この遺書では
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\     他の主要メンバーもほぼ全員が非難されていました。
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ      (第十九話参照)
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/      レーニンが神格化されていたこの時期に、
         | |{i t    _     / |      レーニンから非難されていたという事実は
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |      他のメンバーにとってもあまりに危険なものだったのです。
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |


【補足終わり】

806◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:45:25 ID:I54rUMbk0


         |
     \  __  /
     _ (m) _
        |ミ|
      /  `´  \
  ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈 ○ ノ\   /\ ○ 〉
  ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ    ぴこーん!
    )    Y    (
 γ⌒γ⌒     ⌒ヽ⌒ヽ
  |   |          |   .|
  >  ヽ__人__ノ ∩ノ ⊃
 ( \    `ー'´   /_ノ
 .\ “  ____ノ  /
   \_ ____  /




   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
    )    Y    (
   /γ⌒     ⌒ヽ\     (やる夫!突破口が開けたよ!)
  /  |         |  ヽ
  |   ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     /

807◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:45:54 ID:I54rUMbk0


       ____
     /      \
    /  ─    ─\
  /    (●)  (●) \
  |  U    (__人__)    |    (なんだおヴェーチャ。
  \   ⊂ ヽ∩     <
    |  |  '、_ \ /  )     何か妙案でもあんのかお)
    |  |__\  “  /
    \ ___\_/





   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
    )    Y    (
   /γ⌒     ⌒ヽ\     (周りを見てみなよ、やる夫!)
  /  |         |  ヽ
  |   ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     /

809◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:46:09 ID:I54rUMbk0



      (ヽ、00  ∩
    ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
     ,, -‐- \   | |/⌒ヽ
    ( ⊂ニニ   / /⌒) )   (ヽ、00  ∩
     `ー――'′ し∪  (ノ  ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
/ ̄ー―‐ 、            ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ           ( ⊂ニニ   / /⌒) )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ         `ー――'′ し∪  (ノ
:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::i   ., -―- 、   ___
:::::::::::::::::::___ノ、/〉'  /::::::::::::::::::て/::_:::ヽ
:::::::::::::::/ u  て;/7 /::::::::::::::::::;ァ、、:::「ェ ヽ::〉 __
::::::::::::/     /〈  i::::::::r、::/=ミ `く.u J/:::::::::\
:::::::::::j u   、 ´_}ヽ.|::::::iオ/u ニi < iヽァ/:::::r----J   .r:´二ニヽ
::::::::::i   (二7´_.L., 、ハ 〉  _ _マ/ン::::r ' ;tr /;j   i::/r-、r-|  r一ー、
::::::::::|、   .r ' c /、:.:.:ヽ ヽ  ー」: : : : ii ヽu.___、/  _ん' `´ム.'  |:::r―┤
:::::::::/ ̄ ´」ー/:.:.:.:.\:.:.\\__j: : : : : ヽ ヽフ`ヽ´  | | ヽ'ーン、 _/ハu.'_' |
i:i i:::i:iヽi ´ !':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.',:.:i: : : : : : : :「=| : : : |: !  7!`:´|<  7マ.ヽー'

810◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:46:56 ID:I54rUMbk0


     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \   (お・・・・・・?
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /    この空気は・・・)
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ー ノ\   /\ー 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\      (非難されていたのはやる夫だけじゃなかったのさ。
.    /  |         |  ヽ
.    |   ヽ__人__ノ   |     みんなやる夫の資質より、遺書に書かれてるレーニンの批評が
    \     `ー'´     /
    /     ∩ノ ⊃  /       自分達の評判を落とすことを恐れてるんだ)
    (  \ / _ノ |  |
.    \ “  /__|  |
.      \ /___ /

812◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:47:24 ID:I54rUMbk0




     ____       ヽ v /
   /⌒  ⌒\     -(m)-
  //・\ ./・\\       ≡
/::::::⌒(__人__)⌒:::::\
|      `ー'´     |       (なーんだ、そういうことかお。
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |          なら話は簡単だお!)
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

813◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:48:05 ID:I54rUMbk0


       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \     同志諸君・・・やる夫は書記長としての責務を果たすよう
  / o゚((●)) ((●))゚o \
  |     (__人__)     |   努力してきたお・・・
  \     ` ⌒´     /



       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \     でも同志レーニンの期待には応えられなかったようだお・・・
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \    空回りしてたんだお・・・
  |     (__人__)    |    自分なりに努力してきたけど、それが党のためにならないのなら、
  \     ` ⌒´     /    仕方ないと思うお・・・

814◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:49:06 ID:I54rUMbk0


      _____
     / ノ' ^ヽ_\          ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・・
.  ゚ / 。;'⌒)  (⌒ヽ\°      同志レーニンから非難されるようなやる夫が
.  / o'゚~(___人___)~o°\゜     こんなポストにいちゃいけないお!
.  |     ゚ |/⌒ヽ|  ゚    |      だからやる夫は書記長を辞任するおぉ!!!
  \     ` ⌒ ´    /



           ,!";             _ _ _ ./..,,,,, ill
           ' i   ! 'l   !  !    _ _;;;;;;;;l i i
          "| (   l  i  l; ll  l| l" ';;;;;::jl  li
         'l 、 |l i  i!  l  jl |l  ii !  """!l  !
         |l li li | li j l !--!| |l  i! ! i ! ! l |
         l''l l |. ! ;! !|'. j...===,. .l    |l !ノ ! i l !
         |l i ! il r: '.;'! i~;;;;i ';| !   ;; l ノ l ! i  |
         ii '' --、,i.    v.ノ  l !  l | ;  、| i l  l
         ii  ~i;;ij. ;        !  i  l | | ll ! l i j
         l..  vノ         ! |  ! | ! l // ! l ! i   (やった!いっちょあがり!)
          ! |'、         !il i  j ! !l.. l  !l l l !
          " i `   _____      !, i i    j ;.l|  !i !  |'   それがいいわ!やる夫は解任よ!
          |l '.  "、..ノ      ' l  !  ; |l ;/ 1!  'i
          l'  '、          !  l   ly  l  !!  |
           '.  `、         !   ill  !,l " i  ll  !
           '.  i`、         !  i l  !l   !  ll i
            i ! . `----=    l'  l | ! "j ! l_ _ _lii j
            '! '  !; /  l    i /,;;;;K_ _,,,,,,,/"   ` 、
             l  ! i  !::;;;:;;;::;;'v   ,.i;;;;;i        i
             ! ,,,,,,y_ /_!     /~ ̄ ;;;;;j__       i
            j/ ';;;;;;           /::::::::::;;     !

815◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:50:14 ID:I54rUMbk0


           /      / |             \
       ./     ./  / |              ヽ
      ./     ./〕/  、 ト、             l
     /     ,イ././´    V  ミー-ミ         |
      | イ   | |'            __  ヽ       リ
      |{ マ  .}           _. -¬   Ⅵ >ミ、 ./
      |! \ :| ,、     、 x≦三ミx:==キ7  }  {     (ま、まずい!!
        ゝヘ _>-ミ、__T  〈 の :||   i"   リ  l
          f「ヽ 〈_延厂`L__二...ノ'      ./  l      この男なにを言い出すんだ!)
            マ、ノ__ノ}             / 彡'
            ヽ!   〈 _ ,、      U  fーく/
             ヽ        _, ヽ    ′ .
             、  ,.. -ニ= '     /    「 ツ{
              、  ` ̄_      /    / 〈 ̄\
              ゚。         /  ィ ´  . ノ:::::::::ヽ
                    }、   _.... ='- ´   ィ´:::::::::::::::::ノ^ー- .
                  > T        ィ ´:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::ー----ミ
―――━━―――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______―――――____ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄ ̄ ̄ ̄―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄__
――――― ̄ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______―――━━――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄____
                                                            /.: : : : ::::::::::::::          |
                                                           /.: : : : ___;::::::..    ____   |
                                                           /. : ::/|;;;;;;;;;|\::::  /|;;;;;;;;;|\  |
                                                          |. : ::<  |.;;;;;;;;;|  >:::<  |;;;;;;;;;.|  > |
                                                            | : : ::::\|:::::::::|/::::: \|:::::::::|/   l
                     (今やる夫に辞任されたら・・・!!)                | : : : : : :::::::::::::::::::::::::            |
                                                         l : : : : : : ::::::::::::::;;:::: :;;::::: ,          |
                                                          | : : : : : :::::::::::::::::~T-´`-T    し    |
                                                         | : : : :::::::::::::::::::::::::::ヽ_〃           |
                                                        |: : :: : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         |
                                                          l : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.......     |

816◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:50:50 ID:I54rUMbk0


                         ...................................
                    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
              :::::::::::::::                        :::::::::::::::
            :::::::::::::::                            :::::::::::::::
           :::::::::::::::  この問題が自分達にまで飛び火する!!   :::::::::::::::
            :::::::::::::::                            :::::::::::::::
              :::::::::::::::                        :::::::::::::::
                 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                         ...................................

      ,> ̄`ヽr'´ ̄<    ,._- 、r'''Z.._                      __、─ v─z..__
     ィ          ゝ  /        \      ,._-─ v'''Z.._      ,> `      <
.     l     l'´`^ヽ   ヽ ./  , j'^^ヽ     \   <       >     イ ィ'`^'^'^'^'^'^'ィ ゝ   【遺書でレーニンから批判されていた
    |   ,イノ u  l ト、 N l  ル'uニニヽトゝ、  .}  ∠´  , ,.、   \     l.1  u     1.!
     |   ノ‐'-、_, 、_,リ‐W. │ .ノ∠ニニフバニニぅレ'  イ ,イ/ l/ ヽ}ヽl、 !`    | |'⌒'ー'  ー'⌒ | |    他の幹部党員のみなさん】
    |r=i| ⊆ニ・, .・ニ⊇|.  |r=Tモ=。TニF。=;T!   | /-─-' '-ー-‐| |   r=i| ⊂ニ・  ・ニ⊃ |i=、
     ||{^||     | | v |   ||L|lヽ.三./ vヽ.三.ィ′ r=T¨モ。fニf。テ¨T=、  {ft|| v   |.|  u |f リ
   ノ 'ー|! `! u L_」  r1   |`7|!rー'‘‐~‐' ‐-|   |h||`ー-イ  .ト-‐'||ヲj   `7l.   '-U-'   :|く
  ,ノ/|  l、  -‐-ー- ,'_/|./ |  -ー~~′ !   ゙ー|! u ‘ー-‐' u ll‐' -‐''7 |  -──-   |. ヾ''ー-
-'‐1|  |  |ヽ.  --  ∧ l  |'  l u  ー‐   ,l   rー:l  -一ー-   l-、  l   ヽ._   ̄  ,ノ   |
.  |.!   ! l. ヽ    / l||ー- ⊥_  ` ー 、__,. イ `f⌒\l` 、 一 , イ /´ヽl     |、 ̄ ̄ ̄ ,|   |
.  !|   Wト、 `ー-‐1V ||    ヽ、_    .|  l/⌒ヽ  ト、 ` ー ' _,|  / ̄\.__ ド.エエエエエ.イ    |
  ||    | ` ー--‐イ   ||     ハ、゙エエエ'ヌ'´ヽ、_   K.エエエエエン!    _,ノ ∧      レ‐- 」
. |L ==、、|     |   ||     .l l |│| / |       ̄\l十十十十レ'´ ̄    l ヽ       |
  ´   |ヽ|    |.r;='」     |  ||│/  |       ソl‐十十十|         |  ,ヘ      |

817◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:51:29 ID:I54rUMbk0



                 _,. . -‐-- 、_  _,, ,,_
               /: : : : : : : : : : : "`::::::::ヾ
             /: : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::ヾ彡
            /: : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::::::ミ
            |: : : : : : : : : : : : : : : : :, ト、:::::::::|-─''''、'" ̄ ̄~`ヽ、_,;、
             _|,: : : : : : : : :/: : : : /|/ |:::::レ|`:::::::::::: ヽ: : : : : : : : : :
        _, - '  ̄/: :n/=<_'─'/_>ヽ|::/、::::::::::::::: : : :ヽ: : : : : : : : : :
     _, - ': : : : : : / トレト ヽ{:エェ:}-,{:ェエ:}ィ//::ヽ::::::::::: : : : : :ヽ: : : : : : : :
   /: : : : : : : : : :/: : `ヽ,  ゙  ̄" | ゙ ̄ "レ:::::::::ヽ::::: : : : : : : : i: : : : : : : :    まてまてまてまて!!
   /: : : : : : : ヽ : /: : : : : | | U  ` '    /|: : : : :/ : : : : : : : : !: : : : : : :
  {: : : : : : : : : ヽ /__: :| ヽ ヽニニ='  / | : : < _: : : : : : : : : :i: : : : : : :
  }: : : : : : : : : : :ヽ /: : :ヽ `_   '   / |: : : : : :/: : : : : : : : : :|__,,,     結論を急ぐなやる夫!
  {: : : : : : : : : : : :}::|: : : : : :\  ̄ ̄r ̄=-イ- ,,_/: : : : : : : : : ::::|"
  |: : : : : : : : : : : |::::\: : : : : :\r'~`、 ヽ      ̄`>,○: : : : ::|
  ,|: : : : : : , -‐---===>ェ__/~ヽ|  ノヽ、  ヽ   /  |: : : : : : ::/
  |: : : : : : : : : : : : : : : : :r-‐/~ レ `‐' " \-,,_、  |  ノ: : : : : ::/
 ,|: : : : : : : : : : : : : : /イ rイ_ノ   r   、_L_ _,) |/: : : : : : ::/
 L: : : : : : : : : : : : : : / !_ ィ    >,,_,/    /: : : : : : :::/
  \: : : : : : : : : : : __| ノ >-‐': : ヽ      /: : : : : : : ::/
   `‐- ,, __O Oヽ::::`'~フ"○: : : : :ヽ   /: : : : : : : 0: : ::ゝ、





/        _r~-'   | |
    r~ミz孟zzzz≧x  |ノ
。   |   }!     H! .L」
..ヽ   ゚。       `¨´ 〈      同志レーニンは偉大な指導者であり
  }   >-┐      'T′     常に党のことを思っていた!
  ゝr ´  ゚。    ⌒ :f
  r┴ ..._ ヽ     |       この遺書もそれが故であろう!
/>ミ、_ `¨ =r---'
::::::::::::::::::`丶¨ー- .」ア         しかし、杞憂というものだ!
、:::::::::::::::::::::::::\  厂二ミ 、
: \:::::::::::::::::::::::::`¨{ 、  \ \
::::::::\:::::::::/::::::::::::::|. ヽ.   \ \
::::::::::::::\:::: ̄ フ:::: |  、    \ \
::::::::::::::::::::ヽ:/::::::: |   \.    \ ヽ
:::::::::::::::::::: : \ミx__|    \    \ノ
::::::::::::::::::::::::::::::\:: |      \ /´

818名無しのやる夫だお2012/04/11(水) 21:51:58 ID:APULAVhw0
自分の地位のほうが大事ですか…

820名無しのやる夫だお2012/04/11(水) 21:52:52 ID:GTWqzrTM0
ついでにいえば党の実務抑えてるのが実質やる夫一人なんで
やる夫に抜けられると党が回らなくなる

819◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:52:28 ID:I54rUMbk0


         /::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,/フ,/ノ:ノ!:ノ  ヽ:.:.:.:.:.:.:!
        ィ":::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ:./´ '"´ ノ/ノ/    !.:.:.:.:.:.:}
        /::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.,/r'"'´ レ'      "  '~    !:.:.:.:.:.:.:i
       {,ィ':::::::::::::::::::::::::::.:.:.:/                  ,!.:.:.:.:.:.:ノ
        /"::::::::::::::::::::::::.:.:./  -‐‐‐-、_            /:.:.:.:.:ノ
        i::::::::::::::::::::::::::::.:,'  __y'"´ ̄  `ヽ、      _  !.:.:.:/
       {::::::::::::::::,--、;>f'"´ ∥       !,-‐-v=≠‐-、`、!:.y'     ・ ・ ・ ・ ・
       ヽ:::::::::::,! ,_ ヽ:.ノ   λ        ノ  ∥    }-'"     我々は全員同志レーニンの忠実な弟子だ!
        λ::::::::l r'! ヾ    ゛ー---‐‐'"   λ    チ、
         ヾ::::::! |                 !゛ー-‐‐', i      この中に不適切な人間はいないと思う!
          ヽ、ヽ ヾ             ,  ./    ,!/      (※ただしトロツキーは除く)
           ゝヽ     し              /ィ
            `、λ_ i      `、‐- __       /ノ        同志やる夫を書記長から解任する必要はない!
             `〉 i       `‐- 二_=‐-,   r'
              !  `、         __⌒"   /          そうではないかね?同志諸君!
             !   λ              ,'´
              !    ヽ            i
            -!     ヽ           ノ
          ゝ'´ ! ,r‐‐--、、`ー-、___,______,ィ'!ー、
         λ  ! /,ゝ    `ー‐--、_____⊥‐' )_
 , ィ‐‐‐‐----==ゝ__レ'                 ,ノ;;;;ヽ、
'´: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ,________,rー‐‐-‐‐‐'フ'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ,___

/ /// .|;:::::::;/,/ /  , ,/ i  \  ヾ、ー }
 // l //ヾソ/ /  / l l   丶   ,\_ノヽ
 | l |ノl/l// /   /l   | |  l  \  ヾ \ |
 l | l/l| /ノ/ /   //    ノl  |   ヾ,  l  l |
 |l |/ |/ / / /  / {  l  l |  l|    |、 |  Y
 ||Y l/// /./  l j  |  | l  | l  | l | l  l |     !?
 L| ::|// l /  ノ, l|   l  / !  l |  |lヽ、|  |l |
  i:| ;リ,  | l /|l  l|  .l  /∧l   l|  |l l| !  | |
  l|//   l/l /,ハ、 |_,イ__//ヾ\_ヾ:、l| |! |  l |     そんなことない!
  || |   l|/x'=ュr:、   " _,;r;k-,ゞ=ュ乂l |  |/
  | | l   ll i´/:::;:,ヘ;゛     // r';:::ヘ,ヾ;,リ | /      やる夫は解任すべきよ!
  | | |   |l  ,ヾ;:::::ソ丶     '゛ '、;;ノ ,"l | \
| l | | l  ! |  丶 -‐         ー--‐'  | l  |
l| | |l |  |l |                    ! |  l|
. | |ヾi  | l       、 _         l| l  |l
.| l |  | |ヽ      ___         | / //
ヾ,/ゝi  | |l \    ljー‐`ヽ.     /i / //   _    _/
 jー┤  | l|\,ヽ、  |    |    / j / ./// ̄ヾ_ ̄ ̄
   .|ヽ, .|i l|  lヽ丶 ヽ、_ /  /  /l' /      /::/ ̄ ̄`'ヽ、
   |:::::lVjl |  | };、\ ` ´  /  /:/ /      /::/      ヾ
   l::::;| \iヽ .| ヾ;:::、`' ー'"  /::::;/ /      /::/
   |:::::l     .|  ヾ::::::::::::::::::::::''::::::‐''_/      /::/

821◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:53:24 ID:I54rUMbk0


              /~" 、     /~"、
               /::   'l      /::  l
             /..:::   i,    / :::    l
              / ..:::::   `~';:::     |
              / ...::::: : :    ''''      |
            /. : ::::::::::: : :            |
           /.: : : : ::::::::::::::          |
          /.: : : : ___;::::::..    ____   |     ・・・ワシはジノヴィエフの意見に賛成だ。
          /. : ::/|;;;;;;;;;|\::::  /|;;;;;;;;;|\  |
         |. : ::<  |.;;;;;;;;;|  >:::<  |;;;;;;;;;.|  > |    レーニンの心配はすこし度が過ぎるというものだろう。
           | : : ::::\|:::::::::|/::::: \|:::::::::|/   l
         | : : : : : :::::::::::::::::::::::::            |    やる夫を書記長の任から下ろすべきではないと考える。
        l : : : : : : ::::::::::::::;;:::: :;;::::: ,          |
         | : : : : : :::::::::::::::::~T-´`-T         |
        | : : : :::::::::::::::::::::::::::ヽ_〃      U    |
       |: : :: : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         |
         l : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.......     |



      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧
 (´‐ω‐) ∧∧) ( ∧∧(‐ω‐`)   <まぁ、確かにね・・・遺書の内容は気にすべきじゃないよ。
 | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ
  u-u (l    ) (    ノ u-u    (巻き添えはごめんだよ・・・)
      `u-u'  `u-u'



       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \     ・・・ということはやる夫は皆さんから
  /  /⌒)   ⌒゚o  \
  |  / /(__人__)      |   全会一致で信任されたということですかお・・・ありがたいですお。
  \/ /   ` ⌒´     /

822名無しのやる夫だお2012/04/11(水) 21:53:33 ID:dfKt9ryQ0
ケツに火がつくまで分からないもんなんだろうな

823◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:54:12 ID:I54rUMbk0


          ___
        /     \
        /  _ノ  ヽ、_ \
      /  /⌒)   ‐=・=- \
     |::::::::/ /(__人__):::::::::::::|   (, こ ┼'っ l, |
     \:/ /:::::トェェェイ`::::::::/         l     ノ
          `―‐'


          ,  ------- 、         ___
          /    ´ ̄`ヽ)ン´ ̄ ̄ ̄``<{{{ ⌒ヽ、
      ///   / ソ\  // |ハ\\<⌒ヽ\
     / / /     ////|   / /  /   | ヽ ヽ \  ヽヽ
     / / /     // // 〉 / /  ,イ   | | │ ヽ| ヽヽ
    / / /   //|/// / / /  //     | | │  |ハ ヽヽ
    | l l / // |// ハ / /   //    / | /!   |  ヽ   l
    | | l / // / | | l / /   /ノ  /  / / //  /| | | |¦|
    | | |│ l/ /l |│|│l   / _.ィ=ミ、// ///リl | | |│|    そ、そんな!
    | | |│ | /  | |│|│l  l'´〃|::::|ヾ     ィバ | | |│|
    | | |│ |/   | ト|│| |  |   └┘      〈 しリノ / ll | |    ならせめて遺書を
     .l l |│〃   | 卩 | |│ |            イイ | l/
     l l | l/j  |  | ノ。 |│| │        ' ノ    |丨 | l     全党員に公開すべきだわ!
     l│ | | |  | | |}8┤|│ |  し            //│| |
      .l | V/ /| | lニ;;コl l ヽ |       r_丁  // 川 |
      | / |ハハl |ノ||;;| ll  ヽ|           // // /1l
      |/|  ∧| |八 Ll /ハ  ヽ 丶、       ////ル' ||
      〃,⊥厶LL| 八Vノノ\ `丶\  ` T T´////
    /      ヽ::::::}}ヽ:::::::` ー------┴<∠厶∠ 、
   /         |:::::{{ \:::::::::::::::::::::::::::::::::::}}:::::::ヽ    `ヽ

824◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:55:03 ID:I54rUMbk0


        /                 ∧          ヽ
       /          ,.   , / \ 、       ヽ
     ィ           / {///! /    ヽi         ト
     /〃         イ / '〃//      | i          }
        ! ,    〃/' !/  ′/       ヽ|       iリ
      リ/!   」 ー- 、、        _,.. -‐、 {      ノ′
          !.  f !.r―==㍉'__r '  ̄三、ミ!_」_/ ヽ  /
         \|  .{ : : 工ユ} |  |: : {⊥∠: } ̄ i' i 、| /
             i  「 ̄ ̄ ̄ .|  `ー―― ′   い !|     そっ、そのような必要はない!!
           ヽ_|      |            i //
            ヽ       ` "     U    /リ      公開するのは限られた一部党員だけで
              ヽ      ___  、   ィ-〃
               i. { ー== ┴ ´   ′ / |'′       十分だ!!
              ト.     ̄      /  | 、
             /| ヽ            /   .|.ノ!
              | ̄ ̄ヽ-┬‐―ァ‐-- 'ー‐ '´ ├- .._
        _,.. '´!_   〈 ! / 」    _,..┤     ‐-  .._
     ̄ ̄ ̄/   |   ==‐ゝ-∠ -‐ 二    |       \  ̄
        /     ト,.. '´/   i `ヽ_____,.. ァ′          \
      /       /  /     }   `ヽ   /             _ノ



           /l     、
         / |,,_   / l
        /   :::::::~-'  l
       /   ::::::::::::    l
       /  「●」::::::::::::::  |   (こんなものが公開されてみろ・・・
       l   :::::::::::::「●」  |
      |   ::::::::lゝ::::::::::  |   ワシらの名声にどれだけの傷がつくか!)
     l   ::::::::::::::::::::::::::  |
     |  ::::::::::::::::::::::::::::::::  |

825名無しのやる夫だお2012/04/11(水) 21:55:16 ID:kHhgit4Y0
しょせんレーニンは既にあの世の住人。

死人の「意思」などというのは、生者が都合の良いように利用するためにあるのだ。
死人は生者に対して、直接反論や抗議はできないからね。

826名無しのやる夫だお2012/04/11(水) 21:55:20 ID:AZtWFB8E0
やる夫一人を攻撃してるつもりが実は全方位に攻撃してるとわからなかったのが敗因だな

827◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:56:06 ID:I54rUMbk0


結局、やる夫を書記長から解任する絶好の機会はこうしてうやむやになった。



           ___
           /⌒ ー、\
          /( ●)  (●)\         ま、悪巧みなんてそうそううまくいかねーんだお♪
.      /::::::⌒(__人__)⌒::::::\
  cー、   |     |r┬-/ '      |⌒,一っ
 ,へ λ \    `ー‐'      / 入  へ、
<<</ヽ                     /\>>>



誰もが党の神格化が進むこの時に、レーニンから非難されていたという
「異端」の不名誉を被りたくなかったのである。

828◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:57:11 ID:I54rUMbk0


ジノヴィエフやカーメネフ達は、やる夫の罪を赦すことで自分達の異端の罪も帳消しにしようとした。


            _、-‐‐‐-..,,__
            , ':::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`,
          /::::.:.:.:.:.:.:.:.:,;:.:.:.:ノl
           l::::::::::::i'`'v____n,j
          `k::::::::(,リ     .リ{、     (これでいい・・・
           ヽ::::::::ゝ、 u  __,'
            l: : :゙i.    l       こんなものはとっとと握り潰すべきだ!)
           ェ‐‐--ニニ==イ
         、‐'`::::.゛ミ_二三b-,,_
        ,r'    :.:.:.:.:`'ィ.,l \`ヽ
        イ..:.::.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:l   `v. \
       l:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l  ,、ハ ,ノ
       .l::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'‐-'``'ィ'
      l:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l



この二人には、10月革命の時にレーニンの武力蜂起に反対したという決定的な「異端歴」があったのである。
そしてそのことはレーニンの遺書でも触れられてしまっていたのだ。




             / i   ./ヽ,
            /:::  | /   ',
           /:::::  ""       i
            /::::::         l
             /::::::          i
         /::::::           |   (もしもあのことが明るみになれば・・・
           /::::::            |
        /::::::             |   ワシの立場はなくなってしまう)
       /::::::              |
       /:::::               ヽ


彼らはどうしても、レーニンの遺書を認めるわけにはいかなかった。

829名無しのやる夫だお2012/04/11(水) 21:57:19 ID:GTWqzrTM0
悪だくみに関しては世界史でも指折りのド外道にだけは言われたくない台詞だww

833名無しのやる夫だお2012/04/11(水) 22:00:07 ID:kHhgit4Y0
>>826
攻撃対象を広げ過ぎて、かえって主敵の元に一致団結させてしまったか。
敵は各個撃破すべしという戦の常道からすれば、遺書の全公開は悪手だったかな。

クループスカヤに、レーニンの遺書のうちの「やる夫を非難する部分だけ」を公開するぐらいの
腹芸を駆使する機転があれば、やる夫は終わってたかもな。

尤も、実務能力でやる夫の後釜に座れる人間がいないと、結局同じことになるだけの気もするけど。

837名無しのやる夫だお2012/04/11(水) 22:02:29 ID:GTWqzrTM0
>敵は各個撃破すべし
後のやる夫の政争のやり方はまさにそれだからな

830◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:58:09 ID:I54rUMbk0


レーニンの遺書はこうして握りつぶされてしまった。

この時、ジノヴィエフやカーメネフがやる夫を始末する機会も永遠に失われてしまったのだが、
彼らがそのことに気づくのはもっと後になってからであり、そして、すべてが手遅れになってしまってからだった・・・

              /            /
                i' .,..._        ./
         `丶、 .∨   `丶 、  ./                       ,,__,,..‐ '" ̄>             //
           ゙l.  `' - ..、    \/                 |゙、ヽ    \  .゙、/            / /
           !     .',                         i `、ヽ     `i  `、            _..-'"゛  /
           ` 、    、                   `ヾ l l     /    ゝ、       /  .、  {
 __            ヽ    ゝ                          ノ }     〈     イ       /     ',__  )
.´ i′           \,   ヽ         _..-ーァ        `ヽ´     }   __!      /      ',  ̄
 l                `''' ´     / \ `ヽ  ヽ                ,' _,-'"       /      ',
. l、_,,-、                   く_   ',   }   ',                 '"        {      /´
.:    l                      `ヽノ  l ._,. 〉                      }     /
.!     ',            _.,--イ            レ´             __..、               |  /
i     .、              /  /                   _,,...ノ ノ                |./
、     ヽ            / ./           __        {  _,'"               ´
.\.    .ヽ        /,,,/            l_ /         ゝ´
  `丶、,,_ .\                                         _
       ̄ ̄     .!ゝ、             i'-.._                 _/″,-ー-`
                 ゙、 ~ヽ          `ー- 、.           , "´ー-、 /         /!
                 ヽ .イ、                       / __/  `         / .!
                 .ヽ |                _            '´              /  '、
              ノi      ` ゙、        / ̄  _>                      /    〉
      _     ,′',              '".-、 ./                     /      ',
   _/   ゝ ./   !                 `‐゙_.. -ー-.- 、             '、      i'
  ./     ヽ.{   !                    /       .`'ー.、_           ヽ   ,、__ .,゙__,,,,,,
/        ヽ  !、                 /            _,, -'           ノ   /      `i
..\           ヽ  ゝ、                   |       ,..-'''"´         , "    /         }
  ヽ           ,ゝ   .l             ノ       ./            /   _,,,ソ       /
   ヽ    ._、‐'゙、    l       .`ー--─´    ./             ,_" -'" /       /
    ゙、,..-'"   .`丶、.  !        `ヽ         f  ゛             ″     `丶、     /
               `            ` 、   ノ                       `丶、/

831◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 21:59:07 ID:I54rUMbk0


この直後、第十三回党大会が開催され、ジノヴィエフはレーニンの遺書問題を振り切るかのように
トロツキー批判キャンペーンを強力に再開する。



                 _,. . -‐-- 、_  _,, ,,_
               /: : : : : : : : : : : "`::::::::ヾ
             /: : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::ヾ彡
            /: : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::::::ミ
            |: : : : : : : : : : : : : : : : :, ト、:::::::::|-─''''、'" ̄ ̄~`ヽ、_,;、
             _|,: : : : : : : : :/: : : : /|/ |:::::レ|`:::::::::::: ヽ: : : : : : : : : :
        _, - '  ̄/: :n/=<_'─'/_>ヽ|::/、::::::::::::::: : : :ヽ: : : : : : : : : :  党の経済政策について
     _, - ': : : : : : / トレト ヽ{:エェ:}-,{:ェエ:}ィ//::ヽ::::::::::: : : : : :ヽ: : : : : : : :   かつて反対の意見を述べたものは、
   /: : : : : : : : : :/: : `ヽ,  ゙  ̄" | ゙ ̄ "レ:::::::::ヽ::::: : : : : : : : i: : : : : : : :
   /: : : : : : : ヽ : /: : : : : | |    ` '    /|: : : : :/ : : : : : : : : !: : : : : : :   自らの過ちを認め、告白し、
  {: : : : : : : : : ヽ /__: :| ヽ ヽニニ='  / | : : < _: : : : : : : : : :i: : : : : : :   党公式路線への新たな忠誠心を
  }: : : : : : : : : : :ヽ /: : :ヽ `_   '   / |: : : : : :/: : : : : : : : : :|__,,,    証明すべきである!
  {: : : : : : : : : : : :}::|: : : : : :\  ̄ ̄r ̄=-イ- ,,_/: : : : : : : : : ::::|"
  |: : : : : : : : : : : |::::\: : : : : :\r'~`、 ヽ      ̄`>,○: : : : ::|       (レーニンの遺書という爆弾が存在する以上、
  ,|: : : : : : , -‐---===>ェ__/~ヽ|  ノヽ、  ヽ   /  |: : : : : : ::/
  |: : : : : : : : : : : : : : : : :r-‐/~ レ `‐' " \-,,_、  |  ノ: : : : : ::/        一刻も早くトロツキーを無力化せねば!)
 ,|: : : : : : : : : : : : : : /イ rイ_ノ   r   、_L_ _,) |/: : : : : : ::/
 L: : : : : : : : : : : : : : / !_ ィ    >,,_,/    /: : : : : : :::/
  \: : : : : : : : : : : __| ノ >-‐': : ヽ      /: : : : : : : ::/
   `‐- ,, __O Oヽ::::`'~フ"○: : : : :ヽ   /: : : : : : : 0: : ::ゝ、




ジノヴィエフの本拠地であるレニングラード出身の代議員達も猛烈にトロツキーを批判した。

     ,,,,,,,,,,
     [|,,,★,,|,]∩ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ( ´∀`)/<  トロツキーは自己の過ちを認め
 _ / /   /   \ 自己批判すべし!!
\⊂ノ ̄ ̄ ̄ ̄\ \_______________
 ||\        \
 ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
 ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
    .||          ||

832◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 22:00:02 ID:I54rUMbk0


追い立てられたトロツキーは、自分に対する圧力が不当なものであると思いながらも、
不承不承ながら屈服するしかなかった。



:::';::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
::/ヾ::::::::::::::::::::::::::::::/
/:::::::ヾ、:::::::::::::::::::::,'
::::::::::::::::ヾ、:::::::::::::;'    ・・・たとえ正しかろうとそうでなかろうと、
::::::::::::::::::::::`ヾ、::::!    これが私の党です。
:::::::::::::::::::::::::::::::ヾi
:ヾ、:::::::::::::::::::::ヾ、:!    党に逆らって人は正しくありえない。
:::::::r;:、:::::::::::::::::::::::',
::::;ム、ヾ、:::::::::::::ト、ヽ  そして私は我が党の決定の帰結を
::::!i::::}ヽ、ヾ、:::::::;ヘ 人 すべて受け入れます。
:::バ¨  `  ヽヾ、:ヽ、`ー、
:::::!゙=="   ヽ ヾ、 、__ィー--y--‐''''´
:::::i    i      `ヽ ̄   !:::ハ::::::::::::::
::::::!    ノ             i:/ ';::::::::::::
::::::',   〈   __         !/ ハ::::::::::
ハ:::::',   `ヽ           i! ,/: : ヾiヾ:
! ヾ::;:ヽ   -、_        ,/   !:!
.!   ヾヽ,    二 ̄`    /::     i!/
     ヽ!ヽ、      .,.ィ´: : : :    レ
      ヾ::!ヽ、_,./: : : : :      /
       `!    !`ヽ、: :      /
        .i    !  `ヽ     /

834名無しのやる夫だお2012/04/11(水) 22:00:31 ID:puR.ZNpg0
こいつらにとって、もはや日課だなwww
>>トロツキー批判

835◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 22:00:39 ID:I54rUMbk0


                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj   (・・・これで満足ですか?
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'      憎き嫉妬の対象を踏みにじるのは
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/         さぞかし気持ちの良いことでしょう、ジノヴィエフ。
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ
         /\          /ヽ- '             レーニンが存命なら、
       /   ヽ、     _ イ                 こんな醜い茶番劇など許さなかった・・・
      /      ヽ、  Y
     /            ー┴、                  ボリシェビキはいつからこんな愚かしい
.    /               |                  政局劇場になってしまったのか・・・)
   /            \     |、
    i   /        \     ハ
    |  /          ヽ   |
    |  ,'             }  |

836◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 22:01:51 ID:I54rUMbk0


見かねたクループスカヤは討論の打ち切りを主張したが・・・


       //// /、  ヽ \ \ \
      /// ./ / i ヽ  ヽ ヽ  ヽ ヽ
    / / / / /  .|  |  ヽ   |  |   ヽ、 ',
   ./ /./ / |   |  .|   ヽ |  |       '
   〃 | | |  |   |   |    |. |  |       |
   |  | | |  |   |  |   |   |      |
   |  | | |  |ヽ  ヽ | ヽ   |.   |     |
   |  |人八_ルヘ、j乂___ト、 |          |   もうやめようよこんなこと・・・
   |  | /7テマ     ̄7テマヽ|  │ii!|   | |
   |  |ヽ,辷;}     ´ 辷}j |!   | 〉.|   | |   無意味だわ。
   |  |l                |!   レ |   | |
   |  !l    、.        |!   |  |   | |
   |l   ト、              |!   |  |   | |
   i!   i \   匸>      イ!  i|i. |   | |
   |!   | | |i \ `    , '  |!  /|  |   | |
   |!   | | | i `ー '    l!  ハ |i |   | |
   ト、  | i人j|i!   ヽ     |! //V|i |   | |



ジノヴィエフは無視してトロツキー罵倒を続けた。

      ヾ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::ヽ、 ,;
       )::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::V:::!
    _  ィ!::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::! ,,
    ヽゞ::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.r‐'-‐‐-、_,.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::!ノi
     !:.:.::::.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:イ:.:./''´  : : : /:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::!,
     !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;:.:.r'''フ´ノ′     : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::}
    、`、:.:.:.:.:.:.:r'"´~ -‐´        i:.;;:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::!
     ヾ、`:.:.:.:/              !:||::;:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::!   跪け!!
      ヽ、::::!               '`V!:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::ノ
        `{::!            ニ、 : : :!;;:.:.:;r'´ヽ:::::::::::::::ノ,
        ^ |,___  ,  .  ,__二_ `: : :''´!:./r': : :!:::::::::::/´
         ゝ-‐ー、,__'_Y;; ;;;rてテ;;`i,-‐'''"´` )y /::::::::ノ,     命乞いをしろ!トロツキー!!
          !;;;;ゝニ',/  ヽ,; ;;`ー';;ノ  : : : : :/' /::::::,フ''
          `ヽ,-‐' !    ̄ ̄~    : : : : :、_/::::::::)`
           !   ,' _         : : : : | /''::::/
           ヽ  `       ,   : : : : /  `i'
             `i  __,,,...='′  : : : : :/: : : : :!,ー-、
             `i  `~ ̄     : : : /: : : : : :!,  ノ,ー-、__
             ヽ   -     : :/  : : : ,r‐'''´/;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄ー- 、
             ,,ゝ、    _  ,/ ,-‐'''"´   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄` ー-
        ,,,r‐'''"´,;;;ト、二! ̄  二,イ´      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      ,ィ"´;;;;;;;;/;;;;;;;;;;ヽ、 `, /_,,,! _,,,,,ィ‐‐=,=='ー-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;〉、,.!_/ニ-'"´... ,r'";:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

838◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 22:02:51 ID:I54rUMbk0


ジノヴィエフとカーメネフはトドメを指そうと、
トロツキーを政治局から除名し中央委員の資格も抹消しようとしたが・・・



              /~" 、     /~"、
               /::   'l      /::  l
             /..:::   i,    / :::    l
              / ..:::::   `~';:::     |
              / ...::::: : :    ''''      |
            /. : ::::::::::: : :            |
           /.: : : : ::::::::::::::          |
          /.: : : : ___;::::::..    ____   |      トロツキーを
          /. : ::/|;;;;;;;;;|\::::  /|;;;;;;;;;|\  |
         |. : ::<  |.;;;;;;;;;|  >:::<  |;;;;;;;;;.|  > |     中央委員会から追放すべし!!
           | : : ::::\|:::::::::|/::::: \|:::::::::|/   l
         | : : : : : :::::::::::::::::::::::::            |
        l : : : : : : ::::::::::::::;;:::: :;;::::: ,          |
         | : : : : : :::::::::::::::::~T-´`-T         |
        | : : : :::::::::::::::::::::::::::ヽ_〃           |
       |: : :: : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         |
         l : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.......     |



          ____
        /⌒  ⌒\
      /( ー)  (ー) \
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    まぁまぁ待ってくださいお。
     |     |r┬-|     |
     \      `ー'´     /     トロツキーも反省しているようだし、
      r´、___∩∩__,  /
      \__ ´人 ` _ノ      そこまでする必要もないんじゃないですかお?
       ヽ   ̄   ̄ |
       |      /
        |   r  /
        ヽ  ヽ/
         >__ノ;:::......

穏健派の評判を崩したくなかったやる夫によってこのたくらみは阻止されたようである。

839◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 22:03:36 ID:I54rUMbk0


結局、トロツキーは首の皮一枚つながって中央委員に再任されることとなる。



       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \     最近、トロツキーを筆頭とした反対派の問題で
    /  _ ノ   ヽ、_   \
   .|   (ー)  (ー) .  |   党内がゆれてるお・・・
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ


         ___
        /     \
      / \ , , /  \
    /  (●)  (●)   \     でもトロツキーは自己批判したお!
     |     (__人__)     |     だからやる夫はそれでいいと思うお!
    \     ` ⌒ ´    ,/     これ以上同志トロツキーの名誉を傷つけるべきじゃ
     ノ          \     ないと思うお!
  ._i⌒i⌒i⌒i┐         ヽ
 ( l  l  l  l l
  ヽ      /

840◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 22:04:27 ID:I54rUMbk0



          ゚・ *:  : *・
      *・ ゜゚・ * :  .。. .。.:  *゜
   * ・゜ ゚・ *: . .。.: *・ ゜゚  ・ *  :..
 。. ・ ・*:.。 ∧,,∧  .∧,,∧   .:* ・゜
    ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧∧     <やっぱり同志やる夫はやさしい人だね・・・
   (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`)
   | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ    <三人組のなかでもあの人は穏健派で
    u-u (l    ) (    ノ u-u      党の分裂を避けようと頑張っているよね。
         `u-u' `u-u'





      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ー ノ\   /\● 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ     (いい感じだよやる夫・・・
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\       すでに他の党員は政争に飽き飽きし始めてる。
.    /  |         |  ヽ
.    |   ヽ__人__ノ   |     中道派として彼らの支持を惹きつけるんだ)
    \     `ー'´     /
    /     ∩ノ ⊃  /
    (  \ / _ノ |  |
.    \ “  /__|  |
.      \ /___ /

841名無しのやる夫だお2012/04/11(水) 22:04:34 ID:GTWqzrTM0
敵がいるからまとまっている
敵がいなくなったらまたこいつらは敵に回る

自分が確実に勝てるようになるまで待つ気か

842◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 22:05:58 ID:I54rUMbk0


トロツキーはすでに自身が孤立し勝ち目がないことを理解していた。
反論すれば党への反逆としてさらに罵倒されることも分かっていた。
だからこそ無抵抗を演じていたのである。




      ,' i l::::::入:::::::、:::::::ヽ::::::::ヾ ::',:::ミニ-、_::::::::::::::::::::::::::::::::
.     /,i! l:::ン ヽミ::::iヽミ::::、:::::::::ヽ::',:',::::`ー-`:.、::::::::::::::::::::::::
.     iソl|./      `゙'、` ヾ::::ヽ:::::::'::',!',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.      l!. l!ヽ、_ ー    ヽ \':,ヾ:::::::'!i'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-
      ! 'i!; l|!゙i         ゙'ャ,\、:::::::::::::i::::::ャ::ヾ、:::::: //   この私が・・・
       li、 l!:i           ヽ `゙Yi:::::::ili:::::i',ヾi;,'//
         ゙!ヽ::`ャ-⊆=ッ-       i:!;:::::i! ',:::l ' ,Y /      なぜジノヴィエフごときにあそこまで・・・!!
         ヾ、,ヘ ァ'`           l!';::::i  ソ! /!
            ヽ、          ン'i:リ  リ'/!i
              ,'       _,.-'"' ソ   '/il _
                l      _,_'"::::   ゙ ,r '  ̄  ` ヽ、
              ヽ、__、シ'゙'"マTミヽ /         `ヽ
                        ヽ ヽソ




しかし、彼の忍耐もすでに限界に達していた・・・

843◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 22:06:58 ID:I54rUMbk0


そして1924年10月、ついにトロツキーの鬱憤が爆発する。

            ,
           ,r/ ,;-ー_
         /:::レ:::::三:::::`ミ::=-、
         ,i::::::::::::::::、:::::::、::::ヾ::ヽミー-、
         ,r'::::::::::::::::::ヽ::::::::\.:::::::::::::\
      //:::::/:::;:::i:::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::::ヽ
.       /::/:::::::/_ヽ:!:::::ヽ:::i`_、:::::ヽ ::ヽ:::::::!            なぜジノヴィエフやカーメネフに
       i::/::::::::/'oヾ、:::|ヽ::Y o\:::::i!::::ヽ::::\           私を非難する権利があるのですか!!
     l:::i:::::::::lゝ- ' ヾ、゙ ! ー '、ヽ:::::!:::::ヽ::i ヽ
     !::!:::i:::::!   ` ` ヽ     i:::::!::::::::::::i           奴らは10月革命の時、
       l:!:::l:::l !  ,r_ー‐-、     l::::!::::::::::;::i           臆病風に吹かれてレーニンの武力蜂起に
      !|:.!::',   i'/ ̄ ̄ i     l:::::::::::::ハ:!           反対したのですよ!!
    .   l::::::ヽ.  i    i    ィ::/i:::::ハi  !
        i::li:::\ `ー--‐'   / リ |:::リfハ、_          まったく勇敢なる革命闘士もいたもんですね!!
         _..!:ハ::::l;ヽ、    /  " l::/i ヽ. ``''ー- 、._
   ,r‐'''"´  ! リ!i ヽ `='"   ,   リ /  ン       /ヽ、
   /ヽ       ヽ ヽ ヽ   /   /        /   ヽ
  l   \      \  '     //          /    i



この時、怒りの感情に任せてトロツキーは
ジノヴィエフとカーメネフの「異端歴」を暴露してしまった。




    、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
    _)                                                (_
    _)  ナ ゝ        ナ ゝ  /   ナ_``  -─;ァ              l7 l7   (_
    _)   ⊂ナヽ °°°° ⊂ナヽ /'^し / 、_ つ (__  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ o o    (_
    )                                                (
    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
 /   , ,ィ ハ i、 、     !   /''⌒ヽ-─‐- 、     、ー'´         \ .イ   , ,ィ ハ i 、 .   |
 /イ  ,ィ/l/ |/ リuヽlヽト、 |   ゝ ,、.___,  \  >       ,       !  | ,ィ/l/ l/ uハlヽトiヽ. |
  イ /r >r;ヘj=:r‐=r;<ヽ│  「 ./       u \  |  ≧  , ,ィ/ハヽ\   |   |/゙>r;ヘ '-‐ァr;j<`K
  r、H   ┴'rj h ‘┴ }'|ト、  |./        ヽ |  1 イ/./ ! lvヾ,.ゞ、 ! .ry   ┴ 〉   └'‐ :|rリ
  !t||u`ー-‐ベ!` ` ー-‐' ルリ r|´゙>n-、ヽ-rj='^vヽ _レ「゙f.:jヽ ーT'f.:j'7`h |t|.   ヾi丶     u レ'
  ヾl.     fニニニヽ  u/‐'  :|r|  ー "j `ー ′ h゙リ {t|!v ̄" }  ` ̄  !リ ヾl u  iニニニヽ   /|
    ト、  ヽ.   ノ u,イl.    ヾ! v  ヾ__ v イ‐' ヾl   ヾ_  v ./'    ト、  、__丿u ,イ ト、
   ,.| : \  `ニ´ / ; ト、    ト.、u L_ フ , ' |.    ト、u ヾー `> /.|.   ,| ::\     / ; / \
-‐''7 {' ::   ` ー '  ,; ゝ:l`ー- ⊥:`ヽ. __ / ,' |    | :\   ̄ /,' ト、_ /〈 ::  ` ー '   ,'/   「
  /  \ ::       , '/  :|     `'''ー- 、 , ' '>-,、.._ノ ::  `ー '   /,.イ   \::     /      |
 /     \    /     |        | ヽ-‐'´ _,.ヘ<  _::   _,. イ/ |     ,.へ、 /´\       |

845◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 22:08:13 ID:I54rUMbk0


【補足】


        ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
        =            ゙ミ
        ミ     ★      ゙ミ
       r―ミ             ゙ミ
      l  ミ;=======.:::゙ミ
       ヽ /  ※   ※   ※ ∧    1917年当時、ジノヴィエフとカーメネフが
.      /   r―_‐_'i:¨:¨´:l ̄:`ヽ}    10月蜂起に反対していたのは周知の事実でした。
      { ※ /: ´/: :/`:./;ハ:`: :l: l
      }   f: /fてハヾ´ /f'云ヾハ:}    しかし、内戦を経て党の威信が強化された現在、
.      { ※ }:{ 弋__ノ   弋::リ j//    この経歴は以前ほど軽い問題ではなかったのです。
      ハ   {:ヾゝ''''   ,、  ''',イ ヽ
.     /: } ※. }: : ;>‐‐--‐<ヽ  }_
    /: :.{    l:/{i{ (ニニXニニ)} :.{ ※ ヘ
   ,.イ: : :/ ※ l:ヾ}i}  〃{i  {i: :ヽ  ヽ
.  {:ヽ: :.く   /: :j:ヾx、_ノノゞ≠'j : :.} ※ }
.r<:ヽ:`:ー`ヽ,/f'"::`ーt‐f´:t‐r‐':ヘ:-'`¨¨:}´

                                                           _
                                                        /: : :ヽ:ー、   _
                                                          ゝ:、_: :ヽ__:_r‐':.lヽ
                                                      , -、ノ: : : : : : : : `: :|: :.ヽ、  __
                                                 .     く: : : `: : : : ; -― ‐{`: : : :ヽ´: :.〉_ -、
                                                       '; : : :.,ィ'´      ゝ‐-、:-:'ミx:´: : : 〉
                                                     r‐': : ; '           ノ: : :}ミ}: : :ノ
                                                     廴:../   l     l    ,': : : :}三!: :ゝ,x=ュ、
                       つまり、                           ノ;'  l !       l   ヾ_: : l三!: : : 〉`ヾ
                                                     ヾ!   !ム斗 / l‐l-、l /  〉: l三!:r‐'ミュ、
                       決して触れられたくない                 lト、  lィュヽ,/ l/ //l/l f´: :..l三!:ヽ三}ヾ
                                                        ヽ l じ'   ィ示云x! ゝ、: :l三:.ノミ} }}
                       黒歴史だったワケね。                     l ! ,    弋:ツ/ l  /:{薔}/三} リ
                                                           l人  、_    / / /彡イ ,ィ彡'´
                                                           !  ,ヘゝ'    / l  l' l イ/}ミ}
                                                        / l {三ミ二三l   ト、 ヽ ヽ{ミト、ミ}
                                                 .      / /l /三ミ薔三ミ!  l三ヽ_ヽヽゞ=ミ}
                                                      / ///:.{三リ寸三}ヽ ヽ〃: ヽ ヽ
                                                 .    / / /: : :ゞ〃 ヾ三三ヽ ヽ: :/ /}

846◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 22:09:20 ID:I54rUMbk0


          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\    その通りです。
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ     トロツキーは憎さのあまり
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
         | |{i t    _     / |     この問題に言及してしまいました。
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |     しかし、これはあまりにも軽率な行為でした。
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |


【補足終わり】

847名無しのやる夫だお2012/04/11(水) 22:09:59 ID:kHhgit4Y0
互いに傷つけ合い、威信と名声を貶めあうトロツキーとジノヴィエフ・カーメネフ…

漁夫の利を虎視眈々と狙うやる夫の凄絶な笑みが目に浮かぶわ。

848◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 22:10:11 ID:I54rUMbk0


トロツキーの暴露は喧々囂々たる大騒動を引き起こした。


./          , ィ >ィノへ 〈
l    . . : : : :/´        l:ト
l . : : : : :/こV 、    ⌒\   l|
V: : : : : /  〉  `¨`7^5ミ V ノ
 v: : : ∧ l     { ゞ' /マフ    ジノヴィエフとカーメネフの両氏が
  ヽ: : : : 〉,      ` ー' 〈
   }: :/〈    ,    - ,ノ     10月革命に反対していたというのは事実なのですか!?
  ノイ   、    ⌒こイ
/^ヽ    \     /´__      ジノヴィエフ氏は次期党指導者の有力候補ですが
l    \     \__ /::::::::\
:l     \   /  /::::::::::::::::::::',   この経歴は大きな影響を与えるのでは!?
:::l         \〈\ {:::::::::::::::::::::::}
:::::l        人 l V| ̄ ̄ ̄ ̄|
:::::::l      / ハ / |____|
:::::::::l、   /ヘ.__/ l:l /   r ┐ /
:::::::::::l\/  / l l:: ̄/´ ̄ ̄`!
:::::::::::::l     /  | l::::/ ´ ̄ ̄`l

                                  ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
    ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧           <                          >
  <                     >         <  ジノヴィエフとカーメネフは         >
  < 大問題だ!追及しろ!!   >         <  反党分子だったんじゃないのか!?>
  <                     >         <                          >
    VVVVVVVVVVVVVVVVV            VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
                                         f¨゙!
:┐         n /〉               <ヽ          /^〉'
 !         }”/              ,、  <`ヽ        ./:::/.,、
⌒!ィ        f¨゚{             <´ 'ヽ Vハ   |ヽ Y¨! |::::}イ { , -ー 、  _ /¨>  r-‐,、 <⌒!
::〈人_r-ー- 、_r<}| >:::: ̄:`ヽ__, - 、__r 、r=¨>‐-! /:::::}__Vヘ }:::|__}::::{.ィ1.|:.:.:.:.:.:.}_, くノ ̄! ./;;;;;;;;;}_, ヘ⌒',
/:.< /::::::::::::::::Y::/|i /::::::::::::::::::::::Y:.:.:.:.:.YVイ!:::::}::::::::|/::::::/:ァ<! V_::| ',く/⌒!}:.:.:.:.:ノ/ /:/^V__〈ヽ;;;;;/_!__ノ::::::ヽ
:.:.:.:}|:::::::::::::::::::|:{:. }:!:::::::::::::::::::::::: l:.:.:.:.:.:.|ィ ゝx}:::::: |::::::/:.:/  / > ¨⌒ヽ:'.  V¨¨ヒ{_. V==<:::::`ヾア´:f⌒!ヽ:::::}
\f':!::::::::::::::::::lハ:.:リ'.:::::::::::::::::::::::∧:.:.:.:./ >イ::! :::: |:::::{Y/' 〈 /:::::::::::::::::}:'   V::::::::::{ .}  .}::::::::::|:.:.:.:.|:.:.:|:.:.}-:'
  ヾ!,、:::::::::__/_/  ヽ::::::::::::::::/|レVWハ/::::::::/:::::: |::::::|ハ   V!::::::::::::::::::!:/  ./:::::::;:::Y  /^!:::::::{:ト、: |:.:.:|:./:::::
    `Y゚ ̄    _/VレvイW:::::`ー-::__/:::::::::/:::::::| ヽ  `!:::::i:::::::::::|'   /:::::::/L_|   ̄⌒¨}>ヘ}:.:.:|”::::::::
、      f´ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::|  ヽ .|:::::l::::i::::::|  /:::::::::|  >- ._  }}   |:.: |ヽ:::::::

849◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 22:11:10 ID:I54rUMbk0


           /      / |             \
       ./     ./  / |              ヽ
      ./     ./〕/  、 ト、             l
     /     ,イ././´    V  ミー-ミ         |
      | イ   | |'            __  ヽ       リ
      |{ マ  .}           _. -¬   Ⅵ >ミ、 ./      だ、黙れ!!
      |! \ :| ,、     、 x≦三ミx:==キ7  }  {
        ゝヘ _>-ミ、__T  〈 の :||   i"   リ  l
          f「ヽ 〈_延厂`L__二...ノ'      ./  l       この私が・・・この私が反党分子だと!?
            マ、ノ__ノ}             / 彡'
            ヽ!   〈 _ ,、       し fーく/
             ヽ        _, ヽ    ′ .
             、  ,.. -ニ= '     /    「 ツ{
              、  ` ̄_    u  /    / 〈 ̄\
              ゚。         /  ィ ´  . ノ:::::::::ヽ
                    }、   _.... ='- ´   ィ´:::::::::::::::::ノ^ー- .
                  > T        ィ ´:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::ー----ミ
              く   }    _. ィ ´:::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::;:::::-::一::::::::::::::
          _.. ---=土ミ.L. イ>'::::::____:::イ::::::::::::::::::ィ´::::::::::::::::::::::::::::::
       . < > ´     L./:::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ィ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     /  /         }/:::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


           /l     、
         / |,,_   / l
        /   :::::::~-'  l
       /   ::::::::::::    l
       /  「●」::::::::::::::  |     トロツキーだ・・・
       l   :::::::::::::「●」  |
      | u  ::::::::lゝ::::::::::  |    これは党を崩壊させようとする
     l   ::::::::::::::::::::::::::  |    トロツキーの陰謀なのだ!!
     |  ::::::::::::::::::::::::::::::::  |

850◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 22:12:20 ID:I54rUMbk0


ジノヴィエフとカーメネフの異端歴はレーニンも遺書で触れていた。

しかし、レーニンはその経歴を「政治的非難のために持ち出されるべきではない」と但し書きをつけていた。
あまりにも重大すぎるため、二人を過度に追い詰めてしまうことを懸念したからだ。

にも関わらず、トロツキーは軽率にもこの問題を持ち出してしまった。


                _           ニ / l l
             /´´,ィ〕           /
  ニ / l l   ,_   /  'ーっ          /ニ7
   /   /777/  / ゙̄7 ̄   / ̄`ー 、     /
  /ニ7 {   し'7/;;;;;;;//   /      __ ヽ  :
   /   ヽ.  ノ {;;/〈/   l  ,.、  ノ 7        _ f'h、
    :   |ー--| X;;;;;;;\     〉 l レ -⊂:!       (.くノ ' 'ヽ    ふざけるなよ・・・!
  ,rf'?   !;;;;;;;;!// V;;;;;;;;;;\_l  ヽ r‐、,,-'ヽ,     .〉   ノ
 〈  レフ .!;;;;;;;  ̄ ̄ ̄/;;;;;;;;;;;;"''-、イi、 ̄/   、   / ̄ ̄/     戦争だろうが・・・
  ヽ  く  `‐! !-l__/;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;`゙ー': _ ヽヽ. /;;;;;;;;;;/
.   V⌒ヽ_, ll-‐ヽ /;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,ゝ、;; ̄ ̄ ̄;;;;;;;;;;/ }}     それを口にしたら戦争だろうがっ・・・!!
   ヽ;;;;;;;;;;;;;!!;;;;;;;∨;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /;;;;;;;;;;\;;l.!;;;;;;;;;;/  ノノ
     \__,,.ゝヽ''7;;;;;;;;;;;;/;;;ニ / l l;;;;;;;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;/,'─‐'   r‐ 、
         /;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;,イ ヽ;;;;;;;;/ /\___/ ´ヾ、
.        /;;;;;;;;;;;;;ノ;;;;;;;;;;/ニ7;;;;;;;;;;/;'|___ゝ'/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ  __,.へ)
       <、;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;/;' | '´イヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丿 ''´
     /:::`::::ー- 、;;;;;;;;;;;;;;;;; :;;;;;;;;/;'  !   L_  ̄ ̄ ̄  ノ丿


           /l     、
         / |,,_   / l
        /   :::::::~-'  l
       /   ::::::::::::    l
       /  「○」::::::::::::::  |     はっはっは、見事だトロツキー。
       l   :::::::::::::「○」  |
      |   ::::::::lゝ::::::::::  |     お前のおかげで我々の名声は地に落ちた。
     l   ::::::::::::::::::::::::::  |
     |  ::::::::::::::::::::::::::::::::  |     一般党員の我々に向ける冷めた視線を見てみろ。もうどうしようもない。





      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧    <同志ジノヴィエフとカーメネフって10月革命に反対してたんだって。
 (´‐ω‐) ∧∧) ( ∧∧(‐ω‐`)
 | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ   <偉そうなこと言っときながら、
  u-u (l    ) (    ノ u-u     自分達は党に逆らってたんじゃないか・・・アホくさ。
      `u-u'  `u-u'

851◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 22:13:30 ID:I54rUMbk0



   ┃┃   ┃┃
━━┓ ━━┓ ━┓┃┃
    ┃     ┃   ┃
    ┃ ━━┛ ━┛ ━┓┃┃
━━┛/,'/ヽ.、    ,:'ヽ  ━┛
     ,'::::::::ヽ.__.,:'::::::::ヽヽ
      :i::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゛、      ・・・許さん・・・
    i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
    :!::::<.(::).>:::::<.(::).>:::::::! |i     許さんぞトロツキー・・・!!
     !.:.:.:.:.:.:.:.:、:_,__;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
   |! |.:.:.:.:.:.:.:.:.‘、_,ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l    たかが新参者がよくも我々を・・・!!
   ,|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!
  /:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、




これにより、トロツキーに対する二人の憎悪は、もはや後戻りができなくなってしまった。

852◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 22:14:34 ID:I54rUMbk0



              /~" 、     /~"、
               /::   'l      /::  l
             /..:::   i,    / :::    l
              / ..:::::   `~';:::     |       ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
              / ...::::: : :    ''''      |      <                          >
            /. : ::::::::::: : :            |     < レーニン主義かトロツキズムか!! >
           /.: : : : ::::::::::::::          |     <                          >
          /.: : : : ___;::::::..    ____   |     VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
          /. : ::/|;;;;;;;;;|\::::  /|;;;;;;;;;|\  |
         |. : ::<  |.;;;;;;;;;|  >:::<  |;;;;;;;;;.|  > |    トロツキーはかつてメンシェビキだったのだ!!
           | : : ::::\|:::::::::|/::::: \|:::::::::|/   l
         | : : : : : :::::::::::::::::::::::::            |   真の異端者は奴の方だ!!
        l : : : : : : ::::::::::::::;;:::: :;;::::: ,          |
         | : : : : : :::::::::::::::::~T-´`-T   U     |   トロツキーは裏切り者だ!!
        | : : : :::::::::::::::::::::::::::ヽ_〃           |
       |: : :: : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         |
         l : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.......     |


        /                 ∧          ヽ
       /          ,.   , / \ 、       ヽ
     ィ           / {///! /    ヽi         ト
     /〃         イ / '〃//      | i          }
        ! ,    〃/' !/  ′/       ヽ|       iリ
      リ/!   」 ー- 、、        _,.. -‐、 {      ノ′
          !.  f !.r―==㍉'__r '  ̄三、ミ!_」_/ ヽ  /    トロツキーはかつてレーニンと対立していた!
         \|  .{ : : 工ユ} |  |: : {⊥∠: } ̄ i' i 、| /
             i  「 ̄ ̄ ̄ .|  `ー―― ′   い !|      そのことを示す手紙を我々は入手した!
           ヽ_|      |      し     i //
            ヽ       ` "          /リ      トロツキーはレーニンの敵対者だったのだぞ!!
              ヽ      ___  、   ィ-〃
               i. { ー== ┴ ´   ′ / |'′
              ト.     ̄      /  | 、
             /| ヽ            /   .|.ノ!
              | ̄ ̄ヽ-┬‐―ァ‐-- 'ー‐ '´ ├- .._
        _,.. '´!_   〈 ! / 」    _,..┤     ‐-  .._
     ̄ ̄ ̄/   |   ==‐ゝ-∠ -‐ 二    |       \  ̄
        /     ト,.. '´/   i `ヽ_____,.. ァ′          \
      /       /  /     }   `ヽ   /             _ノ

853◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 22:15:30 ID:I54rUMbk0


結局、この大論争は泥仕合となった。
お互いがお互いの名誉に泥を塗り、一般党員の心は双方から急速に離れていった。



  |\     /\     / |   //  /
_|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
\                     /
∠      裏切り者!!       >
/_                 _ \
 ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
  //   |/     \/     \|
                             |\     /\     / |   //  /
                           _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
                           \                     /
                           ∠      異端者め!!      >
                           /_                 _ \
  |\     /\     / |   //  /    ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
_|  \/\/   \/\/ |∧/ ///      //   |/     \/     \|
\ お前はむかし            /
∠ レーニンを罵倒しただろう!!  >
/_                 _ \
 ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
  //   |/     \/     \|





      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧    <もういいよ・・・
 (´‐ω‐) ∧∧) ( ∧∧(‐ω‐`)
 | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ      <馬鹿馬鹿しい。
  u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'        <結局同じ穴の貉じゃないか。




       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\      やる夫はこの論争とは無関係だお・・・
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |             |     全然なんでもないんだおー。
  \              /

854名無しのやる夫だお2012/04/11(水) 22:15:45 ID:dfKt9ryQ0
共産党がバラバラじゃないか!

855◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 22:17:06 ID:I54rUMbk0


【補足】

       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ;==============゙ミ
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k    過去の異端歴を暴露されたジノヴィエフとカーメネフの威信は
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',   地に落ちました。
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|   一方、報復の暴露合戦でトロツキーも
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |   過去のレーニンとの不仲が暴露され、急速に求心力を失いました。
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /


                      /:: :: :: :: :: :: i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                  _/´:: :: :: :: :: :: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
                 イ:: :: :: :: :: :: イ''´ ̄`''ー- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::\
              /: : :i:: :: :: :: :: ::/        ヽ、:::::::::::::::::::::::::::|
             /: : : : :|:: :: :: :: ::/           \:::::::::::::::::::ノ
            i: : : : : : :l:: :: :: :: <              \::::::::::/
          /::|: : : : : : |:: :: :: :: ゝ   i    ',   i     ヽ:::::ノ
         /:: :: :|: : : : : ::|:: :: :: :ノ i  |    .|   |      V
       {´:: :: :: :: :|: : : : : :|:: ::::il´ \|   |    .|   |      ',
       廴:: :: /:: i: : : : : i:: :::ノ  ナ\ |、   ハ.i  ,' ./     |   i
        >┐:: :: :∧: : : : |:::::丁下ヌヽ/X´/ソ | /_厶 i   .| ィ .|     結局共倒れだったわけね。
     ┌=ィ∧:: :: :: ∧:_:_:_:|ノ八.弋:.:ノソ      ≦  '、   ./ /  |
       >彡/ハ`ー、::::Xrtjヘ},   ー '      丁下ヌy  ./ .} ハ/
      ゞ//  ', i  廴_t及ン::| ',            弋ツノイハ┌、/ン       で、漁夫の利を得た
      /イ/   i i i  iヽ:\::ヽ ヽ        '   ¨  } .i i \´       第三者がいた、と・・・
.     //i l   l l l l .l  \ゞハ ヽ     _      人 l lヘ \
     レ i l    l l l l .l    コ>ヘ ト、   ´’   イ V弌 i \ \
       `   | | | .l }v´ ̄: : : : ) ヽ: ` - ' ´`ー 、_」 V ヽ、 ヾ \
          |  | .| ili: : : : : : :/: i `,Vハカ: : : : : : : : :入 ヽ \ \ \
          |   | ムl: : : ::/: : }  iンィソ: : : : : : :/  ヽ `v、ヽ  /ソ
          | ,-'''´:::::::>=: : : : :ノ  ノ∧: : : : : : :イ ヘ、  .V  ) ).//
          /:::::::::::::::/// ̄ -'''´::/:::::ヽ: : : : : :l: : : : : > ノ/ ノ
      _, - ''´:::::::::::::/ /: : : : : : : :/::::::::::::::\: : : ト: : : : イ、ン <

856◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 22:18:00 ID:I54rUMbk0


   r‐く二ニ:/i:i:i:i:i:i/  V^’
.  /:i/[_: :|i:i:i:i:/、yz'′              マ: :_: - :ヲ
 /:i/ lしんく|i:i:i:Yrュヲ                ヽ Ⅶ :: : :己
.〈:i〈  || 己 {i:i:i:i|′   l |    l!   l|   l| ', ' .Ⅵ : : :.__7
 \\!!   し|i:i:i:i|   | l l |  l!   l| | l i!  | !  |: : :_:∠,
    ̄|L__ムスi:i:i:i:{l  | | | |  l!   l| | i i!  i | l  }: : _く
    | ̄|i:|i:|マi:r=Ⅶ  i 士十i l!  l| | ルl_」L リ| .!.   |__ノ
    |  |i:|i:|ミ.ム泌リ l|r‐rテi〒i/!ノ ‐rテi〒r|  .トミx7
    | /i:{ゞ\ゞ=イ| l| 弋.(ソ      弋(ソ 从ノマヘⅣ     ま、その第三者がだれかとは
    | : ̄|  ̄ゞ≠ l| 、、、       .    、、 l.| | l |.|
    | :  |    |  |             八| l |.|      わざわざ言う必要ないでしょうね・・・・・
    | i  |   x≧|  |          _     イ  | l |.|
    | l. 八  《ミく  |ゝ、      ´    イ |.  i l |.|
    | | | ヘ ∨i:l  |≦三三r≠くヘ≦ 三 ∧. ', .| l.|
    | | | ',./ ヾ|  |三三三いゞソメ《 三三.∧ ゝ l.|

【補足終わり】

857◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 22:18:51 ID:I54rUMbk0



         ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ          うはwwwwwwwwwwwwwwwwww
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //   バ    あの馬鹿ども、お互いの首を絞め合ってるおwwwwww
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/      ン
|     ノ     | |  |   \  /  )  /    バ
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /     ン
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))




      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ー ノ\   /\ー 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\
.    /  |         |  ヽ     ま、好きにやらせといてあげようよ。
.    |   ヽ__人__ノ   |
    \     `ー'´     /     汚れ仕事はジノヴィエフとカーメネフが
    /     ∩ノ ⊃  /       勝手にやってくれてるし。
    (  \ / _ノ |  |
.    \ “  /__|  |        しかしここまでくると滑稽だね。
.      \ /___ /         お互いがお互いの船底に穴をあけまくってんだから。

858名無しのやる夫だお2012/04/11(水) 22:19:17 ID:APULAVhw0
やる夫が何もしていないのに勝手に対立候補が自滅していく

859◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 22:20:03 ID:I54rUMbk0



      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ● ノ\   /\● 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (       一般党員はどちらにも失望しているよ。
     /γ⌒     ⌒ヽ\
.    /  |         |  ヽ    彼らは第三の道を欲している。
.    |   ヽ__人__ノ   |
    \     `ー'´     /    こんなことには付き合えないってね。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、   |
   /     / r─--⊃、  |
   |  ヽ,.イ   `二ニニうヽ.  |




       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●)( ●)\     なら心配ねーお。
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     (  (      |   やる夫達書記局がその受け皿になってやるお。
  \     `ー'      /

860◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 22:21:02 ID:I54rUMbk0


          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、     党員の管理が書記局の仕事。
    /::::::::⌒(__人__)⌒\    なんでも用意してやるお。
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /    家、仕事、義務、正義、よりどころ、第三の道・・・
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ




     ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ ))
   ((〈 ● ノ\   /\ ● 〉
     ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ
       )    Y    (
    f⌒γ⌒  '  ⌒ヽ⌒ヽ
    { :::::.|          | ::::: }     そして、生きる意味さえ、ね。
    ヽ ヽ__人__ノ  ノ
      \ .  `ー'´    /
     . /    ∩ノ ⊃ ヽ
     (  \ / _ノ |  |
     ..\ “  /__|  |
       \ /___ /

861◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 22:21:40 ID:I54rUMbk0


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\     ロシアの人民は生来そういうものなんだお。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |             |    非自立性と集合的無能・・・トルストイが解明してくれたお。
  \              /





        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\     だからこそ、書記局は必要だお。
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |    人民は管理されることを望んでいるのだから・・・
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ

862名無しのやる夫だお2012/04/11(水) 22:22:03 ID:GTWqzrTM0
つまり書記局に逆らう人間=生きる意味が・・・

867名無しのやる夫だお2012/04/11(水) 22:26:07 ID:KEm6afNc0
人民は管理される事を望んでいるって言う奴に限って管理することを望んでるんだな

863◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 22:22:45 ID:I54rUMbk0


一方、過熱する罵倒試合は、物量に圧倒されたトロツキーの敗北に終わりつつあった。


 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |    裏切り者!!!   |
 |________| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    ∧∧ ||      .|   出ていけ!!!   |
    ( ゚д゚)||      |________|
    / づΦ             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||   馬鹿野郎!!!   |
        |    反党分子!!!   ||________|
        |________|   .∧∧ ||
           ∧∧ ||        .( ゚д゚)||
           ( ゚д゚)||        / づΦ
           / づΦ



ストレスからか再び熱病に倒れたトロツキーは、温暖なカフカース地方へ再び静養にいかねばならなかった。


     ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
      |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
      /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
        { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
          ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
            |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-   もうこりごりだ・・・
            |/l:ハ   、 __   U   ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
          ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ         なぜこんな苦しい目にばかり
               |ハ      u   , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
              リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|            遭わなければならないんだ・・・
         __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
     ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
    l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
  | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、

864◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 22:23:52 ID:I54rUMbk0


生来のプライドの高さによって全面的な降伏こそ受け入れられなかったトロツキーだったが、
これ以上、党内でみじめな政争を続けたくなかったからか、軍事革命評議会議長職の辞任を申し出た。



       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /              /ヽ__//
     /    辞任します     /  /   /
     /              /  /   /
    /   ____     /  /   /
   /             /  /   /
 /             /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /



これが、彼のプライドが許す降伏と和解の限界であった。

865◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 22:24:43 ID:I54rUMbk0


トロツキーによって威信を決定的に傷つけられたジノヴィエフと彼の取り巻きのレニングラード代議員団は
この申し出に満足せず、トロツキーの党そのものからの追放を要求した。


        /                 ∧          ヽ
       /          ,.   , / \ 、       ヽ
     ィ           / {///! /    ヽi         ト
     /〃         イ / '〃//      | i          }
        ! ,    〃/' !/  ′/       ヽ|       iリ
      リ/!   」 ー- 、、        _,.. -‐、 {      ノ′    こんなものでは不十分だ!
          !.  f !.r―==㍉'__r '  ̄三、ミ!_」_/ ヽ  /
         \|  .{ : : 工ユ} |  |: : {⊥∠: } ̄ i' i 、| /       やつを中央委員会から・・・
             i  「 ̄ ̄ ̄ .|  `ー―― ′   い !|
           ヽ_|      |            i //        いや、党から追放すべきだ!
            ヽ       ` "          /リ
              ヽ      ___  、   ィ-〃         少なくとも政治局には置いておけん!
               i. { ー== ┴ ´   ′ / |'′
              ト.     ̄      /  | 、
             /| ヽ            /   .|.ノ!
              | ̄ ̄ヽ-┬‐―ァ‐-- 'ー‐ '´ ├- .._
        _,.. '´!_   〈 ! / 」    _,..┤     ‐-  .._
     ̄ ̄ ̄/   |   ==‐ゝ-∠ -‐ 二    |       \  ̄
        /     ト,.. '´/   i `ヽ_____,.. ァ′          \
      /       /  /     }   `ヽ   /             _ノ

866◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 22:25:39 ID:I54rUMbk0


     ____
    / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \
  /::⌒(_人_)⌒:::::  | チラッ
  |    ー       .|
  \          /






      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧    (まーた始まったよ)
 (´‐ω‐) ∧∧) ( ∧∧(‐ω‐`)
 | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ  (体面よごされたからってさー)
  u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'        (あの人私怨で動きすぎじゃない?)





       ____
     /_ノ   ヽ_\
    /( ●) ( ●)\
  / ::::::⌒(__人__)⌒::::\   ・・・・・・
  |        ̄      |
  \               /

868◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 22:26:33 ID:I54rUMbk0


          ____
        /⌒  ⌒\
      /( ー)  (ー) \
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    ・・・やる夫はその必要はないと思うお。
     |     |r┬-|     |
     \      `ー'´     /    トロツキーも反省しているようだし、
      r´、___∩∩__,  /
      \__ ´人 ` _ノ      軍事職からの解任だけで十分じゃないかお?
       ヽ   ̄   ̄ |
       |      /
        |   r  /
        ヽ  ヽ/
         >__ノ;:::......



             /: : : : : : : : : : : : :`ヽ、
          /: : : : : : : : : : : : ;.イノ\ : ',
         i: : : : : : : : : : ;. - '´ ′ │: }
         |: : : : : : ://__       l /
         |: : : : : : :L -‐{〒ぇ>‐rfデ1      なに!
         ヽ: : f ヽ;|     ̄  ト -〈
          \:! ぃ         ′ ./      駄目だ!奴を中央委員会から追放すべきだ!
            `!ヽ.、   r_:三ヨ /
            L:_| ヽ     ‐  /
             │ \      亅
             │ __二二ニヱ‐ 、_
               r弋/ _  -‐ フ´    | ̄  ‐- .._    __
         ,. ‐ '"´  ̄\=ニラ'´        !         ̄    \
      _ /   / /  |/   ____」      /        ヽ
      //      /.   |     \           /            ',
    / 〈ヽ       /    |         >        /             i
    /   \\   L. _  │_, -‐ ´         /               |

869◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 22:27:28 ID:I54rUMbk0


【審議中】


    ∧,,∧  ∧,,∧      <どう思う?
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )   <何と言ってもトロツキーは内戦の英雄だしね・・・
| U (  ´・) (・`  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u  <やっぱ同志やる夫の意見が妥当じゃないかな。
     `u-u'. `u-u'

870◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 22:28:19 ID:I54rUMbk0


話し合いの結果、ジノヴィエフら強硬派の要求は退けられ
やる夫の穏健派が勝利した。


          ゚・ *:  : *・
      *・ ゜゚・ * :  .。. .。.:  *゜
   * ・゜ ゚・ *: . .。.: *・ ゜゚  ・ *  :..
 。. ・ ・*:.。 ∧,,∧  .∧,,∧   .:* ・゜
    ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧∧
   (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`)   <同志やる夫の意見に決定。
   | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ
    u-u (l    ) (    ノ u-u   <穏健中道が一番だよねー。
         `u-u' `u-u'



             | : :.:;;;;;;;::;: '".:.::.:::.::::.::::.:::::.::::::.::::.:::.:::.::.:.:. ' 、.:;;;;::.       /
            i | .:.::;;;γ.:.::.:::.::::.:::::.::::::.::::::.:::::.::::.:::.:::.::.:.  \.:;:.        ,'
           Yi ::::;;;;:i .:.:::.:::::.::::::::.::::::::::.::::::::.::::::::::::::.::.:.   \     人
        _,,,... -‐', : ::;;;|.:.::.:::.::::.::::.::::::::::::::::::::::.::::::.::.:::.::.:.  ノ( ',    /`
____,,. -‐''".:.:::.:::.:::.:.' 、,..,i:. '"' . . : .: .:::.:::.::::::::::::::::..:::::.:::..⌒  ⌒  | /^ヽ.:.:::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i :::i:.⌒"'ー 、., .:.:.).::.::::.::::.:.,. -‐'''"~'ヽ   ,.メ~,. ,  |:::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;':', ::'; -‐‐--  、!.:::::."''~ --‐‐‐- 、 / :レ'⌒) :i;;:;;::;::
::::::::::::::::::::::::::::::;;:;;;;;;;;;':;:;;;', (       Y⌒ヾ|          )    | / ,';;;;;;;;;;    くっ・・・!
::::::::::::::;:::;;:;;;;:;;;;;;;;;;;;;;';;;;;;;;;;';::i 、      ノ.::.:::.('、      ノ    ノノ /,;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';;;;;;;;;;;;;;';i.:.:.~"'''ー'''".:i.:.::.::.::.:.`ー--‐‐''":.   .::. /'i;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';;;;;;;;;;;;;;;;;;;i.:.:::.:::::.::::::.:::ノ.:.::.:::.::::::.::::::.::::.::.:.     / /.:|;;;;;;;;;;;;;    まぁいい・・・
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,'、.:.::.:::.::::.:::.'ー、ー'.:.::.:::.::::.:::.::.::.:.   ,'ー///.::::i;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,λ.:.::.:::.::::.:::::.:::::::.:::::.::::.:::.::.::.:.   ,'//ノ.:::::::i;;;;;;;;;;;     これで奴の実権は
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::';.:::.:::.:..,..,_,,,,... -‐- 、.:.:.  /'  i'.:::::::::::|;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,ゝ:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'、::';.:.:::.:..~"'''''''""~ ̄"~.:.::.  ノ   /.:ノ.:/i;;;;;;;;;;;     剥奪できたも同然だからな・・・
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;,;,~"'''‐- .::;;;,_;;;;;i;:::';.:.:::.:::.:.::."'''"~.:.::.:::.::.:.  /   /'".::/ /,;;;;;;:::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;,ノ,;;;;;;;;,',、:.',.::.:::.::::.:::::.:::::.::::.:::.:.:. /ー'''"~.:.:/  i/,;,;;;,;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;,;,. '",;,;;,;;;;;;;;;;;,',`'ゝ.:.:::.::::.:::::::.::::.:::.::.:. ノー、,,. '"   /,;;,;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,γ,;;,;;;;,;;;;;;;;;;,;;;;,;;;;,',/ ~""~ ̄~"''ー'''" .:. .::.\     /,

871名無しのやる夫だお2012/04/11(水) 22:28:22 ID:GTWqzrTM0
民衆とは自分たちを抑圧し管理する強大な存在こそを望んでいるのではないか?
そういった民衆を思うがままに蹂躙する存在こそ死後英雄として称えられるのではないか?という台詞がなにかの小説であったな

872◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 22:28:59 ID:I54rUMbk0


1925年1月、ついにトロツキーは軍事革命評議会議長および軍事人実委員の職を解かれる。


                 __
           _,,. -< _,.二 `丶、
        ,. '´,. ‐ ニ二>ト、   `ヽ`ヽ、
      /__∠ -‐ァ¬' |ヽ`丶、  \ \
     /´/// / / { { \`ヽ、`ヽ、 ヽ ヽ __,
    /  ,  !.!  / | ヽ\  \ \   ヽ ヽ
    ,'/ /| 小、/  |、 ヽ \`丶、  ヽ  | | |!
    .{ ! /ハ.!  / |  { \ \ \  `ヽ ll ノ| リi{    ・・・というわけで、
    ヽ{ |ヽヽ ||   ヽヽ ゝ ヽ ヽ丶 ヽ  | | }
   ー-久 |\{{ ヽ ヽ \\ ヽ | | | ! || | /    空いた席を埋めるために
    ノ{ r┐ |ト、l、 ヽ.- ゝ r:テフ} } }  ノ l/ /
      / /ハ ト'ゝ`ヽ\.  ̄´ ノノノ_ イ/ // {     私が後任者になったということです。
    .//´}ヽヘヽ   }        /ノイ ト ゝ
r‐-、f⌒!{ {ヽゝヽ   ヽ ‐       / | || ||ゝ
. l  l.  l |  ``\  {ニ=‐   , '  |リ ^
!r }. |  |. | ,. -─`ヽ、   /     !`丶、
ヽ{ _|{_.ノ  |       { `ー'´       !   ヽ
. └/   /─ 、   /|       / ヽ|
     軍事革命評議会議長・軍事人民委員(トロツキーの後任)
           ミハイル・フルンゼ



        _.....___
       ,r' ´      ``''' - 、、
      ,ィ'/             `ヽ、
.   ,イl| i     ,  ;i     、    、 、ヽ
   / l | l     l  l l  l  l }   ; i ヽヽ
  ,'  l! !   l!  l i i  リ  } リ i !リ
  l  l    i l  l | l iソ ノ ,r'´l! l }ソ
  | _..=、ェ_____!_l__l | ! |!ィ弋~lナ !ン'i    あっそ。
゙゙゙ ̄   \::ヾ::::::::::::\ l!   ̄  ゙ヽl
       l::::::ヽ::::::::::::ヾi、    ´ i´ |    そいつはおめでてーことだな。
ェ-‐ ''''''‐ェ-┘:::::::::::::::::::::、}ハ.    )┤ l! ))
   l |l ! l`'ーtェ_:::_::::::::::ヽヾ.   / i リ
  _!_弋ェ-=ゞ、ヽ\_|:::::::::入\ー ' , ノノ
 ̄      \`:: ̄::゙='。. ̄:ミニ≦、.._
         ヽ:::::::::::::::::::゚:・:。::::::::::::゙i `' ー- ....___
            l::::::::::::::::::::::::::::゚:・:。:::ヽ、      _ヽ,_...-――
            l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚::・\---ィ:´::::::ヽ
           i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::f;.、、{:::::::::::::::\
      赤軍の至宝 ミハイル・トゥハチェフスキー

873◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 22:30:20 ID:I54rUMbk0


      人|   ゝ   ヘヽ、_ `゙''‐= ,,,__      ヽ、  |  ヘ
     ./ | |∨  `ゝ、  \ `¨''''ー―‐'''"´   ヘ    ヽ | \ ∧
    ノ/|.|゙、lヽ   \>、,, ヽ、 \   \ \ \   リ、 ヽ .ヘ
   "´  ゙| || ヽ.   \ `¨''‐`=‐ \   `''=_` = 、`゙=',,__ヽ. |ゝ、ゝ、
      ,xl |∨ l `i‐-=,,_`''‐、 \  ̄ `゙''=、__  `゙=ー―''''"´| ノ  `゙¨´   ・・・内戦以降、
    <"´ xヘヘ、\ヾ、_ゝ、 ̄`ヾ 、`''‐、 _  ヽ ゙̄.ハ`¨"´ |  .リ        同志トロツキーは赤軍の育成に無頓着でした。
     `フ  ゝ、\ヽ ヽ_二ニ=‐`¨''‐= _,,x''"=| | / | |  /i  ./|  ヽ,
    r''" // ゙テ、 ヽ`‐i、_./ `゙ ー‐''"´   .リ|ノ  .| l ./. |  / .|   ノ`ゝ   ですが私は違います。
    ,ゝ'''"x"  /::`''`゙i ト./              |/  | / .| x" ./   赤軍軍人として、この軍隊をより革新的なものにしたい。
  ,,r‐l    `¨"    |ノ /  ,,..               ノノ.  ノノ /
 / |i'|  /         >r 、     _,,        /´    "/      そう、ドイツとの軍事協力も
./ . |  i         x''" /  ヽ-、‐''"       /    /        本格的になりつつありますしね・・・
   l        >''" | ./ / : : ゝ,"     ∠    /
    |      イ    |∨  |∧ : : : ヘ    ,,x''  ` 、./
    ヘ     /   / /  |: :ヘ : : : : `''' "    /




. i  i!  ハ  !i i i iヽ辻 .', |! l|!} ̄いiT!T~} / !i il
. |  l! i从 ',、ヽ ',', i  i、 ', i! 从  ',il } iノ i  i |l
トi  |! l!ハ!ヽ、\ヽ、ヽ、! i \_ゝい辷廴 }i! } | |  | l i
. ', i} !|: l!弋t:::ッ=、ヽ、いー゙"/ {::::) ゙〉! i | l  i l !     ほぅ。
  ',iハ i ヾ 、.二... ゙ヽ \` '  -ェェ=ン |iリ i  l  i |
', 心',',ハ     ̄   :          ソ:| ! l   il      つまり俺達赤軍軍人の
ハ li いハ、     .::         ノ ::|!i  |  } |      冷や飯暮らしも終わりってわけだ。
 il |!', l!ヾ、`       ;;::           ::li  l!  i}
i} il ! '、ハ   .    `:::::''`          :ソ! リ  ソ i     あのポーランドの糞野郎どもに
.li  i|ヽ\ ヽ  `マテニ=ェェュz..y--'   ,イリ リ /i ソ     ツケを払わせる準備に取り掛かれるってんだな?
、ヾ ヾ、\ヽ`\   ヽ|!:::::::|!:::ン"     //ソ /ソ // ノ
いヾ、ヽ\心ミiヽ、. |!::/ニ-   ,.r"::"{ソ ン /リ イ      こいつは楽しくなってきたぜ。
ヾヽ \`ーェニニテ':::\´    ,.ィ:':ーェ‐'"_ ノ / ソ/i ,
 \、 `ゞミニ=!  :::::`::ー::"::::  、_ ̄‐'"_,..zイソ /,
    `ーァニ=-テ  、          ̄!ミ=-ニ'_ -ニン
‐-‐''''""o::{!::::::',   ';          ;':::〉゙8`<、__
  ::::::: :: §:{::::::::\ ゙;,         ;'ン'::::o::::::::::::::: ̄
  i::::l | :l:::8::ヽ、::::::::`ヽ、  /`ー‐-‐ァt--‐゚‐ァォ‐‐'^`〉
ヾ ::::: ::::::::::Q::::::::::::::::::::::`/`:::::zヽ//、::::::::///::::::::://:

874名無しのやる夫だお2012/04/11(水) 22:30:39 ID:dfKt9ryQ0
なぜ19世紀のロシアの革命家たちが失敗続きだったのか
それこそロシアの人民を正確に理解できていなかったからではないだろうか

875◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 22:31:15 ID:I54rUMbk0


今回の一連の騒動は大きな転換点だった。

トロツキー、そして彼と敵対するジノヴィエフとカーメネフの威信が著しく失墜し、
中道穏健派として繕ってきたやる夫の影響力が確実に台頭しつつあったのだった。


              ,,/Z_
          ,//'"´::::::::::::::::Z__             /        _r~-'   | |
         (:::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠ ̄                r~ミz孟zzzz≧x  |ノ  /l     、
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠_            。   |   }!     H! .L」  / |,,_   / l
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,∠            ..ヽ   ゚。       `¨´ 〈 /   :::::::~-'  l
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\              }   >-┐      'T′   ::::::::::::    l
       l:::::::::i、::::_ 、,,::::::::::::::::::::::::::::l/\             ゝr ´  ゚。    ⌒ :f /  「●」::::::::::::::  |
       八::::.lハtュヾ rtッ、:::::::::::::::::zヽ、              r┴ ..._ ヽ     | l   :::::::::::::「●」  |
          /'i:;;:l `'´、 `'´ ゙j l'、:レヘ/              />ミ、_ `¨ =r---' |   ::::::::lゝ::::::::::  |
       /  " l!\ ‐=  , ソ! リ /               ::::::::::::::::::`丶¨ー- .」ア  l   ::::::::::::::::::::::::::  |
      /、 ヽ   ヽ_/   丿∧              、:::::::::::::::::::::::::\  厂二ミ 、:::::::::::::::::::::::::::::  |
      / ゙'- \  ヽ_,, /   ヽ              : \:::::::::::::::::::::::::`¨{ 、  \ \
  ,, -/゙/゙,゙゙!ヽ'ーヽ ヽ      ,/゙⌒`''-、l    ,! l      ::::::::\:::::::::/::::::::::::::|. ヽ.   \ \
  |..l.!│ l `'''、   ゙ヽ \   // ,,....,   `、ヽ、,ノ、 l     ::::::::::::::\:::: ̄ フ:::: |  、    \ \
  / i`'ゝ!‐゙  、 \ ヽレl'i、  lレi / /`''―ッイ  、゙!、 |     ::::::::::::::::::::ヽ:/::::::: |   \.    \ ヽ
 | i    \  l  `'-./ ,゙i゙' / "゛  .、  !/   ゙L `l、    :::::::::::::::::::: : \ミx__|    \    \ノ
 |  i     ヽ l   , ゙ゝ、 l     l   `'''''‐- l  ゙l    ::::::::::::::::::::::::::::::\:: |      \ /´


そしてまだ終わりではない。
レーニンの後継を巡る政争は、経済問題と絡んで次なる段階へと過熱してゆく・・・




【第二一話 泥沼の政争 終わり】
                                           第二十二話 三人組の決裂 に続く・・・

877◆J7qCZtZxmc2012/04/11(水) 22:32:50 ID:I54rUMbk0
今回はこれで終わりです
次回は4月中に投下できたらいいなーなんて感じです

876名無しのやる夫だお2012/04/11(水) 22:32:46 ID:GTWqzrTM0


誰よりもロシアに精通していたのは目立たなかった下っ端のグルジア人だったと・・・

878名無しのやる夫だお2012/04/11(水) 22:33:11 ID:puR.ZNpg0
同志>>1Ура!

なんていうか泥沼というより毒沼だな

879名無しのやる夫だお2012/04/11(水) 22:34:44 ID:jT4zBbZo0
同志>>1乙Ура!
なんか触ったら溶けそうな感じ>泥沼というより毒沼

880名無しのやる夫だお2012/04/11(水) 22:35:38 ID:APULAVhw0
同志>>1Ура!
目立つ者通しがつぶし合いしているうちに目立たないようにしていたものが残ったという感じですね

881名無しのやる夫だお2012/04/11(水) 22:35:54 ID:dfKt9ryQ0
乙でした

ドストエフスキーはロシアの民衆を正教により導けと言い、
一方でやる夫はマルクス=レーニン主義によってロシアの民衆を導けと言った
一体何が変化したのだろうか?

882名無しのやる夫だお2012/04/11(水) 22:37:37 ID:n6Z.ViPk0
乙でした~

883名無しのやる夫だお2012/04/11(水) 22:38:58 ID:YmXxKTG60
…しかし毎度このスレ見て思うのは、ベストの選択肢どころかベターな可能性自体があったのか?
そもそもロシア&ウクライナ&ベラルーシとかには、公共の利益とかいう概念がまるでない。
内戦が長期化せず誰かが権力を独占することがベストだったら、結果的にはやる夫のようになるのは必然だっただろう。

何がスターリズムだ、結局ロシアの民族性から起こった必然の悲劇じゃねえか。

884名無しのやる夫だお2012/04/11(水) 22:53:26 ID:KEm6afNc0
同志>>1Ура!
ようやく赤軍に視線が向き始めたから、これからどう動くのか楽しみ。
結末は楽しみなんてもんじゃないけど^^;

885名無しのやる夫だお2012/04/11(水) 22:58:59 ID:RRNwHmSo0

レーニンを含めて革命家たちがロシアを変えようとしたのに対して
やる夫はロシアを強くしようとしたと

886名無しのやる夫だお2012/04/11(水) 23:01:22 ID:OOMgMK6.0

2人のミハイルの頭上に死兆星が見える…

887名無しのやる夫だお2012/04/11(水) 23:14:23 ID:TZQlGs4Q0
さすがは元神学生という事か。

888名無しのやる夫だお2012/04/12(木) 01:04:27 ID:TawPvYs.0
同志>>1
最悪なものからよりマシなものを選ぶのがうんぬんって昔の偉い人も言ったよね

889名無しのやる夫だお2012/04/12(木) 01:55:02 ID:8mIBSQNE0
同志>>1うらー
歴史を知るモノは、強いと、ホントここのやる夫を見ていると思う

890名無しのやる夫だお2012/04/12(木) 02:29:19 ID:zAHsAuIA0
同志>>1Ура!
なんとなくだが…
やる夫ってグルジア人だからこそ
”ロシア人”を冷静に見れたのかなとも思わなくも無い

891名無しのやる夫だお2012/04/12(木) 05:17:51 ID:pl87nIVUo
乙~。

トロツキーの実権を剥奪できたけど、お前らの足元も崩壊済みなんだがなwwwという。
結局、ロシア人を“使いこなせる”ヤツじゃないと皇帝は務まらないんだな。

892名無しのやる夫だお2012/04/12(木) 06:58:06 ID:efM9SjIg0
同志>>1Ура!


元スレ
やる夫は赤い皇帝になるようです 第五次五ヵ年計画
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1329652925/