ホーム

Admin

SITE MAP

Cut

Res

ブックマーク

RSS

MAIL

PageTop

PageBottom

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログパーツ Category: スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-)

2012/03/10(Sat) 16:17
265◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:02:00 ID:/vKfvSuQ


グルジア問題で同志レーニンとの
対立が決定的となった同志やる夫。
___  __________
      ∨
    ,,,,,,,,,,,    ||    ||   ,,,,,,,,,
   [,,|,,,★,|,]   ||    ||   [,|,★,,,|,]    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ( ´∀`)  目    目  (・∀・ ) <  しかしその直後、同志レーニンが発作で倒れる。
   ( つ  )つ       ⊂ NKVD,)  | 病状が悪化する同志レーニン、
  ┃レ __   | ̄ ̄ ̄ ̄ | ___,ノ┃ | 動き出す政局、
  ┗━┳┳\ | ̄ ̄ ̄ ̄|,/━┳┳┛ | リーダーなきボリシェビキはどこへ向かうのか?
      ┃┃   |_____,,|   ┃┃   | そして経済も新たな局面を迎える。
                        | では、本編だ。

266◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:02:19 ID:/vKfvSuQ



       第十九話 鋏状危機






アクセスカウンター
カラコン 通販ダイエットサプリピアス通販おっきくなぁれ。りんご
267◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:03:58 ID:/vKfvSuQ


1922年秋、書記局第一書記(書記長)となったやる夫は官僚機構の掌握とグルジア共産党に対する弾圧を推進していた。

しかし、やる夫の手法に嫌悪感を持ったレーニンは、大ロシア愛国主義と書記局官僚制の封じ込め、
及び政治局多数派へ路線転換を強いるためにトロツキーとの同盟関係を復活させ、やる夫に対する対決姿勢を打ち出しつつあった。

                  ,. -─- .、,
                     ,不:::く`ヽ;::、:::`丶
                   ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                   ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
               l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
                ';:';ヾトヽ  `r'- 、   |::ト`、
                ヾヽヘ.   |';二::!  入',
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj                , '::::::::〃:::::::::::.i::::::::ヽヽ:ヽ ::::::、::::::::::::::::':::、、,__
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、              _ィ:::::::::〃::::::::::::l!::!:::::::::::\ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、           _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':,',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_     ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ      ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',    〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ    ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l      i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',
       人民委員会議議長(首相)・ボリシェビキ指導者         l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',
                ウラジーミル・レーニン        .       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、
                                             " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶
                                                '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!
                                     .              'i::: '       リ ソ ヽ'リ、
                                                   !'i   j       ~ヽ
                                                   リ 、 /  ―ー '''"""f,
                                                   / _冫'''~            ',
         ____                             レーニンの盟友・赤軍創設者・政治局員
       /   u \                                     レフ・トロツキー
      /  /    \\
    /  し (○)  (○) \
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /
書記長・政治局員 やる夫・スターリン


レーニン=トロツキーの同盟は政治局の現在の政策の転換を要求、
さらに書記局を中心とする官僚主義の打破を唱えやる夫は窮地に陥る。

268◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:05:04 ID:/vKfvSuQ


しかし、1922年12月16日、レーニンが二度目の発作によって執務不能に。
やる夫は天運に助けられ最大の危機を(呆気なく)脱することに成功。


                __
              ィ::    `丶
_.. ー--~ー一-ァ::´::::::::::.      ヽ
::::::::::::::::::::::::::::>:´:::::::::::::::::::::: ..     ‘.z、
::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::rミ、  ::::::::.     V:>、
::::::::::::::::/::::::::::::::::::::h;;>ミ 、       ヽ:::::::>'Z
::::::::: /::::::::::::::::::::::::::`ヽz::::::::`ーz、_      V:::::::::::::\,_
:::::/ア::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー::::¨´:::::::     V::::::::::::::::::::^`ゞ、
:イV::::::::::i::::::::::::r≠:: ,_:::::::::::::::::::::::::::      l:::::::::::::::::::::::::::::::乂_ ィ
::|::::>=ミ|、:::::::弋:::.... ¨ 〉::::::::::::::::::::      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::^::{
::|;:.《 ● |:.ト、::::::::`:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::     }!:::::::;ィi:::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
::V八¨¨7:リ:,ィ:::::/:::::::::::::::::::::::::::::/|::::   /::/ア::/:.イ:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:.:.〉:.:.ア八:.:./イ{::::::::::::_::::::::::::::::::/:.|:::  /レ:.:/ヽ:.:./:.:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:/:::/:.:.:.:.:7Y/ー:.〃}:ト 、:::::::/::::|::::://:.:./:::::. |:/:.::.:|ィィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヘ
:/.:.:.:.:.:.:.://:.:.:.:.:.:.{{ ,●  >/::::://:.:/:.:./:f^::ア}':.:.:.:/:./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|


         ____
         / _ノ ヽ、\
      /o゚((>)) ((<))゚o     同志レーニンが倒れてしまわれたお~♪
     /    .:゚~(__人__)~゚:\
     |         |r┬-|    |      なんてことだお~♪
     \、     i⌒i‐'  ,;/
    /  ⌒ヽ.ノ ノ  く        党はどうなってしまうんだお~♪
   / ,_ \ l||l 从\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
         ベシベシベシ

269◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:05:59 ID:/vKfvSuQ


1922年12月18日、ボリシェビキ党中央委員会が開催され
レーニンの主張通り外国貿易独占の復活が決定されると同時に、やる夫がレーニンの医療監督責任者に選ばれた。


                                     ,,,,,,,,,,,
           ,,,,,,,,,,,,,    ,,,,,,,,,,,   ,,,,,,,,,,,,,,,        [|,,★,,|]       ,,,,,,,,,,,,,    ,,,,,,,,,,,,,   ,,,,,,,,,,,,,
          [,,|,,,★,,|]  [,,|,,,★,,|]  [,,|,,,★,,|]      O( ゚Д゚#)      [|,,★,,,|,,].  [,,|,,,★,,|]  [,,|,,,★,,|]
          ノル,,‘ヮ‘)  ルリ,, ゚ヮ゚) 从,*゚ー゚)       ゝ.~¶¶ ~)       (`c_,´ ,,)  (・∀・ ) (^ヮ^ゝ0)
.          (” |::”)  (”::<iy>) (:”:::::”) .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|. (“|:: “.). (“:|:::“:) ( 《iv》 `)
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     中央委員会    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



       ____
     /     \
   / ⌒   ⌒ \
  / -=・=-  -=・=- \
  |      (__人__)      |
  \     |++++|」_キラッ/
       `ー''´ l

やる夫は表向きの忠誠心をアピールしながら、レーニンの動きを封じ込めるために手を打ったのである・・・

270◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:07:18 ID:/vKfvSuQ



         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))       っつーのがここ最近の情勢だお!
  /∠ |     |r┬-|    |_ゝ\
  (___     `ー'´   ____ )
       |        /
       |       /
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......


                                                ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
                                               〈● ノ\   /\ ●〉
                                                 ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
                    随分と劇的な動きがあったんだねぇ。       )    Y    (
                                                /γ⌒     ⌒ヽ\
                                               /  |         |  ヽ
                                               |   ヽ__人__ノ   |
                                               \     `ー'´     /
                                             書記局第二書記・政治局員候補
                                               ヴァチェスラフ・モロトフ

271◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:08:06 ID:/vKfvSuQ



      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ー ノ\   /\ー 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (        まぁ同志レーニンが倒れたのは大きいよ。
     /γ⌒     ⌒ヽ\
.    /  |         |  ヽ     おそらく執務への復帰は
.    |   ヽ__人__ノ   |
    \     `ー'´     /     当面の間は不可能だろうし・・・
    /     ∩ノ ⊃  /
    (  \ / _ノ |  |
.    \ “  /__|  |
.      \ /___ /



        _____
      / , へへヘ∧ヽ
     |  |     \l l/ |
      /⌒    ( . ∠ l
    ヽ_       (二) ヽ       となりゃあトロツキーは後ろ盾を失ったも同然だ。
     l   ______つ !
      >、 \|_|_|_/ /       なんせアイツは嫌われモンだから、
    / l ヽ、 ____ /、
   /   ` ー──‐─ ´   \      政治局に味方がいやしねえ!
  / |   __(^|      /⌒ ヽ
 /ヽ| (二   ヽ    /    |     同志レーニンがあいつの頼みの綱だったんだからな!
       l     \ /\   /
      `ー 、       ヽ /
   書記局組織部責任者
   ラーザリ・カガノーヴィチ

272◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:09:11 ID:/vKfvSuQ



                                                      ,. -ー冖'⌒'ー-、
                                                     ,ノ         \
                    しかし、同志レーニンの病状が              / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
                                                     {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
                    依然として予断を許さないとしても、          /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
                                                  ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
                    介入する力を完全に失ったとは言えません。  / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
                                                ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
                                                人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
                                              . /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
                                              /   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃
                                          やる夫の個人秘書 アレクサンドル・ポスクリョーヴィシェフ

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)       あー、まだレーニンとトロツキーの同盟は
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ        機能してるってワケだな?
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃      とっととくたばってくれれば都合がいいんだがな・・・
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|
   やる夫の盟友
クリメント・ヴォロシーロフ

273◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:10:00 ID:/vKfvSuQ


          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、       ま、その点については
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |      心配は無用だと思うお。
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ    なんせ書記局多数派とやる夫達の
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ      利害は一致してるのだから・・・

274◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:11:14 ID:/vKfvSuQ


書記局はレーニンの病状は重篤と見て、レーニンの一日の執務時間を10分以内とすることを決定する。


                     <: : : : : : : : :> .
                  _ /: : : : : : : : :j! : : : : : `ヽ
                     ノ: : : : : : : : : : : /{: : : : : : : : ∧
                  /: : : : : : : : : イ /  `¨ヽ: : : : : :∧
              /: : : : : : ハ/ソ ソ       jハ: : : : : :}
              リ : : :γ    ,   ` ̄ `__  ヽ: : : : :!
               ヽ: : : |  ≦´ー、==〈:::::::::::::} ̄` }: :r ヽ
                    ゞ: :ゝ〈:::::::::::ノ} : ヽ¨¨¨   : : : y  .}    (これでいい・・・
                >:|     ヽ ア      : : : ;  イ
                  { ∧         _ ク` : : : -       レーニンがトロツキーと手を結んでいる以上、
                   ヽ ∧    / ´ ̄  . : : : }: :!
                   ∧        . : : : イ : :!       もはやレーニンの自由を許すわけにはいくまい)
                     ヽ   . . . . : : :<: : }iリ
                     `ー―==´      !
                      |   i   i     |
                    r< ̄ ヽ  r ´ ̄  ̄ |
                         }、     ヽ |       !
                    イ;{≧ュ、_ , == 、. x≦ ソ;>
                 ,<;;;;;;;|≦=ィ´  : : ハ==≦j!;;;;;;;;;;;≧=-
             ー=≦;;;};;;;;;;;;;;;;>/    : :   ゝ ,イ;;;;;;;;;;;;{;;;;;;;;;;;;;;;;≧=ー
          ー=≦;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;/    ,′   ∧;;;;;;;;;;;;;;;;;∨:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                政治局員・ペトログラード総責任者
                   グリゴリー・ジノヴィエフ

           /l     、
         / |,,_   / l
        /   :::::::~-'  l
       /   ::::::::::::    l     (これ以上トロツキーを増長させるわけにはいかんのだ。
       /  「●」::::::::::::::  |
       l   :::::::::::::「●」  |      トロツキーを抑え込むにはレーニンの自由を縛るしかない
      |   ::::::::lゝ::::::::::  |
     l   ::::::::::::::::::::::::::  |     許せレーニン・・・これも我々の党のためだ)
     |  ::::::::::::::::::::::::::::::::  |
   政治局員・レーニンの盟友
       レフ・カーメネフ



レーニンの健康を考慮してのことでもあったろうが、政治的な意図が介在しなかったとは断言できない。

少なくとも、この決定はやる夫にとって、そしてトロツキーの伸長を好ましく思わない人々にとって
願ったりかなったりであったに違いないのだ。

27610スレを超えた安価スレはEX板へ移動を2012/03/09(金) 21:13:17 ID:WWOuGocU
>>一日の執務時間を10分以内
まともに書類を閲覧することさえかなわんな

27910スレを超えた安価スレはEX板へ移動を2012/03/09(金) 21:14:45 ID:JVpKeOK2
しかし、ちよ父って歴史物だと
冬戦争スレのムッソリーニとかどこかズレてる役が多いな

275◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:12:24 ID:/vKfvSuQ


               ` ‐- ::::_:::::::::::::::::::! i /::i::::::::: :.: :::::::::;-´..::::"    \::::::ヽiヽ i  i::::::::::::::::::::::
                      ̄ ‐‐-l:i::::l:::::i::::::::: .:: ./:.:.:''''::.       ヽ:::::::i::ヽi i:|:::::::::;:::::_::
:::::\                       l:i:l:l::::i:i:::::: .::./::"   '        : \:::|::::|:li::::/
:::::::::::\                      l:i:l:l:::i::i::::../ ::;;;     "゙゙゙゙゙゙゙`     ヽ ト、 :i
____ヽ、                、  i::l:l:l:::i:::i:::/ ´  :;:     __,,,...--‐ァ   ヽτヽ
,-‐ー---\:ヽ、              ヽ ll:i:l::l::: /フ:    ::  ‐=ニ、_  _/    ,:ヽ:::i:i:::::i
==ニニ==ー‐-、              i:l:l:レl:::/ /i::  ::::. ::       ̄        ::: i:i::i:l::l:i:l
´,   `、´    \              i:::l::l:::| レヽ::::  }:::.         :::..     、 :i:::i::::l:i:l:::::/
  ::    丶     \           ヽ i::l::i:::i:... i:ヽ: 、:;:;:;..     , (   . :;:;::::::.......ヽ:i:i::i::i::l:l::V:i
  :...    丶    ::::.\            i:il::l:\:::::::i::::i:  ⌒     丶 `´  :::;:;、:;:;:;:;: ヽi:l::l:::l、:l:/::l
  ::  、 /⌒i  ....::. :::..ヽ         i::i::l::ii::\ヽi::::丶i   i i    、 、 :;:;:;_,ヽ.-‐ ァ::i|::l::i:i:i:::::::l:/
  ヽ 、/ ` /  r⌒i:::::   ヽ       ヽi::i::l:::i::::::ヽヽ::::::{廴_ l_.|_.......|;::,-ヽ ヽ `ヽ、l○ノ:::::i:::i:iノ::i:i::::i
  ::::::::/:::::..../:::::i  ーi..::::::....,  \      ヽ\ヽ:::::::l:::ヽ::ヽ:i:::i:<| l:l ○ i/ /iヽヽ.ヽ\:::|¨i´/::::i:::i/:::i::i:::i:::::/
 // :::::/  /   l::::::::::::::i :::::|      `i:::::ヽ::::ヽ::::::ヽ::::\::i l下、¨´i,;::´| l:i:::ヽ:i:::::ヽi:::i//:::/::/::::::::i:i:::/
|     /  /   i::::::::::::::{  l        ヽ:i:::ヽ:::::::\丶:::::ヽ:::::::ヽ::卞、:i:::i:::::iヽi:::::i::::レ:/:::::/:::::/:::/::/  ┌┐ r‐――‐ 、
ヽ、 ./,  {  ::::i:::  /⌒i、 i       ヽヽヽ:::ヽ::::::::\ヽ:::::i::::::::::ヽi:::\ヽ::::i:::i::::i::i:::/:::::/::::://:::::/   | |  | r--- 、 l
  `‐-ヽ、/:::  /  /  ー/‐‐く        \ヽ丶:ヽ::::::::\::::ヽ:::::::::::::i::i:::ヽヽ::i::i::::i::i/::/::::::/::/::::/    .| | └┘ ノ ノ
     丶、..../、::::   /   ノ          \::::::、\::::::::ヽ丶:::::::::::i:::iヽ::i::::ヽl::::l:::レ:::::::ノ/:::/     .| |    i"´/
          ` ‐-‐´`ー´              ヽ、::::::丶、::::ヽ::::\::i:::i:::ヽi:::::::V::::iレ:::::::::::::/      .└┘   └┘
                                `、:::::::::、::::`:ヽ:::、i::::i::::::i::::::::V::i::::::::,:::::´::/     ┌┐   ┌┐
                                  ヾ‐-_:::::::::ヽ::ヽi:::::::i:::::::i人___, ´      .└┘   └┘
                                 ー---:::::::::::_::::::::>くi:::iレ
                                    ̄‐ニニ:_::::::::::人::\==-‐´
                                           ノ  丶、`

277◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:13:17 ID:/vKfvSuQ


                           {:.:{:.:.:.:.:ヤァrz=ャ----ミY:.:.:>'´:::::::::::::::::::>  、
                           |ヽ:.、:.:.`゙ド`´  ヽ|ヾ:| 太ア/:::::::::::::::::::/:::::::::::::::>、
                                `マミ{     u  ` }/:/:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::Y:::::ヽ
                               ゝ=ャ       }|:}::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::i::::|::::::::::`丶
          ここは・・・                 `ヽ'´     ./}!:|:::::::::::::{::::::::::::::::::::::::::l::::l::::::::::::::::::\
                                     ⌒:, /./:::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::l:::::::::::}:::::::::::\
          僕は眠っていたのか・・・!?          `¨´  \:`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::リ::::::::::l::::::::::::::::::\
                                         〈\ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::{/:::/:::::l:::::::::::::::::::::::\
                                            V:\ハ::::::::::::::::::::::::::::::::〉/:::::: l::::::::::::::::::::::::::::\
                                          ヽ::::::}::::::::::::::::::::::::::::::::K:::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::\

 .     ,-、
.     `{.0.}、
  /_ノ `ー’ヽ
 ./=⊂⊃=⊂⊃
 ..|  (__人_.)i    おお!同志レーニンが意識を取り戻された!
 .|   ||||||||| i
 \,___  _,/    おっと動かないでください同志、お体に障ります。
 / .   Y ^ヽ
 | .|   ゚|  | .|   貴方は発作で倒れられたのですよ。
 | .|   ゚|  | .|
| .|   ゚|  | .|    今は絶対安静が必要です。
 '弋|   ゚|  |ヲ
 . |___人__|
   |:::::::::|::::::|
   |:::::::::|::::::|
   |;;;;;;;;;|;;;;;;|

278◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:14:11 ID:/vKfvSuQ


         ハl /  / ,イ ,ハ: : i: : : :V:. :. i:. :. :.: :.:.:.::V:.:.
         ,{    / イ l l :ト、! : ト、: : :l: : : :|:. :. :.:.:.:.:.:.:.V
         ハN.| / l ハ ハ '. ト、!: :l ,、: : ! ト、:.:.:.、:.:.:.ヽ
        /'V l ! イ  l { 〃 ̄`ヾ! Vl ト: :V: l \:.:.\:.:.:
        ! l  !{ |  .| {{  ◯ ヽ V! |ヽ: : |、 {{'\:.:ヾー     安静だと・・・?
       .| .N .リ l   ! ゞx、__ノ  .ハ! Ⅵ{   、\|__
        ! {ト、 ! l\ ヽ        {' .: ヽ     ̄      ま、まて、いつ戻れる!?
        l ヾ\| ト \ '.         :
          \ V\  ト、!        ..:              僕にはやるべき仕事が・・・!
            ヾ\ハ       ..:
             \へ       マ  r- 、!
                ヘ
                 '.
                 '.
                   丶

 .     ,-、
.     `{.0.}、
  /_ノ `ー’ヽ
 ./=⊂⊃=⊂⊃
 ..|  (__人_.)i    駄目です同志レーニン、医師として休養を進言します。
 .|   ||||||||| i
 \,___  _,/    またいつ倒れてもおかしくない状況なのです。
 / .   Y ^ヽ
 | .|   ゚|  | .|    お仕事などもってのほか。今は療養に専念しましょう。
 | .|   ゚|  | .|
| .|   ゚|  | .|
 '弋|   ゚|  |ヲ
 . |___人__|
   |:::::::::|::::::|
   |:::::::::|::::::|
   |;;;;;;;;;|;;;;;;|

280◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:14:55 ID:/vKfvSuQ



        ___
      /      \
   /          \      同志レーニンがお目覚めになられた?
  /   ⌒   ⌒   \     ほほぅ、それはとっても良いお知らせだお!
  |  /// (__人__) ///   |
. (⌒)              (⌒)    やる夫は嬉しいお!
./ i\            /i ヽ






       ____
     /_ノ  ヽ、_\
    /( ─)/)(─)\     でも同志レーニンの病状は予断を許さないお・・・
  /::::::⌒///)⌒::::: \    医師も療養が必要だと言っているお・・・
  |   /,.=゙''"/      |   いま、医療監督者としてやる夫にできることは・・・
  \. i f ,.r='"-‐'つ   /
  / i    _,.-‐'~    \
    i   ,二ニ⊃

281◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:15:50 ID:/vKfvSuQ


         /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ `  、
        /                \
      ./              ,==ニ_-、 丶
      /                 〃  __ `ヽ  \
     ./     メ≧、_ノ     イ   {・}  |}  丶
     /     ィ彡´三ヽ\  /. 丶 __ /     '     『 面 会 絶 対 禁 止 』
   /     〃 ̄ ̄ {・}|       ̄  ̄       V
  ./      廴 _ 二´    l     、       '    今後、同志レーニンとの面会は謝絶だお!
  ,'         ̄  ̄,       人、   }         '
  |           ヘ、   _イ __`ー-ェ'            |   たとえ政治局メンバーと言えども
  |           |i Tィ'"´:::::::::`゙ヾイ         ∧
  |            ! |{::::::::::::::::::........}|   /     /    同志レーニンに面会することは禁ずるお!
  丶             V:::::::::::::::::::::::/ //    /
   `            \_:::::::::::::::ノ        ∠      これは同志レーニンの療養にも必要なことなんだお~♪
     `              ̄ ̄      /
        `ノ` ‐ - _``ー- -‐'"´_ _ , ´

282◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:17:29 ID:/vKfvSuQ



   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ     ・・・まぁ、当然の処置だね
    )    Y    (
   /γ⌒     ⌒ヽ\      同志レーニンを面会謝絶にしてしまえば
  /  |         |  ヽ
  |   ヽ__人__ノ   |    トロツキーはますます孤立する。
  \     `ー'´     /


        _____
      / , へへヘ∧ヽ
     |  |     \l l/ |
      /⌒    ( . ∠ l     それだけじゃねえ。
    ヽ_       (二) ヽ
     l   ______つ !    同志レーニンを外部から切り離しちまえば
      >、 \|_|_|_/ /
    / l ヽ、 ____ /、    余計なチャチャを入れられる心配もしなくて済むってもんだ。
   /   ` ー──‐─ ´   \
  / |   __(^|      /⌒ ヽ  これからは書記局はますます自由に好き勝手できるぜ!!
 /ヽ| (二   ヽ    /    |
       l     \ /\   /
      `ー 、       ヽ /

28310スレを超えた安価スレはEX板へ移動を2012/03/09(金) 21:18:18 ID:kYXhQozs
さすがすぎる。

284◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:18:32 ID:/vKfvSuQ



                                   / ̄ ̄\
                                  _,ノ ヽ、_   \
     要はレーニンを隔離するってことか。       (●)(● )    |
                                  (__人___)     |
     これで口うるさい爺さんも                   '、        |
                                   |       |
     黙らせられるってわけだな。            | ,     /_.{
                                  `ァニニ<//〉、__ __
                                  ,./ /\  / : : : : : : > : :\
                               _/ /|イ:::::/∨. : : :l: : : : : : : : : : :.丶
                             /. : : : :| ./`Y / : : : 」: : : /: : : : : : : : }


        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ          しかし同志クループスカヤはどうしますか?
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/  レーニンの妻である彼女には
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /    夫を介護する権利がありますし、
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\   当然そのことを主張するでしょう。
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃

285◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:19:22 ID:/vKfvSuQ



      / ̄ ̄ ̄\
    / _, 、_ \      あのアマかお・・・
   /  (●)  (●)  \     排除したいけどレーニンの妻ってことで
   |    (__人__)    |    妙な影響力があるから下手に手を出せないお。
   \    ` ⌒´    /    まぁ・・・今のところは見逃しておくお。

286◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:20:24 ID:/vKfvSuQ


レーニンの妻として、そしてボリシェビキ幹部の一人として周囲から特別な敬意を勝ち取っていたクループスカヤは
つねにレーニンの傍で献身的な介護をし、政治局との橋渡し役となっていた。

           _,. -─ -  ..,,_
        ,  '´         `丶、
      /      ,. -r─‐、‐ - ,}
     /      /::::::::::::::::::::ヽ::::::::`ヽ、
      L     /::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      ` -、/:::::::::::::::l::::::::::::::::::::::ト::::ヽ:::::ヽ
         l::::::::::::::::::!:!::::::::::!:::::ト| !::::::i::::::::!,
         |::::::::::::::::::トN、_{‐、{ ! ヽ,_:|l::::::!|
         |::::::::::::::::::| Y i:::ト   /i::トlトL_j         みてみて!イリイチ!
         |::::::::::::::::::|  `¨     ¨ l|:!::|
         リ::::::::::::::::l|      '  j|:!:::!          ミサミサナース!
         /::::::::::::::::::l|   ヽ フ 「| /:リ::::|
         ,'::::::::::::::::::::::l` 、   |i:::/::!:::!
        !{::::::::::::::::::::::!   ` ¬ ´ ! V::::ハ:{⌒ ヽ、
        ヾ::::::::::::::::ト:::ト、 , - '´{フ´/⌒ヾヽ   `ヽ
         ハ::::::ト ::::{ ハ Y へ ヽ{ / ̄´ヽ | ! /¦
        /  `ヾ 「`ヽ'- 、_,. ‐\/!`{ ヘ/  } |i / |
        ト  i   ! / ` -    0、 7  j !'   |
        ヽヽhn,_j /       /   ヽ!   ヽi /  !
         ! LLL|         0 | ヽ   \ ーヘ
         ヽ ヽーl          j  ヽ   \∠!
          ! '、 !             l   ヽ     \ト
           |   ` ,_ __,...,____, o!、 __,. ハ      !
           ̄「 ̄ `} ヽ ̄ ̄ ̄   ` く  ハ     }
           |   `i、_` ニニニ -タ /_, 〈 ヽ     /
           }     レ  ̄二ー  _,ヽニ 〉  ` -'
        レーニンの妻 ナジェージダ・クループスカヤ



     , -r"     ー
   //         \
  /   、 lヽ    \   ヽ
  / | | l\ l\   丶   i
  /l  l、| l  ヽヽ、      l
  |l kj,l l L、\rtゝ l |   .|   え?ああ・・・うん。
  lj、jl'弋lヽ.Y'´kぅl j| lW/ |
    l  ,     |//ィ '| |
    ヽ '-     / l、Ml7
     \ ̄゛  /__ /ヾ
        ー '       /  ー  、
        /== ̄ ̄ ̄ ̄       ヽ
     /                  \__
    /                      ヽ



しかし、そこに・・・

287◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:21:46 ID:/vKfvSuQ


         |     |::::::|                          |     |::|
         |     |::::::|                          |     |::|
         |     |::::::| えへへっ                  |     |::|
         |     |::::::| あそびにきたお               |     |::|
         |     |::::::|                  ,.-─────|     |::|
.______|     |::::::|             // ̄ ̄\   |     |::| ______
.______|     |::::::|           /             |     |::|______
         |     |::::::|          /          ::::::::::::: |     |::|
         |     |::::::|        /   /./ ̄\\::::;;;;;;;;|     |::|
         |     |::::::|        /     |  |. ● .| | ::::;;;; |     |::|
         |     |::::::|      /      \ \_// ::::::::|     |::|
         |     |::::::|    /     ../ ̄ ̄\ /   :: |     |::|
         |     |::::::|   /        ::::::         |      |     |::|
         |     |::::::|  |                    |      |     |::|
         |     |::::::|  |                    \__/|     |::|
         |     |::::::|  |                |    |     |::|
         |     |::::::|  |                |r─┬|     |::|
.______|     |::::::|  ヽ                    |/    |     |::|______
.______|     |::::::|    \               \   |     |::|______
         |     |::::::|     \                ̄ ̄|     |::|
         |     |::::::|                          |     |::|
         |     |::::::|                          |     |::|

288◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:22:40 ID:/vKfvSuQ


         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\      どうも同志レーニン!
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
    |     |r┬-|     |    様子を伺いにきましたお!
    \      `ー'´     /
      >         <      ・・・どうやら順調に
     ( |        / )
      `|       /'       回復されているようで嬉しいことと存じますお!(チッ)
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......



        /|:|::::::::::::::ヽ∥::i::::i:::::::ヽ:::ヽ::::ヾ::::::::::::::ヽ::::
       |::|:|::::::|丶:::::ヽ:|::::::::丶:::::::ヽ:::ヽ::丶:::丶::::ヽ:
      |:::|::||::::丶::::::::丶i:::ゞ:::::ヽ::::::::::ヽ:ヽ::ヽ:::|:::::::i::
      ∥::|::|ヽ:::丶::::丶:丶:ヽ::ヘ::::::::::ヽ::::ゝ丶i::::::i:::
      |:::::|::|:::|::::::::ヽ丶ヽ::::::ヽヽ::::ヘ,,:::::ヽ:::::i::i:::::|::   ああ・・・
       ∥:|ヽ::|ヽ|::::::丶丶ヽ::::::::ヽヘ,,,,:::::::::ヽ:::::i:::i:::
       |::丶丶|ヽ  ヽ ヽヽ  /    \:::::::::::::::/
       |:'゙l\ヽ ''' '''''´  '  ".`'' 、'   '|:::::::::::|:::|
        \::::ヽ,\                レ|:|:::,| /
         ゝヽ ''                ||::::|:ノ::
            ヽヽ                 | リl:/:/::::
           'ヽ    ヽ -        |, ノ/::::::/
              丶,    ,             / |::::::/
               |ヽ  ヽ二二=      / | | |:/ ,,
             | i\ ヽ─      /  l ヽリ:.:.く
           ../ヽ' ヽ,      /   /  |,,,  |
         . ./    |ノ丶ヽ -- /     /    | /
      /       ヽ >          /    レ

289◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:23:49 ID:/vKfvSuQ


     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (ー)  (●) \    外国貿易の問題ですが、
|       (__人__)    |    政治局は過去の決定の誤りを認めますお。
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |      これで同志レーニンが御望していた
.\ “  /__|  |      結果となりましたお。
  \ /___ /






        /|:|::::::::::::::ヽ∥::i::::i:::::::ヽ:::ヽ::::ヾ::::::::::::::ヽ::::
       |::|:|::::::|丶:::::ヽ:|::::::::丶:::::::ヽ:::ヽ::丶:::丶::::ヽ:
      |:::|::||::::丶::::::::丶i:::ゞ:::::ヽ::::::::::ヽ:ヽ::ヽ:::|:::::::i::
      ∥::|::|ヽ:::丶::::丶:丶:ヽ::ヘ::::::::::ヽ::::ゝ丶i::::::i:::
      |:::::|::|:::|::::::::ヽ丶ヽ::::::ヽヽ::::ヘ,,:::::ヽ:::::i::i:::::|::   そうか・・・
       ∥:|ヽ::|ヽ|::::::丶丶ヽ::::::::ヽヘ,,,,:::::::::ヽ:::::i:::i:::
       |::丶丶|ヽ  ヽ ヽヽ  /    \:::::::::::::::/
       |:'゙l\ヽ ''' '''''´  '  ".`'' 、'   '|:::::::::::|:::|
        \::::ヽ,\                レ|:|:::,| /
         ゝヽ ''                ||::::|:ノ::
            ヽヽ                 | リl:/:/::::
           'ヽ    ヽ -        |, ノ/::::::/
              丶,    ,             / |::::::/
               |ヽ  ヽ二二=      / | | |:/ ,,
             | i\ ヽ─      /  l ヽリ:.:.く
           ../ヽ' ヽ,      /   /  |,,,  |
         . ./    |ノ丶ヽ -- /     /    | /
      /       ヽ >          /    レ

290◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:24:54 ID:/vKfvSuQ


       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\     ・・・・・・
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\    同志クループスカヤ、
  |     |r┬-|     |   少々むこうで話したいことがあるのですが、
  \      `ー'´     /   いいですかお?



                  ,,..-─-- 、
               ,. '7/| | `ヽ ヽ `ヽ
           ,. '⌒イ / | |l   ヽ ヽ\ \⌒ヽ、
           / / / /  | l| l ト    ヽヽ   ∨\\
        /  / /  | i| | ! \    l  l  l∨ ∧ ヽ
         /  / | li l   !  l ヽ ヽ\  l  l l  li∨ l l  ',
         l|  / |li| l| l .ハ、,トゝ-ゝヽ__ >__.l l  l | | |   ',
        |  / |i | | | /rセヽ` `     riZヽ ヽ|iト  || | |  |
        | |  |l | | 〈 L:ノ       ' L:ノ 〉 .|l|  || | |  |
       .| |   レ li|               |l| ハi| l|  l |     え?
      | |  | | | l|       ′       ||l/ l| |  |i|l
      | |   l |i| |l      __         |l|  ||l /  |/||     あ、・・・はい。
      | |  ヽi| |ヽ    (_)      /i| |  li||  / |i|
      | l|    l| |ヽ\    -     / l| | /|l|  / | |
      |  li   | l|ミ ヽ.i 、     ,. ' | /| l|  li |// |i|
       l  lト、  il、 il∧ .|、__` ‐- '__|/ / / /ル'  //
       il  乂\ ヽヽj `.l、__ ̄__,,,...l//// /  //
       ヽ、/\_ ,,..、/        / l-‐、__ / / /
    ,. '´ ̄ ̄| ̄::::::::::i!{           /  〉i!::::::` ̄`i──- 、
   /        |::::::::::::::::i!`:..、      ,./ i!::::::::::::::::::|      ` 、
   /        |:::::::::::::::::i!::::::::` ── '"::::::::i!::::::::::::::::::::|         ',
  ,'         | o:::::::::::::::i!::::::::::::::::::::::::::::::::i!:::::::::::::::::o::::|         l

291◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:25:45 ID:/vKfvSuQ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━
━━━━
━━





      ___
    /ノ  ヽ、_ \
   /(●) (●.) \       医療監督責任者として申し上げますお。
 /  (__人_,)    \      同志レーニンのご病状は深刻なご様子・・・
 |  l^l^ln ⌒ ´        |     これ以上体に負担をかけるわけにはいきませんお。
 \ヽ   L         ,/
    ゝ  ノ
  /   /


         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\     よって同志レーニンの
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \    これ以上の政治的活動を制限するべきですお。
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /

29210スレを超えた安価スレはEX板へ移動を2012/03/09(金) 21:25:51 ID:UoRFy1DY
そりゃあ、レーニンも最終的には
やる夫を警戒するわけだ

293◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:26:25 ID:/vKfvSuQ



          ,  ------- 、         ___
          /    ´ ̄`ヽ)ン´ ̄ ̄ ̄``<{{{ ⌒ヽ、
      ///   / ソ\  // |ハ\\<⌒ヽ\
     / / /     ////|   / /  /   | ヽ ヽ \  ヽヽ
     / / /     // // 〉 / /  ,イ   | | │ ヽ| ヽヽ
    / / /   //|/// / / /  //     | | │  |ハ ヽヽ
    | l l / // |// ハ / /   //    / | /!   |  ヽ   l
    | | l / // / | | l / /   /ノ  /  / / //  /| | | |¦|
    | | |│ l/ /l |│|│l   / _.ィ=ミ、// ///リl | | |│|
    | | |│ | /  | |│|│l  l'´〃|::::|ヾ     ィバ | | |│|    ・・・どういう意味?
    | | |│ |/   | ト|│| |  |   └┘      〈 しリノ / ll | |
     .l l |│〃   | 卩 | |│ |            イイ | l/
     l l | l/j  |  | ノ。 |│| │        ' ノ    |丨 | l
     l│ | | |  | | |}8┤|│ |               //│| |
      .l | V/ /| | lニ;;コl l ヽ |       r_丁  // 川 |
      | / |ハハl |ノ||;;| ll  ヽ|           // // /1l
      |/|  ∧| |八 Ll /ハ  ヽ 丶、       ////ル' ||
      〃,⊥厶LL| 八Vノノ\ `丶\  ` T T´////
    /      ヽ::::::}}ヽ:::::::` ー------┴<∠厶∠ 、
   /         |:::::{{ \:::::::::::::::::::::::::::::::::::}}:::::::ヽ    `ヽ



      / ̄ ̄ ̄\
    / _, 、_ \      申し上げた通りですお。
   /  (●)  (●)  \     文書による指示も含め、執務からは
   |    (__人__)    |    完全に離れていただきますお。
   \    ` ⌒´    /     同志クループスカヤも今後はこの方針に沿って・・・

294◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:27:09 ID:/vKfvSuQ




   _,,,, 、     ,_, -‐'"´ヾ、__,三 二ニ'‐-、     / ̄
 ///ヘ/ゝ-‐f‐' , -‐'_, -‐ / ̄ ̄`ヾ:、ー-\r'´ ̄
/ /// .|;:::::::;/,/ /  , ,/ i  \  ヾ、ー }
 // l //ヾソ/ /  / l l   丶   ,\_ノヽ    そ
 | l |ノl/l// /   /l   | |  l  \  ヾ \ |
 l | l/l| /ノ/ /   //    ノl  |   ヾ,  l  l |    ん
 |l |/ |/ / / /  / {  l  l |  l|    |、 |  Y
 ||Y l/// /./  l j  |  | l  | l  | l | l  l |     な
 L| ::|// l /  ノ, l|   l  / !  l |  |lヽ、|  |l |
  i:| ;リ,  | l /|l  l|  .l  /∧l   l|  |l l| !  | |    の
  l|//   l/l /,ハ、 |_,イ__//ヾ\_ヾ:、l| |! |  l |
  || |   l|/x'=ュr:、   " _,;r;k-,ゞ=ュ乂l |  |/     嫌
  | | l   ll i´/:::;:,ヘ;゛     // r';:::ヘ,ヾ;,リ | /
  | | |   |l  ,ヾ;:::::ソ丶     '゛ '、;;ノ ,"l | \    !!
| l | | l  ! |  丶 -‐         ー--‐'  | l  |
l| | |l |  |l |                    ! |  l|
. | |ヾi  | l       、 _         l| l  |l
.| l |  | |ヽ      ___         | / //
ヾ,/ゝi  | |l \    ljー‐`ヽ.     /i / //   _    _/
 jー┤  | l|\,ヽ、  |    |    / j / ./// ̄ヾ_ ̄ ̄
   .|ヽ, .|i l|  lヽ丶 ヽ、_ /  /  /l' /      /::/ ̄ ̄`'ヽ、
   |:::::lVjl |  | };、\ ` ´  /  /:/ /      /::/      ヾ
   l::::;| \iヽ .| ヾ;:::、`' ー'"  /::::;/ /      /::/
   |:::::l     .|  ヾ::::::::::::::::::::::''::::::‐''_/      /::/

295◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:27:44 ID:/vKfvSuQ


                 _____
              ,. ='´ニ  二ニ、`ヽ、
         __/ / /// |l  l、`ヽ、`ヽ,_
        , ', ' _l::/  ' l | l  !  l ! l  ',` ';::',ヽ、
       〃, '´ /// l l | l  l   !l l  l l/ !¨ヾ、ヽ、
      //   /// ll l|! l  l   | l l  !l ,ハ  ヽヾ,   たとえ療養中だと言っても、
       〃   | | | ハ |!、l  ',  l!,ハ l  |l ノ',   ',l l   今はあの人が党指導者であり国家の首相でしょ!?
       |l     l l l l トゝト、ヽ、ト、ノゝ=ヽ!l !レ/|   l !
       ',',     | ! ! lパ::::}` `  '´{゚::::} l !lト. l   〃   いち党員でしかない私たちに
        ヾ、   || !l l ` ̄´      ` ̄ノ! !|' l   /    あの人をどうこうする権利なんてないはず。
           |! | l',      . .     ! |l! l!
          |  ! lヽ   __ __     イ |l! |!      イリイチには果たすべき職責があるの!
      、_,:':,_,._ ハ l ! l\  ー    /|.:! |ll l !
    ,:;''      | | ! ! !l| ヽ ___ , '   !:.l |ll | | ,.,.,.
  {゛'"´  、 ヽ_ノ._l l ! ll lノ        !.;' ハヾヽ("   `゛ヾ、
 ,:' / ` ` ヽ、:::::l l !  !         l//ヽ、ヽ〉⌒      `':;、
 "ノ       ``! ト、 |          //_,.  l:;'⌒     ヽ,:;'、
 '"(_, ,.{_,:       ヾ、ヽヾ`ー-、  ,. -〃 ,.,:'':,'´ ヽ  ヽ.;.,.、:':::|
  ''"|::::::::゛''`':, 、_、_  \'`\___/'"'´      _,.:'⌒::::::::::::::::!
    ';;:;:;::::::::::::::ヽ::::`;:、_、__ ヾ、 ,.:'"  ,_、:ヽ;-ヽ':;:':::::::::::::::::::;'
    ';:;:;:;:;:::::::::::::';:::::::::::::::::::`ヽO/:};:'"::::::::::::::':;::;:':::::::::::::::::::::;'
     ';:;:;:;:;;:;:::::::::i:::::::::::::::::::::::::::l!:::::::::::::::::::::::::::::::i:::;:':::::::::::::::;:;'
      ';:;:;:;:;:;\:::';::::::::::::::::::::::::╋::::::::::::::::::::::::::::::i;'::::::::::;:;:;:;:;;'
      ';:;:;:;:;:;:;:;ヽ'、:::::::::::::::::::::┃::::::::::::::::::::::::::;:;'::::::;:;:;:;:;:;:;:;'


         ____
       /     \
.    /       \    (めんどくせぇ女だお・・・)
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|  あー、これは同志レーニンの病状に配慮してのことですお。
    /,'才.ミ) (__人__) /   偉大なる指導者たる同志レーニンの命を失っては
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \   元も子もありませんお?
 /\ ヽ          ヽ

296◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:28:44 ID:/vKfvSuQ


     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\    それに・・・政治局は一日10分以上の執務を禁じましたお。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |   まさか同志レーニンの妻たる人物が
/     ∩ノ ⊃  /    党の決定に違反する、ということはありませんお?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



          ,  ------- 、         ___
          /    ´ ̄`ヽ)ン´ ̄ ̄ ̄``<{{{ ⌒ヽ、
      ///   / ソ\  // |ハ\\<⌒ヽ\
     / / /     ////|   / /  /   | ヽ ヽ \  ヽヽ
     / / /     // // 〉 / /  ,イ   | | │ ヽ| ヽヽ
    / / /   //|/// / / /  //     | | │  |ハ ヽヽ
    | l l / // |// ハ / /   //    / | /!   |  ヽ   l
    | | l / // / | | l / /   /ノ  /  / / //  /| | | |¦|
    | | |│ l/ /l |│|│l   / _.ィ=ミ、// ///リl | | |│|    ・・・党の決定には従います。
    | | |│ | /  | |│|│l  l'´〃|::::|ヾ     ィバ | | |│|
    | | |│ |/   | ト|│| |  |   └┘      〈 しリノ / ll | |
     .l l |│〃   | 卩 | |│ |            イイ | l/    でも、それ以上のことはしたくありません。
     l l | l/j  |  | ノ。 |│| │        ' ノ    |丨 | l
     l│ | | |  | | |}8┤|│ |               //│| |
      .l | V/ /| | lニ;;コl l ヽ |       r_丁  // 川 |
      | / |ハハl |ノ||;;| ll  ヽ|           // // /1l
      |/|  ∧| |八 Ll /ハ  ヽ 丶、       ////ル' ||
      〃,⊥厶LL| 八Vノノ\ `丶\  ` T T´////
    /      ヽ::::::}}ヽ:::::::` ー------┴<∠厶∠ 、
   /         |:::::{{ \:::::::::::::::::::::::::::::::::::}}:::::::ヽ    `ヽ

297◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:29:54 ID:/vKfvSuQ


       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \    ・・・ま、
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´       |   それで結構ですお。
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ           あとくれぐれも「医者の言うこと」には従うように・・・
   /   /            同志レーニンの健康のためですお。



━━
━━━━
━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

298◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:30:54 ID:/vKfvSuQ



             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )     では同志レーニン!
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |    お邪魔しましたお!やる夫は失礼いたしますお!
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄



     ____
    / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \     ・・・党のことは
  /::⌒(_人_)⌒:::::  |
  |    ー       .|     このやる夫めにお任せくださいお。
  \          /

299◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:31:38 ID:/vKfvSuQ


                                            .______________
.                                            |:::::::::::::::::::::::::::::::: ||:::::::::::::::::::::::::::::::: |
.                                            |:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::||:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|
.                                            |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.                                            |:::::!:::::::::::::::::::::!:::::||:::::!:::::::::::::::::::::!:::::|
.                                            |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.                                            |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.                                            |:::::|:::::::::::::::::::::|::[||||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|   <バタン!
.                                            |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.                                            |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.                                            |:::::!:::::::::::::::::::::!:::::||:::::!:::::::::::::::::::::!:::::|
.                                            |:::::|______|:::::||:::::|______|:::::|
.                                            |:::::::::::::::::::::::::::::::: ||:::::::::::::::::::::::::::::::: |
                                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ______
   , <:.:,イト、V!:.:.:.> 、
. /:.:.:.:.:.:/:.:ヤ:.カ:.{゙ミー、:.:.:\
/|:.:.:.:V:./:.:.:.ヤ:.V:.l^":.:.:\:.:.:.\
:.:}:.:.V:.∧:.:.:.ハ:.:l;ツリべ:.:.:.:.V:./\
: l//:.:.}}/:.:.:V:.:/:.:.:.:.\:.:V:.:.:.:./ヽ
//:.ト、:.:リ:.:.:.:.:.:V:.:.:.:.:~レへ、:.:.:j:.:.ハ
:.l:.:.:.:l:.i.:/:.:.:.:.:.:./|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.V:.:.:.:. !
:.|:.:.:.:N/:.:.:.:.:.:.:.i:.l:.:.:.:.:.:.ト、:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.l
リ:.:.:.:|/:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:i:.:l:.:.!:.:.:./|:.:.:.: リ
、:.:.:.:'.:.:.:.:.:.:.:.:V\:.:.:.:|/:.:.:!: /:.:|:.:.:.:,′
:.:ヽ:.:.V:.:.:.:.:.:./:.:.ハ/:.:.:.:.N:.:.:ト、:./
:.:.:/\!_;.イ:.:./:./:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:|:.V}
:./:.:.:j:.:.:.:.:.:.|/:.:.:.:.:.:./|:./ /イ^ }
ハ:.:./:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:./|/ |/ ,/      ・・・・・・
 V|:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:./ {  /
  へハ! }:.:.:/__/
    \、|ハ!
`丶    \
.   `丶  ヽ
       \}
         \

300◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:31:57 ID:/vKfvSuQ


       |::|:|::::::|丶:::::ヽ:|::::::::丶:::::::ヽ:::ヽ::丶:::丶::::ヽ:
      |:::|::||::::丶::::::::丶i:::ゞ:::::ヽ::::::::::ヽ:ヽ::ヽ:::|:::::::i::
      ∥::|::|ヽ:::丶::::丶:丶:ヽ::ヘ::::::::::ヽ::::ゝ丶i::::::i:::
      |:::::|::|:::|::::::::ヽ丶ヽ::::::ヽヽ::::ヘ,,:::::ヽ:::::i::i:::::|::
       ∥:|ヽ::|ヽ|::::::丶丶ヽ::::::::ヽヘ,,,,:::::::::ヽ:::::i:::i:::
       |::丶丶|ヽ  ヽ ヽヽ  /    \:::::::::::::::/
       |:'゙l\ヽ ''' '''''´  '  ".`'' 、'   '|:::::::::::|:::|     ・・・クループスカヤ
        \::::ヽ,\                レ|:|:::,| /
         ゝヽ ''                ||::::|:ノ::
            ヽヽ                 | リl:/:/::::
           'ヽ    ヽ -        |, ノ/::::::/
              丶,    ,             / |::::::/
               |ヽ  ヽ二二=      / | | |:/ ,,
             | i\ ヽ─      /  l ヽリ:.:.く
           ../ヽ' ヽ,      /   /  |,,,  |
         . ./    |ノ丶ヽ -- /     /    | /
      /       ヽ >          /    レ

301◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:32:47 ID:/vKfvSuQ


 .../ :::::::::::::l::::":::::::、:::: :ヽ.::::::::::::::::.:::::.::::::.:
 / ::::::::::::::::|::::::::::::::ヽ:::::ヽ`:、::::::::::::::::::::::::::
 .!:::、::::.:::::::::.l:.:::::::::::::::ヽ::\:::ヽ.::::::::::..::::::. ..
 :..: :::|,::: :: :、丶: ヽ: :: :ヽ :::'-::ヽ:::::::::..:::::..
 ::::|:::::::y::::::::ヽ:::::ゝ:ヽ,::::::\.::::゙''.::ヽ::::::::::: .
 :,:::.l:::::lヽ::::::::、:":::::、: 、:::::::゙'.l'-、::.:l:::::::::.: .
 .!:,::::ミ、:゙!,ヽ::::: l::::.\ヽ,\::..,.\\.l::.::::: ...     ・・・今の男は、何者だ?
 .! l::.:::、::::l从_:::::l::,,'.:/_、ニ,,__、i::|:、''"!:::::::, .
 :::.ゝ. !./゙! :^lゝ\|::l ゞ='ハ":`.,!`)l:'":::::":::/ ..
 ::ヘ::: `''`:ゝ-:"::::::::ソ":.、:´ `-'‐' ι,.|,i::i'::::/..
 . ::ミ `::::::::::::::::::::::::         ノ.|.l::::i./ ...
.  ヽ''l、:::::::::::::::::::         .i .,l/::::|:,i"
    .'ル:::::::::::::::::ゝ_-       U,..l,i|::l/:. .
.      ヽ::::::::             ゙'/ゞ.从、.! ...
     . ヽ::::::`ヽ..二"''‐    / ,i゙.::|"l/‐ .
      /゙:、::: `―    ./,,、/ .゙| ! ......
    /  .ヽ: \    _/ / l./  ゙
. , /    l ヽ .`'― :(,゙/゙  //


       //// /、  ヽ \ \ \
      /// ./ / i ヽ  ヽ ヽ  ヽ ヽ
    / / / / /  .|  |  ヽ   |  |   ヽ、 ',
   ./ /./ / |   |  .|   ヽ |  |       '
   〃 | | |  |   |   |    |. |  |       |
   |  | | |  |   |  |   |   |      |
   |  | | |  |ヽ  ヽ | ヽ   |.   |     |
   |  |人八_ルヘ、j乂___ト、 |          |    !
   |  | /7テマ     ̄7テマヽ|  │ii!|   | |
   |  |ヽ,辷;}     ´ 辷}j |!   | 〉.|   | |
   |  |l                |!   レ |   | |    ・・・・・・・
   |  !l    、.        |!   |  |   | |
   |l   ト、           し |!   |  |   | |
   i!   i \   匸>      イ!  i|i. |   | |
   |!   | | |i \ `    , '  |!  /|  |   | |
   |!   | | | i `ー '    l!  ハ |i |   | |
   ト、  | i人j|i!   ヽ     |! //V|i |   | |

302◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:33:52 ID:/vKfvSuQ


             __  _
       >- 、r≦  ミ、 三ヽー 、
       / ///´}}ニ 三==彡ミヽ ヽ
     / //!   /¨ i il l! l|ヘ lヘ ト! ゛、\
    ,' //| !|l l|{| | !V  l| l l l |l! トヽ iト、
     | |∥ l ハ|! リl| | V  /|  ! ! l|l   i∥
    /|| / |∧! lV      ! l| N ! l| |
   j∧| | /||l ! ハ lハ/  /!l l i  ∥lヘl |ヘ!    やる夫・スターリン。
      ト|/Yヾl/⌒Y/ /^!l !ヾ、! l|リ⌒!ヽ
        !丨 ::.、 .:::///:::::::乂:::::::ヽ{:::::::::::::l    イリイチ・・・
       i|  :::V :::/1!}{_〉ニl:}⌒{:に}〉ニl:|
      ∥ :: ::::! ::::::ヾ≒⊆゚::〕 〔:::ヒ儿シl:|    貴方の選んだ書記長だよ?
       |:i. : :::i ::::::::::::::<: ̄    ̄:>::::l:|
       |::l::. :::::l :::::::::::::::::::: ̄〕 〔 ̄:::::::/:|
        |:::l:::. ::l ::::::::::::::::::::::::} {:::::::::::!:::|
       ∧::l:〈 ::! ::::::::::::::::::::::::〕 〔::::::::::L」
      \_j_、_j、 ::::::::::::::::::::://⌒::::::::V
         }   l)、::::::::::::::::::{ {:(⌒)::::::::!
         i 、 l| 、 、:::::、::::::` ‐ ':::::::::::〉
         l   l| ::.、 :::::::..、 ー='' :/ハ、


この時、すでにレーニンの全身にはアチコチに動脈の梗塞が発生していた。
特に左脳に発生した脳梗塞が深刻で、レーニンの思考力は確実に低下していたのである。

303◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:35:04 ID:/vKfvSuQ


      ______
   , <:.:,イト、V!:.:.:.> 、
. /:.:.:.:.:.:/:.:ヤ:.カ:.{゙ミー、:.:.:\
/|:.:.:.:V:./:.:.:.ヤ:.V:.l^":.:.:\:.:.:.\
:.:}:.:.V:.∧:.:.:.ハ:.:l;ツリべ:.:.:.:.V:./\
: l//:.:.}}/:.:.:V:.:/:.:.:.:.\:.:V:.:.:.:./ヽ
//:.ト、:.:リ:.:.:.:.:.:V:.:.:.:.:~レへ、:.:.:j:.:.ハ
:.l:.:.:.:l:.i.:/:.:.:.:.:.:./|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.V:.:.:.:. !
:.|:.:.:.:N/:.:.:.:.:.:.:.i:.l:.:.:.:.:.:.ト、:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.l
リ:.:.:.:|/:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:i:.:l:.:.!:.:.:./|:.:.:.: リ
、:.:.:.:'.:.:.:.:.:.:.:.:V\:.:.:.:|/:.:.:!: /:.:|:.:.:.:,′    やる夫・・・やる夫・・・
:.:ヽ:.:.V:.:.:.:.:.:./:.:.ハ/:.:.:.:.N:.:.:ト、:./
:.:.:/\!_;.イ:.:./:./:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:|:.V}
:./:.:.:j:.:.:.:.:.:.|/:.:.:.:.:.:./|:./ /イ^ }       ・・・グルジア問題・・・書記局・・・
ハ:.:./:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:./|/ |/ ,/
 V|:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:./ {  /
  へハ! }:.:.:/__/
    \、|ハ!
`丶    \
.   `丶  ヽ
       \}
         \

304◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:35:51 ID:/vKfvSuQ



         ハl /  / ,イ ,ハ: : i: : : :V:. :. i:. :. :.: :.:.:.::V:.:.
         ,{    / イ l l :ト、! : ト、: : :l: : : :|:. :. :.:.:.:.:.:.:.V
         ハN.| / l ハ ハ '. ト、!: :l ,、: : ! ト、:.:.:.、:.:.:.ヽ
        /'V l ! イ  l { 〃 ̄`ヾ! Vl ト: :V: l \:.:.\:.:.:     ・・・!!
        ! l  !{ |  .| {{  ◯ ヽ V! |ヽ: : |、 {{'\:.:ヾー
       .| .N .リ l   ! ゞx、__ノ  .ハ! Ⅵ{   、\|__     そうだ!やるべきことがあるんだ!
        ! {ト、 ! l\ ヽ        {' .: ヽ     ̄
        l ヾ\| ト \ '.         :              こんなところで寝ていられない!
          \ V\  ト、!        ..:
            ヾ\ハ       ..:                トロツキーと連絡を取らねば!!
             \へ       マ  r- 、!
                ヘ
                 '.
                 '.
                   丶

 .     ,-、
.     `{.0.}、
  /_ノ `ー’ヽ
 ./=⊂⊃=⊂⊃
 ..|  (__人_.)i
 .|   ||||||||| i
 \,___  _,/    駄目です同志レーニン!
 / .   Y ^ヽ
 | .|   ゚|  | .|   安静にして貰わないと困ります。
 | .|   ゚|  | .|
| .|   ゚|  | .|
 '弋|   ゚|  |ヲ
 . |___人__|
   |:::::::::|::::::|
   |:::::::::|::::::|
   |;;;;;;;;;|;;;;;;|

305◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:36:23 ID:/vKfvSuQ


  }:.|.:.:{{:.:.:| :.:.:.:|:ヽ.:.:.ヽ.:.:.i.:.:.| \:.:.:.:..レ \:.:.`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:\\.:.:.:、:.:.:.
  |.:|:.:.|:.:.:.:i.:.:.:.:ト、:.\:.:}:.:.i|:.:.| ,イ:ト、:.:.:.レ'"´\.:.:ト、∨7.:.:.:.:.:.:.:.:.:\\:.:.:.:.\\:.:.::.:.
  |:.|.:.:l:.:.:.:{l:.::.:.:l:.:.\:' ,l:.:.}}.:.レ:/}:i∧.:.:i    }.:.i 〉∧`ー、.:.:.:`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、:.:.
  l: |:.:.l:.:.:.:.|.:.:.:.:l:.:.:.:.:\\}l:.レ' i/ ∧:i  ○ ',:レ'//}.:.:.∧ヽ:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  ',:.:.:.:.{:.:.:.:|、:.:.:.l:.:.:.:\:.\ヽ} ム」i }}     ,i:.イ  i:.:./ }:.:.\.:.:.:.:.}:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:    だまれ!
  l:.:.:.:.i:.:.:.:} }.:.:.ト、:.:.:.:.\:.\.戈≦二il二 '"´ }/   //   l:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.ト、:.:.:.:.:.:.:.
   l:.:.:.:.i.:.:.:|:.l .:.L三- :.:.:\{\\  |        /    |:.:.:.:.:.i.:./ }:.:.:| ヽ:.:.:.:.:.    僕には仕事があるんだ!!
    l..:.:.:' ,:.:l.:.l:.:l{  ひ 、',:.:.\                   リ}:.:./}/  ',.:.:l  i:.:.:.:.:.:.
   |.:∧.:.\ヾ:.:「二ア  }へヘ\               |:./     i:.|  }:.:.:.:.:.:
   |/ l:.:ト、:ヽ.:.{ ∨  i                   |/      }} /:.:.:.:.:.:.
      l:{ }:.ト、:∨     `ヽ                      i /:.:.:.:.:.:.:.
      | i.{ ∨     _                       ムヘ:..:.:.:.:
         |  \   '"´                          /   }:.:.:.:.
            レ'`ー-、        , -― ¬ムー 、           /三 /:.:.:.:.:
             \  、- '"´ ̄ x―へ ノ\ r〉        /三 / 7:./
               \ 辷x‐十'                    /三   /イ
                ヽ L__                /三


 .     ,-、
.     `{.0.}、
  /_ノ `ー’ヽ
 ./=⊂⊃=⊂⊃
 ..|  (__人_.)i
 .| U ||||||||| i
 \,___  _,/
 / .   Y ^ヽ
 | .|   ゚|  | .|   そ、それでも医師として反対します。
 | .|   ゚|  | .|
| .|   ゚|  | .|   執務は控えていただかないと・・・命に関わりますので。
 '弋|   ゚|  |ヲ
 . |___人__|
   |:::::::::|::::::|
   |:::::::::|::::::|
   |;;;;;;;;;|;;;;;;|

30610スレを超えた安価スレはEX板へ移動を2012/03/09(金) 21:37:19 ID:G46zWvB2
やる夫が特に何かしなくても既に再起不能だった訳か

307◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:37:30 ID:/vKfvSuQ


:.:.:.:.:.:丶:.:.\:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:丶:.:.ヽ:.:.:.:.:ハ
ー-<:.:.:.:.:.:.\:.:ヽ:.:.:.:.:、:. ∧
ー--:.ミ、:.:.:.:.:.:.:\:.\:.:.:ヽ:.∧
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>、:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.}:.:ハ      お前と話していてもラチがあかない!
:.ー-:.:._:.:.:.:.:.:.:`ヽ:.:.:.:.:\:.:.!:.:.: |
:ミ、ー-:.二フ_:.:.:.:.`ミーr´:.:.A:.l      クループスカヤ、口述筆記を頼む。
:.:.:.\:.:.:.:_、___>ミ、zミ:.:ヽ:.:{ |:.!
:\:.:.:ミー<.〃fか  》ヽ>、!:iリ:.{      あて先はトロツキーだ。
\:.:、ー-:::}Lzぅz "  V|:.:}:.:. |
:::. \ヘ:::::         }イ:|:.ハ
::::::::::::::: ̄         Y:.|:.!:.{
:::::::::::::::::          .|/V!:.|
:::::::::::::::::::         ./  '}ヾ> 、
:::::::::::::、::::::¨         /  :| .|:::::::::::>-、_
:::::::::::::::::::::.._.. _     /   リ |::::::::::::::::::::ヽ:::::`¨¨¨¨¨¨  ー------――- 、
ヽ:::::::-<ニ -::´    /   ./  |:::::::::::::::::::::: \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}`丶
::::`丶:::::::ー:::   ./   /   |:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::ヽ
:.:} 〈::::\::::::::  _/   /    |::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::ハ


                  ,,..-─-- 、
               ,. '7/| | `ヽ ヽ `ヽ
           ,. '⌒イ / | |l   ヽ ヽ\ \⌒ヽ、
           / / / /  | l| l ト    ヽヽ   ∨\\
        /  / /  | i| | ! \    l  l  l∨ ∧ ヽ
         /  / | li l   !  l ヽ ヽ\  l  l l  li∨ l l  ',
         l|  / |li| l| l .ハ、,トゝ-ゝヽ__ >__.l l  l | | |   ',
        |  / |i | | | /rセヽ` `     riZヽ ヽ|iト  || | |  |    イリイチ・・・
        | |  |l | | 〈 L:ノ       ' L:ノ 〉 .|l|  || | |  |
       .| |   レ li|               |l| ハi| l|  l |    一日10分以上の執務は禁じられてるの。
      | |  | | | l|       ′       ||l/ l| |  |i|l
      | |   l |i| |l      __         |l|  ||l /  |/||    療養のためだって。
      | |  ヽi| |ヽ    (_)      /i| |  li||  / |i|
      | l|    l| |ヽ\    -     / l| | /|l|  / | |
      |  li   | l|ミ ヽ.i 、     ,. ' | /| l|  li |// |i|
       l  lト、  il、 il∧ .|、__` ‐- '__|/ / / /ル'  //
       il  乂\ ヽヽj `.l、__ ̄__,,,...l//// /  //
       ヽ、/\_ ,,..、/        / l-‐、__ / / /
    ,. '´ ̄ ̄| ̄::::::::::i!{           /  〉i!::::::` ̄`i──- 、
   /        |::::::::::::::::i!`:..、      ,./ i!::::::::::::::::::|      ` 、

308◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:38:04 ID:/vKfvSuQ


         ハl /  / ,イ ,ハ: : i: : : :V:. :. i:. :. :.: :.:.:.::V:.:.
         ,{    / イ l l :ト、! : ト、: : :l: : : :|:. :. :.:.:.:.:.:.:.V
         ハN.| / l ハ ハ '. ト、!: :l ,、: : ! ト、:.:.:.、:.:.:.ヽ
        /'V l ! イ  l { 〃 ̄`ヾ! Vl ト: :V: l \:.:.\:.:.:
        ! l  !{ |  .| {{  ◯ ヽ V! |ヽ: : |、 {{'\:.:ヾー
       .| .N .リ l   ! ゞx、__ノ  .ハ! Ⅵ{   、\|__     この僕が問題ないと言ってるんだ!
        ! {ト、 ! l\ ヽ        {' .: ヽ     ̄
        l ヾ\| ト \ '.         :              そんな命令は無視しろ!
          \ V\  ト、!        ..:
            ヾ\ハ       ..:
             \へ       マ  r- 、!
                ヘ
                 '.
                 '.
                   丶

309◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:38:50 ID:/vKfvSuQ


しかし、このことはすぐにやる夫の耳に届いた。


       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\     レーニンが時間外の口述筆記してるぅ!?
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |   どういうことだお!
  \    |ェェェェ|     /




          ___ _
       . /  >‐-、\         療養責任者のやる夫に何も言わずに・・・
     . /~ヾ, j|  。 } \
      /|_ ゚ .,.〉 .ゞー≠  ...\,      舐めた真似してくれんじゃねえかお!!
     ./ ヾ≦'(_人__)      .\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

310◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:39:35 ID:/vKfvSuQ



                                                        / ̄ ̄ ̄ \
                       クるぅぅうプスカヤぁ!!                 ノし ゙\, .,、,/"u\
                                                     / ⌒ (◎)ヾ'(◎)u \
                       医師の制止を無視してレーニンを           | u  ⌒゙(__人__)"⌒ u |
                       執務させたとはどういうことだお!!          \ u   `ヾ,┬、/` ,/
                                                .       /⌒/^ヽ、 )__( ,ィヽ、
                       口述筆記ってなんだゴルァ!!            /  ,ゞ ,ノ ゙⌒" ,  ゝ、
                                                     l /  /      ト/.\\


____________∧_________∧________
                                         /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`` ̄ ̄ ̄´V` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄通話中__________∧_________∧__
                                    /
                                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`` ̄ ̄ ̄´V` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  ,,..-─-- 、
               ,. '7/| | `ヽ ヽ `ヽ
           ,. '⌒イ / | |l   ヽ ヽ\ \⌒ヽ、
           / / / /  | l| l ト    ヽヽ   ∨\\
        /  / /  | i| | ! \    l  l  l∨ ∧ ヽ
         /  / | li l   !  l ヽ ヽ\  l  l l  li∨ l l  ',
         l|  / |li| l| l .ハ、,トゝ-ゝヽ__ >__.l l  l | | |   ',
        |  / |i | | | /rセヽ` `     riZヽ ヽ|iト  || | |  |     だ、だって
        | |  |l | | 〈 L:ノ       ' L:ノ 〉 .|l|  || | |  |
       .| |   レ li|               |l| ハi| l|  l |     イリイチが頼むっていうから・・・
      | |  | | | l|       ′       ||l/ l| |  |i|l
      | |   l |i| |l      __      し  |l|  ||l /  |/||
      | |  ヽi| |ヽ    (_)      /i| |  li||  / |i|
      | l|    l| |ヽ\    -     / l| | /|l|  / | |
      |  li   | l|ミ ヽ.i 、     ,. ' | /| l|  li |// |i|
       l  lト、  il、 il∧ .|、__` ‐- '__|/ / / /ル'  //
       il  乂\ ヽヽj `.l、__ ̄__,,,...l//// /  //
       ヽ、/\_ ,,..、/        / l-‐、__ / / /
    ,. '´ ̄ ̄| ̄::::::::::i!{           /  〉i!::::::` ̄`i──- 、
   /        |::::::::::::::::i!`:..、      ,./ i!::::::::::::::::::|      ` 、

311◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:40:18 ID:/vKfvSuQ



      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__    同志レーニンの病状が
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu    どれだけ不安定かくらいわかるお!?
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |    本人の意思に反しても
   ヽ           i    丿    健康のためなら制止しなきゃいかんだろうがお!?
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /




        .____
     ;/   ノ( \;        それに何かあったらやる夫の責任になんだろ!!
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;     なんで周りの迷惑に考えが及ばねえんだ
 ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;     それでもレーニンの妻かよテメェはよぉぉぉぉ!!!
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;

312◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:40:56 ID:/vKfvSuQ


                ノ L____
                ⌒:::\:::::/::\
         ,. -- 、,  / <●>::::<●>\    、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
     ,.―<,__    ヽ   (__人__)    \,  _)                           (_
    /          ヽ   .|::::::|     |  _)      いうことを聞かねえなら        (_
   __|            }.   .|::::::|     |  _)                           (_
  / ヽ,       /  {    .|::::::|     |  _)      別の人間をレーニンの妻に     (_
  {    Y----‐┬´   、.  .|::::::|     |  _)                           (_
 /'、   ヽ    |ー´   ヽ, .|::::::|     |  _)      指名するぞ!!!          (_
 {  ヽ  ヽ    lヽ_!´   ヽ `ー'     /  _)                           (_
 ',   ヽ  ヽ    ,/     }          ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
  ヽ  ヽ  、,__./      /
   \  ヽ__/,'    _ /
     \__.'! 〈  _, '
           ̄

313◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:41:54 ID:/vKfvSuQ


クループスカヤの証言によれば、この時やる夫は「下劣な」罵詈雑言と脅迫を浴びせかけたという。


          ,  ------- 、         ___
          /    ´ ̄`ヽ)ン´ ̄ ̄ ̄``<{{{ ⌒ヽ、:
      ///   / ソ\  // |ハ\\<⌒ヽ\:
     / / /     ////|   / /  /   | ヽ ヽ \  ヽヽ:
     / / /     // // 〉 / /  ,イ   | | │ ヽ| ヽヽ::
    / / /   //|/// / / /  //     | | │  |ハ ヽヽ
    | l l / // |// ハ / /   //    / | /!   |  ヽ   l:
    | | l / // / | | l / /   /ノ  /  / / //  /| | | |¦|:
    | | |│ l/ /l |│|│l   / _.ィ=ミ、// ///リl | | |│|::
    | | |│ | /  | |│|│l  l'´〃|::::|ヾ     ィバ | | |│|:
    | | |│ |/   | ト|│| |  | ⊂⊃┘      〈 ∞リノ / ll | |:
     .l l |│〃   | 卩 | |│ | ○         0イイ | l/
     l l | l/j  |  | ノ。 |│| │ 0       ' ノ    |丨 | l:
     l│ | | |  | | |}8┤|│ |o               //│| |::
      .l | V/ /| | lニ;;コl l ヽ |       ´ ̄   // 川 |:
      | / |ハハl |ノ||;;| ll  ヽ|           // // /1l:
      |/|  ∧| |八 Ll /ハ  ヽ 丶、       ////ル' ||
      〃,⊥厶LL| 八Vノノ\ `丶\  ` T T´////:
    /      ヽ::::::}}ヽ:::::::` ー------┴<∠厶∠ 、:
   /         |:::::{{ \:::::::::::::::::::::::::::::::::::}}:::::::ヽ    `ヽ:

314◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:42:56 ID:/vKfvSuQ


この時、レーニンがクループスカヤに口述筆記させた手紙には
トロツキーに対して外国貿易問題に関する勝利への祝辞と、さらなる闘争を呼びかける内容が書かれてあった。


       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /              /ヽ__//
     /     おめでとう      /  /   /
     /              /  /   /     『これだけにとどめず
    /   ____     /  /   /
   /             /  /   /       攻勢を続けることを提案する』
 /             /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /




   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
    )    Y    (
   /γ⌒     ⌒ヽ\    これは・・・あまり穏やかな内容じゃないよね。
  /  |         |  ヽ
  | U ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     /

        ___
       /_ノ  ヽ\
     / (○) (○) \
   / u   (__人__)   \    冗談じゃねえお!
   |     |i!i!i!i!|   u  |
   \  u  |;;;;;;;;;|    /    なんとしてもレーニンを
    /    `⌒´    \
   (<<<)        (>>>)   隔離しておかないとまずいお!
    |、 i、       ,i  /
    ヽ_/       ヽ__/
     |          |

このことはやる夫に、レーニンの情報遮断と隔離をより一層強い形で決心させることとなる。

315◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:43:47 ID:/vKfvSuQ


そしてレーニンの手紙は、この二人にも衝撃を与えるのだった・・・


        /                 ∧          ヽ
       /          ,.   , / \ 、       ヽ
     ィ           / {///! /    ヽi         ト
     /〃         イ / '〃//      | i          }
        ! ,    〃/' !/  ′/       ヽ|       iリ
      リ/!   」 ー- 、、        _,.. -‐、 {      ノ′
          !.  f !.r―==㍉'__r '  ̄三、ミ!_」_/ ヽ  /
         \|  .{ : : 工ユ} |  |: : {⊥∠: } ̄ i' i 、| /     この手紙・・・!
             i  「 ̄ ̄ ̄ .|  `ー―― ′   い !|
           ヽ_|      |            i //      事態は我々が予想していたよりも
            ヽ       ` "     U    /リ
              ヽ      ___  、   ィ-〃       幾分か悪いようだ。
               i. { ー== ┴ ´   ′ / |'′
              ト.     ̄      /  | 、
             /| ヽ            /   .|.ノ!
              | ̄ ̄ヽ-┬‐―ァ‐-- 'ー‐ '´ ├- .._
        _,.. '´!_   〈 ! / 」    _,..┤     ‐-  .._
     ̄ ̄ ̄/   |   ==‐ゝ-∠ -‐ 二    |       \  ̄
        /     ト,.. '´/   i `ヽ_____,.. ァ′          \
      /       /  /     }   `ヽ   /             _ノ


             / i   ./ヽ,
            /:::  | /   ',
           /:::::  ""       i
            /::::::         l
             /::::::          i
         /::::::           |
           /::::::            |       まさかレーニンが
        /::::::             |
       /::::::              |       これほどまでにトロツキーへ
       /:::::               ヽ
      /:::::                 ',      心を寄せているとは・・・
     //:::::                     ',.
     /::!::::::               丶 !
    /::l:::::::                 l, l
     i:::|:::::::                    |i l
    |::|:::::::                  || |

316◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:44:41 ID:/vKfvSuQ


           /l     、
         / |,,_   / l
        /   :::::::~-'  l
       /   ::::::::::::    l
       /  「●」::::::::::::::  |      貿易問題の譲歩でレーニンも満足するかと
       l   :::::::::::::「●」  |
      |   ::::::::lゝ::::::::::  |      思っておったが・・・甘かったか。
     l   ::::::::::::::::::::::::::  |
     |  ::::::::::::::::::::::::::::::::  |


             /: : : : : : : : : : : : :`ヽ、
          /: : : : : : : : : : : : ;.イノ\ : ',
         i: : : : : : : : : : ;. - '´ ′ │: }
         |: : : : : : ://__       l /
         |: : : : : : :L -‐{〒ぇ>‐rfデ1      これから察するに、レーニンは
         ヽ: : f ヽ;|     ̄  ト -〈
          \:! ぃ         ′ ./      現在の政治局の情勢そのものを
            `!ヽ.、   r_:三ヨ /
            L:_| ヽ     ‐  /        打ち壊そうとしているようだ。
             │ \      亅
             │ __二二ニヱ‐ 、_
               r弋/ _  -‐ フ´    | ̄  ‐- .._    __
         ,. ‐ '"´  ̄\=ニラ'´        !         ̄    \
      _ /   / /  |/   ____」      /        ヽ
      //      /.   |     \           /            ',
    / 〈ヽ       /    |         >        /             i
    /   \\   L. _  │_, -‐ ´         /               |

317◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:45:31 ID:/vKfvSuQ


                      __,,,,.....,,__
                 _,. :- :' ":´: : : : :` ': 、、
              _,.r ':´: : : : : : : : : : : : ヽ、
           _,.-'´: : : : : : : : : .人: : : : : : \
           ,.ィ'´: : : : : : : : : : / ヾ、: : : : : :ヽ
        /: : : : : : : : : : : ノ    ヾ、: : : : : ゙i、
        'イ: : : : : : : : /: //      ヽ : : : : : 'i
        /: : : : : ノ'_,. 彡',.ィ'/"        'i | : : : : 'i
       '7: : : : /ム" '''''^~''"゙          !:|: : : : : |    そして来る新体制は
        レi: : : :i'              ,...:;;.、 ゙'! : : : : |
        .!∧ : : ! =-x、.,_ .;' :  _,,.、=:''""'ー  | : : : : 丿    間違いなくトロツキー派を
         ゙ \ r'l,_r'""゙゙゙゙~~Y_,,....,,i'"゙゙~~ ̄`゙ト、.,_ i':r‐、: :/
           `1 i !,    _,!.|  '''!、    _j!  ゙''レ'ri ! ;/      中心としたものとなるだろう・・・
            ヽl| ゙゙"""~~ . |     ゙゙"~~ ̄   .:jシ' ノ /
               '、!       └-ー         '~/ :ノ
              ゙'、               ,/-',,.:-'゙
               ゙、  :: _,,. -―- 、..,,_ ::  ,/ |'゙
               ゙i、    '""''      .ノ .|
                | '、         /  .|_
               ,.┤.ヽ、____,,./   _,|..)
             _,..-|`゙"'''ー-、 ::  ,.-― '''''""゙   ト-.、、
       __,,,,,...、- ''";;;;;ト 、、 く,ヽ、 /j      _,.-'゙|;;;;;;;;;;゙;;';ー;,,、..,,,_


           /l     、
         / |,,_   / l
        /   :::::::~-'  l
       /   ::::::::::::    l    その時、
       /  「●」::::::::::::::  |
       l   :::::::::::::「●」  |    新体制の中に
      |   ::::::::lゝ::::::::::  |    我々の居場所はなかろうな。
     l   ::::::::::::::::::::::::::  |
     |  ::::::::::::::::::::::::::::::::  |    いや、それよりも

318◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:46:14 ID:/vKfvSuQ



              /~" 、     /~"、
               /::   'l      /::  l
             /..:::   i,    / :::    l
              / ..:::::   `~';:::     |
              / ...::::: : :    ''''      |
            /. : ::::::::::: : :            |
           /.: : : : ::::::::::::::          |          ト ロ ツ キー
          /.: : : : ___;::::::..    ____   |     あんな傲慢な新参者が
          /. : ::/|;;;;;;;;;|\::::  /|;;;;;;;;;|\  |
         |. : ::<  |.;;;;;;;;;|  >:::<  |;;;;;;;;;.|  > |    我らがボリシェビキ党を率いるようなことは
           | : : ::::\|:::::::::|/::::: \|:::::::::|/   l
         | : : : : : :::::::::::::::::::::::::            |    まかり間違ってもあってはならんのだ!!
        l : : : : : : ::::::::::::::;;:::: :;;::::: ,          |
         | : : : : : :::::::::::::::::~T-´`-T         |
        | : : : :::::::::::::::::::::::::::ヽ_〃           |
       |: : :: : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         |
         l : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.......     |

319◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:46:54 ID:/vKfvSuQ


/        _r~-'   | |
    r~ミz孟zzzz≧x  |ノ
。   |   }!     H! .L」
..ヽ   ゚。       `¨´ 〈       もはやレーニンを遠ざけておくだけでは不十分だ。
  }   >-┐      'T′
  ゝr ´  ゚。    ⌒ :f        トロツキーの台頭を阻止するために
  r┴ ..._ ヽ     |
/>ミ、_ `¨ =r---'         こちらも行動を起こさねばなるまい。
::::::::::::::::::`丶¨ー- .」ア
、:::::::::::::::::::::::::\  厂二ミ 、     来年の四月には党大会も控えているのだからな。
: \:::::::::::::::::::::::::`¨{ 、  \ \
::::::::\:::::::::/::::::::::::::|. ヽ.   \ \
::::::::::::::\:::: ̄ フ:::: |  、    \ \
::::::::::::::::::::ヽ:/::::::: |   \.    \ ヽ
:::::::::::::::::::: : \ミx__|    \    \ノ
::::::::::::::::::::::::::::::\:: |      \ /´



             / i   ./ヽ,
            /:::  | /   ',
           /:::::  ""       i
            /::::::         l
             /::::::          i
         /::::::           |       まて、ワシに少々考えがある。
           /::::::            |
        /::::::             |       トロツキーの好きにはさせんさ。
       /::::::              |
       /:::::               ヽ
      /:::::                 ',
     //:::::                     ',.
     /::!::::::               丶 !
    /::l:::::::                 l, l
     i:::|:::::::                    |i l
    |::|:::::::                  || |

32010スレを超えた安価スレはEX板へ移動を2012/03/09(金) 21:47:38 ID:oyl82bA6
ある意味、スターリンにも都合が良かったわけか

321◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:48:12 ID:/vKfvSuQ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━
━━━━
━━






         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\       同志ジノヴィエフ、同志カーメネフ!
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
    |     |r┬-|     |     お呼びですかおー?
    \      `ー'´     /
      >         <
     ( |        / )
      `|       /'
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......



           /l     、
         / |,,_   / l
        /   :::::::~-'  l
       /   ::::::::::::    l
       /  「●」::::::::::::::  |     よく来てくれた同志やる夫。
       l   :::::::::::::「●」  |
      |   ::::::::lゝ::::::::::  |     実は折り入って話したいことがあってな。
     l   ::::::::::::::::::::::::::  |
     |  ::::::::::::::::::::::::::::::::  |

          ,  -─ - 、
       , -'´     l、   ` 、
     /       ノ ヽ    ヽ
    冫  ノ彡,ィ/    ヽ.   l       (やる夫を味方に引き込もうと言うのか。
     7  l       _,. l!   l
     レ'、r l=-、;__,r-=、_ l,_  ノ        たしかに党官僚機構を利用すれば
      ヽlー─'l  ー‐' `lノ /
       ',   `     /,ノ         トロツキーを抑え込むのに効果的かもしれん。
        ヽ  -─-  ノi'
        lヽ、__ / _l、          しかし、やる夫と言えど完全に
     _,r '゙|ニ= 、 , 一' ´ ,ト 、 _
-‐'.´ ̄/;;;;;;;;|>/ヽ二二´ノ;;;;;;;;;;;;ヽ`'';;;;    信用できるわけではないのだぞ?)
;;;;;;;;;;;;<;;;;;;;;//l  :: ヽ /;;;;;;;;;;;_ - ';;;;;;;;
;;;;;;;;;;/;;;< / /   ::. ヾ;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;

322◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:49:53 ID:/vKfvSuQ




                                              __,,..-‐‐‐-、_
                                             ,ィ´ィ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::ヽ
                                            l i'´ ゞ、:.:.:.:.:.:.:.:.::::`,
               (小役人と言えど・・・                 ヽn____v'´'i::::::::::::l
                                             ノリ    リノ::::::::ゥ´
                奴に野心がないとは言い切れん。         `l__   rゝ:::::ソ
                                           .  l   /: : :l
                慎重に取り扱わねば)                 ゝ=ニニ--‐‐ュ
                                             _,,-d三二彡".::::`'‐、
                                           ,r'´/ l,.ィ'´:.:.:.:.:    ヽ
                                         / ,r´  l:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                                         ゝ ト、,  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::l
                                          `'ィ'´`'-‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::l
                                          l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::l


           ,.-、
   /フ   /`i /  ヽ
    i i   /  レ'    ヽ
.   l l  / _   ,r-;、  ヽ        今現在、レーニンと協調関係にある
   .! ! ./<{ }〉 `'ー'.'   i        トロツキーの増長が危険な域に達しているのは知っておろう。
    ! i /.  ̄ヒフ        !
.   ヽヾ          ヽヽ       悔しいが、奴の弁舌が一般党員の間で
    ヽ           i'、ヽ     非常に人気があることは認めねばならん。
    l            |. i. i
    |              l l. l
.     i           l.  l l
     i           l.  l l
      i          ,!   `'
      i         /
        i,   r-,   ./
      ヽ  ,! i,   /
       ヽ.ノ   ヽ.ノ

32410スレを超えた安価スレはEX板へ移動を2012/03/09(金) 21:51:21 ID:WWOuGocU
>>野心がない
いいえ 野心の塊です

323◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:51:07 ID:/vKfvSuQ


     ____
   /      \
  /  ─    ─\     ・・・存じてますお。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |    同志レーニンの引退表明もあって
./     ∩ノ ⊃  /    一部党員の間ではトロツキーが後継者などという
(  \ / _ノ |  |     噂まで広がってますお。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



              /~" 、     /~"、
               /::   'l      /::  l
             /..:::   i,    / :::    l
              / ..:::::   `~';:::     |
              / ...::::: : :    ''''      |
            /. : ::::::::::: : :            |
           /.: : : : ::::::::::::::          |       だがわしは、そのようなことを
          /.: : : : ___;::::::..    ____   |       許すつもりはない。
          /. : ::/|;;;;;;;;;|\::::  /|;;;;;;;;;|\  |
         |. : ::<  |.;;;;;;;;;|  >:::<  |;;;;;;;;;.|  > |      奴のような危険なアジ夢想家に
           | : : ::::\|:::::::::|/::::: \|:::::::::|/   l      党を明け渡すなどもってのほかだ。
         | : : : : : :::::::::::::::::::::::::            |
        l : : : : : : ::::::::::::::;;:::: :;;::::: ,          |     これを断固阻止すべく
         | : : : : : :::::::::::::::::~T-´`-T         |     我々は団結すべきだと思う。
        | : : : :::::::::::::::::::::::::::ヽ_〃           |
       |: : :: : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         |
         l : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.......     |

325◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:52:27 ID:/vKfvSuQ


     ____
    / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \     それはつまり・・・
  /::⌒(_人_)⌒:::::  |     トロツキー封じ込めのために
  |    ー       .|     協力しろということですかお?
  \          /      なかなか興味深いお話ですお。




/        _r~-'   | |
    r~ミz孟zzzz≧x  |ノ
。   |   }!     H! .L」
..ヽ   ゚。       `¨´ 〈
  }   >-┐      'T′
  ゝr ´  ゚。    ⌒ :f     ・・・同志やる夫。
  r┴ ..._ ヽ     |
/>ミ、_ `¨ =r---'
::::::::::::::::::`丶¨ー- .」ア
、:::::::::::::::::::::::::\  厂二ミ 、
: \:::::::::::::::::::::::::`¨{ 、  \ \
::::::::\:::::::::/::::::::::::::|. ヽ.   \ \
::::::::::::::\:::: ̄ フ:::: |  、    \ \
::::::::::::::::::::ヽ:/::::::: |   \.    \ ヽ
:::::::::::::::::::: : \ミx__|    \    \ノ
::::::::::::::::::::::::::::::\:: |      \ /´

326◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:53:17 ID:/vKfvSuQ


             /: : : : : : : : : : : : :`ヽ、
          /: : : : : : : : : : : : ;.イノ\ : ',
         i: : : : : : : : : : ;. - '´ ′ │: }         近頃、同志レーニンと君の間で
         |: : : : : : ://__       l /         大きな意見の対立が発生しているようだな。
         |: : : : : : :L -‐{〒ぇ>‐rfデ1
         ヽ: : f ヽ;|     ̄  ト -〈          療養の身とは言え、党の理論的・精神的支柱である
          \:! ぃ         ′ ./          同志レーニンからその資質を疑問視されていることは、
            `!ヽ.、   r_:三ヨ /           君の評価に致命的な影響を与えるだろう・・・
            L:_| ヽ     ‐  /
             │ \      亅
             │ __二二ニヱ‐ 、_
               r弋/ _  -‐ フ´    | ̄  ‐- .._    __
         ,. ‐ '"´  ̄\=ニラ'´        !         ̄    \
      _ /   / /  |/   ____」      /        ヽ
      //      /.   |     \           /            ',
    / 〈ヽ       /    |         >        /             i
    /   \\   L. _  │_, -‐ ´         /               |



         ____
       /      \
      /三_',!`zx二 \
    / ´ー¨‐` ´ー¨‐'' \    っ!
    |      (__人__)     |
     \    ´ニニ`    ,/
     /⌒ヽ    ー‐   ィヽ

327◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:54:10 ID:/vKfvSuQ


             .′         ./ /レ′ \  ヽ
            .′       , ィムイ        ヽ |
            }    { > ´            | {、
            ゚。    V                .' /!
               ゚。r.ミ }  .._      、__.ィ二ヽ}.イ
              `!  }|‐- y' ̄ ̄`Yzzz{ fTヽ H .j
              .}    ゝ..___ノ  |ゝ--- '/./      君にも立場というものがある・・・
               ヽ .,、       _ .〉    レ′
                `Tハ           ./        友人は多い方が安心できると思わんかね?
                 ヽ|ヽ   `¨¨二¨”   /
                       | ゚         /!
                 r┤ ヽ      ノ .ト、
               . -ヘ  ̄  三三¨T二 --イ\
           _ ィ´:::::::::::|ー-- .___,オL_. - イ|:::::ヽー-ミ、
     _. -‐::: ̄::::::/::::::::::::::::マー----/ ,|  \ .|:::::::::\:::::::::> ._


       ____
     /      \
   / ─    ─ \      ・・・・・・
  / -=・=-   -=・=- \
  |      (__人__)  U  |    やる夫は同志レーニンから十分な信任を受けていると
  \     ` ⌒´     /    自認していますお。


         ,、    ,、
         .| |   | |
        |   |___|   |
        |         |
       | ___   ___    |
   ∩   i´●`> <´●`>  |      しかしトロツキーの増長が
   | |   |  ̄、_,、_,  ̄    |
.   | |  |    !.ノ        |     君の立場に悪いのも確かだろう。
    \ \|              |
     \|               |    我々は君を恐喝するつもりはない。
      |              | |
       |               | |   トロツキーを抑えるのは我々全員の、
      .|               | |
      |               l ∪   いや、党の最大利益に適うのだ。
       |              /
      \           ./

32810スレを超えた安価スレはEX板へ移動を2012/03/09(金) 21:54:44 ID:kYXhQozs
スターリンかトロツキーかという恐怖の2択状態だよなあ。

329◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:55:54 ID:/vKfvSuQ



              /~" 、     /~"、
               /::   'l      /::  l
             /..:::   i,    / :::    l
              / ..:::::   `~';:::     |
              / ...::::: : :    ''''      |
            /. : ::::::::::: : :            |      どうだろうか。
           /.: : : : ::::::::::::::          |
          /.: : : : ___;::::::..    ____   |      我々と共同歩調を取らないかね?
          /. : ::/|;;;;;;;;;|\::::  /|;;;;;;;;;|\  |
         |. : ::<  |.;;;;;;;;;|  >:::<  |;;;;;;;;;.|  > |     君を書記長に推薦したのはワシだ。
           | : : ::::\|:::::::::|/::::: \|:::::::::|/   l
         | : : : : : :::::::::::::::::::::::::            |    ワシと君は同志だろう、そうではないか?
        l : : : : : : ::::::::::::::;;:::: :;;::::: ,          |
         | : : : : : :::::::::::::::::~T-´`-T         |
        | : : : :::::::::::::::::::::::::::ヽ_〃           |
       |: : :: : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         |
         l : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.......     |


         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\       ・・・承知しましたお。
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
    |     |r┬-|     |     トロツキーが党の脅威であることは確かですお。
    \      `ー'´     /
      >         <       やる夫はお二方に協力しますお。
     ( |        / )
      `|       /'        (今のところはな)

33210スレを超えた安価スレはEX板へ移動を2012/03/09(金) 21:58:55 ID:DUK6X13M
当時のやる夫はまだまだ見くびられていたのか

330◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:57:30 ID:/vKfvSuQ


1922年12月23日、レーニンはまたもや激しい発作に襲われた。


    ミフ>、、
    `ヽ丶.
     /  l
     /  l
   ,r-(二二ヽ、__
   ミy'く-、、`L,__ ヽ
   ,.:<`ヾーミニヽ、 l,`ヽ}
  :, ,},t、 `ヽ.,>='^ヽ、
   ゙ ゙ ^ヽ>、 ヽ'"   丶、
      ,}    l   ト、  `丶、
     / /`ー-l   l~`丶 、  `丶
     / /   ヽ  ヽ   ``7  l
    ,ノy'′   ヽ  ヽ    l  l
   《^リ      'i  l    l  l
           l  l    l  l
           l  l    l  l


翌朝に意識を取り戻したが、右手右足は麻痺していた。
レーニンの病状は刻一刻と悪化していたのだ。

331◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:58:44 ID:/vKfvSuQ


12月30日、ロシア連邦とベラルーシ、ウクライナ、ザカフカース連邦の四か国が統一大会を開催、
その場で「ソヴィエト社会主義共和国同盟」の形成が合意され、条約が締結された。

【ソ連】の誕生である。

                               、 ☆
                           /  ヽ
                            \  |
                        /\ _,×
                                `



                            ,,,,,,,,,,,
  __      /⌒)  ,,,,,,,,,,,,,,,        [|,,★,,|]       ,,,,,,,,,,,,,    __    __
 (━ ★ )  ⊆.==★|_ [,,|,,,★,,|]      O( ゚Д゚#)      [|,,★,,,|,,].  ( ★ ━) (00━ヽ
 ノル,,‘ヮ‘)  ルリ,, ゚ヮ゚) 从,*゚ー゚)       ゝ.~¶¶ ~)       (`c_,´ ,,)  (・∀・ ) (^ヮ^ゝ0)
. (” |::”)  (”::<iy>) (:”:::::”) .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|. (“|:: “.). (“:|:::“:) ( 《iv》 `)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



建国が宣言されたものの、憲法はいまだ制定されず、
大会はソ連憲法草案委員会の選出を行うにとどまった。

333◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 21:59:44 ID:/vKfvSuQ


【補足】


                          ,イミx
                         r彡: : /:ヽ._  __
                    ,ィt―:-’: : : :`:.、: : {ヽj: :}L_
                      ヾ: :`ヾ: : : : : : : :\:ヾ:.〉:ヾ:}    __
                  ,ィ:.、ノ: :_:ノ: : :_: .-― -ミ: : :彡し:、  /∧:
              r―_ァ′: : :三:.' ´          `ヾミ:〈: `ー'-、》
              ヾハソ: : :ィ: /                  ヾぅ: : :r=、ィ=ミ、
                〈:_:_: : : : ,:′               /:ハヾ: :`ヾ:、 //
              <∧Y): : :// /  /       i    i }_:圦ァx: く `く
               ヾ'廴:.// /  /  ,ィ   i !   |l    ハ  ¨ヾ: : : : 〉  ヽ
                /r=):/イ イ  ィ/ 从  从  从  il N  ,イ:}: : r'_     \     待つのだわ!
                  /.入: j/:! ハ  /イ ,ハハ Nハ  jハ! イ !}i /:.|:1: : : :{     ‘,
    -、         .′  ヾ: | N  ト:L_イ ゞ | ! l 斗匕_/! /   〉:Ⅵ:y: :人     :.
    i \        !.〃  辷ハ l { k乍≧x     ィチ乏カア|ハ  ヾ:.リ彡イ   ヽ     i    ソヴィエト「同盟」じゃなくて
     ヽ 丶 _    j/}  / j厂}:ト !弋:::ノ     弋:::ノ  |!  厶イYツ、ヽ    \  |
   _ ..'  ヾミ`ーァv:イ:辷yく、′ Y 八⊂⊃     ⊂⊃ ィ   〃:トイ! ヽ :、    i   |    ソヴィエト「連邦」のはずなのだわ!
    { (  ̄¨ 、ヾ〈: :ヾ: `ー=≦:xくr|   i1ヽ、  (::ヽ    /=!  /:.:.ノjハ!|   \\ :  l
   rヽノ ̄ヽ   `)辷:_:\: : : : ノ: : |  /く彡ミ≧t _ ..<:::::::::|  !ィ' ′}!     } 〉′ /    歴史の教科書にはそう書いてあるのだわ!
   ト! ト、   _,.ニ イ: : :/: : :): : :.{: : : | 八::}:::::::::::ヾxヘ:::/:::::::::::| √:ヽ、ィ:|    レ′ /
   し`yミ三≧: 》r彡:/: : : : ミ、:ノ.∧: :入:::::::::::Y:「ヾ::::::::::::′/: : : :.ヾ.|     /   /
     ヾ-r<: :.Y}: ノ: : : ;.-‐:./ /: /:/:::::ヽ::::::/!:ハ::::::\:/ ∧: : : :_:.X...=彡   ′
       廴:斗ヘ人:ィァ彡:>イ //: :\::::::1`´:|: : ヾ:::yr{ ./孑≦  ̄//   _ /
               | iく: :_:_:/ ./′: : : : <У::::::::|: : : :j/: :入く  x</√¨ヾ≦ミ:x、

334◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:00:32 ID:/vKfvSuQ


     (_:::::: ヽ/   / /      ヽ  、ヽ(__:::::::::::|三|:::::::::::⌒Yヽ
     r’:::: /      {    |!  | |!  |!ハノ :::::::::|三|:::::::::::::::乂{
     `ァ: :′ /  / !     |!  |! |!  |! |`ー, : :::|三|:::::::::::::::} '.
      ヽ.′ /  /  |!      |!  |! |!  }! | Y:::::::::|三|:::::::::::::/  {
.      | | |!  |!   |!     i}  } |!  /_!_| ゝァ : :|三|::::::::_;ノ|   '.
.       | | |!|  |!、 {! |!   // /}//孑' /イ (_ : :r'--{:::::::) |   |  連邦は複数の国家や自治政府が
.       { | | { 卞ト、ハ!_  //ノノィ≦ケテ| (:::::〈ん)、) 〉´ |   |   統一された上級政府の統治下にある
       ヽト、 {ヘ、从ィ升=ミノ´   /弋じ:::}| 〉 : ゝニン   |  |  国家形態のことなのだわ!
         ヽ乂ヘ!ゞ、rゝ':{`      `ー'゙ .|  ∨//    |    !
          }  |ヘ `ー'゙  、          |   {ノ´     |    |  対して同盟は単なる協力関係を指し
          川 | 丶     マフ      ノ  } !        |    |  国家の統治形態とは違うのだわ!
          //}  ! _≧-..、   ,∠⌒<}/ 八ヘ      |    |
           // j /':.:.:.:.  .:.:.:/>=(:.:.:.:.:.:.  / />ヽヽ     |    |  よって両者は全然べつのモノなのだわ!



                                                          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
                                                          =           ゙ミ
                                                          ミ     ★     ゙ミ
        その通り。                                            ミ            ゙ミ
                                                          ミ;=======゙ミ
        ソ連の国名サヴィエツキ・サユースの「サユース」とは                / ,=          ヽ
        同盟(ユニオン)を意味するロシア語であり、                    /  ,='  _  ∧_ _,,
        本来、連邦(フェデレーション)を意味する                     /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        「フェデラーツィア」とはまったくの別ものです。                   ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
                                                         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
        「同盟」にも関わらず「連邦」と呼ばれるのは                       ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
        その統治形態が連邦に他ならないからですね。                     |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
                                                         | |{i t    _     / |
                                                         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
                                                         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
                                                    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
                                                   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
                                                   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |

335◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:01:41 ID:/vKfvSuQ


           rーイ¨ ̄¨ト、-┐
         ,r::┘、」;;;;;;;;;;;:::j/:::::/入
.       _i -、_>------- <:::::┴i
      〈:::::::i i ||Vlリk i|i ,l||ソ ヽ::::::::〉
       ┐'レ' ⊂⊃    ⊂⊃!Ni_イ、     ・・・じゃあ最初から
.      イ| u         |!l lハ ヽ     連邦(フェデラーツィア)でいいじゃん。
      /ハ              u.|| .\ ヽ
      || `、   {_ ̄ ヽ    '||  / /
      ||  ヽ、    ̄   . イ |,'  ヽヽ
      `    `iTァv'T爪      //
            |<|真| >|      `ヽ
             |〈| || | 〉|



       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ;==============゙ミ
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',   同盟内人口の75%はロシア連邦のものです。
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|   ここで連邦(フェデラーツィア)となれば
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|   事実上、ロシア連邦の支配を各共和国に
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |   拡大させることと同義です
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|   各共和国の反発を避けるために
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |   同盟(サユース)を名乗って形式的平等を
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ   謳う必要があったんですね。
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /

336◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:02:25 ID:/vKfvSuQ


     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||   この物語でも今後はソヴィエト・ロシアのことを
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|    「ソ連」と呼称することにします。
       l \     _    ,/ |
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!


【補足終わり】

337◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:03:10 ID:/vKfvSuQ


もともと、ソヴィエト「同盟」を推進したのはレーニンである。

そのレーニンは右手足の自由を失いながらも、頭の中は新たに発足したソ連と党の将来のことで一杯だった。

      ______
   , <:.:,イト、V!:.:.:.> 、
. /:.:.:.:.:.:/:.:ヤ:.カ:.{゙ミー、:.:.:\
/|:.:.:.:V:./:.:.:.ヤ:.V:.l^":.:.:\:.:.:.\
:.:}:.:.V:.∧:.:.:.ハ:.:l;ツリべ:.:.:.:.V:./\
: l//:.:.}}/:.:.:V:.:/:.:.:.:.\:.:V:.:.:.:./ヽ
//:.ト、:.:リ:.:.:.:.:.:V:.:.:.:.:~レへ、:.:.:j:.:.ハ
:.l:.:.:.:l:.i.:/:.:.:.:.:.:./|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.V:.:.:.:. !
:.|:.:.:.:N/:.:.:.:.:.:.:.i:.l:.:.:.:.:.:.ト、:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.l
リ:.:.:.:|/:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:i:.:l:.:.!:.:.:./|:.:.:.: リ
、:.:.:.:'.:.:.:.:.:.:.:.:V\:.:.:.:|/:.:.:!: /:.:|:.:.:.:,′
:.:ヽ:.:.V:.:.:.:.:.:./:.:.ハ/:.:.:.:.N:.:.:ト、:./    くそ・・・
:.:.:/\!_;.イ:.:./:./:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:|:.V}
:./:.:.:j:.:.:.:.:.:.|/:.:.:.:.:.:./|:./ /イ^ }     僕にはやらなきゃいけないことが
ハ:.:./:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:./|/ |/ ,/
 V|:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:./ {  /         山ほどあるのに、体が言うことを聞かない・・・
  へハ! }:.:.:/__/
    \、|ハ!
`丶    \
.   `丶  ヽ
       \}
         \

しかし、すでに三度の発作を起こした以上、医師たちの監督は厳しくなり
執務は完全に禁じられていた。

 .     ,-、
.     `{.0.}、
  /_ノ `ー’ヽ
 ./=⊂⊃=⊂⊃
 ..|  (__人_.)i
 .|   ||||||||| i
 \,___  _,/    さすがにこれ以上は危険すぎます。
 / .   Y ^ヽ
 | .|   ゚|  | .|   絶対安静です!
 | .|   ゚|  | .|
| .|   ゚|  | .|
 '弋|   ゚|  |ヲ
 . |___人__|
   |:::::::::|::::::|
   |:::::::::|::::::|
   |;;;;;;;;;|;;;;;;|

338◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:04:20 ID:/vKfvSuQ


  }:.|.:.:{{:.:.:| :.:.:.:|:ヽ.:.:.ヽ.:.:.i.:.:.| \:.:.:.:..レ \:.:.`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:\\.:.:.:、:.:.:.
  |.:|:.:.|:.:.:.:i.:.:.:.:ト、:.\:.:}:.:.i|:.:.| ,イ:ト、:.:.:.レ'"´\.:.:ト、∨7.:.:.:.:.:.:.:.:.:\\:.:.:.:.\\:.:.::.:.
  |:.|.:.:l:.:.:.:{l:.::.:.:l:.:.\:' ,l:.:.}}.:.レ:/}:i∧.:.:i    }.:.i 〉∧`ー、.:.:.:`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、:.:.
  l: |:.:.l:.:.:.:.|.:.:.:.:l:.:.:.:.:\\}l:.レ' i/ ∧:i  ○ ',:レ'//}.:.:.∧ヽ:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  ',:.:.:.:.{:.:.:.:|、:.:.:.l:.:.:.:\:.\ヽ} ム」i }}     ,i:.イ  i:.:./ }:.:.\.:.:.:.:.}:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:    口述筆記させろ!
  l:.:.:.:.i:.:.:.:} }.:.:.ト、:.:.:.:.\:.\.戈≦二il二 '"´ }/   //   l:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.ト、:.:.:.:.:.:.:.
   l:.:.:.:.i.:.:.:|:.l .:.L三- :.:.:\{\\  |        /    |:.:.:.:.:.i.:./ }:.:.:| ヽ:.:.:.:.:.    そうでなければ治療を拒否する!
    l..:.:.:' ,:.:l.:.l:.:l{  ひ 、',:.:.\                   リ}:.:./}/  ',.:.:l  i:.:.:.:.:.:.
   |.:∧.:.\ヾ:.:「二ア  }へヘ\               |:./     i:.|  }:.:.:.:.:.:    ここで死んでやる!!
   |/ l:.:ト、:ヽ.:.{ ∨  i                   |/      }} /:.:.:.:.:.:.
      l:{ }:.ト、:∨     `ヽ                      i /:.:.:.:.:.:.:.
      | i.{ ∨     _                       ムヘ:..:.:.:.:
         |  \   '"´                          /   }:.:.:.:.
            レ'`ー-、        , -― ¬ムー 、           /三 /:.:.:.:.:
             \  、- '"´ ̄ x―へ ノ\ r〉        /三 / 7:./
               \ 辷x‐十'                    /三   /イ
                ヽ L__                /三


しかし、それでもレーニンは治療を拒否すると医師を脅迫して
一日わずか5分であるが口述筆記を認めさせた。

339◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:05:16 ID:/vKfvSuQ


当時52歳、まだ壮年期にも関わらず、体の自由を奪われ、病室に引きこもらざるを得ず、
権力の中枢からはじき出されていたレーニンは、どうすることもできないもどかしさに駆られて
ひたすらに批判批評を行った。


                  ,. -─- .、,
                     ,不:::く`ヽ;::、:::`丶
                   ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                   ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
               l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
                ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、
                ヾヽヘu  |';二::!  入',
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
     ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l


この批評は1日5分、12月24日から31日まで少しずつかけて口述筆記され覚書としてまとめられた。
これは後に「レーニンの遺書」として知られることになる。

34110スレを超えた安価スレはEX板へ移動を2012/03/09(金) 22:06:30 ID:xDteu7/I
ある意味、すげえ根性。

340◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:06:28 ID:/vKfvSuQ


【補足】

           _ノ;.;.;.;;;;;;;;. ´         ``ヽ;;;;;;;;;;;;.;.;.;.;.(_
         r'´.;.;.;.;;;;;;,ィ'´              \;;;;;;;;;.;.;.;.;.)ー-┐
       r‐(;.;.;.;;;;;;;;;〃                 ヽ;;;;;;;.;.〔二ニ 1
        「「(;.;.;.;;;;;;〃                   `、;;:;:.;)ト、//
       | | );.;.;.;.〃      i |        |: i      i;;;.;( //}
       ヽL_, イ: (.:.:.:   | | |        |: |.  l l |.l;;.;.;)//ノ
       ///(.:.:{ .i i l | .l:| | |.   l   l  /l:.∧  l l l:.|;.;ノ i:.ト、
        ///.:ハ.:{i i l | .l:| | ト、   !   ! //l/ l ./:.:/ l:.l;.!. l:.| i.|
        / l, .:.:| i::N i ヽ「 士士Nト、 ',  /// イ七/i:./ ///ノi: |:.| |:|
      l .:.| . .:| l::| N: .:l:lV7´尓ミヽ \V/ィ´o示ミヽィィイノソ i::|. l.:| |」   知ってるのだわ。
      l/ . . l l::| {{薔トト、ヘ 辷。ソ       L辷ソノ l/ iシノ |::|: : |
         l . :.:l l::|   i ハ             /l .:.「.  |_|  :.|     たしかこの遺書は
         | . :.:| l:」  i.:/,.ヘ     ┌--┐    /´l .:.|     i .:|
         | . :.:|    // .i  >   `ー '   ..イ.  l .:.|    l :.|     レーニンがやる夫を解任させるために
         | . :.:|   /./ /:|. '´  ̄``ミ= 彡'´  ̄`ヽ  l     l :.|
         | . :.:|  /.:/ / l:|     ,. 'ニ{{薔}}ニヽ.   /∧ l   l :.|     書いたものなんでしょ?
         | . .:i| ノ.:/  > リ  , ´ ̄`Y介Y´ ̄`  //  ヽ\. l :.|
         | . .:l|.:∠ / `Y´    /l  ト、    //     〉 〉.l :.|
         | . .:||    ̄ ̄``ヽ _, ィ .:|   | \ // _ _//. l .:|
         | . .「 ̄ ̄¨¨¨`丶、 マ / :|   |   \ ̄ 二ニ === .:l
         |/| 「二二ニニ`ヽミヽV  :|   |  ,. '"´_  -===┐.:.l
        〈 : :| |        `ヽミヽ、:|   レ'´,r'"´       l | ̄``ヽ
         ト、:/⌒)            i 「 ̄ ̄| i          | (⌒ヽ /

342◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:07:20 ID:/vKfvSuQ


          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ    いえ、違います。
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
         | |{i t    _     / |
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |


           rーイ¨ ̄¨ト、-┐
         ,r::┘、」;;;;;;;;;;;:::j/:::::/入
.       _i -、_>------- <:::::┴i
      〈:::::::i i ||Vlリk i|i ,l||ソ ヽ::::::::〉
       ┐'レ' ⊂⊃    ⊂⊃!Ni_イ、
.      イ| u         |!l lハ ヽ
      /ハ              u.|| .\ ヽ   ふぁっ!?
      || `、   {_ ̄ ヽ    '||  / /
      ||  ヽ、    ̄   . イ |,'  ヽヽ
      `    `iTァv'T爪      //
            |<|真| >|      `ヽ
             |〈| || | 〉|

343◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:07:57 ID:/vKfvSuQ


       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ;==============゙ミ
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',    この遺書には政治局など
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|    中央委員会のほぼすべての主要メンバーを
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|    批判・批評したものでした。
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|    やる夫だけでなくカーメネフやブハーリン、
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|    同盟者であるトロツキーまで批判されてます。
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ   
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /


    つ:::::::::::::::::rー-'三三_ -―――‐-- 、)::::::::\  _
   (:::::::::::::::::::::::) 三= '´/       、  (_:::::::::::::丶<::::::`ー、
    `ー,:::::::: __ノ /  / /    \  \ ム::::::::::: |企;:::::::::::}___
     (_:::::: ヽ/   / /      ヽ  、ヽ(__:::::::::::|三|:::::::::::⌒Yヽ
     r’:::: /      {    |!  | |!  |!ハノ :::::::::|三|:::::::::::::::乂{
     `ァ: :′ /  / !     |!  |! |!  |! |`ー, : :::|三|:::::::::::::::} '.
      ヽ.′ /  /  |!      |!  |! |!  }! | Y:::::::::|三|:::::::::::::/  {
.      | | |!  |!   |!     i}  } |!  /_!_| ゝァ : :|三|::::::::_;ノ|   '.
.       | | |!|  |!、 {! |!   // /}//孑' /イ (_ : :r'--{:::::::) |   |    ということは
.       { | | { 卞ト、ハ!_  //ノノィ≦ケテ| (:::::〈ん)、) 〉´ |   |
       ヽト、 {ヘ、从ィ升=ミノ´   /弋じ:::}| 〉 : ゝニン   |  |    やる夫個人を批判するためものでは
         ヽ乂ヘ!ゞ、rゝ':{`      宀'´ |  ∨//    |
          }  |ヘ ^¨´  、       し  |   {ノ´     |    |     なかったの?
          川 | 丶     r‐、       ノ  } !        |    |
          //}  ! _≧-..、 `´ ,∠⌒<}/ 八ヘ      |    |
           // j /':.:.:.:.  .:.:.:/>=(:.:.:.:.:.:.  / />ヽヽ     |    |

344◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:09:01 ID:/vKfvSuQ


     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \     その通りです。
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/     それどころかレーニンは
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !      メンバー間の対立で党が分裂することを危惧していました。
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l       用心深く自らの批評(遺言)が
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|        他者を蹴落とすための材料に
       l \     _    ,/ |        利用されるべきではないと但し書きまで
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |        付け加えているほどです。
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!



       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ;==============゙ミ
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k      さらにこの覚書は自らが死ぬまで公開しないようにも
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',     付け加えてあります。
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|     遺書の内容は、ソ連はどうあるべきか、
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |     どのような国家を目指し、そのためにどうすべきかを
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|     記したもので、やる夫は批判こそされていましたが
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|     明確に排除されるべき人物とまでは言及されていません。
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ     この段階では・・・
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /


【補足終わり】

34910スレを超えた安価スレはEX板へ移動を2012/03/09(金) 22:15:00 ID:CfnjKA3w
結果的にやる夫が殺す人間のリストを作成しただけになったんだよな・・・・>覚書

345◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:10:06 ID:/vKfvSuQ


さらにレーニンは「遺書」のなかで民族問題にも触れている。


:.:.\:.:.:.、:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.\
:.:.:.:.:.:丶:.:.\:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:丶:.:.ヽ:.:.:.:.:ハ
ー-<:.:.:.:.:.:.\:.:ヽ:.:.:.:.:、:. ∧
ー--:.ミ、:.:.:.:.:.:.:\:.\:.:.:ヽ:.∧
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>、:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.}:.:ハ      僕達は少数民族を守る為に十分な手を尽くさなかった・・・
:.ー-:.:._:.:.:.:.:.:.:`ヽ:.:.:.:.:\:.:.!:.:.: |
:ミ、ー-:.二フ_:.:.:.:.`ミーr´:.:.A:.l      やる夫とオルジョニキーゼは大ロシア的な
:.:.:.\:.:.:.:_、___>ミ、zミ:.:ヽ:.:{ |:.!      弱いものイジメをもたらしプロレタリア国際主義の原則を破壊した。
:\:.:.:ミー<.〃fか  》ヽ>、!:iリ:.{
\:.:、ー-:::}Lzぅz "  V|:.:}:.:. |      特にオルジョニキーゼには見せしめ的な懲罰が必要だ!
:::. \ヘ:::::         }イ:|:.ハ
::::::::::::::: ̄         Y:.|:.!:.{
:::::::::::::::::          .|/V!:.|
:::::::::::::::::::         ./  '}ヾ> 、
:::::::::::::、::::::¨         /  :| .|:::::::::::>-、_
:::::::::::::::::::::.._.. _     /   リ |::::::::::::::::::::ヽ:::::`¨¨¨¨¨¨  ー------――- 、
ヽ:::::::-<ニ -::´    /   ./  |:::::::::::::::::::::: \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}`丶
::::`丶:::::::ー:::   ./   /   |:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::ヽ
:.:} 〈::::\::::::::  _/   /    |::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::ハ


      ______
   , <:.:,イト、V!:.:.:.> 、
. /:.:.:.:.:.:/:.:ヤ:.カ:.{゙ミー、:.:.:\
/|:.:.:.:V:./:.:.:.ヤ:.V:.l^":.:.:\:.:.:.\
:.:}:.:.V:.∧:.:.:.ハ:.:l;ツリべ:.:.:.:.V:./\
: l//:.:.}}/:.:.:V:.:/:.:.:.:.\:.:V:.:.:.:./ヽ
//:.ト、:.:リ:.:.:.:.:.:V:.:.:.:.:~レへ、:.:.:j:.:.ハ
:.l:.:.:.:l:.i.:/:.:.:.:.:.:./|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.V:.:.:.:. !
:.|:.:.:.:N/:.:.:.:.:.:.:.i:.l:.:.:.:.:.:.ト、:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.l
リ:.:.:.:|/:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:i:.:l:.:.!:.:.:./|:.:.:.: リ
、:.:.:.:'.:.:.:.:.:.:.:.:V\:.:.:.:|/:.:.:!: /:.:|:.:.:.:,′    そうだ・・・民族問題・・・グルジア・・・やる夫・・!!
:.:ヽ:.:.V:.:.:.:.:.:./:.:.ハ/:.:.:.:.N:.:.:ト、:./
:.:.:/\!_;.イ:.:./:./:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:|:.V}
:./:.:.:j:.:.:.:.:.:.|/:.:.:.:.:.:./|:./ /イ^ }
ハ:.:./:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:./|/ |/ ,/
 V|:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:./ {  /
  へハ! }:.:.:/__/
    \、|ハ!
`丶    \
.   `丶  ヽ
       \}
         \

346◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:11:11 ID:/vKfvSuQ


1923年1月4日、なんらかの理由で怒りに襲われたレーニンは
これまでの注意深い態度を一転し、やる夫に対する個人的な怒りを爆発させ、「遺書」に追記させた。


                 / イ: :/. :/. : : : : : :/// : : : : : : /. : : :}
                // /. :/. :/ : : / : : /厶ミ、: : : : : /|: : , ┴‐- _
                  ´ / : //. i : : / : //・__」 }: : : :厶]: /       `ヽ、
                /イ//. : { : / /|:/二 ¬: :/、.|:{           `、
                 /イ/^i: : / :/l/     /イ_  〉`|个          ',
                  l{ {!:/ !:/           (   }ヘ           }      『やる夫から書記長としての権力を剥奪しろ!!』
                  |ヘ、|′|′      ∠二ユ}  /  ヽ、       ,′
                     |7/}     _/⌒ヽ_::/′ /   _}`    ィ′
        _  -‐-  _       |:// ヽ、    `ヽヽ__}^}  /   /         }        _
      /    `ヽ、`ヽ¬、⌒ヽ^ヽ  ` 、  ` ̄ ̄´ / _ノ        ノ      . '"´   }
.      /         \    ヽ  \`ヽ、  ヽ     ノ/          }    /      , ′
    ,′         ヽ   ヽ   \ ヽ、 ` ーァ´_/      `丶、  ∧   /      /
.   /           _  ヽ   ヽ   \  >  ´ /{         \  `¨´    /
   {  _ .. -‐…  ´ _  -‐`……`ーァ‐  ´    / /    \      ヽ.     , '´
    〉´  ,      /        /        / /       `ー- 、   }   /
   {  /    /                   {  {            `V    /
    、_/     /                     l   ',               / / /
      、   /        /            l  ′   ̄ ̄``ー一r′i/\
     {    /       /              l  {               }  }   ヽ、
      ヽ、/       /                |  \    _____ノ ノ  }   ヽ


レーニンがやる夫排除の意思を明確に記したのはこの時点になってである。

347◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:12:56 ID:/vKfvSuQ


この後、レーニンは来る4月の党大会に向けて発表する覚書の準備に取り掛かった。
覚書の内容はソ連邦憲法の問題、官僚主義の根絶・・・そしてもっとも大きな問題が、グルジア問題である。



    /::/:::::::/::l:i::::::::il::::::|::::|:::l::::::ヽ::::::::::::l:ヽ::::ヽヽ:'.,
   ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::',
  /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l     政治局に伝えてくれ。
  .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|
  l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|    グルジア問題を調査していた
  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|    ジェルジンスキーの報告を僕のところに
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|    送って欲しい。
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |    この問題はもう一度深く精査したいんだ。
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ
           `ー‐ ' r1,. '´         ,. ‐ ' ´ヽ.,
            <´ i'´      ,.  ‐ ' ´,. ‐ ' ´::::::::ヽ
             lヽ|.l    ,. ‐'´,. -‐' ´:::::::::::::::::::::::::::::',
              | | l| /,. r '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            |/ / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l

348◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:14:09 ID:/vKfvSuQ


1922年末、やる夫とグルジア共産党間の対立が激化すると問題糾明の為に
レーニンの命令でジェルジンスキーがグルジアに飛び現地調査を行っていた。

 /  |.:.:./.:.:.:/:::::::.:.:./::::::::::::::::::::::::::::::i:::::入:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    |.:.:/.:.:.:|::::::.:.:.:./:::::::::::::::::::/:::::::::::|::::::| \:ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ヽ
    |.:.:.:.:::::::|.:.:.:.:.:.:/::::::::::::::::::/::::/::::::j:::::| __,,_ヽ::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    |.:.|..::::::.:.:.:.:.:.:.:/::::::::::::::::/::::/::::::/j:::j‐゛_,ィ-‐-\i::::ヽ::::::::::::::::::::::::\\
   /.:.:|.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:./:::::::::::://::://:// ,,|::j,/(o:) '´ |:::::::::ヽ:::::ヽ::::::::::::::ヽ ヽ
  // |::||.:.:.:::::::::/::::::/:::///‐-//  // ``     |.:.::::::::::::::::::::|::::::::::::::\
/   |:| ||...:::i:::/::::/::<'"(o)`/   i/        |::|.:::::::::::::::::::::|::::::::::::::::ヽ
    ||  |.:.:.:|::::::::/::|        |        |:| |:::::::::::::::::::::|::::::|:::::::\ \
     |  |.:.::|:::::::|::::::|        |        || |::::::::::::::::::::::|::::::|:ヽ:::::ヽ、 `
     |  |::::|:::::::::|:::::ヽ      、  ,,      j ||::::::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::\
      |:::| |.:::||::|:::::::ヽ               |,|::::::::::::::::::::::::::|::::::|:::|::::::::::::ヽ
      |:| |.::| |::::::::::::\    ,-‐‐'''^ ̄~    //:::::::::::::::::|::::::::λ::::||::::::::::::::::::ヽ
      j  |:|::::::|.::ヽ::::::::::::::ヽ    '' ""     ///|:::::::j::::::::::|::|::|:::ヽ::ヽ:::::::::::::::::|
        ||:::::::::|..::::::ヽ::::::::::::::|ヽ        / / |:::::/..:/::::::::|:|::|::::::丶\::::::::::::::::|
      /.:..:.:.:::::::|..::::::|:::|:::::|::::::::| ヽ,    ./  .//|::|//\:::::ヽ:::ト::::::::::::::ヽ::::::::::::::|
     /.:.:.:::.:.:.::::::::|::::::|:::|::::::::|::::|ヽ  `""´   / / |:::/ /::\:::ヽ:::::::::::::\ヽ:::::::::::::|
    /.:.:.::::::.:.:.:.::::::::|:::::||::|::::::|ヽ::ト、,,_   ,,,/  /   | /:::::::::::::ヽ、:::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::|
   /.:.:.::::::::.:.:.:.:.:.::::::::|::|::::::|::::::| ヽヽ,.ィ‐Y‐へ       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                チェーカーの創設者
              フェリックス・ジェルジンスキー

350◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:15:13 ID:/vKfvSuQ


レーニンから「革命の剣」として賞賛されるほど信任を得ていたジェルジンスキーだったが、
その民族問題意識はむしろやる夫の方に近かったようである。

彼はグルジアの独立派を「分離主義者」として快く思っていなかった。


   |:::ヘ  |:::::::::::: |:::::::::::: | /           \  |:::::|::ヘ:::::::: | /} /::::::/
   |:::::ヘ !:::::::::::: }ヽ::::::://              ヽ.|:::::|:::::ヘ::::: |// /:::::::::/
   |:::::::∨::::::/{::: |:::|:::://      ------        ヽ::|:::::::ヘ::: |/ /::::::::::/ /
   |:::::::::|::::::::|::|::::|:::∨/      _, ------、 __  ヽ   `i ::::::: |::::∨::::::::::///
ヽ  !::::jヽ!::: : |::|::::|:::: |// ―ニェェェェェェェェニ‐‐-\ |::::::::::|:::/:::::::://{ /
:::::\l:: |:::ヘ::::::|::|::::|::::::l/        ̄ ̄ ̄ ̄    ヽ   ヘ|:\:: |/::::::::://::/   /
\:::::ヽ:|:::::::\l::|::/::: /         ..::::::::::::....      \ /ヽ:: ∨::::::::::/::::/  /
  \::::\::::::::::::|/::: /l/{        :ヽ:::::ノ::       ヽ::::\|: /:://::::/ //
   ヽ::::::ヽ:::::::l:::::/:/::::ハ/       /  /{         i ヘ :::l/l:://::://::/
     ヽ::: \:::::::::::|:::: |∧!   /  /  /:::|     /  /|  ∧/: //:::/:::/   /
― -、  |:::::::: \:::: |:::: |_|::|{ ̄「ヽ /{ /:::: |  { ̄/ ̄ム/ /::/:::::|::|::/::/   /
 \:::\ノ::::::::::::::::\{:::: | |::|ヾニ{イ/::| / ::::::|\ヽ/二ノ:/ /::/::::::/::|/::/  /
   \::::\:::::::::::::::: |:::: |/::l:::::::{::l/::: l/::::::::::L_/::// //:: /:::::/:::/:::/ /イ
    \:: \::::::::::::ヽ::::|::::::::::::|::|:::::::|:::::::::::::|/:::〃:::::〃:::::/:::::/:::/:: ///
     {\::: ヽ:::::::::::ヽ{::::::::::: l/:::::: |::::::::::::/:::/::::::::/:::::::/:::::/:::/:: 〃/
      \\::::\:::::::::\:::/ :::::::: |:::::::: /:::/::::::::/:::::::/:::::/:::/://

          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\      さすが同志ジェルジンスキーだお。
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /      問題を正しく理解してくれているようだお~
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ

ちなみにジェルジンスキーはポーランド人である。

グルジア人であるやる夫と言い、かつてロシア支配下の民族出身者である彼らが、
ロシア支配から脱しようとする民族運動に好意的でなかったのは皮肉的であった。

351◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:17:12 ID:/vKfvSuQ


1月25日、政治局はオルジョニキーゼの潔白とグルジア共産党中央委員会の行動を非難する報告を寄越した。
この時点で、レーニンのジェルジンスキーに対する(グルジア問題についての)信頼は完全に失われた。


                  ,. -─- .、,
                     ,不:::く`ヽ;::、:::`丶
                   ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                   ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
               l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ    ジェルジンスキーめ!!
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
                ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、   あいつもやる夫と同じ穴の貉だ!!
                ヾヽヘu  |';二::!  入',
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |

レーニンが本当に信用できる人間は、ますます少なくなっていった。
それは病気によって権力の座から遠ざけられた時期と奇妙に符合し、レーニンを孤独へと追い詰めていく。

35210スレを超えた安価スレはEX板へ移動を2012/03/09(金) 22:18:24 ID:H6DXNFJs
引退するって言った後に仕事するのはろくなフラグにならない…

35410スレを超えた安価スレはEX板へ移動を2012/03/09(金) 22:19:45 ID:G46zWvB2
ポーランドは独立してるからジェルジンスキーは根なし草状態なんだな
ソヴィエトロシア以外に依って立つ場所が無い

353◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:19:01 ID:/vKfvSuQ


孤独と不信感からくるレーニンの苛立ちは、中央委員会とその他の上級組織にまで向けられた。
もはやかつての「同志」を信頼できなくなったレーニンは、党組織の腐敗堕落を暴き上層機構の改組を目論んだ。


     //:::::/l:i::::::::il:::l::|::::ト::::ヽ、::::::::::ヽ::::ヽ:ヽ:ヽ
    /::/:::::::/::l:i::::::::il::::::|::::|:::l::::::ヽ::::::::::::l:ヽ::::ヽヽ:'.,
   ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::',
  /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l
  .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|
  l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|     きみ、この問題に関する
  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|     資料を取り寄せて欲しい。
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |     党の官僚化を裏付ける具体的な
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|      データが必要なんだ。
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ
           `ー‐ ' r1,. '´         ,. ‐ ' ´ヽ.,
            <´ i'´      ,.  ‐ ' ´,. ‐ ' ´::::::::ヽ
             lヽ|.l    ,. ‐'´,. -‐' ´:::::::::::::::::::::::::::::',
              | | l| /,. r '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            |/ / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            // /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            〈 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l

         __
         [|,,,★,,|]
        (;´・ω・`)   あの・・・その・・・同志レーニン・・・すぐには・・・
         (つ□と)
         `u―u´

しかし、そういったレーニンの行動はすでに政治局にとって目障り以外のなにものでも無かったのである。
政治局はレーニンに資料を渡すのをますます渋るようになった。

355◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:20:12 ID:/vKfvSuQ


          ,  ------- 、         ___
          /    ´ ̄`ヽ)ン´ ̄ ̄ ̄``<{{{ ⌒ヽ、
      ///   / ソ\  // |ハ\\<⌒ヽ\
     / / /     ////|   / /  /   | ヽ ヽ \  ヽヽ
     / / /     // // 〉 / /  ,イ   | | │ ヽ| ヽヽ
    / / /   //|/// / / /  //     | | │  |ハ ヽヽ
    | l l / // |// ハ / /   //    / | /!   |  ヽ   l
    | | l / // / | | l / /   /ノ  /  / / //  /| | | |¦|
    | | |│ l/ /l |│|│l   / _.ィ=ミ、// ///リl | | |│|
    | | |│ | /  | |│|│l  l'´〃|::::|ヾ     ィバ | | |│|   ・・・イリイチ。
    | | |│ |/   | ト|│| |  |   └┘      〈 しリノ / ll | |
     .l l |│〃   | 卩 | |│ |            イイ | l/   資料を取り寄せるには
     l l | l/j  |  | ノ。 |│| │        ' ノ    |丨 | l
     l│ | | |  | | |}8┤|│ | U             //│| |    同志やる夫の許可が必要なの。
      .l | V/ /| | lニ;;コl l ヽ |       r_丁  // 川 |
      | / |ハハl |ノ||;;| ll  ヽ|           // // /1l
      |/|  ∧| |八 Ll /ハ  ヽ 丶、       ////ル' ||
      〃,⊥厶LL| 八Vノノ\ `丶\  ` T T´////
    /      ヽ::::::}}ヽ:::::::` ー------┴<∠厶∠ 、
   /         |:::::{{ \:::::::::::::::::::::::::::::::::::}}:::::::ヽ    `ヽ


         ハl /  / ,イ ,ハ: : i: : : :V:. :. i:. :. :.: :.:.:.::V:.:.
         ,{    / イ l l :ト、! : ト、: : :l: : : :|:. :. :.:.:.:.:.:.:.V
         ハN.| / l ハ ハ '. ト、!: :l ,、: : ! ト、:.:.:.、:.:.:.ヽ
        /'V l ! イ  l { 〃 ̄`ヾ! Vl ト: :V: l \:.:.\:.:.:
        ! l  !{ |  .| {{  ◯ ヽ V! |ヽ: : |、 {{'\:.:ヾー    なんだと!
       .| .N .リ l   ! ゞx、__ノ  .ハ! Ⅵ{   、\|__
        ! {ト、 ! l\ ヽ        {' .: ヽ     ̄     あいつはそんなことにまで
        l ヾ\| ト \ '.         :
          \ V\  ト、!        ..:             口出しするのか!!
            ヾ\ハ       ..:
             \へ       マ  r- 、!
                ヘ
                 '.
                 '.
                   丶

356◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:21:25 ID:/vKfvSuQ


レーニンがどんな資料を取り寄せるのにもやる夫の許可が必要となっていた。

そしてやる夫が易々と資料を渡すはずがなく、文書は偽造されたり隠匿されたりした。


                   /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                  /                \
                /  .,r'´` 、    , ´`ヽ、 \
              /       ,    、,,.-='、'、   \     おおっと~。
             /.   `┬;;;:::┬′ノヽ.. ゙.゙、;;;;::',ノ   \
            |      ⌒゙''''''´"     `''''''"       l   その資料はダメだお~。
            ..|.        .(    j    )        .|
            |.        `ー-‐'´`ー-‐'′         l
          .  \.         |,/⌒'⌒ヽ|         ./
              \       l     j        /
,-‐ 、     l   ',   /ヽ     `ー--‐''´     イ\      i   ,'    /   ,r'
、   ヽ、   ',   !  /       ``ー- -‐'"´        \    ,'‐-イ   ,t'   ,r'
. ヽ   \   ト-"',                              \  ,'  l  /`‐- /
  ヾ‐-'" \  ',_  ',                           ,' `''',' /`、_, r'
    \、_,, '\ i`゛ ',                          / -、_,!,イ   /    ,
 、     ヽ  ヾj _,`ヽ                        /    -=ニ'ヽ_,-‐ヾ´
  `ノ''、‐-` ニ,-     ヽ                     /<      、   !,, -ゝ‐
. -"-,,ノ_  ,       ノ\                   /   ` ‐、    ヽr'"´
     `ノ'    ィ -‐'"  \               ,   '     !  \    ``‐-、_
  _, -'"´ ,   /  '!     ` 、           ./"" ',_,r'"``゙"゛`‐-´⌒``‐-- =,,_``
 ̄ _,,,-‐''´ ``''ヽ-‐"⌒`""゛ヽ,ィ ´⌒ヽ、        !、_ -''´´               `
 ´                `‐- 、_ノ

さらにはレーニンを騙すために嘘で塗り固められた偽の新聞を発行しようとまで考えられていたのである。

357◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:23:02 ID:/vKfvSuQ


       _.. ==、_
     太ド:.ミ、:.:.:.:.`ヽ:`丶
      f:.ゝ:`゙<_:\:.:.:.ハ:.ハ
    ハ:.:.:`瓜__:ヾ:\!:.:.:V:ハ
     l:.Α:.::.:ヽ’'`}ハ:. ト、:.:}:.:.l
    V:.fアヘ¨´   }!:.|./:.从:.|          あんな奴の言うことに従う必要はない!
     ヾ{` __    |/ヘ:.{:.:.:.{
      '. ¨’      Vヘ:.{!、          クループスカヤ、資料を手に入れてくれ!
       ヽ_, 、     / / ̄⌒¨
          ハ   /  ./          僕は論文を書かなきゃいけないんだ!
        /} ゙ト {   /
       /   く } } ヽ'    、
      .}   }/´}ヽ_{_      ヽ
      .ト、   〈:::::::::::ヽ       Y
       } ヾ 、 |::::::::::::::!      ヽ
       | ミ、 } :|::::::::::::::'.
       !   ハ.|:::::::::::::: }
      .}    ヾ、:::::::::::::!
      /     .} ヽ:::::::: |


       //// /、  ヽ \ \ \
      /// ./ / i ヽ  ヽ ヽ  ヽ ヽ
    / / / / /  .|  |  ヽ   |  |   ヽ、 ',
   ./ /./ / |   |  .|   ヽ |  |       '
   〃 | | |  |   |   |    |. |  |       |
   |  | | |  |   |  |   |   |      |
   |  | | |  |ヽ  ヽ | ヽ   |.   |     |
   |  |人八_ルヘ、j乂___ト、 |          |    ・・・・・・・
   |  | /7テマ     ̄7テマヽ|  │ii!|   | |
   |  |ヽ,辷;}     ´ 辷}j |!   | 〉.|   | |
   |  |l                |!   レ |   | |
   |  !l    、.        |!   |  |   | |
   |l   ト、           し |!   |  |   | |
   i!   i \   匸>      イ!  i|i. |   | |
   |!   | | |i \ `    , '  |!  /|  |   | |
   |!   | | | i `ー '    l!  ハ |i |   | |
   ト、  | i人j|i!   ヽ     |! //V|i |   | |

35810スレを超えた安価スレはEX板へ移動を2012/03/09(金) 22:23:10 ID:CfnjKA3w
この辺り宿敵の伍長が首相就任後にヒンデンブルグを隔離したのと似通ってるな

359◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:23:41 ID:/vKfvSuQ


.         /::::l:::l::、:::::、:::::ヽ::、::::::::::::\:::\::::::::ヽヽ::::::ヽ
       /:::!::::i:::!:::ヽ:::ヽ::::::ヽ::ヽ、::::::::::\:::ヽ:::::::ヽヽ::::::',
        /:l::::!::::ヽ!::ヽ:::::::ヽ:::::::\:::ヽ、::::::::ヽ:::ヽ::::::::!::i:::::::!
       ハ:::l:::::、::::ヽ::::\:::::\:::::::\:::`ヽ、:::ヽ::ヽ:::::!:::!:::::l
     /:::::::l::::::!ヽ:ヽ::::、:::::ヽ:::、:\::::: \::::::\::::!::::ヽ:!:::i:::l:l
     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::::ヽ!:::::::}!::::l::li|
.     j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、::::::::::::::::i::!::l:l !
       l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
      !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!
      ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!    ・・・どうした?
.         !::、::::i      l             u |:::/lj/l:!リ
        ヾト、:!u                 j!/ j|:::リ     君ほどの党員が、なにかあったのか?
          ヾ!    ヽ  ‐       u /イ´lハ/
            }ト.、  -、ー-- 、__      /' !:://
             リl::l゛、  `二¨´    /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/

          ,  ------- 、         ___
          /    ´ ̄`ヽ)ン´ ̄ ̄ ̄``<{{{ ⌒ヽ、
      ///   / ソ\  // |ハ\\<⌒ヽ\
     / / /     ////|   / /  /   | ヽ ヽ \  ヽヽ
     / / /     // // 〉 / /  ,イ   | | │ ヽ| ヽヽ
    / / /   //|/// / / /  //     | | │  |ハ ヽヽ
    | l l / // |// ハ / /   //    / | /!   |  ヽ   l
    | | l / // / | | l / /   /ノ  /  / / //  /| | | |¦|
    | | |│ l/ /l |│|│l   / _.ィ=ミ、// ///リl | | |│|
    | | |│ | /  | |│|│l  l'´〃|::::|ヾ     ィバ | | |│|
    | | |│ |/   | ト|│| |  |   └┘      〈 しリノ / ll | |
     .l l |│〃   | 卩 | |│ |            イイ | l/
     l l | l/j  |  | ノ。 |│| │        ' ノ    |丨 | l    ・・・実は・・・
     l│ | | |  | | |}8┤|│ | し             //│| |
      .l | V/ /| | lニ;;コl l ヽ |       r_丁  // 川 |
      | / |ハハl |ノ||;;| ll  ヽ|           // // /1l
      |/|  ∧| |八 Ll /ハ  ヽ 丶、       ////ル' ||
      〃,⊥厶LL| 八Vノノ\ `丶\  ` T T´////
    /      ヽ::::::}}ヽ:::::::` ー------┴<∠厶∠ 、
   /         |:::::{{ \:::::::::::::::::::::::::::::::::::}}:::::::ヽ    `ヽ

360◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:24:33 ID:/vKfvSuQ


さらにクループスカヤが以前に口述筆記の件でやる夫から脅迫されていたことを知ると、
レーニンのやる夫に対する怒りは頂点に達する。


         ハl /  / ,イ ,ハ: : i: : : :V:. :. i:. :. :.: :.:.:.::V:.:.
         ,{    / イ l l :ト、! : ト、: : :l: : : :|:. :. :.:.:.:.:.:.:.V
         ハN.| / l ハ ハ '. ト、!: :l ,、: : ! ト、:.:.:.、:.:.:.ヽ
        /'V l ! イ  l { 〃 ̄`ヾ! Vl ト: :V: l \:.:.\:.:.:
        ! l  !{ |  .| {{  ◯ ヽ V! |ヽ: : |、 {{'\:.:ヾー
       .| .N .リ l   ! ゞx、__ノ  .ハ! Ⅵ{   、\|__
        ! {ト、 ! l\ ヽ        {' .: ヽ     ̄
        l ヾ\| ト \ '.         :
          \ V\  ト、!        ..:                 なんだと!!?
            ヾ\ハ       ..:
             \へ       マ  r- 、!
                ヘ
                 '.
                 '.
                   丶

361◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:25:58 ID:/vKfvSuQ


3月5日、レーニンはやる夫に対して「同志関係を断絶する」と手紙を叩きつけた。



                 / イ: :/. :/. : : : : : :/// : : : : : : /. : : :}
                // /. :/. :/ : : / : : /厶ミ、: : : : : /|: : , ┴‐- _
                  ´ / : //. i : : / : //・__」 }: : : :厶]: /       `ヽ、
                /イ//. : { : / /|:/二 ¬: :/、.|:{           `、     貴様・・・
                 /イ/^i: : / :/l/     /イ_  〉`|个          ',
                  l{ {!:/ !:/           (   }ヘ           }     僕の妻に何様のつもりだぁ!!
                  |ヘ、|′|′      ∠二ユ}  /  ヽ、       ,′
                     |7/}     _/⌒ヽ_::/′ /   _}`    ィ′
        _  -‐-  _       |:// ヽ、    `ヽヽ__}^}  /   /         }        _
      /    `ヽ、`ヽ¬、⌒ヽ^ヽ  ` 、  ` ̄ ̄´ / _ノ        ノ      . '"´   }
.      /         \    ヽ  \`ヽ、  ヽ     ノ/          }    /      , ′
    ,′         ヽ   ヽ   \ ヽ、 ` ーァ´_/      `丶、  ∧   /      /
.   /           _  ヽ   ヽ   \  >  ´ /{         \  `¨´    /
   {  _ .. -‐…  ´ _  -‐`……`ーァ‐  ´    / /    \      ヽ.     , '´
    〉´  ,      /        /        / /       `ー- 、   }   /
   {  /    /                   {  {            `V    /
    、_/     /                     l   ',               / / /
      、   /        /            l  ′   ̄ ̄``ー一r′i/\
     {    /       /              l  {               }  }   ヽ、
      ヽ、/       /                |  \    _____ノ ノ  }   ヽ


さらにグルジア問題について触れ、やる夫・オルジョニキーゼ・ジェルジンスキーの三人を名指して敵として扱い、
トロツキーに対してはグルジア人を擁護するよう要請している。


     , -r"     ー
   //         \
  /   、 lヽ    \   ヽ
  / | | l\ l\   丶   i           もう僕には奴らの公平性が信用できない。
  /l  l、| l  ヽヽ、      l
  |l kj,l l L、\rtゝ l |   .|            奴らを告発すべきだ!
  lj、jl'弋lヽ.Y'´kぅl j| lW/ |
    l  ,     |//ィ '| |
    ヽ '-     / l、Ml7
     \ ̄゛  /__ /ヾ
        ー '       /  ー  、
        /== ̄ ̄ ̄ ̄       ヽ
     /                  \__
    /                      ヽ
.   |                        l
   |                        \_


レーニンの幹部党員に対する不信感は悪化する一方だった。

362◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:27:15 ID:/vKfvSuQ


レーニンの絶縁状はすぐさまやる夫の下に届いた。


       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /              /ヽ__//
     /     氏  ね      /  /   /
     /              /  /   /
    /   ____     /  /   /
   /             /  /   /
 /             /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /


        ____
      /::::::::::  u\
     /:::::::::⌒ 三. ⌒\
   /:::::::::: ( ○)三(○)\
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |  _________
   \::::::::::   ` ⌒´   ,/.   | |              |
   ノ::::::::::u        \   | |              |
. /::::::::::::::::     u      | |              |
 |::::::::::::: l  u            | |              |
 ヽ:::::::  -一ー_~、⌒)^),-、    |_|_______|
  ヽ::::::::___,ノγ⌒ヽ)二二二     | |  |

36310スレを超えた安価スレはEX板へ移動を2012/03/09(金) 22:27:56 ID:uHEPdzzQ
簡にして要を得すぎワロタwwww

36510スレを超えた安価スレはEX板へ移動を2012/03/09(金) 22:28:54 ID:uZsWsWwY
超ストレートwwww

364◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:28:19 ID:/vKfvSuQ


これに対してやる夫は即座に謝罪する。

すでにやる夫とレーニンの関係が破綻しているという噂は幹部党員の間に広まっており、
そういった風聞が自分の評判にどれだけ悪影響を与えるのか十分理解していたのである。


【表向き】


         :::::::::::::/ ̄ ̄∨ ̄ ̄\ ::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::|  / ̄ ̄ ̄\ |:::::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::__|/  _ノ  ヽ、_ \|__::::::::::::::::           すみませんでしたお!
   ::::::::::::::/  / ((>)) ((<)) \  \::::::::::::::::
  :::::::::::::::::|   | o゚  (__人__)  ゚o|   |::::::::::::::::::::::::        もう二度とあんな態度はとりませんお!
 :::::::::::::::::(⊥_⊥)\___`⌒´__/(⊥_⊥):::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



【本音】

       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \   『なんでクループスカヤごときにヘーコラしなきゃならんのだ。
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |  レーニンと寝たからといってマルクス主義が分かるわけではないのに』
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \

366◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:29:22 ID:/vKfvSuQ



                「l
                l´l  l」「l
                 l .!─, l」
                  l .l ̄  /,=7
             レ'   // //  _
                     //   l」 /l
                         _//
                       l_/
         ハl /  / ,イ ,ハ: : i: : : :V:. :. i:. :. :.: :.:.:.::V:.:.
         ,{    / イ l l :ト、! : ト、: : :l: : : :|:. :. :.:.:.:.:.:.:.V
         ハN.| / l ハ ハ '. ト、!: :l ,、: : ! ト、:.:.:.、:.:.:.ヽ
        /'V l ! イ  l { 〃 ̄`ヾ! Vl ト: :V: l \:.:.\:.:.:     くそ・・・どいつこいつも・・・!
        ! l  !{ |  .| {{  ◯ ヽ V! |ヽ: : |、 {{'\:.:ヾー
       .| .N .リ l   ! ゞx、__ノ  .ハ! Ⅵ{   、\|__     退廃した官僚主義に迎合して・・・
        ! {ト、 ! l\ ヽ        {' .: ヽ     ̄
        l ヾ\| ト \ '.         :             言ってもっわからぬっ馬鹿・・・!!
          \ V\  ト、! し      ..:
            ヾ\ハ       ..:
             \へ       マ  r- 、!
                ヘ U
                 '.             u             「l
                 '.                           l´l  l」「l
                   丶                             l .!─, l」
                                              l .l ̄  /,=7
                                         レ'   // //  _
                                                 //   l」 /l
                                                     _//
                                                   l_/


同志達に対する不信感と怒り、焦燥感、そして政治的闘争からくる極度の緊張は
レーニンの神経を蝕み、体内の「時限爆弾」の針を確実に加速させた。

そして、1923年3月7日・・・


ーr---- 、.       __
:.:.}:.ハ:.:.:.:.:.:.:> 、     \_ | |Yl.
:.//:.:l:.:.:.:.:.∧:.:.:.\.     _l | |ハ|
//:.:.:|:.:.:.:./:.:.}:.i:.:.:/:ヽ.   └‐┘
/:.:.:/}:.:.:/:.:.:リ:.:}:./:.:.:.∧  __「L._トト、
:.:.:/:リ:.:/:.:.:/:.://:.:.:.:/:.:.l └┐r‐レレ
:./:.:.:/:.:./:.:./!:.:.:.:./:.:.:.:!  〈〉|_|〈〉
´:/:.:.:.:/:.:.:/ }:.:.:.:A:.:.:.:.}     [|
:.:./:.:.:.:.∠¨”!:.:.:/示:.:.:ハ     ロ  
イ:.:.:.:/ 5:).〉|/〈こ|:./
ィテ/ ¨==/   \!'
/イ:.| u     _ ノ
|:∧|         ′    はっ・・・!!
|′      ,仁_ア′
ゝ.      〈こコ ′
  >     = }
     _> --く
、 . イ  {     .}
. Y }! , 、!    /
 〉.ノ! /   イ
/|¨::{ {  /  〉
 !::::| レ'  /

367◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:30:18 ID:/vKfvSuQ


レーニン、四度目の発作で倒れる。

                __
              ィ::    `丶
_.. ー--~ー一-ァ::´::::::::::.      ヽ
::::::::::::::::::::::::::::>:´:::::::::::::::::::::: ..     ‘.z、
::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::rミ、  ::::::::.     V:>、
::::::::::::::::/::::::::::::::::::::h;;>ミ 、       ヽ:::::::>'Z
::::::::: /::::::::::::::::::::::::::`ヽz::::::::`ーz、_      V:::::::::::::\,_
:::::/ア::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー::::¨´:::::::     V::::::::::::::::::::^`ゞ、
:イV::::::::::i::::::::::::r≠:: ,_:::::::::::::::::::::::::::      l:::::::::::::::::::::::::::::::乂_ ィ
::|::::>=ミ|、:::::::弋:::.... ¨ 〉::::::::::::::::::::      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::^::{
::|;:.《 ● |:.ト、::::::::`:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::     }!:::::::;ィi:::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
::V八¨¨7:リ:,ィ:::::/:::::::::::::::::::::::::::::/|::::   /::/ア::/:.イ:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:.:.〉:.:.ア八:.:./イ{::::::::::::_::::::::::::::::::/:.|:::  /レ:.:/ヽ:.:./:.:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:/:::/:.:.:.:.:7Y/ー:.〃}:ト 、:::::::/::::|::::://:.:./:::::. |:/:.::.:|ィィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヘ
:/.:.:.:.:.:.:.://:.:.:.:.:.:.{{ ,●  >/::::://:.:/:.:./:f^::ア}':.:.:.:/:./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|



即座に治療が施されたが、3日間重篤状態が続いた。

   三           三三
        /;:"ゝ  三三  f;:二iュ  三三三
  三   _ゞ::.ニ!    ,..'´ ̄`ヽノン
      /.;: .:}^(     <;:::::i:::::::.::: :}:}  三三   やべぇ!もう手遅れかも!
    〈::::.´ .:;.へに)二/.::i :::::::,.イ ト ヽ__
    ,へ;:ヾ-、ll__/.:::::、:::::f=ー'==、`ー-="⌒ヽ
  . 〈::ミ/;;;iー゙ii====|:::::::.` Y ̄ ̄ ̄,.シ'=llー一'";;;ド'
    };;;};;;;;! ̄ll ̄ ̄|:::::::::.ヽ\-‐'"´ ̄ ̄ll

36810スレを超えた安価スレはEX板へ移動を2012/03/09(金) 22:31:04 ID:uHEPdzzQ
そこはもうちょっと頑張れw>手遅れ
でも正直医者からすれば自業自得にも思えたろうなー

369◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:31:21 ID:/vKfvSuQ


7月10日、レーニンは意識を取り戻す。

しかし、脳梗塞は動脈を閉塞させたか、または破裂させ、
左脳への酸素補充を遮断し機能障害を引き起こした。


        /:/:::::::::ヽ::::|:::i::::|:::::ヽ:::ヽ:::ヽ:::::::::::::::ヾ:::::::
        /|:|::::::::::::::ヽ∥::i::::i:::::::ヽ:::ヽ::::ヾ::::::::::::::ヽ::::
       |::|:|::::::|丶:::::ヽ:|::::::::丶:::::::ヽ:::ヽ::丶:::丶::::ヽ:
      |:::|::||::::丶::::::::丶i:::ゞ:::::ヽ::::::::::ヽ:ヽ::ヽ:::|:::::::i::
      ∥::|::|ヽ:::丶::::丶:丶:ヽ::ヘ::::::::::ヽ::::ゝ丶i::::::i:::
      |:::::|::|:::|::::::::ヽ丶ヽ::::::ヽヽ::::ヘ,,:::::ヽ:::::i::i:::::|::
       ∥:|ヽ::|ヽ|::::::丶丶ヽ::::::::ヽヘ,,,,:::::::::ヽ:::::i:::i:::
       |::丶丶|ヽ  ヽ ヽヽ  /    \:::::::::::::::/
       |:'゙l\ヽ ''' '''''´  '  ".`'' 、'   '|:::::::::::|:::|
        \::::ヽ,\                レ|:|:::,| /
         ゝヽ ''                ||::::|:ノ::
            ヽヽ                 | リl:/:/::::
           'ヽ    ヽ -        |, ノ/::::::/
              丶,    ,             / |::::::/
               |ヽ  ヽ二二=      / | | |:/ ,,
             | i\ ヽ─      /  l ヽリ:.:.く
           ../ヽ' ヽ,      /   /  |,,,  |
         . ./    |ノ丶ヽ -- /     /    | /
      /       ヽ >          /    レ


レーニンは右半身の自由を永遠に喪失し、失語症によって言葉も失った。
さらに思考力が低下し、もはやかつての最高指導者としての面影は微塵も残っていなかった。

370◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:32:58 ID:/vKfvSuQ


          ____
        /      \
      /  _ノ  ヽ、_  \     同志レーニン・・・
     /  o゚⌒   ⌒゚o  \
     |     (__人__)    |    意識を取り戻されたと聞いて
     \     ` ⌒´     /    政治局一同お見舞いに来ましたお!
      >         <
     ( |        / )     この三日間不安で不安でしょうがありませんでしたお・・・
      `|       /'
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......

37110スレを超えた安価スレはEX板へ移動を2012/03/09(金) 22:34:19 ID:H6DXNFJs
お前ぬけぬけと…

372◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:34:23 ID:/vKfvSuQ


!::::}、ヽ::、ヽ::、ヽ:`ヽ
リ!::!l::::!::::}::゙,_、ヽ:゙,::ヽ
::!::ノヽ::ljγi!゚ヾ,:,ヘ::!ヽ
:::/_ ヽ!.::'‐!‐-'、:!::l,jヘ!
i/:、ヽ : .:::::/  jヽ! l!}l ゙'
!l:: : ;.!, .:::/γ´/`'、゙,|l゙
::l:::',ι ,     l :lヽ、 , ’ ,;.
、:!i ,!  _,. -─f´1;: !、 ,.   :・,    あ・・・う・・・
:: ヽ ; ./_,. -r‐' ̄!::: j    ' .,
:::;,  /´!:_,1l、:::l!|:::. l
:: ,_l:γ__人,ヽ!l::)ー
イ    ̄   ヘ}! }





       ____
     /      \
   / ─    ─ \     (なんだこりゃ・・・
  / -=・=-   -=・=- \
  |      (__人__)  U  |    ほとんど廃人じゃねえかお)
  \     ` ⌒´     /



                     <: : : : : : : : :> .
                  _ /: : : : : : : : :j! : : : : : `ヽ
                     ノ: : : : : : : : : : : /{: : : : : : : : ∧
                  /: : : : : : : : : イ /  `¨ヽ: : : : : :∧
              /: : : : : : ハ/ソ ソ       jハ: : : : : :}
              リ : : :γ    ,   ` ̄ `__  ヽ: : : : :!
               ヽ: : : |  ≦´ー、==〈:::::::::::::} ̄` }: :r ヽ    (終わったな・・・レーニンも。
                    ゞ: :ゝ〈:::::::::::ノ} : ヽ¨¨¨   : : : y  .}
                >:|     ヽ ア      : : : ;  イ     さて、主を失った玉座をどうするかだ。
                  { ∧         _ ク` : : : -
                   ヽ ∧    / ´ ̄  . : : : }: :!      いつまでも空いたまま放っておくわけにも
                   ∧        . : : : イ : :!
                     ヽ   . . . . : : :<: : }iリ       いかんからなぁ・・・
                     `ー―==´      !
                      |   i   i     |        さぁここからが本番だぞ)
                    r< ̄ ヽ  r ´ ̄  ̄ |
                         }、     ヽ |       !
                    イ;{≧ュ、_ , == 、. x≦ ソ;>
                 ,<;;;;;;;|≦=ィ´  : : ハ==≦j!;;;;;;;;;;;≧=-
             ー=≦;;;};;;;;;;;;;;;;>/    : :   ゝ ,イ;;;;;;;;;;;;{;;;;;;;;;;;;;;;;≧=ー
          ー=≦;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;/    ,′   ∧;;;;;;;;;;;;;;;;;∨:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

373◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:35:24 ID:/vKfvSuQ


             / i   ./ヽ,
            /:::  | /   ',
           /:::::  ""       i
            /::::::         l
             /::::::          i
         /::::::           |      (これでトロツキーの対処に集中できる。
           /::::::            |
        /::::::             |       まずは4月に控えた党大会で
       /::::::              |
       /:::::               ヽ      いかに奴を抑え込むかだな)
      /:::::                 ',
     //:::::                     ',.
     /::!::::::               丶 !
    /::l:::::::                 l, l
     i:::|:::::::                    |i l
    |::|:::::::                  || |


     ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
      |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
      /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
        { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
          ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
            |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
          ノ ノ' l心  `ー‐一`  し.   ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ    (レーニン・・・)
               |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
              リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
         __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
     ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
    l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
  | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、

374◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:36:32 ID:/vKfvSuQ


     ____
   /     \
  /  ─    ─\     ヒソヒソ
/   ‐=・=‐ ‐=・= \   (おい、レーニンはこっちの声が聞こえてんのかお?
|       (__人__)    |    それと回復の見込みはあるのかお?)
\     ` ⌒´   ,/


 .     ,-、
.     `{.0.}、
  /_ノ `ー’ヽ
 ./=⊂⊃=⊂⊃
 ..|  (__人_.)i
 .|   ||||||||| i    ヒソヒソ
 \,___  _,/    (聞こえています。
 / .   Y ^ヽ
 | .|   ゚|  | .|    知能障害が見られますが、
 | .|   ゚|  | .|
| .|   ゚|  | .|    言葉も理解できているでしょう。
 '弋|   ゚|  |ヲ
 . |___人__|     回復の見込みは、絶望的と言わざるを得ません・・・)
   |:::::::::|::::::|
   |:::::::::|::::::|
   |;;;;;;;;;|;;;;;;|

375◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:37:18 ID:/vKfvSuQ


     ____
    / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \        (・・・ま、どのみち言葉が喋れない状況なら
  /::⌒(_人_)⌒:::::  | チラッ    なにも恐れることはないお。
  |    ー       .|        せいぜい最期の時までベッドの上で
  \          /         大人しくしててくれお?)




             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )     じゃ、長い間お邪魔しても
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |    治療の妨げになると思うので
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /       やる夫達はこのくらいで失礼しますお!
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄

376◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:38:04 ID:/vKfvSuQ



    _______________
.   |\\        .|:::::::::::::::::::::::::::::::: |
.   |:::::\\       ! :::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|
.   |:::,、::::\\      |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::||\:::::\\    !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!
.   |:::||:::::\:::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|   <第12回党大会の準備が・・・
.   |:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::||::::::::::|::::|lll|     ||]::|:::::::::::::::::::::|:::::| <工業製品価格と農産物価格の乖離に
.   |:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|   関する問題も・・・
.   |:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::||::::::::::|〔 !lll!     !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!   <憲法草案委員会の経過報告で・・・
.   |:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|______|:::::|
.   |:::\:: :: |::::|lll|     |:::::::::::::::::::::::::::::::: |
 ̄ ̄ \::::\::|::::|lll|       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      \::::`:::::!lll!
       \:::: !lll!
         \|lll|

377◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:38:25 ID:/vKfvSuQ


         ┏┳┓
┏┓ ┏┓┗┻┛
┃┃ .┃┃   .┏━━━┓
┃┃  ┃┃  ┃┏━┓┃
┗┛  .┗┛  .┃┏━┓┃   ┏━┓┏┓
            ┗┛┏┛┃   ┗━┛┃┃
                ┗━┛   ┏━━┛┃
                   ┗━━━┛
   .______________
.   |:::::::::::::::::::::::::::::::: ||:::::::::::::::::::::::::::::::: |
.   |:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::||:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::!:::::::::::::::::::::!:::::||:::::!:::::::::::::::::::::!:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|::[||||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::!:::::::::::::::::::::!:::::||:::::!:::::::::::::::::::::!:::::|
.   |:::::|______|:::::||:::::|______|:::::|
.   |:::::::::::::::::::::::::::::::: ||:::::::::::::::::::::::::::::::: |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

37810スレを超えた安価スレはEX板へ移動を2012/03/09(金) 22:38:47 ID:CfnjKA3w
死んでからも解放されないんだけどね・・・・

379◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:39:19 ID:/vKfvSuQ


もはやレーニンは・・・少なくともやる夫達にとって過去の人物となっていた。
口をきくこともできず、指示も出せず、組織の頂点から転げ落ちた一人の老人・・・




         r<>--  ._
         /:::::::::::::::ー-:::::::::二\,へ_xー----- 、
        .}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{  }::::::::::::::::::::> .          , -ー-- 、
       fー-- 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ !__{::::::::::::::::::::::::::::>      /     三}
      __人_   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::/::::∨:::{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー< , -  ´ ̄ ̄〉
   r<三zx<ア¨ヽ }:::::::::::::::::::::::::::/:::::::::}::::::::::::::::::`ー-:::_::::::::::::::::::::::/7-ー= ⌒¨´
  .イ:r:.:.ー-ミ:.:ヽ、リ/'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄::::::{
 //汰:.:.\ゞ、:.:.:.:∀::::::::::::>  ̄ ̄`ー-'-=<__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
 }:.:.:人:.:.:.:.:Y:ヘ:.:.:.:.ミx> ´              ̄ ー--  ..___ノ
  マ.__心:.:.:.}:.:.:> ´
       ̄


彼の手のひらから、何もかもが零れ落ちていた。
かつて握りしめた権力は埃のように消し飛び、彼の傍に残ったのは僅かばかりの供回りと、
妻クループスカヤだけ・・・


          ,  ------- 、         ___
          /    ´ ̄`ヽ)ン´ ̄ ̄ ̄``<{{{ ⌒ヽ、
      ///   / ソ\  // |ハ\\<⌒ヽ\
     / / /     ////|   / /  /   | ヽ ヽ \  ヽヽ
     / / /     // // 〉 / /  ,イ   | | │ ヽ| ヽヽ
    / / /   //|/// / / /  //     | | │  |ハ ヽヽ
    | l l / // |// ハ / /   //    / | /!   |  ヽ   l
    | | l / // / | | l / /   /ノ  /  / / //  /| | | |¦|
    | | |│ l/ /l |│|│l   / _.ィ=ミ、// ///リl | | |│|
    | | |│ | /  | |│|│l  l'´〃|::::|ヾ     ィバ | | |│|
    | | |│ |/   | ト|│| |  | ⊂⊃┘      〈 ∞リノ / ll | |
     .l l |│〃   | 卩 | |│ | ○         0イイ | l/
     l l | l/j  |  | ノ。 |│| │ 0       ' ノ    |丨 | l
     l│ | | |  | | |}8┤|│ |o               //│| |
      .l | V/ /| | lニ;;コl l ヽ |       ´ ̄   // 川 |
      | / |ハハl |ノ||;;| ll  ヽ|           // // /1l
      |/|  ∧| |八 Ll /ハ  ヽ 丶、       ////ル' ||
      〃,⊥厶LL| 八Vノノ\ `丶\  ` T T´////
    /      ヽ::::::}}ヽ:::::::` ー------┴<∠厶∠ 、
   /         |:::::{{ \:::::::::::::::::::::::::::::::::::}}:::::::ヽ    `ヽ

これが、かつて恐怖の大権者として君臨し、数多の「反革命分子」に鉄槌をくだした男の成れの果てである・・・


380◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:40:45 ID:/vKfvSuQ


【補足】


        ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
        =            ゙ミ
        ミ     ★      ゙ミ
       r―ミ             ゙ミ
      l  ミ;=======.:::゙ミ
       ヽ /  ※   ※   ※ ∧
.      /   r―_‐_'i:¨:¨´:l ̄:`ヽ}
      { ※ /: ´/: :/`:./;ハ:`: :l: l    さて、視点を政治から経済に移しましょう。
      }   f: /fてハヾ´ /f'云ヾハ:}
.      { ※ }:{ 弋__ノ   弋::リ j//    この頃、ソ連経済はどのような状況だったのでしょうか?
      ハ   {:ヾゝ''''   ,、  ''',イ ヽ
.     /: } ※. }: : ;>‐‐--‐<ヽ  }_
    /: :.{    l:/{i{ (ニニXニニ)} :.{ ※ ヘ
   ,.イ: : :/ ※ l:ヾ}i}  〃{i  {i: :ヽ  ヽ
.  {:ヽ: :.く   /: :j:ヾx、_ノノゞ≠'j : :.} ※ }
.r<:ヽ:`:ー`ヽ,/f'"::`ーt‐f´:t‐r‐':ヘ:-'`¨¨:}´

381◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:41:10 ID:/vKfvSuQ


 ̄ 「 ̄\\/::::\.:..:..:..:..:..:..:..:.,  -一…ー   :..:../.:..:..:/:::;ゝ|  |/ イ丁|
>┴―‐ ミィ_〕ヽ:::\.:..:..  '~          ` <:..:..: 人_|‐<_/j | | |
, ヘ  ̄ ̄/:::\.:..:..:..:/                  \:..:/:::::::}< ノ ||
へ. ヽ二ム..:..:..:..:..: '                     ヽ::.:::{ _  \'_ノ二ヽ
く \_r‐Jト:..:..:../                  、\ ヽ   ゙:,:::.:::.:ト   \\\\
 `ー/|::.::.::.::.::.::,′                  \ ヽ     V:下ヽ\   ヽ \ヽ
冫ーイ  ̄ト::.::.,′    |  i   |     ヽ  \  ヽ   ', ヽ ':┴┐ Y   ト、 \
′ ;′┌┴ ::.:|      |  |   |     ゙, ト  ;. 斗-+ | |i::r┘ '.   i \
 :/|   しヘー::.| |i | ||∥       | |メ、_从ハ|i |  |リ::¬  ¦   |      えっと、たしか第十七話で触れてたわね。
  |   r┴‐::|  || | ム⊥从ヽ   i |lィf<.ヾ ー|川  ;::下┘ |  |
  |   |::.::.::.::|  l| イ| 斗=ミヾ\,ハノj八ゞ 'リ,.. | jノ! /::::::}    |   |       農産物価格が工業製品価格に比べて高騰し
  | |└ヘ::.:∧  l'   | |/{-ィ::j }        ̄゛  | lj,√ィオ     |  ||
  | | | く::.::.:ヘ l:、\ ヽ >‐ ´    ,       ∧ ∨:フ{{i〉    l  ||      工業不況が起こったのだわ。
  ∥ | |  ヾ勹ヘ い ::ヽ\       _       仏ヘ \ゞ'     j|   |∥
  八 | |    \ィr=ミl::.ハ \ ー 、    ` __/ユ二 \ \   /ヘ.  l八      たしか1922年だっけ?
 ′  | ',    弋ゞソ}7ノ /,ニ≧、 ヽー--,.ゝ- 、 ̄`< ̄ハ__ \/' λ 、 \
/   ∧  ,    `マ'´ /:':::.:::.:::.〉 ∨ィ/{f㍉Y三ヽ  ` <ー┐ \/| \ \
   / ヽ \   /   イ ̄ ー ' |  | { トゞど..二二.._    `弌:.   ヽ l   \
  ./    \ >'   /...:\  ..:::.:| /:/>允≠‐-‐'     ___}ハ_ \
 / ┌一<    / ...:..:::/::>  // .:.:::./::卞ニニ -‐__,.___  }ヽ |!:..:ト  ヽ
./   \    /′...:.:::.{::.... /..:::.:::.:/:::.:::|:::. ̄匸A::::::::ルソ.:.i:..:..:. | ヽ   Y



                 ,.:-=;1--―;1―,=;:、
                 =          ゙ミ
                 ミ    ★    ゙ミ
                     ミ          ゙ミ
                /ミ;======゙ミ\
                / /_人_人_人_人__, ヽ  ヽ
               / /: :/:-/、:/ : : /|-、(  ヽ i      その通り、正解です。
              く   | :/: ://|: : :/__!_: :(  { |\
              \_:l/:イ__ .ノ/´下ィハ:(  } /     農産物価格上昇による工業不況が
                    {入|⌒`     弋tり}:ノ 厶'⌒)    工場労働者の失業問題を悪化させます。
                |( \  fー┐  _厶イ__,ノi´
                |( ,.に≫ー‐≪コ{ }} \_/      1922年前半のことでした。
                /:く__に}⌒ハ⌒{コ7⌒7丁

382◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:41:58 ID:/vKfvSuQ


     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !     これに対して工業トラストは事態を打破するために
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||     販売シンジケートを組織、価格誘導政策を行います。
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|      結果、価格格差は段階的に改善され
       l \     _    ,/ |      1922年9月には格差は消滅したのです。
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!


     └-i:::::::::::::::::::::::: ,.  '"´     ``ヽ:::::::.: : ヽ、
     __...ノ: : : : : : :,.ィ´   /     ',   ヽ `丶、: : : :ト.、  ,.ィ"ヽ
.     |: : : : : : : :/  ./  /      ',   ',  「: : : : :|:.:.:ヽ: : : : : 〉ニニ、二
      ヽ.ィ: : : :/    /   ,'       l   ', `丶ト、:|:.:.:.:.:.|: : : : :ート、、ヽ
     r‐:':::::::/     ,'  ,'          !   .l i'"´: : |:.:.:.:.:.:!: : : : :_:ハ ',ヽ
.      ',_:、:::/     l   l        |l     ! ',: : : :.|:.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r
       ノ:,'     ,'l   |     l  | l !  ! |  `丶; |:.:.:.:.:.::!: : : : : :ハ::ヽ
        /:| |   ,' | ! .!l|    ,'| l l | l ,' ,|. |!´: :.!:.:.:.:.:.,': : : :r ' `¬   あら?
     /:::,! |   ..L.',_ト. |',ト   / !./l/├ /¬ ¬、).:: /:.:.:.:./: ::::::::|    |:
      /:::::ハ.ト 、 ! ,ィそミ\、./ l/"´,ィそミメ|  {: : :/:.:.:.:./::::::;:::ノ|    !:   ということは経済危機も
      ヽ|l ',ヽ \ ! 《 rし.::!  '′    rし.::} 》}  lハr'^,-ヘ':::::::::}::!|   .!:
.        |   ト、ト.  ゞ-゚′       ゞ-゚'´ | | .|/j〈ィ'>》_ノ"!::l !   |:   去ったのかしら?
      |    l l.|. ',     、        l  ! .|:.ヾ ニフ   !::l. |   |:
       |   / / | ト        r っ    | l| |/      ヽ:| |l    !
.      |  / / | |_.> 、       _..-.、l l ! !          |.!   |
      l|  /,イ _..l l:.:.:.:.:.:.:`丶、 __..ィ´:.:.:.:.:.,' .,'::| |         | !   !
       !|_ノ' r":.:.l l:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハィュヘ:.:.:.:.:.:.:./ /:.:::! !ヽ、       .| l   |
    _..'"ィ´  ト、:.:.! .l:.:.:.:/``ヾ.ニンリ:.:.:.:.:./ ':.:.:.:.:| |:.:.:/、       ! !   !
  <._ <.|   ! ∨ ,'_:.:'-:.:.:.:.:.:.:`¬´:.:``:./:.:.:.:.:.:.:.! !;/: : \     ! l   |

383◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:42:21 ID:/vKfvSuQ


       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ;==============゙ミ
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|    ところがどっこい。
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|    今度は工業製品価格が高騰しはじめたのです。
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /

384◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:43:37 ID:/vKfvSuQ


          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_      下図はトロツキーが作成した
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\    農工製品の価格指数図です。
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ     1922年9月を境に再び価格格差が
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/     始まっていることが分かるでしょう。
         | |{i t    _     / |
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |     まるでハサミのような見た目からこの価格格差は
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |     「鋏状差」と呼ばれるようになります。
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |


 1922.8   9     10    .11    12   1923.1    2     3   (月)
                                            /
                                    ____/←工業製品価格指数
                               _==-=´
                            ,,-‐´
                       __,,-‐'''""
..\             _    _,,-´
  ¨ヽ、        ,,/  ¨=¨´
     ¨\   _,,-=´
       ¨`><_
    ,,/¨~´   ¨`=-,,,,      ,,_
  /¨            `¨¨`=--=´ .`¨¨ヾ-,,,,
../                          ¨¨=-,,,,,_____
                                         ~`¨=--←農産物価格指数

.:.:.:.:.:.:.:.:.//:.:.:.;ノ               \
.:.:.:.:.:.:. / /:.:.:./  /   ,     `、        ヽ
.:.:.:.:.:.:/ /:.:.:.く /  |    | l     ヽ     、 ヽ、
:.:.:.:.ノ /:.:.:.:.:.∥  |l l  | l    `、`ヽ    l ヽト、
:.:.:.:{  !:.:.:.::.:;ハ  |l |l  ! |  \   ヽ、\  l|  l| |
::.:.: l  |:::.:.:.::) ト、|ト、|l  } ト、ヽ ヽ、 | l|ヽ ヽ |ヽ l|ノ
::..::.:l  |:.:.:爪,斗七|廾ト-|‐1ヽ }`ヽム-l¬ ∧ノ/ }リ
ヽ.:.:ヽ. ヽ::.}| l ハ/,ィ´うハVl/|   リ ん:::ハ. l |         農産物価格の高騰が収まったと思ったら
  ):.:rへ_}|/ l| {l い:::j.      い:::ノ ハ
  ヽ、!{レ' ///   ゞ-'′      ` ´ ∧ |         工業製品が高騰し始めたのね・・・
   ///人 U ゙゙゙゙゙     '  ゙゙゙゙ 八l |
 // /_>ト、_r个、.   ⊂⊃_/| ヽ\        あちらを立てればこちらが立たずなのだわ。
// / /: /::..::..::{::..:ヽ.  ´ ./::..l`'┴:-:ヘ \
´ /   _工l::..::..::..::..ヾ::..::トァ=く::..::..:l::..::..::..::..::}ヽ、\
ノ   / : : {::..::..::..::..::..:∨{リ廻lト、::.l::..::..::..::./  ヽ、ヾーr- 、
  /: : : : : `ヽ、::..:;:-'´丁ヾニシ::..`T:ー::-:r'′     `l /  ∧
. /: : : : : : : : : : /´::..::..::.l!::..:| |::..::../::..::..::.\       レ' | / /

385◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:44:54 ID:/vKfvSuQ


     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !     工業製品の高騰は
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||      労働者と農民の双方に打撃を与えました。
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|      農産物の価格低下により農民は利益を上げづらくなり、
       l \     _    ,/ |      同時に工業製品が高騰したため
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |      農民の購買意欲が低下したのです。
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !      結果、工業製品が売れなくなり再び工業不況が起こりました。
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!


     |     |   |
     |     |   |  【工業者】
     |     |   |    ∧_∧
     |     |   |    (・∀・;)  全然売れんぞ・・・
     |     |   | ._⊂ У  )___
     |     |   |/◇ ○@@@@⊿
     |     |  /○ ¢,/,/,/,/=〆〆



               ,.:-一;:、
   【農民】       ミ;;:;,. _,.;:゙ミ
             ,r( ´・ω・)   高いな・・・
             ツィー=ニ彡'   買うのはよしとこう。
            ~'l  つとノ   今月はウチも厳しいし・・・
              u‐―u'

386◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:45:32 ID:/vKfvSuQ


          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_     新経済政策(ネップ)の根幹は
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\   農民の利欲を刺激し、商取引を通じて
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ    穀物を市場に提供させることでした。
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/    しかし、このような状況になると
         | |{i t    _     / |    穀物の売却利益が極端に小さくなり
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |    農民達は穀物を提供する意味を無くしてしまいます。
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |

   r‐く二ニ:/i:i:i:i:i:i/  V^’             マ: :_: - :ヲ
.  /:i/[_: :|i:i:i:i:/、yz'′            ヽ Ⅶ: : :己
 /:i/ lしんく|i:i:i:Yrュヲ   l |  l!   l|   l| ', ' Ⅵ: : :.__7
.〈:i〈  || 己 {i:i:i:i|′   ! l |  l!   l| | l i!  | ! |: : :_:∠,
 \\!!   し|i:i:i:i|   | | | |  l!   l| | i i!  i | l}: : _く
    ̄|L__ムスi:i:i:i:{l  | | | |  l!   l| | l_」L リ .! |__ノ   ・・・その上、伝統的生活を重んじる農民は
    | ̄|i:|i:|マi:r=Ⅶ ! !士十i l!   l| |,ィ≠zil  | l!トミx7    最悪、農村に引っ込んで自給自足すればいいから
    |  |i:|i:|ミム泌リヾ l|/ 行示ヾi/!ノ尓弍リN从ノマヘⅣ    穀物を市場に提供しなくなる恐れがあったのね。
    | /i:{ゞ\ゞ=イ| l |ヘ 弋辷リ   、 ゞ-" /  |  l!.| |
    | : ̄|  ̄ゞ≠{. i ト、      _′   /l   !  | i |    そうなってしまえばネップの意味がなくなり、
    | i  |    x≧l  |ゝ、     ‘ ’ / !  .|  | | |    再び都市部で飢餓が発生するかもしれないわ。
    | l. 八   《ミく  !三≧x、_    イ三ヲ{   i  | l |
    | | | ヘ  ∨i:|  |≦三三r≠くヘ≦三∧  ', ! | |
    | | | ', ヽ/:ヾ|  |三三三いゞソメ《三三∧ ゝ| i |

387◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:46:24 ID:/vKfvSuQ



           ,.:-=;1―;1―;1―;1―;1,=;:、
           ミ              ゙ミ
           ミ      ★       ゙ミ \
         / ミ              ゙ミ   \
        V/::ミ;=========゙ミヽ   \
       //:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :',  `、ヽ ム>
.      /:i:: :: /:: :: :: :: /:: :: :: :: :∧:: :: :: :: :::i  } >/i´
      ,'::i:: :: i:: :: :: :: /:: :: :: :: :/ ∨:: i:: :: ::l  V/:: l
      ,':: l:: :: l:: _:: :: /:: :: :: :: :ム--+::-l―:: |   |:: :: |
.     i:: ::l:: :: |:: :`''フ:: :: :: ,:: /    ',:: |:: :: :|   |:: :: |     その通りです。
.     l:: i:.|::..::|::_:: /:: :: : //     v|:: :: :|   |:: :: |
.     |::.l::.|:: ::|::/ニ_;; ;//  ====V:: ::,'   |:: :: :|     価格の「鋏状差」は
     |::∧:',:: ::V弋.:.:テ    ´ て:::::::o|:: ::,'   .|:: :: ::|     深刻な危機を引き起こす可能性が高いのです。
     |::i ',:',:: :∧廴::ソ      こ .ン|::/,'   i:: :: ::.|
     ',.i  }::ト:: : ヽ゛゛  ` _   ゜゜イ|/:,'   ,':: :: :: |     この時点でこの問題に神経を尖らせていたのは
      ',' .ハ::iヽ:: ::>ァ-------<´<:: /:,'   /:: :: :: ::|    トロツキー派でした。
       ∧ヾV>、:V/ | (ニxニ)  |: :',:: /_ -'''´:: :: :: :: ::|
       /:: L_i VX|: :|  ∧   |: : |:: :: :: :: :: :: :: :: :: ::ヽ
       /:: :: :: :: :: :: :|: └ ┘└ ┘: :.|:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::\

【補足終わり】

388◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:47:04 ID:/vKfvSuQ


鋏状差が拡大の一途を辿り始めたこの頃、指導層の頭の中を占めていたのは
レーニンの後継者問題であった。

そんななか、1923年4月17日に第12回党大会が開催される。


     \]\                                                   /[/
         \]\               | ̄ ̄ ̄|     | ̄ ̄ ̄|                  /[/
          \]\              |___| __ |___|                 /[/
          \]\                   _|   |_                     /[/
                \]\      | ̄ ̄ ̄ ̄|  |   |   | ̄ ̄ ̄ ̄|      /[/
                 \]\     |____|  |   |   |____|    /[/
                 \]\           /| ̄ ̄ ̄|\            /[/
                 \]\___    [/| ̄ ̄ ̄|\]    ___/[/
                  \____ ヽ /l |      | l\ / ___/
                          ヽl|   ト|    |イ   |l/
____ _                  |   |l|    |l|  |                  _ _____
       |   ̄ ─- _              ┌‐┐  | l|    |l| ┌‐┐            _ -─  ̄  |
       |          ̄T、      /| ̄ ̄|\|_:l|┌‐┐|l:_|/| ̄ ̄|\        /| ̄        |
   __|         |\ || ̄¬ |  |__|l/| ̄ ̄ ̄ ̄|\l|__|  | l¨ ̄l| /  |        _|____
 ̄ ̄  |  ̄¬─- __ |   |:l| ̄ ||/|    |l  |____|  l|    |\| |  ||:|   .|_ -─  ̄   |
      |       T 7\ |:l|   ||  |    | /|      |:\l|    |  | |  || | /¨|          |
      |          |   >' ----- |  |    |   |      |  |    |  | -----`<  |          |
      |          |   |       |  _-‐T ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄T‐-_  l|      |:  |          |
      |          |   |\_ _-‐  ̄   l|_________|    ̄‐-_  _/|:  |          |
    _|_____|_  |、  |  _ -‐  ̄ |             |  ̄ ‐- _ |  _|:  |_____|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\|  ̄ | ̄     |             |      T  ̄ l|/ ̄         ̄ ̄ ̄
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : |       |             |         |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


レーニンの回復が絶望視されるなか、党最大の問題はレーニンが引き受けていたリーダーシップを
誰が代わりに行うのか、であった。


        ∧,,∧ ∧,,∧
   ∧,,∧ (´・ω・)(・ω・`)∧,,∧
  ( ´・ω)(∧,,∧) (∧,,∧(ω・` )  <いったいこれから党はどうなっちゃうのかな・・・
   l U l (  ´・) (・`  )l と ノ
   .u-u (   l). (l   ) u-u'  <誰が同志レーニンの代わりを務めるんだろう
        `u-u'   `u-u'


指導者不在による漠然とした不安が一般党員の間に漂い始めていたのである。

389◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:48:04 ID:/vKfvSuQ


この時すでにジノヴィエフ・カーメネフ・やる夫の三人組は「何としてもトロツキーを抑え込む」という決意の下に団結していた。


                         .   丿,.:.:.:.:.:',:.:r'i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ,
                           / ,:.:.:.ィ ,i'  'i,i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. i
                           i :  :.i:        ``'‐、:.:.:.:.:.: i'
                          `'ヘ ':i      _,.-‐''- _,.Lr‐;.:./
             (ヽ三/) ))         '‐<>- 、,_r'"゚´~`i゚  i' f /:.i
         __  ( i)))             i,_  _,i '‐--‐'゜   /.:丿
        /⌒  ⌒\ \          . ヽ ̄ L、      i 〈-'´
      /( ●)  (●)\ )            ヽ.  __,,...-‐'  / i,‐z,
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\             ヽ  -     / _,.‐'´`>、_
    |    (⌒)|r┬-|     |              ヽ.  __,.. - '-‐'_,.、‐'´:::::.:.:ヽ_
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/             ┌'`]'"´~__,,.‐'´::::::::::::::::::::::::::..``'''‐‐-
    | | | |  __ヽ、    /            _,,..、-‐'~'‐t-‐彡:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....:.:
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |           ,r'´ ィ'´     i/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    `ー---‐一' ̄           /l     、
                     / |,,_   / l
                    /   :::::::~-'  l
                   /   ::::::::::::    l
                   /  「●」::::::::::::::  |
                   l   :::::::::::::「●」  |
                  |   ::::::::lゝ::::::::::  |
                 l   ::::::::::::::::::::::::::  |
                 |  ::::::::::::::::::::::::::::::::  |

390◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:49:03 ID:/vKfvSuQ

         ______
        r' ,v^v^v^v^v^il
        l / ─  ─ |
       i~^'   (・)   ・ |)      トロツキーを抑え込むってのは分かりますが、
       ヽr    ⊂⊃   ヽ      じゃあ、同志レーニンの後継者は誰になるんです?
        l      |    |
    __,.r-‐人      3   ノ_
   ノ   ! !  ゙ー‐------‐'"ハ ~^i
    ヽ ! ヽ、_     _.ノ  i  \
   ヾV /              ! / .入

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|     んー・・・
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |      その点はまだまだ不透明だお。
.\  "  /__|  |      やる夫も含めて抜きんでた候補がいないし。
  \ /___ /      (だからトロツキーを抑え込むんだけど)

39110スレを超えた安価スレはEX板へ移動を2012/03/09(金) 22:49:23 ID:WWOuGocU
「何としても左上の人物を抑え込む」が正解だろうに・・・

39810スレを超えた安価スレはEX板へ移動を2012/03/09(金) 22:53:28 ID:CfnjKA3w
>>391
やる夫は何度か出てるがこの時点じゃ他の党幹部から見たら地味な事務屋でしかないから・・・
本性に気付いてたのが廃人状態のレーニンくらいだし

392◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:49:51 ID:/vKfvSuQ


        _____
      / , へへヘ∧ヽ
     |  |     \l l/ |
      /⌒    ( . ∠ l     同志やる夫が後継者になるんじゃないですか?
    ヽ_       (二) ヽ
     l   ______つ !    俺は断然同志やる夫を支持しますぜ!
      >、 \|_|_|_/ /
    / l ヽ、 ____ /、
   /   ` ー──‐─ ´   \
  / |   __(^|      /⌒ ヽ
 /ヽ| (二   ヽ    /    |
       l     \ /\   /
      `ー 、       ヽ /


                               (  (
                                )   )
                       ,.、   / /
       ____              .| |l   l ,´
     /⌒  ⌒\        _-、i::| |ニニii '
   /( ー)  (ー) \     /,‐ヽヽ`、||        ・・・ま、焦ることはないお。
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    ( .〉〉/
  | U    ) (      |   /  ノ         やる夫には他にやることがあるんだお。
  \      `ー´、        /  /

393◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:50:42 ID:/vKfvSuQ


この時点のやる夫はレーニンとの確執を帳消しにすることに没頭していた。


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|   し   (__人__) l;;,´|     (ぶっちゃけ余裕がないんだお・・・
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |       今は評判を回復することに専念すべきだお)
.\  "  /__|  |
  \ /___ /



この状態で後継者になったとしても、「レーニンとの対立」という事実が
反やる夫勢力に絶好の攻撃材料を与えることになる。




       ____
     /      \
   / ─    ─ \
  / -=・=-   -=・=- \   (まーた猫かぶりの仕事が始まるお)
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /



これ以降、やる夫は実直で真面目、無害な人物という評判を取り戻すことに腐心することとなった。

394◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:51:54 ID:/vKfvSuQ


一方、ジノヴィエフは空いた玉座への野心をむき出しにしていた。

すでに権力の空間からのけ者にされている最高指導者への大げさな追従をアピールし、
その後を継ごうと党大会の司会を買って出ていた。


. /    /|  /          |   l
/     i .|/                i /|
      l                   レ' i
 l    |                 '.,
ヽ|  ..|               _,,..-‐‐  ヽ
 ヽ   l          __,,..-''" ̄ ̄ヽ   ヽ  .,.--、      我らボリシェビキの
  \.{ ̄ニニ=、___γ r''て・)`  l`"''‐-| ./ ,.- l
   γ´ r''て・)| ̄ ̄ ヽ、二二..-''"    | / /   i      偉大な指導者である同志レーニンの為に
   ..ヽ._ ̄__,,l                l/ (⌒) .,'
     l     |                 〉  /      我々は重大なネップ政策を
     l     ヽ r                     /   ./
     ',                ,.イ ヽ      .`¨´ |   /    断固たる決意のもとで成し遂げねばならない!
       ヽ        _,,..-''"/      /   |  {
        .l   ー=二-‐''"´       /     |  ヽ    跪け!君たちは次期最高指導者の前にいるのだ!
      ヽ      ー'         ./       | リノ
       l                  /        |´
       |                 /     _,,..-'‐-┐
        ヽ    ___,,..-‐''" _,,.. -‐ ''"´     |
           `¨¨`ヽ    _,,.-''"´         ,,..-┴
           ,,.-}   ./ヽ._        _,,..-''":::::::::::::::
        ,..-''"  .ヽ ./ / _  _,,..-''":::::::::::::::::::::::::::::
        `"''-、  _|//-=ニ,,.-''":::::::::::::::::::::::::::::::::::::,..-
         _,,..-''" / `ヽ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::

395◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:52:55 ID:/vKfvSuQ


やる夫はと言うと、レーニンとの確執の噂を払しょくするために演説で忠誠心を強調し・・・


       ____
     /_ノ  ヽ、_\
    /( ─)/)(─)\     同志レーニンはやる夫の人生の師匠だお・・・
  /::::::⌒///)⌒::::: \
  |   /,.=゙''"/      |   あの人の言葉を一つずつ理解しようと努力したお。
  \. i f ,.r='"-‐'つ   /
  / i    _,.-‐'~    \
    i   ,二ニ⊃



さらに、恥知らずなまでに偽善的な言葉を垂れ流し続けた。



               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }    やる夫は同志レーニンの官僚主義撲滅の闘争を
     /\  /\   |   |     断固支持するお!官僚主義はいけないと思うお!
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l    さらに大ロシア的排外主義にも断固反対するお!!
  |     |r┬-|       |  /    少数民族を弾圧なんて、
  \     ` ー'´     //      絶対にしちゃいけないことなんだお!
  / __        /
  (___)      /

399◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:53:38 ID:/vKfvSuQ


トロツキーは、特に目立った動きを見せなかった。

     ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
      |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
      /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
        { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
          ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
            |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
          ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ     現下の農産物と工業製品価格の
               |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
              リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|        「鋏状差」は、もはや放置しておけません。
         __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
     ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、         計画的な経済政策が必要だと考えます。
,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
    l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
  | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、

「鋏状差」について警鐘を鳴らしたが、そもそも党大会において経済問題に割かれた割合がすくなく、
注目を浴びるものではなかった。

経済問題に関する発言すら、ジノヴィエフら多数派との意見衝突を回避すべく慎重に行われたのである。

400◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:54:48 ID:/vKfvSuQ



                      ,..-‐-- 、、
                    ,ィ":::::::::::::::::::;;;;;:ii>;,        ヘ   ,ヘ
                   /:::::::::::::::;;;;;;;;iii彡" :ヤi、      / ヽ,  ::.
                   .i::::::::::::;:"~ ̄     ::i||li     /      ::.
       ____       .|:::::::::j'_,.ィ^' ‐、 _,,. ::iii》     /       :::.
     /_ノ   ヽ_\      .|:::i´`   `‐-‐"^{" `リ"゙    ″<●> <●>::.
    /( ●) ( ●)\     ヾ;Y     ,.,li`~~i      |       ::::.
  / ::::::⌒(__人__)⌒::::\    `i、   ・=-_、, .:/      |     フ  :::::::::.
  |        ̄      |       ヽ    ''  :/      /          ..::::.
  \               /       ` ‐- 、、ノ      /           :::::

結局、ボリシェビキ第12回党大会における「トロツキーを抑え込む」という三人組の思惑は首尾よく達成されたのだった。

党大会は水面下の政治闘争を暴露することもなく終了した。


           ∧,,∧
    ∧ ∧   (・ω・ ) <定時だ、定時だ
   (ω・ )   日⊂ ノ三
   | U 三  u-u
    u-u
    ∧ ∧               ∧ ∧
   ( ・ω) <どこ飲みに行く? (ω・ )<和民でよくね?
   | U 三            | U 三
    u-u               u-u

401◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:55:41 ID:/vKfvSuQ


     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !     トロツキーを抑え込んだ三人組ですが、
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l      経済の動向はトロツキーの危惧した通りに
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|
       l \     _    ,/ |      推移していました。
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !      そしてそれが、新たな政治闘争に
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!      火をつけることとなるのです。

402◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:56:20 ID:/vKfvSuQ


「鋏状差」は1923年の夏に入るとますます加速していった。


                     r(ニニ(ュ)
                     l| ■ |l
                   .i`Y´  ̄ ̄ヽ
                   、!  ゚Д゚; :l    【価格指数】
                    ゝ     ノ
      _ _,,..,,,,_           ┃  ┃
    (:(     )         .┃  ┃
     |:| ・ω・ |          .┃  ┃
     |:|      |          .┃  ┃
     `''ー---‐´          .┃  ┃
     ┃  ┃          ┃  ┃
     ┃  ┃          ┃  ┃
     ┃  ┃          ┃  ┃
     農産物          工業製品

価格格差はすでに深刻な工業不況をさらに悪化させおり、工業トラストの経営体制を圧迫させる。

403◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:56:48 ID:/vKfvSuQ


少ない売上からわずかばかりの利益を売る為に、工場経営者(ほとんどすべてがブルジョワ階級出身者)は
工場労働者の大量解雇に踏み切るしかなかった。


    ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧
   /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)
   i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪
   〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |
   (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪
   三三     三三     三三     三三     三三     三三
  三三     三三     三三     三三     三三     三三
  三三三   三三三   三三三   三三三   三三三   三三三

人口のわずか10%程度しかいない工業労働者のうち、100万人以上が失業者となった。

もはや工業不況を悪化させる「鋏状差」は放置しておける問題ではなくなっていたのである。

404◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:57:31 ID:/vKfvSuQ


【補足】

     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !     経済を悪化させる「鋏状差」が
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l      発生した原因はいくつかあります。
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|
       l \     _    ,/ |      その一つが、農業と工業の復興速度の
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !      違いです。
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!




          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,        ロシアの農業と工業は
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_     第一次大戦とロシア内戦で
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\   壊滅的な打撃を受けました。
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ    農民融和のネップが取られたことで
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/    農業は1922年から急激に復興するのですが
         | |{i t    _     / |    工業は遅れを取りました。
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |

405◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:58:15 ID:/vKfvSuQ


     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ         ★  ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミ
    /  ./ /      l ト、\
   \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',   伝統的で後進的な農業国家であるロシアにおいて
     l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
     l | l | ┬::cr / / ┬c」 |   生産のための固定資産と熟練労働者が必要な工業に比べ
      l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /
      l | l l⊂⊃‐       ‐⊂/   伝統的農業の方に優位があるのは当然です。
      ! | |ヽ|        -   リ
      ! | lゝ、          /|
      ! | |::::::::::ー┐ r‐:::イ:l. |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !

       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ;==============゙ミ
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|    1923年時で工業生産高は戦前比約40%、
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |    対して穀物生産高は70%にまで回復していました。
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|    30%もの「ズレ」が価格格差を引き起こしたのです。
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /


【補足終わり】

406◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 22:58:55 ID:/vKfvSuQ


工業製品の高騰と農産物の価格低下は、農民達にも大きな逆境をもたらした。


   /
   | 穀物価格が低下して売り払っても大した利益にならねぇ・・・
   \___  _______
  | ̄|     |/      ..................:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::................
  |iiiii|    _               ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  |||━━━(ヽ━━━             ........::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ̄     | .|  \ヽ             _________
        | .|   .| |               /\|//////\
        / /_∧| |         ./// .|___|./////:::::\\
       / /´Д`)/     ..... /∠∠∠∠∠∠∠∠∠/:::::::::::::::::\\
       |     /   ...:::::::::::::  ̄| ┌┬┐┌┬┐  .|::::::::::::::::::::::::::::| ̄
""''^''~~"~~"|    |""''"'''"~~~""'''''  | ├┼┤├┼┤  .|::::::::||||||||||:::::::|
  ""'''""~~ |    .|  "" '""'    | └┴┘└┴┘  .|::::::::||||||||||:::::::|
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii.|    \iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||  |::::::::||||||||||:::::::|
        | i⌒\ \      !.||_||_||_||_||_||_|__.||||||||||:::::::|
         .| |   > )      .|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ||  ||乃三三-_
        / ノ   | ./
        | /    / ヽ、
       / |    \__つ
       し'


 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | これじゃ貯めこんでた方がマシだ!ゴルァ!       ................:::::::::::::::::::::::::::::::::::.............
 \___  ______       ............::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..............
       |/     ミ            _________
              ヽ \           ./\|//////\
            ./ \ \   ./// .|___|./////:::::\\
       ∧_∧/     ̄  /∠∠∠∠∠∠∠∠∠/:::::::::::::::::\\
      (;´Д`)     i i i    ̄| ┌┬┐┌┬┐   |::::::::::::::::::::::::::::| ̄
''""~"'''"/    ヽ''"~"__i i i--、 .| ├┼┤├┼┤   |::::::::||||||||||:::::::|
    ./| |   | |   ̄ ̄ ̄ |:::::| ..| └┴┘└┴┘   |::::::::||||||||||:::::::|
iiiiiiiiiiiii/ \ヽ/| |iiiiiiiiiiiiii::..  ノ__ノ..|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||  |::::::::||||||||||:::::::|
   /   \\| |          ||_||_||_||_||_||_|__.||||||||||:::::::|
   / /⌒\ し(メ    .i i i . ..|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ||  ||乃三三-_
 / /    > ) \  ノノノ
/ /     / /    .\_  ザックザック
し'     (_つ   /:::::/::...  ザックザック
            ノ・ ./∴:・:
           ''""~~"''


もともとネップは農業の市場取引から国家経済を立て直そうとするものである。
しかし、農産物の価格低下により農民が市場取引に興味を失うと、ネップそのものが崩壊しかねない。

40710スレを超えた安価スレはEX板へ移動を2012/03/09(金) 22:59:29 ID:oyl82bA6
佐藤亜紀のミノタウロスの時代って、これより10年前ぐらい>

40910スレを超えた安価スレはEX板へ移動を2012/03/09(金) 23:00:53 ID:uHEPdzzQ
>>407
内戦中だからそれくらいかね

408◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 23:00:07 ID:/vKfvSuQ


さらに悪条件が重なる。

タイミングの悪いことに、この年の穀物収穫高は豊作だったのである。
これでは農産物価格はさらに低下する。


    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧   <穀物価格やばくね?
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
| U (  ´・) (・`  ) と ノ <政府調達枠を増やしてでも
 u-u (l    ) (   ノu-u    穀物価格を支えないと・・・
     `u-u'. `u-u'



そして大量の穀物を買いつけるためには大量の紙幣が必要である、
かくして際限の無いルーブリ増刷がはじまった。



                       \\        /f゙ヘt、`-、_
      ヽ、;;;、\               \〉     /f~´  i゙;;'、';;t、`'‐ 、
        ` ー ゝ                     \(z、   ``ツr;;';;ゞz;;`'‐ 、
       __,.   ---───‐‐‐┐             `'‐、ゞ、_ '´ `゙゙ ゞネ'゙‐ヾミー 、_
       \´、`゙`ゞヾミ''ゞ~^`ji:|                `゙'-、ゞ 、     _,ノ;//
         `-- ─ー‐‐─‐--=!                     `゙''-、ゞrt.;.ォ//
     _                                       ゙、/
      /{
    / 代                                                 ,
   《ミ 、 ハ                                              /|
    ヽ:i; }                                            , ‐'゙ /
      ソ                                        _,.. ‐´fじ''´
                                                ノ_,. -''´
                                                 ´
                                                  __ ノ′
                                             ´ ̄ ̄ ̄
                                                    /\


こうなれば初歩的な経済のお勉強である。引き起こされるのは、もちろん通貨価値の暴落であった。

410◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 23:01:04 ID:/vKfvSuQ


そのうえ金融政策が経済の混乱を深める。

当時、先進国での紙幣の価値は金との交換比率によって保障されていた(金本位制)
しかしソ連ではルーブリ紙幣の価値を商品との交換比率によって保障していた(商品ルーブリ)



このお金ほんとに           心配すんな!
価値あるモナ?            これだけの商品と同じ価値があるぞゴルァ!
__  ______        ___  ____
   ∨                     ∨
  ∧_∧                   ∧,,∧
 ( ´∀`)                  ミ゚Д゚∩
 (    つ[1000]             .ミ   ,,ノ
 | | |                   ミ  ミ~
 (__)_)                  し`J
  【市民】                  【銀行】   _ _,,..,,,,_       _ _,,..,,,,_
                              (:(     )    (:(     )
                               |:| ・ω・ |     |:| ・ω・ |
                               |:|      |     |:|      |
                               `''ー---‐´     `''ー---‐´

411◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 23:02:01 ID:/vKfvSuQ


政府は賃金支払いについて「金ルーブリ」への移行をこのタイミングで試みたのだが・・・


                    今日からは金と交換だゴルァ!
                     ___  ____
                         ∨
  ∧_∧                   ∧,,∧
 (; ´∀`)                  ミ゚Д゚∩
 (    つ[10000]             ミ   ,,ノ
 | | |                   ミ  ミ~
 (__)_)                  し`J
  【市民】                  【銀行】  
__∧_____                        _
少なくすぎないかモナ!?                 / ∧
                                ./ /./   銀行も貧乏だから
                                / ̄∨    しょうがねえんだよ!
                                  . ̄ ̄

これは商品ルーブリと比較して実質賃金を40%も低下させるものであった。
労働者達の生活はさらに困窮することになる。

412◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 23:03:09 ID:/vKfvSuQ


というか工業不況によって賃金そのものの支払いさえ滞っていた。
工場や企業は債権を発行して賃金を支払ったりしたが、
それが企業の負債を増加させさらに経営を圧迫したのだった。

熟練労働者の不足や機械設備の老朽化も重なり、工業不況はますます悪化した。


       ΛΛ   誰か助けて…不況の底なし沼に…
      ( ;゚Д゚)
  ....::::;;;;/つ つ;;;;::::.......
    """''''''''''"""

ズブブブ…

       ΛΛ    うわっ、あっ、うわぁぁあっぁ…
  ....::::;;;;( ;゚Д゚);;;;::::.......
    """''''''''''"""

ズブブブ…

           ・・・・・・・・・…
  ....::::;;;;;ΛΛ;;;::::.......
    """''''''''''"""

413◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 23:04:20 ID:/vKfvSuQ


工場労働者にのしかかるプレッシャーと経済不安に直面して、
党内左派からはネップ政策の公式路線に異議を唱える声が上がる。



  ∧_∧
⊂(#・д・)  だからこんな政策じゃ
 /   ノ∪   経済崩壊するっつってんだろ!
 し―-J |l| |
         人ペシッ!!
       ____
       \ ネップ \
          ̄ ̄ ̄ ̄

414◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 23:05:10 ID:/vKfvSuQ


公式路線堅持を掲げる政治局多数派への反発はジノヴィエフらにとって重大な危機であった。


           /l     、
         / |,,_   / l
        /   :::::::~-'  l
       /   ::::::::::::    l
       /  「●」::::::::::::::  |    まずいな・・・
       l   :::::::::::::「●」  |
      |   ::::::::lゝ::::::::::  |    反対派の不満が
     l   ::::::::::::::::::::::::::  |    トロツキー待望論を引き起こす危険があるぞ。
     |  ::::::::::::::::::::::::::::::::  |


             | : :.:;;;;;;;::;: '".:.::.:::.::::.::::.:::::.::::::.::::.:::.:::.::.:.:. ' 、.:;;;;::.       /
            i | .:.::;;;γ.:.::.:::.::::.:::::.::::::.::::::.:::::.::::.:::.:::.::.:.  \.:;:.        ,'
           Yi ::::;;;;:i .:.:::.:::::.::::::::.::::::::::.::::::::.::::::::::::::.::.:.   \     人,_
        _,,,... -‐', : ::;;;|.:.::.:::.::::.::::.::::::::::::::::::::::.::::::.::.:::.::.:.  ノ( ',    /` 、.:::.
____,,. -‐''".:.:::.:::.:::.:.' 、,..,i:. '"' . . : .: .:::.:::.::::::::::::::::..:::::.:::..⌒  ⌒  | /^ヽ.:.:::.`、::.::.:.:
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i :::i:.⌒"'ー 、., .:.:.).::.::::.::::.:.,. -‐'''"~'ヽ   ,.メ~,. ,  |:::::::::::.';::::::.::.:.`      うっとうしい分派主義者どもめ!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;':', ::'; -‐‐--  、!.:::::."''~ --‐‐‐- 、 / :レ'⌒) :i;;:;;::;:::;:::.';:::::::: : .
::::::::::::::::::::::::::::::;;:;;;;;;;;;':;:;;;', (       Y⌒ヾ|          )    | / ,';;;;;;;;;;;;;;:;;;;';::::: : .      やる夫、奴らを黙らせろ!
::::::::::::::;:::;;:;;;;:;;;;;;;;;;;;;;';;;;;;;;;;';::i 、      ノ.::.:::.('、      ノ    ノノ /,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',;;:::;:::;::: : .
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';;;;;;;;;;;;;;';i.:.:.~"'''ー'''".:i.:.::.::.::.:.`ー--‐‐''":.   .::. /'i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',;;;;::::::: : .
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';;;;;;;;;;;;;;;;;;;i.:.:::.:::::.::::::.:::ノ.:.::.:::.::::::.::::::.::::.::.:.     / /.:|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';;,;;,;, ; ,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,'、.:.::.:::.::::.:::.'ー、ー'.:.::.:::.::::.:::.::.::.:.   ,'ー///.::::i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,'、;;,;, ; ,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,λ.:.::.:::.::::.:::::.:::::::.:::::.::::.:::.::.::.:.   ,'//ノ.:::::::i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';;;;;;,;;,;, ; ,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::';.:::.:::.:..,..,_,,,,... -‐- 、.:.:.  /'  i'.:::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,),;;;;;,;, ; ,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,ゝ:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'、::';.:.:::.:..~"'''''''""~ ̄"~.:.::.  ノ   /.:ノ.:/i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: -‐''",;;,;;,;, ; ,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;,;,~"'''‐- .::;;;,_;;;;;i;:::';.:.:::.:::.:.::."'''"~.:.::.:::.::.:.  /   /'".::/ /,;;;;;;::: -‐'''"~,;;;;;,;;,;, ; ,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;,ノ,;;;;;;;;,',、:.',.::.:::.::::.:::::.:::::.::::.:::.:.:. /ー'''"~.:.:/  i/,;,;;;,;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;,;, ; ,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;,;,. '",;,;;,;;;;;;;;;;;,',`'ゝ.:.:::.::::.:::::::.::::.:::.::.:. ノー、,,. '"   /,;;;;;;;;;;;;;;;,;;,;, ; ,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,γ,;;,;;;;,;;;;;;;;;;,;;;;,;;;;,',/ ~""~ ̄~"''ー'''" .:. .::.\     /,;;;;;;;;;;,;;,;, ; ,

415◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 23:06:09 ID:/vKfvSuQ



     ノ L___
    ⌒ \ / \    \ヽ             了解ですお!
   / (○) (○)\    \ \ヽ
  /    (__人__)   \   ヽ ヽ \        反対派は弾圧じゃあぁーい!!
  |       |::::::|     |    i l  ヽ
  \       l;;;;;;l    /    i l  l i
   /     `ー'   ヽ      l i  | l
  (___)     / /    ,,-----、
          / /    |;::::  ::::|
        ⊂二(⌒ )二二二|;::::  ::::|⊃ /', ', ¨
           ̄  ヽ∴。|;::::',ヾ,::::| /。・,/∴
              -:'ヾ|!|!!,i,,!ii,!l,・∵,・、 ゴキッ


公式路線に反対する党員へは書記局による弾圧が行われた。
この弾圧によって反対派は抗議の声を上げることもできなくなる。

41610スレを超えた安価スレはEX板へ移動を2012/03/09(金) 23:06:15 ID:WWOuGocU
労働者の天国(失笑)

417◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 23:07:14 ID:/vKfvSuQ


しかし、公式路線反対派への弾圧を通して、
やる夫の書記局は水面下でますます権威を高めていくのであった。



       \ \                                                / /
        \ \  弾・圧・するから♪                    増長するから♪  / /

         ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     γ⌒)))⌒ノ\   /\ ⌒〉             γ⌒) ))                 γ⌒) ))vvヽ
       / ⊃彡'  ヽ /   ヾ_ノ              / ⊃__                / ⊃ ノ  ヽ|
    〃/ /   )    Y    (    ∩⌒)      〃/ / ⌒  ⌒\           〃/ /    ^__^ ヽ  ∩⌒)
    γ⌒) /γ⌒     ⌒ヽ\ / ノ      γ⌒)( ⌒)  (⌒) \ ∩⌒)     γ⌒)     ⊂⊃ ヽ ./ ノ
   / _ノ ::////|         |//ヽ / / ))  / _ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ     / _ノ!       l   !/ / ))
  (  <|  |    ヽ__人__ノ  ( ⌒)     (  <|  |   |r┬(    / / ))  (  <| (\ ___ 3_./( ⌒)
  ( \ ヽ \ _    `ー'´      / /     ( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)    ( \ ヽ ` ────'ヽ/ /



反対派から党の団結を守る、という建前のもと、下からの選挙は廃止され代わって書記局による指名が横行していく。
人事権を握りしめた書記局の権威主義的支配は中央委員会にも浸透し始めていた。

418◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 23:08:30 ID:/vKfvSuQ


かつてレーニンが危険視したように、書記局の権力は当初必要だった範囲を遥かに超越して増長していたのだが、
ジノヴィエフ達にとってやる夫はいまだに「使い勝手のよい駒」であった。


.      /    /     l                  \
.     /    /      /l                   ',
     /      /   /  / ヽ |                  i
.    /     /  // ./    ヽト、                /
   /     / / //        \\   __     /       案外あの小男も役に立つではないか・・・
.  l /l   l/l              `''-ゝ /  ヽ   l
.  レ' ∨  l::::|      /   ,,.-''⌒   | / /   |    l        これだけの力があれば
      ∨ l:::.ヽ、 、 r' ,.-'"―‐-、_,,.-'"l/ /ヽ /    |
.       ヽ,、ヽ,.-―-、  l: : : : : : : : l      Y  /    l        トロツキーを封じ込めることも可能だろう。
        〈: : : : : :}⌒ヽ: : : : : :_ノ      ` /    /
           `ー‐一'l     ̄ ̄         |‐'、    /
          ∧:::::〈::...、_         '`   l  ∨ /     _,,.ィ
              ∧:::::ヽ:::/     _,,..-'    l   ',从_,,..-''"´ /
            ∧::::::<-一''"´      /    \:::::::::::|   /
              ヽ::::::::::::::::/     /:l     \::::/   /-、
                  l:::::::::::::{       , '::/      __/   /: : : ヽ..,,_
               ヽ..__,.-―--‐''´:::/    _,,.-'"   /: : : : : : : :
            ___|::::::::::::::::::::::/ ,,..-''"     /: : : : : : : :/
             \   、---―一'''"´      /: : : : : : : :/: :
              \  \            /: : : : : : : :/: : : :

419◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 23:09:03 ID:/vKfvSuQ


    /          |    }/ ゙ =z、          / /}/.
    V        ,!         ゙ =z、 ´ ̄\  /イ  /
、/ヾ_>ミ、_,_,__/ ヽ            ゙<太 ハ ノ
:ヽ  \          ーi            V/゙7./'
::::丶   \         l            ` //      (たしかにやる夫の増長も
::::::∧   \         l             `{
::::::::∧    \       l              l       許しておくつもりはない。
::::::::::∧、      \     l         、   r~
::::::::::: ∧\.    丶            ヾミz '         いずれは奴も始末しなくてはならない)
:::::::::::::::∧ \  、  ヽ   _,、        _)
:::::::::::::::::∧  \ハ   }7´  丶      .′
:::::::::::::::::::∧ー-ミ_オーく     `  .__ノ
:::::::::::::::::::::∧   .,} 丶\
ー---ァ::::::::∧  /|   丶 \
::::::::/::::::::::::∧ / :!     丶 ヽ
::/::::::::::::::::::::::∨        丶  ゚。 



. /    /|  /          |   l
/     i .|/                i /|
      l                   レ' i
 l    |                 '.,
ヽ|  ..|               _,,..-‐‐  ヽ
 ヽ   l          __,,..-''" ̄ ̄ヽ   ヽ  .,.--、       (しかし、ろくに政策論争もできない
  \.{ ̄ニニ=、___γ r''て・)`  l`"''‐-| ./ ,.- l
   γ´ r''て・)| ̄ ̄ ヽ、二二..-''"    | / /   i        グルジアの田舎者など、
   ..ヽ._ ̄__,,l                l/ (⌒) .,'
     l     |                 〉  /        失脚させることは簡単だ。
     l     ヽ r                     /   ./
     ',                ,.イ ヽ      .`¨´ |   /      そもそもあのような小役人が
       ヽ        _,,..-''"/      /   |  {
        .l   ー=二-‐''"´       /     |  ヽ      後継者として認められるはずがないのだからな!
      ヽ      ー'         ./       | リノ
       l                  /        |´        私が政府を掌握した後は、あいつは用済みさ)
       |                 /     _,,..-'‐-┐
        ヽ    ___,,..-‐''" _,,.. -‐ ''"´     |
           `¨¨`ヽ    _,,.-''"´         ,,..-┴
           ,,.-}   ./ヽ._        _,,..-''":::::::::::::::
        ,..-''"  .ヽ ./ / _  _,,..-''":::::::::::::::::::::::::::::
        `"''-、  _|//-=ニ,,.-''":::::::::::::::::::::::::::::::::::::,..-
         _,,..-''" / `ヽ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::

420◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 23:09:53 ID:/vKfvSuQ


/        _r~-'   | |
    r~ミz孟zzzz≧x  |ノ
。   |   }!     H! .L」     (やはり最大の脅威はトロツキーだな。
..ヽ   ゚。       `¨´ 〈
  }   >-┐      'T′     認めたくはないが奴の弁舌とカリスマは
  ゝr ´  ゚。    ⌒ :f
  r┴ ..._ ヽ     |       かなりのものがある・・・
/>ミ、_ `¨ =r---'
::::::::::::::::::`丶¨ー- .」ア         何としても息の根を止めねばなるまい)
、:::::::::::::::::::::::::\  厂二ミ 、
: \:::::::::::::::::::::::::`¨{ 、  \ \
::::::::\:::::::::/::::::::::::::|. ヽ.   \ \
::::::::::::::\:::: ̄ フ:::: |  、    \ \
::::::::::::::::::::ヽ:/::::::: |   \.    \ ヽ
:::::::::::::::::::: : \ミx__|    \    \ノ
::::::::::::::::::::::::::::::\:: |      \ /´

421◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 23:10:32 ID:/vKfvSuQ


【補足】

        ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
        =            ゙ミ
        ミ     ★      ゙ミ
       r―ミ             ゙ミ
      l  ミ;=======.:::゙ミ
       ヽ /  ※   ※   ※ ∧
.      /   r―_‐_'i:¨:¨´:l ̄:`ヽ}      この時点で「三人組」におけるやる夫は
      { ※ /: ´/: :/`:./;ハ:`: :l: l      下位のパートナーでした。
      }   f: /fてハヾ´ /f'云ヾハ:}
.      { ※ }:{ 弋__ノ   弋::リ j//      政治局の主導権はジノヴィエフとカーメネフが握っており、
      ハ   {:ヾゝ''''   ,、  ''',イ ヽ      彼らはトロツキーを警戒するあまり
.     /: } ※. }: : ;>‐‐--‐<ヽ  }_     やる夫を過小評価していたのです。
    /: :.{    l:/{i{ (ニニXニニ)} :.{ ※ ヘ
   ,.イ: : :/ ※ l:ヾ}i}  〃{i  {i: :ヽ  ヽ
.  {:ヽ: :.く   /: :j:ヾx、_ノノゞ≠'j : :.} ※ }
.r<:ヽ:`:ー`ヽ,/f'"::`ーt‐f´:t‐r‐':ヘ:-'`¨¨:}´


く \_r‐Jト:..:..:../                  、\ ヽ   ゙:,:::.:::.:ト   \\\\
 `ー/|::.::.::.::.::.::,′                  \ ヽ     V:下ヽ\   ヽ \ヽ
冫ーイ  ̄ト::.::.,′    |  i   |     ヽ  \  ヽ   ', ヽ ':┴┐ Y   ト、 \
′ ;′┌┴ ::.:|      |  |   |     ゙ト   \  |i::r┘::::r┘ i   .i \
 :/|   しヘー::.| |i | ||∥       | |,,,;;ィ=≦≠ハ|i |リ::¬  ¦  |
  |   r┴‐::|  || | ム⊥从ヽ   i |l≧'´     .|川;:下┘ |  |     なんというか、
  |   |::.::.::.::|  l| イ|  ,,,ィ≦ヾ\,ハノ        | jノ!:::::}   |   |
  | |└ヘ::.:∧  l'   | |ィゞ"               u  | lj,√ィオ  |  | |      誰かを憎むと周りが見えなくなるものなのね。
  | | | く::.::.:ヘ l:、\ ヽ    ,            ∧ ∨:フ{{i〉 l  ||
  ∥ | |  ヾ勹ヘ い ::ヽ\ u      l~`丶     仏  \ゞ'  j|   |∥
  八 | |    \ィr=ミl::.ハ \ ー 、     ^ ___/ユ\  \ /ヘ.  l八
 ′  | ',    弋ゞソ}7ノ /,ニ≧、 ヽー--,.ゝ- 、 ̄`< ̄ハ__  \  λ 、 \
/   ∧  ,    `マ'´ /:':::.:::.:::.〉 ∨ィ/{f㍉Y三ヽ  ` <ー┐  \/|\ \
   / ヽ \   /   イ ̄ ー ' |  | { トゞど..二二.._    `弌:.   ヽ l  \
  ./    \ >'   /...:\  ..:::.:| /:/>允≠‐-‐'     ___}ハ_   \
 / ┌一<    / ...:..:::/::>  // .:.:::./::卞ニニ -‐__,.___  }ヽ |!:..:ト    ヽ
./   \    /′...:.:::.{::.... /..:::.:::.:/:::.:::|:::. ̄匸A::::::::ルソ.:.i:..:..:. | ヽ    Y

42210スレを超えた安価スレはEX板へ移動を2012/03/09(金) 23:11:09 ID:kYXhQozs
上にいても下にいても気が休まらないなあ

423◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 23:11:26 ID:/vKfvSuQ


          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\    それだけトロツキーの弁舌とカリスマが
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ     飛びぬけていたのでしょう。
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
         | |{i t    _     / |     特に彼は軍事人民委員でもあったので
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |     軍隊に大きな影響力を持つ立場を
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |     警戒されるのは当然です。
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |


           ,.:-=;1―;1―;1―;1―;1,=;:、
           ミ              ゙ミ
           ミ      ★       ゙ミ \
         / ミ              ゙ミ   \
        V/::ミ;=========゙ミヽ   \
       //:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :',  `、ヽ ム>
.      /:i:: :: /:: :: :: :: /:: :: :: :: :∧:: :: :: :: :::i  } >/i´
      ,'::i:: :: i:: :: :: :: /:: :: :: :: :/ ∨:: i:: :: ::l  V/:: l
      ,':: l:: :: l:: _:: :: /:: :: :: :: :ム--+::-l―:: |   |:: :: |
.     i:: ::l:: :: |:: :`''フ:: :: :: ,:: /    ',:: |:: :: :|   |:: :: |     さて、
.     l:: i:.|::..::|::_:: /:: :: : //     v|:: :: :|   |:: :: |
.     |::.l::.|:: ::|::/ニ_;; ;//  ====V:: ::,'   |:: :: :|     三人の憎悪を一身に受ける
     |::∧:',:: ::V弋.:.:テ    ´ て:::::::o|:: ::,'   .|:: :: ::|
     |::i ',:',:: :∧廴::ソ      こ .ン|::/,'   i:: :: ::.|    当のトロツキーはというと、
     ',.i  }::ト:: : ヽ゛゛  ` _   ゜゜イ|/:,'   ,':: :: :: |
      ',' .ハ::iヽ:: ::>ァ-------<´<:: /:,'   /:: :: :: ::|    この頃どのような思惑を持っていたのでしょうか?
       ∧ヾV>、:V/ | (ニxニ)  |: :',:: /_ -'''´:: :: :: :: ::|
       /:: L_i VX|: :|  ∧   |: : |:: :: :: :: :: :: :: :: :: ::ヽ
       /:: :: :: :: :: :: :|: └ ┘└ ┘: :.|:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::\


【補足終わり】

42410スレを超えた安価スレはEX板へ移動を2012/03/09(金) 23:11:30 ID:CfnjKA3w
毛沢東だったかが弁舌は弱者の武器、強い奴は吠えずに相手を無言で食い殺すって言ってたな

425◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 23:12:40 ID:/vKfvSuQ


ジノヴィエフとカーメネフから警戒されていたトロツキーだったが、
実のところ本人には党を乗っ取るつもりも、レーニンの後継者になるつもりもなかった。

      /:::/::::i:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     ./:::/:::::l:::/::::::::::::::::i::ヽ::::::::::::::::::::\::::::::::\::\::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::
     |::::i::::::l:::l::i:::::::::::::::::l::人::::::::\:::::::::::\::::::::::\:ヽ:::::::::::::::\:::::::::::::::::::::
     |::::ii:::::i:::::i:::::::::::::::::l:||__ヽ::::::::::ヽ:::::\ヾ:r======ヾ::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::
     |::::i i::::l::::::i::::::::::::::::i「:::i ヽ:::ヾ::::\::ヽヾ|:;;;l|  :/ \:::::::::::::ヾ::::::::::::::    所詮私は新参者です。
     |::::l i:::l::::::i:::::li:::::::::::i;::;:il /i\ヽ  \丶ミ=≡彡´  \:::::ヽ::::\:::::::
     |:::i l::i::::::i::::l:::::::::::::iミ彡´/  ヽ\  ヽ  ̄      ヾ:::::ヽ:::::::ヽ::    政治局の多数派は私を嫌っている。
     i::i  l:li::::::l  l;::::::::::i   /        \        i::::i::i:::ヾ::::::::
      il  l i:::i  i::::::::i  く                   i::i l:l:::ヾ::::    私がこれほどの立場を手に入れられたのも
      i   i:::l  l:::::::::ゝ  ヽ `丶              i::i i:l::::::ヽ::
          i::l   i::::::;丶                    i:i i:l::::::l::::::    レーニンの寵愛があったからこそでしょう・・・
          ll   l::::i::::丶.   . ____            :::i::;:;l;;:::l::
          l  /  i::::l:::iヽ.  ゙ヽニニニ=`__       :::::::l/l::::i
         /    l:l l:::丶 .::::..---‐‐        ::::/::::::::i:l
       /      i:  i::l \           :::::/:::::::::::::::::i
     /        i  i:i   ヽ        :::::;/:::::::::::::::::::::::
   /             i    ヽ.     .:::/::::::::::::::::::::::::::::
    |                   ト、___::/\::::::::::::::::::::::::

レーニンの回復が絶望的になった時点で、彼は自身の立場が危うくなったのを悟っていた。
レーニンという後ろ盾がなくなったことがどれだけ自分に不利なことかを理解していたのである。

426◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 23:13:44 ID:/vKfvSuQ


レーニンからは「書記局官僚制」を打倒するよう提案する手紙を受け取っていたが、
この時にはすでに戦意を喪失していた。


  ヽ、 ヽ:.、、,
、、  ヾ、:、.ヾ::::ミー:.、、,,
、::::`=:..、_ヾミ::`:::::::ヽ、:::::`:ー.、.ヽ、 、
.`ヽ、:::::::::三"ニー-::...ニ=-:、::、::ヽヽ .i:!
-ー '''''ーニ三ニ‐:::-ニ三ニ::::::::ヽ::::iノ::i
::::::::::: ̄::::::::::::::ン:三=ー-:::::::::::::::::::リ
::::::::::::::::::::ン:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ、
ッ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::,::::::ンノソ   (このまま一人で闘ったとしても、
::::::::::::::::::::/::::ン::::::::::::::ェ= "::://::::ハ
:::::/::::::::::::::ン:::::::::::::/::::::///:::::::::::::i    私の真意はちゃんと理解されるのでしょうか?
::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::'::::::::::::::,:':/::::i
::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::ン:::::,::':::::::,':::::i!    レーニンの後釜を狙っていると誤解されるだけなのでは・・・?)
::::::::::,:::::::':::::::::::::::::::ッ::::::;ン::::::::::/:::::::::f'i:!
=ィ::::〃:::::::::::::::,:::'ン-'''//::::/ ヤ::::/ i:!
./ハ:::::::〃:::::::/ '"   /"  .. ,ソiリ !
ヾ. l::::/' ',::il::/ヽ        _... ン i  '
.ヾ、リi  リ ソ  :::ヽ、  ̄‐'/   i
  ','ソ ヾ、_,... ッィ'ノ´. ` ../ /  k
  i ヽ、__ ,ノ /  , / /     i


                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|  ・・・冗談じゃありません。
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/    私は一旦身を引き、
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/       官僚主義打倒は
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ
         /\          /ヽ- '            心ある有志の手に委ねましょう。
       /   ヽ、     _ イ
      /      ヽ、  Y
     /            ー┴、
.    /               |

42710スレを超えた安価スレはEX板へ移動を2012/03/09(金) 23:14:25 ID:CfnjKA3w
心ある有志=トロツキストですね、わかります

428◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 23:14:41 ID:/vKfvSuQ


にも関わらずジノヴィエフとカーメネフはトロツキーを恐怖し続け、足元ですくすくと育つ本当の脅威を見過ごし続けていた。

           /      / |             \             /..:::   i,    / :::    l
       ./     ./  / |              ヽ             / ..:::::   `~';:::     |
      ./     ./〕/  、 ト、             l            / ...::::: : :    ''''      |
     /     ,イ././´    V  ミー-ミ         |          /. : ::::::::::: : :            |
      | イ   | |'            __  ヽ       リ         /.: : : : ::::::::::::::          |
      |{ マ  .}           _. -¬   Ⅵ >ミ、 ./         /.: : : : ___;::::::..    ____   |
      |! \ :| ,、     、 x≦三ミx:==キ7  }  {         /. : ::/|;;;;;;;;;|\::::  /|;;;;;;;;;|\  |
        ゝヘ _>-ミ、__T  〈 の :||   i"   リ  l        .|. : ::<  |.;;;;;;;;;|  >:::<  |;;;;;;;;;.|  > |
          f「ヽ 〈_延厂`L__二...ノ'      ./  l         | : : ::::\|:::::::::|/::::: \|:::::::::|/   l
            マ、ノ__ノ}             / 彡'        | : : : : : :::::::::::::::::::::::::            |
            ヽ!   〈 _ ,、         fーく/         l : : : : : : ::::::::::::::;;:::: :;;::::: ,          |
             ヽ        _, ヽ    ′ .           | : : : : : :::::::::::::::::~T-´`-T         |
             、  ,.. -ニ= '     /    「 ツ{       | : : : :::::::::::::::::::::::::::ヽ_〃           |
              、  ` ̄_      /    / 〈 ̄\   .|: : :: : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         |
              ゚。         /  ィ ´  . ノ:::::::::ヽ   l : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.......     |
                    }、   _.... ='- ´   ィ´:::::::::::::::::ノ^ー- .
                  > T        ィ ´:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::ー----ミ
              く   }    _. ィ ´:::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::;:::::-::一::::::::::::::
          _.. ---=土ミ.L. イ>'::::::____:::イ::::::::::::::::::ィ´::::::::::::::::::::::::::::::
       . < > ´     L./:::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ィ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
___________________________________________
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                             .____    .i^マ'フ
                     すくすく♪ /⌒  ⌒\  レ' /  すくすく♪
                           /-=・=- -=・=- ./ ,イ ヽ、
                         //// .(__人__) ./ 、 /ーヘ_,.ヽ,
                         |     トェェェイ ./ 、\`ヽ´__ .`t
                    .     \   ヽニニソ../   ヽ r'´_}__,   {
                                ./  {'T /`7/ _,ノ  !
                              .-'     `7'/ヽY´   |

429◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 23:16:05 ID:/vKfvSuQ


1923年秋に入ると「鋏状差」はいよいよ終末段階に入る。
工業製品価格は天井知らずに高騰し、農産物価格は底知らずに低下した。


            /::::::: .::::....:::::: ..:. ::::.. ..:::.. :::::::::::::::',
              /::::::::..:::::::::::::::::. ::::.. :::... :. ::::::::::::::::::::::',
             ,':::::::::::::::::::::::::::::::::..:::::. :::::... :: :::::::::::::::::::',
          i: ::::::::::::::::::;:::::;i1::::::::::::::::::::::::... :::::::::::::::::::',       このままでは国家経済が崩壊するわ!
            l.: :.:::::::::::::/:::;ハ|::::::::::::::::::::、::::::::..:::::::::::::::::',
         il::.::、:::::::::/::/   'i:::l、:::::ト、:::、ヽ:::::::::::::::::. ::::::,      現在の公式路線はすぐに転換すべきよ!
            l|:::::{ヘ:::::::!:ムニ,‐-いヽ::{>;ゞ弌、:::::::::::::. :::::',
         il:::::::'、l:::::::ト、廴バ ヾ'、ヽV 廴ソ,メヘ:::::::::.. ::::::',
           !|:|:::::::::::::、ぃ  ̄    `     ̄   ゙|::..::::::::::::::::!
         |」::::::::::::::',ゞヽ            ,':::::::::::::::::::::!\
      , '":l:!::::::::::::::::'、     、 ,.     /::::::::::: :::::::::::i  ヽ
     /    !|:!:::::::::::::::ヽ    __ ___   , 'i:::::::::::::::. :::::::::i   \
   /     |!:|::::::::::::::::l i\    ー    /}. |:::::::::::::::: ::::::: :!    ヽ
  <.._     |!:|:::::::::::::::l| ヽ. ヽ、    / ,ノ |::::::::::::::::: :::::::.::!   /
  __,,. ニ=‐- 、|!:|:::::::::::::::|!  `ヽ`_ー_'"-''".  !:::::::::::::::::: ::::::::::| ∠_
'"´         !:|:::::::::::::::!:ヽ           ,ノ::: ::::::::::::::::::::::::::|/   ``丶、
           エフゲニー・プレオブラジェンスキー(左派)


党内左派は公式路線を転換するよう熱心に主張したが・・・

430◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 23:17:08 ID:/vKfvSuQ


例の如く書記局によって叩き潰された。


           _ , ‐ ' ゙ ゙̄ヽ,
          , '゙         )        \\
        ,ノ!,'         @\     /\   _,.イ  __
  ,,.. --─- ノ゙!,/         ,'      /   \ ─┼─   |
   ゙̄'i;  ノ゙!,!゙         ゙i, ノ \  \.       \ ノ   __| オォ ン
     ゙'゙ ,!V         ,゙゙ :,  \  \
        !!.,i      ノ゙,  .    \  \  .          | ./ ./
       ! !_!_     ,'゙     ____        `゙''‐、 \ | / /
        ! .!_!    ,゙     /     \   ヽ ──-‐‐‐  ・ ←反対派
       i..i'i   ,゙     / .::::::::     \        / / | \
       ゙.. ',   !   /.::::::::::.        \     / /  |  \
        '!,',   !   | :::::::::::::::::.        |   /  /   |∴・. \
         ' ,   ',,  \ ::::::::::::::::::.     /  ./  /  .∵.|:・∴・  \
           \  ' ., \         /   /  /  ∴・|∵' ・∵
            \  /         ::::i
              \/  /       :::|     はい却下ー
               \/|         ::|





しかし、「鋏状差」からくる不況はもはや見て見ぬふりをできないほど危機的である。

1923年10月、「鋏状危機」は頂点に達し、工業不況は破滅的様相を呈していたのだ。
工業労働者の失業者数は300万人を超えた。


:.: :.: . . . . . . . . . . .             ̄ ̄   ̄───   .!_____|         |____..   |
_:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.: . . . . . . . .                                ̄ ̄
: .  ̄ ̄Λ_Λ──______:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:.i ̄ ̄i:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :. . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
:::::::::: /:彡ミ゛ヽ;)ー、::::::::: Λ_Λ. .  ̄ ̄ ̄ ̄─‐. ⊂ニニ⊃ ______:. :.:. :.:. :.:. :.: Λ_Λ:.: :.: :. :. :.
::::::.../ :::/:: ヽ、ヽ、 ::i:::::....(-д-::: )ー、::::::.......    ( ゚д゚ )ー、  Λ_Λ:: .. . ̄ ̄ ̄─(-д-::: )ー、::..
::. . / :::/;;:   ヽ ヽ ::l::: . /i ;:      :::i:::.::::::..... .  /i ;:      ::. i /:彡ミ゛ヽ;)ー、:::::::... .  /i ;:      :::i::..
: . (_,ノ⌒\;; ヽ、_ノ:l: . (:: ;;__/ :::./ |:::::......   (:: ;;__/ :::./::/ :::/:: ヽ、ヽ、 ::i::::.... .  (:: ;;__/ :::./ |:: .
    i⌒\)i⌒\ /:: .. / ____/ :|:::::::::.... . .  / ____/::/ :::/;;:   ヽ ヽ ::l:::::......  / ____/ :|::..
    | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ: . i⌒i_ノ :i⌒\ /::::::...... .   i⌒i_ノ :i⌒\(_,ノ⌒\;; ヽ、_ノ:l::::...  i⌒i_ノ :i⌒\ /::..
    | :::|  | :::|:::: .... | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ::::::::::... ..   | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ i⌒\)i⌒\ /:::::::.... | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ::::...
   (___/  (___/::.....  | :::|  | :::|:::::..... .     | :::|  | :::|:: .  | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ::::::.... . | :::|  | :::|:::: ::...
                (___/  (___/:::.... .. .. .     (___/  (___/:: : | :::|  | :::|:::::::.... .  (___/  (___/:::.... ..
                                      (___/  (___/:::.....

431◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 23:18:10 ID:/vKfvSuQ


失業を免れた労働者達も賃金の低下や給料の不払いに直面し、ついに忍耐の限界を迎えた。


                              ┌─┐
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |________|   .|も.|
 |    金払え!!!    |    ∧∧ ||         |う |
 |________|    ( ゚д゚)||        ...│働│
    ∧∧ ||     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|      │か│
    ( ゚д゚)||    ...|    金払え!!!    |      │ね│
    / づΦ    |________|      │え .|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .∧∧ ||            .│よ .|
 |    金払え!!!    | ( ゚д゚)||            .│ !!.│
 |________| / づΦ            └─┤    プンプン
    ∧∧ ||         ヽ(`Д´)ノ ヽ(`Д´)ノ  (`Д´)ノ    ( `Д)
    ( ゚д゚)||         | ̄ ̄ ̄|─| ̄ ̄ ̄|─| ̄ ̄ ̄|─□( ヽ┐U
    / づΦ     ~ ~  ̄◎ ̄  . ̄◎ ̄   ̄◎ ̄   ◎->┘◎


ストライキやデモが各地で頻発し、国中に不穏な空気がみなぎり始めた。
まさにソ連工業は危機に瀕していたのである。

432◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 23:19:24 ID:/vKfvSuQ


   /       ,_,              ',
   /       ( l 、            ',
   l      ,i、/ 〉ヽ!ヽ、ヽヾ   `ヽi   l
   l    i , ノ ハ( 、 ,-‐..'´`ソ'`ヽ i リ   /     ここまで鋏状危機が進展したのは
  │  i、l=‐':´`"゙:::::::::::::.  : ノノ/、  /
   | i i |/::` :: ::::::::,i ヽ ;::::::..  .:: l l  l   ヽ     農業と工業の復興速度の違いだけでは
   l ヽゝ l::: ::: :::/ |  `' 、::: -'´j l' /   )
   ヽ、ヽ ` 、、:::/  !、-     ゝ,l '   /     説明しきれない!
    ゙''- 、ミ ',   _, - ‐-   /r, 、 `( _
       _ノヽ\    -    , '// \   )   問題の原因は工業トラストの価格政策にある!
       `ヲ.  \      / //    `''‐'-,
    , ==l ,  l ` - ‐ '  //   ,---、 /
  , , ' '´   !li  lL.   , - ' 7/   |=000| )
//      `゙゙゙_)| `' '´   l(    ゙ー ' ´く
ヽ.ヽ、        l      ヽ >      l
      政治局員候補・党内右派
        ニコライ・ブハーリン



一年前の1922年、農産物価格に対し工業製品価格が下落していた当時、
工業トラストは価格暴落した製品を投げ売りせざるを得なかった。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
―――――――――――――‐┬┘
                        |
       ____.____    | .__  在庫を
     |        |        |   | |\_\  窓から
     |        | ∧_∧ |   | |  |.◎.| 投げ捨てろ
     |        |( ´∀`)つ ミ | |  |.: |
     |        |/ ⊃  ノ |   | .\|.≡.|
        ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄    | 

この時に莫大な損害を負った工業トラストは損害を取り戻すために高価格政策を取っていたのである。
政治局多数派はこの価格政策こそが鋏状差の原因だと断定した。

433◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 23:20:47 ID:/vKfvSuQ


     _,/                       ゙、
.   ,r'"                       ゙、
   {     {                      ヽ      政府によって
    {     {     ..,,_              ヽ
.   ノ     ,'゙'、ヾ、レ‐---、ヾ゙)ノ)   -、         ゙,    工業製品価格を今より低い値で統制すれば、
  /     {  ,、-:::::..  :. :::ツ ノ     ゙、゙'、       }
  ,"      _!,,ソ:::::::::::::::.. :. :::::ノ{     } }      ノ    この危機を脱せられるだろう!
  {     r'':::::::::r-、;_::::::::  :. :/ ゙'‐-、,   }.ノ      {
  ゙、    { ::::::::;'   `''ー-‐'"     ノ  リ       ゙ヽ
.  ゙'‐-、 ゙'、 ::::/           、,クノハ         }
     ゙'‐`'{'゙iヽ、'   __,,,      ,.,.,.,,,_/_ハ       {
        `'ヽ  r"       .| ┌ー-゙-ニっ     ヽ、
         {ヽ  "      | .|      } ト)    ヒ`ゝ
         `~}ヽ      /.| |      -‐"  ヽ、 マ
     l'''ニニニニ{、、,゙'、.,__-‐"  | |            ヽ'
.      | i     ノ     l,.、-'"| |
      | i     `つ   ζ   .| |
      ヽ,ヽ     `''ー'l
.       ヽ,゙、         !

公式路線堅持派は工業製品価格の抑制を選択、
これに対して左派を中心とする反対派は農業重視から工業重視への路線転換を主張した。

                        ,イ  /::::::::::::::i
                    /::! /:::::::::::::::::ヽ-:::¬::-..、,_      i、
              i、      {:::ヘ i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ    i:ヘ
               |::\ _     ヽ::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ  /::::j
               ∨::::::::`:>ー-..ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::::/
              ∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    「鋏状危機」は工業の未成熟が原因だ!
                 ∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、:::ヽ、
              ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/!::::::::/!::::::::/''"´ ̄   _jヽ::j   工業を合理化し、成長させることで
                  ``'<::::::::::::::::::::/ !:::::/ l::::::/ __..,,,,、γ`ヾ     解決を図るべきなんだよ!
                  /:::::::::::::::::/ー//ー/::::/´_,∠_ヽ::://こ }
             ___/::::::/ラ/ヘ`メ、  /:∠イにヾ j:/ }ソ /     ここで強引な価格切り下げなんかしたら
                  ̄ ´ノ/  イヘ 弋) ′  _ゞ=イ      /      ますます工業が弱体化しちまうじゃねえか!
                 /  .イ  ト ̄         /ヽイ;ゝ
                  /  / /  / ヘ `_       ′ トゝ
                 く  /  /  /   ヽ   `   /     |
               ヽ´   /  /      ヽ __,.イ--ー─‐┴-、
                   ヽ/      /  /´     _ <` ー―イ7´ ̄`ヽ
                               /  /   _ ,.、<::::::::::::::::::::7//`ヽ    \
                  __,,,、r──‐<::`ヽ/´::::::::::::::::::::::::::::::::///    ',     i
                ///´::::::::::::::::::::::`//:::::::::::::::__:::___::::::::::://イ      ヾ 、    l
                     党内左派 ゲオルギー・ピャタコフ

43510スレを超えた安価スレはEX板へ移動を2012/03/09(金) 23:22:15 ID:H6DXNFJs
不況で物が売れないときの値下げは打開策じゃなくスパイラルの入り口ですがな…

434◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 23:21:42 ID:/vKfvSuQ


しかし、やはりこういった反対派は書記局による弾圧に直面する。

                         Л_
                   //;;;;`-、_
                      //ー-、;;;;;;;;;ヽ、
                       //_     ;;;;;;;;ヽ、
                 // ゙゙ー-、  ` ;;;;;;ヽ
         ___   //     `-、 ` ;;;;ヽ
        /⌒三 ⌒\ //        \ `;;;;|
      /( ○)三(○)//            ヽ ゙、;|
     /:::::⌒(__人__)i⌒)、ヽ          | i;|
    .|     |r┬-|./フヽ.`i|          | l/
     \     `ー"// .ノ ノ          l/
     (  i    .//
      .\ .\,. //
       `ヽ、 ⌒)
         `"''"

またもや公式路線を批判する意見はすべて封殺されたのである。

436◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 23:22:41 ID:/vKfvSuQ



            ____
          /― ― \
   rヽ     /(●)  (●) \     まったく、反対派の連中も懲りねーもんだお。
   i !   /   (__人__)     \
  r;r | ヽ |    ` ⌒´      |   まぁそのおかげで書記局の権威固めができるんだけど。
〈     } .\           ./
 l    /  /           \
 ヽ   l /              \






 \人_从人__从_从人__从人_人从ノ/
  >                 <
  > 同志やる夫~!!    <
  > 大変なんじゃよ~!!  <
  >                 <
 /Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒WY\

       ____
     /      \
   / ─    ─ \    おっ・・・
  / -=・=-   -=・=- \
  |      (__人__)  U  |  この声は・・・
  \     ` ⌒´     /

437◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 23:23:17 ID:/vKfvSuQ


          _ __
         /─二__─_
        //\二| / | |二 \
       / | <~ゝ 二二 ∠~> |      ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
     _// _T|  ┐ l_ |T_,  |_    <                     >
  _─|  |  `U-  / ) U  | |-、 <このままじゃと            >
 <_|  |  | 、   / ~   \  | | | ><                     >
   ─/_/ |  / ̄~\ __/~|  |_|-' <ソ連大工業国化計画は      >
      |  |  | ,───-_ |  |  <                     >
      |  | |/       | |  |  <不可能なんじゃよ~!!    >
      |  | |     ___| /|  | <                     >
      |  | | _ ──     7   |   VVVVVVVVVVVVVVVVV
       |    |_/ ̄ ̄\_/   /
       |              /
       |              /
    ─/ ̄|_          _/\
       /|  ──────-/ λ
        書記局第三書記
     ヴァレリヤン・クィヴィシェフ

438◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 23:23:53 ID:/vKfvSuQ


         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \     やっぱクィヴィシェフかお・・・
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /     相変わらずうっせーお。
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ


              ,─、
          , ─ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~─、
        /            \
       /               l
       l                 |    そんなことより同志やる夫!
      |┌─-______──~|  |
      |/               J  |  |    工業の成長が絶望的なんじゃよ!!
      |   -─_       _─-、 |  |
      | /\__/|   | |___∠ヽ \|
  __ ─|  「`--' _l __ /_`--' /   |─__            特に金属工業を中心とする
 (_ | |  | \ヽ ̄_/ ┐┌  \ ̄/ / | | | _)           重工業が伸び悩んでるんじゃよ!
   ̄ ─|  l  ̄            ̄  l  |─ ̄   ___
        | | ┐ ,─     ─、  |  |_   / ヽ___ 入    これでは憎きブルジョワ資本主義の
     //|∩ |┐_ ヽ r _  l  |  |::: ─_|       l    西欧先進国に追いつき追い越すという
   /::/::/ /| /~  ───  \|   |   |\:::::::::|       /─、  全共産主義者の夢が危機なんじゃよぉ!!!
   /::/::| 〈 | |┌──── ̄ 7|     l\\::::::\___//  \
  l:::l::::| ヽ  | ~| _____/ |   /|:::|::::::\:/     /    /─、
   \:::|  ) / /        丿  /:l::::|:::::::::/ \   /    /   l
   | \|__//~─- ̄ ̄──'  /::/::::l:::::/   l  /    /   /~l
   |  |   |─______─ ':::::/::/:∠_   |/   /   / /
   |  |─-|:::::::::\::::::::::::/:::::::://:::|   7\  l _/ |__/ /
   |  |   |─__ `──':::::::::::/::::::─\__l_ /        \/
   |/|   |  \:::: ̄ ̄ :::::::::/ ̄ ̄::::::::::::::|\       /|
   |/|   |    \::::::::::::::/\:::::::::::::::──| `───-/::::::|

439◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 23:24:33 ID:/vKfvSuQ



                      O
                      |
                   ,. - ―┴‐-,、
                /―――‐ '´  ヽ
               /,rニ二!    /O7 ヽ
               ,! ヽOヽ    ヽ ̄/ i
               ! ヽ ̄/         |_
            <I´「|     /`ヽ      |」_I>    つまり今すぐ重工業を育成すべし!!!
             ``| ヽ  / ー'`J ヽ  / |´
                 !  | |      ヽ  | |      これは共産主義の死活問題なんじゃ!!!
              |   | r'⌒ヽ_/⌒ヽi、 | |
                 l   | |  ,rー ‐''^ヽ | | |
               ヽ  | ,レ-‐--、」 ,!   !
               ヽ  ヽ _ ノ⌒ー-'/   /
                ヽ_         /
                 |[口]ヽー――i'´


       ____
      /      \
     / ⌒  ⌒   \        んなこたー分かってるお。
   /  (ー) (ー) /^ヽ
  |   (__人__)( /   〉|       工業先進国への生まれ変わり、
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ      それこそがやる夫達の最終目的なんだお。
―――――――― \ _ _ _ )



内戦や干渉戦争を経て、ソ連は世界で孤立したただ一つの社会主義国家となった。
周囲を敵に包囲されたソ連の共産主義者達にとって、重工業の発展と先進工業国家への成長は危急の課題であった。

44010スレを超えた安価スレはEX板へ移動を2012/03/09(金) 23:25:26 ID:U9cNqHOo
こんなめちゃくちゃな国がどうして工業国になれたんだ・・・

441◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 23:25:32 ID:/vKfvSuQ


       ____
      /      \
     / ⌒  ─  \       農業の成長から資本蓄積を行い、
   /  (ー) (●) /^ヽ
  |   (__人__)( /   〉|      しかる後に重工業を発展させる・・・
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )   それがネップの基本理念だお。



      ___
    /ノ  ヽ、_ \
   /(●) (●.) \      ま、焦る気持ちは分かるけど
 /  (__人_,)    \
 |  l^l^ln ⌒ ´        |    もう少し抑えとけおクィヴィシェフ。
 \ヽ   L         ,/
    ゝ  ノ             いずれその時は来るんだお。
  /   /

しかし、新経済政策を堅持する現在、重工業の発展はまだ現実的な話ではなかったのである。
まだこの段階では、であるが・・・

442◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 23:26:21 ID:/vKfvSuQ


ヴァレリアン・クィヴィシェフ、やる夫・モトロフに続く書記局第三書記にして強硬なやる夫支持者でもあった。

          _ __
         /─二__─_
        //\二| / | |二 \
       / | <~ゝ 二二 ∠~> |
     _// _T|  ┐ l_ |T_,  |_
  _─|  |  `U-  / ) U  | |-、
 <_|  |  | 、   / ~   \  | | | >
   ─/_/ |  / ̄~\ __/~|  |_|-'     ぐぬぬぅ・・・なんと口惜しい・・・
      |  |  | ,───-_ |  |
      |  | |/       | |  |
      |  | |     ___| /|  |
      |  | | _ ──     7   |
       |    |_/ ̄ ̄\_/   /
       |              /
       |              /
    ─/ ̄|_          _/\
       /|  ──────-/ λ


共産主義者のなかにおいても狂信的な工業化推進論者であり、
後にやる夫派の幹部として重大な政策に関与することになる・・・

443◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 23:27:20 ID:/vKfvSuQ


「鋏状危機」が深刻化する一方、書記局による弾圧を受けていた公式路線反対派もまた、
我慢の限界を迎えていた。

              __ __
            ,r)'´      `{ノ 、
          / /      \ \
         ///   l | l  l   ヽ  ヽ
        ///   /  | l//| l、   !  ノ}
      // /  /    l// | | l    l ´ l
      // /   l // //|   | l l    l  l
     / ! l   l //lノ//l  ∧ ト、| / ソ}  l     このままではラチがあかない・・・
     }∧{   l/Aム {/ハ/-一ヽ! / ´「 l |
     //ト、  lKTyラヘ,/ fてフ「}/l   |  | |     同志トロツキー!
    /'⌒| /\{  ̄ /     ̄ / |  |  l |
    ∧  l/ / ヽ             jl  l  l l     どうか我々に協力してください!
    / ヽ //  ∧   ` ´    //  /  j/
   !  〃l  / /\ ヽ ⊃ // }/ /|     彼らは我々の意見を不当に弾圧しています!
   ヽ/ /  / /  / \ ̄// / ̄ ´ /
   / / / /  / / } ̄´ /   _/{
、__/  ∠ ィ) 〃 / r'‐'" ̄_,,-''" く_L _  、
 ヽ-ノ,rく  / // /  )  ∠_/⌒}   /  `{ノ
  /´  )' // /  / l       ノ'´ ̄/ ̄  \


     /. : : : : : : : : ,
     .′. : : : : : : : :!
乂   i : : : : : : : : : : ー: : : : :-ミ  ハ
: : : :ー:.' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `斗{
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヾ(
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ーイ
\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/
 .斗: : : : : : : : :>イ. : : : ィ. : : : :}ー-ミ: : : ≦
". : : : : : :_ィ≦=爻. : // . : /     7⌒
 ̄ア. / /} { r-ミ_匕´ /._:イ__`ヾ==彡        党員には自由な意見を表明する権利があるはずだ!
. 彡 " ./. } {{{  ヒツ   モツ  }} }イ ,.ハ
    .イ /j:  ー‐ ;   ー--  ′/_j {         話し合いどころか意見の表明すらゆるさないなんて
 /   ./ i    ____   i  ___彡'⌒ : .
イ{   .イ  :!    ハー-ヽ  :し./ハ  }}   `ヽ    今の政治局多数派は頭がイカれてるぜ!
.八_/ {{   \  ゞー==:j   イ}  }} /     }ー 、
  {{  }}   i`: : ..___ ..イ} ./  / /      ./: : : : :.
  {{  }}   {: : :_:_:}__/._:_/イ  ./ /       ./: : : : : : i
.  八  \  }f´; ; ; ; ; ; ; ;ハ 彡 '      .イ. : : : : : : }

444◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 23:28:06 ID:/vKfvSuQ


     ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
      |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
      /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
        { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
          ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
            |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-    ・・・共産主義者として、
            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
          ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ          ボリシェビキ党員として、
               |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
              リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|             さすがにこれ以上黙っていることはできませんね。
         __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
     ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
    l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
  | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、

445◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 23:28:54 ID:/vKfvSuQ


1923年10月8日、いままで沈黙を守っていたトロツキーは、
現下の不安定な経済政策と書記局による弾圧を見るに堪えかねて、ついに政治局多数派に対する闘争を決断した。


                       ,ィ
                     /  ,// _、-
                 , '/ /‐'::::,、ン'/
              , ./:::レ:::::::::::::´::::::ー--...、.._
               _iV::::::::::::::::_::_::_::::::::::::::::::::::::::::::::::=-
           r::'::::::::::::`ヽ三ニー-::::ニ:::::::::-=ニ´
          /::/三:::\\ヽ:::::::::ミ、::::::::::::::_:::=≧ー
         /:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-
         //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´     現在の政治局の政策決定は間違っています!
          !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、
          /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、     農民へのアプローチはプロレタリアートを通して行うべきであり、
         /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、
         /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\     工業製品価格の引き下げではなく
      _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.
   ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-  工業の合理化によって「鋏」を閉じるべきなのです!!
  / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
  ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
  ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
  、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
.  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /
.   iヽ \i .i!ヽ     ` 、`'-、、、、、- ',ン''           /〃
   i  ヽ.\ !        ` ー-ー '´          , ' //
.   i   ヽ、ヾ                       , ' / '
    ',、   ゙゙'i\ヽ                   , ir' ヽ=
    iヽ    i! ヽ ヽ               , '/i!   /

446◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 23:29:39 ID:/vKfvSuQ


                    ,   ,,,.:-‐,,..... -
                  , ::':ル'´:ー''´::::≦-
                   r''ニ、:::::ニ=-:、::::二ェェッ=-‐
                r'::::::ニ-、::::::::ミミヽ、::::::::::::::=ニ_
                   /:://:::::ミ、::::::::::::\ヽ、:::::::::::::<
                  ,':::,'::::iヽヽ:::ミ:::::、:::::::::\:::::::::::::ヽ
                  /::::!:::::ヽ:ヽ::::::::::`:::::::::ヽ:::ヽ::::::ヾヾ、
              /"i::::::::::::i゙_、:::::::::!\vヽ、:::::::::ヾ:::\     さらに党内の「不正で不健康な」体制も改善されるべきです!
                 i:;::::l::',:li oヽ`ヾi. Y'o゙リ、:::::::::::iー=ヾ
                / lハ::::',i゙ー"   ′ ー" i:::::::::ヾ、
           rイ ̄'",ニ、!:::::i.    . .     ,':j::lヾヤ-、_     今や上から作られた書記局装置のなかに
         / |   l lサ!::iヽ   . --、  ,.イ::l!';:l    ,ヽ    あらゆる糸が集中され、
         |〉 !   | l八゙! \  ̄ .ィ' /i! i '!   i i    一般党員の政治参加は幻想となりました。
         /< ';,.   l | ヽゞャ-、`=ン _ソ, ! i    ,' ヽ
        〉ヽ-`' i!/``iー',  ``-ニ_--‐'ニ-' ,'  / i  / i i l   書記局官僚主義を排斥し、
       /  ' , ,,,i'´!、 l- ヽ=- -‐-;'''´       l  , ' ,' .i   党内民主主義を作り上げるべきなのです!
        /   ゙l i  'i j/  ,..-‐' ̄         ! /   |
      /     ll、ヽt,ケンェ‐'´            ,!'    .|
.      i┴、>ニ ン`''=ーン´ヽ             /ヾ!ー,-,ン.i
     リンニ--/    , '   ヽ           /  |、-‐'´  i
    /r'  ii"     /               /  l  、   i
   く lハ l:l    イ \          /  /  < ミ、、`ー.k
    |.   l::',  /シ          , '  , 〈   ノ゙ -ー、-ヽ.i
    !、   !、::ー::k ヽ        '   , ' メ、  ノ    `ヾ,!
     `ー-、_ニィ_ 、 ニ ー   '''' ーー '  , - .メ∠、.      /

これは、明らかにやる夫とその協力者に対する「告発」であった。

447◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 23:30:38 ID:/vKfvSuQ


さらにその一週間後、トロツキーに同調したピャタコフ、プレオブラジェンスキーなど
著名な党員46名からなる反対派が「46人の声明」を発表、経済政策と共に書記局の権威主義を批判する。


|::::\:::::::::::::::::::::::::ヽ__::::::: : |
|:::::::' \::::::::::::::::::::::::\ ̄ !
|:::::::::',. \::::::::::::::::::::::::\ .|
|\::::::',─‐`<::::::::::::::::::::::::|
|  \:::',   __>‐┬─‐ !
|   `>ィ⌒ヽ.  |⌒ヽ|
|'''‐t‐ィfエツ   }  |   .!
|   ____, ´  .}‐ ´ .!        i|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::/7゙/ー‐-ヽ:::::ト、ヽ、:::::ヽー、 ヾ、._:::::::::::::::::::::|::::i::::l::|:::::::::|i
| ゙゙゙゙゙゙~         ,'   .|        !|:::::::::::::::::::::::::::::::::::/イ-'"´_`ヽ、::.. ゙、::::l ゙ヽ、゙ヽ、ヽ,.-'"´_`丶、_:::::::::::l:::::|::::l:|::::i:::::l !
|__,           /ー' ..|       l |::::::::::::::::::::::::::::::ノ< ( (::::::) )::::::.. ヽ、゙、 `..:::::゙ゝ {'(:::) ) ゙>''ヽ、|::::i|:::||::::|!::::| |
|            /    ,' |        | i:::::::::::::::::::::::::::l' / ゙ヽ、`‐-'"ノ::::::  ..::::ヽ:ヽ ..:::::::ヽ. ヽ-‐" _ノt  `l:::::l|:::l|::::|l:::::| l
| ̄゛       ,'    l |        ! |:::::::::::::::::::::::::::|ノ ..:::::::`゙¨"´:::::::::::::::::::::::::::::゙v  :::::::...`゙ ̄"´``...   l:::::l|::::|::::|i:::::::i !
|─        /     l |      l !:::::::::::::::::::::::::::i   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    ::::::::::::::      |:::::l|::::|::::l|:::i::::l |
|       ./|─ュ_   / ,!      ! |:::::::::::::::::::::::::::::|    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                i:::::ll::::i:::::l|::::|::::| i
|    /  .!/ l  / /.!      | !:::::::::::::::::::::::::::::i          :::::::::::::::::              l:::::i|::::l:::::i::::∥::l l
| ̄ ̄   /   .|   ̄ |      l |:::::::::::::::::::::::::::::`l           :::::::::::::.               /:::::::!::::|:::::|l::::i|::::iノ
|┬─… ´    ├──..|       !::::::::::::::::::::::::::::::::::i            ‐、 -            /:::::::::|::::l:::::::l::::||:::::|
||       /    ..|      |::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙、             ....            /::::::::::li:::::|::::::il::::l::::::|
||       /  , ──..|       |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ         .-二二‐、         /::::::::::::l|:::::i:::::::|::::i|:::::|
||   __./  ィ=三三三.!       !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、       ‐──‐          ,イ:::::::l:::::::i::::∥:::::l:::::|:::::|


反対派がついに反撃の狼煙をあげたのだ。

448◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 23:31:37 ID:/vKfvSuQ


        .____
     ;/   ノ( \;
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;     なんだお!?
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;    この分派主義者どもが!!
 ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;   やる夫の書記局に文句あんのかお!?
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;


           /l     、
         / |,,_   / l
        /   :::::::~-'  l
       /   ::::::::::::    l
       /  「●」::::::::::::::  |    トロツキーめ、ついに動きおったか。
       l   :::::::::::::「●」  |
      |   ::::::::lゝ::::::::::  |    徒党を引き連れてくるとは・・・
     l   ::::::::::::::::::::::::::  |   党内分裂は回避せねばならんが、
     |  ::::::::::::::::::::::::::::::::  |   ここで奴らの挑戦に尻ごみするわけにはいかぬ!


                __,,..-‐‐‐-、_
               ,ィ´ィ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::ヽ
              l i'´ ゞ、:.:.:.:.:.:.:.:.::::`,
              ヽn____v'´'i::::::::::::l
               ノリ    リノ::::::::ゥ´      レーニン後の新体制固めのためにも、
               `l__   rゝ:::::ソ
             .  l   /: : :l        ここで反対派を突き崩さねばならない。
                ゝ=ニニ--‐‐ュ
               _,,-d三二彡".::::`'‐、     やはり、闘うしかないだろうな。
             ,r'´/ l,.ィ'´:.:.:.:.:    ヽ
           / ,r´  l:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.
           ゝ ト、,  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::l
            `'ィ'´`'-‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::l
            l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::l

449◆J7qCZtZxmc2012/03/09(金) 23:32:44 ID:/vKfvSuQ

今や、三人組みの前にトロツキーを筆頭とした明確な敵が出現した。両者の激突は、もはや避けられなかった。
      ./     ./〕/  、 ト、             l    V::::     ヽ
     /     ,イ././´    V  ミー-ミ         |    __      \
      | イ   | |'            __  ヽ       リ      _ ヽ   /ヽ、
      |{ マ  .}           _. -¬   Ⅵ >ミ、 ./     /;;;;;;;;;\V ヽ/;;l
      |! \ :| ,、     、 x≦三ミx:==キ7  }  {     ヽ.;;;;;;;; 丿 =-ヽ;;;/
        ゝヘ _>-ミ、__T  〈 の :||   i"   リ  l           ̄    .,丶
          f「ヽ 〈_延厂`L__二...ノ'      ./  l          i    _   `ヽ
            マ、ノ__ノ}             / 彡'        i'   r' ,..二''ァ,/
            ヽ!   〈 _ ,、         fーく/             /''"´ 〈//
             ヽ        _, ヽ    ′ .           ;:   !    i {
             、  ,.. -ニ= '     /    「 ツ{        ; . |     |!
              、  ` ̄_      /    / 〈 ̄\ .    ;   | ,. -、,...、|:l
              ゚。         /  ィ ´  . ノ:::::::::      ;  i   i  | l
                    }、   _.... ='- ´   ィ´:::::::::::::::::.     ;: |  { j {
                  > T        ィ ´::::::::::::::::::::::        : `''''ー‐-' }
          
      / ̄ ̄\    γ⌒))⌒) ))
    /ノ( :::\:::/::::i  / ⊃    ゞ
   / ⌒( ●)::::( ●)\ ∩⌒)彡⌒)                ┏┓   ┏┓
   |      (__人__) 〃/ ノ                    ┃┃  ┃┃
   |      |r┬-|   / / ))    γ⌒))⌒) ))        ┃┃ ┃┃
   \::::::;:::....  `ー'´  _/( ⌒)ミ⌒) _/ ⊃           .┃┗┛┃┏━━┓   :::::::r;:、:::::::::::::::::::::::
   / _ ̄""   / \/ /    __ノノ  ))           ┗━┛ .┃┏━┛   ::::;ム、ヾ、:::::::::::::ト、
  (___)    /      ))                         ┃┗━┓  ::::!i::::}ヽ、ヾ、:::::::;ヘ 
                                            .┏━┛┃  :::バ¨  `  ヽヾ、:ヽ、`ー、
                                            .┗━━┛  :::::!゙=="   ヽ ヾ、 、__
                                                    :::::i    i      `ヽ ̄   !:::ハ::::::::
                                                    ::::::!    ノ             i:/ ';::::::
                                                    ::::::',   〈   __         !/ ハ:::::::
                                                    ハ:::::',   `ヽ           i! ,/: : ヾiヾ:
                                                    ! ヾ::;:ヽ   -、_        ,/   !:!
                                                    .!   ヾヽ,    二 ̄`    /::     i!/
【第十九話 鋏状危機 終わり】                                      ヽ!ヽ、      .,.ィ´: : : :    レ
                                           第二十話 落日の巨星 に続く・・・

45010スレを超えた安価スレはEX板へ移動を2012/03/09(金) 23:35:32 ID:WWOuGocU
乙です
レーニンは行ってきた業が自らにまわってきたとはいえ、報われなさすぎだろ・・・

45110スレを超えた安価スレはEX板へ移動を2012/03/09(金) 23:36:27 ID:Tx9WRTM6

楽しい権力闘争の時間だ

45210スレを超えた安価スレはEX板へ移動を2012/03/09(金) 23:36:28 ID:9f2mg4oI
乙乙! もう笑うしかない惨状だな

45310スレを超えた安価スレはEX板へ移動を2012/03/09(金) 23:36:31 ID:BfkIV4Es
乙!
いよいよ激突なんですねぇ・・・
わくわくしてきましたよ~(ゲス顔)
俺らもこの政争を見とけよ見とけよ~

45410スレを超えた安価スレはEX板へ移動を2012/03/09(金) 23:37:25 ID:U9cNqHOo
オッツオッツ
こんな段階に入っても未だにやる夫の猫かぶりを見抜けなかったんか

45510スレを超えた安価スレはEX板へ移動を2012/03/09(金) 23:37:41 ID:H6DXNFJs
同志>>1Ура!
やる夫なんかじゃなく○○を推していれば…と言いたいけど、○○がいない現実

45610スレを超えた安価スレはEX板へ移動を2012/03/09(金) 23:40:48 ID:CfnjKA3w

自業自得なんだが彼の末路は死んで終わりじゃないからな

45710スレを超えた安価スレはEX板へ移動を2012/03/09(金) 23:44:48 ID:3Vvpb0m.
同志>>1ウラー!
これが、30年代の恐慌を乗り切る工業国家になるとはねぇ……

45810スレを超えた安価スレはEX板へ移動を2012/03/09(金) 23:46:44 ID:CfnjKA3w
このグダグダっぷりから立て直して結果的に超大国に仕上げたやる夫はやっぱり怪物なんだよな・・・
とった手段と犠牲が凄まじすぎて偉大とは一概に言えないが

45910スレを超えた安価スレはEX板へ移動を2012/03/09(金) 23:47:58 ID:kYXhQozs
乙ー。

46010スレを超えた安価スレはEX板へ移動を2012/03/09(金) 23:53:26 ID:oyl82bA6
みんなトロツキー推しだったら>

46110スレを超えた安価スレはEX板へ移動を2012/03/09(金) 23:53:45 ID:oyl82bA6
畜生、またハテナボタンうちそこねた

46210スレを超えた安価スレはEX板へ移動を2012/03/10(土) 00:56:04 ID:zRQtw99k
乙でした。


元スレ
やる夫は赤い皇帝になるようです 第五次五ヵ年計画
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1329652925/







>>URL

No title

レーニンも存外虐殺者だけど、それでもスターリンに比べれば優しい統治者なのがこの世の不条理を表してるようだ。

Edit | 2012/03/10(Sat) 17:44:36

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。