ホーム

Admin

SITE MAP

Cut

Res

ブックマーク

RSS

MAIL

PageTop

PageBottom

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログパーツ Category: スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-)

2012/02/12(Sun) 10:12
282◆Xmxilj6xKU2012/02/11(土) 22:50:33 ID:SVLr6vio





                解説編
                ̄ ̄ ̄ ̄




.

283◆Xmxilj6xKU2012/02/11(土) 22:51:21 ID:SVLr6vio



                            (((  /⌒\
                               /     \
                              /         \
                              /            \ ___
          →                  /           / ー  ー\
                         (((  /     入     /  (●)  (●)
                            /     / ヽ、 /     (__人__) \
                           /      /      |       ` ⌒´   |
                      ───´      /      \            /
               (((  と_______ノ          \______/



         モディリアーニ、1914年について
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


.






アクセスカウンター
安眠グッズ通販カラコンジュエリー市場
284◆Xmxilj6xKU2012/02/11(土) 22:55:03 ID:SVLr6vio



    ─────────────────────────────────────────
     モディリアーニの体調が悪化する。


     1914年、八月、第一次世界大戦が勃発。

     モディリアーニ自身も、兵士として志願するが免役される。(肺病みだったからか?)


     戦争が始まって直ぐ、アレクサンドル博士は軍医として召集され
      以後、モディリアーニと再会する事は無かった。


     英国から来た女流詩人でジャーナリストだった、ベアトリス・ヘイスティングスと出会う。

     恋仲と成り、二人はベアトリスのアパートで同棲する。


     最初の画商である、ポール・ギョームに出会い、契約を結ぶ。
    ─────────────────────────────────────────


     1914年。 モディリアーニ、写真中央。 右の軍服姿の人は、これから戦場に発つ人らしい。
     


.

285◆Xmxilj6xKU2012/02/11(土) 22:57:53 ID:SVLr6vio



       , ⌒ハ           ハ⌒ 、
       j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
      ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
      ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
       Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ           1914年、アメデオ・モディリアーニ。
         リ::::::( ( ●) (●::(
   .      ハ::::ハ  ,,  r‐ァr‐- 、)              大体、30歳くらい。
          ) ) )、    ̄ノノ入 \
         (,(.( ' ヘ   `i_,ノ{_ / 二ユ.          三十路と云うのは、色んな意味でも人生の節目よね。
          ノ/):{ヘ \./ lノ((V。  \
         ∧: :ト-ゝ\/ \ノイ: 人 。   \       もう若者ではないし、腰をすえる時期でもある。
         | `` l \ }^{|イく  \     \
         |    |   ヽ V  /ー‐|- \   !     当然モディリアーニにとっても区切りの年だった。
        〈     卜、  ∨ /:l   |   \   /
         Y    i:::::\ }/:::::ー::イ     ̄
          |   l    \{      |
          |   |     o    |



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      .     / /" `ヽ ヽ  \
          //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ \   _ノ リ| l │ i|
         レ!小l( ●) (●)从 |、i|
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ
      .     ヽ、  ゝ._)   j /
             ヘ,、 __, イ
        r ヽヽ:::::::|ヽ`ー'1ーヽ、              ふんふん・・・
        |  V:::::::::::∨yヽ/:::: /,1
        ! ノ {:::::::::::::: ヽ/::::::::: y i              つーか投下頻度、空き過ぎじゃないかお?
      .  |⌒`'、_:::::::::::::::::::::::::::::::: } !
       {     ̄''ー=ム::::::::::: ィ. i
        ゝ-,,,_____)--,, /
          >:\__      ィ
          |ヽ:::::::::::::::::"'ー‐-'


.

286◆Xmxilj6xKU2012/02/11(土) 22:58:50 ID:SVLr6vio



          1914年と言えば・・・第一次世界大戦が始まった年ね。

          ・・・実は。 私は、この戦争について不勉なのね。

          だから余り詳しくは解んないのよね。

          ごめんね。


                 , ⌒ハ           ハ⌒ 、
                 j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
                ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
                ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
                 Yyノ ノ :ノ...:ノ  ⌒ ⌒ ::::::) ルリノ
                    リ:::::::(( ●)  (●::(
             .       ハ::::::ハ  r‐ァ  リ) )
                     )::):小   ̄ _ノくハ(
                    /⌒   り ∧ ' ).),)
                    /   ノ   Y  ,‐ '´ ̄ ̄`ヽ、 _、
                    |   |  ...... /       ヾ  \
                   /   /..:::::::: // ハ, ' /   ヽ、   ヽ
                   \/ | ::::::: 〃/ ソ ,/, ,       i|
                    |  |    レ! ノ lノ/ 从   ノ 、  i|       何で、上から目線なんだお・・・?
                   ノ\  \   (  ソ ノ ノ\  リ リ |ノ
                  ./  ヽ\ \  ヽ、U iノ lノ / 从j
              >--/   、_ \ ー--くゝ .__ . -‐/イ ヾノ
             / _|/  / / i    ー-JJJ::::::::::::::::::::::::::::::\
            /  ゝ / |  ヽ    /  ハ.::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:|ヽ.
          / ̄\  /\_ /___.|__/    /|::::::::::::::::::::::::::::::.:.|  |
        r/ へ/ \ /     / /    /|::::::::::::::::::::::::::::  |  >
        / /\へ  {   >-――/\_ /::::::::::::::::::::::::::::::::://\
        |  ̄/   \   uuu----ヽ_/\::::::::::::::::::::::::::/ \ /
         ̄ ̄     ̄ ̄            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ̄


.

287◆Xmxilj6xKU2012/02/11(土) 23:00:24 ID:SVLr6vio



     20世紀初頭。

     当時、ロンドンに次ぐ大都市だったパリは何時でも戦火にさらされる危険があった。

     パリ上空をドイツ軍の戦闘機が飛んで、空襲を加えていたのね。

     これはパリ陥落を目的とした主要建築物を狙ったものだったけれど。

     爆弾はパリ郊外の芸術家の街、モンパルナスにも落ちてきた。

     実際にモンパルナス墓地が爆弾で、吹き飛ばされたとか。


       ,,、‐;::: ̄`丶 /                      /:: ̄::::‐;、
      /:::::::::/ ̄,/                       \:.:. ̄\:.: \
    /:::.:::.:/ ::::/ :::/::/:/.:.:.:./.:.:.:.:.:.:./   \ .:.:.:,ハ.:.:.:\:.:.:.:.:.:.\:.:.:. ヽ:.:.: ヽ
    :::::.:::.:/ :::::::,' :::イ.:.:/.: /.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:./ .    \.:.::::ヘ.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:. \:.:. `、:.:. l
    :::.:.:::,' :::::::,´::::/:.:.:/.: /.:.:.:./ .:.:.:. /       \:::::ヘ.:.::.:.',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:`i:. l
    :::.:::/ ::::::イ.:,::/.:.:.:.:.::./.: / .:.:.:. /.          丶.: ヘ.:.:.:.:',.:.ヽ.:.:.:',.:.: ',, l:. |
    :::.::' ::::::/.:〃.:.:.:.:.:|: |/ :.:.:.: /___      ー  -\_':,.:.:.:.:|、 }.:.:.:.|.:.:.:. l:. |
     :.:.:.:./.:.:.:|.:.:.:.:.: /--―/__, _          ァ‐  -ヽ\-|::V.:..:.:.:!.:.:.:|:|:. ハ
    、 ヽ_,'__:j_,.イ.:.__,. -‐''z ニ_二.ヽ        ´ァ',二'_ ニニ 、:::::::::!.:.:.:.:.|.:.:.:|:|:. l
    ::ヽ,イ.:  ̄ハ ̄ ̄.|.:ヘ く´ ,仁ニニY ヽ_      '´ 仁 ニハ `7:、ソ.:.:.:.:.i.:.:./:.:|:. |
    /,ノ.:/.:.:::::',.:.:.:l:.:.l::::|ヽ. ゝ._,.=',, - ',ハ ̄¨' ‐-、ゝ =、ムイ |.:.:.:., イ.:./:.:.:l:.:ノ
    . //.:.:.: :: ヘ.:.:.:l:.∨|   ー―''´   \}        ̄ ̄    |::::|::::!ノ:::::: l/
    //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l :.:::l :::.:|   -`-                    ;l::: l::: |:::::: リ
    /.:.:.:.:.:.:.:.:./ .:.|::::::l::::::|        ______        /|::: |::: |:::::ノ::ノ
    .:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.: |:::::::| ::::|、        \_二二_/       /::::|::: |::: |::/
    .:.:.:.:.:/ l :::::l :::::::l ::::|:::ゝ、       ==           /ノ:::::|:: l:::: |
    .:.    l ::::::l ::::::::l ::::l:::| \               ,.イ:::| l::::::|:: |:::: |
         l :::::::| ::::::::| :::|:::|   \          /  |:::| |:::::l::: l::::: |


.

288◆Xmxilj6xKU2012/02/11(土) 23:01:25 ID:SVLr6vio



                   -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                 / /" `ヽ ヽ  \
                //, '/     ヽハ  、 ヽ
               〃 {_{  _ノ  ヽ、_ リ| l │ i|
               レ!小lo(>) ((●))゚o从|、i|
              ノ~⊂⊃ヽ____人___)⊂⊃、 |ノ    ふぉーひょくふぇんふぁい・・・
             /(_  ./.フノ   .(    .. ヽj/
            (⊃`y'´,イ ´⌒ヽ,._.,,>  /フ_,!
            (⊃  ... i.ヲ    ,,   / ..ハ \
           /, ⌒ハ      ハ⌒ 、 ..( . 'y´⊂)
          . j::::::::: ,:: ⌒Y ⌒/ .:::::: i  rヽ  .⊂)\
          ノノ::::::::( ..:::   ヾ)':::  i | ..\ ..ノ\ノ     さて・・・フランス軍の、お話ね。
          /ル:::::γ::::::    ノy: :リ |  |  |
        .../ Y ノ :::::::::::::    :ルリノ `、. |  |        多くの国民が徴兵されたんだけど。
        /  /  {:リ::::::::::::::    (   `、.|  |
        /  ム_(::::::::::::::      )\   |  |       フランスには、外国人部隊とか言うものがあって。
        i____),(.( ル リ ル いノ ̄ ̄ ̄  ..|
               |::::       /'''──.─┘       フランス国籍を持たない外国人でも
               ヽ::::      ノ              軍の一員として戦う事が出来た。
                ヽ:::    ..l
               ノ::::      .}
               (::::::.. ,、    ヽ


.

289◆Xmxilj6xKU2012/02/11(土) 23:03:16 ID:SVLr6vio



        だから・・・

        パリで生活していた外国人芸術家でも戦争に参加する事が出来たのね。

        別にフランス人でもないのに、フランスの為に戦うなんて。

        彼らの理由は色々だった。

        名誉の為だとか、中には戦争を面白いものだと考えてる人もいた。


         ,-‐-、           ,rー-、
        j::::::::::.ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .:::::::.i
        ,ノ::::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::.i   .   、
        ル:::::リγ::..:::::..:::.:..ヘ、: : : :: ノy:::::リ  .;. '⌒ .、
         Yyノ ノ :ノ...:ノ _ノ   ヽ ::::::) ルリノ ; (、   ノ      人間って悲しい生き物ね。
           リ::::::( ( ●) (●::(   ;ソ ;ノ '_ー´
      .     ハ::::ハ  ''  r‐ァ リ) ) 彡 ´ ″          やる実も、そう思わない?
            ) ) )、  ⌒ ノくハ(
                    | ̄ ̄( ̄\
                    \_/| |



                                         (
                                          )       )
                                     (    (       (
                                     )     ,. -‐''´ ̄`ヽ、)
                                     (  ./ _、      \
                                      / /"  \ 、 \  ヽ,
                                     .′ ′       ヽ|  ハ  i
                                     } / ー'  `ー リl!  |   |
                   ・・・・・・・             |,イ i(●)   (●)从  i|   |
                                      )ム⊃、,、_,⊂⊃ リソノ/イ
                                      ´ ゝ.. ___,,..ノ´7⌒ヽ
                                       /´¨1 「`ヽ/:::/ ,  i
                                        |  }_ゝ  ∨ ,′ |
                                       入.フ:::::::::::\ `ヽ.  !
                                      乂__ノ:::::::::::::::::\   .,'
                                        `ゞ:::::::::::::::::::::` ーイ


.

290◆Xmxilj6xKU2012/02/11(土) 23:05:50 ID:SVLr6vio



     多くの芸術家が制作を、ほっぽり出して出征する中で
      モディリアーニも戦争に行くことを望んだけれど、兵役不適格者として断られている。

     多分、虚弱な身体と不健康な習慣が原因だったのだと思う。

     モディリアーニが戦争に関心があったのかは、定かではないのね。


     逸話によると・・・

     ある時、飲み屋でモディリアーニが軍服を着ている人に
      「貴方の仕事は?」と訊ね「軍人だ」と答えが返ってくると。

     「それは汚い仕事だ」とモディリアーニが一喝して、逆上した相手に殴られた。

     ・・・なんて云う、お話もある。


      /: :ヽ   ,.-‐' ´フ^ヽ,`イ´ヽ,.ヘ /`l
    . /: : :. :!/: : : /: : : : : ,: : : ,:ハ´: : :ヾ l、
    / ̄: :、,/: : : : :/: : : : : /:/: : :,' ', ∧l: : ` ヘ
    :.:. : : .:/``; : :/: : : : : ,': :l: l l゙‐-‐ | l: :: :: : ',
    : : : :..,'.: : : : :,'.: : : : :, l ,斗ト|   ト-、l:,: :ハ
    :: : : {`'; : : : |: : : : : l |: :ハ ハ|   リ |. l | : :l|
    : : : :ト- 、_:.:.|l : : : : l | | '-' '   ' |/r',' 乂
    :./: : l: :ヽ: :`ハ: : :ィ/|r ̄ ̄    ' ̄r::ノl:ノ ヽ         戦える人は皆、戦場に行っているのに。
    ハ: :,/ l : : !ヘ:γ|∨:| =≡≡  ≡≡l |/    ゝ
    丿/  l,: : /ヽ乂', ^|U     `   ',!             いい歳した男性が軍服も着ていないで
    : /   i.,':::::/lハ .、', |     _   _,ノ|              パリの街を歩いていると白い目で見られたとか。
    (    ,'::,':/ハl,'-‐ヽ|ィ`ニ、r‐、‐ T´|
      /: : /ノ レヾ,  | ',.=ニ|  /ス|丿
      ,'.: :/ノ / ` '、 ',  | // ハl
     _ノ:/( /   ',`ヽ、ト'/レ'/   |


.

291◆Xmxilj6xKU2012/02/11(土) 23:08:06 ID:SVLr6vio



     戦争が始まると、美術市場は混乱し収縮した。

     画商は店を閉め戦場に行ったし、正直、作品を売買したり発表している場合ではない。

     不況の時代ね。


     故郷の家族はイタリアに帰ってくる様に求めたが、モディリアーニは帰らず。

     また、戦火の煽りを受けて母が息子に送っていた僅かな仕送りも滞ってしまっていた。


          , ⌒ハ           ハ⌒ 、
          j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
         ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
         ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
          Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
            リ::::::( ( ー) (●::(
        .    ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ))〉
             ) ) )、   nl^l^l (
            (,(.( ' ヘ  「   ノ:::))
            ノ/)`   ヾ ヽ く 、
             ,'   ノ    Y ヽ  \
             l: ( ......    .ヽ、_)
             .ヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ


.

292◆Xmxilj6xKU2012/02/11(土) 23:10:15 ID:SVLr6vio



     モンパルナスのカフェには戦争にも行けない、貧しい芸術家達が取り残されたけど。

     多くの若き芸術家が戦場で生きるか死ぬかの思いをし、青春を消費して
      そして戦争に行ったきり戻って来なかったりする中で。

     パリに留まったモディリアーニは作品を制作し続け、ある程度の文化的な生活を送る事が出来たのね。


           , ⌒ハ           ハ⌒ 、
          j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
          ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
          ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
          Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
             リ::::::( ( ●) (●::(
         .    ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )
              ) ) )、    ̄ノくハ(
             (,(.( ' ヘ ∩ ノ ⊃
             /     ./ _ノ
            (.  \ / ./_ノ │
             \  “ /___|  |
         .      \/ ___ /



                      , -‐ '´  ̄ ` ヽ、
                    /  /" `ヽ ヽ   \
           .        /  /     ヽ ヽ  、 ヽ
                  /  {_{ ,   ー- リ ヽ i i.
                  |l i ルl ノ   (● )从 ト、リ
                  レ l ハ( ●) ,、_, ⊂⊃|ノj        ふーん・・・
                   ソ ヘ⊃  `⌒    / /
                    レ' ' ゝv-、_  ,.イ/
                   r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
                   {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1


.

293◆Xmxilj6xKU2012/02/11(土) 23:14:33 ID:SVLr6vio



     さてと・・・

     第一次世界大戦が始まって直ぐ、モディリアーニのパトロンだった
      ポール・アレクサンドル博士は軍医として動員されている。


     それより以前。

     1913年に、アレクサンドル博士の弟だったジャン・アレクサンドルが結核で病死しているのね。

     同じ頃、モディリアーニはラスパタイユ通りのアトリエに移っている。

     アトリエが博士の家から遠くて、また家庭事情のゴタゴタも有って
      モディリアーニとアレクサンドル博士は少し疎遠に成っていた。

     そして、一年後の世界大戦の開戦が二人の仲を完全に裂いてしまったのね。


                        , ⌒ハ           ハ⌒ 、
                        j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
                       ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
                       ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ ,:┐
                       Yyノ(::. ::.ノ ノ    ヽ、ヾ:::::( ノリ/ |
                          ヽ:::( (●) (●) ):::::ノ/    /
                           ( (i   rー r-、) )`/   /
                           )ハゝ    ̄ ヽ |(/ :/',
                           ((::::ぃ>   ハ  l_/_, -‐、',
                           ノ/)!:) ,ヾ ソ │  / , --'i|
                           l/ ノ  Y  {  V , --ヘ
                           / ( .....   ...ハ  L| r= |
                         /   ::::::::  ::::: ハ. └' /


     アレクサンドル博士は戦争終結まで戦場に残り、それからパリに帰って来るのだけど。

     パリに戻ると博士は結婚して所帯を持った。 その後、家庭に納まり医師として働いたのだと思う。

     戦前は芸術愛好家だったけど、ボヘミアン(芸術家)達と交流する事も無くなった。

     そして遂に、モディリアーニと再会する事も無かったとか。


.

294◆Xmxilj6xKU2012/02/11(土) 23:17:08 ID:SVLr6vio



     アレクサンドル博士は、後にモディリアーニを回想し。

     「とても育ちの良い青年だった」

     「モディリアーニは、一度として酒と麻薬が効いた状態で絵を描いた事は無い」

     「モディリアーニの真の顔は、彼について詳細に語られる
      くだらない噂話のなかではなく、彼の作品のなかにこそあるのです」と語っている。

     また、博士はモディリアーニの贋作についても糾弾している。

     「モデイリアーニの作風は一見すると特徴的で模倣し易い様に思えるが
      それは人物の内面への深い観察で成り立っているもので、どれが贋物なのかは一目瞭然だ」と述べている。


         , ⌒ハ           ハ⌒ 、
        j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
        ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
        ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
        Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
           リ::::::( ( ●) (ー::(
     .      ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )
            ) ) )、    ̄ノくハ(
           (,(.( ' ヘ   r' :.ノ:::))
           ノ i⌒\ ,__ (‐- 、
            l,\ 巛ー──;\
            .|: `ヽ-‐ー─く_)


     モディリアーニ作「ポール・アレクサンドル博士の肖像」 1913年。
     


     戦争が始まる一年前。

     これはモデルを見ずに、想像だけで描いたものらしいわ。 何となく彫刻的ね。

     1910~1913年の彫刻家時代に於いて、モディリアーニが描いた肖像画は二点のみ。

     いずれも、アレクサンドル博士の肖像。

     感謝の念から・・・かしらね。


.

295◆Xmxilj6xKU2012/02/11(土) 23:17:59 ID:SVLr6vio



     贋作(がんさく)とは・・・


     他者を偽る意図をもって絵画、彫刻、書などの芸術品や工芸品に似せて模倣品を作成すること。

     またその作品のこと。

     これに対して本物の作品のことを「真作」(しんさく)と称する。


.

296◆Xmxilj6xKU2012/02/11(土) 23:19:09 ID:SVLr6vio



         一寸だけ全体的な、お話になるけどモディリアーニは贋作が多いらしい。

         本人と同時代を生きていた、どっかの画家が言うには・・・

         モディリアーニの絵画は全部で350点前後。

         その内で自分が記憶するモディリアーニの正当な絵画は180点。

         半分は贋物だ!、との事。 どこまで信じて良いのやら・・・


            , ⌒ハ           ハ⌒ 、
            j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
           ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
           ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
            Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
              リ::::::( ( ●) (●::(
        .     /ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )`,
        一一一 ( ̄ ̄ ̄ ̄)一一( ̄ ̄)一一一一一一一一
               ̄ ̄ ̄ ̄      ̄ ̄  旦



             x‐―≠ ̄ ̄ ̄へ
           /  / ,   ′ ヘ 丶
          /   / // /N\  ヘ  ゝ
          / / i/ /ノ    \  l\i
         /     i二二二   ニニ\||
         | \  l|Tマ::::::フ|   |Tマ:::フ|
         \   N ゝ 二ノ    ゝ二ノ         贋作かお・・・
           k ⊂⊃⌒ (___人_)⌒0
             ヽ          ノ         やっぱ、お金になるのかお。
              >‐―   ―<
             /   `ー---′  ヽ
             /       .、   v |
            |  y     }     }|
            |  |\__ノ   ___ノ |


.

297◆Xmxilj6xKU2012/02/11(土) 23:22:54 ID:SVLr6vio



           , ⌒ハ           ハ⌒ 、
           j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
          ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
          ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
           Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
             リ::::::( ( ー) (●::(___
         .    ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )__   )         話が逸れたわね。
              ) ) )/⌒,  ̄ノくハ(/  /
             (,(.( '  /  い ノ:::)) /
             ノ/)/  /ヾ ソ ̄(( /
              ,' /  /   Y    Y
              l:  /......    .....  i
              |,/.. ::::::::   ::::: .ノ


        モディリアーニ本人と同時代を生きていた、どっかの彫刻家が言うには・・・


        1913、14年、当時モディリアーニが住んでいた
         ラスパタイユ通りのアトリエは中庭に建つ、みすぼらしいあばら屋で。

        アトリエとも住居とも言えたものではなかったがモディリアーニは、そこに住み制作していた。

        アフリカのマスクからインスピレーションを受けた細長い頭部の彫刻が9個、10個
         さらに立像が1体、それらがあらゆる場所を塞いでいた。

        夕方になると、それぞれの彫刻の天辺に蝋燭が灯されていた。

        まるで原始的な神殿の様であった。


.

298◆Xmxilj6xKU2012/02/11(土) 23:23:57 ID:SVLr6vio



       , ⌒ハ           ハ⌒ 、
      j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
      ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
      ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
      Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ      さて。
         リ::::::( ( ●) (●::(
         .ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )          この頃のモディリアーニの作品について・・・
          ) ) )、    ̄ノくハ(
         ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、          1913年以前、それまではモディリアーニは
         ,'  ノ    Y    ヽ          頭部の彫刻ばっかり制作していたんだけど。
         l  λ ....  r――'' ̄ ̄7
        |!  ヽ (( \|!      /       次第に、頭部像から女像柱へに変化しているのね。
         j::.l::.  ⌒ーァ|l  シリョー /^}
         |::.:.\:.   ||     ./_¨´



                                          . -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                                         / /" \    \
                                        // /       ヾ.    ヽ
                                       〃:{_{ ─   ─ マ    i
              柱?の彫刻かお・・・           .  レ!小l(●)  (●)从 l|   |
                                       _リハ⊃ 、_,、_, ⊂⊃〃  人
                                     /´ ー-(巛`ヽ-r─-、--─一'  ヽ
                                     {_ _      ヾムノ_ _     }


.

299◆Xmxilj6xKU2012/02/11(土) 23:24:53 ID:SVLr6vio



       カリアティード(caryatid)とは・・・

       頭上のエンタブラチュアを支える柱の役目を果たす女性の立像。

       複数形はカリアティデス(Karyatides)。

      


.

300◆Xmxilj6xKU2012/02/11(土) 23:26:46 ID:SVLr6vio



       ,-‐-、           ,rー-、
       j::::::::::.ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .:::::::.i
      ,ノ::::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::.i
       ル:::::リγ::..:::::..:::.:..ヘ、: : : :: ノy:::::リ
       Yyノ ノ :ノ...:ノ _ノ   ヽ ::::::) ルリノ
          リ::::::( ( ●) (●::(
     .     ハ::::ハ  ''  r‐ァ リ) )
           ) ) )、  ⌒ ノくハ(
          (,(.( ' ヘ   (´ ノ:::))
          ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、    /
          /   ノ    Y   ヾ.  /
          |  ( ......    .....  i/
          |  ヽ::::::.   .:::: .ノ
           ヽ   `ー──--r'う
            )`ー───、)))  旦
               /


    モディリアーニ自身は、ギリシャ神殿とかでカリアティードの実物を見た事はない。

    人伝てに聞いたか、本や写真を見たのか?

    頭の中で想像を膨らまし、自分もカリアティードを制作しようと考えていたのね。

    1913年には、カリアティードの素描や水彩画が多く描かれている。

    これらは彫刻する際の設計図みたいな意味合いもあったらしい。


    モディリアーニ作「カリアティード」1913年。
    

    

    

    


.

301◆Xmxilj6xKU2012/02/11(土) 23:30:26 ID:SVLr6vio



           逸話によると・・・


           戦争が始まった頃の、ある日。

           ピカソが美術蒐集家の青年と共にモディリアーニのアトリエを訪ねた。

           蒐集家が、赤いカリアティードを描いた線の美しい大きな水彩画を気に入ると。

           ピカソがモディリアーニに値段を聞き。

            モディリアーニは25フランと答えた。

           蒐集家は水彩画を抱えて、帰っていった。


                  / `ヽ _, . -―=―- 、__ , イヽ
              __∠: : : /: : /: : : : :`: : '⌒ヽ、: : :}
              |: : : : : :.イー:/: : : : : : : /: :ハ : : : :ヽ ヽ
              |: : : : f: : :/: : : : : : : : ; : /゛"i : : : : :ヽ }
              |: : : : |: :/: : : i : : : /: : : : |   | i : l : : :.Y
              j: : : : | 〉 : i : | : : イ.:.: ; : :.|   | l : :} : : : }
             ノ: : :イハ' : : l : | : ハ : :ハ: :.|   |イ: :イ: :}: :|
           , ィ´ォ: ´ ノ /: :ヘ:| : | /  ヽ{ ヾ{   リ|/ .l: / : |
          .イ iノ :/  ./; イ;-、: :ハ{ ┃       ┃ |/: :ハ|
           |: :/    ' |: {  ヾ.   ┃       ┃ |: :ノ l         ・・・とか。
           ヽ{       |/ ヘ 、''          ノレ
            `     リ从: : : > 、  ‐ _ , イ{
                 // ヾ: : ハ トミ ̄イ|: : /: ∧}
                ソ   }ノ {/ {><}.|レヘ: /
                    ´ .|     .|   '{
                      |     .|


.

302◆Xmxilj6xKU2012/02/11(土) 23:34:13 ID:SVLr6vio



    カリアティードの素描や水彩画は多く残っているけれども。

    現存するカリアティードの彫刻は、たった一点。

    しかも未完成。

    カリアティードへの試みは、こうした絵の中だけで潰えている。


    モディリアーニ作「カリアティード、彫刻像」1914年。
    



      , ⌒ハ            ハ⌒ 、
      j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .:::::::.i
     ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::.i
     ル:::::リγ::..:::::..:::.:..ヘ、: : : :: ノy:::::リ
      Yyノ ノ :ノ...:ノ _ノ   ヽ ::::::) ルリノ      ・・・・・結論を言うと。
        リ::::::( ( ●) (●::(
    .    ハ::::ハ  ''  r‐ァ リ) )         モディリアーニは彫刻を止めてしまうのね。
         ) ) )、  ⌒ ノくハ(
         (   `ー───------r'う     1914年。 若しくは、この翌年には。
          )`ー──────、)))
          i ......   ..... i /          彫刻家を辞めて画家に戻る事になる。
           ヽ::::::.  .:::: .ノ(_rつ
           i ::::::::::::::::::(__(三)



               , /.'´ ̄ ̄` ー-
              /           ヽ
             /   /   〃"`、    ヽ
            |i   │ /    ヽハ  、
            |i   | {_{      リ    |
            レ   . 小| ―   ―从 | i|          やめちゃうのかお・・・
             レレ/レ ( ●)  ( ●)| i|
              へ、/⊂⊃、_、_,⊂⊃人|\
          r ヽヽ:::::::|ヽ`ー'1ーヽイ"  \ \
          |  V:::::::::::∨yヽ/:::: /, ̄ ̄ ̄   )
          !  {:::::::::::::::: ヽ/::::::::: y ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


.

303◆Xmxilj6xKU2012/02/11(土) 23:36:54 ID:SVLr6vio



       少年の頃からの、彫刻家の夢を諦めてしまった理由をモディリアーニ本人は明かしていない。

       認められなかったとか(まったく認められなかった訳ではないし、少しは彫刻作品も売れた)。

       彫刻制作する際の粉塵により肺をさらに傷めたとか。

       そもそも、精力的に彫刻制作したのは最初の一年だけで、その後は惰性で続けていた。

       モディリアーニの彫刻が頭部ばかりなのは、全身像を彫り込むだけの体力が無かった。

       ・・・なんて話もある。


        ,' ⌒ハヽ、,_r - -¨⌒`へ _,、,ハ⌒ 、
       ノ....:::::::::.%〃:::::::::::::::::::::::ヘ::::::::::::ヽ`ヽ:::::::::::ハ
      i...:::ィ::::∧::::::::  ::_::::::::,::::ハ:::::::::::ヽ:ヽ ´丶:/:i
      ト..:::/::/::|/:::  :/´:::::::::メ:/ヽ:::i::::::: :ゝ:::ヽy::::::::i
     /.:::ノ::::リ/:::/:::::/:::/´::::/::/| l:::::l::::::::::::丶::ヽ::::::リ
     {.: 〈jYyノ::/::::イ:::::::::::::::::/|/ l:::/l:::/l::::::::i:ヽ::l:::〈
      )   |/|/:::;;/l;::/.レl/,. j  l::/l;:/ !:::::::l::::l ルリ:::、
          l:/::::l;::/.レl/,.    l/ ,l;_ l:::,::::l:::!   ヽ)
          レ∧:j:l"弋ラ``  " ヒラ``レ::i::l:Y            一番の大きな打撃は恐らく・・・
           |/::ハ''''    .   ''',!ノ:l:::l:/
           !/:::::`ト    ,、  , ':::/|:::i:|             資金不足により材料が買えなくなった事。
           l:::,':::i:::;;l:`r 、_ , イ/:::/:::|:::i:|
          :l::l/:::::l/:l;l:::l     |l::从:ノl:.:.V
         :::/ ...;;::::l:/l::l:{ヾ、  _ ソ/ ̄/'ヽl:.::ヽ,
         /'l..,ィ'´‐∧ ゞi ヘ-‐-イ/  /   `ヽ、
         /:.::{ ゝ ヽ  '⌒`V^~^V⌒ヽ   / i/ 'ヽ


.

304◆Xmxilj6xKU2012/02/11(土) 23:39:20 ID:SVLr6vio



     ただ・・・モディリアーニは。

     しょうがなく画家に戻った後も、暫くの間、自分の事を彫刻家だと名乗っていたとか。

     芸術仲間らに彫刻家の夢を諦め切れないと、ぼやいたりしていた。

     ・・・なんて、お話もあるのね。


     ひょっとしたらモディリアーニは彫刻から一時的に離れるだけだ、と考えていたのかも。


     結果として、モディリアーニは彫刻を二度と制作する事は無かったし。

     また、彫刻を諦めなければ、これから先の絵画による傑作群を生み出す事も無かっただろう。

     ・・・とか語られている。


             , ⌒ハ           ハ⌒ 、
            j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
            ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
            ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
            Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
               リ::::::::(( ●) (●::(
     .          ハ::::::ハ ,, r‐ァ リ) )        石彫像が25点、木彫像が1点。
                )::):小   ̄_ノくハ(
               (,(.::(::ヽ   いノ:::))       数多くのカリアティードの素描や水彩画。
               ノ::/)`)) \ `iヽ((、
         r─一'´ ̄`<ヽ(:(⌒ヽヽi `、i        これが、彫刻家モディリアーニとしての全作品。
          `ー‐ァ   ,    )        Y
           ノ   {.   ,ヘ  .....  ..  ノ
          /, 、 _   / `ト .::::::. .::〈´l
         (/ / // / /   !      ヽl
           / // / /
           ー' {_/ノ


.

305◆Xmxilj6xKU2012/02/11(土) 23:42:58 ID:SVLr6vio



                                          -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                                        / /" `ヽ ヽ  \
                                       //, '/     ヽハ  、 ヽ
                                       >‐'つ ノ   ヽ、 リ| l │ i|
                                     /.ノ :l( ●) (●)从 |、i|
                挫折かお。               ! }/゙ヽ  、_,、_, ⊂⊃ |ノ/
                                     { (´/ヽ.)  ⌒´    j //
                                     ヽ( イ- )ヘ,、 __, イ/
                                      \ `ヽ:::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
                                       〉   )::::∨yヽ/::::::::::/,1
                                      /  ノノ:::::::::ヽ/::::::::::: r" /
                                      / /:::::::::::::::::::::::::::::::::`:y ゝ



      , ⌒ハ           ハ⌒ 、
      j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
     ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
     ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
      Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
        リ::::::( ( ●) (●::(
    .    ハ::::ハ  ,,     リ) )
         ) ) )、   ⌒ ノくハ(            そうなのね。
        (,(.( ' ヘ   い ノ:::))
        ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、
         ,'   ノ    Y    Y
         l: ( ......    .....  i
         lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ


      さてと・・・1914年、第一次世界大戦の開戦前後。


      アレクサンドル博士が去った後も、別の擁護者がモディリアーニのもとに現れている。

      絵や画家と交流するのを好む、いずれも変わった人達だったのだけど。

      パリ警察の刑事ザマロン、デカーヴ警視などなど。

      ザマロンは泥酔し問題を起こして留置所に入れられたモディリアーニを解放したりしていた。



      同じ頃、モディリアーニにとっても大きな出来事があった。

      ベアトリス・ヘイスティングスとポール・ギョームと出会った事ね。


.

306◆Xmxilj6xKU2012/02/11(土) 23:45:14 ID:SVLr6vio



     ベアトリス・ヘイスティングスはモディリアーニと恋仲に成った女性。

     ジャーナリストの仕事をしていたベアトリスは、自身が編集し、英国で発刊されていた週刊誌
      ニュー・エイジに於いてモディリアーニに出会った時の事を書き記している。


            , ⌒ハ           ハ⌒ 、
            j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
           ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
          /ル/:::::リγ::..:::::..:..ヘ、: : : : ::ノy:::::::リ
            Yyノ(::. ::.ノ ノ    ヽ、ヾ:::::( ルノリ
              ヽ:::( (●) (●) ):::::ノ(
               リ(i   r‐-  iィ))`)
              ((ハ:.ゝ ヽ ノ ノいノ:(リ
               ,..ノj/ lヘ_ // 丿lノ卜.、∩
           _ ,、r‐"  、/l("!´ っ..l l |: ′`'' | |-,/)
       r-r;''´    `、/´ |lぅ夕  1ヽ..-.,,_ 丿}ノ /ノ)
       (,_{ハ_ ,,  ''-‐1  ‐/    ゙'〈/⊂ニ  '"  ニ⊃
              ヘ        ノ′   `'=>'''"´
              ノ       /
             /′     /′


     複雑な性格。 気高くもあり、下品でもある。

     ある日、レストランで彼に会った。 私は彼の向かいの席に座っていた。

     酷い身なりで物欲しそうだった。 ハシッシュとコニャック、全然印象に残らなかった。

     ラ・ロトンドで、また会った。 今度は髭を剃っていて、魅力的に見えた。

     美しい仕草で帽子をとり。 顔を赤らめ、私にアトリエに作品を見に来るように頼んできた。

     上着のポケットには、いつもロートレアモン伯のマルドロールの歌。

     ピカソとジャコブ以外は軽蔑していた、コクトーさえも。

     お酒と麻薬をやっていては、何もできない。


.

307◆Xmxilj6xKU2012/02/11(土) 23:46:30 ID:SVLr6vio



       モディリアーニがベアトリスにキュンきたのは。

       モディリアーニが愛読していた、ダンテの神曲に登場するベアトリーチェと同名だったから。

       ベアトリーチェ(イタリア語圏の女性名)を英語に直すとベアトリスと成る。

       なんて面白い逸話もある。


       ベアトリスがモディリアーニにキュンときたのは。

       ただ単に、顔が良かったから・・・

       なんて逸話もある。


                , ⌒ハ           ハ⌒ 、
               j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
               ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
               ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
               Yyノ(::. ::.ノ \    /ヾ::::( ノ/}
                 ヽ:::( (●) (●) ):::::./ /    __
                  ( (i   rーァ   ) )/ /  . / .ノ
             _      )ハゝ   ⌒  r  / 厶- ´ /        本当のトコは解んないのよ?
          (^ヽ{ ヽ    ((::::ぃ>   ハ  /     /
        .( ̄ ヽ ヽ i    ノ/)!:) ,ヾ ソr一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
        (二 ヽ i i |,r‐i  .l/ ノ  Y`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
         ヽ   /  ノ  / ( .....   ...ハ    ヽ ヽ
          i   {   イ―イ   i::::::::  ::::: ノ     ヽノ
          ヽ. `ー '/----
           `ー '


.

308◆Xmxilj6xKU2012/02/11(土) 23:51:05 ID:SVLr6vio



             (⌒)        ,rー- 、
             / l ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::: ::.i
             | | :....::::..:::: ::. .ヾ)'::::: ::::.i
             | |::..:::.:..ヘ、: : : :: ノy::: ::リ
             | |:ノ _ノ   ヽ :: ::::) ルリノ
             | |( ( >) (<: :(
             | /l  ''  r‐ァ リ ) )
             レ' ヽ   ⌒ ノく ハ(
            /   ヘ (ヽ,
            i     \l 7              さて、もう一人。
            ,'       ノ
           .j       r
           ,'       |_ム
           ノ       〉_ソ
          /⌒ー-====ヘ
         _ノ /   /  ,! l |



         ポール・ギョームはモディリアーニに初めて付いた画商。

         これより以前に、モディリアーニに画商が付いていたと云う記録は残っていないのね。

         ポール・ギョームにモディリアーニを紹介したのは、ジャコブだった。

         モディリアーニの彫刻作品を扱い。

         また、ジャコブ共に、モディリアーニに画家へ戻り絵画を描く事を進めた人物でもあったらしい。


.

309◆Xmxilj6xKU2012/02/11(土) 23:52:20 ID:SVLr6vio



                ベアトリス・ヘイスティングスとポール・ギョームついては。

                また追々、話すわね。

                以上!


       , ⌒ハ           ハ⌒ 、
       j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
      ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
      ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
       Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ           ほら! やる実!
         リ::::::( ( ●) (●::(
    .     ハ::::ハ  ,, rーュ リ) )               文句が有るなら、かかって来なさいよ!
          ) ) )、   ´⌒ノくハ(
         (,(.(/⌒ヘ  い ノ:::))
         ノ / ̄ヽ ヾ ソ ̄(( 、| || |  |
          (「  rノ   Y   〈. \   || |i
           ヽ  ノ ::      }  \    \
    ガタッ!  |  | i       ...:: 「\ \     \
           |  | |       ノ  \ \_   \
           ヽ_ノ      〈||| l  \_,   `ヽ   \
         || i  /         ||| |   (_っ-と_)   \
         || ||/ヽ、____, 'i||| |              \



                /.:.:.:::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.\
                /.:.::::::/::/ '、::::|`ヽ、:::::::::: ',:::::::::::::.:.:.ヽ
               ,゙::/:::/ {:′  ヽ|_, -‐\::ヽ::|::::::::::::::::::.:. ',
               j:::{::: | {lノ      ' ,.ニコ..,_}::|::::::::::::::::::::.:. ',
               ,:::ハ::::レ'゙__ 、     ゙ {゚' リ 从:::::::::::::::::::::::. '、
      .        /イ:::::V ,イ'゚ハ     ゙'‐'′ }::::}:::::::::::::::::::.:.ト、        え? 何の事だお?
             ´ |::::::::: 〈弋`ノ ;     'こつ リ/:::::::::::::::::::::.:}
               |:::::::::::.'とつ 丶         /イ:::::::::::::::::::::::::}         (それじゃここらで・・・!)
               {:::::::::::::.',    ,.   _,  '´ }:::::::/.:::::::}:::::,′
                ',::{::::::::::.',   `ヽ__.ノ     ,゙:::::/.::::::::八/
                ヽ'、:::.\`::...         /::::イ..::::/
                  \|ヽヽ::::::l .._   . イ/:/|/
      .                  ヽ\|:   ゛´   |/
                    _/::「|          |┐
               ,.、-‐''"´ : : : {′       ∨¨''‐ 、


.

310◆Xmxilj6xKU2012/02/11(土) 23:53:02 ID:SVLr6vio



―― ̄ ̄___ ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄――
__―_______―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_
                              / //゛″"`ヽ、ヽ           ヽ
                             / //::::     :::::::ヽヽ          ::::\
                            / //::::       :::::::::::ヽヽ      ヽ  ::::ヽ
                           / //::::_ノ    ' ̄ ̄゛ー ヽ j      | :::: :::: |
                           | | | 行=tヾ !!i|!!i 行=tヾ、 リ      | :::: :::: |
                           | | | {(0_ソ )!!ii|!!ii!!i{(O_ソ ) | | |    | :::: |::::|
                           | | ノ"=ー' !!i,!!i i !! "ー-=゛   | | | |   | :::: |::::|
       と、見せ掛け!           | (__)   j       (__) ::リ.| | |   | ::::::::| :|
                            レ廴 ___ノ"ヽ、_____ノ,ノ'!} 从. | |  | ::::|::| |
                              レヽハ</Vヽ jv-,_,.ィノv'リ :::::::ノノ |  | :::::|::: |
                                ゝ--、} ,.´-‐ァ¬‐,,'/  ::::::::::: ノノ |  :|::/
                                |l  /  / ,、r7  :::::::::::::::ノ:::::::从 //
                                j∨//  ,}ヽj/  ::::::::::::: :::::::::::从/
                                 ハfvヘハノゝ'_,.   , イ⌒::::__ノ\
__―__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄_
―― ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___
__―__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄__
            : /l:::::ノ!/::::/:l|:::_イ丶{:::ヽ、::::.ヽ::::::'⌒^ ̄,} :
          : ,//:::::/::::/:::::/l{ニ、ミ::::\::::::::.::::\: : :./´::|  :
          : i /:::::/::::::::::::::::′∧ヽ\::::::::ヽ::::ヽ:.:.:.イ.:/:::::::;: :
          : /::::::::′/:::::::::/:::丿 '.:::::::ヽ:::::::ヽ:::::!::゛_,イ',::::::::ト、 :
         : /:::::::/::::〃::::::/:::::|   ヽ::::|ヽ:::::::';::::l:\:::i|::::::::: : ::> :
       : , '::::::/::::/,ィ!/:::::l::::::L,-l‐  u. 、::|‐-、\!:::::|:::::l\::::::::|ゝイ :
       : {::::::/:::://|'::::::l::/l_∟、    ヽl_,,'_'j::::|::::,ト、:::\::lル :
       : l::::// l:||::l:::::::::l,'l { ト o `    '´ .o j }|:::レ'::!ヽj/ )ヽ :       !?
       : `/,'  l:||::l:::ヽ∧ヾヽ_        _ノ /|:::l丿::リ::|  `丶 :
       :( l  リl:!い::::::{tヘ       ,   u   l|::::|::/イ|::l     ) :
         :ヽ l/ V|トrヘ、   f'ー ヽ   ,イ.|::::|::i|| リ :
           : \|::| ||::::ト、  ヽ _,ノ   ィ:::レ':::::jl:::l :
             : |::::j人!::::|「 ト  __ , ´| ′イ八| :
             .:|::/  i:::::::l l! |      ∨/::∧::丶 :
             : |/  |:::::::l !レ        //::∧ ト、::::\_, :
             : /    l:::::::川      //::,ヘハL 「_ ̄ヽ :
__―__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄_
―― ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___


.

311◆Xmxilj6xKU2012/02/11(土) 23:54:03 ID:SVLr6vio



            _ _   ハ⌒ 、
   , ⌒ハ   ,/"Y     ^ヽ/ .::::::::i
   j:::::::::ヽ ,ヘ^..::::....::::....:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
  ノ:::::::::j(ノ:..::::....::::..:..ヘ、: : : :: ノy:::::::リ                /ヽ_,-
  ル:::::リγ i i∧ {    ヽヽ:::(( ルリノ             ヽー-'
 Yyノ   ノ :ノ...:ノノ   (ー ) ):) )                  /
       リ:::(::::ー)     ハ::((                 ゝ~          解
       ハ::::ハ   r‐ァ   リ)/^ヾ-、__r-ヽ         <     待
        ) ) )、  ̄   ノ/     /    `-、       ノ          説
      . _,-ー‐‐'フT  い/ ,、   〉'|/ヽ/   \     \     て
      ' ヽ    ヽ  ソ |.  `;;-///      ヽ     ノ          終
        ヽ    Y   |  ;;. |/      /: :\    `)     次
         .l       .|  ; |     /: : : : : : ヽ    <  .   回   了
          l       >ヽ l .|   /: : : : : : : : : : \   ヽ_ .  だ
      ~   l    .:. /  〉  )-,、´: : : : : : : : : : : : : : ヽ,    )>、  お゛
          |   .:::::./, , }`---' >: : : : : : : : : : : : : : : : \    ヽ  ぉ
          ヽ    }ヽ.ヽ.ヽ-、_,/: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ  <./  │
         ` `----‐^>-'/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |  |  !?
                /  \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |  ヽ-、 ,、
      ヽ        /    |   ̄ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : )    ` ヽ/`/
       ヽ___,--ー      .|    |: : : : : : : : : : : : -ー'-ー~ ヽ
         /          l    ヽ、: : : : : ='~~/      `
        /二ニニニニニニニ二ヽ   . ヲ-'~~  /  /    ノ   ヽ
      /   /    |  |   ヽ  //   /  /    /     l
          ./     .|  |    ハ/ /   /  /    /     ノ
         /      |  |    /  /   /  /   /    //
         /      |  |  /  ィ  / /   /    /_l
        ./       |  | ヽ_/  / /   /     ィ⌒
      、 /__,.r、___/_ /    ̄ ̄ ̄`ー'───ヽ___/
            /   \:/              /      ヽ
           /   /             /        ヽ
          /    /          `--、_ / ヽ      ;--'、_
         /    /           `--`|    、        \


.

312読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!2012/02/12(日) 00:31:34 ID:QlZp3vVA
解説編も乙でしたー
健康と体力があれば、彫刻家として大成したりしてたのかなぁ…

313読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!2012/02/12(日) 00:36:22 ID:j8yhHVNs
乙!
いろいろやってんだなあ


元スレ
街灯の下で躍るのはやる夫 4
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1324814011/







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。