ホーム

Admin

SITE MAP

Cut

Res

ブックマーク

RSS

MAIL

PageTop

PageBottom

2011/08/05(Fri) 11:55

268 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 21:56:23 ID:a.60CVVw




こんばんわ同志諸君
予定よりだいぶ遅くなって申し訳ない
エアコン無しの大阪の夏は正直言って
地獄と形容してなんら問題ないだろう
___  __________
      ∨
    ,,,,,,,,,,,    ||    ||   ,,,,,,,,,
   [,,|,,,★,|,]   ||    ||   [,|,★,,,|,]    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ( ´∀`)  目    目  (・∀・ ) < 真夏日は関東より毎年多いのだ
   ( つ  )つ       ⊂ NKVD,)  |というわけで
  ┃レ __   | ̄ ̄ ̄ ̄ | ___,ノ┃ |やる夫が赤い皇帝になるようです第二話を
  ┗━┳┳\ | ̄ ̄ ̄ ̄|,/━┳┳┛ |開始しようと思う
      ┃┃   |_____,,|   ┃┃   |しばし付き合ってくれたまえ


269 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 21:57:09 ID:a.60CVVw



    ,,,,,,,,,,,,,     ,,,,,,,,,,,,,      ,,,,,,,,,,,,,    ,,,,,,,,,,,,,      ,,,,,,,,,,,,,
    [,|,,,,★,|]   [,|,,,,★,|]     [,|,,,,★,|]   [,|,,,,★,|]    [,|,,,,★,|]
   (" ´∀`)   (" ´ー`)    ( ´∀`)   (   ゚Д゚)   ( ・∀・)
   ( ” :|O┳∪━━∪━━∪━━∪━∪━━∪┳⊂”MVD〉
   /__:|| ┃     第二話間もなく開演     ┃/__:|__|
    し(_) ┗━━━━━━━━━━━━━━━┛ し(_)


270 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:00:12 ID:a.60CVVw



やる夫が自らが崇敬する偉大な革命家レーニンに対面してからわずか2年後、
血の日曜日事件に端を発するロシア第一革命は、1907年、完全な失敗に終わった


            (               (;;、(,,,   、       (;; ;;''')) 、
  (;;((  ))      )   ノノ           ,,)    (
            ((   ,,,;)          ( (    ,;;)      (",)ソ;ソ ⌒)
.(;;、(;;⌒'')        )  ノ              ヽヽ  ,,ノ       ('"⌒;; ノ;;
,,,..   ;;⌒'')、    ( _ ⌒)               ) ))       ノ''⌒;;)⌒)..,,,
 (;(、(( .,,;;;;⌒),,     (  (             (,, (     (⌒;;;;,,.⌒)   )));)
::⌒;ソ⌒;;;;''')ノ,)ソ_,,,.....=) ノ--''''""""" ̄ ̄`゙゙ー‐-- ノ、,,,,,,,_,_ (;; `)⌒;;,,.⌒)  )));)
(;(((  (⌒.从从''"""^  )ノ        ....;;;;;;;::..         ""'''''从从,,,,,,'-、,,,  ,,,;;))
'';,,,,)_,'从从,,,,、     .'';;;"   ::::::;;;;;;,,,....               ;;;;;;:::::,,,' 从从,,,, )),)
,,,;;;;;;   ΛΛ   ,、...      ::::;;;;;           / ⌒・~
,,,;;;;   / ⌒  )  ::::;;;;;                  / ;・ ヽ;),、..
    / ;:/ つ.・.                   (   ) ∪:::::::::.
 ~(    )                         V V   ;;;;;;:::::::::,,,
    ~ ⊃

統一された思想を持たず、足並みのそろわない暴動と蜂起は各地で個別に鎮圧・弾圧・処刑された
新たに創設されたロシア国会に議員として参加した有力革命家たちは軒並み逮捕され
重要な指導者層がごっそりと抜け落ちた

帝政は危機を乗り越え、革命家達は体制の立て直しを迫られる結果となった







271 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:01:04 ID:a.60CVVw



1912年、プラハ党協議会においてロシア社会民主労働党からボリシェビキ党の分離発足が決定される
メンシェビキとの完全な決別は、ボリシェビキの理想によって、失敗した革命を再建築する試みであった

事態が難局に直面した場合、ますます態度が先鋭化するのはボリシェビキによく見られる行動的特徴でもある

          ,  -─ - 、
       , -'´     l、   ` 、
     /       ノ ヽ    ヽ
    冫  ノ彡,ィ/    ヽ.   l
     7  l       _,. l!   l 党中央委員会の欠員状態は看過できませんな
     レ'、r l=-、;__,r-=、_ l,_  ノ
      ヽlー─'l  ー‐' `lノ /  帝政派の締め付けが厳しく逮捕者が続出しております
       ',   `     /,ノ
        ヽ  -─-  ノi'    発足したはいいがこのままでは党活動も機能不全に・・・
        lヽ、__ / _l、
     _,r '゙|ニ= 、 , 一' ´ ,ト 、 _
-‐'.´ ̄/;;;;;;;;|>/ヽ二二´ノ;;;;;;;;;;;;ヽ`'';;;;
;;;;;;;;;;;;<;;;;;;;;//l  :: ヽ /;;;;;;;;;;;_ - ';;;;;;;;
;;;;;;;;;;/;;;< / /   ::. ヾ;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;
  グリゴリー・ジノヴィエフ(レーニンの盟友)



         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/  党内に敵のスパイがいる可能性がある・・・
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´
     Ⅵ: l:::::`爪|            〈     ともかく欠員の部分は他の者を登用するしかないな
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/      熱狂的活動家で、信頼でき、実績のあるものが望ましい・・・
      |:∧l\:{    \       /
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ
     /           ,′
.  /\.____     人_
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
 ボリシェビキ最高指導者 ウラジーミル・レーニン


272 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:01:51 ID:a.60CVVw



やる夫は欠員した活動家の代わりに党中央委員に選出されることとなった


         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\
    /   ///(__人__)///\  やったお!大出世だお!
     |   u.   `Y⌒y'´    |
      \       ゙ー ′  ,/  ついにやる夫も大物の仲間入りだお!
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |


273 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:02:29 ID:a.60CVVw




その後中央委員として機関紙の発刊に関する業務を任命され
そのために長年活動していた地元カフカースから
機関紙の管理新聞社がある首都ペトログラードへと移動した


      `----、    ∧  /
           ̄\  | | 丿
             │ 丿`~
       `ヾ─---′/
--、      |     <
  )      `ヽ、  /´
_/´          ̄

          /》、
      γへ `ヽソ
___≡¨`>`弋丿
 #─-γ´●ペトログラード
/´  θ
..≧
冫            ●モスクワ






        ●キエフ                      _
                                 ./ 冫
                                /´   `
                  γヽ、         /´
          _    / ̄´《 ̄         /  カスピ海
         /´ ミ  《_ _ノ´          \
        厂゚  <、〆 ̄ ̄\_           ヘ、
      /      "      ~\_         ~\
      |      黒海         弋    ●ゴリ   ̄て
      |                  丿


274 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:03:37 ID:a.60CVVw



このころはまだドイツ式のサンクトペテルブルクと呼ばれていた帝政ロシア首都ペトログラードは、
未来の妻ナージャらアリルーエフ家の実家がある場所だった

                            |`''‐-―'´|
                            |:::: :.. . .:.. |
                            |`''‐-―'´
                           ,i'^'i,
                          ,il: :: li,     【首都ペトログラード】
                          ,il: :: :: li,
                         .,il: :: :: :: :li,
                        .,il: : :: :: :: ::li,
                        il: : : :: :: :: :::li
                        .〈〉-〈〉‐〈〉-〈〉
                        {il=li=li=li=li=il}
                        i :i: : i:: :: ::. i:::i
                        i :i,/i ̄ ̄iヘi
                        i,/i: : i:: :: :: i:::i
                        :i :i: : i:: :: :: i:::i
                         :i :i: : i:: :: :: i:::i
                    |>    i :i: : i:: :: :: i:::i
                  .{i|i}     i :i: : i:: []:: i:::i
                   {il}     i :i: : i:: :: :: i:::i
   |>              {i|i}     i :i/i ̄ ̄iヘi     |>    .|>
   ,i|i,___l'^'l_l'^'l_l'^'l_十li_il十_,―-:i/i: : i:: :: ::.i:::i__l'^'l_il     ,i|i,
  ,i: : i, : : : : lニニllニニl: lニニl: : : : : : : : :ヘ: : :i :i: : i:: :: ::.i:::i: : : :.lニニl\   .,i: : :i,
  ,i: : : :i,: :.il゙li lv,∧,vl : :il゙li : : : :il゙li : : : :ヘ: :i :i: : i:: :: ::.i:::i: : : : :il゙li : : \ ,i: : : :i,
 ,i: : : : :.i, :il_li i,/: :ヘ.,l∩il_li: ∩: il_li : ∩ :ヘ i :i: : i:: :: ::.i:::i: : : : :il_li: : : : :`,i: : : : :i,
 {i,i_i,_i_i,i}_,lニl:く_i,i_i,i_>:_::lニl_:_:_:_:lニl_:_:_:_:_:_ヘi :i: : i:: :: ::.i:::i_:_:_:_:.lニl_:_:_:_:_:{i,i_i,_i_i,i}
 ヘ,、v,、/    |   :|             i :i: : i:: :: ::.i:::i         ヘ,、v,、/
  il:::.. li ∩∩.|,-‐-,|.∩  ∩∩  ∩∩  i :i: : i:: :: ::.i:::i ∩∩  ∩∩il:::.. li
  ilロ, ロli  ̄ ̄ |l.∩.l|. ̄   ̄ ̄   ̄ ̄  i :i/i ̄ ̄iヘi  ̄ ̄   ̄ ̄ilロ, ロli
  il=ニ=li ∩∩ |ii,ii,ii,| ∩  ∩∩  ∩∩  i/i/i ̄ ̄iヘi ∩∩  ∩∩il=ニ=li


おそらくこの時もやる夫はアリルーエフ家を訪れていたのだろう
しかし、アリルーエフ家に寝とまりすることはなく、
律儀で面白みのないあるボリシェビキの仲間と下宿暮らしをしていた


275 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:04:13 ID:a.60CVVw



  (( (ヽ三/)    (ヽ三/) ))
      (((i ) ___( i)))
     / /⌒  ⌒\ \
     ( /( ●)  (●)\ )
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  ヴェーチャ!飯食いに行くお!
     |              |
     \             /  近くにすんげー可愛い店員がいるうめー飯屋があるんだお!
      \        /
       |        /     一緒に行くお!
       |       /
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......


276 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:04:41 ID:a.60CVVw



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         /γ⌒     ⌒ヽ\
        /  |         |  ヽ ・・・断る
        |   ヽ__人__ノ   |
        \    、`ー'´,    /
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


277 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:05:25 ID:a.60CVVw



   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ  同志やる夫・・・我々はいま、ボリシェビキ党員として
    )    Y    (    社会主義革命が危機に瀕しているこの時に重大な一翼を担う立場にある
   /γ⌒     ⌒ヽ\  ボリシェビキの精鋭としての使命を果たすまで、俗世間でうつつを抜かすような
  /  |         |  ヽ 暇が我々にあるだろうか?いや、ない
  |   ヽ__人__ノ   | 同志やる夫も、ボリシェビキとしての本懐を達するまで闘士としてその行動を
  \     `ー'´     / 厳しく律するよう私は強く希望する
ヴァチェスラフ・スクリャービン


ヴァチェスラフ・スクリャービンはやる夫と共に機関紙発刊に携わる編集書記の任についていた


279 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:06:02 ID:a.60CVVw



彼はボリシェビキにおいてもやる夫を怯ませるほどの強硬派であり、
平素の滑舌に問題はなかったが興奮すると吃音になった

      ノ L
      ⌒
   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈○ ノ\   /\ ○〉ノ L  めんメッ、メンシェビキの連中の
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ ⌒  ブルぶっブルジョワ主義的な、な、思考は
    )    Y    (      しゃかいしゃっ社会主義革命へのぼうっ冒涜と裏切りであり!!!
   /γ⌒     ⌒ヽ\
  /  |         |  ヽ   ぼっボリシェビキは断固としてこれに対峙っじせねばならない!!
  |   ヽ__人__ノ   |   めんっメンシェビキは根絶すべきだ!!!!
  \     `ー'´     /

強硬な反メンシェビキ論者で、メンシェビキに対する妥協を一切容認しようとしなかった


280 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 22:06:29 ID:uSUy9xQk

さすが頑固で知られた男w


281 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 22:06:56 ID:6extasVY

赤軍派のノリじゃねえかw


282 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:07:02 ID:a.60CVVw


      ___
    /ノ  ヽ、_ \
   /(●) (●.) \  付き合いの悪りー奴だお
 /  (__人_,)    \
 |  l^l^ln ⌒ ´        | こんな奴と下宿なんて先が思いやられるお
 \ヽ   L         ,/
    ゝ  ノ
  /   /


283 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 22:07:50 ID:lCesQllQ

リアルはこれがまた、渋くてかっこいいオジサンなんだな。


284 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:07:52 ID:a.60CVVw


         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)  おっ、ヴェーチャ、機関紙の論説文書いてんのかお!
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))
  /∠ |     |r┬-|    |_ゝ\ やる夫にも読ませろおっ!
  (___     `ー'´   ____ )
       |        /
       |       /
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......


     ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
    〈 ○ノ\   /\○ 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\    あっ!ちょ・・・っ
    /u |         | uヽ
    |   ヽ__人__ノ   .|
    \   ||iiiiiiiiiiiiiiiii||   /
     /´ ̄``゛'ーー'´  <
     |   ___)    \
    |              \
    |                  ̄)
    |               | ̄ ̄ ̄


285 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:08:29 ID:a.60CVVw


      ___
    /ノ  ヽ、_ \
   /(●) (●.) \  ふむふむ・・・レーニン労農民主独裁論における
 /  (__人_,)    \ 農村の社会主義的独自性と可能性
 |  l^l^ln ⌒ ´        | およびこれらのマルクス主義的農村分析との
 \ヽ   L         ,/ 相違についての考察・・・目新しさのねー論文だお
    ゝ  ノ
  /   /


   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈○ ノ\   /\ ○〉ノ L
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ ⌒
    )    Y    (     かいっかっ書いてる途中なんっなっだから
   /γ⌒     ⌒ヽ\
  /  |         |  ヽ   かえっ返すんだっ!!!
  |   ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     /


286 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:09:14 ID:a.60CVVw


         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\   おっ!
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \  でもこの「モロトフ」って署名だけは気に入ったお!
    |     |r┬-|     | ヴェーチャの筆名かお!
    \      `ー'´     /


   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈○ ノ\   /\ ○〉ノ L
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ ⌒
    )    Y    (     そうっだよ!!!
   /γ⌒     ⌒ヽ\
  /  |         |  ヽ   いいいいいから早くけっ、返せっっ!!!
  |   ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     /

「モロトフ」は金鎚を意味する筆名で、いかにもボリシェビキらしい強がりな名前であった

このころ、まだやる夫は筆名を用いていなかったとも言われている


287 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:09:56 ID:a.60CVVw



   ,.⌒,ヽ     γ⌒、ヽ
  〈/●ノ\   人● ヽ〉
    ヽ彡'  ヽ /  ヾ_ノ  人の論文を盗み読みする前に
    )    Y    (
   /γ⌒     ⌒ヽ\  自分の論文を書いたらどうだい、同志やる夫
  /  |         |  ヽ
  |   ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     /


       ____
      /      \
     / ⌒  ⌒   \  言われんでも人並みには書いてるお
   /  (ー) (ー) /^ヽ  論文の一つでも書けんようではボリシェビキは務まらんお
  |   (__人__)( /   〉|
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ でーもなんだか、他人の論説の分析再検討よりも自分独自の
―――――――― \ _ _ _ ) 切り口で何かを書きたいんだお


288 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:10:28 ID:a.60CVVw



               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }  そう!同志レーニンの労農民主独裁論みたいに
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !  社会主義革命に貢献するような独自の論説を作り上げたいんだお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /


289 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:10:53 ID:a.60CVVw



   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ  ふむ、それはボリシェビキとして正しい姿勢だね
    )    Y    (
   /γ⌒     ⌒ヽ\  しかし同志レーニンのように、となると、難しいとは思うけど
  /  |         |  ヽ
  |   ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     /

..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)   その通りだお
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   | 結局いいアイデアの一つも浮かばずになーんも進んでないお
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ


290 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:11:41 ID:a.60CVVw



   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈⌒ ノ\   /\ ⌒〉  めげることはないよ
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ   同志やる夫にしかできないことから始めてみたらどうだい?
    )    Y    (     自分なりに貢献したい、と思うことからやればいつか実になるさ
   /γ⌒     ⌒ヽ\
  /  |         |  ヽ  自分の経験を他人と共有するようなことから始めよう
  |   ヽ__人__ノ   |  論説というのもつまるところ、自分の思考を他人と共有するようなものだからね
  \     `ー'´     /  僕も同志やる夫の心構えを見習いもっと「新しい」論文を書けるように頑張ろうかな


    / ̄ ̄ ̄\
  /        \  (自分にしかできないこと・・・かお)
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \


291 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:12:07 ID:a.60CVVw


     ____
   /      \
  /  ─    ─\   (そういややる夫はグルジア人だお
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |  やる夫の経験・・・グルジア人としての・・・)
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



     ____
   /      \
  /         \  (うーむ・・・・・・)
/           \
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


292 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:12:44 ID:a.60CVVw



やる夫とヴェーチャ・・・モロトフは将来ヴォロシーロフやジダーノフと並ぶ盟友となるが、
両者の意見が対立することはさして珍しくなかった


   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈○ ノ\   /\ ○〉ノ L
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ ⌒
    )    Y    (     どっどっ同志やる夫のめしぇっメンシェビキに対する軟弱な姿勢には
   /γ⌒     ⌒ヽ\   ぎもっ疑問を呈さざるを得ない!
  /  |         |  ヽ  同志やる夫はボリシェビぃきっの
  |   ヽ__人__ノ   |  労農民主独裁論を正しく理解しているのかっ!?
  \     `ー'´     /


      ____
    /:::::::::  u\        そういうことを言ってるんじゃないお!!
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__  先の革命闘争が失敗し、組織がガタガタとなった今、
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu  メンシェビキとの対立を深めれば帝政の思うツボだお!
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |  メンシェビキとの関係を改善し
   ヽ           i    丿  協力体制を構築して、革命の素地を整えることこそが
  /(⌒)        / ̄ ̄´    長期的に見てボリシェビキ革命の達成に資することになるんだお!!
 / /       /


といっても、これがモロトフだけの専売特許というわけではない
大粛清を通じてやる夫が絶対的な「赤い皇帝」「赤い専制君主」となるまでは
モロトフ以外の近しい側近・有力者にもよく見て取れることであった


293 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:14:02 ID:a.60CVVw



このころのやる夫はモロトフと違って
メンシェビキに対して宥和的だったとも言われる

      ____
     /\  /\
   /( ●)  (●)\  今は内ゲバなんてやってる場合じゃないお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ みんなで協力してこの難局を乗り越えるんだお!
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /


第一ロシア革命の失敗から
ロシア社会民主労働党の分裂による
革命勢力のさらなる衰退を懸念していたのである


294 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 22:14:29 ID:lCesQllQ

この二人が人類史で最悪の殺人鬼だということさえ忘れたら良き青春の一頁なんだが


295 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:14:43 ID:a.60CVVw



     そんなある日やる夫の下に
       手紙が届きますた・・・
          _____
         / ヽ____//
         /   /   /
        /   /   /
        /   /   /
       /   /   /
       /   /   /
      /   /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /              /ヽ__//
     /     おいで       /  /   /
     /      byレーニン  /  /   /
    /   ____     /  /   /
   /             /  /   /
 /             /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /


296 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:15:14 ID:a.60CVVw


       ___
     / ⌒  ⌒\
    / (○)  (○) \  ど、同志レーニンからの招待状だお!!
  /   ///(__人__)/// \
  |   u.   `Y⌒y'´    |
   \      ゛ー ′   ,/
    /      ー‐    ィ


297 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:15:49 ID:a.60CVVw


             ____
           /⌒  ⌒\
         ⊂。(゚>) (<゚)。つ   す、すげーお!!
      ⊂ /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ つ  ついに同志レーニンから直々に
     ⊂  |    /| | | | |     |  つ お呼ばれしちゃったお!!!
        \  (、`ー―'´,    /    党中央委員様様だお!!!!
         ( ヽ  _____ ././
         \ \|  .,  レ゛/
           .\旨EX ξン┐


       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\  やっぱりやる夫の主張が同志レーニンの目に留まったんだお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ やる夫の正しさが証明されたお!!
  |     |r┬-/      |
  \     ` ̄'´     /


298 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:16:35 ID:a.60CVVw



       . … .
       :____:
     :/_ノ  ー、\:   ヴェーチャ、
   :/( ●) (●)。 \:  超絶イケイケ中央委員のやる夫は同志レーニンからお呼ばれしちゃったお
  :/:::::: r(__人__) 、 :::::\: なんでちょっくらオーストリア(※)まで行ってくるお
  :|    { l/⌒ヽ    |: まぁお留守番よろしく頼むお(笑)
  :\   /   /    /:


   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
    )    Y    (
   /γ⌒     ⌒ヽ\   はいはい・・・
  /  |         |  ヽ
  |   ヽ__人__ノ U |
  \     `ー'´     /

(※・・・当時亡命生活中で国外からボリシェビキの指導を行っていたレーニンは
オーストリア領クラクフに滞在していた)


299 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:17:15 ID:a.60CVVw



    ―――オーストリア領クラクフ

                        /i~""''' ‐- ...,,__
__                       | | r' D lヽ | .| .i~"i''' ‐- ...
:::l\                   ┌──‐l | ヽ ! ・ ノ | .| .| .| | | | .|
::l  \              | quopl |  フ/、  | .| .| .| | | | .|"'''ー-
::! lン |            ┌ト、Q_(ン,イ~""''' ‐- .ト- ...!__.| | | | .|.!まく''
:| |)/).|               |,|クオー./i** :**|    _ ~""''' ‐ .! 、
.! /| Y|                 i |__ / |:::::***:::|  g乂_ico、   |(-Y⌒
|   |               i |+|| 三.レ|**:::**| { { ' , -、  ノ) :| (ニヽ
:\  |               | |+||---レ|::::*** :::| \ヽ {平}_ , '/___| nnnn
_r、\l      _       | |+||===レ|** ;;**| //ヽ U / ::::::|~""'''
_| i |_ェェ之 _.||____.|~|  | |+||===レ| *| ,、i i,、 |*|.// / ト .ク { ヽ.::::::|~""'''
`i''ェ.|   lXl  ||l  | ---┐|+||===レ| *| >*< |*| / .,ヽ 〉 ラ 〈 ノ \i|ニ=--
"i''ェ.!     lXl  :||  .| [ ] | ||+||llllllllレ| *| `'i i`' |*|. i i .{ ク )i i |[][][]
~""'|:    lXl  || ェ|ェェェェ|ユ+||llTTレ| *|_雪 印._|*| i i  l フソi i i |__
] [] |____ェェェ|X|ェ ||l_| ̄ ̄| |=||ニコ レ| **::::**| i i  i l |  i .i |CHI
] [] |  | |        |;;;;;;;; | |ii||Liニニニi| ##### ri::::|  i  i }.| i  i  i |----
_,..-,, __| |___________________, --、エi|.{今} |ニニニニニi:|_______i /⌒
           , -'", -'⌒i Li| r--| |:::| i |只|┌┐::::::┌┐┌┐|■■
        , -'", -'".|| /l/王三三王三三王三三王三三王三三王三三
     , -'" , -'"Yi|| ||/ /^ ^:: :: ^ ^ ^:: :: ^ ^ ^ ^:: :: ^ ^ ^:: :: ^ ^ :: ::^^ ^:: :
 , -'"  , -'"V  ||||' /|| /:: ::^ ^^ ^ :: ::^ ^:: :: ^ ^ ^^ ^:: :: ^ ^:: :: ^ ^ ^ ^:: :: ^
   , -'" /iレ,|   / ル'i^ ^:: :: ^ ^^ ^ ^:: :: ^ :: :: ^:: :: ^ ^ ^ ^ ^:: :: :: ::^: ^ ::
, -'"_,, /l / l l |  / /^l_二二|二二二二二|二二二二二二二二|二二二二
   l/ { } { | l | /  /ト、/--i ̄ ̄i-------┴-------------- ┴--------


    ,.:-=,1;ー;1―,=;:、
   =         ゙ミ
    ミ     .★.    ゙ミ
   ミ          ゙ミ
   ミ;======:゙ミ
   /          \   ついに来たお!
  /   ⌒   ⌒   \  しけた街だけど同志レーニンがいると思えば
  |  /// (__人__) ///   |  一気にエレガントな街並みに見えてきたお!!
. (⌒)              (⌒)
./ i\            /i ヽ


300 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:17:46 ID:a.60CVVw



     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;λ
     |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
     |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゛`‐、
     |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)
     ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;‐―――――――--、;;;;;;;;;;ノ
   /;;;;;;;;;;;;;;;;;/"~ー-_      _-‐ ゝ-‐'
   (;;;;;;;;;;;;;;;;::::::   /;;;;;;;;;;ヽ____/;;;;;;;;;;ヽ|"
   \;;;;;;/~ヾ::ー‐‐|;;;;;;;;;;;;;;;|   |;;;;;;;;;;;;;;;;|   ・・・同志やる夫ですね
     ゛| `、   ヒ;;;;;;;;;;;;ノ  λ;;;;;;;;;;;;ノ,
       |              |      |  案内役の黒眼鏡でございます
      λ         ___、__j     |
       ゞ、__     /~::::::::::::::゛`\  |  同志レーニンのところまでご案内します
         λ  /:::::::::::::::::::::::::::::::::ゞ、
         | ヽ (::::::::::::::::::ノヽ::::::::::::::::ゝ
         | ヽ  """"""   ゛゛゛ /`
         |  ヽ           /
         |    ヽ         /
         |    `ー‐------‐イ,:|
        f ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、  / ̄ ̄|
        ゝ     /~~゛ヽ__/~~~~ヽ、_
      /"´`ー‐‐‐‐イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;) ヽ、_____
   /"      ;;;_;;;;;;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ   :


       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\  おう!よろしく頼むお!!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-/      |
  \     ` ̄'´     /


301 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:18:08 ID:a.60CVVw




    .;;:                |  ..|  | |      ||   || /||   ||        ||   ||/
  ┌┬┐     ┌┬┐    .|、 └|  | |      ||   ||   ||   ||;:,.        ||   ||
  ├┼┤     ├┼┤    .|  ..|  |┘       .[ニニニニニニ]       [ニニニ
  ├┼┤     ├┼┤    .|  ..|  | |                         '':,;:
  └┴┘     └┴┘   .:; |、 └|  | |;.,.
_____________|/,...|  | |___________________
______________ ̄l,i|  | |======================================
.____________、|:::|.~ |  | | ̄ ̄ ̄ ̄[ニニニニニニ] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄[ニニニニ
  ψ       ψ  .//  ||:::|   |  | |        .|| /||   || /||           || /||
.   Ω         Ω // /.||:::|   | .._| |        .||   || /||   ||           ||   ||/
              //  /  ||:::|   | |. |i..|        .|| /||   || /||           || /||
              /     .||:::|   | |. |i..|        .||   || /||   ||           ||   ||/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||:::|   | |. |i..|        .||   ||   ||   ||           ||   ||
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||:::|   | |. |i..|        [ニニニニニニ];:,、        [ニニニニ
.____________.||:::|   | |. |i..|
                  ";,: |:::|   | |._|i..| ;.'.                        .,:゛
;:..     .            |:::|   |  | |___________________
    :,:; '            .,.;|:::|/ |.=.=| |======================================
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~  ''─‐''  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


_____________________________________
==========================================================================
''::;.,,..             '';;'..,.


302 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:18:31 ID:a.60CVVw



         \______/ ..::::::::;;;;;;;;;;
          . |. ..┌- ... _ .|...:::::::::;;;;;;;;;;
     .      |. 「 |::::::::::::|::::|.:::::::::;;;;;;;;;;
      .     |. | .|::::::::::::|::::|:::::::::::;;;;;;;;;;;;,,,,,
.           |. | .|::::::::::::|::::|:::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,
    .       |. | .|::::::::::::|::::|::::::::::::::::;;;;;;;;;;       失礼します。同志やる夫をご案内しました>
          . |. | .|::::::::::::|::::|:::::::::::::::;;;;;;;;;
       .  _l___|_.|::::::::::::|:::」:::::::::::;;;;;;;;
       /=======:::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;,,,
 .     /f────‐:::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,
    .   /ト─────‐:::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;
     /. |  : : : : :.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;
 .   /[ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;,,,
.     / | . . : : : : : :.:.:.:.:.:::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,
   /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,
  ./  . . ... ..:: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,


       ___
     / ⌒  ⌒\
    / (○)  (○) \  ドキ
  /   ///(__人__)/// \
  |   u.   `Y⌒y'´    |   ドキ
   \      ゛ー ′   ,/
    /      ー‐    ィ


303 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:18:59 ID:a.60CVVw


                          _,,.,_
                      ,.-‐ '  ̄:lニヽ、: ̄ `::....、
                     ,..::'::::/:l::::l:::::l::``ヽ:ヽ、:ヽ::::`ヽ、
                 /:::::://::il:::l:|:::::|ヽ、:::::::::ヽ、:\ヽ:ヽ
                //:::::/l:i::::::::il:::l::|::::ト::::ヽ、::::::::::ヽ::::ヽ:ヽ:ヽ
               /::/:::::::/::l:i::::::::il::::::|::::|:::l::::::ヽ::::::::::::l:ヽ::::ヽヽ:'.,
              ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::',
             /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l
             .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|
             l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|     デデドン!
             |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|
             |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|
             | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.
             ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |
              ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `
                 ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|
                  ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|
                   ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
                    ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
                        l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ
                      `ー‐ ' r1,. '´         ,. ‐ ' ´ヽ.,
                       <´ i'´      ,.  ‐ ' ´,. ‐ ' ´::::::::ヽ
                        lヽ|.l    ,. ‐'´,. -‐' ´:::::::::::::::::::::::::::::',
                         | | l| /,. r '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                       |/ / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                       // /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                       〈 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l


         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\
    /   ///(__人__)///\ (キターーーー!!!!!!)
     |   u.   `Y⌒y'´    |
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |


304 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 22:19:54 ID:FMvkWuVk

そうか、この頃のクラクフはオーストリア領か
歴史的にはポーランドの古都なんだよな


305 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:20:11 ID:a.60CVVw



                  ,..-----....、
                  , イ:::::::::::::::::::::::::::>、
                y':::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
             /::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
             7:::::::::::',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',  君が同志やる夫か・・・評判は聞いているよ
            7::::::::::i:::::ヽ:::::::::::::::::::、::::::::::::::::',
            i::::::::::::i:::::::::>、:::::::::::::ヘ:::::::::::::::i  「プラウダ(※)」での君の主張もね・・・
            ',::::::::::::i',::::::::::',:::、::::::::::::ヘ::::::::::::j
             ',:::::::::::i::iェッ::::::ヘ, 、_ィュ.ァ:::::::::::7  メンシェビキとの関係修復、だったか
             ',::、:::ヾ ー‐' ヾ、トー‐' リ',:::::7
              レヘヾ     ::::    jノ:7
              ヾ、',    、 ,     .从リ
                ヘ,   ‐ - -  イノ ヽ,  __
                 ハヽ、    .ィ y'::::::/フ::::::::>ー-、
                イ!ヽ, .` ‐‐´,.イ/:::::/::::::::::/::::::::::::::::ヽ.


       ____
     /_ノ ' ヽ_\  ハァハァ
   /(≡)   (≡)\  (い、いきなりお褒めの御言葉を頂戴かお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  まだ心の準備ができてないお!
  |     |r┬-|  u   |  帰ったらヴェーチャに一日中自慢してやるお!!!)
  \      `ー'´    /

(※・・・ボリシェビキの機関紙)


307 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:21:23 ID:a.60CVVw



                  ,. -─- .、,
                     ,不:::く`ヽ;::、:::`丶
                   ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                   ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
               l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',  ふざけた妄言だ!!!!!
                ';:';ヾトヽ  `.r'- 、   .|::ト`、
                ヾヽヘ   |';二::!  入',
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
     ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l

               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (○)  (○)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \


308 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:21:51 ID:a.60CVVw



==-- ミ
:.ー-:.:.:.:.:.:.> .
:、:.:.:.:.:.:.:`ヽ:.:.:.:.:.:`丶
:.:.\:.:.:.、:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.\
:.:.:.:.:.:丶:.:.\:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:丶:.:.ヽ:.:.:.:.:ハ
ー-<:.:.:.:.:.:.\:.:ヽ:.:.:.:.:、:. ∧  そもそも君はボリシェビキの理念と方針をまったく適切に理解できていない
ー--:.ミ、:.:.:.:.:.:.:\:.\:.:.:ヽ:.∧
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>、:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.}:.:ハ 日和見的で場当たり的な愚行に終始し
:.ー-:.:._:.:.:.:.:.:.:`ヽ:.:.:.:.:\:.:.!:.:.: |
:ミ、ー-:.二フ_:.:.:.:.`ミーr´:.:.A:.l 革命と党の再建にあたって害悪にしかならない行動をとっている!
:.:.:.\:.:.:.:_、___>ミ、zミ:.:ヽ:.:{ |:.!
:\:.:.:ミー<.〃fか  》ヽ>、!:iリ:.{ メンシェビキとの協調など、ボリシェビキの基本指針たる
\:.:、ー-:::}Lzぅz "  V|:.:}:.:. |
:::. \ヘ:::::         }イ:|:.ハ 労農民主独裁への明らかな侮辱じゃないか!
::::::::::::::: ̄         Y:.|:.!:.{
:::::::::::::::::          .|/V!:.| そんなこともわからないのか!!!
:::::::::::::::::::         ./  '}ヾ> 、
:::::::::::::、::::::¨         /  :| .|:::::::::::>-、_
:::::::::::::::::::::.._.. _     /   リ |::::::::::::::::::::ヽ:::::`¨¨¨¨¨¨  ー------――- 、
ヽ:::::::-<ニ -::´    /   ./  |:::::::::::::::::::::: \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}`丶
::::`丶:::::::ー:::   ./   /   |:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::ヽ
:.:} 〈::::\::::::::  _/   /    |::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::ハ


309 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:22:49 ID:a.60CVVw


      ______
   , <:.:,イト、V!:.:.:.> 、
. /:.:.:.:.:.:/:.:ヤ:.カ:.{゙ミー、:.:.:\
/|:.:.:.:V:./:.:.:.ヤ:.V:.l^":.:.:\:.:.:.\
:.:}:.:.V:.∧:.:.:.ハ:.:l;ツリべ:.:.:.:.V:./\
: l//:.:.}}/:.:.:V:.:/:.:.:.:.\:.:V:.:.:.:./ヽ
//:.ト、:.:リ:.:.:.:.:.:V:.:.:.:.:~レへ、:.:.:j:.:.ハ
:.l:.:.:.:l:.i.:/:.:.:.:.:.:./|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.V:.:.:.:. !
:.|:.:.:.:N/:.:.:.:.:.:.:.i:.l:.:.:.:.:.:.ト、:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.l  党中央委員という立場で
リ:.:.:.:|/:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:i:.:l:.:.!:.:.:./|:.:.:.: リ
、:.:.:.:'.:.:.:.:.:.:.:.:V\:.:.:.:|/:.:.:!: /:.:|:.:.:.:,′ よくもあんな軽率な行動を取ってくれたな・・・
:.:ヽ:.:.V:.:.:.:.:.:./:.:.ハ/:.:.:.:.N:.:.:ト、:./
:.:.:/\!_;.イ:.:./:./:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:|:.V}
:./:.:.:j:.:.:.:.:.:.|/:.:.:.:.:.:./|:./ /イ^ }
ハ:.:./:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:./|/ |/ ,/
 V|:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:./ {  /
  へハ! }:.:.:/__/
    \、|ハ!
`丶    \
.   `丶  ヽ
       \}
         \


310 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:23:35 ID:a.60CVVw



                  ,. -─- .、,
                     ,不:::く`ヽ;::、:::`丶
                   ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                   ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
               l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',  君は機関紙編集書記の任に適さない!!
                ';:';ヾトヽ  `.r'- 、   .|::ト`、  ク ビ
                ヾヽヘ   |';二::!  入',  解任だっ!!!!!!
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
     ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l

       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\ あばばばっばばっばああおほghぽえりtじぇぽgへ;gkぇあjrごいrtgjfぎおえへrgへるg
  /    (__人__)  u.\
  | u. ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|   u /


311 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 22:24:08 ID:k1OcF3.s

コーバオワタ


312 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:24:13 ID:a.60CVVw



     //            //  そんなっ…!
.    / / __,‐⌒ヽ、       //  バカなっ…!  バカなっ…!
   / / /   '─ \    / /   常識外なっ…!  ありえないっ…!
  //ノ ノ-、 (○つ\  / /   どうして…!  こんなことがっ…!
//  | 。(○)  、゚ ヽ, ヽ l l   どうして……  こんな…
/   ヽ Uヽ__,,,トー'i   )| |  あってはならない……!  常識的に……!
      ノ    ` ⌒''  ノ | |  どうして…
    (           } ノ ノ  どうして…  こんな…
     ヽ         //  こんな…
      ヽ      //      こ ん な こ と が っ … … !


313 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:24:52 ID:a.60CVVw



                -─‐──‐-、
             /             \
            / ;              ヽ.    終わった・・・終わったお・・・
           l  U                l
           |      , 、     ;    |⌒´⌒`ヽ、 同志レーニンの信頼と期待を裏切ってしまったお・・・
           !、  _ノ" "ヽ、__  ∪         \
            ヽ ((ー)  (ー) )::  /⌒゛`       l: もうやる夫の革命活動家人生は終わったお・・・
             /ヽ∪(_人__)∪__ ,ノ|     ,      |
             /   /` ⌒ ´     |.    |    ,   ! もう何もできないお・・・
               /   ∪    |∪`-,,,.|"   |___,ノ   |
           /.   /     |    |    |     ,lー─- 、
        , --‐-ー、_/∪    l ∪   ,|    |   ,/ )    )
       く / / ァ- ,ノ _   \ノ^ノ^/⌒ヽj\   /^ー-‐'
        `ー' ー´ ̄ (_)  (_(_イ_,イ、_,ィ'´__/  ̄


314 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:25:05 ID:a.60CVVw



      _____
     / ノ' ^ヽ_\
.  ゚ / 。;'⌒)  (⌒ヽ\°  やる夫は・・・やる夫はどうしようもない愚か者だったお!
.  / o'゚~(___人___)~o°\゜
.  |     ゚ |/⌒ヽ|  ゚    |
  \     ` ⌒ ´    /


315 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:25:43 ID:a.60CVVw



         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.  ・・・とはいえ、党は君の組織人としての能力を必要としている
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!| 特にカフカースにおけるその成果は無視できない
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |! 今回の事案も君の革命への熱意が強いが故のことだと理解しよう
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´    現在ボリシェビキは厳しい局面にあり優秀な人材を必要としている・・・
     Ⅵ: l:::::`爪|            〈
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/
      |:∧l\:{    \       /
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ
     /           ,′
.  /\.____     人_
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \   ・・・・・・えっ
  / o゚((○)) ((●))゚o \
  |     (__人__)     |
  \     ` ⌒´     /


316 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 22:26:23 ID:uSUy9xQk

ここで終わってれば数千万の人間の命が助かったんだよなあ・・・


317 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:26:35 ID:a.60CVVw



       /: : :|: : : : : : : : : : : ハ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、: : : : : : : : : : : : : :
        l: j: :ム: : :i: : : : |: : : |  V: : : : :i: : : !:, :\: : : : : : : : :.i: :.|::ヽ: : : : : : : : : : :
       |:.i: : ハ: : V: : :.!: |: :|ィ彳∨: ヽ:i: : :.|:.!',: : :',、: : : : : : :.|V:.i〃V: : : : : : : : : :
        l:i: : :i|∧: :.V: : |: :!: | _, ='j、: : :|: : :i:.|: ',: : :',:V: : : : : i .l: i   ∨: : : : : : : : :
      |!: : ':l: :ヘ: : V: |i: |:7r'´i芯' \:!: : |:.i: : :.,: : : V: : : : :! .i: |`ヽ V: : : : : : : :  同志やる夫・ヴィッサリオノヴィチ
        |: : |:.i: : |\:.Viハ:i,'{i  7´   i: : j|:|: : : ',: : : i: : : : :| .:|:.!  } .i'.V: : : : : : :
        |: :.|: i:. :.i: | V:Vjハ       |: :7|:| 、: : :i : : ': : : : i :|:i ノ / j:V: : : : : : 君をボリシェビキロシア事務局の責任者に命じる
      ハ: :|ハ: : V!マVi, ヾ       j: / |:|  `` |: :i: : : :|/ r'j:!´,- ノ: :V: : i : :
          V:!ヽ: \:/  ``       // .|:|    |: :!: : :.i  .リ ,.イ:i: : : :V: |: : : 今回の失敗を自己批判し、
          ',:! \/          彳  |:i    .|: |: : :j r-<    !: :|: :|: j: : :
          ヾ  i′               リ    .|:j|: : 7 !     |: :.!: :!:7:.|: :  ボリシェビキ革命の為に精進したまえ
            ヽ ¨`                 リ.|: :/ .;       l: :i: :.i/: :|: :
              `ヽ                  j:/  ,'      j:.7|:!: : :|:|:/:
            { __, --y- '´             〃 ./       /:/ j:|V: :ii/: :
               ヽ - '´                 /      彳  .i:! V: i: : :
             ハ                               ヾ ∨ハ\
                 ∧                      _,.  -─  ̄ ̄
                 }        ,. <       _ ,. <
                 八    _,. ≦-‐─ヘ   ,. <
                >‐<      ハ /
                          ノ
                          /
                         i´                _, -─
                            ハ             > ' ´
                        ∧         /


       ___
     / ⌒  ⌒\
    / (○)  (○) \   ・・・!!ほっ、本当ですかお!?
  /   ///(__人__)/// \
  |   u.   `Y⌒y'´    |
   \      ゛ー ′   ,/
    /      ー‐    ィ


318 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 22:27:14 ID:EXbazlTA

このやる夫って取り得がねえんだよなあ、
しゃべらせればどもりながらの悪口、論文は下手糞、
なんでこいつがトップに立てたのかっていう参考文献少ないしなあ、
産経新聞のスタリーン秘録でもよう分らん。


321 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 22:28:49 ID:uSUy9xQk

このやる夫の本分はどっちかといえば地味な実務や事務だし


324 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 22:31:31 ID:lCesQllQ

>>318
政局勘やそれを延長した国家間の力関係を乗り切る力は神の領域だよ


320 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:27:59 ID:a.60CVVw



         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\
    /   ///(__人__)///\  同志レーニンのご厚意に感謝いたしますお!!
     |   u.   `Y⌒y'´    |
      \       ゙ー ′  ,/  ボリシェビキの本分を見誤り
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ  敗北的になっていたことをやる夫は強く自己批判しますお!!
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |  これからは同志レーニンのお考えにすべてを捧げますお!!!!


メンシェビキへの宥和的な態度を叱責されたやる夫だったが
結局はさらなる重要なポストを与えられボリシェビキへの忠誠を新たにした
やる夫のレーニンへの傾倒はますます深まっていくのである


                 _,... ------- 、__
             _, イ//r‐‐<テ三三三`ヽ、
            ,∠,rこ二二二、 ̄\:ヽ二二:.:.:ミト、            ニ_|_
           /://(Tト、:.:.:.:.:. ̄≧、ヽヽ \ミト、ミト、            ニ   !
         /://:.:./ハヘ:.ヽTト、:.:.:..:ヽ¬Eヘこヘ:.ヽ:ミト、          □  |
        _////:.:.:.:l:.!:.:.ヾ:.:..:.:ヽ:.「:.ヽ:.:.ヽ:.ヽ:.:.「カレヘ、:.:.:.ト、          ―┬―
   ,....''´::::://,イ7!:.:.:.:.:!:l:.:.!:.:ト、:.:.:.:l:ト、:.:.ヽ:.:ヽ:.ヽヽ:.⌒!ヽ、:!厂!      | |二|二| |
   l:::::::::::::l l:':.:ハi:.:.:.:.:.N:.:.!:.:.い:.:.:.:!ト、:.、:.:.\:ヽ:.:',:',:.:.:.ト、 V /´\     | |_|_| |
   l:::::::::::::l l:.:.l:.:/!:.:.:.:.:.!:!:.:l:.:.:.:い:.:.l:!:.:.ヽヽ:.:.:.ヽヽ:V!:.:.:.!:.:ト{ l:::::::::::ヽ     ̄ ̄ ̄
   l:::::::::::::l |:.:.!:ハ!:i:.:.:.:!:ヽ:!:.:.:.:ヽヽ!ト、:.:.ヽヽ:.:.:.:',:!:い:.:.:!:.:!リ !:::::::::::::::! ヽ   マ
   l:::::::::::::l |:.:.!个ハト、:.:.!:.:.:ヽ:.:.:.:.:ヽリ:.:.ヽ:.:.ヽヽ:.:.l:!:!:.:l:.:.:!:.|:! l::::::::::::::::|  フ |二|二|
   l:::::::::::::l |:.:.!:.l:.!:.:い:.:l:ト、:.:ヽ:.:.:.:.:\:.:.:ヽ:.:.',:.',:.:九:.:!:.:.l:.:!:! !::::::::::::::::!  ) !‐‐!‐┤
   l:::::::::::::!ハ:ヽト!:.:.ト、:ヽ:.:.ト、::三ト、:.\:.:.ヽ:.!:.!:l:.ハ:!:.:.l:.:!:! !:::::::::::::::'  '^ー―――
   l:::::::::::::l:.:.:ヽ:.!:.!:.:.!ハト、:.ヽ:.tト、三__:.:.:>、:l!:.V:.:.:l:!:.:ハ:/l {:::::::::::::;'   | / ̄ヽ
    \::::::::ヽ:.:.:い:l:.:.「`tふト、:ヽヽ「ヽ,ィ,さ:ァー示::!:.:.:l:レ':.:l:.ノ ト、::::::/r、   レ'   |
     \:::::::ヽ:.:い:.:.ト--- '`~ヽヽ`く `ー '´ l |:l:.!:.l:!/:/!「こ_ノ::,ノ;;;.く       ノ
       ヽ:::::::ヽヽト{ト、     `ーヘ       l:lノ!:./:/:./_____/;;;;;;/     ̄
       / ̄`トい `               リ l//!レ'ヽ /;;;;;;;/
        /:::::::::::l:.トい                    /イ!:::::::ヽン;..<_
        !:::::::::::::ヽ:::::ヾ.  (_ ヽ ノ´      ,イ!T!:::::::/,イ  `ー‐‐、_____
  ,、__,ノ⌒l::::::::::::::::::::::::::::ト、  Tニー‐‐‐,‐''   //l|:://::::「 ̄`ー~ーr‐‐ 、こヽ、
      l:::::::::::::::::::::::::::::l ヽ、 `二二´   /  !」」イ//:::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y ヽ
 .r-‐‐‐‐┤:::::::::::::::::::::::::::' ,   ヽ __    ,∠ィオエ「二ソ´::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::{  ヽ
 :ヽ::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::',  /::::ヽイ_,==ン7T7::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::ヽ:::::::::::::L |
 ::::::ヽ:::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ !::::: ル '´  ,' / !:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::!:::::::::::::::!  !
 ::::::::::ヽ::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽー‐<    ノ⊥ノ:, ---、:::::::::::::::::::r:ゝ::::::::::::::::::::::::::::}  |


322 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:29:39 ID:a.60CVVw



その後、やる夫はレーニンの滞在する裕福なボリシェビキ支援者の家に数週間居候することとなった


                       /`――∧-∧、
                     ∧_/\_|::|「|,,,|「|ミ^!、
          /三三三三三三三 Π . ∩  |:|「|'''|「|||:ll;|________
    __| ̄同 ̄同 ̄同 / ̄ ̄∧ ̄ ̄ ̄ ̄∧ ̄\/田\/田\/田\"゙゙`ヾ、
    _/__l==/\===ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|. IIII || IIII ||  IIII _|__,;;、
  /_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | 田 |「|  田 田 |「|[[[[| 三三三三三三三\ェェェェェェ〕――
_  l |  | :|.|,;ヾ゙゙ヾ゙゙゙'';;,,:::ヾ゙゙ヾ''""``ヾ;;,,""~`ヾ゙゙`ヾ、´゙゙ヾ"/ ̄/\ ̄ ̄ ̄\''""``ヾ;;,,""~

やる夫は熱心な弟子としてレーニンから強く指導を受けていたという

               _____
          ,ィ7刈:从乂爪ミ≧.、
          /:'::/彡//!::〃il:ト:ヽヽ、\
.       //,ィ/´::l〃::;イ/イ:!:i:l::!:i:i:!:i::|!
      /:,イ///: /!/:〃:://::l::i:l:l:l::l!:l:l           ____
     ,':/〃:i:i::/〃!,:イ/:://,'!::l::l:l:l:l::li:!:l         /      \
      i:.!:'i:i/l::!'/イ l!:〃:,イ l/ li::!'::l:l:!:il::il        / \    / \  キリッ
      |:i:i:l:l:.ハソイ !//,:イヾ//小ハ::lリ:/:l:ll      ./  fてハ`  ィて刀 ::\
      |:l:.l:l:!,:代ト//  ィマラ7:/l〃,‐:!l:!      |      (__人__) :::::::::::|
      |!l:i:! i  ̄'     ̄ ´/イソ!'/ 〉}:l'       \      `^´  :::::::/
      lハ:ハ   i         〃_才:リ        /     ー‐    \
      ! ヾハ  _` ´      / .T:i:リ'
.        `  、  、__ ̄   イ  .Ⅵー,-、
.           ヽ    /     . '   \
             i: .ー ´   ,.ィ ´       冫、_


323 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:31:00 ID:a.60CVVw


敬愛する指導者との夢のような同居の日々において、
やる夫はボリシェビキに貢献するため、大きな作業に取り掛かった

         ____
       /     \
.    /       \   (同志レーニンとの対談は得ることばかりだお・・・
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|  やる夫もなにか同志レーニンの厚意に報いるため・・・
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \  自分のできることをやるお・・・自分にしかできないこと・・・)
 /\ ヽ          ヽ


それは以前モロトフと話していた「自分独自の新しい論文」の作成である


325 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:31:51 ID:a.60CVVw



やる夫は自らの出生を振り返った
カフカースの山岳地帯は古来からチェチェン人やイングーシ人、アブハズ人、
アルメニア人、オセット人などが混在し、
それぞれの民族はお互いに敵視し合っていた



   ∧_∧         :: ∧_∧::                    ∧ ∧         
  ( ・∀・)´)       ::(・Д・lil)::          ,,,,;,,,,         (・∀・ ,,)ヘイへーイ      
  (    /         ::(⊃ ⊂)::::∧__∧::  ─(゙Д゙;;)──==と    つ   
  / /  /         ::| | |:: ( ;∀;)::    ‘;:・        ヽ (⌒,ノ)
 (__)_)ハ,,,,       ::(__)_)::⊂   )::     ・.          l,_,ノ      ∧_,,,,ウウウ・・・・
     ;;・(;∀),,)0           ::(___(__)::     ;.,                 (゙Д゙;#;;)
     ⊂;・::∴.,;⊃                                      ⊂;:;#;:U)
                                                   ⊂ ⊂ )〇


民族や氏族間の血なまぐさい諍いは絶えることがなく
カフカース独特の湿った血の空気の記憶はやる夫の脳内に強く刻まれていた


326 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:32:45 ID:a.60CVVw



     ____       ヽ v /
   /─  ─\     -(m)-
  /( ●)  (●)\.       ≡
/   (__人__)   \
|              |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

そこがやる夫の着眼点となった
やる夫はレーニンの下に滞在している間、レーニンの指導を受けつつ、
民族問題についての考えをまとめ始める

         ___
        /     \
      / \ , , /  \
    /  (●)  (●)   \
    |     (__人__)     |
    \     ` ⌒ ´    ,/
   /´           `\
  /  /          l  l   .___
__l  l_¶______/_/__/     ヽ
  \, ´-'ヽ  ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|   l二二二二l
    ヾ_ノ   | '''' '   |   l二二二二l
   | 9=ε-8. | '''..--  |   l二二二二l:::..
   |   ..''  |  ''-.  ,|
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


327 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 22:33:02 ID:EXbazlTA

しかしやる夫も性格が悪いけれども
レーニン月も人間を歩く糞袋としか思わない奴だしなあ、
やる夫がいようがいまいが数千万は死んだだろう、要はニコライ2世が悪いw


328 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 22:33:22 ID:FMvkWuVk

この時の叱責でメンシェビキ強硬論に傾いたのかなやっぱり

>>318
あと同格相手とか他国の人間とかを応対するときはすごくにこやかできさくな人柄だったとか見た気がする


329 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:33:51 ID:a.60CVVw



この時、レーニンの元を訪れた若き理論家ニコライ・ブハーリンと出会った


   /       ,_,              ',
   /       ( l 、            ',
   l      ,i、/ 〉ヽ!ヽ、ヽヾ   `ヽi   l
   l    i , ノ ハ( 、 ,-‐..'´`ソ'`ヽ i リ   /
  │  i、l=‐':´`"゙:::::::::::::.  : ノノ/、  /
   | i i |/::` :: ::::::::,i ヽ ;::::::..  .:: l l  l   ヽ
   l ヽゝ l::: ::: :::/ |  `' 、::: -'´j l' /   )
   ヽ、ヽ ` 、、:::/  !、-     ゝ,l '   /
    ゙''- 、ミ ',   _, - ‐-   /r, 、 `( _
       _ノヽ\    -    , '// \   )
       `ヲ.  \      / //    `''‐'-,
    , ==l ,  l ` - ‐ '  //   ,---、 /
  , , ' '´   !li  lL.   , - ' 7/   |=000| )
//      `゙゙゙_)| `' '´   l(    ゙ー ' ´く
ヽ.ヽ、        l      ヽ >      l

       ニコライ・ブハーリン


                   , -――‐―‐ 、
                   ./         ヽ
                 /         、、、 ヽ
                 i  i /"ヽ,   、 ゛゛゛  l
     ____   ノ   人( ヽ l从l i )     |
   /      \ ( ;;;;(  〈  | ̄`‐´ ̄| ̄レ' r 、 〈
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;) .\i、__/~ゝ、_|__人i | / /
/    (─)  (─ /;;/    | 〈-,      |ノ「" 〈
|       (__人__) l;;,´|     λ ―-  irー┴、  L_
./      ∩ ノ)━・'/      ヽ. ゛  ∥   ζ (
(  \ / _ノ´.|  |     r--┴┬‐´|| 〔 ̄i ゛Y
.\  "  /__|  |    ヾ  「'-―'》  ̄-=┴i
  \ /___ /       》 |ノ   〃 〃´ `ー- ̄゛`

その際もやる夫は民族と国籍について熱く論じたという・・・




・・・そして1913年3月


331 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:34:40 ID:a.60CVVw




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

.  \.          |/⌒i⌒、|         ../   やっ・・・やったお・・・
    \.        !、__,!        /
    /ヽ               イ\

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


332 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:35:25 ID:a.60CVVw



                          r 、
       ,..-‐ '' '' ¨ ゙ ゙  ̄ ゙ ¨'' - .   ヽ、゙ヽ
    ,.<      ,  ,ィ        .ヽ   ヽ  .ヽ、
  /    ー-一''"´ ,ィ彡f,ィ"´: : .     ヽ   .}   ヽ、
 /         ,ィ彡彡f゙. : : : : : :      ゙;  ,'     }
.,'  . i      ㍉彡".‘ : : : : :        } ,/     .}
{    ,l       ¨゙''=、            ,!'      ,'
{   /  ,,       ,ィ’、         /       '   ついに完成したお~!!!
',  ,ノ  ,ィ彡x!   r‐'"ゝ' \       /
.',  . ,ィ彡彡"、  ,イ、ゝ"   \
. ',  彡彡''"´ `¨ヽ<       ゙i
 ',  ". : : : : :    .\     ノ
  ',  : : : : :       ゙ー-‐''"
  '、 : : :
   ヽ
    \       /
     `==-==ィ'
r- ._     _.<
゙ヽ、 ¨''‐-‐''"
  ` ._       _ .
      ` ‐- '' ¨

やる夫渾身の論文・・・「マルクス主義と民族問題」が完成したのである


334 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:35:46 ID:a.60CVVw



         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\  同志レーニン!!!
    /   ///(__人__)///\
     |   u.   `Y⌒y'´    |  ついにやる夫一世一代の大作が完成しましたお!!
      \       ゙ー ′  ,/
     /       __|___   ご意見をお願いしますお!!
    |   l..   /l ロリロリ   `l
    ヽ  丶-.,/  |__ 熟女モノ_|
    /`ー、_ノ / ̄ ̄ ̄ ̄/


     ,...::´:.イ:::::i:::\:::::`:..、
    /.::/.:::!i:::::i::::::::ヽ::::::::\
   ,.':/::/::::i:::::!i::::::!:::ヽ:::::!:::!:i:::.:ヽ
.. /::/::::!:::!::i:::::!i::::::!::::::::::::!:::!::!::i::::!
  i:::i::i:::|:::i::::.::::i:!:::::i::::::::::::i::::!::i:::i:::i
  |:::i::i:::|::::ヽiヽリ、::::!::::::::i::|::::!::i:::i:::!   ふむ・・・見せてみたまえ
  !ヽ::ト、!ヽ:::jィ赱ハ::!:j::i:::i::! ヽ::i:::i::ト、
    ヾ7  ´   ノノ |::i/:::! j:::i:::iリ
    〈 _      i/ ヽiイ:!::i:::i'
.      ヽ_.. _       /   トj:::iN
.      iー     / /```ヽ
       ゝ--rrf´ /   ,  ´\
         トi´/  , ' ,...:':::::::::::ヽ
         i !j , .', .'.::::::::::::::::::::::::::i
         //' / ./.:::::::::::::::::::::::::::::::!


335 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:36:19 ID:a.60CVVw




         ____
       /      \
      /  ─    ─\  『民族問題・・・民族主義というのは非常に重要な問題だお
    /    (●)  (●) \
    |       (__人__)    | 今日の世界情勢においては民族主義は益々重要となり
    ./     ∩ノ ⊃  /
    (  \ / _ノ |  |  ロシアでの革命においてもこれを無視するわけにはいかないお』
    .\ “  /__|  |
      \ /___ /


336 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:36:35 ID:a.60CVVw


         ____
       /      \
      / ─    ─ \  『歴史的に見て民族主義はブルジョワジーと密接に関係しているお
    /   (●)  (●)  \ 資本主義の発展に伴って民族主義も勃興してきたお
    |      (__人__)     | なぜなら教養と資産を独占するブルジョワが
     \    ` ⌒´    ,/ 民族運動の形成にあたって中心的な原動力になったからだお』
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


337 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:37:00 ID:a.60CVVw


            ____
         :/    \:
        :/ _ノ iiiii \. \  『それが為に結局は民族主義もブルジョワ的・資本主義的に
       /  (○)  (○)  \ なってしまったお
      : |    (__人__)    |: 「強者が勝ち、貧者は屈する」
        \   ` ⌒´   /  独立を勝ち得るの強い「わが民族」であって
        / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ   他の弱い民族はそれに屈服し隷従するのが当然である・・・
       :|  \|  .i  イ |   まさに現代の帝国主義そのものだお
        |\ /   人  .\!   搾取する資本家と搾取される労働者そのものだお
        |  \___/  \__/:   それがブルジョワ的民族主義だお』
         |        /
         |         /


338 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:37:22 ID:a.60CVVw


       ____
      /      \    『帝国主義も発展した資本主義が産み落としたものだお
     / ⌒  ⌒   \  ブルジョワ民族主義では
   /  (ー) (ー) /^ヽ  自らこそが偉大な民族、
  |   (__人__)( /   〉|  その他は支配されるべき劣等民族・・・
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ  必然的に民族関係は排他的・抑圧的・支配被支配なものになってしまうお』
―――――――― \ _ _ _ )


339 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:38:08 ID:a.60CVVw



         ___
      /)/ノ ' ヽ、\     『結局のところブルジョワ民族主義は
     / .イ '(●)  .(●)\   そのような民族的敵意からそれぞれのブルジョワ民族主義者達の間で
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \  階級間闘争を引き起こすお
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |  やる夫の故郷カフカースでも民族間の殺し合いが止まなかったお』
  . \ ヽ           /


       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \   『ドイツのヴィルヘルム2世がやってる
  /(●)三(●))   .\  汎ゲルマン主義なんかまさにブルジョワ民族主義の極致だお!
  |   (__人__)      |  ブルジョワ民族主義は帝国主義の植民地獲得のダシに使われてるんだお!
  \ ヽ|r┬-| /   /   そんな民族主義は間違ってるお!』
  /   `ー'´      \


340 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:38:39 ID:a.60CVVw



               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |  『我々プロレタリアートは
   /( ●)  (●)\  !   !  全民族の独立と自立、抑圧からの解放、
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l  つまり民族自決を支持するお!!
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //   我々はブルジョワ民族主義の民族的抑圧に断固反対し
  / __        /     すべての民族の自決のために闘争するお!』
  (___)      /


341 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:39:09 ID:a.60CVVw


          ____
        /      \
       / ヽ、   _ノ \   『かの共産党宣言においてマルクスは言ったお!
     /   (●)  (●)   \ n
     |      (__人__)    l^l.| | /)    万国の労働者よ団結せよ!
     \    |i||||||i|   /| U レ'//)
    γ⌒    ` ー'´    ノ    /  我々プロレタリアは国家はもとより民族の垣根も越えて
     i  j         rニ     ノ  社会主義のために団結しなければならないんだお!
     ヽ、 l           !ヽ、_,__/  だからブルジョワ民族主義のように多民族を排他・抑圧はしないお!』


343 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:39:54 ID:a.60CVVw



      ___
    /     \    『かと言って民族自決が全てに優先するわけではないお
   /  _ノ '' 'ー \   労働者の団結が民族ごとに区切られては元も子もないお?
 /  (●)  (●)  \ 各民族の政策は、各民族の事情によって、ケースバイケースで決定するべきだお
 |      (__人__)    | 労働者の団結を阻害し共同体を分離させるような民族政策は徹底的に廃止すべきだお』
 \      ` ⌒´   /


347 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:41:42 ID:a.60CVVw



               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /:::\:::/::\.   |   |  『労働者の団結が阻害されれば
   / <●>::::::<●>\  !   !  ブルジョワが台頭するのは目に見えているお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |!!il|!|!l|      |  /  正しい民族主義が存在するためには
  \     |ェェェェ|     //   民族を超えた強力なプロレタリア組織の存在が不可欠だお!』
  / __        /
  (___)       /


348 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:42:16 ID:a.60CVVw


         ___
        /     \  『多数・少数を問わずあらゆる民族の自決!
      / \ , , /  \  多民族国家における少数民族の地域自治!
    /  (●)  (●)   \  完全な民主主義!
     |     (__人__)     |   全民族の平等と特権民族の存在を許さないこと!
    \     ` ⌒ ´    ,/  そして、
     ノ          \    全民族の労働者階級を団結させる協力な統一プロレタリア組織!!
  ._i⌒i⌒i⌒i┐         ヽ
 ( l  l  l  l l             これこそが、民族問題を解決させる道だお!』
  ヽ      /


349 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:43:14 ID:a.60CVVw


           ___
           /⌒ ー、\    『それぞれの民族に国家を一つずつ与えろと主張する
          /( ●)  (●)\   分離主義にも同調する必要はないお
.      /::::::⌒(__人__)⌒::::::\  むしろそんなことをすれば労働者の団結が阻害されるお
  cー、   |     |r┬-/ '      |⌒,一っ
 ,へ λ \    `ー‐'      / 入  へ、 上記の条件を満たせば多民族国家として
<<</ヽ                     /\>>> 理想的な社会主義体制を構築することができるお』

         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\
    /   ///(__人__)///\  『つまりロシアは今の多民族国家としての形態のまま
     |       `Y⌒y'´    |
      \       ゙ー ′  ,/    社会主義国家となれるしそうすべきなんだお!!』
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |


350 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:43:33 ID:a.60CVVw

     ,...::´:.イ:::::i:::\:::::`:..、
    /.::/.:::!i:::::i::::::::ヽ::::::::\
   ,.':/::/::::i:::::!i::::::!:::ヽ:::::!:::!:i:::.:ヽ
.. /::/::::!:::!::i:::::!i::::::!::::::::::::!:::!::!::i::::!
  i:::i::i:::|:::i::::.::::i:!:::::i::::::::::::i::::!::i:::i:::i
  |:::i::i:::|::::ヽiヽリ、::::!::::::::i::|::::!::i:::i:::!   ふむ・・・
  !ヽ::ト、!ヽ:::jィ赱ハ::!:j::i:::i::! ヽ::i:::i::ト、
    ヾ7  ´   ノノ |::i/:::! j:::i:::iリ
    〈 _      i/ ヽiイ:!::i:::i'
.      ヽ_.. _       /   トj:::iN
.      iー     / /```ヽ
       ゝ--rrf´ /   ,  ´\
         トi´/  , ' ,...:':::::::::::ヽ
         i !j , .', .'.::::::::::::::::::::::::::i
         //' / ./.:::::::::::::::::::::::::::::::!


351 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:44:00 ID:a.60CVVw



          ___
       .. <=ォ爪:.: ̄> 、
.      .ィ´/{:.{/://:.:ハ:.:.:.}:.:.ヽ:\
    /:/:./:人\j/:.:/〈!:.:/|、:.:.}:. ハ
   ./:.:/:.イ:/:.:/ミV:.:ハ:.:.V:.:.|:.:V:./:.:∧  (・・・ロシアは多民族国家だ
   {:.:/|/:|:.{:./:.:.:.{/7≧ミV:/:.:∧/:/:.∧
   V:.:,{:.:|イ:.{、:.:/Ⅳ=ャァイ:.{:.:.:{:.:.}!':.:.:{:.ハ  革命が成功した後、
   }:/:Y瓜_|::V:::|`¨::´:::}/ヽ:.ハ:.|ハ:./:.}.:.l  我々ボリシェビキの独裁体制が敷かれるにあたって
   |':.:.:├゚〈::_:::::::::::::::::::':::::::}:|:.:}!-:〉!:.:l/|  民族問題が真っ先に直面する課題となるのは
   }ハ:.:.:}  `:::::::::::::::::::::::::::::Ⅵ/:::::ノ:.:jハ!  火を見るより明らかと言える・・・)
     }八  z=ー--:::::::::::::::::::: l:::T:.:}V
     |:.ハ  z=:::::::::::::::::::::::/::::::}イ:.:{
         ヽ  .::::::::::::::::;:イ:::::::::::::::>┴、
         ゝ:::::::::;::<:::::__;イ///,人
             丁 :::::;イ>イ//////////>---- 、
          /ハ ::/ /ハヽ///////////////,ム>、
       _/  } ::}////Vハ/////////////,ムア//,\
     //{ `ヽ |ノ/////Vハ///////////,ムア//////\
    ////,\ 〈 | .///////マ>x//////,ムア//////////ヽ
   ////////ハ } ////////// ̄ ̄///,ムア////////////ハ
  ./////////  } |:|///////////////,ハア//////////////,;{


352 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:44:39 ID:a.60CVVw



          ____  _,.-==-- 、
     ...-‐=三ニ≧弐ニミ´三ニ=-、
   /:,::::‐:'´/::::::,イ::::::∧:`:、`:、=:ミ、`::.、
  .::'::/::,:イ,イ:/::::::/i|::::::':::: ヽ:::ヽ:::ヽ:::ヽ::::\
. /:::/::::::'::::///:i:i:::': !|i:::i:::i:i::i::\:`::、::\:\::::::、
/:::/::::/::::/,イ':::i:l:::::::/!|:::|::l l::|:::、:::\::\:::ヽ::ヽ: 丶
:::/::::/i::://::l::::l:!:::::/::ハ:|::!:|::ト、:::\:::',::、:丶::丶::、: ヽ
/::: /::l:::'/:i::|:::l::::::;':::i:::::l:|::::|::|小ト、::ヾト、:ヽ: ',:::i、::i::::i
:::::/::::l::i::::;斗、!::::,i:::l::::::; |::::|:l/:::|、 ` 、!:::i:: i:ハ l::i |ヽ!
::::'::::::l::l::::' r 、!: /:|::l::::/:l:|::::!!: /|!=≧、ヾl::::l':::!|:::!:|:::|
:::::::::::|:|:i::i { !:/:/l:l: /: ハ!:: Ⅵ:八 {{ }!ヾ!::/i::: |:::: !: !
:::::::: i|:|:|::l y/:/:/l| ' / i∧::l {′ ヾ  }ハ. |::::|: /}:/
 ::::::!|:!:|::|V/l/ '. |::/ /' ヾ!.       '  、::::!/::::'  (ロシアにとって非常に経済的に重要な
  ::::::!:::|::l::i: '    !'                V,'/  ウクライナと北カフカース一帯では
   :::::::l:il:l:' i                ,   ノ´  民族主義が活発化している
   :::::|| |!. 、                r ´     民族自決によってこれらの地域が分離独立すれば
     ::ll {.  \          - ― 、‐'     たとえ革命が成功したとしても
     :!.     ヽ          _ノ       その後の国家運営が困難となるのは必然・・・
            、        /       特にウクライナと北カフカースの穀倉地帯が無ければ
          、.   , -‐丶   _ ′      ロシア人が明日食べるパンにも影響するだろう)
         \イ \    ̄
          \.  ヽ


354 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:45:25 ID:a.60CVVw




         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/    (やる夫はそのことを言っている・・・うん)
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´
     Ⅵ: l:::::`爪|            〈
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/
      |:∧l\:{    \       /
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ
     /           ,′
.  /\.____     人_
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \


356 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 22:45:30 ID:6extasVY

こういうところは現実的なのかw


357 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 22:46:15 ID:uSUy9xQk

ウクライナはおかげで後に何度も地獄を見ることに・・・


342 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 22:39:21 ID:EXbazlTA

そういえばやる夫は幼少時代飲んだくれの親父に毎日殴られ
そのせいで左腕が右腕より十センチ短かったとか
母親は熱心なロシア正教徒だったってホンマかな?
…どうもこのスレを見ていると幼少期エピは嘘っぽく聞こえるなあ。


345 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:41:15 ID:a.60CVVw

>>342
親父が酒飲みでろくでなしってのは本当のようです
ちなみに母親も強い人間で夫に殴られてはやり返し
最終的に夫を家からたたき出して追放してます


353 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 22:45:17 ID:FMvkWuVk

>>1が触れるかもしれないので挙げなかったけど、幼少期あたりだったらS.S.モンティフィオーリの「ヤング・スターリン」が読みやすくて入手しやすいんじゃないかなぁ
幼少期のエピソードはそこそこ信頼して好さそうではある、まぁ小説だけど


355 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 22:45:28 ID:EXbazlTA

>>345
レスサクンスどす、
まあやる夫のおかんの顔写真みたけど怖かったなあwww
男社会で夫を追い出すなんてパネエwww


358 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:46:20 ID:a.60CVVw




   // / / /イ' / / /| l |  ,ィ'  |ヽ  |
    // /// / // //! | //  |. | l. l.
   / /// /,/ /  /,.イ/| | /,! | ハ l l、|
   /// / / / / // //  | l|   ! ,. リ | |.| | !
    /  / /,イ,//彡 '// , || ,l / リ | | | |l |
   // '// /∠ ////  ||/ /,!/ イ! | | || |
     / / ' / /  //  ,/ | レ ノ//  ,! | ! |||
     /./ /∠  ,/// / ,.ィ1|///  // |l | ||
    /| | / /  //  _,.-7 / ∧ル' /,/ 川 l.|
.     | |// _,.,.ィ/rァ,.-、ヽ.y'、/ / /_/ / リ /
    | |/ /'/Xヽイ (.フ/) /ヘ',.ィ' ,r∠/彡/ ,!//
  / l |/!,//' /' !`¨7 ./ /r7/| /彡/ ,/イ/
     l{ |/   ′|     '′´  | '彡/ / |!
    / ` |               |/,/,l/
   /                  |V /
  '             ヽ- ,.. ノ
  \     `ー------- '/ ヽ       (こいつは、思ったよりも使い物になるかも知れないぞ)
.    \            /    ヽ
      \       /      |
      /ヽ、   ノ         |
   `¨ ‐'_    i  ̄  |        l
    / ヽ   |     |        |
   /    ヽ  l.     |     |
  /      〉 ,|      |      |
  \    / ` |     |       |
    `ト ノ l.  |    /       |
    |   | /  /       |

この時、やる夫の論文はレーニンから「素晴らしい!」と絶賛されたと言われる
これ以降、やる夫はボリシェビキにおいて民族問題の専門家としての立場を獲得し
レーニンから重宝されるようになった
これがやる夫の出世街道のスタートラインを引くこととなる


359 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:47:20 ID:a.60CVVw



【補足】


          ____
       _, -' ´___` '‐ 、_
    ,  '´ _,-'´,-――- 、、 ´ヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/  レーニンに絶賛されたいうのは
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !   やる夫本人の証言に基づくものです
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l    ですので、本当かどうかはわかりません
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|     やる夫個人崇拝時にもその前段階にも
       l \     _    ,/ |     やる夫は自身の権威の為にレーニンとの親密さを
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |     数多く創作する必要性に迫られましたので
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!

               ___
          _, -' ´___\
     ,  '´ _,-'´, -――- ゝ、
    /  ./ /      l ト、\
   \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
     l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
     l | l | ┬::cr / / ┬c」 |
      l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /  ただし、民族問題に関する重要なポストを
      l | l l⊂⊃‐       ‐⊂/  与えられることになったのは事実です
      ! | |ヽ|        -   リ
      ! | lゝ、          /|    誇大広告の差はあれど
      ! | |::::::::::ー┐ r‐:::イ:l. |    ある程度は真実でしょう
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !


360 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:48:27 ID:a.60CVVw


          ____
       _, -' ´___` '‐ 、_
    ,  '´ _,-'´,-――- 、、 ´ヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||   ちなみにやる夫はこの論文の発表において
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l   初めて「あの」筆名を用います
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|
       l \     _    ,/ |    『スターリン(鋼鉄の男)』
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !   崇敬する師匠レーニンの筆名とわざわざ語感の似たものを
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !   選んだとも言われています
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!   (セックスフレンドの苗字から取ったとも言われてたり・・・)


【補足終わり】


361 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:49:08 ID:a.60CVVw



1913年、やる夫はレーニンの元を離れロシアに帰国したと同時に
さっそくオフラーナに逮捕されシベリアへの流刑を言い渡される
        ____
       /      \
     /  ─    ─\
    ./    (●)  (●) \
    |       (__人__)    |、  またかお
r―n|l\      ` ⌒´   ,/ ヽ
  \\\.` ー‐ ' .// l     ヽ
.     \        |      |
.       \ _  __ | ._   |
        /,  /_ ヽ/、 ヽ_|
\      // /<  __) l -,|__) >
  \.    || | <  __)_ゝJ_)_>
    \.   ||.| <  ___)_(_)_ >
      \_| |  <____ノ_(_)_ )

やる夫にとって生涯最後の流刑でもあった


362 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:49:39 ID:a.60CVVw



流刑先は当初は北東シベリアであったが
脱走を防ぐために他の流刑囚と一緒にシベリアのさらに北部
トゥルハンスク近辺のクレイカという寒村に移された

 ...:. .:.:.:..... ...:.:.:. .:.:.:.:.:.... :.:.:.:. :.:.:.:.:.:.: .:..... ...:.:.:. .:.:.:.:.:.... :.:..:.:. .:.:.:.:.:.... :.::.:.... :.:..:.:. .:.:.:.:.:.:.:. :.::
 . ....  ...:.:.:.:.:.: .:.:.:.. .... .. ..:.:.:.:.:.:.  :.:.:.:...   .:.:. ...:.:.:.:.:.: .:.:.:.:...  ..  .:.::.:. :.:.:...  :.:.: .:.:
                 .:.:. .....:.:. .:.:.:.   . :. .:.:.: .:. . . .....:.:. :.:.:. :.:. . . .... .:.:. .:
;ソ;; ;:;ヾ ゞゞ;;;ゞゞ:;ゞ ;;;;ゞ          . . .. ...:.: . .:.  ... .:.:. :. ..  . :. .:   . . ... ..
;;;'ミゞ;;ソゝ:::":;ヾ ゞゞ:;::; ;;;:;ヾ ゞゞ    . ... .. . .... ..   .:.   ..  .. ....  ..  .. ..
;;;。;";;';;;:;ヾ ゞゞ"”;"”";;';:;";;;:;ヾ ゞゞ'      . . . .. . . . . . . ..  . : .
ノソ:;";;';:;";;;:;ヾ ゞゞ;:;ヾ;ゞゞ;ゞ ヾ;ゞゞ;ゞ                 ノヽ人从ハヘ ノミゝ人
;;;;;(;li/::;;;;ゞゞ:;ゞy”:;ゞゞ;ゞi/:;";;ゞゞ:; ミゞ;;ミゞ             彡::ソ:ヽミゞヾゞ:;ノミヾ::
;;;⌒";ゞゞ;ゞ ヾ:::::"`";;';"”";;';"” ”";;';"”              ノノキ;;ゞilノミ彡个ヽミ爻ゞ
;;;;;ヾノソ";;';"”/ ::,;;ヾノソ";;'ミゞ;;ソゝミゞ;;   ' "''' .':'''' " " '"' "'''. '::: "' "'':::'"''::'':::':'''':::'"''::':'"''
ノ:、\ゞ;ゞ ヾ;li":; / " `;:;";;';:;"”:; ..:i;i;!;!;!i;;..i;i;...;!;i;i;.i;i;,, ..i;ii ,,..'.;'":;. :..''"'"    "''' '''.'
::';" ;;;";;'//;" ;;:。,ゞゞ;ゞ ヾ”:;;  : .:.  .:   *。 .:  .:.:.:.:.';''"'"'i;i;il;l;";!;!i;i;i;;'"'  "'''."''' '''.'"'''.
'ミゞ\” ;:; ::, ;;;;(;;;:`;:;ヾ ゞゞ  :.:.::: :.:.:. :: :: :: :::。: :: :.:. :.:.: ::: : : : ';i;i;i;''!;!;i;:' "'''.  。.. ,、
.:.:.;;:。,,;'ヾ;ヽ ;ミi!/;';"y”” ::::::::::.:.::::. : : : : : :.:.:.:. :.:. : : : : : : : : : :-:::;!;!;!;!;i;:."'''、::::::'''.'"
.:.:.:.:.:.:.:.::l' ;:;ミi!/ );;;)   ;;;  .:.:.:::::::::: ~:::::::::::..:.:.::.:.:.:._::::::''"'"' "'''.':'''"'ヽヾ.. '.':,、,、:::. :::
.:.:.:.:.:.:.:.:,i' ;:;ミi| .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::: :::::::::: :::::: :::::::;;''"'"' "'''.'''.;'":ソ''.':,、,、::::::。.. ::"::::::''"'""::'
,, ;''.'''"':.i' ;;,;ミi|、 ,, ;''.'''"'ヽヾiツィ "'''ヽ ,、 ':,、,ヾi ,、  。.. ,、 ':,、,、::::::。.. ::":::
.:.:.:.::.:.,.,i' ;:,,;,ミ'i,, :,ミ'i,,'.':,、,、:::. "::::::''"'"' "'''':,、,、::::::。.. ::"::::::''
::::'''.''.:wijヘ;;vkWゞ::::::'''.''.':,、,、:::. ':,、,、::::::。.. ::"::::::''
"::::::''、:::.'.''.''."'''

この辺りはすでに北極圏である

    ,.:-=,1;ー;1―,=;:、
   =         ゙ミ
    ミ     .★.    ゙ミ
   ミ          ゙ミ
   ミ;======:゙ミ
   / ─    ─ \
  / -=・=-   -=・=- \   いくらなんでも辺鄙すぎないかお・・
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /


363 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:50:36 ID:a.60CVVw



やる夫達は例に漏れずのんびりとした流刑生活を・・・とはいかず
さすがに今までよりはきつかったようである

;:;:;:;:;:;:/ノノノノ/ `ミミヾ彡ミヾヽゞ 彡ミミヾ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:ノ/ノノ/ノ/         ヾヽ\ヘ三彡ミヽヾ丶;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;://////丿   ./ ̄ ̄ ̄\            ヽヾ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;://////ノ   /       \        //ノ/;:;:;:;:;:;:;:;:;
//ノ ノ//  /          \  ら    (((丿ノ;:;:;:;:;:;:;:;:;
| /ソ丿ノ/  (   (○) (○)   )  む    ヾヽノ;:;:;:;:;:;:;:;:;
彡ノ//   \ \ (__人__) / /   ノ   ///;:;:;:;:;:;:;:;:;:さすがに寒すぎるお・・・それと何もなさすぎるお・・・
彡ノ/    /     ⌒    \  (     (( (;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
/ノ//     |             |  る    ///;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
\ヽヾ     |            |       ノノノ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:) ) )     |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|      //ノノ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:ヾミミ))     |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|     //;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:


364 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:51:31 ID:a.60CVVw



とは言え生活は充実していた
例のごとく地元住民や流刑仲間と交流を深めていた

特にやる夫は常人ならざる釣りの才能があったようで
地元住民を感服させている

                       /7、
                      // `)
               .      //  (
           ____     .//   `ヽ、  いっぱい釣れたお!
         /⌒  ⌒\   //      \
       /( ●)  (●)\ //.        ', 
      /::::::⌒(__人__)⌒,ィ⌒).'‐.、      . ¦
      |     |r┬-| / / (_.ノ         ',
      \      `ー/ ///      .     ',
       /    ../ / //       .    .. )
                              ./
                             .(_.
 

      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(`・ω・´)(`・ω・´)∧∧
 (`・ω・´).∧∧) (∧∧(`・ω・´) おお!すごいじゃないか!
 | U (`・ω・´)(`・ω・´) と ノ  あばたのヨー!(※)
  u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'

(※・・・流刑先でのやる夫のアダ名。天然痘の後遺症で顔にあばたがあった)

釣りの他にやる夫は動物の肉などを得るためタイガ樹林に分け入っていくこともままあった
この時のやる夫の生活は狩猟採集民とさして変わりがなかった

石器時代と違うのはタイガに入る時にスキー板という文明の道具を用いていたことぐらいだった


365 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 22:52:03 ID:EXbazlTA

やる夫の青春はシベリアだなwww
帝政時代は行動自体は自由だったのに、ソビエト時代には…


366 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:52:35 ID:a.60CVVw



【補足】
          ____
       _, -' ´___` '‐ 、_
    ,  '´ _,-'´,-――- 、、 ´ヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/  ちなみにこの流刑期間中に
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !   やる夫がオフラーナと内通した
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||   「やる夫オフラーナスパイ説」がよく取り上げられることがあります
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|    来る大粛清はオフーランスパイ時代のことを知っている
       l \     _    ,/ |    人間たちを一掃するためのものだったとの主張もあります
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!


367 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 22:53:07 ID:w896AVPA

>顔にあばた
写真や肖像画だと、まるで確認できない。
やはりアイドル同様、見栄えを意識して修正加工を施していたんでしょうか?


370 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:54:57 ID:a.60CVVw

>>367
ソビエトのコラ技術は異常
もちろん修正バリバリです


368 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 22:54:04 ID:uSUy9xQk

自分みたいな犯罪者にぬるかった帝政ロシアがどうなったか当事者として知ってるわけだし


369 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:54:05 ID:a.60CVVw



       --―- 、
   /  --―‐- 、\
. / / .--― -、 ヽ ヽ
〈  / / :/.: :: :: ::イ::\. l ヘ、  しかし、実際には
 ヽト. i.::イ_,:/.:/!:: :: | |_/  当時の地下活動中の革命運動家達の多くが
  i:l人/ミ:イ/ ーl‐:|::l |:l   オフラーナの追跡を振り切るために、
  l:| i:代ソ   イ::ツV:/ l::|   あるいはその内部情報を得るために
  l:l ゝ '' 。 `∠:イ |::l   スパイとして買収され逆にオフラーナの情報を革命勢力に流す
  !:! |:: >--r:: '´:: l {::l   「二重スパイ」という手法をよく用いていたのです
  !:i lぐ \/` ー、| l::l
.  j.:l l ィ,小`ヽ /' l| l::|   やる夫もおそらくはその手の手段をもって
.  !.:Lノ:V/il|└' /  lL」::l   自らの刑期の短縮などを図っていたと思われます
 /.:k7 r―i:|.__/  |:: :: :i
 i:/ xぐ乙.∨::〈 r、 」:: :: ::i

【補足】


371 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:55:24 ID:a.60CVVw



流刑中のある冬の日のことである
やる夫はタイガに分け入り大量のウズラを仕留め、帰路に就くころであった

WWiiレ'Www;;;;;::::::き  :::::::;;;;;......  ::ろ::::  :::::::wwii;;;;;:  :::WwwwW:: イ
|lii:: i|/リリW-'`"^" ;;;;iiiiiiiiWWww;;;;;::..ゝ:::::;≦::: :::iiiii:::::::::::::::::wwiii::::::::.......  ;;ゝ
|lii:: i|  、....   `^'-WWlii:ノノリリk'`"^;:ミ::::::`Ww、iiii\`WWWiiii;;;;;;;;::::::::;;;;;;;き´:::y
|lii:: i| ろ::::::....  ..:::k |lii: i|;;;;:::::::;;;;;;;:;;iiWwiiiiiiWwili: l :iレWWW;;;;k'^:::::k Z
|lii:: i| ラ:::::::::;;;;;;;;;;;;;;:::;;ゝ|lii: i|;;;;Wiwノノ;;:::ゝ |i: :iiレ' .|i: l川|/リリ-'`~;;;;: ::Z ミw
|lii:: i| ラ:::::::::;;;;;;;;;;;;;;:::;;;;ゞlii: i|;;;;Wiwノノ;;:::ゝ.|i: :ii|  |i: l川| wwiiiiw::::::,,r''::::y'ww
|lii:: i| ミ;;;;,,ゝ;;;レ/;;;::::k |lii: i!WリリWii-''"`" .|i: :ii|  |i: l川|^'w|川k'w^ii/'"´WWW
|lii:: i|  `w:!iiii!wWk'ゝ |lii: i| .|i:::|     |i: :ii|  |i: l川|  |川 |l:i|    |i:|  ,,iiゞ~
|lii:: i|    |i::|     |lii: i| .|i:::|     |i: :ii|  |i: l川|  |川 |l:i|

    ,.:-=,1;ー;1―,=;:、
   =         ゙ミ
    ミ     .★.    ゙ミ
   ミ          ゙ミ
   ミ;======:゙ミ
   / ─    ─ \
  / -=・=-   -=・=- \   あれ?ちょっと道わかんなくなってきたお・・・
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /


372 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:55:55 ID:a.60CVVw



      ,.:-=,1;ー;1―,=;:、
     =         ゙ミ
      ミ     .★.    ゙ミ
     ミ          ゙ミ
     ミ;======:゙ミ
      /ノ  \   u. \
    / (●)  (●)    \  こんな道だったかお?
     |   (__人__)    u.   |  ていうか方角わかんなくなってきたお
     \ u.` ⌒´       /
    ノ            \
  /´               ヽ

      ,.:-=,1;ー;1―,=;:、
     =         ゙ミ
      ミ     .★.    ゙ミ
     ミ          ゙ミ
     ミ;======:゙ミ
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \ や、やべぇお・・・もしかしてこれって遭難かお・・・?
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \


373 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:56:27 ID:a.60CVVw





          ; ____;
         ;/      \;
        ;/   /   \\;  さ、寒くて死にそうだお・・・
      ;/   o゚((○) ((○)゚o  体の震えが止まらんお・・・
      ;l        (__人__)   |;
      ;\     ` ⌒´   /;
      ;/             ヽ;


374 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:56:49 ID:a.60CVVw



     ____
   /      \
  /  ─    ─\  あ・・・なんか・・・急に瞼が・・・重た・・・
/   (=・=)  (=・=)\
|       (__人__)    |
\      ` ⌒´   /


375 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:57:03 ID:a.60CVVw


         ____
       /      \
      /         \   な・・・・・・・て・・・・・
    /              \
    |       (__人__)    |
     \     ` ⌒´   /


376 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 22:57:11 ID:uSUy9xQk

ここで死んでれば・・・


377 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:57:23 ID:a.60CVVw


         ____
       /      \
      /         \    ・・・・ ・・ ・ ・
    /              \
    |       (__人__)    |
     \     ` ⌒´   /


378 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 22:57:32 ID:lCesQllQ

ロリっ娘とのエピ?


379 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:57:43 ID:a.60CVVw



   ―――――同志やる夫!!!

       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\   はっ!?
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /


380 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:58:05 ID:a.60CVVw


         ,、    ,、
         .| |   | |
        |   |___|   |
        |         |
       | ___   ___    |    なにをしてるんだ!
   ∩   i´●`> <´●`>  |    こんなとこで寝たら死ぬぞ!!!
   | |   |  ̄、_,、_,  ̄    |
.   | |  |    !.ノ        |
    \ \|              |
     \|               |
      |              | |
       |               | |
      .|               | |
      |               l ∪
       |              /
      \           ./

この時、まさにやる夫はあと一歩で凍死する寸前であった

この九死に一生の遭難劇を
やる夫は死ぬまで若いころの冒険活劇として好んで酒の席で語っていたとされる


381 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:58:50 ID:a.60CVVw


      ____
      /_ノ ヽ、_ \
   o゚((●)) ((●))゚o   あと一歩で死ぬところだったお!!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::::\  同志カーメネフに感謝だお!!
  |       |r┬-|     |
  \     `ー'´     /

                    /l     、
                  / |,,_   / l
                 /   :::::::~-'  l
                /   ::::::::::::    l 一向に戻ってこないから何事かと思えば・・・
                /  「●」::::::::::::::  |
                l   :::::::::::::「●」  |  まさか死にかけとるとはな・・・
               |   ::::::::lゝ::::::::::  |
              l   ::::::::::::::::::::::::::  |
              |  ::::::::::::::::::::::::::::::::  |


382 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 22:59:19 ID:uSUy9xQk

カーメネフちよ父かよww


383 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 22:59:27 ID:6extasVY

皇帝じゃないかw
何をなさってるんですw


384 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 22:59:36 ID:a.60CVVw



              /~" 、     /~"、
               /::   'l      /::  l
             /..:::   i,    / :::    l
              / ..:::::   `~';:::     |
              / ...::::: : :    ''''      |
            /. : ::::::::::: : :            |
           /.: : : : ::::::::::::::          |
          /.: : : : ___;::::::..    ____   |
          /. : ::/|;;;;;;;;;|\::::  /|;;;;;;;;;|\  |
         |. : ::<  |.;;;;;;;;;|  >:::<  |;;;;;;;;;.|  > |
           | : : ::::\|:::::::::|/::::: \|:::::::::|/   l
         | : : : : : :::::::::::::::::::::::::            |
        l : : : : : : ::::::::::::::;;:::: :;;::::: ,          |
/"ヽ       | : : : : : :::::::::::::::::~T-´`-T         |
|:::: :|     | : : : :::::::::::::::::::::::::::ヽ_〃           |
'| :: |    |: : :: : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         |
. |:::: l     l : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.......     |
 |::::: ヽ  ,ノ : : : :::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.|、
 |::::::"~ : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::':::ヽ
          流刑囚 レフ・カーメネフ

この流刑においてやる夫はボリシェビキの大物、
ジノヴィエフと並ぶレーニン最大の盟友となる人物、レフ・カーメネフと出会う
両者は意見を交換し、流刑中に協力関係を築くことになるのだった


385 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 23:00:29 ID:a.60CVVw



     /l   /`l
    /   l  / |
   /    l /   |
   /      ̄    |  君がロシア事務局責任者のやる夫くんか
  /          |  噂には聞いておったよ
  /    く●〉  く●〉|  私は君の後任で事務局責任者となったのだが
 l            l  同じく逮捕されてしまってな
|        フ    |  流刑先まで一緒になるとは何かの縁を感じるではないか


       ___
     /      \
    /   ⌒   ⌒\    まったくですお!
  /     ,(⌒) (⌒)、\   こんな辺鄙なシベリアの片田舎で
  |     /// (__人__)/// |   あなたのような同志に巡り合えるとは
  \      ` ヽ_ノ   /   多大な幸運ですお!
    ヽ    , __ , イ


386 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 23:01:02 ID:a.60CVVw



         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\  ところで娑婆の方はどうなってますお?
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \ こんな世界の果ての寒村ではロクに情報も入ってきませんお
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /


           /l     、
         / |,,_   / l
        /   :::::::~-'  l
       /   ::::::::::::    l
       /  「●」::::::::::::::  |    ・・・娑婆か
       l   :::::::::::::「●」  |
      |   ::::::::lゝ::::::::::  |
     l   ::::::::::::::::::::::::::  |
     |  ::::::::::::::::::::::::::::::::  |


387 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 23:01:02 ID:w896AVPA

フューラースレだと、初面会時のやる夫とちよ父の間には天と地ほどの差があったんだが…


388 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 23:01:03 ID:WaHKdJhE

ここで凍死させておけば……


389 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 23:01:58 ID:a.60CVVw




::::::::::::/   |:::::/   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::/    |:::|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::|           |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::|           |::::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:::::::| <●> <●> |:::::::::< ・・・戦争だ
::::::|               |:::::::::::::\__________
:::::|     ヽフ      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


         ____
       /      \
      / ─    ─ \  え・・・?
    /   (○)  (○)  \
    |     (__人__)    .|
     .\     ` ⌒    ,/


390 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 23:02:31 ID:a.60CVVw



             / i   ./ヽ,
            /:::  | /   ',
           /:::::  ""       i
            /::::::         l
             /::::::          i
         /::::::           |
           /::::::            |
        /::::::             |
       /::::::              |     ドイツがロシアへ宣戦し、ベルギーを蹂躙した
       /:::::               ヽ    フランス・イギリス・トルコ・オーストリアも参戦だ
      /:::::                 ',    南はバルカン、東はポーランド、西はフランスにおいて
     //:::::                     ',.    数百万単位の軍勢がぶつかり合っている
     /::!::::::               丶 !
    /::l:::::::                 l, l
     i:::|:::::::                    |i l
    |::|:::::::                  || |


391 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 23:02:54 ID:uSUy9xQk

WW1か・・・


392 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 23:02:55 ID:a.60CVVw



              /~" 、     /~"、
               /::   'l      /::  l
             /..:::   i,    / :::    l
              / ..:::::   `~';:::     |
              / ...::::: : :    ''''      |
            /. : ::::::::::: : :            |
           /.: : : : ::::::::::::::          |
          /.: : : : ___;::::::..    ____   |
          /. : ::/|;;;;;;;;;|\::::  /|;;;;;;;;;|\  |
         |. : ::<  |.;;;;;;;;;|  >:::<  |;;;;;;;;;.|  > |    世界大戦だよ、同志やる夫
           | : : ::::\|:::::::::|/::::: \|:::::::::|/   l
         | : : : : : :::::::::::::::::::::::::            |
        l : : : : : : ::::::::::::::;;:::: :;;::::: ,          |    今やヨーロッパ全域が戦場なのだ
/"ヽ       | : : : : : :::::::::::::::::~T-´`-T         |
|:::: :|     | : : : :::::::::::::::::::::::::::ヽ_〃           |
'| :: |    |: : :: : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         |
. |:::: l     l : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.......     |
 |::::: ヽ  ,ノ : : : :::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.|、
 |::::::"~ : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::':::ヽ


393 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 23:03:23 ID:EXbazlTA

だからここでやる夫が死んでも帝政ロシアが倒れた時点で
死人がいっぱい出るのは避けられなかったんだよwww

でなんで石男はちよ父なんだよwww


394 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 23:03:55 ID:a.60CVVw



1914年8月、ドイツのベルギー蹂躙を切っ掛けにドイツ・オーストリア・トルコ中央同盟と
イギリス・フランス・ロシア三国協商による世界を二分した大戦争が勃発する


           ,,-、く~~ヽ、 っ  ヽ,          /~~ (
           (    __ノ ヽ-,  |          )  /´
          _/     | _ ,ノ   ヽ         `) ~|
         \___ノ )`´    |        __ ,)  レ~、
                ,-´、_    ´つ   /~~~´
              ,,-~~`   ,,ノ   /
              ´~~~~、_ノ ,~-´
                  、-、 ,,-ノ
              |~~~~`ツ
              `ヽ,
                ~ヽ
                 )
     ,,、,,-、          |
     |   `‐- 、,     ノ                  ,--,
     /      ~`~~´             __     )  ヽ
    /                  ,~、__  _~´ `丶   ヽ  `ヽ
   /                  |   `-´   _、 `|   `|,  \
  /                ,__,-´        ( !  \   \  ~~~`ヽ,,_
  `/              /           、二,   `ヽ_,,   ̄く    |
  /,             (  _ 、‐、 ο     ´i  |      `-、   ,~_\ i
  ~ `´ヽ,         /´  ~  `´       ) ,,_|        `i ヽ, `´ ヽ
     |__,,-‐‐-、,, ,,-‐`              `´          ) ,-!     )
     ,,-‐、    ~                       i~~`-‐フi_/
  _,,/   ` ‐-´i_ - ‐ ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`‐ ´`‐`―´~ヽ,っ  `\_  )


全ての戦争を終わらせるための戦争、世に言う第一次世界大戦である
やる夫はその歴史的瞬間を、流刑先のシベリア、世界の果てで迎えたのであった・・・


395 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/08/04(木) 23:05:37 ID:a.60CVVw

とりあえず第二話はこれにて終了でございます

第三話は2月革命から10月革命へ
そして運命の地ツァリーツィンまで行けたらいいなーと思っております

ではまた来週の日曜日に・・・


396 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 23:05:42 ID:uSUy9xQk

WW1スレでもレーニンとやる夫は最近の回で出てたなw


397 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 23:06:48 ID:6extasVY

Товарищ>>1(один) Ура!

ちよ父は2つのスレでww1の当事者だった


398 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 23:07:06 ID:PAxY.KCc

乙です。

WW1の間鉄男は捕まっていたのかあ。


399 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 23:07:41 ID:4isuQx3s

Товарищ>>1(один) Ура!


400 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 23:07:56 ID:wV/j/ZTA

乙でした~


401 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 23:08:28 ID:uSUy9xQk


最初期のボルシェビキの面子が段々出揃ってきたな

同志やる夫Ура!


402 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 23:08:54 ID:lCesQllQ


>>398
戦争も革命も、やる夫は脇役www
彼が出てくるのは内戦から。


403 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 23:09:05 ID:FMvkWuVk

Товарищ>>1(один) Ура!


404 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 23:09:13 ID:WaHKdJhE

何が始まるんです?


405 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 23:10:51 ID:KdQ/aLFc

同志>>1Ура!

>>404
地獄の門が開くのさ


406 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 23:13:03 ID:uSUy9xQk

やる夫が目だってのし上がるまではまだまだ長いが
そこまでの人間模様や情勢の変化も面白いからな

まあ死体の山が延々と続く事に変わりはないのだが


407 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 23:13:36 ID:EXbazlTA


俺は一年のゼミでスターリンやったけど、資料によってきゃつの印象って全然違うんだな。
俺のイメージ、事務面がすんげえ得意・レニーンには利用する駒程度にしか思われなかった
世界史史上の冷酷非情だが妻にだけは優しかった、くらいかな。

息子についてはネタバレになりそうだから言わない、スターリン秘録ってどれくらい信用できるんだろう。
なんか他の本では女のエログロ拷問の描写ばかりで読むのを止めたけど。


408 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 23:16:47 ID:lCesQllQ

小説だけど、ソルジェニーツィンの『煉獄の中で』に登場人物として
出てくるスターリンが好きだな。


409 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 23:17:02 ID:ko4GpjQQ

Товарищ>>1 Ура!


410 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 23:38:07 ID:phkIeLYs

乙でした。ほむほむ、白面、ハルヒなど、この時代を扱うスレでは常に配役
に作者の工夫ぶりがうかがえたファンファン大佐が、遂に堂々たる主役・
やる夫の地位を射止めたとは胸熱だなおい^^ 
逆にこのスレではヒトラーが誰になるか、今から楽しみだw

ただ、ヒトラースレでは乙は普通に乙だったのに、ここだけロシア語の
芸が出てくるのは何か気になるわ。あまりシンパシーをもって見るべき
相手じゃないと思っているだけに


411 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/05(金) 00:08:46 ID:Grnjh2VQ

同志>>1Ура!


412 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/05(金) 00:12:25 ID:F2AGDKA2

>>1Ура!

そしてニェムツィの恥ずべきスパイ>>410をルビャンカ送りに!


413 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/05(金) 00:27:14 ID:9uawx4Qo

>>410
白面は「フューラー」スレで、ハルヒは「雪中の奇跡」スレなのはわかるんですが、
ほむほむって、どんな奴か想像できません。なんという名のスレで出てたのか教えてくださいm(_ _)m

あと、「雪中の奇跡」スレでは、銀様がヒトラー役でしたね。


414 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/05(金) 00:39:38 ID:xAB6zKPA

>>413
やる夫で学ぶ第一次世界大戦


415 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/05(金) 02:19:25 ID:ssBKj8Ok

トロツP様の動画のスターリンはプラウダ編集時代にレーニンの原稿を没にしたり
あんまりレーニンに心酔してる風では無かったな。実際の関係はどうだったんだろう。


416 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/05(金) 03:03:08 ID:01eSHSGQ

>>413
「魔法少女まどか☆マギカ」の暁美ほむらってキャラ。
ほむほむは愛称。


417 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/05(金) 03:55:56 ID:j0hZYSOU

>>407
あの本読みやすくていいよね。
モンテフィオーリやヴォルコゴーノフの本も分厚いけど読み応えあるよ
トロツキーの著作は、まあ読んでも読まなくても


418 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/05(金) 07:43:20 ID:QPBESMPY

フォトショップも無いのにどうやって写真を加工してたんだろう


419 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/05(金) 08:33:53 ID:zuXVGA4E

>>410
ヒトラーは日本にガチの信奉者がそれなりにいるけど
この人はほとんど信奉者がおらんからネタになるんじゃないの

>>418
暗室作業で写真を合成するんだよ


420 名前:祭りの準備はOKかお:2011/08/05(金) 11:40:31 ID:PWv6O.kE

しかしすごい技術だw

スターリン時代のソビエトで行われた様々な写真の改ざん
http://gigazine.net/news/20070309_commissar_vanishes/

元スレ
やる夫は赤い皇帝になるようです
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1311422718/