ホーム

Admin

SITE MAP

Cut

Res

ブックマーク

RSS

MAIL

PageTop

PageBottom

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-)

2012/05/07(Mon) 11:41
2はる ◆L96SZTATM62012/05/05(土) 16:49:34 ID:GmP9idAI0
―やる夫の家―
  _
  |:  |
__,.|:  |__,.,_ _ __ __,.,___,.,__, ,__,.,_ ____ __,.,_ _ _ ,.,___,.,__,, _, _,, _ __,.,___,.,__,,____ ,_.
  |:  |
  |:  |               __________
  |:  |            /\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\           _,,-          ここは日本
  |:  |            //   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\         |_,,-
  |:  |          ∠/      \_________\         |.i-           やる夫は高校3年の受験生
  |:  |           | ___  |    | ̄| ̄||≡|   |_           !.l-
  |:  |           |/\   \|__|_|_||≡|_ |」___    |              受験を控えているのに遊びほうけています
  |:_|          //  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ .,,-''!.i-
  || ̄|          ∠/     \______________\,:::!.i-              そこでやる夫母が家庭教師を雇いました
  ||≡|  ,;:'""':;, '""':;, '""'':;,      |___i ..| | ̄| ̄|||≡| ,;:'""':;,"'':;,"'':;,
  ||≡| i':::::::::::::'i,,::::::::'i,,::::::::'i,      |┐┐|__|::::| | _|  |||≡|i':::::::::::::'i::,:::i,::::i,
  ||≡| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |┐┐|||| :::| └| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ||≡|::::::::              |   |┐┐|||| :::|__| | ─┐
  ||≡|::::::::              |   ├―――‐|   | |   ̄
  |: ̄|::::::::             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
,、,.|,.、.,|、.,.,,.、.,、,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.|,、,.、.、、.,,.、.,.,,.、.,.,,.、,.,| |、.,.,,.、.,.,,.、.,、.,.,.,,.、.,、.,.,.,.,.




             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \      母ちゃん、ただいまだお
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄

3はる ◆L96SZTATM62012/05/05(土) 16:50:46 ID:GmP9idAI0

  γ::::::::::::::::母::::::::::::ヽ、
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ        あら、やる夫おかえり
γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
(:::::::::/ ─    ─ \:::::::)        突然だけどね あんたがちっとも勉強しないから
\:/  (⌒)  (⌒)  \ノ
 |     (__人__)     |        家庭教師の先生をお願いしたの
 \    ` ⌒´     /
 /            / 
 \       (__ノ




        ____
      /  ノ  ヽ\
     /  (○)}liil{(○)     そんな、勝手に困るお
   /     (__人__) ヽ
   |       |!!il|l|   |     
   \        lェェェl /
    /         ヽ
    しヽ        ト、ノ
      |    __    |
      !___ノ´  ヽ__丿




   γ::::::::::::::::母::::::::::::ヽ、
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    …と言ってもねぇ
 γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
 (:::::::::/   ―   ―\:::::::)    もう来てくださってるのよ
 \:/     (●)  (●)\ノ
.   |       (__人__)   ,|     会うだけでも…
   \      `⌒´  /
    /         ヽ       あ、先生

4はる ◆L96SZTATM62012/05/05(土) 16:51:27 ID:GmP9idAI0

 | 三_二 / ト⊥-((`⌒)、_i  | |
 〉─_,. -‐='\ '‐<'´\/´、ヲ _/、 |
 |,.ノ_, '´,.-ニ三-_\ヽ 川 〉レ'>/ ノ
〈´//´| `'t-t_ゥ=、i |:: :::,.-‐'''ノヘ|                     貴様がやる夫か
. r´`ヽ /   `"""`j/ | |くゞ'フ/i/
. |〈:ヽ, Y      ::::: ,. ┴:〉:  |/
. \ヾ( l        ヾ::::ノ  |、
 j .>,、l      _,-ニ-ニ、,  |))
 ! >ニ<:|      、;;;;;;;;;;;;;,. /|       ___,. -、
 |  |  !、           .| |       ( ヽ-ゝ _i,.>-t--、
ヽ|  |  ヽ\    _,..:::::::. / .|       `''''フく _,. -ゝ┴-r-、
..|.|  |    :::::ヽ<::::::::::::::::>゛ |_   _,.-''"´ / ̄,./´ ゝ_'ヲ
..| |  |    _;;;;;;;_ ̄ ̄   |   ̄ ̄ / _,. く  / ゝ_/ ̄|
:.ヽ‐'''!-‐''"´::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、_    / にニ'/,.、-t‐┴―'''''ヽ
  \_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ /  /  .(_ヽ -'__,.⊥--t-⊥,,_
\    ̄\―-- 、 _::::::::::::::::::::__::/  /  /   ̄   )  ノ__'-ノ
  \    \::::::::::::::`''‐--‐''´::::::::::/  / / / ̄ rt‐ラ' ̄ ̄ヽヽ
ヽ  ヽ\   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      /   ゝニ--‐、‐   |
 l   ヽヽ   \:::::::::::::::::::::::::::::::/           /‐<_  ヽ  |ヽ





         ____
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                            ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
         イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・



続きを読む


2012/05/07(Mon) 11:45
17はる ◆L96SZTATM62012/05/05(土) 17:55:35 ID:GmP9idAI0
 '´  _,. -‐'^ヽ  i ヽ┐
 \  l   r'^ヽ \ノ / l_
 \ _/  ,.-、/  ヘ、 //  l
 ,三.l   i-‐‐,! ,!ミr‐v‐<^i ハ
 ーァ'  /__.二/-弋 、 ,ハ¨i l l
 <_ノ`゙ニ_‐-x  )`ヾV ! /
 '´/i _ヽ.\でアミ、.、ノ _,.ォ'"ノ      早いかもしれんが第二回だ
 ト-'i"  l ` ̄ /-‐キイヲ'´!
   ミ   ,'     '、  l ∨
           \'´_ブ
 ハ.    i. r'   ,. _`',.l
  i.     ', 弋ニ´-‐‐〈!l
 . i        `¨´ ̄ニ!
   ヽ、   ヽ `¨"´T^!
 ノ    丶、 '、_,,.. 二ノ
 ─----...,,、_`´: :>''´
 :::::::::::::::::::::::::::`ヽ、!
 ト、::::::::::::::::::::::::::::::|、


            ____
          /― ― \
   rヽ     /(●)  (●) \      早すぎだお
   i !   /   (__人__)     \
  r;r | ヽ |    ` ⌒´      | 
〈     } .\           ./
 l    /  /           \
 ヽ   l /              \




      _ ノ ̄ ̄`ヽ、―ニ 二
     / / ´`ヽ _  三,:三ー二
   / ノヽ--/ ̄ ,    ` ̄ ̄ ̄
  /  }  ...|  /!
 |   _}`ー‐し'ゝL
 \  _,:ヘr--‐‐'´}    ;ー------
 /  ノ`ヾ:::-‐'ーr‐'"==-

18はる ◆L96SZTATM62012/05/05(土) 17:56:50 ID:GmP9idAI0

 | 三_二 / ト⊥-((`⌒)、_i  | |
 〉─_,. -‐='\ '‐<'´\/´、ヲ _/、 |
 |,.ノ_, '´,.-ニ三-_\ヽ 川 〉レ'>/ ノ
〈´//´| `'t-t_ゥ=、i |:: :::,.-‐'''ノヘ|             さて、やる夫
. r´`ヽ /   `"""`j/ | |くゞ'フ/i/
. |〈:ヽ, Y      ::::: ,. ┴:〉:  |/              今回の学習に入る前に前回の復習だ
. \ヾ( l        ヾ::::ノ  |、
 j .>,、l      _,-ニ-ニ、,  |))              英文法とは、どんなルール(の集積)であったか
 ! >ニ<:|      、;;;;;;;;;;;;;,. /|       ___,. -、
 |  |  !、           .| |       ( ヽ-ゝ _i,.>-t--、
ヽ|  |  ヽ\    _,..:::::::. / .|       `''''フく _,. -ゝ┴-r-、
..|.|  |    :::::ヽ<::::::::::::::::>゛ |_   _,.-''"´ / ̄,./´ ゝ_'ヲ
..| |  |    _;;;;;;;_ ̄ ̄   |   ̄ ̄ / _,. く  / ゝ_/ ̄|
:.ヽ‐'''!-‐''"´::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、_    / にニ'/,.、-t‐┴―'''''ヽ
  \_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ /  /  .(_ヽ -'__,.⊥--t-⊥,,_
\    ̄\―-- 、 _::::::::::::::::::::__::/  /  /   ̄   )  ノ__'-ノ
  \    \::::::::::::::`''‐--‐''´::::::::::/  / / / ̄ rt‐ラ' ̄ ̄ヽヽ
ヽ  ヽ\   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      /   ゝニ--‐、‐   |
 l   ヽヽ   \:::::::::::::::::::::::::::::::/           /‐<_  ヽ  |ヽ




               _______
    :/ ̄| :  :  ./ /  #  ;,;  ヽ
  :. | ::|    /⌒  ;;#  ,;.;::⌒ : ::::\ :
    | ::|:  / -==、   '  ( ●) ..:::::|    文を作るための単語の並べ方のルール(の集積)だお
  ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒  :::::.::::| :
 | ___)  ::|: ! #;;:..  l/ニニ|    .::::::/
 | ___)  ::|  ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ  ..;;#:::/
 | ___)  ::|   .>;;;;::..    ..;,.;-\
 ヽ__)_/ :  /            \   ハァハァ....




    /  ,/ / /   _,..-''
  ,.ィ <´  〈,/〃/-//-'"/ / ,/_
  } } ,〉 //" ,r'´ノ ,r'′//-  ____ノ
  ,) Y ノ // ,r'' ―、''"二´‐'/
 ,イ   ノ り ,=、-ニ_   ====-‐''"
 ,) Y  ィイィノ || ,r'ヽ´‐'==-‐''ニ__
〈 `ヾべ| :::   ゥ) `8、ヽ‐ ヽニ_-ニ__  Exactly.
〈 Z⌒\{::::  _"\ \ヽヽ''-._ニ.._
 `‐''^ └-ィ..ノ  /  ||  \
     ,. --ヾ__/ ☆    \
     >----<,,,,)        \
    (||>/ ̄         ヽ |ヽ
     (           ヽ   | ||
      \      |ノ  ノイ /
        |      ヽ   |ノ /|



続きを読む


2012/05/07(Mon) 11:49
45はる ◆L96SZTATM62012/05/06(日) 02:12:23 ID:STVdq5Ss0
 | 三_二 / ト⊥-((`⌒)、_i  | |
 〉─_,. -‐='\ '‐<'´\/´、ヲ _/、 |
 |,.ノ_, '´,.-ニ三-_\ヽ 川 〉レ'>/ ノ           さて前回の復習からいくぞ
〈´//´| `'t-t_ゥ=、i |:: :::,.-‐'''ノヘ|
. r´`ヽ /   `"""`j/ | |くゞ'フ/i/            なぜ文型の学習をするのか
. |〈:ヽ, Y      ::::: ,. ┴:〉:  |/
. \ヾ( l        ヾ::::ノ  |、            答えろ、やる夫
 j .>,、l      _,-ニ-ニ、,  |))
 ! >ニ<:|      、;;;;;;;;;;;;;,. /|       ___,. -、
 |  |  !、           .| |       ( ヽ-ゝ _i,.>-t--、
ヽ|  |  ヽ\    _,..:::::::. / .|       `''''フく _,. -ゝ┴-r-、
..|.|  |    :::::ヽ<::::::::::::::::>゛ |_   _,.-''"´ / ̄,./´ ゝ_'ヲ
..| |  |    _;;;;;;;_ ̄ ̄   |   ̄ ̄ / _,. く  / ゝ_/ ̄|
:.ヽ‐'''!-‐''"´::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、_    / にニ'/,.、-t‐┴―'''''ヽ
  \_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ /  /  .(_ヽ -'__,.⊥--t-⊥,,_
\    ̄\―-- 、 _::::::::::::::::::::__::/  /  /   ̄   )  ノ__'-ノ
  \    \::::::::::::::`''‐--‐''´::::::::::/  / / / ̄ rt‐ラ' ̄ ̄ヽヽ
ヽ  ヽ\   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      /   ゝニ--‐、‐   |
 l   ヽヽ   \:::::::::::::::::::::::::::::::/           /‐<_  ヽ  |ヽ




         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)        英語の語順に敏感になるためだお
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))
  /∠ |     |r┬-|    |_ゝ\      DIO>簡単に言えば そういうことだな
  (___     `ー'´   ____ )
       |        /            もっと具体的に言えば
       |       /            
         |   r  /             英語の語順を決める述語動詞(V)に気を配るということだお
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......



        /  ,/ / /   _,..-''
       / / ///  〃 ,r'',.-'" //     /
  ,.ィ <´  〈,/〃/-//-'"/ / ,/__,,..-/
  } } ,〉 //" ,r'´ノ ,r'′//-''"二´‐'''~___ノ
  ,) Y ノ // ,r''´‐''"  -='"―-、彡"r'" ̄´
 ,イ  リ ノ り ,=、、-ニ_~― ~''-=二 ∠"´
 ヾ,ヽ 、, , ノノ {.トヾー-~ニ_-二 ― 二ニ==-‐''"    その通りだ
  ゝ  ミィイィ彡`ユ.|`\ヽ丶、‐ __ヽ'''三二,,,_
 〈 `ヾべ_{::::   'ゥ)  `8-、 ヽ‐ 、ヽ`''-_=-       そして今回は文を構成する要素である
  ゝ_ノ⌒ヘ~"   _”\    ヽ!\ヽ、'''ー-"ニ.._
 〈 (._   |∠ィ ,.ノ  /  __ハ_j!      \        S、V、O、Cの説明と各文型ごとの大まかな解釈の仕方を紹介
  `‐''^   ,. -‐`ヾ__/ヽ. >,、く       \
       r;>-=<´ 〈 ノ_,.            ヽ \
      (l》L -―''''"~´            ヽ  ` 、   その後に品詞を学ぶ
      /                `、   `、  lヽ
    /                    ヽ.   l  ||
    !                   `、   !  !|
    `、             、     |   } V,/
      ヽ             |    /  / 〃
        \           ヘ_,. -''"   / ,.イ′
        \             ヽ     l / /
         l           |      |′,'




       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\   多すぎだろ
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /

46はる ◆L96SZTATM62012/05/06(日) 02:13:39 ID:STVdq5Ss0

     _     ┌                     n /7
      | |    ヘ 「ト                  L|ム//)      _
      | |__.く  ゝ)      _        へ人  ヘ∠.__ ┌┘└┐
      | __| て彡      |  ハ        `┤フ⌒ヘ⊃| _ . | ニニ! !ニニ
  ._ . | |     .| ヘ     .| ノ |-イ_  - 不 ーーイ .| .|_|. |└‐┐┌┘.
  .| |  | |     |\ ⌒\  .Y / √ /イ  \二 彡  .| _ . |i二二 二i.
._| |_| |___ ヘ  i⌒ <~ Y//  / ヘ /    ノ   .| .|_| .|┌、 .| |
|________| ーへ //⌒>イ.( ヘ  入   /    | ......| ヽゝ」 .|
              \《   / / |ヘ ノ </ーイ       ̄ ̄   ヽ_|
    _           ヽヘノ へ ヘ√  | |
 __| |__         .| |ーー| |へ ム┘
 |__ __|        //ーー// √
..┌─┘└─┐        √(⌒)□へ      ww
..└─┐┌─┘       i (^"^)\  ゝ    <イヘ|
... , ─┘└- 、       |/ ヽイ⌒ -イヘ    ヽヲiヘ
..イ と‐┐┌- .,/      / /ヽヒ/ /  ヽ / フ⌒( ヘ
 ゝ,  ̄ ノ         / ん )ヘ (   <⌒ へ  ト ノ
    ̄         /   )/  \ヽ人 ⌒) )イムi )      _
  ._           .ん   /     √  イイヘムイ      | |
._| |__  ,.-‐.、    | ) (  n /彳ヲ/ミヲ   | ヘ     | └─┐
|_  .// イ .|    .イ(⌒) ヒ >    /  ( \ (彡ヘ    .| ┌─┘
 /    / |  |     |  イ Eイ  イ |   ヘ  ) mm7    | |
../   /  |  |     .) (  <  イ ヽヘ  ヘ ゝ      , ─┘└-、
..|__.....|   |  レイ   へイ   |ア~ヘ   く ヘ人     イ と‐┐┌-./
  .| |   |   /   入ノ    \_/ヘ   ヽ|_\へ   ゝ 二 ノ
  .| |   ゝ-イ    //      | ノ)     へ ヘii|
  . ̄                ∠_/      んゝ_\




         ソ⌒)(⌒;               ゙ッ        ゙ッ
              ;;ヽ;;`)⌒;;,,.")        、-‐──‐─- ,
                            /    ゚        \
::::              (;; `)⌒;;,,.⌒)    /  °       ゜  ;\
::::::::::::::::::::::::::::::::: (;; `)⌒;;,,.⌒)  ,.,r' ⌒゛' ⌒l ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;     ┳ U l
::::::;:::::---::::::::(⌒;;⌒ヽ;; `)⌒;;,,./       ー|   ;    .u    ;;;;;・;;;;;;;;;;|
::::::::::(⌒;;;ソ⌒)(⌒;;ヽ;;`、ーr, /   ;,           ∪   __、,r'′!、_ .u !      .
ソ;;,,,,,,)ソ''"''')ヽ);;;;;ソ;;,r' ,r'´ッ ̄ ̄ ̄` ̄ ̄⌒′'i 。::(;;;;;;;;;;;  (‐-))。ゝ
)ソ'';`)⌒;;;;''')ヽ);;;;;;; (,__(,ソ___、,___゛____、,r' !、, __'゛(___人__)゛',r'  )
           ゜゚ ^ ゙`^゚' `゚^`゜'`^ ^゙^``゚゜~ ^゚^゚``゛` ⌒´゜゚`~` ゛^`゜~゚` ` `  /‐<_  ヽ  |ヽ



続きを読む


2012/05/08(Tue) 22:04
62はる ◆L96SZTATM62012/05/06(日) 12:38:11 ID:jB2TVsCk0
         ソ⌒)(⌒;               ゙ッ        ゙ッ
              ;;ヽ;;`)⌒;;,,.")        、-‐──‐─- ,
                            /    ゚        \
::::              (;; `)⌒;;,,.⌒)    /  °       ゜  ;\  DIO>いつまで寝ている やる夫 起きろ
::::::::::::::::::::::::::::::::: (;; `)⌒;;,,.⌒)  ,.,r' ⌒゛' ⌒l ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;     ┳ U l
::::::;:::::---::::::::(⌒;;⌒ヽ;; `)⌒;;,,./       ー|   ;    .u    ;;;;;・;;;;;;;;;;|   無理ですお
::::::::::(⌒;;;ソ⌒)(⌒;;ヽ;;`、ーr, /   ;,           ∪   __、,r'′!、_ .u !      .
ソ;;,,,,,,)ソ''"''')ヽ);;;;;ソ;;,r' ,r'´ッ ̄ ̄ ̄` ̄ ̄⌒′'i 。::(;;;;;;;;;;;  (‐-))。ゝ     1日に2回もあれを食らったら
)ソ'';`)⌒;;;;''')ヽ);;;;;;; (,__(,ソ___、,___゛____、,r' !、, __'゛(___人__)゛',r'  )
           ゜゚ ^ ゙`^゚' `゚^`゜'`^ ^゙^``゚゜~ ^゚^゚``゛` ⌒´゜゚`~` ゛^`゜~゚` ` `




              ____
            /      \_
           / /   \( ;:;:;)       DIO>早く 起て
         /( ;:;:;:;:;ノ   (=)  \
        (;:;:;:;;;:;  (__人__)    .:::::)   そんな無理ですお
        / ||    ` ⌒|||   ,/
        / / |\/ /  /l |  ̄         DIO>早くせんと阿部に来てもらうぞ
        / /__|  \/ / | |
       ヽ、//////) /  | |         それは困りますお、ってなんで阿部さんを知ってるんだお
        /  ̄ ̄ /   | |
      __/  )--- ヽ   ヽ つ
    ⊂---― 'ー----'



続きを読む


2012/05/08(Tue) 22:09
101はる ◆L96SZTATM62012/05/07(月) 19:44:41 ID:J8b4AtQc0
    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||____......||   ガチャ        DIO>ではこれから品詞を学習するぞ
 |:::::::::::::::||::::母::::: ヽ||
 |:::::::::::::::||::::::::::::::::::::ヽ             やる夫>まだやるのかお
 |:::::::::::::::||人::::人::::::::::ヽ
 |:::::::::::::::|| ノ  ヽ_\:::::::)           DIO>まだ1時間しかたっておらぬではないか
 |:::::::::::::::||●) (●) \ノ
 |:::::::::::::::|| (_人_)    |            やる夫>それしかたってないのかお
 |:::::::::::::::||___   /                  いつになったら終わるんだお
 |::::::::::::::(_____ノ´||             
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
   \ ::::||
    \||




      ____
    /  ⌒  ^\
   /  ( ●)  (●)    母ちゃん どうしんだお
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ
 |       |r┬-|   |    母>休憩かと思ってお茶とお菓子を持ってきたのよ
 \        `ー'´  /



            /'rイイvイ ノ|イ,へ、
           lV l~V,イ^レ' ν;;/ ノ て、.
             /し' / ,ィγ'`ヽ ヽ ノ ̄;; `>
          `> /ヽノ♥,三ヽハイィ ;,,'`
         〃 _イヽレ /  し| l │て'"
         | / ●    ●   V|て  人の生き血はあるかい?
          ヽ|,⊃ 、_,、_, ⊂⊃ ;;メ,
        /⌒ヽ__ ヘ   ゝ._)   ,j '/⌒i
      \ /:ノ:ィ:| l>,、 __, イ★/;;;;;;/
        \'  〈《:::::::::::::::::》 〉人. ∧



  γ::::::::::::::::母::::::::::::ヽ、
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ 
γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ   すみません、ないんです
(:::::::::/ ─    ─ \:::::::)
\:/  (●)  (●)  \ノポッ   私のでよければ…
 | ///  (__人__) ///  |
 \    ` ⌒´     /
 /            /
 \       (__ノ




      |二_  _―-、_   |、ヽ_,./ r''‐'´ヽ ヽヽ  |  |
      | i二ニ―---、__, | | | ̄─_ヽヽ、:::::ノミ-| l /  |
     く二二ニ-‐''''''~´  \ヽ`'‐=,´  \/ \ノ  人) |
     |  ノ /  /二三´`ヽヽ l /ヽヽ ヽ /r‐´// |┐
     /‐'´,/ /く \-- ̄`''‐\ ヽく ||ノ、lノ,-'´// |
    ヽ/_///く   :ヽ弋;;;;ッ-、 | |:::::-<::::-=ニ二//  /´
     Y´  .\/ ノ      ̄ ̄::::ノ/ ヽ !弋シフ´/ r‐'    いらん
     | /`i、  .V/ ヽ      ::::::lノ  __| ヽ::   | /
     .l l | ヽ |          :::::../::::: ̄ノ   //       そして頬を染めるな
     ヽヽヽ! |            \::::::/   |/
      | vヽ |          _,. -''''ヽ-‐、   .|、ヽ
     /.( (>、_|         !-‐''~´ `~´\!  ./'ノ
     |/ `-i´ |.          '';;,,,,,,,,,,,,,,,;;''  /|/             _,,、
     |   |  |.           """""   / |          r'''ヽ''´ヽ ヽ!-、
_,. --、 ||||   \               | |          '、 `''''''  _ノ,.--`--┬''ヽ,
    ヽ| 川|    \       ___   / |           `''''''''フヽ´   ヽ,,,,ヽ_ノ__,,
   | |||||      ::::::\  /:::::::::::::::\/ |          _,. -''´-、,.-‐‐''''''''´./ ヽ  ヽ  )
   / | | 川|       ::::::`'''‐------‐''´:  |         /r‐'''''''´/ヽヽ_, イ´    ノ _フ

102名無しのやる夫だお2012/05/07(月) 19:47:57 ID:k8LsmEUQ0
母ちゃんがヒロインか……あたらしいな

103名無しのやる夫だお2012/05/07(月) 19:49:54 ID:gxst4sR20
古いものの良さを再確認させてくれる新しさだ

106名無しのやる夫だお2012/05/07(月) 20:34:42 ID:fzkdpSJk0
品詞といえば関係形容詞が全く理解できんかったな
形容詞(句)とか属格を先行詞に取る用法かと思ったらそんなことなかったし



続きを読む


2012/05/08(Tue) 22:16
146はる ◆L96SZTATM62012/05/08(火) 14:26:19 ID:kY4NTj5U0

 | 三_二 / ト⊥-((`⌒)、_i  | |
 〉─_,. -‐='\ '‐<'´\/´、ヲ _/、 |
 |,.ノ_, '´,.-ニ三-_\ヽ 川 〉レ'>/ ノ
〈´//´| `'t-t_ゥ=、i |:: :::,.-‐'''ノヘ|     さて、これで8つある品詞のうち2つが終わったな
. r´`ヽ /   `"""`j/ | |くゞ'フ/i/
. |〈:ヽ, Y      ::::: ,. ┴:〉:  |/        次は動詞だ
. \ヾ( l        ヾ::::ノ  |、
 j .>,、l      _,-ニ-ニ、,  |))        述語動詞(またはその一部)になるのが動詞だ
 ! >ニ<:|      、;;;;;;;;;;;;;,. /|       ___,. -、
 |  |  !、           .| |       ( ヽ-ゝ _i,.>-t--、
ヽ|  |  ヽ\    _,..:::::::. / .|       `''''フく _,. -ゝ┴-r-、
..|.|  |    :::::ヽ<::::::::::::::::>゛ |_   _,.-''"´ / ̄,./´ ゝ_'ヲ
..| |  |    _;;;;;;;_ ̄ ̄   |   ̄ ̄ / _,. く  / ゝ_/ ̄|
:.ヽ‐'''!-‐''"´::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、_    / にニ'/,.、-t‐┴―'''''ヽ
  \_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ /  /  .(_ヽ -'__,.⊥--t-⊥,,_
\    ̄\―-- 、 _::::::::::::::::::::__::/  /  /   ̄   )  ノ__'-ノ
  \    \::::::::::::::`''‐--‐''´::::::::::/  / / / ̄ rt‐ラ' ̄ ̄ヽヽ
ヽ  ヽ\   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      /   ゝニ--‐、‐   |
 l   ヽヽ   \:::::::::::::::::::::::::::::::/           /‐<_  ヽ  |ヽ




            ___    ━┓
         /   ― \   ┏┛
       |     (●) ヽ\ ・
       l   (⌒  (●) |      DIO>説明にも何にもなってないが許せ
        〉    ̄ヽ__)  │
.     /´     ___/
     |        ヽ
     |        |




                 」ヽr‐-ゞ``viレヽ∧
              、-ミ' 人 `゙‐-' ''、 ´V__7
              __ゝ__,、-,z |二二ニ、__ヽ、ニく
          ,ヘ_-‐ヾ〈 (、:´ //ヾl/  _/ノ、_‐-ゝ7
         f  へ「llノ\ヽ/';/';‐=二-7 ヾ,、l'´ヽ
         ( (_:::フ-ヾi :): :{/、_ ノ /rュ/ ; V lヽ|
          ヽっ(::レ=トゝ、」ヾ-'、` ̄,,_  ゙,  了_l、       逆に考えるんだ
           / ,J i::)):::::::::::|'__ ヾ,'´´  ;   V、`,
            ゝ_7、ヾ、l:::::::::::::ヽ、7   _  ;   !)」 ヽ
 _         ´  丶ゝ、:::::::::::::,:_-‐ニフ'   :  /::、 \`'、  述語動詞(V)の一部になれる単語だから
 } ヽ                lゝ、:::::::、`‐ ̄__;;    /:: ;  V、
 |  l             ヾ、ハ:::::::`:::´;; __   /::::  ; ; ; ヾ
 ! ノ、                 liヘ::::::. ,´////>'::::::  _ -‐フ`  動詞という品詞だと考えるんだ
 i : }              l」`、\:.' ////:::::::;;/.....o..//
 i、:´ i ___┌‐-、           ヾ:::`:::::´:::::_:/....0.......// ,'
 l、:  V  }} 」._ |          i:ヽ:;;;┌l「l..................//   例を挙げていったほうがよいだろう
 ゝ 、/  へ」l_ `iノ、           l_:::::::::| | L....../::/
  >'´,, '/  }}ヽ=´ 7            「V-'\ヽ../:::::://     やる夫よ、動詞だと思うものを挙げろ
  )  _ ,,-‐へ \ .l            [l|...o...../:::::::::://
 ヽ´  ̄   }}\l .|          //'ゞ‐'´:::::::::::::::://



続きを読む


2012/05/12(Sat) 09:16
161はる ◆L96SZTATM62012/05/08(火) 21:36:34 ID:YMQsEvws0

 | 三_二 / ト⊥-((`⌒)、_i  | |
 〉─_,. -‐='\ '‐<'´\/´、ヲ _/、 |
 |,.ノ_, '´,.-ニ三-_\ヽ 川 〉レ'>/ ノ
〈´//´| `'t-t_ゥ=、i |:: :::,.-‐'''ノヘ|    では、これから“形容詞”と“副詞”を学ぶ
. r´`ヽ /   `"""`j/ | |くゞ'フ/i/
. |〈:ヽ, Y      ::::: ,. ┴:〉:  |/      この2つは確実に理解してほしい
. \ヾ( l        ヾ::::ノ  |、
 j .>,、l      _,-ニ-ニ、,  |))       まずは“形容詞”からだ
 ! >ニ<:|      、;;;;;;;;;;;;;,. /|       ___,. -、
 |  |  !、           .| |       ( ヽ-ゝ _i,.>-t--、
ヽ|  |  ヽ\    _,..:::::::. / .|       `''''フく _,. -ゝ┴-r-、
..|.|  |    :::::ヽ<::::::::::::::::>゛ |_   _,.-''"´ / ̄,./´ ゝ_'ヲ
..| |  |    _;;;;;;;_ ̄ ̄   |   ̄ ̄ / _,. く  / ゝ_/ ̄|
:.ヽ‐'''!-‐''"´::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、_    / にニ'/,.、-t‐┴―'''''ヽ
  \_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ /  /  .(_ヽ -'__,.⊥--t-⊥,,_
\    ̄\―-- 、 _::::::::::::::::::::__::/  /  /   ̄   )  ノ__'-ノ
  \    \::::::::::::::`''‐--‐''´::::::::::/  / / / ̄ rt‐ラ' ̄ ̄ヽヽ
ヽ  ヽ\   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      /   ゝニ--‐、‐   |
 l   ヽヽ   \:::::::::::::::::::::::::::::::/           /‐<_  ヽ  |ヽ




         | /      ヽ    /    / l  \
         ,イ   l   ヽ l  /    /  /   /
        / |   !,、   l l /    /     ノ レ‐i
       /  |  /  `'-  l|    /_,.‐ヽ   /    |
      /  | /  /ヽ/'''''‐、   |´   ヽ_// ヽ  〉
      |    |  |ミ./  _ `!  レ    l   _ ミ l /   “形容詞”には文中で2つの機能がある
      _,.-‐ヽ |  /-l  /_ミヽ,| __,.-、   レ-‐´ | l く
      ´ ̄\`''´ /三l  | r''''''-'''ヽ! |  /三彡-ク  )    1つは補語(C)になる
       ヽ L_/'/ ̄ヽ l―\:::::ノ-/ /―フi'´/  /
        | r‐、 ト、,_ |/ ヽ'i `´l / / //'| l/       もう1つは名詞を修飾する、
        ヽ| r-| ノ 、_ 、\、ノ レi l, / /_/_,,. | l,
         .lヽ 川  ヽ弋;ッ、`ヽ! l:| l_,.ィ;;フノ  人 |       以上だ
         |. | |り、  `"´ ̄ヽ! |ヽ! ̄`´   | /ヽ|
         | y-| l,      l |  l     |ノ ノノ         やる夫>補語(C)になるのはいいお
         .| ,i、し!  .    l .| /.     | r'´
         |  | `´!     ヽ!___レ      .!.|                名詞を“修飾する”ってどういうことだお
       _,.-''i'´l  l   、_,.-ニ-、_,.-   / .|ヽ-------、_
      // | ヽ  ヽ    r`'''''"´,.   / ノ| `''―――-、ヽ  簡単に言えば“説明する”ということだ
     / /   |  \  \  `"T"´   / / |--、_     \ヽ
    / /    /    \ \      //   |   \      l.L
   //    /       `''‐ヽ、,,,,,,,,,,ノ‐'´    l    ヽ    ヽ \_

164はる ◆L96SZTATM62012/05/08(火) 22:05:30 ID:YMQsEvws0


         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\     DIO>例えば お前の頭は
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
    |     |r┬-|     |      白い(white)、丸い(round)、と言えるな
    \      `ー'´     /
      >         <   そうだお
     ( |        / )
      `|       /'      DIO>足が短い(short)、とも言える
         |   r  /
       ヽ  ヽ/      ほっとけだお
        >__ノ;:::......




 | 三_二 / ト⊥-((`⌒)、_i  | |
 〉─_,. -‐='\ '‐<'´\/´、ヲ _/、 |
 |,.ノ_, '´,.-ニ三-_\ヽ 川 〉レ'>/ ノ
〈´//´| `'t-t_ゥ=、i |:: :::,.-‐'''ノヘ|       この“white、round”は名詞である頭を
. r´`ヽ /   `"""`j/ | |くゞ'フ/i/
. |〈:ヽ, Y      ::::: ,. ┴:〉:  |/           “short”も名詞である足がどんな状態であるか説明している
. \ヾ( l        ヾ::::ノ  |、
 j .>,、l      _,-ニ-ニ、,  |))             このように名詞を説明する詞を“形容詞”と言うのだ
 ! >ニ<:|      、;;;;;;;;;;;;;,. /|       ___,. -、
 |  |  !、           .| |       ( ヽ-ゝ _i,.>-t--、   形容詞とは
ヽ|  |  ヽ\    _,..:::::::. / .|       `''''フく _,. -ゝ┴-r-、
..|.|  |    :::::ヽ<::::::::::::::::>゛ |_   _,.-''"´ / ̄,./´ ゝ_'ヲ モノの“形”や“容子”を表す“詞”なのだ
..| |  |    _;;;;;;;_ ̄ ̄   |   ̄ ̄ / _,. く  / ゝ_/ ̄|
:.ヽ‐'''!-‐''"´::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、_    / にニ'/,.、-t‐┴―'''''ヽ  だから形容詞という
  \_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ /  /  .(_ヽ -'__,.⊥--t-⊥,,_
\    ̄\―-- 、 _::::::::::::::::::::__::/  /  /   ̄   )  ノ__'-ノ      やる夫>“容子”?様子じゃなくてかお
  \    \::::::::::::::`''‐--‐''´::::::::::/  / / / ̄ rt‐ラ' ̄ ̄ヽヽ
ヽ  ヽ\   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      /   ゝニ--‐、‐   |   そうだ、国語辞典を引いてみるがいい
 l   ヽヽ   \:::::::::::::::::::::::::::::::/           /‐<_  ヽ  |ヽ




    / ̄ ̄ ̄\
  /        \   確かに“ようす”、で引くと様子も“容子”も載ってるお、同じように使えるみたいだお
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |    DIO>そうだ、そして Longman Wordwise Dictionaryでadjective(形容詞)を引くと
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \       “a word that describes something”と書かれてある



続きを読む


2012/05/14(Mon) 01:32
235はる ◆L96SZTATM62012/05/11(金) 12:15:23 ID:wwIcTLa60

 | 三_二 / ト⊥-((`⌒)、_i  | |
 〉─_,. -‐='\ '‐<'´\/´、ヲ _/、 |
 |,.ノ_, '´,.-ニ三-_\ヽ 川 〉レ'>/ ノ
〈´//´| `'t-t_ゥ=、i |:: :::,.-‐'''ノヘ|       さて今回は前置詞だが
. r´`ヽ /   `"""`j/ | |くゞ'フ/i/
. |〈:ヽ, Y      ::::: ,. ┴:〉:  |/          その前に復習から入るぞ
. \ヾ( l        ヾ::::ノ  |、
 j .>,、l      _,-ニ-ニ、,  |))            お前のために handout を用意しておいた
 ! >ニ<:|      、;;;;;;;;;;;;;,. /|       ___,. -、
 |  |  !、           .| |       ( ヽ-ゝ _i,.>-t--、           やる夫>“handout”って何だお
ヽ|  |  ヽ\    _,..:::::::. / .|       `''''フく _,. -ゝ┴-r-、
..|.|  |    :::::ヽ<::::::::::::::::>゛ |_   _,.-''"´ / ̄,./´ ゝ_'ヲ  日本人の言う“プリント(配布物)”のことだ
..| |  |    _;;;;;;;_ ̄ ̄   |   ̄ ̄ / _,. く  / ゝ_/ ̄|
:.ヽ‐'''!-‐''"´::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、_    / にニ'/,.、-t‐┴―'''''ヽ   動詞だけは例として書き入れておいた
  \_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ /  /  .(_ヽ -'__,.⊥--t-⊥,,_
\    ̄\―-- 、 _::::::::::::::::::::__::/  /  /   ̄   )  ノ__'-ノ  他の品詞の空白を埋めろ
  \    \::::::::::::::`''‐--‐''´::::::::::/  / / / ̄ rt‐ラ' ̄ ̄ヽヽ
ヽ  ヽ\   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      /   ゝニ--‐、‐   |
 l   ヽヽ   \:::::::::::::::::::::::::::::::/           /‐<_  ヽ  |ヽ



     単語は“1語”ではS、V、O、C、Mのどれになれるか
   ┏━━━━━━┳━━━━┳━━━━━━┳━━━━━┳━━━━┳━━━━━┓
   ┃         ┃ S(主語)┃V(述語動詞) ┃O(目的語) ┃C(補語) ┃M(修飾語) ┃
   ┃──────┼────┼──────┼─────┼────┼─────┃
   ┃名詞・代名詞 ┃      ┃         ┃       ┃      ┃       ┃
   ┃──────┼────┼──────┼─────┼────┼─────┃
   ┃動詞      ┃  ×   ┃   ○    ┃   ×   ┃  ×  ┃   ×   ┃
   ┃──────┼────┼──────┼─────┼────┼─────┃
   ┃形容詞     ┃      ┃         ┃        ┃      ┃       ┃
   ┃──────┼────┼──────┼─────┼────┼─────┃
   ┃副詞      ┃      ┃         ┃       ┃      ┃       ┃
   ┗━━━━━━┻━━━━┻━━━━━━┻━━━━━┻━━━━┻━━━━━┛

236はる ◆L96SZTATM62012/05/11(金) 12:16:03 ID:wwIcTLa60

      ____
     /\  /\      任せるだお
   /( ●)  (●)\
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\     こんなの楽勝だお
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /




   <<解答>>
      単語は“1語”ではS、V、O、C、Mのどれになれるか
   ┏━━━━━━┳━━━━┳━━━━━━┳━━━━━┳━━━━┳━━━━━┓
   ┃         ┃ S(主語)┃V(述語動詞) ┃O(目的語) ┃C(補語) ┃M(修飾語) ┃
   ┃──────┼────┼──────┼─────┼────┼─────┃
   ┃名詞・代名詞 ┃  ○  ┃    ×    ┃   ○   ┃  ○  ┃   ×   ┃
   ┃──────┼────┼──────┼─────┼────┼─────┃
   ┃動詞      ┃  ×   ┃   ○    ┃   ×   ┃  ×  ┃   ×   ┃
   ┃──────┼────┼──────┼─────┼────┼─────┃
   ┃形容詞     ┃  ×   ┃   ×    ┃   ×   ┃  ○   ┃   ×   ┃
   ┃──────┼────┼──────┼─────┼────┼─────┃
   ┃副詞      ┃  ×  ┃    ×    ┃   ×   ┃  ×  ┃   ○   ┃
   ┗━━━━━━┻━━━━┻━━━━━━┻━━━━━┻━━━━┻━━━━━┛



続きを読む


2012/05/14(Mon) 01:42
280はる ◆L96SZTATM62012/05/12(土) 03:13:23 ID:YBCdHQTo0
                     ,.ィレヘ
                   r‐1^    l、  ,.ィ
                   ノ  /   二¨_ノ_,.ィ ,.i
                  ,レ/iレi  / _  ム' ノ
                 / ,r  L∠.__   __/`¨フ
              . / /        _ 人¨_  >\   やる夫よ ようやく前置詞まで来たぞ
              rヘ /〈    __   /   i  \ ゙̄ヽ、7
              ,kゆト-‐''" 二 ¨ ̄i   ノ ニブヽ ノ! /   私は 嬉 し く て 嬉 し く て たまらんぞ
       ,. -─ 、._ / ノ、 `¨´i'´ rッヽ.  j  i  ー--‐ '"フ
     /     /.〈  i  ノ  ̄ `ー゙    j -=ニ、¨ ̄/           やる夫>なんでいきなり 興奮してるんだお
   , '       / r 、ー'"__         ノ l  ー─…ラ
 /         ./ ,ノニミヽ、 ヽ \     "´  j/"二ヽ \ミ     前置詞が終われば品詞で学ぶことは一段落するぞ
 ヽ、      ノ (:::`ヽ_\\_i  l       / ノ 刀 !、 l
  ./`¨  ̄ヽ./   `'ー一¨´         i  rノィ/、 l┘            やる夫>マジですかお
  i     /ヽ¨ \             /  L ニノ i \!
  l    /:::::::::',: : : \         /  /:::i l  l  l       そうだ、だから頑張れ
.  ',  /:::::::::::::l\: : : :ヽ,,,...  --一'"  /::::::::l l   l N
. _ヽ/::::::::::::::::::! `¨  ̄   /    /:::::::::::::::l ! lV
   ノ::::::::::::::::::::::l:\      /   /::::::::::::::::::::::l トv




  _ _   ___
 / ) ) )/ \  /\
 {   ⊂)(●)  (●) \   がんばるお
 |   / ///(__人__)/// \
 !   !    `Y⌒y'´    |     DIO>その意気だ
 |   l      ゙ー ′  ,/
 |   ヽ   ー‐    ィ
 |          /  |
 |         〆ヽ/
 |         ヾ_ノ

281はる ◆L96SZTATM62012/05/12(土) 03:14:01 ID:YBCdHQTo0
                      ト、
                     / | |
            ミ ̄`ヽ、,,ノ'''ノ'''/ ,/ノニ='
        ._ミ'    | ト、、 ,,ノ ,//,,ノ,ニ''_ノj_,,    やる夫!
       ミ : : : :     |〉`l )|/,,/ / /三/彡'   _    きさま!
       ミ::::::∠_ミ--ノ ,,_,,彡_,イ_ノ ̄ミ、 T _,,ィY彳⌒     覚えているなッ!
       `l、_ト-‐''⌒三く {::::::::<三/ハVミ_ Lイノ/
       _ノ / rj n ,,;エ !:::::::::::: ヾ´ ノハ  ノ::∠  _            やる夫>いったい何だお
       <二_ノ/ ト'j 彡 l:::::::::::::::  r'|,,イヽ:::::-、 ゙i /.......゙l
        ヽ--'ノ ト|ニ-、::::::::::::::::  j  Vト、:::::::|,/ ::::::: ノ  “句”のことだ
        ゙ラ_ノ.|/ / ,、 \:::::::::: /:::\,,-┴‐'_ハ__/
            { 「  V┴ヘ:::::::::/:::::/ _,-//、__,,ト、_           やる夫>そりゃあ さっき
            Vヽ: `ヽ└,、'::::/r∠  く .{::::::::::: |┐.゙l
             ゝ、___.}_,-ノ_:::|_/ノ ヽ  \゙ー-イ,,l_ |`ヽ             やったばかりだから覚えてるお
          ,-─ェ| {::::::,,-l/::::|::∠、: : :: ノ--、   /  .ハ:::::|
        /::/ハヽ__//:::::::::/: : ::}__,ィ'、_ノ  /./`V .|::::|  では説明してみよ
      _∠_/:::::::::::::,フイ / l´: : ::/| | |::::ヽ   {_゙=ノ /|:::}、
    _∠  |/:::::::://  |  `ーイハ.l-ト、ハ::::|/ / ,,イ |_|:/ノ
   /    |::::::::::/ /::::::,⊥___ |  ハヽヽ|:::::rニ、イ /:::| l |Y
  /   ,,-‐'':::`ーイ /_,,//:::   ヽV::::::ハヽ\{__ノ‐'´::::::::,ト|_j´
 j::::::::/::::::::::::::::::://|:::::::::::ノナ-、__}::::::::::|.|::::::::::: ̄ ̄ ̄|,L/
/  /::::::::::::::::/: 〈〈::::::∠__}__}:::::::∧:::::::||:::::::::::::::::::三」゙ー'
ヽー'--、_/|::::::::|.|:| {___}___::::::|_:::::::||::::::::::::三>ノ´
        {三三|||:::::::::::}:::::::::::::::::::|  ト::::::ヾ、三三ノ |




      ____
     /\  /\         “句”は単語のまとまりのことだお
   /( ●)  (●)\
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\       文中での役割(働き・機能)で名前がつけられてるお
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /     名詞の働きをするなら“名詞句”、動詞の働きをするなら“動詞句”だお



続きを読む


2012/05/15(Tue) 00:23
299はる ◆L96SZTATM62012/05/12(土) 22:24:22 ID:3vPZuACY0
                          イ
                    //,ィ ィ / |イ
                  i、ノ |/ ∨レ' | |ヽ_r-v、_
               ,、___|  /  //  / | //,.-、ヽ
               | /ヽ、-/  / ∧/ ノ / /ゝ、`'
                /  /  / / ∨ ノ  /  |          さてやる夫よ
.               /  i   / /  ノ / / /|_ノヽ
     _        r'   ヽ  / |  /  _,.-ヘ i /,.‐、(          接続詞と間投詞で
    /  `/`ヽ、__   \  ヽ ` `_,.-''´  ,ヘ  | r、| |
    (= r'__ /  \__,,,,━┓‐''´       /ハヽ_!|)| !ヽ         品詞の学習は終わりだ
  _,ハ、__| ~~ | ヽ r'´'´  ヽ  _,┃|     _ノ_,ィ   ノr|、`'ー
‐i´:!    _`ニヽ、ノ r'ヽ、‐'''´┃ヾ、_( ((_,.-r‐(;;)'    ト-ヘ ̄最 高 に 『ハイ!』 っ て や つ だ ア ア ア ア ア ア
:::l:::ヾ-、_r'   `'''i‐ヘ ヾ.ヽ・.┃:ゞで>,ゞ  ̄     |: ,.::ヘ
ヾヾ::\ ヽ    !  \,ノ:.┃・ヽ┃:l |   /  ヘ   レ::;-'´      ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ー ッ
:::\`'-、;>-、   _,.-'"´         ヽ ヽ! レ  ,.イ   /:/
:''-、,,ノ´     ̄            ヽ こ-‐彡ノ  /:_;:!-‐'´
''フ´                    ヾー'T"´ //
'´                      ヽ、_ノ/



           ____
         /      \     (どんなテンションなんだお)
        / \    / \
      /  fてハ`  ィて刀 ::\        DIO>だがな接続詞の学習に入る前に
      |      (__人__) :::::::::::|
      \      `^´  :::::::/            知ってほしい概念がある
      /     ー‐    \

300はる ◆L96SZTATM62012/05/12(土) 22:26:19 ID:3vPZuACY0
 '´  _,. -‐'^ヽ  i ヽ┐
 \  l   r'^ヽ \ノ / l_
 \ _/  ,.-、/  ヘ、 //  l    それは“節”だ
 ,三.l   i-‐‐,! ,!ミr‐v‐<^i ハ
 ーァ'  /__.二/-弋 、 ,ハ¨i l l         やる夫>“節”?
 <_ノ`゙ニ_‐-x  )`ヾV ! /
 '´/i _ヽ.\でアミ、.、ノ _,.ォ'"ノ   そうだ“節”だ 以前“名詞句”の説明をした際こう言った
 ト-'i"  l ` ̄ /-‐キイヲ'´!
   ミ   ,'     '、  l ∨      “S(主語)V(動詞)の構造をその中に含まない、名詞の働きをする
           \'´_ブ
 ハ.    i. r'   ,. _`',.l         2語以上の単語のまとまり”が名詞句だと
  i.     ', 弋ニ´-‐‐〈!l
 . i        `¨´ ̄ニ!            やる夫>言ってた…ような気がするお
   ヽ、   ヽ `¨"´T^!
 ノ    丶、 '、_,,.. 二ノ      いや確かに言った 名詞・代名詞、動詞…の復習の際(>>243)に
 ─----...,,、_`´: :>''´
 :::::::::::::::::::::::::::`ヽ、!
 ト、::::::::::::::::::::::::::::::|、




         | /      ヽ    /    / l  \
         ,イ   l   ヽ l  /    /  /   /
        / |   !,、   l l /    /     ノ レ‐i    結論から言おう
       /  |  /  `'-  l|    /_,.‐ヽ   /    |
      /  | /  /ヽ/'''''‐、   |´   ヽ_// ヽ  〉     “S(主語)V(動詞)の構造をその中に含まない”のが
      |    |  |ミ./  _ `!  レ    l   _ ミ l /
      _,.-‐ヽ |  /-l  /_ミヽ,| __,.-、   レ-‐´ | l く       “句”であり、
      ´ ̄\`''´ /三l  | r''''''-'''ヽ! |  /三彡-ク  )
       ヽ L_/'/ ̄ヽ l―\:::::ノ-/ /―フi'´/  /      “S(主語)V(動詞)の構造をその中に含む”のが
        | r‐、 ト、,_ |/ ヽ'i `´l / / //'| l/
        ヽ| r-| ノ 、_ 、\、ノ レi l, / /_/_,,. | l,         “節”だ
         .lヽ 川  ヽ弋;ッ、`ヽ! l:| l_,.ィ;;フノ  人 |
         |. | |り、  `"´ ̄ヽ! |ヽ! ̄`´   | /ヽ|             やる夫>具体(ry
         | y-| l,      l |  l     |ノ ノノ
         .| ,i、し!  .    l .| /.     | r'´           具体例で説明しよう
         |  | `´!     ヽ!___レ      .!.|
       _,.-''i'´l  l   、_,.-ニ-、_,.-   / .|ヽ-------、_
      // | ヽ  ヽ    r`'''''"´,.   / ノ| `''―――-、ヽ
     / /   |  \  \  `"T"´   / / |--、_     \ヽ
    / /    /    \ \      //   |   \      l.L
   //    /       `''‐ヽ、,,,,,,,,,,ノ‐'´    l    ヽ    ヽ \_



1. I am a good swimmer.

2. We learn from history that we do not learn from history.
                                      George W. Friedlrich Hegel



続きを読む


2012/05/15(Tue) 01:22
320はる ◆L96SZTATM62012/05/13(日) 13:47:17 ID:h6Zi/SXc0

 | 三_二 / ト⊥-((`⌒)、_i  | |
 〉─_,. -‐='\ '‐<'´\/´、ヲ _/、 |
 |,.ノ_, '´,.-ニ三-_\ヽ 川 〉レ'>/ ノ   さて、ようやく接続詞だ
〈´//´| `'t-t_ゥ=、i |:: :::,.-‐'''ノヘ|
. r´`ヽ /   `"""`j/ | |くゞ'フ/i/   接続詞は文字通り“接続する(つなぐ)詞(ことば)”だ
. |〈:ヽ, Y      ::::: ,. ┴:〉:  |/
. \ヾ( l        ヾ::::ノ  |、                   やる夫>何と何を接続するんだお
 j .>,、l      _,-ニ-ニ、,  |))
 ! >ニ<:|      、;;;;;;;;;;;;;,. /|       ___,. -、  いい質問だ 実例をあげよう
 |  |  !、           .| |       ( ヽ-ゝ _i,.>-t--、
ヽ|  |  ヽ\    _,..:::::::. / .|       `''''フく _,. -ゝ┴-r-、  
..|.|  |    :::::ヽ<::::::::::::::::>゛ |_   _,.-''"´ / ̄,./´ ゝ_'ヲ
..| |  |    _;;;;;;;_ ̄ ̄   |   ̄ ̄ / _,. く  / ゝ_/ ̄|    
:.ヽ‐'''!-‐''"´::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、_    / にニ'/,.、-t‐┴―'''''ヽ
  \_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ /  /  .(_ヽ -'__,.⊥--t-⊥,,_
\    ̄\―-- 、 _::::::::::::::::::::__::/  /  /   ̄   )  ノ__'-ノ
  \    \::::::::::::::`''‐--‐''´::::::::::/  / / / ̄ rt‐ラ' ̄ ̄ヽヽ
ヽ  ヽ\   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      /   ゝニ--‐、‐   |
 l   ヽヽ   \:::::::::::::::::::::::::::::::/           /‐<_  ヽ  |ヽ


1. you and I

2. “The Prince and Pauper”

3. We learn from history that we do not learn from history.




    /  ,/ / /   _,..-''
  ,.ィ <´  〈,/〃/-//-'"/ / ,/_
  } } ,〉 //" ,r'´ノ ,r'′//-  ____ノ
  ,) Y ノ // ,r'' ―、''"二´‐'/
 ,イ   ノ り ,=、-ニ_   ====-‐''"  1. は言うまでもなかろうが
 ,) Y  ィイィノ || ,r'ヽ´‐'==-‐''ニ__
〈 `ヾべ| :::   ゥ) `8、ヽ‐ ヽニ_-ニ__     you という単語と I という単語が
〈 Z⌒\{::::  _"\ \ヽヽ''-._ニ.._
 `‐''^ └-ィ..ノ  /  ||  \         接続詞“and”で接続されている
     ,. --ヾ__/ ☆    \
     >----<,,,,)        \
    (||>/ ̄         ヽ |ヽ
     (           ヽ   | ||
      \      |ノ  ノイ /
        |      ヽ   |ノ /|

321はる ◆L96SZTATM62012/05/13(日) 13:47:46 ID:h6Zi/SXc0

   γ::::::::::::::::母::::::::::::ヽ、      DIO>2. は小説のタイトルだな 『王子と少年』と訳される
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ        the Prince という名詞句と
 (:::::::::/   ―   ―\:::::::)
 \:/     (●)  (●)\ノ        the Pauperという名詞句が“and”で接続されている
.   |  ...///  (__人__) //|
   \      `⌒´  /  オウジサマxショウネン…
    /         ヽ




     ____
   /     \  (カーチャン、何を妄想してるんだお)
  /  ─    ─\
/u  ‐=・=‐ ‐=・= \    DIO>3. は前回、取り上げた文だな We learn from history という名詞節と
|   u   (__人__)    |
\     ` ⌒´   ,/        we do not learn from historyという名詞節が“that”で接続されている




 | 三_二 / ト⊥-((`⌒)、_i  | |
 〉─_,. -‐='\ '‐<'´\/´、ヲ _/、 |
 |,.ノ_, '´,.-ニ三-_\ヽ 川 〉レ'>/ ノ
〈´//´| `'tt_ゥ‐=、i |:: :::,.-‐'''ノヘ|    さてやる夫よ気づくことはないだろうか
. r´`ヽ /   `"""`j/ | |ゞ'"フ/i/
. |〈:ヽ, Y      ::::: ,. ┴:〉:  |/          やる夫>何かあるのかお
. \ヾ( l        ヾ::::ノ  |、
 j .>,、l      _,-ニ-ニ、,  |))     ある 少し考えてみよ
 ! >ニ<:|      、;;;;;;;;;;;;;,. /|
 |  |  !、           .| |           やる夫>………
ヽ|  |  ヽ\    _,..:::::::. / .|
..|.|  |    :::::ヽ<::::::::::::::::>゛ |_
..| |  |    _;;;;;;;_ ̄ ̄   |
:.ヽ‐'''!-‐''"´::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、



続きを読む


2012/05/21(Mon) 08:42
342はる ◆L96SZTATM62012/05/13(日) 22:38:36 ID:X4re3z620
            /'rイイvイ ノ|イ,へ、
           lV l~V,イ^レ' ν;;/ ノ て、
.             /し' / ,ィγ'`ヽ ヽ ノ ̄;; `>   では〝間投詞”の学習に入るぞ
          `> /ヽノ ♡,三ヽハイ
          〃 _イヽレ /  し| l │て'"       やる夫>いきなり どうしたんだお その顔
          | / ●    ●   V|て
           ヽ|,⊃ 、_,、_, ⊂⊃ ;;メ,      “間投詞”はそんなに難しくないから
         /⌒ヽ__ ヘ   ゝ._)   ,j '/⌒i
       \ /:ノ:ィ:| l>,、 __, イ★/;;;;;;/      このくらいでよいのだ
         \'  〈《:::::::::::::::::》 〉人. ∧




  γ::::::::::::::::母::::::::::::ヽ、
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   (こういう先生もカワイイわね)
γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
(:::::::::/ ⌒    ⌒ \:::::::)    やる夫>そんなに簡単なのかお
\:/  (⌒)  (⌒)  \ノ
 |   /// (__人__) ///.  |      DIO>そうだ
 \     ` ⌒´    /




           /'rイイvイ ノ|イ,へ、
          lV l~V,イ^レ' ν;;/ ノ て、.
            /し' / ,ィγ'`ヽ ヽ ノ ̄;; `>   “間投詞”は感情を表すために
         `> /ヽノ♥,三ヽハイィ ;,,'
        〃 _イノレ   `ヽし| l │て'"   口から出される短い詞(ことば)”だ
         | / ●    ●   V|て     
         ゛ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃ ;;メ     日本語で言うと“うわっ”とか“痛っ”とか
           /⌒l,、 __, イァ★
         / ̄ イ《::::::::::::::》 〉\   いう言葉だな
         /   l. |::::::::::::::|| ||  〉

343はる ◆L96SZTATM62012/05/13(日) 22:39:18 ID:X4re3z620

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }  そういうのなら 結構知ってるお
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !   fuc...
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /




           /'rイイvイ ノ|イ,へ、
          lV l~V,イ^レ' ν;;/ ノ て、.
            /し' / ,ィγ'`ヽ ヽ ノ ̄;; `>
         `> /ヽノ♥,三ヽハイィ ;,,'`て
        〃 _イノレ   `ヽし| l │て'"
         | / ●    ●   V|て   WRY─z_N
         ゛ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃ ;;メ
           /⌒l,、 __, イァ★
         / ̄ イ《::::::::::::::》 〉\
         /   l. |::::::::::::::|| ||  〉




              __
           .-´    ``ヽ
          /  ヽー     `ヽ
         / ノ    (O )ノ ̄ ̄`ヽ、―ニ
        / (●) __)⌒/ ´`ヽ _  三,:三ー三,:
        | ::⌒(__ノ/  ノヽ--/ ̄ ,    `   ` ̄ ̄ ̄
       。ヽ 。   )(  }.  ...|  /!         DIOの手
          ヽo (__ン  }、ー‐し'ゝL _
         人  ー   jr--‐‐'´}    ;ーー------
        /        ヾ---‐'ーr‐'"==




          \ノ⌒ ミ'/____,._,. -‐'/-、
           /_/  .)ニ二二ニニ‐--,.-、- 、,_
 ̄ ̄ ̄\    / /ヽ// ̄~フ;;フ三ミ/,、/ ̄ ̄ ̄
   知 |   .ヽヽヽ `´  .ノ//三/ //   ど
 い っ  L._   ) ノ_,.,,,;'/,./ \=!//  そ う
 る て ┌´  /<(;;;i''_,ィ''/    |/   う  し
 の   /    `ヽ/ ._!''´  ノ r'´|   い て
 だ /     ./  .|:::::.   .(´〉|    う 貴
 :/      ∠,,,,,,,_ ノ     ヽ,ノ|   単 様
/        .`''‐、ノ       ./  |   語 は
          r´‐-、     ./ <_  は
          l´`~'''`  _,.,  /    //\___
          .フ"''''  /  `ヽ、  // /〉ノ / 川
         ./   /    _`'''''''┴-- 、,ノ_,.-
         し‐''フ´  _,.-‐'´_二--二ニ'/
          `フ _,. =ニ‐''´ ̄      /



続きを読む


2012/05/22(Tue) 01:26
370はる ◆L96SZTATM62012/05/20(日) 17:02:00 ID:G/3lu80A0


               Part2 ‐時間潮流-

             第0話『宿題の解答・解説』



―やる夫の家―
  _
  |:  |
__,.|:  |__,.,_ _ __ __,.,___,.,__, ,__,.,_ ____ __,.,_ _ _ ,.,___,.,__,, _, _,, _ __,.,___,.,__,,____ ,_.
  |:  |
  |:  |               __________
  |:  |            /\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\           _,,-       DIO>ではやる夫よ
  |:  |            //   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\         |_,,-
  |:  |          ∠/      \_________\         |.i-           宿題の解答、解説を始めるぞ
  |:  |           | ___  |    | ̄| ̄||≡|   |_           !.l-
  |:  |           |/\   \|__|_|_||≡|_ |」___    |                      やる夫>はいだお
  |:_|          //  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ .,,-''!.i-
  || ̄|          ∠/     \______________\,:::!.i-       DIO>ただ、その前にPart1の復習を行う
  ||≡|  ,;:'""':;, '""':;, '""'':;,      |___i ..| | ̄| ̄|||≡| ,;:'""':;,"'':;,"'':;,
  ||≡| i':::::::::::::'i,,::::::::'i,,::::::::'i,      |┐┐|__|::::| | _|  |||≡|i':::::::::::::'i::,:::i,::::i,          下の表1と表2.と補足説明を読め
  ||≡| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |┐┐|||| :::| └| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ||≡|::::::::              |   |┐┐|||| :::|__| | ─┐
  ||≡|::::::::              |   ├―――‐|   | |   ̄
  |: ̄|::::::::             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |



表1. 品詞のまとめ

    “それぞれ単語1つ・句・節は文中ではS、V、O、C、Mのどれになれるか”
   ┏━━━━━━━━┳━━━━┳━━━━━━┳━━━━━┳━━━━┳━━━━━┓
   ┃            ┃ S(主語)┃V(述語動詞) ┃O(目的語) ┃C(補語) ┃M(修飾語) ┃
   ┃────────┼────┼──────┼─────┼────┼─────┃
   ┃(代)名詞(句・節) ┃  ○  ┃    ×    ┃   ○   ┃  ○  ┃   ×   ┃
   ┃────────┼────┼──────┼─────┼────┼─────┃
   ┃動詞(句)      ┃  ×   ┃   ○    ┃   ×   ┃  ×  ┃   ×   ┃
   ┃────────┼────┼──────┼─────┼────┼─────┃
   ┃形容詞(句・節)   ┃  ×   ┃   ×    ┃   ×   ┃  ○   ┃   ×   ┃
   ┃────────┼────┼──────┼─────┼────┼─────┃
   ┃副詞(句・節)    ┃  ×  ┃    ×    ┃   ×   ┃  ×  ┃   ○   ┃
   ┗━━━━━━━━┻━━━━┻━━━━━━┻━━━━━┻━━━━┻━━━━━┛

    補足説明
     ・形容詞(句・節)は名詞を修飾(説明)できる
     ・副詞(句・節)は動詞、形容詞、副詞、文全体を修飾(説明)できる
     ・前置詞は名詞(句・節)と一緒に使われ“形容詞句”あるいは“副詞句”になる
     ・等位接続詞は単語と単語、句と句、節と節をつなげ、従属(従位)接続詞は名詞節・副詞節を作る

371はる ◆L96SZTATM62012/05/20(日) 17:02:48 ID:G/3lu80A0
表2. 5文型の訳し方
   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃┌─────────────────────────┐┃
   ┃│1. SV → SがVする*                        │┃
   ┃│                                     │┃
   ┃│2. SVC → SがC(な状態)であるとVする(S = C)       │┃
   ┃│ *Vがbe動詞の場合→SがCだ(S = Cだ)            │┃
   ┃│                                     │┃
   ┃│3. SVO → SがOを(に)Vする                   │┃
   ┃│                                     │┃
   ┃│4. SVOO' → SがOにO'をVする                  │┃
   ┃│                                     │┃
   ┃│5. SVOC → SがO = C(な状態)であるとVする         │┃
   ┃└─────────────────────────┘┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    *there is 構文は1.のSVの文型の例外で語順はVSとなる。
     訳はVがbe動詞の場合“Sがある(存在する)”となる。
     Vが一般動詞(be動詞以外)の場合は“SがVする” 
     例 There stands a church on the hill. (丘の上に教会が立っている)
             V    S

    補足説明
     ・2. SVCの“ = ”の記号は“イコール”だ。SすなわちC(な状態)である、と理解してほしい
     ・5. SVOCの“ = ”の記号も“イコール”だ。つまり OすなわちC (な状態)であるということだ
     ・命令文には“S”がなく動詞の原形から文が始まる。





      |二_  _―-、_   |、ヽ_,./ r''‐'´ヽ ヽヽ  |  |
      | i二ニ―---、__, | | | ̄─_ヽヽ、:::::ノミ-| l /  |
     く二二ニ-‐''''''~´  \ヽ`'‐=,´  \/ \ノ  人) |
     |  ノ /  /二三´`ヽヽ l /ヽヽ ヽ /r‐´// |┐   以上がPart1で学習したことと文型の訳し方だ
     /‐'´,/ /く \-- ̄`''‐\ ヽく ||ノ、lノ,-'´// |
    ヽ/_///く   :ヽ弋;;;;ッ-、 | |:::::-<::::-=ニ二//  /´    ただ細かいことは相当、省いている。
     Y´  .\/ ノ      ̄ ̄::::ノ/ ヽ !弋シフ´/ r‐'
     | /`i、  .V/ ヽ      ::::::lノ  __| ヽ::   | /      では上記の知識を使い宿題の解答・解説を行う
     .l l | ヽ |          :::::../::::: ̄ノ   //
     ヽヽヽ! |            \::::::/   |/
      | vヽ |          _,. -''''ヽ-‐、   .|、ヽ
     /.( (>、_|         !-‐''~´ `~´\!  ./'ノ
     |/ `-i´ |.          '';;,,,,,,,,,,,,,,,;;''  /|/             _,,、
     |   |  |.           """""   / |          r'''ヽ''´ヽ ヽ!-、
_,. --、 ||||   \               | |          '、 `''''''  _ノ,.--`--┬''ヽ,
    ヽ| 川|    \       ___   / |           `''''''''フヽ´   ヽ,,,,ヽ_ノ__,,
   | |||||      ::::::\  /:::::::::::::::\/ |          _,. -''´-、,.-‐‐''''''''´./ ヽ  ヽ  )
   / | | 川|       ::::::`'''‐------‐''´:  |         /r‐'''''''´/ヽヽ_, イ´    ノ _フ

372はる ◆L96SZTATM62012/05/20(日) 17:03:52 ID:G/3lu80A0


II 以下の各文のS, V, O, C, Mと等位接続詞を指摘し 日本語に訳せ

     1. Give me liberty or give me death!          Patrick Henry




 | 三_二 / ト⊥-((`⌒)、_i  | |
 〉─_,. -‐='\ '‐<'´\/´、ヲ _/、 |
 |,.ノ_, '´,.-ニ三-_\ヽ 川 〉レ'>/ ノ
〈´//´| `'tt_ゥ‐=、i |:: :::,.-‐'''ノヘ|  いきなりだが これは命令文だ
. r´`ヽ /   `"""`j/ | |ゞ'"フ/i/
. |〈:ヽ, Y      ::::: ,. ┴:〉:  |/    文の始めが動詞の原形から始まっているからな
. \ヾ( l        ヾ::::ノ  |、
 j .>,、l      _,-ニ-ニ、,  |))     ではやる夫よ、まず文のS, V, O, C, Mと
 ! >ニ<:|      、;;;;;;;;;;;;;,. /|
 |  |  !、           .| |          等位接続詞を指摘しろ
ヽ|  |  ヽ\    _,..:::::::. / .|
..|.|  |    :::::ヽ<::::::::::::::::>゛ |_             やる夫>了解だお
..| |  |    _;;;;;;;_ ̄ ̄   |
:.ヽ‐'''!-‐''"´::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、



1. の解答その1
     1. Give me liberty or give me death!
       V  O  O'  等 V  O  O'



             (ヽ三/) ))   こんなの楽勝だお
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \         DIO>ふむ、正しい ではこれは第何文型だろうか
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\    “4. SVOO' → SがOにO'をVする”という文型だお
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/        DIO>では訳せ
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |      訳せるけど意味がわからないお
    `ー---‐一' ̄



1. の解答その2
    1. Give me liberty or give me death!
      私に自由を与えよ、そうでなければ(私に)死を与えよ




    |    / ̄ヽ _  ゝ、 V !  /  ̄      _ _ / イ ノ
    ├ -、./      / \У  {      rー 彡  i   / /
    / ヽ .ノ  ,,;;;;; /    `ー  ヽ   ,;;;{彡"  ノ r=≠ <
  ,;/ /  /≧/    ,;;;ヾ    ;;;i    i! i { 彡! ,,,;;;;ノ
 ,,;/ (   i\/,/   ,;;人 _Y⌒廴 _ _i;;,,, _  V/彡.// r=;;/   これはな、アメリカ独立革命の際の演説だ
,;;;/   `ヽ ;! i ヽ  ;;{三jミ:i      )彡=))  Y彡/),,;ノ
 ! _ __,,  ハ j  !ii 》.\  V三 \_____,_<三 /  / ̄ {   ノ   パトリック・ヘンリーという男の台詞だな
   /ノ  ii  .}Y  ,,,,) /;;,, ;; ..,,,..,;;::;;.../,__/__ z< rイ<
   /;;;;;;;;;;;;;;;;l人i!  / 人≧;;} ノ;;;; ,, ̄,,;;_zz彡{ミツ  {ゝ     イギリスから独立するという“自由”が与えられなければ
  <;;;;;;;;;;;;;;;;;(( ノj /ヽ`ー'ミi;,,,i,i,<_-zz≠三ニ  Уイ/ /}
 / \;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;|   . ̄'´ノ⌒ ii:::ミ. `┴'´/ / ソ 人      “死”ぬ、という決意を表したものだ
    ヾ;;;;;;;;;;;/i;;;|......:::::  /::..   :::::::: ̄. ̄  ..:/ノ ..イ /
      );;;;;/ !;;|:::::   / :::....... .:::::     "./))<  j! .i!      等位接続詞“or”は“AあるいはB”の意味だ
     i;;;;/:::::::i;;|'  、_ ヽ::.._,,;;;   _     /⌒i!  i! .リ
     /:::::::::::::}   ヽ;,,,,,,,_..  ,,  `    /  /il  / /:::       “私に自由を与えよ、あるいは死を与えよ”
    /::::::::::::::::ハ  `;;,,,,, ̄` =-''"    イ ./::::|iV /::::::
⌒V/::::::::::::::::::::/:::::i   / ''''''"´    <...イ:::::::::::|! /:::::::::      という訳でもいい
 //::::::::::::::::::::/::::: ヽ :::....    ...:'::´::イ:::::::::::::::::::::レ::::::::::/
./::::::::::::::::::::/::::::::::::::::`:::._ イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i!:::::::ノ:::      では次だ
:::::::::::::::`ヽ::: {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /:::::::



続きを読む


2012/05/26(Sat) 10:46
412はる ◆L96SZTATM62012/05/21(月) 16:28:30 ID:5ApLoD1Y0


                 Part2 ‐時間潮流-

               第1話『進行形と現在形』



―やる夫の家―
  _
  |:  |
__,.|:  |__,.,_ _ __ __,.,___,.,__, ,__,.,_ ____ __,.,_ _ _ ,.,___,.,__,, _, _,, _ __,.,___,.,__,,____ ,_.
  |:  |
  |:  |               __________
  |:  |            /\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\           _,,-       やる夫>カーチャンただいまだお
  |:  |            //   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\         |_,,-
  |:  |          ∠/      \_________\         |.i-            もう英語の先生は来てるかお
  |:  |           | ___  |    | ̄| ̄||≡|   |_           !.l-
  |:  |           |/\   \|__|_|_||≡|_ |」___    |                      母>もう来て
  |:_|          //  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ .,,-''!.i-
  || ̄|          ∠/     \______________\,:::!.i-       やる夫>うおぉぉ、マジかおぉぉぉぉ
  ||≡|  ,;:'""':;, '""':;, '""'':;,      |___i ..| | ̄| ̄|||≡| ,;:'""':;,"'':;,"'':;,
  ||≡| i':::::::::::::'i,,::::::::'i,,::::::::'i,      |┐┐|__|::::| | _|  |||≡|i':::::::::::::'i::,:::i,::::i,          さっそく挨拶してくるお
  ||≡| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |┐┐|||| :::| └| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ||≡|::::::::              |   |┐┐|||| :::|__| | ─┐
  ||≡|::::::::              |   ├―――‐|   | |   ̄
  |: ̄|::::::::             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |




      |┃三 バンッ
      |┃  ____
      |┃/⌒  ⌒\   こんにちはー
      |┃(●)  (●) \
───|┃:⌒(__人__)⌒:::::\    やる夫を優しく導いて…
      |┃  |r┬-|     |⌒)
      |┃   `ー'ォ     //
      (⌒ヽ・    ・ ̄ /
      |┃ノ       /
      |┃   つ   <
      |┃  (::)(::)   ヽ
      |┃/    >  )
      |┃     (__)

413はる ◆L96SZTATM62012/05/21(月) 16:29:33 ID:5ApLoD1Y0


                       ,.ヘ、___ __
                    ,心、_| ハ \ミ\ \ヘ癶、
                  /ノ ノ rミl:l:lハ  ヽ `ヽ \ー'\
                 〈  /  |ジ´,,´´} /Nヽ ト,l\ V Yヘ
                 ノ 〈l  lハ  ゞjノー--H/、| } lハ \〉             やあ 貴様がやる夫か
                // / Nゝ!'^`ヽ  ~''´_,z≧、_N | l ∧ ヽ
               /  l {イ弓彡、ミ_j  、_´¬‐’='^j/ l ハj)ハ              バラライカだ
                |  l ! トト!〃_(・'`/        ゚ // /イ 〉 |
                \l,! ヘ|Z孖彡7ヽ r、      !イ/ /ト! } |      ∫⌒  短い間だがよろしく頼む
                 ヽ、|ミ彡彡{          ス//|rノ |
                   |lマ三彡7∠_ 二`ニー'    j/´| ! |       ((
                   | l∨辷/           |  | ! |    ( ⌒ )   …そして、その粗末なものはしまえ
                   | ll \払   ´ ミ      /|  | ! l   (~  ノ
              /}       | |l  l\}         /ケl  |   |   ノ
     ヾ 彡\ /ー'/        ! li  | l |\           |  |   lヽ∫
    /`ヾ /  /       ノ| l  | llハ ::::\ _ ィ   _ィ|  |l   r_i~\
   /  /  / \─‐-、_/ム|  l  l/ハ  ヾ壬/   `ヾ|  l|ハノ人、ヽ_三⌒ヽ
  | _/  /‐ヾ、ノリ\::::::::::::::::|  l |三∧    _ _    __,|z ニ1'\ヘ\ _`ヽ_ミリ
  ヽ  ー'´ー=ハヾ、ジ ==二_ァこ- |-¬'}^´ ̄ー´  ̄   │! lヘ:::::::`ー--..、ル(_rヘ
   l     _/  〉:::::::::::::::::::::::/  ノ |  /     ノ    ',  、、\::::::::::::::::::::`丶、
   |l       .ィ:::::::::::::::::::::::/ ハ/  l ─--、   く_.. --─∧ゞ ニ _\__:::::::::::::::::::::
   /::\    ´ ヽ:::::::::::::::::/{ !  _ノ|ゝヘ   `~    z‐、/::::::\ _ ヽ ム:::::::::::::::::
  /:::::::::∧      }::::::::::::〈 ノヽソ (::::||彡〈       〈ミ/::::::::::::::::::ソ フ ノ::::::::::::::::




       ____
     /ノ   ヽ、_\   (確かに美人だお、美人だお、女の人だお)
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \  (でも何か違うお)
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /          バラライカ(以下“バラ”)>では



続きを読む


2012/05/26(Sat) 10:48
450はる ◆L96SZTATM62012/05/23(水) 04:38:52 ID:GOALJi1.0

                 Part2 ‐時間潮流-

               第2話『現在完了形と過去形』



―やる夫の家―
  _
  |:  |
__,.|:  |__,.,_ _ __ __,.,___,.,__, ,__,.,_ ____ __,.,_ _ _ ,.,___,.,__,, _, _,, _ __,.,___,.,__,,____ ,_.
  |:  |
  |:  |               __________
  |:  |            /\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\           _,,-       やる夫>ただいまだお
  |:  |            //   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\         |_,,-
  |:  |          ∠/      \_________\         |.i-            母>先生、もういらっしゃってるわよ
  |:  |           | ___  |    | ̄| ̄||≡|   |_           !.l-
  |:  |           |/\   \|__|_|_||≡|_ |」___    |         やる夫>う…あからさまに怒られそうだお…
  |:_|          //  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ .,,-''!.i-
  || ̄|          ∠/     \______________\,:::!.i-             でも、ちょっとだけだから
  ||≡|  ,;:'""':;, '""':;, '""'':;,      |___i ..| | ̄| ̄|||≡| ,;:'""':;,"'':;,"'':;,
  ||≡| i':::::::::::::'i,,::::::::'i,,::::::::'i,      |┐┐|__|::::| | _|  |||≡|i':::::::::::::'i::,:::i,::::i,             たぶん、大丈夫だお
  ||≡| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |┐┐|||| :::| └| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ||≡|::::::::              |   |┐┐|||| :::|__| | ─┐
  ||≡|::::::::              |   ├―――‐|   | |   ̄
  |: ̄|::::::::             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |






     |┃
 バタッ. |┃
     |┃  ノ//   ./ ̄ ̄ ̄ \
     |┃三    /  \   / \    不肖、やる夫 ただ今 到着…
     |┃     /  (●)  (●)  \
     |┃     |    (__人__)     |
     |┃三   \    ` ⌒´    /
     |┃三   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \

451はる ◆L96SZTATM62012/05/23(水) 04:39:41 ID:GOALJi1.0

           , rr-―- 、
           {_,-―- 、 \
         //   、 ' 、 ヽ
        /    .へ \   }
       ,ィ´ ゝ  .、 i   `   \
      {  / n,ヘ}从 | i. |介__}   }
      ヽ { ((  jノノ,斗- | |.c)  i
        ヽ从ィtj  f=ツ,| |ソi   !        …やる夫
          |ミソ_    .j| i || \ \
          | ヽ -  ノ.| i |ト 、.\ \
         __| | i.`_- < .| |/ `ー--┴- 、
        / . | | }  / ノ ./ /          |
       j  ノ /./  .{   ( {.             |
      ノ  { .' /   |ミ;. /\ヽ、           |
      (   `、.}    |;/.   \ヽ        |
     ノ  / (/          ソ         |
    /   {               |       |
   /    ヾC                 |       |
  /        ゝ、         C      |       |
/    く\/  }       c    丿 _  |
      ,.\\.ク ー-- 、.,__,..  -‐ '''""~    |
―――― ,ィ`/,―    \.、          ノ―
      `ゝゝ し⊂二______)}\ __,,..  -‐ '''"
                  ̄



       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\   なんですかお
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /



続きを読む


2012/06/09(Sat) 01:06
493はる ◆L96SZTATM62012/06/08(金) 17:39:40 ID:pd3qGRwA0

                 Part2 ‐時間潮流-

               第3話『過去完了形と過去形』



―やる夫の家―
  _
  |:  |
__,.|:  |__,.,_ _ __ __,.,___,.,__, ,__,.,_ ____ __,.,_ _ _ ,.,___,.,__,, _, _,, _ __,.,___,.,__,,____ ,_.
  |:  |
  |:  |               __________
  |:  |            /\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\           _,,-       やる夫>何とか間に合ったお
  |:  |            //   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\         |_,,-
  |:  |          ∠/      \_________\         |.i-            母>珍しいわね 時間より前なんて
  |:  |           | ___  |    | ̄| ̄||≡|   |_           !.l-
  |:  |           |/\   \|__|_|_||≡|_ |」___    |         やる夫>…いろいろあるんだお
  |:_|          //  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ .,,-''!.i-
  || ̄|          ∠/     \______________\,:::!.i-            
  ||≡|  ,;:'""':;, '""':;, '""'':;,      |___i ..| | ̄| ̄|||≡| ,;:'""':;,"'':;,"'':;,
  ||≡| i':::::::::::::'i,,::::::::'i,,::::::::'i,      |┐┐|__|::::| | _|  |||≡|i':::::::::::::'i::,:::i,::::i,
  ||≡| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |┐┐|||| :::| └| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ||≡|::::::::              |   |┐┐|||| :::|__| | ─┐
  ||≡|::::::::              |   ├―――‐|   | |   ̄
  |: ̄|::::::::             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |




        /  /  < /  i   V/l \\l
        /  /  / /  / / l :l     \ゝ
      : /  /  / /〈〉 l/ `∧ ! /^\ l \\ \
      / | ∧ /  l / l l / ,、∨,、  \( ヽ\ \       やる夫>先生ー
      i ^ jメ、  l  /.l l ト/ ∧ヽ|/∧ヽ  )  l  ト: ',
      l  / / / / / l /l /´`"゙`´ ', !レハ. /人 l 丿 〉           こんにちはーだお
      / / / / l  ハ l-レ孑-ト    7┼リ\ ll-、l/l l/
     / / / l l l i L j/              /l ) /    定刻通りだな 感心だ
      i / /   \  /ヽ _≡三ミ   _≡三ミ.レイj/
     l l i ./ . レ\| ″              V^V    では
     l  ヾ /  ∧ /Z孖彡7       """  }
     l l /  / | l∨辷ミ彡彡{   _    /     前回までの復習から始めよう
     l l l  / | ll ヽ マ三彡7   `ー′  イ|
     l l l  ! .l | |l  l l∨辷/_____.. <|i .|       時制の
     l l l l l .! li  ||    寸  `ヽ、:_:| .i |
     l l l r<| l  | \    }     | l .ト
     l l 厂  / / /  ヾ    |     | :l |
     l l \  | l |    \   |    | i l

494はる ◆L96SZTATM62012/06/08(金) 17:40:13 ID:pd3qGRwA0


・現在形
・現在進行形
・現在完了形

・過去形
・過去進行形




      ____
    /  ⌒  ^\       バラ>以上を学習したのだったな
   /  ( ●)  (●)
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ         そうですお
 |       |r┬-|   |
 \        `ー'´  /




    //       |彡へ
    /  , y  /ヽ|/∧ヽ\ー-、
    イ  イ ハ イ`''''''y/爪. | ヽ ヘ
   .|ハ  | |=| |       } |  | | 〉
  ルハミヽトミ{ミチ==イ    ムイ / j {
  彡<ニ二tテミミ、   /==ームイ / /}
  彡辷三三ツ´   (ミ、   〉彡イ j   図を書いたのも覚えているか
  彡彡≦イ      <_tテ // /'
  彡炎ミrチ.   r  〉  ィ彡ノノ      もう1回、図を見ながら復習していこう
  三ミツ       イ  z彡ソ'
  彡イ 、____      j
  彡ミi  ` <ィィィヌイイヌヌヌヌヌヌヌヌヌ(:::(::)
  彡ミム  ー- 、_つ ̄ ̄Z テ ̄ ̄ ̄
  イ彡f         /| |
  炎彡{        /| | |
  ヽ、キ}.      /| | | |
    > 、 __/| | | | |
     イ...川川川 | | | |
     /:::::::::::::::::| | | | | |ー-- 、_
     /:::::::::::::::::::| | | | | |::::::::::::::::::::




時制のイメージ図


              現在完了形
          ┏━━━━┻━━━━┓
          ┃             ↓
 -──────・─────────-・────────→
          ↑             ↑           時の流れ→
         過去(形)        現在(形)
          ↓             ↓
        ←─・─→        ←─・─→
       過去進行形        現在進行形



続きを読む


2012/06/11(Mon) 08:01
541はる ◆L96SZTATM62012/06/10(日) 21:20:44 ID:h4J0Yv.w0

                 Part2 ‐時間潮流-

               第4話『その他・時制のまとめ』



―やる夫の家―
  _
  |:  |
__,.|:  |__,.,_ _ __ __,.,___,.,__, ,__,.,_ ____ __,.,_ _ _ ,.,___,.,__,, _, _,, _ __,.,___,.,__,,____ ,_.
  |:  |
  |:  |               __________
  |:  |            /\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\           _,,-       やる夫>たっだいまーだお
  |:  |            //   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\         |_,,-
  |:  |          ∠/      \_________\         |.i-            母>おかえり
  |:  |           | ___  |    | ̄| ̄||≡|   |_           !.l-
  |:  |           |/\   \|__|_|_||≡|_ |」___    |         やる夫>先生はいるかお
  |:_|          //  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ .,,-''!.i-
  || ̄|          ∠/     \______________\,:::!.i-        母>とっくにいらしてるわよ
  ||≡|  ,;:'""':;, '""':;, '""'':;,      |___i ..| | ̄| ̄|||≡| ,;:'""':;,"'':;,"'':;,
  ||≡| i':::::::::::::'i,,::::::::'i,,::::::::'i,      |┐┐|__|::::| | _|  |||≡|i':::::::::::::'i::,:::i,::::i,        やる夫>じゃ 勉強してくるお
  ||≡| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |┐┐|||| :::| └| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ||≡|::::::::              |   |┐┐|||| :::|__| | ─┐
  ||≡|::::::::              |   ├―――‐|   | |   ̄
  |: ̄|::::::::             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |



    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||      || ガチャ
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::|| ̄ ̄\ ||      こんにちはー
 |:::::::::::::::|| ノ  ヽ_\
 |:::::::::::::::||●) (●) \    今日もよろしくお願いします、だお
 |:::::::::::::::|| (_人_)    |
 |:::::::::::::::||___   /
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
   \ ::::||
    \||

542はる ◆L96SZTATM62012/06/10(日) 21:21:16 ID:h4J0Yv.w0


             _,,. -─- .== -,..-‐、
          . _,厶-ク   \v`ヽ\´- ヽ
         /   /  ,ハ   ハ  ハ   }
.        /    /イ  /ヽヘ/r、_},ハ //  ヽ     時間通りだな
        {イ /!仏\    /  リi //    |
        Vi ハ ●    ●. ^ヾイ} リ|    |   感心だ
        ハ/||ミ彡》、_,、_, ⊂⊃/ |ノ| |    |
         \トゞミゞ \_|   ./ | }.|   |  では
          | |> ァr‐七⌒ |  |リ |   |
          | |/ {メ^く_/  |  |ヽ |   |    いつものように復習から入ろう
          | ト /:∧∨ 〉.|  ト   |   |



..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)     なんで
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |   そんな顔になってるんだお
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ



             _,,. -─- .== -,..-‐、
          . _,厶-ク   \v`ヽ\´- ヽ
         /   /  ,ハ   ハ  ハ   }
.        /    /イ  /ヽヘ/r、_},ハ //  ヽ    これか
        {イ /!仏ムヘ/   `ソイ リi //    |
        Vi ハ ●     ●.^ヾイ}.リ|    |    復習のパートが多いからな
        ハ/||ミ彡》、_,、_, ⊂⊃/ |ノ| |    |
         \トゞミゞ ヽ._)   / | }.|   |    わかりやすくするために
          | |> ァr‐七⌒ |  |リ |   |
          | |/ {メ^く_/  |  |ヽ |   |    復習のパートはこの顔でいこうと思う
          | ト /:∧∨ 〉.|  ト   |   |




    / ̄ ̄ ̄\
   / ─    ─ \
 /  (●)  (●)  \     そうですかお
 |    (__人__)    |
 \    ` ⌒´    /     じゃあやる夫も
 /            |
(_ )   ・    ・  ||    くつろがせてもらうお
  l⌒ヽ        _ノ |
  |  r ` (;;;U;;)   )__)
 (_ノ  ̄  / /
        ( _)



続きを読む


2012/06/19(Tue) 01:17
594はる ◆L96SZTATM62012/06/18(月) 03:26:09 ID:npIQLFo20

                 Part2 ‐時間潮流-

               第4.5話『未来形(?)』



―やる夫の家―
  _
  |:  |
__,.|:  |__,.,_ _ __ __,.,___,.,__, ,__,.,_ ____ __,.,_ _ _ ,.,___,.,__,, _, _,, _ __,.,___,.,__,,____ ,_.
  |:  |
  |:  |               __________
  |:  |            /\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\           _,,-       やる夫>ただいまー
  |:  |            //   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\         |_,,-
  |:  |          ∠/      \_________\         |.i-           カーチャン>おかえり やる夫
  |:  |           | ___  |    | ̄| ̄||≡|   |_           !.l-
  |:  |           |/\   \|__|_|_||≡|_ |」___    |         やる夫>もう時間だから
  |:_|          //  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ .,,-''!.i-
  || ̄|          ∠/     \______________\,:::!.i-            さっそく教わってくるお
  ||≡|  ,;:'""':;, '""':;, '""'':;,      |___i ..| | ̄| ̄|||≡| ,;:'""':;,"'':;,"'':;,
  ||≡| i':::::::::::::'i,,::::::::'i,,::::::::'i,      |┐┐|__|::::| | _|  |||≡|i':::::::::::::'i::,:::i,::::i,           カーチャン>そのことなんだけど、ってちょっと
  ||≡| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |┐┐|||| :::| └| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ||≡|::::::::              |   |┐┐|||| :::|__| | ─┐                         全く話を最後まで聞かずに…
  ||≡|::::::::              |   ├―――‐|   | |   ̄
  |: ̄|::::::::             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |




     |┃
 ガラッ. |┃
     |┃  ノ//   ./ ̄ ̄ ̄ \
     |┃三    /  \   / \     今日もがんばるお
     |┃     /  (●)  (●)  \
     |┃     |    (__人__)     |   よろしくおねがいします、だお
     |┃三   \    ` ⌒´    /
     |┃三   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \

595はる ◆L96SZTATM62012/06/18(月) 03:26:46 ID:npIQLFo20


                 _____
                 ,,-''"´:::::::::::::::::::::::`゙''-..、
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             , '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         /::::::::::::/~~~~~~~~~//|::::|~~~ヽ:::::::',
            l::::::::::::::|.  ━━  ´ ./::/   ',:::::::l     (英 文 法 を)
            |:::::::::::::|        // ━━.|::::::|
           |::::::::::/,,..-‐-..、            |:::::,'        や ら な い か
         /⌒∨ l:::::::::ゝ'|ヽ     ,,.‐t┬.、|:::/
         ' , 入. ',:::::::::::::l     ,'::::::::::|  .|/|
           \__  ヽ-‐''´      ヽ、:::/  .l_/
             ' ,               丿
             ,,..-‐‐`''-..,,__`ニ´_,,,..-''"
     r''"´     丿 ヽ  ヽ ∠ .\_______
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´ヽ、 /  ̄|_\ |r‐-t‐-\            |
 ―――――‐∨  ヽ ̄ |  ̄ \__|  ..ヽ―――――‐|
_______..|    `¨´  ,,..-―┴-..,,/_______.|
          |     /         `ヽ         |
|――――――..|  >''´        、  \――――|
ヽ.._______|           ,,-''´`ヽ/|_ ____ヽ
   '-..,,_____ヽ        /    .ヽ::::::/_____`''-..,,_
   '-,,`''-,,___\     /      |ニ_______ ヽ
    `゙''‐|‐─――` ̄ ̄´ ̄ヽ     l―――.──‐──―─
        |               |      ./              |
       .|________ |     /__________|
        .|__|            ヽ、__ゝ             |__|




                           |┃┃
                           |┃┃
                           |┃┃
                           |┃┃    …ありえないお
              / ̄ ̄ ̄\         |┃┃
          /   \  / \   .三 |┃┃     時制は終わってないし
         /    (●)  (●)\   三 |┃┃て
           |         (__人__)   |    |┃┃ て  
         \      ` ⌒´  / _/`||┃┃
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ∩ノ |┃┃ ピシャッ!
         |  |           | ̄ ̄ |┃┃



続きを読む


2012/06/24(Sun) 00:38
653はる ◆L96SZTATM62012/06/23(土) 21:03:24 ID:ks71Q4x20

                 Part2 ‐時間潮流-

                 第5話『宿題と復習』



―やる夫の家―
  _
  |:  |
__,.|:  |__,.,_ _ __ __,.,___,.,__, ,__,.,_ ____ __,.,_ _ _ ,.,___,.,__,, _, _,, _ __,.,___,.,__,,____ ,_.
  |:  |
  |:  |               __________
  |:  |            /\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\           _,,-    やる夫>宿題おいていったお
  |:  |            //   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\         |_,,-
  |:  |          ∠/      \_________\         |.i-          めんどくさいけど やらないと
  |:  |           | ___  |    | ̄| ̄||≡|   |_           !.l-
  |:  |           |/\   \|__|_|_||≡|_ |」___    |           ろくなことにならない気がするお
  |:_|          //  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ .,,-''!.i-
  || ̄|          ∠/     \______________\,:::!.i-
  ||≡|  ,;:'""':;, '""':;, '""'':;,      |___i ..| | ̄| ̄|||≡| ,;:'""':;,"'':;,"'':;,       ??
  ||≡| i':::::::::::::'i,,::::::::'i,,::::::::'i,      |┐┐|__|::::| | _|  |||≡|i':::::::::::::'i::,:::i,::::i,
  ||≡| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |┐┐|||| :::| └| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ||≡|::::::::              |   |┐┐|||| :::|__| | ─┐                   なんか挟まってるお
  ||≡|::::::::              |   ├―――‐|   | |   ̄
  |: ̄|::::::::             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |




         ___
       /      \
      /  ノ   \ \      バラライカ先生からの手紙だお
    /    (●) (●) \
    .|   u.  (__人__)   |    __   …筆記体が流ちょう過ぎてわけわからんお…
     \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /
    (⌒      /     /     /
    i\  \ ,(つ     /   ⊂)
    |  \   y(つ__./,__⊆)
    |   ヽ_ノ    |




        ____
     /     \
    /  ─    ─\     …アベ先生が訳してくれてるお
  /    (●) (●) \
  |       (__人__)    |      ありがたいお
  \        |\  / /|
  /     /⌒ノ  \/ ( )    なんて書いてあるんだお
  |      / / |       |

654はる ◆L96SZTATM62012/06/23(土) 21:03:55 ID:ks71Q4x20


================以下 手紙=================



             _,,. -─- .== -,..-‐、
          . _,厶-ク   \v`ヽ\´- ヽ
         /   /  ,ハ   ハ  ハ   }
.        /    /イ  /ヽヘ/r、_},ハ //  ヽ    やる夫へ
        {イ /!仏ムヘ/   `ソイ リi //    |
        Vi ハ ●     ●.^ヾイ}.リ|    |    どうしてもある国に早急に帰らなければ
        ハ/||ミ彡》、_,、_, ⊂⊃/ |ノ| |    |
         \トゞミゞ ヽ._)   / | }.|   |    ならなくなった
          | |> ァr‐七⌒ |  |リ |   |
          | |/ {メ^く_/  |  |ヽ |   |
          | ト /:∧∨ 〉.|  ト   |   |



             _,,. -─- .== -,..-‐、
          . _,厶-ク   \v`ヽ\´- ヽ
         /   /  ,ハ   ハ  ハ   }
.        /    /イ  /ヽヘ/r、_},ハ //  ヽ    結果的に
        {イ /!仏ムヘ/   `ソイ リi //    |
        Vi ハ ノ     `ヽ  ^ヾイ} リ|    |    時制の指導が中途半端になった
        ハ/|ミ ●    ●.   / |ノ| |    |
         \ゞミゞ 、_,、_,⊂⊃../ | }.|   |    申し訳なく思っている
           { /⌒l ァr‐七⌒ |  |リ |   |
           /  / メ^く_/  |  |ヽ |   |    本当にすまない
             |  l /:∧∨ 〉 |  ト   |   |



             _,,. -─- .== -,..-‐、
          . _,厶-ク   \v`ヽ\´- ヽ
         /   /  ,ハ   ハ  ハ   }
.        /    /イ  /ヽヘ/r、_},ハ //  ヽ   言い訳させてもらえば、残ったのは未来形だけで
        {イ /!仏\    /  リi //    |
        Vi ハ ●    ●. ^ヾイ} リ|    |   一応の区切りはついていたから
        ハ/||ミ彡》、_,、_, ⊂⊃/ |ノ| |    |
         \トゞミゞ \_|   ./ | }.|   |   あまり困惑させずに済んだのではないかと思う
          | |> ァr‐七⌒ |  |リ |   |
          | |/ {メ^く_/  |  |ヽ |   |   残りはアベがやってくれるだろう
          | ト /:∧∨ 〉.|  ト   |   |



             _,,. -─- .== -,..-‐、
          . _,厶-ク   \v`ヽ\´- ヽ
         /   /  ,ハ   ハ  ハ   }
.        /    /イ  /ヽヘ/r、_},ハ //  ヽ    せいぜい健康とケツの穴には気を付けて
        {イ /!仏ムヘ/:::::::::`ソイ リi //    |
        Vi ハ ●:::::::::::::::●.^ヾイ}リ|    |    勉強していってくれ
        ハ/||ミ彡》 ___,. ⊂⊃/ |ノ| |    |
         \トゞミゞ `ー'   . / | }.|   |    生きていればまたどこかで会うこともあろう
          | |> ァr‐七⌒ |  |リ |   |
          | |/ {メ^く_/  |  |ヽ |   |                   ダスヴィダーニヤ
          | ト /:∧∨ 〉.|  ト   |   |



================以上 手紙=================



続きを読む


2012/07/03(Tue) 00:31
696はる ◆L96SZTATM62012/07/02(月) 00:55:41 ID:Kf4u4IiU0

                 Part3 ‐オーグジリアリィ・クルセイダーズ-

                     第0話『宿題の解答・解説』



―やる夫の家―
  _
  |:  |
__,.|:  |__,.,_ _ __ __,.,___,.,__, ,__,.,_ ____ __,.,_ _ _ ,.,___,.,__,, _, _,, _ __,.,___,.,__,,____ ,_.
  |:  |
  |:  |               __________
  |:  |            /\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\           _,,-    アベ>お、時間通りじゃないか
  |:  |            //   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\         |_,,-
  |:  |          ∠/      \_________\         |.i-        感心だね
  |:  |           | ___  |    | ̄| ̄||≡|   |_           !.l-
  |:  |           |/\   \|__|_|_||≡|_ |」___    |           宿題はやってあるかい
  |:_|          //  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ .,,-''!.i-
  || ̄|          ∠/     \______________\,:::!.i-
  ||≡|  ,;:'""':;, '""':;, '""'':;,      |___i ..| | ̄| ̄|||≡| ,;:'""':;,"'':;,"'':;,    やる夫>バッチリだお
  ||≡| i':::::::::::::'i,,::::::::'i,,::::::::'i,      |┐┐|__|::::| | _|  |||≡|i':::::::::::::'i::,:::i,::::i,
  ||≡| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |┐┐|||| :::| └| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ||≡|::::::::              |   |┐┐|||| :::|__| | ─┐
  ||≡|::::::::              |   ├―――‐|   | |   ̄
  |: ̄|::::::::             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |



       |  !                        |  |       |
      | │                   〈   !      人
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ   ̄ .Y  ̄   そうか
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !    |
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |        教師としては嬉しいが
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !
    ヽ {  |           !           |ノ  /         個人としては複雑だな
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'                やる夫>?
    |    `!                    /
    人     ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |           宿題やらないような生徒には
  ̄ .Y  ̄    |\      ー ─‐       , ′ !
    |       |  \             /   |          お仕置きが必要だろう




  γ::::::::::::::::母::::::::::::ヽ、
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ      厳しくしてくださって構いませんよ センセイ
γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
(:::::::::/ \    / \:::::::)    私、ここで見てますから
\:/  (●)  (●)  \ノ
 |   /// (__人__) ///.  |
 \     ` ⌒´    /
 /            /
 \       (__ノ



        ____
      /  ノ  ヽ\
     /  (○)}liil{(○)   宿題はやったんだっつーの
   /     (__人__) ヽ
   |       |!!il|l|   |   何を期待してるんだお
   \        lェェェl /
    /         ヽ
    しヽ        ト、ノ          アベ>ま、いいじゃない
      |    __    |
      !___ノ´  ヽ__丿               では答え合わせを始めようか

697はる ◆L96SZTATM62012/07/02(月) 00:56:25 ID:Kf4u4IiU0



宿題
(     )内の動詞を適切な時制に変えて文を完成させよ
1. I ( see ) that film already.          訳:私はその映画をもうすでに見たことがある。




            ___ _
         -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
     ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       “見たことがある”と“経験”を表している
   r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ゞ, rr~ヅ   ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::        現在の“経験”を表せるのは“現在完了形”だ
    フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::
.    l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::        だから答えは
     〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::::::
.    /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ:::::::        ( have seen )
    /..             "´ 2ノ/ l:::::
.   ヽ.ニ,`           __/ :l::::        となる
.     'ーr_‐;ァ       ィ    l:::
      〈..        /:{      ヽ
        `}     /:: ! i
        丶、,、. イ::::::    !



続きを読む


2012/07/13(Fri) 01:10
751はる ◆L96SZTATM62012/07/13(金) 00:08:00 ID:zQovqr5o0


                 Part3 ‐オーグジリアリィ・クルセイダーズ-

                     第1話前編『will、shall、must』




―やる夫の家―
  _
  |:  |
__,.|:  |__,.,_ _ __ __,.,___,.,__, ,__,.,_ ____ __,.,_ _ _ ,.,___,.,__,, _, _,, _ __,.,___,.,__,,____ ,_.
  |:  |
  |:  |               __________
  |:  |            /\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\           _,,-   アベ>では、助動詞の学習に入ろう
  |:  |            //   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\         |_,,-
  |:  |          ∠/      \_________\         |.i-       その前に、助動詞について
  |:  |           | ___  |    | ̄| ̄||≡|   |_           !.l-
  |:  |           |/\   \|__|_|_||≡|_ |」___    |         覚えておいて欲しいことが2つある
  |:_|          //  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ .,,-''!.i-
  || ̄|          ∠/     \______________\,:::!.i-
  ||≡|  ,;:'""':;, '""':;, '""'':;,      |___i ..| | ̄| ̄|||≡| ,;:'""':;,"'':;,"'':;,     やる夫>なんだお?
  ||≡| i':::::::::::::'i,,::::::::'i,,::::::::'i,      |┐┐|__|::::| | _|  |||≡|i':::::::::::::'i::,:::i,::::i,
  ||≡| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |┐┐|||| :::| └| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ||≡|::::::::              |   |┐┐|||| :::|__| | ─┐
  ||≡|::::::::              |   ├―――‐|   | |   ̄
  |: ̄|::::::::             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |




       ______
    ,,..-‐";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` 、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
  |;;;;i "'`~  "`~ `i||i" '' ゙` " |;;;;;;|
  |;;;;|       ヽ`     u  |;;;;;|     それはね
  .|;;| ,-;;;;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;;;;;;;;;;;;;ヽ |;;;;|
 ,,ト;| ',,_==-、く    >゙-==、  |/ i     1つ目は、助動詞は
 |i 、|   ' ̄"彡|         || |
 |'. (|       彡|          |)) |     “必ず動詞と一緒に使われる”
  ! 、|      i,"(_ ,, 、,      |" i
  ヽ_|        `         .|_/      ということだ
   .|゙      、,.--‐ 、,,     |
   .i ゙、    '  ̄ニ ̄     /|
   |   、      ̄ ̄    , ' |
   |  i ` 、    (    , "   |
    |      ` ー---― "|    |
   |  |          i     |

752はる ◆L96SZTATM62012/07/13(金) 00:08:43 ID:zQovqr5o0



           ____
         /       \
        /   ─     ―    …
      /     ( ●)  (●)'
      |         (__人__)  |
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  '




           __ _ _ .
         ヾ彡:.:.:.::::::::::``ヽ
        /^^`ヾ,,;:::::::::::::::::::.\          これは絶対だ
        /jト、    `ゞ;;;;;;;;;:::::::::::::\
    .  _,ゝ ト、\    ``ヲ;;;;;;;:::::::::::::ヽ       助動詞だけがあるように見えても、
   r '"´   `ヾミゞ、  ,イ;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::゙,
   ト、  i  `ヽ    i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;:::::::::i.      それは省略されているだけだからね
   ,}   ′    ,'  j;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:::::|
   j二ヽ.      ,'   /,r'⌒ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:,'      助動詞“can(~できる)”で例を出そう
  . /ー-'         ,イヲ/i!;;;;;;;:::.::.:.:::/
   )           ゞイソ´  ̄ ̄ ``ヽ、
  .( _ ____, イー-,イ´          \
       .  /  /



続きを読む


2012/08/27(Mon) 23:48
810はる ◆L96SZTATM62012/08/26(日) 19:54:32 ID:sTE7Xg9.0
               Part3 ‐オーグジリアリィ・クルセイダーズ-

                   第1話後編『will、shall、must』







     ''´´´ ̄ ̄ ̄ ̄` ー--、_
    /:;:;:;:;:;:;.;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.ヾ、
  /;:;:;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヾ
  .,'.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヾヽゞζ)ヾ゚''心,ヾ;:;:、;:,,'゙
  ,':;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;;:;:;:'       ハソ  ''!ヾ       じゃ勉強を再開しよう
 .|;:;:;:;:;:;:;:;:;::;::;:;:;;:.';.      .ノ´)ノ   !
 .|:;:;:;:;:.,--.、:;:::;/ 〃二二ーーー-t   fー-,,!       助動詞にはそれぞれ2つの使い方がある
 .|;:;:;:;.,'rヽ ',:;:;/    r==f ̄ ´  ∧<''
  l;:;:;:;:|.l r l l;:リ     、迅y. ´   K庁 !        何と何だっけ
  ';:;:;:;:l l ( .イ           .ヽ` !
  /;:;:; ヽヽ_l.              .ヽ .!
 /;:;:;:;:;:/\             __ ノ |
. 从从从  l            .´  .l
',       ヽ         ー=二ア  j
..',.   .   ',  ` 、     、____,   /
 ',     .',     .、        /                _.   _
.  '.,    ',        、    ! /-.、             <´.\`r´ヽヽ
.   ',.     ',       `ー,―、´   `゙'ーー ,,,       .  >.、´ ヽ / ' ,
    ' ,   ',     /   ',        `'.、      '、 ,ヽ  ヽ   \ _,,-、
      ' ,  .',    /  |    ',         . '、     .,`-、ヽ、 \_,,-ー''   .\
      \_   / /|    \       ./|      .l 〉 ヽ, >''"´
        \ `ヽ  ′ |     /      / |     入 /  , '   ` ー''""~




      ____
     /\  /\
   /( ●)  (●)\     認識的用法と根源的用法、だお
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /





     r(    ,、_         /
     ゞ, rr~ヅ´ ミ        ,'. そう、そしてwill, shall, mustの
      フハ    _ ミ        {.
.      |_.. -'_"-'´\  r'⌒ヽ  {  認識的用法は休憩前に学習したね
      ゙i`'''Tjフ   } ミトー } l
       ,' ,.‐'"    { {い) / ノ_    確認のために書き出しておこう
      ,'        ゞ゙ f クァ ―`‐- 、.._,、-'´
      〈.、,..        ,.‐'´      `' 、``丶、  例文もつけておく
       )__.. -ァ   /
         Y´_   ./   \    \\
          ゙i゙   {     \    \\
          丶、,、イ       \    \\
             {        \    \\

811名無しのやる夫だお2012/08/26(日) 19:54:56 ID:qdf/VDKE0
ウホッ、いい投下

812はる ◆L96SZTATM62012/08/26(日) 19:56:50 ID:sTE7Xg9.0



will
認識的用法:予測・予言
(1)You'll be in time if you hurry.     OALD

shall
認識的用法:運命的必然性
(2)The man was a genius. We shall not see his like again.   LDOCE

must
認識的用法:論理的必然性
(3)You must be hungry after all that walking.   OALD




         ____
       /⌒  ⌒\           アベ>ついでに訳してみてくれ
      /( ●)  (●)\
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \    楽勝だお (1)“急げば(あなたは)間に合いますよ”
    |     |r┬-|     |
    \      `ー'´     /          アベ>正解だ
      >         <
     ( |        / )              これは“もし急げば、あなたは間に合いますよ”
      `|       /'
         |   r  /                  と予測・予言している文だ
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......                  ちなみに“in time”で“間に合う”という意味だね




                    , - - - _
                /:::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
               /::/¬ー-ァy、_::::::::::::::::::::ヽ     では(2)はどうだろうか
              ./::/     〃/~=y、_:::::::ヽ
             _/::/r;‐-...._ , ({ハ     `ー1:::!            やる夫>最初の文は問題ないお
            /ri`リ ゙'=ミニ、f′ {ト、     j::::{
           { ノv     `/  "ミ_-ミ丶、 j:::::i                 “その男は天才だった。”だお
            い/     ノ     `゙ヾミ`ー!_:/
            } '       'っ;:、}        //     その通り
               ソ    辷ー-、        ,ハ}
              ハ    、 ` ヾ‐    /ニノ      では次の文は?
             i ヘ    `' "    厶:
      ───- !  i ヽ   /     /〃                やる夫>“his like”ってのがよくわからんお
          ) /   !  `‐- .._, イ  ハ
      `丶、     |        /  /、        ああ、それはね
         ` 丶、!      / / / `ヽ
             ト、__,./ /  !    `ヽ    “somebody's like”=“~のような人(人間)”という意味だ

813はる ◆L96SZTATM62012/08/26(日) 19:57:58 ID:sTE7Xg9.0



    / ̄ ̄ ̄\
  /        \   そしたら(2)の訳は
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |    “彼は天才だった。彼のような人間には二度と会えまい。”
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \   になるお




     / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、     正解だ
    /  .::::::::::::::::::::::::;;:;;::,ッ、::::::::::::::::::::::::::::::'.,
    l    ,rj,rf'"'"'"    lミ:::::::::::::::::::::::::::::::',    この文は“彼みたいな天才は
     Y' リ          ,!ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::}
      |          くミ::::::::::::::::::::::::::::::::::l    再びこの世に出てくるとは思えない”
.     |、__  ャー--_二ゞ `i::::::,ィ ,、ヽ:::::::::::::::!
     ゝ、'l   ゙̄´彑,ヾ   }::;//ヽ ハ:::::::::::::::;    と文の書き手あるいは話し手が強く思ってるんだ
      ゙ソ   """"´`   "´ 2ノ/::::::::::::::j
      /              i  ,  /|::::::::::::::ノ    彼みたいな天才が再び世に出てきて、そして
     〈´ ,,.._          i  't-'゙ |:::::::::::リ
      ヽ,,、'~`      U ;   l    ヽ:ゝj、     彼みたいな天才にその人が出会えるか、は全くの運になるよね
       ゙,_,-、_,ノ`         /!   /  \
 |/      ゙,`'" ,,y       /;   /        (少なくともこの文の発信者はそう考えている)
 |/  彡  ゙、-'       / ;   /
   /|/     ゙、       / ;;','   /         こういう人間にはどうしようもない運命的な事柄を述べたい時に
    /      `ー ─ぐ;;;;' ,'  ノ
    |          ヾ_、=ニ゙、、,,_          “shall”を使うんだ もう1つ例文をだそう
    |        ,、-'´



続きを読む


2012/09/12(Wed) 20:02
855はる ◆L96SZTATM62012/09/12(水) 02:52:06 ID:siVrVT8M0
               Part3 ‐オーグジリアリィ・クルセイダーズ-

                  第1話後編『will、shall、must』おまけ






     ____
    / ⌒  ⌒  \       まだ聞くことがあるお
  ./( ―) ( ●)  \
  /::⌒(_人_)⌒:::::  | チラッ              アベ>ん、なんだい?
  |    ー       .|
  \          /     “Will you ~”を“Would you ~”にすると丁寧な感じになるのはなぜなんだお




.        ,..-''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    あぁ、それはね仮定法が使われているからなんだ
.     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.,
.     Y~~~~ノリ~~~~~~~~~~~~l:::::::::::::::::::::::::::::',         やる夫>仮定法…
     i            ノ::::::::::::::::::::::::::::::',
      l==、  ヽニニニニヽヽ::::::::::::::::::::::::::::::l     まだ習っていないよね 簡単に説明しよう
      ヽ T .}  " '. ̄rヽ、  .i::::::/⌒ヽ:::::::::,'
      l `/    ‐┴'    |::://⌒ .l:::::::,'      仮定法っていうのは
      |./,,,          |/. )) ./:::::,'
  _`    lヽ、 -‐           /./:::::::i       ありえないことを仮定して言う時に使う言い方でね
  ‐.     ',               __/ \:::::::i
  ′   .', ヽ==-       /. ___`''-i      未来のありえないことを言う時は現在形
         ',   -‐'   .,.-''" ̄     `゙"''‐.、
          ',      /                 現在のありえないことを言う時は過去形
.        ヽ.__,,..-/
             /                    過去のありえないことを言う時には過去完了形、という具合に
          /
          l                     時制を1コずらすと仮定法になる

856はる ◆L96SZTATM62012/09/12(水) 02:52:43 ID:siVrVT8M0



     ____
   /      \       時制をずらす…
  /  ─   ─\
/    (●)  (●) \         アベ>そうそう1つ過去にずらすんだ
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /            この仮定法の“時制を過去に1つずらす”
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |              っていうのが重要だ
  \ /___ /




.    l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.     |::l`''~^~ァrr~~ー..,,_:::::::::::::::,、_ィ:::::::::::::::::::::::::::     で“will”が“would”になると丁寧になる理由はこうだ
.    |:|       ノリ       ̄ ̄´   ミ ::::::::::::::::::::::
    !|                   ミ:::::::::::::::::::::::     (1)Will you shut the window?
      ',ミヽ                 〈::::::::::::::::::::::
      ',rヾミx、                    l:::::::::::::::::::::      だと直訳は
.      i でツ、   =≡三三三三       |:::::::::::::,..--
.     l `ー }                    |:::::::/ ,.-       “窓を閉めるつもりですか?”だ
      ∧  /      '"''===''    }::::/ <ヽ/
     _,,..∧. /                     ノノリ `/       この文の“will”を“would”に変えると
_,,..-''":./.:∧ゝ‐-、                _/
: : : :/: : : :.∧                   /          (2)Would you shut the window?
: :/: : : : : : :.∧ -..,,_      _、      /
: :`"''‐-..,,_: : : ∧ 、_ ̄ ̄ ̄       _,,,,.. -''"´        直訳は
: : : : : : : : :`''‐、:∧    ̄   __,,,...-‐''''"´: : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : ヽ∧      \: : : : : : : : : : : : : : : : :      “(ありえないとは思いますが)窓を閉めるつもりですか?”
: : : : : : : : : : : : :. <: `''‐--‐<  \: : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : :.\: : : : : :| ヽ   \: : : : : : : : : : : : :     この(  )の中は直接に訳に現れるわけではないけど、
: : : : : : : : : : : : : : : : :.\: : : :|  |   <: : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\: :|     \: : : : : : : : : : :      仮定法が使われているからそういう気持ちが込められる

857はる ◆L96SZTATM62012/09/12(水) 02:53:43 ID:siVrVT8M0



::::::::::::::::::,、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ
:::::::::::::::i' `"~´''""゙~゛゙^'ヾミ;,゙"ー;;;;;"゙''''ヾ;i    “(ありあえないとは思いますが)”
:::::::::::::::|           ' ;!゙      {,
:::::::::::::::|                       i     って気持ちがあったほうが、
:::::::::::::::|                       |
⌒ヽ.:::::} ∠二二三三=''   ∠二二=     相手を大事に扱っている感じがしないかい
´'ハ i:: |   '´て"アヾ´    i"てj"ヾ,′
.r‐ノ レ'      ̄ ̄        | ´ ̄ l
.{ i、               l    |       日本語訳にその気持ちを反映させると
 、 `                   |   |
ヽ、 `i           ,-、 ノ   l       (2)の訳は
:::| ` ー,                 ´     ,'
/    、      `- -‐─‐- ′. /        “もしよろしかったら窓を開けてくださいませんか?”
     ヘ       _____     /
      ヘ      `~"´   /          と なる  ちなみに(1)の訳は
    ',    >  .    ;    /
     ',       ≫...    _ '            “窓、開けてくれないかな?”
     ',      .:.:.:.: T<
      ',         .::.:.|   " ‐- ,         ぐらいだろう
                      ̄" ‐-




       , ';';';';';';';';';';';';';';';';';';'`丶
    , ';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'`、     “窓、開けてくれないかな?”
    ,';';';';';';';';';';';';';从ト、;';';';';';';';';';';';'ノ
   i!;';';';';';';';';';';';','   ト---イノル'j丿     と
    l!;';';';';';';';';';';';','            |
   ',;';';';';';'f⌒ヽミ   r===ォ /      “もしよろしかったら窓を開けてくださいませんか?”
    ',;';';';';';',´'ハi    丶 tソ  i
     ',;';';';';'ヽ、ノ          ',       この2つの文は
     i!;';';';/ l            _ >
    厶イ   \     、_」         “窓を開けてもらう”という
   _,ノ      \     /
  /. .,'         、 _ ア          依頼をしている点で変わりはないけど
//. . .i  `、      |. .ヽ、`丶
. . ',. . . .',   ヽ、   丶 ヽ、`、. .`、      相手に与える印象はずいぶん違うよね
. . .',. . . .`、――‐- ,    ー .',. . ヽ. `、
. . . ',. . . . .丶          `、. . . ン.',
. . . .',. . . . . . 丶      ヽ、  ',. ./. . ‘,
. . . . . ー-=ニ. .丶       i   i. . `丶. ', 
. . . . . . . . ./. . . .丶     l  i. . . ./. .l
. . . . . . . く. . . . . . . .丶     l   i. . ./. . .|
. . . . . . . .. .`丶 、. . . . .ヽ、   l  i. ./. . . .|
. . . . . . . . . . . . . . . .`丶. . . \  /./. . . . 丶
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ヽ. . . . . . . .|



続きを読む


2012/09/20(Thu) 22:45
961はる ◆tqozhKN/SA2012/09/16(日) 20:07:39 ID:lkmgjcbk0



                 Part3 ‐オーグジリアリィ・クルセイダーズ-

              修正版  第2話前編『should、ought to、can、may』




―やる夫の家―
  _
  |:  |
__,.|:  |__,.,_ _ __ __,.,___,.,__, ,__,.,_ ____ __,.,_ _ _ ,.,___,.,__,, _, _,, _ __,.,___,.,__,,____ ,_.
  |:  |
  |:  |               __________
  |:  |            /\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\           _,,-   アベ>では、助動詞の第2回目を始めよう
  |:  |            //   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\         |_,,-
  |:  |          ∠/      \_________\         |.i-      最初に前回の復習をしてから
  |:  |           | ___  |    | ̄| ̄||≡|   |_           !.l-
  |:  |           |/\   \|__|_|_||≡|_ |」___    |       should、ought to、can、may の
  |:_|          //  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ .,,-''!.i-
  || ̄|          ∠/     \______________\,:::!.i-      認識的用法を学び 
  ||≡|  ,;:'""':;, '""':;, '""'':;,      |___i ..| | ̄| ̄|||≡| ,;:'""':;,"'':;,"'':;,
  ||≡| i':::::::::::::'i,,::::::::'i,,::::::::'i,      |┐┐|__|::::| | _|  |||≡|i':::::::::::::'i::,:::i,::::i,      休憩を挟んで後半に
  ||≡| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |┐┐|||| :::| └| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ||≡|::::::::              |   |┐┐|||| :::|__| | ─┐               should、ought to、can、may の
  ||≡|::::::::              |   ├―――‐|   | |   ̄
  |: ̄|::::::::             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |                   根源的用法を学ぼう




  _ _   ___
 / ) ) )/ \  /\       了解だお
 {   ⊂)(●)  (●) \
 |   / ///(__人__)/// \          アベ>お、今日はなんかテンション高いね
 !   !    `Y⌒y'´    |
 |   l      ゙ー ′  ,/              では前回の復習からいこうか
 |   ヽ   ー‐    ィ
 |          /  |               
 |         〆ヽ/
 |         ヾ_ノ                




        ,..-一ー''゙゙ ̄~゙'''ー- ..、
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;. \
     .,i";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;;;ヽ      助動詞には
    .|丶;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!
    l丶;;;;;;;/!マダ゙'''!゙'V┐;;;ii―=i,xri-、;;ヽ     確信の強さを表わす“認識的用法”と
    |;;;;;;;;;;;,!       ゙゙.!;lリ     .!;;; !
    |;;;;;;;;;│          !′     .!;;.l'     それぞれの助動詞の
    .l;; ∴/i;;;;ニッッxi〟   rニニ`-ニrl、!
     ]/'.l.|   _     i' _,,,,,,_  i!│     固有の使い方である“根源的用法”の2つがある
     ,!゙ .川  .´  ‐    ,! ー    i|‐}
     ヽ ゝ            !     !.|l゙     では前回習った助動詞、will, shall, must の
     .'Lヽ         ,    .l゙/
      l'ァ.l      ´゛.'"    .|’      その2つの用法を
      .リ ヽ    .ー.... -    .,/
      /'゙i  .ヽ     ..〟   ノ|        例文で復習していこう
     /゛ .i′  \        / ; |`'、
 ._..-''ア  ll  l  .\、 ." .,/;;;;;;;;l.l \
` .. l゙  .!|  ..l    .`゙゙´  ;.,;;;;;;;| !  .゙ぐ- ..,,_

962はる ◆tqozhKN/SA2012/09/16(日) 20:10:46 ID:lkmgjcbk0


will
認識的的用法:予測・予言
1. Clare will be five years old next month.   訳:クレアは来月5歳になります。     CALD



         ____
       /⌒  ⌒\      ずいぶん簡単な文だお
      /( ●)  (●)\
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \             アベ>復習だしね さくさく進みたいから
    |     |r┬-|     |
    \      `ー'´     /               willは“予測・予言”を表す、




            ___ _
         -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、        この“予測・予言”の精度は高い
     ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::         ほぼ確実にそうなる、と言っていいほどだ
   ゞ, rr~ヅ   ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::
    フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::         人間が歳をとるのは ほぼ確実だろう
.    l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::
     〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::::::                  やる夫>まぁそうだお
.    /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ:::::::
    /..             "´ 2ノ/ l:::::         ほぼ確実に起こるだろう、と話し手が
.   ヽ.ニ,`           __/ :l::::
.     'ーr_‐;ァ       ィ    l:::         “予測・予言”する時に“will”が使われる
      〈..        /:{      ヽ
        `}     /:: ! i             では次は根源的用法だ
        丶、,、. イ::::::    !

963はる ◆tqozhKN/SA2012/09/16(日) 20:11:37 ID:lkmgjcbk0


will
根源的用法:意志
2. And I will take care of you, I promise, Megan.     Galsworthy "The Apple tree"
  訳:あなたのこと大切にします、約束します、メイガン。



     ____
   /      \            アベ>“will”の根源的用法は“意志”だ
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \            これはメイガン(女性)に“私( I )”が告白している場面だ
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /            告白なんだし、I promise,(約束します)とも言っているから
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |             主語の私( I )の“意志”が感じられるだろう
  \ /___ /



.    l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.     |::l`''~^~ァrr~~ー..,,_:::::::::::::::,、_ィ:::::::::::::::::::::::::::
.    |:|       ノリ       ̄ ̄´   ミ ::::::::::::::::::::::
    !|                   ミ:::::::::::::::::::::::   ちなみに“take care of ~”は
      ',ミヽ                 〈::::::::::::::::::::::
      ',rヾミx、                    l:::::::::::::::::::::    “~の面倒を見る、世話をする”と訳す以外に
.      i でツ、   =≡三三三三       |:::::::::::::,..--
.     l `ー }                    |:::::::/ ,.-     “~に留意する、~を大事にする”と訳すことも
      ∧  /      '"''===''    }::::/ <ヽ/
     _,,..∧. /                     ノノリ `/      ある
_,,..-''":./.:∧ゝ‐-、                _/
: : : :/: : : :.∧                   /
: :/: : : : : : :.∧ -..,,_      _、      /            次に進もう
: :`"''‐-..,,_: : : ∧ 、_ ̄ ̄ ̄       _,,,,.. -''"´
: : : : : : : : :`''‐、:∧    ̄   __,,,...-‐''''"´: : : : : : : : : :        次は“shall”だ
: : : : : : : : : : : : ヽ∧      \: : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : :. <: `''‐--‐<  \: : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : :.\: : : : : :| ヽ   \: : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : :.\: : : :|  |   <: : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\: :|     \: : : : : : : : : : :



続きを読む


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。